「韓流」カテゴリーアーカイブ

白石和彌監督、真山仁、歌広場淳 ら各界著名人より絶賛コメント!『ザ・キング』


映画情報どっとこむ ralph “やられたら、やり返す!それが政治理念だ!”をモットーに1%の成功者になるため翻弄される若き検事の成り上がりの人生を描き、そのセンセーショナルな内容が話題を呼んで、韓国で観客動員530万人をこえる大ヒットを記録した『ザ・キング』が、3月10日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開となります!

この度、「おじさん図鑑」で人気のイラストレーター・なかむらるみさんが本作に登場する主人公たちを独特のタッチで描いた書下ろしイラストと、公開に先駆けて本作を鑑賞した白石和彌監督や、小説家の真山仁さん、ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさん、ゴールデンボンバーの歌広場淳さんら各界著名人より絶賛の声が到着、解禁となりました!


今回、「おじさん図鑑」(小学館)、「おじさん追跡日記」(文藝春秋)など、綿密な人間観察と味わい深いイラストで人気のなかむらるみさんが描いたのは、本作の主人公で新人検事パク・テス(チョ・インソン)、権力者の検事部長ガンシク(チョン・ウソン)、さらに上司に絶対服従のドンチョル(ペ・ソンウ)の“悪に染まる検事三人組”の面々が並んで不器用なダンスをする一コマ。劇中のバブリーなダンスも話題となっている三人の可笑しみを感じられるイラストで、それぞれのキャラクターのおススメポイントも添えられている。

映画情報どっとこむ ralph さらに、本作を公開に先駆けて鑑賞した各界著名人のコメントも続々到着。『彼女がその名を知らない鳥たち』『凶悪』の白石和彌監督は「韓国現代史の裏で繰り広げられる超ハイカロリーパワーゲーム。やりたいこと全部やってる感が凄い。ていうか羨ましい。権力の闇を描くこの映画は韓国以上に日本にこそ必要な映画だ」と絶賛!

またゴールデンボンバーの歌広場淳さんは「おい、俺たちの大好物が来たぞ!“やられたらやり返す…倍返しだ!”が口グセの男に夢中になった人は全員集合だ!!!」と鑑賞後の興奮が伝わるコメントを寄せるなど、各界著名人のコメントも要チェック!

現在、平昌五輪開催中で注目集まる韓国の「今」につながる激動の時代が垣間見られるエンターテイメント快作!劇場でどうぞお見逃しなく。

映画情報どっとこむ ralph ★各界著名人から絶賛の声続々!(順不同・敬称略

白石和彌 (映画監督)
韓国現代史の裏で繰り広げられる超ハイカロリーパワーゲーム。やりたいこと全部やってる感が凄い。ていうか羨ましい。権力の闇を描くこの映画は韓国以上に日本にこそ必要な映画だ。

真山仁(小説家)
政治とは暴力だ――と看破したマックス・ヴェーバーの至言が、艶やかに壮絶に浮かび上がる権力エンターテインメントは、危険すぎて観る者全てを虜にするだろう。

モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)
まさに「ポピュリズム」を利用する権力。気づけば引き込まれていく大衆心理を巧みに操る様は、現代社会と照らし合わさずにはいられない。

塚越健司(情報社会学者)
自分に嘘をつき、信じたい事だけを信じる男たち。その悪徳の限りを、娯楽と韓国的な道徳を交えて描く稀有な作品。

葉真中顕(作家)
韓国政治の裏で蠢く悪徳検事たち。正義は誰によってつくられるのか。〝民主主義の死と再生〟を目撃せよ!

