Bリーグ“千葉ジェッツ” と志尊淳1日選手契約”『走れ!T校バスケット部』イベント!


映画情報どっとこむ ralph 実話に基づいた同名小説を実写化、汗と涙の直球青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』が11月3日より公開中!

本作は、いじめで挫折した高校バスケのスタープレイヤーが、転校先でかけがえのない仲間に出会い、再び全国制覇を目指し動き出す物語。映画のストーリーと同じように、撮影を通してバスケ部員のキャストらは深い絆を育み、映画のプロモーションを協力して行いました。

そのプロモーションの1つとして、各地域のバスケット強豪高校へ、フリースロー対決に挑む武者修行を展開!さらには、11月7日(水)には、アルバルク東京VS秋田ノーザンハピネッツのハーフタイムショーを“T校メンバー”が盛り上げに行くなど、バスケットボールとの結束の強いプロモーションを展開してきました。

そして本日、Bリーグ最強チーム千葉ジェッツに、本作主演の志尊淳が1日選手契約イベントとして船橋アリーナに登場! Bリーグとして、バスケットボール選手以外の選手契約はこれが初めてであり、当日配布された千葉ジェッツのゲームデープログラムにも、志尊が表紙に登場!
&選手登録が掲載されました。(こちらも今まで千葉ジェッツチーム関係者のみしか登場したことがなく初の試みとなります)

志尊淳 1日選手契約 限定イベント内容
①スペシャルティップオフセレモニー毎試合前に行われるティップオフセレモニーに、千葉ジェッツのユニフォームを纏った志尊淳が1日限定選手として登場し、フリースローに挑戦!!選手、チーム代表との、選手契約さながらの記念撮影。
②プレゼントタイムチームマスコットのジャンボくんのぬいぐるみを観客席にプレゼント。

③ハーフタイムトークショー現在公開中の映画や、今回のコラボについてトーク。

④バズーカープレゼントタイムバズーカーを発射し、お客さんにTシャツをプレゼント。
映画情報どっとこむ ralph 本日、今期最大の来場者数(5423人)となった船橋アリーナは、志尊が登場すると大きな声援が上がりました。
ティップオフセレモニーとして挑戦したフリースローは惜しくも外したものの、
今回が自身も初のBリーグ観戦となる志尊は、対“琉球ゴールデンキングス”との試合をより盛り上げるべく、千葉ジェッツのユニフォームで、ハーフタイムショー他、いたるところに登場。

志尊さん:一日とは言え、まさか自分を選手契約という形で迎えてくれると思っていなくて、プログラムの選手名鑑にも入れて頂いて光栄なことだと思っています。誕生日が3月5日なので、背番号は「35」にしました。(夏にT校のイベントにも出演してくれた原修太選手とも再会し、

原選手:正直フリースローは決めてほしかった(笑)

とからかわれながらも

原選手:映画を見た時に、バスケを一から学んで、うまいなという印象でした

と言われ、

志尊さん:前は映画のイベントで来て頂きましたが、今回は原選手のホームにお邪魔して、第4クウォーターに出ていた原選手を目で追ってしまいました。レベルが違うなと、選手の皆さんも同じ人間じゃないみたいで、プレーも連携が取れていて、キレイで圧倒されました。初観戦でしたが、とても楽しかったです。一瞬バスケ選手になったような気持ちになりました。映画のラストシーンでもまさにあんなシーンがあったのですが、その感覚を肌で感じました。決められなかったので、自分まだまだだなと思いましたが(笑)僕らは全員バスケ経験がなかったのですが、元日本代表の半田選手にもご指導いただいて、CGや代役も使わずに(ゴールが)入るまで撮影しました。エキストラさんが約300人入ってる撮影もあり、プレッシャーもありましたが、皆さんが応援してくれ一体感を感じたこともありました。今回、一緒に千葉ジェッツさんを応援していて、映画を観てT校を応援したいという気持ちと重なるんじゃないかと思います。是非映画も観て頂ければ嬉しいです。


