「青春」カテゴリーアーカイブ

「恋と嘘」TVアニメ 花澤香菜、逢坂良太&実写 森川葵 登壇!


映画情報どっとこむ ralph 少年少女たちのひたむきで純粋な想いが交錯する禁断の恋物語が7月3日(月)より、TOKYO MXほかにて放送開始!

この度、TVアニメの放送に向けて、放送直前の記念舞台挨拶を行いました!

6月24日(土)にはTOHOシネマズ 新宿にて、豪華キャスト陣登壇の舞台挨拶付き第1〜2話先行上映イベントを実施致しました!舞台挨拶にはTVアニメ版でヒロインの高崎美咲を演じる花澤香菜と、主人公の根島由佳吏役を演じる逢坂良太に加え、本作の宅野誠起監督が登壇し、一足早く第1〜2話を鑑賞した観客の前で本作の見どころを語りました!
トークが盛り上がってきたところで、スペシャルゲストとして、今秋公開予定の実写映画版『恋と嘘』より、ヒロインの仁坂葵を演じる森川葵がサプライズ登壇!驚きのゲストの登壇に会場からは驚きと喜びの歓声が上がりました!
また、6月26日(月)には一ツ橋ホールにて、制作スタッフが登壇する舞台挨拶付きの第1〜2話先行試写会も実施!こちらの舞台挨拶にはなんと本作の原作者・ムサヲ先生が登壇!最後に「マンガというのは読んでくださって『好きだな。面白いな』と思ってくれる読者の皆さんがいて初めて成立するものです。こうして大きな舞台に立てるのも皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。」と締め括りました。

6/24(土)実施
TVアニメ「恋と嘘」第1〜2話先行上映会 舞台挨拶
日程:6月24日(土)
会場:TOHOシネマズ 新宿
登壇者:花澤香菜(アニメ版 高崎美咲役)、逢坂良太(アニメ版 根島由佳吏役)
宅野誠起(アニメ版 監督)

サプライズゲスト:森川葵(実写映画版 仁坂葵役)

映画情報どっとこむ ralph 自身のキャラクターの印象は?

花澤さん:アフレコ用のVチェックの時に観て、「ああ、美咲ちゃん良いよー!」という気持ちになりました。青春真っ只中の甘酸っぱさや、積極性が素晴らしいと思います。

逢坂さん:ネジも積極性はありますよ。それに対して高崎さんが予想以上の反応で応えてくれたというだけです(笑)。翻弄したいけれど翻弄されるタイプです。

キャスティングの決め手は?

宅野監督:このアニメには「恋」と「嘘」という二つの要素があって、特に「嘘」を演じるのは難しいと思うので、「嘘」が上手に表現できる人を、と思いキャスティングしました。

演じる際に苦労したことは?

花澤さん:私が演じた美咲は「恋と嘘」の「嘘」の部分を大きく担っていて、その微妙な部分を演じるのが大変でした。

逢坂さん:最初に個人のキャラクターを全て消してくれ。目立たずに出来るだけ抑えてくれと言われたのが大変でした。

スペシャルゲストとして、今秋公開予定の実写映画版『恋と嘘』より、ヒロインの仁坂葵を演じる森川葵がサプライズ登壇!

花澤香菜と森川葵のお互いの印象について

花澤さん:「監獄学園」の時に私がアニメで演じた緑川花役を森川さんがドラマで演じていて、良い意味でとても大変な役だったので、どうだったかなと思っていました。

森川さん:わたし、本当にアニメが好きで、今日はこのふたりの間に立っていることがとても嬉しいです。アニメの「監獄学園」で花澤さんが演じてらした役を、ドラマで演じていたので緊張します。


★16歳になると政府に結婚相手を決められる「ゆかり法」について、どう思いますか?
花澤さん:16歳ですよね。恋愛楽しい時期ですよね!?16歳は早いと思います。35歳以降に政府が結婚相手を紹介してくれるなら良いですが(笑)。

逢坂さん:今の自分だったら「相手をください!」という意味でウェルカムです。お見合いって制度は良かったんだなと思います。自分から行けないので(笑)。
16歳だと早いかなと思います。青春真っ盛りなので。

宅野監督:恋愛禁止のルールで我慢できる、恋愛は恋愛じゃないですね(笑)。

森川さん:わたしも賛成です。原作を読み返していたのですが、政府通知じゃない相手との恋が苦しそうだったので。
だったら政府通知で決めてもらったほうが幸せな人生を送れるし、良いのかなと思います。

