安蘭けいのインタビューが到着!ミュージカル映画『とってもゴースト』を語った


映画情報どっとこむ ralph 安蘭けい&古舘佑太郎がW主演を務めるロマンチックな王道ミュージカル映画『とってもゴースト』を、2020年2月15日(土)より劇場公開。

俳優&監督の角川裕明が「ミュージカルをもっと日本に広めたい」という情熱のもとクラウドファンディングを⽴ち上げ、多くのファンの温かな愛のエールによって映画化が実現。

主人公のファッションデザイナー入江ユキを演じるのは、安蘭けい。そしてもうひとりの主人公、靴デザイナーを志す学生の服部光司役には、古舘佑太郎が抜擢されました。

そしてこの度、角川監督が安蘭へ質問するという形式で、『とってもゴースト』へ寄せる情熱やミュージカルの魅⼒などについて語った。
映画『とってもゴースト』

映画情報どっとこむ ralph 角川監督: 『とってもゴースト』の製作が決まった瞬間、僕は監督として、安蘭さんに主演をお願いしたいという気持ちしかありませんでした。引き受けて下さった時の率直な感想を聞かせて下さい。

安蘭さん:日本のミュージカル文化を広める活動をしている角川監督を応援したい、何か⼒になれればという思いを私は抱いていました。
角川監督のミュージカル映画に出演したいという気持ちは、機会がある度に伝えていたので、出演のオファーは本当に嬉しかったです。以前、角川監督の初⻑編ミュージカル映画『蝶〜ラスト・レッスン〜』を観せて頂いた時、手作り感や温かな感性が素晴らしいと思ったし、『蝶〜ラスト・レッスン〜』のキャストが『とってもゴースト』にも出演してくれることも後押しになりましたね。
何より、ミュージカル仲間のかくちゃんが監督ならば楽しくできるな、と思ったので(笑)

角川監督:日本でオリジナルミュージカルを生み出している「音楽座ミュージカル」の舞台を原作にした映画ですが、作品に対する感想や、日本におけるミュージカル文化についてはどう感じているでしょうか︖

安蘭さん:実は私、「キャッツ」を観たことでミュージカルが大好きになり、この世界に入ったんです。日本人は海外のミュージカルで歌っている外国人のことは違和感なく受け入れていても、日本人が歌うミュージカルには違和感をおぼえるような意識がある気がします。私自身はお芝居の中で歌うことに何の抵抗もないけれど、お芝居から歌への導入部や、歌からお芝居に戻る流れがスムーズにいかないと「なぜそこで歌うの︖」という違和感がお客様の心に生まれてしまう。そういったハードルをうまく下げてくれるのは、やはりミュージカルを熟知している作り手の方々なのではないでしょうか。時代と共にミュージカルも変化し、日本にもなじんで受け入れられてきた感じはあります。

角川監督:ミュージカル映画をいかにナチュラルに⾒せていけるか、僕はレコーディングにポイントがあると思うんです。ミュージカル分野を熟知していないと、レコーディングの段階で失敗する可能性があるかもしれないからです。安蘭さんは舞台での歌もお芝居も自然体で、とっても素敵です。今回は映画としてのレコーディングやお芝居、いかがでしたか︖

安蘭さん:お稽古もお芝居もしない状態で歌のレコーディングからスタートしたので、歌に込める感情表現が難しかったです。歌がお芝居に自然に溶け込むようにするために「歌わないように」という監督の意図を私なりに理解し、何とか形にしようと努めました。台詞を歌で表現するのは難しく、それが課題でした。一方、撮影現場でのお芝居では、流れてくる曲を聴きながら、その声のテンションに今の自分をうまく合わせることを意識しました。レコーディングしたものが基礎となって演技が決まっていく部分はありました。やはり私の場合は舞台と同じように、お稽古して、流れをつかんで、レコーディングに備えた準備をしていく、というのが理想的だと感じ
ました。

映画情報どっとこむ ralph 角川監督:ダブル主演の古舘佑太郎さんとの共演について伺います。古舘さんはミュージシャン&俳優で、ミュージカルは初挑戦。お⼆⼈とも音楽の世界で活躍されていますが、安蘭さんとは若⼲異なるフィールドの⽅との化学反応が⾯⽩いと感じました。どのように呼吸を合わせたのでしょうか︖

安蘭さん:古舘佑太郎さんは、本当に飾らない、真っ直ぐな人︕お芝居もすごく素直︕デザイナー役の私は飾った感じの⼥性だったので、私のほうが削ぎ落とさないといけないかなと思ったほどでした。役の設定と同じく私が年上で彼は年下。人生の先輩という部分では、デザイナーと学生というキャラクターの差をそのまま自然に表現できたのではないかと思います。

角川監督:撮影時期はとっても雪の多い冬で、寒いなか屋外での撮影もありました。思い出に残っているシーンや、映画を観終わって印象に残ったシーンはどこですか︖

ラストの海のシーンと、オープニングのファッションショーです。ファッションショーは大勢のキャストとのアンサンブルが、まるで舞台のようで本当に楽しかった。海のシーンはむしろ映画的なパートで、実際に最後に撮影したので思い出深いです。完成した映画を観て印象的だったのは、大雪のなかで撮影されたダンスシーンがとても幻想的でしたね。──最後にファンの皆様へメッセージをお願いします。

初めてのミュージカル映画で、監督の⾔葉を理解して、体当たりで挑戦した作品なので、温かい目で観て頂きたいです。⾳楽座ミュージカルのファンの方にも、舞台とは違った新展開もある映画バージョン『とってもゴースト』を楽しんで頂けると思います。心温まるキュンとする素敵な作品です。たくさんの方に観て頂き、⾊々な感想を聞かせて下さい︕

映画情報どっとこむ ralph ミュージカル映画『とってもゴースト』

は、キネマ旬報シアターにて絶賛公開中︕

公式HP︓
http://www.tottemoghost.com

公式Twitter、Instagram︓
@ tottemoghost_mm

【ストーリー】
ファッションデザイナーの入江ユキ(安蘭けい)は、自分のブランドのファッションショー前日に自動⾞事故によって命を落としてしまう。自分が死んでしまったことに気が付いていないユキは、ショー当日にも会場に現れるが、その姿は誰にも⾒えておらず、その声は誰にも届かなかった。パニックに陥るユキ。そこに突然"天界のガイド"(永山たかし)がお迎えにやって来る。しかしユキは「まだ死ねない」という思いに突き動かされてその場から逃走、街をさまよい歩く。そして深夜を迎えた頃、靴のデザイナーを志す学生の服部光司(古舘佑太郎)と出会う。なぜかその⻘年にだけは、午前0時から3時の霊界タイムと呼ばれる間だけ自分の姿が⾒え、会話も交わせることを知る。お互いの人柄に触れるうち、二人の心に温かな感情が芽生え始める。しかし、避けられない運命の時は、ユキの身に迫っていく
のであった…。
映画『とってもゴースト』

過去記事;
よかったら、撮影以前の角川監督へのインタビューもどうぞ。
http://eigajoho.com/86698

***********************************

演:安蘭けい 古舘佑太郎
永山たかし tekkan 伽藍琳 他
原作:音楽座ミュージカル「とってもゴースト」(脚本:横山由和・ワームホールプロジェクト 音楽:八幡茂)より
監督:角川裕明 上映脚本:中井由梨子 音楽監督・編曲:田中啓介 振付:舞宮奈央 撮影監督:曽根剛
企画:井西政彦 プロデューサー:ニック・ウエムラ
製作:Japanese Musical Cinema 製作協力:THE DIRECTORS ALLIANCE 制作協力:ヒューマンデザイン
配給:シンカ 製作・配給協力:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
©2020 Japanese Musical Cinema/Human Design Inc./THE DIRECTORS ALLIANCE Inc.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

劇場版公開直前特番『30分でわかるウルトラマンタイガ』放送決定!グリージョ地上波初登場!


