「音楽」カテゴリーアーカイブ

ジェームス・ブラウンの映画公開決定!ミックのプロデュースです


この度ジェームス・ブラウン真実の物語「Get On Up(原題)」の邦題が、

ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~

に決定し、2015年5月より全国公開する運びとなりました。

なんと!この作品ミック・ジャガーがプロデュースしています!

ジェームスブラウン
“ミスター・ダイナマイト”“ソウル・ブラザー・ナンバー・ワン”“ゴッド・ファーザー・オブ・ソウル”“セックス・マシーン”“ファンクの帝王”“ショービジネス界一の働き者”“ファンキー大統領(Funky President)”など数々のニックネームで呼ばれ、強烈な個性とカリスマで半世紀に渡り活躍を続けてきた伝説のアーティスト、ジェームス・ブラウン。通称、JB。

2006年12月25日に73歳でこの世を去った後も、彼が生み出した音楽は膨大なアーティストにサンプリングされ、刺激的なライヴパフォーマンスはマイケル・ジャクソン、プリンスからブルーノ・マーズの若手まで数々のアーティストをインスパイアし、今なお愛され、生き続けています。

本作はブラウンの驚異の人生に基づきながら、この大スターの音楽や一挙手一投足、心の揺れに大胆に切り込んでいく。極貧の子供時代から20世紀最高のエンターテイナーに成長していくまでの旅路を描きます。

マッチョでファンキーでセクシーで暴力的でエゴイスティック、全てが桁違いだったJB。

監督は、アカデミー賞3部門にノミネートされるなど、大ヒットとなった「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」のテイト・テイラー。ジェームス・ブラウンを演じるのは、「42~世界を変えた男~」のチャドウィック・ボーズマン。

そして製作は
ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガー。ビルボード誌の取材でのコメント

「(映画でもライヴ盤が録音されるシーンが描かれる)アルバム『ライヴ・アット・ジ・アポロ』は俺が初期に音楽的に学んだ大きな部分だった。ジェームス・ブラウンは俺にすごくインスピレーションを与えてくれた。たくさんのことを彼から学んだ。彼の動きをまねるということではなく、彼の態度、仕事ぶり、そうしたものを学んだ。彼が成し遂げたことを尊敬している」。


ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~

2015年5月、シネクイントほか全国公開です。
http://jamesbrown-movie.jp


********************************************************************

監督:テイト・テイラー 「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」
脚本:スティーヴ・ベイグルマン、ジェズ・バターワース&
ジョン=ヘンリー・バターワース、テイト・テイラー
製作:ミック・ジャガー、ブライアン・グレイザー「8 Mile」、
ヴィクトリア・ピアマン「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」、
エリカ・ハギンズ、テイト・テイラー
出演: チャドウィック・ボーズマン「42~世界を変えた男~」
ヴィオラ・デイヴィス「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」
オクタヴィア・スペンサー「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」
ネルサン・エリス「大統領の執事の涙」
ダン・エイクロイド「ブルースブラザーズ」「ゴーストバスターズ」

製作国アメリカ/上映時間139分
配給:シンカ/パルコ ユニバーサル映画
©Universal Pictures
  



法月康平さんが舞台「ぱんきす!3次元」で歌う犬「ノーリ」役決定!


ぱんきす!法月康平出演決定舞台「ALTER BOYZ」で絶大な人気を誇る法月康平さんが舞台「ぱんきす!3次元」で歌う犬「ノーリ」役で登場!!することが発表となりました!

法月康平さんとは
「CHRISTMAS SPECIAL」と題して’14.12/19-21で凱旋公演を行う舞台「ALTER BOYZ」で、特殊な悩みを抱える男の子を繊細に演じ、優しく清らかな声で歌いあげた曲が女性の心を深く掴み魅了した、今注目されているスターダストプロモーション所属俳優さん。

今回は、ストーリーのキーとなる”歌う犬「ノーリ」”として登場!犬なのに、教え好き・うんちくを言う・「偉人の言葉」を読むのが好き・ときに歌い、毒舌という他のメンバーとは一味違う役を演じる法月康平を舞台で見られます。
パンキス!実写
舞台「ぱんきす!3次元」公演スケジュールは

