「あのコの、トリコ。」タグアーカイブ

吉沢 亮 × 新木優子 × 杉野遥亮「あのコの、トリコ。」予告到着&”Nissy”(西島隆弘)”初” の映画主題歌に決定!


映画情報どっとこむ ralph 主人公の地味で 冴えないメガネ男子・頼が大好きなあのコ・雫のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして昴の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリーが人気を博した白石ユキ先生のコミック「あのコの、トリコ。」が実写映画化、10月5日(金)より、 全国公開となります。

そして!

この度、吉沢 亮さん本人がナレーションを務める本作の予告編映像が完成しました!

唯一無二の美しさを誇る俳優 吉沢さんが地味で冴えない主人公・頼に扮し、新木優子さん演じるヒロイン・雫の夢を叶えるために献身的に 尽くす姿には、萌えること間違いなし!吉沢さんが凄まじくかっこよく覚醒していく【メガネをはずす】シーンは悶絶必須です!


原作コミックの中でも衝撃的で、圧倒的な人気を誇る【頼(吉沢)と雫(新木)のランジェリー広告撮影】のシーンの再現力と美しさも必見!
さらには、頼と雫の水族館デートで頼がずぶぬれになる一幕や、目に涙を浮かべる雫のウエディングドレス姿、昴(杉野)が雫を抱きしめるシーンなど、頼、雫、昴3人のそれぞれの想いが溢れ出し、ドキドキがとまりません!

頼と雫、そして昴、幼なじみ3人の恋と夢の行方に、 期待が高まる映像に仕上がっています。


映画情報どっとこむ ralph そして映画本編はもちろんのこと、この予告編映像を彩る本作の主題歌、Nissy(西島隆弘)さんが作詞作曲を手がけた楽曲「トリコ」も解禁。


Nissyさんは、本作のために書き下ろしたこの楽曲で初の映画主題歌を担います。 プロデューサー陣からの「映画館から明るい気持ちで帰れるような曲を」というリクエストを受け、今年は Nissyとしてステージに立ってから 5年目ということもあり、並々ならぬ気合いで制作に臨んでいます。

作品の世界観やメッセージに沿った歌詞には「雫」という言葉が印象的 に散りばめられ、映画のエンドを飾るにふさわしい、HAPPYな楽曲が誕生しました!「トリコ」は9月30日(日)リリース予定となっています。


Nissy(西島隆弘)さんからコメントが届いています!

Nissyさん:Nissyとして映画の主題歌のお話をいただいたのは初めてだったので、とても嬉しかったです。

脚本とコミックを読ませていただいて、男の子2人よりも雫ちゃんの気持ちが描かれていることも多かったので、2人の感情を いい意味でも振り回したり、ドキドキさせたり、といったストーリーにそった歌詞を作ってみるのも面白いと思いました。 3 人の友情や恋愛を、 音楽としてのストーリー展開に構成できたら『あのコの、トリコ。』の違った面白さが増すのかなと思いま す。

今まで、今回の『あのコの、トリコ。』のような三角関係のラブソングを書いたことがなかったのですが、原作を読ませて頂いて「く っつく の?くっつかないの?」とドキドキさせられたり、両極端な男性像が描かれたりしているなと感じて、ただ観ている女性の 方は、両方とも理想の男性像なんだろうなと思いました。 それをどのように歌にのせたら、ちょっと恥ずかしくなってしまいそうな部分も表現できるかなと考え、例えば、じっとしているより動 いたほうが恥ずかしさが紛れるのかなと考え振り付けに取り入れたりして、「ドキドキするハッピーソングを!」と思って作らせてい ただきました。 ぜひ、映画を観てその後に流れるこの曲でも、HAPPYになっていただけたらなと思います。

映画情報どっとこむ ralph ドキドキの恋と、芸能界を目指すキラキラな夢を追いかける、幼なじみ3人のシンデレラ・ラブストーリー。 吉沢 亮主演

あのコの、トリコ。

は、10月5日(金)より、全国にて公開します。

toriko-movie.jp


物語・・・
田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生の鈴木 頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能事務所に頼まれ、雫の 付き人として現場に同行するようになる。ランジェリーの広告撮影では、共演するはずだった、頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條 昴(杉野 遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を受けることに!そして、頼がカ メラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そしてこの広告が話題となり、頼、そして雫と昴の未来を変えていく。

***********************************

吉沢 亮 新木優子 杉野遥亮 水上剣星 大幡しえり ・ 内田理央 古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗

