「ODS」カテゴリーアーカイブ

刀ミュを4DXで上映へ!ミュージカル『刀剣乱舞 〜結びの響、始まりの音〜』


映画情報どっとこむ ralph 4DXシアターでミュージカル!
4DXが全世界初となるミュージカル実況上映という、圧巻の新次元コラボが実現!名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・強化し、日本の歴史上の合戦場に出没する敵を討伐していく刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案としたミュージカルシリーズの5作目、ミュージカル『刀剣乱舞』〜結びの響、始まりの音〜が、いよいよ、11/9(金)より、全国のユナイテッド・シネマグループの4DXシアター(18スクリーン)より開幕!


4DXシアターが動く劇場に大変身。
さらに、ペンライト等の応援グッズ持ち込み可で、新しい4DXの鑑賞・体験文化も切り開く。

4DXは、ミュージカル『刀剣乱舞』の実況上映を、モーションチェアの効果や環境効果といった4DXならではの効果によって新しく表現。劇場では感じ取れない、五感で楽しめる新感覚体験が期待できる。ミュージカル『刀剣乱舞』といえば、2015年より上演を続けており、これまで日本国内だけでなく、中国やフランス・パリでの公演も実施。

今回4DX化されたミュージカル『刀剣乱舞』〜結びの響、始まりの音〜は、《刀ミュ史》にとって革命的な作品と言われていた作品。SNS上では早くも4DX化について熱狂的な反応も続いている。ミュージカル『刀剣乱舞』〜結びの響、始まりの音〜は、物に眠る〝想い〟を目覚めさせる⼒を持つ「審神者」の命により、審神者によって励起された「刀剣男士」たちが歴史を守る戦いへと身を投じていく姿を描く。ミュージカルとライブによる⼆部構成となっており、オリジナルの衣裳を纏った刀剣男士たちが煌びやかに歌い踊るライブでは、ペンライトなどの応援グッズの使⽤も可能となっている。

映画情報どっとこむ ralph ミュージカル『刀剣乱舞』〜結びの響、始まりの音〜4DX
上映劇場⼀覧

※劇場により、対応している効果が異なります。
※上映劇場は変更となる場合があります。

ユナイテッド・シネマ札幌/ユナイテッド・シネマ豊洲/シネプレックス旭川/ユナイテッド・シネマとしまえん/ユナイテッド・シネマ水⼾/ユナイテッド・シネマ新潟/ユナイテッド・シネマ前橋/ユナイテッド・シネマ大津/ユナイテッド・シネマ春日部/ユナイテッド・シネマ枚方/ユナイテッド・シネマ入間/ユナイテッド・シネマ橿原/ユナイテッド・シネマわかば/ユナイテッド・シネマキャナルシティ13/ユナイテッド・シネマ新座/ユナイテッド・シネマ長崎/ユナイテッド・シネマアクアシティお台場/ユナイテッド・シネマ熊本(18スクリーン)

映画情報どっとこむ ralph ミュージカル『刀剣乱舞』〜結びの響、始まりの音〜

4DX上映11月9日(金)ロードショー

<ストーリー>
西暦2205年、歴史修正主義者による過去への攻撃が始まった。物に眠る〝想い〟を目覚めさせる⼒を持つ「審神者」と、審神者によって励起された「刀剣男士」たち。彼らは歴史を守る戦いへと身を投じていく――。某年某月某日、審神者より、新たな出陣の命が下る。出陣先は時代の終わりが目前に迫った大政奉還後。編成されたのは長曽祢虎徹、大和守安定、堀川国広、和泉守兼定、巴形薙刀、そして、陸奥守吉行。敵の狙いは新撰組の⽣き残り隊士たちを率い、新政府軍と戦っていた士方歳三だった――。

【ミュージカル『刀剣乱舞』公式ホームページ】
https://musical-toukenranbu.jp/

【ミュージカル『刀剣乱舞』公式ツイッター】
https://twitter.com/musical_touken

***********************************

<キャスト>
大和守安定(やまとのかみやすさだ)・・・鳥越裕貴
和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)・・・有澤樟太郎
陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)・・・田村⼼
堀川国広(ほりかわくにひろ)・・・阪本奨悟
長曽祢虎徹(ながそねこてつ)・・・伊万里有
巴形薙刀(ともえがたなぎなた)・・・丘⼭晴⼰

Ⓒミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会


川島海荷 主演のショートフィルム『箒(ほうき)』本日よりWEBにて配信


映画情報どっとこむ ralph 川島海荷さん主演 ショートフィルム『箒(ほうき)』9月25日(火)よりWEBにて配信 ~編み出される親子の絆、受け継がれる「日本のキレイ」~


米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジアは、株式会社リンレイ の協賛により短編小説公募プロジェクト「ブックショート」内に、「リンレイアワード」を立ち上げました。

本アワードでは、“日本のキレイ”をテーマに短編小説を募集し、全国から才能あふれる個性豊かな物語525作品が集まりました。その中から選ばれた大賞作品『箒』が、このたびショートフィルム化され、リンレイの創立記念日となる9月25日(火)よりブックショートのHPで全編公開となりました。
米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)は、株式会社リンレイ (本社:中央区、代表取締役社長:鈴木信也) の協賛により短編小説公募プロジェクト 「ブックショート」 内に、「リンレイアワード」を立ち上げました。本アワードでは、“日本のキレイ”をテーマに短編小説を募集し、全国から才能あふれる個性豊かな物語525作品が集まりました。その中から選ばれた大賞作品『箒』が、このたびショートフィルム化され、リンレイの創立記念日となる9月25日(火)よりブックショートのHPで全編公開となりました。

ブックショートHP:
http://bookshorts.jp/rinrei_award_houki

映画情報どっとこむ ralph 本作の主演をつとめるのは川島海荷さん。
ショートフィルムの出演は2作目となります。
川島さん演じるサトミは、妊娠の報告のため帰省するも、父(阿南健治さん)の素っ気ない態度に傷ついてしまいます。


しかし、翌朝、サトミの枕元には父の手づくりの箒が立てかけられていました。

川島さんは、子どもの頃からうまくいかない父と娘の関係を見事に演じています。



これは一本の箒を通して、心を通わせていく家族の愛の物語です。



メイキングどうぞ!


***********************************

作品時間:14分7秒

出演:川島 海荷、阿南 健治、金沢 雅美、山城 紗羅
監督:古波津 陽


『ガールズ&パンツァー第63回戦車道全国高校生大会総集編』4DX版9/29スタート!


映画情報どっとこむ ralph この度、多くのファンを持つ大ヒットアニメ『ガールズ&パンツァー』のTVシリーズ全12話とOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」を122分にまとめた『ガールズ&パンツァー第63回戦車道全国高校生大会総集編』4DX版が、9月29日(⼟)より、上映スタート!
2016年に公開された『ガールズ&パンツァー劇場版』の4DX上映は、瞬く間にファンの間で話題になり、チケット販売開始から5分で売り切れるなど、なかなかチケットが取れない事態まで発生した。また、好評だったこともあり1年以上のロングランに!

ガルパンと4DXの繊細な演出と相性の良さを賛美するコメント「ガルパンと4DXのシンクロ率は400%なので4DXを体験するならこれしかない!」、「ガルパン4DXを観たけど振動や風がしっかり映像に合うよう細かく調整されていてすごく4DX向きな映画であった。」、「ガルパン4DXは戦車の動きに合わせて座席が傾くし弾が通るとき空気がバシュってなるのが楽しいよ」・ガルパン×4DXのアトラクションのようなマシマシな演出を楽しむコメント「ガルパン4DXはいいぞエンジンの振動と爆風がすごい耳が敏感な人は風でヒャンヒャン言わされてしまう」、「4DXといえばガルパン劇場版が楽しすぎたな……まじアトラクションで興奮する」など、実際にSNS上では、ガルパン×4DXの相性を絶賛し、アニメに登場する様々な種類の戦車の表現はもちろん、戦車のドライブシーン、戦車チェイスシーンに4DXならではの演出が加わり、さらなる楽しみ方を求める、期待の声も上がっています。
映画情報どっとこむ ralph 『ガールズ&パンツァー第63回戦車道全国高校生大会総集編』4DX上映に先駆けて、SNS上では、「4DX部門ではダントツで1位候補の期待作」、「ガルパン劇場版4DXのモーション職人は“わかってる”人が作ってたから今回も期待するしかないんじゃぁ!!」、「ガルパン総集編4DXを早く観てえ…今はそれが楽しみで生きてる感じだ…」、など、すでにテンション高めな4DX上映を待ちわびる声も続々寄せられており、<4DX映え>する繊細な演出とド派手なアトラクション演出への期待値MAX!『ガールズ&パンツァー』は、戦車を⽤いた武芸「戦車道」が大和撫子のたしなみとされる世界を舞台に、主人公の女子高生・西住みほが所属する県立大洗女子学園の戦車道チームに入り、友情を育て成長する姿を描く。

