「青春」カテゴリーアーカイブ

名セリフとアクション、感動シーンが満載HiGH&LOW Special Trailer解禁!


映画情報どっとこむ ralph 待望の新作・映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」が、8月19日(土)より全国ロードショーになります!

先日、圧巻も登壇60人『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』完成披露プレミアを終えたばかりの本作


今回は。HiGH&LOW Special Trailerが解禁!

今作の名セリフとアクション、感動シーンが満載のロングトレーラーとなっています。


映画情報どっとこむ ralph さらに、その挿入歌が8月16日に配信決定!

挿入歌を歌うのは、世界的DJ・音楽プロデューサーである“Afrojack(アフロジャック)”が発掘しプロデュースする実力派ヴォーカリストValentine 彼のデビュー曲であり、今作の挿入歌なる「Valentine feat. Rui & Afrojack /Break into the Dark」の配信リリースが8月16日に決定!

Valentine Bio
オランダの音楽家庭に生まれ育った
1996年生まれの若きシンガーソングライター
7歳でギターとピアノを習い始め13歳の時にはAFROJACKにインスパイアされDJとしての活動も始める。
彼の憧れ、そして母国オランダの誇りでもあるAfrojackにその才能を見出される。

「自分が書いた曲を人が愛し、一緒に歌ってくれることが自分の人生最大の夢です。それが叶うまで努力を惜しまないつもりです。」


8月16日(水)配信スタート
Valentine feat. Rui & Afrojack
Break into the Dark
LDH MUSIC

iTunes

レコチョク

mu-mo

mora/ハイレゾ

mora/通常

AppleMusic

LINE MUSIC

Spotify

映画情報どっとこむ ralph 今回、一足お先に、END OF SKY本編観させていただきました!
ミュージックビデオのような疾走感のある映像とドラマの展開に、戦いのシーンやアクションシーン満載で正直疲れた・・・けれど。早く続編FINAL MISSIONが観たい!!!!ヤバいです。


映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY
8月19日(土)全国ロードショー!

映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」
11月11日(土)全国ロードショー!

ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会

***********************************

    


目指せ100リツイート!『写真甲子園 0.5秒の夏』Twitter写真コンテスト開催


映画情報どっとこむ ralph 全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」が映画化され、11月より映画『写真甲子園 0.5秒の夏』が全国公開となります。

第24回目の本戦が写真の町・北海道東川町で今年も7月に開催され、全国526校の初戦応募の中から勝ち抜いた代表18校が戦い抜き、「和歌山県立神島高等学校」が初優勝で幕を下したことは先日お伝えしたところ。

そして!
この度、映画公開を記念し、Twitter版「写真コンテスト」を開催する事が決定!

Twitter版「写真コンテスト」は、高校生に限らず、Twitterアカウントをお持ちの方であれば、どなたでも応募が可能となります。

テーマは、「ご当地自慢」

映画『写真甲子園 0.5秒の夏』は、全国写真部日本一を目指す高校生たちの熱き姿を描いた物語です。
Twitter版「写真コンテスト」でも、全国そして全世界からの参加を希望してのテーマとなっております!
応募いただいたテーマにそった写真が、100以上リツイートされた方の中から抽選で、「キヤノンEOS KISS X80 + レンズキット(EF-S18-55mm)」など豪華賞品をプレゼント致します。

2017年8月15日(火)より、コンテスト受付を開始いたしますので、沢山のご応募をお待ちしております。応募方法や期間など、映画『写真甲子園 0.5秒の夏』公開記念 Twitter版写真コンテスト概要は、次ページ目をご参照下さいませ。

映画情報どっとこむ ralph 【目指せ、100リツイート!映画『写真甲子園 0.5秒の夏』公開記念 Twitter版写真コンテスト概要】

【概要】
映画『写真甲子園 0.5秒の夏』公開を記念して、Twitter版写真コンテストを開催致します。
応募は高校生に限らず、Twitterアカウントをお持ちの方なからどなたでも参加可能です。

【期間】
2017年8月15日(火)0:00~10月15日(日)23:59まで
※「100リツイート」達成写真(画面)の送付は、10月15日(日)23:59まで有効

【Twitterテーマ】
“ご当地自慢”
※映画『写真甲子園 0.5秒の夏』は、全国写真部日本一を目指す高校生たちの熱き姿を描いた物語です。Twitter写真コンテントも、全国そして世界からの応募をお待ちしております。応募される皆様のご当地の素晴らしさを、写真で伝えて頂きたいと思います。

