「青春」カテゴリーアーカイブ

吉沢亮(猫)の片想いは届くのかニャ??『猫は抱くもの』ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ヘルタースケルター』(2012)以来6年ぶりとなる沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となります。
この度、主要キャラクターが勢揃いし、一層華やかになったポスターが解禁となりました!

ティザーポスターでは良男に愛情を注ぐように下を向いて猫を抱きしめていた沙織だが、今回は良男(猫)とともにこちらに目線を向け、観客を“猫だくワールド”に誘いこむように、微笑んでいる姿が印象的だ。

澄ました表情の擬人化した良男も含め、一人と一匹が同じ方向を見据えて進んでいく、前向きな展開を想像させるビジュアルとなっている。

さらに、ティザーポスターにはいなかった画家・ゴッホと擬人化した猫のキイロも登場。ゴッホは、画家らしく絵の具のついた服を着てとぼけた表情。
迷い猫のキイロは猫の自由奔放な雰囲気が伝わってくるポーズなど、それぞれのキャラクターに合った愛らしい姿が見て取れる。
ゴッホと猫のキイロとの出逢いによって、こじらせた1人と1匹の日常が変化していく。

映画情報どっとこむ ralph また、チラシの裏面のビジュアルも解禁。
「君を守れるのは、僕だけ・・・のはずだった」という切ないセリフから、1人と1匹の言葉が通じない、もどかしい関係性が垣間見える。人と猫(飼い主とペット)は両想いの理想的な関係に思えるが、現実では沙織と良男は人間と猫。どんなに想いあっていても言葉は通じない。また、沙織にとっての良男はあくまでペットであり、恋愛下手の沙織へのアドバイスは届かず、助けられず、沙織が恋人と過ごす間は、良男は存在を忘れられてしまう・・。

それでも彼女がフラれた日にはじっと傍にいる…。そんな愛らしい良男をメインとしたビジュアルは猫好きにはたまらないものとなっている。劇中で、沙織のことが心配になった良男は、彼女のマンションをめがけて外の世界へ飛び出し、その途中で迷子になってしまう・・・。

こじらせた1人と1匹の想いは、それぞれ叶うのか、ご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph 猫は抱くもの

6月23日(土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー!
nekodaku.jp

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。

うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮 音楽:水曜日のカンパネラ
沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠
伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人
企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分 
©2018「猫は抱くもの」製作委員会 


伝説の80年代『ストリート・オブ・ファイヤー』がリマスターで公開!


映画情報どっとこむ ralph 80年代に日本でも大ヒットを記録し、1984年のキネマ旬報人気投票読者部門第1位にも輝いたウォルター・ヒル監督『ストリート・オブ・ファイヤー』がデジタル・リマスター版として劇場公開となることが決定しました!!

7月21(土)よりシネマート新宿ほかにて全国順次公開となります。


男は、無法者たちの手から愛した女を救えるのか…!?

街へ戻ってきた流れ者のトム・コーディ。
かつての恋人で大人気ロック歌手となったエレンが、ストリートギャング“ボンバーズ”に攫われたと知ったコーディは、陸軍上がりの女兵士マッコイと共にエレンを救い出し、ボンバーズのボス、レイブンに一対一の闘いを挑む!

『ロング・ライダーズ』(80年)のウォルター・ヒル監督が84年に発表し、日本で大ヒットを記録した本作。この作品で大ブレイクを果たしたマイケル・パレと当時19歳のダイアン・レインが互いに未練を残す元恋人同士を演じ、若き日のウィレム・デフォーがギャング集団のボス役を怪演。
青春劇の王道を行くストーリーとスピーディーな展開、ド派手なアクション描写の数々、そして全編を覆う強烈なロックのリズム!! ファイヤー・インク「今夜は青春」やライ・クーダー・バンドの楽曲が強い印象を残す。

80年代のアイコンに満ち溢れた最高のロックンロール映画が、この度デジタル・リマスター版、5.1CHの大音響にて、スクリーンによみがえります!

