「映画情報どっとこむ」カテゴリーアーカイブ

「映画をつくりたい人」を募集するプロジェクトをレプロエンタテインメントが発表。


映画情報どっとこむ ralph 芸能事務所レプロエンタテインメントが、「映画をつくりたい人」を募集するプロジェクトを発表。宮沢氷魚、福地桃子ら新進気鋭の俳優も参画。

俳優の池内博之、長谷川京子、真木よう子、新垣結衣、中村蒼、内田理央、宮沢氷魚、福地桃子、南沙良らが所属する、大手芸能プロダクション・レプロエンタテインメントが、「映画をつくりたい人」を募集するプロジェクト『感動シネマアワード』を発表した。

「感動」という言葉で浮かび上がるのは、heartwarming(心温まる)、be moved(心動かされる)、be inspired(鼓舞される)、be blown away(圧倒される)、soul-stirring(魂を揺さぶる)など、自分の心を揺さぶられる様々な“感情”。『感動シネマアワード』では、画一的な「感動」ではなく、様々なニュアンスを持った、観客の“心を揺さぶる”映画を募集する。

映画情報どっとこむ ralph 多数の俳優が所属するレプロエンタテインメントだからこその、「これからの映画の作り方」を考えるコンペティション企画となっており、以下2パターンの、映画の企画の募集を行う。

新進気鋭の俳優を主演にした映画の企画・プロデュース
レプロエンタテインメントに所属する、映画業界の将来を担う6名の俳優から1名を主演に選定した映画の企画を募集する。

応募者が自らを主演にした映画の企画・プロデュース
応募者が自らを主演にした映画の企画を募集する。演技経験のある方のみが応募可能。

「新進気鋭の俳優を主演にした映画の企画・プロデュース」では、今年放送されたドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)で話題の、「MEN’S NON-NO」専属モデル・宮沢氷魚(みやざわ・ひお/25)や、連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)で話題の福地桃子(ふくち・ももこ/22)ら、レプロエンタテインメントに所属する、6名の俳優の内1名を起用することができる。企画立案者は、応募の時点で主演のキャストを1名選定し、企画概要と脚本を応募する。審査を経て決定したグランプリ作品には、製作費がレプロエンタテインメントから出資され、受賞者は予算内で映画を製作する。


「応募者が自らを主演にした映画の企画・プロデュース」では、企画立案者が、自らを主演にした、企画概要と脚本を応募する。演じるだけでなく、作品のプロデュースまで総合的に行う。こちらも同様に、審査を経て決定したグランプリ作品には、製作費がレプロエンタテインメントから出資され、受賞者は予算内で映画を製作する。

メインビジュアルは、イラストレーターのフクザワ氏が書き下ろした、創作意欲を駆り立てるイラストとなっている。「映画をつくりたい」という想いを実現できるこのチャンスに挑戦してみてはいかがだろうか。

応募の締め切りは、2020年2月29日(土)23:59まで。


映画情報どっとこむ ralph ■募集ページ
https://www.lespros.co.jp/audition-info/9405/

■公式Twitter
https://twitter.com/kandou_cinema
▷アカウント名:@kandou_cinema
▷ハッシュタグ:#感動シネマアワード #宮沢氷魚 #福地桃子 #堀家一希 #うらじぬの #山﨑果倫 #植田雅

■レプロエンタテインメント公式HP
https://www.lespros.co.jp/


***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

片寄涼太、全女子を”シンデレラ”気分に!!『午前0時、キスしに来てよ』大ヒット御礼クリスマスイベント


映画情報どっとこむ ralph 公開2週目を迎えても、なお冷めやらない「0キス」ブームに感謝の気持ちを込めて、クリスマスを目前にしたこの日、主演の片寄涼太さんが舞台挨拶に登壇した。

映画『午前0時、キスしに来てよ』大ヒット記念イベント
日程:12月22日(日)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:片寄涼太

映画情報どっとこむ ralph 本作で国民的スーパースター・綾瀬楓役を演じる片寄さんだが、登場から本編よろしく観客からの黄色い声援に包まれ登場!

片寄さん:全国各地でたくさんの方が劇場に足を運んでくださっていると伺って、本当に感謝しています。今日はそんな気持ちを込めて、素敵な時間を過ごせたらなと思います」と笑顔で感謝の気持ちを述べた。

橋本環奈さん演じるヒロイン・日奈々の鼻をかじる鼻かじキスをはじめ、マスク越しのキスなど、キュンとするシーンが盛りだくさんの本作。今回は上映後の舞台挨拶ということもあり、映画の見所について聞かれ

片寄さん:ラストシーンはすごく印象的ですよね…

と感慨深い表情。

片寄さん:映画を観てない方にとってはあれなんですけど…『え?2回?』って感じじゃないですか。

とネタバレに配慮したヒミツの見所を語り、ラストシーンで何が2回起こるのかはぜひ劇場で確かめて、とはにかんだ。


さらに、国民的スーパースターとの遊園地貸切りデートやおうちデートといった本作ならではのデートシーンが見られることにちなみ、片寄さんの理想のクリスマスデートを聞かれると、

片寄さん:クリスマスって毎年思うんですけど、キラキラしたいですよね。イルミネーションとかキャンドルとか…そういう輝いているものが似合うタイミングだと思うので、素敵な景色が見られるレストランで食事をしたいですね。

と理想のデートを語ると、客席のみならず、MCの榎並大二郎アナウンサーも

MC:たまりませんね!隣にいたいですね!

と思わず大興奮の様子だった。

映画情報どっとこむ ralph 誰しもが憧れるスーパースターとの恋を描いた本作にちなみ、会場にいる全女子を”シンデレラ”気分に!というコンセプトのもと行われた今回のイベント。

片寄から0キスを応援してくれる方のために本編中の名セリフを少し早いクリスマスプレゼントとして贈る企画を実施!4つの台詞の中から、会場にいる観客に最も言ってもらいたい台詞1つを選んでもらい、片寄さんが実際に贈ることになった台詞は…

「俺が好きなのは、君なんだ。君の傍にいたい」。

この台詞は、国民的スーパースターと一般人のヒミツの恋の難しさに悩み、気持ちがすれ違ってしまった日奈々に、楓が仕事終わりに家までやってきて、日奈々に自分の気持ちをまっすぐに伝えるファンならずとも胸キュン必至のシーンだ。

片寄さん:この台詞が選ばれたら、前段の台詞から実演しようと思っていた!