場所:スタジオアルタ(新宿)
2015年2月
13日(金) 開場18:30 開演 19:00 (夜公演のみ)
14日(土) 第1部 開場 12:30 開演 13:00 第2部 開場 17:00 開演 17:30
*第1部・2部とも終演後にバレンタインイベントあり
2月
15日(日) 第1部 開場 12:30 開演 13:00 第2部 開場 17:00 開演 17:30
(第2回・第3回公演を2015年内に予定しております)

そして、この舞台はODSとして映画にもなります!
パンキス!実写2
ストーリー展開予定内容はというと!

「で、今回のミッションは?」「やつらを一人前にしろ、だって!」
音楽の精霊たちは、ノイズブラザーズの妨害を受けながらも、メンバーに憑依する。
メンバーは、ある洋館に共同で暮らしながらオリジナル曲作りに励み、生活費を得るために探偵事務所で働いている。探偵事務所から最初に与えられた仕事は、迷い犬探し。

オリジナル曲は完成するのか?迷い犬事件は解決するのか?さらにそこに現れた謎の女の正体は?

【演出・脚本】
【出演】石田知之、大山聖文、佐藤匠、島田惇平、法月康平、松井健太、結木滉星(50音順)

©2014 『ぱんきす!』 製作委員会(DLE・スターダストプロモーション・BS11・東急エージェンシー 他)
事業パートナー(アニメガ(文教堂)/スタジオアルタ)

「ぱんきす!」公式HP: http://www.pankis.net
「ぱんきす!」公式Twitter: @pan_kis

アニメシリーズ「ぱんきす!2次元」O.A.予定スケジュール
2015年1月8日〜 BS11 毎週木曜 23:54〜24:00

〜ストーリー展開予定内容〜
“音の精霊”達の学び舎、“聖ミューズ学院“。人間達が心地よい音の中で生きていけるよう、世界の音を調律し、制御する役割を担う”音の精霊“を育成するための学院である。そんな学院に5人の落ちこぼれがいた。みるに見かねた学院は5人に、ある特別なミッションを与えるのだった…。

パンキス!
********************************************************************

 
 


もう二度と銃は使わない。『トゥーマスト』イベントレポート


サハラ砂漠の遊牧民、トゥアレグ族のバンド「トゥーマスト」。
支配と反乱の歴史を塗り替えるために闘う彼らを追ったドキュメンタリー映画

トゥーマスト~ギターとカラシニコフの狭間で~

が2/28(土)より渋谷アップリンクにて公開が決定。

公開に先駆けて毎回様々なジャンルのゲストを招き、上映イベントを開催。第一回目のトークゲストはピーター・バラカンさんとデコート豊崎アリサさんが登壇。本作を通してみる「抵抗運動と音楽」についてトークを繰り広げました。


トゥーマスト~ギターとカラシニコフの狭間で~
日 時:2014年12月16日(火)
場 所:渋谷アップリンク
ゲスト:ピーター・バラカン(ブロードキャスター)、デコート豊崎アリサ(ライター/ジャーナリスト/写真家/「サハラ・エリキ」主宰)

今回のテーマは「『トゥーマスト』を通して見る、抵抗運動と音楽について」。

最初にバラカンさんは、「砂漠のブルース」と形容されるトゥアレグ族のサウンドについて「あのリズムは原始的で身体が無条件にのってくる感じがある」と話し、アリサさんは「ラクダに乗っているような感じ」とトゥアレグ族の音楽の力強さを語りました。

12.16イベント写真_バラカンさん_アリサさん
バラカンさんはトゥアレグ族の音楽を、トゥーマストに影響を与えた同じトゥアレグ族のバンド、ティナリウェンを通して知ったという。ティナリウェンのプロデューサーであるジャスティン・アダムスは、レッド・ツェッペリンのロバート・プラントのバンドメンバーとしても活躍しているイギリス人ギタリスト。

マリのトンブクトゥで行われた音楽祭「砂漠のフェスティバル」では、トゥーマストやティナリウェンなどトゥアレグ族のアーティストに混じり、ロバート・プラントも出演したことがあると、バラカンさんはワールドミュージックとしてカテゴライズされがちなトゥアレグ族の音楽とロックとの接点について解説。

