「注目」カテゴリーアーカイブ

桜井ユキ、高橋一生ら登壇!満島真之介がド派手な司会で!『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』初日


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEARUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』の初日舞台挨拶を10月21日(土)に新宿武蔵野館にて行われました。

舞台挨拶には、主演 桜井ユキはじめ、佐々木一平、阿部純子、高橋一生、二宮健監督が登壇!
そして満島真之介が劇中のチャーリーになり切り、バニーガールの衣装のジャスミン、円谷優希とともに登場しまし、司会にハイテンションで励みました!

初日舞台挨拶スケジュール
日 程:10月21日(土)
場 所:新宿武蔵野館
登壇:桜井ユキ、佐々木一平、阿部純子、満島真之介、高橋一生、二宮健監督/ジャスミン、円谷優希

映画情報どっとこむ ralph 観客席はもちろん満員ですが、映画館ロビー、さらにエレベーターホールまで女性でいっぱいの新宿武蔵野館。凄い熱気の中で初日舞台挨拶がスタート。

真っ赤な衣装でバニーガールを引き連れて現れた満島さんは劇中のチャーリーになり切り!
チャーリー:みんな元気!チャーリーファニータイム!雨でも心は晴れてます!過激な質問飛んじゃうかもしれないよ!桜井さん、初主演の舞台挨拶どう!?

桜井さん:初日の気持ち、今日を迎えられてうれしいです!

チャーリー:一平さん役作りはどうしたの?
佐々木さん:OKチャーリー!僕の回りは良い人しかいないので、役作り?妄想です。

チャーリー:阿部ちゃんはオーディションどうだった!?

阿部さん:OKチャーリー:この役オーディションで勝ち取った役。オーディションは緊張しましたが、周りを気にせず自分に集中して受けました!

チャーリー:高橋一生さん人気者!

高橋さん:1年前に撮影して、こうしてこの舞台に立ててるのが嬉しいです。

なんと・・高橋さん秋は3年先までスケジュールいっぱいだそう。

チャーリー:商業映画初ですが!

二宮監督:OKチャーリー凄い幸せです。

寒暖差ありすぎてヒートショックになりそうな舞台挨拶(笑)!

映画情報どっとこむ ralph チャーリーこの作品は監督の妄想!みんな妄想していることを教えて!

佐々木さん:OKチャーリー。自分が死んで2-3日たって、どうなってるのか?気づかれてるのか妄想します。

阿部さん:高橋さんになって、女性をメロメロにしたい!そしてananの表紙を飾りたいです!

高橋さん:僕の妄想は・・・二宮健監督でまた作品を一緒にやりたい!映画やりたいです

チャーリー:あざとーい!

桜井さん:主演でなくても良いので、監督と映画撮りたいです!

監督:妄想が仕事。今日見てもらった映画が僕の妄想です!

チャーリー:ぼくは高橋一生さんとデートしたい!それではチャーリーファニータイム!


ここからチャーリーから満島さんに・・・でも、ハイテンション!

満島さん:この映画ハロウィンでチャーリーの括弧する奴いないかなと思っていたんですけど僕がやっちゃいました!

映画情報どっとこむ ralph 桜井さん:初日に主演と言う立ち位置で立たせていただいて嬉しいです。本が素晴らしくて、胸に響いてほれ込んで演じました。

佐々木さん:作品自体は現実と妄想を行ったり来たりする、入ってこなかった部分は監督や美術で助けられました。

阿部さん:私の中江新しいことに挑戦出来た作品でした。実験的でワクワクしました。撮影は監督がいつも楽しそうで素晴らしかったです。

満島さん:丁度メキシコにいた時にオファーをもらいまして。メキシコなイメージで演じました。監督の違う妄想世界で皆と紡ぎたいです。

高橋さん:朝から監督の頭の中を観に・・・ありがとうございます。僕らもスタッフも監督の頭の中が大好きです。こういうサイズの劇場で観ていただけるのは素晴らしい経験となりました。
監督:この作品に込めたのは、変わること。運を待ってると時がたってしまいます。妄想やイマジネーションで乗り越えてもらえたらと作りました。皆さんお心に届けばうれしいです!

そういえば・・・
監督から本作を観るのにヒントが来てました。

【監督からの5つのヒント】
1.あなたが見ているアキの髪の色は、何色?その色が彼女は「今」、どこにいるのかを
  教えてくれるかもしれません。

2.映画が始まってすぐの屋上のシーンでの会話を聞き逃さないでください。
  この映画をつかさどる重要な秘密に触れている部分があります。

3.「ハムレット」の有名な台詞「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」。
  この映画におけるオフィーリアとは?

