「この世界の片隅に」タグアーカイブ

のん、片渕須直監督 登壇!映画『この世界の片隅に』 8.15終戦記念日の再上映 舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、激化していく世の中で大切なものを失いながらも、日々を大切に前を向いていく女性・すずを描いた珠玉のアニメーション作品『この世界の片隅に』は、2016年11月12日の公開と同時に、深い感動の輪を拡げていき、爆発的な口コミと共に大きな反響を呼びました。

同年度に数々の賞を受賞し、DVDや配信が発売された現在もなお、600日以上1日も途絶えることなく劇場での上映を続けております。

そして今年の夏もまた8月15日の東京での再上映に際し、舞台挨拶を行う運びとなりました。

さらに、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の公開情報が先日解禁となり、新たに約30分の新規シーンが描き足され「さらにいくつもの人生」が描かれた新バージョンとして、12月に劇場公開することが決定。

この記念と終戦日である8月15日に舞台挨拶が行われ、引き続き主人公・すずを演じるのんさんと片渕須直監督が登壇しました。


映画『この世界の片隅に』 夏の再上映 舞台挨拶概要
日付:8月15日(水)  
場所:テアトル新宿
登壇:のん(主演声優)、片渕須直監督

映画情報どっとこむ ralph 上映後の鳴り止まない拍手。
そして、登壇したのんさんと監督に温かい拍手

のんさん:久しぶりにテアトルに来られて嬉しいです、今日は宜しくお願いします」と挨拶し、監督も「642日を超えて1日も欠かさず全国で上映を続けていただいて。初めて舞台挨拶をさせていただいたこの会場で、このコンビで舞台挨拶ができて嬉しいです」と、思い入れのあるテアトル新宿という劇場への思いを語りました。

公開時より、いまなおロングランが続いていることに関して

片渕監督:映画を作っているときは、クラウドファンディングでたくさんの方々に支援をお願いして、出来上がった後も沢山の人が作品を応援してくれて今日に至っていると思っています。お客さんも、マスコミの皆さんも、劇場も、私たちのため上映の場所を与えてくださっています感謝しています。

とし、のんさんは
のんさん:この作品に参加して、これほどまでに長く作品と付き合うことが初めてなのでとても貴重な体験をさせてもらっています。こんなにみなさんに愛されている作品は、世界中どこを見てもこの作品だけなのではないか。と思ってしまうくらいです!
と喜びの表情で語りました。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶が行われた本日8月15日は終戦の日。劇中のすずさんが、終戦を知り悔し泣きをするシーンで、

のんさん:すずさんのリアルな気持ちを表現できるように、スタジオの照明を消して頂いて、真っ暗の中で集中してアフレコをしました。
と、作品の肝になるシーンについての収録秘話を語った。

終戦記念日である15日に舞台挨拶をしたことに関して、

片渕監督:この映画を作っている最中に、この映画を公開するならやはり8月だよね。というお話をたくさん頂きましたが、すずさんの人生は8月だけでなくその他にも長い日を生きて来ています。そのことを皆さんにも伝えたくて、11月の公開になりました。でも8月は終戦記念日や、原爆投下の日があるので、この映画を観てもらって、皆さんのおじいさんやおばあさん、親戚の方たちが、すずさんが生きて来た時代をどのように過ごしていたのかを、重ねて思い浮かべてもらえる機会になったらありがたい。
と、本作に込めた思いを語りました。

片渕監督:8月15日はポツダム宣言受諾の日で、実際に戦争が終わったのは8月22日の午前0時なんですよ。その間に色々なことがあって、例えばラジオは、もし玉音放送が入らなかったら「民謡の旅」という番組をやっているはずだったんです。戦争中だけど、そういう日常が流れていたのが終戦によって途切れて、ラジオはその後時報とニュースだけになりました。そのあと、一番最初に復活したのが天気予報で、その次がラジオ体操。このように、ラジオの放送をとっても、戦時中に“普通の暮らし”があったことがわかりますよね。

と、ラジオを通して、今と変わらぬ当時の暮らしについて語りました。


のんさんは、12月に上映する本作の長尺版『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の本編アフレコに向けてへの意気込みを聞かれると、
のんさん:これから付け足していくすずさんのシーンは、大人っぽいすずさんなので、その部分の解釈を自分なりに掘り下げて、監督と密に相談しながら、演じていきたいです!

