「音楽」カテゴリーアーカイブ

山本耕史も胸キュン!『パーティで女の子に話しかけるには』ミッチェル監督来日!


映画情報どっとこむ ralph 待望のジョン・キャメロン・ミッチェル最新作『パーティで女の子に話しかけるには』が、12月1日(金)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開となります。これ、なんと!映画が製作されたイギリス・アメリカに先駆けて日本が世界初公開なんです。

ミッチェル監督は、オリジナルキャストで日本初上演となる『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』舞台への出演と、本作のプロモーションのため、9年ぶりに来日。10月19日、ミッチェル監督が登壇しての、世界で初となるプレミア上映が行われました!また、ミッチェル監督の長年の友人である実力派俳優・山本耕史さんがゲストとして駆けつけました!

山本さんは、2007年、2008年、2009年の3度に渡り同舞台でヘドウィグを演じ、ミッチェル監督とは2008年のジョイントライブでも共演しています。

『パーティで女の子に話しかけるには』ジャパンプレミアイベント
日時:10月19日(木)
場所:新宿ピカデリー
登壇:ジョン・キャメロン・ミッチェル監督、山本耕史

映画情報どっとこむ ralph 鳴りやまない拍手の中、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督が登場!

ミッチェル監督:15年ぶりに日本の映画館に戻ってこられてうれしいです。(『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』劇場公開時のメイン館である)シネマライズがもうなくなってしまったのは残念ですが、この映画は日本の観客の心に残るものになることを願っていますし、そうなる予感がしています。なぜならこの映画は初恋についての映画だからです。パンク少年とエイリアンによるものだけどね(笑)

との挨拶からイベントはスタート。

本作は、日本でも「コララインとボタンの魔女」などで有名なニール・ゲイマンの短編が元。本作を手掛けることになった経緯について、

ミッチェル監督:もともとは気心の知れているプロデューサーが開発していた企画ですが、何年もかけて僕のことを口説いて引っ張りこんでくれたんです。原作ではワンシーンしか描かれていなかった物語を、時間をかけて膨らませて、より豊かな世界に広げていきました。

と説明。遠い惑星からやってきた女の子ザンを演じたエル・ファニングについて、

ミッチェル監督:一緒に仕事をしてきた中で、今までで一番楽しいと思わせてくれた女優です。スターであると同時に女優であるというのは難しいことだと思うのですが、彼女はその両方を兼ね備えていて、この映画は彼女にとってそれを両立させた初めての作品ではないかと思います。

と彼女を称える。

映画情報どっとこむ ralph また、ニコール・キッドマンが、パンクのゴッドマザー的存在であるボディシーア役として出演。それについて、

ミッチェル監督:今回は、いつも彼女が演じるような役とは全く違う、汚れた役をやってもらいました。実は、あるシーンの撮影中、パンク少年が彼女の顔につばを吐き続けたり、ギターの角が頭に当たってしまうような場面があって、僕はそれを見て、これこそ“パンク”だなと思いました(笑) 彼女は、“ジョン、こんな目に遭って全然居心地いい現場じゃないけど、サイコーよ!”と言ってくれたんです。

と、エピソードを明かしてくれました。

さらに、
ミッチェル監督:この映画を観て皆さんにも感じてもらえると思いますが、僕はいつかニコールとエルは母娘の役を演じるべきだと思っています。

とふたりに対して監督自身が抱く期待も明かしてくれた。

これまでの作品の中でも“音楽”が重要なカギを握ってきたミッチェル監督が、今回パンクを選んだことについて、

ミッチェル監督:今の若い人たちは、親から手渡されたこの世界をどこか奇妙で怖いものであると感じているんじゃないかと思います。反対に、上の世代の人たちは色んなことに対して怒りを持っているけど、それがどこか偏ったものになってしまっている。だからこそ若い人たちには新しい形でのパンク・スピリットを持ってほしいんです。なぜならパンクが持つ反抗心とは、抑圧するものや様々なことに問いかけをすること、自分とは違う多様なものを受け入れていくこと…そんな、すごく健康的なものだから。すべてを綺麗なものに変えてしまうような怒りの力で、愛を探していってほしい。この映画は、そんなクリエイティブなパンク・スピリットを思い出させてくれるものになっています。