フランスの植民地支配により、現在トゥアレグ族が暮らしているのは、ニジェール、マリ、アルジェリア、リビア、ブルキナファソの5ヵ国。

バラカンさんが、映画の中で語られている「トゥアレグ族はラジオも新聞も持たないから、音楽を通してメッセージを伝えた」という言葉について触れると、アリサさんは「彼らにとって音楽の歌詞は現状を語るものなので、マリの現状、ニジェールの現状とそれぞれの地域でテーマが変わる。

マリのトゥアレグ族は、政府が市民の意見を聞かず鉱山を作ろうとする動きを監視しているので、ニジェールで起きていることを音楽で知るんです」と、音楽が彼らの抵抗運動、そしてコミュニティにとって重要な役割を果たしていると。

またアリサさんは今年の9月、今作でも描かれる世界有数のウラン産地・ニジェールのウラン工場に取材を敢行。40年前からフランスの原子力企業・アレバ社が遊牧民たちが住んでいる場所を採掘し、現地で草が生えない、奇形の子供や家畜が生まれるという問題が起きている事実を指摘した。

そしてアリサさんは、トゥーマストのリーダー、ムーサ・アグ・ケイナによる「もう二度と銃は使わない。俺たちの音楽を通してトゥアレグ族の信念を知ってもらえる。俺たちが銃で戦っていたときはトゥアレグ族の状況は知られていなかった。今、やっと俺たちのメッセージが世界に伝わり始めた」という今作の中の言葉をふまえ、「鉱山のまわりで生きるトゥアレグたちから『鉱山を閉めろ』という、今までにない市民運動が生まれている」と最近のトゥアレグの動きについて解説。

アレバ社の生産するウランが日本の原発で使われていること、そしてアレバ社の代表が取材の際に「日本の原子力発電所48基が再稼働されればウランのマーケットは上がる」と語ったことにも触れ、トゥアレグ族をめぐる問題が、私たち日本人と無関係でないことを力説しました。


トゥーマスト ~ギターとカラシニコフの狭間で~』先行上映イベントは・・・
TOUMAST この後、2015年1月16日(金)、サラーム海上さん(よろずエキゾ風物ライター)、粕谷雄一さん(金沢大学教授)を迎え行われます。

<先行上映イベント続々決定!!>
・1/16(金)ゲスト:サラーム海上(よろずエキゾ風物ライター)、粕谷雄一(金沢大学教授)
・2/6(金)ゲスト:近日発表!
・2/25(水)ゲスト:近日発表!

時間:18:30開場 / 19:00開映 / 20:30トークスタート
料金:一律 2,000円
会場:渋谷アップリンク(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階)
オンラインにてチケット発売中!
★詳細・オンライン券はこちら http://www.uplink.co.jp/movie/2014/33906

2015年1月16日(金)
アフリカ音楽と「砂漠のブルース」について
ゲスト:サラーム海上(よろずエキゾ風物ライター)、粕谷雄一(金沢大学教授)
よろずエキゾ風物ライターサラーム海上さんと、アルジェリアの民衆音楽ライをはじめ、アフリカの音楽に造詣の深い金沢大学の粕谷雄一さんにお越しいただき、トゥーマストや、トゥーマストに影響を与えたバンド、ティナリウェンなど「砂漠のブルース」と呼ばれる音楽のルーツ、そしてアフリカ音楽についてお話いただきます。


トゥーマスト~ギターとカラシニコフの狭間で~

2015年2月28日(土)より、渋谷アップリンクにて公開

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/toumast/
公式Facebook:http://on.fb.me/1vksAhs

********************************************************************

———————————————————————–
『トゥーマスト~ギターとカラシニコフの狭間で~』
———————————————————————–
力強く 武器のごとく怒りに満ちた言葉たち。だが愛するは、血で綴られた“抵抗”と“自由”の二語 (トゥアレグ族の詩より)