試合は84-66で千葉ジェッツが勝利し、会場に集まったバスケットファンと一緒に最後まで盛り上がりました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『走れ!T校バスケット部』


連戦連敗、向かうところ負けばかりの超弱小チーム「T校バスケット部」。そんな通称T校と呼 ばれる多田野高校に、バスケの強豪白瑞高校(通称H校)で1年生ながらエースとして活躍してい たスタープレーヤー、田所陽一が編入してくる。陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が 標的となり、H校を自主退学していた。

もう二度とバスケはしない。

そう心に誓い、勉強に 専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄 せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。情熱と葛藤、仲間と家族、あきら めきれない夢 ―。陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!

***********************************

出演:志尊淳/佐野勇斗/早見あかり、戸塚純貴、 佐藤寛太、鈴木勝大 西銘駿、阿見201 /竹内涼真(友情出演) / 千葉雄大(友情出演) / YOU、真飛聖、竹中直人 /椎名桔平

監督:古澤健
原作:『走れ!T校バスケット部』 (松崎洋著・幻冬舎文庫)
©2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

RUANN熱唱に小清水亜美、名塚佳織、三瓶由布子感動!『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン』舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph テレビ放送から12年。2017年秋より開幕した『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の第2弾、『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、11月10日(土)より全国公開されました。
そして!映画公開の翌日となる11月11日(日)に、『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の公開記念舞台挨拶が行われました。

登壇したのは・・・本作の主人公アネモネ役・小清水亜美さん、エウレカ役・名塚佳織さん、レントン役・三瓶由布子さんの“交響詩篇メンバー”とさらにエウレカセブンシリーズを進化させ続けてきた京田知己監督。
また、本作の主題歌を歌う注目の新鋭・現役中学生アーティストRUANNが登場し、サプライズで主題歌「There’s No Ending」の生歌を披露しました!

日 程:11月11日(日)
場 所:新宿バルト9
登壇:小清水亜美、名塚佳織、三瓶由布子、京田知己監督、RUANN

映画情報どっとこむ ralph 遂に公開を迎え気持ちを聞かれて、

小清水さん:あっという間に公開を迎えて、でも監督たちはずいぶん前から携わっていて・・・、皆さんに観ていただき気持ちが高まっています!

と喜びを隠せないご様子。続いて作品の感想を聞かれ、

小清水さん:はじめましてのアネモネにもたくさん会えました。(TVシリーズと違い)新しい表情もたくさんあって、新鮮さもあり、愛おしかったです。TVシリーズは悪役サイドで描かれていることが多かったんですが、今回は、TVシリーズより黒目が大きくなっていて、よりかわいくて、ドミニクも大喜び!(笑)本作ではピュアな“ピュアモネ”でしたね(笑)

と言うと、他キャストもうんうんと頷きながら、

名塚さん:とにかく本作ではアネモネがかわいい、そしてエウレカからするとかっこよかったです!本作ではエウレカはアネモネに助けてもらって、二人で走るシーンが大好きで何回も見直してしまいました。二人が走っている途中から、喧嘩してたのに一緒に走っている途中で楽しくなって笑ってしまうシーンは、子供らしさが表れてて、更に色んな人に見てほしいですね。

とお気に入りのシーンを語ってくれました!

また、

三瓶さん:本当にアネモネとエウレカがかわいいですよね。(TVシリーズや前作でレントンは)鼻水垂らしてたり、顔が崩れてたのに、今回は(アネモネは)ないね、もうちょっとあっても…(笑)

というと小清水さん、名塚さんからは「女の子だしね(笑)」とツッコミがあり会場から笑いも。

映画情報どっとこむ ralph そして、本作の主題歌に抜擢された、注目の新鋭、現役中学生アーティスト・15歳のRUANNが登場。

RUANNさん:この曲は、アネモネの不安の中にある期待を描いた曲です、今日はよろしくお願いします!

と挨拶の後、サプライズで歌唱をすることに!

