「TOP」カテゴリーアーカイブ

ジオウ&ビルドキャスト+平成仮面ライダー20体『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』プレミアイベント


映画情報どっとこむ ralph 2016年から毎年冬に人気を博してきた「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」シリーズ。

そして平成最後の冬である今年、本シリーズの最新作『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が遂に12月22日(土)に公開します。

「時代が終わる。すべてが始まる。」平成という時代を駆け抜けてきたヒーローたちに突き付けられる「仮面ライダーは虚構の存在だった」という衝撃の事実、そして平成仮面ライダーの歴史そのものを消し去ろうとする存在に、仮面ライダージオウ・仮面ライダービルドを中心とした歴代平成ライダーが挑む!
まさに「平成仮面ライダー」の集大成にふさわしい本作の公開を控え、12月9日(日)にプレミアイベントが行われました。

日時:12月9日(日)
場所:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 
登壇:
仮面ライダージオウ 計4名
奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐
仮面ライダービルド 計5名
犬飼貴丈、赤楚衛二、高田夏帆、武田航平、水上剣星

平成仮面ライダー20体
仮面ライダークウガ、アギト、龍騎、ファイズ、ブレイド、響鬼、カブト、電王、キバ、ディケイド、W、オーズ、フォーゼ、ウィザード、
鎧武、ドライブ、ゴースト、エグゼイド、ビルド、ジオウ

映画情報どっとこむ ralph 仮面ライダークウガ、アギト、龍騎、ファイズ、ブレイド、響鬼、カブト、電王、キバ、ディケイド、W、オーズ、フォーゼ、ウィザード、鎧武、ドライブ、ゴースト、エグゼイド、ビルド、ジオウら20人の平成仮面ライダーが遂に総集結!2000年に開業し、平成仮面ライダーと同じ歴史を歩んできたアクアシティお台場に集結し、それぞれの変身ポーズと共に登場!イベントで揃うのは史上初の、平成仮面ライダー20人の姿を見た会場からは歓声が上がりました。

奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐ら「仮面ライダージオウ」のレギュラーキャスト、そして犬飼貴丈、赤楚衛二、高田夏帆、武田航平、水上剣星ら「仮面ライダービルド」のキャストも集結し、平成という時代の最後にふさわしい本作に懸けた熱い思いや、「仮面ライダー」というヒーローに対する思いを語りました!
そしてこの度、主題歌が浅倉大介編曲の歴代平成仮面ライダー主題歌リミックス「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER メドレー D.A. RE-BUILD MIX」であることも発表となりました!

映画情報どっとこむ ralph 【奥野壮:常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ】
僕にとっての初めての映画作品なので早く見たい、そしてこの映画をみんなに届けたい気持ちでいっぱいです。主題歌を聞いて平成仮面ライダーを飾る最後にふさわしい楽曲だと思いました。平成最後ということで海の綺麗な海外に行けたらいいなと思います。仮面ライダーは昭和から平成へと時代が変わっても皆さんの憧れであり続けるヒーローだと思っていて、それこそ仮面ライダージオウは平成から次の新しい時代に時を駆け抜けるヒーローで、仮面ライダーとは時代をまたにかけるヒーローじゃないかなと思います。

【犬飼貴丈:桐生戦兎/仮面ライダービルド】
平成仮面ライダーでは仮面ライダーカブトに憧れてました。お会いできて光栄です。
平成最後といいますが、思い起こすことがないくらいみんなと一緒にお仕事してプライベートでも楽しいことできました。新しい元号になってむしろ新しく始めるとすればせっかく自動二輪の免許を仮面ライダーの撮影に向けてとったのですが自分で運転する機会がなかったのでバイクを運転したいなと思います。仮面ライダーの存在が、いつまでもラブアンドピースを届けられるような存在になっていればいいなと思います。

