「あいあい傘」タグアーカイブ

倉科カナ 映画 x 星野真里 舞台『あいあい傘』ポスタービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph 倉科カナさん主演。
市原隼人さん、立川談春さん、原田知世さんら豪華キャスト共演の映画『あいあい傘』のポスタービジュアルが解禁。

公開日が10月26日 (金)に決定しました。

映画『あいあい傘』は、幼い頃に離れ離れに なった親子が25年ぶりに再会する姿を通して、 家族の絆や夫婦の愛を温かく描く感動作。

公開されたポスターは、主人公のさつき (倉科カナ)、さつきに一目ぼれをする清太郎 (市原隼人)、さつきの父親で25年前に姿を消 した六郎(立川談春)、そして六郎の今の家族 である妻の玉枝(原田知世)と娘の麻衣子 (入山杏奈)の5人が寄り沿うように撮られた、 1枚の記念写真。

一見幸せそうな5人だが、25年ぶりに再会する 父と娘には、どこかぎこちなさも感じられる。 長く離れて暮らした二人に訪れた突然の再会は、 たったの5日間。「思い出すのは、遠くはなれ た家族のこと」というメッセージの通り、それ ぞれの胸にずっと秘められていた想いが、つい に溢れ出すとき、果たしてどのようなドラマが 生まれたのであろうか。

日本人ならどこか懐かしさを感じる田舎の原風景が5人の足下に広がり、まもなく始まるお盆の帰省シー ズンを前に、ふるさとのことや実家の両親のことが自然と思い出されるポスタービジュアルとなっている。

タイトルの「あいあい傘」には、親子や夫婦が人生を共に歩んでいくということは、楽しいことだけでは なく、困難に出会ってもお互いを思い合い、気遣い合いながら、一歩一歩肩寄せ合ってひとつの傘で歩く 「あいあい傘」のようなものというメッセージが込められている。
ポスターの5人を優しく包み込むように咲く紫陽花の花言葉は「家族の結びつき」。大切な家族の幸せを 願う、すべての人に贈る映画「あいあい傘」のポスタービジュアルが完成しました。

映画情報どっとこむ ralph 10月26日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
aiai-gasa.com

公式Twitter:
https://twitter.com/aiaigasamovie

物語・・・
ストーリー 生き別れてしまった父と娘の 切なくも心に沁みる5日間の物語
恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつき(倉科カナ)は25年前に姿を消した父の六郎 (立川談春)を探しにその町へやって来た。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎(市原隼人)と出 会い、祭りの取材をしたいという嘘をついて町を案内してもらうことにする。散策しながら次第に明らかになる現在 の六郎の生活。さつきは意を決して、父の新しい家族──奥さんの玉枝(原田知世)と彼女の一人娘に会いに行こう とする。

倉科カナ 市原隼人 入山杏奈 高橋メアリージュン やべきょうすけ 布川隼汰 永井大 金田明夫 大和田獏 / トミーズ雅 立川談春 原田知世

監督・脚本:宅間孝行
制作プロダクション:FILM
配給:S・D・P
(c)2018映画「あいあい傘」製作委員会

映画情報どっとこむ ralph そして!

本日、同時に10月5日(金)から公演をスタートする 舞台版「あいあい傘」のビジュアルも解禁。


公演日程:2018年10月5日(金)~ 全国10会場全32公演上演

「あいあい傘」は映画の監督を務めた宅間孝行が主宰していた 劇団「東京セレソンデラックス」(2012年解散)が上 演した舞台で、今年11年ぶりに映画と舞台で復活する。 宅間監督が舞台も演出し、映画では市原隼人が演じた 清太郎役で出演する。

舞台版は映画とはまた違ったストーリー展開と設定で、 「あいあい傘」の世界を表現している。

公式HP:
http://takufes.jp/aiaigasa/

公式twitter:
@TAKU_FES_JAPAN


作・演出:宅間孝行
出演者:星野真里 宅間孝行/鈴木紗理奈/竹財輝之助 弓削智久 大薮 丘/前島亜美 越村友一 柿澤仁誠(Wキャスト) 佐田 照(Wキャスト)/モト冬樹 川原亜矢子/永島敏行
劇場:東京・サンシャイン劇場 ほか

協力:テイクオフ
企画:タクフェス
製作:ネルケプランニング、エイベックス・エンタテインメント

***********************************

    


