「青春」カテゴリーアーカイブ

甲斐翔真『写真甲子園 0.5秒の夏』全国公開することが決定!


映画情報どっとこむ ralph 知ってますか?全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」。

通称「写真甲子園」を映画化し、2017年11月、映画『写真甲子園 0.5秒の夏』が全国公開することが決定しました。

公開決定に伴い、ポスタービジュアルも解禁です!
本作は、夏の北海道東川町を舞台に、葛藤や挫折に直面しながらも、一枚の写真に青春のすべてを賭ける高校生たちの熱き姿を描いた青春ストーリーです。

日本一を目指し「写真甲子園」に出場する東京・桜ヶ丘学園写真部メンバーには、甲斐翔真、萩原利久、中川梨花。

一方、ライバルとなる大阪・関西学園写真部メンバーを演じるのは、笠 菜月、白波瀬海来、中田青渚。

ストーリーに重要なアクセントを与える“伝説の少女”役を、平祐奈が演じています!

映画情報どっとこむ ralph さらに関西学園写真部顧問役に秋野暢子、桜ヶ丘学園写真部顧問役に河相我聞を招くとともに、椅子工房の職人役に世界で活躍する千葉真一をキャスティングするなど、実力派俳優陣が集い、作品を盛り立てております。

実際の「写真甲子園」において大会審査委員長を担っている日本写真界の第一人者・写真家、立木義浩、映画「子ぎつねヘレン」の原作者としても知られる獣医師・エッセイスト・写真家の竹田津実も本人役にて特別出演を果たし、作品にさらなる厚みを与えております。

監督は、『ぼくらの七日間戦争』(88)、『早咲きの花』(06)など高い評価を得ている北海道出身の菅原浩志。オリジナル作品として、今回脚本も担当しております。そして主題歌と挿入歌を、北海道出身のアーティスト、大黒摩季が担当しております。

映画情報どっとこむ ralph 今を切り撮れ、一撃必撮!

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。

一方、東京の進学校である桜ヶ丘学園3年生の椿山翔太(甲斐翔真)は、たったひとりの写真部員。大学進学に写真は役に立たないと他の部員は辞め、廊下の隅で活動している状態だった。受験勉強に専念するよう執拗に校長(緒形幹太)に反対されながらも、今年の夏が最後のチャンスとなる写真甲子園に、翔太はどうしても出場したいと思っていた。唯一の理解者は、写真部顧問、高島 晃(河相我聞)だけ。しかし、写真甲子園は3人がひとチーム。翔太は、受験勉強に必死な幼なじみの中野大輝(萩原利久)と、ボランティア部に所属している後輩の霧島絢香(中川梨花)に頼み込み、なんとかチームを結成する。
「写真甲子園」は、年に一度、夏の北海道東川町で開催され、全国から毎年500校以上の応募があり、その中から初戦、ブロック別審査会を勝ち抜いた精鋭18校のみが本戦に参加できる。

選抜18校が東川町に集結し、遂に全国高校写真部の頂点を争う熱き戦いの幕が切って落とされた。
大会中、夢叶や翔太のチームを次々と襲うトラブル。挫折や葛藤に心折れそうになったときに気づく仲間との絆。青春のすべてを賭けて必死にシャッターを切る選手たちは、「挑戦した人だけが見える世界」を目にすることができるのか、そして高校写真部日本一の行方は・・。

公式HP:
www.syakoumovie.jp

***********************************

笠 菜月 白波瀬海来 中田青渚 甲斐翔真 萩原利久 中川梨花
河相我聞 緒形幹太 平 祐奈
中西良太 金山一彦 小柳友貴美 宮崎秋人 北見敏之
立木義浩 竹田津実
千葉真一 秋野暢子
主題歌:大黒摩季「latitude ~明日が来るから~」(ビーイング)
挿入歌:大黒摩季 with Booooze「Zoom Up★」(ビーイング)

