「青春」カテゴリーアーカイブ

野村周平×柳ゆり菜 メッセージ映像到着!!映画『純平、考え直せ』公開直前記念!


映画情報どっとこむ ralph ふたりの青春、あと3日!?-未来なんて、クソくらえ!

この度9月22日(土)より全国公開される映画『純平、考え直せ』より公開前日記念映像として、主演・野村周平とヒロイン・柳ゆり菜、2人揃ってのメッセージ映像が到着しました。

古めかしい任侠の世界と、現代の闇を映し出すSNS、そしていつの時代も変わらない若者たちの葛藤が、ひとつの作品としてまとめ上げられ、本作に映像ならではの化学反応を引き起こしている本作。現代を生きる若者たちを激しくも瑞々しく描き、限られた3日間を刹那に疾走する2人の青春物語に是非ともご注目ください。



映画情報どっとこむ ralph
映画『純平、考え直せ

9月22日(土)より全国順次公開
http://junpei-movie.com


物語・・・

「鉄砲玉?なにそれ、ウケるね」
ふたりの青春、あと3日!?-未来なんて、クソくらえ!

新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか?一人前の男?
になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい?鉄砲玉?になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。

新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。

「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。
すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した! 

加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!


***********************************

出演:野村周平、柳ゆり菜
毎熊克哉、岡山天音、佐野 岳
戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人/森田涼花、木下愛華、やしろ優/
下條アトム、二階堂智、片岡礼子

原 作:奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社文庫刊)
主題歌:the pillows「眩しい闇のメロディー」(DELICIOUS LABEL)
監 督:森岡利行 / 脚 本:角田ルミ、木村暉、吉川菜美 
プロデューサー:梅川治男
製作 キングレコード アークエンタテインメント
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給 アークエンタテインメント
(c)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ
    


20歳の村上虹郎の色気と本気が詰まった映像に注目『銃』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『銃』(11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー)の予告編が解禁となりました。

文壇のなかで、注目を浴び続けている作家・中村文則のデビュー作『銃』(02年新潮新人賞受賞。

英訳『The Gun』は16年「ウォール・ストリート・ジャーナル」年間ベストミステリー10冊選出)。中村自身が “偏愛している” というこの衝撃作を、奥山和由プロデューサーによる企画・製作、そして武正晴監督(『百円の恋』『嘘八百』)がメガホンをとり映画化。本作はモノクロームの映像表現により、人間を追及していく純文学性をもった質の高い作品として描かれました。


主演は、村上虹郎。
銃を手にし、その魅力に捉われ、且つ支配され、徐々に狂気が満ちていく難役の主人公・西川トオルを熱演。ヒロイン・ヨシカワユウコには広瀬アリス。快活さとは反面、心のなかに何らかの問題を抱えている女子大生を可憐に演じています。そして、トオルを追いつめる刑事には、リリー・フランキー。彼の独創的な発想と演技力が刑事という人物をより浮き彫りにし、主人公を追いつめる姿は、さらに本作を盛り上げる要素となっています。他、日南響子、新垣里沙、岡山天音など、個性派俳優の面々が脇を固めています。

映画情報どっとこむ ralph

昨夏(7月)の撮影時、都内の高島平近辺ほかにて撮影が行われました。主人公の家となるアパートに撮影の少し前から住み込んで、主人公の気持ちを体現しようとした村上虹郎さん。隣の部屋から漏れ聞こえる女の怒声は、「隣の女」役の新垣さんが、同時に怒鳴る声が実際に聞こえる状態で、そのまま撮影されています。まるで村上さんの家にお邪魔し、観察するような雰囲気で撮影が進められたことにより、リアルな息づかいを感じて貰えることでしょう。そして、彼がみせる表情ひとつひとつに感じさせられる本気度、そして20歳の青年とは思えない破滅に向かう人間の色気に惹きつけられます。

また、予告編にも使用されたシーンで、広瀬アリスさんの「あなたは問題を抱えている」というセリフ(予告ではセリフの一部分のみ使用)は、原作小説には無いシーンで、原作者・中村文則さんが映画化に際して書き下ろされたセリフです。
ユウコがトオルに今の心境、想いを伝える、主人公にとって救いとなるシーンとなっています。どのようなシーンかは、ぜひ映画本編をお楽しみに。

