「映画情報どっとこむ」カテゴリーアーカイブ

海外映画祭19冠目!『アルビノの木』スペイン・グラナダの映画祭で最優秀賞獲得!DVD発売


映画情報どっとこむ ralph 2016 年テアトル新宿を皮切りに全国劇場で公開され、世界各国の映画祭で受賞を重ねてきた『アルビノの木』が、スペイン・グラナダで11/8~12/5開催された第5回Festival CINEMISTICAで最優秀賞(一般映画部門)を受賞し、本作における海外映画祭 で計19冠を達成しました。
http://blog.cinemistica.com/?p=2834

Festival CINEMISTICA は2014年からスペイン・グラナダのアートシアターArte7 シネマテークを本拠地として毎年開催されてい る国際映画祭で、本年はグラナダの他にフランス・マルセイユ、モロッコ・ラバト、ペルー・イキトスでも同時開催。

アンドレイ・タルコフスキー監督『ノスタルジア』など招待作品やコンペティション作品、長短編あわせ約 120 本が上映され、12/5 のクロージングセレモニーでドイツの映画監督バーバラ・シュローダー氏を審査員長とした国際審査員らにより三部門の最優秀賞が発表されました。

フェスティバルディレクターのマヌエル・ペレス氏は

「我々の映画祭の作品選定基準である哲学的・心理 的・人類学的・霊的・詩的な内容を持つ映画という要素を完全に有する素晴らしい作品『アルビノの木』が最高賞に選ばれ大変嬉しい」

とコメントしてます。

映画情報どっとこむ ralph 本作は 2019 年1月 5 日(土)ブルーレイ&DVD ソフトとして発売(販売元:インターフィルム)、レンタル DVD も同日に解禁、そし てセル限定であるブルーレイには金子雅和監督の短編 4 作品(計 107 分)が特典収録された仕様となります。
◆『アルビノの木』
ブルーレイ 本編 86 分+特典映像(短編 4 作)107 分 +オリジナル予告編 1 分 ※初回封入特典有 全 194 分収録 4,500 円(税別)
◆『アルビノの木』
DVD 本編 86 分+オリジナル予告編 1 分 全 87 分収録 2,800 円(税別)

映画情報どっとこむ ralph また、金子監督の初長編作『すみれ人形』(2008 年/出演:山田キヌヲ,綾野剛ほか)と、乙一原作『失はれる物語』などを含む短 編集を同時収録した『すみれ人形/辺境幻想~金子雅和短編映画集』DVD も同じく 1 月 5 日(土)に amazon.com セル限定で発 売決定(販売元:ラフター)。

金子雅和監督のほぼ全作品が、ソフトとしてご購入いただけるようになります。
◆『すみれ人形/辺境幻想~金子雅和短編映画集』
本編 63 分+91 分+特典映像 15 分 全 169 分収録 3,800 円(税別)

映画情報どっとこむ ralph 更には 12/12(水)から動画配信サイト青山シアターで「金子雅和監督特集」が配信開始予定。『失はれる物語』など短編5作が ソフト発売に先駆けオンライン視聴出来るようになります。

アルビノの木 ストーリー
害獣駆除会社で働くユクの元に、多額の報酬を得られる仕事の依頼が舞い込む。内容は、鉱山として栄えた山間の村で「白鹿様」と呼ばれ大事にされている 珍しい鹿を秘密裏に撃つこと。普通の鹿と異なる存在が悪い噂になると危惧した町の役人が、過疎の村ともども切り捨てようと取った苦肉の策だった。ユクは病 床の母の治療費を稼ぐため山に入り、村の女性ナギや、彼女の婚約者で木食器職人の羊市たちと出会う。次第に害のない獣を殺すことに葛藤を抱き始めるユ クだったが、それでも白鹿を探して圧倒的な自然の中に踏み込んでいく。人々が大切に思っている命を奪うという事は…。


