「インタビュー」カテゴリーアーカイブ

カンヌが認めた新たな才能『若い女』レオノール・セライユ監督コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 2017 年、第70 回カンヌ国際映画祭においてのカメラドール(新人監督賞)受賞を皮切りに、さまざまな映画祭でも賞を獲得、フランスで最も権威あ る映画賞・セザール賞へのノミネートも果たしたレオノール・セライユ監督のデビュー作『若い女』8月25 日(土)日本公開となります。

フランス国際映画学校で取り組んだ卒業制作の脚本を自ら映画化し監督デビューしたレオノール・セライユ監督。

フランス国際映画学校の卒業制作の脚本を基に、10 年来の恋人に振られ、家もお金も仕事もない状態でパリの街に放り出されて しまった女性、ポーラが奮闘する姿を等身大で描いた。

文学を学んだ後に映画監督の道へ! 期待の女性監督が学生時代と映画に込めた想いを語るインタビューコメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph セライユ監督:もともと文学を勉強していて、最初は脚本家になろうと思っていたの。映画を観に行くために授業をサボっていました。

と、語るセライユ監督は、リヨン、パリ、バルセロナで文学を学んだ後、フランス国立映画学校の脚本制作コースへ。

授業をサボって映画を見に行くほどの映画愛が、ユニークでエネルギッシュな監督デビュー作を生み出した。

学生時代に観た映画で影響を受けたのは、なんと日本の監督たちだそうで・・・。

セライユ監督:特に、河瀬直美監督の『沙羅双樹』(03)と石井克人監督の『茶の味』(04)を観ていました。そして、映画には文学以外の何かがあると気付いたのです。

と述懐する。


言葉で表現する文学と、脚本と俳優たちの演技に音楽を重ね合わせて映像で表現する映画との違いを見つけた。お気に入りの女性監督の作品を問われ、カメラドール受賞の先輩である河瀬直美監督の『殯の森』(07)を上げている。 一方で、『若い女』を監督するに当たって影響を受けた作品はほんのひと握りだった。

セライユ監督:撮影監督エミリー・ノブレに影響を与えた『Sue』(97)に加え て、マイク・リー監督の『ネイキッド』(92)のようなキャラクターありきの映画です。この映画で素晴らしい演技を披露している俳優デヴィッド・シューリス に匹敵する女優を見つけたかった。

と、個性的で強烈なヒロインを求めた。

セライユ監督:例えば、バーバラ・ローデンが監督、脚本、主演をつとめた『ワンダ』(70)、 ジョン・カサヴェテス監督作品『こわれゆく女』(75)のジーナ・ローランズ、ロッジ・ケリガン監督作品『Claire Dolan』(98)のカトリン・カートリッジなど、女性 たちは孤独ですが、とても威厳があり、私にとって演出や演技のための基準点となったのです。

と、名女優たちの演技を基準に演出したことを明かしてくれました。

今回のヒロインは、男に振られてもただ打ちひしがれるわけではなく、泣いたり暴れたりしながら自分の思いのたけをぶつけるポーラは今の時代を映すかのような新たなヒロイン。追い出された後も、他人のコートをこっそりくすねたり、知らないパーティーに紛れ込んでお酒を飲んだりとまさに自由奔放でやりたい放題。

映画情報どっとこむ ralph さまざまな人と出会い、まっすぐに相手と向き合い、ときにはしたたかに世界を切り開いていくポーラの姿は、多くの女性に勇気を与えてくれます。