力強くも儚く歌い上げてくれました!そして、興奮冷めやらぬ中、

小清水さん:私が(RUANNさんと同じように)十代の頃にアネモネと出会いずっと演じてきて、TVシリーズのアネモネは、自分らしく生きていけなかったんですが、この歌の歌詞の“私は今、私を生きてる~”が、アネモネの自分らしく生きている姿を描いている本作に非常にあっていると思いました。

名塚さん:(RUANNさんが)力強くて、大人っぽい部分を秘めているアネモネというキャラクターに似ていて、歌を生で聞けて、感動しました!

と二人のコメントが続いた後、自身でも驚くほど感極まり涙で話せない三瓶さん。それを観て小清水さん・名塚さんが

「ずるい!皆、大人たち我慢してたのに(笑)!」

とキャスト・会場が感動に包まれている中、涙ながらにやっと話し始めた

三瓶さん:…(RUANNに)好きです。

とコメントすると会場からもあたたかい拍手が。

RUANNさん:すごく緊張したんですけど、私もアネモネが好きという気持ちを伝えられたかな、と思います。

と言うと、 改めて大きな拍手がおくられた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

三瓶さん:RUANNさんが踊りも上手くて力強さに、アネモネに似ているところがあり、生命力を感じて、思わず事故(泣いてしまったこと)が起きてしまいました(笑) 皆さんに観ていただけてTVシリーズから考えて、ここまでアネモネがフューチャーされた作品が出来て、アネモネが愛されていることをひしひしと感じています。次の第3部を期待していただき、私も一緒に待ちたいと思います。

名塚さん:前回と違う見どころがたくさんあり、本作の中で、『絶対に離さないから』とアネモネが言い、レントンが映るシーンが、胸がキュッとなりながらアフレコしました。皆さんにも好きなシーンをたくさん見つけて頂き、監督の想いが詰まったアニメーションとしての面白さを体験してほしいです。

小清水さん:長い時を経て、今回の3部作の2作目でタイトル・看板を頂けて、本当に夢のようです。アネモネ良かったね、と思います。アネモネの今までを考えると、なんて幸せなんだろうという気持ちです。ぜひ、本作アネモネを堪能してほしいです。そして、ずっとエウレカセブンを好きでいてほしいと思います。今日はありがとうございました!!!

と本作の魅力と本シリーズ愛をアピールし、イベントは締めくくられた。

『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』

大ヒット公開中!

10月1日より毎週月曜TOKYO MXにて19:30~20:00「交響詩篇エウレカセブン」全50話放送中!

公式HP:http://eurekaseven.jp/


***********************************

キャスト:小清水亜美、名塚佳織
監督:京田知己/脚本:佐藤大/キャラクターデザイン:吉田健一、藤田しげる、倉島亜由美 配給:ショウゲート

【主題歌】「There’s No Ending」RUANN(TOY’S FACTORY)
配給:ショウゲート
©2018 BONES/Project EUREKA MOVIE


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宮野真守・櫻井孝宏 壇上で祈る!!『GODZILLA 星を喰う者』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』三部作の最終章、『GODZILLA 星を喰う者』は11月9日(金)に 全国公開を迎えました。
そして、その公開を記念し、11月10日(土)『GODZILLA 星を喰う者』の公開記念舞台挨拶が行われました!

舞台挨拶にはハルオ役の宮野真守さん、メトフィエス役の櫻井孝宏さん、ユウコ役の花澤香菜さん、マイナ役の上田麗奈さん、ミアナ役の小澤亜李さん、そして静野孔文監督、瀬下寛之監督 とオールキャストが登壇!

熱く!オモシロ!なトークが繰り広げられました!


