「LGBT」カテゴリーアーカイブ

入野自由・津田健次郎 吹き替え版予告篇解禁『君の名前で僕を呼んで』


映画情報どっとこむ ralph 第90回アカデミー賞で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネート、見事脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)を授賞した『君の名前で僕を呼んで』。

ゴールデン・グローブ賞主要3部門ノミネートを含む92部門の授賞&308部門ノミネート、2017年度Rotten Tomatoesベスト・レビュー映画でNO.1にも認定と輝かしい実績を持つ本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びが描かれています。
君の名前で僕を呼んで©Frenesy, La Cinefacture

「★★★★★(最高点)胸が張り裂ける感動!」-タイムアウト紙/「息をのむほどの美を兼ね備えた傑作」-オブザーバー紙/「魅了され、恍惚となるほどに美しい映画」-ワシントンポスト紙/「今年最も魅惑的な映画」-アトランティック紙/「“傑作”という名前でこの映画を呼ぼう」-ニューヨークポスト紙 などの各誌レビューにあるように、世界中から熱狂的な賛辞が贈られ、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作です。いよいよ日本では4月27日(金)より公開となります。

映画情報どっとこむ ralph 今回、人気声優が主演二人を務めることで話題となった吹き替え版の予告篇が到着!

エリオ(ティモシー・シャラメ)役は「おそ松さん」などの入野自由さん、オリヴァー(アーミー・ハマー)役は『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役で知られる津田健次郎さんが演じることで大きな話題を呼んでいる『君の名前で僕を呼んで』吹き替え版。
今回解禁となった吹き替え版予告篇は、字幕版予告篇と同じく北イタリアの避暑地を舞台に17歳のエリオ(入野自由/ティモシー・シャラメ)とエリオの父の研究を手伝いにきた24歳のオリヴァー(津田健次郎/アーミー・ハマー)の出会いから、主演二人の揺れ動く感情とその魅力を盛り込んだ内容。瑞々しさ溢れる主演二人に、津田さんと入野さんの美声によって新たな魅力が加えられ、思わず胸が熱くなる美しいセリフの数々が吹き替え版の完成度の高さを物語ります。今ここにもう一つの『君の名前で僕を呼んで』、そして新たな感動が誕生しました。ナレーションは字幕版予告篇と同様に櫻井孝宏さんが務め、大人気声優3名の美声が聞ける必見の超豪華予告篇となっております!お見逃しなく!


<吹き替え版 主要キャスト一覧>
エリオ(ティモシー・シャラメ) :入野自由  
オリヴァー(アーミー・ハマー) :津田健次郎  
パールマン教授(マイケル・スタールバーグ) :星野充昭
アネラ(アミラ・カサール) :沢海陽子  
マルシア(エステール・ガレル) :下山田綾華 
キアラ(ヴィクトワール・デュボワ) :櫻庭有紗 
マファルダ(バンダ・カプリオロ) :伊沢磨紀



映画情報どっとこむ ralph 君の名前で僕を呼んで

cmbyn-movie.jp

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム 
原題:Call Me By Your Name     

©Frenesy, La Cinefacture 


阪本一樹 公約通りふんどし姿を披露!『サイモン&タダタカシ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph <PFFスカラシップ>に選出。
小田学監督の長編デビュー作『サイモン&タダタカシ』が3月24日公開初日を迎え、主演の阪本一樹さん、須賀健太さん、間宮夕貴さん、小田学監督が和装(監督はオリジナルT)で登壇しての舞台挨拶を行いました。

そして!先日行われた先行上映会で阪本さんが宣誓したとおり、法被&ふんどし姿に生着替えも披露しました!


映画『サイモン&タダタカシ』初日舞台挨拶
日時:3月24日(土) 
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:阪本一樹、須賀健太、間宮夕貴、小田学監督

映画情報どっとこむ ralph 今回PRキャンペーンで色々挑戦した坂本さん思い出に残っているのは

阪本さん:達磨作ったり、須賀さんの分も200度参りしたので、たくさんの方に映画を観ていただければと。公開出来て嬉しいです!