カンヌが認めた新たな才能、レオノール・セライユ監督作品

若い女
原題:Jeune Femme
英題:Montparnasse Bienvenüe

は、8月25 日(土)より、ユーロスペース他で公開される。


公式サイト
http://www.senlis.co.jp/wakai-onna

Twitter
@wakaionna_movie

物語・・・
フランス、パリ。31 歳のポーラは、10 年付き合った写真家の恋人に突然別れを告げられる。お金も、家も、仕事もないポーラは、恋人の飼い猫ととも にパリを転々とするはめに。ところが、気ままな性格が災いし、居候先の友人宅からも、安宿からも追い出され、疎遠だった母親にも拒絶されてしまう。 パリにはポーラの居場所などなかったのだ。なんとか住み込みのベビーシッターのバイトを探し出し、ショッピングモールの下着屋でも働き始める。よ うやく自分の居場所を見つけたかに思えたが……。

***********************************

監督・脚本:レオノール・セライユ
出演:レティシア・ドッシュ、グレゴワール・モンサンジョン、スレイマン・セイ・ンディアイ、ナタリー・リシャール 2017年/フランス/フランス語/97 分/カラー/1:1.66/5.1ch
日本語字幕 :手束紀子
サウンドトラック:(株)ワーナーミュージック・ジャパン
配給・宣伝 :サンリス
©2017 Blue Monday Productions


『去年の冬、きみと別れ』 瀧本智行監督インタビュー到着!岩田剛典のヒゲはペンで書いていた!?


映画情報どっとこむ ralph この度、『脳男』、『グラスホッパー』など数々のサスペンス・エンターテイメントを手掛てきた瀧本智行監督がインタビューに応じ、 ”映像化不可能”と言われた中村文則の原作を見事映画化するに当たってのこだわりや、主演の岩田剛典との今だからこそ話せる撮影エピソードなどを語ってくれています。


本日ブルーレイ&DVD リリース! 『去年の冬、きみと別れ』 瀧本智行監督インタビュー到着!
岩田剛典のヒゲはペンで書いていた!?
映画化へのこだわりや、今だからこそ話せる撮影秘話を語る!

映画情報どっとこむ ralph ■原作ファンならではのこだわり

滝本監督:え!という気持ちでしたね(笑)これを映画化するのか…という感じはありました。

とのオファーがあったときの気持ちを語った瀧本智行監督。

滝本監督:もともと中村さんは、芥川賞を受賞した『土の中の子供』など、いわゆる日本の純 文学の系譜に位置するような、暗くて重い作品を書かれる作家さんでした。僕はその 頃の作品も大好きだったんですが、この小説ではより多くの読者を相当意識したんだ と思います。ミステリーの手法を使えばより開かれたものになるんじゃないかと、意識的 に取り組まれたある種テクニカルな作品なんですよね。そういう意味では映画もテクニ カルな部分も大切にしながら、中村文学の本質みたいなものはしっかりと感じられる ような映画にしたいなと思いながら監督していました。

中村のファンで本作も読んで いたという瀧本監督は、原作を分析しながら撮影時をこう振り返っている。実際、脚 本も中村とやりとりし、10 稿以上の推敲を重ねたという。


■「すごく成長したのは間違いない」

岩田剛典との撮影を振り返り そんな本作で岩田剛典は、映画単独初主演を果たしている。岩田との撮影について、

滝本監督:彼は俳優としての技術的な基礎の 部分はまだ固まっていませんでしたが、そういう意味では白紙のキャンバスが目の前にあるみたいな気分でした。

と語えい

滝本監督:すごく成長したのは間違いない。それはみんなも認めるところだと思います。僕に言わせると彼はとてもポテンシャルがある 人なので、彼に何かをしてあげたつもりは全くなくて、その道筋を僕も一緒になって探したというか。僕もどうすればいいのか、岩田剛典の持っているもの、感じているものが、どうすればいい形でスクリーンに映るかを探しながら、今日はこの辺をつついてみ ようとか。こっちは違ったな、じゃこちらをつついてみようかな、とか。そういう日々でしたね。

と振り返った。

初日舞台あいさつでは瀧本監督からの手紙に、岩田が男泣きする場面も話題となったが、

滝本監督:恥ずかしいからやめようと言った んですけどね。僕に課せられた宿題は、岩田剛典を舞台上で泣かせてください、ということでした(笑)。(手紙の)文章は この映画のシナリオよりも時間をかけて推敲しまくりましたからね(笑)