映画情報どっとこむ ralph ウルトラマンシリーズ最新作『ウルトラマンタイガ』待望の劇場版『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』がいよいよ3月6日(金)に全国公開となります。
劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス
闇堕ちし、最大かつ最強の対敵となった父・ウルトラマンタロウに立ち向かう、息子・ウルトラマンタイガ最後の戦いを描く本作。公開直前の3月1日(日)に、テレビ東京系にて特別番組『劇場版ウルトラマンタイガ公開直前SP 30分でわかるウルトラマンタイガ』の放送が決定しました。『ウルトラマンタイガ』TVシリーズに加え、『タイガ』へとつながるニュージェネレーションヒーローズの物語『ウルトラギャラクシーファイト』など、ウルトラマンタイガのストーリーや活躍を、前作『ウルトラマンR/B』のヒロインで地上波初登場となるウルトラウーマングリージョ(声:其原有沙)とともに振り返るスペシャル番組です。

応援くださっているファンのみなさまはもちろん、はじめましてのみなさまも、これを見れば3月6日公開の『劇場版ウルトラマンタイガ』をより楽しめること間違いなし!ぜひお見逃しなく。

映画情報どっとこむ ralph
■特番詳細情報
放送日時:2020年3月1日(日)10:30~11:00
放送局:テレビ東京系
(テレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送)
番組名:『劇場版ウルトラマンタイガ公開直前SP 30分でわかるウルトラマンタイガ』

内容:ウルトラウーマングリージョ(声:其原有沙)が、『ウルトラマンタイガ』のTVシリーズに加え、『タイガ』へとつながるニュージェネレーションヒーローズの物語『ウルトラギャラクシーファイト』など、ウルトラマンタイガのストーリーや活躍を一気に振り返り、劇場版のみどころを紹介するスペシャル番組です。
※内容は変更になる場合がございます。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス

『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』

3月6日(金)より全国ロードショー 

劇場版ウルトラマンタイガ

公式サイト:
https://m-78.jp/taiga/movie/ 

公式Twitter:
@ultraman_series/

2013年の『ウルトラマンギンガ』から、最新作『ウルトラマンタイガ』へ―。7年間にわたって続いている、新世代のウルトラマンシリーズ。これらの作品に登場するウルトラマンたちは、文字通り“ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれている。1966年にスタートしたシリーズの歴史においても、7年間の継続は最長不倒記録。日本を代表する特撮ヒーロー“ウルトラマン”が、現代の子どもたちからも確かな支持を獲得したことの証と言えるだろう。本作ではついに、この“ニュージェネレーションヒーローズ”が全員集合を果たす! 昭和・平成・令和― 時代を超えたウルトラファンへ贈る、『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』にご期待ください!!

【ストーリー】
民間警備組織E.G.I.S.の一員として働く工藤ヒロユキは、タイガ、タイタス、フーマという3人のウルトラマンに変身する能力を持っていた。数々の敵との戦いを経て、より深まっていたヒロユキとタイガたちの絆。しかし、そんなヒロユキはいま、何者かによって狙われていた。そのことを知って、新世代のウルトラマンたちが、ヒロユキを救うべく、続々と集結を果たす。ヒカル、ショウ、大地、ガイ、リク、カツミ、イサミ―。さらに、タイガの父・ウルトラマンタロウも地球へとやって来た。だが、タロウは息子・タイガに激しく襲いかかる。いったい、タロウに何が起こったのか? そして、タイガは父と戦えるのか!?いま、ニュージェネレーションヒーローズが、巨大な闇の力に敢然と挑む!

【POINT】
●ウルトラマンタイガは、タロウの息子!タイガの父は、ウルトラマンタロウ。歴代ウルトラマンたちの中でも屈指の人気を誇る、スーパースターだ。まさに、新世代のウルトラマンワールドを背負って立つべき存在として、登場したタイガ。タロウの遺伝子と、ニュージェネレーションの絆を受け継ぎ、未来へとはばたく!
●我ら、トライスクワッド!タイガは「U40」出身のタイタス、「O-50」出身のフーマとともに「トライスクワッド」なるチームを結成し、宇宙で戦っていた。そして3人のウルトラマンは、地球人・工藤ヒロユキと一体化。そのためヒロユキは、この3人の力を使うことができる。主人公が、複数のウルトラマンに変身できるという設定はシリーズ初の斬新な試みだ!
●“ニュージェネレーションヒーローズ”全員集合!ギンガ、ビクトリー、エックス、オーブ、ジード、ロッソ、ブル、そしてタイガ。この7年間にわたって展開されてきた、新世代のウルトラマンシリーズの主人公たちが、本作では変身後のみならず変身前の姿でも集結を果たす。ファンが夢にまで見た奇跡の共闘が、ここに実現するのだ!

***********************************

■キャスト&スタッフ
[キャスト]井上祐貴/諒太郎/吉永アユリ/七瀬 公/新山千春
平田雄也/小池亮介/濱田龍臣/石黒英雄/高橋健介/宇治清高/根岸拓哉 ほか
[声の出演]寺島拓篤/日野 聡/葉山翔太/内田雄馬/其原有沙/森川智之/石丸博也
[スタッフ]監督:市野龍一 脚本:林 壮太郎 中野貴雄 
[主題歌] 「ドラマティック」 (歌:小野大輔) 

配給:松竹ODS事業室
©劇場版ウルトラマンタイガ製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宇垣美里「セクハラは醜悪」古市憲寿と語った!『スキャンダル』公開記念イベント


映画情報どっとこむ ralph 本年度アカデミー賞®3部門でのノミネート、メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞を果たし、オスカー女優のシャーリーズ・セロンとニコール・キッドマン、さらにオスカーノミネート女優で最旬のマーゴット・ロビーというハリウッドの至宝3大女優の豪華競演でも話題の映画『スキャンダル』が、2月21日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開となります。

2016年、全米ニュース放送局で視聴率No.1を誇っていたFOXニュースを吹き飛ばした衝撃のスキャンダル。巨大権力に立ち向かった3人のキャスターたちの華麗なる戦いと逆転劇。セクハラ、パワハラ、トランプ政権の裏側など、まさに今、社会を揺るがす事実を描いた刺激的かつ意義深い話題作がいよいよ日本で公開を迎えます。