舞台「あいあい傘」を宅間孝行が自身が監督で映画化!主人公倉科カナからコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 2018年秋、すべての大人たちに贈る感動作
映画「あいあい傘」は、運命に翻弄され、25年間会いたくても会えなかった娘“さつき”と父“六郎”の親子の再会を描いた物語。
父・六郎をようやく探し出し、連れて帰ることを胸に秘めて恋園町にやってきた高島さつきだったが、彼女の想いを裏切るように、六郎は苗字を変え、自分の知らない家族と新しい生活を営んでいた…。しかし、離れ離れだった25年間の六郎の暮らし、そして真実の想いを知った時、長い間忘れていた感情がさつきに甦る…。

「大切な人を想う」とはどういうことなのか。家族の幸せを願う、すべての大人たちに贈る感動作です。


映画情報どっとこむ ralph 25年前に失踪した父親を探して恋園町にやってくる主人公・高島さつきを演じたのは倉科カナ。

主人公・高島さつき役 倉科カナさんコメントが届いています。

倉科さん:この作品のお話を頂いて、台本を手にして読んだ時に、自然と涙が湧き出てきました。
主人公のさつきは、幼い頃に別れたお父さんに25 年ぶりに会いに行きます。
突然の父との別れから彼女の心にはいつもどこかに穴が存在していたのではないでしょうか。
いま何処にいてどうしているのか…という想いをいつも抱え、時間が経っても埋まらない穴を埋めるために、父に会いに行く決心をしたんでしょうね。撮影で私がさつきとして過ごしている間、ただ「お父さんに会いに行く」という素直な気持ちだけをもって演じることが出来ました。さつきは、ちょっと勝ち気で、頑張り屋さんで、やさしい女の子。そのさつきの素直な気持ちを皆さんに届けられたらと思います。
この作品が、家族や大切な人をいま一度想うきっかけになれたら嬉しいです。
突然の出来事で日常が変わってしまう事もあります。
変わらないで過ごせる事への幸せと、大切な人が身近にいて、その想いを伝えることが出来るということがこんなに尊いことなんだと改めて気づかせてくれた、素敵な作品。
皆様にも是非、観ていただけたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph そして!
まっすぐな熱血漢、でも涙もろくて情に厚いテキ屋・雨宮清太郎を演じたのは市原隼人。
さつきの想いを知り、六郎との25年ぶりの再会に一肌脱ぐ。彼本来の「熱い男」のイメージとピッタリ。見事に役柄とシンクロ。

さつきの父親で、25年前に忽然と姿を消し、現在は恋園町で新しい家族と暮らすしののめ東雲六郎には、落語家の立川談春。本作では、内に秘めたさつきへの想いと新しい家族への想いの間で揺れる父親を繊細に演じた。

死を決意した若かりし六郎を救い、家族として妻として25年間寄り添ってきた恋園庵の女将・松岡玉枝には、女優で歌手の原田知世。なにがあってもそっと六郎に寄り添う玉枝の優しさは、映画「あいあい傘」のテーマそのものであり、原田がそれを見事に体現している。

映画情報どっとこむ ralph
ほかにも、玉枝の娘・松岡麻衣子にAKB48・入山杏奈。清太郎のテキ屋仲間・福田日出子に高橋メアリージュン、竹内力也にやべきょうすけ。清太郎と長年親交を持ち、さつきと六郎の再会に重要な役割を担う車海老貫一にトミーズ雅。清太郎の亡くなった父親・雨宮虎蔵に永井大。六郎が経営する学習塾の講師、船田知之に布川隼汰。さらに、金田明夫、大和田獏といったベテラン俳優陣も出演し、見ごたえのある人間ドラマを彩っています。

監督は、本作の原案となった舞台「あいあい傘」(2007年東京セレソンデラックス上演)で主演・脚本・演出を務めた宅間孝行。11年の時を経て、号泣必至と言われた幻の名作を自身の手で映画で蘇らせます。

映画「あいあい傘

公式サイト:
aiai-gasa.com
twitter公式:
@aiaigasamovie  

2018年10月全国ロードショー


物語・・・
生き別れてしまった父と娘の
切なくも心に沁みる5日間の物語

恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつき(倉科カナ)は25年前に姿を消した父の六郎(立川談春)を探しにその町へやって来た。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎(市原隼人)と出会い、祭りの取材をしたいという嘘をついて町を案内してもらうことにする。散策しながら次第に明らかになる現在の六郎の生活。さつきは意を決して、父の新しい家族──奥さんの玉枝(原田知世)と彼女の一人娘に会いに行こうとする。

***********************************

倉科カナ 市原隼人
入山杏奈 高橋メアリージュン やべきょうすけ
布川隼汰 永井大 金田明夫 大和田獏 / トミーズ雅
立川談春 原田知世
監督・脚本:宅間孝行
配給:S・D・P
©2018映画「あいあい傘」製作委員会