と照れくさそうに話した。さらに、公開後の今だから話せることを聞かれると、

滝本監督:(終盤のシーンの)岩田君のヒゲは全部ペンで書いたんです。

と驚きの 秘話を披露。

滝本監督:どうしてもヒゲがほしかったんですが、ヒゲが薄くて生えないんですと言っていて。3 日、4 日ぐらいヒゲが生えるの を待っていたんですけど、やっぱり薄くて。

と明かした。

■「2 度、3 度の鑑賞に耐えられるものを作った」

最後に今回のブルーレイ&DVDリリースについて、

滝本監督:最初にスタッフとは、2度、3度の鑑賞に耐えられるものを作るぞということ を話し合いました。“驚愕の真実”とか“予測不能などんでん返し”とか、そういった宣伝文句になることは分かっていましたか ら。そうするとお客さんは、どんなどんでん返しがあるんだろう、という興味でこの映画を最初に観ると思います。でも中村さんの 小説の本質は、人間というものをどう見るか、どう描くかということ。そこにずっとこだわってきた作家さんですし、僕自身もそう。 だからすべての真相を知った上で、『そうか主人公はこんなことがあって、こんなふうに変化して。だからその瞬間にこんな表情 をしていたんだ』と2回、3回と観ることで発見していくことがこの映画の本質だと思うので、何度でも観ていただいて、発見して いただけたらとても嬉しいです。

と思いを述べた。

映画情報どっとこむ ralph
『去年の冬、きみと別れ』 好評ブルーレイ&DVD リリース/デジタル配信中
【初回仕様】 ブルーレイ プレミアム・エディション(2 枚組)¥6,990+税
【初回仕様】 DVD プレミアム・エディション(2 枚組)¥5,990+税
【初回仕様】 ブルーレイ ¥4,990+税
【初回仕様】 DVD ¥3,990+税 発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

©2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

【映像特典 収録内容】
<プレミアム・エディション>
●撮り下ろし!今だから語れる、岩田剛典<公開後>単独インタビュー
●メイキング・オブ 『冬きみ』~撮影日誌~
●未公開映像集
●イベント映像集 – 完成披露試写会舞台挨拶 – 公開直前!岩田剛典誕生日サプライズイベント:舞台挨拶&舞台裏映像も! – 初日舞台挨拶

<マスコミ取材回>
●本編をご覧になった皆様へ ~ジャパンプレミア上映後:岩田剛典舞台挨拶~
●劇場予告編・TV スポット集 【封入特典】 <プレミアム・エディション>
●ブックレット(プレス縮刷版/24 ページ)
●特製大判ポストカードセット(3 枚組)
●木原坂雄大フォトカード
●蝶ステッカー <通常版>
●蝶ステッカー

***********************************



ポルカドットスティングレイ 雫のインタビューが到着!『わたしに××しなさい!』主題歌担当!


映画情報どっとこむ ralph ミッション恋愛ムービー『わたしに××しなさい!』 自身初の主題歌を書き下ろしたポルカドットスティングレイ 雫さんのオフィシャルインタビューが到着!

この度、累計発行部数 222 万部&第 36 回講談社漫画 賞受賞作品「わたしに××しなさい!」 の同名実写映画がいよいよ 6 月 23 日(土)より新宿バルト9 ほか全国公開となります。

主題歌を手掛けたのは人気急上昇中のポルカドットステ ィングレイ!「ICHIDAIJI」( ×× ver.)は Vocal/Guitar の雫による、映画では自身初となる書き下ろし曲です。キ ャリア初のフルアルバムにして、メジャーデビュー作品と なった「全知全能」が、CD・デジタルチャートを賑わし、 新人らしからぬ風格を醸し出すブランディングでバズを作 り続けるポルカドットスティングレイ。

5 月に発売された ミニアルバム「一大事」も絶好調のなか、今年の夏フェス にも引っ張りだこ。

今回、いち早く完成した映画を御覧になった雫さんのインタビューが届きました!