この度、公開に先駆けて公開記念イベントを実施。試写会後のトークショーに、アニメ&コスプレ好きを公言し、従来のアナウンサーイメージにとらわれず、独自の道を切り開き続けるフリーアナウンサーの宇垣美里さんと、歯に衣着せぬコメントが人気な社会学者の古市憲寿さんが登壇しました。映画の主人公たちと同様にテレビ局のアナウンサーとして活躍された経験を持つ宇垣さんと、様々な番組でコメンテーターを務めメディアの裏側を知る古市さんに、映画の魅力と日本でも昨今問題として取り上げられている“ハラスメント”についてお話いただきました。
宇垣美里、古市憲寿スキャンダル

『スキャンダル』公開記念イベント
日時:2月14日(金)
場所:ブロードメディアスタジオ試写室 
登壇:宇垣美里(フリーアナウンサー)、古市憲寿(社会学者)

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後、イベントに登場したフリーアナウンサーの宇垣美里さんと社会学者の古市憲寿さん。
本作を観た感想について宇垣さんは「これがつい最近の2016年に起きたことだということ、それをアメリカはこのスピードで映画にできるんだということに驚きました。セクハラは醜悪なもので、私も映画で描かれていることは見覚えがあり、現実を諦めてしまう気持ちにもなりながらも映画の中の女性たちに共感し、声を上げる勇気に、自分も頑張らないとと思いました。」と話し、古市さんは「一番得なのは自分は黙っていて誰かが声を上げてくれること。自分から声を上げるのは大変なことです。映画に登場する女性たちも、セクハラを告発した後も新しいキャリアを確立させていてスカッとしました。」と話しました。
そして、実際に起こったスキャンダルを、会社名や登場人物の実名をそのまま忠実に描いた本作について「日本とアメリカではアナウンサー、キャスターに求められる像が違うように思いました。日本のアナウンサーは強すぎず、派手すぎず、セクシーすぎず、ニュースを伝えるにあたってノイズにならないのが一番大事だと思って局アナウンサー時代は働いていました。この映画で描かれているような権力構造、こういったことは日本でもいろんなところであると思います。社会人であれば一度はそういう経験がある人が多いんじゃないでしょうか。」と自身の見解を明かし、古市さんも「現在進行形で日本でも起こっていますよね。サラリーマンの方が夜家に帰ってきてみるニュース番組のキャスターは大体女性だし、自分の意見を言う人ではなくて、ただニュースを伝えてくれる綺麗な人を求めてる。減ったとはいえまだまだ正直セクハラはありますよね。リベラルとされているメディアでもパワハラがありふれているのを知っているし、ショックなのはこの映画を観てあまりショックを受けず、これってよくあることだよねって思っちゃう人が日本には多いのかなと思ってしまいました。」とコメント。

本作では世代やポジションの違う三人の女性キャスターたちが登場し、マーゴット・ロビー演じる若手キャスターはトップキャスターであるシャーリーズ・セロンやニコール・キッドマンの演じる先輩キャスターのように活躍することに憧れ、その為の努力や苦労も描かれています。テレビ局のアナウンサーだった宇垣さんは「私は枡田絵理奈アナウンサーに憧れていました。枡田さんから、『アナウンサーは100準備しても1伝わるかどうか。それでも準備できるかどうかが大事。自分が映らなくても番組が円滑に進んで他の出演者さんがやりやすいと思ってもらえたらそれがアナウンサーの仕事』と教わってきました。なので、マーゴット・ロビーが演じるケイラのようにトップを目指したい、たくさん映りたいという気持ちはありませんでした。映画の中のシーンにもありますが、セクハラを受けたことがある人、それを良くないことだと思っているならば、自分の後輩には同じ思いをさせないように声を上げることが大切だと思います。ラストシーンは涙してしまいました。」と、かつての自分の経験を振り返りながら映画の中のキャスターへ共感する思いを明かしました。古市さんも「パワハラとセクハラが同時に起こることは多いですよね。権力者が下の人たちを競わせる時、セクハラは起こりやすくなってします。さらに、セクハラを受けたけれどもそのおかげで恩恵を受けていた人が批判されることがあると思います。そもそもの仕組みが悪いのに、声を上げるとその女性がバッシングされてしまうリスクがあるなと思います。でもやっぱりその中で声を上げることが大事ですよね。」とセクハラの複雑な仕組みを分析しました。

日本でも連日のように取り上げられている「セクハラ」や「パワハラ」について、宇垣さんは「私は恵まれていてある程度発言権があったのですが、企業の一般職などに勤めている友人の話を聞くと、それ絶対セクハラじゃん、と思うことがたくさんあるんです。でもその組織の中にいる彼女がセクハラだって気づいてなくて。ハラスメントがまかり通っているなと思っていました。」と自身の周りのエピソードを明かしました。さらに古市さんも「どこにでもあると思います。でも当事者以外は告発すべきではないと思うんです。大学でジェンダーを研究している人やテレビ局員でもセクハラがある話は聞いたことがあります。ありふれていてもリスクを考えて口には出せない、権力関係を考えてしまう人が多くて男女の不合理な差が健在すると思っています。」と自身の見解を明かしました。
ハラスメントが起きてしまう社会について宇垣さんは「自分が権力があっても弱い立場の人たち、一人の人間であることを再認識する必要なあると思います。何かハラスメントになるのか常識を世間で作って、社会構造を新たに作っていくことが大事だと思います」と、その解決策を語り、古市さんも「基本的には当事者同士の問題。ハラスメントはいけないしすべきではないけど、第三者が糾弾をすることはバランスを変えてしまうと思います。みんなでちょっとずつ意識を変えて、ハラスメントをしても得しない仕組みを作っていく必要がある。スマホも普及して、記録・録音・録画もしやすくなったこともハラスメントを減らすことにつながるのではになるのではと思います。」とその解決に向けて、観客に呼びかけました。

本日2/14はバレンタインデー。「自分にいっぱいチョコ買いました。3つデパート回って、今しか買えないチョコをたくさん買いました。1日3つずつくらい大事に食べてます。並べて眺めてます」。と笑顔で語る宇垣さん。古市さんは「チョコレートは主食なので家に常に10キロ20キロあります。でも、わざわざ既製品を溶かして固め直すなんで、チョコレートを劣化させているだけ。手作りチョコってやめてほしいなと思ってるんですよね(笑)。素敵なチョコを買ってほしいです。」と、手作りチョコ文化に苦言を呈しました。
義理チョコがハラスメントだと禁止される会社の動きについて宇垣さんは「よくない?それでと思います。欲しかったら自分で買えばいいし、渡したい人が渡したい人にだけ渡したら良いと思います。」と自身の意見を話し、古市さんも「あげたい人があげればいい。禁止にしなくても自分で決めればいいと思います。」と賛同しました。
最後に、宇垣さんから「描かれているセクハラは醜悪で、だからこそ立ち向かっている女性たちの勇敢さはすべての人に刺さる話だと思います。セクハラに関係があると思っている人もないと思っている人も、ぜひ観てどうやって生きていこうか考えてみてほしいです。」、古市さんは「ちょっとでも生活に不満がある人、社会に対して何か言いたいことがある人は共感できることがあるはずなので、セクハラに関心がない人でもスカッとできる作品だと思います。」と、会場に向け呼びかけ、イベントは大盛況の中終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 『スキャンダル』
原題:BOMBSHELL

