「注目」カテゴリーアーカイブ

阿部進之介、安藤政信、清原果耶ら登壇!映画『デイアンドナイト』完成披露


映画情報どっとこむ ralph
数々の映画、ドラマに出演し、名実ともに日本を代表する俳優・山田孝之が、一切出演せずに裏方へ徹した初の全面プロデュースに挑戦し、映画『キングダム』などへ出演する阿部進之介が長編映画初主演を務めた映画『デイアンドナイト』。完全オリジナル作品である本作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。
家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で強く生きることの厳しさをも描き出します。

そして!その完成披露試写イベントが行われ、阿部進之介、安藤政信、清原果耶、田中哲司、藤井道人監督、山田孝之プロデューサーが登壇!
『デイアンドナイト』完成披露試写会イベント
日時:12月13日(木)
場所:アイア・シアター・トーキョー
登壇:阿部進之介、安藤政信、清原果耶、田中哲司、藤井道人監督、山田孝之プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 緞帳が上がると、キャストの皆さんと監督が登場!
舞台上には、映画のシンボルである巨大な“風車”とDAY AND NIGHTが!!。

阿部さん:本日はご来場、誠にありがとうございます。たくさんの仲間の力を借りて今日という日を迎えることが出来ました。嬉しく思っています!

と企画・主演の阿部さんの挨拶からイベントはスタート。

続いて、安藤さんは、いつものごとく挨拶から安藤ワールド全開!
安藤さん:どれだけ多くの方が来ていただけてるのか・・・たぶん多くお方が来てくださっているのでしょう。ありがとうございます!

と、強烈なライトで舞台側からは客席が見えない様子。因みにアイア・シアター満員です。
清原さん:ついにこの映画を皆様に観ていただける日が来たことを嬉しく思います。

と嬉しそう。

田中さん:今日じっくり本作を見直しました。僕は大好きな映画です!楽しんでください!

と、太鼓判!

藤井監督:5年前から阿部さん、山田さん。そして、沢山の方々の助けの元に映画が完成しました!今日は楽しんでいってください!

山田P:プロデューサーって言われても皆さんにはよくわからないと思いますが。僕もよくわかってないですが(笑)全体的にいろいろやる人。僕が色々やった人です。今日は楽しんでいってください!

と其々挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 挨拶で監督も言っていたように、本作は5年の歳月をかけて完成したもの。
藤井監督:デイアンドナイトの舞台に生きる人々。それを見守る存在として、頭上で風車が回っている。その下で生きている人々の姿を描きたいなと企画しました。

と、「風車の下」に思い入れを詰め込んだ企画だったと話す監督。

予告の中で阿部さんと安藤さんが海岸で話すシーンがあるのですが、そのシーンの撮影事を聞かれると

阿部さん:とても象徴的なシーンです。でも風車があるだけに、凄く風が強くて。寒かったですね。
と、思い返す阿部さんに、

安藤さん:メチャクチャ寒かった!

と吐露。阿部さんの印象を聞かれると困りまくる安藤さん

安藤さん:素敵な男。凄く自然で面白い芝居します。全然合わないなと感じる時もあるし、ピッタリ合うときもあるし。シーン毎に楽しみました!

と回答。今回かなり、難しい役をこなした当時15歳の清原さんは

清原さん:撮影現場に入ってからも、掴み切れなくて・・・。不安を持ち合わせながら撮影が進んで。でも、私を不安にさせないようにキャストやスタッフの皆さんが空気を作って下さって、無事に乗り切りましたが。あの時点では役になっていたと思っていましたが・・・。いまは説明が難しいかもしれません。
と、当時の想いを語ってくれました。実は清原さんは主題歌「気まぐれ雲」を、劇中の役柄である大野奈々(おおの・なな)名義で歌っています。この曲はRADWIMPSの野田洋次郎が作詞・作曲・プロデュース。

清原さん:野田さんから音源をいただいて、其々のキャラのこれからの願いが詰まっている歌詞だとお聞きして。撮影時の奈々の感情と感性を頼りに歌いました!緊張しました!歌うことは好きなのですが、好きだけじゃな壁を痛感しました。でも、作品の力に成れたらと思っています。

と話すと。立ち会った山田Pは、
山田P:不安なかったですね。凄い良い声をしてるので。緊張していると聞いたので、お土産(芋羊羹)を持ってスタジオに入りました!

