「韓流」カテゴリーアーカイブ

『リトル・フォレスト 春夏秋冬』美しい特別な四季が映し出される特報映像到着


映画情報どっとこむ ralph 大自然に囲まれた小さな集落で暮らす一人の女性の姿を描いた“読んで美味しい”大人気漫画・五十嵐大介先生の「リトル・フォレスト」が、ついに海を越え韓国でも映画化!(日本では2014年に橋本愛さんで映画化)

この度、『リトル・フォレスト 春夏秋冬』 という邦題で、2019年初夏、シネマート新宿ほか、全国ロードショーとなります。

本作は、恋愛、就職と何一つ思い通りにいかない主人公ヘウォン(キム・テリ)が、何もかもを後にして故郷に帰り、幼馴染のジェハ(リュ・ジュンヨル)、ウンスク(チン・ギジュ)と共に、春夏秋冬・特別な四季を送り、新たな自分の生き方を探していくストーリー。厳しい現実に疲れ、イライラする都会の生活をしばらく離れて故郷に戻り、幼馴染と再会し、四季の美しい風景の中で旬の食材を使って料理を作り、農業をするなど丁寧な暮らしを心から楽しむ主人公の姿は、同じく日常に疲れているであろう観客たちにとって活力と癒しを与えてくれる。

主演は、パク・チャヌク監督『お嬢さん』のオーディションで1500分の1の競争率を勝ち抜き、センセーションを巻き起こしたキム・テリ。本作では、都会の生活に疲れ、故郷に戻るヒロインを瑞々しく演じており『お嬢さん』や、現在絶賛公開中の『1987、ある闘いの真実』では見られなかった20代の明るく初々しい姿を捉えている。

また共演には日本でも大ヒット公開中『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』他、韓国映画界に欠かせない若手俳優No.1のリュ・ジュンヨル。

そして、そんな韓国映画の注目若手俳優を指揮するのは『グローリーデイ』、『提報者〜ES細胞捏造事件〜』など、社会の中心からはみ出された人間の弱さも抱擁するような演出で話題のイム・スルレ監督がメガフォンを取り、田舎で過ごす特別な四季を優しく映し出し、心を和ませる感動で包み込みます。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、本作の特報映像とティザービジュアルが解禁!

“冬”雪に包まれた故郷に帰ってきた主人公ヘウォンの姿とともに「帰ってきた、故郷に」という台詞から始まる。“春”には新緑の野菜とチーズにエディブルフラワー(食用花)を添えた爽やかなパスタを食べ、“夏”は水撒きをしながら犬を追いかけ、“秋”は夜長と共に友人とお酒を楽しむという、都会の忙しい暮らしから抜け出してきたヘウォンが、悩みながらも田舎ならではの四季を生き生きと暮らす姿が映し出される。


映画情報どっとこむ ralph また併せて解禁されたビジュアルでは、ヘウォン、幼馴染のジェハとウンスクが韓国の田舎の家屋で優しい光に包まれながら縁側に座っている姿が。「あなたはどんな季節を生きていますか?」のキャッチが添えれられている。

また、新鮮な野草の天ぷらや、卵のサンドウィッチ、ハーブティーなど本作に登場する季節に合わせたロハスな料理と共に、へウォンが食事を楽しむ姿を収めている。

ちょっと休んでも、少し違っても、不器用でも大丈夫――。四季折々の風景美と旬の料理と共に綴る、ストレス社会に疲れたすべての人へ送るヒーリングムービーを是非ご期待ください。

リトル・フォレスト 春夏秋冬』 
原題:리틀 포레스트

2019年、初夏 シネマート新宿ほか 全国ロードショー

公式HP: klockworx-asia.com/little-forest/

***********************************

監督:イム・スルレ
出演:キム・テリ(『お嬢さん』『1987、ある闘いの真実』)、リュ・ジュンヨル(『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』)、 チン・ギジュ(「麗<レイ> ~花萌ゆる8人の皇子たち~」)
原作:五十嵐大介「リトル・フォレスト」(講談社「アフタヌーン」所載)
2018年/韓国/103分/カラー/5.1ch/ / 配給:クロックワークス
© 2018 Daisuke Igarashi /Kodansha All Rights Reserved.


