「R指定」カテゴリーアーカイブ

子どもは見ちゃダメ『パペット大捜査線 追憶の紫影』予告&ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2月22日(金)公開の『パペット大捜査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』!

パペットなのに子どもは見ちゃダメ!
R指定にならず完全自主規制!予告&ポスタービジュアル解禁!

この度、「セサミストリート」を生んだジム・ヘンソンカンパニーが製作した『Happy Time Murders(原題)』が『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』の邦題にて2019年2月22日(金)よりシネクイントほかで全国公開することが決定しました!
映画情報どっとこむ ralph 物語の舞台となるのは人間とパペットが共存する世界。
そんなある日、平和な街で前代未聞のパペット連続殺害事件が発生!
人間×パペットのデコボココンビが連続殺害事件の犯人を追う!

解禁された予告映像では可愛いらしいパペットたちが“凶器”と思わしき犬に頭と腕を噛まれ引きちぎられたり、銃に撃たれて綿だらけと凶悪なパペット連続殺害事件の一部始終が明らかになっている!この前代未聞の事件に挑むのがメリッサ・マッカーシー演じるアグレッシブなおばさん刑事コニーとハードボイルドなパペット刑事フィルのデコボココンビ!

映像ではフィル(パペット)が違法である密輸行為をした売買人の股間を蹴りまくったり、コニーがフィルの股間に思いっきりかぶりついたりと、どう見ても“アブない刑事”たちがぶっ飛んだ捜査を繰り広げる!

そしてなんと本予告のナレーションを『機動戦士ガンダム』『名探偵コナン』シリーズなどのベテラン声優・古谷(ふるや)徹(とおる)が務める!

映画情報どっとこむ ralph 映画『パペット大騒査線 追憶の紫影

2019年2月22日(金)よりシネクイントほか全国ロードショー
原題:HAPPY TIME MURDERS 

【STORY】
人間とパペットが共存する世界。ロス市警初のパペット刑事フィル・フィリップはある人質事件で失態を犯し、刑事を首になり、いまは私立探偵として過ごしている。ある日、サンドラ・ホワイトと名乗るセクシーなパペットから脅迫状が届いたので調べて欲しいと依頼を受ける。フィルは脅迫状の書体にエロ本の一部が使われていることに気づき、パペットが経営するアダルトショップに向かう。店の裏手で捜査をしていると、表で銃声がする。フィルが慌てて戻ると店主を含め、全てのパペットが殺害されていた。通報を受けたロス市警からフィルのかつての相棒でおばさん刑事コニーが捜査に乗り出し、二人で事件の捜査に挑むことになるが…この事件にはある陰謀が隠されていた−!!

***********************************

監督・製作:ブライアン・ヘンソン『マペットのクリスマス・キャロル』
原作・脚本:トッド・バーガー
出演:メリッサ・マッカーシー、ビル・バレッタ、ジョエル・マクヘイル、マーヤ・ルドルフ、レスリー・デヴィッド・ベイカー、エリザベス・バンクスほか
配給:パルコ
宣伝:スキップ    
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/91分/映倫:PG12

© 2018 STX PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.


フランソワ・オゾン監督来日!R-18心理サスペンス『2重螺旋の恋人』Q&A at フランス映画祭2018


映画情報どっとこむ ralph フランスを代表する映画作家フランソワ・オゾンのR-18心理サスペンス『2重らせん螺旋の恋人』が8月4日(土)公開となりますが・・・。

一足先にフランス映画祭2018(開催期間6/21~24)に出品!

これを記念して、フランソワ・オゾン監督が来日、ティーチインイベントを行いました!
今回は5年ぶりの来日となったオゾン監督。日常と妄想を行き来する本作に関して、もともと〝双子〟というテーマにずっと興味を持っていたが、ジョイス・キャロル・オーツの原作に出会ったことで今回の作品が生まれたこと、映画の登場人物のキャラクターの作り方の過程や、本作で混乱を引き起こす要因となるセクシュアリティに関しての考え方など、満席の観客からの好奇心旺盛で多様な質問に次々と回答。「次は団長で!」とお願いされたオゾン監督が、笑顔で「もっと歳を取ったらね!」とユーモアたっぷりにかわす場面も見られました。

「2重螺旋の恋人」上映後ティーチイン
日付:6月22日(金)
会場:イオンシネマ みなとみらい
登壇:フランソワ・オゾン監督
モデレーター:矢田部吉彦(東京国際映画祭 プログラミング・ディレクター)

映画情報どっとこむ ralph Q:発想の源は?

