「ODS」カテゴリーアーカイブ

THE YELLOW MONKEY、松永大司監督登壇舞台挨拶「オトトキ」ミッドナイト先行上映


映画情報どっとこむ ralph この復活劇の1年間を追いかけたのは松永大司監督。
一年間密着の末、最後に監督が仕掛けたのは、彼らの原点とも言えるライブハウス、渋谷 La.mamaでの無観客ライブ。 彼らは一体誰のために歌っているのか?バンドを続けるということはどういうことなのか?​

彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともにTHE YELLOW MONKEYを感じる映画『オトトキ』。​

公開日の前夜である本日10日夜、新宿バルト9シアター9にて、ミッドナイト先行上映&THE YELLOW MONKEYのメンバー、松永監督が登壇する舞台挨拶イベントを行いました。

映画「オトトキ」ミッドナイト先行上映&舞台挨拶​
日時:11月10日(金)
場所:新宿バルト9 ​
登壇:THE YELLOW MONKEY(吉井和哉、菊地英昭、廣瀬洋一、菊地英二)+松永大司監督

映画情報どっとこむ ralph
本ドキュメンタリーを撮るにあたって感じたこと​

廣瀬さん:最初この企画の話を聞いたのが再集結したばかりのライブのリハ中でそれどころじゃなかった。目の前のことに夢中というか。そんなタイミングがうまく結びついたのと、自分自身をさらけ出したのもあってリアルなドキュメンタリーになってると思うな。

菊地(昭)さん:松永監督は空気になるタイプなんだよね。すんなり撮ってるから僕らもカッコつけてないところが多い。真の僕らを見てもらえると思う。

吉井さん:見ていただければわかると思うけど、我々は家族なんじゃないかなって。僕は問題を起こす三男坊ね(笑) 3人にずっと助けてもらって、ここまでこれたなって感じました。

菊地(二)さん:ドキュメンタリーってヘビーになりがちだと思っていたから、再集結してハッピーな1年だからどうなるだろうと思ったね。監督が僕のオブラートのようなものをはがしてくれました。構えていない、素の自分を映し出してくれた。

松永監督:イエローモンキーを知らない人にも彼らの魅力が届けばいいなと思っています。自分が感じた彼らの魅力を伝えたいですね。​

映画情報どっとこむ ralph 11月20日まで伊勢丹新宿店隣接のイセタンウエストⅡで行われている期間限定ギャラリー&ショップで展示されているメンバーの私物を紹介する一幕も。

吉井さんはツアー中の楽屋を賑わすトランペット、菊地(二)さんはバンド結成後間もない頃のライブ時やリハーサル音源を録りためたカセットテープ、廣瀬さんは本編にも登場するシルバーアクセサリー、菊地(昭)さんは昨年のライブでも使用した白いギターをそれぞれ紹介しなました。​

私物にまつわるエピソードを笑いを交えつつ話しているうちに、時刻は11月11日の24時に。無事公開初日を迎えたことをMCが伝えると、会場からは暖かな拍手が送られました。


最後に・・・​
松永さん:これだけのお客さんが集まってくれてとても嬉しいし、パワーをもらえますね。彼らの魅力が詰まった作品になっているので、楽しんでください」。

菊地(二)さん:みなさんにいま『生まれてきてよかった』と伝えたいです。ライブ中、吉井に“イエローモンキーのドラムを叩くために生まれてきた男”と紹介された時にもそう思いました。映画を見るとわかるけれど、両親にも伝えたい。いま当たり前のようにメンバーに囲まれて、映画を撮ってくれた松永監督がいて、その中で自分もこうしていられる。みんなに感謝しています。再集結して1年間、いろいろなことがあったけれど、監督には引き続き僕らを撮り続けて欲しいですね(笑)。

なお、ギターの菊地(昭)が映画のために書き下ろした主題歌「Horizon」は11月29日(水)に配信リリースされることも発表された。

『オトトキ』  

映画公式サイト
theyellowmonkey-movie.jp ​

Twitter:
@OTOTOKI_MOVIE  
Instagram:
https://www.instagram.com/ototoki_movie/
Facebook:
OTOTOKI.MOVIE ​

***********************************


出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二  

監督:松永大司​

制作プロダクション:ブースタープロジェクト  
配給:ティ・ジョイ​
製作:映画「オトトキ」製作委員会  
©2017映画「オトトキ」製作委員会​


松竹ブロードウェイシネ​マ「ホリデイ・イン」大ヒット初日!