『GODZILLA 星を喰う者』 公開記念舞台挨拶
日程:11/10 (土)
場所:TOHO シネマズ新宿
登壇:宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、上田麗奈、小澤亜李、 静野孔文監督、瀬下寛之監督

映画情報どっとこむ ralph 豪華キャストが呼び込まれると、割れんばかりの歓声と拍手。

先ずはご挨拶。
宮野真守さん
櫻井孝宏さん
花澤香菜さん
上田麗奈さん
小澤亜李さん
静野孔文監督
瀬下寛之監督
4年かけた3部作の最終章に対する其々の熱い挨拶から舞台挨拶はスタート

映画情報どっとこむ ralph 宮野さんはプレスコから2年キャストや監督スタッフと話を続けていたので、ずっとハルオの気持ちを持続出来ていたとし、種族の違いからくる価値観の違いなど沢山考えさせられるなかでハルオの生きざまを観て欲しい等と語ります。
スクリーンから愛が爆発漏れ出ていると称した櫻井さんは脚本家の哲学的な作家性を感じるとすると、静野監督、瀬下監督共にその部分を大切に作り上げ、ギドラとゴジラも注目だが、人間と人間のかかわりあい。「縁」を感じて群像劇を鑑賞して欲しいと見方をレクチャー。

映画情報どっとこむ ralph そして、監督の想いの流れからハルオを中心として注目&気になるシーンについて、登壇者たちがコメントするコーナーに!
とは言え鑑賞前のお客様なので、ネタバレを避けるためアニゴジ 予告編から紐解き!

一つ目はハルオとユウコのカット。
2章からの続き。キーワードになってるそうで、ユウコこうなってますなシーン。女の子の寝顔をこんなに近くで見るのはいけないこととの意見も。

二つ目は、ハルオ とミアナ?マイナ?な抱きしめカット。
どっち?あれっユウコじゃないの?

三つ目はメトフィエスのたくらみなカット。
金色ぴかーんが怪しいのですが櫻井さんは怪しくないと主張。

ナムーなのか?ギドラ―なのか?全然違うのか?(笑)
で、祈りの実演も。

宮野さんが、櫻井さんの音色・ゆるぎない声を大絶賛する場面も。(櫻井さん御希望で太文字にしました)

それに対して、櫻井さんは愛が漏れているからと返しながら、現場の雰囲気はすべて宮野さんが作り上げていたと絶賛返しをしていました。


GODZILLA 星を喰う者

2018 年 11 月 9 日(金)全国公開

【映画公式サイト】
godzilla-anime.com

【映画公式 twitter】
@GODZILLA_ANIME


***********************************

【スタッフ】
監督/静野孔文・瀬下寛之 ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス) キャラクターデザイン原案/コザキユースケ 音楽/服部隆之 副監督/吉平”Tady”直弘・安藤裕章 プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli CG キャラクターデザイン/森山佑樹 造形監督/片塰満則 美術監督/渋谷幸弘 色彩設計/野地弘納 音響監督/本山 哲

【キャスト】宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和 梶 裕貴 小野大輔 堀内賢雄 中井和哉 山路和弘 上田麗奈 小澤亜李 早見沙織 鈴村健一 【主題歌】XAI「live and die」 (TOHO animation RECORDS)

【主題歌アーティスト XAI 公式サイト】http://x-a-i.com
【主題歌アーティスト XAI 公式 twitter】@XAI_desu
【製作】東宝 【アニメーション制作】ポリゴン・ピクチュアズ
【配給】東宝映像事業部
©2018 TOHO CO., LTD.


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

齊藤工 発案『cinéma bird(移動映画館) in 沖縄 2018』でライブ&上映!


映画情報どっとこむ ralph 11月10日(土)、沖縄県うるま市の伊計島にて、俳優の齊藤工発案による『cinéma bird(移動映画館) in 沖縄 2018』が行われました。

本プロジェクトは、劇場体験の少ない子供たちや劇場のない地域の方々に、同じ空間で感動を共有する劇場体験を届けることを目的として開催しているもので、今まで宮城県石巻市、福島県広野町、大分県豊後大野市、福島県南相馬市、熊本県山鹿市で開催!
今回は第6回目となります。
実は7月に一度、台風の影響で中止となり、今回、満を持しての開催です。

沖縄らしい心地よい気候と天気に恵まれた本会場の伊計ビーチには、巨大なスクリーンとライブステージを設置。

100人ほどのお客様が列を作り待っていたが、開場とともにウェルカムライブで齊藤工自身がお客様をお出迎えしました。

映画情報どっとこむ ralph 映画を上映する前に、このプロジェクトで既にお馴染みの永野さんや、ミラクルひかるさん、そして今回、初参戦となったカミナリさんによるお笑いライブが行われ、観客は既に大盛り上がり。
また、齊藤工さん、アーティスト・古賀小由実(こがさゆみ)さんと豪起(ごうき)さんの3人による“cinema birds”によるゆるやかな音楽ライブも波音をバックに行われました!!