本作では2012年に放送されたテレビシリーズ全12話と、テレビシリーズでは詳細が省略された戦車道全国大会の第2回戦を描いた14年リリースのOVA「ガールズ&パンツァーこれが本当のアンツィオ戦です!」を、作中の時系列に沿って編集し、新規ナレーションを加え第63回戦車道全国高校生大会を振り返る。4DXは、全世界1位4D映画で2017年全世界2,000万人を動員し、爆発的に成長している体感型のプレミアムシアター。特にヨーロッパや北⽶で20〜30代を中⼼とし、【観る映画の代案】として若い層に人気上昇中!全世界59カ国、554劇場で運営中、日本国内では55劇場に導入中。(※2018年9月現在)<4DX映え>満載のガルパン4DXはいいぞ!『ガールズ&パンツァー第63回戦車道全国高校生大会総集編』4DX版を、是非お楽しみくださいませ!!


『ガールズ&パンツァー63回戦車道全国高校生大会総集編』

9月29日(⼟)ロードショー


公式ホームページ:http://girls-und-panzer.jp/

【STORY】
戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。県立大洗女子学園に転校生・西住みほがやってきた。戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだみほ。ところが転校そうそう生徒会長に呼び出され、必修選択科目で戦車道を選択し、戦車道全国大会に出場するよう強要される。しかも集まったメンバーは個性派ばかり。華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子―。友達とのフツーの女子高生活を夢見るみほの、ささやかな願いは叶うのか―?


***********************************


監督:水島努

声の出演:渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香ほか

配給:ショウゲート
©GIRLSundPANZERProjekt


「Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演」上映決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、今年1月13日、14日に横浜アリーナで行われたライブ「Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演」のBlu-ray発売を記念して、全国各地の劇場で「劇場版 Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演」の上映が決定しました!

本作は、現在Season3が絶賛放送中のTVアニメ「進撃の巨人」より歴代主題歌5曲を収録した『進撃の軌跡』(LH2ndアルバム)を余す事なく披露したライブ本編【第一壁】の内容を中心に構成!楽曲とシンクロしたアニメ映像と共に、その世界観をお楽しみいただけます。また通常の上映に加え、今回はRevo史上初の試みとなる360°空間に迫力のサウンドを生み出す【ドルビーアトモス】での上映も決定!

ライブ会場の臨場感、さらには映像化の為に加えた特殊音響効果が劇場でしか味わえない、特別なものになっております。

ドルビーアトモスでの上映(全国16箇所)は9月28日から1週間のみの限定となり、通常上映は10月5日より全国各地で順次公開となります。

今回解禁されたポスタービジュアルはTVアニメ「進撃の巨人」 Season2のオープ二ングテーマ「心臓を捧げよ!」のワンシーン。

アニメ映像がスクリーンに映し出され、出演者・観客を含めそこにいる総員の心臓が光り、会場全てがシンクロした何ともアガるビジュアルとなっております!迫力のサウンドを生み出す【ドルビーアトモス】で、ライブ会場さながらの臨場感を体感していただきながら、更にライブ当日には味わえなかった劇場版ならではの映像演出も存分にお楽しみいただけます。