<STORY>
密やかな爆弾は、彼女の「告白」で着火した――
全米最大テレビ局の、あの衝撃のスキャンダルの全貌が暴かれる!これは、実話。

2016年、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局「FOXニュース」の元人気キャスターのグレッチェン・カールソンが、テレビ界の帝王として君臨していた同社CEOのロジャー・エイルズを提訴。そのスキャンダラスな報道にメディア界が揺れた――。
騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、上り詰めるまでの自身のキャリアの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ・ポスピシルは、ロジャーと対面する機会を得ていた――。       

***********************************

監督:ジェイ・ローチ 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
脚本:チャールズ・ランドルフ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(アカデミー賞脚色賞受賞)
出演:
シャーリーズ・セロン 『モンスター』(アカデミー賞主演女優賞受賞)
ニコール・キッドマン 『めぐりあう時間たち』(アカデミー賞主演女優賞受賞)
マーゴット・ロビー 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(アカデミー賞主演女優賞ノミネート)
ジョン・リスゴー 『愛と追憶の日々』(アカデミー賞助演男優賞ノミネート)
2019/アメリカ・カナダ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/109分/字幕翻訳:松浦美奈
© Lions Gate Entertainment Inc.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ヒロイン 久保田紗友登壇!『サヨナラまでの30分』公開御礼舞台挨拶イベント


映画情報どっとこむ ralph 新田真剣佑と北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』。

絶賛公開中ですが、このたび2月14日(金)にTOHOシネマズ川崎にて、ヒロインを演じた久保田紗友、撮影を担当した今村圭佑、そして萩原健太郎監督が登壇し【公開御礼舞台挨拶】を行ないました。
「サヨナラまでの30分」公開御礼舞台挨拶

『サヨナラまでの30分』 公開御礼舞台挨拶イベント
日時:2月14日(金)
場所:TOHOシネマズ川崎
登壇:久保田紗友、今村圭佑(撮影)、萩原健太郎(監督)※敬称略

映画情報どっとこむ ralph 1月24日(金)に封切られ、「ぴあ映画初日満足度調査」(1月25日ぴあ調べ)で1位を獲得するなど、SNS上では鑑賞者から多数の絶賛の声と共に、映画の考察まとめが展開されるなど大好評の本作。映画公開後の2月1日には、ダブル主演の新田&北村と萩原監督の3人で、そして先週2月6日には、劇中でバンドメンバーを演じる葉山、上杉、清原の3人といった形で、本日までリレー形式で舞台挨拶を行っていたが、ヒロインに扮した久保田、撮影の今村、そして萩原監督の3人で行うこの日のイベントで公開御礼舞台挨拶も最後。

最後のバトンを受け取って行うイベントでは改めて監督・キャストを交えて撮影時を振り返り。劇中バンド「ECHOLL」のピアノ担当でアキ(新田真剣佑)の恋人・カナ役の久保田は今回初めてピアノ演奏に挑戦したが「撮影の半年くらい前から練習しましたが、教えてくれる先生がとてもパワフルな方だったので、その力をもらって頑張りました」と当時を振り返り、そんな演奏シーンでの今村カメラマンの撮影スタイルについて「今村さんのテンションによって急にカメラが向けられることがあって、それがいい緊張感になりました。ただ、今村さんが自分のところから別のところを撮り始めると“私つまらなかったのかな?”と思ったりして」と自虐を込めて会場の笑いを誘う。

またこの日は新田、北村、葉山、上杉、清原ら「ECHOLL」のメンバーたちから事前に質問を貰い、登壇者がそれに答える企画を実施。新田からの「完成した映画の感想は?」との率直な質問への回答を指名された萩原監督は「関係者が集まって最初に観る初号試写でスタッフがみんな喜んでくれた。それが嬉しく、強い自信に繋がった」と返答。また、久保田は「どんな風に自分が映っているのかが気になってしまい、最初は自分のあら探しをしてしまって…。でも映画に関わってくれたスタッフさんに褒めてもらえて自信になりました」と打ち明けた。

続く北村からの「影響を受けた映画と僕の印象を教えて!」との質問の回答を指名された今村は「影響を受けた映画はポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』だけれど、撮影前に観たのはアニメ『君の名は。』。人が入れ替わるのが同じだから」と返答。また北村の印象については「芝居も上手いし、彼の芝居がなければ成立しなかった」と称賛し「それに彼とはサウナ仲間で、撮影中はほぼ毎日サウナに行っていました。いいやつです(笑)」と北村の素顔をチラ見せした。

葉山から「ECHOLLメンバーの第一印象は?」と聞かれた久保田は「初めてみなさんとお会いしたのが、本読みの時。女子一人だし“みんなコワー!”と思っていました(笑)」とぶっちゃけつつ「でもみなさんから話しかけてもらえたからこそ、去年の夏の撮影を乗り越えられました」と感謝した。

上杉からは先月20歳の誕生日を迎えた久保田にちなみ「10代でやり残したことは?」との質問が。今村は「10代の頃は映画もあまり観ていなかったので、もっと芸術系に触れておけばよかった。やり残したことしかない」と後悔の念。

萩原監督も「バンドをやっておけばよかったなと思う」とやり残しがある様子。一方、20歳になったばかりの久保田は「早く大人になりたい!と思っていたタイプだったので、やり残したことはありません」ときっぱり断言していた。

また清原からの「撮影で楽しかったエピソードは?」と回答を指名された久保田は「葉山さんの替え歌!」と即答。「ギターを持ちながら歌う替え歌が面白かった。動画を撮っていたけれど、それをここで皆さんに見せられないのがもどかしい!(笑)」と訴えていた。

最後に今村は「キャストみんなにとってのベストアクトになればと、魅力的に撮った映画です」と本作をアピール。久保田も「私がこの作品に出会えたのは奇跡であり、大切な作品です。もっと色々な人に届けていけたらと思うし、私自身も元気のない時に観たい作品なので、誰かの勇気になる作品になれば嬉しい」と期待。萩原監督は「自分にとって一生忘れることはないだろうと思えるくらい大切な作品になりました。スタッフ・キャストで一つの映画をポジティブに作れて、それが沢山の人に評価してもらえる。尊い経験になりました」と実感を込めていた。

映画情報どっとこむ ralph サヨナラまでの30分』 

公式サイト:
http//www.sayonara-30min.com

公式twitter:
@sayonara_30min

STORY
メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田、森そしてカナに再結成を迫る。
――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていくー。
『サヨナラまでの30分』本ポスター