監督・脚本:菅原浩志
プロデューサー:作間清子/音楽:吉村龍太/撮影:上野彰吾/照明:赤津淳一/美術:長 寿恵/録音:室薗 剛/編集:時任賢三/助監督:桑原昌英/ヘアメイク:井川成子/ラインプロデューサー:原田文宏

製作:シネボイス
製作賛助:写真文化首都「写真の町」東川町/東川町写真甲子園実行委員会/東川町 写真甲子園映画化 支援協議会
配給:BS-TBS/宣伝:ニチホランド
【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP/117分】
(C)シネボイス   
     


舞台版スタート!で、気になる西野七瀬と⽩⽯⿇⾐の映画版『あさひなぐ』!


映画情報どっとこむ ralph 乃木坂46 舞台版『あさひなぐ』が齋藤飛鳥さん主演で絶賛上演中。5月30日には映画館への生中継(ライブビューイング)が行われます!

そして・・・

映画サイトとして気になるのは、西野七瀬と白石麻衣でおくる映画版『あさひなぐ』。


<注⽬ポイント①>
映画は3⽉にクランクインし、今秋全国公開。
主演は、主⼈公・東島旭(西野七瀬)。先輩役・宮路真春(みやじ・まはる) を白石麻衣が演じています。 映画版他キャストについては、今後発表!

<注⽬ポイント②>
⼥性の武術であり、美の競技と⾔われる“薙⼑(なぎなた)”にガチで挑む!
今や⽇本を代表するトップアイドル・乃⽊坂46が、⽇本の伝統的な武術である“薙⼑”に体当たりで挑み ます!⼥性の武術である“薙⼑”は、美しさを競う競技とも⾔われ、練習は過酷そのもの。アイドル活動 とのかけもちという厳しいスケジュールの中でも、懸命にそして真摯に“薙⼑”に向き合っていく彼⼥たちにご注⽬ください。

<注⽬ポイント③>
舞台版は演出家・板垣恭⼀が演出・脚本を 担当していますが!
映画は、『ハンサム★スーツ』(2008年)、『⾼校デビュー』(2011年)、『ヒロイン失格』(2015 年)などのヒット作品を⼿掛け、今年は『トリガール』の公開も控える英勉が監督・脚本を担当!別物になるのは必至!今から違いも楽しみです!


映画情報どっとこむ ralph ⻄野七瀬さん、⽩⽯⿇⾐ さんからのコメントもどうぞ!

主⼈公 東島旭 役:西野七瀬
原作を読んだ感想は、汗かいて頑張っている登場⼈物たちが格好よく、とても素敵だなと感じました。負けたくない、勝ち たいという気持ちの強いぶつかり合いに、読んでいてワクワクしました。 主⼈公の東島旭は、ちょっとどんくさくて 不器⽤で でも誰よりも努⼒の⼈で、真っすぐな⼈物。まだ今は不安が⼤きいで すが、そんな旭になれるように、まずは薙⼑の⽴ち振る舞いをしっかり練習し、演じきれるよう精⼀杯頑張ります。


宮路真春 役:白石麻衣
1、出演が決まって
また原作を読んだ感想 乃⽊坂46として「あさひなぐ」を実写化できることがとても嬉しかったです。そして何よりメンバーと⼀緒に作品を作れる ことが嬉しかったです。原作は、登場⼈物の⼀⼈⼀⼈が個性豊かに描かれている印象で、なぎなたに対しての熱い気持ちも まっすぐ伝わり、“なぎなた”について深く知りたいと強く思いました。

2、宮地真春を演じるにあたって
原作のことも意識してやっていきました。 なぎなたが強く、他の誰よりも“なぎなた愛”が溢れている⼈。とにかくかっこいいキャラクターなので憧れます。真春の かっこよさを、私らしさも出して演じられたらと思います。

