「ODS」カテゴリーアーカイブ

「Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演」上映決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、今年1月13日、14日に横浜アリーナで行われたライブ「Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演」のBlu-ray発売を記念して、全国各地の劇場で「劇場版 Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演」の上映が決定しました!

本作は、現在Season3が絶賛放送中のTVアニメ「進撃の巨人」より歴代主題歌5曲を収録した『進撃の軌跡』(LH2ndアルバム)を余す事なく披露したライブ本編【第一壁】の内容を中心に構成!楽曲とシンクロしたアニメ映像と共に、その世界観をお楽しみいただけます。また通常の上映に加え、今回はRevo史上初の試みとなる360°空間に迫力のサウンドを生み出す【ドルビーアトモス】での上映も決定!

ライブ会場の臨場感、さらには映像化の為に加えた特殊音響効果が劇場でしか味わえない、特別なものになっております。

ドルビーアトモスでの上映(全国16箇所)は9月28日から1週間のみの限定となり、通常上映は10月5日より全国各地で順次公開となります。

今回解禁されたポスタービジュアルはTVアニメ「進撃の巨人」 Season2のオープ二ングテーマ「心臓を捧げよ!」のワンシーン。

アニメ映像がスクリーンに映し出され、出演者・観客を含めそこにいる総員の心臓が光り、会場全てがシンクロした何ともアガるビジュアルとなっております!迫力のサウンドを生み出す【ドルビーアトモス】で、ライブ会場さながらの臨場感を体感していただきながら、更にライブ当日には味わえなかった劇場版ならではの映像演出も存分にお楽しみいただけます。

映画情報どっとこむ ralph <上映概要>
【ドルビーアトモス上映】2018年9月28日(金) ~10月4日(木)
【通常上映】2018年10月5日(金) ~全国で順次公開(※詳細は上映劇場をご覧ください)
<チケット情報>
当日鑑賞料金:【ドルビーアトモス上映】3,500円(税込)/【通常上映】2,500円(税込)
※上映時間、チケット購入方法は劇場により異なります。公開日間近になりましたら各劇場ウェブサイトにてご確認下さい。
※前売チケットの販売はございませんのでご了承ください。
※詳細は公式サイト:
https://shingeki.linked-horizon.com

【ドルビーアトモス上映】 9月28日(金)~10月4日(木)

***********************************


企画・制作:ポニーキャニオン/ラップ・プロダクツ
主催:ポニーキャニオン/ラップ・プロダクツ
配給:アジョンス・ドゥ・原生林
宣伝協力:スキップ
上映時間:75分
  


安田潤司が監督!ハードコアパンクバンドG.I.S.M.(ギズム)厳選映像集一夜限定上映決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、24年ぶりに公開中の80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』(新宿K’s cinemaほか全国順次公開中)が話題沸騰のなか、伝説のハードコアパンクバンドG.I.S.M.(ギズム)の秘蔵映像を厳選した映像集を、音響上映で人気を博する立川シネマシティにて1日限りで上映するイベントを開催する運びとなりました。

バンドの歴史上初の試みとなります。本ビジュアル、チケットの発売情報も併せて解禁となります。
映画情報どっとこむ ralph 世界中のアーティストに影響を与え続けているハードコアパンクバンドG.I.S.M.(ギズム)。その伝説的なライブ映像アーカイブの中から厳選し、1時間にまとめた映像集。上映作品はデジタルリマスターされた『G.I.S.M.法政大学 東京バトルDAYS』(1984年/8mm/13分)、『GEOTROPISM』(1984年/8mm/20分)。

そして今回、初公開となる『シークレットライブ映像』を複数合わせて編集。
G.I.S.M.の伝説のライブを大画面で体感する究極の60分ムービーとなる。
監督はG.I.S.M.の全てのオフィシャル映像を撮影・監督した『ちょっとの雨ならがまん』『ファー・イースト・ベイビーズ』の安田潤司監督。

イベント名:P.P.P.project + BEAST ARTS presents「烈波壊虐音群突入911」

劇場:立川シネマシティ cスタジオ(定員180名)
[東京都立川市曙町2ー42ー26]
日時:9月11日(火)➀19:30 ➁21:00

料金:2,000円(税込)

チケット発売日:オンラインチケット:シネマシティズン会員 9/7(金)00:00〜[9/6(木)24:00〜]、一般9/8(土)00:00〜[9/7(金)24:00〜]発売開始
劇場窓口:各日のシネマ・ツー窓口オープン時〜発売開始。