締めの一言挨拶
花澤さん:
今日は本当にありがとうございます。
本当に原作を読み始めたら止まらなくて、それぞれのキャラクターが、どんな嘘を抱えていて、どうなっていくのか止まらないという感覚を、アニメでも表現できればと思って演じています。原作の中での謎が明かされるのかどうかも楽しみにしてください。

逢坂さん:僕も原作を全て読んでいます。本当は先まで読むつもりは無かったのですが、3巻くらいまで読み進めると止まらなくなって「次どうなるんじゃい!」と最新刊まで読んでしまいました。
リアルな感じの恋愛模様を演じようと思っています。毎週毎週ドキドキするような展開が待っていますので、ぜひ最後までご覧いただけたら嬉しいです。

宅野監督:1話でネジと美咲のキスがあり、今後も色んなキスが出てきます。その時々に応じたキスで、その人たちをしっかりと描いています。じっくりお楽しみください。

森川さん:この場に立たせて頂き本当に嬉しかったです。本当はアニメを観てからここに立ちたかったのですが、都合がつかなかったので、7月3日からのアニメ放送を毎週観させて頂きます。
TVアニメを観た後は、実写版も公開されます。アナザーストーリーで、原作ともアニメとも違う、新しい「恋と嘘」です。絶対にみなさんに楽しんで頂ける作品だと思うので、ぜひ観てください。

映画情報どっとこむ ralph 6/26(月)実施TVアニメ「恋と嘘」一般試写会 舞台挨拶
日程:6月26日(月)20:00
会場:一ツ橋ホール(千代田区一ツ橋2丁目6−2 日本教育会館3F)
登壇:原作者ムサヲ、篠原健一郎(担当編集)、竹内崇剛(制作プロデューサー)予定

★アニメの放送が迫っている今の気持ちを教えてください。
ムサヲ先生:ひとりで犬の散歩をしながら考えていたお話を、アニメという形でこんなに多くの人に見て頂けるなんてとても嬉しいです。

★これまで多くの困難があったかと思いますが、印象的だったのは?
ムサヲ先生:別冊少年マガジンのラブコメコンペというコンペで、一度落ちてしまったのですが、やはりどうしてもこの話を描きたいと思い、もう一度担当さんと話し合って、何がいけなかったのか、どうすべきなのかというのを研究して、「マンガボックス」のコンペに挑戦したとのですが、その頃は大変でした。
自分が高校生ならこうしたかったなと言うようなことを描いています。

★締めの一言挨拶
ムサヲ先生:マンガというのは読んでくださって「好きだな。面白いな」と思ってくれる読者の皆さんがいて初めて成立するものです。こうして大きな舞台に立てるのも皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。あと2年くらいは確実に続くので応援してください(笑)。

TVアニメ「恋と噓」 TOKYO MX 毎週月曜 24:00~ ほかにて、7月3日(月)より放送開始!
※放送時間は変更になる可能性がございます。
©ムサヲ・講談社/政府通知普及委員会

映画情報どっとこむ ralph 映画サイトですので、こちらも紹介しなくては!

実写映画『恋と嘘』 今秋 全国ロードショー

マンガアプリ「マンガボックス」で連載を開始した途端に人気 No.1 大ヒットを記録し、2 年半にわたりその地位を不動のものとしている 大人気マンガ「恋と嘘」。原作とつながりを持つアナザーストーリーとして待望の実写映画化!
自由な恋愛が許されない世界に生きるヒロイン・仁坂葵(にさかあおい)を演じるのは、映画、ドラマと幅広く活躍する若手実力派女優、森川葵。葵に密かな恋心を抱く幼なじみ・司馬優翔(しばゆうと)役を、今夏の話題作『君の膵臓をたべたい』で主演をつとめる北村匠海が演じます。司馬のライバルとなる葵の政府通知相手・高千穂蒼佑(たかちほそうすけ)役には、劇団EXILEのメンバーで『HIGH&LOW』にも出演する佐藤寛太。監督に古澤健(『ReLIFE リライフ』)、脚本に吉田恵里香(『ヒロイン失格』)を迎え、初共演の3人が魅せる、誰も見たことがない青春ラブストーリーが誕生!

