「SF」カテゴリーアーカイブ

藤井ゆきよ 感涙!岡本信彦誕生ケーキに感動!


サカサマのパテマ舞台挨拶 本日10月24日。第26回東京国際映画祭の特別招待作品

「サカサマのパテマ」

が、で上映で舞台挨拶が行われました。

東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇者:吉浦康裕監督、藤井ゆきよ、岡本信彦

「イヴの時間 劇場版」で注目される吉浦康裕監督最新作!

初めて見る、「サカサマ・トリップ・スペクタクル」

手を離したら、彼女は空に落ちていく。

新時代のアニメーション誕生です!

MC:「『サカサマのパテマ』はアジアンプレミアということで東京国際映画祭で上映に対してお聞かせください。」

吉浦康裕監督:
「脚本、監督を勤めました吉浦康裕です。主に岡本さんファンと。。。。多いですね。アナウンスがあったとおり正真正銘日本初公開。ジャパンプレミアです。こんなに大きい場所でビックリしています。皆さんと観ることが出来て本当にうれしく思っています。」
吉浦康裕監督
藤井ゆきよ:
「パテマ役の藤井ゆきよです。『サカサマのパテマ』の上映にお越しいただきありがとうございます。藤井ゆきよ2この作品は初めてヒロインを。。(感涙)早いですよね。。。初めて係らせていただいたこちらの作品が本当に素敵な作品で、スタッフ・キャスト一同熱意をもって取り組んだ作品で、皆さんとこうしてお会いできる機会も与えていただいて、こんなに恵まれた作品と出会えて本当に嬉しいです。今日は最後まで楽しんでいって下さい。」
藤井ゆきよ
岡本信彦:
「エイジ役の岡本信彦です。僕も台本を読んで凄いストーリーに感動して、素敵な作品に出会えてそしてやらせていただいて本当に幸せだなと思っています。」
岡本信彦
MC:スコットランド ラブアニメ映画祭 2013で観客賞と審査員賞をダブル受賞しました!

吉浦康裕監督2吉浦康裕監督:『上演に先駆けてとても良いタイミングで賞をいただけたのと、審査員賞と観客賞のダブル受賞で認められて。イギリスもこれから一般公開になるので良い弾みになればと思っています。』

MC:「本作品は最初から海外を視野に入れてたんでしょうか?」

吉浦康裕監督:「結果的には考えていたと思います。見てくれる裾野を広げる作品にしたかったんです。この絵(ポスター)を見ていただいただけで、言語を超えて興味を持ってもらえるような作品にしたかったんです。今度の作品は、小学生から私の両親まで楽しめる作品にしたかったので。。結果的には海外の方も意識していたのかなと思います。」

MC:「本作品はストーリーが非常に斬新ですが、藤井さんから観た魅力や面白さはどこですか?」

藤井ゆきよ藤井ゆきよ:「こんな不思議なBOY MEETS GIRLの出会い方は無いと思うので、本当に見たまま。。

180度見ているものも感じているものも違う男女がお互いどう変わってどう成長していくのかというのが本当に素敵に描かれている作品だと思うので、、、

岡本さんファンのみなさまも楽しんでいただける、とっても胸キュンなストーリーになっていると思います。」

MC:吉浦監督作品。演出も斬新だったのかなと思うのですが。」

岡本信彦2岡本信彦:「最初台本見たときにお芝居をやるときに文章と組み立てとか意識してやるんですが、この作品は全く土返しして、見たままの文章を感じ取ったままに喋るという事をやっていて。デフォルメしていないし、そういうのも引き出してもらえたのも脚本なのかなと思います。あと観た時に思ったのは、いろんな視点で物語りが展開されるんですね。その視点のコロコロ感が。僕の思いもコロコロ変われた作品だったと思います。観た時そして台本を読んだ時が衝撃だったんで、台本を読まずして映画を観たいなと思いました。」

サカサマのパテマ舞台挨拶
そして最後に、素敵なサプライズが。。。

27歳の誕生日の岡本さんを祝う「サカサマのパテマ」特製ケーキが登場。
客席からの「のぶくん お誕生日おめでとう」の声に

岡本本人は「マジか、ありがとうございます」と大喜びでした!

岡本信彦3
そんな

「サカサマのパテマ」

は11月9日から全国で公開です。

公式HP: http://patema.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/patema.sakasama/

TIFF_2013第26回東京国際映画祭は10月25日(金)まで開催されます!

