「かの鳥」タグアーカイブ

白石和彌監督 ローマ国際映画祭に立つ!『彼女がその名を知らない鳥たち』で


映画情報どっとこむ ralph “共感度0%・不快度100%”の愛に感動・絶賛の声が続出中!
ラブストーリーに夢を見られなくなった大人の女性たちに「究極の愛とは何か」蒼井優、阿部サダヲW主演『彼女がその名を知らない鳥たち』が全国公開中です。

そして、第12回ローマ国際映画祭(イタリア・ローマ)にてレッドカーペット & ヨーロッパプレミアが開催され、白石和彌監督が登壇!
日本のみならず世界へと羽ばたき続ける “かの鳥”が、ローマを熱狂の渦に包みました!

『彼女がその名を知らない鳥たち』 in 第12回ローマ国際映画祭
日付:11月2日(木)(現地時間)
場所: Auditorium sala Petrassi
参加者:白石和彌監督

映画情報どっとこむ ralph 世界各国より良質な作品を選定する映画祭とあって年々盛り上がりを見せる本映画祭。
ヨーロッパ各国の報道陣が集結する中、公式記者会見に臨んだ白石監督は

白石監督:ローマは初めて来るのでとても楽しみにしていました。昨日一日観光してローマを満喫する事が出来ました。でも、もちろん一番の目的はローマ映画祭です。皆さんにお会いできるのを楽しみにしてました。

と笑顔で挨拶します。

日本で劇場公開され観客から絶賛の声が続出しているという噂を聞きつけた報道陣は白石監督に興味津々。既に鑑賞した記者からも「最初は何が起こってるかわからず、ミステリーになり、ラブロマンスになり、最後は感動的な愛の物語になって見事に集約した輪を描くような映画だった。」と賞賛されるほど。

映画情報どっとこむ ralph 大注目の作品とあって記者達から続々と質問を投げかけられていきます。原作は小説だが、映画化しようと思った理由を問われると

白石監督:最後まで読むと汚い沼に、蓮の花が咲くような物語。描写もすごい汚い人たちの話で最後まで読むのに我慢を強いられました。でも最後の1ページを読むと美しく、愛おしく感じたんです。景色が180度変わるこのラストを描いて見たいと思い映画化することにしました。小説は長いので、どう短くするかが一番苦労しました。ただ自分が映画化しようと思ったあのラスト、小説の読後感を変えないようには心がけました。

と語り、本作の映画化へのきっかけや苦労した点を明かしました。
蒼井優さん、阿部サダヲさんといった役者陣の演技が輝いていたが、どのような演出に心がけたのかと問われると

白石監督:誰にも感情移入できない“共感度0%“な物語なので、蒼井さんもどこまで観客に嫌われて良いのか悩んでいました。でもそこは自分を信じて思い切り嫌われて欲しいと伝えたんです。最後まで見たら観客は絶対について来ると言いました。それで彼女も思い切ってくれたと思います。阿部さんはいつも清潔感があるイメージなので、どこまで汚せるかとおもったのですが、最後に表現したい純粋さを出すには、彼に持っている清潔感が必要だと思いました。彼も汚れ役を楽しんでくれて、一緒に作り上げて行けたと思います。

と、キャスティングの妙を魅せれたと語ります。

また本作を作る上で影響を受け、意識した監督や作品を問われると

白石監督:一番のテーマは無償の愛。これまでは実録物や、暴力映画を撮る事多かったのですが、イ・チャンドンの『シークレット・サンシャイン』が好きで。人間を大きな視点で肯定しています。この小説映画化しようと思った時に、そんな映画が作れるのではと感じたのです。

と語り、記者たちからは続々と手が上がるもここで記者会見が終了。

映画情報どっとこむ ralph 続いてローマの情緒あるストリートに敷かれたレッドカーペットでは、本映画祭のディレクター・アントーニオ・モンダ氏に迎え入れられ白石監督が登場。すると大勢の報道陣からシャッターの嵐が巻き起こり、詰めかけた観客からは記念撮影や、サインを求められる人気ぶりで、たっぷりとファンサービスをこなしました。
レッドカーペット直後に開催された上映会では、ヨーロッパ初上映となる本作をいち早く観ようと、約600席の劇場が満席で埋め尽くされ、万雷の拍手が鳴り響くなか手を振りながら白石和彌監督が登場し、観客達と一緒に鑑賞しました。日本発の“共感度0%・不快度100%”のストーリに、観客達は感歎し、スクリーンから目が離せない様子で、上映後には泣いている観客の姿が多数みられ、自然と観客からスタンディングオベーションが巻き起こり、拍手の音で会場が鳴り響きました!