映画情報どっとこむ ralph
ストリート・オブ・ファイヤー
原題:Streets of Fire
7月21(土)シネマート新宿ほかダイナマイトロードショー!以降全国順次公開

URL:streets-of-fire-jp.com

あらすじ
ロック歌手のエレンが地元凱旋ライブ中にストリートギャング“ボンバーズ”に誘拐された。久々に街に戻ってきた流れ者のトム・コーディは、元恋人エレン拉致の事実を知り、偶然出会った陸軍あがりの女兵士マッコイとともにボンバーズのアジトを急襲、エレンを救い出した。面目を潰されたボンバーズのボス、レイヴンはトムに決闘を申し込み、街に仲間とともになだれ込んできた。レイヴンとトムの一騎討ちの死闘。壮絶な対決の末、トムが勝利した。この出来ごとに恋心が再燃したエレンとトム。エレンは復縁を申し出るが、トムはまた街を去ることを決めていた。


***********************************

監督:ウォルター・ヒル
脚本:ウォルター・ヒル、ラリー・グロス
撮影:アンドリュー・ラズロ
音楽:ライ・クーダー
出演:マイケル・パレ、ダイアン・レイン、リック・モラ
ニス、エイミー・マディガン、ウィレム・デフォー
1984年 アメリカ
カラ― 94分
提供:キングレコード
配給:コピアポア・フィルム
©1984 Universal Studios. All Rights Reserved.
    


南沙良x蒔田彩珠 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、7月14日㈯より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』のビジュアルと予告編が完成しました。

原作は人気漫画家・押見修造の同名作。自身の体験をベースに描いた同作は、幅広い世代を感動の渦に包み大きな反響を呼ん だ。待望の映画化では気鋭監督・湯浅弘章がメガホンをとり、『百円の恋』の足立紳が脚本を手掛ける。

今回、公開に先立ち、厚生労働省より社会保障審議会児童福祉文化財に指定され、学生のみならず教育に関わる人に向けた優秀作品として推薦されました。

映画情報どっとこむ ralph 解禁されたビジュアルは、志乃と加代が前を向き、笑顔で自転車に乗る、夏の公開にぴったりな爽やかなものとなった。ギターケ ースを背負う志乃の姿からは音楽を通して友情を深めていく様子もうかがえます。

一転、志乃と加代に加え、物語を大きく展開させて いくクラスメイトの少年・菊地らの苦悩や葛藤が感じられるような表情、そして志乃に寄り添う担任や母親などの姿は一筋縄ではいか ない物語を予感させ「伝わらなくてもいい。伝えたいと思った」というコピーからは、不器用ゆえのもどかしさと、それでも自分の想いを 「伝えたい」という強い意志を感じさせるものに。

映画情報どっとこむ ralph 予告編では、次世代を担う15歳の実力派の2人が体当たりで挑んだ高い演技力の一端が垣間見え、言葉が上手く 話せない志乃を南沙良(『幼な子われらに生まれ』)が、音楽好きでコミュニケーションが苦手な加代を蒔田彩珠(『三度目の殺 人』)が熱演しています。加えて萩原利久(『あゝ、荒野』)演じる同級生の菊地の存在が、ふたりを揺さぶっていく様子も映し出されています。 また、南と蒔田が実際に猛練習して挑んだ歌とギター演奏「あの素晴しい愛をもう一度」など名曲も登場、ノスタルジックに物語を彩る。


物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った。
高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなの に音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生 の男子・菊地が参加することになり…

***********************************

出演:南 沙良 蒔田彩珠/萩原利久/小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲/山田キヌヲ 奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)

脚本:足立 紳
音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社
製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


辻 美優elfin’(エルフィン)が映画初主演『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』


映画情報どっとこむ ralph この度、日本とフィリピン両国のボランティア達の献身により、戦争の遺恨を乗り越え9年もの歳月を費やし完成したフィリピン・パンダンの水道建設工事にまつわる感動の実話を、『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』として実写映画化することが決定しました。日本とフィリピン両国が深い心の絆で結ばれるまでの物語を描く本作は、フィリピン大学をはじめ当時の水道建設工事を知る現地の方々の協力のもと、4/14日(土)よりフィリピンロケがスタートいたしました。