原作:白石ユキ『あのコの、トリコ。』(小学館 Sho-Comiフラワーコミックス刊)
監督:宮脇 亮
脚本:浅野妙子
音楽:吉俣 良

主題歌:「トリコ」Nissy(西島隆弘)
配給:ショウゲート
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会


あのコの、トリコ。「Sho-Comi 15号」より復活新連載決定!ドッキドキの三角関係ラブがパワーアップ復活


映画情報どっとこむ ralph 「Sho-Comi」(小学館)にて2013年から連載され、既刊5巻のコミックスが累計発行部数100万部突破(電子ダウンロード含む)、白石ユキの大ヒットコミック「あのコの、トリコ。」が、今秋、実写映画化を果たします。


幼い頃“あのコ”と交わした「一緒に映画に出ようね!」なんて約束は、すっかり忘れたつもりだった。
でもある日、雑誌で笑っている“あのコ”の笑顔が目に入ったとたん、あの約束が蘇り……。

この度、実写映画化を記念し、原作コミック「あのコの、トリコ。」が、7月5日(木)発売の「Sho-Comi 15号」より復活新連載することが決定!連載初回号となる「Sho-Comi 15号」の表紙には、頼・雫・昴の幼なじみ3人の描き下ろしイラストが登場!巻頭カラー全33ページという超豪華な内容で、キラキラの芸能界を舞台にしたトライアングルラブがふたたび❤ 果たして3人にどんなドッキドキの展開が待ち受けているのか、乞うご期待!
さらに、コミックに加え、映画から吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮3人の初グラビアがお目見え!この1冊で、コミック・映画、それぞれの“あのトリ”が楽しめること間違いなし!ぜひ書店でチェックしてみては。
映画情報どっとこむ ralph ドキドキの恋と、芸能界を目指すキラキラな夢を追いかける、吉沢 亮

主演作『あのコの、トリコ。』

は、10月5日(金)より、全国にて公開となります。


主人公の鈴木 頼(すずき・より)を演じるのは、2018年に映画出演作が8本も公開される吉沢 亮。誰もが認める美貌と演技力を兼ね備えた彼が、吉沢亮史上最高に冴えない地味男子を見事に演じ切り、新境地を切り開く…。

さらには、大好きな“あのコ”のためにかっこよく変貌していく姿を魅力全開に体現、そのギャップで観るものすべてをトリコにします。そんな頼が一途に思いを寄せるヒロインの立花 雫(たちばな・しずく)に扮するのは、non-noモデルとして活躍する中、確かな演技力への評価が高い新木優子。

そして、頼のライバルで超人気イケメン俳優・東條 昴(とうじょう・すばる)には杉野遥亮。

脚本は『今日、恋をはじめます』(12)、『クローバー』(14)などをヒットに導いてきた巨匠・浅野妙子。「最後から二番目の恋」(12/CX)、「最高の離婚」(13/CX)など数々のドラマを手掛けた期待の新鋭・宮脇 亮が満を持して映画初監督に挑みます。この秋、恋と夢を追いかけるすべての人をトリコにする、シンデレラ・ラブストーリーが誕生しました。



物語・・・
田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生の鈴木 頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から 好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能事 務所に頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。ランジェリーの広告撮影では、共演するはずだった、頼と雫の幼なじみでもあり人気 俳優の東條 昴(杉野遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を 受けることに!そして、頼がカメラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そしてこの広告が話題となり、頼、そして 雫と昴の未来を変えていく。

***********************************

出演:吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮
原作:白石ユキ「あのコの、トリコ。」(小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」刊)
監督:宮脇 亮
脚本:浅野妙子
配給:ショウゲート
(C)2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会


吉沢亮がさえないメガネ男子!「あのコの、トリコ。」ポスタービジュアル&特報映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 主人公の地味で冴えないメガネ男子・頼(より)が大好きなあのコ・雫(しずく)のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして 昴(すばる)の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリーが人気を博した白石ユキ先生の「あのコの、トリコ。」。

2018年7月より待望の続編連載も決定している大ヒットコミックが、今秋、実写映画化を果たします。

幼い頃“あのコ”と交わした「一緒に映画に出ようね!」なんて約束は、すっかり忘れたつもりだった。 でもある日、雑誌で笑っている“あのコ”の笑顔が目に入ったとたん、あの約束が蘇り……。