と意気込み、気合いの長台詞を披露!時々カンペをみるお茶目さを見せながらも、最後まで台詞を決めると、会場からは悲鳴にも似た大歓声があがり、大盛り上がりとなった。

さらに、もう一つ

片寄さん:俺は君のことだと、結構余裕ないんです。

という台詞も片寄から特別に会場へプレゼントされると、またもや悲鳴があがり、会場のボルテージはMAXとなった。

まだまだ終わらないスーパースターからのサプライズプレゼントが続く今回のイベント。
実施日の12月22日にちなみ、前から12列目22番の席に座った観客にサプライズがあることが明かされた!「クリスマスプレゼント、届けに来てよ」と座席の下に置いてある手紙をファンが読み上げると、

片寄さん:じゃあ、今から届けに行くよ。

と片寄が自ら客席までプレゼントを持っていくという、まるでおとぎ話のようなサプライズが仕掛けられた。驚きのサプライズに、周りのファンも思わず絶叫!さらに、これだけでは終われないとさらなるサプライズが…なんと観客全員の座席番号が入ったボックスが登場し、片寄さん自ら引いた幸運な座席に座るファンにプレゼントが渡されることが告げられた。指名されたファンの女性が壇上に上がると、日奈々の手に自らの連絡先を書いて教えるシーンを再現するように片寄さんはペンのキャップを口で外して、パンフレットにサインをしてプレゼント。

片寄さん:メリークリスマス

という言葉とともに片寄からプレゼントを手渡されると、思わず女性も「死んじゃいます…」と放心状態。誰もがうらやむサプライズとなった。

映画情報どっとこむ ralph そんな会場の全女性を”シンデレラ”気分にした片寄さんに、今度は観客からの逆サプライズ!

ということで、ファンからのメッセージが飾られたクリスマスツリーが登場!
知らされていなかった片寄さんは

片寄さん:嬉しいですね!皆さん書いてくれたんですか?見入っちゃいますね…!

とじっくりメッセージを眺めながら、感無量の様子。

最後に

片寄さん:メリー0キスクリスマス!

と直筆のメッセージを書き込んだボードを飾り付けて “0キスクリスマスツリー”が完成した。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

片寄さん:皆さんのたくさんの支えのおかげでありがたいことに、大ヒット御礼舞台挨拶をすることができて感謝しています。自分にとってもこの作品はすごく大切ですし、多くの方に届くように祈っています。おとぎ話のような気持ちで観ていただければ嬉しいです。

と締め、舞台挨拶は大盛り上がりのまま幕を閉じた。

『午前0時、キスしに来てよ』

大ヒット上映中!



<STORY>
優等生の日奈々(橋本環奈)は誰もがみとめる超・マジメ人間。でも、ほんとはおとぎ話のような王子様との恋にあこがれる夢見がちな女子高生だった…。そんなある日、国民的スーパースター・綾瀬楓(片寄涼太)が、映画の撮影で学校にやってきた!運命の出会いをするふたり。ま、まさか、これはおとぎ話のはじまりっ?!楓の気取らない性格とやさしさにふれ、どんどん楓のことが好きになっていく日奈々。絶対バレてはいけないスーパースターとJKのヒミツの恋の行方は?最高にファンタジックで、ロマンティックなリアル・シンデレラLOVEストーリーの誕生です。
午前0時、キスしに来てよ
***********************************

出演:
片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE
橋本環奈
眞栄田郷敦 八木アリサ 岡崎紗絵 鈴木勝大
酒井若菜 遠藤憲一

監督:新城毅彦
脚本:大北はるか
音楽:林イグネル小百合
配給:松竹
(C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

横尾瑠尉 鷲尾修斗 輝山立 日向丈 登壇!映画『さそりとかゑる』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 売れない兄弟演歌グループ“あまがゑる”。
地方のスナックで歌っていたところ、偶然出会ったワケあり風の男に惚れこまれ、
マネージャーを買ってでられる。果たしてこの男は幸せをもたらす神か、
それとも不幸をもたらす悪魔か・・・?

映画「さそりとかゑる」の公開記念舞台挨拶が本日12月21日(土)シネ・リーブル池袋にて開催され、横尾瑠尉さん 鷲尾修斗さん、輝山立さん、 日向丈さんが登壇しました。

映画『さそりとかゑる』公開記念舞台挨拶
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:横尾瑠尉 鷲尾修斗 輝山立 日向丈

映画情報どっとこむ ralph 映画の上映が終わると、突如日向丈演じる町田が客席から登壇。
「これから2曲だけあいつらの歌を聞いてください!俺が見つけた最高の演歌3兄弟です!」と劇中のキャラクターそのままに客席を煽り、歌謡ショーが始まった。劇中にて兄弟演歌グループ”あまがゑる”を演じている、横尾瑠尉、鷲尾修斗、輝山立が劇中衣装で登場し、本作のために書き下ろされた楽曲である「酒場唄」、「奴隷契約」を歌いあげた。観客は緑色に光るペンライトやうちわで彼らを応援。歌謡ショーは大いに盛り上がった。

映画情報どっとこむ ralph そこからMCが登場し、通常の舞台挨拶へ。
以前、舞台での共演経験がある3人は映画の撮影を経てもお互いの印象は変わらなかったらしく、