【応募条件】
◆ハッシュタグ「#映画写真甲子園11月公開」をつけて、テーマ「ご当地自慢」に沿った写真をTwitterに投稿してください。

◆投稿した写真が「100リツイート」を超えた場合、そのTwitterアカウントから「映画『写真甲子園 0.5秒の夏』公式Twitter」へ、投稿ツィートのリンク先・住所・お名前・電話番号及び「100リツイート」を達成したお写真(画面)を、TwitterよりDM(ダイレクトメッセージ)にて送付してください。
※「100リツイート」達成写真(画面)の送付は、10月15日(日)23:59まで有効

◆公序良俗に反していると事務局が判断した写真を除き、「100リツイート」達成のお写真(画面)を投稿いただいた方は、当選者候補とさせていただきます。
お一人様一回のプレゼントとさせていただきますので、ご了承下さい。

◆応募期間内の当選者の中から抽選で、3名様にキヤノンカメラ、5名様に
キャストサイン入り映画ポスター、50名様に映画鑑賞券をプレゼントさせていただきます。
(プレゼント内容)
A賞:キヤノンカメラ EOS KISS X80 + レンズキット(EF-S18-55mm) 3名様
※機種については、商品の都合により同等額の製品変更になる可能性がございます。
B賞:キャストサイン入り映画ポスター 5名様
C賞:映画鑑賞券  50名様

◆当選発表は、商品の発送を持って返させて。だそうです。

映画情報どっとこむ ralph 映画のご紹介!!!

今を切り撮れ、一撃必撮!

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。
一方、東京の進学校である桜ヶ丘学園3年生の椿山翔太(甲斐翔真)は、たったひとりの写真部員。大学進学に写真は役に立たないと他の部員は辞め、廊下の隅で活動している状態だった。受験勉強に専念するよう執拗に校長(緒形幹太)に反対されながらも、今年の夏が最後のチャンスとなる写真甲子園に、翔太はどうしても出場したいと思っていた。唯一の理解者は、写真部顧問、高島 晃(河相我聞)だけ。
しかし、写真甲子園は3人がひとチーム。
翔太は、受験勉強に必死な幼なじみの中野大輝(萩原利久)と、ボランティア部に所属している後輩の霧島絢香(中川梨花)に頼み込み、なんとかチームを結成する。

「写真甲子園」は、年に一度、夏の北海道東川町で開催され、全国から毎年500校以上の応募があり、その中から初戦、ブロック別審査会を勝ち抜いた精鋭18校のみが本戦に参加できる。
選抜18校が東川町に集結し、遂に全国高校写真部の頂点を争う熱き戦いの幕が切って落とされた。

大会中、夢叶や翔太のチームを次々と襲うトラブル。
挫折や葛藤に心折れそうになったときに気づく仲間との絆。
青春のすべてを賭けて必死にシャッターを切る選手たちは、「挑戦した人だけが見える世界」を目にすることができるのか、そして高校写真部日本一の行方は・・・。

映画『写真甲子園 0.5秒の夏
2017年11月全国順次公開
www.syakoumovie.jp

***********************************

笠 菜月 白波瀬海来 中田青渚 甲斐翔真 萩原利久 中川梨花
河相我聞 緒形幹太 平 祐奈
中西良太 金山一彦 小柳友貴美 宮崎秋人 北見敏之
立木義浩 竹田津実
千葉真一 秋野暢子
主題歌:大黒摩季「latitude ~明日が来るから~」(ビーイング)
挿入歌:大黒摩季 with Booooze「Zoom Up★」(ビーイング)

監督・脚本:菅原浩志
プロデューサー:作間清子/音楽:吉村龍太/撮影:上野彰吾/
照明:赤津淳一/美術:長 寿恵/録音:室薗 剛/編集:時任賢三/
助監督:桑原昌英/ヘアメイク:井川成子/ラインプロデューサー:原田文宏

製作:シネボイス
製作賛助:写真文化首都「写真の町」東川町/
東川町写真甲子園実行委員会/東川町 写真甲子園映画化 支援協議会
配給:BS-TBS/宣伝:ニチホランド
【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP/117分】
(C)シネボイス   


