「あいみょん」タグアーカイブ

秦 基博とあいみょんが劇中デュオをプロデュース!小松菜奈・門脇麦 映画『さよならくちびる』


映画情報どっとこむ ralph 小松菜奈・門脇麦のダブル主演、更に成田凌出演という映画界最旬キャストで贈る青春音楽映画『さよならくちびる』(19年5月公開)。

劇中、小松菜奈演じるレオ、門脇麦演じるハルで構成する、人気ギター・デュオ「ハルレオ」が歌う楽曲のプロデュースを秦 基博とあいみょんが担当することが決定しました!

映画タイトルでもある主題歌『さよならくちびる』をプロデュースしたのは、シンガーソングライターとして数々の名曲を世に送り出し続ける秦 基博。
曲はもちろん、歌詞の全てまで手がけました。本曲について秦は

秦さん:最初に頂いた脚本にあった「さよならくちびる」という塩田監督の言葉を元に、小松菜奈さん、門脇麦さんの演じるハルレオの声、この映画の世界をイメージしながら曲を書きました。今回、お二人とレコーディングさせて頂きましたが、お二人の、飾らない真っ直ぐな歌声によって「さよならくちびる」という曲は完成するのだと改めて感じました。多くの方に、楽しんで頂ければ幸いです。

とコメント。

さらに、挿入歌『誰にだって訳がある』、『たちまち嵐』を作詞、作曲、プロデュースしたのは、最旬女性シンガーソングライターのあいみょん。

あいみょんさんコメント
『さよならくちびる』の脚本は、内容が身体に馴染むのが早かった気がします。
ライブハウスのあの酸素の薄い粉っぽさや薄暗さを思い出しました。
それと、自分なりに登場人物の心情を探るのも楽しかったです。
すぐに楽曲制作に取り掛かりました。

「たちまち嵐」
楽観的だけど、芯のある楽曲をイメージしました。
ぶつかりがちなハルとレオだけど、ふたりの出会いや今までの思い出が、気づかないところで互いを支えているんだなぁと感じましたし、旅人ハルにはレオという相棒が必然だった気がします。

「誰にだって訳がある」
皆それぞれ、理由があって今その場に立っていて、好きな物にも嫌いな物にもきっと理由がある。傷つくこと、泣きたくなることや嬉しくなることにも。
沢山の感情を背負って心臓を走らせ生きているハルとレオに、少し訳ありの歌を作りたいと思いました。

とコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph 本映画は塩田明彦監督のオリジナル作品。
二人とも映画の脚本を事前に読み、そこからそれぞれのイマジネーションを基に、各曲が誕生しました。

劇中では、ハルレオとして小松菜奈と門脇麦が実際に自らの歌声で撮影に臨み、小松菜奈においては映画やCMなど含め、キャリア初の歌唱演技となる。更に小松、門脇共に数ヶ月のトレーニングを経て、実際にギター演奏をしながら今回の楽曲を披露できるまでになり、ライブシーンの撮影を成功させた。

映画の中で、これらの曲を小松菜奈と門脇麦の2人がどのように表現し歌っているのか、また秦 基博とあいみょんのそれぞれが手がけた楽曲と歌詞にもご注目ください。


映画『さよならくちびる』

Story
音楽にまっすぐな思いで活動する、インディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松菜奈)とハル(門脇麦)だが、付き人シマが参加していくことで徐々に関係をこじらせていく。全国ツアーの道中、少しづつ明らかになるハル・レオの秘密と、隠していた感情。すれ違う思いをぶつけ合って生まれた曲「さよならくちびる」は、3人の世界をつき動かしていく――。

***********************************

監督・脚本・原案:塩田明彦
キャスト:小松菜奈、門脇麦、成田凌 ほか
製作幹事・配給:ギャガ
制作プロダクション:マッチポイント
(C)2019「さよならくちびる」製作委員会 


映画『音量を上げろタコ!』阿部サダヲと吉岡里帆デュエットバージョン主題歌MVメイキング映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)に公開します。

リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディ!!

驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう! しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前!やがて、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるはめに。リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!
映画情報どっとこむ ralph この度、同世代の若者から圧倒的な支持を集める、あいみょんが作詞・作曲を手掛けたW主題歌のひとつ 「体の芯からまだ燃えているんだ」のミュージックビデオ(ショートver)とメイキング映像を解禁いたします!



劇中では吉岡里帆さん演じるふうかが歌うソロ楽曲ですが、今回解禁となるのは阿部サダヲさん演じるシンとふうかのデュエットバージョン。

ミュージックビデオは阿部サダヲさん・吉岡里帆さん・千葉雄大さんの3人が再集結し、本楽曲のために全編撮りおろしで制作。レコード会社のシン担当・坂口を演じた千葉雄大が、自転車に乗りながらさわやかに横切る冒頭から始まり、黒い衣装のシンと対照的な白い衣装でギターを抱えるふうかが青空の下で熱唱し、バックバンドの前で魂をこめて歌い叫ぶ、ミュージックビデオになっています。

メイキング映像では、阿部さんと吉岡さんそれぞれが歌い叫ぶ姿が映し出されます。

特に、本作でギターと歌唱に初挑戦した吉岡さんは、ミュージックビデオの撮影でも爆音のなか、地声で歌い上げており、力強い歌声を披露しているのが見受けられます。また、撮影前に吉岡さんと千葉さんが談笑する姿も。「今日、かわいいですね、めっちゃお似合いです」と吉岡さんから褒められた千葉さんは、笑顔で「照れちゃう」といって本気のテレ笑いを見せています。

映画情報どっとこむ ralph 『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

10月12日(金)ロードショー


公式HP:
http://onryoagero-tako.com/

公式Twitter:
@onryoagero #音タコ

***********************************

出演:阿部サダヲ 吉岡里帆
千葉雄大 麻生久美子 小峠英二(バイきんぐ) 片山友希 中村優子 池津祥子 森下能幸 岩松了
ふせえり 田中哲司 松尾スズキ
監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
音楽:上野耕路 
主題歌:SIN+EX MACHiNA「人類滅亡の歓び」(作詞:いしわたり淳治 作曲:HYDE)(Ki/oon Music)
ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」(作詞・作曲:あいみょん)(Ki/oon Music)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
    


HYDE、KenKen、あいみょん・・・ら参戦解禁!『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』


映画情報どっとこむ ralph 「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)に公開されます!。


そして!
この度、本作に集結した豪華アーティスト陣がついに解禁となります!!

W主題歌のうちの一曲、阿部サダヲ演じるロックスター・シンが歌う「人類滅亡の歓び」を作曲したのはL’Arc~en~Cielやソロとして世界で活躍する正真正銘のロックスター・HYDE。
楽曲提供について

HYDEさん:監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました笑。
シンとの共通項も多く、時期的にもお互いパクったわけではないのですが、シンと僕のアー写がそっくりだったので驚きました。
僕はドーピングしてませんよ!

とコメント。

また、同曲の作詞を、作詞家・音楽プロデューサー・作家として活躍するいしわたり淳治さんが担当。
いしわたりさん:声帯をドーピングしてとんでもない声を出すカリスマ的ロックスターの歌詞なんですけど…。なんていう言葉で笑いながら始まる打ち合わせは、おそらくこの先の人生でも二度とないでしょう。

と振り返る。吉岡里帆さん演じるふうかの歌う主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」の作詞・作曲を話題沸騰中の新星シンガーソングライター・あいみょんさんは、
あいみょんさん:人生の先には、まだ知らない誰かとの出会いが想像つかないくらいに待っていて、その出会いが自分自身の人生を大きく変えていくかもしれない。そう思うと未来は爆発的に面白い。
あの日聴いた音や声、見たもの全てが今日の自分に語りかけてくるように、体の芯を燃やす感覚をいつになっても忘れたくないです。テンションを上げて行こう!