須賀さん:これだけ沢山の方に観ていただける。撮影では色々ありましたが。。あっ特殊な撮影って意味でですけど、こうして観ていただけるのはうれしい。子供が旅脱漢字ですね。

間宮さん:この場に立てて、嬉しいです。初日から沢山のお客様で、良いスタートを切ったなと。観に来てくださったかたに広めていただいて色々な劇場で見られるようになると嬉しいです。

小田監督:ここに来るときに、撮影前の阪本君と稽古している動画見ていて・・・、それから、公開と言う状況になっているのは感動的。雑談から始まって凄いなと思ってます。

思い出を聞かれると、

阪本さん:達磨作りとか。。。二人でタイツでカウントダウンとかね。 

須賀さん:あれ誰考えたのかな・・・でも撮影の思い出話をして!

と、お兄さんにたしなめられ

阪本さん:撮影の3日目くらいに初めて監督のモニター見て・・すると間宮さんおセクシーなシーン。。。須賀さんが、まじまじとみていて、羨ましがってました!

と、撮影時の思い出をまさかの逆襲暴露で!

須賀さん:えー!暴露!確かに いいな~って言いましたが!

と、笑いながら答える懐の深い須賀さん。

映画情報どっとこむ ralph 野望はありますかと聞かれ

阪本さん:海外に行ったことが一回もないので・・・この映画祭とかで海外に出れたらと。それが野望です。
とすると

須賀さん:野望ですか・・・いっぱい仕事がしたいです。純粋に!

間宮さん:この作品で映画祭に行きたいです。願望があって、劇中でお二人が歌っているのでCDデビューしないかと(拍手)大人たちが考えてくれればと切望です!

と、映画の話をする二人に須賀さんも「僕も映画祭にしますと!」付け加えると監督も

監督;もちろん行きたいです!初監督と初主演なのでね。それから成長後、もう一回、このメンバーで作品ができたらと。野望を持っています!
との野望に嬉しいお知らせ。

韓国の全州国際映画祭のコンペ部門にノミネートが発表となったことが告げられ

監督:凄いな。

と、人ごとみたいな監督

阪本:韓国行きたかったんです!いけます?

と、聞くと天の声が「検討します」と会場の端から。

映画情報どっとこむ ralph そして!
完成披露時に約束したふんどし姿に生着替え!

阪本さんのふんどし姿での感謝の気持ち

阪本さん:今日ほんとに公開出来て、このような沢山のお客さもに来ていただいて幸せでした。しあわせでした。撮影では監督、須賀さん、間宮さんたちに助けていただいて乗り切り、大切な作品になりました。これを今後色々な人に見ていただけるよう頑張っていきます。


親友のタダタカシに叶わない想いを抱えながら、タダの運命の女を探す無謀な旅についていくサイモン。独特の存在感を持ち、持ち前の透明感で複雑なサイモンの心の機微を演じきったのは、第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞を受賞し、本作が映画初出演&初主演となる新星・阪本一樹。繊細で内気なサイモンに対し、ロマンチストでどこか抜けている愛されキャラの相棒・タダタカシをエネルギッシュかつコミカルに熱演したのは、2018年にデビュー20周年を迎え、映画・ドラマ・舞台とマルチに活躍する俳優・須賀健太。注目の若手俳優たちが、青春の1ページを描き出します。

サイモン&タダタカシ

3月24日(土) シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。


公式HP:
http://saimon-movie.com/
公式twitter:
@saimon_movie


***********************************



監督・脚本・編集 小田学

出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉

主題歌:どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC)

製作:PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム 配給/日活 2017年/日本/カラー/84分

©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)


鼓動の高鳴りと共に湧きあがる想い『彼の見つめる先に』好調スタート!


映画情報どっとこむ ralph 鼓動の高鳴りと共に湧きあがる愛欲。

それは嗅ぎとるように、そして吸い込まれるように・・・・・・。

もう、戻る事も止める事も自分たちにさえできない!