4.「夢が叶うことを拠り所にしてきても、叶った後は持続させなくてはいけない。
  でも、それって夢がないよね」

5.あなたにとって当たり前の存在が、他の人にとってはそうでないこともある。
  アキにとってそれは、誰と誰・・・・・。

物語・・・
小さなサーカス団でマジシャンの助手をしているオリアアキ(桜井ユキ)、29歳。
女優を夢見て上京してから10年。サーカスに入団した頃は若く美しかったアキも、30歳を目前に、生きる目標すら見失いモラトリアムな日々を繰り返していた。アキはステージの上で、マジシャンの催眠術にかかるふりをする。体を浮かされ、剣に刺され、催眠状態を演じているうちに妄想と現実の境界が揺れる。
自分が生きてきた人生の軌跡。過去の疑問と屈折が彼女の中を駆け巡る。やがてアキの精神状態は、現実と妄想の2つの世界を行き来するうち、徐々に摩耗していくのだった。そして2つの世界の境界が壊れようとしたとき、アキの人生再生がはじまる・・・?!

***********************************

出演:桜井 ユキ
古畑 新之、佐々木一平、新川 將人
成田 凌、山谷 初男、満島真之介
高橋 一生
原案・脚本・監督:二宮 健
製作:キングレコード 製作プロダクション:ステューディオスリー
配給:アーク・フィルムズ
カラー/ビスタ/5.1ch/89分
(c)2017 KingRecords


山本耕史も胸キュン!『パーティで女の子に話しかけるには』ミッチェル監督来日!


映画情報どっとこむ ralph 待望のジョン・キャメロン・ミッチェル最新作『パーティで女の子に話しかけるには』が、12月1日(金)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開となります。これ、なんと!映画が製作されたイギリス・アメリカに先駆けて日本が世界初公開なんです。

ミッチェル監督は、オリジナルキャストで日本初上演となる『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』舞台への出演と、本作のプロモーションのため、9年ぶりに来日。10月19日、ミッチェル監督が登壇しての、世界で初となるプレミア上映が行われました!また、ミッチェル監督の長年の友人である実力派俳優・山本耕史さんがゲストとして駆けつけました!

山本さんは、2007年、2008年、2009年の3度に渡り同舞台でヘドウィグを演じ、ミッチェル監督とは2008年のジョイントライブでも共演しています。

『パーティで女の子に話しかけるには』ジャパンプレミアイベント
日時:10月19日(木)
場所:新宿ピカデリー
登壇:ジョン・キャメロン・ミッチェル監督、山本耕史

映画情報どっとこむ ralph 鳴りやまない拍手の中、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督が登場!

ミッチェル監督:15年ぶりに日本の映画館に戻ってこられてうれしいです。(『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』劇場公開時のメイン館である)シネマライズがもうなくなってしまったのは残念ですが、この映画は日本の観客の心に残るものになることを願っていますし、そうなる予感がしています。なぜならこの映画は初恋についての映画だからです。パンク少年とエイリアンによるものだけどね(笑)

との挨拶からイベントはスタート。

本作は、日本でも「コララインとボタンの魔女」などで有名なニール・ゲイマンの短編が元。本作を手掛けることになった経緯について、

ミッチェル監督:もともとは気心の知れているプロデューサーが開発していた企画ですが、何年もかけて僕のことを口説いて引っ張りこんでくれたんです。原作ではワンシーンしか描かれていなかった物語を、時間をかけて膨らませて、より豊かな世界に広げていきました。

と説明。遠い惑星からやってきた女の子ザンを演じたエル・ファニングについて、

ミッチェル監督:一緒に仕事をしてきた中で、今までで一番楽しいと思わせてくれた女優です。スターであると同時に女優であるというのは難しいことだと思うのですが、彼女はその両方を兼ね備えていて、この映画は彼女にとってそれを両立させた初めての作品ではないかと思います。

と彼女を称える。

映画情報どっとこむ ralph また、ニコール・キッドマンが、パンクのゴッドマザー的存在であるボディシーア役として出演。それについて、

ミッチェル監督:今回は、いつも彼女が演じるような役とは全く違う、汚れた役をやってもらいました。実は、あるシーンの撮影中、パンク少年が彼女の顔につばを吐き続けたり、ギターの角が頭に当たってしまうような場面があって、僕はそれを見て、これこそ“パンク”だなと思いました(笑) 彼女は、“ジョン、こんな目に遭って全然居心地いい現場じゃないけど、サイコーよ!”と言ってくれたんです。

