「音楽」カテゴリーアーカイブ

ポール・ポッツの本人吹き替え歌唱シーン『ワン チャンス』


3月21日(金・祝)TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショーの

『ワン チャンス』

本作はオペラを歌うことが大好きなアルバイトの携帯販売員だったポール・ポッツが英国の人気オーディション番組「ブリテンズ・ゴッド・タレント」にて一躍夢を掴むこととなった半生をユーモア交えて描いた作品。

本作ではポール・ポッツの役をジェームズ・コーデン(似ている!)が演じておりますが、歌唱シーンは全てポッツ本人の吹替え!

そんなポッツの歌声が楽しめる本作の本編から歌唱シーンの一部を抜粋した映像が到着いたしました!

『ワン チャンス』本編より ジェームズ・コーデン演じるポール・ポッツ 歌唱動画(オペラ「道化師」より“衣装をつけろ”)



シーンの説明。
ストーリーの序盤に道化師の衣装とメイクをしてパブで歌唱する
ポール・ポッツは本格的にオペラの勉強をしようとイタリア留学を志すが、お金が無くてなかなか思うようにいきません。このままではダメだと一念発起したポッツは町のパブで賞金が出るタレントコンテストに出場することを決めます。しかし酔っぱらい客相手のパブでのショー、道化師の恰好をして檀上にあがり“衣装をつけろ”を歌唱しようとするのですが、その風貌から客達からは「パンダが逃げ出したぞ!」とか「マイクを食うぞ」などと野次られます。今までであれば緊張から歌うことが出来なくなってしまったり、逃げだしてしまうこともありましたが、勇気を振り絞り精一杯の歌声を披露すると、お客たちの顔色がみるみるうちに変わっていきます。後の成功への足掛かりとなる第一歩を踏み出した歌唱シーンです。

その歌声に、世界は息を飲んだ――つまずく度に、歌声を輝かせ立ちあがった、冴えなすぎる男の世紀の逆転劇!
「誰も寝てはならぬ」「清きアイーダ」などの名曲にのせて描く,オペラ歌手ポール・ポッツ痛快実話!

ポッツが歌い出す<奇跡の瞬間>にスタンディング・オベーション!
そしてエンドロールが流れる頃、私たちは初めて理解する。
なぜ、彼が成功できたのかを──。

『ワン チャンス』
3月21日(金・祝)TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー

公式HP: Onechance.gaga.ne.jp 
公式facebook: https://www.facebook.com/gagajapan
公式twitter: https://twitter.com/gagamovie

ワン-チャンス
********************************************************************


『ワン チャンス』
監督:デヴィッド・フランケル『プラダを着た悪魔』 
脚本:ジャスティン・ザッカム『最高の人生の見つけ方』
出演:ジェームズ・コーデン『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』  
楽曲吹き替え:ポール・ポッツ本人
(C)2013 ONE CHANCE, LLC. All Rights Reserved. 


K-POPスターをスクリーンでM COUNTDOWN 2014


K-POPスターをスクリーンで!『M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014』全国5カ所でシネマビューイング開催決定!

4月2日(水)に横浜アリーナにて開催されるWORLD NO.1 K-POP CHART SHOW「M COUNTDOWN」の、グローバルツアー『M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014』のハイライトを、翌3日(木)に全国5カ所のスクリーンにて上映することが決まりました。超新星、2PM、ほか多数の人気K-POPスターの出演が決まっています。

2PM
M COUNTDOWN 2014 2PM

『M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014 シネマビューイング』

日時:2014年4月3日(木)18時00分start
料金:2,000円 (消費税込)※各劇場窓口等にて発売
会場:新宿バルト9/109シネマズ川崎/T・ジョイ京都/梅田ブルク7/T・ジョイ博多


企画制作:CJ E&M Japan (Mnet)
配給:ソニー”Livespire” (ソニーPCL株式会社)

http://www.livespire.jp/movie/mcountdown2014.html

超新星
M COUNTDOWN 2014 超新星


『M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014』は、 毎週木曜日に韓国Mnet より”Mnet Japan”をはじめ世界13か国で生放送中のWORLD NO.1 K-POP CHART SHOW「M COUNTDOWN」の世界を体感できるイベント。
GIRLS_DAY 「M COUNTDOWN」関連のイベントは、これまでにも、さいたまスーパーアリーナでの「M COUNTDOWN HELLO JAPAN」(2012年4月)をはじめ、タイ、台湾、ロサンゼルスでも開催され、K-POPを体感できる場をアジア、そして世界に拡がるK-POPファンに提供してきました。

今回、横浜アリーナで開催される『M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014』は、前回よりさらにパワーアップ。出演するアーティストとして、日本でも積極的に活動中の6人組男性グループ〝超新星〟、東京ドーム公演も行うなど日本でも大人気の元祖野獣系アイドル〝2PM〟、最新曲「Something」がロングヒット中のガールズグループ〝Girl’s Day〟.

