「LIVE」カテゴリーアーカイブ

板屋宏幸監督×田家秀樹 トークショー付き浜田省吾『旅するソングライター』上映会報告


映画情報どっとこむ ralph 70年代から現在までツアーによってOne&Onlyのポジションを確立してきた浜田省吾。

2015年に行われた9年ぶりのホールツアーと25万人を動員した翌年のアリーナツアーのライブ映像にコンセプチュアルな映像も加えたスケール感溢れる作品が、2月9日(金)の本日、初日を迎えました。本作品は、2月22日(木)までの2週間限定上映となっております。初日を記念して、本作の監督・板屋宏幸×田家秀樹(音楽評論家)によるトークショー付き上映会を、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催し、浜田省吾と30年来の付き合いがある二人が、アーティスト・浜田省吾の魅力を存分に語り尽しました。


浜田省吾『旅するソングライター』
SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016
旅するソングライター
“Journey of a Songwriter”
板屋宏幸監督×田家秀樹トークショー付き上映会


日時:2月9日(金)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ シアター7
登壇:板屋宏幸(監督)、田家秀樹(音楽評論家/ノンフィクション作家)

映画情報どっとこむ ralph 今日、「音楽」が皆さんの中にも見えるといい。
浜田省吾より手紙のサプライズも!

浜田省吾と30年来の交流がある板屋監督は、

板屋監督:『浜田省吾てどんな人ですか?』と聞かれることがありますが、あれほど人に優しくて自分に厳しい人は、そうそうお目にかかったことはありません。「僕と彼女と週末に」という曲がありますが、ニュース映像をいれて昨今の世界情勢を表現したいと言われた時、あまりにも浜田さんの考えていることが大きすぎて、1曲の中に入りきらないから中途半端になるからやめましょう、反対ですと言って断ったことがあります。その時の想いがあったので、2010年に全編未発表ライブ映像とニュース映像で「僕と彼女と週末に」を作った事があります。そして、ON THE ROAD2015ホールツアーの時、年末に浜田さんから『ホールツアーは、“旅するソングライター”のアルバムを全部やっているから、これに映像をつけて一つのパッケージにしない?』と提案を受けました。一つの会場のライブビデオは今までなかったので、浜田さんが何を作りたいかはすぐ共有できたのですが、僕の仕事が忙しかったため、浜田さんから『制作スケジュールがとれないのなら、お互いに満足いくものを作れないから、この前の企画は断念します』とメールがきて、なんとも言えない気持ちになりました。その十字架を背負って、今日、この場にいられるのは幸せなことだと思います。田家さんに、観終わってから『監督、音楽が見えました。』と言われ、監督冥利につきました。今日、「音楽」が皆さんの中にも見えるといいなあと思っています。

とこれから上映を観るお客様に向け、想いを語った。

田家秀樹さんは、

田家さん:目一杯お楽しみください。見逃す事のないように、聴き逃すことのないように、リラックスして集中する。楽しみましょう。そして、2週間毎日がハマショーなだけでなく、1日何回も観てほしい。毎時間ハマショーです!

と投げかけ、会場の笑いを誘っていた。そして浜田省吾本人からの手紙をサプライズで披露し、代読。

手を合わせ祈るような姿で手紙を聞くお客様も多く、読み終えた後、割れんばかりの拍手が会場を包んだ。


映画情報どっとこむ ralph
SHOGO HAMADA
ON THE ROAD 2015-2016
『旅するソングライター』
“Journey of a Songwriter”

浜田省吾「旅するソングライター」は、本日より2月22日(木)まで2週間限定にて全国公開中!


http://hamasho-tabisuru.jp

***********************************

監督:板屋宏幸
企画製作:ROAD & SKY
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
配給協力:REGENTS
宣伝:MUSA
協力:SME Records
?Road & Sky

(ドルビーアトモス上映)
2018年/日本/カラー/116分/ドルビーアトモス/DCP

(通常上映)
2018年/日本/カラー/116分/5.1chサラウンド/DCP


浜田省吾『旅するソングライター』オリジナル劇場グッズ販売決定!