立川シネマシティ公式HP:
https://cinemacity.co.jp

主催:P.P.P.project + BEAST ARTS

2018年9月11日(火)立川シネマシティ cスタジオにて1日限りの上映

© 2018 P.P.P.project

映画情報どっとこむ ralph 映画『ちょっとの雨ならがまん



映画公式HP:
http://silvergelatin.main.jp/movie/chottonoame-feb/

G.I.S.M.、GAUZE、THE COMES、THE EXECUTE、町田町蔵……。
世界に影響を与え続ける80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録し、新世代のアーティストたちの表現に迫ったドキュメンタリー・パンク映画。もはや上映不可能と言われ、伝説となった1本のフィルムが公開から34年の時を経て今、新たに蘇る。

1970年代後半の東京ロッカーズ以降、より過激な表現を求めて現れた若者たちによるジャパニーズハードコア・パンク。その中でハードコア四天王と呼ばれたギズム、ガーゼ、カムズ、エクスキュート。パンクバンドINU、FUNAを解散後、人民オリンピックショウとして活動していた町田町蔵(現・町田康)。『狂い咲きサンダーロード』(1980年)、『爆裂都市 BURST CITY』(1982年)を続けて発表しインディーズ映画界の寵児となった石井聰亙(現・石井岳龍)。名だたるアーティストたちが出演し、音楽シーンのみならず世界に影響を与え続ける80年代の日本のハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したのは映像作家の安田潤司、当時21才。1984年の初公開後、劇場やライブハウスを中心に上映され、延べ50,000人もの観客を動員した。そして1994年を最後に一切の上映をやめビデオ化されることもなく消えた。その後、様々な憶測が飛び交い、上映不可能と言われた伝説のドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』が初公開から34年、未公開シーンを追加し現代に蘇る。

※本作のタイトルはGAUZEの曲『戦場』の歌詞の一節から引用された。

(1983/日本/スタンダード/DCP)
監督:安田潤司
出演:GAUZE、G.I.S.M.、THE EXECUTE 、THE COMES、THE TRASH、CLAY、GASTUNK、町田町蔵、石井聰亙、サヨコ(ZELDA)、佐藤幸雄(すきすきスウィッチ)、マサミ、ほか
© 2018 P.P.P.project



映画『ファー・イースト・ベイビーズ



2018年8月18日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開

東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートと続く活動で東京の演劇シーンを塗り替えた奇才・飴屋法水と劇団メンバーが集結。ドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』、ハードコアパンクバンド G.I.S.M.の全映像作品や数々のミュージックビデオを監督した安田潤司の長編デビュー作。テクノクラートのマシンが轟音とともに圧倒的な存在感を放つ。

ジャパニーズハードコア・パンクの黎明期を追った『ちょっとの雨ならがまん』の安田潤司監督が次回作の着想を得たのは、演劇界の奇才・飴屋法水をはじめとするアンダーグラウンドシーンを席巻していたアーティストたちとの出会いだった。飴屋法水のアートユニット、テクノクラートのマシンと美術家・三上晴子のオブジェが圧倒的な存在感を放ち、映画史上類をみないかたちで現代アートと映画の融合が実現した。出演に名を連ねるのは、東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートのメンバーである石川成俊、棚橋ナッツ、上野仁、佐野秀介。ハードコア・パンクバンドG.I.S.M.の横山SAKEVI。頭脳警察のパンタと石塚俊明。そして、飴屋法水とテクノクラートのマシン。登場人物全員が本人として登場し、仮想現実と戯れるように物語が紡がれていく。

【STORY】
東京、ウクレレをかき鳴らしながらシャウトし街を闊歩するウクレレバンドのガソリン兄弟(タナハシ、ウエノ、サノ)。
瀬戸内海の島で動物や昆虫の研究に没頭しながら静かな生活をおくる青年・ナルトシ。
不気味なマシンが鎮座する施設で生活するアメヤ。
ガソリン兄弟の友人・ワクタの宝物、木彫りの「おばあちゃん」が泥棒に盗まれたことでひと夏の平穏な空気は一変する。
アメヤのマシンが意思を持つ生き物のようにひとりでに動きだし、ガソリン兄弟とワクタは奇妙な幻想に取り憑かれ、ナルトシとの壮絶な争いが勃発する。