【主題歌:編曲 浅倉大介コメント】
「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」で、20曲の主題歌をリミックスする、というお話をいただいた時は、平成ライダーをライトにですが観ていた者として、音楽に携わる者として「え?そんな事出来るのかな?」という驚きと喜びでいっぱいでした!
ボクの音楽人生の中で小室哲哉さんとPANDORAとして2017〜2018ビルドの主題歌「Be the One」で関わらせていただいた事は
とても大きな事だったので、「さあ!実験を始めようか⁈」という気持ちで、チャレンジする楽しさと、平成ライダーたちへのリスペクトを込めてリミックスしました。いかがでしょうか?仮面ライダーという、日本の子供たちにとって大切な、大好きなヒーローを愛する全ての方々に「なんかイケる気がする」と思っていただけたら、1仮面ライダーファンとしてもこんなに嬉しい事はありません。

映画情報どっとこむ ralph 公開に向け、益々盛り上がっていく平成仮面ライダーの集大成映画『平成仮面ライダー20作記念仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』にご期待ください!




物語・・・
仮面ライダーを愛してくれたあなたへ
常磐ソウゴと桐生戦兎の世界に、異変が生じていた。まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが次々と記憶を失っていくのだ。さらに、二人の前に現れたスーパータイムジャッカー・ティード。彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、一人の少年・シンゴを追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダー好きの青年アタルに出会う。一方ティードに単身戦いを挑んだ戦兎は、洗脳され操られてしまい…。
強大な敵を前にシンゴを救おうともがくソウゴたちだったが、そんな中アタルがある告白をする。「仮面ライダーは、現実の存在じゃない。」
彼は謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた。その言葉の真意とは一体…?なぜ、いつから、仮面ライダーは虚構(フィクション)の存在となってしまったのか?
謎が深まって行く中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は、初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった――
あなたの記憶に、彼らは生きているか。

***********************************

出演者
奥野 壮 犬飼貴丈
押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐 / 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星
福崎那由他 斎藤汰鷹 / 大東駿介

【声の出演】滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一
石丸謙二郎 / 生瀬勝久

「ジオウ&ビルド」製作委員会
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東


快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーファイナルライブツアー2019全国8都市で開催決定


映画情報どっとこむ ralph ルパパト”大人気キャストがあなたの街にやってくる!!
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーファイナルライブツアー2019全国8都市で開催決定!

「快盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー ファイナルライブツアー2019」の開催が決定!!
毎週日曜日の午前9:30~テレビ朝日系で放送中の大人気テレビ番組「快盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー」。そのフィナーレを飾る本イベントは2019年3月より、全国8都市で開催される。

ステージは1公演2部構成となっており、第1部では快盗戦隊ルパンレンジャーと警察戦隊パトレンジャーが繰り広げる大迫力のライブアクションショーを上演。TV本編では描かれていないオリジナルストーリーを展開する。第2部では、番組出演キャストたちによるトークショー&お楽しみ抽選会を実施。トークショーでは番組の放送を終えた彼らが、笑いあり涙ありのここでしか聞けない秘話を披露する。

チケットは1月27日(日)より一般発売!詳しい公演内容・出演者等の最新情報は、東映イベントホームページで随時更新される。

1年間の長い戦いを経た、快盗戦隊ルパンレンジャーと警察戦隊パトレンジャーの最後の姿を、ぜひ全国の会場で目に焼き付けて欲しい。

映画情報どっとこむ ralph 『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
ファイナルライブツアー2019』開催概要

【会場・日程・時間】
<静岡>静岡市民文化会館
3月17日(日) 10:00/12:45/15:30

<浜松>アクトシティ浜松
3月21日(木・祝) 10:00/12:45/15:30

<札幌>札幌文化芸術劇場 hitaru
3月24日(日) 11:30/15:00

<仙台>仙台サンプラザホール
3月31日(日) 10:00/12:45/15:30

<名古屋>日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月6日(土) 14:00
7日(日) 10:00/12:45/15:30

<広島>広島文化学園HBGホール
4月13日(土) 10:00/12:45/15:30

<福岡>福岡サンパレス
4月14日(日) 12:30/15:30

<大阪>オリックス劇場
4月20日(土) 10:00/13:00/16:00
21日(日) 10:00/13:00/16:00

映画情報どっとこむ ralph 【出演キャスト(予定)】

伊藤あさひ(夜野魁利 / ルパンレッド)
結木滉星(朝加圭一郎 / パトレン1号)
濱 正悟(宵町透真 / ルパンブルー)
横山 涼(陽川咲也 / パトレン2号)
工藤 遥(早見初美花 / ルパンイエロー)
奥山かずさ(明神つかさ / パトレン3号)
元木聖也(高尾ノエル / ルパンエックス / パトレンエックス)