サハラ砂漠西部。インディゴで染めた真っ青な布で全身を覆った青衣の遊牧民、トゥアレグ族。
トゥアレグの歴史は苦しみと流浪、反乱と不正義に汚されていた。“トゥーマスト”というバンドを率いる元レジスタンス兵士のムーサは、80年代、リビア、カダフィ大佐の元へ兵士としての訓練を受けに行った。彼がそこで手に入れたものは、カラシニコフとギター。その後、反逆の精神と新しい音楽を携え砂漠に戻った彼らは、音楽で世界を変えようと闘ってきた。
“トゥーマスト”とは、トゥアレグの 言葉でアイデンティティを意味する。この映画は、ムーサやトゥアレグの人々へのインタビューを通して、トゥアレグ族のアイデンティティについて、サハラの今について、そして、自由のための闘いについて描いたドキュメリーである。

●トゥアレグ族とは
ベルベル人系の遊牧民族。サハラ砂漠を遊牧していたが、20世紀初めにフランスによる植民地政策が始まり、アルジェリア、ニジェール、リビア、マリ、プルキナファソの5つの国に分散した。また、ニジェールは世界有数のウランの産地でもある。青衣の民としても知られる彼らは、一般のイスラム世界とは逆に、男性が衣装で顔や身体を隠し、女性は肌を露出していることもある。また、一夫一婦制で、女性が夫を選ぶ権利を持つ女系社会である。

●TOUMAST(トゥーマスト)
リビア、カダフィ大佐の元でレジスタンス兵として訓練され、同じくレジスタンス兵で「砂漠のブルース」の旗手的なバンド、ティナリウェンのメンバーと出会い、音楽を始める。2008年にピーター・ガブリエルのワールド・ミュージックのレーベル「Real World」より1stアルバム『ISHUMAR』でCDデビュー。現在はパリ在住で、ヨーロッパ各地でコンサートを行い、活躍している。

監 督:ドミニク・マルゴー
出 演:トゥーマスト
配 給・宣伝:アップリンク
(スイス/2010年/ 英語/カラー/88分)
 


Mr.Childrenのファンクラブ限定ライブハウスLIVEが劇場公開決定!



Mr.Childrenのファンクラブ限定ライブに迫った映画

Mr.Children REFLECTION
(ミスターチルドレン リフレクション)

が、3週間限定で劇場公開されることが決定しました!!

2月6日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて先行上映
2月7日(土)~2月27日(金)<3週間限定>全国ロードショー

そして、今回Mr.Childrenの思いが重なる<予告編>と、これまで数々のMr.ChildrenのMVなどを手がけた丹下紘希氏によるデザインのポスタービジュアルが初解禁となりました。



2014年9月、Mr.Childrenとして初となるファンクラブ会員限定ツアー

「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年祭ファンクラブツアー」

が開催され、会場はリミテッドライブに相応しい、久しぶりのライブハウスという空間。
MrChildren_REFLECTION_ポスター
そこで披露されたのは、会場に集まった観客たちを驚かせた多種多様な未発表曲の数々。その楽曲群に触れた初期衝動に会場は包まれ、まさしく“体感”というにふさわしいライブと、新しいMr.Childrenの姿がそこに。

その希少なライブ映像が・・・

LIVE FILMとして劇場公開されます。

多くの未発表曲で構成された、新たな挑戦ともいえるライブ映像と音楽を、映画館という環境で体感することで、最前列でライブに参加しているかのような感覚をもたらせてくれることでしょう。

Mr.Childrenさんのコメント

「まったく聴いたことがない音楽なんだけど、凄く心が動く、感動する LIVEができないか?リリースがあって、ツアーがあってという、 いつも通りのやり方ではない新しい伝え方があるんじゃないか?

そんな疑問を解消できるアイデアとして行ったのが、未発表曲メインでの ファンクラブ限定ツアーでした。ライブで初めて楽曲を聴いてくれた方と 同じような新鮮な気持ちで、僕らの新しい音に触れてもらえたら嬉しいです。」 

きいてほしい。きこえてほしい。これが僕らの、あたらしい足音―

新たなMr.Children 現在進行形の、その音楽を体感する

映画『Mr. Children REFLECTION

2月6日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて先行上映
2月7日(土)~2月27日(金)<3週間限定>全国ロードショー

公式HP: www.mr-reflection.jp

********************************************************************

企画・製作/エンジン
制作/bloomotion
協力/TOY’S FACTORY
配給・宣伝/日活
(C) 2014 ENJING INC.
 