輝山さん:以前は(横尾)瑠尉くんが直のお兄さんみたいな感じで接してたんですけど、うっさい真ん中が入ってきたんですよ。
と調子のいい発言。これに対し

鷲尾さん:仕事だよ!
と年上らしくキツいツッコミを入れ、会場の笑いを誘った。
3人の中でムードメーカー的な立場の人を聞かれると

鷲尾さん:これは、…瑠尉君ですかね。

と弟らしく兄に軽口を叩くと、言われた横尾さんも長男らしく

横尾さん:馬鹿野郎。
と笑って答え、長男の余裕を見せた。

輝山さん:瑠尉君、ボケ始めたら止まらないんですよ。

と日向に話しかけると、

日向さん:ぜひ。

と彼らのノリにのってみせる一幕もあり、4人の仲の良さも垣間見えた。


映画情報どっとこむ ralph 映画の中で印象的に描かれたのが、マネージャーを買って出た町田が”あまがゑる”たちのやる気を焚きつけるべく、彼らの本気の拳を掌で受け留めるというシーン。

日向さん:(その前のシーンの)歌っている姿に本当に感動してしまって…。皆さん本当に素敵だったので、気持ちだけでやりました。
と彼らを絶賛。実際に、殴る力加減について

横尾さん:最初は(役柄的に)あんまり強くない方が良いかと思ったのですが、監督から言われて思いっきり(殴りに)いきました。

と撮影当時を振り返った。

輝山さん:瑠尉君がゴミ山に飛び込んだことで、(それまでと)バランスがいい意味で崩れて、シーンの熱量があがりました。

とその場の雰囲気を思い出し、懐かしんだ様子だった。
そんな中、

日向さん:カメラには写ってないですけど、瑠尉君が泣いてたんですよ。綺麗な涙を流してて。

と裏話を語ると、それに対し

横尾さん:(商店街での路上ライブを誰にも聞いてもらえなかったというシーンの流れ的に、)悔しかったんで。溜まってたものを出しました。

と照れ笑いを浮かべた。

映画情報どっとこむ ralph “あまがゑる”のファンの総称がまだ決まっていなかったためこの場で決めるべく、アイデアを出していくことに。
彼らの最初のファンである町田を演じる日向さんは、”フロッグファミリー”を提案。映画のタイトルに引っ掛けて考えた鷲尾さんは「僕たちが”かえる”だから、”さそり”の皆さん。」を提案。その他、”おたまちゃん”、”ケロちゃん”、”ケロケロちゃん”など様々なものが出た中で、”フロッグファミリー”の頭文字”FF”を、ひらがな表記にした“えふえふ”に決定した。

最後に

横尾さん:まだ始まったばかりですけれども、ここからどんどん盛り上げていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

と思いの丈を述べる。続いて

鷲尾さん:映画でないと出来ないようなこの作品を、このメンバーでできたのが嬉しかった。」としつつ、「(”あまがゑる”で)2020年くらいには紅白歌合戦に出たいですね。

と大きな夢を語り、はにかんで見せた。

輝山さん:これからも本作と”あまがゑる”の応援をお願いします。

と最後は真剣に呼びかけ、舞台挨拶を締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 映画『さそりとかゑる』

【ストーリー】
「お前たちの歌声はいいぞ!最高だ!いつか天下を取る歌声だ!」
鴨川一郎、三郎、四郎の三兄弟は演歌・歌謡グループ ”あまがゑる” として日夜、地方のスナックや商店街で歌を披露しつつ、メジャーデビューを夢見ていた。しかし現実世界はかくも厳しく、CDの全く売れない鬱屈した営業回りの日々だけが続く。そんなある日、地方の場末のスナックで3人は危険な目をした男、町田と出会ってしまう。町田は3人の歌声に一目惚れし、半ば強引に ”あまがゑる” のマネージャーになることに。全ての行動がむちゃくちゃな町田に翻弄されながらも一郎、三郎、四郎の三兄弟はビッグスターを夢見て営業廻りの旅を続けていく。
しかし三兄弟はまだ知らない。町田にもうひとつ裏の仕事があることを…。
***********************************

横尾瑠尉 鷲尾修斗 輝山 立
椿鮒子 大堀こういち 広岡由里子 / 日向 丈

製作:菅谷英一/木村純子/加藤英治
企画・プロデューサー:菅谷英一 プロデューサー:長田安正 アシスタントプロデューサー:打田まりか 
監督・脚本:毛利安孝 撮影:水口智之 照明:関輝久 録音:渡辺健一 編集:野本稔 音楽:鷹尾まさき 
助監督:安達耕平 平岡凌 撮影助手:鈴木聡介 制作:松川のりすけ 速水萌 杉本笑美
衣装:森内陽子 ヘアメイク:コウゴトモヨ スチール:木村智軌 メイキング:星名陽平 

製作:「さそりとかゑる」製作委員会(Miny Mix Creati 部/スタービートエンターテイメント/Age Global Networks/ユナイテッドエンタテインメント)
協賛:SHOWROOM 制作プロダクション:Miny Mix Creati 部 
宣伝・配給:ユナイテッドエンタテインメント
2019年/日本/カラー/ステレオ/92分/ 
(C)2019「さそりとかゑる」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

白濱亜嵐 VS 片寄涼太『貴族降臨 PRINCE OF LEGEND』互いの正義をかけて戦うビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「HiGW&LOW」を手掛けたチームが送るプリンスバトルプロジェクト。
昨年、ドラマ放送が始まるや「かっこよさがすぎる」「どの王子も素敵すぎて選べない」「こんな学校に転校してみたい」など大反響を呼び、続く映画の公開でも“王子が渋滞”し、世の女子のハートを鷲掴みにしてきた『PRINCE OF LEGEND』。公開後も続編を求めるファンからの声が相次ぎ、この度、待望の続編となる『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』が2020年3月13日(金)に公開されることが決定いたしました!