ジュリアナクィーン荒木師匠(荒木久美子)
主人公は表、親友は裏それぞれの社会での活躍から華やかさとダークな部分の対比。冷や冷やしながら観ていましたが最後の計画が痛快。 韓国美女も抜群のスタイルで花を添えていてそれも良かったです。

金慶珠(東海大学教授)
ダンディな男たちの仁義なき闘いの記録。韓国社会のリアルな実像、そして人間社会の本性を優雅に暴くこの映画は、内部告発者の声なき悲鳴に覆われている。

恩納力(AbemaTV)
プライドを捨てろ!権力に寄り添え!」毎日、朝礼で言われたい。全社メールで送って欲しい。全国にいる社畜の仲間達よ、『ザ・キング』を観て、出世競争を勝ち抜きましょう。

郷原信郎(弁護士)
戦前の日本と同様に、刑事事件の捜査と起訴の権限が集中する検察での「権力と欲望の暴走」の恐ろしさをリアルに描く力作。

歌広場淳(ゴールデンボンバー)
おい、俺たちの大好物が来たぞ!
「やられたらやり返す…倍返しだ!」が口グセの男に夢中になった人は全員集合だ!!!

映画情報どっとこむ ralph 本作は1980年から2010年にわたる激動の韓国現代史を背景に、国家という巨大ピラミッドに蔓延する理不尽なパワハラや大統領選挙の裏で活発化するスリリングな駆け引きを実話さながらに描きあげたスタイリッシュなクライム・エンタテインメント。歴代の大統領選の裏に蠢く金と権力のために動いた検事たちの物語は、情報操作やイメージ戦略、時にはヤクザさえも利用し、まさに悪のバイブルかのごとき、政治の非道さを描き出す。

ザ・キング

2018年3月10日(土) シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

公式HP:
http://theking.jp/

プライドを捨てろ!権力に寄り添え!!若き検事の成り上がり人生!!
ケンカ好きの貧しい青年だったパク・テス(チョ・インソン)は、暴力ではなく権力で悪を制する検事に憧れ、猛勉強の末に夢を実現、新人検事として地方都市で多忙な日々を始める。だが、ある事件をきっかけにソウル中央地検のエリート部長ガンシク(チョン・ウソン)と出会い、平穏だった人生は激変。富も名声も手にしたガンシクは、他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだ“1%の成功者”だった。正義の仮面の下に隠された正体を知ったテスは、次第に悪の魅力に染まっていく。だが、制裁の刃はすぐそこまで迫って いた……。

***********************************

監督:ハン・ジェリム『観相師―かんそうし―』

出演:
チョ・インソン「大丈夫、愛だ」 
チョン・ウソン『アシュラ』 
ペ・ソンウ『インサイダーズ/内部者たち』 
リュ・ジュンヨル「恋のスケッチ ~応答せよ1988~」
© 2017NEXT ENTERTAINMENT WORLD & WOOJOO FILM All Rights Reserved.


イ・ビョンホンの演技に子役が思わず涙!映画『エターナル』撮影秘話公開


映画情報どっとこむ ralph ハリウッド俳優のイ・ビョンホン主演最新作『エターナル』が2018年2月16日(金)にTOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開の運びとなりました。

「10年ぶりに素晴らしい小説を読んだかのような、心に響く作品」

とイ・ビョンホン自身が脚本にほれ込んだ本作。その衝撃的なラストは本年度ナンバーワン・サスペンス映画と呼ばれるほどだ。
本作で長編映画デビューとなるイ・ジュヨン監督は、広告界で築いた演出力と語り手としての優れた能力、さらに「オアシス」や「シークレット・サンシャイン」の名匠イ・チャンドンの監修のもとで本作の脚本を書き上げた。そんな監督から撮影時にイ・ビョンホンの凄さを改めて感じさせるエピソードを話してくれた。

劇中でイ・ビョンホンが息子に別れの挨拶をするシーン、撮影時イ・ビョンホンのあまりにもリアルすぎる演技に別れの挨拶をされた息子役の子が思わず悲しみのあまり泣き出してしまい、これには監督もとても驚かされたそう。

脚本では当初、息子役の子は泣く予定ではなく、そのせいで撮影スケジュールが押してしまったのこと。

改めて彼の役者としての凄さを再認識させてくれるエピソードだ。また予算が比較的限られた中で撮影のほとんどがオーストラリアでの海外撮影ということもあり、オーストラリアでの滞在中は休みなく毎日撮影していたようで、これにはさすがのイ・ビョンホンも「テレビドラマより大変だ」と漏らしていたそう。