とパンクへの持論と熱い想いを語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、ゲストとして山本耕史さんが登場!
山本さんは久しぶりの再会となるミッチェル監督への印象について、

山本さん:最初に会ったときから優しい人で、今日はジョンの友達ということで呼んでいただきました。

と挨拶。

2008年には舞台で共演を果たしているふたりだが、山本さんは、今改めてヘドウィグという役どころについて、

山本さん:いで立ち含めてジョンの演じたヘドウィグになるべく近づけようと思いながらやっていました。いろんな方が演じている作品だけど、僕は常にジョンのヘドウィグを意識していたから、彼には勝手に同志のような気持ちを抱いています。ヘドウィグを演じたすべての人が兄弟であり姉妹なんです。役者人生の中で最も大変な役柄でもあるから、これを演じ切ることができればどんな役も恐れることはないと思います。

と語る。いち早く『パーティで女の子に話しかけるには』を鑑賞した山本さんは、映画について、

山本さん:ジョンらしい、すごく素敵なパッションを受け取りました。青春時代を思い出して懐かしいというのもあるし、僕はファンタジーが好きなんですが、ジョンがここまで直接的にファンタジーを描いたのはこれが初めてになります。彼の心の中にあるファンタジーが、はっきりとした表現やアートになって、彼の子供のような存在としてわかりやすく前面に出てきたように感じました。そのことに僕はキュンとしてしまったんです(笑) もちろん音楽も素晴らしいですよ。

と見どころを語ってくれた。

そして、

山本さん:ジョン、この映画に出てたよね・・・?

質問する山本さん。実は映画の序盤のとあるシーンで少しだけ出演もしているんです!流石お友達です。

映画情報どっとこむ ralph ふたりは絶妙な掛け合いを見せるのみならず、「ヘドウィグ・アングリーインチ」劇中曲のひとつである名曲「The Origin Of Love」をふたりで即興で歌い上げ、会場は改めて大興奮に包まれました。
また、客席には、先日大成功に終わったばかりの、ミッチェル版ヘドウィグが日本初降臨した際に、スペシャルショーでミッチェルと共演した中村 中さんも駆け付け、それを見つけた

ミッチェル監督:もうひとりのヘドウィグです!

と観客に紹介。割れんばかりの大きな拍手が送られた。
監督は、自身のInstagram用に観客にカメラを向けたり衣装の着こなしについて質問したり、短い時間ながら観客とのコミュニケーションを目いっぱい楽しんでいた。


パーティで女の子に話しかけるには

公式サイト:
gaga.ne.jp/girlsatparties


物語・・・ 
パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

***********************************

監督・脚本:ジョン・キャメロン・ミッチェル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
原作:ニール・ゲイマン「パーティで女の子に話しかけるには」
衣装:サンディ・パウエル『キャロル』、『ベルベット・ゴールドマイン』
出演:エル・ファニング 『20センチュリー・ウーマン』、アレックス・シャープ「夜中に犬に起こった奇妙な事件」
ニコール・キッドマン『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
配給:ギャガ   
© COLONY FILMS LIMITED 2016


中条あやみ × 志尊淳 × 小関裕太『覆面系ノイズ』片恋に切キュン!場面写真一挙解禁!


映画情報どっとこむ ralph 三木康一郎監督が中条あやみ、志尊淳、小関裕太、真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮で描く映画『覆面系ノイズ』が11月25日(土)に全国公開いたします!