と、プロデューサーとしての気遣いを披露していました。

そして、以前、焦燥感のあるチリチリした現場だったと話していた田中さんは真意を聞かれ

田中さん:なんでそう書いたのかな???たぶん寒かったんです。冬の秋田でぬれる。想像以上!東北の冬舐めたらダメ!って身にしみてわかった。でも、全部全力で撮りましたね。
と、寒い話になったので、阿部さんと安藤さんに滝壺の話を振ると・・・。

安藤さん:正直、寒くなかったんです。孝之Pがケアしてくれてて。脇にお風呂作ってくれていて。

阿部さん:二人で雪景色を眺めて気持ちいいね。って。
とエピソードを話すと、田中さんは俺にはそのケアがなかったとご立腹(笑)!?

藤井監督:僕も防寒具もっていかずに撮影に入ったら寒くて。山田さんが防寒具を買って来てくれて。雪かきもしてくれて。
と、相当、本作は山田Pが大活躍された様子が伝わる皆のエピソードを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 善と悪、昼と夜。テーマ「二面性」と言うことで、意外な一面を聞くと

阿部さん:清原さん当時15歳で。普段撮影してないときは15歳。でも、役に入ってると、鋭さが出て。その振れ幅が凄かったです!
と話す阿部さんに照れる清原さん。

すると、田中さんは藤井監督の二面性を

田中さん:藤井監督はメチャクチャ低姿勢なんです。優しくて・・・・でも、何度も撮り直して。終わった!と思ったらもう一回来るんです。
藤井監督:いい芝居を見ると、もう一回と。もっと出るかもって思っちゃうんです!

と、真相を語りました。

最後に・・・

阿部さん:テーマは少し重めですが、気負わずに観ていただければ。
と締めました!

映画『デイアンドナイト
2019年1月19日(土)
秋田県先行公開1月26日
あらすじ・・・
善と悪はどこからやってくるのか。
父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部進之介)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊寸前であった。そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤政信)が手を差し伸べる。孤児を父親同然に養う傍ら、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石と、そんな明石を案じる児童養護施設で生活する少女・奈々(清原果耶)。しかし明石は次第に復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていく——。

***********************************

出演/阿部進之介
安藤政信 清原果耶 
小西真奈美 佐津川愛美 深水元基 藤本涼 笠松将 池端レイナ
山中崇 淵上泰史 渡辺裕之 室井滋 田中哲司    

「デイアンドナイト」
企画・原案/阿部進之介
脚本/藤井道人・小寺和久・山田孝之
監督/藤井道人
主題歌/大野奈々「気まぐれ雲」(作詞・作曲・プロデュース 野田洋次郎)
プロデューサー/山田孝之・伊藤主税・岩崎雅公 
制作プロダクション/and pictures inc. 
制作協力/プラスディー・BABEL LABEL
上映/2019年1月26日(土)全国公開
配給/日活 
©2019「デイアンドナイト」製作委員会


SWAY初ワンマンライブに斎藤工、永野がサプライズ登壇!映画『MANRIKI』SP特報映像披露!


映画情報どっとこむ ralph この度、本日12月12日に新木場 STUDIO COASTにて行われましたSWAY初のワンマンライブにて、斎藤工さん、永野さんがサプライズ登壇し、映画『MANRIKI』へのSWAY出演の発表とともに、SWAYさん、斎藤工さん、永野さんによる映画に関するトークを行いましたのでお知らせさせていただきます。

映画『MANRIKI』は、俳優・フィルムメーカーとマルチに活躍する斎藤工さんが芸人・永野さん、ミュージシャン・俳優の金子ノブアキさん、CMや金子のMVを手掛ける清水康彦さんとともに 映像制作プロジェクトチーム「チーム万力」を結成し放たれる長編第一弾作品となります。

今回、齊藤工さんと永野さんが企画・プロデュースを行い、永野さんが原作・脚本・出演、斎藤工さんが主演、金子ノブアキさんが出演・音楽監督、清水康彦さんがメガホンを握りまする。

そして、DOBERMAN INFINITYのメンバーであり、俳優、そしてアーティストとして精力的に活動をしているSWAYさんが本作に出演していることもあり、本人たちのアイデアから、SWAYさんのライブにサプライズで登場し発表する企画となりました!

