「映画情報どっとこむ」カテゴリーアーカイブ

『透明花火』公開&野本梢監督特集開催【池袋シネマ・ロサ】


映画情報どっとこむ ralph この度、池袋シネマ・ロサでは、野本梢監督、初の長編監督作品である『透明花火』を上映する運びとなりました。

LGBT や発達障害などを主に題材とし、『私は渦の底から』(主演:橋本紗也加)であいち国際女性映画祭グランプリ、第 10 回田辺弁慶映画祭eiga.com 賞などを受賞、最近では『次は何に生まれましょうか』(主演:根矢涼香)で各映画祭にてグランプリ等受賞を果たすなど、今注目の女性監督のひとりです。

また、『透明花火』公開の前には「野本梢監督特集」として、大学生の葛藤を描いた新作『アルム(仮)』(主演:笠松七海)を含む 15 作品を上映いたします。


野本監督は夢や空想ではなく、人々に寄り添い、優しさの中に強さを持って彼ら・彼女らの背中を押そうとしている。それらは、問題提起に終始しない、 現実を生きる人のための映画だ。

野本梢監督コメント
私は周囲の人に恵まれ幸せに生きてきました。でもその中で小さな救われない思いに出会っては、ぐっと自分の中に押し込んでは周囲を羨んでばかりでした。そんな連鎖を生まぬよう、埋もれがちな感情を描いていきたいです。

映画情報どっとこむ ralph 『透明花火』
2018 年 | 日本 | 97 分 | カラー | DCP みんな、心に穴が空いているんだよ

『私は渦の底から』で第 10 回 田辺・弁慶映画祭、eiga.com 賞を受賞した野本梢監督の初長編作『透明花火』。主演に近年の活躍が目覚ましい髙橋雄祐(『あいが、そいで、こい』、『イソップの思うツボ』)を迎え、『死んだ目をした少年』の脚本、三浦賢太郎がプロデューサーと脚本を兼ね、ミドリカワ書房が音楽を担当。
人間関係に、どこか不器用な人々が、そっと傷つきながらも、それでも、懸命に人と向き合おうとする姿を描く群像劇。


<あらすじ>
ナンパ塾を経営しながら祖母と暮らす淳(髙橋雄祐)。24 歳で女性経験がないことに引け目を感じている圭太(清水尚弥)。キャリアウーマンとなった同級生と再会した、バイト生活に明け暮れる楓(安藤輪子)。親友の彼氏作りを手伝う女子高生、理恵(根矢涼香)。血のつながっていない息子との関係に悩む真希(みひろ)。心に空いた穴にもがき苦しむなか、彼らは大切な人と約束した花火大会の日をむかえる。

キャスト:髙橋雄祐 清水尚弥 安藤輪子 根矢涼香 みひろ 百元夏繪 土山茜 櫻井保幸 東野瑞希 手島実優
古山憲正
スタッフ 撮影:野口高遠/照明・スチール:大柳玲於/録音:横田彰文/衣装・ヘアメイク:平林純子
音楽:ミドリカワ書房/合成:徳永修久/MA:北摂サウンドプロダクション/企画・脚本・プロデューサー:三浦賢太郎/
監督・編集:野本梢

●上映劇場
池袋シネマ・ロサ
●上映期間
2020 年 3.14(土)-3.27(金)2 週間限定レイトショー
●チケット情報
前売り券:1,300 円(税込)
当日券:一般 1,800 円(税込)

映画情報どっとこむ ralph 野本梢監督特集「私」 作品紹介
現実を生きる私たちの 脆さと強かさと


『アルム(仮)』
2020 年 | 日本 | 30 分予定 | カラー | DCP 共同製作:中央大学学員会
出演:笠松七海 他

『次は何に生まれましょうか』2019 年 | 日本 | 25 分 | カラー | DCP 製作:(有)エイジア
出演:根矢涼香、天白奏音、笠松七海、森恵美、山下ケイジ、橋本美和、高木悠衣、村田啓治、稲村美桜子
シングルマザーの聡美は娘の望結(みゆ)が他の子たちと少し違うことに苦悩しつつも誰にも相談できずにいた。親に叱責され、担任の先生に泣きつかれ、聡美は苛立ちがつのり、ついに望結に当たってしまう。


『私は渦の底から』
2015 年 | 日本 | 27 分 | カラー | DCP 共同製作:ニューシネマワークショップ
出演:橋本紗也加、岡村いずみ、長尾卓磨、藤原麻希、はぐみ
自分がレズビアンであることに悲観的になり、親友への想いを断ち
切ろうと決意した希子。しかしとある真実を突き付けられ…。


『わたしが発芽する日』
2016 年 | 日本 | 28 分 | カラー | DCP
出演:藤原麻希、堀春菜、本間淳志、松木大輔、松本卓也
結婚を控えた紗耶と、その妹で空気を読むのがニガテな優子は 2 人暮らし。年を
重ねるにつれ、その生活は変化を強いられていく。
第 19 回長岡インディーズムービーコンペティショングランプリ、福井駅前短編
映画祭 2017 ゾンタクラブ賞、杉並ヒーロー映画祭 2018 観客賞、第 12 回小田
原映画祭 阿藤快賞・最優秀俳優賞(藤原麻希、堀春菜)、第 22 回蓼科高原映画
祭入賞

『あたしがパンツを上げたなら』
2012 年 | 日本 | 9 分| カラー | DCP
出演:藤原麻希、長尾卓磨、樋口大悟、長澤恵瑠、小川和也、松田愛子
彼氏とケンカ別れした瞬間お腹がぎゅるぎゅると。精魂尽き果てながらトイレを求め彷徨う。

『デボチカ』
2013 年 | 日本 | 9 分| カラー | DCP
出演:藤原麻希、長尾卓磨
木内健さんの「デボーチカ」を元に作った、夢を追う彼と、彼を支えようとする彼女が壊れゆく話。

『青三十二才』
2014 年 | 日本 | 19 分| カラー | DCP
出演:藤原麻希、関根愛、山下ケイジ、吉田貴幸、古川照之
妊娠したから結婚する!と溺愛してきた妹が突然彼氏を連れてやってくる。

『愛しのマミー』
2015 年 | 日本 | 16 分| カラー | DCP 製作:ニューシネマワークショップ
出演:桂田あゆみ、小林千里、掛川陽子、橋本美和、飯塚智紀、桑名悠
結婚式の控室。あれこれとレールを敷く母親としたたかな娘のバトル。

『スプリング・イン・ソイソース』
2017 年 | 日本 | 13 分| カラー | DCP 製作:ニューシネマワークショップ
出演:仲原由里子、鈴木拓真、橘芽依、髙橋雄祐、松木大輔、柏木風太朗、マルコス笠島

失恋のショックから抜け出せない主人公のバイト先に元カレが彼女を連れてやってくる。恋愛とお金事情のお話。
鶴川ショートムービーコンテスト 町田市議会議長賞

『朝をこえて星をこえて』
2017 年 | 日本 | 22 分| カラー | DCP 製作:はすだ FUTURE プロジェクト
出演:山下ケイジ、芋生悠
一枚の栞が繋ぐ、亡き妻との物語。