映画情報どっとこむ ralph <ストーリー>
雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青春を謳歌しているが、その内には魅了された銃への高揚を秘めていた。トオルは、大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみることにした。さらに緊張とスリルが増し、彼を満足させた。同じ大学のヨシカワユウコにも興味があるが、やがて銃は彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。そして、突然の刑事の訪問。「次は、人間を撃ちたいと思っているんでしょう?」 次第に精神を追いつめられていくトオルは、あることを決意するが――。


公式サイト:
thegunmovie.official-movie.com 

twitter:
https://twitter.com/GunMovie


***********************************


村上虹郎  広瀬アリス
日南響子:新垣里沙:岡山天音:後藤淳平(ジャルジャル):中村有志:日向丈:片山萌美:寺十吾:サヘル・ローズ:山中秀樹
リリー・フランキー
企画・製作:奥山和由
監督:武正晴  原作:中村文則「銃」(河出書房新社)  脚本:武正晴・宍戸英紀
制作プロダクション:エクセリング  企画制作:チームオクヤマ 配給:KATSU-do 太秦 製作:KATSU-do
Ⓒ吉本興業  2018年/日本/カラー&モノクロ/DCP/5.1ch/97分/ R15+  


高杉真宙・加藤諒・渡辺大知『ギャングース』第31回東京国際映画祭“特別招待作品”へ出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描く漫画・肥谷圭介先生×ストーリー共同制作・鈴木大介先生による青春漫画の実写映画化『ギャングース』が11月23日(金)に公開となります。

この作品が10月25日(木)〜11月3日(土・祝)まで開催される第31回東京国際映画祭の“特別招待作品”への出品が決定しました。
本映画祭での上映が、日本国内では初上映となります。
公開に先駆け、いち早く鑑賞できる機会でもあり注目される。上映日は後日発表の予定。

映画情報どっとこむ ralph 社会で生きる術は犯罪しかないという犯罪少年たちの実情をもとにしたリアルなストーリーラインと、個性豊かな登場人物、“タタキ”仕事のエンターテインメント性溢れる描写が評判を呼んだ青春漫画を実写映画化した本作。

情報収集・標的選定担当のサイケを演じるのは高杉真宙さん。
また工具全般担当のカズキを加藤諒さん。
そして車両・機動担当のタケオには渡辺大知さん。

映画情報どっとこむ ralph サイケたちの前に立ちはだかる強敵、半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達には、世界的ギタリストのMIYAVIさん。
その安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤には金子ノブアキさん。加藤の部下で恋人のアゲハには篠田麻里子さん。情報屋の高田には林遣都さんなど豪華キャストが集結しています。

監督と脚本には、社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービーに定評のある入江悠。主人公の少年たちの友情と成長、再起への想いをより際立たせ、痛みだけではなく、躍動感、爽快感も伝える王道の青春エンターテインメント。

映画『ギャングース』

は11/23公開です。


公式HP:
gangoose-movie.jp
twitter:
https://twitter.com/MovieGangoose

***********************************

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI
監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン 
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社
R15+


ジョシュ・ホワイトハウス来日!舞台挨拶で歌声も!映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ』


映画情報どっとこむ ralph 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』が、11月9日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開となります。  
  
この度、日本公開に先駆け、9月19日(水)、主演のジョシュ・ホワイトハウスが来日、舞台挨拶付き先行試写会を行い歌声とファンサービスで日本のファンを魅了しました。

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』舞台挨拶付き先行試写会
日程:9月19日(水)  
場所:新宿ピカデリー
登壇:ジョシュ・ホワイトハウス(リアム役)

映画情報どっとこむ ralph ブリットポップを代表するバンド「blur」の名盤と同じタイトルを冠した映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』に主演したジョシュ・ホワイトハウスが来日。

前日に日本に到着したばかりのジョシュだが、日本のファンの歓声に迎えられると時差ボケによる疲れも見せることなく満面の笑みで手を振った。

今回演じたリアムという主人公について

ジョシュ:ミュージシャンとして、もがいている男です。音楽に情熱を持ち、ある意味で過去にとらわれてる。それは大切なものを守りたいからなんですが、彼の周りの世界は常に移り変わっていき、それに追いつけないでいます。恋人のナタリーを愛してるけど、一方で音楽の世界で売れたいともがいているんです。

と語り、ジョシュ自身も音楽活動をしているので

ジョシュ:自分の経験からも彼の気持ちがよくわかりました。僕自身、メインストリームの音楽にいいものもあることは認めつつも好きではないし、ひとりのプロデューサーがいつも同じような曲を手がけるより、自分にしか作れないオリジナルの音楽を作りたいと思っています。そういうシニカルな面も似ていると思いますね。