CRAYON_POPSISTARソユがフューチャリングした「Some」で、自身初の1位を獲得した〝チョンギゴ〟、2011年のデビュー以来、圧倒的なパフォーマンスで大人気の〝Block.B〟、2013年直列5気筒ダンスの「パパパ」が世界中で人気〝CRAYON POP〟、元Wonder Girlsで昨年3年7か月ぶりにソロ歌手として活動を再開した〝ソンミ〟、実力派HIPHOPグループ〝M.I.B〟、2014年1月にデビューした注目の若手7人組ボーイズグループ〝GOT7〟らがすでに発表されています。

MC今回のシネマビューイングでは、世界のK-POPファンが注目するこの『M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014』を撮影収録し、たっぷり約2時間にわたり、横浜アリーナの熱い感動をお届けする予定です。進化を続けるK-POPの今を、ぜひ体感してください!!
********************************************************************


ポール・ポッツ来日!藤澤ノリマサとデュエット


映画『ワン チャンス』(3/21公開)のポール・ポッツ本人が来日!
教会オペラ付き来日プレミア試写会で「誰も寝てはならぬ」を熱唱!

同曲で金メダルを手にした荒川静香さんと、ポップオペラ歌手藤澤ノリマサさんがゲスト登壇!


という、豪華な来日プレミアイベントのご報告です。
ワン・チャンス舞台挨拶
『ワン チャンス』来日プレミア舞台挨拶
デヴィッド・フランケル監督、藤澤ノリマサ、荒川静香、ポール・ポッツ

映画 『ワン チャンス』来日プレミアイベント
日程:3月12日(水)
場所:キリスト品川教会 グローリア・チャペル
登壇者:
「ブリテンズ・ゴット・タレント」で一躍スターとなった歌手:ポール・ポッツ
『プラダを来た悪魔』で有名:デヴィッド・フランケル監督
ミュージックアンバサダー:ポップオペラの貴公子・藤澤ノリマサ
「誰も寝てはならぬ」で06年トリノ五輪フィギュアスケート金メダリスト:荒川静香


イベントレポート

MC:本日は映画『ワン チャンス』の来日プレミアイベントにお越しいただきありがとうございます。
すでに皆さんには映画をご覧いただいており、気分も盛り上がっているかとは思いますが、本日は素敵なライブもご用意しておりますので最後まで楽しんでいただければと思います。
それでは早速お呼びいたしましょう本作の原案となったまさに本人、ポール・ポッツさんとデヴィッド・フランケル監督です。どうぞお入りください。それでは一言ずつご挨拶いただきましょう。

ポール・ポッツ:こんばんは、ありがとうございます。(※ここまで日本語で)
すでに映画を楽しんでいただいたと思います。私とても楽しんで観させていただきました。今日はどうぞよろしくお願いします。

デヴッド・フランケル監督:こんにちはしか日本語わかりません。本作のモデルとなったポール・ポッツさんとこの壇上に立てて光栄です。楽しんでいただけたでしょうか?
(会場から拍手)
ありがとうございます。

MC:ポッツさん作品をご覧になって、どの辺が良かったですか?

ポッツ:笑えて、温かい気持ちになる素晴らしい映画だと思いました。でも自分の半生が普通は死んだ後に映画化されるものだと思うので、映画になるのは少し不思議な気分です(笑)。

MC:劇中のエピソードなんかはポッツさんと相談しながら進めたんですか?

フランケル監督:ユーモラスなところを出すように心がけました。ポッツさんには生まれ育ったところを案内してもらったり、人生のツアーガイドをしてもらいました。天気が悪くて恐縮してましたが、ポールさんの住んでた地方は年中天気が悪いところだったので、それもポールさんの辿ってきた人生なんだなと思いました。

ポッツ:才能ある方々とディスカッションしながら創り上げていくのは、映画づくりの醍醐味だなと思いました。

MC:この作品を通して伝えたいこと、感じてほしいことなどありますか?

