「韓流」カテゴリーアーカイブ

村上春樹「納屋を焼く」原作の『バーニング 劇場版』イ・チャンドン監督来日決定


映画情報どっとこむ ralph 彼女は一体、なぜ消えたのかー

巨匠イ・チャンドン監督の 8 年ぶりの新作は、日本が世界に誇る小説家、村上春樹の「納屋を焼く」を原作とし、 設定はそのままに物語を大胆にアレンジし映画オリジナルのストーリーを構築した『バーニング 劇場 版』が 2019 年 2 月 1 日より TOHO シネマズ シャンテほかでの全国公開が決定いたしました。 この度、ポスタービジュアルが解禁され、あわせて監督が来日することが決定しました。


原作の中にある小さな謎を拡大し、 さらに繋げることでより映画らしいエンタテインメント作品として見事に作り上げた。 本作は小説家を目指しアルバイトを転々として生きる主人公ジョンスが、幼馴染のヘミから正体不明の男ベンを紹介 されたことによって不可思議なことが起こり始める。シーンシーンに伏線となる鍵が埋め込まれ、観るたびに新たな 見解を呼び起こす究極のミステリーだ。また、キャラクターそれぞれの生活を通していまの若者が感じている、将来 に希望を持てない“無力”さと、どこに向けて良いか分からない“怒り”を赤裸々に描きだし、現代社会の裏側を繊細 に表現。イ・チャンドン監督のストーリーテラーとしての才能を本作でもいかんなく発揮している。 主演に『ベテラン』のユ・アイン。謎の男ベンにはドラマ「ウォーキング・デッド」で注目されるスティーブン・ユァ ン。ヘミには、オーディションで大抜擢された新人チョン・ジョンソと次世代の演技派俳優が共演。

映画情報どっとこむ ralph この度解禁されてポスタービジュアルは小説家を目指す主人公ジョンス (ユ・アイン)、幼馴染のヘミ(チョン・ジョンソ)、謎の男ベン(スティーブ ン・ユァン)の 3 人がテラスで座っているもの。夕焼けに美しく照らされる なか、彼らは何を想うのか。
それぞれが遠くを見つめる無気力な表情が 印象的だ。また、不穏に燃え上がるビニールハウスや、「彼女は一体、なぜ 消えたのか?」というコピーから、これから何か事件がおこることが予感 させられる。カンヌ国際映画祭で歴代最高評価を獲得した本作の期待を煽 る、美しくもミステリアスなポスタービジュアルとなっています。


12 月に来日し、記者会見を予定している。
監督の来日は 3 年ぶりとなる。

『バーニング 劇場版』

2019 年2月1日(金)TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー

【ストーリー】
小説家を目指しながら、バイトで生計を立てるジョンス(ユ・ア イン)は、偶然幼馴染のヘミ(チョン・ジョンソ)と出会う。ヘミからアフリカ 旅行へ行く間、飼っている猫の世話を頼まれるジョンス。旅行から戻ったヘミは アフリカで出会ったという謎の男ベン(スティーブン・ユァン)を紹介する。あ る日、ベンはヘミと共にジョンスの家を訪れ、自分の秘密を打ち明ける。“僕は 時々ビニールハウスを燃やしています”―。そこから、ジョンスは恐ろしい予感 を感じずにはいられなくなるのだった・・・。

***********************************


監督:イ・チャンドン『シークレット・サンシャイン』
原作:村上春樹「蛍・納屋を焼く・その他の短編」(新潮文庫)
出演:ユ・アイン『ベテラン』 スティーブ・ユァン「ウォーキング・デッド」シリーズ チョン・ジョンソ
2018 年/韓国/カラー/148 分/国際共同制作 NHK/
配給:ツイン
©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved



2019年春、『Be With You 〜いま、 会いにゆきます』 日本公開決定! 特報映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 2004年に⽵内結⼦と中村獅童主演で映画化され、社会現象を巻き起こす⼤ヒットを記録した市川拓司のベス トセラー⼩説「いま、会いにゆきます」が時を経て、韓国で待望の映画化!2019年春、『Be With You 〜いま、 会いにゆきます』という邦題で、シネマート新宿ほか、全国ロードショーとなります。


『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジンがヒロインを務め、『Be With You 〜いま、会いにゆきます』は、韓国版ならではの要素やオリジナルエピソードも盛り込まれ、本国では公開からわずか15⽇で動員200万⼈を突破し、韓国における恋愛映画では最速記録を打ち立てた作品。