と、エピソードを明かしてくれました。

さらに、
ミッチェル監督:この映画を観て皆さんにも感じてもらえると思いますが、僕はいつかニコールとエルは母娘の役を演じるべきだと思っています。

とふたりに対して監督自身が抱く期待も明かしてくれた。

これまでの作品の中でも“音楽”が重要なカギを握ってきたミッチェル監督が、今回パンクを選んだことについて、

ミッチェル監督:今の若い人たちは、親から手渡されたこの世界をどこか奇妙で怖いものであると感じているんじゃないかと思います。反対に、上の世代の人たちは色んなことに対して怒りを持っているけど、それがどこか偏ったものになってしまっている。だからこそ若い人たちには新しい形でのパンク・スピリットを持ってほしいんです。なぜならパンクが持つ反抗心とは、抑圧するものや様々なことに問いかけをすること、自分とは違う多様なものを受け入れていくこと…そんな、すごく健康的なものだから。すべてを綺麗なものに変えてしまうような怒りの力で、愛を探していってほしい。この映画は、そんなクリエイティブなパンク・スピリットを思い出させてくれるものになっています。

とパンクへの持論と熱い想いを語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、ゲストとして山本耕史さんが登場!
山本さんは久しぶりの再会となるミッチェル監督への印象について、

山本さん:最初に会ったときから優しい人で、今日はジョンの友達ということで呼んでいただきました。

と挨拶。

2008年には舞台で共演を果たしているふたりだが、山本さんは、今改めてヘドウィグという役どころについて、

山本さん:いで立ち含めてジョンの演じたヘドウィグになるべく近づけようと思いながらやっていました。いろんな方が演じている作品だけど、僕は常にジョンのヘドウィグを意識していたから、彼には勝手に同志のような気持ちを抱いています。ヘドウィグを演じたすべての人が兄弟であり姉妹なんです。役者人生の中で最も大変な役柄でもあるから、これを演じ切ることができればどんな役も恐れることはないと思います。

と語る。いち早く『パーティで女の子に話しかけるには』を鑑賞した山本さんは、映画について、

山本さん:ジョンらしい、すごく素敵なパッションを受け取りました。青春時代を思い出して懐かしいというのもあるし、僕はファンタジーが好きなんですが、ジョンがここまで直接的にファンタジーを描いたのはこれが初めてになります。彼の心の中にあるファンタジーが、はっきりとした表現やアートになって、彼の子供のような存在としてわかりやすく前面に出てきたように感じました。そのことに僕はキュンとしてしまったんです(笑) もちろん音楽も素晴らしいですよ。

と見どころを語ってくれた。

そして、

山本さん:ジョン、この映画に出てたよね・・・?

質問する山本さん。実は映画の序盤のとあるシーンで少しだけ出演もしているんです!流石お友達です。

映画情報どっとこむ ralph ふたりは絶妙な掛け合いを見せるのみならず、「ヘドウィグ・アングリーインチ」劇中曲のひとつである名曲「The Origin Of Love」をふたりで即興で歌い上げ、会場は改めて大興奮に包まれました。
また、客席には、先日大成功に終わったばかりの、ミッチェル版ヘドウィグが日本初降臨した際に、スペシャルショーでミッチェルと共演した中村 中さんも駆け付け、それを見つけた

ミッチェル監督:もうひとりのヘドウィグです!

と観客に紹介。割れんばかりの大きな拍手が送られた。
監督は、自身のInstagram用に観客にカメラを向けたり衣装の着こなしについて質問したり、短い時間ながら観客とのコミュニケーションを目いっぱい楽しんでいた。


パーティで女の子に話しかけるには

公式サイト:
gaga.ne.jp/girlsatparties


物語・・・ 
パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

***********************************

監督・脚本:ジョン・キャメロン・ミッチェル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
原作:ニール・ゲイマン「パーティで女の子に話しかけるには」
衣装:サンディ・パウエル『キャロル』、『ベルベット・ゴールドマイン』
出演:エル・ファニング 『20センチュリー・ウーマン』、アレックス・シャープ「夜中に犬に起こった奇妙な事件」
ニコール・キッドマン『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
配給:ギャガ   
© COLONY FILMS LIMITED 2016


『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』ポスタービジュアル&追加ゲストキャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、仮面ライダーシリーズ 45 周年の記念作として昨年公開され、大ヒットを記録した『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』が、 『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』と題し、12月9日(土)再びスクリーンに 登場します!!