※公演時間・内容・出演者は都合により変更する場合がございます。

【チケット料金】
全席指定 ¥4,500-(税込) ※3歳以上有料。3歳未満膝上鑑賞無料。但し、お席が必要な場合は有料。

【チケット発売】
2019年1月27日(日)10:00~チケット一般発売
<12月27日(木)~ 各種先行あり>

ローソンチケット特設ページ

☆チケットに関するお問合せ(10:00~20:00)
0570-000-777  ※全国共通

【公式HP】
lvsp-final.html

映画情報どっとこむ ralph この夏胸を熱くした!劇場版『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』は好評発売中!

戦隊史上初の、2つのスーパー戦隊が1つの世界観の中で対決する「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」が待望の映画化! 快盗と警察、決して相容れることのなかった2つの戦隊が一時休戦!?すべてがゴージャスに描かれる劇場版、開幕!

【ストーリー】
全てのギャングラー犯罪の消滅と、ルパンレンジャーの正体を暴くために来日した名探偵、エルロック・ショルメ。ギャングラーからの襲撃に備え警備するパトレンジャーと、ギャングラーを狙って登場したルパンレンジャー。快盗VS警察…VS探偵!?三つ巴の混戦のなか、レッドと1号がさらわれた!?陰謀をかいくぐり、ピンチを切り抜ける術は、絶対の決意を抱く2人の共闘!

【キャスト】
伊藤あさひ 結木滉星 濱正悟 横山涼 工藤遥 奥山かずさ 元木聖也
〈声の出演〉三ツ矢雄二 藤原啓治 釘宮理恵 茶風林
温水洋一 アイクぬわら(超新塾) / 田中直樹(ココリコ)

【スタッフ】
原作:八手三郎 脚本:香村純子 監督:杉原輝昭
音楽:高木洋 アクション監督:福沢博文 特撮監督:佛田洋(特撮研究所)

【公開日】2018年8月公開


【販売元】東映株式会社
【発売元】東映ビデオ株式会社

***********************************



斎藤工、白石和彌監督も困惑!?マカオ国際映画祭で『麻雀放浪記2020』まさかの出品中止!理由は・・・


映画情報どっとこむ ralph カジノ大国も怯むギャンブル映画、誕生。

映画『麻雀放浪記2020』が、2019年4月5日(金)より、全国公開となります。

主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している齊藤工さん。

10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。
そして、いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナー、白石和彌監督が仕掛けます!

原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。

原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品がついに誕生!

そして、本日開幕のマカオ国際映画祭で『麻雀放浪記2020』ワールドプレミアを行う予定のはずが!

まさかの出品中止となってしまってしまいました!

斎藤工さんをはじめ関係者困惑。その理由は・・・

映画情報どっとこむ ralph ギャンブルが一つのテーマとなる本作。
ギャンブラーの聖地であるマカオでのキックオフがふさわしいという理由から、第3回マカオ国際映画祭でのワールドプレミアを行う予定でした。しかし、上映ができないということで出品が叶いませんでした。

しかも、唯一の日本映画の出品作品として、マカオ映画祭から出品要請があり、調整していた矢先の判断!!

映画祭側の公式な見解は次の通りです。

セックス&バイオレンスによる表現の過剰さ、そして設定となっている世界大戦が起きて東京オリンピック2020が中止になったというシニカルな背景設定など、その過激で反逆的なシーンが多い、との理由により急遽出品が中止という判断が映画祭側から成されました。

この世界に披露するために、ド派手な映画祭でド派手な映画を上映しようという夢が叶わなかったため、主演 斎藤工も困惑。
果たしてどれほどの過激なシーンがあって、時事ネタとして危険視される舞台設定と時代設定が2020年という未来に表現されてしまっているのか?