韓国民主化闘争の実話『1987、ある闘いの真実』メイキングカットが解禁


映画情報どっとこむ ralph 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた『1987、ある闘いの真実』が、いよいよ9月8日(土)よりシネマート新宿ほかにて公開となります。

この度、メイキングカットが解禁となりました!


その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だったー。

『タクシー運転手約束は海を越えて』で描かれた光州事件から7年後。日本では空前の好景気”バブル“の幕開けに国中が浮かれていた1987年、飛行機でたった3時間の韓国では、歴史をくつがえし、国民全員の人生を劇的に変えた大事件が発生していたー。すべての始まりは、一人の青年の”不可解な死“。ソウル大学の学生が取り調べ中に命を落としたのだ。警察は心臓麻痺だと発表するが、新聞が「拷問中に死亡」とスクープし、大騒動へと発展していく。

「1987年」という激動の時代を生きた人々を演じたのは、韓国映画界を代表する豪華俳優陣たち。北分子の徹底排除に信念を燃やす南営洞警察のパク所長役にキム・ユンソク、学生の死を隠ぺいしようとする警察に対峙するチェ検事役にハ・ジョンウ、危険を顧みず運動家に手紙を運ぶ看守役にユ・ヘジン、拷問死の真相を隠蔽するために逮捕されるチョ刑事役にパク・ヒスン、真相追及に奔走するユン記者役にイ・ヒジュン、『お嬢さん』で注目され、本作では看守の姪で大学生役のキム・テリほか、学生デモに立ち上がる大学生をカン・ドンウォン、警察にマークされている運動家にソル・ギョングなどベテランと若手の演技派俳優が集結。

監督は『ファイ悪魔に育てられた少年』(2013)のチャン・ジュナン。徹底的なリサーチと細部にこだわる考証、そして奥の深いキャラクター描写と予測不能な展開で描き、第54回百想芸術大賞の映画部門にて最高賞の「大賞」、脚本賞、最優秀男優賞(キム・ユンソク)、助演男優賞(パク・ヒスン)の最多4部門受賞するなど、高い評価を得た。

しかしながら、企画が動き出した当初は、朴槿恵(パク・クネ)政権時代ゆえに、表現に対する弾圧が激しく、シナリオは外部に漏れないよう、秘密裏で行わざるを得ず、資金集めも困難を極めたという。一方では名のある多くの俳優たちは、まだパク政権が完全に終わったわけではないのに、勇気を振り絞って参加を表明してくれたそうで、まさに、

チャン・ジュナン監督いわく「アベンジャーズ級」といえる韓国を代表する実力派俳優たちの共演が実現!今回解禁となった映像では、その俳優たちが勢ぞろいし、ユ・ヘジンは「日本でもたくさんの方に見て頂きたい」とメッセージを寄せている。

さらにあわせて解禁となったメイキングカットでは、チャン・ジュナン監督と真剣な表情で話し込むハ・ジョンウや、
当時の新聞記事を見つめるキム・テリなどの様子が。
1987年当時を再現した街並みなどにも注目です。

映画情報どっとこむ ralph 1987、ある闘いの真実
原題:1987

1987arutatakai-movie.com


物語・・・
1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。
徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる。解剖により学生は拷問致死であったことが判明するが、政府は取り調べをした刑事二人を逮捕することで事件を終わらせようと画策する。これに気付いた新聞記者、刑務所看守らは、事実を白日のもとにさらそうと奔走するが、警察による妨害もエスカレートしていく。

また、拷問で仲間を失った大学生たち(カン・ドンウォン)も立ち上がろうとしていた。

***********************************

監督:チャン・ジュナン(『ファイ 悪魔に育てられた少年』、『カメリア』)

出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン、キム・テリ、ソル・ギョング、カン・ドンウォン、パク・ヒスン、イ・ヒジュン、ヨ・ジング

提供:ツイン Hulu
配給:ツイン
宣伝協力:ブレイントラスト
/2017年/韓国/カラー/129分
©2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED


兄弟の絆を描く イ・ビョンホン x パク・ジョンミン 『それだけが、僕の世界』


映画情報どっとこむ ralph 初めて会った兄さんは、僕に夢見ることを教えてくれた

韓国を代表する俳優、イ・ビョンホンと注目度No.1の新鋭パク・ジョンミンが、兄弟の絆を描き出した感動作『それだけが、僕の世界』。TOHOシネマズ シャンテほかにて12月28日(金)より公開することが決定しました!
かつては、東洋チャンピオンであった元プロボクサーのジョハ(イ・ビョンホン)は、今や定職も住む場所もない生活を送っていた。偶然17年前に別れた母親(ユン・ヨジョン)と再会し、今まで会ったことも聞いたこともない、弟ジンテ(パク・ジョンミン)と一つ屋根の下暮らすことになる。 生きてきた境遇も得意なことも好きなことも全く違う兄弟が、初めて出会い起こる数々の出来事を通して、徐々に心を通わせながら本当の兄弟、そして家族となっていく姿を、ユーモアと温かい感動で描いた物語。

この度、ポスタービジュアルが解禁。
ジョハとジンテが寄り添い、見つめる先には兄弟の希望があるような温かいビジュアルとなっている。弟ジンテの目線で描かれる“初めて会った兄さんは、僕に夢見るとこを教えてくれた”というキャッチは、まったく違った人生を生きた兄弟が出会ったことで、これから起こる奇跡を感じさせる。

ポスターは9月1日より公開劇場にて順次掲出予定だそうです!

映画情報どっとこむ ralph 孤独に生きてきた中年ボクサーが出会ったのは…。

『それだけが、僕の世界』

12月28日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

かつて東洋チャンピオンにまでのぼり詰めたが、40を過ぎた今は見る影もなく落ちぶれ、その日暮らしをしているボクサーのチョハ(イ・ビョンホン)。

少年の頃、母は家を出ていき父は刑務所に入り、孤独の中で自分の拳だけを頼りに生きてきた彼は、ある日数十年ぶりに母と再会。
そしてサヴァン症候群を患う弟ジンテ(パク・ジョンミン)の存在を初めて知る。
母の家に転がり込んだチョハは、母の不在の間、天才的なピアノの腕を持つジンテが著名なコンテストに出られるように世話をして欲しいという母の願いを聞き、弟の面倒を見始めるのだが…。
***********************************

監督:チェ・ソンヒョン

出演:イ・ビョンホン『天命の城』 パク・ジョンミン「アントラージュ~スターの華麗なる人生~」 ユン・ヨジョン『ハウスメイド』

配給:ツイン
(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED


AFTERSCHOOLナナが美貌を武器に・・・『スウィンダラーズ』


映画情報どっとこむ ralph 話題作『スウィンダラーズ』が、7月7日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーいたします。

主演は、映画『コンフィデンシャル/共助』 で北朝鮮の敏腕刑事を見事に熱演していたヒョンビンが、“詐欺師アベンジャーズ”のブレイン役を担う知能型詐欺師ファン・ジソン役に扮し、スタイリッシュで頭の切れるキャラクターをしたたかでセクシーな魅力溢れる演技を披露。一方、ファン・ジソンと手を組む検察庁特別捜査本部の“エリート検事”パク・ヒス役に『オールド・ボーイ』のユ・ジテ、他『ベテラン』のペ・ソンウや『新しき世界』のパク・ソンウン、K-POPガールズグループ AFTERSCHOOLのナナが華やかな美貌と話術を備えた詐欺師チュンジャを演じ、韓国映画界を牽引する豪華スターが集結したことでも話題を呼んでいます! 
セクシーな女詐欺師“チュンジャ”を演じたナナは自慢の美貌で劇中、様々な男を手玉にとっていく。詐欺師たちの性格がはっきり違うだけに、衣装を見ただけで彼らの特徴が分かるようにしなければならない。そこで、美しいビジュアルで相手を幻惑するチュンジャには、美貌が際立つようボディーラインがあらわになる衣装を着用させたという。お酒に飲まれること以外は美貌、演技力、スリの技術とすべてが完璧で、華やかな美貌により周囲を魅了し、あふれる魅力で獲物を惑わせ、鮮やかな手つきで情報を手に入れる。チュンジャが狙いを定めたら最後、惑わされない者はいない!