また、ヒロインと恋に落ちるウジン役にはソ・ジソブが初の⽗親役に挑戦。その鍛え上げられた⾁体美を封印し、親しみやすい笑顔で優しい⽗親像を作り出し、新たな魅⼒を開花させています。

夫ウジン(ソ・ジソブ)に“⾬の降る⽇に、また戻ってくる”と信じがたい約束を残してこの世を去った妻のスア(ソン・ イェジン)が、⼀年後、梅⾬が始まったある⽇、この世を去る前と変わらない姿で現れる。だがスアは記憶を無くして おり、ウジンが誰なのかさえ覚えていない。ウジンは⾃⾝の事を覚えていなくても、彼⼥が傍にいるという事実だけで幸 せを感じる――。

映画情報どっとこむ ralph スアは⾃⾝は覚えていない彼との思い出の話が気になる。
そしてスアは再会したウジンとの初め ての出会い、初恋、初デート、様々な初めての幸せの瞬間の思い出を分かち合い、2⼈は再び恋に落ちるのだが…。 そして、この度、本作の⽇本公開を記念し、特報映像とティザービジュアルが解禁! 雨の日に⼀年前に亡くなったはずのスアとウジンが再会する場⾯から始まる。

すべての記憶を失った状態で現れた スアに、ウジンは2⼈の出会いの瞬間や、幸せな⽇々について話し始める。失っていた思い出を呼び戻し、ウジンと再 び恋に落ちるスア。そんなスアとの現在が⼤切で幸せなウジンの姿は、切なく温かい感情を呼び起こし、思わずうるっと してしまう感情が込み上がるような切ない映像になっております。



映画情報どっとこむ ralph また併せて解禁されたビジュアルでは、淡いピンクの背景の前でスアとウジンがキスを交わす姿が。

「僕たちは、再び 恋に落ちた」というキャッチが添えられており、切なくも⼼温まる純愛映画を予感させる。本国でも⼤いに話題を呼んで おり、涙なしには⾒ることが出来ない、感動の純愛物語である本作は『私の頭の中の消しゴム』を超える『いまあい』 ブームを起こすこと間違いなし! 『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジンが再び贈る、珠玉の純愛ラブストーリー。


『Be With You 〜いま、会いにゆきます』
原題:지금 만나러 갑니다

公式HP:
be-with-you

***********************************

監督:イ・ジャンフン

出演:ソ・ジソブ(「ごめん、愛してる」『ただ君だけ』)、 ソン・イェジン(『私の頭の中の消しゴム』『四⽉の雪』)、 キム・ジファン、コ・チャンソク(『タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜』)

2018年/韓国公開3⽉14⽇/131分/
配給:クロックワークス
原作:市川拓司「いま、会いにゆきます」(⼩学館刊)
映画:『いま、会いにゆきます』(製作「いま、会いにゆきます」製作委員会
© 2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.


BTS (防弾少年団)、自身初となる映画『Burn the Stage : the Movie』日本公開決定!!


映画情報どっとこむ ralph 約300日間・世界19都市・40公演翼を広げた少年たちの軌跡を追ったBTS初の映画!

本作は、約300日間、世界19都市、40公演で55万人を動員したワールドツアー [2017 BTSライブ三部作 エピソード3 THE WINGS TOUR] (2017 BTS LIVE TRILOGY EPOSODE III THE WINGS TOUR)に密着し、制作されたBTS初の映画です。

今年3月にYouTubeで配信された全8回のシリーズ作品「BTS:Burn The Stage」では描かれなかったシーンで編集、いよいよ11月15日(木)に公開する『Burn the Stage : the Movie』をぜひご期待下さい!

スクリーンを通じて、ツアー中のメンバーたちを一番近い距離から見ることができる、まさにファンへのプレゼントのような作品になっています。
 
ファンへの感謝の想いが詰まったポスタービジュアルも初公開!
『Burn the Stage : the Movie』のポスタービジュアルも初公開。熱狂的なステージを終えた直後、メンバーがファンに感謝の想いを伝えている<温かい交流>の一瞬を切り取り、夢幻的な色合いでデザインされたビジュアル。今にも歓声と叫び声が聞こえてきそうなこのビジュアルは、ステージを重ねるごとに新しい歴史へと歩んでいく、そんなBTSとファンの密接な関係性も感じ取ることができる―― メンバーのファンへの想いが込められているポスタービジュアルが完成しました!