その全貌を世界に向かって披露できる日を、主演の斎藤工を筆頭に、白石監督や関係者一同、心待ちにしているそうです。

映画情報どっとこむ ralph
『孤狼の血』により年末年始の賞レースを独走している白石和彌監督が、かつてない大胆なエンターテイメントを放ちます。2020年の未来、熱き男が躍動し、予想を覆すギャンブル・ドラマに、ぜひ、ご期待ください!平成最後、そして新元号が発布される4月に、いまを生きる人々にとっての<未来予想図>幕を開ける!!

映画『麻雀放浪記2020

2019年4月5日(金)全国ロードショー!

***********************************

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工
チャラン・ポ・ランタンもも,ベッキー,竹中直人
監督:白石和彌
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会


本日より「下北沢演劇映画祭2018(仮)」開幕!山内ケンジ、ロロ、松居大悟、範宙遊泳ほか公演&映画上映


映画情報どっとこむ ralph 劇場が立ち並ぶ“演劇”の聖地・下北沢。
その街の唯一の映画館・下北沢トリウッドで、12月8日(土)〜30日(日)、演劇と映画の世界がつながり、広がるような下北沢演劇映画祭(仮)2018 いよいよ開幕です!

下北沢にゆかりと密度ある映画&演劇人があつまり多彩なプログラムで、舞台演出家の作った映画作品や演劇公演では、山内ケンジ(城山羊の会)、三浦直之主宰のロロ、松居大悟(ゴジゲン)、玉田真也(玉田企画)、山本卓卓(範宙遊泳)、さんぴん(板橋駿谷、北尾亘、永島敬三、福原冠)、奥村徹也(劇団献身)の公演上映や映画20作品近くに加え、演出家がセレクトする名作映画も上映です。

さらに、18年前に下北沢で伝説となったザ・スズナリ「スズナリ九龍城 幻燈籠記」の舞台映像上映&トークなどを開催します!

スズナリ特設WEB:
http://r.goope.jp/the-suzunari/free/kowloon

来年以降の本開催を視野に、急遽開催となる本演劇映画祭、「演劇って気になるけど、どんなものかな」「演劇みたいな映画がみたいな」、どちらの世界も映画館で楽しめる3週間です。(回数券あり)
演劇と映画の世界を行き来する本映画祭、ぜひお楽しみください。
映画情報どっとこむ ralph 12月8日(土)〜30(日) 下北沢演劇映画祭(仮)2018 開幕!

<参加アーティスト&プログラム>
1週目:12月8日(土)〜14日(金)

★山内ケンジ(城山羊の会)
『At the terrace テラスにて』(映画)
『ミツコ感覚』(映画)
『友だちのパパが好き』(映画)
「水仙の花」(演劇)
「自己紹介読本」(演劇)
「相談者たち」(演劇)

セレクト映画『オープニング・ナイト』監督・脚本・出演:ジョン・カサヴェテス

12/8(土)15:50『At the terrace テラスにて』 山内ケンジさん、岡部たかしさん、岩谷健司さん
12/8(土)20:00『ミツコ感覚』山内ケンジさん
12/9(日)20:00『友だちのパパが好き』山内ケンジさん

2&3週目:12月15日(土)〜28日(金)

★ロロ
「いつ高」シリーズ一挙上映(vol.1〜6)
「BGM」(演劇)
「ハンサムな大悟」(演劇)
「父母姉僕弟君」(演劇)
『ダンスナンバー時をかける少女』(映画)

★松居大悟  
『アイスと雨音』(映画)
『ファーストキス』(エリザべス宮地監督/映画)

★玉田真也(玉田企画) 
『あの日々の話』(映画)

★山本卓卓(範宙遊泳)
「その夜と友達」(演劇)
「午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-」(演劇)

★ 奥村徹也(劇団献身)
『cat fire』(映画)
第3週目:12月29日(土)〜30日(日)

★ さんぴん 
『NEW HERO〜ドキュメンタリー(仮)』(映画) 上映&ミニ公演(予定)  

★ザ・スズナリ「スズナリ九龍城 幻燈記」スペシャル上映&トーク!
スズナリ特設WEB

12/9(日)久保井研(劇団唐組)×タニノクロウ(庭劇団ペニノ)、野田治彦(ザ・スズナリ)
12/30(日)深海十蔵(「スズナリ九龍城」企画・演出・美術)、野田治彦(ザ・スズナリ)