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph さらに、シンのカリスマ性を象徴する主題歌「人類滅亡の歓び」のバックバンド「EX MACHiNA」として、

降谷建志、岡崎体育などへのサウンドプロデュースなどで活躍するPABLO(アレンジ/ギター)、
PABLO:ライブシーンで炸裂する「人類滅亡の歓び」の編曲では三木監督のアイデアに基づき、様々なサブカルとリンクした音楽的要素を詰め込めこみつつ、やりたい放題で最高に気持ちがいい音に仕上がりました!映画に出演することが夢だったこともあり、作品と関わり最高の体験をさせていただきました。是非、映画館の大音量で『EX MACHiNA』の轟音を『シン』の絶唱を全身に浴びてください!!

RIZE、Dragon Ashをはじめ多数のバンドで活躍するKenKen(ベース)、
KenKen:今回は大好きな三木聡監督の作品に呼んでもらって、本当に嬉しかったです。冒頭の少しの出演ですが、少しでも華を添えられたら幸いでございます。

ロックバンド・FUZZY CONTROLのSATOKO(ドラム)が演奏と出演の両面から盛り上げる!!
SATOKO(FUZZY CONTROL):最高に楽しくて刺激的な映画と楽曲に携わらせて頂き幸せです。音楽演奏のみならず、阿部サダヲさんのバンドメンバーとして役も頂いて光栄の極みです。三木ワールドの住人たちは本当にぶっ飛んでいます。故にメイクが奇抜すぎて誰だかわからないかも…。笑

また、「体の芯からまだ燃えているんだ」のアレンジ・演奏は、年間40〜50本のライブを行い、音楽フェスなどに多数出演のTHIS IS JAPANが担当する。
杉森ジャックTHIS IS JAPAN:音量を上げろ!と言われなくても音量を上げがちなバンドである我々ですが、観終わった後にはもっともっと音量を上げたい!とテンションが上がってしまいました。大好きな作品です。エネルギーとエモーションに満ちた「音タコ」に、少しでも携われたことを誇りに思います。

映画情報どっとこむ ralph W主題歌だけでなく挿入歌にも豪華アーティストが集結!

人気沸騰中のnever young beachの安部勇磨が「夏風邪が治らなくて」を作詞・作曲、never young beachがアレンジ・演奏として参加。
安部勇磨:この映画は笑って観る映画です。恥ずかしがらず、たくさん笑いましょう。


さらに、2018年7月での「完結」を発表しているチャットモンチーの橋本絵莉子がソロとして「まだ死にたくない」「ゆめのな」の作詞作曲を手掛ける。
橋本絵莉子:声が小さく、気も小さいボーカリストの曲を作って下さいとお願いされた時は、私の得意分野かもしれないと思いました。普段の私に近いからです。
歌詞も、私半分、ふうか半分の割合で完成しました。楽しかったです。

「遊ぶ金欲しさの犯行」の作詞・作曲はグループ魂のギター“遅刻”としても活躍する富澤タク。
富澤タク(グループ魂/Number the.):当時のパンク、ニューウエーブに思いを馳せながら、三木監督と作詞の共作までさせていただきつつ、楽曲制作をやらせてもらいました。そのうえ微妙に出演までさせていただき(直視しないでください(苦笑))感謝の念に堪えません。今年の音楽映画はコレで決まりっしょ!