日付:2018月12月12日(水)
場所:新木場 STUDIO COAST
登壇:SWAY、斎藤工、永野

映画情報どっとこむ ralph イベントではアンコールが1曲終わったところで、サイレンが鳴り響き、スクリーンで初お披露目となる本作のスペシャル特報映像がステージスクリーンに上映されると、SWAYファンから、「え!?何!?」とどよめきの声があがり、


SWAYさんのシーンが映ると大歓声が巻き起こった。そして約2分のスペシャル特報のあと、SWAYさんが登場し、

SWAYさん:来年「MANRIKI」という映画が公開されますが、出演させていただいたくことになりました!

と発表すると会場から「おめでとう!」と大歓声が巻き起こった。

SWAYさん:そして、今日はなんと、斎藤工さんと永野さんにお越しいただいてます!

で、斎藤さん、永野さんがサプライズ登場で会場大歓声!!

永野さん、斎藤さん:SWAYさん、初ワンマンライブおめでとうございます!

永野さん:少し(ライブを)観させていただいたのですが、カッコよすぎる!最高!そしてお客さんも最高!

永野さん:今までリリースされたやつ全部買う!

斎藤さん:持ってなかったですか!?

永野さん:でもぐっときました、最高でした!

(会場の歓声に)
永野さん:YO!YO!YO!YO!髪型吉田羊!(会場爆笑)

映画情報どっとこむ ralph SWAYさん:永野さん、どこかでマイクを口にぶつけて血出てますよ!(会場爆笑)

永野さん:そうなんですよ。さっき登場するときに口にマイクぶつけちゃって・・・(会場爆笑)
斎藤さん:持ちネタで!(会場爆笑)
SWAYさん:マイク持ち慣れないですね。
永野さん:ごめんなさいね、はい、続けて下さい(会場爆笑)

斎藤さん:違いますよ、MANRIKIですよ。SWAYさんにご協力いただいて。昨日、出来立てホヤホヤのものを見たんですけど、いやもうね、とんでもない作品です。やっぱり日本はコンプライアンスがかかっちゃうんで、やっちゃいけないこと、できない表現、たくさんあるんですけど、それを全部ぶち破って映画を作ろうというプロジェクトなんですけど、それを来年みなさんにお届けできると思います。新しいSWAYさんを必ず見れると思います。

SWAYさん:はい、もうめちゃめちゃ挑戦させていただいた作品です。

永野さん:自分も見たんですけど、めちゃくちゃ面白い!そして(SWAYさんを指差して)むちゃくちゃカッコいい! ぜひ楽しみにしててください!

永野さん:究極のコメディです。そして、究極にカッコいい映画ですので、MANRIKI宜しくお願いします!

映画情報どっとこむ ralph 最後に本日オープンとなったインスタの紹介があり、終始、大歓声と爆笑に盛り上がったサプライズ登壇となりました。

映画『MANRIKI』 

2019年公開
公式 HP:
crush-them-manriki.com

***********************************

企画・プロデュース:齊藤工 永野
原作・脚本:永野 
主演:斎藤工
出演 永野 金子ノブアキ SWAY 小池樹里杏 / 神野三鈴 他
音楽監督 金子ノブアキ
監督 清水康彦
制作プロダクション イースト・ファクトリー
共同配給 HIGH BROW CINEMA / 東映ビデオ
©2019 MANRIKI Film Partners


怪盗キッド VS 京極真 バトルアクション『名探偵コナン 紺青の拳』特報解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 来年2019年4月12日(金)、劇場版第23弾『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』が全国東宝系にて公開となります。

19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石「ブルーサファイア」を巡って、コナンとその宿命のライバルであり“月下の奇術師”の異名を持つ怪盗キッドが、マリーナベイ・サンズで起きた殺人事件、 そして“獅子の国”シンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていくストーリーです。

本作のキーパーソンとなるのは前作で日本中の話題をさらった“安室透”に負けず劣らずの圧倒的な人気を誇る怪盗キッド!!

さらにキッドの最大のライバルである京極真が劇場版初出演、しかも舞台は劇場版シリーズ初となる海外・シンガポール!!

映画情報どっとこむ ralph そして!!
この度、30秒の特報映像が解禁となりました!

シンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が噴出される衝撃の映像からはじまります。

そして夕日をバックに傷だらけの怪盗キッドが「今回ばかりは完全にハメられたぜ…」と意味深に呟き・・・

満月をバックにガラスを蹴破り登場するのは、キッドの因縁の相手であり400戦無敗を誇る最強の空手家・京極真!

<月下の奇術師>の異名を持つ怪盗キッドvs<蹴撃の貴公子>の異名を持つ京極真の激しいバトルアクションが描かれています。先日公開された青山剛昌先生直筆のティーザービジュアルとは打って変わって、シリーズ史上最も追い詰められるキッドの姿から目が離せません。


一方、シンガポールの夜景をバックに、頬を染めあいながらマリーナベイ・サンズのプールで寄り添う新一と蘭。2人の交際が始まってから初めての劇場版で、新たな展開があるのか…?そして、シンガポールで行動するために怪盗キッドによって強制的に変装させられたコナンは、蘭に対してとっさに「アーサー・ヒライ」と名乗ってしまう…!?
一体どのような展開が待っているのか、先の読めないシーンが満載の映像となっております。


映画情報どっとこむ ralph 遂に海外へと飛び出し、史上最大のスペクタクルで描かれる、

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』

2019年4月12日(金) ROADSHOW!

公式サイト:http://www.conan-movie.jp

ストーリー
19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズにて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた―。一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。やがて、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は…!? そして、不吉な何かを予兆するかのようにシンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!

かつて海底に葬られた【伝説の秘宝】が時を経て、“獅子の国”に蠢く巨大な闇を呼び覚ます!

***********************************

原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)

監督:永岡智佳
脚本:大倉崇裕
音楽:大野克夫

声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平 ほか

製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝
(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
   


『機動戦士ガンダムNT』爆音上映が実施決定!公開3週目入場者プレゼントは年賀状!


映画情報どっとこむ ralph 『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く、宇宙世紀サーガの最新作『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が、11月30日より全国90劇場でロードショー中です。富野監督が描いた“ニュータイプ”という概念に対し、果たして本作はどのような答えを見出すのか・・・。

物語は、『機動戦士ガンダムUC』より、一年が経過した、宇宙世紀0097年。

世界的な商業ネットワークを構築する華僑の商業集団、ルオ商会が調整し、実戦投入した新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」。
果たして彼らの真の目的とは何なのか?

映画情報どっとこむ ralph 『機動戦士ガンダムNT』爆音上映が実施決定!!

現在、東京・新宿の新宿ピカデリーにて開催している、爆音で楽しみたい選りすぐりの13本の名作の数々を“爆音”で上映する『新宿ピカデリー爆音映画祭』が、大反響につき、20日までの開催を急遽21日(金)~1月10日(木)まで、延長することが決定!

そこで、11月30日(金)に公開となったばかりの『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』の上映も行われることが決定しました。新宿で3回目の開催となる“爆音映画祭”。

回を重ねるごとに、開催前よりチケット争奪戦となり、かなりの盛り上がりを見せています。
爆音映画祭主宰 樋口泰人が、全編を通し、シーンごとに細かな音響・音圧調整を施します。
これを観れば、宇宙世紀を体感できるかも…? 澤野弘之のこだわりぬいた音楽と、キャスト陣が息遣いまでこだわった演技は爆音上映によって、新たな興奮と感動が広がること間違いありません!

映画情報どっとこむ ralph 公開3週目の入場者プレゼントには、オリジナルイラスト・デザインの年賀状(2種・ランダム配布)が配布!

“平成最後のガンダムNT年賀状”と題し、来年で終わる“平成”年号で送れる年賀状となっています。


さらに! この入場者特典と一緒に『機動戦士ガンダムNT』公開を記念して、ガンダムトライエイジ筐体でスキャンすると「ナラティブガンダム(A装備)」で遊ぶことのできるプロモーションカードが配布されます!
http://www.gundam-try.com/
※プロモーションカードは12月14日(金)~20日(木)配布の公開3週目入場者プレゼントに封入。
※数量限定のため、入場者プレゼントがなくなり次第配布終了となります。