3、初めて“なぎなた”をやってみて
とても難しかったです。最初⼿に取った時、できないかもと思ってしまいましたが、先⽣⽅の熱⼼なご指導と練習も重ねた ので、撮影のときには楽しいと思えるぐらいになりました。 “なぎなた”はあまり知られていないので、このきっかけにもっと知ってもらいたいと思います。

4、ファンの⽅へメッセージ
原作がとても⾯⽩いし、私たちの“なぎなた”をやってる姿や⼀⼈⼀⼈のキャラクターが個性豊かで熱いストーリーになって います。「あさひなぐ」を知らない⽅や“なぎなた”を知らない⽅、乃⽊坂46ファンではない⽅々など、いろんな⽅に⾒ても らいたいです。 “なぎなた” 、そして⻘春ってかっこいいんだというところを⾒てもらえるよう頑張ります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『あさひなぐ

9⽉22⽇より全国公開です!
ストーリー・・・
主⼈公は、⼆ツ坂⾼校⼀年、東島旭(とうじま・あさひ)。中学まで美術部だった旭は、「薙⼑は⾼校部活界 のアメリカンドリーム!」という謳い⽂句に惹かれ、薙⼑部に⼊部する。圧倒的な強さを誇る憧れの先輩・宮路 真春(みやじ・まはる)、同じ⼀年⽣で剣道経験者の⼋⼗村将⼦(やそむら・しょうこ)、⻑⾝が悩みの紺野 さくら(こんの・さくら)ら、薙⼑部の仲間たちと共に過酷な練習の⽇々を送る。⽬指すはインターハイ全国 ⼤会!仲間達と⼒を合わせ、ライバルの出現や様々な困難に⽴ち向かっていく。

***********************************

原作:こざき亜⾐「あさひなぐ」(⼩学館・ビッグコミックスピリッツ連載中)

キャスト:西野七瀬 白石麻衣 ほか

監督・脚本:英勉
制作プロダクション:ROBOT
配給:東宝映像事業部
(C)2017こざき亜⾐・⼩学館/映画「あさひなぐ」製作委員会


今度の『映画 中二病でも恋がしたい!』駆け落ち逃走劇!


映画情報どっとこむ ralph 邪王真眼、再降臨

「中二病でも恋がしたい!」「小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜」 「中二病でも恋がしたい!戀」に続く物語を、石原立也、花田十輝、池田和美らメイン スタッフが再集結して描く完全新作映画、2018年1月6日全国劇場公開です!!

かつて、邪王真眼とダークフレイムマスターが邂逅し、暗黒神話が紡がれた。 そしてすべては神々の祝福を以て終焉を迎えた――はずだった。

だがしかし、暗黒神話には続きが存在した。

それは二人を引き裂く危機(クライシス) それは若さゆえの逃走劇(エクソダス) 追い求めるは安息の地・幻想郷(ザナドゥ)

刮目せよ。 語られるは、隠匿されし暗黒神話の最終章(カタストロフィ)。


映画情報どっとこむ ralph あらすじ

「十八歳。高校最後の年。なのに六花は……まだ中二病だった」

大学受験も見えてきた高校三年間近の春休み。
相も変わらず富樫勇太は小鳥遊六花と共同生活をしていた。 しかし未だ上位契約も結べていない様子。 そんなある日、姉の十花が六花をイタリアに連れて行くと宣言する。仕事も安定したので、家族で移住すると言うのだ。

焦る勇太だったが、大学進学も危うい六花をこのままにしてはおけない、という十花の意見はもっともだった。 このままでは二人が引き裂かれてしまう。心配した丹生谷らいつものメンバーから、勇太はなんと〝駆け落ち〟を提案される。 こうして、日本全国を舞台にした二人の逃走劇が、今始まるのだった。

映画情報どっとこむ ralph 前売り券情報 描き下ろしイラスト使用クリアファイル付きチケット
6月17日(土)より劇場にて販売
価格:1,500 円(税込)
特典:クリアファイル(ランダム全 4 種)


