娘を守りたい・・『カリフォルニア・ダウン』公開日決定


ドウェイン・ジョンソン主演の映画

カリフォルニア・ダウン
(原題:SAN ANDREAS)

の日本公開が9月12日(土)に決定しました。

また、併せて本予告映像と本ポスタービジュアルも到着!

“娘を必ず守り抜く”と誓う、ドウェイン演じる父親の力強い姿に心沸き立ち、カリフォルニアの街が崩れゆく大迫力の映像に思わず震える映像に仕上がっています。

ハリウッド映画史上最強の父”、ここに誕生!



5月29日に全米公開した本作は、全世界57ヶ国で1位を獲得し、4億ドルを突破する大ヒットを記録。救難ヘリコプターのパイロットで娘の救助に向かう主人公には、2013年興行収入を稼いだ俳優ランキング第1位を獲得した、ドウェイン・ジョンソン。極限の環境で格闘する屈強な男を演じる。

監督には、世界的に大ヒットした『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』でのCGが絶賛されたブラッド・ペイトン。

物語・・・
カリフォルニア・ダウンポスター実在する断層を舞台に作られる、家族の愛と絆を描いたエンターテイメント超大作!
平穏な日々を襲った、カリフォルニアを襲った巨大地震。
ゴールデンゲートブリッジ、ビバリーヒルズの崩壊、吹き飛ぶハリウッドサイン。

前代未聞の危機的状況の中、レスキュー隊のパイロットであるレイは、サンフランシスコに残された一人娘を救うため、ロサンゼルスから約600km離れた土地に向かう決意をする。たとえ、自分の身を危険にさらしても、絶対に諦めない、必ず自分が守る、娘への愛がレイを前に突き動かす。

倒壊寸前の高層ビル、幾度となく続く困難の中、一人の父親として、災害に巻き込まれた、愛する一人娘のもとへと向かう。娘もまた、父親の助けを信じ、待ち続けていた―。

カリフォルニア・ダウン』(原題:SAN ANDREAS)

9月 12 日(土)新宿ピカデリー・丸の内ピカデリー他ロードショー

公式サイト:www.californiadown.jp
Twitter:#カリフォルニアダウン

********************************************************************

監督:ブラッド・ペイトン 
脚本:カールトン・キューズ 
ニューライン・シネマ提供 
ビレッジ・ロードショー・ピクチャーズ提携 

出演:ドウェイン・ジョンソン
カーラ・グギーノ、アレクサンドラ・ダダリオ、ヨアン・グリフィズ、アーチー・パンジャビ、ポール・ジアマッティ 

配給:ワーナー・ブラザース映画   
(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ラブ&マーシー』公開前に見ておきたい企画展at代官山蔦屋


時代を超えて愛され続ける名曲を生み出したザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在であるブライアン・ウィルソンの知られざる半生を、本人公認のもと初めて描く

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

が、8月1日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーとなります。

公開まであと2週間を控えた7月18日(土)より代官山蔦屋で本作公開を記念した企画展がスタートしました!

展示1
ブライアンが愛用していた型を再現したモデルで映画本編でも使用されている>や、ザ・ビーチ・ボーイズの代名詞ともいえるボールドストライプシャツのほか、キャピトル・レコード時代の「ザ・ビーチ・ボーイズ」からブライアンのファーストソロアルバム「ブライアン・ウィルソン」などアナログレコードを展示する。また、本作の場面写真の数々をパネルとしても掲出。

映画公開前にブライアンや映画の世界に触れられる貴重な機会となっています。

●場所: 代官山蔦屋書店音楽フロア(東京都渋谷区猿楽町17-5)
●期間: 7/18 (土)~8/9(日)
●展示内容:『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』パネル
フェンダー社・アメリカンヴィンテージ63年型(白)、ガーベル新潟・ボールドストライプシャツ(赤)      キャピトル・レコード時代の「ザ・ビーチ・ボーイズ」からブライアンのファーストソロアルバム「ブライアン・ウィルソン」、ニューアルバム「ノー・ピア・プレッシャー」などアナログレコード


映画の物語・・・
1960年代、カリフォルニア。ザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、ブライアン(ジョン・キューザック)に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった──。
ラブ&マーシー
********************************************************************

出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ
監督・製作:ビル・ポーラッド 脚本:オーレン・ムーヴァーマン、マイケル・アラン・ラーナー 製作:クレア・ラドニック・ポルスタイン、ジョン・ウェルズ 製作総指揮:アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーヴァーマン 音楽:アッティカス・ロス
2015年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/デジタル5.1ch/122分/原題『LOVE & MERCY』/PG12/監修:萩原健太 翻訳:栗原とみ子
配給:KADOKAWA
公式サイト:loveandmercy-movie.jp
© 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.