***********************************

【キャスト】
ヨナ・バシュタ:榎木淳弥/ミシェル・ルオ:村中 知/リタ・ベルナル:松浦愛弓
【スタッフ】
企画・制作:サンライズ/原作:矢立 肇、富野由悠季/監督:吉沢俊一/脚本:福井晴敏/
メインキャラクター原案:高橋久美子
キャラクターデザイン:金 世俊/メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司/色彩設計:すずきたかこ/CGディレクター:藤江智洋/ディスプレイデザイン:佐山善則/美術監督:丸山由紀子、峯田佳実/特殊効果ディレクター:谷口久美子/
撮影監督:脇 顯太朗/編集:今井大介/音響監督:木村絵理子/音楽:澤野弘之/アニメーション制作:サンライズ/
配給:松竹


横浜流星 今日は泣いて帰ってください!『愛唄 ー約束のナクヒトー』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph GReeeeNが初の脚本で本作に込めたのは、名曲「愛唄」への想いと同じ「人を好きになることを恐れないで」という、まっすぐなメッセージ。

恋する勇気を持てないまま大人になった青年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていくさまを、主演の横浜流星をはじめとする清原果耶、飯島寛騎ら注目の若手俳優が描き出します。実話エピソードから着想を得たオリジナル脚本で、青く澄みきった新たな物語『愛唄 ー約束のナクヒトー』が誕生完成しました。

その披露上映会が行われ、横浜流星さん、清原果耶さん、飯島寛騎さん、成海璃子さん、財前直見さん、川村泰祐監督が登壇し、映画・撮影に関してクロストーク。そして、この時期恒例な『今年一年を漢字一文字』で振り返りました!果たしてどの一文字を選んだのか!?
日時:12月10日(月)
場所:丸の内TOEI
登壇:横浜流星 清原果耶 飯島寛騎 成海璃子 財前直見 川村泰祐監督

映画情報どっとこむ ralph 熱気あふれる女子多めの会場の後方から、キャスト監督が登場すると大きな拍手!
昨日『虹色デイズ』トークイベントでピンク色の頭だった横浜さんは今日は黒!役者さんって大変!

横浜さん:皆さんお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。この大事な作品を、いち早くご覧いただけることが、本当に嬉しく思っています。反応が楽しみです!
とのご挨拶からスタートしたイベント。続いて

清原さん:私は、この作品に影響されて人生観が変わりました!この作品を観ていただけること本当にうれしく思っています!
と初々しいコメント。

飯島さん:公開は未だですが、ようやく皆さんに観ていただける第一歩の日です。この日がようやく来たなと。
と、この日を楽しみにしていたと語ります。

成海さん:この映画を気に入ってくれたら嬉しいです。
と大人クールな成海さん。お母さん役の財前さんは

財前さん:このドラマは「今を生きる」がテーマだと思います。今を一所懸命生きて下さい!
と、熱いメッセージ!

川村監督:今日という日を迎えられて本当にうれしく思っています!最後まで楽しんでいってください!そして!ほぼ全体の音楽をGReeeeNさんが手掛けて下さっていて、映画音楽として素晴らしくて、デモテープの段階で感動して。是非音楽も楽しんでください!
とアピールする監督。

映画情報どっとこむ ralph GReeeeN映画プロジェクト第2弾では、主演となった横浜さんは

横浜さん:役者として前作「キセキ」でご一緒した方々と仕事が出来るのは嬉しかったですね。ただ主演の立場でGReeeeNさんの脚本をちゃんと伝えなくてはと、プレッシャーでした。そこは監督、キャスト、スタッフの皆さんに助けられて・・・、撮影を楽しく過ごせました。役作りで気を付けたのは、ちょっと落ちすぎないレベルを監督と話し合って。皆さんが発するお芝居を素直に受け止めて素直に返すようにしました。
と、今日は緑色(グリーン)の衣装の横浜さん。
脚本を読んでの感想を聞かれた清原さんは

清原さん:純粋にピュアな物語に感動しました!詩人の役を演じるのは・・・発する言葉に意味がこもってしまうので、周りに対する影響を考えたうえで、如何に役に寄り添うかと考えながら芝居しました。
と、真摯に話す清原さん。GReeeeNさんの想いが特に清原さんの役に集約されていると監督。


飯島さんは劇中で歌っているシーンがあるのですが、苦労されたそうで
飯島さん:ギターで弾き語りをするシーンがあるのですが・・・生まれて22年間一回も触ったことがなくて。2か月位で覚えるのはメチャクチャ大変でした。全力をぶつけました!