また、プロジェクト初期にはボランティアとしても参加していたという女優・伊藤歩さんも歌声を披露。

沖縄にちなんだ楽曲に、お客様の肩も自然と揺れ、軽快な齊藤さんのトークと共に良い時が流れました。
そしてこの日は、齊藤工監督が自身制作の『映画の妖精 フィルとムー』をはじめ、3本の映画を昼の部と夜の部の2回に分け参加費無料で上映。

2部全体で限定800人の観客が来場しました。

そして、アーティストのCharaによるライブも行われ、彼女の織り成す世界観と波の音がマッチし、会場は完全にリラックスモードに。

イベントの最後には、ゲストが揃って出口でお客様と握手やハイタッチでおみおくり!最後まで心のこもったおもてなしとなりました。
映画情報どっとこむ ralph ご出演の皆さんのコメントが届いていますので、ご紹介。


プロジェクト発案  齊藤工さんからのコメント★
(冒頭ウェルカムライブ中に)本当に皆さん、今日は目白押しのイベントですので、楽しんでください。”伊計祭り”とも呼べるイベントにしたいと思っています。沖縄に来て、沖縄の唄を唄えるってすごい嬉しいです。(海風で楽譜が飛びそうになると)こういうのも逆に良いですよね。楽譜が飛んじゃったら、フリーライブで行きましょう(笑)。(お笑いライブが始まると)永野さんとミラクルひかるさんは、もうレギュラーで出てもらっていますよね、カミナリさんが今回初参戦となりますが、永野さんの事務所の後輩なんですよね。実は僕もグレープカンパニーさん(永野、カミナリが所属)に所属しているんですよ。覆面芸人【人印(ピットイン)】として(笑)。以前永野さんの営業のライブにこっそり一緒に出させてもらった事があって。お客さんが8人だったから、びっくりしましたよ。本当に鍛えられました(笑)。(伊藤歩とのトークで)伊藤さんはこの企画の初期の頃、ボランティアとして参加してくださった事もあって。そしたら、その後にまさかのドラマ「昼顔」で夫婦役で骨肉の争いをするというね(笑)。(映画の上映前に)どうしても権利の問題などで映画が上映できなかったり、色んな弊害がある国もあるんです。マダガスカルに関しては、”映画”という文化自体が無くて。初めて子供たちが目にする映像はどんなものなんだろう、と考えて作ったのがこの『映画の妖精 フィルとムー』なんです。『ワンダー 君は太陽』は今年の僕のベストムービーですね。この映画に説明は不要です。『ベイビー・ドライバー』は、伊計ビーチの波の音にも負けないこんな音楽映画を上映したら最高に気持ち良いだろうな、と。沖縄での開催におけるイメージ映画となった作品です。(上映終了後、Charaのライブを終えて)今のCharaさんのライブを聞いていて、今日一日のこの空間、この時間が細胞の一つ一つに染み込んでしくような、どこか皆さんの身体の一部になっているんじゃないかな、と。後ろから見ていて、皆さんの背中越しにCharaさんの歌っている姿が見えて、なんて贅沢なんだろうと思っていました。皆さんそれぞれの贅沢があると思うんですけど、僕にとっては、これが最高の心の贅沢だな、と思いますね。地元の方々がこの企画を受け入れてくれて、テクニカルスタッフもほとんど沖縄の方なんです。僕らが持ち込んだのは、映画の素材とゲストの方々と”自分たちも楽しみたい“という思いだけ。あとはここにいる皆さんが完成させてくれました。「終わらなければ良いのに」という時間を過ごさせて頂きました。


