明日 ウルトラマンギンガ 劇場SP 公開!


ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル
『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』が、

いよいよ明日2013年9月7日(土)に公開されます。

ストーリーは、

(C)円谷プロ
ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル(C)円谷プロ
とある街、降星町。

幼い頃この街で育った夏休み中の高校生・礼堂ヒカルは、何かに導かれ、7年ぶりにこの街へやってきた。

幼馴染の仲間たち、さらに、人形の姿のウルトラマンタロウに出会ったヒカルが、祠に祀られたギンガスパークに触れたその時、ギンガとヒカルとの冒険の物語が始まります!

この作品は

ウルトラマンギンガ_3約4年ぶりの新ヒーロー登場となるこの新作、「ウルトラマンギンガ」。7月10日(ウルトラマンの日)より、毎週水曜日夕方5:30~テレビ東京系6局ネットにて、前半6話を連続放送したものの総集編と、それに続く新しいエピソードを足したもので、「暴君怪獣 タイラント」がギンガとのバトルを繰り広げるもの。

本作公開後もさらに、11月~2014年春にかけて、「ウルトラマンギンガ」の後半エピソードが展開されるそうです。

■公式サイト:http://m-78.jp/ginga/

同時上映作品は

『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア DINO-TANK hunting』

9月下旬より稼働予定の新ゲーム筺体・データカードダス「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」の世界感で描かれる、完全オリジナルストーリー。ウルトラマンシリーズ歴代の宇宙人たちをオマージュした、新デザインの星人ハンターたちよって紡がれる新作映像作品で、フルCGによるショートムービーです。

<公式サイト>
http://daikaijyu.com/rush/


『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』次の映画館でイベント上映されます。

<上映劇場>

札幌シネマフロンティア
MOVIX亀有
MOVIX昭島
ワーナーマイカル板橋
横浜ブルク13
MOVIX柏の葉
MOVIX三郷
TOHOシネマズ水戸内原
MOVIX宇都宮
MOVIX伊勢崎
MOVIX三好
ミッドランド名古屋空港
MOVIX堺
MOVIX八尾
MOVIX京都
MOVIXココエあまがさき
MOVIX倉敷
ワーナーマイカル綾川
福岡中洲大洋

(C)円谷プロ
【配給:松竹】
********************************************************************


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『凶悪』完成披露試写会 報告


『凶悪』完成披露試写会
9月4日、新宿ピカデリーにて映画『凶悪』の完成披露試写会が実施され、山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、白石和彌監督が揃って初登壇しました。

映画『凶悪』完成披露試写会
【日程】9月4日(水) 【場所】新宿ピカデリー
【登壇者】
山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、白石和彌監督

山田さんは「映画を見終わった後、予定がある人達は楽しめなくなります。友人関係が壊れても責任は取りません」と、登壇一言目から骨太作品であることをアピール。この異色キャストの出演経緯を白石監督は「見たことのない役で躍動してもらえればと。山田さんは凶悪犯やコメディの印象が強く、正義を持って突き進む役を見たいと思い、瀧さんとリリーさんはいい男で色気のある役が多いので、それをぶち壊した凶悪ぶりが見たかったんです。池脇さんには強い女性を求めました」と語る。

凶悪人間の二面性を浮き彫りにした脚本に惚れ込んだ山田さんは、「登場から気持ちの変化があり、すごく大変そうだけど楽しそうだったのでぜひ!」と快諾。脚本に惚れ込んだのは山田さんだけでなく、リリー・フランキーさんも同じ。「犯人が僕とピエール瀧。これは、監督はふざけているのか!!?俺らで大丈夫なのか!?と思いながらもなんとか監督が形にしてくれた」と語っています。ピエール瀧さんは「ヤクザで死刑囚。須藤の気持ちにはなれません」と監督に告げるも、監督からの熱い心意気を感じ出演を決めたことを明かにしました。

この2人本当にやばいんです
この2人本当にやばいんです
撮影は、3週間ほどのタイトなスケジュールで敢行。山田さんは、「演じているときは役と向き合い、それを引きずると何をしてるんだ?と役者もスタッフも思っていたので、せめて楽しいところを見つけないとある意味やってられなかった。凶悪がピークになるシーンは、熱が上がり、想像以上にすごいものができた」と瀧さんがコメント。リリー・フランキーさんからは「俺らより藤井家のヘビィさのほうがキツイ」と語り、藤井の妻を演じた池脇さんは「まったく笑いはなく、地獄の2日間だった」と、ほかキャストとは違って過酷な撮影現場を振り返りました。


本作は崔洋一監督、三池崇史監督など日本映画界を牽引する監督達から”日本映画の未来の強さを持った観るべき作品!”とこぞって太鼓判を押されている。山田さんは「観なくていいの?と思う作品。観る勇気がないのか?観ろ!コノヤロー!!バカヤロー!!」と凶悪な熱い想いに観客だけでなくキャストからも笑いがおこりました!