『Burn the Stage : the Movie』
2018年11月15日(木)3週間限定公開!
Burn the Stage : the Movie

***********************************


監督:パク・ジュンス
プロデューサー:ユン・ジウォン
出演:BTS(RM、SUGA、JIN、J-HOPE、JIMIN、V、JUNG KOOK)
制作:Big Hit Entertainment / CAMP Entertainment
日本配給:東宝映像事業部

©2018 BIG HIT ENTERTAINMENT Co.Ltd., ALL RIGHTS RESERVED.


チェ・スヨン(少女時代) 田中俊介(BOYS AND MEN)で『デッドエンドの思い出』映画化!


映画情報どっとこむ ralph これは、誰もが通る愛おしくて切ない人生の通過点――

2019年2月16日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー2月2日(土)シネマスコーレにて、名古屋先行公開です。

誰もが一度はその作品を手にしたことのある作家・吉本ばなな。国内はもちろん、翻訳された数多くの小説は海外でも高い人気を誇り、世界中の読者を魅了しています。

インタビューで吉本ばななは、『これまで書いた自分の作品の中で、いちばん好きです。

これが書けたので、小説家になってよかったと思いました。』――著者自らがそう語る最高傑作、「デッドエンドの思い出」が待望の映画化となり、2019年2月16日(土)に劇場公開されることが決定いたしました。また、本作は10月4日~10月13日の期間で開催される釜山国際映画祭での
上映が決定しています。

本作は韓国と日本を舞台にし、日韓共同製作で紡ぐ物語。
主人公ユミは、遠距離恋愛中の婚約者を追いかけて韓国から名古屋へやって来る。
しかし久々に再会できると思っていた彼のアパートで出会ったのは、彼に寄り添うように存在していた彼の母親に似た女性だった。彼の裏切りに絶望し、あてもなく名古屋の街をさまようユミが行きついた先は、エンドポイント(=行き止まり)という名の古民家カフェ&ゲストハウス。そこでユミは、周囲を明るく照らすオーナー西山や、カフェに集うちょっぴりおせっかいな常連客たちに出会う。人生の終末を感じてしまうほどの絶望感の中、彼らとの何気ない時間の中でユミは少しずつ自分を取り戻していく。

主人公・ユミを演じたのは、韓国のアイドルグループ少女時代のチェ・スヨン。ユミを暖かく見守り、癒し、同時に自分の過去を清算していこうとするカフェのオーナー・西山に、名古屋発エンターテイメントグループ、BOYS AND MENの田中俊介。

本作でメガホンをとったのは、本作が長編デビューとなるチェ・ヒョンヨン監督。
監督は、学生時代、日本文学と映画学を韓国でダブル専攻。2009年に制作した短編映画「The after…」が国内外の映画祭で高く評価され、2010年にはあいち国際女性映画祭のワークショップに招待され、円頓寺商店街を舞台にした短編映画「お箸の行進曲」を監督した。
名古屋での撮影は2度目となる。

映画情報どっとこむ ralph 人は絶望感をいただいた時、人生のエンドポイントに来てしまったような気持ちになる。
でも、そこは終点ではなく出発点だと気づいた時、新たな道がみえてくる。誰にでも訪れる絶望感と同じように、再生への希望も誰にでも訪れる。そんなメッセージを優しく綴った物語の誕生です。

デッドエンドの思い出


Story
30歳を目前にしたごく普通の日々を送っていた韓国人女性・ユミ(チェ・スヨン)。
ひとつだけ気にかかっている事があるとすれば、仕事で名古屋へ行ってしまった婚約者テギュとの未来だった。そんなユミはふと思い立ち、テギュに会いに名古屋へと向かう。久々の再会を待ちわびていたユミが、テギュのアパートで見たのは、見知らぬ女性の姿だった。突然知らされたテギュの裏切りに絶望し、あてもなく街をさまようユミ。そんな彼女がたどり着いたのは、エンドポイントという名のゲストハウスを兼ねた古民家カフェだった。エンドポイントのオーナー・西山(田中俊介)は不思議な存在感でユミに寄り添い、カフェに集うちょっぴりおせっかいな常連客たちも傷ついたユミの心をゆっくりと癒していく。そして西山の心の傷に触れた時、ユミの中で確実に何かが変わり始めた……。