映画情報どっとこむ ralph
Q:完成した映画を観ていかがでしたか?

雫さん:お互い本当の恋を知らない雪菜と時雨が、恋のミッシ ョンを通して、ときに大胆に、不器用に惹かれあっていく 様子が、観ていてかなりドキドキしました。これって本 気!?もしかしてもうお互いのこと好きになってるのか な!?と、はしゃぎながら観ました。こんな高校生活あれ ばよかったのに…。

Q:どんなイメージでこの主題歌を作曲しましたか?

雫さん:主人公の雪菜と時雨が、仮面を脱ぎ捨てて本当の恋を 知り、結ばれていくイメージを曲にしました。雪菜視点で 作曲しました。雪菜は絶対零度の雪女と呼ばれているキャ ラクターなので「出でよ fire」「 絶対零度の fever」など、 温度に関する対比の表現をたくさん入れてみました。

Q:苦労した点は?

雫さん:監督が、我々の別の楽曲に合わせて既に映像を撮られていたため、楽曲の BPM や尺、展開などが決ま った状態で曲を作り始めました。ちょっと大変でしたがとても勉強になりましたし、映画にピッタリの曲に なって嬉しいです。

Q:雪菜の恋愛観は雫さん的にはどう思いますか?

雫さん:一見変わり者で冷めた女に見えがちですが、本当は好奇心旺盛でキュートな女の子で、たまに猪突猛進 なところがとても可愛いです。グイグイくる女の子ってとても可愛いと思います。

Q:これから御覧になる皆さんに、一言メッセージをお願いします。

雫さん:過激で目が離せない最高の映画に仕上がっております。ドキドキさせられっぱなしです。ぜひ劇場でご 覧ください。私もこっそり行きまくります。

映画情報どっとこむ ralph わたしに××しなさい!

公式 HP:batsu-shina.jp


物語・・・
秘密を握られたことで、ケータイ小説家・雪菜(玉城ティナ)の恋のミッションを受け続けることになっ た学園一のモテ男、時雨(小関裕太)。次から次へとつきつけられる絶対服従の過激ミッションは次第にエスカレ ート!恋愛小説のネタのために続けていた恋のミッションはいつしか本当の恋愛に・・・?!


***********************************

出演:玉城ティナ、小関裕太、佐藤寛太、山田杏奈、金子大地、オラキオ、高田里穂
原作:遠山えま『わたしに××しなさい!』
(講談社「KC なかよし」刊)
監督・脚本:山本透
脚本:北川亜矢子
jp
(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会


岩田剛典インタビュー『去年の冬、きみと別れ』プレミアム・エディションに収録一部公開


映画情報どっとこむ ralph 初日舞台挨拶時の涙に込められた瀧本監督への熱い想いや、両親やHIROの反応など、今だから語れるエピソードを明かす!


ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは、2018年7月18日(水)より『去年の冬、きみと別れ』のブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始いたします。

また、20日(水)よりデジタル先行配信を開始いたします。

「プレミアム・エディション」には、メイキングや未公開映像集など約3時間に及ぶ豪華映像特典が収録されます。

その一つである「撮り下ろし!今だから語れる、岩田剛典<公開後>単独インタビュー」では、主演の岩田剛典さんが、公開後だからこそ話せる内容をたっぷりと40分語ってくれています!
映画情報どっとこむ ralph 「プレミアム・エディション」の映像特典として収録される、撮り下ろしの単独インタビューに臨んだ。