映画情報どっとこむ ralph 本日、11月10日(金)19:00より東劇(東銀座)にて、いよいよ、日本映画界史上初でニューヨーク・ブロードウェイの作品が映画館で上映されました!本年度トニー賞ノミネート作品でもある「ホリデイ・イン」です!
そして驚く事に、435席の東劇が、ほぼ満席状態で、大ヒットのオープニング成績となりました!

この成績は、ODS映画(Other Digital Stuff/舞台等の作品を撮影し映画館で上映する事)では異例。しかも、舞台挨拶などのイベント等が全くない中、純粋にオーディエンスの方々に受け入れて頂けた証明となりました。

日本でも、やっとミュージカルが根づいてきたのかもしれません。

映画タイトル:「ホリデイ・イン」
初日日時:11月10日(金)19:00より
上映時間:122分/日本語字幕スーパー版/5日間特別限定公開
映画館場所:東劇
東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル3F/最寄駅:東京メトロ東銀座駅6番出口より徒歩1分


映画情報どっとこむ ralph 本作は、ビング・クロスビーとフレッド・アステアが主演する1942年のミュージカル映画「ホリデイ・イン(邦題:スイング・ホテル)」を舞台化したものです。このブロードウェイミュージカルは, ユニバーサルステージプロダクションズとロジャース&ハンマーシュタイン共同でラウンドアバウトシアターカンパニーによって制作されました。

その華麗な舞台を映画館の為に撮影し日本語字幕付きで特別上映。
©BroadwayHD/Joan Marcus Photography/松竹
©BroadwayHD/Joan Marcus Photography/松竹

©BroadwayHD/Joan Marcus Photography/松竹
©BroadwayHD/Joan Marcus Photography/松竹

この映画は、オンラインストリーミング会社BroadwayHDによって制作されたもの。原作のために作られ、今なお人々に愛される天才音楽家アーヴィング・バーリンの曲と詩と共に、ゴードン・グリーンバーグとチャド・ホッジが執筆した新たな脚本で、スクリーンの不朽の名作が舞台でよみがえりました。

ホリデイ・イン

公開:11月10日(金)より限定5日間特別公開中!

映画館:東劇
配給:松竹

***********************************


浜田省吾。全国映画館上映決定!『旅するソングライター』 特報第1弾解禁!


映画情報どっとこむ ralph コンセプチュアル・ライブ映像『旅するソングライター』、初の全国映画館上映が決定!

2018年2月、全国の映画館が新しい音楽空間に変わります。

これは2015年に行われた9年ぶりのホールツアーと25万人を動員した翌年のアリーナツアーの映像に、コンセプチュアルな映像も加えたスケール感溢れる作品が、2018年2月9日(金)から2月22日(木)の2週間限定でスクリーンに登場!!

TOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ日本橋、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開を予定。

劇場でしか得ることの出来ない非日常な視覚、聴覚を通した体感やライブ会場とは違う、ファン同士のより親密な共有感など、浜田省吾の世界に迫った高密度な空間となります。
映画情報どっとこむ ralph そして!

公開1週間前の2月2日(金)には、業界初!一夜限り<ドルビーアトモス>全国21劇場、初の一斉上映も決定!

コンサート会場の興奮をDolby AtmosR (ドルビーアトモス)の多次元サウンドでリアル再現!

映像のすみずみまで音を感じ、音に包まれた音楽空間で、新たな感動体験を是非。


第1弾 特報が到着!


第2弾特報は「11月8日(水)」、第3弾特報は「11月13日(月)」にて公式HPにて解禁予定です。


2018年2月、浜田省吾『旅するソングライター』を映画館でお楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016
『旅するソングライター』
“Journey of a Songwriter”


【2週間、毎日がハマショー】
◆上映:2018年2月9日(金)〜2月22日(木) 2週間限定 通常上映
◆ムビチケカード(全国共通鑑賞券)先行発売開始:2017年11月28日(火)より

【一夜限り、仕事帰りにハマショー】
◆ 上映:2018年2月2日(金) 
一夜限り<ドルビーアトモス>全国21劇場、初の一斉上映
◆チケット(座席指定券)先行受付期間:2017年11月13日(月)〜11月19日(日)

***********************************

監督:板屋宏幸
企画製作:ROAD & SKY
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
配給協力:REGENTS
宣伝:MUSA
協力:SME Records
©Road & Sky

(ドルビーアトモス上映)
2018年/日本/カラー/ドルビーアトモス/DCP

(通常上映)
2018年/日本/カラー/5.1chサラウンド/DCP


立川志らく『リュミエール!』公開収録!落語家として映画を作りたいと野望明かす!