ユーチューバー アバンティーズ「スクールアウトサイダー」1日限定イベント上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 人気YouTubeクリエイター、アバンティーズ企画・出演、松本花奈監督の映画「スクールアウトサイダー」公開の詳細が決定!2017年8月31日(木)に丸の内ピカデリーにてイベント公開となります。舞台挨拶も行われ、そらちぃ/ エイジ/ リクヲ/ ツリメ/ (アバンティーズ)/ 勧修寺保都/ 小松もか/ 松本花奈 他が登壇する予定です。


予告編はアバンティーズ扮するA組メンバーと対立するシュン(勧修寺保都)を筆頭としたB組メンバーが登場。主題歌のシンガーソングライター・室井雅也の「TRANSPARENT GIRL」にのせておくる、疾走感溢れる仕上がりとなっている。チケット情報の詳細は下記に記載しているのでチェックしてほしい。

「スクールアウトサイダー」舞台挨拶付上映イベント
日時:2017年8月31日(木)
1公演目:10:00~12:00
2公演目:13:00~15:00
場所:
丸の内ピカデリー
※会場へのイベント内容に関するお問い合わせはご遠慮ください。
登壇:そらちぃ/ エイジ/ リクヲ/ ツリメ/ (アバンティーズ)/ 勧修寺保都/ 小松もか/ 松本花奈 他

チケット情報
2,000円(税込)別途、発券手数料等がかかります。

チケット販売スケジュール

<プレリザーブ>
受付期間:8/15(火)11:00~8/18(金)11:00
結果発表:8/18(金)18:00から順次発表
支払期限:8/21(月)23:30
※コンビニ決済有り

<一般受付>
8/19(土)10:00~8/30(水)23:59
※予定枚数に達し次第受付終了となります。
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
※販売受付開始時に対象ページがアップされます。

■あらすじ
ドがつくほどの田舎町。落ちこぼれのクラス「A組」の生徒であるそら・エイジ・ツリメ・リクヲは成績優秀の隣のクラス「B組」と対立している。B組の筆頭はそらの幼馴染である シュンという生徒だった。 ある日、美少女・百合が A組に転校してくる。浮き足立つ彼らだったが、その美しい姿からは予想できないツンケンとした態度に意気消沈する。しかし、ある時百合の本当の気持ちと秘密を知ったそらは彼女のためにある決意をする。その決意がB組をも動かし・・・。
@schooloutsider_
#スクールアウトサイダー

映画情報どっとこむ ralph アバンティーズプロフィール
埼玉県出身の 4 人グループ YouTuber。中学時代から動画投稿を始め、 チャンネル登録者 は60万人を超え、総視聴回数は2億回 を突ている。現在は”笑顔の発 電所”をモットーにそらちぃ、エイジ、ツリメ、リクヲの 4 人で活動。YouTube チャンネ ルでは、実験、やってみた系、ドッキリなどを動画にして配信。「クリスマスは誰に微笑 む」(全 3 話)「Oh!マイクラワールド!!」(全 3 話)「ペンは権より強し」(全3話)な ど、他にはないクオリティの高いドラマ作品も手掛けている。

YOUTUBEチャンネル:
https://www.youtube.com/user/avntisdouga
公式Twitter:
avntisdouga

***********************************

そらちぃ 小松もか 勧修寺保都
エイジ リクヲ ツリメ
三船海斗 津田恭佑 ひろみ(第2PK)他
はじめしゃちょー(特別出演) へきトラハウス(特別出演) さぁや(特別出演)

監督・脚本・編集:松本花奈
主題歌:室井雅也「TRANSPARENT GIRL」
制作プロダクション:株式会社LDS
プロデューサー:雨無麻友子
©2017アバンティーズ


懐かしい東映オマージュも 黒沢清監督×廣原暁監督『ポンチョに夜明け』トーク


映画情報どっとこむ ralph 青春ロードムービー『ポンチョに夜明けの風はらませて』が、10/28(土)より公開となります。

公開に先駆けて、シネマカリテで開催中の「カリコレ2017」にて本作の特別上映&廣原暁監督×黒沢清監督の恩師と教え子によるトークイベントが実現!「『世界グッドモーニング!!』を観た瞬間、“これはすごい人が現れた!”と、文句なく入学してもらいました」と、廣原監督の才能に太鼓判を押す黒沢監督は、教え子の最新作をどう観たのか!?