白石監督:映画の愛の形がヨーロッパの人たちにも受け入れてもらえた。

と語り、ヨーロッパ初の上映を楽しんだようで、ローマ国際映画祭を大いに沸かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph そして!『彼女がその名を知らない鳥たち』 大ヒット御礼トークショー開催決定!

●日時:11月10日(金)18:10~上映回 ※上映後の登壇予定
●場所:新宿バルト9 
●登壇者:蒼井優、白石和彌監督
●チケット販売について:
①11/6(月)24:00(=11/7(火)AM0:00)よりオンライン予約KINEZO EXPRESS(http://kinezo.jp/pc/wald9)にて発売開始※クレジット・ムビチケのみ
②残席がある場合のみ、11/7(火)劇場OPEN時より窓口販売あり
●料金:通常料金。各種割引適用。ムビチケ使用可。
●詳細は映画公式サイト(http://kanotori.com)、劇場HP:http://kinezo.jp/pc/wald9にて告知


彼女がその名を知らない鳥たち

公式サイト:
http://kanotori.com 

公式twitter:
https://twitter.com/kanotori_movie

原作は沼田まほかるの同名ベストセラー小説。妻子ある男と関係を持つ無職の女・十和子と、15歳年下の十和子に異様な執着を見せる陣治の関係を軸に、ミステリーの体をなしながら綴られる、最低な人間たちの″究極の愛“の物語。監督は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌。

物語・・・
八年前に別れた男・黒崎(竹野内豊)を忘れられない十和子(蒼井優)は、今は15歳上の男・陣治(阿部サダヲ)と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島(松坂桃李)と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――
***********************************

蒼井優 阿部サダヲ 松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊
監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会   
【R15】
配給:クロックワークス
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分
      


4回目の蒼井優、初釜山の阿部サダヲ 参上!『彼女がその名を知らない鳥たち』


映画情報どっとこむ ralph 10月28日(土)公開の映画『彼女がその名を知らない鳥たち』が、10月12日(木)に開幕したアジア最大級の映画祭である第22回釜山国際映画祭(韓国・釜山)<アジア映画の窓>部門に出品され、本作からW主演の蒼井優さん、阿部サダヲさん、白石和彌監督の3名がオープニングセレモニーに参加レッドカーペットを歩きました!

第22回釜山国際映画祭レッドカーペット&オープニングセレモニー
日付:10月12日(木)
場所:釜山シネマセンター
参加者:蒼井優、阿部サダヲ、白石和彌監督

映画情報どっとこむ ralph 会場はあいにくの雨。
しかし、熱心な映画ファンが雨の中スターが登場するのをいまかいまかと待ちわびる中、韓国でも非常に人気の蒼井さんが阿部さん、白石監督と共にレッドカーペットに登場すると、会場からはひと際大きな歓声が巻き起こり3人も手を振りながら応えました。
4回目の本映画祭の参加となる蒼井さんに対し、阿部さんは初めての国際映画祭への参加で少々緊張しつつ、終始笑顔で蒼井さんと白石監督に促されながらレッドカーペットを歩きました。

蒼井さん:今回が4回目の参加ですが、初めて参加させていただいた時に、主催の方に“釜山国際映画祭は他の海外の映画祭よりかは小規模で予算的に掛けられるわけではないけど、他に負けないのは観客の皆さんです。そこに誇りを持ってます”と言われたのが印象的でした。今もこれからもずっと続く映画祭になればいいなと思っています。また観客の皆様にこの作品を観ていただけるだけで本当に嬉しいです」とこの場に立てたことを感慨深げに語ります。また韓国・釜山で楽しみにしている事を問われた蒼井さんは「今年の釜山がどういう感じなのかが一番楽しみです。釜山に来たら行くと決めている店があるんです。今日も絶対食べますよ!

と、本場韓国料理を楽しみにしていると笑顔で語ります。
国際映画祭への参加が初となる阿部さんは

阿部さん:すごく楽しみです。国際映画祭自体が初めてで、東京で開催される東京国際映画祭も登壇した事が無いんです。大阪の商店街でカーペットをひいてキャンペーンで歩いたことはありますが、こんな正装姿は初めてで、本当に楽しみです! 服を汚せないから緊張するな~。

と喜びの感情を爆発させました!