主人公の鈴木 頼(すずき・より)を演じるのは、『ママレード・ボーイ』や『BLEACH』など、2018年に映画 出演作が7本も公開される吉沢亮さん。

誰もが認める美貌と演技力を兼ね備えた彼が、吉沢亮さん史上最高に冴えない地味男子を演じ、新境地を切り開きます。

さらには、大好きな“あのコ”のためにかっこよく変貌していく姿を魅力全開に体現、そのギャップで観るものすべてをトリコにします。

映画情報どっとこむ ralph そんな頼が一途に思いを寄せるヒロインの立花 雫(たちばな・しずく)に扮するのは、 non-noモデルとして活躍する中、確かな演技力への評価が高い新木優子さん。ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(16/ カンテレ・CX)、「トドメの接吻(キス)」(18/NTV)など話題作への出演が相次ぎ、今夏『劇場版-コード・ブルー ドクターヘリ 緊急救命-』の公開も控えています。

そして、頼のライバルで超人気イケメン俳優・東條 昴(とうじょう・すばる)には『キセキーあの日 のソビトー』(17)や『覆面系ノイズ』(18)などで注目を集める杉野遥亮さん。

そしてこの度、本作のティザーポスタービジュアルが解禁となりました。 吉沢 亮がメガネをかけて地味で冴えない主人公・頼に扮する姿、さらには新木優子演じるヒロイン・雫の行動に振り回さ れ、ドギマギする超不器用でかわいいシーン写真がお披露目となっています。

映画情報どっとこむ ralph 脚本は『今日、恋をはじめます』(12)、『クローバー』 (14)などをヒットに導いてきた巨匠・浅野妙子さん。

「最後から二番目の恋」(12/CX)、「最高の離婚」(13/CX)など数々の ドラマを手掛けた期待の新鋭・宮脇 亮監督が満を持して映画初監督に挑みます。



合わせて公開された特報映像では、吉沢演じる頼が大好きな雫の夢を叶えるため、雫にふさわしい男になるため、冴えない メガネ男子からかっこよく変貌していく姿がチラリと映し出されています。その先の吉沢が凄まじくかっこよくなっていく様を妄想 させる「メガネをはずすシーン」は悶絶必須!原作漫画でも衝撃的だったランジェリー広告の撮影シーンの冒頭が美 再現されています。杉野遥亮演じる頼のライバル、幼なじみで人気俳優・東條 昴の出現、新木演じる雫の想いは・・・? 気になるストーリー展開も見逃せません。

映画情報どっとこむ ralph ドキドキの恋と、芸能界を目指すキラキラな夢を追いかける、吉沢亮主演作 『あのコの、トリコ。』は、10月5日(金)より、全国にて公開となります。

公式HP:
toriko-movie.jp

物語・・・
田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生の鈴木 頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から 好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能事 務所に頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。ランジェリーの広告撮影では、共演するはずだった、頼と雫の幼なじみでもあり人気 俳優の東條 昴(杉野遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を 受けることに!そして、頼がカメラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そしてこの広告が話題となり、頼、そして 雫と昴の未来を変えていく。

***********************************

出演:吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮
原作:白石ユキ「あのコの、トリコ。」(小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」刊)
監督:宮脇 亮
脚本:浅野妙子
配給:ショウゲート
(C)2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会


吉沢亮、新木優子、杉野遥亮で「あのコの、トリコ。」実写映画化!


映画情報どっとこむ ralph 芸能界を舞台にした幼なじみ3人の
“キラキラ”三角関係ラブストーリー!
あのコのためなら何だってできるんだ。恋をすると、オトコは変わる。

「Sho-Comi」(小学館)にて連載され、既刊4巻のコミックスは累計部数50万部を突破。大好評により続編も決定している白石ユキの大人気漫画「あのコの、トリコ。」の実写映画化が決定しました。
芸能界を舞台に、幼い頃に役者になることを誓い合った幼なじみ3人の恋物語!

メガネ男子×人気モデル×人気俳優の三角関係の行方は…?“キラキラ”な芸能界を舞台に“キラキラ”すぎる3人が織り成す、今までにない“キラキラ”三角関係ラブストーリーが誕生します!