そしてこの度、本作の場面写真を一挙解禁!
本作は登場人物それぞれが“伝えられない想い”を秘め、その想いを歌や音楽にのせて相手に届けるという、切なくもキュンとする片恋ストーリー。
初恋の人・モモ(小関)に好きと言えない主人公ニノ(中条)と、ニノに想いを寄せるユズ(志尊)、ニノが好きなのに心を閉ざしてしまうモモ、不器用でピュアな登場人物それぞれの切ない片想いが交錯する様が伝わる場面写真がお披露目となります。

さらに、劇中に登場する謎の覆面バンド「in NO hurry to shout;」(通称イノハリ)のライブシーンや一度聞いたら忘れられない感情豊かな歌声の持ち主であるニノが制服姿で歌い上げるシーンなど、言葉では伝えられない想いを、歌や音楽にのせて届けようとする本作ならではの場面写真も多数解禁。

それぞれの想いは大切な人に届くのか?切なく甘い恋の行方は。

『覆面系ノイズ』

11月25日(土)より全国ロードショー!


***********************************

出演:中条あやみ 志尊淳 小関裕太 真野恵里菜 磯村勇斗 杉野遥亮

監督:三木康一郎
脚本:横田理恵 三木康一郎

原作:原作 福山リョウコ「覆面系ノイズ」(白泉社「花とゆめ」連載)

主題歌:in No hurry to shout;「Close to me」(ソニー・ミュージックレコーズ)

エンディングテーマ:MAN WITH A MISSION「Find You」(ソニー・ミュージックレコーズ)

©2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会


『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』予告編(前・後編)&ナオト コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph “太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。
映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』は、忙しさに追われ純粋に音楽を楽しむ心を取り戻したいと、彼が原点回帰をするために行った、13年ぶりの長旅。

アフリカ大陸14ヵ国、ルーマニア、スウェーデン、ドイツほか、約半年間にわたる濃密な旅。ナオトならではの筋書きなしの旅が生み出す、“新たな出会いと音楽”。世界の音楽と文化を体感し、現地の人々との触れ合いを追った密着したドキュメンタリーは前編11月23日(木・祝)、後編1月5日(金)公開となります!

その未公開映像含む最新予告編が到着です。


映画情報どっとこむ ralph ナオトさんのコメントも到着!

ナオト・インティライミ コメント
これだけの長旅は13年ぶり。 
音楽に追われていた。もう一度音楽を追いたい。そう思い、原点回帰への旅をしてきた。
本当に台本もない、一切仕込みもないリアルなドキュメンタリーだから、わたくし、完全に素であります。笑
人から発せられる力と現地の音楽に触れ、生きていく力を入れていった旅。
ぜひこの映画でしか観られない、刺激渋滞な旅を体感して欲しい!
そして主題歌「Sunday」もぜひ楽しんでいただけたら。
旅でインプットした世界中のリズムや音、文化はもちろん、エネルギッシュに生きる人々と触れ合って感じた、肩肘張らずに毎日を進んでいこう、という想いをこめました。
ごめんなさい、思わず体が揺れてしまうかも。気がついたら一緒に「Hey,Hey」と言ってしまうかも。笑

映画情報どっとこむ ralph ナオト・インティライミが書き下ろした主題歌「Sunday」!

主題歌「Sunday」含むコンセプトアルバム「旅歌ダイアリー2」 2017.11.22 Release!!

―形態― 
※全1タイプ
●完全限定生産盤(CD+PHOTO BOOK) UMCK-9927 \3,685(税抜)+税
「三方背スリーブケース」仕様で、全60ページにも及ぶ豪華「PHOTO BOOK」付き!
この「PHOTO BOOK」には、2017年に約半年間世界を旅していた際のナオト・インティライミの貴重な写真を豪華60ページに渡り収録!!映画でも未公開となるL.A.やヨーロッパ各国の写真など、ここでしか楽しめない貴重なショットが満載!数に限りのある「完全限定生産盤」ですので、ご予約はお忘れなく!!