と似ている部分を口にし、役作りではオーディオブックでセリフや音楽を聴いて、リアムを作り上げていったそう。

また、恋人のナタリーとの関係を作るために、フレイア・メーバーとは

ジョシュ:デートをして、ライブに言ったり、ボウリングをしたりしたよ。

とのエピソードも披露。


劇中のバンド「ヘッドクリーナー」について

ジョシュ:架空のバンドだけど、とてもチャレンジングな経験でした。ベン・パーカーというプロデューサーが曲を手がけていて、彼とスタジオで会ったとき、慌てて自分で詞を書いて、それを歌ったら気に入ってもらえて、全曲の詞を書くことになったんだ。

と明かしました。

映画情報どっとこむ ralph プロモーションなどで海外をまわる際は、かならずギターを持って行くそうで、この日もギターを同伴。

リクエストに応えて、観客を前に、劇中でジョシュがナタリーのハートを奪うために作る曲「リコリスガール」とヘッドクリーナーの曲である「Give It Til You’ve Lost It」を生で披露し、会場は大きな拍手と歓声に包まれました。

去り際には、自らのスマホを取り出して観客をパチリ。
さらに、ファンの元に駆け寄り、求めに快く応じてサインをするなど、丁寧なファンサービスも。

映画情報どっとこむ ralph
そんな、ジョシュ・ホワイトハウス主演の

『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』

は、11月9日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開です。

公式サイト:http://nakimushiguitarist.com/

Twitter:https://twitter.com/movieModernLife

僕たちの恋は音楽で終わり、音楽で始まった――。

レコード店で「blur」のアルバムを選んでいる時に出会った、リアムとナタリー。
リアムは、デジタル化した音楽のダウンロードコレクションを忌み嫌い、昔ながらの「アナログ感」のあるCD、レコードコレクションを大切にしている夢見るミュージシャン。ナタリーは、レコードジャケットデザイナーになる夢をもちながらも夢を諦め、二人の生活を支えるために、広告会社で働くキャリアウーマン。そんなリアムとナタリーは生活のすれ違いにより別れの時を迎える事になる。想い出の品々を整理し、それぞれが選んだ道へ歩みだす二人―。

リアムのバンド”ヘッドクリーナー”は伝説の音楽プロデューサー、ザ・カーブと出会い徐々に活動の幅を広げ始め、ナタリーは会社の同僚エイドリアン(トム・ライリー)に惹かれていく。そんな中、“ヘッドクリーナー”にやってきた待望のチャンス。ステージに立ったリアムは即興であの曲の演奏をはじめる。ナタリーと一緒にいた時に書いたあの曲。曲が最高潮に達した時、リアムは突如感情を抑えきれず、泣き出してしまう。

***********************************

監督:ダニエル・ギル 
脚本:フィリップ・ガウソーン 
出演:ジョシュ・ホワイトハウス『ヴァレー・ガール』、フレイア・メーバー『サンシャイン 歌声が響く街』、
   イアン・ハート『ハリー・ポッター』シリーズ

2017年/イギリス映画/英語/104分/ビスタ/カラー/5.1ch/原題:Modern Life is Rubbish/PG12
日本語字幕:中沢志乃/配給:SDP/後援:ブリティッシュ・カウンシル/協力:British Culture in Japan
主題歌:「リコリス・ガール」ヘッドクリーナー 
©Modern Life Pictures Limited 2016


門脇麦、井浦新、白石和彌監督登壇!映画『止められるか、俺たちを』完成披露上映会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 日本映画史に残るアナキーな鬼才・若松孝二監督逝去から6年。映画『凶悪』『孤狼の血』などで知られる若松プロダクション出身の白石和彌監督が放つ、若松プロ青春クロニクルムービー『止められるか、俺たちを』(10月13日公開)がついに完成。9月20日には東京・新宿テアトルにて完成披露試写会が行われ、主演の門脇麦さん、共演の井浦新さん、そして白石和彌監督が登壇した。


映画『止められるか、俺たちを』完成披露舞台挨拶
日程:9月20日(木)
場所:テアトル新宿(新宿区新宿3−14−20 新宿テアトルビルB1)
登壇:門脇麦、井浦新、白石和彌 監督
MC:井上淳一

