「青春」カテゴリーアーカイブ

甘酸っぱさ全開の 『レディ・バード』特報が完成


映画情報どっとこむ ralph 『ブルックリン』のシアーシャ・ローナンが主演を務め、『20 センチュリー・ウーマン』のグレタ・ガーウィグが単 独監督デビューを飾り、自伝的要素を織り込んだオリジナル脚本も手掛けた、 『レディ・バード』が 6 月全国公開となります。

青春の輝きと痛みを知る全ての人に贈る、誰もが共感して心震わせる新たな傑作の誕生!

痛々しいけど愛おしい…青春時代を思い出す特報が完成!

通算3 度目となるアカデミー賞®ノミネートを果たしたシアーシャ・ローナン。普段 は実年齢よりも落ち着いた印象のあるシアーシャが、痛々しくも愛すべきティーン エイジャーを演じた本作の特報が遂に完成! 自分自身を“レディ・バード”と名乗る多感な 17 歳の女子高生クリスティン。地 元カリフォルニア州サクラメントを嫌い、「都会の大学に行く!」と宣言する彼女に、 「地元の大学にして、人生は甘くないの・・・」と母親が諭すのを無視して、車から 勢いよく飛び降りるという衝撃のシーンも。進学、家庭、恋愛、友情という誰もが 経験する甘酸っぱい青春時代の悩みを抱えるレディ・バードは、輝く未来へ羽ばたけるのか?

最後に母親が投げ掛ける、

「ママは信じてる、いつか“最高のあなた”になれると」

という愛情溢れるセリフに思わずグッと心を掴まれる特報となっています。



映画情報どっとこむ ralph レディ・バード

http://ladybird-movie.jp

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。

閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン (自称“レディ・バード”)。高校生活最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める 17 歳の少女の揺れ動く 心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作! 全米 4 館で限定公開され、1 館当たり約 9 万ドルを超えるスマッシュ・ヒット。また、口コミで徐々に話題を呼び、全米 1,557 館で拡大公開さ れ、累計約 4,600 万ドルを超えて 5 週連続トップ 10 入り。そして、米映画レビューサイト“ロッテン・トマト”で映画批評家 164 人から 100% 大絶賛され、『トイ・ストーリー2』を抜いて 18 年ぶりに新記録更新。さらに、本年度ゴールデン・グローブ賞で作品賞&主演女優賞 2 部門受 賞し、各映画賞席巻の累計 83 部門受賞&187 部門ノミネート。日に日に注目度を増し、本年度アカデミー賞®最有力の本命に躍り出た 本作が遂に日本公開!

***********************************

監督・脚本:グレタ・ガーウィグ
出演:シアーシャ・ローナン、ローリー・メトカーフ、トレイシー・レッツ、ルーカス・ヘッジズ、ティモシー・シャラメ、 ビーニー・フェルドスタイン、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン、ロイス・スミス

配給:東宝東和
作品&映像クレジット:© 2017 InterActiveCorp Films, LLC.
画像クレジット:Merie Wallace, courtesy of A24


菅田将暉x土屋太鳳『となりの怪物くん』前売券特典で原作マンガと夢コラボが実現!


映画情報どっとこむ ralph 何もかもが「初めて」同士の二人を中心とした、まっすぐだけど不器用な登場人物たちが織りなす繊細なヒューマンドラマが、女子高生だけではなく多くの層から支持を集めるさくコミック。この度遂に菅田将暉、土屋太鳳に、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳と人気俳優が集結して待望の映画化!!

4月27日(金)公開となります。

そして!この度、3月3日(土)より発売となる前売券購入特典の情報が解禁となりました!