映画情報どっとこむ ralph さらに

阿部さん:韓国映画は復讐を扱った作品は多いですし、ハードなシーンがよく出てくるので、この作品も韓国の皆様に受けいれられると思います。韓国映画に登場する人物は陣治っぽい、汚い印象があるキャラクターが多いので、絶対受け入れられると思います。見て楽しんでもらえるだけで嬉しいです。

と、全員最低キャラが登場する本作も気に入っていただけると、韓国の観客にメッセージを贈りました。

さらに阿部さん:ホテルでウェルカムドリンクがあったので、こんなおもてなしがあるんだって感動して飲んだ後、ウェルカムカード見たら白石監督へと書いてあって。間違えて飲んじゃった(笑)。監督にはまだ内緒ですけどね。

と、茶目っ気たっぷりに楽しいエピソードを明かしてくれました。


最後に・・・

白石監督:観客の皆様に単純に楽しんで欲しいです!

と語り、ファンサービスをたっぷりしながらレッドカーペットを練り歩きました。

映画情報どっとこむ ralph 彼女がその名を知らない鳥たち
原作は沼田まほかるの同名ベストセラー小説。妻子ある男と関係を持つ無職の女・十和子と、15歳年下の十和子に異様な執着を見せる陣治の関係を軸に、ミステリーの体をなしながら綴られる、最低な人間たちの″究極の愛“の物語。監督は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌。

物語・・・
八年前に別れた男・黒崎(竹野内豊)を忘れられない十和子(蒼井優)は、今は15歳上の男・陣治(阿部サダヲ)と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島(松坂桃李)と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

公式サイト:
http://kanotori.com 
公式twitter:
@kanotori_movie

***********************************

蒼井優 阿部サダヲ 松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊
監督:白石和彌   原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント   
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
R15
配給:クロックワークス   
2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
    


蒼井優のオールナイトニッポンGOLD松坂桃李・白石和彌監督らで『かの鳥』一色に!


映画情報どっとこむ ralph 究極の愛とは何か!蒼井優、阿部サダヲW主演『彼女がその名を知らない鳥たち』が10月28日(土)より全国ロードショーとなります。

本作の公開を記念し、10月13日(金)22:00より「蒼井優のオールナイトニッポンGOLD」の放送が決定いたしました!
蒼井さんがオールナイトニッポンのパーソナリティを務めるのは、昨年12月に放送された「蒼井優のオールナイトニッポンGOLD~映画「アズミ・ハルコは行方不明」SP」以来、約1年ぶり。
生放送のスタジオには、共演の松坂桃李さん、白石和彌監督の2人がゲストで駆けつけ、本作の内容にちなんだテーマを設けリスナーからの投稿を基にしたトークコーナーを予定している他、番組内には阿部サダヲさん、竹野内豊さんの2人も登場予定。本作撮影時のエピソードや、ラジオならではのぶっちゃけトークが展開されるかも!?「かの鳥」一色の2時間に乞うご期待です!

日時:10月13日(金)
出演:パーソナリティ:蒼井優 
スタジオゲスト:松坂桃李、白石和彌監督 

【番組名】 『蒼井優のオールナイトニッポンGOLD』
【ネット局】 全国18局ネット(9月時点)
ニッポン放送/STVラジオ/青森放送/IBC岩手放送(※金曜日は23時~)
東北放送/山形放送/茨城放送/信越放送/山梨放送/北陸放送/福井放送/東海ラジオ放送
和歌山放送/山口放送/九州朝日放送/長崎放送/大分放送/宮崎放送 

映画情報どっとこむ ralph メガホンを取るのは『凶悪』(13)、『日本で一番悪い奴ら』(16)の白石和彌。

ノンフィクションを原作に骨太な社会派エンターテイメントを作り出してきた彼が、初めて本格的な大人のラブストーリーに挑みます。
W主演の蒼井優、阿部サダヲの二人に加え、松坂桃李、竹野内豊といった実力確かな豪華俳優陣が織りなす“全員最低なのにまぎれもない愛の物語”が描かれる本作。

蒼井優演じるクレーマーで自分勝手な女・十和子や、阿部サダヲ演じる不潔で下劣、そのうえ十和子に異様な執着を見せる男・陣治、松坂桃李演じる一見誠実そうな風貌ながらとにかく薄っぺらな水島、竹野内豊演じる十和子の昔の恋人であり、自身の出世や保身のためなら女を道具に使うことも厭わない黒崎と、全員共感度0なクズなキャラクターたちばかり。