しかしいざ撮影が始まると「ものすごい集中力で演技をして、私とスタッフみんな、期待以上の熱演に感心しました」とハリウッドの大作映画にも数多く出演する彼のプロフェッショナルな一面に、過酷な撮影スケジュールの中にあっても監督は尊敬の念を持って撮影を進めていったようだ。出演シーンが映画全体の9割にも及ぶなか台詞はごく僅かで、その静かなる感情表現で言葉以上に観客の心を揺さぶる演技を見せている。近年演じてきた悪の魅力や激闘アクションを完全封印し、複雑な感情を言葉ではなく表情や視線に映し出し、高い演技力と幅広い表現力をあらためて立証した。

監督は「イ・ビョンホンさんのおかげで作られた映画といっても過言ではありません」と最大限の賛辞を贈った。

映画情報どっとこむ ralph 映画『エターナル』

は2018年2月16日(金)、TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー
物語・・・
証券会社で支店長を務めるカン・ジェフン(イ・ビョンホン)は、オーストラリアに住む妻スジン(コン・ヒョジン)と息子と離れて暮らしている。安定した職と家族にも恵まれ、それなりに成功した人生を送っていたが、不良債権事件によりジェフンはすべてを失う。失意の中、ジェフンは家族との約束を果たすためオーストラリアへと向かうが、やっと会えた妻と子にはオーストラリア人男性の影がちらついていた。ショックを受けたジェフンは、密かにその場を去り、妻子たちの秘密を探り始める。

***********************************

監督・脚本:イ・ジュヨン
出演:イ・ビョンホン(「マスター」「マグニフィセント・セブン」) コン・ヒョジン(「大丈夫、愛だ」)、アン・ソヒ(「新感染 ファイナル・エクスプレス」)    
韓国 / 2017年/ 原題:「SINGLE RIDER」
上映時間 : 97分
配給:ハーク
©2017 WARNER BROS PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED


単館系映画『悪女/AKUJO』異例の4DXでも上映決定!!


映画情報どっとこむ ralph スタイリッシュ・ヒロインアクション映画『悪女/AKUJO』が、2月10日(土)より角川シネマ新宿ほかにてロードショーとなります。

本作は昨年の第70回カンヌ国際映画祭公式招待作品として、ミッドナイト・スクリーニング部門にて上映され話題沸騰。

その後、世界144ヶ国に配給・販売(2018年1月19日時点)されているもの。

映画公開を直前に控え、4DXでの上映が決定しました!


映画情報どっとこむ ralph 「4DX」は、様々な特殊効果で映画の中に入り込んだような体験ができるアトラクションスタイルの映画上映システム。映画のシーンに連動してシートが前後上下左右に動き、背中への衝撃、風や水が噴き出すなど10以上の演出が楽しめる。

国家組織直属の女殺し屋の余りにも激しい戦いを革新的なカメラワークで描き、アクション映画表現の限界を突破したともいえる本作では、FPS(主観映像撮影)ゲームを思わせる壮絶殴り込みシーンや、自分が突入したような臨場感の激しいバイクチェイス、機関銃と拳銃を使い分けた銃撃戦などのみならず、登場人物がたびたび血しぶきを浴びるような韓国映画ならではともいえる激しい場面もあり、非常に4DX向けといえる作品。
4DX上映が決定したのは、関西の109シネマズHAT神戸、109シネマズ大阪エキスポシティ 2スクリーン(2月1日時点)。
数は限られますが、全国18館での上映スタートとなるこの公開規模の作品で4DX上映が実現するのは非常に珍しいので、近隣の人はぜひ。
で、SNS等で感想を!

映画情報どっとこむ ralph 悪女/AKUJO

公式HP:
akujo-movie.jp
公式Twitter:
@akujo_movie


物語・・・

史上最強の女殺し屋。最後の暗殺ターゲットは、最愛だった人―。

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、国家組織に拘束されてしまい、政府直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり――

***********************************

監督:チョン・ビョンギル『殺人の告白』

出演:キム・オクビン、シン・ハギュン、ソンジュン、キム・ソヒョン

原題:THE VILLAINESS/悪女
2017/韓国/カラー/R15+
提供:カルチュア・パブリッシャーズ
配給:KADOKAWA
© 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.