***********************************

新田真剣佑 北村匠海
久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原 翔
牧瀬里穂 筒井道隆 / 松重豊
監督:萩原健太郎  脚本:大島里美  
エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、茨木政彦  企画・プロデュース:井手陽子 
音楽:Rayons 音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井 輝
制作・配給:アスミック・エース 
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

中村梅雀、津田寛治、田中美里ら登壇『山中静夫氏の尊厳死』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 川賞作家であり現役医師として活躍する南木佳士原作の同名小説の映画化で、中村梅雀、津田寛治がダブル主演をつとめる映画『山中静夫氏の尊厳死』は、2020年2月上旬より、シネスイッチ銀座をメイン館に全国順次ロードショーとなりました。

中村梅雀、津田寛治、田中美里、高間賢治(撮影監督)、村橋明郎(監督) 登壇でに初日舞台挨拶を行いました。
『山中静夫氏の尊厳死』初日舞台挨拶左から:高間、監督、中村、津田、田中
映画『山中静夫氏の尊厳死』初日舞台挨拶
日程:2月14日(金)
場所:シネスイッチ銀座
登壇:中村梅雀、津田寛治、田中美里、高間賢治(撮影監督)、村橋明郎(監督)

映画情報どっとこむ ralph ◆共演について

中村梅雀さん:

私と津田さんは、まともに共演するのは今回が初めて。私は患者役でしたが、辛い思いを医者役の津田さんに思い切りぶつけると、本当に、お医者さんのように優しく接してくれてリアルに癒されましたね。

津田さん:

梅雀さんとの共演はとても素晴らしかったですし、本当に病院にいる気分で撮影していました。梅雀さんとのシーンは本当にリアルでドキュメンタリーのよう。リアルでお芝居を忘れるくらいでした。リハーサルで梅雀さんが長いセリフを語るシーンでは涙が出てしまって、本番ではグッとこらえるのが大変でした。

◆2月14日の初日はバレンタインデー!ということで、映画に絡めた愛にまつわるエピソードについて

中村梅雀さん:

愛を捧げたいのはもちろん家族なのですが、長野の佐久での映画撮影中、隣の小諸市のなじみの宿にずっと泊まっていました。宿の料理長さんがカロリー少なめで健康的な、美味しいお弁当を毎朝4時に作ってくれて。この映画を観てもらいたかったけど、彼は末期ガンで完成前に亡くなってしまいました。その料理長に感謝と愛を捧げたいです。

津田さん:

ぼくも家族に感謝なのですが、撮影監督の高間さんとは昔から親しくして頂いていて。今回「かんちゃんの主演映画を撮れるなんて思ってもなかったよ!」と喜んでくれて、完成した映画を初めて観た後、高間さんがボロボロ泣いて抱きしめてくれたんです。僕も涙が止まらなかったです。大きな愛をくれた高間さんに感謝です。

田中美里さん:

今日来てくれたお客さんに感謝です。愛がたくさん詰まっている映画をバレンタインに選んでくれて正解です!

映画情報どっとこむ ralph 『山中静夫氏の尊厳死』

2月14日(金)より シネスイッチ銀座 ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
http://songenshi-movie.com/

わたしには、やっておきたいことが、あるのです。

浅間山を望む信州の地を舞台に、人が死んでいくこと、最期まで自分らしく生き抜くことの意味を、未来の希望と共に描く――。

ストーリー 「私は肺がんなのです」 山中静夫(中村梅雀)の告白に、医師の今井(津田寛治)は面食らう。余命わずかと診断された山中は、生まれ育った信州・浅間山を望む地で死にたいという。そして、自分の最期を迎えるために、妻(高畑淳子)にも内緒で自らの墓を故郷に造りはじめる。今井はその思いを遂げさせようと決意するが、これまで職業柄多くの死を見つめてきた彼は自らもうつ病を患ってしまう。患者と医師、そして彼らを支える家族がたどり着いた、それぞれの命の在り方とは……。 原作は、「ダイヤモンドダスト」で芥川賞を受賞し、寺尾聰主演で映画化もされた「阿弥陀堂だより」などで知られ、現役の医師でもある南木佳士(なぎ・けいし)の同名小説。主題歌は小椋佳が書き下ろした。人が限られた人生をどう生き、どう死ぬかを、未来の希望とともに描く感動の人間ドラマをつむぎ上げた。

***********************************

監督・脚本:村橋明郎
出演:中村梅雀、津田寛治、小澤雄太、天野浩成、中西良太、増子倭文江、大島蓉子、石丸謙二郎、大方斐紗子、田中美里、浅田美代子、高畑淳子
原作:南木佳士「山中静夫氏の尊厳死」(文春文庫刊)
主題歌:小椋佳「老いの願い」




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

007シリーズで最も若い18歳グラミー賞® 5冠 ビリー・アイリッシュ、主題歌公開!


映画情報どっとこむ ralph 全世界待望の「007」シリーズ25作目で、前作『007 スペクター』から実に5年ぶり最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、2020年4月10日(金)から全国公開されることが決定。
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

その主題歌が本日公開された。
ビリー・アイリッシュテーマ曲_007NTTD
歌うは年度グラミー賞® 5冠シンガービリー・アイリッシュ。
ボンド・シリーズの主題歌を手掛け歌うアーティストとしては史上最年少となる18歳。
その主題歌を現地時間2月18日(火)、ロンドンで開催されるイギリス最高峰の音楽の祭典「ブリット・アワード」で本作の音楽を手がけるハンス・ジマー、元ザ・スミスのギタリストであるジョニー・マーとともに初めてパフォーマンスすることが発表された。

◆楽曲の視聴はこちら:
https://umj.lnk.to/Billie_007

映画情報どっとこむ ralph 本楽曲は、複数のグラミー賞を受賞しているビリー・アイリッシュの兄、フィニアス、さらに音楽プロデューサーのスティーブン・リプソンとともに制作され、ハンス・ジマーとマット・ダンクリーがオーケストラ用に編曲を、さらにギターをジョニー・マーが担当した。

本作のプロデューサーを務めるマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリは、

「ビリーとフィニアスが『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のために、力強く感情に訴える、さらに本作のストーリーの心情を描いた楽曲を作詞作曲したことを発表できてワクワクしています。」

キャリー・ジョージ・フクナガ監督は

「ボンドの主題歌を手がけるアーティストは限られている。僕はビリーとフィニアスの大ファンです。創造に対する誠実さ、実力は誰にも負けていません。次世代に響く彼らの声は本作に新たなる発見をもたらしています。この楽曲を皆さんに披露できる日が待ち遠しいです。」

とコメントした。

ビリー・アイリッシュは

「この曲を手掛けるのはあらゆる点でクレイジーだった。この伝説的なシリーズの最新作の主題歌を手掛けるのは非常に光栄なこと。ジェームズ・ボンドは史上最高の映画シリーズよ。今でもショック状態」、

