「きっと全て大丈夫」タグアーカイブ

明日の世界 ドン・ハーツフェルト作品集ポスター&予告編


アメリカのインディペンデント・シーンで熱狂的な人気を博すアニメーション作家、ドン・ハーツフェルトの最新作『明日の世界』含む代表作品集のロードショー<明日の世界 ドン・ハーツフェルト作品集>の初日が、5月21日(土)に決定いたしました。

あわせてポスタービジュアルおよび予告編が完成しました

明日の世界_ポスター

サンダンス、カンヌを筆頭に、国際映画祭でこれまで100以上の賞を受賞、作品上映ツアーを行えばソールドアウトが続出する、アメリカのインディペンデント・シーンで熱狂的な人気を博すアニメーション作家、ドン・ハーツフェルト。

ドン・ハーツフェルト監督最新作『明日の世界』は、ハーツフェルトが到達したネクストステージ。近未来、そしてクローンをテーマに、人間にとって生きるとはどういうことか、その意味を改めて問い直させる物語だ。制作の手法も、これまでの<鉛筆画のフィルム撮影>から初めてデジタル制作へと移行。「デジタル初心者」であるがゆえに、あえて本来の使い方とは違うデジタル・ソフトの使い方にも挑戦して、シンプルながらも、より奥深い表現が繰り広げられています。

このたび完成した予告編では、少女エミリーが、227年後の“エミリーのクローン”を名乗る女性からコンタクトを受けるところから始まり、時空を超えて、大切な記憶を取り戻そうとする壮大なストーリーに。

今年2月にはアニメーション・フェスティバルGEORAMA2016の一環でハーツフェルト監督の初来日が実現。ファン熱狂のなか作品上映とQ&Aセッションをおこなった「ドン・ハーツフェルトの夕べ」は満席の大盛況でした。

きっと全て大丈夫
なお今回、同時上映として、監督の代表作である涙と驚異の3部作『きっと全て大丈夫』(2012)がデジタルリマスターを施され、長編特別編集版で上映されます。

本作品はTime Out New Yorkによる「史上最高のアニメーション作品」第16位に選出されるなど、アニメーション史上に残る傑作。『明日の世界』とあわせての上映により、ドン・ハーツフェルトの作品世界を堪能するまたとない機会なのです。

『明日の世界』

明日の世界2少女エミリーはある日遠い未来からの交信を受ける。同じくエミリーと名乗るその女性は、彼女のクローンなのだという。未来のエミリーは、少女エミリーを、彼女の暮らす未来の世界へと連れていく。そこで待ち受けていたのは、「死」が消えて、永遠に生きることを余儀なくされた人々の、ボンヤリとして切ない人生の物語だった。

5/21(土)~6/10(金)までシアター・イメージフォーラムにて<3週間限定>レイトショー!

『明日の世界』 
原題:World of Tomorrow
公式サイト:http://newdeer.net/tomorrow

2015 / アメリカ / 17分 ©Bitter Films

『きっと全て大丈夫』 
原題:It’s Such A Beautiful Day/2012/アメリカ/62分 
©Bitter Films
配給:ニューディアー、ダゲレオ出版 

***********************************

  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