イ・ビョンホン『エターナル』鶴見慎吾・坂本冬美コメント!


映画情報どっとこむ ralph ハリウッド俳優のイ・ビョンホン主演最新作『エターナル』が2018年2月16日(金)にTOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開のとなります。そしてこの度、新ポスタービジュアルが解禁。

イ・ビョンホン演じる主人公ジェフンが神妙な面持ちでバスの座席に座る表情がアップで切り取られ、下には妻役のコン・ヒョジンの不安げな表情が浮かび、「映画史上に残る衝撃のラスト―-」というコピーが添えられており、静かで緊迫感の漂う印象に仕上がりとなっている。

映画情報どっとこむ ralph 併せて・・・

日本でも公開されヒットした『密偵』でイ・ビョンホンと共演した鶴見辰吾さん、イ・ビョンホンの大ファンであることを公言している坂本冬美さんから絶賛コメントが到着しました。

鶴見辰吾(俳優)
泣くまいと思って観てたのに泣いてしまった。悔しい。イ・ビョンホンの哀愁漂う演技が痺れる。こんな映画に出てみたい。

坂本冬美(歌手)
格好よくないイ・ビョンホン。そして何という悲しい結末! ビョン様の寂しく切ない目が、私の心に焼きついています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『エターナル
原題:「SINGLE RIDER

は2018年2月16日(金)、TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー
物語・・・
証券会社で支店長を務めるカン・ジェフン(イ・ビョンホン)は、オーストラリアに住む妻スジン(コン・ヒョジン)と息子と離れて暮らしている。安定した職と家族にも恵まれ、それなりに成功した人生を送っていたが、不良債権事件によりジェフンはすべてを失う。失意の中、ジェフンは家族との約束を果たすためオーストラリアへと向かうが、やっと会えた妻と子にはオーストラリア人男性の影がちらついていた。ショックを受けたジェフンは、密かにその場を去り、妻子たちの秘密を探り始める。

***********************************

監督・脚本:イ・ジュヨン
出演:イ・ビョンホン(「マスター」「マグニフィセント・セブン」) コン・ヒョジン(「大丈夫、愛だ」)、アン・ソヒ(「新感染 ファイナル・エクスプレス」)    
韓国 / 2017年/ / 上映時間 : 97分
配給:ハーク 
©2017 WARNER BROS PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED


ソン・ガンホ『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』予告編&メインビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 最後の10秒、涙を誘うソン・ガンホに注目!

第90回米アカデミー賞外国語映画賞 韓国代表として出品の快挙!韓 国観客動員1,200万人突破!2017年韓国No.1大ヒット作『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』が、4月21日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。

第38回⻘龍映画賞で最優秀作品賞、主演男優賞、音楽賞、最多観客賞を受賞したほか、第90回米アカ デミー賞外国語映画賞 韓国代表出品、さらにアジア全域版アカデミー賞にあたる第12回アジア・フィルム・アワード では、ユ・ヘジンが助演男優賞にノミネートされるなど、賞レースを席巻している本作。本国では『新感染 ファイナル・ エクスプレス』の興行成績を上回り、歴代9位(※韓国映画として)!映画批評サイト「ロッテントマト」では脅威の 95%!(18.1月現在)韓国動員1,200万人突破の2017年No.1大ヒット作として、世界でも話題のメガヒッ ト作がついに日本上陸です!

本作は、1980年5月。

韓国現代史上、最大の悲劇となった光州事件を題材にし、真実を追い求めたひとりの ドイツ人記者と彼を乗せたタクシー運転手の物語。軍事独裁政権の物々しい言論統制をくぐり抜け、光州を取材し、 全世界に5.18光州事件の実情を伝えた故・ユルゲン・ヒンツペーター氏と、その彼をタクシーに乗せ、光州の中心部 に入った平凡な市⺠であり、後日、ヒンツペーターでさえその行方を知ることのできなかった故・キム・サボク氏、実在し た2人が肌で感じた”あの日”をコミカルかつシリアスに描いております。