と次回作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』への意欲を見せ、終始和やかなムードで舞台挨拶は終了しました。

映画情報どっとこむ ralph この世界の(さらにいくつもの)片隅に

ここではひとりぼっち、と思ってた。
広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19(1944)年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりを感じてしまう。昭和20(1945)年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。そして昭和20年の夏がやってくる――。

テアトル新宿・ユーロスペースほかにて12月全国公開です。

ikutsumono-katasumini.jp

***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓/ 澁谷天外(特別出演)

原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊) 
企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵 
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
美術監督:林孝輔
音楽:コトリンゴ 
プロデューサー:真木太郎
監督・脚本:片渕須直
製作統括:GENCO
アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル
製作:2018「この世界の片隅に」製作委員会  
(C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会


のん 引き続きすずさんに!『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』12月公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 2016年11月12日(土)の劇場公開以来、1日も途絶えることなく映画館での上映を続けているアニメーション映画『この世界の片隅に』。

この度、本作に新規場面を付け足した別バージョンが、今年の12月に公開することが決定しました。

タイトルは『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』となります。


片渕須直監督によるタイトル案を、原作者こうの史代さんが快諾した新タイトルです。

片渕監督は、原作にはまだまだ魅力的なエピソードがあり、それを描き足すことによって主人公のすずさんだけではない、「さらにいくつもの人生」を描き出したいと考え、この度の制作に至りました。

新規シーンの絵コンテは通常のアニメ作品と同じように、企画当初から存在はしていたものの、本バージョンでは、それらを見直しながら復活させ、更に新たなカットも加えています。これまでの現行版とは、一部主題も変わってくるため、別の題名をつけた「もう一本の映画」として制作することになりました。

映画情報どっとこむ ralph 片渕須直監督からのコメント

戦争しおってもセミは鳴く。ちょうちょも飛ぶ。そして、人には人生がある。
それが戦争中であっても。明るくぼーっとした人のように見えるすずさんが自分以外の「世界の片隅」と巡り合うとき、すずさんの中にはどんな変化が生まれるのでしょうか。すずさんの中にあったほんとうのものを見つけてください。

映画情報どっとこむ ralph これまでに200万人を超える観客にご覧いただき、70を超える賞をいただいてきた『この世界の片隅に』に、新たに約30分の新規シーンが付け足され、「さらにいくつもの人生」が描かれたもうひとつの映画として、12月に劇場公開します。

本作では、主人公すずと、すずが嫁ぎ先の町で初めて出逢う同世代の女性リンとの交流を描いた、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソード、さらに妹すみを案じて過ごす中で迎える20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加されます。
新しい登場人物や、これまでの登場人物の別の側面なども描かれ、彼女たちの心の奥底で揺れ動く複雑な想いが描き出されることで、より大人な印象のすずさんになります。


映画情報どっとこむ ralph この世界の(さらにいくつもの)片隅に

テアトル新宿・ユーロスペースほかにて12月全国公開

ikutsumono-katasumini.jp

前作に引き続き主人公・すずをのんが演じます。
今やアーティスト、ミュージシャンとしての活躍も目覚ましいのんは、2016年の公開以来、片渕監督と二人三脚で『この世界の片隅に』を世界中に届け続けて来ました。また音楽を担当するのは、こちらも前回に引き続き、シンガー・ソング・ライターのコトリンゴ。今作でも主題歌を含む全ての劇中曲を担当し、新曲も制作予定です。

戦中戦後の広島・呉の綿密なリサーチと時代考証を行い、こうの史代漫画の世界を色鮮やかに描き出した前作から、新たなシーンを加えた『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』。

ここではひとりぼっち、と思ってた。
広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19(1944)年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりを感じてしまう。昭和20(1945)年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。そして昭和20年の夏がやってくる。

***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓/ 澁谷天外(特別出演)

原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊) 
企画:丸山正雄 
監督補・画面構成:浦谷千恵 
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
美術監督:林孝輔

音楽:コトリンゴ 
プロデューサー:真木太郎 
監督・脚本:片渕須直
製作統括:GENCO
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル 
製作:2018「この世界の片隅に」製作委員会  


(C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会


『この世界の片隅に』Netflix配信決定!AnimeJapan2018 のん登壇決定!


映画情報どっとこむ ralph 世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、『この世界の片隅に』を3月15日(木)より、日本をはじめ、アメリカ、カナダなど一部の国と地域で配信することが決定いたしました!

さらに、3月22日(木)~25日(日)に東京ビッグサイトで開催される、国内最大規模のアニメの祭典【Anime Japan2018】にも、主人公・すず役を演じる、のんさんが登壇決定です!
2016年に公開され、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞をはじめ、世界各国でも高い評価を受け、いまだに根強い支持を受ける『この世界の片隅に』が、Netflixで新たに多くの人の心をやさしく包みます。今回新たに片渕監督および、のんさんからのコメントも到着いたしました!