公式 HP
www.anime-chu-2.com

公式 Twitter
@anime_chu_2

***********************************

キャスト
富樫勇太:福山 潤 小鳥遊六花:内田真礼 丹生谷森夏:赤﨑千夏 五月七日くみん:浅倉杏美 凸守早苗:上坂すみれ

スタッフ
原作:虎虎(KA エスマ文庫/京都アニメーション)
監督:石原立也
脚本:花田十輝
キャラクターデザイン:池田和美
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:竹田明代
設定:髙橋博行
撮影監督:浦 彰宏
3D 監督 :山本 倫
音響監督:鶴岡陽太
音楽:虹音
主題歌アーティスト:ZAQ
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:中二病でも製作委員会
配給:松竹
©虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会


『世界にひとつの金メダル』欅坂46の菅井様からコメント! 学生応援割引も


映画情報どっとこむ ralph 伝説の選手〈ライダー〉ピエール・デュランと、人間を信じない競技馬・ジャップルーとの奇跡の出会いがもたらした感動の実話を基に、映画的な解釈を加え、エンターテイ ンメントとして完成された『世界にひとつの金メダル』(原題:Jappeloup)は、本国フランスで 200 万人が涙し大ヒットを記録。
日本では6 月 17 日(土)より YEBISU GARDEN CINEMA、シネマート新宿ほか全国順次公開となります。

そして、これを記念して、この度、 【未来の金メダリスト応援割引キャンペーン】を実施することが決まりました!

また、馬術競技の歴代五輪日本代表、各界の著名人の方からより、本作への熱烈な応援コメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph ★ 歴代五輪日本代表 &各界 からの応援コメント !!!

日本馬術連盟
ストーリーや人と馬との絆、リアリティのある競技シーンなどみどころが満載で、オリンピックのシー ンでは、その迫力と規模感に圧倒されました。およそ 30 年前の設定でしたが、騎乗スタイルや馬具など が忠実に再現されており、当時を知っている者は「あの頃はこうだった」と懐かしさを覚え、 当時を知 らない世代にはちょっとした歴史や 30 年間の変化・進歩を知る良い機会となりました。選手の立場、選 手をサポートする立場、馬術ファンの立場……と、 どの視点からも興味深く、共感をもって観ることが できる映画です。 馬術に触れたことのない方々にも、ぜひ観ていただき、人と馬とが力を合わせて挑戦する《馬術》 とい うスポーツの魅力や奥深さを味わっていただければと思います。

武田麗子さん(馬術選手) ロンドン五輪(12)、リオデジャネイロ五輪(16)日本代表
唯一動物と共に戦うスポーツ、 馬術競技は馬と選手の間の大きな愛情、 信頼など、乗る技術だけでは争え ない特別なスポーツ。 動物好きな私が馬術競技に魅了され今までやってきているのは、 やはり馬との特別な 関係性を築きあげ共に戦うのが好きだから。 乗るだけでなく、馬との関係性がいかに重要か、 この映画でと ても上手に描写されていると感じさせられました。 物語のストーリーはもちろん、 役者のギョーム・カネが スタント無しで自ら馬に乗り、 障害を飛び、ピエール・デュラン役を演じたのには驚きでしたし、 試合での シーンはリアリティがあり、 どういう風に撮影が行われたのか現場を見てみたかったととても興味が湧きまし た。 この映画を通じて、少しでも多くの日本の方々に 馬術という競技に感心を持って頂けたら嬉しいなと思 いました。

中野善弘さん(馬術選手)
ロサンゼルス五輪(84)、ソウル五輪(88)、アトランタ五輪(96)日本代表/バルセロナ五輪(92)出場権獲得
ロスでは大失敗し、ソウル金メダルという素晴らしい成果を上げたのは彼の努力の賜物です。その葛藤 は、映画を見ていただいたらわかると思います。 それまでの彼の人生観をぜひ将来のあるジュニアの人 たちにも見ていただきたいと思います。感動間違いなしです。

小牧加矢太さん(馬術選手)
自分の結果が悪かったり上手くいかなかった時に、独りよがりになって落ち込んでしまう時もあるけ ど、この馬術というスポーツはもちろん自分だけでなく人と馬がいて、その馬に携わる様々な人、馬に支 えられて成り立つスポーツなんだなと、この映画を見て、改めて痛感させられました。とりあえず感動し 過ぎて珍しく涙腺が崩壊
してしまいました。俳優さんもすごく上手かったです!