映画情報どっとこむ ralph この度、これぞ犯罪映画の醍醐味!!
色仕掛けとチームワークで宝石ゲット!!白昼堂々の宝石泥棒映像を解禁!!



解禁された冒頭映像では、宝石店にて輝くダイヤモンドのネックレスを試着するチュンジャの姿から始まる。胸元があいたシャツとタイトスカートを穿いたチュンジャが、胸を強調するようにシャツをはだけさせ、ネックレスを着用。その姿に宝石店社長の男も思わずチラ見。「ウエディングドレスに似合いそう」と結婚式を控えてた新妻を演じたチュンジャは「他のネックレスも見せて」と社長の注意を後ろに逸らす。そして社長が別のネックレスを用意する隙に胸元に隠し持っていた偽のネックレスと本物のネックレスを入れ替えそっと鞄にしまう…。泥棒大成功!と思いきや後ろから「チュンジャ!」と何者かの声が。振り返るとチュンジャのダーリンを名乗る男、さらに外からもう一人男が入ってくる。二人は刑事でチュンジャを逮捕するために、宝石店社長に騙されるよう芝居を打たせていた。見事チュンジャに手錠をはめた二人は社長からも感謝され、ご満悦に。隙を見て逃げ出そうとするチュンジャもしっかりガードし、パトカーで連行していく…。しかし運転していく男のポケットから何故か本物のネックレスが出てくる…。実は2人の男はコ・ソクトン(ぺ・ソンウ)とキム課長(アン・ハセ)という詐欺師でチュンジャの仲間だったのだ!

見事なダブルトラップを仕掛けた3人の裏の裏をかく、何度も見返したくなるような特別映像が解禁となります!

映画情報どっとこむ ralph 駆け引きと裏切りの連続に大どんでん返しが待ち受ける、愉快・痛快・爽快の犯罪アクション・エンターテイメント

映画『スウィンダラーズ
原題:꾼/英題:THE SWINDLERS

7月7日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式HP:
http://klockworx-asia.com/swindlers/

詐欺師だけをダマす、”詐欺師アベンジャーズ” 5人と”エリート検事”による予測不可能ケイパームービー!

駆け引きと裏切りの連続に大どんでん返しが待ち受ける、愉快・痛快・爽快の犯罪アクション・エンターテイメント!

【STORY】
韓国を驚かせた希代の詐欺師 チャン・ドゥチルが死亡したというニュースが発表された。しかし、彼がまだ生きているという噂とともに、彼を保護した権力者たちが意図的に逃がしたという臆測が出回り始める。詐欺師だけを騙す詐欺師ジソンは、チャン・ドゥチルがまだ生きていると確信し、事件の担当検事パク・ヒスに、彼を捕まえようと提案する。パク検事の非公式捜査ルートである詐欺師3人組、コ・ソクトン、チュンジャ、キム課長も合流して、行方をくらましたチャン・ドゥチルの補佐役クァク・スンゴンに接近するため、新しい作戦を立て始める。しかし、パク検事はチャン・ドゥチル検挙ではなく、別の目的のためにひそかに違う作戦を立てる。これに気づいたジソンと他の詐欺師たちも互いにダマされないため、それぞれの計画を立て始めるが…。

***********************************


監督:チャン・チャンウォン

出演:ヒョンビン『コンフィデンシャル/共助』『王の涙-イ・サンの決断-』、ユ・ジテ『オールド・ボーイ』、ペ・ソンウ『ベテラン』、パク・ソンウン『新しき世界』、ナナ「グッド・ワイフ」 

2017年/韓国公開11月22日/116分
配給:クロックワークス

© 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.


映画『スウィンダラーズ』ヒョンビン未公開場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph 映画『コンフィデンシャル/共助』などアジア各国で絶大な人気・知名度を誇るヒョンビンが初の詐欺師役に挑んだ話題作『スウィンダラーズ』(配給:クロックワークス)が、7月7日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー。

韓国で実際にあった史上最大のマルチ商法詐欺事件をモチーフに制作された本作は、希代の詐欺師を捕まえようと集まった“詐欺師アベンジャーズ”5人と“エリート検事”による予測不可能ケイパームービー。

韓国初!詐欺師だけをダマす詐欺師アベンジャーズとエリート検事が描く『スウィンダラーズ』!ある時には変装、ある時には色仕掛け、ある時にはハッタリ、ある時には成り済ましと、頭を使い、相手から金と信頼をぶん取るまさにコンフィデンスマンKOREA!口八丁手八丁で相手を騙していく姿にスカッとすること間違いなし!