映画情報どっとこむ ralph 映画の父“リュミエール兄弟”が製作した作品1422本から厳選された108本より構成された映画『リュミエール!』が10月28日(土)より東京都写真美術館ホール他全国順次公開となります!

そして!本作の日本語版ナレーションを、映画への造詣が深い落語家の立川志らくさんが担当することになり、9月12日(火)に日本語ナレーション公開収録を行いました。

日付:9月12日(火)
会場:ソニーPCLスタジオ クリエーションセンター
登壇:立川志らく

映画情報どっとこむ ralph 報道陣を前に、本作の中から「水を撒かれた水撒き人」「ラ・シオタ駅への列車の到着」「日本の闘志」3作品のナレーションを収録。

軽妙かつ愛嬌のある温かな語り口で順調に収録が進みました。


映画情報どっとこむ ralph その後、取材に応じた志らくさん。
テレビのナレーションは何度かあるが、映画のナレーションは本作が初めて、とのことで、その感想を問われると

志らくさん:とても貴重な映像の数々なので、あんまり邪魔しちゃいけないなと思いながら、あんまりキレイにしゃべりすぎても、それならばアナウンサーとか声優さんとか連れて来ればよいわけですから、そんなところを悩みながら撮りました。

と答えた。続けて

志らくさん:観る前はよっぽど映画好きか、映画監督やカメラマンがみるべき映画かと思っていたんだけど、実際にみて観ると、映画に多少でも興味があれば娯楽として楽しめるはず!いまの若い人たちはyoutubeのために自分で撮影したりしているけれど、何が違うって、(リュミエール作品は)絵画みたいなんだよね、ストーリー性はそれほどなくても楽しめると思う。

と本作を解説。

さらに好きなシーンは

志らくさん:意味もわからず、乳母車が道をドンドン通ってくる映像」だそうで、「最後に演出なのかたまたまなのか、ヨチヨチ歩きの子がすーっと歩いてくるんだよね。“まるでチャップリンの「モダンタイムス」のように”と解説も入るんだけど、その子の後姿がチャップリンのようで。大きな意味はないんだけど、感動的だなと。映画って、意味がなくても面白いんだなって映画の原点のようですごく印象に残りましたよ。

と映画に造詣が深い志らくさんならではの感想も。また今年観た映画の中で一番好きな作品としては「ラ・ラ・ランド」を挙げ、

志らくさん:この作品が今年観た中で一番。フレッド・アステアの作品とかみていたものとしては、この時代によくこの映画を作ってくれたなと、ミュージカルが好きで好きでしょうがない、という気持ちが画面にあふれていて、その好きさが現れているとそれだけで楽しくなるんですよ。そういうのが映画の原点ですよね。

と語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph 落語家としてだけでなく、映画の評論や現在TBS系「ひるおび」のコメンテーターとしても活躍中

志らくさん:昔から好きなものは片っ端からやっていこう、と思ってるし、新たに挑戦したいのは、落語家として一本映画を作りたいなぁと。私が唯一できるのは、自分の師匠である立川談志がどんな人だったか、それをちゃんと映画で描きたい。談志はこんなハチャメチャで嫌われていたけど、一方ではこんなに愛されていた、というのをドラマ仕立てで作ってみたい。それができるのは談志の弟子で映画に精通していないと、となると志の輔さんか私かな。誰が談志をやるかっていえば、私が演じれば似てますよ、憑依芸で(笑)。

とユーモアを交えて答える一幕も。


最後に本作を

志らくさん:映画マニアにはたまらない作品で、しかも普通の映画ファンがみても熱狂できる、本当に貴重な作品。これから自分のもっているちょっとした機材で映像を撮ろうと思っている人、短編を作ろうとしている若い映画人は観るべきです!目からウロコで、この作品はまさに動く絵画!内容以上にいかに構図にこだわるか、そこに作り手の愛情が加わるか、それを発見することができる作品です!