公式サイト:http://www.albinonoki.com/

映画情報どっとこむ ralph 【アルビノの木 海外 19 受賞歴一覧】
◆フィゲイラフィルムアート 2017(ポルトガル・フィゲイラ・ダ・フォズ)・最優秀長編劇映画賞(※グランプリ) / 最優秀監督賞 / 最優秀撮影賞
◆マルベーリャ映 画祭 2018(スペイン・マルベーリャ)・最優秀映画賞(※グランプリ) / 批評家賞
◆福爾摩沙國際電影獎 2017(台湾・台中)・最優秀アジア映画賞 / 審査員特 別長編劇映画賞 / 審査員特別監督賞
◆ヴェステロース映画祭 2017(スウェーデン・ヴェステロース)・最優秀撮影賞
◆Festival CINEMISTICA 2018(スペイ ン・グラナダ)・最優秀賞(※一般映画部門)
◆クラフト映画祭 2018(スペイン・バルセロナ)・観客賞(※観客が選ぶ最優秀賞)
◆FIC AUTOR 2018(メキシコ・グア ダラハラ)・最優秀賞(※製作費 5 万ドル以下の長編映画部門)
◆インカ・インペリアル国際映画祭 2018(ペルー・リマ)・最優秀長編映画賞 / 最優秀撮影賞
◆メキシコシティ国際映画 2018(メキシコ・メキシコシティ)・最優秀長編劇映画賞
◆シャウエン国際環境映画 2018(モロッコ・シャウエン)・スペシャル・メンション
◆サンライト国際映画祭 2017(ドイツ・ベルリン)・特別賞
◆コルカタ国際文化映画祭 2016(インド・コルカタ)・12 月期最優秀長編劇映画賞
◆シネルファマ・リ スボン国際映画賞 2017(ポルトガル・リスボン)・10-11 月期最優秀音楽賞

***********************************

<CAST>
松岡龍平、東加奈子、福地祐介、増田修一朗、尾崎愛、松蔭浩之、細井学、松永麻里、山口智恵、山田キヌヲ、長谷川初範

<STAFF>
監督・脚本・撮影・編集:金子雅和 照明:白石宏明 録音:間野翼 美術:金子美由紀 助監督:滝野弘仁 音楽:石橋英子

販売元:インターフィルム
(c)kinone BD&DVD


斎藤工、白石和彌監督も困惑!?マカオ国際映画祭で『麻雀放浪記2020』まさかの出品中止!理由は・・・


映画情報どっとこむ ralph カジノ大国も怯むギャンブル映画、誕生。

映画『麻雀放浪記2020』が、2019年4月5日(金)より、全国公開となります。

主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している齊藤工さん。

10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。
そして、いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナー、白石和彌監督が仕掛けます!

原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。

原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品がついに誕生!

そして、本日開幕のマカオ国際映画祭で『麻雀放浪記2020』ワールドプレミアを行う予定のはずが!

まさかの出品中止となってしまってしまいました!

斎藤工さんをはじめ関係者困惑。その理由は・・・

映画情報どっとこむ ralph ギャンブルが一つのテーマとなる本作。
ギャンブラーの聖地であるマカオでのキックオフがふさわしいという理由から、第3回マカオ国際映画祭でのワールドプレミアを行う予定でした。しかし、上映ができないということで出品が叶いませんでした。

しかも、唯一の日本映画の出品作品として、マカオ映画祭から出品要請があり、調整していた矢先の判断!!

映画祭側の公式な見解は次の通りです。

セックス&バイオレンスによる表現の過剰さ、そして設定となっている世界大戦が起きて東京オリンピック2020が中止になったというシニカルな背景設定など、その過激で反逆的なシーンが多い、との理由により急遽出品が中止という判断が映画祭側から成されました。

この世界に披露するために、ド派手な映画祭でド派手な映画を上映しようという夢が叶わなかったため、主演 斎藤工も困惑。
果たしてどれほどの過激なシーンがあって、時事ネタとして危険視される舞台設定と時代設定が2020年という未来に表現されてしまっているのか?

その全貌を世界に向かって披露できる日を、主演の斎藤工を筆頭に、白石監督や関係者一同、心待ちにしているそうです。

映画情報どっとこむ ralph
『孤狼の血』により年末年始の賞レースを独走している白石和彌監督が、かつてない大胆なエンターテイメントを放ちます。2020年の未来、熱き男が躍動し、予想を覆すギャンブル・ドラマに、ぜひ、ご期待ください!平成最後、そして新元号が発布される4月に、いまを生きる人々にとっての<未来予想図>幕を開ける!!

映画『麻雀放浪記2020

2019年4月5日(金)全国ロードショー!

***********************************

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工
チャラン・ポ・ランタンもも,ベッキー,竹中直人
監督:白石和彌
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会


本日より「下北沢演劇映画祭2018(仮)」開幕!山内ケンジ、ロロ、松居大悟、範宙遊泳ほか公演&映画上映


映画情報どっとこむ ralph 劇場が立ち並ぶ“演劇”の聖地・下北沢。
その街の唯一の映画館・下北沢トリウッドで、12月8日(土)〜30日(日)、演劇と映画の世界がつながり、広がるような下北沢演劇映画祭(仮)2018 いよいよ開幕です!