ポッツ:一番届けたいことは、チャンスをつかむためには周りにサポートしてくれる人あってのこと。そしてなにより諦めないことだと思います。

フランケル監督:ポッツさんの言ったことと同じなのですが、この映画はラブストーリーでもあるんです。信じあって支えあいながら夢をかなえる物語だなと感じていただければ嬉しいです。

MC:さあここでポール・ポッツさんが夢をつかんだ際に歌った曲「誰も寝てはならぬ」がきっかけで同じくチャンスをつかむこととなったゲストの方をお呼びしましょう。2006年のトリノオリンピック、フィギュアスケートで金メダルに輝かれました荒川静香さんです。

※花束を持ち登場、監督、ポッツ氏に手渡す。

荒川静香さん:みなさんこんにちは。この場に同席させていただき大変光栄です。
「誰も寝てはならぬ」の歌唱ででチャンスをつかまれたポッツさんは、オーディション番組の頃から注目してました。動画サイトなどでも映像を拝見させていただいたり、その素晴らしい歌声だけでなく、バックグラウンドを知っていくうちにとてもドラマティックだなと思いました。

この「誰も寝てはならぬ」には私も2度運命を変えてもらいました。2004年の世界選手権でチャンピオンになった時、この曲で滑りました。

大学4年で現役最後かもしれないと思い滑ったこの大会でチャンピオンになれたことで、そこから2年オリンピックまで続けることができ、そしてトリノのオリンピックで金メダルを取ることができたんです。
ポッツさんもこの曲でチャンスをつかまれたということで嬉しい縁だなと感じています。
劇中では俳優さんが歌っているのかと思うほどマッチした歌声だったのでポールさんご自身が歌っているというのをきいてびっくりしました。ストーリーの進行と共に歌い方も変えているとおっしゃっていたので、そこも注目だと思います。耳で、目で、そして心で楽しめる作品だと思います。私も大好きです。

MC:ありがとうございます。
ポッツさんはオーディションの時、なぜこの曲を選ばれたのですか?

ポッツ:曲の持つ意味を考えて……と言いたいこところなのですが、詳しい意味は後から知ったんです。
とにかく素晴らしい歌、曲なので選んだんです。「何があっても勝つ!」というアリアだということを後から知って良かったです(笑)。

MC:先ほどお話にでましたが、夢を諦めないで現役を続けようと思ったのはなぜですか?

荒川さん:アスリートは失敗することの方が多くて落ち込むことも多いんです。
それでも続けられたのは、友人や家族だったり周りの方のサポート、応援があったからこそだと思います。応援してくれた人が、誰一人として欠けていたら続けられていないと思います。世界選手権で優勝する前年、大舞台に立ちながらスピンでミスをしてしまって、出ることはできてもチャンスをつかむ運がないのかなと思ったこともありました。でも翌年に世界選手権で優勝できて、周りからはオリンピックを目指した方が良いと言っていただき、そもそもオリンピックにも出られるかわからない中で続けることができたんです。
そして、オリンピックでは自分の好きな曲で滑りたいと思い「誰も寝てはならぬ」で金メダルを獲ることができました。私にとってパワーソングです。
私も曲の意味を知ったのは後からだったので、狙っていなくて良かったと思います。プロスケーターとなった今は歌入りの曲で滑れるので色々な方のバージョンで滑っています。
オペラの曲調と私の滑りがマッチしているんだと思います。

MC:ありがとうございます。
それではここでなんとポール・ポッツさんに「誰も寝てはならぬ」を披露していただきましょう。

『ワンチャンス』来日プレミア『誰も寝てはならぬ』で歌うポール・ポッツ
『ワンチャンス』来日プレミア『誰も寝てはならぬ』で歌うポール・ポッツ


荒川さん:鳥肌が立ちましたね!パワーの中にまろやかさがあって、体が包み込まれるようでした。

ポッツ:スケートしたくなりませんか??

MC:さあここで、もう人からゲストをお呼びしております。
本作のミュージックアンバサダーをつとめていただいております、ポップオペラの貴公子藤澤ノリマサさんにお越しいただいております!

藤澤ノリマサさん:よろしくお願いいたします。
本当にポッツさんの大ファンでまさかご一緒できるとは夢にも思っていませんでした。改めて、『ワン チャンス』のミュージックアンバサダーをつとめております、藤澤ノリマサです。

デビューして6年、オーディションを受けても思うようにいかず前を向くことができない時もありました。この作品は音楽に限らず、受験、就職、そしていろんな夢を描いている人々に、音楽を超えて希望の光になる作品だと思います。

MC:さあ、ここでポール・ポッツさんと藤澤ノリマサさんによるデュエットで「ムーン・リバー」を披露していただきましょう!