映画情報どっとこむ ralph 菅井友香さん(欅坂46)
動物と一緒に挑む競技だからこその難しさ、 大変さがリアルに描かれています。 馬術競技を通して人 間的に成長する姿に心打たれました! メダル獲得の陰には、両親や奥さんなど、励まし、 支えてくれる 大きな理解者の協力があってこそだという事に 感銘を受けました。

綾戸智恵さん(ジャズシンガー)
人間特有の親子の確執。 キャリア無しの馬とキャリア捨った男が正味頑張って! とった!金や。 そのメダルは父との絆があったからと気づく。 「頑張る」を疑問する今の時代、この映 画が答え?かな。 頑張るで!

安藤優子さん(ニュースキャスター)
馬だけでなく、生き物と共に生きることの素晴らしさを 余すことなく描き切った作品。人間の弱さや 傲慢さを 馬という生き物が育て上げてくれる過程に、 ホントそうなんだよね、と深く共感しました。

映画情報どっとこむ ralph 歴代五輪代表も大絶賛 !! “未来の金メダリスト応援” 割引キャンペーン 学生料金 1000 円に!!

★未来の金メダリスト応援割引キャンペーン!!! 学生(高校生・大学生)の方は、キャンペーン対象劇場の窓口で学生証を提示いただきますと学 生料金 1000 円にてご覧いただけます。

対象劇場:YEBISU GARDEN CINEMA、シネマート新宿、横浜シネマリン、川崎チネチッタ、名演小劇場 他 ※対象館の詳細は『世界にひとつの金メダル』の公式 HP でご確認頂くか、上映劇場にお問合せください。

<注意事項> ・インターネット販売、オンラインチケットではご利用できません。 ・前売券をご購入された方は対象外となります。 ・他の割引との併用は不可となります。 ・劇場によって、一部ご利用いただけない座席がございます。 ・高校生料金 1,000 円の劇場は大学生のみ適応となります。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
フランスが愛した伝説の選手 ライダー と、知られざる名馬から生まれた真実のストーリー 1980 年代初頭、フランス。子供のころより父セルジュの指導の下で障害飛越競技に打ち込んできたピエー ル・デュラン。彼は大人になり父の期待から逃れるように都市で弁護士の道を歩み始める。だが、幼い日 の情熱をあきらめることができずキャリアを捨て、再び選手<ライダー>を目指すことに。一方で、誰か らも期待されず人間を一切信じない若馬ジャップルー。小柄で気性が荒くて欠点だらけ。だが、この若馬 ジャップルーは高い跳躍力と才能を秘めていた。ピエールはジャップルーをパートナーとして走ることを 選び、父セルジュとともに鍛錬の日々が始まる――。
Jappeloup

【イントロダクション】
フランスで 200 万人が涙し大ヒットを記録した、エリート弁護士を辞め選手<ライダー>としてオリン ピックを目指した男と人間を信じない競技馬と、それを見守る家族の挫折と栄光を描いた感動の<実話 >。度重なる挫折や逆境が彼らを襲うが、彼らは深い絆で結ばれ成長していく。夢への再チャレンジと、 家族の深い愛情と絆を描いた【人生】の物語だ。『ザ・ビーチ』『ヴィドック』のギョーム・カネが脚本・ 主演に挑戦し、本物の選手<ライダー>さながらのダイナミックさと臨場感とスター性で魅了する。セザ ール賞、リュミエール賞、ケベック映画賞などを受賞し、モントリオール国際映画祭正式出品して話題と なった。動物愛、家族愛、夫婦愛、それぞれの信頼が織りなす「絆」と愛ゆえの「確執」。競技ならでは の過酷な世界で夢をあきらめずに挑み続ける情熱、実話から生まれた愛と再起の感動の物語だ。製作費 35 億円を超える超大作は、ロサンゼルス、ソウルと二つのオリンピックを完全再現し、壮大なスペクタクル でクライマックスを熱狂的に盛り上げる。