映画情報どっとこむ ralph 伊藤歩(女優) さんからのコメント
実は7月の中止になってしまったとき、前乗りをしていたのが工さんと二人きりだったんです。テレビで「昼顔」をオンエアした二日後なので(ドラマの続きかのように)沖縄までついてきてしまって、もはやホラー映画みたいだよね、と(笑)。(もし開催する事になったら、)演出でそれを使うしかないね、なんて話していましたよね。沖縄は年に1~2回来るくらい好きで、昨日も隣りの大泊(おおとまり)ビーチで素潜りしてきました。13メートル?くらい潜りますね。一昨日は名護の方でスキューバダイビングをしていたんです。(Charaとのセッション時)初めてCharaさんに会ったのは、私が中3の時ですね。Charaさんがグリコ役で、私がアゲハ役で。(『スワロウテイル』)アゲハはグリコに憧れて歌ったのが、今日ここで久しぶりに出会った、そんな感じですね。私、アゲハチョウになりました(笑)


アーティスト 豪起(ごうき) さんからのコメント
(お笑い芸人のライブの後に歌う事について)芸人さんはキレッキレなので、逆に家に居るくらいのゆるっとした感じでいきますね。いつもcinema birdのイベントには呼んで頂いていて。Cinema birdsとしても活動しています。7月の開催が中止になってしまいましたけど、本当に楽しみにしていたんです。この今日のイベントのため、そして沖縄のために作った曲がありまして。今日はそれを披露します。


アーティスト 古賀小由実 さんからのコメント
(お笑い芸人のライブの後に歌う事について)笑い過ぎて、声がかすれてしまいそうです(笑)私は大分に住んでいて。普段、人と人の間に流れる見えない音楽を作れたら、と思っています。九州は海が近くにある地域と無い地域がありますが、沖縄に住んでいる方は皆さん海がいつも身近にある生活なんですよね。海が近くにあったら良いなという歌を作りましたので披露します。(沖縄の思い出を聞かれると)大学の卒業旅行で来ましたね。那覇の街に行って、スキューバダイビングをした思い出です(笑)


お笑い芸人 カミナリ さんからのコメント
(たくみ)沖縄の思い出と言えば、去年、とんねるずさんの番組のロケで来て6時間くらい待機したと思ったら、落とし穴に落ちて、そこでロケ終了、というのがありましたね(笑) (まなぶ)齊藤工さんとの出会いなんですけど。実は、このcinema birdのイベントに呼んでもらうまで一度もお会いした事が無かったんです。都内でナレーションの仕事があって二人でタクシーに乗って到着したら、工さんがそこにいらっしゃって。たまたま同じスタジオをその前に使っていたみたいなんですが、30分くらいわざわざ僕たちが来るのを待っていてくれていたんです。良い話でしょ?

お笑い芸人 永野 さんからのコメント
7月の開催が延期されてしまったけど、無事に開催!おめでとう!(沖縄のイメージを聞かれ)いつもMAXさんをネタにさせて頂いているんですが、今年、ついにメンバーのNANAさんとLINAさんと沖縄の番組でご一緒したんです。東京に戻る便まで6時間アキができちゃったんですけど、お二人が食事に誘ってくれまして。変装もせず、堂々とお店に入っていたので、これぞ、沖縄!と思いましたね。工さん、歌がうまくてびっくりしましたよ。スタッフにあの声誰って聞いたら、工さんだって言うから。さっき伊藤歩さんとキャッチボールもして、もう僕たち仲間です。

お笑い芸人 ミラクルひかる さんからのコメント
波の音が心地よいですね~。10年前にショッピングモールで営業のライブを見に来てくれていた方もいると思います、お久しぶりです(笑)沖縄だと、モノマネパブでしか、モノマネを見たことが無い人もいるかもしれませんね。(沖縄の思い出を聞かれて)両親の新婚旅行が沖縄だったんです。私は居なかったんですけどね(笑)すごい派手な格好でサングラスして映っている写真が残ってるんですよ。(永野さん話題になると)今年になって永野さんの面白さにようやく気付いて。ライブで全力で笑っちゃうんですよね、右脳を呼び覚ます笑いだな、と(笑)