映画情報どっとこむ ralph 11歳の娘を一人で育てる平凡なタクシー運転手マンソプ役は、韓国映画界の名優ソン・ガンホ。『王の運命 – 歴史を変えた八日間-』、『密偵』に続き、出演作が3回連続でアカデミー出品作に選ばれる快挙!また、ドイツ人 記者ピーター役には、『戦場のピアニスト』『ヒトラー 〜最期の12日間〜』といった名作から、『キャプテン・アメリカ/ ウィンター・ソルジャー』などのハリウッド大作まで幅広く活躍しているドイツの誇る名優トーマス・クレッチマン。マンソプと ピーターを助ける光州のタクシー運転手ファン氏役には、『鍵泥棒のメソッド』の韓国リメイク版『LUCK-KEY/ラッ キー』で唯一無二の存在感を放つユ・ヘジン、そして光州でピーターとマンソプの通訳を担当する大学生ジェシク役は、 韓国で社会現状になるほどの大人気ドラマ「恋のスケッチ〜応答せよ1988〜」でブレークし、『グローリーデイ』『奴隷 の島、消えた人々』など、今韓国で最も注目を浴びている若手実力派リュ・ジュンヨルと豪華キャストが集結。ここに、 『義兄弟〜SECRET REUNION』『高地戦』のチャン・フン監督の演出が加わり、最後まで自分の信念を貫き通し た“あの日”をドラマチックな感動で包み込みます。

そして、この度、本作の予告編が解禁!


ソウルタワーが見渡せる1980年ソウルの風景が広がり、主人公・タクシー 運転手のマンソプがドイツ人記者ピーターに出会い、たどたどしい英語で「レッツゴー!クァンジュ!」と、光州行きのタ クシーに乗せるところから始まる。そして光州に到着したマンソプとピーターは、成り行きで通訳をすることになる大学生 ジェシク、光州で知り合ったタクシー運転手らと意気投合する様子をコミカルに描く。しかし突然の銃声が・・・・・。予告の後半は打って変わり、銃声が鳴り響き、人々が混沌とした光州事件の悲惨な様子を映し出す。そして肌で感じ た“光州事件”のその真実を伝えようとするピーターと彼を必ず乗せて帰ると誓ったマンソプ演じるソン・ガンホの熱演が 光る、ドラマチックな予告映像に仕上がっております!

映画情報どっとこむ ralph また、あわせて解禁されたメインビジュアルは、タクシーに乗って思いっきり笑顔をみせるマンソプ、ドイツ人記者ピー ター、光州で意気投合した大学生ジェシクと光州のタクシー運転手ファン氏の姿が。本国のSNS上では「ポスターの ソン・ガンホが笑えば笑うほど、悲しいストーリー」ということが話題になっていましたが、果たしてその真相は…!?笑 顔の先に待ち受けている”あの日” 。そして、最後、希望の光を浴びながら、”あの日”の目撃者になってくれません か?桜舞い散る4月、感動の大傑作を是非ご期待くださいませ!!!!!

映画『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜

2018.4.21(土)より、シネマート新宿ほか全国へ出発!

公式HP:
taxi-driver/

物語・・・
ソウルのタクシー運転手マンソプは「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」という言葉につられ、ドイツ人記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま一路、光州を目指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に入る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの言葉に耳を貸さず、ピーターは大学生のジェシクとファン運転手の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1人で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

***********************************


監督:チャン・フン『義兄弟~SECRET REUNION~』『高地戦』
出演:ソン・ガンホ(『密偵』『王の運命 -歴史を変えた八日間-』)、
トーマス・クレッチマン(『戦場のピアニスト』『ヒトラー ~最期の12日間~』、
ユ・ヘジン(『コンフィデンシャル/共助』『LUCK-KEY/ラッキー』)、
リュ・ジュンヨル(『グローリーデイ』『奴隷の島、消えた人々』)

2017年/韓国/137分/カラー/シネスコ/5.1ch/レイティング:G/原題:택시운전사/配給:クロックワークス/提供:クロックワークス・博報堂DYミュージック&ピクチャーズ

© 2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.