「井戸を掘ってその奥を見せつける映画は最近なかった。見終わった後、それが何なのか言葉で表しにくいが、あれは何だ?と思ってディスカッションするのが楽しい映画」(瀧)、「観終わった後、『見たほうがいいよ』と半笑いでいう感じ。エンターテイメント性のある映画」(リリー)、「自分の親には薦めにくいですが、周りからの評判もよく俳優仲間には出たかったという声もいただけて幸福です」(池脇)とそれぞれ作品への想いを語りました。

最後に、「なかなか骨太な映画がないのでずっとやりたかった。こういう形でできたことを誇りに思う。映画の力そのものを信じて、ハッピーにはならないけどそれを含めて面白い!と言われる映画を作りました。感情に素直に見てほしいです。感情が思わぬ方向に行って今まで感じたことのない感情をパスされます。それがどこからどこに行くのか自分と向き合ってもらえれば」と白石監督が熱弁し、今年最大の衝撃作にして骨太なエンターテイメント作品として見逃してはいけない映画であることを断言し、舞台挨拶は終了しました。

本作は、死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、真犯人逮捕への道筋をつけた異例の事件を活写し、日本を驚愕させたベストセラー・ノンフィクション新潮45編集部編『凶悪ーある死刑囚の告発ー』の映画化。

中でも、凶悪な二人に対峙するジャーナリスト・藤井を演じた山田孝之の圧倒的な存在感、事件を告白する死刑囚・須藤を演じたピエール瀧と首謀者である”先生”を演じたリリー・フランキーのヒールぶりが実に恐ろしい作品です。


9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショーです。是非映画館に!!!

『凶悪』公式ホームページ: www.kyouaku.com

(C)2013「凶悪」製作委員会

『凶悪』試写してきた 凄いとしか言いようがない  

 
********************************************************************


■出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
■原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
■監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌
■企画協力:新潮社 ■配給・宣伝:日活
(C)2013「凶悪」製作委員会


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

明日 佐野元治『No Damage』公開!



「No Damage」

30年前中野サンプラザホールを皮切りに全国で上映され、それ以後、フィルムが行方不明になっていた佐野元春の長編ドキュメンタリー。

その幻のフィルムが発掘され、デジタルリマスターし

明日9月7日(土)全国ロードショーされます。

佐野元春「No Damage」上映劇場は

《北海道・東北》
ユナイテッド・シネマ札幌/MOVIX仙台
MOVIE ON やまがた/イオンシネマ福島

《関東》
角川シネマ新宿/TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
ヒューマントラストシネマ有楽町/イオンシネマ板橋
イオンシネマむさし村山/シネマシティ(立川)
横浜ブルク13/チネチッタ川崎
MOVIXさいたま/イオンシネマ春日部
T・ジョイ 蘇我/イオンシネマ市川妙典
シネプレックス水戸/TOHOシネマズ 宇都宮/MOVIX伊勢崎

《中部》
109シネマズ名古屋/イオンシネマ豊川
T・ジョイ 新潟万代/ユナイテッド・シネマ金沢
シネシティ ザート/TOHOシネマズ 浜松

《近畿》
TOHOシネマズ なんば/TOHOシネマズ 梅田
T・ジョイ 京都/TOHOシネマズ 西宮OS

《中国・四国・九州》
広島バルト11/シネフク大黒座/TOHOシネマズ 新居浜
T・ジョイ 博多/イオンシネマ熊本/鹿児島ミッテ10

つまらないオトナにはなりたくない。。。
あなたはどんなオトナになりましたか?僕は・・・・

ツイードのダブルのジャケットを着て、ネオンライトに誘われていた80年代。
あの楽しかった日々にタイムスリップしませんか!


元春ファンは必見です!

MOTOHARU SANO ARCHIVES on MOVIE
佐野元春『Film No Damage』
2013年9月7日(土)全国ロードショーです。

前売券(チケットぴあ Pコード:464-940)
 一般 1,800円 学生・小人 1,300円
劇場窓口料金(当日券)
 一般 2,000円 学生・小人 1,500円

* 佐野元春 「No Damage」試写してきました!は、こちら

********************************************************************


MOTOHARU SANO ARCHIVES on MOVIE
佐野元春『Film No Damage』

[2013/日本/71分/カラー/5.1ch]

撮影・監督:井出情児
音響監修:坂元達也
製作・配給:ソニー”Livespire”(ソニーPCL株式会社)
企画:株式会社ソニー・ミュージックダイレクト

2013年9月7日(土)全国ロードショー!
FaceBook:https://www.facebook.com/motoharusano2013Livespire
公式HP:Livespire


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『とらわれて夏』トロント映画祭で解禁上映!


監督作『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』がアカデミー賞®10部門にノミネート、自身も2度の監督賞ノミネートを果たした弱冠35歳の天才監督ジェイソン・ライトマン。

その最新作『とらわれて夏』(仮題)<原題:Labor Day>

の公開が2014年GWに決定しているのですが、賞レースに向け、遂に9月5日(木)より開催のトロント映画祭で解禁上映されます!