ポンチョに夜明けの風はらませて』黒沢清監督×廣原暁監督トークイベント
日時:8月12日(土)
会場:新宿シネマカリテ
登壇:廣原暁監督、黒沢清監督

映画情報どっとこむ ralph 廣原監督:今日はよろしくお願いします。

恩師の前で借りてきた猫のような監督。
黒沢監督:大学院の時に僕が先生で。今日2度目観て、だいぶ違う印象を受けました。そのあたりを聞いていきたいと思います。前回観たときはバカもほどほどにしておけばと思った青春映画。でも、今回見て青洲映画じゃないなと。物語は青春映画ですが・・戻っていくことが微塵もなく作ったんだろうなと。そう思えるのはキャスティングかなと。一人も高校生がいない。

因みにキャスティングは・・・ただなんとなく過ごしてしまった高校生活の最後に、勢いと成り行きで旅に出た男子3人の、ハチャメチャでどうしようもない、けれどどこか愛おしい旅を描いた青春ロードムービー。なにごとも直感で動き周りを騒ぎに巻き込む又八(太賀)。一流大学の受験に失敗したジン(中村蒼)。
心優しいとんかつ屋の息子、ジャンボ(矢本悠馬)。3人に置いてけぼりにされながら、又八と約束した卒業式ライブのためギター練習に励む中田(染谷将太)。
黒沢監督:普通は高校生ぐらいの年の中に一人20代でしょ。この大人たちが高校生として出てくるところで不吉を感じるね(笑)あえて?
作られてますよね。最近じゃ王道の高校生もの多いけど。それと真っ向違うのは狙い?

廣原監督:凄いフィクションにしたかったんです。鼻からキャストの人も大きく芝居してもらいましたし。自然な高校生にならないベクトルでやりたかったんですね。

黒沢監督:前半はバカバカしいことをやっていって、やりたい放題をウキウキ。中盤くらいからタッチが重くなって、辿り着いた感じがありますよね。そこから社会にドロップアウトする。前半と後半で タッチを変えたのは脚本の段階から?
廣原監督:最初、特別考えていたわけではなったんですけど。あの海のシーンから、なんとなく・・・・恥ずかしいんですけど・・・明日世界が終わるかもしれないというシーンにしたかったんです。

映画情報どっとこむ ralph 黒沢監督:前半は東映マークから始まって。。東映ポイ作品なんだなと。竹内力さんがプロデューサーで名前も出てくるし。1970年代 鈴木則文さんとか、不良番長。滅茶苦茶でも青春もの。高校生の名を借りて、大人が無茶する。
廣原監督:意識しました。トラック野郎とか鈴木則文監督八茶けてるのがよくて。

黒沢監督:やっぱり意識してたんだ。。くだらない下ネタ出るしね。なぜ70年代東映。竹内力さんとはあったの?

廣原監督:お会いしました。

黒沢監督:こういうものにお金を出して、プロデュースされて立派ですね。で、悲壮な感じな後半。がらりと変わって相米監督を感じがするよね。

廣原監督:狙ったつもりはなかったですが、うすすそうなるなと。台風クラブのシーンに向かっていきましたね。オマージュが上手じゃないので、あまり言わないようにしています。

黒沢監督:他に参考にしたのは?

廣原監督:群像劇。アルトマン監督。人が沢山。できる範囲で。漠然と参考にしてます。

黒沢監督:キャストは最初に決めていた

廣原監督:大賀さんは最初に決めてました、やりやすかったですね。お芝居が明確で、セリフも聞き取りやすくて気持ちがいいんです。太賀くんて時代からずれてる気がしていて。その良さをだしたかったんです。それでキャスティングしました。

黒沢監督:指示とかした?

廣原監督:太賀君にトラック野郎見てくれって。

黒沢監督:無茶苦茶な指示だな。確信犯なんだね、廣原は。
廣原監督:中村さんは東京難民を見て、ヤマト君はイケメン枠ではない・・・ちはやふるを観て。キャスティングしました。染谷君は・・・かねてからやりたくて。。。今回、特殊な役でスケジュールをずらせたので、空海の後。坊主が少し伸びて、そのままいい感じの髪形になってます。

黒沢監督:女性も強烈に印象に残る二人だよね。

廣原監督:佐津川さんとは、なんとなくお会いしたことがあって、女性のキャスティングが不安でした、女性の方はなぜ急にとか説明できないなと。でも二人とも、前向きにとらえてくれて。