物語・・・
いつもそばにいる“最高”の幼なじみと、政府が教えてくれた“最良”の結婚相手。運命の恋はどっち?
DNAなどあらゆるデータにもとづき政府が最良の結婚相手を通知してくれる、恋愛禁止の世界。多くの人がその“政府通知”を幸せな結婚のきっかけとして受け入れていた。人よりちょっと優柔不断な仁坂葵(森川葵)は通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵の誕生日前日、幼なじみの司馬優翔(北村匠海)に突然「好きだ」と告白される。小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑(佐藤寛太)が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだがー。

【WEB】
公式サイト:koiuso.jp
公式Twitter:@koiuso_jp

***********************************


【キャスト】
森川葵
北村匠海
佐藤寛太

【スタッフ】
監督:古澤健(『ReLIFE リライフ』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』)
原作:『恋と嘘』ムサヲ(講談社)
制作プロダクション:The icon
配給:ショウゲート
(C)2017「恋と嘘」製作委員会
(C)ムサヲ/講談社
  


コミカライズオーディショングランプリ たむら純子に決定『8年越しの花嫁 奇跡の実話』


映画情報どっとこむ ralph 主婦の友社のマンガ投稿サイト 「コミカワ」では、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 公開を記念し、コミカライズを担当する漫画家オーディションを3月より実施していましたが、この度グランプリを決定しました。

現在、グランプリほか受賞された方々のネームを掲載中です。

オーディションは、プロ、アマチュア、メジャー、インディーズ問わず誰でも応募が可能で、映画の原作本である『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』(主婦の友社刊)の中から好きなシーンを選びネーム(コマ割り、 構成案)を描いて「コミカワ」上でご応募。グランプリに輝いた作品は、「コミカワ」に掲載後、 コミックスの発売を予定しています。

書籍や映画作品のコミック化で漫画家を募集するのは、非常にまれなケースで、「コミカワ」では初の試み。

【グランプリ】 たむら純子
たむら純子さんは、今後「コミカワ」にて、「8年越しの花嫁」のコミカライズを連載。その後、コミック (全1巻)を発売。

受賞コメント 「作者さんの思いが伝わるような素敵な作画ができればいいなと思っています。」

たむら純子 プロフィール
大阪府出身。白泉社のLaLaでデビュー。 コミカライズ『恋に唄えば』『もうひとつの冬のソナタ』『浅見光彦シリーズ』『不思議の国のアリス』な ど。現在はハーレクイン、電子コミック書きおろし連載を中心にオールマイティに活躍中。

映画情報どっとこむ ralph 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話

物語・・・
意識の戻らない恋人を、あなたは何年待てますかー 結婚を約束したカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突 然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。

いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親(薬師丸ひろ子、杉本哲太)からは「もう 麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。

長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が二人を待ち受けていた。 そして二人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる。

8nengoshi.jp

***********************************

佐藤 健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治 杉本哲太 薬師丸ひろ子

監督:瀬々敬久(「64-ロクヨン-前編/後編」)
脚本:岡田惠和(「最後から二番目の恋」)
音楽:村松崇継(「抱きしめたい-真実の物語-」)
原作: 中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)
制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
配給:松竹
©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会
      


『獣道』乱闘シーンに挑む須賀健太のメイキング特別映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 宗教団体、ネグレクト、少年犯罪、性産業など大人に翻弄される地方都市の若者たちを、実話をベースに描いた、伊藤沙莉、須賀健太W主演の青春ブラックコメディ『獣道』が、7月15日(土)より、シネマート新宿ほか全国公開となります。

そして、迫真の乱闘シーンに挑む須賀健太のメイキング特別映像が解禁。

映画情報どっとこむ ralph 須賀健太が演じるのは、地方都市に住む半グレの不良少年・亮太。
ヤンキーたちの派閥争いの乱闘シーンに番長役のアントニーと挑んだ須賀は、監督のカットの声がかかると思わず「めっちゃ怖いよ!絶対勝てないよ!」と本音をポロリ。鬼気迫る本気の喧嘩シーンで、須賀の素顔が垣間見えるメイキングシーンだ。


また、今回解禁されたメイキング映像には、新鋭吉村界人、本作が映画デビューとなるアントニーらの、ほんわか青春風卓球対決のオフショットも含まれている。

内田監督:このシーンは役者たちに演技をしてもらうのをやめてもらいました。なのでこのシーンでの彼らはほぼ素の状態で楽しんでいるのだと思います。役柄を忘れてもらうのも大切なことだと感じました。青春ていいな。若いっていいな。