劇場公開後初となるインタビューという事もあり公開後の反響を聞かれると、

岩田さん:まず両親 に観てもらって。今までの自分の作品とかもチェックしてもらっているんですけど、その 中で伝えられたのは、今回の作品でものすごく成長が垣間見えたということでした。 あとはいろいろなメンバーが観てくれたり、感想を送ってくれたりしました。

と明かし、所属事務所の社長である HIROさんの反応も告白。HIROさんは今まで親心で作品を観るあまり、なかなか岩田さんを役そのものとして見ることができなかったそうだが、本作では 「芯のあるひとりの俳優(が演じるもの)としてストーリーに入り込めたし、作品として も面白かった」という感想をもらえたと嬉しそうに話した。

また、撮影時を振り返り、通常テクニカルな確認しかしないカメラテストの段階で、ワンシーンまるごとセリフを覚えて本気で何度も演じるという瀧本組の洗礼を受けたという、あまり語られていないエピソードを告白。
まだクランクインする前の、気持ちも追いついていない段階で最初は辛かったというが、そこで鍛えてもらった事で俳優としてのスキル的な部分はもちろん、心の構 え方を学んだ撮影現場だったと瀧本監督への感謝を語った。

初日舞台挨拶では、そんな監督からの手紙が読み上げられる サプライズ演出に男泣きした一場面が話題となったが、

岩田さん:普段(手紙を書いたりとか)そういうことをしない監督が、ねぎらいの言葉を並べて伝えてくださったことが自分の心には響きましたし、その当時の思い出がよみがえって。あの時に抱えて いた葛藤や不安などを分かち合った監督と理解し合えている、一緒に戦えたという、そういう気持ちが自然とあの時の涙 につながったのかな。

と振り返った。その後監督に会った際、「いろんな作品に出て経験値を増やして、もう一回一緒にやろう」と言ってもらったそうで

岩田さん:現状に満足しては瀧本さんのレベルに追いつけないなと思っています。次は瀧本さんが演出するところがないくらい、完璧に瀧本さんワールドにフィットできるよう、もっともっとお芝居を磨いていき たいです。

と今後の抱負を熱く語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

岩田さんにとっての本作という質問には、

岩田さん:瀧本組でこの作品に参加できたのは、自分の表現者としてのこれからに向 けてものすごく大きな糧になったと個人的に思っていますし、演じるということの楽しさをより感じさせてもらえたと思ってい ます。今後、5年後、10年後と、この先きっと役者として経験を積むんでしょうけど、その中で自分にとってものすごく大き なターニングポイントとなった作品と言えるんじゃないでしょうか。この時期にこの作品に出演できたということは、すごくプ ラスになりましたし、この作品で経験できたことは間違いなく生きると思っています。

と強い思い入れを語った。

インタビューでは、この他にも山本美月、斎藤工ら共演者とのエピソードや、ネタバレありの撮影秘話などを約40分にわたって 語っている。


また、Amazon特集ページにてその映像の一部も公開!!!!
Amazon特集ページURL:
https://www.amazon.co.jp/b?node=5801117051


去年の冬、きみと別れ

2018年7月18日(水)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始
【初回仕様】 ブルーレイ プレミアム・エディション(2枚組)
¥6,990+税
【初回仕様】 DVDプレミアム・エディション(2枚組)
¥5,990+税
【初回仕様】 ブルーレイ 
¥4,990+税
【初回仕様】 DVD 
¥3,990+税



デジタルセル先行配信中
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

***********************************

   