同曲ではニューロティカのKATARU(ベース)、NABO(ドラム)と共にギターとして演奏・出演も行う。
また、ジュリアード音楽院で音楽を学んだ清水麻八子をボーカルに迎え、

超絶テクニックを誇るプログレッシヴ・ロックバンド八十八ヶ所巡礼が「肩噛むな!」を作曲、演奏・出演で参加する。
マーガレット廣井(八十八ヶ所巡礼):監督のキ●ガイ的な歌詞のおかげで、我々だけでは絶対に作れなかったキ●ガイじみた曲ができました。監督に感謝です。

前代未聞の豪華実力派アーティスト布陣に関し、

本作の音楽について

三木聡監督:この作品の音楽を最強のメンバーでやれたことは、本作をやってよかったと思えることのひとつです。参加して下さった、どのアーティストも最強過ぎ。ちょっとしたフェス状態で心も体も震えます。

W主題歌について

三木聡監督:HYDEさんといしわたりさんの曲、格好良すぎて脳下垂体からアドレナリンが噴出します。 あいみょんさんは、心をグラグラと揺らされる歌を作って下さいました。阿部サダヲ・吉岡里帆という二人のパフォーマーがその曲に対してどう立ち向かっているのか、ご期待ください。

と語り、本作を激烈に彩るサウンドの数々への期待が高まる。

映画情報どっとこむ ralph

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

公式HP:
http://onryoagero-tako.com/

公式Twitter:
https://twitter.com/onryoagero

#音タコ

ストーリー
何かと息がつまる現代社会に、猛烈なエネルギーを注入する爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディ!!
驚異の歌声を持つ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。正反対の二人が偶然に出会い、シンの歌声が『声帯ドーピング』によるものだという“禁断の秘密”をふうかは知ってしまう! そんなシンの喉は『声帯ドーピング』のやりすぎによって崩壊寸前…。さらには、シンの歌声をめぐって二人は追われるハメに!? リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる―!!!!
***********************************

出演:阿部サダヲ 吉岡里帆
千葉雄大 麻生久美子 小峠英二(バイきんぐ) 片山友希 中村優子 池津祥子 森下能幸 岩松了 ふせえり 田中哲司 松尾スズキ
監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会


ピピ:ヤオ・アイニン素敵な恋を!『恋愛奇譚集』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 台湾からの留学生を主人公に福島県天栄村を舞台にした切ない恋愛映画『恋愛奇譚集』が2月4日(土)より、新宿シネマカリテ、フォーラム福島ほか全国順次公開となりました!

日本映画初主演を果たした台湾の新星ヤオ・アイニンさんと、内田慈さん、福田麻由子さん、栁俊太郎さん、遠藤新菜さん、そして、主題歌「漂白」を担当した女性シンガーソングライターのあいみょんさんと倉本雷大監督が公開を記念して、舞台挨拶を行いました。


公開記念舞台挨拶
日時:2月5日(日)
場所:新宿シネマカリテ
登壇:ヤオ・アイニン・内田慈・福田麻由子・栁俊太郎・遠藤新菜・あいみょん・若林瑠海・倉本雷大監督
MC:佐々木瞳

映画情報どっとこむ ralph
ピピさん:本日はお越しいただきありがとうございます。頑張ってしゃべってみます!

と、頑張って話す笑顔が好印象のピピさん。
初めての日本での主演映画に出演するにあたって、

ピピさん:最初は緊張しました。監督とはお会いしたこともなかったし、日本語もまだまだなんで心配していました。でも、みなさんが、ゆっくり話してくれるから楽しかったです。

と、話します。続いて、傷心の訳あり女性役の内田さんは、

内田さん:最初に台本を読んでから監督とお会いしまして、背負ってますみたいじゃない。芯がないように見えるくらい、本性を見せないような女性と。でも、耐えられないものがはみ出してしまうように演じるようにしようと監督とお話ししました。

瑠海くん:いつも休みの時には、ベイブレードの話を内田さんとしたのがうれしかったです。監督とは男気じゃんけんをしました。

と、エピソードを暴露!

