ユ・アインの特別映像『カンチョリ オカンがくれた明日』


先週土曜日(17日)よりロードショーとなりました、ユ・アイン主演

『カンチョリ オカンがくれた明日』

の公開記念として、主演のユ・アインの特別映像が本作公式サイトにて配信開始されました!

http://kangchul-movie.com/
この映像は、韓国公開時のプロモーションでのグラビア映像。


公開3週目のユ・アインのスペシャルホログラムポストカード プレゼントも決定
ユ・アインのスペシャルホログラム
ポストカードプレゼントも決定
また、公開2週目の週末だけでなく、公開3週目の週末31日、6月1日にも、ユ・アインのスペシャルホログラムポストカードのプレゼントも決定!(数量限定・先着)

さらに、ファンには嬉しい、ユ・アインのなんと直筆サイン入りの非売品プレスシートなどのアイテムが当たるリピーターキャンペーンも実施決定しています!


『カンチョリ オカンがくれた明日』

シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開中

********************************************************************


『カンチョリ オカンがくれた明日』
【カンチョリ】ポスタービジュアル 【2013年/韓国/カラー/108分】 
監督:アン・グォンテ『マイ・ブラザー』
出演:ユ・アイン『ワンドゥギ』キム・ヘスク『10人の泥棒たち』 ほか  
(c)2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
配給:CJ Entertainment Japan


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『キカイダー REBOOT』試写してきた!


「キカイダー」ポスター21972年。
巨匠・石ノ森章太郎が描いたアンドロイドを主人公とした
「人造人間キカイダー」


そして2014年
“再起動”完全新作が完成

『キカイダー REBOOT』

は、5月24日(土)ROADSHOWとなります。

で、公開間近、一足お先に試写してきました!

大人向きに創られた本作。ダークです。

キカイダー・ハカイダーともに圧倒的に格好良くなってます!
変身するのではなく、体の表面のディスプレーに人間の見た目を表示している設定は斬新です。

で、演技なのかキカイダーの顔の造形なのか、寂しい顔に見えたりします。主役の入江甚儀さん自身が「良心回路」をもつキカイダーを表現するため一部スーツアクター(中の人)兼任しているそうです。うまく表現されていると思います。

ありがちではありますが現実の日本の時事ネタを入れ込みつつ、昔のファンも納得できる設定は特撮・SF好きには悪くないですし、戦闘シーンもTVの特撮とは一味違う迫力があります。終わり方も僕は納得。

面白かったです。

キカイダーREBOOTメイン
ただ、特撮物なので、戦い場面が多いのは嬉しいのですが、人間部分のストーリー展開がちょっと強引なので、もう少し緻密に長めであったら、映画好き大人クオリティーになって良かったのにと思ってしまうのは僕だけではないはず。

ヒロインの光明寺ミツコは女子大生なのですが工科系の大学生であって欲しかったかな。なんて思ったりもします。

キカイダーREBOOT5
人間とアンドロイドのせつないラブロマンスや、宿命のライバル・ハカイダーの存在といった要素が幅広い層に人気だった「キカイダー」。

いい感じで“再起動”

『キカイダー REBOOT』

5月24日(土)ROADSHOWです。

公式HP: www.kikaider.jp


あとがき・・

相当なことがない限り、続編が出来るような気がします。
そのときにはサイドマシン(サイドカー)に乗って欲しいと思うのでした。やっぱりキカイダーっていったらサイドカーですよね。

キカイダーREBOOT3
********************************************************************


「キカイダー」ポスター『キカイダー REBOOT』
原作:石森章太郎 
監督:下山天 
脚本:下山健人
音楽:吉川清之 
アクション監督:田渕景也(Gocoo) 
VFXスーパーバイザー:美濃一彦(ツークン研究所)
キャスト
入江甚儀 
佐津川愛美 高橋メアリージュン 
原田龍二 中村育二・伴大介・山中聡 長嶋一茂
本田博太郎 石橋蓮司 
鶴見辰吾
(C)石森プロ・東映 &(C)「キカイダー」製作委員会


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『フライト・ゲーム』 リーアムが飛ぶ!ポスター到着


高度1万2000mの大西洋上空を飛行する旅客機が舞台となるフライトサスペンスアクション

映画『Non-Stop(原題)』の邦題が

『フライト・ゲーム』

に決定し、9月6日(土)より全国公開となりました。

ストーリーですが、

NY発ロンドン行旅客機の警備のため、客を装って乗り込む航空保安官のビル。
真夜中、彼の携帯に指定の口座に送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺すというメールが届く。

悪戯か本気か半信半疑でいるうちに、1人目の犠牲者が出てしまう。

ビルは乗客を拘束して荷物や携帯を調べるが、何ひとつ手掛かりは見つからない。

乗客名簿を調べた保安局は、「全員問題ない。お前以外は」とビルを疑う。

彼には暗い過去があり、今もある問題を抱えていた。さらに犯人の指定口座がビルの名義だと判明する。

2人目、3人目と犯行は繰り返され、機内の疑惑と緊張感が頂点に達するなか、次のタイムリミットが迫る──!