『はじめてのうみ』
2017 年 | 日本 | 16 分| カラー | DCP
出演:笠松七海、髙橋雄祐、森累珠、吉田匡志、橘芽依、工藤ちゃん、高木悠衣、増本竜馬、小川和也
「あいつは自分が上位だと思い込んでいる」無意識なランク付けに翻弄される生徒たち。

『あたしがパンツを上げたなら 2』
2017 年 | 日本 | 13 分| カラー | DCP
出演:藤原麻希、小林千里、木場明義、吉田貴幸、桑名悠
「あたしがパンツを上げたなら」の 3 年後。母親とケンカして家を出た千里はまたもや腹痛に襲われる。

『あの頃と甘いシュシュ』
2018 年 | 日本 | 16 分| カラー | DCP 稲村久美子プロデュース
出演:橘芽依、笠松七海
引越しの荷物から出て来たシュシュはあの頃の苦い思い出を蘇らせた。

『君のいる町』2018 年 | 日本 | 4 分| カラー | DCP
出演:姫川風子、HAL、工藤ちゃん
工藤ちゃん「君のいる町」のミュージックビデオ。高円寺を舞台に、もがいて生きる同性カップルを描く。

『明日からさようなら』2018 年 | 日本 | 5 分 | カラー | DCP
出演:櫻井保幸、笠松七海
引越しの前日。外は雨。ふと目の前に元カノが現れる。

映画情報どっとこむ ralph ●イベントタイトル
野本梢監督特集上映「私」
●上映劇場
池袋シネマ・ロサ
●上映期間
2020 年 2.29(土)-3.13(金)2 週間限定レイトショー
●チケット情報
前売り券:1,300 円(税込)
当日券:一般 1,500 円(税込)
※『透明花火』の前売り券提示で 1,300 円(税込)

***********************************













良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

斎藤工:「意味のある映画が出来た!」映画『MANRIKI』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、11月29日(金)行われました初日舞台挨拶では、本作を作り上げたクリエイティブ集団“チーム万力”が勢揃い。主演の斎藤工をはじめ、永野、金子ノブアキ、SWAY、小池樹里杏、三田尚人、清水康彦監督が登場。それぞれの出会いから本作を制作するまでの経緯、撮影の裏話、また公開を迎えた想いなど包み隠さず披露しました。

映画『MANRIKI』初日舞台挨拶
日時:11 月 29 日(金)
場所:シネマート新宿
登壇:斎藤工 永野 金子ノブアキ SWAY 小池樹里杏 三田尚人 清水康彦監督

映画情報どっとこむ ralph 登壇した斎藤さんは、
斎藤さん:長い道のりでしたが、皆さんに観てもらうのは1つのゴールでした。

と、公開を迎えた喜びを伝えた。永野さんや金子さん、SWAYさんも「いっぱいしゃべります!」と嬉しそうに意気込んだ。

初日を迎えた感想を聞かれ

斎藤さん:完成まで約3年以上かかったけど、その期間すべてが、「昼顔」と「ラッセン」が映画をつくるというような、色眼鏡で見られることに抗うために必要な時間でした。

と振り返りった。

永野さん:斎藤君との何気ない会話が、皆さんの協力で、ここまで迎えることができて非常にうれしいです!
と喜びを語る。一方で

金子さん:すごく嬉しい一方で、ちょっとした切なさがありますね。作品が出来上がったというか、次が始まるのか…というような。
と複雑な心境を吐露。続けて

金子さん:次何作る?MANRIKI2?

とふると斎藤さん、続編を期待する会場から大きな拍手が。

斎藤さん:MANRIKI2、略してマンツーマン?これ塾の話?

というと、金子さんやSWAYさんが「二人しか出ないし、予算もかからない。」

と話すと、観客の笑いを誘った。

初日の感想を聞かれ

SWAYさん:本当に嬉しい!あと2019年、こんなにもチーム万力の人たちと仲良くなれると思わなった。さっきもしゃぶしゃぶ食べたんですよ!
と述べる。また永野さんのしゃぶしゃぶの食べ方が下手という情報をリーク。

SWAYさん:鶏肉を赤いまま食べようとしたり、生つくねをそのまま食べようとしたり・・・

などと、面白エピソードを披露し、登壇者も会場も大盛り上げました。これに対し
永野さん:物心がついたのが去年なんで!撮影中も物心、まだなくて!

と答え、さらに場を盛り上げた。そんなグダグダなトークを

小池さん:見た目・美の追求よりも、自分の感性やアイデンティティをぶつけられるチーム万力に参加できてすごくうれしいし、感謝をしています。
ときれいにまとめた。三田さんの演じた役どころは、ネタバレになるので詳しく説明は出来ないが、

三田さん:チーム万力に参加できてうれしい。三田が立ったぞ、という感じで来年は行きたい!
語った。この三田さんのコメントの意味はぜひ劇場で!

清水監督:30代最後に本当にいい経験が出来ました。嬉しくて福井の実家から親も呼んじゃって・・・。
と初監督の作品の初日を喜んだ。
また作品についてコンセプトミュージックを担当して、

金子さん:僕がチーム万力に参加したのは最後の方で、ただなかなか映画の制作が進んでないのは知っていて、じゃあみんなにプッシュしていけるものは何だろうと思ったときに音楽だと持って3日後くらいに持っていきましたね。脚本もまだ全然出来てない状態で、音だけできちゃって(笑)

と制作秘話を述べる。

斎藤さん:金子ノブアキの音楽が先にあって本当に良かった。現場が1つになった。

と語った。また撮影現場のエピソードを聞かれ

SWAYさん:ある衝撃シーンの反応が、どれが正解なのかみんなで探しましたね(笑)めちゃめちゃ難しかったです。本当にだれも経験ないことだし、作中の自分の立場も複雑で。でもおかげで、今後この衝撃シーンにまた立ち会ったときに対応できる気はしますね(笑)

と会場の笑いを誘った。
映画にちなんで、自身のコンプレックスについて聞かれ

斎藤さん:よだれがものすごくひどくて、昔よだれでわら半紙を溶かしたことがありますね。今は口にテープしてねてますね(笑)

と話し、来場したファンは大爆笑だった。



イベント最後に

永野さん:コンプレックスじゃないけど、誰だってかわいそうだって言われる筋合はないんだ!と思ってもらえる映画です。やったるぞー!という気持ちになってもらえる映画なので、皆さんSNSなどで広めてもらえると嬉しいです!

語った。また

斎藤さん:華やかな部分を描く作品は多くあるけど、本当の自分の孤独なリアルな部分を描くものは少なくて、永野さんの作品にはその真実があると思います。みんなどこか永野さんに合わせ鏡のように、自分を投影して自分自身を見つめて作品を作ったと思います。こういう癖のある作品なので、どうとらえるかは皆さんにお任せしますが、僕は、映画の自由をつくってやろう!というような復讐心・反逆審で作り、意味のある日本の映画が出来たと思います!是非皆さん、『MANRIKI』を応援してやってください!