ぜひ六本木に!

第26回東京国際映画祭 公式HP: http://tiff.yahoo.co.jp/2013/jp/
********************************************************************


『サカサマのパテマ』 Patema Inverted

サカサマのパテマ「イヴの時間」の吉浦康裕監督が贈る、驚愕のアニメーション。かつて大異変が人類を襲った…。夜明け直前の“空”を見上げる少年、エイジ。彼の住むアイガでは、「かつて多くの罪びとが空に落ちた」と“空”を忌み嫌う世界であった。そこに、突然現れたサカサマの少女。彼女は必死にフェンスにしがみつき、今にも“空”に落ちそうである。彼女の名前はパテマ。地底世界から降ってきた。エイジが彼女を助けようと手を握った時、彼女に引っ張られるようにふたりは“空”へと飛び出した。恐怖に慄くパテマと、想像を超える体験に驚愕するエイジ。この奇妙な出会いこそ、封じられた<真逆の世界>の謎を解く禁断の事件であった。

キャスト 藤井ゆきよ、岡本信彦

原作/脚本/監督:吉浦康裕
キャラクター原案:茶山隆介
コスチュームデザイン:杏仁豆腐
作画監督:又賀大介
美術監督:金子雄司
CG監督:安喰秀一
動画監督:大谷久美子
11月9日(土)全国ロードショー
© Yasuhiro YOSHIURA/Sakasama Film Committee 2013


仮面ライダー鎧武/ガイムの映画12月公開


2000年からスタートした平成仮面ライダーシリーズも、最新作『仮面ライダー鎧武/ガイム』の登場で、第15作目。

鎧武&ウィザード 戦国MOVIE大合戦

本作はこの記念すべきタイミングに、平成仮面ライダー勢揃いでお届けするスペクタクル巨編です。

鎧武&ウィザード
希望を巡る物語で多くの視聴者を魅了した『仮面ライダーウィザード』編では、おなじみのキャラクターが総登場し、驚きの後日談が語られます。

そして『仮面ライダー鎧武』編では、仮面ライダーと戦国武将が入り乱れ、一大バトル絵巻が繰り広げられます。

ストーリーは

【仮面ライダーウィザード】約束の場所
謎のファントム・オーガが出現した。オーガは、他のファントムの能力を自分のものにする怖ろしい存在だ。最強のファントムを目指すオーガが狙うのは、晴人の中にいるドラゴン。

晴人を絶望させるため、オーガは晴人が持っていた、「ホープ」の指輪を奪ってしまう。コヨミとの思い出の指輪を取り返そうと決意する晴人たち。しかし、そんな彼らの前に、消えたはずのコヨミが現れて――!?

【仮面ライダー鎧武】戦極バトルロワイヤル!
沢芽市で、アーマードライダーによる「戦極バトルロワイヤル」が開催されていた。鎧武やバロンらが戦う中、突如、時空の亀裂から謎の怪人が出現。

舞を襲った怪人を追って、今度は鎧武たちが時空の亀裂に飛び込んだ。彼らが辿り着いたのは、まさかの戦国時代!? 

そこは数多くの仮面ライダーたちが「武神」と呼ばれ、武将たちの守護者となって戦う不思議な世界だった。戸惑う紘汰たちの前に、邪悪な赤いライダー「武神鎧武」が立ちふさがる!

【戦国MOVIE大合戦】
戦国MOVIE大合戦ウィザードも、鎧武たちがいる異世界へとやって来た。

いったい、ここでは何が起こっているのか? 

「武神鎧武」が求める“巨大な力”を巡って、鎧武たちは“奇跡の変身”えお遂げる!

激闘の末、天下をその手に掴む者は、果たして――!?

二人のライダーが挑む “大合戦”の果てに、待ち受けるものとは? この冬、全国のスクリーンで史上最大の戦国バトルが勃発する――!!

