中島みゆき『夜会VOL.18 -劇場版』の予告編解禁


中島みゆき 劇場版 第6弾 過去最多全46曲収録、6年ぶり新作書き下ろし
夜会VOL18橋の下のアルカディア
2016年2月20日より全国公開される中島みゆきの映画『夜会VOL.18 「橋の下のアルカディア」 -劇場版』の予告編が公開に先駆け解禁です。


2014年11月15日(土)~12月16日(火)東京・赤坂ACTシアターで開催され23公演3万人を動員した中島みゆき「夜会」最新作『夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」』が2016年2月20日(土)劇場版となり、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか、全国の映画館で上映決定です!

本作は2008年から2009年にかけて行われた『夜会VOL.15「~夜物語~元祖・今晩屋」』以来6年ぶりの書き下ろし作品となり、脚本・作詞・作曲・歌、そして主演の5役すべてを中島みゆきが務めています。台本と共に書き下ろされた劇のセリフとなり挿入歌となる「歌」は、すべて新曲書き下ろし「夜会」史上過去最多の46曲!中島みゆきを語る上で絶対に欠かすことのできない「夜会」を、映画館の大スクリーンで余すところなく堪能できる貴重な機会です。
夜会VOL18橋の下のアルカディア2
中島みゆき 夜会VOL.18 「橋の下のアルカディア」 -劇場版

2016年2月20日(土)より、新宿ピカデリー&丸の内ピカデリーほか、全国ロードショー!

≪上映劇場、前売券購入方法等詳細≫
お電話でのお問合せ:0570-000-407 ローソンチケット
※オペレーター対応:10:00~20:00自動音声は24時間
配給:ローソンHMVエンタテイメント
協力:株式会社ヤマハミュージックパブリッシング・株式会社ヤマハミュージックアーティスト

2016年2月20日(土)より 新宿ピカデリー&丸の内ピカデリーほか、全国ロードショー!

公式サイト:http://yakai-movie.jp

2014/日本/約113分/カラー/5.1ch/DCP
©2014 YAMAHA MUSIC PUBLISHING,INC.

夜会VOL18橋の下のアルカディア3
公開劇場 (2015年12月7日時点、74劇場にて公開予定)


2月20日(土)公開
関東・甲信越:
新宿ピカデリー/丸の内ピカデリー/MOVIX亀有/MOVIX昭島/109シネマズグランベリーモール/109 シネマズ二子玉川/MOVIX橋本/109シネマズ川崎/109シネマズ湘南/イオンシネマ海老名/ユナイテッド・シネマ浦和/MOVIX三郷/109シネマズ菖蒲/イオンシネマ大井/シネプレックス幕張/イオンシネマユーカリが丘/シネプレックスつくば/MOVIX宇都宮/ユナイテッド・シネマ前橋/ユナイテッド・シネマ新潟/長野松竹相生座・ロキシー

北海道・東北:
札幌シネマフロンティア/シネプレックス旭川/イオンシネマ北見/イオンシネマ釧路/シネマ太陽函館/盛岡ピカデリー/MOVIX 利府/ルミエール秋田

東海・北陸:
センチュリーシネマ/イオンシネマ名古屋茶屋/MOVIX三好/ユナイテッド・シネマ稲沢/MOVIX清水/大垣コロナシネマワールド/109シネマズ四日市/富山シアター大都会/イオンシネマ金沢

近畿:
なんばパークスシネマ/大阪ステーションシティシネマ/MOVIX八尾/MOVIX堺/109シネマズ箕面/109シネマズ大阪エキスポシティ/MOVIXあまがさき/MOVIX京都/ユナイテッド・シネマ大津/イオンシネマ近江八幡/イオンシネマ西大和/イオンシネマ和歌山

中国・四国:
109シネマズ広島/MOVIX倉敷/MOVIX日吉津/MOVIX周南/TOHOシネマズ高知

九州・沖縄:
ユナイテッド・シネマキャナルシティ13/109シネマズ佐賀/ユナイテッド・シネマ長崎/シネプレックス熊本/桜坂劇場

3月5日(土)公開
東海:
109シネマズ明和

3月19日(土)公開
関東・甲信越:
小田原コロナシネマワールド、シアターセントラルBe館
東北:
MOVIE ON やまがた/ポレポレいわき
東海・北陸:
ユナイテッド・シネマ豊橋18/半田コロナシネマワールド/福井コロナシネマワールド
中国・四国:
福山コロナシネマワールド/ufotable CINEMA/イオンシネマ宇多津
九州:
宮崎キネマ館/シネマ5/ガーデンズシネマ
********************************************************************



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ヤバいよ!ヤバいよ~!出川哲朗CMアフレコ『ザ・ウォーク』