と並々ならぬ熱い思いを語り、イベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『MANRIKI』は、本日シネマート新宿、他順次全国公開です!

公式 HP:
crush-them-manriki.com

公式ツイッター:
@manrikimovi

***********************************

企画・プロデュース:齊藤工 永野
原作・脚本:永野 
主演:斎藤工 
出演:永野 金子ノブアキ SWAY 小池樹里杏 / 神野三鈴  他
音楽監督:金子ノブアキ
監督・脚本・編集:清水康彦
制作プロダクション:イースト・ファクトリー
共同配給:HIGH BROW CINEMA / 東映ビデオ
2019 MANRIKI Film Partners




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

岡田准一主演映画『燃えよ剣』に超豪華キャスト12名参戦!尾上右近、山田裕貴からコメント


映画情報どっとこむ ralph 映画『燃えよ剣』が2020年に公開となります。本作は、累計発行部数500万部を超える、国民的作家・司馬遼太郎による伝説的な小説『燃えよ剣』の映画化です。

監督を手がけるのは、原田眞人。
キャストには、豪華大河俳優が一挙集結! 新選組・副長として組織を統率、激動の幕末を駆け抜けた剣豪・土方歳三に、岡田准一。動乱の時代に屈せず夢を追ったヒーロー・土方を全身全霊で演じ切ります。そして、土方と運命的な恋に落ちるヒロイン・お雪を演じるのは、主演を柴咲コウ。

そのほかに新選組局長・近藤勇は、鈴木亮平。沖田総司に山田涼介。芹沢鴨に、伊藤英明が名を連ねています。

映画情報どっとこむ ralph そして!この度新たに、豪華な追加キャストの解禁となりました!

会津藩主で、京都守護職に命ぜられ新選組を預かることとなる松平容保を演じるのは、歌舞伎界のニュープリンスとして熱い注目を集める尾上右近。満を持して映画初出演を果たし、その存在感で、激動の幕末に翻弄される若き大名を堂々と演じます。

●尾上右近: 松平容保(まつだいらかたもり) 役 
会津藩藩主。徳川幕府の命により京都守護職となる。会津藩預かりとして「新選組」が結成される。

初めての映画出演作品がこの「燃えよ剣」であったことを光栄に、そして誇りに思います。緊張感がピンと張り詰めた現場へ入るたび、静かな感動と興奮が沢山ありました。自分のルーツを重んじ、「受け継ぐ」責任を担う容保公の姿には、伝統芸能の世界に身を置く自分として共感できるところがありました。「容保のことを思う日々、それは日本人の心を思う日々」。撮影期間中の僕の日記には、そんなことが書かれています。幕末の日本を生きた人物のその瞬間瞬間を、永遠に刻むという感覚を、強く意識して撮影に臨みました。この映画の中に詰まっている「日本の心」を感じていただくためにも、一人でも多くの方にご覧いただきたいと思っております。



また、徳川幕府15代将軍・一橋慶喜に、数々の映画・ドラマに出演し、NHK連続テレビ小説「なつぞら」での好演も話題となった若手俳優・山田裕貴。原田監督からの「今までにない慶喜を」という強いリクエストに応え、江戸幕府終焉の象徴ともなった新たな慶喜像を見事に作り上げました。

●山田裕貴: 一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ) 役 
江戸幕府第15代将軍。
≪コメント≫
本読みの段階から、今までにない一風変わった一橋慶喜にしたいと原田監督が仰っていて。
“今までにない”とかそういう言葉に弱いので、だいぶ燃えました。
時代劇の経験はほとんどなかったので不安もありました。
撮影日数が短期間だったので集中力をフルに使い、良い緊張感の中で、「こんな慶喜は絶対嫌だなぁ」という人物に仕上げられたと思います。
自分のシーンだけでなく、作品ができあがるのが本当に楽しみです。


映画情報どっとこむ ralph 土方・近藤・沖田と共に歴戦の数々を戦い、幕末を駆け抜けた新選組の隊士、井上源三郎をたかお鷹、山南敬助を安井順平、永倉新八を谷田歩、斎藤一を松下洸平が演じます。さらに、藤堂平助には金田哲(はんにゃ)、山崎烝には村本大輔(ウーマンラッシュアワー)と、個性的な面々が集結! それぞれの新たな魅力を披露しています。そして、時の最大権力者である孝明帝には、坂東巳之助。新選組の前身を率い土方らと袂を分かつことになる・清河八郎には髙嶋政宏。さらに、土方に名刀・兼定を譲り渡す古物商・丸十店主を柄本明、土方の学問の師である在村医・本田覚庵を市村正親が演じます。

●たかお鷹:井上源三郎(いのうえげんざぶろう):役
●坂東巳之助:孝明帝(こうめいてい)役
●安井順平:山南敬助(やまなみけいすけ)役
●谷田歩:永倉新八(ながくらしんぱち)役
●金田哲:藤堂平助(とうどうへいすけ)役
●松下洸平:斎藤一(さいとうはじめ)役
●村本大輔:山崎烝(やまざきすすむ)役
●髙嶋政宏:清河八郎(きよかわはちろう)役
●柄本明:丸十店主(まるじゅうてんしゅ)役
●市村正親:本田覚庵(ほんだかくあん)役


映画情報どっとこむ ralph 原田組でしか実現しえない豪華なキャスト陣が、それぞれの俳優魂をかけて激動の時代を戦った男たちに命を吹き込みました。圧巻の殺陣シーンはもちろん、本編の随所に見られる、この顔ぶれならではのただならぬ緊張感があふれる気迫のぶつかりあいは必見。池田屋事件、鳥羽・伏見、五稜郭の戦い・・・剣を手に命を燃やした男たちの、信念と絆、愛と裏切り。

『燃えよ剣』

2020年 全国ロードショー

公式HP:
moeyoken-movie.com

公式twitter:
@moeyoken_movie


ストーリー
江戸時代末期。黒船が来航し開国を要求した。幕府の権力を回復させ外国から日本を守る佐幕派と、天皇を中心に新政権を目指す倒幕派の対立が深まりつつあった激動の時代-。
武州多摩の”バラガキ“だった土方歳三(岡田准一)は、「武士になる」という熱い夢を胸に、近藤勇(鈴木亮平)、沖田総司(山田涼介)ら同志と共に京都へ向かう。徳川幕府の後ろ盾のもと、芹沢鴨(伊藤英明)を局長に擁し、市中を警護する新選組を結成。土方は副長として類まれな手腕と厳しい法度で組織を統率し、新選組は倒幕派勢力の制圧に八面六臂の活躍を見せる。お雪(柴咲コウ)と運命的に出会い惹かれあう土方だったが時流は倒幕へと傾いていき・・・池田屋事件、鳥羽・伏見、五稜郭の戦い・・・変革の世で剣を手に命を燃やした男たちの、信念と絆。愛と裏切り。そのすべてを圧倒的スケールで描き切る、歴史スペクタクル超大作!!