***********************************

出演:チェ・スヨン(少女時代) 田中俊介(BOYS AND MEN) 他

原作:よしもとばなな『デッドエンドの思い出』(文春文庫刊)
監督:チェ・ヒョンヨン
配給 アーク・フィルムズ
(c)2018 「Memories of a Dead End」 FILM Partners


『リトル・フォレスト 春夏秋冬』美しい特別な四季が映し出される特報映像到着


映画情報どっとこむ ralph 大自然に囲まれた小さな集落で暮らす一人の女性の姿を描いた“読んで美味しい”大人気漫画・五十嵐大介先生の「リトル・フォレスト」が、ついに海を越え韓国でも映画化!(日本では2014年に橋本愛さんで映画化)

この度、『リトル・フォレスト 春夏秋冬』 という邦題で、2019年初夏、シネマート新宿ほか、全国ロードショーとなります。

本作は、恋愛、就職と何一つ思い通りにいかない主人公ヘウォン(キム・テリ)が、何もかもを後にして故郷に帰り、幼馴染のジェハ(リュ・ジュンヨル)、ウンスク(チン・ギジュ)と共に、春夏秋冬・特別な四季を送り、新たな自分の生き方を探していくストーリー。厳しい現実に疲れ、イライラする都会の生活をしばらく離れて故郷に戻り、幼馴染と再会し、四季の美しい風景の中で旬の食材を使って料理を作り、農業をするなど丁寧な暮らしを心から楽しむ主人公の姿は、同じく日常に疲れているであろう観客たちにとって活力と癒しを与えてくれる。

主演は、パク・チャヌク監督『お嬢さん』のオーディションで1500分の1の競争率を勝ち抜き、センセーションを巻き起こしたキム・テリ。本作では、都会の生活に疲れ、故郷に戻るヒロインを瑞々しく演じており『お嬢さん』や、現在絶賛公開中の『1987、ある闘いの真実』では見られなかった20代の明るく初々しい姿を捉えている。

また共演には日本でも大ヒット公開中『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』他、韓国映画界に欠かせない若手俳優No.1のリュ・ジュンヨル。

そして、そんな韓国映画の注目若手俳優を指揮するのは『グローリーデイ』、『提報者〜ES細胞捏造事件〜』など、社会の中心からはみ出された人間の弱さも抱擁するような演出で話題のイム・スルレ監督がメガフォンを取り、田舎で過ごす特別な四季を優しく映し出し、心を和ませる感動で包み込みます。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、本作の特報映像とティザービジュアルが解禁!

“冬”雪に包まれた故郷に帰ってきた主人公ヘウォンの姿とともに「帰ってきた、故郷に」という台詞から始まる。“春”には新緑の野菜とチーズにエディブルフラワー(食用花)を添えた爽やかなパスタを食べ、“夏”は水撒きをしながら犬を追いかけ、“秋”は夜長と共に友人とお酒を楽しむという、都会の忙しい暮らしから抜け出してきたヘウォンが、悩みながらも田舎ならではの四季を生き生きと暮らす姿が映し出される。


映画情報どっとこむ ralph また併せて解禁されたビジュアルでは、ヘウォン、幼馴染のジェハとウンスクが韓国の田舎の家屋で優しい光に包まれながら縁側に座っている姿が。「あなたはどんな季節を生きていますか?」のキャッチが添えれられている。

また、新鮮な野草の天ぷらや、卵のサンドウィッチ、ハーブティーなど本作に登場する季節に合わせたロハスな料理と共に、へウォンが食事を楽しむ姿を収めている。

ちょっと休んでも、少し違っても、不器用でも大丈夫――。四季折々の風景美と旬の料理と共に綴る、ストレス社会に疲れたすべての人へ送るヒーリングムービーを是非ご期待ください。

リトル・フォレスト 春夏秋冬』 
原題:리틀 포레스트

2019年、初夏 シネマート新宿ほか 全国ロードショー

公式HP: klockworx-asia.com/little-forest/

***********************************

監督:イム・スルレ
出演:キム・テリ(『お嬢さん』『1987、ある闘いの真実』)、リュ・ジュンヨル(『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』)、 チン・ギジュ(「麗<レイ> ~花萌ゆる8人の皇子たち~」)
原作:五十嵐大介「リトル・フォレスト」(講談社「アフタヌーン」所載)
2018年/韓国/103分/カラー/5.1ch/ / 配給:クロックワークス
© 2018 Daisuke Igarashi /Kodansha All Rights Reserved.