アーティスト Chara さんからのコメント
波の音が良い感じですね。ちょっと眠くなっちゃいますね(笑)今日はみんなのキャンプファイヤーの炎になれれば良いなと思っています。(伊藤歩がセッションで合流後)歩は海が好きでよく潜るんだよね。昨日は潜ったの?私は海面の上の方で浮いているシュノーケリングが好き。今日結成して、今日解散になっちゃうのかな、私たち。出会いは20年以上前だよね、岩井俊二監督の『スワロウテイル』で。今日、本当に晴れて良かったです。工くん雨男だって聞いてたから(笑)


映画情報どっとこむ ralph <「cinéma bird(移動映画館)」とは?>
小さな島々を含め日本中から映画館が減っています。震災などによって映画館がなくなってしまった地域もあります。劇場体験をしないまま大人になっていく子供達。劇場で映画を見ることがなくなってしまった大人達。
cinéma birdはそんな地域の人たちに同じ空間で感動を共有する大切さを伝えるために映画+ライブというフェスティバルのような体験を鳥のように自由に届けるプロジェクトです。


公式HP:
http://cinemabird.com/

公式facebook:
@cinemabird/

公式Twitter:

主催: cinéma bird実行委員会
協力:沖縄テレビ放送 株式会社 
企画/制作: 株式会社 W TOKYO、株式会社KIDS-COASTER

***********************************



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

草刈正雄 木村文乃 きたろう 渡辺大知 和久井映見ら登壇!あったか舞台挨拶『体操しようよ』


映画情報どっとこむ ralph ラジオ体操制定90周年!!

草刈正雄さん7年ぶりの主演作「体操しようよ」が11月9日(金)に公開となりました!

草刈さん演じる道太郎は38年間コツコツ働き、18年間娘と二人暮らしだったシングルファーザー。娘からの親離れ宣言を機に、家事に地域デビューに、ラジオ体操に奮闘する姿を描き、笑って泣いて幸せになる感動作です。

そして、この度、公開2日目の11月10日(土)にキャストの草刈正雄 さん、木村文乃さん、 きたろうさん、渡辺大知さん、和久井映見さん。そして、菊地健雄監督が登壇して舞台挨拶が行われました。

そして!草刈さんへのサプライズで、共演者で完成させた似顔絵をプレゼントしました!


日時:11月10日(土)
場所:新宿ピカデリー(新宿区新宿3丁目15—15)
登壇:草刈正雄 木村文乃 きたろう 渡辺大知 和久井映見 菊地健雄監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手と歓声に包まれてキャストと監督が主題歌:RCサクセションの「体操しようよ」にのって登場。

草刈さん:どうも!久々の映画出演でワクワクドキドキでした!素晴らしい共演者に恵まれて楽しみました!幸せです!
と、ご挨拶からスタート。

木村さん:土曜日の貴重な休みを割いて来てくださり本当にありがとうございます!今日という日が皆さんの思い出になりますように!精一杯頑張ります!
と、ニコニコな木村さん。逆に・・・

きたろうさん:眩しい!(と、フラッシュにお冠!)みんながみんな、面白いと思っていないことはわかっています!(笑)でも、僕はこの映画が大好きです!
と、天邪鬼ぶりを発揮!

渡辺さん:僕もこの映画が大好きで。。。こうやってたくさんの方に観ていただけるのはとても嬉しいです!
和久井さん:今日見ていただいたみなさん。この舞台挨拶を聞いて。もう1回、2回是非映画館で観ていただけると嬉しいです。
菊地監督:こんなに多くの観客に集まっていただいて感無量です!自分は、少し頼りない監督で・・・本当に素晴らしいキャストの皆さんい支えられてここまで来れました!
映画いかがでしたか!のMCの声に、大きな拍手で答える観客の皆さん。しかも長い。

草刈さん:嬉しいですね。脚本を見させていただいた時、、、普通のおじさんを出来るのか?リアリティーが無くならないか?気炎を感じて・・・

きたろうさん:相当二枚目だと思ってるね!(大爆笑)

草刈さん:初めての役で、不安でしたが、なんとなく皆さんの支えでできたかなと。この映画宝物です!