映画情報どっとこむ ralph 一介の土木業者である主人公・安藤シンタロウが、様々な抗争の末に、やがて貴族・ドリーとなるまでを描く連続ドラマ「貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-」(2019年11月~2020年1月OA)。そして、劇場版『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』では、そのドリーが率いる、愛と優しさに溢れたエレガントな貴族たちが、“伝説”の称号を巡って、王子たちと史上空前の大バトルを繰り広げるストーリーが描かれます。

そしてこの度、白濱亜嵐率いる“貴族”と片寄涼太率いる“王子”が火花を散らす、ファン必見のビジュアルが誕生しました! 
本作の主人公・伝説の貴族ドリーを演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBE、そしてEXILEのパフォーマーを務め絶大な人気を誇るかたわら、俳優としても『ひるなかの流星』(17)などの大ヒット作を持つ白濱亜嵐。気品漂う佇まいは、まさに貴族にふさわしきエレガンス。その他、中島健、廣瀬智紀、荒牧慶彦、ら人気若手俳優、さらにDAIGO、山本耕史といった実力派キャストも名を連ね、文字通り最強の貴族軍団がスクリーンを彩ります。

対する王子チームには、前作『PRINCE OF LEGEND』を彩った王子たちが誰一人欠けることなく再集結!GENERATIONS from EXILE TRIBEから、前作で伝説の王子の称号を手に入れた朱雀奏を、『きみと、波にのれたら』(※声の出演)『午前0時、キスしに来てよ』(19)など話題作に数多く出演し、アーティストのみならず俳優としての活躍もめざましい片寄涼太が演じるとともに、佐野玲於、関口メンディー、劇団EXILEから鈴木伸之、町田啓太、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEから川村壱馬、吉野北人、藤原樹、長谷川慎。さらに連続テレビ小説「なつぞら」(NHK)で人気を博した清原翔らが出演!!そして、この超豪華な俳優陣を束ね、ドラマと映画のメガホンを取るのは「かぐや様は告らせたい―天才たちの恋愛頭脳戦―」やNetflixオリジナルドラマ「全裸監督」の河合勇人。独特のセンスでコメディ色が強いイメージがある河合監督が男たちの“絆”の物語をどのように切り取るのかも見どころのひとつです。


映画情報どっとこむ ralph 更に、2020年1月10日(金)より、本作の劇場前売券も発売されることとなり、前売特典として「貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-」A4サイズ特製クリアファイル」(全国合計2万名様完全限定生産)の配布も決定!!
表面には、美しき男たちの熱い戦いを想起させるポスターのビジュアルが登場。裏面には、これからの戦いを予期させる、ドリーと奏が互いに背を向けるビジュアルが登場。“貴族”と“王子”。

互いに頂点を極めしものの背負うものの大きさと、彼らの強い覚悟を感じるクールで美しいビジュアルが誕生です!


前売特典
「貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-」A4サイズ特製クリアファイル
※劇場限定の特典です。
※全国合計2万名様限定になります。
※前売券1枚ご購入につき、クリアファイルをお1つプレゼント。
※劇場により数に限りがございますので、終了の際はご了承くださいませ。
※詳しくは映画の公式HPをご確認ください。
※特典は非売品です。転売目的での購入はご遠慮ください。 

映画情報どっとこむ ralph 『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』

3月13日(金)全国東宝系にて公開

公式サイト:
http://prince-of-legend.jp/ 

公式ツイッター:
@PRINCELEGEND_PR 

公式インスタグラム:
prince.of.legend 


ストーリー
夜の世界の中心・ナイトリングのNo.1ホストクラブ「クラブ・テキサス」の代表となった安藤シンタロウ(白濱亜嵐)は、自らの名を「ドリー」と改め、“貴族”としてこの世に生きる弱者を守り、全ての人が笑って暮らせる高貴な世界を作ることを決意する。
そんな彼は、あるきっかけで聖ブリリアント学園の存在を知ることとなる。今や伝説の王子の“聖地”として、聖ブリリアント学園には転入者が殺到、「三代目伝説の王子」となった朱雀奏(片寄涼太)は世界中を廻り、王子道を邁進していた。貴族と王子、果たしてどちらが正義なのか―。ともに頂点を極める両者が出会った時、戦いの幕はすでに切って落とされていた‥‥。
今、美しく尊い男たちが“伝説”の座を巡り、史上空前のバトルを繰り広げる!


***********************************


白濱亜嵐 片寄涼太
鈴木伸之 佐野玲於 関口メンディー 川村壱馬 吉野北人 藤原樹 長谷川慎 町田啓太
清原翔 廣瀬智紀 荒牧慶彦 飯島寛騎 塩野瑛久 中島健 勝矢 加藤諒 袴田吉彦
山本耕史 DAIGO

監督:河合勇人(『かぐや様は告らせたい-天才たちの恋愛頭脳戦-』)
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:Possible/片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
本編完成時期:2020年1月下旬予定
公開:2020年3月13日(金)
配給:東宝
©2020「PRINCE OF LEGEND」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『his』Sano ibukiが主題歌を担当!「暖かくも孤独を纏った曲」と今泉監督も大絶賛!


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『his』(2020年1月24日公開)の主題歌を、シンガーソングライター・Sano ibukiが担当することが決定。あわせて主題歌入りの予告編を公開しました。

今泉力哉『his』 本作は『愛がなんだ』のヒットが記憶に新しい、今泉力哉監督の最新作です。主演はテレビドラマ「偽装不倫」(NTV)で多くの視聴者の心をつかんだ宮沢氷魚。本作では周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川迅(いがわ・しゅん)役を演じます。迅が恋焦がれる日比野渚(ひびの・なぎさ)役には、U-NEXTのオリジナル配信ドラマ「すじぼり」で連続ドラマ初主演を務めるなど話題作への出演が絶えない藤原季節。恋愛映画の旗手・今泉力哉監督による、男性ふたりの恋愛と、「好きだけではどうしようもない」“その先”の物語が描かれます。


Sano ibukiは新進気鋭のシンガーソングライターで、今年11月にデビューアルバム「STORY TELLER」をリリースしたばかり。今後の活躍が期待される新星です。2017年にタワーレコード新宿店バイヤーの耳に留まり、同店限定シングルとして急遽CD化された自主製作音源「魔法」がきっかけとなり、今回主題歌に起用されることが決まりました。

今回、Sanoの歌う「マリアロード」が挿入された新予告編を公開いたし
ました。「マリアロード」は今泉監督の依頼をきっかけにSano が『his』のために書きおろした楽曲。曲を作る上で、監督とSanoは数時間にわたって話し合いながら楽曲の世界観を作り上げていきました。