映画情報どっとこむ ralph 35歳となり俳優として一番脂が乗ったヒョンビンの記念すべき映画出演作10作目となる本作。
前作『コンフィデンシャル/共助』では妻を殺された過去を持つ北朝鮮のエリート刑事役を無表情で演じきり、まさにヒョン(兄貴)と呼びたくなるくらいクールでカッコいいと大評判だった。
今作では初の詐欺師役として多彩な表情と、したたかでセクシーなヒョンビンが魅了すること間違いなし!出演作を選ぶ第一のポイントは「違い」であるというヒョンビンは、同じジャンルや設定であってもキャラクター、題材、表現などで自らの違う部分を見せられる作品を選択してきた。常に新しい変化を望むというヒョンビン。そういう意味で本作は、デビュー以来、彼の最もユニークな変身が見られる作品だ。

チャン・チャンウォン監督:よいキャスティングは、適役であることも重要だが、観客たちに気をもませたり期待させることも重要だ。そういう意味でヒョンビンのキャスティングは、大いに期待できるしハマリ役だ。

と語り、ヒョンビンの新たな一面を披露できたことに自信を見せた。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、初の詐欺師役を演じたヒョンビンの多彩な表情で、したたかにセクシーなスーツを着こなしている場面写真が公開!!

解禁された場面写真では札束をバックに、してやったりといった表情で詐欺師らしい表情を浮かべる姿、
カジノオーナーに化けてターゲットのクァク・スンゴン(パク・ソンウン)を満面の笑みでアテンドする姿、
ダブルのスーツをバシッと決めてアタッシュケースを手に持ち真剣な表情で交渉中の姿、
顔に傷を負い憂いを帯びた表情で窓の外を眺める姿と、
多彩な表情とセクシーなスーツ姿のファン必見の場面写真となっております。

駆け引きと裏切りの連続に大どんでん返しが待ち受ける、愉快・痛快・爽快の犯罪アクション・エンターテイメントを、ぜひ!ご期待ください!!


映画『スウィンダラーズ
原題:꾼
英題:THE SWINDLERS

7月7日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式HP:
http://klockworx-asia.com/swindlers/


詐欺師だけをダマす、”詐欺師アベンジャーズ” 5人と
“エリート検事”による予測不可能ケイパームービー!

駆け引きと裏切りの連続に大どんでん返しが待ち受ける、
愉快・痛快・爽快の犯罪アクション・エンターテイメント!

物語・・・
韓国を驚かせた希代の詐欺師 チャン・ドゥチルが死亡したというニュースが発表された。しかし、彼がまだ生きているという噂とともに、彼を保護した権力者たちが意図的に逃がしたという臆測が出回り始める。詐欺師だけを騙す詐欺師ジソンは、チャン・ドゥチルがまだ生きていると確信し、事件の担当検事パク・ヒスに、彼を捕まえようと提案する。パク検事の非公式捜査ルートである詐欺師3人組、コ・ソクトン、チュンジャ、キム課長も合流して、行方をくらましたチャン・ドゥチルの補佐役クァク・スンゴンに接近するため、新しい作戦を立て始める。しかし、パク検事はチャン・ドゥチル検挙ではなく、別の目的のためにひそかに違う作戦を立てる。これに気づいたジソンと他の詐欺師たちも互いにダマされないため、それぞれの計画を立て始めるが…。

***********************************

監督:チャン・チャンウォン
出演:ヒョンビン『コンフィデンシャル/共助』『王の涙-イ・サンの決断-』、ユ・ジテ『オールド・ボーイ』、ペ・ソンウ『ベテラン』、パク・ソンウン『新しき世界』、ナナ「グッド・ワイフ」 
2017年/韓国公開11月22日/116分/配給:クロックワークス
© 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.