と想いを語る草刈さん。

映画情報どっとこむ ralph ここで『体操しようよ』のタイトルにあわせて「この秋○○しようよ」を発表することに!

草刈さん:やっぱり体操!しようよ。最高です。撮影終わって続けようと思っていたのが出来なかったので、ここから始めようかなと。

木村さん:菌活しようよ!腸内環境を良くしようよ!菌活している人!?(多く手が上がり)嬉しい!
きたろうさん:金欠なら知ってるけどね。僕は秋から、スニーカーのかかとを踏まないようにしようよ。しっかり生きようと思います。

渡辺さん:引っ越しを考えてまして、断捨離しようよ!ありがとうの気持ちを込めて。
和久井さん:段々やらないことが増えるので、(逆に)いろいろ挑戦しようよ。と思っています。
菊地監督:僕も来週引っ越すので整理していたら昔の写真が出てきて。20代のころ痩せてたな―――と。ダイエットしようよ。
きたろうさん:俺も昔は高良健吾のようだったんだ(場内何故か大爆笑)

映画情報どっとこむ ralph 共演者から、草刈さんに似顔絵をプレゼント。

木村さん:天候に恵まれない撮影でしたが、草刈さんの温かくて大きい人柄に、キャスト・スタッフとも救われて。暖かな作品になったと思います。

草刈さん:ウルウルしました!ありがとう!

最後に
菊地監督:トークをしてても気持ちが暖かくなりました。皆さんお気持ちも温かくなっていたらいいなと思っています。


『体操しようよ』

公式サイト:taiso-movie.com  


物語・・・
38年間無遅刻無欠勤、真面目だけが取り柄の会社員・佐野道太郎(草刈正雄)。18年前に妻を亡くし、しっかり者の娘・弓子(木村文乃)と2人暮らし。定年退職後「これからは自由に生きるぞ!」と意気込むものの、実際には何をしていいのか途方にくれ、しかも一人娘の弓子から「佐野家の新しい主夫は、お父さんです!」と宣言され家事担当に。ある日地元のラジオ体操会に参加したことで人生の風向きがかわっていく。体操会のマドンナのぞみ(和久井映見)に胸ときめかせ、彼女からの紹介でラジオ体操会会長の神田(きたろう)が営む便利屋の仕事を得て、年下の同僚で天文マニアの馬場薫(渡辺大知)と、地域の人々の様々な依頼を不本意ながらも取り組むことに。何事にも一生懸命だけど不器用な道太郎が、周囲から叱咤激励されながら人生を謳歌していく。

***********************************

出演:草刈正雄 木村文乃 きたろう 渡辺大知(黒猫チェルシー) 徳井優 諏訪太朗 川瀬陽太 山田真歩/片桐はいり 大島蓉子 稲川実代子 木村八重子 加藤満 菅野久夫 平澤宏々路 余貴美子 小松政夫 平泉成/和久井映見
監督:菊地健雄 脚本:和田清人、春藤忠温 音楽:野村卓史 

主題歌:「体操しようよ」RCサクセション(ユニバーサル ミュージック)

配給:東急レクリエーション 
企画:パレード 
製作幹事・制作プロダクション:ポリゴンマジック
特別協賛:かんぽ生命 
協賛:タニタ 長谷工シニアホールディングス 
助成:文化庁文化芸術振興費補助金 撮影支援:千葉県 広報連携:東京都 特別協力:全国ラジオ体操連盟
製作:「体操しようよ」製作委員会(ポリゴンマジック パレード 東急レクリエーション 朝日新聞社 ハピネット 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ アサツー ディ・ケイ イオンエンターテイメント)
(c)2018「体操しようよ」製作委員会 
   


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