(1993/日本/ビスタ/DCP)
出演:石川成俊、棚橋ナッツ、上野仁、佐野秀介、和久田理人、柴崎賀宜、飴屋法水、SAKEVI(G.I.S.M.)、PANTA(頭脳警察)、石塚俊明(頭脳警察)、鈴木源一郎、キース、ショウ、ミズタニモトコ、永福町姉妹、宮崎マサヤ、友谷英孝
監督・編集:安田潤司 脚本:安田潤司、唐原理恵 撮影:諸沢利彦 照明・撮影助手:長井和久 撮影助手:青木正 録音:鈴木昭彦 録音助手:井口奈己 美術・操演・特殊メイク・ケータリング:石毛朗 美術協力・マシンオペレート:飴屋法水、石川成俊 監督補:西山洋一 制作主任:大坪草次郎

宣伝美術:佐々木暁
配給:P.P.P.project + silver gelatin
© 2018 P.P.P.project

***********************************



『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/2018』マノン、アリス等6作アンコール上映決定!


映画情報どっとこむ ralph バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18』と題し、TOHOシネマズ系列を中心とした全国の映画館で今年も順次上映中です。

そして!

この度、本シーズン『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18』で上映されたバレエ6作品がTOHOシネマズ 日比谷とTOHOシネマズ 日本橋限定でアンコール上映されることが決定!

ロンドンのコヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたロイヤル・バレエ団、ロイヤル・オペラによる世界最高峰のバレエとオペラを、全国の映画館で鑑賞できる『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン』。

すべての上映作品に、ロイヤル・オペラ・ハウスで人気の高い案内人による舞台裏でのインタビューや特別映像等が追加されており、日本にいながらもそのボリュームある内容や迫力ある音響でライブで観劇しているような臨場感を味わう事が出来るとともに、大スクリーンに映し出される細やかな表情や美しい映像を楽しめるということで、人気を博しています。

映画情報どっとこむ ralph この度、今シーズン上映され大好評を博したバレエ作品の6演目が期間限定でアンコール上映されることが決定!

ロイヤル・バレエ団では日本人プリンシパルの平野亮一さんや高田茜さんなど日本人ダンサーも活躍しており、今シーズンの演目の1つ『冬物語』では平野さんが男性主役に大抜擢!
さらに、平野さんはケネス・マクミラン振付によるモダン・バレエ『マノン』、高田さんは伝統的バレエに、新たな振り付けが加えられた新演出版の『白鳥の湖』にも出演しており、
その活躍を日本のスクリーンでも堪能することが出来ます。

さらに、人気の演目『不思議の国のアリス』、『くるみ割り人形』や、作曲家レナード・バーンスタインの生誕100年を記念して創られた、3つの個性的なバレエを一度に体験することが出来るトリプルビル『バーンスタイン・センテナリー』など王道の名作から近年のチャレンジングな作品まで幅広い演目がラインナップ。

『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18』のバレエ演目を、映画館の大画面と音響で鑑賞できるこの貴重な機会をどうぞお見逃しなく!

映画情報どっとこむ ralph <『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/2018』アンコール上映>

9/14(金)~9/19(水)@TOHOシネマズ 日比谷&TOHOシネマズ 日本橋
(※上映時間は劇場によって異なります。 劇場案内でご確認下さいませ。)

★9/14(金)バーンスタイン・センテナリー
(C) ROH,2018 ph by Andrej Uspenski

★9/15(土)くるみ割り人形
(C) ROH,2017.Photographed by Karolina Kuras

★9/16(日)不思議の国のアリス
(C) ROH.Johan Persson

★9/17(月・祝)白鳥の湖
(C) ROH, 2018. Ph. by Bill Cooper.

★9/18(火)マノン
(C) ROH Photographed by Alice Pennefather

★9/19(水)冬物語
(C)ROH,2018.ph.byTristram Kenton


公式HP:
http://tohotowa.co.jp/roh/

配給: 東宝東和
***********************************


『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』横山だいすけと関根麻里が声優で参戦!


映画情報どっとこむ ralph 1959年に放送が開始され、時代とともに何世代もの間親しまれてきた“超”長寿番組「おかあさんといっしょ」が、この秋 『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』のタイトルで初の映画化、9/7(金)より全国ロードショーとなります。

本作は、ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんがテレビの枠を越えて様々なことにチャレンジ!歌って踊って楽しめるスペシャルな内容になっています。また番組でおなじみの人形劇「ガラピコぷ~」は待望のアニメ化。チョロミー、ムームー、ガラピコの宇宙での大冒険が活き活きと描かれます。全編にわたって、みんなで楽しめるコーナーが盛りだくさんの約70分!