ポール・ポッツ、藤澤ノリマサによるデュエット「ムーン・リバー」を生披露
ポール・ポッツ、藤澤ノリマサによるデュエット「ムーン・リバー」を生披露


MC:すごかったですね!ご一緒されていかがでした?

ポッツ:デュエットできて光栄です。
ミュージックアンバサダーをつとめていただきありがとうございます。

藤澤さん:まさに、ワンチャンスですね!興奮して二日くらい前に熱をだしてしまいました。まだまだ興奮冷めやらないです。一生の思い出になりました!

荒川さん:豪華なコラボレーションでした。
お互いの個性がありながら見事に調和していますね。素晴らしい機会をありがとうございます。

MC:ありがとうございます。本当に素晴らしかったですね。

MC:まだまだお話を伺いたいところですが、お時間になってしまいますので最後に監督から日本の観客にコメントをお願いいたします。

フランケル監督:本当にステージの上にいる方々はドラマティックに夢をつかんだ方々なので、私も続編をつくらなきゃなと思いました(笑)。

愛する人、そして周りのいろいろな人に愛されて生きていくことを描いていますので、人生いろいろあって七転び八起ですが、この作品からインスピレーションを受けて、自分を高めるのに役立ててもえらえればと思います。すでに今日ご覧になっている方で、気に入っていたら是非お友達にも勧めてくださいね。

『ワン-チャンス』来日プレミア
『ワン-チャンス』来日プレミア
メッチャ波乱万丈。良い奥さんが欲しくなる

映画 『ワン チャンス』

3月21日(金・祝)TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー

公式HP: Onechance.gaga.ne.jp
公式facebook: https://www.facebook.com/gagajapan
公式twitter: https://twitter.com/gagamovie/

過去記事:高橋愛背中を押しあえる夫婦目指す『ワン チャンス』試写会

********************************************************************


映画 『ワン チャンス』

【STORY】
子どもの頃は、デブで歯並びの悪い典型的なイジメられっ子。大人になっても、恋人も友だちも持てない、
冴えないケータイ電話販売員。彼の名はポール・ポッツ。シャイで謙虚、自信の欠片も持てずにきた彼の、
誰にも言えない夢は「オペラ歌手」になること。数々の挫折を繰り返すも、恋人ジュルズという初めての理解者を得、背中を押され、夢の舞台に一歩ずつ近づいて行くポール。遂に憧れのパヴァロッティの前で歌う機会を得るが、「君はオペラ歌手にはなれない」と一蹴され、すっかり自信を喪失する。しかし、愛する妻や友達の励ましに、くじけそうな勇気を奮い立たせ上がった最後の舞台、オーディション番組。緊張に体が震え、何度も逃げ出したくなるポール。ステージか非常口か──迷うポールに、運命を分けるメールが届く──。

監督:デビッド・フランケル『プラダを着た悪魔』
脚本:ジャスティン・ザッカム『最高の人生の見つけ方』
出演:ジェームズ・コーデン『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』
楽曲吹き替え:ポール・ポッツ本人
配給:ギャガ
(C)2013 ONE CHANCE, LLC. All Rights Reserved.
3月21日(金・祝)TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー


amazarashi 3月25日(火)全国9カ所で上映!


鮮烈な歌詞と独特の映像表現とが融合し、その音楽性と合わせ、高い評価を得るアーティスト

amazarashi (読み:あまざらし)

3月26日(水)にリリースされるamazarashi初のクリップ集「anthology1386」のリリースに伴い、同クリップ集に未収録のアコースティックLIVE映像を含む一夜限りの劇場上映イベント「anthology1386 cinema show」を、発売前日の3月25日に開催することが決定しました。

02_xmas2
06_karappo3スクリーン上映するクリップ集「anthology1386」には、文化庁メディア芸術祭 優秀賞を受賞した『夏を待っていました』など、国内外の映画祭でも高く評価されるミュージックビデオ11曲が収録されたもの。さらに、今回の上映では、今年のamazarashi LIVE TOUR 2014「あんたへ」のLIVE映像(2月1日収録@Zepp Divercity Tokyo)の一部や、同クリップ集には未収録の秘蔵映像も公開される予定です。