とらわれの夏
現地9月7日(土)にお披露目され、主演ケイト・ウィンスレットやジェイソン・ライトマン監督らも現地入りし記者会見が予定されています。この映画祭は、アカデミー賞®に向けての賞レースの幕開けに位置づけられており、昨今では『英国王のスピーチ』『世界にひとつのプレイブック』などがこの映画祭での称賛から、数々の賞の受賞へとつながっていってます。アカデミー賞®のノミネートも噂される本作も、映画祭での上映を受け、今後数々の賞レースへの期待が高まってます!!

主演は『愛を読むひと』でアカデミー賞®主演女優賞を受賞したオスカーの常連ケイト・ウィンスレット、共演に演技派ジョシュ・ブローリン、トビー・マグワイアを迎え、監督の新境地である”禁断の愛の物語”を描き上げます。

人生の晩夏にさしかかったシングルマザーと思春期の少年が体験した、運命の5日間を描く禁断のラブストーリー。

『とらわれて夏』(仮題/原題:Labor Day)

は、2014年GW TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー 


********************************************************************

<全米メディア早くも絶賛!>
主人公の愛への渇望に観客は大いに共感するだろう ―ヴァラエティ
意外な出会いから始まる、繊細で素晴らしいラブストーリーだ ―ハリウッド・レポーター

<ストーリー>
あの夏の5日間、僕と母が過ごした運命の人は、犯罪者でした―。

アメリカ東部の静かな町。9月のレイバー・デイの週末をひかえたある日、トラウマを抱えたシングルマザーのアデルと13歳の息子ヘンリーの前に突然、脱獄したばかりの逃亡犯が現れる。家へ連れて行ってくれと強要され、そのまま自宅へと帰宅するも、逃亡犯フランクを匿うこととなり、3人は緊張状態のまま時間を過ごしていく。

やがて、フランクと息子ヘンリーは打ち解けあい、いつしかフランクと母アデルはお互いに惹かれ合っていく―。

人生の晩夏にさしかかったシングルマザーと思春期の少年が体験した、運命の5日間を描く禁断のラブストーリー。
————————————————————————————————

監督&脚本:ジェイソン・ライトマン『マイレージ、マイライフ』 『JUNO/ジュノ』 『サンキュー・スモーキング』 『ヤング≒アダルト』
原作:ジョイス・メイナード 「Labor Day」
出演:ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』 『タイタニック』 『エターナル・サンシャイン』
    ジョシュ・ブローリン『ノーカントリー』 『MIB3』 『トゥルー・グリット』
    トビー・マグワイア『華麗なるギャツビー』 『スパイダーマン』シリーズ
原題:Labor Day (12月25日全米公開)

2014年GW TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー 


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

Lee Daniels’ The Butler 3週連続1位!


来春、日本公開を予定している『Lee Daniels’ The Butler(原題)』が、レーバーデー(2日)の祝日を含む8/30-9/2までの4日間で、興収2,001万ドル(約19億9000万円)、累計7,930万ドル(約79億2000万円)を記録、週末興収で堂々の3週連続1位!となったそうです!

2013年に北米ボックスオフィスで公開された作品の中で、3週連続1位となったのは本作が初!です。

本作は、ホテル勤めの黒人セシルが、ある日ホワイトハウスで働く機会を得て、彼の仕事ぶりを通して執事長になる過程と、7人の大統領に仕えていた当時の社会の変化を描いた話題作。アカデミー賞主要6部門ノミネート&2部門で輝いた『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督が、34年間ホワイトハウスに仕えた執事ユージン・アレンの生涯を映画化です。

アカデミー賞俳優のフォレスト・ウィテカーと、オプラ・ウィンフリーが主人公夫妻を熱演。ロビン・ウィリアムズ、ジョン・キューザック、アラン・リックマン、ヴァネッサ・レッドグローヴ、ジェーン・フォンダなどのアカデミー賞受賞経験者や、『プレシャス』に続いてマライア・キャリー、レニー・クラヴィッツも出演するなどその豪華キャストも注目を集めてます。

そして、なんと! オバマ大統領も鑑賞し「涙を流した」と話したことがニュースでも話題となるなど、アカデミー賞へのノミネート及び獲得もうわさされてるんですって。

日本では来春、全国ロードショー予定です。楽しみ!



********************************************************************


『Lee Daniels’ The Butler(原題)』
監督:リー・ダニエルズ 『プレシャス』、『ペーパーボーイ 真夏の引力』 
脚本:ダニー・ストロング プロデューサー:ローラ・ジスキン、リー・ダニエルズ ほか
出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、
ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、
レニー・クラヴィッツ、マライア・キャリー、ヴ
ァネッサ・レッドグローヴ、アラン・リックマン、
リーヴ・シュライバー、ロビン・ウィリアムズ ほか
提供:カルチュア・パブリッシャーズ
配給:アスミック・エース 
(C) 2013, Butler Films, LLC. All Rights Reserved.


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