本作で主演を務めるのは、美声女ユニット『elfin’(エルフィン)』でアーティストとして活動し、女優・モデル・タレント・漫画家のほか、声優としてもアニメ映画『君の名は。』や『SING/シング』などに出演するなど、マルチに活躍する辻 美優さん。映画初出演にして初主演の大抜擢となりました。監督は、映画『チェリーボーイズ』(主演:林遣都)にて長編映画デビューを果たした西海謙一郎が務めます。

映画情報どっとこむ ralph 本作製作開始に伴い、主演の辻 美優さんと西海監督からコメントが届きましたのでご紹介いただければと存じます。フィリピンの離島パナイ島パンダンの町に水道を建設するという、“パンダン飲料水パイプラインプロジェクト”に挑んだ人々の奇跡の物語『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』は、2019年に劇場公開予定です。

辻 美優さん コメント
映画の話を聞いた時は、想像もしておらず本当に嬉しかったのと同時に、初の映画出演、そして初の主演を務めさせていただくこの大役に、光栄な気持ちでいっぱいになりました。初めて台本を手に取り自分の役を確認した時、「私はこれから明日香になるんだ!」と強く感じて、この女子大学生の運命を変える出会いの数々と、人々のふれあいの物語にとても感動しました。西海監督や共演者の方々、そしてスタッフの皆様と共に、この作品を見て下さる方へ向けて、表現者として思いを伝えて楽しんで頂けるよう、精一杯頑張りたいと思います。

西海謙一郎監督 コメント
お話をプロデューサーから頂いたときは、あまりにも偉大な実話をどう実写化して良いか悩みました。しかし、素晴らしいキャスト、スタッフに恵まれたことで、この作品を自分の手で世に出したい!という気持ちが沸き上がってきました。異国の地フィリピンにて大偉業を達成した人達に尊敬の念を抱きつつ、素晴らしい映画にするべくベストを尽くします!

映画情報どっとこむ ralph 映画『セカイイチオイシイ水〜マロンパティの涙〜

2019年 劇場公開予定


公式ホームページ開設!
sekamizu-movie.com

物語・・・

それは一本の電話から始まった。

「ワタシノマチニ、イドヲホッテ ホシイノデス」

フィリピンの首都マニラから300キロ南にあるパナイ島。その孤島の田舎町パンダンに10kmにも及ぶ水道を建設するという一大プロジェクト『パンダン飲料水パイプラインプロジェクト』が進められようとしていた。
友人に誘われるまま、何も知らずにボランティアとしてプロジェクトに参加した女子大生・明日香。
しかしその計画には多くの困難が待ち受けていた。
「おいしい水を飲んでほしい。」その思いが明日香を、そして日本とフィリピンの若者を突き動かした。
島の人々の願いをかなえるため、日本とフィリピンの人々が力を合わせ、過去を、そして目の前に立ちはだかる苦難を乗り越えながら国境を越えた友情の絆を深めていく…。

***********************************

監督:西海謙一郎(映画「チェリーボーイズ」)
エグゼクティブプロデューサー:湯川 剛 
プロデューサー:山本祥生 原田博志
企画:株式会社OGSコーポレーション
製作:セカイイチオイシイ水製作委員会
協力:公益社団法人アジア協会アジア友の会
制作:株式会社パラサング 
制作協力:マイケルギオン株式会社
配給:フルモテルモ
(C)セカイイチオイシイ水製作委員会


平野紫耀がドSのフリする超こじらせ男子に!映画『ういらぶ。』特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph LINEマンガの少女部門にて月刊1位を記録し、累計140万部(電子書籍含む)を突破した、星森ゆきもの大人気コミック「ういらぶ。-初々しい恋のおはなしー」 (小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」)の映画化、『ういらぶ。』が11月に全国公開する運びとなりました。