片渕監督からのコメント

この作品は、たんぽぽの綿毛のようです。新しい風に乗って新しい土地へ、新しい出会いのために広がっていけるといいなと期待します。

のん(すず役)さんからのコメント

私はすずさん役として映画に参加させていただきましたが、本当に思い入れの強い作品になりました。『この世界の片隅に』は2016年の映画なのですが、今年に入って新たに上映館が決まったりと長く愛される作品になりました。そして、『この世界の片隅に』に関わった、私含め全てのスタッフキャストの皆様、映画を愛してくださる全ての人達の思いによって再びこの作品が注目される、という事に心から喜びを感じます。『この世界の片隅に』は、戦時下にある広島・呉が舞台ではありますが、ひと口に戦争の映画という訳ではありません。すずさん達が、日々やりくりしていく毎日を過ごしていく、何があっても毎日はやってくる、という事の温かさや、日常の中にある大切な幸せに気付く不思議な映画だと思います。それは沢山の人達に通じるメッセージがあると信じているので、この世界のどこかにいる方達に届けられるのはとても嬉しいです。AnimeJapan2018に参加できることはとても嬉しいです。まだまだ、この映画に触れた事のない方もいらっしゃると思いますので、色んなたくさんの方々に、『この世界の片隅に』を観ていただくきっかけになればいいなと思います。

【NetflixJapan 公式アカウント】
https://www.netflix.com/jp/ 

映画情報どっとこむ ralph さらに、3月24日(土)にAnimeJapan2018内で開催される【3月NETFLIXアニメ祭!】

スペシャルステージにも、本作の配信を記念して、のんさんが登壇いたします!
ステージイベントでは、『この世界の片隅に』をはじめ、3月配信のNetflixオリジナルアニメ3作品のプロモーションムービーの上映や最新情報のお披露目、平田広明、梶裕貴をはじめとした豪華声優陣によるトークセッションなど多数の楽しい企画を用意しています。

<AnimeJapan2018ステージ詳細>

開催日時:2018年3月24日(土)
13:25~14:00
※着席チケット制
会場:東京ビッグサイト
出演:平田広明、梶裕貴、白石晴香、小林裕介、上村祐翔、のん<追加>

映画情報どっとこむ ralph

映画『この世界の片隅に』

物語・・・

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。

だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

公式サイト:
http://Konosekai.jp
Twitter:
@konosekai_movie

***********************************

Netflixにて3月15日から配信(SVOD独占配信)
出演者:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓 澁谷天外(特別出演)
原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社刊) 企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 美術監督:林孝輔 音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 監督・脚本:片渕須直
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル 
製作:「この世界の片隅に」製作委員会

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

配信国:日本、アメリカ、カナダ、バングラディッシュ、ブータン、グアム、インド、ラオス、ニューカレドニア、北マリアナ諸島、モルディブ、マーシャル諸島、モンゴル、ミャンマー、ネパール、パキスタン、サイパン、スリランカ、東ティモール、ロシア、トルコ、クロアチア、セルビア、ボスニア・ヘルツェコビナ、スロベニア、ポーランド、チェコ、スロバキア
※そのほか一部地域での配信も予定


映画は“音” で、もっと楽しめる!第2回「爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋」決定!


映画情報どっとこむ ralph 映画館にライブ・コンサート向けの大規模かつ高品質な音響機器をセッティングし、作品の持つ“音”の世界や可能性を極限まで探求し、 高品質な“音”を大音量で表現する映画祭「爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋」を、2017 年11月10日 (金)〜11月12日(日)まで 3 日間、109シネマズ名古屋(愛知県名古屋市)にて開催するそうです。

前回の爆音映画祭(2017 年 6 月 30 日(金)~7 月 2 日(日)にて実施)が大反響を呼び、2回目の109シネマズ名古屋で の「爆音映画祭」開催が決定。
映画愛に溢れ、繊細かつ アーティスティックなプロデュースで定評のある樋口氏が、これぞ“爆音”で堪能してほしいと考える8本の名作を、新作・旧作織り交ぜ選出し、作品それぞれに適した音響調整を実施。