EXILE TAKAHIRO のアツい想いが詰まったスポット映像解禁『オンリー・ザ・ブレイブ』


映画情報どっとこむ ralph 『アベンジャーズ』シリーズのジョシュ・ブローリン、映画『セッション』で主演を努めたマイルズ・テラー、『キングスマン:ゴールデン・サークル』のジェフ・ブリッジスに加え、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリーら、新旧交えた豪華俳優陣の共演で贈る森林消防士たちの英雄物語『オンリー・ザ・ブレイブ』が6月22日(金)TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開となります。
監督を務めるのは、『オブリビオン』などを手がけ、『トップガン』の続編『Top Gun: Maverick』の監督も決まっているジョセフ・コシンスキー。2013年、アメリカのアリゾナ州で実際に起きた巨大山火事を舞台に、大切な仲間と愛する家族はもちろん、名も知らぬ人々の命をも守るため、勇気だけで炎の中に飛び込んでいく男たちのプライドと絆の感動物語です。
映画情報どっとこむ ralph この度、本作への想いを熱く語るEXILE TAKAHIROさんのインタビュー&スポット映像が到着しました!

EXILEの新曲「My Star」が日本版テーマソングとなっている本作は、圧倒的な迫力の山火事映像と、愛する人のために命を賭して炎に立ち向かう男たちのアツいドラマが堪能できる感動スペクタクル。映画を観たTAKAHIROさんは、開口一番

TAKAHIROさん:めちゃくちゃ面白かったです!迫力もそうですし、スリルもあるし、そして感動もある。ブレンダンが赤ちゃんを初めて抱くシーンや家族愛のリアルな部分が描かれていて、胸を熱くするものがありました。

と興奮気味に映画の感想を語り絶賛!


森林火災の精鋭集団で消防界のネイビーシールズとも言われる《ホットショット》について聞かれ

TAKAHIROさん:日頃は冗談を言い合って和気あいあいとしているホットショットのメンバーが、仕事になった瞬間にスイッチを切り替える男らしさというか。心が震える映画だと思います」と熱弁。チームで山火事に挑み、文字通り、命をあずける仲間との強い絆が描かれている本作について「学ぶべきところも共感できる部分もありました。メンバーもぜひこの映画を見てほしいですね。

と、EXILEとしてグループで活動しているご自身を重ねる様子も。

TAKAHIROさん:守るものがあるからこそ、いろんな葛藤が生まれる瞬間があって・・《愛することは守り抜くこと》という(「My Star」の)歌詞通り、言葉で言うのは容易いですけど、命を懸けて人生を歩むことはなかなか難しいので、それをテーマに生きることが男らしさにつながるんじゃないかと思います。

とテーマソング「My Star」がぴったりの作品であることにも太鼓判を押しています。

映画情報どっとこむ ralph あわせて解禁されたスポット映像では、「My Star」に乗せて映し出される映像とともにTAKAHIROさんのアツい想いが詰まった「アツい!とにかくアツい!!」「絶対に惚れます!」といったコメントが流れ、映画の期待値を高める見応えある映像となりました!(6/20から放送予定)



映画情報どっとこむ ralph オンリー・ザ・ブレイブ
原題:Only the Brave


物語・・・
更生のために森林消防団に入隊した青年を待ち受けていたのは、未曾有の巨大山火事だった――。
堕落した日々を過ごしていたブレンダン(マイルズ・テラー)は、恋人が妊娠したことをきっかけに、生まれ変わる決意をし地元の森林消防団に入隊。地獄のような訓練の毎日を過ごしながらも、仲間と絆を深め、チームを率いるマーシュ(ジョシュ・ブローリン)との信頼を築き、彼らの支えの中で少しずつ成長していくブレンダン。しかしそんな彼を待ち受けていたのは、山を丸ごと飲み込むような巨大山火事だった――。圧倒的迫力、炎のように燃えたぎる友情、あなたの心を熱くする感動の実話!

***********************************

監督:ジョセフ・コシンスキー『オブリビオン』『トロン:レガシー』
出演:ジョシュ・ブローリン『エベレスト3D』、マイルズ・テラー『セッション』、ジェフ・ブリッジス『クレイジー・ハート』、テイラー・キッチュ『バトルシップ』、ジェニファー・コネリー『地球が静止する日』
配給:ギャガ 
2017/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/2時間14分/字幕翻訳:林完治  
© 2017 NO EXIT FILM, LLC