映画情報どっとこむ ralph 70年代から現在までツアーによってOne&Onlyのポジションを確立してきた浜田省吾。

2015年に行われた9年ぶりのホールツアーと25万人を動員した翌年のアリーナツアーのライブ映像にコンセプチュアルな映像も加えたスケール感溢れる作品が、2018年2月9日(金)から2月22日(木)の2週間限定でTOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ 日本橋、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにてスクリーンに登場します。

そして公開1週間前の2月2日(金)には、コンサート会場の興奮をDolby Atmos (ドルビーアトモス)の多次元サウンドでリアル再現され、業界初!一夜限り<ドルビーアトモス>全国21劇場、初の一斉上映も開催されます。

残念ながら本チケットは完売しており、すでに幻の公演となっております。


『旅するソングライター』初の全国映画館上映となり、浜田省吾の世界に迫った高密度な空間を届けることで、2018年2月から全国の映画館が新しい音楽空間に変わります!

2月2日(金)より公開の『旅するソングライター』の上映劇場にて、オリジナル劇場グッズの販売が決定致しました。特製オリジナルのマフラータオルやパンフレットだけでなく、2015年と2016年のライブツアーで販売された人気グッズも劇場販売が決定。当時入手できなかったお客様も今回が絶好のチャンスです。

是非ご注目下さい!


映画情報どっとこむ ralph 『旅するソングライター』劇場グッズ一覧】

■『旅するソングライター』マフラータオル ¥1,500(税込)
■『旅するソングライター』パンフレット  ¥2,500(税込)
  <パンフレット内容>
三つ折りポスター、解説リーフレット、ステッカー、Live Photo Book(デジタル写真集)ダウンロードカード

※Live Photo Bookはダウンロード形式の電子書籍(40ページ)となります。
※特製アナログLPジャケットパッケージ仕様
※テイクアウトバッグ付き

(注意)
・当日は各劇場のオープン時間より販売を開始します。
 (劇場によってオープン時間は異なります。)
  ※2週間限定通常上映館につきましては、2月9日(金)からの販売開始となります。
・数に限りがございますので、売り切れの際はご了承ください。
・不良品以外の返品・交換は出来ませんので、予めご了承ください。

★グッズの詳細は公式サイトこちらをご覧ください。

***********************************

監督:板屋宏幸
企画製作:ROAD & SKY
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
配給協力:REGENTS
宣伝:MUSA
協力:SME Records
©Road & Sky

(ドルビーアトモス上映)
2018年/日本/カラー/116分/ドルビーアトモス/DCP

(通常上映)
2018年/日本/カラー/116分/5.1chサラウンド/DCP


『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』ムック本、限定で発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 2月15日(木)から開催される第68回ベルリン国際映画祭に正式招待され、「ベルリナーレ・スペシャル部門」で上映されることが決定している坂本龍一のNYライブを収録した『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async』が、1月27日(土)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国17館にて公開します。


公開を前に、2月15日(木)から開催される第68回ベルリン国際映画祭「ベルリナーレ・スペシャル部門」に正式招待され、世界的な評価を得ている本作は、8年ぶりに発表されたオリジナルアルバム「async」をベースに2017年4月、ニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで行われた坂本龍一の限定ライブの完全収録版です。

アンドレイ・タルコフスキー監督の架空の映画音楽を書くというコンセプトの下、100人限定の貴重な空間で、ピアノやガラス板などを駆使して「非同期的な音楽を作りたい」と本人が感じるまま演奏したパフォーマンスで、「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくなかった」と坂本龍一自身が語っています。

映画情報どっとこむ ralph 公開を記念して、本作と『WIRED』日本版(コンデナスト・ジャパン)がタイアップし、『WIRED』日本版別冊『Ryuichi Sakamoto on async 坂本龍一 asyncのこと』(B5判、112ページ、定価:1,500円(税込))を、上映劇場と『WIRED』日本版公式サイト(WIRED.jp)にて販売することが決定致しました!※WIRED.jpでの販売開始は1月末日を予定しております。

販売ページURL


撮り下ろしのビジュアルや坂本龍一のインタビューに加え、これまでに『WIRED』が行ったインタビューの内容をほぼ語り下ろしに近いかたちで収録。音楽を担当した『レヴェナント:蘇えりし者』(2016年日本公開)以降の坂本龍一が語った言葉の数々を余すことなく収めた、完全保存版となっております。