  


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

いよいよ整理券配布!「浦和の調ちゃん」明坂聡美と大久保瑠美イベント


7月18日(土)~26日(日)に埼玉県川口市で開催中のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015の関連企画として、会期中の7月24日(金)に行われる

アニメ「浦和の調ちゃん」上映&トークイベント

に、本作に出演の声優、明坂聡美さんと大久保瑠美さんの登壇が決定していますが、そのイベント整理券配布がいよいよ明日19日10時から開始となります。
明坂聡美さん 大久保瑠美さん

明坂聡美さん 大久保瑠美さん


7月24日特別上映&トークショー
明坂聡美さん&大久保瑠美さん登壇!

入場料:無料
整理券配布
期間:7月19日(日)~ 
時間:各日10時~17時
場所:映画祭会場インフォメーションブース

この企画は“アニメDAY”の中のスペシャル企画として開催されるもの!

c浦和の調ちゃん製作委員会テレ玉で今年4月~6月に放送され、現在も好評再放送中のさいたま市浦和地区を舞台にしたご当地アニメ「浦和の調(うさぎ)ちゃん」の第1話~第10話を一挙に上映。そして、本作で上木崎常盤(かみきざき・ときわ)役を演じた明坂聡美さん、沼影彩湖(ぬまかげ・さいこ)役を演じた大久保瑠美さんを迎えてのトークショーです。

お二人とも埼玉県出身の声優として、国際映画祭で地元・埼玉の新たなご当地アニメを語りつくします。

そのほか、来場者には入場者特典を配布、さらに当日から新発売となる公式グッズの販売など盛りだくさんなんです!

<概要>
日時:7月24日(金) 17:30~
会場:SKIPシティ 多目的ホール(川口市上青木3-12-63)
料金:無料
場所:映画祭会場インフォメーションブース(SKIPシティ内)
お問合せ:(株)デジタルSKIPステーション 048-264-7777

URL:http://skipcity-dcf.jp/other.html#urawa (映画祭公式サイト内)

<イベント内容>
① producerによる「浦和の調ちゃん誕生秘話」トークショー
②「浦和の調(うさぎ)ちゃん」上映(第1話~第10話/全12話中)
③ 明坂聡美さん、大久保瑠美さんトークショー

★当日来場者には入場者特典アリ!
★当日新発売される“新グッズ”をどこよりも早く会場で販売!
★会場ロビーにて「浦和の調ちゃん」登場人物8人の等身大パネルを展示!

「浦和の調ちゃん」公式サイト: http://urawa-usagi.com
「浦和の調ちゃん」公式Twitter:@urawa_usagi

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015(第12回)
会期:7/18(土)~7/26(日)
会場:SKIPシティ(埼玉県川口市)ほか
公式サイト:www.skipcity-dcf.jp

********************************************************************


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

誰もいない部屋で奇妙な「音」がする『残穢』特報映像が・


第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の小説『残穢』(ざんえ)を、ミステリーの名手・中村義洋(『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』)が映画化

残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-

が、2016年1月30日(土)に全国公開となりますが、その特報映像が完成しました。



主人公「私」に人気実力派女優の竹内結子。
「私」とともに調査を重ねる久保さん役には神秘的な魅力を放つ女優、橋本愛。初共演の2人に加え、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ら個性的な出演陣が集結。

小説家の「私」に読者の久保さんから届いた一通の手紙。

残穢ポスター 彼女は誰もいない部屋で奇妙な「音」がするという…と「私」のナレーションから始まり、その「音」が聞こえる場面に切り替わると久保さんとともにハッとさせられます。

その後、「音」の調査をする「私」と久保さん、さらに心霊マニアを演じる坂口健太郎の思わせぶりな笑顔、遠藤賢一演じる「私」の夫が床に耳をあてているカット、そして「音」の正体に関わってくると思われる過去の場面が挿入され、どのような謎が隠されているのか、興味を引き付けられます。

またラストには、興味本位で調査に同行するホラー小説家を演じる佐々木蔵之介が絶妙な表情で「いわゆるヤバイ話」とささやき、調査の果てにどのような「ヤバイ」戦慄の真実が待ち受けているのか、期待を膨らませる映像に仕上がっています。


物語は・・・

小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。
「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」
好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。
すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。

彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか――。

「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、やがて、さらなる事件に巻き込まれていく。

予定調和を許さない驚愕のラストまで、かた時も目が離せない戦慄のリアルミステリー

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―

2016年1月30日(土)に全国公開

公式サイト:http://zang-e.jp

********************************************************************


原作:小野不由美『残穢』(新潮社刊)第26回山本周五郎賞受賞、7月29日文庫化予定
監督:中村義洋(『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』)
脚本:鈴木謙一(『ゴールデンスランバー』「悪霊病棟」)
出演;竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ほか

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会


 


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田畑智子、杉ちゃんら登壇!『鉄の子』ワールド・プレミア上映


本日始まった第12回「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」オープニング作品として

鉄の子

のワールド・プレミア上映が行われました。

この上映の前に、主演の田畑智子、佐藤大志、舞優、ジョンミョン。そして、鋳物工場のおじさん役を熱演した スギちゃん。そして、川口を舞台に子供目線で家族を繊細に描いた福山功起監督が登壇し、舞台挨拶が行われました。

鉄の子舞台挨拶
日付:7月18日
場所:第12回「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」
登壇者:田畑智子、佐藤大志、舞優、裵ジョンミョン、杉ちゃん、福山功起監督

12回目を迎える今年の映画祭では、若手映像クリエイターの発掘・育成支援をより形あるものにすべく、そして映画祭のさらなる飛躍を目指し、映画祭実行委員会が主体となって製作した映画をオープニング作品として上映する、ユニークなもの。

過去本映画祭ノミネート経験もある期待の新鋭、福山功起監督がメガホンを撮っています。

福山監督:僕の子供の頃の実話が元の物語です。鉄は川口の鋳物であり、子供の気持ちとか家族の成長・絆とかも鉄と表現してそういうメッセージを込めた映画です。
鉄の子_福山監督
田畑さん:今日は沢山の皆さんに来ていただいてありがたいです。撮影はついこの間。凄く大変なスケジュールの中、毎日朝早くから遅くまで、頑張りました。監督・スタッフ、キャスト。沢山の思いが詰まった作品です。楽しんでみてください。
鉄の子_.田畑智子jpg
MC:母であり、奥さんであり、女である役。いかがでしたか?

田畑さん:私は結婚していませんし、子供もいませんので、兎に角、一緒にいるようにしました。会話を常にしていました。完成したものを観ていますが、何しろ子供達の成長を見て欲しいです。

MC:現場はどうでしたか?

鉄の子_裵ジョンミョン
裵さん:監督が細かく丁寧に指示していただけるので、しっかりやればよいかなと思いました。あと田畑さんとご一緒できたこともいい経験でした。父親役も初めてで、監督信じてやりました。楽しかったです。監督が思ったことと真逆の事やるねって言われて。

監督:色々考えてくれていて、引き出し多くて。楽しかったです。いいお父さんです。

鉄の子舞台挨拶杉ちゃん 杉ちゃん:大変だったところは、普段長袖着ないのに着せられて暑かった事です。汗止まらなかったです。一発OKが多くて。監督とたぶん気が合う感じだと思うので、おそらく長い付き合いになると思います。

ただね。監督の実話で、監督役この子でしょ。美化しすぎです。

監督:言われましたね。

佐藤くん:一番楽しかったのはトンネルで走ったところです。
鉄の子_佐藤大志
舞優ちゃん:大変だったのはカメラを合わせるまで、ずっと同じ位置に立ったことと。細かい動きの支持がきたときに完璧にできるように頑張ったことです。撮影現場での思い出は、皆で楽しくごはんを食べたことです。朝から晩まで一緒で。本当の家族みたいでした。
鉄の子_.舞優
MC:撮影の印象は?

監督:8日間の撮影でタイトで大変でしたが今回は余り演出せずに演じてもらいました。役者=杉ちゃんも良かったです。

田畑さん:8日間あっという間で、充実した撮影でした。一つ一つが大切だったので私自身も細かく意識を持って演じました。
鉄の子_.田畑智子2

MC:映画祭のオープニング作品ですが。

監督:みなさんに見ていただくのはどきどきしますね。沢山川口で映画を撮らせていただいているので、気にしたのは・・この映画祭の趣旨に合った、自分の作家性を前に出した作品にしたことです。この物語は普通の家族の物語で且つ子供目線!を重視した作品なのでそこを観ていただきたいです。

映画『鉄の子

両親を離婚させよう!?
親の再婚でキョウダイになった小学生二人の離婚大作戦!
揺れ動く子どもの心を、福山功起監督が繊細に描く。

鉄の子 2015年/日本
監督:福山功起
出演:田畑智子、裵ジョンミョン、佐藤大志、舞優

********************************************************************

  


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