と熱く語り、終始、映画愛にあふれたナレーション収録になりました。

映画『リュミエール!』
原題:LUMIERE!
が10月28日(土)より東京都写真美術館ホール他全国順次公開です。

公式HP:
gaga.ne.jp/lumiere!/

スピルバーグもルーカスもジェームズ・キャメロンもクロサワも小津も、映画はここから始まったー。1895年12月28日パリ、ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明した“シネマトグラフ”で撮影された映画『工場の出口』等が世界で初めて有料上映された。全長17m、幅35mmのフィルム、1本約50秒。現在の映画の原点ともなる演出、移動撮影、トリック撮影、リメイクなど多くの撮影技術を駆使した作品は、当時の人々の心を動かした。 1895年から1905年の10年間に製作された1422本より、カンヌ国際映画祭総代表であり、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏が選んだ108本から構成され、リュミエール兄弟にオマージュを捧げた珠玉の90分。4Kデジタルで修復され、フレモー氏が自ら解説ナレーションを担当、ひとつの時代、そこに生きる様々な人や場所、伝統の証人である映像とともに、20世紀を目前とした世界への旅にあなたを誘います。

***********************************

監督・脚本・編集・プロデューサー・ナレーション:ティエリー・フレモー(カンヌ国際映画祭総代表)

製作:リュミエール研究所
共同プロデューサー:ヴェルトラン・タヴェルニエ
音楽:カミーユ・サン=サーンス

映像:1895年~1905年リュミエール研究所(シネマトグラフ短編映画集1,422本の108本より)

2016年/フランス/フランス語/90分/モノクロ/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:寺尾次郎/字幕監修:古賀太/後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 協力:ユニフランス

© 2017 – Sorties d’usine productions – Institut Lumière, Lyon
    


松山ケンイチ 向井理 版 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 ライブビューイング決定!


映画情報どっとこむ ralph 今、話題沸騰中の360度全方位に客席が回転する新劇場「IHIステージアラウンド東京」。当劇場において1年3ヶ月にわたり”花・鳥・風・月・極”の5シーズンに分けて上演されることで注目を集めている劇団☆新感線『髑髏城の七人』。Season花、Season鳥に続き、9月15日(金)より、ONWARD presents 『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBSの幕が上がります。

そして、Season花、Season鳥で好評を博しました本公演の生中継《ライブビューイング》を、Season風でも開催することが決定しました。

チケット即完の超話題作。是非、最寄りの映画館にてご体感下さい。


ライブビューイング ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS
(『髑髏城の七人』Season風 ライブビューイング)

【日 時】2017年10月5日(木) 12:30開演 / 18:00開演
※1日2回。上映館によってはいずれかの回のみの上映になります。
【会 場】全国76館/114スクリーン(昼49・夜65)にて上映(予定)
※館数は変更になる場合があります。最新の上映館情報は公式サイトをご参照下さい。
★お子様連れでも安心の《親子シアター》が「ユナイテッドシネマ・アクアシティお台場」(12:30?)にて開催!詳細は公式サイトへ。
【チケット】価格:¥4,500(全席指定・税込)※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
【先行販売】 9月2日(土)12:00~9月17日(日)23:59 VAC/ローソンチケット/イープラス/チケットぴあ
【一般販売】 9月27日(水)18:00~10月3日(火) ローソンチケット/イープラス/チケットぴあ
【web 】kazedokuro-lv
【主  催】TBS・ディスクガレージ・ローソンHMVエンタテイメント・電通・ヴィレッヂ
【配  給】ヴィレッヂ ティ・ジョイ

映画情報どっとこむ ralph 舞台概要
ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS
2017年9月15日(金)~11月3日(金・祝) IHIステージアラウンド東京(豊洲)
【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり
【出演】松山ケンイチ 向井理 田中麗奈 / 橋本じゅん 山内圭哉 岸井ゆきの / 生瀬勝久 他
【公式サイト】 kazedokuro
【主催】TBS ディスクガレージ ローソンHMVエンタテイメント 電通
【後援】BS-TBS TBSラジオ 
【制作】ヴィレッヂ 
【企画・製作】TBS ヴィレッヂ 劇団☆新感線
Produced by TBS Television, Inc., Imagine Nation B.V., and The John Gore Organization B.V.

【特別協賛】株式会社オンワードホールディングス

***********************************