彼の見つめる先に

日本でも≪3月10日(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開≫となっていて、劇場には、良質かつエッジの利いた作品を求める若きシネフィル層を中心に多くの観客がからの絶賛の声と共に好調な興行スタートを切っているのだそう。

映画情報どっとこむ ralph 人を好きになる気持ち、自我の芽生え、そしてはじめてのキス。大人の入り口に立つティーンエイジャーの揺れ動く感情をサンパウロの降り注ぐ日差しの中でみずみずしく映し出した青春映画がブラジルからやってきました。思春期特有の言葉にできない気持ち。

そして

人生を鮮やかに変えていく、かけがえのない出会い。ベル・アンド・セバスチャンの名曲「トゥー・マッチ・ラヴ」に乗せて綴られる、ひと夏の物語。そんな誰もが経験する/経験したであろう、“煌めき、悩み、反抗し、そして恋する”ティーンエイジャーの心情が、

「自分に自信を持っていいんだ」

というダニエル・ヒベイロ監督のメッセージとともに描き出されます。

監督インタビューの模様

映画情報どっとこむ ralph 本作の元になったのは、ダニエル・ヒベイロ監督自身が2010年に手がけた短編作『今日はひとりで帰りたくない』(I Don’t Want to Go Back Alone)。

各国の映画祭に出品されたこの短編映画が熱狂的な人気を博したことで、監督自らの手で同じキャストを起用して長編映画化。

本作は第64回ベルリン国際映画祭でFIPRESCI(国際批評家連盟賞)とテディ賞に輝き、日本ではSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014で脚本賞を受賞。本作は第64回ベルリン国際映画祭でFIPRESCI(国際批評家連盟賞)とテディ賞に輝き、日本ではSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014で脚本賞を受賞。2015年のアカデミー賞外国語映画賞ブラジル代表作品にも選ばれるなど、ブラジルのみならず、2014年の世界の映画シーンを代表する青春映画の1作。

彼の見つめる先に』 

2018年3月10日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開!

英題:The Way He Looks
原題:Hoje Eu Quero Voltar Sozinho

公式サイト: 
www.mitsumeru-movie.com  
公式Twitter:
@mitsumeru_movie

物語・・・
目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。でも何にでも心配ばかりしてくる両親が最近ちょっと鬱陶しい。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガブリエルと一緒に過ごす時間の中で、映画館に行ったり自転車に乗ってみたり、今まで経験したことのない新しい世界を知っていくのだが、やがてレオとガブリエル、ジョヴァンナ、それぞれの気持ちに変化がやってきて…。

***********************************

監督・脚本:ダニエル・ヒベイロ
出演:ジュレルメ・ロボ、ファビオ・アウディ、テス・アモリン、ルシア・ホマノ、エウシー・デ・ソウザ、セウマ・エグレイ

配給:デジタルSKIPステーション/アーク・フィルムズ
字幕翻訳:増子操
後援:ブラジル連邦共和国大使館
2014年/ブラジル/96分/PG12
  


『君の名前で僕を呼んで』海外の豪華著名人ニコール・キッドマン、グザヴィエ・ドランらからコメントが到着!


映画情報どっとこむ ralph 『君の名前で僕を呼んで』は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた作品で、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作。

「★★★★★(最高点)胸が張り裂ける感動!」-タイムアウト紙
「息をのむほどの美を兼ね備えた傑作」-オブザーバー紙
「魅了され、恍惚となるほどに美しい映画」-ワシントンポスト紙
「今年最も魅惑的な映画」-アトランティック紙
「“傑作”という名前でこの映画を呼ぼう」-ニューヨークポスト紙 

などの各誌レビューにあるように、世界中から熱狂的な賛辞が贈られ、いよいよ日本では4月27日(金)より公開となります。


そんな今大注目の本作へ、ゲイリー・オールドマン、ニコール・キッドマン、グザヴィエ・ドランら海外の豪華著名人からコメントが到着しました!!