下北沢にゆかりと密度ある映画&演劇人があつまり多彩なプログラムで、舞台演出家の作った映画作品や演劇公演では、山内ケンジ(城山羊の会)、三浦直之主宰のロロ、松居大悟(ゴジゲン)、玉田真也(玉田企画)、山本卓卓(範宙遊泳)、さんぴん(板橋駿谷、北尾亘、永島敬三、福原冠)、奥村徹也(劇団献身)の公演上映や映画20作品近くに加え、演出家がセレクトする名作映画も上映です。

さらに、18年前に下北沢で伝説となったザ・スズナリ「スズナリ九龍城 幻燈籠記」の舞台映像上映&トークなどを開催します!

スズナリ特設WEB:
http://r.goope.jp/the-suzunari/free/kowloon

来年以降の本開催を視野に、急遽開催となる本演劇映画祭、「演劇って気になるけど、どんなものかな」「演劇みたいな映画がみたいな」、どちらの世界も映画館で楽しめる3週間です。(回数券あり)
演劇と映画の世界を行き来する本映画祭、ぜひお楽しみください。
映画情報どっとこむ ralph 12月8日(土)〜30(日) 下北沢演劇映画祭(仮)2018 開幕!

<参加アーティスト&プログラム>
1週目:12月8日(土)〜14日(金)

★山内ケンジ(城山羊の会)
『At the terrace テラスにて』(映画)
『ミツコ感覚』(映画)
『友だちのパパが好き』(映画)
「水仙の花」(演劇)
「自己紹介読本」(演劇)
「相談者たち」(演劇)

セレクト映画『オープニング・ナイト』監督・脚本・出演:ジョン・カサヴェテス

12/8(土)15:50『At the terrace テラスにて』 山内ケンジさん、岡部たかしさん、岩谷健司さん
12/8(土)20:00『ミツコ感覚』山内ケンジさん
12/9(日)20:00『友だちのパパが好き』山内ケンジさん

2&3週目:12月15日(土)〜28日(金)

★ロロ
「いつ高」シリーズ一挙上映(vol.1〜6)
「BGM」(演劇)
「ハンサムな大悟」(演劇)
「父母姉僕弟君」(演劇)
『ダンスナンバー時をかける少女』(映画)

★松居大悟  
『アイスと雨音』(映画)
『ファーストキス』(エリザべス宮地監督/映画)

★玉田真也(玉田企画) 
『あの日々の話』(映画)

★山本卓卓(範宙遊泳)
「その夜と友達」(演劇)
「午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-」(演劇)

★ 奥村徹也(劇団献身)
『cat fire』(映画)
第3週目:12月29日(土)〜30日(日)

★ さんぴん 
『NEW HERO〜ドキュメンタリー(仮)』(映画) 上映&ミニ公演(予定)  

★ザ・スズナリ「スズナリ九龍城 幻燈記」スペシャル上映&トーク!
スズナリ特設WEB

12/9(日)久保井研(劇団唐組)×タニノクロウ(庭劇団ペニノ)、野田治彦(ザ・スズナリ)
12/30(日)深海十蔵(「スズナリ九龍城」企画・演出・美術)、野田治彦(ザ・スズナリ)

料金:1回券:一般・シニア1,500円 大学・専門1,300円 高校以下800円
   2回券:一般・シニア2,600円 大学・専門2,200円 ※2回券は別日の利用も可
主催:下北沢トリウッド
最新上映スケジュール&トーク情報詳細(随時更新)↓
会場:下北沢トリウッド
http://tollywood.jp
※火曜定休 ※タイムテーブル随時更新

映画情報どっとこむ ralph 下北沢演劇映画祭(仮)2018

公式HP 
http://shimokita-eff.site/

公式twitter 
@shimokitaeff

***********************************


秋沢健太朗主演!映画『君から目が離せない ~Eyes On You~』公開決定!山崎まさよしが主題歌


映画情報どっとこむ ralph このたび、アトリエレオパード企画・製作・配給による映画『君から目が離せない ~Eyes On You~』の公開が決定しました。

1996 年に公開されて以来、今でも根強い人気がある映画『月とキャベツ』。

主演を務めた山崎まさよしが歌う 主題歌「One more time, One more chance」は、今でも山崎の代表作。

その『月とキャベツ』の誕生からずっと育まれてきたスタッフ・キャストたちの手により、本作は製作されました。 若者が集う東京の下北沢の街を背景に、青春時代に誰しもが体験したであろう甘酸っぱい想いが描かれており、 冬・夏・秋の 3 つの季節の短編からなる抒情詩のような映画です。