映像では、迅が渚に伝えた“ある決意”をきっかけに楽曲がスタート。彼らを包む切なさをさらに盛り上げ、それでいて優しく寄り添うような予告映像となっております。


映画情報どっとこむ ralph ◆Sano ibukiさんコメント

今回「his」の主題歌を担当させて頂きました。
“マリアロード”という曲です。
主人公達含め、登場人物それぞれが普通という表層的な言葉の中で、本物を探す姿を音楽で表現するために模索していった末に完成した楽曲です。
今泉監督が作る世界は他人事ではないのに、近すぎない。
そんな距離感に僭越ながら近しいものを感じたこともあり、この素晴らしい作品の一部になれたことを素直に嬉しく、誇りに思います。

◆今泉力哉監督コメント
主題歌をつくってもらうにあたり、Sanoさんとお話しする時間をいただいた。
どんな曲にするかという話より、世の中と自分たちの音楽や映画との距離の話や、主張があるとしてもそれを強い言葉やわかりやすい言葉で届けないことの温度などについてたくさん話した。
安易な言葉での表現をお互いに苦手としていることなどを話した。
言葉って今は「刺さる」とかで修飾されるけど、「届ける」とか「寄り添う」とかそういう方がいいとか。
そしてつくっていただいた楽曲「マリアロード」は、さまざまな視点と色を持った暖かくも孤独を纏った曲でとても美しかった。
これからもSanoさんの曲を聞いていきたいと思う。
今泉力哉監督
◆宮沢氷魚さんコメント
初めて聴いた時、とても感動したのを覚えています。優しいメロディ。そして、それに乗った暖かい歌詞。『his』のストーリーに寄り添うような内容にグッと来ました。迅と渚が共に想い合う絵が浮かんできます。
『his』 宮沢氷魚
『his』

来年1月24日より全国公開です。

公式HP:
https://www.phantom-film.com/his-movie/

井川迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判官から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。


***********************************


宮沢氷魚 / 藤原季節
松本若菜  松本穂香 / 外村紗玖良  中村久美
鈴木慶一  根岸季衣  堀部圭亮  戸田恵子
監督:今泉力哉 企画・脚本:アサダアツシ
音楽:渡邊 崇  主題歌:Sano ibuki「マリアロード」(EMI Records/ UNIVERSAL MUSIC)
製作プロダクション:ダブ  
企画製作:メ~テレ  
製作:映画「his」製作委員会  
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©2020映画「his」製作委員会 (日本/5.1ch/カラー/127分) 
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、今泉力哉監督『mellow』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『パンとバスと2度目のハツコイ』、『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と、2019年にドラマ「あなたの番です」での好演もあり、今最も勢いのある俳優・田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(メロウ)が、2020年1月17日(金)に全国公開する。

この度新宿バルト9にて、本作の完成披露試写会が実施された。主演の田中圭をはじめ、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、そして本作のメガホンを握った今泉力哉監督が登壇すると、会場からは黄色い歓声が上がった。


映画『mellow』完成披露舞台挨拶
日時:12月10日(火)  
場所:新宿バルト9
登壇:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph 初お披露目となる今の気持ちを聞かれ
田中さん:メロウな気持ちですよ。『mellow』の完成披露で、メロウな仲間と、メロウな観客の皆さんと、メロウな記者様と過ごせて、メロウな気分です(笑)。

と、タイトル『mellow』に絡めたコメントをすると、

監督:今日メロウって何回言うんだみたいになりますよ!(笑)

とツッコミが入り、会場は笑いに包まれた。田中との共演を聞かれ

岡崎さん:初日からフランクに接してくださって。本当に優しい方でした。現場に入ってもそんなに緊張することなく、リラックスしてその場にいられたのは田中さんのおかげです。ありがとうございます。」と感謝の気持ちを吐露。


また『パンとバスと2度目のハツコイ』に続き、監督の2度目のタッグについて聞かれ

志田さん:前回のパンバスの時も今回の『mellow』もなんですけど、今泉さんはもちろん、スタッフの皆さんが本当に温かくて、優しい方しかいないので、監督の現場が私はとっても好きなんです。今泉さんはどの役に対しても平等に愛情を注いでくださって、丁寧に向き合ってくださるので、今回も安心してただただ楽しんでいました。

と回答すると、

田中さん:めっちゃ良いこと言うね!俺もメロウ、メロウ言ってる場合じゃないな(笑)

と感心しきりの様子だった。さらに、初の映画出演について聞かれ

松木さん:初めてのことだらけで、最初は大丈夫かな、上手くできるかな、と緊張していたんですけど、現場に入った時に最初に見えるのが、スタッフさんや共演者の皆さんの笑顔だったので、その笑顔を見たら、頑張ろうと思えるような、それこそメロウな雰囲気が流れている凄く素敵な現場だったので、私も安心してお芝居に臨むことが出来ました。
とコメント。すると

田中さん:めっちゃ上手いこと言えるね!メロウの使い方天才か!

と。


本作の着想について聞かれた
監督:もともと『パンとバスと2度目のハツコイ』と同じチームでお話を頂いて。初めはなかなか書けなくて、締め切りを2・3回飛ばしたんですよ。そしたら人生で初めて、しかもこのご時世に“ホテル取りますか?”って言われたんです(笑)

と作品が出来るまでの裏話を語ってくれた。そうして出来上がった脚本について聞かれ

田中さん:凄く面白かったんですよね。でも、なんでこの話を映画にしようと思ったのか、僕ら全員が経験したことあるような話なんだけど、みんなが見過ごすような小さな気持ちを凄く凄く大事に寄せ集めているような脚本だったので、なるべく監督の言うことを忠実にやろうと意識していました。

と語り、このことに対して

監督:基本的に僕のやり方は1回通しで演じてもらうんです。そうすると自分が思っている以上にキャストが広げてくれるんですよね。今回も田中さんが自分が思っていた真っ当ないい人の夏目を人間らしくしてくれました。