彼(ティモシー・シャラメ)の活躍に興奮している。とても才能のある魅力的な子だ。きっとまたこの(アカデミー賞の)場所に戻ってくる。
ゲイリー・オールドマン
(男優/本年度アカデミー賞主演男優賞『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』)

『君の名前で僕を呼んで』は必見よ!!
ニコール・キッドマン(女優/『ムーラン・ルージュ』『めぐりあう時間たち』)

(鑑賞後)しばらく動けなかった。話したくても、話すことができないほどだった。失恋についての残酷な真実を、最高の、審美的な映画で見ることはとても感動的だ。
グザヴィエ・ドラン(映画監督/『Mommy/マミー』『たかが世界の終わり』)

(ティモシー・シャラメが)こんなに若いと思わなかったの。とてもとても才能溢れていて、ホット!彼が30歳になるまで待つわ。
ジェニファー・ローレンス(女優/『ハンガー・ゲーム』シリーズ『世界にひとつのプレイブック』)

2017年に観た映画の中で一番のお気に入り。
ポール・トーマス・アンダーソン(映画監督/『ファントム・スレッド』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』)

この映画のすべてが美しく、チャーミングで、魅力的だ。今年の大発見ティモシー・シャラメを見よ。
ペドロ・アルモドバル(映画監督/『オール・アバウト・マイ・マザー』『ジュリエッタ』)

ようやく観ることができた『君の名前で僕を呼んで』─ なんという作品だ!!
ライアン・ジョンソン(映画監督/『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)

(ティモシー・シャラメのエリオ役は)とてもスペシャルな役柄で、ポピュラー・カルチャーの中で今まさにこの時の役。彼がやりとげた仕事、人々に感じさせたものは途方もないものだ!
フランク・オーシャン (R&B シンガー)

映画は最初から最後まで、ひたむきで、熟していて、愛がこもっている。極めて繊細で人間味のある作品。その控え目さはエレガントで輝いている。
バリー・ジェンキンス(映画監督/『ムーンライト』)


上記著名人以外にも、ダニエル・クワン(「スイス・アーミーマン」監督)、ベン・プラット(2017年トニー賞主演男優賞受賞(ブロードウェイミュージカル「Dear Evan Hansen」)、ジョーダン・ガバリス (「オーファンブラック 暴走遺伝子」サラ(タチアナ・マズラニー)の義弟フェッリクス役)など、数々の著名人が本作を絶賛しており、その勢いはとどまるところを知りません!

映画情報どっとこむ ralph 君の名前で僕を呼んで
原題:Call Me By Your Name     

cmbyn-movie.jp

物語・・・
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12

提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム 
配給:ファントム・フィルム 
©Frenesy, La Cinefacture 


阪本一樹 須賀健太 がモジモジ君スタイルで『サイモン&タダタカシ』公開までカウントダウン!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界の第一線で活躍する監督たちを世に送り出してきた新人監督の登竜門「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」。本作の小田学監督はPFFアワード2014に入選し、革新的でチャレンジングな作品に贈られるジェムストーン賞を受賞。PFFスカラシップによって製作された作品が、『サイモン&タダタカシ』。
本作が初出演&初主演となった今年ブレイク必至の阪本一樹とデビュー20周年を迎え、テレビ、映画、舞台とマルチに活躍する須賀健太。対照的なキャラクターであるサイモンとタダタカシを阪本と須賀が演じ、新鮮でかつ魅力ある作品へと昇華させています。

この度、3月14日(水)より、本作の公開初日まで、W主演の阪本&須賀が自ら真っ赤な全身タイツでカウントダウン用の数字をモジモジ君のように体現。2人が作り上げた数字は、公式SNSで、毎日日付が変わる0時に公開していくそうです。
普通ならば絶対にお目見えしないおもしろ企画が、実写だけではなく、アニメーションやジオラマ撮影、特撮まで取り入れて制作され、観客の予測の斜め上を行く本作だからこそ実現‼

キャストに全身タイツを着せるという無茶ぶりをし、10日分のカウントダウン用の数字を作成したそうです。



公式HP:
http://saimon-movie.com/ 
公式twitter:
@saimon_movie



好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。

男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。

ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。

『サイモン&タダタカシ』を応援しよう!クラウドファンディング参加ページ

***********************************

監督・脚本・編集 小田学
出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉
主題歌/どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC) 
製作/PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活) 制作プロダクション/日活 ジャンゴフィルム 配給/日活  2017年/日本/カラー/84分 ©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)