主演のビルは、『96時間』シリーズでも人気のリーアム・ニーソン。
フライト・ゲーム_ポスタービジュアル
全米で初登場No.1を記録し、その後世界各国でオープニング興収No.1が続出している話題作となってます。

今回さらに、

“全てを疑え。”

というコピーや主人公のリーアム・ニーソンの鬼気迫る表情から、頭脳や肉体を駆使した壮絶な戦いが繰り広げられることを予感させる、スピード感溢れる日本版ポスタービジュアルも到着しましたのでご紹介!

『フライト・ゲーム』

9月6日(土)新宿ピカデリー ほか全国ロードショー
公式サイト: http://flight-game.gaga.ne.jp/

********************************************************************


出演:
リーアム・ニーソン 『96時間』シリーズ、『アンノウン』
ジュリアン・ムーア 『ブラインドネス』、『シングルマン』
ミシェル・ドッカリー 『アンナ・カレーニナ』、『ダウントン・アビー~貴族とメイドの相続人~』
ルピタ・ニョンゴ 『それでも夜はあける』

監督:ジャウマ・コレット=セラ
『アンノウン』、『エスター』、『GOAL!2』、『蝉人形の館』
製作:ジョエル・シルヴァー
『マトリックス』シリーズ、『シャーロック・ホームズ』シリーズ
脚本:クリス・ローチ、ジョン・リチャードソン
音楽:ジョン・オットマン
『ユージュアル・サスペクツ』、『X-MEN』シリーズ、『アンノウン』
2014年/アメリカ映画/107分/カラー/5.1chデジタル/シネスコ/字幕監修:松浦美奈
提供:ギャガ/ハピネット
配給:ギャガ
(C)2014 TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. – STUDIOCANAL S.A.


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ラッセル・クロウ緊急来日舞台挨拶『ノア 約束の舟』



めっちゃにこやかなラッセル・クロウ。
急来日舞台挨拶で予想外のファンサービスにファン熱狂!

5月19日(月)、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて『ノア 約束の舟』の主演ラッセル・クロウの緊急来日舞台挨拶が行われました。

『ノア-約束の舟』の主演ラッセル・クロウ舞台挨拶

ラッセル・クロウ主演、ダーレン・アロノフスキー監督が解き明かす、人類史上最古にして最大の謎「ノアの箱舟」伝説を描く壮大なスペクタクル感動巨編

『ノア 約束の舟』 (6月13日(金)日本公開)

本作に関しては先週、ダーレン・アロノフスキー監督の来日があったばかりですが、
過去記事: 『ノア 約束の舟』アロノフスキー監督記者会見レポ

今回は、主演のラッセル・クロウが、世界で最後の公開地となる日本に5月19日(月)に到着、3年半ぶりの来日となりました。同日夜、東京のTOHOシネマズ 六本木ヒルズにおいて行った『ノア 約束の舟』スペシャル上映会において舞台挨拶を行いました。

会場には、大勢の取材陣と、スペシャル上映会への参加権を得たファンが殺到。

満席となる大盛況の中、劇場のステージにクロウが上がると、彼を歓迎する割れんばかりの拍手、そしてまばゆい記者さんたちのフラッシュが向けられました。

『ノア-約束の舟』の主演ラッセル・クロウラッセル・クロウは、舞台に上がり

「こんにちは、東京!今日はみんな来てくれてありがとう!」

と挨拶。

ラッセル・クロウがオーナーをつとめるシドニーのラグビーチームのキャップを被るなど、熱心なファンと思われる数名の方が客席から熱心に手を振っているのを見つけると、

「そこのみんな、特にありがとう!」
「みんなはうっかりラグビーチームとか買わないようにね!」

と優しい一言。

司会者がまず、先日ダーレン・アロノフスキー監督が来日した際

「ノアを演じることができる俳優はラッセル・クロウだけだ」

と言っていたことを紹介しつつ、主人公ノアの役作りについて尋ねると、

「今までで一番困難な役。ノアの役は、考え過ぎると複雑になってしまうと思った。とにかくシンプルに、神に与えられた使命を達成しようとするキャラクターを作り、それをベースにしていった」

と役作りに関するエピソードを語り、

「ダーレンに”ノアを演じれるのは君しかいない”と言われたのは本当に光栄だったけれど、撮影が始まった途端、あまりに大変な撮影だったからオファーを受けた自分を呪ったね(笑)。観てくれたら、何がそんなに大変だったかわかってくれると思うよ。」

と、本作の撮影を振り返りました。

ノア約束の舟1続いて、”ノアの箱舟”を大量の木材で実際に建造したり、映画史上最大量の水を使用して洪水のシーンを撮影するなど、度肝を抜くスケールの撮影が行われた本作の撮影の中で、何が一番大変だったかと尋ねると、