さらにフィニアスも「ボンド映画の楽曲を手掛けることは僕らの長年の夢でした。『007/ゴールドフィンガー』や『007/死ぬのは奴らだ』のようにこれほどまでに作品と音楽が融合しているシリーズはありません。この伝説的なシリーズで一役を担えたことをとても幸運に感じています。007、万歳!」

とコメントした。

ビリー・アイリッシュは、先月末に発表されたグラミー賞の主要4部門で最年少の受賞アーティストとして話題となったばかり。
兄、フィニアスも同賞を複数受賞した。先週の日曜日には第92回アカデミー賞の受賞式で「イエスタデイ」をパフォーマンスした。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、前作から引き続きジェームズ・ボンド役はダニエル・クレイグが務める。
製作陣からは「007」シリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。
監督は新たに日系人で、ドラマ『ビースト・オブ・ノー・ネーション』のキャリー・フクナガ監督。

さらに2019年に『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した実力派俳優ラミ・マレックが悪役として抜擢されたことが発表され大きな話題を呼んだ。

加えて、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ビリー・マグヌッセン、アナ・デ・アルマス、ロリー・キニア、デヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラ、ジェフリー・ライト、そしてレイフ・ファインズらシリーズ続投の出演者に加え、フレッシュな顔ぶれ含め豪華キャストが出演する。

シリーズから5年ぶりの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。

日本では来年4月10日(金)から全国公開。

映画情報どっとこむ ralph 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ 』

公式TWITTER:
@007movie_JP

007/ノー・タイム・トゥ・ダイs

あらすじ
ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。
しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう誘拐された科学者を救出するという任務は、想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす
最新の技術を保有する黒幕を追うことになるが――

***********************************

監督:キャリー・フクナガ
製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン
脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『AI 崩壊』監督の入江悠が「活弁シネマ倶楽部」日本での大作映画を撮ることについて語った


映画情報どっとこむ ralph 『22 年目の告白-私が殺人犯です-』を監督し大反響を呼び、最新作・大沢たかお主演『AI 崩壊』でも初登場 No.1 のヒットなど、日本映画界を引っ張る入江悠監督が、YouTube チャンネル「活弁シネマ倶楽部」に登場し、映画評論家の森直人と対談を実施した。

番組内で、人工知能学会にも入ったという入江監督は、「地球上で最速で超少子高齢化にな っていくモデルケースが日本」と語るなど、十分な考証を重ねて本作品への製作に至ったことを明かしている。 また、主人公を演じた大沢たかおに対する演出については「トム・クルーズみたいな超人になってはいけない。(普通の男性が)できないレベルのことはしないと決めていた。」と、SF 大作でありながら、リアリズムに拘って描いており、入江監督は観客が非日常に感じ過ぎな い、忠実な 2030 年の日本を見据えていたことがわかる。

また、MC の映画評論家・森直人から、日本において“大作映画”を撮ることについて聞かれると、以前『モリのいる場所』を監督した沖田修一に「もしも、 5億円あったらどうするか?」 と質問したときに、 「1000 万円ぐらいあればいい。後はいらないな」と答えられたというエピソードを披露。これに対して入江監督は、 「僕は、5 億円あったら、5 億円 MAX でつくれ るものをつくりたい。沖田さんの話を聞いたときに、僕の資質っていうのは、まだ子供時代 に観たハリウッドっぽいものに向かってるんだなと思いました」と自己分析をした。

『AI 崩壊』は、今からわずか 10 年後の未来を描いたサスペンス超大作。AI の普及によっ て豊かになったように思える日本。しかし一方では、AI に仕事を奪われた人たちによるデ モや、1 人 1 人の遺伝子情報や、収入、納税、趣味などから、人間の価値を数値化して判断 していくようになる。ついには、AI が生きる価値のある人間を選別し、それ以外の人々を 殺戮し始める。主演・大沢たかおが、AI〈のぞみ〉の生みの親で天才科学者を演じ、AI に よる殺戮の容疑者として逃亡劇を繰り広げる。他にも、賀来賢人 広瀬アリス、岩田剛典な どの豪華キャスト陣が、AI をテーマにしたサスペンスの中に、人間らしさやその本質を見 出す大作となっている。

『活弁シネマ倶楽部』では、現役で活躍中の監督のジャンル分けの話になると「隕石が落ちてきたら…みたいな映画を撮りたいかどうか。監督を2つに分けると(笑) 」と入江監督が話すなど、『AI 崩壊』についてだけでなく、入江悠監督のフィルモグラフィーに迫った映画 ファン必見の内容となっている。

活弁シネマ倶楽部公式ツイッター:
@katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph 『AI 崩壊』

http://wwws.warnerbros.co.jp/ai-houkai/
あらすじ
2030 年。人々の生活を支える医療 AI「のぞみ」の開発者である桐生浩介(大沢たかお)は、 その功績が認められ娘と共に久々に日本に帰国する。英雄のような扱いを受ける桐生だったが、突如のぞみが暴走を開始――人間の生きる価値を合理的に選別し、殺戮を始める。警 察庁の天才捜査官・桜庭(岩田剛典)は、AI を暴走させたテロリストを開発者である桐生 と断定。日本中に張り巡らされた AI 監視網で、逃亡者・桐生を追い詰める。桐生が開発し た AI を管理していたのは、桐生の亡き妻であり AI 共同開発者の望(松嶋菜々子)の弟、西 村(賀来賢人)。事件の鍵を握る西村も奔走する一方で、所轄のベテラン刑事・合田(三浦 友和)と捜査一課の新米刑事・奥瀬(広瀬アリス)は足を使った捜査で桐生に迫る。日本中 がパニックに陥る中、桐生の決死の逃亡の果てに待っているものとは?一体、なぜ AI は暴 走したのか?止まらない AI 社会の崩壊は、衝撃の結末へ――。

***********************************

出演:大沢たかお 賀来賢人 広瀬アリス / 岩田剛典 高嶋政宏 芦名星 玉城ティナ 余 貴美子 松嶋菜々子 / 三浦友和




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『酔うと化け物になる父がつらい』原作・菊池真理子の描き下ろし!イラストポスター&コメント解禁


映画情報どっとこむ ralph アルコールに溺れる父を持った作者・菊池真理子の実体験に基づくコミックエッセイを原作とした、『酔うと化け物になる父がつらい』が3月6日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。
酔うと化け物になる父がつらい

この度、原作の菊池真理子先生が映画のために描き下ろしたオリジナルポスターが完成。


映画の場面写真をイラストにし、キャストそれぞれが演じるキャラクターの表情を捉えた唯一無二のポスターに仕上がりました。また、描き下ろしポスターとともに菊池先生からの新着コメントも到着しました。

菊池真理子先生コメント
泥酔する親の元に育った人、今現在お酒が手放せない人、お酒には特に思いいれのない人、親との仲が良好な人、縁を切った人…。
もしかしたらこの映画は、見る人によって、少しずつ違う思いを抱かせるものかもしれません。けれど誰もが、自分が何をされてきたのか、自分が何をしているのかを、考えずにはいられない。私は主人公のサキちゃんを見て、自分の身に起こったことを、本当の意味で知りました。私と父の気持ちを、当人以上に主演のお二人が考えてくださったこと、この先忘れることはありません。