メガホンを取ったのは、篠原哲雄監督。

自身も劇団の演出家役で映画に初出演を果たしています。音楽と主題歌 を担当したのは、山崎将義(山崎まさよし)。主題歌「Eyes On You」は、本作のために書き下ろされた楽曲です。 (11/21 にリリースされた New Single「アイムホーム」に収録。)

撮影監督には上野彰吾、プロデューサーには『月とキャベツ』でヘアメイクを担当し、本作でもメイクアップ デザインを担当した馮啓孝。

映画情報どっとこむ ralph 主演は、舞台を中心に活動をしている秋沢健太朗。
ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」やミュージ カル「忍たま乱太郎」などで注目を集めつつありますが、まだまだ経験も浅い彼にとって本作は大抜擢となりま す。しかしながら、着実に前進をし続ける彼がみせる情熱は、本作の主人公が年上女性に一途に恋をする姿と重なり、初々しい。そして秋沢の得意ワールドである舞台の剣術シーンは迫力があり、見応えがあります。
また、ヒロインを務めるのは、『月とキャベツ』でもヒロインを務めた真田麻垂美。当時、ギタリスト役で出演 していた田中要次も本作に出演しています。そして夏編では、一部当時のロケーション地だった群馬県の伊参で も撮影が行われました。
ほか、 共演には中村優一、渡部龍平、根岸季衣も顔を揃えています。



映画情報どっとこむ ralph 映画『君から目が離せない ~Eyes On You~』

2019年1月12日(土)よりシネマート新宿にてロードショー
(2週間限定上映)

公式サイト:
http://kimikara-movie.info/

***********************************

秋沢健太朗 真田麻垂美 渡部龍平 中村優一/田中要次/根岸季衣
監督:篠原哲雄
音楽 主題歌:「Eyes On You」作詞・作曲 山崎将義 歌 山崎まさよし(EMI Records)
企画・製作・配給:アトリエレオパード
2018年/日本/カラー/ ビスタ/5.1ch/86分

Ⓒ2018 アトリエレオパード


映画『デイアンドナイト』主題歌 作詞作曲:野田洋次郎、ボーカル:清原果耶が抜擢


映画情報どっとこむ ralph 数々の映画、ドラマに出演し、名実ともに日本を代表する俳優・山田孝之が、一切出演せずに裏方へ徹した初の全面プロデュースに挑戦し、映画『キングダム』などへ出演する阿部進之介が長編映画初主演を務めた映画『デイアンドナイト』。
完全オリジナル作品である本作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。

家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で強く生きることの厳しさをも描き出します。監督を務めるのは、ドラマ「100万円の女たち」や映画『オー!ファーザー』『7s/セブンス』などを手掛け、新作映画『青の帰り道』の公開も控える、若手監督の最注目株とも呼び声の高い藤井道人。

山田、阿部と共に同世代のメンバーが熱い思いをぶつけ合いながら、2017年11月3日にクランクイン。秋田県の秋田市、鹿角市、三種町で同年11月末まで撮影が行われ、こころ揺さぶる人間ドラマが誕生します。

この度、映画『デイアンドナイト』の主題歌「気まぐれ雲」を、ヒロイン・清原果耶が劇中の役柄である大野奈々(おおの・なな)名義で歌い、RADWIMPSのボーカルやギターを担当し、ソロプロジェクト「illion」としても活動する野田洋次郎が作詞・作曲・プロデュースを担当することが決定しました。

また、90秒の本予告映像もあわせて解禁となります。

映画情報どっとこむ ralph 大野奈々としてボーカルを務める清原果耶は、初めて主題歌を担当し、レコーディング直後には「なんとか無事に終わって良かったです。」と安堵の表情を浮かべた。

野田洋次郎は、数々の楽曲提供やプロデュースを行ってきましたが、女優とのコラボレーションは初めてとなり「ホッとしています。本当にやれてよかったです。良い歌が録れて満足です。」と野田も満足げな表情で答えました。

山田孝之プロデューサーが、この映画を締めくくるにふさわしい主題歌の制作を野田にオファー。“映画の声”とも言うべき主題歌の歌い手をどうすべきか、山田と野田が話し合いを重ね「ボーカルは映画のヒロインはどうか」という野田の提案から、清原をボーカルに抜擢、今回のコラボレーションが実現した。