映画情報どっとこむ ralph また、入場者プレゼントとして、坂本龍一の楽器に向かう真摯な姿が印象的なポストカード3枚セットを用意。

プレゼントは枚数に限りがありますので、お早めにご来場下さい。
上映期間中、上映劇場の角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAにてパネル展開催も決定。
そして、劇場ではCD「async」やRyuichi Sakamoto: async T-shirts、Ryuichi Sakamoto: asyncピンバッチなど坂本龍一のグッズも販売しております。

坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async

原題:RYUICHI SAKAMOTO: async AT THE PARK AVENUE ARMORY

映画公式サイト:http://liveviewing.jp/sakamotoasync/

***********************************

『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』
(原題|RYUICHI SAKAMOTO: async AT THE PARK AVENUE ARMORY)
監督|スティーブン・ノムラ・シブル『Ryuichi Sakamoto : CODA』
製作/プロダクション:CINERIC BORDERLAND MEDIA 
協力|commmons, Avex Entertainment Inc.
配給|ライブ・ビューイング・ジャパン 
配給協力|REGENTS 宣伝|MUSA ?KAB America Inc./SKMTDOC,LLC
2017年|アメリカ・日本|カラー|5.1chサラウンド|DCP|65分
映画公式サイト|http://liveviewing.jp/sakamotoasync/


浜田省吾 誕生日!『旅するソングライター』最新予告編 解禁!


映画情報どっとこむ ralph うちのカメラ記者のTJも行く気満々!一夜限り<ドルビーアトモス>全国21劇場、初の一斉上映、完売劇場続々!

70年代から現在までツアーによってOne&Onlyのポジションを確立してきた浜田省吾。

2015年に行われた9年ぶりのホールツアーと25万人を動員した翌年のアリーナツアーのライブ映像にコンセプチュアルな映像も加えたスケール感溢れる作品が、2018年2月9日(金)から2月22日(木)の2週間限定でTOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ 日本橋、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにてスクリーンに登場いたします。

『旅するソングライター』の初の全国映画館上映となり、浜田省吾の世界に迫った高密度な空間を届けることで、2018年2月から全国の映画館が新しい音楽空間に変わります!

浜田省吾の誕生日である本日、この記念すべき日に『旅するソングライター』の90秒版の最新予告編が解禁となりました!



1986年の発表以来、ツアーでほぼ必ず演奏される彼の代表曲「J.BOY」の楽曲とともに、ライブの名場面とコンセプチュアル映像がふんだんに折りたたんでいきますので、ご注目ください。


映画情報どっとこむ ralph そして!!!!!公開1週間前の2月2日(金)

には、コンサート会場の興奮をDolby Atmos? (ドルビーアトモス)の多次元サウンドでリアル再現され、業界初!一夜限り<ドルビーアトモス>全国21劇場、初の一斉上映も開催されます。

本チケットは、12月22日(金)の一般販売と同時に多くの上映劇場で瞬時に完売した幻の公演となっております。

【2週間、毎日がハマショー】2週間限定上映のムビチケは絶賛発売中。なおTシャツオーダーカード付きムビチケも2018年1月7日(日)までの販売となっております。2018年2月、浜田省吾『旅するソングライター』を映画館でお楽しみください。

配給の株式会社ライブ・ビューイング・ジャパンでは、映画やライブの枠を超えた新しい音楽空間を「LIVE VIEWING PREMIUM」と称し、第一弾作品として浜田省吾『旅するソングライター』を発表致しました。

映画情報どっとこむ ralph
SHOGO HAMADA 
ON THE ROAD 2015-2016
『旅するソングライター』
“Journey of a Songwriter”

<上映情報>
【2週間、毎日がハマショー】
◆上映:2018年2月9日(金)~2月22日(木)全国約70館にて2週間限定上映
◆ムビチケカード(全国共通鑑賞券) 2018年2月8日(木)まで絶賛販売中
「Ticket Every!」にてTシャツオーダーカード付きムビチケカードは、
2018年1月7日(日)まで販売中!