お子さまの人生で初めての映画館体験となる“ファーストムービー”として、ぜひご期待ください!

この度、最新ポスター解禁!
ポスターは、カラフルなツムリタウンを舞台に冒険するガラピコたちと、お兄さんお姉さんたちの楽し気な姿に心躍らせるビジュアルになっています。チラシ(裏)は、お兄さん、お姉さんたちが登場するパートとアニメパートの物語を紹介。
併せて“『映画 おかあさんといっしょ』で遊ぼう!”として、5つの遊び方を載せ、「映画館がまっくらじゃない!赤ちゃんでも大丈夫!」や、「ガラピコぷ~たちが大ピンチ? 大きな声で応援しよう!」、「映画デビューの思い出に!記念写真撮影タイムがあるよ!」等、家族みんなが安心して遊べる本作ならではの楽しみ方を紹介しています。

映画情報どっとこむ ralph アニメ「ガラピコぷ~」に新キャラクターが登場!

アニメ「ガラピコぷ~」に、2人の新しいお友だちが登場!1人目のお友だちには、チョロミー、ムームー、ガラピコが遊びに行く「ツムリ星」に住むツムリ族のしっかり者のお姫さま・イオ。今回イオの声を担当するのは関根麻里さん。

関根麻里(イオ役 声の出演)さんのコメント
娘と観ている大好きな番組の映画化に参加することができて、とても光栄で、嬉しく思います。いい作品にしたいという気持ちが強いからこそのプレッシャーはありましたが、いつもの娘への絵本の読み聞かせが、経験として役立ちました。私が演じたイオは、心優しいお姫さまの女の子です。イオがガラピコたちに出会い、心強い仲間たちのおかげで勇気を持つようになります。演じる中で、本当の気持ちを言葉にして、まっすぐ相手にぶつけること、心から謝ったり感謝したりすれば、お互いに理解し合えるということは、大人も子どもも同じだなと感じました。まだ娘には出演することは伝えていないので、私の声に気がついた時に娘がどういう反応をしてくれるのか今から楽しみです。



またある事件をきっかけにツムリ星を危機にさらすロボット・ゴムリの声を担当するのは、横山だいすけさん。「おかあさんといっしょ」の11代目うたのお兄さんとして人気を博し、9年間務めあげ、今もタレントとしてマルチに活躍中の横山さんが凱旋です!

横山だいすけ(ゴムリ役 声の出演)さんのコメント
「今まで、うたのお兄さんとして様々な番組の節目に立ち会ってきました。こうして卒業してからも、初の映画化という歴史の1ページが新しく開く瞬間に立ち会えることが本当に嬉しいです。映画化と聞いて、自分にとっての故郷でもある「おかあさんといっしょ」に、また新しい楽しみ方が生まれたんだ!と喜んでしまいました。僕が演じたのはツムリ星にいるロボットのゴムリです。クライマックスのゴムリのシーンは、映画館で観るからこその迫力とわくわくがあると思います。この映画でしか観られないアニメ「ガラピコぷ~」の世界観を感じにぜひ映画館に遊びに来てほしいです。映画館という初めての場所にドキドキしちゃう子もいるかも知れませんが、安心して歌ったり
踊ったりできる「おかあさんといっしょ」ならではの映画館での楽しみ方を、みんなで一緒に体験してほしいです。」

併せて9/7(金)公開日より『映画 おかあさんといっしょ』入場者プレゼント「はじめてのあそびノート」(※数量限定)の配布が決定!

映画情報どっとこむ ralph
映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』 

公式HP: eiga-okaasan.jp 

おはなし

【実写コーナー】
ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが、
外へ飛び出して、いろんな乗り物に乗って楽しくおでかけ♪…と思ったら、いつのまにか
不思議な町に着いてしまい、そこにはちょんまげの人がいっぱい!!お兄さん、
お姉さんたちはどうなるのでしょうか!?