本作の主題歌制作のオファーを受けたことについて

野田さん:この映画に参加している人たちが実直に、素直に、やりきっていることが作品から伝わってきたし、ストーリーも面白く、是が非でも参加したい、力になりたいと思いました。良い作品だからこそ、負けないくらい良い曲にしたいと思ったし、最後に流れる曲なので、映画を観た人が、何度も何度もこの映画を自分の中で反芻できる曲であってほしい、一生懸命生きている登場人物たちの姿が蘇ってきてほしいと思いました。

と語り、初めて主題歌を歌うことになった清原さんは

清原さん:とても驚きました。私自身、音楽に支えられ、沢山の影響を受けて生きてきたので、そんな大切で揺るぎない存在に今回お仕事として関わるということに感じたことのない不安や少しの恐怖すら覚えました。ですが、私がこの作品を愛し温めてきたことに嘘は無いという想いを握りしめ、こんなに素敵な機会を与えてくださった山田さんや野田さんはじめスタッフの皆さんに感謝し、私が出せる全力を尽くしたい、と挑戦させて頂きました。

と話しています。

歌詞やメロディーへの想いついて

野田さん:人生が思う通りにいっていない人たちの物語なので、“切実な願い”みたいなものを、ありのままに書きたいと思いましたし、ただ悲しいだけの曲ではない、強さが欲しいと思いました。

と明かし、そういった思いを込めた歌詞と、初めてデモ音源を聴いた時に

清原さん:とたんに撮影時の記憶がフラッシュバックし、目の前が涙で曇ったことを覚えています。野田さんが描いてくださった奈々の未来は、はるか遠くを見据えているように感じました。

と当時を振り返っている。


歌う時に大切にしたことについて

清原さん:言葉や音楽は聴いた人それぞれの捉え方があるので、なるべく素直に、真っ直ぐに。奈々の生き方を思い出しながら歌えればと思いました。歌詞を頂いてから毎日ノートに歌詞を書き出しました。大野奈々として歌う。それ以前に歌は自分の経験や個性が色付いてしまうものだと思うので、野田さんが紡いでくださったこの歌詞を自分の言葉として歌えるようにと考えて、そういったことも取り入れながら練習しました。

と歌詞を覚えるまでのエピソードを告白しました。

そんな熱い想いで臨んだ清原に対してディレクションをして

野田さん:なるべく何も言わない。事前に声を聞かせていただいて、すごく素敵な声だと感じていたので、足さず、引かずに。

と清原さんの声を絶賛した。

映画情報どっとこむ ralph <山田孝之プロデューサーコメント>

・野田洋次郎さんに主題歌を依頼された想い
DAY AND NIGHTの物語は奈々で終わります。しかし奈々の人生はこれからも続きます。これを表現するため、洋次郎に「奈々の気持ちになって歌詞を書いてほしい」と伝えました。彼はミュージシャンとしてはもちろん、芝居をする人間としても一流の表現者です。彼にお願いすれば奈々の気持ちと寄り添い、奈々の言葉として歌詞を書いてくれると思いました。

・大野奈々として、清原果耶さんをボーカルに抜擢されたきっかけ
(主題歌の作詞・作曲を野田洋次郎さんに依頼した際に、)
洋次郎から「ヒロインの子に歌ってもらうのはどう?」と、 素晴らしい提案をもらいました。これ以外に無いと思いました。

と、しています。

映画『デイアンドナイト
2019年1月19日(土)
秋田県先行公開1月26日

あらすじ・・・
善と悪はどこからやってくるのか。
父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部進之介)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊寸前であった。そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤政信)が手を差し伸べる。孤児を父親同然に養う傍ら、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石と、そんな明石を案じる児童養護施設で生活する少女・奈々(清原果耶)。しかし明石は次第に復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていく——。

***********************************

出演/阿部進之介
安藤政信 清原果耶 
小西真奈美 佐津川愛美 深水元基 藤本涼 笠松将 池端レイナ
山中崇 淵上泰史 渡辺裕之 室井滋 田中哲司    

「デイアンドナイト」
企画・原案/阿部進之介
脚本/藤井道人・小寺和久・山田孝之
監督/藤井道人
主題歌/大野奈々「気まぐれ雲」(作詞・作曲・プロデュース 野田洋次郎)
プロデューサー/山田孝之・伊藤主税・岩崎雅公 
制作プロダクション/and pictures inc. 
制作協力/プラスディー・BABEL LABEL
上映/2019年1月26日(土)全国公開
配給/日活 
©2019「デイアンドナイト」製作委員会