映画情報どっとこむ ralph 幽霊役の福田さんは・・・。

福田さん:今回幽霊やくなので、、、想像を膨らませて。体は高校生だけど、すごく長い時間があって。つらい気持ちになることもありましたが。キラキラしていて欲しい監督に言われて。キラキラしているところを切り取って映画に残せたらなと。演じました。

三角関係の中心人物のもて役
栁さん:劇中に・・・世界を旅したいと言ってますが、いずれこの関係も終わるんだろうなと、人間関係も旅してる感覚で演じました。

遠藤さん:憎たらしい女子高生役ですが、こういう女いるわー。憎たらしいけどでも愛嬌あるなと、いう女性を演じました。

今回、ぴぴちゃんが、頑張ってたのをみて、見習わなきゃいけないなと。どんな世界にも飛び込んで、愛され人になれたらなと。

とっても前向きな遠藤さん。監督は俳優の抜擢理由と思いは?と聞かれ・・・
監督:脚本に合わせて、やってほしい人に声をかけさせていただきました。撮影中の思いは、日々こなすことで精いっぱいで、試写とかで、ようやく一つの作品を作ったんだなと実感しました。

今回主題歌を担当したあいみょんは・・・
あいみょん:監督と初めて会った時に。おもいのほか物語を作り上げたので。すらすら書けました。タイトルの「漂白」に込めた思いは・・人との出会いを台湾に持ち帰った後も、心が思い出して洗い流せたらなと付けました。

映画情報どっとこむ ralph
最後に。

ピピさん:私の初めての日本の映画なので、大事な一本です。とても大切です。見に来てくれて本当にありがとうございます。周りの人を大切にしてください。素敵な恋をしてください。

と、イベントは終了しました。

物語・・・

この場所で少し、愛することを覚えた-

台湾からの留学生・ユーウェン(ヤオ・アイニン)は、「感情は一瞬で変わるから、恋愛することは馬鹿馬鹿しい」と思っていた。

思うように言葉が通じないもどかしさを抱えながら、ホームステイ先の古川酒造の三代目涼太(和田聰宏)や同じクラスの気になる男子・光孝(? 俊太郎)とその彼女・香織(遠藤新菜)たちと日々過ごしているユーウェン。

ある日、彼女にしか見えていない赤いコートを着た謎の少女・ユリ(福田麻由子)と出会うことで、心の内を話せる友達ができ、笑顔を取り戻していく。

「私たち二人は同じ国の人なのかも…」しかし、楽しい時間を共有していくと同時に、ユリと涼太そして東京から出戻ったワケあり娘・彩子(内田慈)との関係、そこに悲しい過去があることを知る。ユリが幽霊だとわかった異邦人のユーウェンは、ユリの心残りに唯一気づき、不思議な絆で繋がっている二人は、大切な日に秘密の作戦を決行する。
果たして、ユリとユーウェン二人の想いは届くのだろうか?
そして、彼女たちは誰かにとって忘れられない存在になれるのだろうか・・・?

***********************************


ヤオ・アイニン
和田聰宏 内田慈 福田麻由子
?俊太郎 遠藤新菜 前野朋哉 潮みか 若林瑠海
中島歩 山本浩司 水橋研二 康すおん

監督:倉本雷大 脚本:狗飼恭子
音楽:蓮沼執太
主題歌:あいみょん「漂白」(unBORDE/ワーナーミュージック・ジャパン)

エグゼクティブプロデューサー:河野正人 松本光司 
プロデューサー:佐伯寛之 田中清孝 ラインプロデューサー:宮下昇
撮影:大内泰 照明:神野宏賢 録音:伊藤裕規
美術:中谷暢宏 編集:伊藤拓也 スタイリスト:山崎沙央里 CHAN KOSAKA 
ヘアメイク:戸澤奈月 助監督:佐々木利男
アートディレクター:一ノ瀬雄太 メインビジュアル:長田果純
製作プロダクション:クラスター 配給・宣伝:プロジェクト ドーン 
企画:YOUNEE. 沼田事務所
製作:「恋愛奇譚集」フィルムパートナーズ(天栄村映画制作実行委員会/クラスター/プロジェクト ドーン)
2017年/日本/120分/5.1ch /シネマスコープ/カラー/デジタル 
©2017「恋愛奇譚集」フィルムパートナーズ」