【アニメコーナー】
チョロミー、ムームー、ガラピコはしずく星を飛び出しツムリ星へお出かけ!
到着するとツムリ星はぼろぼろの星になっていました。そこで出会ったのはツムリ族の
お姫様イオ。イオには昔ゴムリというロボットのお友達がいましたが、ある事件をきっかけに
離ればなれになってしまいました。ひとりぼっちになったゴムリは、星の大切なグミグミの
実を盗んでしまい…。グミグミの実の力がなくなったツムリ星はどんどん元気がなくなって
しまいました。そのお話を聞いたチョロミーたちは、イオとゴムリの仲直りをお手伝いすることに!
果たしてイオとゴムリは無事仲直りし、ツムリ星は元気を取り戻せるのでしょうか。

※本作は、テレビ放送でのオープニングアニメーションを担当したアニメーターの久野遥子から
バトンタッチし、ダイナモピクチャーズがアニメーションを制作します。

***********************************

出演:花田ゆういちろう 小野あつこ 小林よしひさ 上原りさ チョロミー ムームー ガラピコ スキッパー
声の出演:吉田仁美 冨田泰代 川島得愛 ・ 西川貴教
横山だいすけ ・ 関根麻里
製作:『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』製作委員会
(日活/ライブ・ビューイング・ジャパン/イオンエンターテイメント/NHKエデュケーショナル)
配給:日活/ライブ・ビューイング・ジャパン 
制作:NHKエデュケーショナル/ダイナモピクチャーズ
2018年/カラー/16:9/5.1ch/DCP

©2018「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」製作委員会 


市川染五郎、市川團子 父の日シネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』イベントに登壇


映画情報どっとこむ ralph 歌舞伎舞台を撮影し、映画館で楽しむ“シネマ歌舞伎”その最新作『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』が現在全国 56 館にて絶賛公開中です。

その公開を記念して、メイン館である東劇にて市川染五郎さん、市川團子さん登壇しての舞台挨拶が行われました。

本作で染五郎は父市川染五郎(現:松本幸四郎)さんと、團子は父 市川中車(香川照之) さんとそれぞれ親子共演を果たしていることから、「父の日」にちなみ行われたスペシャルな舞台挨拶です。
日時:6月17日(日)
場所:東劇
登壇: 市川染五郎、市川團子

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手の中、伊月梵太郎役の市川染五郎(以降、染五郎)、五代政之助役の市川團子(以降、團子)さん。

司会の方が二人の挨拶をさせずにいきなり、父の日トークに突入。

「父の日」ということで、どういうお父さんかを聞かれで、困惑するお二人。

染五郎さん:変。

團子さん:昆虫の心を理解している人。

と、言う回答に、パネルに書いたことなぜ今言う?と何故か、自分が効いたにもかかわらずキレる司会。
パネルを急に渡され更に困惑のお二人。何故かの理由を答える二人。

昆虫つながりで、かまきりざえもんという役をした感想を聞かれ

團子さん:なんでカマキリなのに土下座してるんだろうと思いました!(笑)

と回答。

弥次郎兵衛役で共演した現・松本 幸四郎さんとは2作目でも共演。

染五郎さん:宙のリが好きですね。僕もですが・・・

と、親子ともども宙乗り好きだと明かしてくれました。

染五郎さん:父は何しろ挑戦好きですね。代々引き継いでるのはすごいと思いました。

團子さん:最近ビデオで歌舞伎ではないのですが父の作品を観まして演技はすごいなと。吸収したいです。

映画情報どっとこむ ralph
8月に『東海道中膝栗毛』が再演になり、お二人も出演されるそう。宙乗りを4人で行うそうで、これは歌舞伎座史上初。
染五郎さん:宙乗りをしているのを見ていて、いつかはと思っていたので、嬉しいですね。

と話し
團子さん:宙乗りは憧れでしたのでこんなに早くさせていただけるのは、光栄です。

と、大人な回答。新作に向けて

染五郎さん:第1弾第2弾と全く違う物語で。ですので、新作のストーリーが楽しみです。

團子さん:観て下さったお客さんが全員良かったと思うような、見る側視線で演技が出来たらいいなと思ています。

成長されたところは?と問われ
染五郎さん:僕がではなく伊月梵太郎が成長しているところ魅せられればと。

團子さん:物理的に、身長が伸びてきて、声も太くなってるので、違う芝居が出来るかなと。

映画情報どっとこむ ralph シネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』

2018年6月9日(土)より東劇ほか全国公開中。


***********************************

出演:市川染五郎、市川猿之助、中村勘九郎、中村七之助、市川中車、市川笑也、坂東巳之助、 坂東新悟、大谷廣太郎、中村隼人、中村児太郎、中村虎之介、片岡千之助、松本金太郎、市川團子、 中村鶴松、市川弘太郎、市川寿猿、澤村宗之助、松本錦吾、市川笑三郎、市川猿弥、片岡亀蔵、 市川門之助、坂東竹三郎 ほか (平成 29 年 8 月歌舞伎座公演)
※出演者名は公演当時の表記です

製作・配給:松竹株式会社