主演を務めるのは、『花より男子』の新章として話題沸騰中のドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」に出演、その主題歌「シンデレラガール」で5月23日(水)にデビューも決定しているKing & Princeの平野紫耀。

幼なじみの優羽(ゆう)が好きすぎて、想いを伝えられず逆に超ドSのフリをしてしまう“超こじらせ男子”の主人公・凛(りん)に扮する。
また、凛に思いを寄せながら自分に自信がなさすぎて凛の恋心に気づかない“完全ネガティブ女子”のヒロイン・優羽を演じるのは、4月27日(金)に初主演映画『ママレード・ボーイ』の公開も控える桜井日奈子。凛や優羽と同じマンションで暮らす幼なじみの親友、暦(こよみ)に玉城ティナ、蛍(けい)太(た)に磯村勇斗。 凛とは正反対の“好きなら好きとハッキリ言う”ライバル・和真(かずま)に健太郎。

そして、その和真の妹・実(み)花(か)を、若干15歳にしてその実力を高く評価されている桜田ひよりが演じることが、新たに解禁されました。今最も輝くフレッシュなキャストが集結!この秋、最高にピュアでときめく、キュン盛り“こじらせ”ラブストーリーをお届けします!



特報映像では、冒頭から、平野演じる凛のドSっぷりが炸裂!「行くぞ」と言って、同じマンションに住む幼なじみの優羽(桜井)にカバンを押しつけ、

「お前って、マジ、ゴミな」

と言い放って、壁ドンで追いつめる。しかし、親友の蛍太には

「アイツのこと好きすぎる自分が怖い・・・」

と半泣き。


終盤では、ベッドの上で

「優羽~好きすぎて死ぬ~!!」

と悶絶。

さらにライバルの和真(健太郎)が登場すると、

「アイツはオレのもんだ!」

と堂々宣戦布告。


ドSイケメンっぷりと天然キュートのギャップがたまらない!
一方の優羽は、凛と両想いであることに気づかず

「ゴミから人になりたい・・・」

と本気で思い悩み、まさに初々しくてもどかしい、胸キュンシーン満載の映像が初解禁です。

映画情報どっとこむ ralph そして同時に、凛・優羽・暦・蛍太の幼なじみチーム4人組とライバル・和真が制服姿で勢ぞろいしたビジュアルも初解禁です。

映画『ういらぶ。』

11月全国ロードショー

公式サイト:
http://welove.asmik-ace.co.jp/ 
公式Twitter:
@welove_movie

物語・・・・

仲良しいつメンと最強ライバル。どうなる?!6人の恋と友情。

同じマンションに住む、凛(平野紫耀)と優羽(桜井日奈子)、暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)の幼なじみ4人組。

誰もが振り返る美男美女の4人は、高校でも最強の幼なじみチームとして憧れの的。

クールで華麗な見た目とは裏腹に、優羽のことが好きすぎていつも優羽にドSな態度で毒舌をふるい冷たくふるまってしまう凛。

実は凛のことが好きな優羽も、そんな凛のせいで自分に自信が持てず、完全にネガティブ思考。

お互い大好きすぎて「好き」って言えない…そんなこじらせたふたりを心配し見守る親友の暦と蛍太。そんな4人の前に、“好きなら好きとハッキリ言う”最強ライバル兄妹・和真(健太郎)と実花(桜田ひより)が現れる。

ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と4人の友情は思わぬ方向へ動きはじめて…。


***********************************

出演:
平野紫耀(King & Prince) 桜井日奈子
玉城ティナ 磯村勇斗 桜田ひより / 健太郎

監督:佐藤祐市
原作:星森ゆきも「ういらぶ。-初々しい恋のおはなし―」
  (小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」)
脚本:高橋ナツコ  音楽:佐藤直紀
製作:『ういらぶ。』製作委員会 
制作プロダクション:アスミック・エース、共同テレビジョン
配給:アスミック・エース
(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館