―CD収録内容―
約半年間の旅で得た様々な刺激と経験をアウトプットし、“旅”をテーマに制作したコンセプトアルバム!
映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』の主題歌「Sunday」や映画のサウンドトラックを含む、
全20曲程度収録予定!
※収録曲は後日発表いたします!お楽しみに♪

映画情報どっとこむ ralph 映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』

【前編】 2017年11月23日(木・祝)
【後編】 2018年1月5日(金)

“太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。
本作は、忙しさに追われ純粋に音楽を楽しむ心を取り戻したいと、彼が原点回帰をするために、世界をめぐった旅の記録だ。
アフリカ大陸14ヵ国、ルーマニア、スウェーデン、ドイツほか、約半年間にわたる濃密な旅に密着。
ナオトならではの筋書きなしの旅が生み出す、“新たな出会いと音楽”。ミュージシャンと即興セッションや、子供たちとの交流など、言葉も文化も異なる異国でナオトの<人間力>を発揮し、旅の刺激から生きる力を入れていく――。
世界の音楽と文化を体感し、現地の人々との触れ合いを追った、奇跡のドキュメンタリー映画が前・後編の2部作でここに誕生。

公式サイト:www.naoto-tabiuta2.com

TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

出演:ナオト・インティライミ 
監督:加藤肇 
配給:日活 
©2017「ナオト・インティライミ冒険記2」製作委員会
***********************************

     


日本人ロックバンド初! THE YELLOW MONKEYが釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場!映画『オトトキ』


映画情報どっとこむ ralph この度、15年振りに再集結した日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”の2016年のツアーに密着した映画『オトトキ』が、第22回釜山国際映画祭ワイド・アングル部門へ正式出品され、開幕式にて日本人ロックバンドとして初めてTHE YELLOW MONKEYが釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場しました!


レッドカーペット歩行を終えて、メンバーコメント

吉井和哉さん: 初めてで緊張したんですけど、真面目すぎたかな。もう1回歩きたい。

菊地英昭さん:松永監督が撮るとなれば、何か待ち構えてるんじゃないかって思ってましたが、まさか釜山でこういう体験ができるとは!

廣瀬洋一さん:海を見渡せる感じなど、すごく映画と相性がいい街だなと思いました。いつかライブで来たいです。

菊地英二さん:素晴らしい作品ができて、こういう所までこれちゃうっていうのは、ロックを信じてやってきてよかったな。

映画情報どっとこむ ralph この映画主題歌となる新曲『Horizon』はギターの菊地英昭が作詞・作曲を担当。本作のために書き下ろされた楽曲が映画の世界観と深く共鳴しあい作品を彩ります。
また、今回の釜山国際映画祭ではスペースシャワーTVがオフィシャルカメラとしてザ・イエロ・モンキーに密着、その模様が11月5日(日)20:30〜21:00「THE YELLOW MONKEY ドキュメンタリー映画『オトトキ』公開記念SPECIAL」としてオンエア予定。(リピート放送あり:11月10日、11月18日)番組の詳細や視聴方法はこちらから。


日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”のドキュメンタリーフィルム!この復活劇の1年間を追いかけたのは、現代アーティスト・ピュ~ぴるのドキュメンタリー作品『ピュ~ぴる』や、2015年公開の自身初の長編劇映画『トイレのピエタ』で数々の映画賞に輝くなど、今注目の新進気鋭の監督、松永大司。

本作品は釜山国際映画祭でのワールドプレミア上映に続き、第30回東京国際映画祭においても特別招待作品としてジャパンプレミア上映が予定されています。


映画 『オトトキ』

【映画公式サイト】theyellowmonkey-movie.jp
【映画公式SNS】Twitter:@OTOTOKI_MOVIE

***********************************

出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二
監督:松永大司
制作プロダクション:ブースタープロジェクト

配給:ティ・ジョイ製作:映画「オトトキ」製作委員会
©2017映画「オトトキ」製作委員会


劇場版「Dance with Devils-Fortuna-」舞台挨拶付上映会が全16回追加決定!