この映画に関わるスタッフ・キャストが皆“馬術”の世界に魅了され、自分自身の人生との繋がりを感じ、 並々ならぬ想いで映画化しました。

***********************************

監督:クリスチャン・デュゲイ
脚本・翻案・台詞 ギョーム・カネ
出演:ギョーム・カネ/マリナ・ハンズ/ダニエル・オートゥイユ/ ドナルド・サザーランド
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ フランセ日本
協力:ユニフランス 日本馬術連盟 全国乗馬倶楽部振興協会
特別協力:乗馬サロン ピアッフェ
提供:パラディソ
配給:レスペ 宣伝:ブリッジヘッド/ブラウニー

© 2013 – ACAJOU FILMS – PATHÉ PRODUCTION – ORANGE STUDIO – TF1 FILMS PRODUCTION – CANÉO FILMS – SCOPE PICTURES – CD FILMS JAPPELOUP INC.


『帝一の國』クリープハイプ「イト」のMV映画コラボVer公開に!


映画情報どっとこむ ralph 古屋兎丸先生の『帝一の國』。
美麗な作画と異色の物語は、2014年には舞台化され、本年度待望の映画化。

菅田将暉主演で4月29日(土)に公開した本作は、観客動員113万人、興行収入14.2億円を突破し、現在、大ヒット上映中です。

そして!

エンドロールで、クリープハイプが歌う主題歌「イト」に乗せ、ヒロインを演じた永野芽郁が踊る「美美子ダンス」が大きな話題になる中、先日、その「美美子ダンス」の特別版がYouTubeにて新たに公開され、3日間も経たないうちに50万回再生を突破。キュレーションサイトやSNSなどでも、“可愛すぎる”と大きな反響を呼んでいます。

そんな映画の大ヒットと「美美子ダンス特別版」50万回再生突破を記念し、劇中の名シーンを使用した、クリープハイプ「イト」のMUSIC VIDEO映画コラボVerが新たに制作され、本日、YouTubeのUNIVERSAL MUSIC JAPAN公式チャンネルより公開されました。

公式チャンネル

編集を務めたのはファッションブランド「DIGAWELL」のブランドムービーや、数々のアーティストのミュージックビデオを手がける新進気鋭の映像作家である芳賀陽平。
まだ映画を観ていない方はもちろん、すでに映画を観た方も、これを見てまた劇場に足を運びたくなる熱い仕上がりになっているので、是非この機会にチェックしてみてください。

映画情報どっとこむ ralph さらにコラボMVの解禁に合わせ、クリープハイプ「イト」の特設サイトが更新され、謎の男性の画像が、「イト」のジャケット写真に酷似したデザインでUPされています。一体この謎の男性の画像は何なのか。続報にご期待ください。

クリープハイプ「イト」特設サイト

帝一の國

全国東宝系にて大ヒット上映中

公式HP:
www.creephyp.com/ito

***********************************

菅田将暉 野村周平 竹内涼真 間宮祥太朗 志尊淳 千葉雄大 /永野芽郁 吉田鋼太郎

原作:古屋兎丸(集英社ジャンプコミックス)
監督:永井 聡
脚本:いずみ吉紘 音楽:渡邊 崇
製作:フジテレビジョン 集英社 東宝
©古屋兎丸/集英社 
©2017フジテレビジョン 集英社 東宝
©古屋兎丸/集英社