***********************************


出演:
岡田准一 柴咲コウ 鈴木亮平 山田涼介 
尾上右近 山田裕貴 たかお鷹 坂東巳之助 安井順平 谷田歩 金田哲 松下洸平 村本大輔
髙嶋政宏 柄本明 市村正親 伊藤英明
脚本・監督:原田眞人  原作:司馬遼太郎「燃えよ剣」(新潮文庫刊)
音楽:土屋玲子 撮影:柴主高秀 照明:宮西孝明 美術:原田哲男 録音:矢野正人 編集:原田遊人 
製作:『燃えよ剣』製作委員会 製作プロダクション:東宝映画  配給:東宝 アスミック・エース 
© 2020 「燃えよ剣」製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

落合モトキ、「なつぞら」番長こと板橋駿谷 登壇!『歩けない僕らは』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 本年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で観客賞を受賞した、回復期リハビリテーション病院の新人理学療法士と彼女を取り巻く人々を描く『歩けない僕らは』が11月23日より公開され、11月27日(水)に、「おっさんずラブ(2016)」など人気作に出演が続く落合モトキさん、NHK連続テレビ小説「なつぞら」の番長役でブレイクした板橋駿谷さん及び佐藤快磨監督がトークイベントに登壇した。
日時:2019年11月27日(水) 
会場:新宿K’s cinema
登壇:落合モトキ、板橋駿谷、佐藤快磨監督

映画情報どっとこむ ralph 佐藤監督は脚本執筆前に、理学療法士さんだけでなく、元患者さん2人にも取材したそうで。

佐藤監督:取材する前は、”理学療法士さんが患者さんを見る”というベクトルでリハビリが進んでいくのかと思っていたら、取材をしたら、患者さんも意外と理学療法士さんの表情とかを見ていて、お互い見合っているという状況が面白いと思い、脚本に書いた。
とのこと。

脳卒中の後遺症で半身麻痺となった患者・柘植(つげ)役の落合さんは、舞台となる回復期リハビリテーション病院にクランクイン前に見学に行った。

落合さん:行ってみたら、リハビリをされている方たちは前向きというか笑顔で、『回復して何何をしたい』という意思・エネルギーを感じました。

と話した。


板橋さんは、理学療法士の役のオファーが来た時の感想を聞かれ、

板橋さん:2年前に靭帯を切っていて、患者として1年リハビリテーションに通っていたので、この役はぴったりだなと思いました。リハビリは、なんでもない日常会話から始まるんですよね。自分は先輩役で、新人とベテランがいるという構図が、俺が行っていたリハビリ施設でも全く同じだったので、やりやすかったです。
とのこと。リハビリの費用を聞かれ、

板橋さん:手術込みで両膝合わせて100万(円)いってます。たまったもんじゃないです。みなさん気をつけてください。

と注意を促し、理学療法士役が来たことで、

ちょっとでも回収できたのでは。

と笑いを誘った。

板橋さんは、2年前の撮影当時は舞台の仕事が多く、映像の仕事は少なかったそう。

板橋さん:年に3-4本ある内の1本だった。舞台は、稽古期間があってから本番なので、映像の現場は大変でした。

と撮影時を振り返った。

板橋さんは、最近は「なつぞら」の番長役が記憶に新しいが、いつもあたふたしているイメージがある「なつぞら」の番長役と、落ち着いた今回のリーダー役と、どちらがご自身に近いか聞かれ、

板橋さん:番長じゃないっすか?

と即答し、番長役しか知らない方が観ると、頼れる先輩役にびっくりされるという話を聞き、

板橋さん:なってんのかなー。俺も35だし、そうなっててほしいです!」と話した。


落合さんは今回の柘植役は自分と近い部分はあったか聞かれると、

落合さん:もし自分も半身麻痺になって、リハビリテーションに通うとなったら、不明確なところがでてきたりして、八つ当たりをしたりだとか、ああいう感じなメンタルになるかもしれない。

と答えた。

映画情報どっとこむ ralph お客さんからのQ&Aでは、
「私のおばあちゃんが、脳梗塞で左半身麻痺なんですけれど、見終わってから、おばあちゃんとの向き合い方や家族との向き合い方が私の中で変わりました。みなさんは、映画を撮る前と撮ったあとで、変化はありましたか?」という質問があり、

落合さん:お僕の身近にも半身麻痺の人がいるんですけれど、接し方が変わったなというところがあります。最初は全てをやってあげようと思ったんですけれど、1から10までやってしまうとその人のためにはならないと思って、1周して、突き放すじゃないですけれど、『自分でできるところはやってみましょうよ』というところも考えてもらえたらなと思いました。
と回答。

佐藤監督:映画の準備中にうちの祖父も脳卒中で倒れてしまって、祖父は一言も話せない状態になってしまったんですけれど、話さないと祖父が何を考えているのかが全然わからないというところで、父親とも『こういうことを考えているのではないか』と話したりする経験がありました。今回の映画で柘植は話せるんですけれど、話せるからいいかと言ったらそうじゃなく、話せるからこそコミュニケーションを取ることの難しさが理学療法士さんにあるのではないかと思い、そこを描きました。

と話した。


板橋さん:理学療法士役のオファーだったので、『気楽に声をかけていこう』と思いました。痛いという人に対して、重くなったり、『どう声をかけよう』と思っちゃいますが、『大丈夫、大丈夫』というようなテンションでやりました。

と話し、落合さんは、板橋にリハビリをしてもらうシーンについて、

落合さん:(新人理学療法士役の)宇野(愛海)ちゃんには、そんなに寄っかかれなかったけれど、板橋さんには100%寄っかかれました。

と話し、会場は笑いの渦に。落合さんが板橋さんについて

落合さん:『右出してください、左出してください』と汗をかきながら俺のことをリハビリしてくれました。

と話すと、

板橋さん:汗だくなんですよね。理学療法士の方たちは、相当な体力を使って体の一部一部を補正しています。

と尊敬の念を語った。

「タイトルが『歩けない僕は』でなく『歩けない僕らは』である理由は?」という質問に


佐藤監督:落合さん演じる柘植が突然歩けなくなる役なんですけれど、リハビリを担当する理学療法士の遥も、『歩けない僕』なのではないかと考え始めると、登場人物全員や自分自身も『歩けない僕』に含まれている、と行き着きました。この映画を見ている人にも跳ね返ってくればいいなという想いを込めて、このタイトルにしました。

と答えた。

最後に・・・・

佐藤監督:『ガンバレとかうるせぇ』は6年前に、『歩けない僕らは』は2年前に撮ったんですけれど、撮る時は公開が決まっていない状況だったので、今日こうして公開して観ていただけるということが当たり前じゃなく、特別なことで、とても嬉しいです。完成までにクラウドファンディングなどでご協力いただき、映画祭にも選んでいただいて、今日の日があると思うので、楽しんでいただけたら嬉しいです。

