ゆうばり国際F映画祭2014NEWS5 進撃&ヱヴァ


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014 ニュース第5弾!
イベントプログラムのご紹介です。

今期のゆうばり国際ファンタスティック映画祭《2月27日(木)~3月3日(月)》では、京楽ピクチャーズ.PRESENTSとして一般社団法人VFX-JAPANの企画による5つのイベントを開催されます。

昨年好評を博した「VFX-JAPAN ハリウッドプレゼンテーション」に続き、今年は「日本VFXの伝統、今、未来を感じる」をコンセプトに、大人気コミック「進撃の巨人」実写版の監督を務める樋口真嗣氏や、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズを主に手掛ける【スタジオカラー】のCGIプロデューサー瓶子修一氏など、第一線で活躍するゲストを多数迎え、映画ファン必見の魅力的なプログラムをお届けいたします。

京楽ピクチャーズ.PRESENTS VFX-JAPAN イベント

1)《2月28日(金)14:30~》
【VFXの伝統】~特撮の旗手が語る伝統と革新~日本が世界に誇る映像技術 『TOKUSATSU』
★日本の特撮、VFXの第一人者が一堂に会し、特撮の変遷とVFXの現状、未来について語ります。
登壇者:
樋口真嗣氏(映画監督・特撮監督) 『巨神兵 東京に現わる』『のぼうの城』
尾上克郎氏(特撮監督) 『のぼうの城』『陰陽師』
大屋哲男氏(VFX Producer) 『清須会議』『サンブンノイチ』
佐藤敦紀氏(VFX Supervisor) 『日本沈没』『のぼうの城』
氷川竜介氏(アニメ・特撮研究家)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2)《2月28日(金)16:30~》
【VFXメイキング】~2014/3/1 全国公開 前夜~実写版 魔女の宅急便 VFXメイキングセミナー
★VFXスーパーバイザー秋山貴彦氏の解説と豊富な映像で、実写版『魔女の宅急便』の舞台裏に迫ります。話題の映画の舞台裏を覗ける貴重なチャンス!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3)《3月1日(土)12:00~》
【VFXの今】<スタジオカラー>が巻き込む、特撮・VFXの今
★『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズを手掛けるスタジオカラーから、CGIプロデューサー瓶子修一氏、CGIディレクター小林浩康氏をお招き。「ヱヴァ」映像制作についてのプレゼンはファン必聴!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4)《3月1日(土)14:00~》
【VFXの未来】~仙台、東京、ロンドンを結ぶ~WOW株式会社の未来ビジュアルデザイン戦略
★東京と仙台、ロンドンを拠点に、幅広いデザインワークを展開、オリジナルのアート作品の制作・展示も積極的に実施する、ビジュアルデザインスタジオWOWによるプレゼンテーション。ビジュアルデザインの社会的機能を果たすべく、映像の新しい可能性を追求します。

プレゼンターはPresident/Executive Producer高橋裕士氏、Creative Director田崎佑樹氏。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5)《3月1日(土)16:30~》
【VFX-JAPANアワード2014表彰式】
★2012年12月から2013年10月までのCG・VFXを活用した日本作品を6部門ごとに選出、優秀賞、最優秀賞を紹介、表彰いたします。
(1)劇場公開用実写映画 (2)劇場公開アニメーション映画
(3)テレビ番組 (4)ゲーム映像 (5)CM・プロモーションビデオ
(6)イベント・LIVE映像

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭は2月27日(木)~3月3日(月)開催です!

公式HP:http://yubarifanta.com/

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『シネマパラダイス★ピョンヤン』公開日決定


知られざる映画王国・北朝鮮の映画界で生きる人々に密着したドキュメンタリー

『シネマパラダイス★ピョンヤン』


の公開日が決定し、3月8日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開することになったそうです!

シネマパラダイス★ピョンヤン
そして、あわせて、日本オリジナルの予告編も解禁となりました。

演劇映画大学に通うぽっちゃり気味の女子大生や、熱血ベテラン監督の撮影風景など、これまで見たことのない、まさに将軍様のハリウッドを支える人々の様子など、興味深い映像満載の予告編になってます。


シネパラ★ピョンヤン-ポスターさらに、いち早く本作をご覧になった映画監督・松江哲明監督からもコメントが届いてます。
『北朝鮮を演劇映画大学を通して描くという仕掛けが刺激的だ。コメントを語り終えた後の沈黙からも台詞が聞こえてくる』

『シネマパラダイス★ピョンヤン』

公開表記:3月8日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開です!