「水さ・・・(苦笑)。冬のロングアイランド(箱舟はアメリカ・ニューヨーク州のロングアイランドに建造され、洪水シーンなどのロケ撮影を行った)の水は凍るように冷たかった。一日12時間、そこで撮影だからね。」

と、過酷すぎる洪水シーンの撮影を思い出し少しブルーになった様子。

ノア約束の舟「ニューヨークでジャーナリストの取材を受けたら、その記者が先にダーレン監督のインタビューをしていてさ。監督は「洪水シーンで使った水は、温めて使ったのさ」とか言っていたらしいんだけど、それ嘘だから(笑)!。彼は、低予算のインディペンデント映画の俊英として脚光を浴びた人なんだよ。水を温めるなんてことに、1セントだって使おうとする訳がないよね(笑)!」

と、鬼才ダーレン・アロノフスキー監督の予算配分について軽くチクリ。


主人公ノアとともに物語のキーを握る養女イラを演じたエマ・ワトソンとの共演については、

「素晴らしい女優になったと思うよ。彼女にとって、イラの役は大きなチャレンジだったと思うけれどやり遂げた。彼女とは親子のような関係だった。撮影はとてもつらいものだったけれど、毎週日曜、エマと一緒にワルツのレッスンに通ったんだ。あれが唯一の楽しみだったね。」 と語りました。


日本のファンに向けてのメッセージとして、

「この映画は、ダーレン・アロノフスキーの最高傑作になった。撮影はかなり大変だったけれど、観る方も結構大変だと思うよ(笑)。楽しんで観れるけれど、明日の朝起きても、映画の中のメッセージについて色々考えさせられたりもする映画なんだ。この中で『レ・ミゼラブル』を観た人はいるかな?あの映画とはちょっと違うよ(笑)、ぜひ最後まで楽しんでほしい!」

と、これから映画を観る観客に向けて語りかけました。

「日本が大好きで、いろんな文化を吸収させてもらっている。今度は子供と一緒に訪れてみたいよ」

と満面の笑みで日本への思いを語ると、客席にいたクロウのファンの方々の客席まで歩き、握手、ハグをするなどサプライズなファンサービスを実施、その後も客席をぐるりと一周し、観客の皆様と握手を続け、つかの間のファンとの交流を行い、終始ご機嫌で大満足のラッセル・クロウ緊急来日でした。

『約束の舟』 6月13日(金)日本公開全国ロードショーです!

公式HP:http://www.noah-movie.jp/


ノア 約束の舟
********************************************************************


『ノア 約束の舟』 全米公開:2014年3月28日 原題:NOAH

【STORY】
世界を呑みこむ大洪水を前に、重大な使命を負ったノア
<世界のはじまり>を背負った男が箱舟に乗せたのは希望か、絶望か──
ノア_約束の舟ポスターある夜、ノア(ラッセル・クロウ)は眠りの中で恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神のお告げだった。大洪水が来ると知ったノアは家族と共に、罪のない動物たちを守る巨大な箱舟を作り始める。やがてノアの父を殺した宿敵がノアの計画を知り、舟を奪おうとする。壮絶な戦いのなか、遂に大洪水が始まり、ノアの家族と動物たちを乗せた箱舟だけが流されていく。閉ざされた箱舟の中で、ノアは神に託された驚くべき使命を打ち明ける。箱舟に乗ったノアの家族の未来とは?人類が犯した罪とは?そして世界を新たに創造するという途方もない約束の結末とは──?

監督・製作:ダーレン・アロノフスキー(『ブラック・スワン』『レスラー』)
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース

(c) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

したコメカウントダウンイベント開催決定!


文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。

今年も2014年9月12日(金)~16日(火)に「第7回したまちコメディ映画祭in台東」の開催されます。

そして、本番までの盛り上げイベントとして、「したコメサポーターズクラブ」主催によるカウントダウンイベントの実施が決定!

こども映画会では、『カンフー・パンダ』(in浅草橋)や『サマー・ウォーズ』(in金杉)、

まちかど映画会では『Shall we ダンス?』(inおかちまちパンダ広場)、『インディー・ジョーンズ 魔宮の伝説』(in上野恩賜公園噴水前広場)

を上映致します。


また、したコメ応援プロジェクトでは、主旨にご賛同頂ける個人スポンサーを大募集しています。

特典は、全プログラムよりお好きなプログラム〔2枠〕のお席確保や、当日空席のある各種プログラムをご鑑賞いただける<したコメ応援PASS>を1枚進呈など、お得な内容となっているそうです。

「したコメ」は、東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭です。

第7回したまちコメディ映画祭
第7回したまちコメディ映画祭
「映画(Cinema)」「したまち(Old town)」「笑い(Comedy)」という3つの要素を掛け合わせることで、映画人、喜劇人、地元の皆さん、映画・喜劇を愛する皆さんが一体となって盛り上がれる、他にない魅力を持った、住民参加型の映画祭となっています!

公式HP:www.shitacome.jp

********************************************************************


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