『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 戦国MOVIE大合戦』

12月14日(土)全国ROADSHOW!! です。

公式サイト : http://www.movie-taisen.com/

********************************************************************


『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 戦国MOVIE大合戦』

[仮面ライダーウィザード]
白石隼也 奥仲麻琴 永瀬 匡 戸塚純貴 高山侑子
敦士 ・ KABA.ちゃん 小倉久寛
[仮面ライダー鎧武]
佐野 岳 小林 豊 高杉真宙 久保田悠来 志田友美 上田眞央

【友情出演】 加藤慶祐 木ノ本嶺浩 山本ひかる 岩永洋昭 高橋龍輝

JOY 山口智充

【声の出演】 小山力也 吉野裕行

原作:石ノ森章太郎
脚本:毛利亘宏『仮面ライダー鎧武』
    香村純子『仮面ライダーウィザード』
監督:田崎竜太 (※崎は旧字となります。)

音楽/山下康介 中川幸太郎
アクション監督/石垣広文(ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督/佛田 洋(特撮研究所)

製作/東映 テレビ朝日 東映ビデオ アサツー ディ・ケイ 木下グループ バンダイ
コピーライト : 「鎧武&ウィザード」製作委員会
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
公開情報 : 12月14日(土)全国ROADSHOW!!
公式サイト : http://www.movie-taisen.com/


パヴィッチ監督ホドロフスキーのDUNEを語る


東京・六本木ヒルズで開催中の第26回東京国際映画祭 ワールド・フォーカス部門で10月22日と23日の2日間

『ホドロフスキーのDUNE』

がアジアン・プレミアとして上映され、フランク・パヴィッチ監督が上映後のQ&Aに登壇し、観客からの質問に答えました。

『ホドロフスキーのDUNE』は、『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』でカルト的な人気を誇るアレハンドロ・ホドロフスキー監督が、1974年にSF小説『DUNE』の映画化を企画、サルバドール・ダリやミック・ジャガー、オーソン・ウェルズ、フランスのコミック作家メビウスやH・R・ギーガーらそうそうたるキャストとスタッフを起用し撮影しようと試みられたものの、制作に至る前に中止となってしまったという、その壮大な企画の顛末について描いたドキュメンタリーです。

フランク・パヴィッチ監督客席からの「あなたが『DUNE』を実際に撮りたいと思ったことはありますか、もしあなたが『DUNE』を作っていたとしたら、どんな作品になっていたでしょうか」という質問に対し、

パヴィッチ監督
「いろんな人が『DUNE』を映画化しようとして失敗して、映画化は不可能に近いと言われてきましたが、この映画こそが僕のバージョンの『DUNE』なんです。僕の『DUNE』はここで終わります」
と、今作の仕上りに満足していることを語りました。

また、本作にも登場する『DUNE』のデザイン画や絵コンテが描かれた分厚い‘あの本’について

パヴィチ監督
フランク監督「全部で20冊ほど制作され、現在確認できているのが3冊。ホドロフスキー監督が1冊、ミシェル・セドゥさんが1冊、そして第3冊目が日本にあるかもしれません。リサーチをしたところ、eBayで10年~15年前、5千ドル~1万ドルで売られた形跡がありました。だれが売ったか、だれが買ったかはわからないが、日本の方という事実がわかりました。もし、この劇場の中のどなたかが持っているかもしれません。もし持っていたら手を挙げてください!」
という発言に場内が一気に盛り上がりました。

さらに
「アニメーションパートでメビウスの絵コンテをアニメ化するにあたって、ホドロフスキー監督は関わっているのでしょうか?」という質問については、

パヴィッチ監督
「この映画のなかでホドロフスキー監督はさかんに『映画は私の夢だ、だから誰にも触らせない!誰にも文句は言わせない!』と言っていますので、果たして僕の映画にどれくらい口を挟むのかと思っていたんです。もしかしたら、あれこれ言われるんじゃないかと思っていたら、ほんとうに嬉しく驚いたことに、まったく何も言われませんでした。僕の作りたいように作らせてくれたんです」。

そして
「なぜ『サンタ・サングレ/聖なる血』の大ファンで知られているクエンティン・タランティーノ監督を採用していかなかったでしょうか」という質問に対し、

パヴィッチ監督
「タランティーノ監督は、とにかく個性的な方です。もちろん、出演のオファーを考えていましたが、彼が話し始めると’タランティーノショー’みたいになってしまうので、ほかのキャストとのバランスを恐れてオファーしませんでした」とキャスティングの裏話を述べました。

最後に
「完成した映画を観て、ホドロフスキー監督とメビウスのビジョンが初めて映像になったことについて、ホドロフスキー監督はどういう反応だったのでしょうか?」という質問については、
パヴィッチ監督