オゾン監督:出発点は私が双子に興味があったことですね。そこで原作(ジョイス・キャロル・オーツ)に出会いました。

Q: 2人とも精神分析医にするというのは、監督の発想ですか?

オゾン監督:それはもともと原作にありました。変えたのは、精神分析のシーンですね。原作はアメリカ風の精神分析でしたが、フランス式に変えました。アメリカとフランスの違い?フランスの方が精神分析医と患者が寝る可能性が高いのかどうか、それは私にはわかりません笑。でもやらないようがいいと思うよ!あと、ラストを変えました。原作は文学としては成立しますが、映画には向かなかったので変えました。

Q: ジェンダーを超越したような映画ですね?
オゾン監督:奇妙な意見だ。でも、私はこの映画でのセクシュアリティというのは「不満足」がテーマになってると思ってる。この映画の主人公も恋人に対して愛情はあるんだけど、何かが足りない。でも、性と心の乖離はよくある話だよね。どんな恋人でも満たされないものはあるし、その解決法は日本人の方が長けているのではないかな?

Q: マリーヌ・ヴァクトをキャスティングした決め手は?
オゾン監督:脚本を執筆した後に決めたよ。『17 歳』の時もヌードだったから、受けてくれるか不安だったけど、みごとに勤めてくれた。


Q:なぜ猫が出てくるの?
オゾン監督:原作に出てくるからね。あとは、犬と違って、映画映えするんだよ、猫は。あと、猫は英語でプッシーというし、女性器の意味でもあるよね。でも、僕は猫が苦手、昔襲われたからさ(笑)

映画情報どっとこむ ralph 『2重らせん螺旋の恋人』
原題:L’amant Double
原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールの元を訪れる。穏やかなカウンセリングにより痛みから解放されたクロエは、ポールと恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会う。ルイと名乗る男はポールと双子で、しかも同じ精神分析医だという。なぜポールはルイの存在を隠しているのか?真実を突き止めるためルイの診察室に通い始めたクロエは、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく…。

***********************************

監督・脚本:フランソワ・オゾン
原作:ジョイス・キャロル・オーツ「Lives of the Twins」
音楽:フィリップ・ロンビ
出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェレミー・レニエ、ジャクリーン・ビセット、ミリアム・ボワイエ、ドミニク・レイモン
2017年/フランス/1時間47分/カラー/スコープ/5.1ch/ 日本語字幕:松浦美奈
R-18
配給:キノフィルムズ
©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – FILMS DISTRIBUTION – FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU  www.nijurasen-koibito.com  



矢崎仁司監督✖️主演・安藤政信 映画『スティルライフオブメモリーズ』本ビジュアルと新場面写解禁


映画情報どっとこむ ralph 『三月のライオン』『無伴奏』の矢崎仁司監督がメガホンをとり、安藤政信さん久々の映画主演作となる『スティルライフオブメモリーズ』。

2018年7月21日(土)より新宿K’s cinema他にて全国公開が決まっています。

この度、本ビジュアルと新場面写解禁。
主演の安藤政信さんと矢崎仁司監督のコメントも到着しました。

フランスの画家・写真家アンリ・マッケローニの写真集より、一つとして同じものがない女性の肉体の豊かな表情と神々しさ、そしてマッケローニと、自らを撮らせ続けた彼の愛人が過ごした2年間に触発され、企画された本作。

東京のフォトギャラリーで、新進気鋭の若手写真家、春馬の写真展が開催されている。山梨県立写真美術館のキュレーター、怜は、たまたま入ったギャラリーで春馬の写真に心奪われる。

翌日、怜は春馬に連絡をとり、撮影を依頼する。怜が撮ってほしいと切り出したのは…。

安藤政信が伝説のマッケローニに挑む問題作。国内外で注目される矢崎仁司監督が、日本映画史上初のスキャンダラスなテーマを気品漂う映像美で描きました。

映画情報どっとこむ ralph 〜安藤政信さんコメント〜

僕が演じた春馬という役は、写真家です。普段、自分も役者として被写体になることもあれば、写真家として撮影する側になることもある。どちらのときも常に意識しているのは、相手との“距離”です。