と熱いメッセージを送り、トークイベントは終了した。


映画情報どっとこむ ralph 新宿K’s cinemaでは、下記のトークイベントの実施も決定している。

【日時】11/28(木) 10:00の回 上映後
【ゲスト】門田宗大さん 佐藤快磨監督※お客様からのQ&Aの時間あり

【日時】11/29(金) 10:00の回 上映後
【ゲスト】堀春菜さん※お客様からのQ&Aの時間あり

歩けない僕らは
【STORY】
宮下遥(宇野愛海)は、回復期リハビリテーション病院1年目の理学療法士。まだ慣れない仕事に戸惑いつつも、同期の幸子(堀春菜)に、彼氏・翔(細川岳)の愚痴などを聞いてもらっては、共に励まし合い頑張っている。担当していたタエ(佐々木すみ江)が退院し、新しい患者が入院してくる。仕事からの帰宅途中に脳卒中を発症し、左半身が不随になった柘植(落合モトキ)。遥は初めて入院から退院までを担当することになる。「元の人生には戻れますかね?」と聞く柘植に、何も答えられない遥。日野課長(山中聡)と田口リーダー(板橋駿谷)の指導の元、現実と向き合う日々が始まる。


***********************************


宇野愛海 落合モトキ
板橋駿谷 堀春菜 細川岳 門田宗大
山中聡 佐々木すみ江















良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

市原隼人主演『劇場版 おいしい給食 Final Battle』新キャストにBOYS AND MENの水野勝、直江喜一、ドロンズ石本


映画情報どっとこむ ralph 市原隼人主演、10月より放送中のオリジナルドラマ「おいしい給食」。

笑いも感動も飯テロも、全てがスケールアップした『劇場版 おいしい給食 Final Battle』(*タイトルが変更になりました)の公開日が2020年3月6日(金)に決定。給極(究極)の給食バトルロワイアルが繰り広げられる劇場版のポスタービジュアルとともに、新たに参戦する新キャスト達も解禁。
 
この度、新たに解禁されたキャストは、BOYS AND MENの水野勝、そして直江喜一、ドロンズ石本の3名。甘利田の同僚・鷲頭を演じる辻本と同じグループに所属する水野勝は、常節中学校に教育実習生として赴任してきた佐野正輝役にて出演。「今まで演じてきた綾部監督の作品とは違うキャラクターだったので、とても気合が入りました!!!」とオファーがあった時を振り返り、「初の教育実習生の役ということで、教師と生徒という違った視点ではなく、まだ教育というものを知らない生徒と同じ目線での価値観を大切にしようと思いました!そして何といっても学生時代から観てきた憧れの市原隼人さんと共演させていただけることが身に余るほど光栄でした。今回、対峙するシーンがあったので、思いっきり自分らしく役としてぶつからせていただきました!!」と嬉しそうに語った。
「3年B組金八先生」の桜中学校に通う不良生徒・加藤優役でデビューした直江喜一。かつて生徒役でデビューし、本作では教育委員会に所属する鏑木を演じた直江は、「お話をいただいた際に、懐かしい給食の話と聞いて、是非やりたい!と思いました。今はそういませんが、昔よくいる、嫌味な、高飛車なサラリーマンでいこうと、台本を読んだ瞬間思いました。」と役作りに言及。共演した市原に対し「とても熱い方だと!顔小さい!(^^)」とお茶目な感想を寄せてくれた。

武田演じる御園先生と同じく国語教師の磐田を演じたドロンズ石本。「出演依頼があったとき、素直にめちゃくちゃ嬉しかったです。磐田を演じるにあたり、自分が小学校の時の担任の先生を思い出しヒゲを生やしてタバコを吸う、少し厳しい先生を意識しました。」と嬉し気に語り、「とにかく楽しんで、そしてお腹を空かせて観てください!(笑)」と甘利田先生並みの飯テロ宣言のコメントで締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 おいしい給食 Final Battle』

公式サイト:
https://oishi-kyushoku.com/ 

公式Twitter:


【ストーリー】
1984年。給食マニアの教師・甘利田幸男(市原隼人)に衝撃が。なんと、学校から給食が無くなるというのだ!!「どちらがよりおいしく給食を食べるか」という超絶給食バトルを甘利田と繰り広げている生徒の神野ゴウ(佐藤大志)は、【給食革命】を目指し、生徒会選挙に出馬すると高らかに宣言。そんな2人を見守る新人教師の御園ひとみ(武田玲奈)の心労は果てしない…。給食一筋ウン十年。甘利田は愛する給食を守るため、史上最大の給食バトルに打ってでる!

***********************************


市原隼人
武田玲奈/佐藤大志 豊嶋花、辻本達規/水野勝 直江喜一 ドロンズ石本/いとうまい子 酒向芳
BOYS AND MEN BOYS AND MEN

監督:綾部真弥 
脚本:永森裕二、綾部真弥 撮影:小島悠介 照明:大庭敦基 録音:井家眞紀夫 美術:伊藤悟 フードスタイリスト:松井あやこ
 ロケーション協力:比企フィルムコミッション/埼玉県川島町/埼玉県川島町教育委員会
主題歌:松本大輝「君の花」 作詞作曲:こんどうたかふみ 歌:松本大輝(AMG MUSIC) 制作プロダクション:メディアンド
企画:AMGエンタテインメント/イオンエンターテイメント 製作:「おいしい給食」製作委員会 配給:AMGエンタテインメント/イオンエンターテイメント
2019年/カラー/ビスタ/5.1CH/約103分 Ⓒ 2019「おいしい給食」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松竹ブロードウェイシネマ第四弾『シラノ・ド・ベルジュラック』初日決定・ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、日本映画史上初シリーズ「松竹ブロードウェイシネマ」第四弾『シラノ・ド・ベルジュラック』の初日決定・ポスタービジュアル解禁。

本作、ブロードウェイ再演版『シラノ・ド・ベルジュラック』は、エドモン・ロスタンによる戯曲であり、2007年にリチャード・ロジャース劇場で上演されました。プレビュー公演は10月12日から始まり、オープニングは11月1日で翌年1月6日に幕を閉じました。トニー賞作品『NINE』、『屋根の上のヴァイオリン弾き』等でも有名な奇才デヴィッド・ルヴォーが演出を務めています。1897年のエドモン・ロスタン戯曲を、アントニー・バージェス(『時計じかけのオレンジ』他)が脚色・脚本翻訳しました。主人公シラノ・ド・ベルジュラックをケヴィン・クラインが演じ、相手役ロクサーヌにジェニファー・ガーナーが、シラノに助けられる若者クリスチャンをダニエル・サンジャタ(『プラダを着た悪魔』他)が演じています。ファンの間でも伝説中の伝説となった演目とされています。
『シラノ・ド・ベルジュラック』、17世紀、フランスに実在した剣豪作家、シラノ・ド・ベルジュラックを主人公にしています。1897年に書かれ、この年にフランスで初演されました。それ以降、今日に至るまで、フランスばかりでなく、世界各国で、繰り返し上演されており、ストレイトプレイの他にミュージカル化、映像化などもされています。