フランク監督「彼が初めてこの映画を観たのは今年のカンヌ国際映画祭のプレミア上映でした。僕の隣が奥様でその隣がホドロフスキー監督だったので、上映中も彼がどんなリアクションをするか気にしていました。そうしたら、最後のほうで涙を拭いているんです。自分のアートワークが映像化されていくことを見て感動されたのかもしれないし、何十年と会っていないクリス・フォスやH・R・ギーガーが彼を讃えているのを聞いて感動されたのかもしれませんが、とても嬉しかった。そして上映が終わってから、彼に『どうでしたか?』と聞いたところ、一言『パーフェクトだよ』と言ってくれたんです」とホドロフスキー監督からお墨付きをもらったエピソードを語りました。

『ホドロフスキーのDUNE』は2014年初夏公開、ホドロフスキー監督の23年ぶりの新作『リアリティのダンス』は2014年公開です!

ホドロフスキーのDUNE
因みに
TIFF_2013第26回東京国際映画祭は10月25日(金)まで開催されます!

ぜひ六本木に!

第26回東京国際映画祭 公式HP: http://tiff.yahoo.co.jp/2013/jp/
********************************************************************


『ホドロフスキーのDUNE』

 第66回カンヌ国際映画祭の監督週間で、二つの作品がワールド・プレミア上映された。ひとつは、『エル・トポ』(69)『ホーリー・マウンテン』(73)『サンタ・サングレ/聖なる血』(89)で世界中に熱狂的なファンを持つ映画作家アレハンドロ・ホドロフスキー(84歳)23年ぶりの新作『リアリティのダンス』。もうひとつは、彼の未完のSF大作の製作過程を追ったドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』である。映画祭での上映時には、アレハンドロ・ホドロフスキー監督と、本作に出演し、彼の大ファンであることを公言している『ドライブ』のニコラス・ウィンディング・レフンが登場。会場は熱狂の渦に包まれた。
 『ホドロフスキーのDUNE』は、スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス、SF画家のクリス・フォス、『エイリアン』『トータル・リコール』のダン・オバノン、H・R・ギーガー、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、音楽にピンク・フロイド等、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した。
 84年にデヴィッド・リンチによって『デューン/砂の惑星』が制作され、ホドロフスキーの『DUNE』は幻の作品となってしまったが、後に、ダン・オバノンは、ここで集めたスタッフを再集結させ、『エイリアン』(リドリー・スコット監督)を企画するなど、その後の映画界に多大な影響を与えた。
 本作は、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥ、ギーガー、レフン監督等のインタビューと、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”ホドロフスキー版『DUNE』についての、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリーである。

■監督:フランク・パヴィッチ
■出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ミシェル・セイドゥ、H.R.ギーガー、クリス・フォス、ニコラス・ウィンディング・レフン
(2013年/アメリカ/90分/英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語/カラー/16:9)
■配給:アップリンク/パルコ

『ホドロフスキーのDUNE』
・公式HP→ http://www.uplink.co.jp/dune/
・公式facebook→ https://www.facebook.com/jodorowskysdune.jp
・TWITTER→ https://twitter.com/jodosDUNE_jp

★ホドロフスキー84歳、23年ぶりの新作『リアリティのダンス』2014年日本公開!!!(配給:アップリンク)
・公式HP→ http://www.uplink.co.jp/dance/
・公式facebook→ https://www.facebook.com/TheDanceOfReality.jp
・TWITTER→ https://twitter.com/danceofreality


『ネオ・ウルトラQ』特別上映決定!


ネオ・ウルトラQ 2013年、世界がなお抱える闇に迫るべく、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が気鋭のクリエイターたちにより制作され、1月よりWOWOWで放映され好評を博しました。

そして
今回、巨大スクリーンにて観たいという視聴者からの熱い要望により、待望の劇場公開が決定。

2013年11月9日(土)
よりTOHOシネマズ日劇ほか全国のTOHOシネマズ系列にて公開の運びとなりました。

鉄の貝TV放映されたさまざまな怪獣・宇宙人が登場する全12話のオムニバス・ストーリーの内3話ずつに加え、今回新たに制作された、独特の世界観で本編を振り返るショートアニメ『屋島教授の部屋』を各話の間に上映。

そして
ゴメスを倒せ!モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選りすぐりの一話を加えた計4話構成。

東京プロトコル作品名にちなみ、11月9日から4ヶ月間、毎月9の日を「Qの日」とし、毎回レイトショー1回のイベント上映。メイン館であるTOHOシネマズ日劇では、毎回初日にゲストを招いてトークショーを開催、1週間レイトショー上映を致します。