特に自分が写真を撮るときには、被写体とどう距離を保っていくかを考えているので、春馬の“心の揺らぎ”には、同じ写真家としてとても共感しました。

矢崎仁司監督とは『ストロベリーショートケイクス』以来のお仕事になりました。僕は矢崎監督の作品はすべて、監督の分身だと思っています。
『スティルライフオブメモリーズ』の、思い悩み、気持ちを伝えられずにもどかしさを抱える春馬の姿は、監督そのもの。また、監督の綺麗な心が、映像美となって表れていると思います。

そして何より、矢崎監督の魅力は、作品に対する「この映画を成立させたい」という強い気持ち。

だから僕も撮影中、監督の心が高揚するために自分はどう在るべきかを常に考えていました。

ぜひ劇場で体感していただきたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 〜矢崎仁司監督コメント〜

安藤さんから、こんな素敵なコメントをもらうと、何も言えないよ。『ストロベリーショートケイクス』以来の再会で、また安藤さんの纏う空気を映し撮れる日々は、幸せでした。私の大好きな俳優は、みんな濡れていたし、濡れた男は美しい。


あなたの写真になりたい。

スティルライフオブメモリーズ

7/21(土)新宿K’s cinemaほか全国順次公開!

http://stilllife-movie.com/

***********************************

安藤政信 永 夏子 松田リマ

伊藤清美 ヴィヴィアン佐藤 有馬美里 和田光沙 四方田犬彦

監督:矢崎仁司
製作:プレジュール+フィルムバンデット プロデューサー:伊藤彰彦・新野安行 
原作:四方田犬彦『映像要理』(朝日出版社刊)
脚本:朝西真砂+伊藤彰彦 写真:中村 早  撮影:石井 勲 照明:大坂章夫 
音響:吉方淳二 美術:田中真紗美
衣裳:石原徳子 ヘアメイク:宮本真奈美 編集:目見田健 助監督:石井晋一 
キャスティング:斎藤 緑
企画協力:生越燁⼦
配給:「スティルライフオブメモリーズ」製作委員会   
※R-18作品
2018/日本/カラー/5.1ch/107分
©Plasir/Film Bandit  


佐藤寿保監督が七海ななで魅せるエロティック・サイコ・サスペンス!「可愛い悪魔」予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph ピンク四天王 佐藤寿保監督×いまおかしんじ脚本、6月23日(土)より新宿K`s cinema他全国順次公開する映画「可愛い悪魔」を予告編解禁。

『眼球の夢』の佐藤寿保が放つ異色のエロティック・サイコ・サスペンス!!がここに誕生しました。

思わせぶりで、焦らされて、潤んだ瞳で見つめられ、コロっと落とされ、交わって、最後にズドンと堕とされる。そんな女性を描いき、「小悪魔」とは違う「可愛い悪魔」である主人公が登場するのが映画「可愛い悪魔」です。

彼女が女であるための無意識の愛、或いは暴走する本能。
そして、彼女を抱いた、その先にあるものは…、究極のエクスタシーか? 底無しのペインか?

その予告編が解禁となりました。



物語
妻の浮気相手の男根を切断すると言うおぞましい事件の裏側と真相を追おうとする法月は、犯人の妻である美穂に接触を図る。美穂の口から語られたのは浮気相手である桑田との性愛の日々。日々を追うごとに美穂の魔性が徐々にあらわとなって行く。法月は桑田同様にその魔性に吸い込まれて行きながら、事件の恐るべき真相を知ることになる。が、知るだけならまだいい、むしろ知らなかった方が良かったのかもしれない…。

映画情報どっとこむ ralph 『可愛い悪魔』
80年代にとして活躍し、00年代以降は一般映画でメガホンを執る佐藤寿保監督が撮り上げた、ピンク時代のアグレッシブかつペインフル溢れる作風を彷彿とさせるエロティック・サイコ・サスペンス! “可愛い悪魔”美穂を演じるのはラブ&エロス・シネマ・コレクション2ndシーズンの『蝉の女  愛に溺れて』、『ごくつまの恋』の2作に主演し、最優秀女優賞を受賞した七海なな。脚本は『華魂』シリーズで佐藤寿保監督とコンビを組むほか、山下敦弘監督『苦役列車』等の脚本を手がけ高い評価を得ているいまおかしんじ。

佐藤寿保(監督)×いまおかしんじ(脚本)のゴールデンコンビに七海なな(ヒロイン)が科学反応を起こす!