近年の日本でも2018年に、吉田鋼太郎さん、黒木瞳さんで上演されています。

映画情報どっとこむ ralph その「リチャード・ロジャース劇場」で上演されました『シラノ・ド・ベルジュラック』を特別に撮影し、今回の「松竹ブロードウェイシネマ」シリーズ第四弾として公開する運びとなりました。
17世紀中頃のフランス・パリを舞台に、剣豪作家シラノの生死を賭けたロマンチックかつ悲恋物語となります。豪快なセリフ回しや“100人斬り”と言われるシーンでの見事な殺陣、演劇史に残ると言われるシラノがクリスチャンに成り代わってロクサーヌへの愛を語りあげるバルコニーシーンなど必見です。また、ケヴィン・クライン、ジェニファー・ガーナー、演出デヴィッド・ルヴォー3人の計り知れないパワーが融合された舞台です。それを余すことなくスクリーンでご堪能頂けるはずです。

熱中すべきは恋する自分の思いではなく、恋する相手の気持ちなのである。 巧みな言葉で最愛の人に尽くすシラノへ、賛美の言葉を送らずにはいられないはずです。世界中で大人気の『シラノ・ド・ベルジュラック』で、いつの時代も恋する者のひたむきさ、この悲恋劇の結末に涙を拭わずに目撃して下さい。

映画情報どっとこむ ralph 本作品で是非、シラノと共に約2時間の「ラヴ・レター」に酔いしれて下さい。公開日は2020年3月13日(金)より東劇(東京)他全国順次公開となります。日本語字幕を付けて皆様にお届け、

『シラノ・ド・ベルジュラック』

2020年3月13日(金)より東劇(東京)他全国順次公開

【STORY】
フランス軍隊に所属し、繊細な詩を綴り、人生観・世界観を多いに語り、剣術の達人であるシラノは、気が強く美しいロクサーヌに恋心を抱いている。しかし、自分の見た目に自信が持てず告白する事が出来ない。その時、ロクサーヌが友人のクリスチャンを慕っている事を知り、美青年ではあるが勘がにぶいクリスチャンの代行で、ロクサーヌへラヴ・レターを書き続ける。そして、とうとう本当の事がロクサーヌへ伝わってしまう・・

***********************************

配給:松竹
©Carol Rosegg
演出:デヴィッド・ルヴォー   
原作:エドモン・ロスタン
翻訳・脚色:アントニー・バージェス
出演:ケヴィン・クライン、ジェニファー・ガーナ―、
ダニエル・サンジャタ 他
米国/2007/ビスタサイズ/141分/5.1ch 日本語字幕スーパー版
公式:www.instagram.com/shochikucinema/




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

迫田公介監督の長編初映画『君がいる、いた、そんな時。 』広島国際映画祭 2019 にてワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph このたび、企画・脚本・監督を手がけた迫田公介監督の長編初映画『君がいる、いた、そんな時。 』が、22日より開催されている広島国際映画祭 2019 にてワールドプレミア上映を迎えました。 その上映前にトークイベントが行われ、小島藤子、迫田公介監督 ほか、広島在住のキャストとスタッフが登壇。初お披露目となる上映を盛り上げました。

広島国際映画祭 2019 『君がいる、いた、そんな時。』ワールドプレミア上映

日時:11月22日(金)
場所:NTT クレドホール 第 1 会場
登壇:小島藤子、迫田公介監督 ※司会:おだしずえ(出演、ラジオパーソナリティ)

※広島在住の以下出演者・スタッフ:坂本いろは、末武太、山本正大、渡邊海瑠、吉元宏介、下村拓巳、アイリン・サノ、山本偉地位、 ウサギバニーボーイ(音楽担当)、kneeeeee(音楽担当)

映画情報どっとこむ ralph 最初に司会のおだしずえさん(ラジオパーソナリティで本作にも出演)より、小島藤子さん、迫田公介監督が呼び込まれ、ご挨拶後にトークがスタートしました。

演じた祥子という役に対してどのようにアプローチしたのかという質問に、

小島さん:人には大なり小なり悲しい出来事がいろいろとあると思うんですけど、祥子さんに起きた悲しい出来事を考えるのが難しかったです。
その難しかった理由に対し、

迫田監督:脚本に書かれてある設定は僕が決めたんですけど、ある出来事に繋がる本編にはない祥子の過去の設定は小島さん自身に決めて書いて貰ったんです。僕の想像を超え、 祥子が愛おしく感じました。
と絶賛。それに対し、

おださん:つまりその人の人生を考えるということですよね。私は祥子のお母さん役をやらせていただいていたのですが、実は私も書いてこいと言われたんです。 このお母さんは何年生まれで、旦那さんとはいつ結婚して、その旦那さんはどこに務めていて、祥子を何歳のときに産んで・・・全部書いて行きましたが、一切みてもらえませんでした!!

と明かすと、

小島さん:見なかったんですか!? ヒドイ!

と突っ込まれ、監督は苦笑いのなか、会場は笑いで和やかな雰囲気に。

また、

迫田監督:あるシーンの撮影トラブルでどうしても再撮影をしなくてはならないことがあり、改めて小島さんにもお願いしたんです。僕としては小島さんの演技は前回 OK していたのですが、再撮影直前、設定について改めて考え、違うんじゃないかと思い始めてしまったんです。申し訳なかったのですが変えて貰おうと撮影に臨むと、何も話していないのに芝居が変わってたんですよ。聞いたら笑顔で「変えたー」と(笑)。でもそれがとても良かったんです。

と小島さんの撮影秘話が語られました。

映画情報どっとこむ ralph イベント途中では、広島在住のキャスト(坂本いろはさん、末武太さん、山本正大さん、渡邊海瑠さん、 吉元宏介さん、下村拓巳さん、アイリン・サノさん、山本偉地位さん)、音楽担当のウサギバニーボーイのお二人、kneeeeee さんも登壇。

主人公を演じたマサマヨール忠さんからのメッセージをもう一人の主人公を演じた坂本いろはさんが代読しました。

最後に、迫田監督より撮影地・呉市にある呉ポポロシアターでの初夏公開が新たに決定したことについての 発表があり、イベントが終了しました。


『君がいる、いた、そんな時。』

2020年初夏、新宿 K’s cinema ほか全国順次ロードショー!!