若松プロダクションの助監督・吉積めぐみを演じた門脇麦さんは

門脇さん:この話を頂いたときは若松さんとゆかりのある方が揃っていて、皆さんの想いにはどんなに必死に追いかけても届かないものがあるという不安があった。

と若松プロや監督自身に面識がないゆえの不安を吐露。
ただその心境を演じためぐみに重ねて

門脇さん:めぐみさんが何も知らないで若松プロに飛び込んだことは一致しているので、成立すると思った。若松監督を演じた新さんのようにモデルとなる像がない分、自分はある意味で距離をとって、フラットにやるのが役割だと思えた。

と気持ちを切り替えたという。

映画情報どっとこむ ralph
若松孝二監督を演じた若松組常連俳優の井浦さんは

井浦さん:自分にとっては映画の父親のような存在。だから若松監督を演じるのは禁じ手だと思った。

と明かし
井浦さん:若松プロの先輩方からは“変なものを撮ったら承知しないぞ”“お前に若ちゃんをやれるわけがない”“やれるものならやってみろ”と言われたので、僕は“モノマネ大会をするつもりはない!”と言い返した。

と実在の人物を演じるがゆえに、レジェンドたちに誓いを立てたという。しかし実際は

井浦さん:僕は100%モノマネをしました。それは大先輩への最大限のギャグです。最大の愛情を持ってレジェンドたちを笑かしてやるつもりのギャグ。天国にいる若松監督に“馬鹿たれ!”と笑いながら怒ってもらうために、僕は最大級のギャグで感謝を返すことを選びました。

とその狙いを明かした。

助監督として若松プロで腕を磨いた白石監督は

白石監督:僕自身が若松さんの映画作りの原点を見てみたかった。若松さんの“日本映画のメジャーとは違う”と映画を作っていたその気概を自分の中にも入れたかった。

と企画始動理由を説明。
若松監督の背中を追ったことで

白石監督:映画で描いた2年半の中だけでも、信じられないくらいのエネルギーで若松さんは映画を撮っていた。亡くなるまで100本以上映画を作っていたと考えると、自分は若松さんのことを知っているようでわかっていなかった。

と日本映画史のアナキーな巨人の大きさに驚いていた。


また映画の内容にちなんで“ぶち壊したいもの”を聞かれ

門脇さん:過去の自分。この作品を撮影したのは、去年の10月。この頃の顔って1年しか経っていないけれど、もうできないし、そういった瞬間を人は生きている。これからも常に過去の自分を全部ぶち壊すようなつもりで生きていきたい。

と前進宣言。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

門脇さん:完成した映画を観た時に、劇中で生きている人たちが凄くカッコいいと思った。シャカリキに必死に生きているのはカッコいいこと。これぞ“青春キラキラムービー”だと思う。観客の皆さんには一生懸命に生きるっていいなと思ってもらえれば。

とメッセージを込めた。


止められるか、俺たちを

2018年10月13日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開

公式サイト:www.tomeore.com


これは映画監督白石和彌が、師匠若松孝二と、“何者かになろうと夢みた”全ての人へ送る、
終わらない青春の1ページの記憶だ―――

2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年。若松プロダクション出身で、『凶悪』で第37回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『孤狼の血』(18)など、いまや日本映画界を牽引する俊英・白石和彌が、師匠・若松孝二が時代と共に駆け抜けた時代を描きだす。白石監督自ら「映画を武器に戦ってきた若松さんの声をもう一度聞きたい」と企画した本作は、記念すべき若松プロダクション映画製作再始動第一弾となる。音楽は若松孝二とも交流があり、若松孝二の映画をこよなく愛する曽我部恵一が、音楽を担当。主題歌「なんだっけ?」を書き下ろした。あの時代の空気と、主人公たちの情熱に寄り添ったメロディーに魅了される。

1969年、“若松プロダクション”の門を叩いた少女の目を通して、若松孝二と共に映画、政治、青春が駆け抜けていった一瞬の時を描く。主演は門脇麦、若松プロダクション助監督・吉積めぐみ役を熱演。そして若松孝二役は若松組常連・井浦新。こんな若松プロ、こんな青春、誰も観たことない———

***********************************

門脇麦 井浦新
山本浩司 岡部尚 大西信満 タモト清嵐 毎熊克哉 伊島空 外山将平 藤原季節 上川周作 中澤梓佐
満島真之介 渋川清彦 音尾琢真/ 高岡蒼佑 / 高良健吾 / 寺島しのぶ / 奥田瑛二
監督 白石 和彌
脚本 井上淳一  音楽 曽我部恵一  製作 若松プロダクション スコーレ ハイクロスシネマトグラフィ
配給 スコーレ  宣伝 太秦 
【2018/日本/DCP/シネスコ/119分】 
©2018若松プロダクション