NYのワールドトレードセンター間を直径2.2cmのワイヤーでつなぎ、高さ411mの道なき空間を<命綱なし>で歩いた男フィリップ・プティ。世界一“危険”で“ヤバい”男の実話を、ロバート・ゼメキス監督が映画史上に残る3D映像で描いた映画『ザ・ウォーク』の公開が2016年1月23日(土)に迫ってきました。

この度、芸能界でヤバいといえばこの人!
出川哲朗さんによるCM映像のナレーション公開収録イベントが行われました。
アフレコ中の出川さん2
『ザ・ウォーク』公開記念!
出川哲朗CMナレーション公開収録イベントレポート
実施日:12月7日(月) 
ゲスト:出川哲朗
場所:アバコクリエイティブスタジオ

“キング・オブ・ヤバい”芸人出川哲朗さんがスタジオに登場!

MC:今日はよろしくお願いいたします。
出川さんはたったいま映画『ザ・ウォーク』をご覧になったばかりなのですよね。
そのご感想を伺えますか?

出川さん:本当にどんな映画か知らないで観たんですけど、すごいエネルギーをもらいましたよ。元々フィリップ・プティは知ってたんですが、アドデダリン、アドレナリンが出まくりましたね!僕を熱くしてくれました。

※60秒予告を上映
MC:出川さん、映像はいかがでしたでしょうか?

出川さん:今のを観ただけでわかると思いますが、臨場感が半端ないんですよ!ワイヤーウォークの怖さがわかると思います。ぜひ映画館で観て欲しいです。DVDだと…いやそれじゃあDVDの売り上げに影響が…!すみません!語弊がありました!

MC:出川さんには少しでも臨場感を味わっていただきたく、今日はワールドトレードセンターの高さ411メートルには到底及びませんが、41.1センチの高さのお立ち台に上ってナレーションをお務めいただきます!

出川さん:あっ。ここでやるんですね。

※出川さん、箱を怪しそうに観察
お立ち台を怪しむ出川さん
出川さん:本当に怖いよ~だって誰も何にも教えてくれないんだもん!
こんな怪しげな箱、絶対ヤバいでしょうが!

※思い切って乗る出川さんだったが、特に仕掛けなし

出川さん:何にもないのかよ!赤っ恥!!なんかあるでしょ~ザリガニとか!これドッキリだったらダメなパターンだからね!

MC:さらにここで、ワイヤーウォーク気分を体感いただくため、バランス棒をご用意しました!

出川さん:これがプティにとっての命綱ですからね!完璧です!

MC:それでは、本番お願いいたします!

アフレコ中の出川さん1 出川さん(アフレコ1回目):いやだ、死にたくないよ!ヤバ…ヤバい人生なんてやだよ~!やだっ怖いっ!ひあああああ!ああ危ない危ない!命綱なしなんてダメだよ~怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い!勘弁してくださいよ~!ヤバいよヤバいよ~!

収録スタッフ:ありがとうございます。噛んだのでもう一回お願いします。

出川さん(アフレコ2回目):うわぁ、高いなあ。死にたくないよ~!ヤバいよヤバいよ勘弁してくださいよ!
いやだ!ふゅーふゅー…高すぎるよ~命綱なしってWhy?リアルに死にたくないんだって!ヤバいよ!

収録スタッフ:はい、結構です。ありがとうございます。

出川さん:いやダメでしょ!これ営業妨害ですよ!まあ70%くらいはできましたね。

MC:収録はいかがでしたか?

出川さん: 臨場感はちゃんと出せたと思います。今の所、出川哲朗の魅力を殺されてる感じです。怪しい箱があるのに何も起きないし…いやでもこれがリアルですよね。この映画、実話なんですよ。ノンフィクション。ミラクルな男のリアルですから。これでいいんです。

出川哲朗フォトセッション
フォトセッションでも全力!出川さん


最後に、

出川さん:ワイヤーウォークと同じく、映画館に一度足を踏み入れたら引き返せない…それくらいリアルにヤバい映画ですので、ぜひ観ていただきたいです!

と、スタジオに響かせ、会場を後にしました。


誰もが<100%未体験>。
なぜなら、この体験をした人間はフィリップ・プティ、世界でたった一人だけなのだから――

『ザ・ウォーク』

2016年1月23日(土)全国ロードショー
上映も決定!

公式サイト:http://www.thewalk-movie.jp/


********************************************************************

原題:The Walk
原作:「TO REACH THE CLOUDS」 by フィリップ・プティ
監督:ロバート・ゼメキス
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、
シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デールほか
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」場面写真到着


「十二国記」シリーズ『屍鬼』小野不由美×『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』中村義洋監督 映画化!

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―

誰が、なぜ、事件を引き起こしたのか。聞いてしまった奇妙な「音」は、連鎖する不可思議な事件への招待状だった―。

すべての事件をつなぐ【穢れ】の正体とは?