と同シーンについて語っているが、このシーンは本編の中でも、居場所のない若者たちがつかの間の「友情」という居場所を感じている重要なシーンでもあります。

映画情報どっとこむ ralph あわせて、伊藤沙莉のクランクアップ後の感涙コメントも到着。
 
宗教施設や風俗の世界へ身を転じていく少女・愛衣を演じた伊藤沙莉。

伊藤さん:こういう役は初めてだったので、本当に不安とか迷いとか葛藤とか沢山あったけど、みなさんのおかげで毎日楽しく色々刺激を受けながら、愛衣を全うできたんじゃないかなって思っています。自分がどんなお芝居をしたのか全然自信を持てませんが、とりあえず終わったんで(笑)、本当に本当に毎日支えられていました。本当にありがとうございました。

と涙をこらえきれない様子で、共演の近藤芳正に時折支えられながら、クランクアップ後の感謝の気持ちと自身の演技を振り返った。


内田監督:早い段階で彼女と役作りについて話し合いました。日本の映画作りにおいて役者とじっくりと役について話し合うことはなかなか難しいのですが、インディペンデントスタイルということもあり、そこはお互い納得するまでやりました。彼女は、主人公が変化していく過程など、自分なりの演技を引き出そうと必死でした。今回の撮影を通して、多くの監督たちを魅了する理由がよくわかりました。演技はもちろん、存在そのものがとても個性的な女優なのです。今後もどんな女優になるのか、とても楽しみです。

と内田英治監督も、女優・伊藤沙莉を賞賛している。

映画情報どっとこむ ralph そして、本作を観て伊藤沙莉の演技の虜になった吉田恵輔監督(『ヒメアノ〜ル』『銀の匙 Silver Spoon』)からも、本作への絶賛コメントが到着しました!

吉田監督:沙莉が素晴らしい。死ぬほど素晴らしい。彼女の為なら死ねる!私が今、一番仕事したい人が伊藤沙莉。その彼女の魅力をここまで引っ張り出す演出に嫉妬すら覚え、コメント書くのに躊躇してしまう。とは言え、皆に見てもらい、沙莉の素晴らしさを共有したい!


多くの監督が内田英治監督に嫉妬するに違いない

獣道

が、7月15日(土)より、シネマート新宿ほか全国公開です。

公式HP:
www.kemono-michi.com

©third window films

***********************************



村上虹郎主演 『二度めの夏、二度と会えない君』上海国際映画祭でWプレミア


映画情報どっとこむ ralph 村上虹郎「見終えたお客さんの顔がキラキラしてる」

主演に若手実力派・村上虹郎、ヒロイン役にガールズロックバンド「たんこぶちん」のVo&Gt 吉田円佳(アーティストとしての活動の際はMADOKA名義)を迎え、9月1日(金)より全国ロードショーとなる『二度めの夏、二度と会えない君』が、第20回上海国際映画祭にて、世界に先駆け6月25日(日)にSFCプレミア上影影城(上海市)にて上映が行われました。

そして!

上映後には村上虹郎が舞台挨拶に登壇し、上海の映画ファンと熱いQ&Aを行いました。

『二度めの夏、二度と会えない君』プレミア上映&舞台挨拶イベント

日時:6月25日(日)
場所:SFC上影影城
登壇:村上虹郎(20)

映画情報どっとこむ ralph 上映後の舞台挨拶には、本作で主演を務める村上虹郎が登壇。

約600席の満員の会場で中国の映画ファンたちとQ&Aを行った。

開口一番、中国語で

村上さん:こんにちは!村上虹郎です。今日は「ニドナツ」を見ていただき、ありがとうございます。

と挨拶。中国人観客から日本語で「格好良いです」と声援が集まるなか、『二度めの夏、二度と会えない君』への想いを語った。

あるシーンでは劇場ロビーの外からでも聞こえるほどの笑い声が挙がっていたことから

村上さん:作品自体は切ない物語なのですが、山田裕貴くん演じる石田六郎のシーンはほっこりします。僕が思っていた以上にその反応がありました。そして今、見終わったばかりの皆さんの表情がキラキラと輝いていて、すごく嬉しいです!