先日、本作にレジェンドライダーとして出演するゲストキャストが解禁となり、すごい反響を巻き起こしました!

そんな話題作でもある本作品のポスタービジュアルが、変身前のキャストと変身後のヒーローの姿が見事にリンクした 2 つのビジュアルが完成!

仮面ライダービルド/桐生戦兎役の犬飼貴丈、仮面ライダーエグゼイド/宝生永夢役の飯島 寛騎を中心に、仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役の西銘駿、仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰役の佐野岳、仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗役の福士蒼汰(ふくしそうた)、仮面ライダーオーズ/火 野映司役の渡部秀とその相棒、アンク役の三浦涼介が一列に並び、闊歩する迫力のあるビジュア ルに仕上がりました!
彼等が佇むビジュアルの背景には上下に2つの世界が広がっており、ビルドとエグゼイドをはじめ、レジェンドライダーがどんな世界で戦いを繰り広げるのか・・・。
7人の戦士達は一体どこに向かって歩んでいるのか・・・。

映画情報どっとこむ ralph 更に、今作にゲスト出演する追加キャストが決定しました!
人類消滅計画を企む凶悪な科学者、最上魁星であり、史上最凶の敵であるカイザー役に大槻ケンヂが決定!
ミュージシャンとして精力的に活動する一方、小説を執筆するなどマルチな活躍を見せて いる大槻が、11年ぶりに映画出演!凶悪な科学者であり、真の姿は強敵・カイザーという難役をどう演じたのか要注目です!

更に!更に!『仮面ライダーフォーゼ』より、天ノ川学園高校一の情報ツウで、仮面ライダー部のOBでもあるJK役に土屋シオン、元仮面ライダー部の顧問、大杉忠太役で田中卓志が復活!
2012 年の MOVIE 大戦以来、5年ぶりの登場を 果たします。彼らは今どこで何をして、弦太朗とどんなやりとりを見せるのか・・・ファンならずとも感動のシーンが繰り広げられます!

『仮面ライダーゴースト』からは、大天空寺の元住職代理で御成役の柳喬之が登場!
今回の御成はなんとアフロ!?
住職を追われた御成のコミカルな姿は爆笑必至です! レジェンドライダーに続き、懐かしの面々が登場することが決定した本作品!平成仮面ライダーシリーズの集大成に乞うご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー

12 月 9 日(土) ROADSHOW

公式サイト:
http://www.movie-taisen.com/

(最左列)仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗役 福士蒼汰
(左2列目)仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役 西銘駿
(中央列)仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰役 佐野岳
(右2列目)仮面ライダーオーズ/火野映司役 渡部秀 (最右列)アンク役 三浦涼介



***********************************

福士 蒼汰、佐野 岳、渡部 秀、三浦 涼介、西銘 駿
大槻ケンヂ
土屋シオ ン、田中卓志、柳喬之
(C)「ビルド&エグゼイド」製作委員会
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


行定監督の手紙に有村架純・・涙。松本潤は後悔!『ナラタージュ』


映画情報どっとこむ ralph 高校教師と生徒という立場で出会った葉山(松本潤)と泉(有村架純)。
そんな2人が時を経て運命的再会を果たし、一生に一度の許されぬ恋に身を焦がしていく…。

嵐の松本潤主演で映画化した『ナラタージュ』その大ヒットを受け主演の松本潤さん、有村架純さん、そして行定勲監督が登壇する登壇の大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。

『ナラタージュ』大ヒット御礼舞台挨拶
日付:10月16日(月)
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:松本潤、有村架純、行定勲監督

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中登場した松本潤さん、有村架純さん、行定勲監督。
それぞれのご挨拶の後、本作の公開後の反響に対して

松本さん:久しぶりな知り合いから長い感想をいただいたり、平日の昼間に見てくれた友人からは、たくさんの人が劇場に入っていることを教えてもらいました。この映画をきっかけにコミュニケーションが取れました。

と大ヒットを実感したご様子。釜山国際映画祭の公式上映に参加した有村さんと監督は今日帰国されたようでその感想を
有村さん:監督や作品をリスペクトされている方が多く、Q&A、質疑応答はものすごい数の人たちが手を上げてくれました。しかも2歩、3歩踏み入った質問をしてくれて、とても楽しかったです。