全国合計2万名様に、原作者・ろびこ先生描き下ろしイラストと映画ビジュアルを両面に使用したクリアファイルをプレゼント。
表面の実写映画ビジュアルは、今回のクリアファイルでしか見ることのできない自撮りをしているような仲睦まじいショットに。ろびこ先生によるイラストは12月より発売となっている「となりの怪物くん愛蔵版」の表紙と今回のためだけに描き下ろされた“みっちゃん”が組み合わさったスペシャルなものに!原作ファンの方々も、原作を知らないけれども映画の公開が待ち遠しい方々も、嬉しい特典になっています。

前売券概要
※前売券1枚につき、特製クリアファイルを1部プレゼント!
※数量限定のため、プレゼント終了の際はご了承ください。
※劇場限定の特典です。
※特典は非売品です。転売目的での購入はご遠慮ください。
※詳細は劇場スタッフにお問い合わせください。
※前売券販売劇場は、映画『となりの怪物くん』公式サイトでご確認ください。


映画情報どっとこむ ralph 主演の一人・吉田春に菅田将暉。同じく主演のヒロイン・水谷雫に土屋太鳳。その他、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳ら、若手実力派俳優が集結。瑞々しいキャストの競演がスクリーンを彩ります。

監督を務めるのは、2017年の大ヒット作品『君の膵臓をたべたい』など、数多くの青春恋愛映画を手掛け、“新たなラブストーリーの名手“との呼び声も高い気鋭の月川翔。さらに多くのラブストーリーを手掛ける脚本家・金子ありさが、少女マンガ原作の枠に止まらない感動の人間ドラマを紡ぎだしました。2018年、『となりの怪物くん』が青春恋愛映画の新たな金字塔を打ち立てます。

そして先日、西野カナが主題歌&挿入歌を担当することが発表となりさらに話題沸騰中の本作です。


映画『となりの怪物くん

4月27日(金)より全国東宝系にて公開!

映画公式サイト:
http://tona-kai.jp

映画公式Twitter:
@MovieTonakai

ストーリー
行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。
それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。仕事で家にいない母親に認められるために、幼い頃から勉強だけを信じてきた雫にとって、友達や恋人などはただの邪魔な存在でしかなく、はじめは無関心だったが、やがて春の本当の人柄に触れ、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。それは春と雫にとって、初めて“みんな”で過ごす時間だった。
そんなある日、兄の優山(古川雄輝)が春のもとに現れたことがきっかけで、春は絶縁状態だった父親の元へ突如連れ戻されることになり、雫の前からも姿を消してしまう。

なぜ、春は“怪物”になったのか?
そしてその真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は―?

***********************************

キャストビリング
菅田将暉 土屋太鳳
古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳
佐野史郎 / 速水もこみち

原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「KCデザート」刊)
監督:月川 翔
脚本:金子ありさ
音楽:林ゆうき
主題歌:西野カナ「アイラブユー」(SMEレコーズ)
公開:4月27日(金)

撮影期間:2017年5月下旬~7月上旬
企画・製作:東宝
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
©2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 ©ろびこ/講談社


平野紫耀、ファンの前で自ら映画の完成を生報告『honey』遂に完成!


映画情報どっとこむ ralph 主演・平野紫耀( King & Prince )とヒロイン・平祐奈で目黒あむ先生の「honey」の実写化が3月31日(土)に公開となります。

その完成を記念し、披露試写会が行われ、今回映画初主演を務めた平野紫耀(King & Prince)さん、平祐奈さん、横浜流星さん、水谷果穂さん、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)さん、佐野岳さん、高橋優さん、神徳幸治監督 豪華キャスト・スタッフ陣が勢ぞろいする舞台挨拶が行われました。

その試写会前には劇場メインロビーにて、ファンの前で平野紫耀さんが自ら映画の完成を生報告も行われました!

映画『honey』完成披露試写イベント
日時:2月21日(水)
会場:新宿バルト9
登壇:
平野紫耀(King & Prince)、平 祐奈
横浜流星、水谷果穂、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)
佐野 岳、高橋 優、神徳幸治監督

映画情報どっとこむ ralph 試写会前に新宿バルト9劇場メインロビーには大勢のファン。

そして・・・バラで装飾された階段を、王子のような平野紫耀さんが降りてくると絶叫に近い歓声が!