2017年を代表する大ヒットの1作となった「ベイビー・ドライバー」では、アクションをガンガン引っ張る最高 にクールなサウンドトラックを“爆音”で存分に堪能できます。またアクション映画の金字塔「プロジェクトA インターナショナル版」は、ついにジャッ キー・チェン初の爆音上映が決定。さらにもう1本、2016年に公開され、全米が震撼したショッキング・スリラー「ドント・ブリーズ」も初爆音上映となり、両作品ともにどんな爆音体験ができるか期待されます。

また、前回の爆音映画祭で満席回が続出した「キングスマン」の再上映が決定。
今回は一部上映回にてコスプレ、発声、ペンライトの持ち込みも可能な“爆音応援上映”を実施。2018 年1月に公開となる続編への待ちきれない興奮を“爆音”でぶちまけよう!そして無限の宇宙を彷徨う 「ゼロ・グラビティ」では、一体、樋口氏が無音の宇宙を“爆音”でどう表現するのか、それもこの映画祭 の大きな見所となります。

迫力のあるシーンは、よりダイナミックに、緊張感のあるシーンは、より きめ細やかになるよう、作品、シーンそれぞれに合わせ、繊細に音量・音圧を調整していくこ とで、これまでには決して体験することのできなかった新たな感動を創造します。をお楽しみに!

映画情報どっとこむ ralph ●“爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋”について
爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋
会場:109シネマズ名古屋
期間:2017年11月10日(金)、11日(土)、12日(日))
内容:最新作「ベイビー・ドライバー」を含む、8本の名作を一挙爆音上映
※詳細は公式サイトにて
料金:各作品によって異なる ※詳細は公式サイトにて
チケット発売 109シネマズ名古屋 WEB販売 10月24日(火)0:00より
*ご購入はコチラから
*109シネマズ名古屋 劇場窓口販売 10月24日(火)劇場営業開始時間より(但し各回、残席がある場合のみ)
企 画:株式会社東急レクリエーション、株式会社ローソンHMVエンタテイメント
特別協力:株式会社 boid
公式サイトhttp://109cinemas.net/events/nagoya-bakuon/

映画情報どっとこむ ralph “爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋”上映作品

爆音にもいろいろあるね!な全8作品(予定)

プロジェクトA インターナショナル版≪初爆音上映≫
©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

ドント・ブリーズ [PG12指定]≪初爆音上映≫
©2016 CTMG. All Rights Reserved.

キングスマン [R15+指定]≪爆音応援上映≫
©2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

キック・アス [R15+指定]
©2009 KA Films LP. All Rights Reserved.

ベイビー・ドライバー


ゼロ・グラビティ
©2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

デッドプール [R15+指定]
©2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

この世界の片隅に
©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

***********************************



本日17:00から丸の内ピカデリー爆音映画祭チケット発売開始!


映画情報どっとこむ ralph 丸の内ピカデリー爆音映画祭

本日10月2日(月)17:00より、丸の内ピカデリー公式サイトにて、全日程チケット発売開始!

<チケットご購入はコチラ>

劇場窓口は3日(火)営業開始時間より
※但し、残席がある場合に限る

映画情報どっとこむ ralph <“丸の内ピカデリー爆音映画祭”>
www.marupicca-bakuon.com

会場:丸の内ピカデリー3
(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン新館 5F TEL:03-3201-2881)
期間:2017年10月13日(金)~11月10日(金) ※各日上映スケジュールは決定次第、公式サイトにて発表
内容:「ブレードランナー 2049」、「ブレードランナー ファイナル・カット」を含む、豪華名作の数々を一挙“爆音”上映
料金:各作品によって異なる ※入場料金等、詳細は決定次第、公式サイトにて発表

*各入場券は10月2日(月)17時より、丸の内ピカデリー公式WEBにて発売開始

主 催 :松竹マルチプレックスシアターズ
協 力 :ローソンHMVエンタテイメント、boid
公式サイト :marupicca-bakuon.com

映画情報どっとこむ ralph “丸の内ピカデリー爆音映画祭”上映作品

■ブレードランナー 2049[初]
■ブレードランナー ファイナル・カット[初]
■ダンケルク
■インターステラー
■インセプション
■フルメタル・ジャケット
■2001年宇宙の旅
■マッドマックス 怒りのデス・ロード
■マッドマックス2
■ハドソン川の奇跡[初]
■ジャージー・ボーイズ[初]
■IT/イット“それ”が見えたら、終わり。[初]
■悪魔のいけにえ
■地獄の黙示録 劇場公開版
■キングスマン
■メッセージ
■あゝ、荒野 <前篇・後篇>[初]
■超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
■この世界の片隅に
※[初]:爆音映画祭初上映

***********************************