と話す有村さん。これを受けて、

監督:彼らは、最近無くなった本格的なラブストーリーダと言うんですね。傷つけたり悲しいことを乗り越えたり。こういうものを観たかったと言われて。生々しいこの作品を映画館で観て、肯定、否定。韓国でも日本でも伝わったなと思います。

映画情報どっとこむ ralph 本作を通じて得たもの

松本さん:自分の表現の幅が広がりました。これまでの自分がやっていた方向とは違う、そぎ落とす方向でやらせてもらっいました。また呼んでいただきたいですね。
有村さん:映画の面白さを改めて感じた作品です。葛藤しながら作品を作る楽しさを改めて感じました。色々な出会いや発見をくれた作品。撮影から今日まで、充実した時間でした。

と大変だった作品から得たものに感謝するお二人。

12年の構想を経て本作を完成させた行定監督は

行定監督:大ヒットで首が繋がった。これが当たらなかったら路線を変えようと思いました。ジェットコースタームービーみたいなね(笑)。でも、この人間関係のあいまいさのようなものを描きたいんです。わかり易くしなくてもいい。それこそ映画だからできること。こうやって多くの皆さんに見ていただけたということで、またこういった作品をやれる猶予期間が延びました。

と、嬉しそうな監督。

映画情報どっとこむ ralph この日は松本さん、有村さんには内緒で行定監督が感謝の手紙を執筆し、MCが代読。

松本さんには、『君が参加してくれたからこそ1本の映画が救われた』『不器用でその分誰よりも努力してここにいる人』『繊細な君とはもっともっと自由に旅してみたい。次はどんな冒険をしようか?その日を楽しみにしている』

などの言葉が贈られた。

そして、

有村さんに対して『精神的にもきつく不安があったはず。覚悟しなければいけないこともあったと思うが、泣き言も悩みも打ち明けず、ひたすら役と向き合った。その苦悩する姿こそ女優の最も美しい姿。あなたほど寡黙で芯の強い女優を私は知らない。これからもかたくなに演じることに拘り続けてほしい。そして日本映画史に残る女優になって。あなたなら必ずできる』

との言葉が贈られた。これに有村さんは号泣。その横でハンカチがないことを悔やむ松本さん。それでも記者対し「撮らないであげて」と優しい松本さん。

有村さん:このようにお手紙をいただいて……今までやってきて良かったなと思いました。

松本さん:この手紙をいただけたことが一番の宝物。監督、スタッフの皆さん、このタイミングで架純ちゃんとこのようなラブストーリーができたことに感謝です。

と感無量の様子でした。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー
壊れるくらい、あなたが好きでした。

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる――。

***********************************


松本 潤 有村架純
坂口健太郎 大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地/市川実日子 瀬戸康史

監督:行定勲
原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊)
脚本:堀泉杏 音楽:めいなCo.
主題歌:「ナラタージュ」 adieu(ソニー・ミュージックレコーズ) / 作詞・作曲:野田洋次郎

配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会


森川・北村・佐藤・浅川 政府が決める「恋」通知を肯定!『恋と嘘』登壇初日


映画情報どっとこむ ralph マンガアプリ「マンガボックス」で連載を開始した途端に人気No.1大ヒットを記録し、2年半にわたりその地位を不動のものとしている大人気マンガ「恋と嘘」アナザーストーリーとして待望の実写映画化。

この度、10月14日(土)の公開初日に、森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子の豪華キャストと主題歌を担当した阪本奨悟さん、そして古澤健監督が登壇して舞台挨拶を行いました。

映画『恋と嘘』公開初日舞台挨拶
日程:10 月14 日(土)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子、阪本奨悟、古澤健監督

映画情報どっとこむ ralph 森川さん:今日第1回目の上映を観ていただいてありがとうございます。

古澤監督:本日は沢山の方にお集まりいただきありがとうございます。これで、僕らの手を離れて独り歩きしていきますが、皆さんの温かい笑顔を観ると祝福していただいたという思いでいっぱいです。

と、感激の監督他、登壇者の挨拶から舞台挨拶がスタート。

撮影現場や思い出に残るシーンを聞かれ、

北村さん:現場の空気感を創っていたのが寛太で助かりました。僕ら二人も役に溶け込みやすかったです。和気藹々でした。

佐藤さん:葵ちゃんと二人の水族館のシーン、何しろキラキラしたシーンが多かったので。それから3人のシーンは印象的でしたし。ぶるぶる5時間待って「丹坂葵だな」って一言いうシーンも思い出深いです。

と、語り、一方女性陣は

森川さん:浅川さんと田辺さんは前からお知り合いで、そこに参加させていただいた感じでした。

浅川さん:葵ちゃんがフレンドリーで嬉しかったです。

田辺さん:浅川が葵ちゃんに指輪を見せるシーンは、凄い!キラキラしていて。個人的にはドキドキしましたし、ちょっと寂しかったです!