映画情報どっとこむ ralph <上映概要>
【ドルビーアトモス上映】2018年9月28日(金) ~10月4日(木)
【通常上映】2018年10月5日(金) ~全国で順次公開(※詳細は上映劇場をご覧ください)
<チケット情報>
当日鑑賞料金:【ドルビーアトモス上映】3,500円(税込)/【通常上映】2,500円(税込)
※上映時間、チケット購入方法は劇場により異なります。公開日間近になりましたら各劇場ウェブサイトにてご確認下さい。
※前売チケットの販売はございませんのでご了承ください。
※詳細は公式サイト:
https://shingeki.linked-horizon.com

【ドルビーアトモス上映】 9月28日(金)~10月4日(木)

***********************************


企画・制作:ポニーキャニオン/ラップ・プロダクツ
主催:ポニーキャニオン/ラップ・プロダクツ
配給:アジョンス・ドゥ・原生林
宣伝協力:スキップ
上映時間:75分
  


安田潤司が監督!ハードコアパンクバンドG.I.S.M.(ギズム)厳選映像集一夜限定上映決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、24年ぶりに公開中の80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』(新宿K’s cinemaほか全国順次公開中)が話題沸騰のなか、伝説のハードコアパンクバンドG.I.S.M.(ギズム)の秘蔵映像を厳選した映像集を、音響上映で人気を博する立川シネマシティにて1日限りで上映するイベントを開催する運びとなりました。

バンドの歴史上初の試みとなります。本ビジュアル、チケットの発売情報も併せて解禁となります。
映画情報どっとこむ ralph 世界中のアーティストに影響を与え続けているハードコアパンクバンドG.I.S.M.(ギズム)。その伝説的なライブ映像アーカイブの中から厳選し、1時間にまとめた映像集。上映作品はデジタルリマスターされた『G.I.S.M.法政大学 東京バトルDAYS』(1984年/8mm/13分)、『GEOTROPISM』(1984年/8mm/20分)。

そして今回、初公開となる『シークレットライブ映像』を複数合わせて編集。
G.I.S.M.の伝説のライブを大画面で体感する究極の60分ムービーとなる。
監督はG.I.S.M.の全てのオフィシャル映像を撮影・監督した『ちょっとの雨ならがまん』『ファー・イースト・ベイビーズ』の安田潤司監督。

イベント名:P.P.P.project + BEAST ARTS presents「烈波壊虐音群突入911」

劇場:立川シネマシティ cスタジオ(定員180名)
[東京都立川市曙町2ー42ー26]
日時:9月11日(火)➀19:30 ➁21:00

料金:2,000円(税込)

チケット発売日:オンラインチケット:シネマシティズン会員 9/7(金)00:00〜[9/6(木)24:00〜]、一般9/8(土)00:00〜[9/7(金)24:00〜]発売開始
劇場窓口:各日のシネマ・ツー窓口オープン時〜発売開始。

立川シネマシティ公式HP:
https://cinemacity.co.jp

主催:P.P.P.project + BEAST ARTS

2018年9月11日(火)立川シネマシティ cスタジオにて1日限りの上映

© 2018 P.P.P.project

映画情報どっとこむ ralph 映画『ちょっとの雨ならがまん



映画公式HP:
http://silvergelatin.main.jp/movie/chottonoame-feb/

G.I.S.M.、GAUZE、THE COMES、THE EXECUTE、町田町蔵……。
世界に影響を与え続ける80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録し、新世代のアーティストたちの表現に迫ったドキュメンタリー・パンク映画。もはや上映不可能と言われ、伝説となった1本のフィルムが公開から34年の時を経て今、新たに蘇る。