黒沢監督:車が強烈。フロントガラスをたたき割るのは 大胆だなと思ったんですが・・・

廣原監督:あまり法律を考えてなかったんです。。。でも撮影は敷地内です。ヒビは入るけど気持ちよく割れなくて、逆に何回も殴るシーンが撮れました。

映画情報どっとこむ ralph 最後にメッセージ。

黒沢:本当に単なる青春映画のようで、どんな映画なのか伝えにくい不思議な作品です。是非、観てください。観れば見るほど味わいが出てくる作品です。

監督:俳優が魅力的に映ってると思います。是非。




物語・・・
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた――。

***********************************

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太
佐津川愛美 阿部純子/角田晃弘(東京03)/佐藤二朗 西田尚美
原作:早見和真「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社)

監督:廣原暁 脚本:大浦光太 廣原暁
主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)
音楽:渡邊崇 青木健
製作:「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会
企画・製作:RIKIプロジェクト 配給:ショウゲート

(C)2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会
   


乃木坂46映画『あさひなぐ』なぎなたパフォーマンス&主題歌初披露!


映画情報どっとこむ ralph 8月11日(金)からはじまった乃木阪46真夏の全国ツアー・宮城ゼビオアリーナ仙台公演で、映画『あさひなぐ』(9/22公開)の主題歌が初披露!!

乃木坂46真夏の全国ツアー2017の宮城公演が、仙台市のセビオアリーナ仙台にて開幕し、映画『あさひなぐ』の主題歌が初めて歌唱されました。
盛り上がりを見せるライブ中盤、「おいでシャンプー」が終わると、高山一実さんと秋元真夏さんによる『あさひなぐ』プロジェクトについての紹介が入り、その直後にステージ上には胴着・袴姿のメンバーたちが登壇、“なぎなたパフォーマンス”が始まりました。

登場したメンバーは、映画版キャストから、西野七瀬さん、桜井玲香さん、松村沙友理さん、白石麻衣さん、伊藤万理華さん、生田絵梨花さん、中田花奈さん、斉藤優里さん。

そして、舞台版キャストから齋藤飛鳥さん、井上小百合さん、新内眞衣さん、若月佑美さん、堀未央奈さん、衛藤美彩さん、北野日奈子さんの総勢15名と豪華なものに。

5月30日に行われた舞台『あさひなぐ』のライブビューイングイベントで、14名による団体基本と言われる素振りを披露したことはありますが、曲に合わせてなぎなたを操るパフォーマンスは今回が初めて。

圧巻の舞に会場に集まった5,000人の観客は大熱狂!!!
パフォーマンス後、乃木坂46公式サイトで募集した「部活道 青春の1ページ」エピソードを井上小百合さんから紹介されたあと、満を持して映画主題歌「いつかできるから今日できる」の初歌唱が始まりました。

映画のテーマでもある青春や挑戦をテーマにした前向きな応援ソング。主題歌タイトルは映画ポスターなどで周知はありましたが、ファンの間では「どんな曲なの?」、「早く聴きたい!」という声があがっていた。その中での初披露だっただけに、会場の熱気は最高潮を迎えました。

映画『あさひなぐ』の公開は来月9月22日です。

公式HP::asahinagu-proj.com

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
春、元美術部で運動音痴の主人公・東島旭は、二ツ坂高校へ入学する。旭は1つ先輩の宮路真春と出会い、その強さに憧れ”なぎなた部”入部を決意! 同級生の八十村将子、紺野さくら、2年生の野上えり、大倉史乃と共に部活動をスタートしたが、”練習は楽で運動神経がなくても大丈夫”―そんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの! やがて3年生にとって最後となるインターハイ予選を迎える。順調に勝ち進んだ二ツ坂だったが、決勝でダークホースの國陵高校に敗れてしまう。なかでも國陵の1年生エース・一堂寧々の強さは圧倒的だった。野上新部長のもと再スタートを切った二ツ坂は、山奥の尼寺で僧侶・寿慶(江口のりこ)の厳しいしごきによる、地獄の夏合宿を経て一回り大きく成長し、挑んだ秋の大会。再び二ツ坂の前に宿敵國陵高校と一堂寧々が立ちふさがる。そこで、二ツ坂にとってまさかの出来事が―。真春は部活動に姿を見せなくなり、精神的支柱を失った二ツ坂はバラバラになってしまう。そのとき、旭は・・・・・・。物語はクライマックスへ向けて大きく動き出す―。
***********************************

西野七瀬 桜井玲香 松村沙友理 白石麻衣 伊藤万理華 富田望生 生田絵梨花
中村倫也 森永悠希  角替和枝 江口のりこ
原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中) 
脚本・監督:英勉 
配給:東宝映像事業部
©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 
©2011 こざき亜衣/小学館