***********************************

監督:佐藤寿保
脚本:いまおかしんじ
出演;七海なな/杉山裕右 鐘ヶ江佳太 後藤ちひろ 志賀龍美 志村彩佳 南久松真奈 ニシイアキラ/萩野崇

製作 嶋田豪/企画 土田準平/プロデューサー 赤井勝久 高瀬博行/撮影 鈴木一博/照明 大久保礼司/録音 植田中/音楽 田所大輔/編集 鵜飼邦彦/音響効果 丹雄二/メイク ビューティ★佐口/特殊造形 土肥良成/衣裳協力 永野桃子/助監督 躰中洋蔵/共同研究 東京工芸大学映像表現研究室/制作 ベック/制作協力 アイエス・フィールド
配給 アイエス・フィールド  ©2016「可愛い悪魔」製作委員会

2016年/日本/カラー/85分/ビスタサイズ/ステレオ


松坂桃李主演 映画 『娼年』 まだまだ続く”娼年”伝説 まさかの!応援上映が緊急決定!!


映画情報どっとこむ ralph 2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化、全国大ヒット上映中です。

公開から7週目を迎えた現在でも、幅広い世代の女性を中心に動員。

リピーターも多く、未だに土日やレディースデーは満席が相次ぎ、公開6週目には興行収入3億円も突破!

本作は、SNSで映画の絶賛の感想とともに、 “応援上映”を望む声が相次いでおります。

映画情報どっとこむ ralph そんな多数の要望を受け、女性限定での応援上映が緊急決定しました!

って、この映画でどう応援するの?????ですよね。

映画情報どっとこむ ralph 詳細は!!!!

R-18+指定作品での応援上映は日本初の開催!そして三浦大輔監督の参加も決定。

発声OK、コスプレOK、サイリウム・光り物使用OK、楽器使用OKのレギュレーションとなります。

主人公・リョウの成長、女性キャラたちが癒される過程を大声で応援するも良し、リョウたちと一緒に、心に残った名セリフを発声するも良し、ミニ太鼓でリョウたちのラブシーンを盛り上げるも良し、ツッコミどころに愛のあるツッコミをするもよし、R18+指定でありながら、多くの女性の支持を受けリピーターが続出する、他に類を見ない本作ならでは、新たな伝説となる応援上映を、ぜひお楽しみくださいますようお願いいたします。


【『娼年』応援上映詳細】
日時:5/30(水)17:35~
会場:池袋 HUMAX シネマズ スクリーン4
(豊島区東池袋 1-22-10 ヒューマックスパビリオン 池袋サンシャイン 60 通り 6F)
ゲスト:三浦大輔監督(予定)
上映:17時35分 からの回 三浦大輔監督による前説後本編上映
レギュレーション:女性限定上映/発声可/コスプレ可/サイリウム・光り物使用可/ミニ太鼓・タンバリンなどの楽器可

チケット販売:
・オンラインチケット
5/26(土)AM0時(=5/25(金)24時)より販売開始
池袋 HUMAX スケジュール

・劇場窓口
5/26(土)劇場オープン時より販売開始

注意事項:
女性限定の上映となります。
当日はマスコミによる取材が行われる場合がございます。予めご了承ください。
初めて本作をご鑑賞になる方、静かにご鑑賞されたい方には不向きの上映となります。予めご了承ください。
コスプレ用の着替えスペースが場内にございません。予めご了承ください。

禁止事項:
※周りのお客様へのご配慮をくださいますとともに、楽しく応援上映にご参加くださいますようお願いいたします。
当日スタッフの指示に従って頂けない場合は退場いただく場合がございます。
・他のお客様へのヤジや妨害
・周囲のお客様に不快感を与える発声、作品やキャスト、スタッフへの誹謗中傷
・周囲のお客様の視界をさえぎるようなコスプレや、脱衣などのコスプレを逸した行為
・宮太鼓などスペースを占拠する大型楽器などの持ち込み
・クラッカー、紙吹雪など紙くずやゴミが発生する物の持ち込み
・飲食物を撒き散らすなどの劇場を汚す行為
・座席に長時間立ち上がる、座席に登るなどの行為
・上映中劇場内を走る、スクリーンに近づくなどの行為
・場内でのカメラや携帯電話、ビデオによる撮影・録画・録音等

映画情報どっとこむ ralph 娼年

2018年、最も衝撃的で、最もセンセーショナルな“事件”。

娼夫リョウが見つめた、生と性の深奥

全国大ヒット上映中!

公式HP:
http://shonen-movie.com/
公式Twitter:
@shonen_movie

STORY
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がけるボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

***********************************

主演: 松坂桃李

脚本・監督:三浦大輔
原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

企画製作・配給: ファントム・フィルム
レイティング: R18+