URL:
kimi-iru.com

twitter:
@kimiiru_movie

***********************************


マサマヨール忠 坂本いろは 小島藤子 おだしずえ 末武太 アイリン・サノ 沖原一生 山本正大 吉元宏介 渡邊海瑠 下村拓巳 山本偉地位 小川恭未子 藩飛礼・竜児 阪田マサノブ 横山雄二

監督・脚本・プロデューサー:迫田公介 音楽:ウサギバニーボーイ+kneeeeee+オカダノリコ 後援:呉市 呉市教育委員会 東広島市教育委員会 広島県 製作・配給:とび級プログラム ©とび級プログラム 2019年 / 日本 / カラー / 85分 / アメリカンビスタ(16:9)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

葵わかな、山崎育三郎ら登壇!高橋あず美、「メモリー」生歌唱!映画『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」。イギリスを代表する詩人T・S・エリオットの詩集を元に、「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」等の大ヒットミュージカルを手がけた制作陣の奇跡の作品が、遂に実写映画化!2020年最大の注目作、映画『キャッツ』が、2020年1月24日(金)より日本公開となります。
『キャッツ』
この度、本作の日本語吹替え版制作/キャストお披露目を兼ねた発表会を実施いたしました。

吹替え版制作が許可されたのは日本含め二カ国のみ!オリジナル版と同等のクオリティに仕上げるために、本国の制作チーム監修の下、歌唱力・表現力をチェックする厳しいテストが繰り返し行われ、日本を代表する実力派キャスト陣とクリエイター陣の参加。この場で発表となった日本語版吹替えキャスト、葵わかなさん(ヴィクトリア役)、山崎育三郎さん(マンカストラップ役)、高橋あず美さん(グリザベラ役)、ロバート秋山さん(バストファージョーンズ役)、森崎ウィンさん(ミストフェリーズ役)、大貫勇輔さん(スキンブルシャンクス役)、大竹しのぶさん(オールドデュトロノミー役)、そして日本語吹替え版音楽プロデューサー蔦谷好位置さんが登壇。吹替え版制作にかける想いや背景、珠玉のエンターテイメント作品に参加する意気込みを語りました。さらに この日は“キャッツ”の代名詞ともいえる名曲「メモリー」の映画日本語吹替え版を初解禁!熾烈なオーディションでグリザベラ役を勝ち取った”不屈のドリームガール“高橋さんの生歌唱を、蔦谷さんの生伴奏で披露しました。
『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会
映画『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会
日時:11月18日 (月)
会場:ザ・リッツ・カールトン東京 グランドボールルーム
登壇:葵わかな(ヴィクトリア役)/山崎育三郎(マンカストラップ役)/高橋あず美(グリザベラ役)/ロバート秋山(バストファージョーンズ役)/森崎ウィン(ミストフェリーズ役)/大貫勇輔(スキンブルシャンクス役)/大竹しのぶ(オールドデュトロノミー役)/蔦谷好位置(日本語吹替え版音楽プロデューサー)

映画情報どっとこむ ralph 若く純粋で臆病な白猫であり、本作の主人公ヴィクトリア役を演じる葵わかなさんは

葵さん:ヴィクトリアを通して映画『キャッツ』を楽しめる重要な役なので、皆さんを『キャッツ』の世界へと誘えるよう頑張りたい。ヴィクトリアのオリジナル曲を歌えるのかと思うと嬉しいです。

と挨拶。猫たちのリーダーであり、ヴィクトリアを秘密の世界へ導くマンカストラップ役を演じる、山崎育三郎さんは

山崎さん:トム・フーパーの『レ・ミゼラブル』(12)の大ファンなので、この作品に携われるのがとても嬉しい!

と笑顔をみせ、かつては絶世の美しさで愛された猫であり、名曲「メモリー」を歌うグリザベラ役を演じる高橋あず美さんは

高橋さん:大好きなミュージカルで、大切な“メモリー”を歌うことができるなんて信じられない。魂のこもった歌を皆さんに届けたい。

と意気込みを込めてコメント。
リッチでふとっちょ、そして紳士的な猫、バストファージョーンズ役を演じる秋山竜次さんは役柄と同様の黒ハットにスーツ姿で登場!

秋山さん:これは調子乗っているからではなく、役に寄せてます!

との一言に会場から笑いを起こった。マジックが得意で、とっても気弱な猫、ミストフェリーズ役を演じる森崎ウィンさんは、

森崎さん:この場に立っていることが幸せ。声で魔法の世界へ誘いたい。

と挨拶。働きもので、鉄道を愛するみんなの頼れる猫、スキンブルシャンクス役を演じる大貫勇輔さんは、

大貫さん:吹替えは初なので緊張している。精一杯頑張る。

と緊張した面持ちでコメントした。
そして、猫たちの偉大な長老であり、新しい人生を得る一匹の猫を選ぶオールドデュトロノミー役を演じる大竹しのぶさんは

大竹さん:こんな素敵な作品に携われるなんて、素晴らしすぎて世界に入れるか不安…。

と本音をこぼすも、

大竹さん:蜷川さんに“ジュディ・ディンチ”のようになれ“と言われていたので、彼女の声を吹替えするなんて信じられない。この不安を拭えるよう頑張る。

と運命を感じる役へ意気込みを語った。
そして、日本語吹替え版音楽プロデューサー、蔦谷好位置さんは

蔦谷さん:この作品の吹替えはとてもハードルが高い。ジャンプしながら歌ったり、いろんな方法でアフレコ収録を行っていて、スタッフたちとも相談しながら本国に負けない日本版を制作しています。

と今までにないアフレコ現場の様子を明かし、

蔦谷さん:翻訳が一番難しく、T・S・エリオットは韻の踏み方が美しいので、音の響きを大切にしている。いろいろとクリアしなきゃいけないポイントがたくさんあるが、現在収録した楽曲はすべて素晴らしいです。

と自信をみせた。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、ヴィクトリアの視点で物語が描かれるため、

葵さん:新曲“Beautiful Ghosts”は、ヴィクトリアがどんな猫でどう成長したいのか彼女の想いが表れています。

と語り、ちょうど昨日に歌の収録を終えたと明かした。そして、自身は猫が好きだそうで

葵さん:猫に一歩近づけた気がして嬉しい!

とコメント。これまで数々のミュージカル作品に出演している山崎さんは、

山崎さん:画面の中で繊細な表現で歌うのが新しかった。体を動かして歌ったりするので、初めての経験で楽しい。

と本作では新たな体験だったとオーディションを振り返る。グリザベラ役の高橋あず美さんは

高橋さん:“メモリー”は力は強くて、切なくて、素敵な曲。私が吹替えるなんて夢のようで、決まった時は声にならない叫びだった。

と心境を明かし、ジェニファー・ハドソンについても

ハドソンさん:彼女は自分の歌を成長させてくれる存在。18歳の時、ソウルフルに歌う彼女に衝撃を受けて、彼女のように歌えるようになりたいと真似したり、何度も彼女の歌を歌ったりしていた。なので、プレッシャーもあるけど精一杯頑張りたい。

と改めて意気込みを語った。秋山さんは役作りに関して尋ねられると、

秋山さん:ここ2か月くらい猫のライフスタイルにあわせた。小魚を食べたり、お偉いさんの足にすり寄ったり、腹をゴロゴロ鳴らすために腹の調子を壊したりした。

と真面目にコメントする姿に会場からは笑いが起こった。
ミストフェリーズ役の森崎ウィンさんは

森崎さん:本番がこれからなので緊張して…。でも、期待してください!