自ら映画の完成を生報告しました!
平野さん:初めての主演映画で、。思い入れも気合も入っている作品です。今回完成しまして、これから観ていただきます。映画を観ていただいた後にはすっきりした顔で帰っていただければと思っています。少女漫画原作ですと壁ドンとかアゴクイ!(ファン:キャー)ですが、honey見どころは鬼瀬くんの人間みとかがあふれていて、身近な気持ちになります。鬼瀬のギャップと一途さをみて!

ここでは、大型スタンディーの除幕式も行われました!

映画情報どっとこむ ralph そして、場所を劇場に移し共演者と共に舞台挨拶。

平野さん:こんばんわ!今日は短い間ですが楽しい時間を過ごせればと思っています。

神徳監督:キャスト&スタッフ全員でまっすぐな映画を創りました!
との挨拶からイベントはスタート!

今の気持ちを
平野さん:とても緊張しながらも、思い入れも気合が入った作品ですので、どういう反応が返って来るのか楽しみです。映像にもクラスメイト感、恋愛や友情や細かい感情が詰め込まれていますので、瞬きしないように!

との、平野さんからのお達しが!

平さんは、この映画で20cm髪を切り更に茶髪に。
平さん:私とは正反対な女の子で、難しい面もあったのですが監督と話し合いながら演じていきました。

この映画、キャラクターがどんどん成長。変わっていきます。
横浜さん:演じるうえでは、思ったこととは反対の行動をとってしまうのは共感できたのと、みんなが現場では役として生きてくれていたのと紫耀のド天然が炸裂していたので良い雰囲気で撮影できました。それから、可愛らしさを表現したので。可愛いなと思っていただければ。

映画情報どっとこむ ralph 心情をあまりあらわさない役どころを演じて浅川さんは
浅川さん:感情表現が豊かな子ではないので、口数も少ないので。。。笑顔と目で訴えることを表現しました。

クールな役どころの水谷さんですが、かなり天然系のご様子。
水谷さん:最初は役柄に併せて現場でいたのですが、だんだんと仲良くなっていくうちに、わたしよりになっていました。

激しいアクションをしている佐野さんは・・
佐野さん:先に謝っときます。紫耀ちゃんボコボコにしてます。やりやすかったです。

やられた平野さんは

平野さん:クランクインから乱闘シーンで。岳ちゃんはアクションやっていたのでいろいろ教えてもらいました。

と撮影時にお世話になったエピソードを明かしました。

そして、今回映画初出演の高橋さんは、ご存知の通りミュージシャン。
高橋さん:今メチャメチャ不安です。セリフを言うのが初めてで、自分の喋りを録音して聞いてみたら、喋った後で足し笑していて・・・。直そうと思いました。

神徳監督:夢とか恋とか、精一杯頑張ってる人に。勇気を与えられたり、心が動かされるようなものにしました。僕の役割は、みんながノビノビ役を生きられるようにすること。うまくいったと思います。

撮影現場では和気藹々だったようで座長自ら考案のwith Bゲームをしたりしていたそうで、実演も飛び出しました!
映画情報どっとこむ ralph 初めて挑戦したいもの

平さん:ダイビング!
横浜さん:ギター弾き語り!
水谷さん:スケジュール管理・・・苦手なんです。
浅川さん:家事をしっかり!
佐野さん:茶道
高橋さん:全国ツアー中で、ツアーのファイナルがこの映画の公開の1日前。ツアーを無事終えて公開した映画を見に行く。

平野さん:無人島暮らし!プライベートで。甘えない環境に置かれたいんです。
と言う平野さんに公開日までの試練が!じゃーん!
本作のストーリー“はじめての恋”と劇中に出てくる“108本のバラ”にかけて、映画公開までに“108のはじめて”に挑戦することに!

初日の舞台挨拶で発表するそうです!

果たしてどんな挑戦をするのか!結果は3月31日に!