映画情報どっとこむ ralph 『酔うと化け物になる父がつらい』

本作で主人公・田所サキを演じるのは、TBS日曜劇場「この世界の片隅に」(18)で注目を浴びて以降、主演映画が立て続けに公開され目覚ましい活躍をみせる女優・松本穂香。自分の気持ちに蓋をするサキの感情の機微を、繊細な演技で体現しています。
酔うと“化け物”になるサキの父・田所トシフミを演じるのは、唯一無二の存在感で名バイプレーヤーとしても名高い演技派・渋川清彦。サキを苦しめる存在でありながらも、どこか憎みきれない雰囲気を感じさせます。さらに、ともさかりえ、今泉佑唯、恒松祐里、濱正悟、浜野謙太といった個性豊かな俳優陣が集結しました。

メガホンを執るのは、自身初の長編映画となった『ルームロンダリング』(18)で注目を浴び、第101回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞監督賞を受賞するなど話題を集めたドラマ24「きのう何食べた?」(19/TX)でも監督を務めた新鋭・片桐健滋。また、3人組お笑いユニット「ザ・プラン9」の久馬歩も共同で脚本を担当。「涙がとまらない」と圧倒的な反響を呼んだ原作の雰囲気を守りつつ、オリジナル要素を加え、つらい体験や哀しい出来事をコミカルに仕上げました。

【ストーリー】
うちの“常識”は、いつだってよその“非常識”。
日曜日、夏休み、クリスマス。思い出の父はいつも酔っていた。
普段は無口で小心者なのに、酔うと“化け物”になる父と、新興宗教にハマる母。一風変わった家庭で育った主人公のサキは、“化け物“のおかしな行動に悩まされ、徐々に自分の気持ちに蓋をして過ごすようになる。自分とは正反対で明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられ、家族の崩壊を漫画として笑い話に昇華しながらなんとか日々を生きるサキ。そんなある日、アルコールに溺れる父に病気が見つかってしまう-。知っているようで、何も知らなかった父のこと。サキが伝えたかった、本当の気持ちとは?

***********************************

松本穂香 渋川清彦
今泉佑唯 恒松祐里 濱 正悟
安藤玉恵 宇野祥平 森下能幸 星田英利 オダギリジョー
浜野謙太 ともさかりえ

原作:菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
監督:片桐健滋  脚本:久馬 歩 片桐健滋  音楽:Soma Genda 主題歌:GOOD ON THE REEL「背中合わせ」(lawl records)
制作:MBS よしもとクリエイティブ・エージェンシー 制作プロダクション:CREDEUS  配給:ファントム・フィルム 
製作:吉本興業 MBS ユニバーサル ミュージック 秋田書店 VAP ファントム・フィルム
©菊池真理子/秋田書店 ©2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

賛否を生んだ恋愛小説が禁断の映画化!『Red』宇垣美里、岩井俊二監督、田原総一朗他らコメント到着


映画情報どっとこむ ralph 賛否を生んだ恋愛小説が禁断の映画化!『Red』は、2月21日(金)いよいよ全国公開となる。

YOUが『Red』を語るコメント動画も解禁!

さらに、タレントのYOUからは本作オリジナルの動画コメントも到着!
本編で描かれた、塔子と鞍田の愛の軌跡について「なかなか切ないセックスってないので。すっごく良かったですね…!」といまだベールに包まれた、夏帆、妻夫木が挑んだ映画史上最高に儚く美しいラブシーンについても言及されている。

更に・・・
宇垣美里、横澤夏子、椿鬼奴、岩井俊二監督、田原総一朗らバラエティに富んだ豪華著名人から熱く、突き刺さる絶賛コメントが続々到着!

映画情報どっとこむ ralph 著名人コメント※順不同・敬称略

【YOU/タレント】
夏帆ちゃんの中に静かに滾る熱がたまらない。
モノクロの中に舞う朱と共に一途な熱を感じて欲しい。

【宇垣美里/フリーアナウンサー】
その道が間違いだと分かっていながら選んでしまうことが人生にはある。
正解だけ選んで生きていけたらどんなに楽だろう。
でも一度火のついた魂はもう引き返すことを許してくれない。
塔子の決断が私に問いかける
あなたは 自分の人生を生きているのか?と。

【加藤浩次/芸人】
一言で言うと‟問題作”。
人によってはハッピーエンドであり、バッドエンドでもある。
若い人にも、大人の人にもちゃんと観てほしい。

【岩井俊二/映画監督】
女の醜さや情念までを曝け出すような塔子と、片や鞍田の佇まいは淡雪のように美しい。夏帆と妻夫木聡、二人の表現力に終始魅了された。美しくも残酷な物語だ。

【山下敦弘/映画監督】
衝動だけで生きている二人ではない。
『Red』は、家族がそばにいても、ひとりぼっちのひとたちの恋愛映画だ。

【筒井ともみ/『失楽園』脚本家】
スノードームの中で愛という自由を探す女と男を見ているようで、キレイな映画だ。その透明なバリアを打ち破って生きるのは、観客のあなた自身。

【鈴木涼美/文章家・元AV女優】
幸福な言葉の中にいる女より、不幸に堕ちゆく女の方が自由に見えるのは何故か。人は昇ることしか許されないのか。幾つもの問いが奇妙に繋がった気がした。

【椿鬼奴/芸人】
恐竜が出てきたり魔法を使ったりしないけど、
あんなにヒリヒリする恋は、
馴染みの後輩と結婚した私にとっては憧れのファンタジーです。

【横澤夏子/芸人】
次から次へと引き込まれる色気に感情を振り回されました。
心に潜む何かが動き出す怖さを知りました。

【井上荒野/作家】
愛と欲望と意志に境界線はあるのだろうか。
いずれにしてもそれらは美しくておそろしい。
雪の上に落ちた血みたいに。

【桜木紫乃/作家】
惚れた男に行先を訊ねたことはなかった。男と女に「これでいい」はあるのか。三島有紀子の撮る美しい映像は常に、女の生き方を残酷に問うてくる。

【田原総一朗/ジャーナリスト】
これまで夫とも子供とも姑ともなんの問題もなく上手くやってきた女性が
「自分とは何か」と言うことに目覚めて新しい恋人との関係をジワジワと深めていく。
大人の男女の関係、愛と言うものを真正面から描いた映画で心がうずく。
こんなにも大真面目でリアリティのあるセックスシーンを見た事がない。