彼女がその名を知らない鳥たち

10月28日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー

公式サイト:http://kanotori.com
公式twitter:@kanotori_movie
公式Facebook:@kanotori.movie/

物語・・・
八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

***********************************

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊

監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
配給:クロックワークス
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分 【R15】
      


『彼女がその名を知らない鳥たち』ワールド・プレミア! at トロント国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 蒼井優、阿部サダヲW主演。白石和彌監督が描く大人のラブストーリー『彼女がその名を知らない鳥たち』が10月28日(土)より新宿バルト9他、全国ロードショーとなります。

この度、現地時間9月13日(日本時間9月14日)、 第42回トロント国際映画祭(カナダ・トロント)にて本作のワールド・プレミアが開催され、白石和彌監督が登壇!世界の舞台で遂にそのベールを脱いだ“かの鳥”が、トロントを熱狂の渦に包みました!
『彼女がその名を知らない鳥たち』ワールド・プレミア! at トロント国際映画祭
日付:9月13日
登壇:白石和彌監督

映画情報どっとこむ ralph 米・アカデミー賞レースの始まりを告げる北米最大規模の映画の祭典“トロント国際映画祭”。
本作は、コンテンポラリー・ワールドシネマ部門(Contemporary World Cinema)という「世界的な視野と注目すべきストーリー性を持つ作品」をセレクションする部門に選出されており、世界初のお披露目となるこのワールド・プレミアの舞台に白石和彌監督が登壇。

注目の作品をいち早く観ようと集まった観客で埋めつくされたトロントの会場では泣いている観客の姿が多数みられ、万雷の拍手が鳴り響くなか現地の観客から日本語で「この映画は凄い、オメデトウ」と声をかけられると、

白石監督:ありがとうございます。嬉しいです。

と感無量の様子で挨拶。

映画情報どっとこむ ralph Q&Aコーナーでも多くの質問に1つ1つ丁寧に答え、


Q:監督ご自身はこの映画をどのように捉えていますか?

白石監督:個人的には特に(阿部サダヲ演じる)陣治に感情移入をしました。自分も家では奥さんに足蹴にされることがあるので(笑)。陣治の愛の証明の仕方は誰にでもできるものではないし、心が張り裂けそうな気持ちになりました。タイトルが『彼女がその名を知らない鳥たち』と、内容とばっちりシンクロしているものではないと思ったので自分もずっと考えていたんですが、“鳥”は彼女にとって知らないものである、知らない愛がある、ということなのではないかなと思います。

Q:この映画のテーマは「陣治の愛」だと考えていますか?

白石監督:そうですね、「陣治の愛」もそうですし、大切なものは常に隣にある。日本の芸能スキャンダルはいま“不倫”が全盛時代を迎えていて・・・そのニュースが多い中で、真実の愛はフラフラっと来たいい男よりも僕みたいなブサイクな男にあるんじゃないかと(笑)。それがひとつの大きなテーマです。

Q:キャスティングや演出はどうしたのでしょう?

白石監督:(蒼井優演じる)十和子の大事なシーンを撮っているときに、蒼井優さんに「どういう表情していいかわからない」と言われたんです。彼女の人生を想像した時、僕は凄い素敵だと思う、豊かな人生が待っているんじゃないかなと、そう話したら、少しだけ泣きながらも、何とも言えないいい表情をしていた。素晴らしい女優です。原作を最初に読んだときに蒼井さんが思い浮かびました。他の人にはオファーしておらず、蒼井優さんじゃなければ成立しなかったと思います。

Q:音楽や、壁が倒れたり砂が降ってきたり、 少し不思議なギミックのある演出のインスピレーションはどこから受けましたか?

白石監督:日本映画は70年代や80年代の映画ではそうだったのですが、僕も低予算の良質なアート系映画に取り組んでいて、例えお金が無くても何かいろいろな表現方法にチャレンジしていた時期があって、そういった時代の映画が僕も好きなので手法を少し取り入れました。

映画情報どっとこむ ralph 終了後には、会場の外で観客を出迎えた白石監督がサイン攻め、握手攻めにあう光景も見られるなど、共感度0%、不快度100%の“まぎれもない愛の物語”がセンセーションを巻き起こしました!