とコメントした。


映画情報どっとこむ ralph 花を誰かに送ったことがあるかという質問に

田中さん:今までお花にあまり興味がなかったのですが、母が亡くなってから初めて花束をお花屋さんに行って、自分で1本1本選んだりとか、誰かを想いながら作るというのを体感したんです。そんな風にお花に興味を持ち始めたときに、このお話をいただいたので何かの縁を感じましたね。

と作品と実生活の繋がりを語ってくれた。本作のように、どこか見たことのあるような身近な風景を切り取った演出が魅力の今泉監督作品。そんな本作での役づくりについて聞かれ

岡崎さん:やってみると全然難しくて、学ぶことがたくさんありました。日常を意識するようにおっしゃって頂いていたので、セリフをひとつ言うにも“えーっと”など、何気なく使う言葉を入れていいということだったので、そういうのは意識していないと意外と出てこなくて、難しく感じました。

と語ってくれた。



最後に・・・

田中さん:この映画を見て僕が1番思ったことは、誰かに興味を持つことって、凄く大事なことだなと思いました。興味を持たない限り、その人って他人なんですよね。その人の事を考えたりとか、その人の為にとか、好きっていう感情ももちろん素敵ですし、でもそのきっかけが1つ興味だと思うので、こういう映画がたくさんの人に愛されて、みんなが興味の持てる人が増えて、今より他人という感覚が無くなれば良いな、と凄く思いました。本作を観てメロウな気持ちになってください!

と挨拶し、イベントは大盛況で終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『mellow』

公式HP:
mellow-movie.com

20年1月17日(金) 新宿バルト9・イオンシネマ シアタス調布 ほか全国公開

***********************************


出演:田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、SUMIRE、山下健二郎(友情出演)(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、ともさかりえ/小市慢太郎

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:並木瑠璃「花になる」 

音楽:ゲイリー芦屋
製作プロダクション:ダブ
配給:関西テレビ放送 ポニーキャニオン 
©2020「mellow」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ミラノ国際映画祭にて最優秀作品賞&男優賞をW受賞 映画『ひとくず』


映画情報どっとこむ ralph 子供時代に母親の男から虐待されて育ち、夢も希望もなく暮らす男が空き巣に入った家で出会ったのは、同じく母親の男から虐待され、育児放棄されている小学生の女の子だった。初めて守るべきものができた男は、少女の母親も、親の愛を受けずに育ったと気づき…。

人と人との繋がりや心の琴線に触れる物語を描いてきた劇団テンアンツ代表の上西雄大監督が、30年以上児童相談所に勤務している児童精神科医師の楠部知子先生から「虐待をしてしまう大人もまた傷ついている」という実態を耳にし、傷ついた子供だけでなく、虐待をしてしまう大人にも眼を向けてあげてほしいと制作した感動のエンターテイメント映画『ひとくず』。

この度、2019年12月7日に閉幕したミラノ国際映画祭にて最優秀作品賞と最優秀男優賞を受賞しました。

映画情報どっとこむ ralph 最優秀男優賞を受賞した上西雄大より喜びのコメントが届いた。きました。

監督・脚本・編集・プロデューサー:上西雄大 コメント
児童相談所の嘱託医の先生に悍ましい虐待の事実をお聞きし、その夜眠れず一晩で脚本を書きました。この映画は虐待という残酷な事実に向けた僕の想いでした。この映画は製作後、多くの良心とめぐり合わせててくれました。その映画「ひとくず」が賞を頂き心から感謝を致します。来年公開へ向けより深く想いを埋める事が出来ました。ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph 本作は、5月に行われたニース国際映画祭で、子供時代に虐待されて育った空き巣の男役の上西雄大が外国語長編映画部門主演男優賞を、育児放棄する母親役の古川藍が助演女優賞をそれぞれ受賞。6月には、国際的女優・映画監督の桃井かおりやイギリス人プロデューサーのアダム・トレルらが審査員を務めた熱海国際映画祭で、上西雄大が最優秀監督賞、育児放棄される子供役の小南希良梨が最優秀俳優賞をW受賞しており、満を持しての日本での劇場公開となる。


映画『ひとくず

2020年3月14日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開です。

http://hitokuzu.com/

Twitter:
@hitokuzu_movie

ひとくず_ポスタービジュアル
【STORY】 
生まれてからずっと虐待される日々が続く少女・鞠。食べる物もなく、電気もガスも止められている家に置き去りにされた鞠のもとへ、犯罪を重ねる破綻者の男・金田が空巣に入る。
幼い頃に虐待を受けていた金田は、鞠の姿に、自分を重ね、社会からは外れた方法で彼女を救おうと動き出す。そして、鞠の母である凜の恋人から鞠が虐待を受けていることを知る。
虐待されつつも母親を愛する鞠。鞠が虐待されていると確信した担任教諭は、児童相談所職員を連れてやって来るが、鞠は母の元を離れようとせず、保護する事ができずにいた。
金田は鞠を救うため虐待をする凜の恋人を殺してしまう。凜を力ずくで、母親にさせようとする金田。しかし、凜もまた、虐待の過去を持ち、子供の愛し方が分からないでいた。そんな3人が不器用ながらも共に暮らし、「家族」の温かさを感じ本物の「家族」へと近付いていくが、、、


***********************************

上西雄大 小南希良梨 古川藍 徳竹未夏
城明男 税所篤彦 川合敏之 椿鮒子 空田浩志
中里ひろみ 谷しげる 星川桂 美咲 西川莉子 中谷昌代 上村ゆきえ
工藤俊作 堀田眞三 飯島大介 田中要次 木下ほうか


監督・脚本・編集・プロデューサー:上西雄大
エグゼクティブ・プロデューサー:平野剛 中田徹  監修:楠部知子
撮影・照明:前田智広 川路哲也   録音:仁山裕斗 中谷昌代  音楽プロデューサー:Na Seung Chul
主題歌:吉村ビソー「Hitokuzu」  制作:テンアンツ   配給・宣伝:渋谷プロダクション
協賛:㈱リゾートライフ ドリームクロス㈱ 串カツだるま カンサイ建装工業㈱ 高橋鋭一
平野マタニティクリニック ㈱エフアンドエム ㈱中島食品 ALEMO㈱ ㈱USK ㈱ラフト
2019/STEREO/JAPAN/DCP/117min
©上西雄大