映画情報どっとこむ ralph 映画『honey

3月31日(土) 鬼キュン♡ロードショー
公式サイト:
honey-movie.jp
公式Twitter:
@honey-movie2018
#映画honey

物語・・・

「俺と、結婚を前提につき合ってください!」突然のプロポーズ!?
幼いころに両親を事故で失い、優しい叔父・宗介に見守られて育った女子高生・小暮奈緒は、ビビりでヘタレ、そして不良が大の苦手!
あろうことか、奈緒は入学式の日、上級生と新入生とのケンカに遭遇してしまう。
その新入生とは、真っ赤な髪と鋭い目つきをした“超”不良と恐れられる鬼瀬大雅だった。
ある日突然、奈緒はその鬼瀬から、体育館裏に呼び出される。放課後、奈緒がそこに向かうと…
「俺と、結婚を前提につき合ってください!」と、突然のプロポーズ!?からの告白。
叔父の宗介に憧れながらも、ビビッて断れなかった奈緒は、鬼瀬とつき合うことに。
しかし奈緒はギャップに戸惑いながらも、徐々に鬼瀬が見かけや噂と違って、人一倍優しく純粋だということに気付いていき…。
遂に奈緒は鬼瀬に嘘をついていることが心苦しくなり「怖くて告白を断れなかったけど、本当は他に好きな人がいる」と打ち明ける。奈緒の為に悲しい気持ちをかくして「あらためて友達になろう」と優しく笑う鬼瀬。そんな中、友達が出来ずに悩んでいた超かわいい転校生・雅と鬼瀬が急接近!?はじめての嫉妬、はじめての気持ち、はじめての…恋…?
奈緒の中に、今までに感じたことのない想いが溢れはじめる。



***********************************

出演:平野紫耀(King & Prince) 平 祐奈
   横浜流星 水谷果穂 浅川梨奈(SUPER☆GiRL) 佐野 岳 
   臼田あさ美 中山 忍 高橋 優
原作:「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:山岡潤平 監督:神徳幸治
主題歌:Sonar Pocket『108~永遠~』
配給:東映/ショウゲート 
映画クレジット:(C)2018「honey」製作委員会
原作クレジット:(c)目黒あむ/集英社マーガレットコミックス


紘毅、徳永ゆうき ゆうきひろきミニライブ付き『バケツと僕!』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 3月3日よりK’s cinemaにて公開となります紘毅・徳永ゆうきW主演『バケツと僕!』の舞台挨拶付きプレミア上映が行われました。

本作は、養護施設の新米先生となった気弱な青年・神島(紘毅)と、軽度の発達障害をもった個性的な少年・バケツ(徳永ゆうき)の笑いあり、涙ありのバディムービー。様々な壁に立ちはだかられ、つまずきながらも2人の不器用な絆で乗り越えようとする感動的な作品。

舞台挨拶には、主演の紘毅さん、徳永ゆうきさんと、本作にも出演している「ダウン症のイケメン」タレントのあべけん太さん、原作「バケツ」(文春文庫刊)の著者・北島行徳さん、石田和彦監督が登壇しました。
更に、主演の2人が意気投合し、本作の応援ユニット「ゆうきひろき」を結成。2月28日のDVD付きシングルCDの発売に先駆け、特別ミニライブを行ないました。

『バケツと僕!』の舞台挨拶付きプレミア
日時:2月21日(水)
場所:飯田橋 神楽座
登壇: 紘毅、徳永ゆうき、あべけん太、北島行徳、石田和彦監督

映画情報どっとこむ ralph 先日44歳になられた徳永さんと紹介されると
徳永さん:45です。23歳です!

との鉄板ネタからスタート。

徳永さん:役作りはイメージがわかなくて難しかったのですが、あべけん太さんとも撮影前によく話して創り上げました。常にぼーっとしてる中にも明るさがある人だと監督から言われて演じました。

と話します。徳永さんにアドバイスもした自身障害を持つ阿部さんは

あべさん:障害者をもっと知って欲しいので、この映画を観ていただけたら嬉しいです。

そして、自然な演技が目を見張る紘毅さんは

紘毅さん:生涯を持つ方と接することがなかったので、どう接してよいのか・・から始めて。でも、撮影が進むに連れて普通で良いんだと気づかされまして、自分で壁を作らないということ。役作りというよりはやりながら学びました。