横浜さん:ちょうど、たっちゃんが練習頑張ってる姿を見ていたので、撮影時は感動しました。
とコメントすると、

清原さん:私は監督の横でモニターをみていたのですが、私だけ号泣してしまいました。モニター越しでも伝わる熱量でした。

と撮影時の様子を語ります。

映画情報どっとこむ ralph MCさんが成海さんに横浜流星はどんな男なのか聞くと・・・。

成海さん:今回初めてご一緒しましたが・・・「いい子だな~」(笑)「好青年だな~」と思いました。穏やかで。
とべた褒め。撮影は天候に恵まれず。主演で大変な横浜さんは、だいぶ疲れていたそうで

成海さん:深夜の撮影が多くて、横浜くんが眠そうだったので、起こさなきゃと!マジカルバナナをしましたね。
と、眠気を覚ますためにと気遣っていたそうで、現場ではお姉さん的な役割を担っていた成海さん。

財前さんは、息子を見守る母役

財前さん:台本の段階で、想像できなくて。。。でも泣いてました。撮影もそうですが、何しろこの3人が可愛くて。青春してるんですよ。ピュアでかわいいところが出てるんですよ!
と、絶賛。横浜さんは、2度目の親子役で、財前さんからはアドバイスを受けていたそう。

映画情報どっとこむ ralph 『今年一年を漢字一文字』で振り返るコーナーに!

川村監督:愛!映画を続けられるのは奥さんのおかげでもあり。言葉にすること大切です!愛唄の愛にしました!

と、愛妻家な監督。今回も母親役の財前さんは

財前さん:母!一年振り返ると母親役多くて。母性な一年でした!

成海さん:稽!今年一年、いろいろな役で一年中稽事があって。アクション。タップダンス。三味線。落語。今は歌の稽古しています。目まぐるしくも充実していました!
と大忙しの一年を振り返ります。

飯島さん:音!初めて音楽に触れて。音のメッセージ性を感じたので。今年は音。

清原さん:学!理由は、今年一年、現場で沢山学ぶことがあったので!
と高校生なのにしっかりした清原さんから、大人の飯島さんは学ぶことが多かったと吐露。

横浜さん:縁!まさにこの作品。来年もより色々な方に出会っていきたいなと。
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
横浜さん:この作品は沢山のメッセージが詰まっています!それが少しでも届けばいいなと思っています!今日は泣いて帰ってください!

と舞台挨拶を締めて、上映開始となりました!




『愛唄 -約束のナクヒト-』

物語・・・
「私の手、握ってくれてありがとう」 その言葉が僕らのすべて――。 あいつの声が恋する勇気をくれた。あの子の言葉が、生きる意味を教えてくれた。僕を変えた⼆つの出会いが、⼀つの奇跡を起こす。 恋する勇気を持てないまま⼤人になってしまったトオルに起きた、二つの出会い。元バンドマンの旧友・龍也との再会、そして運命を変える詩と の偶然の出会いにより、恋というものに生涯をかけて全力で駆けることになる。今まで手をつなぐことさえしてこなかったが、龍也の声に恋する勇 気をもらい、その詩から、恋に生きる力をもらったトオル。詩と触れるキッカケをくれた比呂乃との出会いを経て、ようやくめぐり会えた運命の少女・ 凪。詩を綴ることをやめたその少女は、トオルに生きる意味を教えてくれた。しかし、彼女にはある秘密があった・・・ その唄は、僕らの運命から溢れ出た

公式HP:aiuta-movie.jp

公式Twitter:@aiutamovie

【タイトルのナクヒトとは】 泣く人。涙するほど全力な人のこと。GReeeeNによる造語。

***********************************


出演: 横浜流星 清原果耶 飯島寛騎 中村ゆり 野間口徹 / 成海璃子 / 中山美穂(特別出演) 清水葉月 二階堂智 渡部秀 ⻄銘駿 奥野瑛太 富田靖子 財前直見
監督:川村泰祐 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』『L♡DK』『海月姫』『きょうのキラ君』ほか
脚本:GReeeeNと清水匡 音楽:GReeeeN
プロデューサー:⼩池賢太郎 『キセキ ーあの日のソビトー』『奇跡』
音楽プロデューサー:JIN『キセキ ーあの日のソビトー』にて日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞
配給:東映
(C)2018「愛唄」製作委員会