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

窪田正孝・内野聖陽・ベッキー・三池崇史監督参戦『初恋』第4回マカオ国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 三池崇史監督×窪田正孝主演の映画『初恋』が東映配給で2020年2月28日(金)より公開となります。

この度、本作が第4回マカオ国際映画祭のフライングダガー部門へ出品し、窪田正孝、内野聖陽、ベッキー、三池崇史監督が本映画祭へ参加いたしました!現地では、12月7日(土)に海外メディア向けの囲み取材、レッドカーペット・舞台挨拶を行い、万雷の拍手と共に迎えられました。

<第4回マカオ国際映画祭『初恋』公式上映他詳細>
【概要/日時】
・海外メディア向け囲み取材/12月7日(土)15:00〜16:00[日本時間16:00〜17:00]
・レッドカーペット、舞台挨拶/12月7日(土)20:45 〜21:20 [日本時間21:15〜22:20] 
【場所】マカオカルチャーセンター(600席)
【参加者】窪田正孝、内野聖陽、ベッキー、三池崇史監督

「フライングダガー部門」(Flying Daggers section)とは
ノンコンペティションで、世界から選りすぐりのジャンル映画を上映する部門。

映画情報どっとこむ ralph 今年で4回目を迎えたマカオ国際映画祭は、現地の若い世代の映画文化を反映し、人気作やジャンル作品を中心に構成される国際映画祭。三池崇史監督は第1回マカオ国際映画祭に『土竜の唄 香港狂騒曲』で参加して以来2回目、窪田正孝、内野聖陽、ベッキーは初参加となりました。

深夜にマカオへ到着した一向は空港からホテルへタクシーで向かう際、ものの10分で着くところを1時間ほどの回り道を強いられるというプチハプニングに見舞われながらも、内野は運転手が夜景を楽しませてくれたと前向きに捉えマカオのきらびやかな街並みを楽しみました。

7日(土)に行われた海外メディア向けの囲み取材ではアジアメディア、インターナショナルメディアからの多くの質問に答えました。

三池監督は、多岐にわたるジャンルの作品を手掛けるなかで香港映画からの影響は受けているかという質問に対し


三池監督:僕は映画監督になりたかったというよりも、ブルース・リーになりたかった!カンフー映画は子供頃からたくさん観ているので、監督として以前に人間として影響受けている。

と答え、ジャッキー・チェン以前の香港映画から強い影響を受けていることを明かしました。
窪田さんは、役作りについて聞かれると

窪田さん:ジムのシーンを一日で前日は試合のシーンがそれぞれ1日で撮影したのは体力的に辛かったですが、念願のボクサー役だったので頑張りました!(笑)

と、厳しい撮影を笑顔で振り返りました。内野さんは、本作に携わり驚いたことを聞かれると

内野さん:自らがよく行くホームセンターが舞台になっていることにまず驚いた。

と答え、さらに

内野さん:駐車場の2階から車で飛び出すという画コンテを監督にみせられて驚いた。監督の奇抜なアイディアにエキサイトしましたし、良い映画に出会えたなと思いました。

と、三池監督らしいアイディアに驚きの連続だったことを明かしました。
ベッキーは、本作に携わった感想を聞かれると、

ベッキー:まず本作に出演できて本当にうれしかったです。憧れであった三池監督に声をかけていただいたので、すぐに出演のお返事をさせていただきました。私が感情爆発させる時は皆さんが空気を作ってくれて。明るすぎるわけでも、暗すぎるわけでもなく、居心地のいい現場だった。シーンに合う現場でやりやすかったです。

と感無量の様子でコメントしました。

さらに、マカオ国際映画祭の印象について聞かれると

窪田さん:マカオは電力100パーセント使っているのではないかと思うくらい、ギラギラでした!これからたくさんの海外の方々に見ていただく中でジャンルを問わず映画って楽しいなって思っていただけると嬉しいです。

三池監督:マカオは1回目に来た時からギラギラしていました(笑)。マカオ映画祭は4回目を向かえて成長してきていると思うしこれからも楽しみな映画祭です。

とコメント。
三池監督と他の監督との違いについて問われると、

窪田さん:いろんな現場でやってきた中で、誰よりも現場を楽しんでいる姿が10年間変わらない三池監督はすごい。主要キャストだけでなく、通行人や周りの出演する人全員に対して愛をもって役を導いているのは素晴らしいなと思う。

内野さん:映画にかけるやんちゃぶりは素敵だと思う。日本映画の現場はいろんな制約があるものの、前向きに捉えて、作品を愛して戦い続ける姿は見ていて嬉しかった。高みに挑んでく姿は、みんながついていきたくなるくらい、三池監督の映画愛は別格。

ベッキー:感情を爆発させるシーンを撮影する時に、まず感情作ってからカメラを回していただいたのですが、感情が出来た時に“カメラ回してください”って言わなきゃって思った瞬間に監督が言ってくださって。初めてご一緒したのに、こんなに私を理解してくださる方がいるんだって有難かったです。

と、それぞれ三池監督に対する特別な思いがあることを明かしました。

本作での海外映画祭は初めての参加となった
内野さん:台本いただいた時、勢いのあるものだなと感じましたが、海外映画祭に参加して実際に三池監督の作品がどのように受け入れられているのか反応をみるのが楽しみです。私は劇中でバイオレンス担当なのですが、そのようなところもどのようにみられているのか楽しみです。

と答え、観客の反応に期待している様子。

ベッキーさん:観客の生の反応を見ながら自分も観るのが初めてなのでとてもすごく興味深いです。妹がアメリカで見た際に私のシーンでも笑いが起きているところが一か所あったみたいで、そんなシーンあったかな…と思うので、どこなのチェックしてみたいと思います。

と、本作で見事な怪演を見せたベッキーならではの意気込みを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph
同日の夜に行われたレッドカーペットでは多くの観客が詰めかけ、大きな歓声が止まないなか4人のサインを求める人々で溢れかえりました。そんな熱烈なファンの声援に、ひとつひとつ丁寧に答えるなか10分ほど押して舞台挨拶がスタート。600席の場内はほぼ満席の中、


三池監督:土曜の夜、今日のこの時間に観るのにちょうどいい作品だと思いますのでぜひお楽しみください!