と語り、石田監督からもっと明るく演じるようにと演出があったそうで

紘毅さん:台本もらってかなり集中していて、シリアスに始めたらもっと楽しい映画だからって監督から言われて、最初の3倍くらい明るく演じました。監督が底抜けに明るい方なんです!真面目なシーンほど真面目にふざけました。

と明るい映画にするアプローチに変更したそう。

原作者の北島さんは

北島さん:原作小説は13年前。映画化・ドラマ化の話が沢山あって、でも全部とん挫して。・・・年月が経って。今回晴れて映画化となりました。二人の演技を見て、これで13年間待たされたんだ。これで良かったんだと思いました。今の世の中、ピリピリしている。すぐ怒ったり、誹謗中傷したりそんなに焦らないで優しく成りなよと。きつい描写もありますが半面優しを感じてもらえるところもあると思います。

映画情報どっとこむ ralph ひろきゆうきミニライブ

本作の主題歌「虹色のファンタジー」を紘毅さんが披露。

そして、徳永さんが茶髪にして登場!

ゆうきひろきとして「白い雲のように」、「ひだまりの詩」を生で披露しました。
映画情報どっとこむ ralph

『バケツと僕!』

3月3日(土)より新宿K’s cinema他、全国ロードショー

公式サイト:
baketsu.ayapro.ne.jp/
物語・・・
養護施設で働くことになった神島(紘毅)は“バケツ”というあだ名の15歳の少年(徳永ゆうき)と出会う。バケツには軽度な知的障害と盗癖があり、母親から虐待を受け、挙句の果てに捨てられ、更には唯一の兄弟からも見放され、しまいには施設からも追い出されてしまう。神島は、先輩の黒田(岡本玲)の協力を得て、バケツを引き取り面倒をみることにするのだが・・・・。

***********************************

紘毅 徳永ゆうき
岡本玲 竹島由夏 二木てるみ 渡辺梓 ダチョウ倶楽部 海原はるか・かなた 杉田かおる
主題歌:「虹色のファンタジー」紘毅(出版:前川企画)
監督:石田和彦 原作:北島行徳「バケツ」(文春文庫刊)
エグゼクティブプロデューサー:柿崎ゆうじ
企画・プロデューサー:竹山昌利
プロデューサー:古谷謙一
脚本:北島行徳・山田耕大・石田和彦・竹山昌利
音楽:安川午朗 撮影:佐々木原保志
照明:安河内央之 録音:橋本泰夫 美術:黒田享大 編集:細野優里子
スクリプター:長坂由起子
音響効果:伊藤進一 整音:野村みき
助監督:宮村敏正 制作担当:松田憲一良
製作:映画『バケツと僕!』製作委員会
制作プロダクション:カートエンターテイメント
配給:彩プロ
助成 文化庁文化芸術振興費補助金
年少者映画審議会推薦
©映画『バケツと僕』製作委員会


『サラバ静寂』宇賀那健一監督発!アイドル:始発待ちアンダーグラウンドMV到着


映画情報どっとこむ ralph 映画『サラバ静寂』が絶賛公開中の宇賀那健一監督による、渋谷で終電を逃しちゃったから暇つぶしに結成したアイドル、始発待ちアンダーグラウンドの初音源「フラストレーション」のミュージックビデオが完成しました。


◎「フラストレーション」作品詳細
曲名:フラストレーション
作詞・作曲:今村怜央(The John’s Guerrilla、Babylon Panic、ALI)

【始発待ちアンダーグラウンド】
渋谷で終電を逃しちゃったから暇つぶしに結成したアイドル
メンバー:オクヤマ・ウイ、ツキノ・チハル、フカミ・アスミ、ムラタ・ヒナギク
オクヤマ・ウイ

ツキノ・チハル

フカミ・アスミ

ムラタ・ヒナギク


映画情報どっとこむ ralph 主演は、今作がミュージックビデオ初出演となる真上さつき(『牝猫たち』『アルビノ』)で、ラブホテルで既婚男性に誕生日を祝われた女性の姿を、力強く艶やかに演じております。