映画情報どっとこむ ralph 地味で平凡、女子に見向きもされないメガネ男子の主人公:鈴木頼(すずき・より)を演じるのは、「仮面ライダーフォーゼ」(11-12/EX)で注目を浴び、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13/小泉徳宏)や、『アオハライド』(14/三木孝浩)、『オオカミ少女と黒王子』(16/廣木隆一)などに出演し、『銀魂』(17/福田雄一)、『斉木楠雄のΨ難』(17/福田雄一)、『リバーズ・エッジ』(18/行定勲)と公開待機作が数多く控えている若手実力派俳優、吉沢亮。「きれいすぎる顔」と評される吉沢が、一途に恋する地味男子の一瞬の輝きを、魅力全開に体現する。

吉沢亮 コメント
原作を読んだ時、男目線で話が進んでいくということが、すごく珍しいと思いました。鈍臭い男の子が主人公で、彼の成長物語が少女マンガであるということが、面白いと思います。なので、僕の恋している表情とか、受けの芝居でキュンキュンさせなければいけない部分が多く、結構プレッシャーです。杉野くん演じる昴がめちゃくちゃキラキラなので、昴に負けないように、僕が演じる頼の成長していく様をきちんと意識して、最後まで頑張りたいと思っております。



元気で夢に真っすぐなモデル:立花雫(たちばな・しずく)役には、non-noモデルとして活躍するとともに、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(16/カンテレ・CX)でのクールな紅一点捜査員の好演も記憶に新しく、映画では『僕らのごはんは明日で待ってる』(17/市井昌秀)や公開待機作『悪と仮面のルール』(18/中村哲平)などでヒロイン役も務め、確かな演技力を評価される新木優子。二人のイケメンに愛されるヒロインを、チャーミングな笑顔満開で演じている。

新木優子 コメント
女子が見てキュンキュンするポイントが全部詰まっているマンガで、楽しんで読ませていただきました。また、
メインの3人が芸能界で活躍しているというのも、すごい今っぽいと思います。この作品をみて、芸能界にちょっとでも興味のある人の背中を押すことができるような、そんな作品になると思います。いろんな方が期待して下さっている雫も演じつつ、自分の思っている雫もしっかりと出して、悔いなく撮影を乗り切りたいです。


そして、人気俳優にのし上がった東條昴(とうじょう・すばる)役には、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(16/NTV)、「感情8号線」(17/CXTWO)、「兄に愛されすぎて困ってます」(17/NTV)などに出演し、映画では『キセキ-あの日のソビト-』(17/兼重淳)、『兄に愛されすぎて困ってます』(17/河合勇人)と公開作が立て続き、『覆面系ノイズ』(17/三木康一郎)の出演も決まっている注目の若手俳優・杉野遥亮が演じる。これからの日本映画界を背負っていく若手俳優たちが集結!


杉野遥亮 コメント
原作は展開が早くて最初はビックリしました。でも、これが今っぽいのかなとも思いました。芸能界という夢のようなキラキラした世界を描いているのは興味深いですが、その映像化は難しいだろうなと感じています。東條昴という男は、すごくカリスマ性があってキラキラしていて掴みどころがない。僕も一生懸命考えて役を作っていきたいと思っています。ぜひ楽しみにしていてください。

映画情報どっとこむ ralph 実力派制作陣のコラボレーション!
監督には、新鋭・宮脇亮が満を持して映画初監督に挑戦する。脚本には、巨匠・浅野妙子が担当する。

宮脇亮監督 コメント
『あのコの、トリコ。』このシンプルなタイトルに惹かれました。高校生の恋と夢。この二つが絡み合いながら展開していくのがこの作品の魅力だと思います。恋をすると誰もがキラキラと輝く。そして夢を追いかける姿もまた輝いて見える。そんな登場人物達の心が動く瞬間を大事に切り取っていきたいと考えています。恋をすることで魅力的に変わっていく若者達の姿に、ドキドキしながら見て頂けたら嬉しいです。

白石ユキ先生(原作) コメント
実写映画化のお話をいただき、本当に驚きました。 吉沢亮さんは幅広い役柄を演じてらっしゃるので、頼をどんな風に演じて下さるのかとても楽しみです。 新木優子さんはキリッとしたイメージで、意志の強い雫役にぴったりだと思いました。 杉野遥亮さんは優しそうな役柄が多い印象なので、昴役は良い意味で想像を裏切られそうです。 実写となることでキャラクターたちがもっとキラキラしていくことと思います! 宮脇監督の手腕で間違いなく良い作品になると思いますし、一人の観客として映画の完成が待ち遠しいです。



公式サイト:http://toriko-movie.jp


***********************************

出演:吉沢亮、新木優子、杉野遥亮   
原作:白石ユキ「あのコの、トリコ。」(小学館刊)
監督:宮脇亮 
脚本:浅野妙子
配給:ショウゲート