公式サイト:http://www.cinepara-pyongyang.com/

********************************************************************


『シネマパラダイス★ピョンヤン』

【2012年/シンガポール/朝鮮語・日英字幕/93分
原題:The Great North Korean Picture Show】

監督:ジェイムス・ロン、リン・リー『アキ・ラーの少年たち』
配給:33 BLOCKS
©Lianain Films

公開表記:3月8日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ゲキ×シネ 五右衛門ロック 第3弾



ゲキ×シネ 10周年記念作品・第2弾

お気楽!テキトー!超GOIN!
メイド・イン・ジャパンの最狂エンターテインメント!

劇団☆新感線による人気コンテンツ<ゲキ×シネ>最新作

『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』


が2014年3月29日(土)に公開となります!

ZIPANG-PUNK~五右衛門ロックIII
ニッポンを代表する大泥棒・石川五右衛門。

ZIPANG-PUNK~五右衛門ロックIIIsab2文学、歌舞伎、映画、アニメ、ゲームと数々のジャンルで扱われる大人気ヒーロー?!を、劇団☆新感線流に魅せる大好評シリーズ「五右衛門ロック」第3弾。

本作は、空海の秘宝をめぐり繰り広げられるお宝騒動を舞台に、五右衛門らが歌って踊って笑わせる超豪華エンターテインメント作品です。

ZIPANG-PUNK~五右衛門ロックIIIsab3
出演者も超豪華!劇団の看板役者であり今や大人気俳優にのぼり詰めた古田新太をはじめ、新感線に初参戦となる、人気実力ともにトップクラスの三浦春馬と蒼井優、ミュージカル俳優として大活躍の浦井健治、高橋由美子、そして大ベテランの麿赤兒、村井國夫という豪華ゲストに加え、橋本じゅん、高田聖子、粟根まことら劇団員たちが勢ぞろいします。

『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』
3月29日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
http://www.goemon3.com


********************************************************************

ZIPANG-PUNK~五右衛門ロックIII
ゲキ×シネ10周年記念作品・第2弾
『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』

物語

誰もが狙うはジパングに隠された黄金…んっ!?

太閤秀吉、栄華の時代—
天下無敵の大泥棒”石川五右衛門”(古田新太)は女盗賊”猫の目お銀”(蒼井優)と空海ゆかりの “黄金目玉像”を盗み出す。が、お上直属の若き探偵”明智心九郎”(三浦春馬)が五右衛門たちを追いつめる。なんと、その像には空海が隠した黄金のありかを示す暗号が隠されていたらしい?!

大事な仏像を盗まれた尼僧”春来尼”(高橋由美子)、埋蔵金伝説を聞きつけた”豊臣秀吉”(麿赤兒)とその腹心”石田三成”(粟根まこと)&”前田慶次郎”(橋本じゅん)、さらには海を越え、五右衛門の宿敵”マローネ・アバンギャルド侯爵夫人”(高田聖子)と五右衛門の助太刀?〝シャルル・ド・ボスコーニュ”(浦井健治)、そして腹黒い悪人臭満載の堺の豪商”蜂ヶ屋善兵衛”(村井國夫)ら、五右衛門相手にくせ者たちが大集合!

どいつがお宝ゲットかって?
俺様こそが天下に名だたる大泥棒”石川五右衛門”様だ!
中指突き上げ思う存分暴れてやるぜ!!!

作:中島かずき 演出:いのうえひでのり 作詞:森 雪之丞
出演:古田新太 三浦春馬 蒼井優/浦井健治 高橋由美子/
橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと/村井國夫 麿赤兒

(C)2014ヴィレッヂ・劇団☆新感線
配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

原子力を考える『100,000年後の安全』無料配信


2月9日に投票が行われる2014年東京都知事選挙を迎えるにあたり映画配給会社アップリンクで、2011年4月に公開し全国で大きな話題となったドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』を、イデオロギーを超えて原子力発電所について考える映画として、本編吹き替え版全編をYouTubeにて無料配信されます。

映画『100,000年後の安全』
マイケル・マドセン監督
(2009年/79分/デンマーク, フィンランド, スウェーデン, イタリア)
日本語吹き替え版ナレーション:田口トモロヲ

===================================
【映画配信ページ】http://www.uplink.co.jp/100000/2014/
【配信期間】2014年1月22日(水)正午12時~2月10日(月)正午12時
===================================

100000_img_03
原発から生まれる高レベル放射性廃棄物の処理をめぐり、未来の地球の安全を問いかける問題作。
小泉元首相が本作を観て、映画の中で描かれたフィンランドの最終処理場「オンカロ」を視察で訪れ、自らの意見を”脱原発”に大きく転換するきっかけとなった。