◎真上さつき さんからのコメント
「心から愛してほしい」とか「ちゃんと私をミテ」とか「欲しい」とか 思っていても、 伝えられない。使えないプライドと使えない忍耐力を持った弱虫女です。私は所詮

◎宇賀那健一監督 からのコメント
きっと始発が来たら解散してしまう彼女たちの楽曲を聴いて、渋谷で始発を待つとある寂しい 女の子を美しく描こうと思いました。そしてその中で頭に浮かんだのは、ずっと一緒に仕事を したかった真上さつきさんでした。真上さつきの叫びが、始発待ちアンダーグラウンドの肉体 が、今村怜央の楽曲が、『サラバ静寂』チームの映像に込めた想いが、薄暗い渋谷の静寂を切 り裂きますように。 渋谷のカルチャーは、ドブネズミのように美しく、逞しく、まだ死にません。

映画情報どっとこむ ralph 映画情報サイトなので 宇賀那健一 監督の絶賛公開中の映画をご紹介。

映画『サラバ静寂

公式HP:
http://www.saraba-seijaku.com

物語・・・
「遊楽法」という音楽や映画、小説などの娯楽が禁止される法律が施行された日本。

ネジ工場で働くだけのつまらない生活を送っていたミズト (吉村界人)とトキオ(若葉竜也)はある日、偶然根絶されたはずの音楽が沢山保存されている廃墟を見つけてしまう。廃墟に通いつめ、どんど ん音楽に魅了されて
いく2人は、未だに闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知り、そこへいくことを夢見て一緒に音楽を作 りだすのだが、音楽を心から憎んでいる杉村(斎藤工)率いる 警察、そして、音楽を所持している罪で父親を殺されたヒカリ(SUMIRE)も2人のいる廃墟へと歩みを向けていた…。


吉村界人、SUMIRE、若葉竜也、森本のぶ、斎藤工、宇賀那健一監督登壇、
初日舞台挨拶の模様はこちら


***********************************


キャスト:吉村界人・SUMIRE・若葉竜也・森本のぶ/斎藤工

カトウシンスケ・内木英二・川連廣明・泊帝・影山祐子・杉山拓也・髙木直子・田山由起・美館智範・ミヤザキタケル・ヒス・ソニー

出演アーティスト:​灰野敬二、大貫憲章 (特別出演)、仲野茂、今村怜央(レオ) ほか

参加ミュージシャン:​ASSFORT・GOMESS・渡辺俊美(ZOOT16・TOKYO NO.1 SOULSET)&三星幸紘・COLORED RICE MEN・GOMA・ 始発待ちアンダーグラウンド・リンダ&マーヤ・羊文学・
SMASH YOUR FACE・INU(町田町蔵)・かせきさいだぁ・オキシドー ターズ×遠藤ミチロウ・Trinite・桑名六道(ジャジャ岩城)・仮面女子・藤井悟・笹口騒音オーケストラ・ばちかぶり(田口トモロヲ) Compact Club・Yuji
Rerure Kawaguchi・ランキンタクシー・輪入道・jan and naomi・QP-CRAZY(殺害塩化ビニール) 忘れらんねえよ・ U-zhaan・山川冬樹・FORWARD・非常階段・ギターウルフ
・チバ大三・WRENCH・川辺ヒロシ・おとぎ話

企画・脚本・監督:宇賀那健一

スタッフ:【プロデューサー】小林和仁 小野川浩幸 【撮影監督】八重樫肇春 【劇中衣装協力】CYDERHOUSE 【衣装デザイン・スタイリスト】松田稜平 【美術・装飾・持道具】 横張聡【音楽】小野川浩幸 【企画】宇賀那健一 小林和仁 【助監督】平波亘 【制作担当】飯塚香織【VFXスーパーバイザー】小林敬裕(UNDERGRAPH inc.) 【編集】上本聡 【ヘアメイク】寺沢ルミ 【スチール】伊藤華織【録音】Keefar、岸川達也 【整音】紫藤佑弥