【一夜限り、仕事帰りにハマショー】
◆上映:2018年2月2日(金) 
一夜限り<ドルビーアトモス>全国21劇場、初の一斉上映

上映劇場、チケット情報などの詳細は、公式HPをご覧ください。

公式:http://hamasho-tabisuru.jp


映画情報どっとこむ ralph 【LIVE VIEWING PREMIUM(ライブ・ビューイング・プレミアム)とは】

これは、年間約150本のライブ生中継を実施している、ライブ・ビューイング・ジャパンからの新しい提案です。有名アーティストの伝説のライブやチケットが入手困難な貴重なライブを最新の技術で収録し、そのアーティストの魅力を最大限に引き出すこだわりの編集を行い、鑑賞しやすいチケット料金と来場しやすい上映期間を設け、映画やライブの粋を超えた新しいライブ映像で演出した映像作品をお近くの映画館よりお届けします。2018年、映画館が新しい音楽空間に生まれ変わります。今後も伝説のライブや今なお活躍するアーティストの収録ライブ映像作品をラインナップに展開していく予定です。


***********************************

監督:板屋宏幸
企画製作:ROAD & SKY
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
配給協力:REGENTS
宣伝:MUSA
協力:SME Records
公式:http://hamasho-tabisuru.jp
©Road & Sky

(ドルビーアトモス上映)
2018年/日本/カラー/116分/ドルビーアトモス/DCP

(通常上映)
2018年/日本/カラー/116分/5.1chサラウンド/DCP
  


無声映画×塚本功、小島麻由美のモノクロームセッション ライブ@シネマート新宿


映画情報どっとこむ ralph 毎週のように取材でお世話になっているシネマート新宿さんで、サイレント映画に気鋭ミュージシャンが生音を奏でる映画館ならではのライブイベント、映像と音の融合、その名も「モノクロームセッション Vol.1」が開催されます!

上映作品は、ルイス・ブニュエルとサルバードル・ダリによる1920年代に最高潮に達した、アバンギャルド映画の頂点を飾る傑作の『アンダルシアの犬』。

もう一作品には、言わずとしれた、モノクローム映画の巨匠、チャーリー・チャップリンの初期短編の傑作のひとつ『チャップリンの拳闘』を上映。

ミュージシャンには、ネタンダーズ のギタリスト&ボーカリストであり、ギタリストとしてピラニアンズさん、小島麻由美さんやスライマングースさんなど数々のアーティストとのセッションやレコーディングに参加し、ギター1本とは思えない迫力ある演奏が魅力の孤高のミュージシャン塚本功さん。

そして「古き良き時代」の音楽を愛し、「ジャズ」、「フレンチ・ポップ」「昭和歌謡」「ブルース」などのジャンルを融合させ、独自の音楽スタイルを築き、近年では、2016年に、国民的アニメ『ONE PIECE FILM GOLD』への楽曲提供も行うなど精力的に活動する、ガールポップ・シンガー/ソングライターの小島麻由美さん。

実力派ミュージシャン達がこの名だたる2作品にどのような音をセッションしていくのか、楽しみなライブイベントをアートシアター新宿文化から受け継ぐ、ここ新宿文化ビルのシネマート新宿で実施致します。

映画情報どっとこむ ralph モノクローム セッションVol.1 –無声映画と気鋭ミュージシャンとのセッションの夜

日時:11月18日(土) 19:30の回
ライブ・ゲスト:塚本 功(ギタリスト)、小島麻由美(ガールポップ・シンガー/ソングライター)


内容:『アンダルシアの犬』伴奏(塚本功) 『チャップリンの拳闘』 伴奏(塚本功、小島麻由美)

塚本功&小島麻由美 ライブ
【チケット料金】2,800円(税込)
【チケット販売】

◎チケットぴあにて 先行販売開始中!
購入サイト
Pコード:557-737

◎シネマート新宿窓口・オンラインチケット予約ともに販売中!
購入サイト

会場:シネマート新宿(新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル6F)



映画情報どっとこむ ralph 『アンダルシアの犬』 UN CHIEN ANDALOU
1929年 (仏)17分
監督・制作:ルイス・ブニュエル
脚本:ルイス・ブニュエル/サルバトール・ダリ
出演:シモーヌ・マルイユ、ピエール・バチェフ
ルイス・ブニュエルとサルバトール・ダリの2人による初めての作品。
1920年代に最高潮に達したアバンギャルド映画の頂点を飾る傑作。


『チャップリンの拳闘』 The Champion
監督・脚本:チャーリー・チャップリン
出演:チャーリー・チャップリン/エドナ・パーヴァイアンス/ロイド・ベーコン/レオ・ホワイト/ビル・アームストロング
チャーリー・チャップリン自らが監督・脚本・主演を務めたドタバタ・コメディ。今回はボクシングをテーマにして、チャップリンがスクリーンの中を暴れまわる。

***********************************