【今日マチ子/漫画家】
恵まれた日々から突如として燃え上がる想い。覆い隠すように包み込む雪景色。静かすぎる世界のなかで、雪崩はもう始まっている。

【狗飼恭子/作家・脚本家】
子供の頃、病院で聞かれる
「今の痛みは十段階のうちの幾つ?」という質問がとてもとても怖かった。わたしにとって9であるこの痛みは、人によっては1かもしれない。
わたしはとりわけ痛みに弱い人間かも知れない、そう思うと何も言えなくなった。「人はどれだけ惚れて死んでいけるかじゃないの」
そんな台詞を突き付けられ、主人公塔子の、
恋によって赤く染まる首筋を見せつけられて、「今までのわたしの恋は十段階評価で幾つだったのか」なんてことを考えずにはおられなかった。わたしが、そしてあなたが今まで経験したそれは本当に恋だったのか。『Red』を観終わったあと、その答えを、わたしたちは知ることになるだろう。

【中井圭/映画解説者】
夭逝した天才ジェフ・バックリィがカバーした「ハレルヤ」。
この曲が示唆する背徳と不穏の影を、画面に差し込む赤の光が抑えの効かない熱情で彩る。ふたりの愛の行く末を、音と色に託した三島有紀子監督の情動の海に溺れた。

【松崎健夫/映画評論家】
小説は視覚的要素を伴わない。
映像化された『Red』が“映画”たらしめる所以は、言葉を伴わない<視線>の映画であり、繊細な音響設計が心象風景を想起させる<音>の映画だからだ。
映像表現を文学的なアプローチで解体させた三島有紀子監督の演出、ここに極まり!
人よ、愛の御前では愚かであれ。

【あがた森魚/フォークシンガー】
こんなに、非常識で、反社会的で、不道徳で、エロティックかもしれない映画が、
映画自体が、必然の航程、道行きを知っていて、何の迷いもなく行くべきところを知っていて、ひたすらそこを目指して燃えて走っている。
だからなんのやましさもない。
純真純粋そのものである。
映画自体が恋愛の営みで震え続けている。

【洪相鉉/全州国際映画祭プログラミングアドバイザー】
三島有紀子、彼女を21世紀日本のジェーンㆍオースティンと呼びたい。
淡々としたタッチで人生の機微の深みをつかむ。

映画情報どっとこむ ralph 『Red』

公式HP:
redmovie.jp 

公式Twitter:
@red_movie2020

【ストーリー】
大雪の夜、車を走らせる男と女。
先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは。
夏帆と妻夫木聡『Red』

***********************************

出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗
片岡礼子、酒向 芳、山本郁子/浅野和之、余 貴美子
監督:三島有紀子 原作:島本理生『Red』(中公文庫) 脚本:池田千尋 三島有紀子
企画・製作幹事・配給:日活 制作プロダクション:オフィス・シロウズ 企画協力:フラミンゴ
©2020『Red』製作委員会  R15+




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

又吉直樹原作、監督:行定勲、山崎賢人x松岡茉優『劇場』本ポスター到着!


映画情報どっとこむ ralph 作家・又吉直樹が “恋愛がわからないからこそ、書きたかった”と語る「劇場」は、演劇の世界で夢を追う主人公・永田と、彼に恋をして必死に支えようとする沙希の、生涯忘れることができない恋を描いた恋愛小説。この度、映画化が決定、4月17日(金)より全国公開となる。

監督を務めるのは、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)『ナラタージュ』(17)等、時代ごとに新たな恋愛映画のマスターピースを贈り続けてきた行定勲監督。

主演を務めるのは、興行収入57億円を突破した『キングダム』の大ヒットの記憶も新しい、今最も輝く俳優、山﨑賢人。演劇に身も心も捧げながら、実生活では社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な青年・永田を、人生初のひげを生やした姿で、これまで見せたことのない表情で演じている。ヒロインを務めるのは、『万引き家族』(18)で世界に認められた若き実力派女優、松岡茉優。葛藤や迷いを抱えながらも、純粋に彼を愛そうとする健気な沙希を、儚くも愛しく演じている。
この度、本ポスター画像と追加キャスト情報が解禁となった‼

『劇場』ポスタービジュアル
この度解禁となった本ポスター画像では、山﨑と松岡それぞれの切ない表情と、2人の仲睦まじい様子を捉えた画像が配置されており、【夢を追う永田と彼を信じる沙希の、生涯忘れることができない恋】というコピーやタイトルロゴの後ろでクロスする赤と青のラインが、互いに想いあいながらもすれ違ってしまう2人の未来を暗示している様で、何とも言えない哀愁を感じさせる。

更に山﨑、松岡以外の豪華キャスト陣も一挙解禁!『下忍 赤い影』(2019)で主演を務めた寛 一 郎、「全裸監督」(2019)、「映像研には手を出すな!」(2020)など話題作への出演が続く伊藤沙莉、「あなたの番です」(2019)での刑事役で話題となった浅香航大、そして昨年紅白出場も果たした人気バンド「King Gnu」のボーカル井口理、他にも上川周作、大友律、三浦誠己など、若手、ベテラン、更には他ジャンルからも多才な顔ぶれが集結しました。

永田(山﨑賢人)
野原と2人で劇団「おろか」を立ち上げ、演劇の世界で成功を信じ演出と脚本を担う

沙希(松岡茉優)
女優になる夢を抱き上京、服飾の学校に通っている学生。永田の夢を公私ともに永田を支えていく

野原(寛 一 郎)
永田と中学時代からの友人で共に劇団「おろか」を立ち上げる

青山(伊藤沙莉)
劇団「おろか」の元団員。永田と仲たがいするものの、友人として彼を心配し続ける

小峰(井口理)
永田と同じ年にして、今注目の劇団「まだ死んでないよ」を主宰する

田所(浅香航大)
劇団「まだ死んでないよ」の団員。沙希のバイト先の居酒屋の仲間

映画情報どっとこむ ralph 切なくも魂を震わせる、誰もが胸に秘める忘れられない恋を描いた『劇場』。

【一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできなかったんだろう】と大きくコピーとして使われる永田のセリフが胸をうつ、観た者の心に永遠に残り続ける恋愛映画『劇場』。

4月17日(金)全国ロードショー

公式サイト:
https://gekijyo-movie.com

公式twitter:
@gekijyo_movie

【STORY】
夢を叶えることが、君を幸せにすることだと思ってた—
中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山﨑)。しかし、その劇団は上演ごとに酷評され、解散状態となっていた。 ある日、永田は街で、偶然、女優になる夢を抱き上京し、服飾の学校に通っている学生・沙希と出会う。常に演劇のことだけを考え、生きることがひどく不器用な永田を、沙希は「よく生きてこれたね」と笑い、いつしか二人は恋に落ちる。沙希は「一番安全な場所だよ」と自宅に永田を迎え一緒に暮らし始める。
沙希は永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる彼女に感じた事のない安らぎを覚えるが、理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していき―。
「一番 会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできなかったんだろう。」

***********************************

山﨑賢人 松岡茉優
寛 一 郎 伊藤沙莉  上川周作 大友 律  / 井口 理(King Gnu)  三浦誠己  浅香航大
原作:「劇場」又吉直樹 著(新潮文庫)
監督:行定勲 
脚本:蓬莱竜太  
音楽:曽我部恵一  
配給:松竹 アニプレックス
©2020「劇場」製作委員会  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報をお届け!!