「LGBT」カテゴリーアーカイブ

エル・ファニング映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』日本版予告編到着


映画情報どっとこむ ralph エル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演している映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』(原作『3 Generations』)が2018 年2月3日(土)に新宿ピカデリーにて公開となります。
エル・ファニングの母で恋多きシングルマザー・マギー役は、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツ。そして名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。
最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる―。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生しました。

そして、この度、日本版予告編、ポスタービジュアル、主題歌情報が解禁となりました。
映画情報どっとこむ ralph 解禁された予告編では、心も身体も男の子として生きたいと決断したレイ<エル・ファニング >の為、見慣れないホルモン治療の同意書を医者から受け取る恋多き母親マギー<ナオミ・ ワッツ>、そして“レズビアンでいいじゃないか”とイマイチ理解ができていないレズビアンのおばあちゃんドリー<スーザン・サランドン>の家族の掛け合いから展開されていく。同意書には元夫 のサインも必要だが、レイがホルモン治療を受けることに困惑しサインを拒絶される。一方、 “自分に正直に生きたいんだ”と今すぐにでも治療をしたいと母親に訴えかけるレイ。

映像では、 母親と抱きしめ合う姿や、ベッドではしゃぐ姿など仲の良さがうかがえるも、レイが泣き叫ぶシーンなど、ぶつかり合いながらも、寄り添い、互いを理解しようとする母と子の葛藤がうかがえる。 家族だからこそ、傷つけあっても何度もやり直せる。不器用な家族の愛に溢れた予告編です。

映画情報どっとこむ ralph また、予告編で使用されているテーマソングを歌うのは、甘く切ない歌声を響かせ、今最も 注目されている 19 歳の若き天才シンガー【ショーン・メンデス】。

動画サイトに歌を投稿したのち、歌手デビューを果たし、「タイム」誌の「最も影響力のあるティーンエイジャー」に 3 年連続で選出。本作で披露している主 題歌「life of the party」の歌詞は、『とにかく自由に振る舞って 周りのことは気にもしないで』『「普通」でなくてもかまわない どうせ失敗するのなら』など、レイの生き方を後押しするような、本作をより一層色付ける主題歌となっている。

映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』
原題:3 Generations
「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」 16 歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療に ついての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」 と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ 理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。 そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そ こでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―! <自分自身に正直に生きる>ためのレイの決断とはー? 新たな人生を歩き出す人へ贈る、希望の物語

2017 年 2 月 3 日(土)より、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、 サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.
 


渡邉剣 主演BL映画「花は咲くか」映画化。年上サラリーマン役に天野浩成!


映画情報どっとこむ ralph 初めて人を好きになった、あの胸が締め付けられるような、切ない想い。

誰もが一度は経験する「恋」の葛藤を描く、年の差カップルの純愛ラブストーリーを描いたBLコミックス「花は咲くか」が、待望の実写映画化。恋愛に身を焦がす時代はとうに過ぎ、今は仕事漬けの日々を送るサラリーマンと、他人に興味を持てずに生きてきた大学生が、ひょんなことから出逢い、想いを育ててゆく―。

先日解禁となりました、主人公・水川蓉一役を務める映画初主演の渡邉 剣に続いて、蓉一に惹かれていくサラリーマン、桜井和明役に、TV・映画『HiGH&LOW』、『仮面ライダー剣』などに出演し、今回BL映画初挑戦の天野浩成が決定!
18歳年上の桜井に惹かれていく美青年・水川蓉一役の、渡邉 剣(21)とのキスシーンも見逃せません!

映画情報どっとこむ ralph そして、監督は女性監督、谷本佳織さん!

本作が長編映画初監督作品ながら、きめ細やかな演出と幻想的な映像美をスクリーンに展開。
穏やかで抒情的な原作の空気感を見事に掬い上げて映像化し、極上の純愛ドラマを完成させました。
舞台となる風流な日本家屋、深い木立に囲まれたロケーション、さらに物語の重要なポイントである“花”の絵画など、原作のイメージを大切にした、こだわりの映像は必見です!

さらに脚本は、映画『大奥』『どうしても触れたくない』『ひだまりが聴こえる』など、近年のBL映画を多く手掛けている高橋ナツコが原作者完全監修の元、心を通わせあう同性同士の繊細な心の襞を細部まで描きます!

映画情報どっとこむ ralph 併せて、天野浩成さん、谷本佳織監督からのコメントも到着いたしました!