100000年後の安全フィンランドは脱原発国ではなく、現在4基の原子炉が操業中で今後2基を建設予定、総発電量のうち原発による電力は約30%です。そのうえで、高レベル放射性廃棄物いわゆる「核のゴミ」を出すならその処分まできちんとしよう、トイレのないマンションではなく、マンションにはトイレを作ろう、ということで、世界で初めて地下処分場選定が最終決定した国です。

この処理場、通称「オンカロ」は、2020年に操業開始を予定しており、最大9000トンの核のゴミを収容できます。原子炉1基からは年間約20トンの核のゴミが排出されるため、合計6基の原子炉で50~60年間運転する場合に発生する量の受け入れに対応できる事になります。ちなみに日本には50基の原子炉があり、現在すべて運転停止中です。また、これまでの核のゴミは地上に保管されています。

マイケル・マドセン監督本作の映画監督マイケル・マドセンは、こう言っています。「オンカロの取材をしたとき、学者たちに「高レベル放射線廃棄物処理場が作れない国があるとしたらどこか」という質問をしました。その答えは日本でした。現在の科学では放射性廃棄物の処理は地層処理しかないと言われていますが、地層処理場ができないのに原子力を持っている国である日本は、火山があり地震があり、常に地層が安定していません」。

★DVD『100,000年後の安全』発売中

【DVD特典】
☆視覚障害者対応日本語音声ガイド付
☆DVD封入特典:劇場パンフレットダイジェスト版(24Pフルカラー)
イントロダクション―未来のみなさんへ―/プロダクション・ノート/監督インタビュー/オンカロとは─フィンランドにおける最終処分場のサイト選定経緯─/放射性廃棄物に関する基礎知識/あとがき(アップリンク社長・浅井隆)

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『神奈川芸術大学映像学科研究室』舞台挨拶決定


架空の大学の映像学科を舞台に、ある事件を隠ぺいしようとする教授たちと彼らに振り回される大学助手の人間模様を通して、“組織の理不尽”
をシニカルに描く

『神奈川芸術大学映像学科研究室』


が1月25日(土)より、いよいよ新宿武蔵野館にて公開となります。

その公開を記念して、初日舞台挨拶が行われます!

『神奈川芸術大学映像科研究室』
『神奈川芸術大学映像学科研究室』初日舞台挨拶 概要

神奈川芸術大学映像科研究室日程: 1月25日(土)

場所: 新宿武蔵野館
(新宿区新宿3.27.10)

時間21:00
本編上映前、舞台挨拶開始

■登壇者(予定):
飯田芳、笠原千尋、前野朋哉、嶺豪一、坂下雄一郎監督ほか
初日舞台挨拶以外にも、新宿武蔵野館では上映期間中連日、上映後にイベントを予定しています。
14日間連日ノンストップトークショー開催するそうです!!


詳しくはWebで!

公式サイト:http://kanagei.com/
facebook:http://www.facebook.com/kanagei
twitter:@kanagei

********************************************************************


『神奈川芸術大学映像学科研究室』

作品解説:

監督は、本作で長編映画監督デビューを果たした坂下雄一郎。大阪芸術大学、東京藝術大学大学院で大森一樹、黒沢清といった社会の不条理さを描き出してきた2人の映画監督に師事し、人間描写の鋭さと、それをシニカルな笑いをもって映し出す確かな演出力に大きな期待が寄せられています。

東京藝術大学大学院の修了制作として制作された本作で、SKIPシティ国際Dシネマ映画2013で「審査員特別賞」を受賞。さらにイギリスを代表するインディペンデント映画の祭典
「レインダンス映画祭」が発表した「見逃せない日本のインディペンデント映画監督7人」の一人としても名を連ねている新鋭です。

キャストには、教授陣に振り回される主人公・奥田に『ニュータウンの青春』『東京プレイボーイクラブ』で注目を集める飯田芳、同僚のヒロインには『彩~aja~』で映画初主演ながら第10回モナコ国際映画祭最優秀新人賞に輝いた笠原千尋。

そして、もう一人の助手役には、『桐島、部活やめるってよ』の個性派・前野朋哉がコミックリリーフ的なキャラクターを演じて作品にリズムを与え、リアルな人間像を見事に体現しています。初日舞台挨拶では、坂下雄一郎監督をはじめ、全員がハマリ役ともいうべき見事なキャスティングの若手実力派俳優陣が登壇し、撮影時の裏話などを語るそうですので是非。

出演:
飯田 芳 笠原千尋 前野朋哉 宮川不二夫 高須和彦 中村有 嶺豪一 中本章太 細井学

監督・脚本:坂下雄一郎
製作:東京藝術大学大学院映像研究科
配給:デジタルSKIPステーション
協力:コミュニティシネマセンター 2013/日本/70分/ビスタc
東京藝術大学大学院映像研究科






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