コメント。窪田さんは広東語で一言挨拶をすると会場からははちきれんばかりの黄色い歓声が!続けて、

窪田さん:この作品を通して、日本映画の素晴らしさが海を越えて一人でも多くの人に届くといいなと思っています。渾身の力作なので、観終わった人に身近な助けてくれる人へ感謝の気持ちが芽生えてくれたら嬉しいです。

と本作にかける熱い思いを明かしました。

ベッキーさん:今はにこやかですが、映画が始まったら悪魔のような顔になります。(笑)そこもぜひ楽しんでください。でも、その根底には”FIRST LOVE”があること忘れないでください!

と観客に呼びかけました。内野さんも広東語の挨拶でファンを沸かせると

内野さん:今や絶滅危惧種となっているヤクザという過激な役を演じています。ぶっとんだ映画になっていますので、最後まで楽しんでください。

とコメントし、観客のボルテージが最高潮に達するなか上映がスタート。

エンドロールでは既に万雷の拍手が鳴りやまず、上映後には盛大な歓声があがりました。
観客と一緒に鑑賞して、

窪田さん:カンヌの時はお客さんと一緒に作品を見られなかったけれど、今日皆さんと観られて、笑いたいところは笑うという素直に映画を楽しんでいる様子を伺えて嬉しかったです!

と喜びを明かし、『初恋』の上映は観客もキャストも大興奮の中幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph <上映後のお客さんコメント>
・日本の文化も知れて、本当に素晴らしい映画でした!
・次に何が起こるかわからないからドキドキしていた。
役者の方もみんな素晴らしくて、窪田さんの目の演技がすごい!
・バイオレンスも激しかったけど、しっかり純愛も描かれていて感動した。
・窪田ファンなので、全然他の作品と演技が違くてよかった!素晴らしい!これからも彼を応援するよ!
・最後のクライマックスは緊張感たっぷりで、とてもよかった!!

映画情報どっとこむ ralph 映画『初恋』

2020年2月28日(金)全国公開

hatsukoi-movie.jp 

Twitter:
@hatsukoi2020


―最期に出会った、最初の恋―
舞台は、さまざまな事情を抱えた人間たちが流れ込む欲望の街・新宿歌舞伎町。天涯孤独ながら希有な才能を持つプロボクサーの葛城レオ(窪田正孝)が、負けるはずのない相手との試合でKO負けを喫し、試合後の診察で余命いくばくも無い病に侵されていることを知る。自暴自棄になったレオが、気もそぞろに繁華街を歩いていると、男に追われる少女に出くわす。ただ事ではない様子を察したレオは条件反射的に男をKO。気を失った男のポケットにあった、警察手帳をとっさに懐へとしまうと、少女の後を追った。少女はモニカ(小西桜子)と名乗り、親の虐待から逃れるように街へ流れついて、ヤクザに囚われていたことを明かす。KOされた男は悪徳刑事・大伴(大森南朋)でヤクザの策士・加瀬(染谷将太)と裏で手を組み、ヤクザの資金源となる“ブツ”を横取りしようと画策、モニカを見張っていたのだ。ヤクザと大伴から追われる身となったレオだが、モニカと自らの境遇が重なる部分もあり、どうせ短い命ならと半ばやけくそで彼女を救おうと決意する。一方で、モニカと共に資金源となる“ブツ”が消えさらにヤクザの一員・ヤス(三浦貴大)が殺されたことを彼女のジュリ(ベッキー)から知らされる組員一同は、組長代行(塩見三省)の基で今にも一触即発の様相を呈している。一連の事件をチャイニーズマフィアの仕業だと踏んだ組随一の武闘派・権藤(内野聖陽)が組の核弾頭・市川(村上淳)と共に復讐を決意し、ジュリも後を追った。
ヤクザとチャイニーズマフィアに悪徳刑事。ならず者たちの争いに巻き込まれた孤独なレオとモニカが行きつく先に待ち受けるものとは……。欲望渦巻く繁華街で出会った孤独な二人が過ごした、人生で最も濃密な一夜の結末や如何に。

***********************************

窪田正孝 大森南朋 染谷将太 小西桜子 ベッキー
三浦貴大 藤岡麻美 顏正國 段鈞豪 矢島舞美 出合正幸
村上 淳 滝藤賢一 ベンガル 塩見三省 ・ 内野聖陽

監督:三池崇史 脚本:中村雅 音楽:遠藤浩二
製作:村松秀信 香田哲朗 宮崎伸夫 佐野真之 奥野敏聡 與田尚志 藤本鈴子 安藝貴範 森田圭 近貞博
企画・プロデュース:紀伊宗之 プロデューサー:ジェレミー・トーマス 坂美佐子 前田茂司 伊藤秀裕 小杉宝
共同プロデューサー:飯田雅裕 ラインプロデューサー:今井朝幸 青木智紀 キャスティングプロデューサー:山口正志
撮影:北信康(J.S.C.) 照明:渡部嘉 美術:清水剛 録音:中村淳 装飾:岩井健志 編集:神谷朗
VFXスーパーバイザー:太田垣香織 キャラクタースーパーバイザー:前田勇弥 ヘアメイク:石部順子 画コンテ:相馬宏充 スーパーヴァイジングサウンドエディター:勝俣まさとし
スタントコーディネーター:辻井啓伺  カースタント:雨宮正信 野呂真治 俳優担当:平出千尋 助監督:山口将幸 制作担当:鈴木勇 音楽プロデューサー:杉田寿宏
「初恋」製作委員会:東映Akatsuki 朝日新聞社 アスミック・エースOLM 東映ビデオ VAP グッドスマイルカンパニー KDDI アルケミーブラザース
制作プロダクション:OLM
制作協力:楽映舎
宣伝:ガイエ
配給:東映
(C)2020「初恋」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