天野浩成(桜井和明 役)さんからのコメント
「39歳にして初めてのBLと言われる作品との出逢いでした。
戸惑いも最初はありましたが30代最後の歳、自分の出来る限り芝居を精一杯演じたい!と思っていたタイミングでの出逢いでした。
原作も直ぐに読み作品の内容、登場人物それぞれにとても素直に心を動かされる作品で、桜井和明役を自分が演じたいと思いました。原作を知っている方も、映画で初めて見る方も、この作品を楽しんで頂ける様に、監督と話し合い撮影に挑みました。
そして、それぞれのシーンが素敵なものになり、桜井の気持ちがちゃんと繋がった作品になったと思いますので、みなさん楽しみにしていて下さい。」

天野浩成(あまの こうせい)プロフィール
1978年4月9日生まれ。
『仮面ライダー剣(ブレイド)』(04/EX)でブレイク。
その後もTV「仮面ライダーファーゼ」(11/EX)「ぼくの夏休み」(12/東海テレビ)「シュガーレス」(12/NTV)、映画『メンゲキ!』(12)『TRASH/トラッシュ』(15)『カノン』(16)、TV・映画『HiGH & LOW』(15/NTV・16)シリーズなど、テレビや映画で活躍中!

映画情報どっとこむ ralph 谷本佳織 監督からのコメント
「大好きな作品の映画化に監督として携われたことを大変光栄に思います。
蓉一が色を重ねて絵を描くように、登場人物の感情を重ねて映画を作っていこう。そう意識しながら、惹かれあう蓉一と桜井さんの感情の動きを丁寧に作り込みました。
リハーサルを重ねるたびに、渡邉さんと天野さんが、蓉一と桜井さんへと変わっていく様子を目の当たりにして、確かな手応えを感じました。
そして、撮影初日の現場に立つ2人の姿は、まさに蓉一と桜井さんそのものでした。その他、美術やロケーションにもこだわって作ったので注目して欲しいです。
たくさんの人に愛されている原作の魅力を、スクリーンでもお楽しみいただけますと嬉しいです。」

谷本佳織 監督 プロフィール
東映京都撮影所で『大奥』、東映東京撮影所で『はやぶさ 遥かなる帰還』をはじめとする映画やTVドラマなど数々の現場に携わる。2009年アメリカの特撮テレビドラマ『仮面ライダードラゴンナイト』の日本語吹替版演出として演出家デビュー。2012年、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」を通じて短編映画『あかり』を完成。本作が長編映画初監督作品となる。

映画情報どっとこむ ralph 先日、公開となっている渡邉 剣(水川蓉一 役)さんからのコメントはこちら

映画『花は咲くか

2018年2月24日(土)ロードショー

公式HP:
http://hanawasakuka-movie.com/

主演:渡邉剣さん♡かわいい

***********************************

原作:「花は咲くか」日高ショーコ(幻冬舎コミックス)
キャスト:渡邉 剣 天野浩成
脚本:高橋ナツコ
監督:谷本佳織
配給:東映ビデオ 【2017年/日本/カラー】  
© 2018東映ビデオ
©HIDAKA SHOKO,GENTOSHA COMICS 2009


エル・ファニング トランスジェンダー(FTM)の主人公熱演『アバウト・レイ 16歳の決断』


映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16歳の決断』(『3 Generations』)。本作は製作国であるアメリカでの公開延期により、日本公開も同様に延期になっておりましたが、この度、2018年2月3日に新宿ピカデリーでの公開が正式決定しました。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。

そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。

最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。
ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生しました。この度、本国予告(日本語字幕入り)も併せて解禁いたします。


*トランスジェンダーとは?→身体の性と心の性が異なる。
*FTMとは?→女性の身体で生まれてきたが、性自認が男性。

映画情報どっとこむ ralph アバウト・レイ 16歳の決断
原題:3 Generations

2018年2月3日(土)、新宿ピカデリーほかにて、全国ロードショー


物語・・・ 
「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」
16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる。

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル  
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


『あさがおと加瀬さん。』2018年初夏OVA期間限定劇場上映決定


映画情報どっとこむ ralph あなたの隣では、世界が咲いて見えました。

『あさがおと加瀬さん。』については、現在YouTubeで公開中の短編アニメーション映像『キミノヒカリ』の再生数が25万回を記録していますが・・・・

新作アニメーションの制作を発表していた『あさがおと加瀬さん。』ですが、2018年初夏にOVAの期間限定劇場上映を行います。
劇場上映の詳細時期や公開館、キャストについては後日発表だそうです。

またその発表を記念して、原作の高嶋ひろみによる【描き下ろし記念イラスト第2弾】を公開いたしました。

映画情報どっとこむ ralph また今週末10月7日(土)には【山形国際ドキュメンタリー映画祭2017】内にて、アニメーションクリップ『キミノヒカリ』の上映&トークイベントを開催いたします。上映に加えて監督とプロデューサーによる作品トークを入場無料で実施いたします。