と述べた。

また、「今後、共演したい俳優は?」との問いには

村上さん:グザヴィエ・ドランさんです。俳優でもあり監督でもあり、僕は彼の作品が大好きなので。

と答えるとすかさず「女優では?」と質問が重ねられ、

村上さん:そう聞かれると恥ずかしいですね(笑)。本作のようなラブストーリーもそうですが、共演させていただいたその相手役の方を愛したいと思います。

と解答。場内からは一斉に拍手が起こり、村上虹郎の人気を証明するものとなった。

「また中国に来てくれますか?」という質問には

村上さん:もちろんです。今回は一泊だけで、二日間とも雨の日でした。僕の名前には「虹」が入っていて、雨が降らないと虹ができないので、雨が降ったのかな(笑)。次は晴れた日に来たいです。

と笑わせた。

イベントの最後に行ったフォトセッションでは村上が「一緒に撮ろう」と呼びかけると、ファンがステージに殺到し、本作、そして俳優・村上虹郎への注目の高さが感じられる熱気溢れるイベントとなった。

映画情報どっとこむ ralph 「バンドやろう!」。

主演・村上虹郎ほか、最注目のフレッシュなキャストが集結!

二度めの夏、二度と会えない君

9月1日(金)新宿バルト9他全国ロードショー

公式HP:
http://nido-natsu.com
公式Twitter:
@nidonatsu#ニドナツ

あの夏、彼女は言った。もう二度と会えないと思っていた彼女と過ごす、二度めの夏。大好きな彼女を悲しませないため、僕はあの夏をやり直す―。バリエーション豊かな劇中音楽、疾走感溢れるライブシーンに彩られ、物語は高校生活最後の文化祭ライブへ。主演は数多くの映画に引っ張りだこの若手実力派・村上虹郎、ヒロイン役にはパワフルなライブパフォーマンスで唯一無二の存在感を放つ吉田円佳(「たんこぶちん」Vo&Gt)。その他、AKB48の次期エース候補の呼び声も高い加藤玲奈、モデル・女優と幅広く活躍する金城茉奈、映画・テレビドラマに出演作が目白押しの山田裕貴と、フレッシュなキャストが集結!彼らの教師役に本上まなみ、そしてメンバーが通う楽器店のナゾめいたオーナー役として菊池亜希子がスクリーンを彩る。二度と来ない今年の夏を締めくくる青春純愛ストーリーが誕生した!!

***********************************

原作:赤城大空「二度めの夏、二度と会えない君」(小学館「ガガガ文庫」刊/ガガガ文庫10周年企画)
脚本:長谷川康夫
監督:中西健二

出演:村上虹郎 吉田円佳 加藤玲奈 金城茉奈 山田裕貴/本上まなみ/菊池亜希子

【スクリーンナンバー】たんこぶちん&Primember「遠距離恋愛爆撃ミサイル」「さよなら監獄教室」「TIME」「グライダー」
「蝉時雨ライダーズ」(YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS)

【エンディングテーマ】たんこぶちん「夏のおわりに」(YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS)

配給:キノフィルムズ/木下グループ

(C)赤城大空・小学館/ 『二度めの夏、二度と会えない君』パートナーズ


ヴァレリー・ミュラー&プレルジョカージュ『ポリーナ、私を踊る』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph BD 書店賞、ACBD 批評グランプリを受賞したバスティアン・ヴィヴェスによる話題のフランス・グラフィックノベル の映画化『ポリーナ、私を踊る』が10 月 28 日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒュー マントラストシネマ渋谷他にて全国公開となります。

そして現在開催中の「フランス映画祭 2017」にて、本作の上映が行われ、共同監督を務めたヴァレリー・ミュラーとアンジュラン・プレル ジョカージュが上映後のトークショー行いました。

「フランス映画祭2017」『ポリーナ、私を踊る』トークショー
日程:6月25日(日)
会場:有楽町朝日ホール
登壇:ヴァレリー・ミュラー&アンジュラン・プレルジョカージュ監督

映画情報どっとこむ ralph 本作の上映後、満席の会場のなか大きな拍手で迎えられる、ヴァ レリー・ミュラー監督とアンジュラン・プレルジョカージュ監督。


ミュラー監督:こうして東京でみなさんにお会いで きて光栄です。

と一言挨拶。
自身のバレエ団を持ち、これまで日本でも公演を行った経験を持つ

プレルジョカージュ監督:私も日本に来ることができ、大変嬉しく思っています。日本ヘは公演で何 回か来ていますが、映画のプロモーションで来るのはまた別の感 動があります。とても幸せです。