彼女がその名を知らない鳥たち

が10月28日(土)より新宿バルト9他、全国ロードショーとなります。

物語・・・
八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める

公式サイト:
http://kanotori.com
公式twitter:
@kanotori_movie
公式Facebook:
@kanotori.movie


***********************************

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊

監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
配給:クロックワークス
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分 【R15】


白石和彌監督が大人ラブストーリー『彼女がその名を知らない鳥たち』


映画情報どっとこむ ralph ラブストーリーに夢を見られなくなった大人の女性たちに「究極の愛とは何か」と突きつけ、読者を虜にした沼田まほかる先生の 20 万部を超える人気ミステリー小説、「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫・刊)がついに映画化『彼女がその名を知らない鳥たち』。通称を“かの鳥”と、するようです。

監督は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌さん。

ノンフィクションを原作に骨太な社会派エンターテイメントを作り出してきた彼が、初めて本格的な大人のラブストーリーに挑みます。

先日発表された主演の蒼井優、阿部サダヲの二人に続き、松坂桃李、竹野内豊をはじめ、

村川絵梨、赤堀雅秋、赤澤ムック、中嶋しゅうといった豪華な全キャスト情報が解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李さん演じる水島は、高級デパートの時計売り場主任。端正なルックスと柔らかな物腰、一見誠実そうな風貌ながら、その実、自分の性欲のためだけに動いており、ロマンティックな夢や趣味を臆面もなく語るが内容は薄っぺら。十和子と不倫関係となる最低の男です。

松坂桃李さんのコメント

【自身の役柄について】
「水島真と書いて、ペラペラぺラ男と読む。薄っぺらい男だと思いました。」

【白石組初参加の感想】

「油断のできない現場でした。台本を読んだだけでは想像ができないことが現場で次々と襲い掛かってくる。巻き起こるんじゃなくて襲い掛かって来るんです。すごく面白い体験でした。」

【蒼井優さんとの初共演について】
「蒼井さんは「すごい」の一言。数々の作品の先頭に立って、走って、何かを残して続けてきた人のすごさを、お芝居を通して体感できました。とても貴重で有難かったです。僕は映像作品で初めての濡れ場だったのですが、相手が蒼井さんというのはとても光栄でした。」

映画情報どっとこむ ralph 竹野内豊さん演じる黒崎は、十和子の昔の恋人であり、スマートで羽振りもよく女性を喜ばせる所作に長けているが、上昇志向が強く、自身の出世や保身のためなら女を道具に使うことも厭わない男。十和子と別れる時に、彼女の体にも心にも残る手ひどい仕打ちをした、水島に引けを取らない最低の男です。

竹野内豊さんのコメント

【自身の役柄について】
「救いようのない人物でしたので、役柄に対し共感出来る要素は一つもなかったです。黒崎を演じるにあたり、この人は幼少期からどの様な人間関係の中で、どんな人生を辿って生きて来たのか、時折ふと思い浮かべていました。そして、初めて白石監督とお会いした時、役柄について相談した所「黒崎は最低で最高です!!」と意味不明な事を仰っていて、この人面白いなーと思いチャレンジしてみたくなったんです。救いようのない役に挑む事で、白石監督に私が救ってもらいたかったのかも知れません(笑)」

【蒼井優さんとの初共演について】
「僭越ながら、表現の場は様々な誘惑も多く、自意識過剰になって必要以上な欲をつい出したくなりがちで、私自身、大切な事を見失った苦い経験が幾度となくありました。蒼井さんは役者である前に、人として生きて行く指針をご自身の中にしっかり持っていらっしゃる方。だからこそスクリーンの中に映る蒼井さんは偽りが見えない…そう思います。近い未来で、また別の役柄を演じる蒼井さんをぜひ目の前で拝見したいです。」

映画情報どっとこむ ralph 白石和彌監督コメント

「今ノリに乗ってる松坂さんにこれ以上ない軽薄な男の役をお願いしました。とても誠実に演じて頂き、薄っぺらい男が不思議と奥深く魅力的な人間になりました。クズはクズなんですが。松坂桃李、さすがです。
竹野内さんもいつもとは真逆な男の役でしたが、これほど最低なクズが似合うとは思いませんでした。編集で何度も見ながらニヤついてしまいました。私の映画に出てくるクズなキャラクターの中でも断トツの酷い男です。それでもカッコイイ竹野内豊をスクリーンで見て頂けると嬉しいです」

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。

そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。

どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

公式サイト:kanotori.com

***********************************

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊

監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎刊)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
配給:クロックワークス
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会 
2017/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分 【R15】