と笑顔でコメント。

大貫さん:どのシーンも本当の猫のように軽やかで美しい動き。なので、オーディションも動きを真似して声出したりして楽しかったです。

とオーディションは緊張の反面、楽しんだと明かす。そして、大竹さんは女優ジュディ・ディンチについて、

大竹さん:カッコよく年を重ねているジュディ・ディンチは本当に憧れ。画面での貫禄に圧倒する。負けないように吹替え頑張ります。

と感慨深げにコメントした。

映画情報どっとこむ ralph 作品にちなみ、自身に訪れた“チャンス”について尋ねられると、

葵さん:今年初めに初めて舞台へ立ったのですが、最初はオーディションを受けることに戸惑いがあった。でも心を決めてからはボイストレーニングを重ねたりして役を勝ち取ることができたのですが、今回、その舞台の映像を本国の方が見くださったそうで。その時の結果が今に繋がっているので、あの時オーディションを受けようと決めてよかったと思いました。

と今に通ずる“チャンス”を明かす。

山崎さん:野球のイチローさんにとても憧れていて、彼の引退する前日に国歌斉唱をすることができたのは本当に嬉しかった。あまりに嬉しすぎて、呼吸が浅くなってしまい6割くらいしか声が出せなかったのが悔やまれます。

と当日を振り返る。

高橋さん:どんなに歌っても私の憧れる人々には届かないと思っていたんですが、去年ブロードウェイの地下鉄でゲリラライブを行ったら、とても大きな反響をいただきました。それからは、いろんなことにチャレンジしようと思って、アマチュアナイトに出場して一位で通過できたりした。それが今に繋がっていたりするので、チャンスもタイミングもすべて繋がっているんだと思った。。

と今回の大抜擢に繋がっていると明かした。

秋山さん:本国が好きなので、本国にアピールするチャンス!

と“本国”を強調したコメントに会場からは笑いが起こり、

森崎さん:『レディー・プレイヤー1』(18)のオーディションで本国に行ったのは大きなチャンスだった。オーディションが受かって出演することができて…今ここに立つことができるのもあのチャンスがあったから。

と明かす。

大貫さん:舞台『メリー・ポピンズ』のバート役を勝ち取れたこと。当時オーディションがある前日は寝れなくて大変でした。

とコメントし、

大竹さん:ずっとチャンスをもらい続けている。こうやって長い間仕事ができるのはそのおかげなんだと思う。自分をさらに磨き続けられるのは幸せなこと。本国に負けないよう頑張ります。

と想いを語った。

蔦谷さん:初めて見たミュージカルが“キャッツ”で衝撃的な体験だった。そういういろんな体験は夢を持つことのできるきっかけになる。吹替えだと小さな子供でも観れるので、いろんな人に夢を持ってもらえる、それが一番のチャンス。

と自信をみせている。

また、トム・フーパー監督からは「製作中のため会場に伺えなくて残念だよ。素晴らしい本編になると確信している。字幕と吹替え、両方楽しんでね」と激励のメッセージが本国から到着。

最後に、

葵さん:愛のあるキャラクターになるように精一杯頑張ります!

山崎さん:最も豪華で華やかな作品。2020年一番のミュージカル映画になると思います。

高橋さん:心に大きく伝わる歌を歌えるように頑張ります!

蔦谷さん:スタッフ、キャストで最大限の力をもって作品を届けられるよう頑張ります。間違いなく素晴らしい作品になるでしょう!

と締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 本会見ではキャッツの代表曲である「メモリー」を初となる日本語吹替え版で披露。
『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会 高橋あず美『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会 『キャッツ』伴奏:蔦谷好位置
高橋あず美さんの歌唱、蔦谷好位置さん伴奏の特別バージョンの演奏し、会場一杯にその力強い歌声を響かせてイベントは幕を閉じた。

映画『キャッツ』

2020年1月24日(金)全国ロードショー

公式HP:
https://cats-movie.jp/

公式 Twitter:
@catsmovie_jp
(#映画キャッツ)


<吹替えキャスト一覧>
■ヴィクトリア:若く純粋で臆病な白猫であり、本作の主人公。
*オリジナルキャスト:フランチェスカ・ヘイワード
*日本語吹替え版キャスト:葵わかなさん
■マンカストラップ:ヴィクトリアを秘密の世界へ導く、猫たちのリーダー。
*オリジナルキャスト:ロビー・フェアチャイルド
*日本語吹替え版キャスト:山崎育三郎さん)
■グリザベラ:かつては絶世の美しさで愛された猫。名曲「メモリー」を歌いあげる。
*オリジナルキャスト:ジェニファー・ハドソン
*日本語吹替え版キャスト:高橋あず美さん
■バストファージョーンズ:リッチでふとっちょ、そして紳士的な猫。
*オリジナルキャスト:ジェームズ・コーデン
*日本語吹替え版キャスト:秋山竜次さん
■ミストフェリーズ:マジックが得意で、とっても気弱な猫。
*オリジナルキャスト:ローリー・デヴィッドソン
*日本語吹替え版キャスト:森崎ウィンさん
■スキンブルシャンクス:働きもので、鉄道を愛するみんなの頼れる駅長。
*オリジナルキャスト:スティーブン・マックレー
*日本語吹替え版キャスト:大貫勇輔さん
■オールドデュトロノミー:猫たちの偉大な長老。新しい人生を得る一匹の猫“ジェリクルキャッツ”を選ぶ。
*オリジナルキャスト:ジュディ・デンチ
*日本語吹替え版キャスト:大竹しのぶさん

<“不屈のドリームガール”高橋あず美さん詳細>
1986年10月7日生まれ、長野県松本市乗鞍高原出身。Pops,Soul,R&B,Gospel,Jazz等の音楽が自身の声・歌の根源となりソングライティングを開始。2008年、DREAMS COME TRUEのLIVEにBacking Vocalとして大抜擢され、さいたまスーパーアリーナが初舞台となる。その後、数々のメジャーアーティストのツアー・ライブ・レコーディングに参加している。

***********************************


監督:トム・フーパー(『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』『リリーのすべて』)
脚本:リー・ホール(『戦火の馬』『リトル・ダンサー』)、トム・フーパー
製作総指揮:アンドリュー・ロイド=ウェバー、スティーヴン・スピルバーグ、アンジェラ・モリソン、ジョー・バーン
原作・原案:T・S・エリオット、アンドリュー・ロイド=ウェバー

キャスト:ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、ジェイソン・デルーロ、イドリス・エルバ、ジェニファー・ハドソン、イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト、レベル・ウィルソン ANDフランチェスカ・ヘイワード

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

全米公開:2019年12月20日(予定)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