05_sf1上映会場は、北海道、青森、東京、大阪、名古屋、福岡ほか 全国9カ所の映画館で、用意されるチケット枚数は、「anthology1386」にちなみ、計1386枚限定。また、今回の上映イベントでは、来場者限定のナンバリング入りポストカードの配布と、限定Tシャツの販売も予定しています。

amazarashi「anthology1386 cinema show」

日 時 : 2014年3月25日(火) ※上映開始時刻は劇場により異なります
会 場 : 全国9カ所の映画館

【札幌】 ディノスシネマズ札幌劇場 20:00~
【青森】 青森コロナシネマワールド 19:30~
【渋谷】 TOHOシネマズ渋谷 20:00~
【六本木】 TOHOシネマズ六本木ヒルズ 20:00~
【川崎】 109シネマズ川崎 19:00~
【名古屋】 109シネマズ名古屋 19:00~
【梅田】 TOHOシネマズ梅田 20:00~
【なんば】 TOHOシネマズなんば 20:00~
【福岡】 ユナイテッド・シネマキャナルシティ13 19:00~

チケット : 2,500円(税込)
09_jubunairu5 ※イープラスにてチケット先行受付中
受付URL: http://eplus.jp/amazarashi-ls/ (PC・携帯共通)


配給 : ソニー”Livespire”(ソニーPCL株式会社)
企画製作 : ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ

amazarashiとは
秋田ひろむを中心としたバンド。

2010年のデビュー以来、一切本人のメディア露出のないながらも、絶望の中から希望を見出すズバ抜けて強烈な詩世界が口コミになりまたたく間にリリースされた6枚のアルバム全てがロングセールスを続けていて、ライブではステージの前にスクリーンが貼られタイポグラフィーなどを使用した映像が投影されて行われるスタイルで、独自の世界観を演出が凄いアーティストです。
********************************************************************



ポール・ポッツの歌声に鳥肌必至『ワン チャンス』


ワン-チャンス_ポスター世界中で一大センセーションを巻き起こしたオペラ歌手、ポール・ポッツの波乱に満ちた半生を、『プラダを来た悪魔』の監督×『最高の人生の見つけ方』 の脚本家で描く話題作

映画『ワン チャンス』

楽曲の吹き替えはポール・ポッツ本人

その歌声に鳥肌必至な!本予告到着です!!

公式HP: http://onechance.gaga.ne.jp/
3月21日(金・祝)TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー



観ていただいてわかるように予告編内容は。

ポール・ポッツのワン-チャンス2子どもの頃は、デブで歯並びの悪い典型的なイジメられっ子。大人になっても、冴えないケータイ電話販売員。シャイで謙虚、自信の欠片も持てずにきた彼の、誰にも言えない夢は「オペラ歌手」になること。数々の挫折を繰り返すも、恋人ジュルズという初めての理解者を得、背中を押され、夢の舞台に一歩ずつ近づいて行くポール。

遂に憧れのパヴァロッティの前で歌う機会を得るが、一蹴され、すっかり自信を喪失してしまう。

ポール・ポッツ_ワン-チャンス1しかし、愛する妻や友達の励ましに、くじけそうな勇気を奮い立たせ上がった最後の舞台、オーディション番組。そこで披露した歌声に世界が感動の渦に巻き込まれるー!

映像内でわずかに披露された歌声はポール・ポッツ本人が吹き替えたもの。その歌声に鳥肌が立つこと必至!負けっぱなしの人生からの奇跡の逆転劇に感動せずにはいられない内容です。

映画 『ワン チャンス』
は、3月21日(金・祝)TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー
公式HP: Onechance.gaga.ne.jp
公式facebook: https://www.facebook.com/gagajapan
公式twitter: https://twitter.com/gagamovie:

ワン-チャンス
********************************************************************


映画 『ワン チャンス』

ストーリー
子どもの頃は、デブで歯並びの悪い典型的なイジメられっ子。大人になっても、恋人も友だちも持てない、冴えないケータイ電話販売員。彼の名はポール・ポッツ。シャイで謙虚、自信の欠片も持てずにきた彼の、誰にも言えない夢は「オペラ歌手」になること。

数々の挫折を繰り返すも、恋人ジュルズという初めての理解者を得、背中を押され、夢の舞台に一歩ずつ近づいて行くポール。遂に憧れのパヴァロッティの前で歌う機会を得るが、「君はオペラ歌手にはなれない」と一蹴され、すっかり自信を喪失する。しかし、愛する妻や友達の励ましに、くじけそうな勇気を奮い立たせ上がった最後の舞台、オーディション番組。緊張に体が震え、何度も逃げ出したくなるポール。

ステージか非常口か──迷うポールに、運命を分けるメールが届く──。
監督:デビッド・フランケル『プラダを着た悪魔』
脚本:ジャスティン・ザッカム『最高の人生の見つけ方』
出演:ジェームズ・コーデン『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』
楽曲吹き替え:ポール・ポッツ本人
配給:ギャガ
(C)2013 ONE CHANCE, LLC. All Rights Reserved.