『日々ロック』海外進出決定!舞台挨拶野村周平が中国語披露!


映画『日々ロック』野村周平が中国語披露!
“ザ・ロックンロールブラザーズ”がついに海外進出決定!!
公開記念舞台挨拶


日々ロック1206集合写真(左から)細身、前野、岡本、野村、板橋、入江
遂に映画化!
純粋なロックの持つ力が奇跡を起こす瞬間を全力で切りとった、ド直球青春映画

日々ロック

が日本全国で公開中!そして、ロック旋風を巻き起こしている本作が、ついに香港・台湾にて公開することが決定致しました!

世界進出の足がかりとなるアジア公開を記念して、「音の日」である12月6日に入江悠監督と共に、主演の野村周平さん、前野朋哉さん、岡本啓佑さんの“ザ・ロックンロールブラザーズ”最後の舞台挨拶を行いました。

『日々ロック』公開記念舞台挨拶 概要 
日時:12月6日(土) 
会場:ユナイテッドシネマ豊洲 スクリーン4
登壇(敬称略):野村周平 前野朋哉 岡本啓佑(黒猫チェルシー) 入江悠監督
サプライズゲスト:板橋駿谷、細身のシャイボーイ

本作が公開されて、周りの反応を聞かれると野村さんは

野村:良く頑張ってるねって言われます(笑)

と話し、実はSNSなどチェックし、二階堂さんが褒められているを見て、

野村さん:俺も褒めてよ!って思っちゃいます(笑)チェックしているので、みんな感想書いて!

とアピール。また、

前野さん:今年No.1と言ってもらえて、アツイ感想をたくさんもらっています!奥さんにも褒められました。
と嬉しそうに話しました。

途中、本作の劇中曲「脳みそ」を提供した細身のシャイボーイと浜橋役の板橋駿谷さんがサプライズ登場!とにかく写真に映り込みたいと、マスコミを野次り、会場を沸かす場面も。

日々ロック1206スピーチ(左から)前野、岡本、野村、入江
そして、来春、香港・台湾での公開決定が発表されると、

入江監督:アジアで上映されるのが夢だったので嬉しい。香港アクションが好きで、劇中で前野さんに少しアクションを披露してもらってるけど…本国の人にどうとられるかな…(笑)。
日々ロック1206野村周平 また、中国にルーツを持つ野村さんが得意な中国語でスピーチを披露!流暢な中国語で

野村さん:前に一歩踏み出す勇気を与えてくれる作品なので、ぜひ観てほしい!

と熱い想いを述べ、劇中のセリフである

野村さん:ロックは世界を変えられる!

と叫ぶと、観客からは拍手が起こりました!

鑑賞後、観客の熱い気持ちを直接受け取りたいというキャストからの要望で、Q&Aを急遽実施。一番心に残っているシーンについて尋ねられると、

野村さん:クライマックスの嵐のシーンが体力的にきつかった…もう本当にヤダ、他の人に代わってって思ってました(笑)

とが振り返ると、

前野さん:野村ゾーンはヤバかったよね(笑)顔が変形するほどの暴風だった。

と壮絶な撮影秘話を語りました。

この作品に熱い想いを寄せる日本のファンからの声援を受け取り、アジア公開を待ち望んでいる香港・台湾のファンへも同じ想いが伝わることを登壇者一同願い、本作が世界でロックを響き鳴らすことを新たな目標に掲げました。 

日々ロック

絶賛公開中&海外進出決定!!

公式サイト:http://hibirock.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/hibirock_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/hibirock.movie



********************************************************************

『日々ロック』本ポスター原作:榎屋克優「日々ロック」
(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)  
監督:入江悠
(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
音楽プロデューサー:いしわたり淳治  
共同脚本:吹原幸太(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。
「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)
出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 
喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人
劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、
DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)  
制作・配給:松竹  
(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社