料金は1,500円均一です。


********************************************************************

『ウルトラQ』
は1966年に放送された伝説のテレビドラマ。ユニークな怪獣や宇宙人が次々に登場する特撮ドラマとして、さまざまな怪異現象を通して、環境破壊や人間性の喪失など、現実社会の闇に鋭く切り込み、その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品です。

作品紹介
かつて地球上ではさまざまなミステリーが起きていた。『ウルトラQ』から47年、再び怪異現象が地球を襲う…。
不可解な出来事に引き寄せられるのは、心理カウンセラーの南風原仁(はいばら・じん=田辺誠一)、トラベルカルチャー誌のライター渡良瀬絵美子(わたらせ・えみこ=高梨臨)、バー「トビラ」のマスター白山正平(しろやま・しょうへい=尾上寛之)という、境遇も考え方もまったく異なる3人。南風原の恩師・屋島教授に助けられながら、3人は人知を超えた“力”に向き合っていく。最新鋭4Kカメラを導入しこの意欲的な作品に取り組むのは、石井岳龍監督、中井庸友監督、入江悠監督、田口清隆監督ら4人のクリエイターたち。新たなキャスト、スタッフで一新しながらも、魂の部分で原点を継承する『ネオ・ウルトラQ』。異次元への扉が、いま開く……。
監督:石井岳龍、中井庸友、入江 悠、田口清隆 
脚本:いながききよたか他 
出演:田辺誠一、高梨 臨、尾上寛之 他
製作:WOWOW、円谷プロダクション 
配給:円谷プロダクション
©2013 円谷プロ・WOWOW


『ホドロフスキーのDUNE』にまつわるドキュメンタリー


ホドロフスキーのDUNE 『エル・トポ』(69)『ホーリー・マウンテン』(73)『サンタ・サングレ/聖なる血』(89)で世界中に熱狂的なファンを持つ映画作家アレハンドロ・ホドロフスキー。

現在開催中の東京国際映画祭にて上映される 、今年84歳となるホドロフスキー監督が1974年に企画した幻のSF大作『DUNE』についてのドキュメンタリーの日本公開が決定です。

『ホドロフスキーのDUNE』

東京国際映画祭  『ホドロフスキーのDUNE』上映
http://tiff.yahoo.co.jp/2013/jp/lineup/works.php?id=W0001

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ Screen5
10/22 20:40 – (本編90分)
Q&A 登壇ゲスト(予定): Q&A: フランク・パヴィッチ(監督/プロデューサー)

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ Screen1
10/23 13:50 – (本編90分)
Q&A 登壇ゲスト(予定): Q&A: フランク・パヴィッチ(監督/プロデューサー)

DUNE_cover-of-art-book『ホドロフスキーのDUNE』は、スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス、SF画家のクリス・フォス、『エイリアン』『トータル・リコール』のダン・オバノン、H・R・ギーガー、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、音楽にピンク・フロイド等、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫。

84年にデヴィッド・リンチによって『デューン/砂の惑星』が制作され、ホドロフスキーの『DUNE』は幻の作品となってしまったが、後に、ダン・オバノンは、ここで集めたスタッフを再集結させ、『エイリアン』(リドリー・スコット監督)を企画するなど、その後の映画界に多大な影響を与えた企画。

本作は、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥ、ギーガー、レフン監督等のインタビューと、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”ホドロフスキー版『DUNE』についての、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリーです。

・公式HP→ http://www.uplink.co.jp/dune/
・公式facebook→ https://www.facebook.com/jodorowskysdune.jp
・TWITTER→  https://twitter.com/jodosDUNE_jp

********************************************************************



『ホドロフスキーのDUNE』
■監督:フランク・パヴィッチ
■出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ミシェル・セイドゥ、H.R.ギーガー、クリス・フォス、ニコラス・ウィンディング・レフン
(2013年/アメリカ/90分/英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語/カラー/16:9)
■配給:アップリンク/パルコ


★ホドロフスキー84歳、23年ぶりの新作『リアリティのダンス』2014年日本公開!!!(配給:アップリンク)
・公式HP→ http://www.uplink.co.jp/dance/
・公式facebook→ https://www.facebook.com/TheDanceOfReality.jp
・TWITTER→ https://twitter.com/danceofreality