予定調和を許さない驚愕のラストまで、目が離せない。ここに、いまだかつて見たことのない 、戦慄のリアルミステリーが誕生です。

残穢ポスター
今回場面写真が追加到着!いったいどのようなシーンなのか?
気になります。

残穢6 残穢8 残穢9 残穢10
彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、やがて、さらなる事件に巻き込まれていく――。

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―

2016年1月30日(土)全国公開

公式サイト:http://zang-e.jp/


********************************************************************

原作:小野不由美 『残穢』(新潮社刊) 
第26回山本周五郎賞受賞、2015年7月29日文庫化予定
監督:中村義洋
脚本:鈴木謙一
出演:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ほか

配給:松竹
(c)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
   


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『スティーブ・ジョブズ』主演マイケル・ファスベンダーが主演男優賞


スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ『スティーブ・ジョブズ』が2016年2月12日(金)より公開となります。

この度、12月6日(現地時間)に発表されたロサンゼルス映画批評家協会賞にて、本作の主演マイケル・ファスベンダーが主演男優賞を受賞しました!!

スティーブジョブズ
スティーブジョブズ_ポスターアカデミー賞の前哨戦として注目の高いロサンゼルス映画批評家協会賞。

この度、本映画賞にてマイケル・ファスベンダーが見事、主演男優賞を受賞いたしました!

さらに、ニューヨーク・オンライン映画批評家協会賞ではトップ10作品を受賞と、今後のゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞のノミネーションに弾みがつく結果となりました!

公式サイト:http://stevejobsmovie.jp

********************************************************************

原題:Steve Jobs
監督:ダニー・ボイル
脚本:アーロン・ソーキン
出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ 他

2015年/アメリカ/東宝東和配給
(C)Universal Pictures


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

マイケル・シャノンがロサンゼルス映画批評家協会賞助演男優賞


2016年1月30日(土)公開の社会派サスペンス『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』。

12月6日(現地時間)に発表された第41回ロサンゼルス映画批評家協会賞で、本作に出演するマイケル・シャノンが助演男優賞を受賞いたしました!
ドリーム-ホームs4 年末恒例となったアメリカの映画賞レースは序盤戦が繰り広げられる中、シャノンはすでに3つの男優賞にラインナップ。今後のゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞でのノミネートを期待させます。

今回受賞のマイケル・シャノンが本作で演じるのは、リーマン・ショック後に荒稼ぎしてきた新興の不動産王のリック・カーバー。デニス(アンドリュー・ガーフィールド)たち家族が住む家をある方法で差し押さえに持ち込み、たった2分の猶予で強制退去させる冷徹極まりない男だ。そして、家族を守り、想い出のつまった家を取り戻したい一心で職探しに奔走するデニスを雇い、借金を抱えた庶民をさらなる苦境に追い込んでいくふたりの共謀関係が始まるのだ。当初は殺したいほど憎いと思っていたデニスもカリスマ性溢れるカーバーにどこか惹かれ、危うい一線を超えていくことに。
ドリーム-ホーム
シャノンは、“金”や“欲”にまみれた優れたドラマには欠かせない魅惑的な悪役を迫力たっぷりに演じきり、デニスのみならず観る者を魅了していきます。

<家(ホーム)> それは家族の絆 還る場所 そして儚い夢―
ドリーム-ホーム_ポスター.jpg
無職のシングルファザー、デニス・ナッシュ(アンドリュー・ガーフィールド)は、ある日突然、長年暮らしてきた家から強制退去させられる。たった2分間の猶予しか与えられず―。家族の思い出が詰まった家を何としてでも取り戻そうとするナッシュは、自分たちを追い出した不動産ブローカー、リック・カーバー(マイケル・シャノン)に金で釣られ、彼の儲け話に手を染めていく。

それは法の穴を抜け、銀行や政府、そしてかつての自分と同じ境遇の人々を巧みに操り、家を差し押さえて大儲けするというビジネスだった。母親と息子に真実を言えないまま、人々を破綻させ大金を稼いでいくナッシュ。それによってやがて自らも大きな代償を払うことに気づくのだが・・・。

ドリーム ホーム 99%を操る男たち

2016年1月30日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。

公式サイト:http://dreamhome99-movie.com/
公式Twitter:@dreamhome_movie

********************************************************************

監督:ラミン・バーラニ
脚本:ラミン・バーラニ、アミール・ナデリ『CUT』
出演:アンドリュー・ガーフィールド『アメイジング・スパイダーマン』/マイケル・シャノン『マン・オブ・スティール』、ローラ・ダーン『わたしに会うまでの1600キロ』
2014年/アメリカ/英語/112分/5.1ch/シネスコ
原題:99Homes/日本語字幕:アンゼたかし
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム 
©2014 99 Homes Productions LLC All Rights Reserved


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