料金:1回券:一般・シニア1,500円 大学・専門1,300円 高校以下800円
   2回券:一般・シニア2,600円 大学・専門2,200円 ※2回券は別日の利用も可
主催:下北沢トリウッド
最新上映スケジュール&トーク情報詳細(随時更新)↓
会場:下北沢トリウッド
http://tollywood.jp
※火曜定休 ※タイムテーブル随時更新

映画情報どっとこむ ralph 下北沢演劇映画祭(仮)2018

公式HP 
http://shimokita-eff.site/

公式twitter 
@shimokitaeff

***********************************


JKニンジャ 小倉優香インタビュー動画到着! 映画『レッド・ブレイド』


映画情報どっとこむ ralph 映画『レッド・ブレイド』が2018年12月15日(土)よりシネマート新宿ほか公開となります。


そして!!

この度、主演の小倉優香のインタビュー動画が到着!


映画初主演にして本格アクションに挑戦する小倉優香さんは、“リアル峰不二子”と絶賛されるスタイルでグラビア界を席巻し、最近は、ドラマ「チア☆ダン」や「恋のツキ」などに出演するなど女優としても躍進中!今後は、主演舞台「呪いシリーズ(呪いの万華鏡/呪いの49日)」の公演が控えています!

本作で孤独な少女マコを演じる小倉さん。

役柄について、「孤独感じる時期は誰にもあると思う。マコの気持ちに寄り添って演じた」と振り返る。さらに、見所でもあるアクションについて問われると、「必要な筋肉を鍛えたていく中で、どんどん動けるようになった。もっとこういう動きをしてみたいと思うことが増えてきて楽しいです。」と手応えを感じているようだ。

映画情報どっとこむ ralph 映画『レッド・ブレイド』

は、2018年12月15(土)より公開。

本作は、『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』など海外でも高い評価を受ける園子温原案によるストーリー。

『HiGH&LOW THE RED RAIN』のアクション監督、『RE:BORN リボーン』主演で知られる坂口拓と“ミスター・バイオレンス”と称され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015正式上映作品『コントロール・オブ・バイオレンス』の石原貴洋のメガホンで映画化。

さらに、ド迫力のオープニングアクション監督を『いぬやしき』『BLEACH』などを手掛けた下村勇二が担当。今までの忍者の常識を覆す、世界初の忍者映画がここに誕生しました。


物語・・・
いじめられっ子の高校生・マコ(小倉優香)は、この世界に嫌けが差していた。
学校の図書室で忍者の児童書「雷風刃」を読むことが唯一心安らぐ瞬間で、巨大な悪に立ち向かう忍者たちに憧れていた。ある夜、下校途中のマコの前に「雷風刃」の忍者・ヒロ(搗宮姫奈)とユウ(花影香音)が現れる。

時空を切り裂き、導かれるようにタイムスリップした先に待っていたのは伊賀の世界。

伝説の忍者・才蔵(TAK∴)指南のもと、強さを求めマコの忍者修行が始まる。

ところが、マコと同様に、「雷風刃」の悪人・原田勘助(岩永ジョーイ)が現実世界に出現してしまい・・・。

サービスカットも到着!
***********************************

小倉優香
搗宮姫奈 花影香音 岩永ジョーイ 美音咲月 徳江かな 咲村良子 榊英雄 TAK∴

原案:園子温 総合演出:坂口拓 監督:石原貴洋 脚本:龍一朗
サウンドデザイン:小野川浩幸 音楽:中森信福
プロデューサー:木村俊樹 ラインプロデューサー:真山俊作 撮影:富田伸二 照明:太田博 録音:杉本崇志
オープニングアクション監督:下村勇二 TAK∴ 稲川義貴(トリプルクラウン)
アクション監督:坂口茉琴 アクション監修:匠馬敏郎 主題歌:『moi-même』(AMG MUSIC)
制作プロダクション:ステアウェイ 配給:AMGエンタテインメント 協力:アミューズメントメディア総合学院
製作:「レッド・ブレイド」製作委員会
(C)2018「レッド・ブレイド」製作委員会