映画祭イベント情報

【山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 × 「あさがおと加瀬さん。」 × zero☆23】
キミのヒカリに満ちた「世界」を求めて ~佐藤卓哉監督に聞く:現実(リアル)を書き換えるアニメとは~

開催日時
2017年10月7日[土] 14:00~ 予定

会場
山形美術館 3F特設会場(山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 上映会場)

参加
入場無料

概要
山形国際ドキュメンタリー映画祭と山形の雑誌「zero☆23」が手を組み、「あさがおと加瀬さん。」とのコラボレーション企画を実施します。アニメーションクリップ『キミノヒカリ』の上映を通して、アニメ表現における「現実」の切り取り方、アニメだからこそできる「リアルを書き換える」瞬間を、観て、聞いて、語り合う企画です。山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 のプログラムとして行われます。当日は監督とプロデューサーがゲストとして登壇し、制作の経緯はもちろんのこと、影響を受けた映画のお話、アニメとドキュメンタリー映画の意外な関係など、ここでしか聞けない貴重なお話満載でお送りする予定です。

あさがおアニメ詳細URL

映画情報どっとこむ ralph
あらすじ
「どうか加瀬さんが、私の事を好きでありますように…」
高校二年の山田は緑化委員の内気な女の子。隣のクラスの加瀬さんは陸上部のエースで美人な女の子。
山田が植えたあさがおをきっかけに、言葉を交わしたことがなかった二人の距離が少しずつ縮まっていく。

アニメ公式HP&Twitter
公式HP:
http://asagao-anime.com
公式Twitter:
アニメ公式 @asagao_anime


原作:高嶋ひろみ「加瀬さん。シリーズ」(新書館)
監督:佐藤卓哉
キャラクターデザイン:坂井久太
アニメーション制作:ZEXCS

映画情報どっとこむ ralph 原作情報
高嶋ひろみ「加瀬さん。シリーズ」 (新書館「Wings」連載中)

第1巻:「あさがおと加瀬さん。」
第2巻:「おべんとうと加瀬さん。」
第3巻:「ショートケーキと加瀬さん。」
第4巻:「エプロンと加瀬さん。」(通常版・Blu-ray付き特装版)



***********************************



『BPM(Beats Per Minute)』が第90回アカデミー賞外国語部門・フランス代表に選出


映画情報どっとこむ ralph この度、第70回カンヌ国際映画祭において、FIPRESCI(国際映画批評家連盟)賞とグランプリをW受賞し話題となっている、ロバン・カンピヨ監督最新作『BPM(Beats Per Minute)』(原題)が、第90回アカデミー賞外国語部門・フランス代表に選出されました。

カンヌでの受賞後、アカデミー賞フランス代表の有力候補と言われてきた本作。

8月23日の公開以降、フランス全土で60万人を動員し、選定会議の直前にフランスの大手週刊誌Paris Matchが「BPMがフランス代表に選ばれるべき理由」という見出しの記事を出すほど、メディアでの高評価を得てきました。

CNC(フランス国立映画センター)のフレデリック・ブレディン会長は本作について、

「新世代の役者たちの素晴らしい演技が原動力となっている、野心的かつ情熱的な映画で、カンヌからトロントまで世界中に衝撃を与えてきた。ユニバーサルな問題を描いた格別な作品である」

とコメント。

日本での公開は、2018年を予定です。


映画情報どっとこむ ralph 【作品情報】
本作は、第61回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本・編集を担当し、監督作『イースタン・ボーイズ』では第70回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ部門の最高賞を受賞したロバン・カンピヨ監督の長編第3作。

舞台は1990年代初めのパリ。
エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」(*)の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。

ACT UPのメンバーだったという監督自身の経験が物語のベースとなっている。明日も知れぬ命を抱える主人公の葛藤、感染者を一人でも減らしたい、友人の命を助けたいという情熱、恋人との限りある愛・・。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たち。彼らの生き生きとした表情や行動が、力強くエモーショナルな映像と共に綴られる、感動作。

*ACT UPとは?➡

正式名称:the AIDS Coalition to Unleash Power =力を解き放つためのエイズ連合

アクトアップ・ニューヨークは1987年3月にニューヨークで発足したエイズ・アクティビストの団体。

エイズ政策に感染者の声を反映させることに力を入れ、差別や不当な扱いに抗議して、政府、製薬会社などに対しデモなどの直接行動に訴えることもしばしばある。現在は全米各地やフランス、インド、ネパールなどにもアクトアップが作られている。

***********************************

出演:ナウエル・ペレ・ビスカヤー(グランド・セントラル)、アーノード・ヴァロワ、アデル・エネル(午後8時の訪問者) 他

脚本・監督:ロバン・カンピヨ
製作国:フランス
© Céline Nieszawer