というお友達の田辺さんの振りに

浅川さん:初めて左手の薬指に指輪をはめたので、ずっとニヤニヤして口角上がりっぱなしでした。ちょっと自慢しちゃいました!

と、明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 作品は2037年の近未来。理想のパートナーを政府が決める、恋愛禁止の世界。ある日、私たちは「恋」を通知される恋愛禁止の世界の演出は・・・

監督:近未来や政府通知と言う特殊な設定ですが、そこの面白さが原作にはあってリアルなんですね。ですから映画版に関しては、設定に甘えずに生身で演じる、どうすればリアルな感情が出るのかを話し合いながら、台本通りでなく演出しました。


森川さん:監督はお芝居の近くでみてくれていて、違うなと言うときは直ぐに言ってくれるので、はっきり言ってくれるんで、安心して任せました。
北村さん&佐藤さん:そうですね。

北村さん:監督は生で見てくれる。撮影現場ではリアルに監督からのレスポンスが速かったのでいろんな発見がありました。でも映画を観るとファンタジーになっていて新鮮でした。

佐藤さん:映画観ると近未来チック。住宅も全部統一されていて、そういう世界観にも助けられました。

映画情報どっとこむ ralph 本当に政府通知があったら!と問うと
賛成派:森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈
反対派:田辺桃子、阪本奨悟、古澤健監督

森川さん:知れば知るほどいいなと。16歳で世間を知りきってないときなら受け入れられるかなと。最良のパートナー政府通知。リアルに最良のパートナーと出会えるのってかなり低いと思うんですよ!

と、だいぶネガティブ。

浅川さん:有。夢あるなと。政府通知ないと結婚できなさそうなので。人生安牌やなと。

北村さん:素敵な制度。映画の中でも悪いものとして描かれているわけではないんです。政府が平等に幸せになれるように与えてくれてるので。

佐藤さん:最良の相手。一回会ってみたい。

と言う無し派は、

監督:近未来の設定じゃなくて、リアルですよね。僕は45のおっさんなんで。間違えるチャンスも良かったなと思うので。

と、さすが大人な監督。

田辺さん:教えてもらうのは良いのですが、16歳と言う曖昧な時に・・・これからの将来が決まるのは楽だと思うんです。が、自分で出会いたいです。

阪本さん:完全否定はできないですが、物事自分で決めたいので。

と、反対派の阪本さんは今回主題歌と挿入歌を担当しています。
阪本さん:福山さんの「ハロー」は、僕が1歳の頃にリリースされていた曲なんです。僕の色でどう届けられるか試行錯誤しました。書き下ろしの方は台本を読んで自分の青春時代を重ねて表現しました。
森川さん:この映画は青春ラブストーリーですが、恋愛禁止。ラストは衝撃的です。阪本さんのエンディングを聞き終わってからのシーンを観て頂いて、感想を思い浮かべてもらって映画が完成します。映画を完成させてください!

映画情報どっとこむ ralph 映画『恋と嘘』

公式サイト:koiuso.jp 
公式Twitter:koiuso_jp

物語・・・
いつもそばにいる“最高”の幼なじみと、政府が教えてくれた“最良”の結婚相手。運命の恋はどっち?
少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。
人よりちょっと優柔不断な仁坂葵は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵は、誕生日前日、幼なじみの司馬優翔に突然「好きだ」と告白される。小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが…。

***********************************


出演:
森川葵 北村匠海 佐藤寛太 浅川梨奈 田辺桃子 / 
遠藤章造 眞島秀和 温水洋一 中島ひろ子 三浦理恵子 木下ほうか / 徳井義実

監督:古澤健(『ReLIFE リライフ』) 
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』) 
原作:『恋と嘘』ムサヲ(講談社)
主題歌:阪本奨悟「HELLO」(A-Sketch)
制作プロダクション:The icon 
配給:ショウゲート 
(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社