と笑顔で挨拶した。 本作はバンド・デシネが原作となっていることを受け、今回の制作に 至るまでの経緯を尋ねられると、

ミュラー監督:バンド・デシネ「ポリーナ」を映画化しようと思った理由は、原作者のバスティアン・ ヴィヴェス自身を知っており、彼の仕事ぶりを評価しているからです。ポリーナは現代の若い女性の強さを描いていて、普通のバレエ映画のようなステレオタイプではない、固定概念がない点が気に入りました。またこの物語やポリーナを通して、人生の中で成 長し自分自身を見出していくことを語ることができると思ったのです。ダンスという仕事を通して、小説のような冒険を語ることができますし、ダンスをあまり知らない方に、「踊る」という仕事がどんなもの かを伝えるきっかけにもなればいいと思いました

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph バレエとコン テンポラリーダンスの振付家として活躍する傍ら、映画監督としても活動するプレルジョカージュ

プレルジョカージュ:私はバレエの映像は何回も撮っていたのですが、 ヴァレリーはシナリオライターとしても監督としても優れていて、ダンスを題材にしたフィクション映画を作ることは楽しそうに思えたのです。原作 のバンド・デシネ、そしてヴィヴェスのことも知っていたので、プロデューサ ーから話をもらった時にすぐに引き受けました。

笑顔で答えた。


迫力のあるダンスシーンが連続する本作。


Q&Aのコーナーで観客から「本作の出演者はすべてダンサーの人ですか?」という質問を 受けると、

ミュラー監督:本作では「本人に踊ってもらう」という決めごとをアンジュランと作りました。替え玉は使いたくなかったのです。いくつものオーディションを重ね、ダンサーで演技ができる人と、俳優でダンスができる人の両方を使うことにしました。映画 とダンスが一緒に歩むことができるような形にしたかった。またダンサーと俳優がお互いにノウハウを分かち合うようにしたかった。ポ リーナ役を演じたアナスタシアは、元々バレリーナで今回が映画初出演となります。ポリーナとコンテンポラリーダンスを踊ることに なるジェレミー・ベランガールはパリオペラ座のエトワールです(撮影時)。ポリーナにコンテンポラリーを教える振付家役のジュリエッ ト・ビノシュはご存知の通り女優ですが、英国を代表する現代ダンスの振付家、アクラム・カーンと一緒に舞台をやっていて、ダン スは定期的に踊っています。ニールス・シュナイダーは映画に出る前に アンジュランの舞台に出てもらい、ダンスを習得してもらったんです。

と、 こだわりのキャスティングについて明かした。 また原作者のバスティアン・ヴィヴェスが本作を絶賛しているといい、

プレルジョカージュ監督:映画を見てくれて「僕が描いた登場人物たちを力 強い人物として描いてくれていて嬉しい」と言ってくれていて、とても幸せ でした。原作を映画化する幸せはそこにあると思いました。

と、嬉しそうに はにかんでいた。

ステレオタイプのバレエ映画とはひと味もふた味も違う、 新たなバレエ映画に胸を熱くした観客から再度、両監督へ大きな拍手が送られ、イベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 『ポリーナ、私を踊る』

10月28日(土)より ヒューマントラストシネマ有楽町、 ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか全国ロードショー

物語・・・
ボリショイバレエ団のバレリーナを目指すロシア人の女の子ポリーナ(アナスタシア・シェフツォワ)は、厳格な恩師ボジンスキー(アレクセイ・グシ ュコフ)のもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していく。かの有名なボリショイバレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリー ダンスと出会い、全てを投げ打ってフランスのコンテンポラリーダンスカンパニー行きを決める。新天地で新たに挑戦するなか、練習中に足に怪我を負い彼女が 描く夢が狂い始めていく。ダンスを通して喜びや悲しみ、成功と挫折を味わい成長していく少女。彼女が見つけた自分らしい生き方とは…。

***********************************

監督:ヴァレリー・ミュラー&アンジュラン・プレルジョカージュ
脚本:ヴァレリー・ミュラー
出演:アナスタシア・シェフツォワ、ニールス・シュナイダー、ジュリエット・ビノシュ、ジェレミー・ベランガール、アレクセイ・グシュコフ
原作:「ポリーナ」(ShoPro Books) (著者:バスティアン・ヴィヴェス、訳:原正人)
配給:ポニー・キャニオン
2016 年/フランス/108 分/PG12/字幕:古田由紀子
原題:Polina, danser sa vie
©2016 Everybody on Deck – TF1 Droits Audiovisuels – UCG Images – France 2 Cinema
配給:ポニーキャニオン
配給グループ