1970年代後半の東京ロッカーズ以降、より過激な表現を求めて現れた若者たちによるジャパニーズハードコア・パンク。その中でハードコア四天王と呼ばれたギズム、ガーゼ、カムズ、エクスキュート。パンクバンドINU、FUNAを解散後、人民オリンピックショウとして活動していた町田町蔵(現・町田康)。『狂い咲きサンダーロード』(1980年)、『爆裂都市 BURST CITY』(1982年)を続けて発表しインディーズ映画界の寵児となった石井聰亙(現・石井岳龍)。名だたるアーティストたちが出演し、音楽シーンのみならず世界に影響を与え続ける80年代の日本のハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したのは映像作家の安田潤司、当時21才。1984年の初公開後、劇場やライブハウスを中心に上映され、延べ50,000人もの観客を動員した。そして1994年を最後に一切の上映をやめビデオ化されることもなく消えた。その後、様々な憶測が飛び交い、上映不可能と言われた伝説のドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』が初公開から34年、未公開シーンを追加し現代に蘇る。

※本作のタイトルはGAUZEの曲『戦場』の歌詞の一節から引用された。

(1983/日本/スタンダード/DCP)
監督:安田潤司
出演:GAUZE、G.I.S.M.、THE EXECUTE 、THE COMES、THE TRASH、CLAY、GASTUNK、町田町蔵、石井聰亙、サヨコ(ZELDA)、佐藤幸雄(すきすきスウィッチ)、マサミ、ほか
© 2018 P.P.P.project



映画『ファー・イースト・ベイビーズ



2018年8月18日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開

東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートと続く活動で東京の演劇シーンを塗り替えた奇才・飴屋法水と劇団メンバーが集結。ドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』、ハードコアパンクバンド G.I.S.M.の全映像作品や数々のミュージックビデオを監督した安田潤司の長編デビュー作。テクノクラートのマシンが轟音とともに圧倒的な存在感を放つ。

ジャパニーズハードコア・パンクの黎明期を追った『ちょっとの雨ならがまん』の安田潤司監督が次回作の着想を得たのは、演劇界の奇才・飴屋法水をはじめとするアンダーグラウンドシーンを席巻していたアーティストたちとの出会いだった。飴屋法水のアートユニット、テクノクラートのマシンと美術家・三上晴子のオブジェが圧倒的な存在感を放ち、映画史上類をみないかたちで現代アートと映画の融合が実現した。出演に名を連ねるのは、東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートのメンバーである石川成俊、棚橋ナッツ、上野仁、佐野秀介。ハードコア・パンクバンドG.I.S.M.の横山SAKEVI。頭脳警察のパンタと石塚俊明。そして、飴屋法水とテクノクラートのマシン。登場人物全員が本人として登場し、仮想現実と戯れるように物語が紡がれていく。

【STORY】
東京、ウクレレをかき鳴らしながらシャウトし街を闊歩するウクレレバンドのガソリン兄弟(タナハシ、ウエノ、サノ)。
瀬戸内海の島で動物や昆虫の研究に没頭しながら静かな生活をおくる青年・ナルトシ。
不気味なマシンが鎮座する施設で生活するアメヤ。
ガソリン兄弟の友人・ワクタの宝物、木彫りの「おばあちゃん」が泥棒に盗まれたことでひと夏の平穏な空気は一変する。
アメヤのマシンが意思を持つ生き物のようにひとりでに動きだし、ガソリン兄弟とワクタは奇妙な幻想に取り憑かれ、ナルトシとの壮絶な争いが勃発する。

(1993/日本/ビスタ/DCP)
出演:石川成俊、棚橋ナッツ、上野仁、佐野秀介、和久田理人、柴崎賀宜、飴屋法水、SAKEVI(G.I.S.M.)、PANTA(頭脳警察)、石塚俊明(頭脳警察)、鈴木源一郎、キース、ショウ、ミズタニモトコ、永福町姉妹、宮崎マサヤ、友谷英孝
監督・編集:安田潤司 脚本:安田潤司、唐原理恵 撮影:諸沢利彦 照明・撮影助手:長井和久 撮影助手:青木正 録音:鈴木昭彦 録音助手:井口奈己 美術・操演・特殊メイク・ケータリング:石毛朗 美術協力・マシンオペレート:飴屋法水、石川成俊 監督補:西山洋一 制作主任:大坪草次郎

宣伝美術:佐々木暁
配給:P.P.P.project + silver gelatin
© 2018 P.P.P.project

***********************************