映画情報どっとこむ ralph 11月4日(土)よりよりシネ・リーブル池袋他にて公開される劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』。
劇場版では、TVシリーズからのカットに新作カットを加え、台詞はすべて新規に収録。さらには新曲6曲を加え、全12曲もの歌で新たな物語を紡ぎます。​

そして!豪華キャスト陣登壇の舞台挨拶付上映会が川崎、名古屋、大阪、神戸、東京にて【全16回】追加決定しました。​

先立って、公開日の11月4日(土)に茜屋日海夏(立華リツカ役)、斉藤壮馬(鉤貫レム役)、羽多野 渉(立華リンド役)、豊永利行(マリウス役)、吉村 愛(監督)が登壇するシネ・リーブル池袋での初日舞台挨拶付上映会が決定していましたが・・・・

好評につき、このたびTOHOシネマズ 川崎(川崎・11/5)、伏見ミリオン座(名古屋・11/11)、シネ・リーブル梅田(大阪・11/11、11/12)、シネ・リーブル神戸(神戸・11/12)での追加開催が決定しました。斉藤壮馬(鉤貫レム役)、羽多野 渉(立華リンド役)をはじめとする豪華キャスト陣が、作品初となる関西を含む各地に登場します。また、 11月4日(土)に開催されるシネ・リーブル池袋でも16:05の回、18:05の回が追加となり、この2回には木村 昴(南那城メィジ役)の追加登壇が決定しました。​

映画情報どっとこむ ralph 立華リンド役・羽多野 渉からの見どころコメントも到着しました。​

立華リンド役・羽多野 渉からのコメントも到着。「大きなスクリーンや劇場の音響を使った、迫力のミュージカルシーン。アクマもヴァンパイアも歌います!」と、ミュージカルアニメならではの見どころを語りました。​

そして、舞台挨拶付上映会の一部が、観客参加型イベント「アクマと詠う上映会」になることも決定しました。 「アクマと詠う上映会」は、劇場内でのコール&レスポンス、ペンライトの使用やコスプレが可能なイベントで、観客が“アンサンブル”(ミュージカルで舞台を支える大切な存在で、主演キャスト以外の出演者のこと)として、作品に加わる(=出演する)ことのできる参加型の上映会となっています。 ​

11月4日(土)からの公開に向けて熱が高まる本作に、引き続きご期待下さい。​

映画情報どっとこむ ralph

物語・・・
立華リツカは、四皇學園に通う高校2年生の少女。見知らぬ誰かとの恋にあこがれながらも、日々変わらぬ穏やかな生活を送っていた。

それは、イギリスに留学中の兄、立華リンドが帰国する日。彼女は學園の生徒の憧れである、生徒会長・鉤貫レムからの呼び出しを受け、生徒会の面々と不思議な出会いを果たす。それは少し変わった1日。それだけのはずだった。しかし、帰宅した彼女が目にしたのは倒れた母親の姿。そして、フードを被った怪しげな男たち。彼らは、ヒトではなかった――。
***********************************

キャスト
立華リツカ:茜屋日海夏
鉤貫レム:斉藤壮馬
立華リンド:羽多野 渉
楚神ウリエ:近藤 隆
南那城メィジ:木村 昴
棗坂シキ:平川大輔
ローエン:鈴木達央
マリウス:豊永利行
葛葉アズナ:松田利冴
ジェキ:鈴木裕斗
ネスタ:小山力也
アンサンブル:劇場版をご覧頂くあなた


原案:岩崎大介(Rejet)
原作:グリモワール編纂室
監督:吉村 愛
脚本:金春智子
キャラクター原案:前田浩孝(Rejet)
キャラクターデザイン:高品有桂
音楽プロデューサー:藤田淳平
音楽:Elements Garden
音楽制作:DIVEIIentertainment
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
©グリモワール編纂室/Dance with Devils F 製作委員会