「青春」カテゴリーアーカイブ

「君の名は。」オーケストラコンサート RADWIMPS×東京フィルPR 動画解禁!


映画情報どっとこむ ralph RADWIMPS×東京フィルハーモニー交響楽団が、スクリーンに映し出される映画全編と共に生演奏を繰り広げた 『君の名は。』オーケストラコンサート。臨場感あふれる音響とパフォーマンスに映画の感動が再び観客に押し寄せ た。コンサートは 2017年12月4日(月)、12月5日(火)の 2 日間限定で東京国際フォーラムで行われ、合計で 約 10,000 人。
「君の名は。」オーケストラコンサートは、コンダクターに栗田博文を迎え、さらに、「君の名は。」の劇伴制作でも RADWIMPS をアシストした徳澤青弦が、この 2日間のためにオーケストラアレンジを再構築したプレミアムなコンサート。 Blu-ray&DVDの発売を前に公開した PR動画は、主題歌の「夢灯籠」「前前前世」「スパークル」「なんでもないや」 のコンサート映像の一部を繋いだもの。本編映像に合わせて、織り成される重厚な生演奏や生歌により、主題歌、劇伴がより立体的な響きとなり、観るものを映画の世界に引き込みます。
4月18日(水)に発売となる Blu-ray&DVD には 2017年12月5日(火)の公演模様全編を収録。

映像特典として、リハーサルや本番前の様子をおさめたドキュメンタリー映像や、アンコール映像を収録。更に、ステージ写真をふんだんに盛り込んだ豪華ブックレットや前前前世(movie edit.)フルスコア(楽譜)も封入。
また、先着予約・購入特典としてオリジナル A4クリアファイルもプレゼント。 (※特典は数に限りがござます。また一部特典の付かない店舗もございます。)

「君の名は。」オーケストラコンサート Blu-ray&DVD は「君の名は。」ファン必携の 1枚に仕上がっています。


この度、Blu-ray&DVDリリースに先駆けて、『君の名は。』主題歌の「前前前世」など、 RADWIMPSが東京フィルハーモニー交響楽団と 演奏をする映像を一部公開


映画情報どっとこむ ralph <商品仕様>
「君の名は。」オーケストラコンサート [Blu-ray] 価格:¥6,800+税 品番:TBR28176D POS:4988104116765 収録時間:本編約 121 分+映像特典 15 分 仕様:カラー/16:9/2層(BD50G)/ MPEG4 AVC /2.0ch リニア PCM

「君の名は。」オーケストラコンサート [DVD] 価格:¥5,800+税 品番:TDV28177D POS:4988104116772 収録時間:本編約 121 分+映像特典 15 分 仕様:カラー/16:9 LB/片面 2 層/ MPEG2/2.0ch ドルビーデジタル

【Set List】 1.チューニング 2.夢灯籠 3.三葉の通学 4.糸守高校 5.はじめての、東京 6.憧れカフェ 7.奥寺先輩のテーマ 8.ふたりの異変 9.前前前世 (movie edit.) 10.御神体 11.デート 12.秋祭り


13.記憶を呼び起こす瀧 14.飛騨探訪 15.消えた町 16.図書館 17.旅館の夜 18.御神体へ再び 19.口噛み酒トリップ 20.作戦会議 21.町長説得 22.三葉のテーマ 23.見えないふたり 24.かたわれ時 25.スパークル (movie ver.) 26.デート 2 27.なんでもないや (movie edit.) 28.なんでもないや (movie ver.) -アンコール- 29.前前前世 (movie ver.) 30.エンディング

【映像特典】 ・「君の名は。」オーケストラコンサート ドキュメンタリー リハーサルや本番前、アンコールの様子をおさめたドキュメンタリー

【封入特典】 ・44 ページブックレット ステージ写真に加え、栗田博文(指揮)インタビュー、 徳澤青弦(オーケストラアレンジ)インタビューなど充実のライナーノーツ ・前前前世(movie edit.)フルスコア

※仕様・内容は予告なく変更になる場合があります。

【CAST&STAFF】
出演:RADWIMPS 指揮:栗田博文 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
オーケストラアレンジ : 徳澤青弦
©2016「君の名は。」製作委員会

***********************************



地球を守ってきた最強声優陣集結、コメントも!『パシフィック・リム:アップライジング』


映画情報どっとこむ ralph 日本をはじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月13日(金)に日本公開いたします。

この度、数々のロボットを乗りこなし地球を、日本を守ってきた史上最強布陣が集結!
空前絶後の超絶豪華な第一弾日本語吹替キャストを発表となりました!!
前作でパイロットの座を勝ち取り人類を救う英雄となった菊地凛子演じる森マコには林原めぐみさん、

林原さん:まさか、また森マコに会えるとは思いませんでした。メンバーも一新する中、ベテランの風格を漂わせているマコに、時の流れを感じます。前作に引き続き、日本へのリスペクトは十二分に感じられました。

KAIJUの脳とのドリフトという荒業で勝利への突破口を切り開き本作でも物語を重要なカギとなるニュート博士には古谷徹さん、

古谷さん:再びニュート博士を演じられて嬉しいです!チャーリー・デイは喜怒哀楽が激しい個性的な演技をする俳優さんで、演じがいがあります。ますます磨きがかかった僕の怪演にご期待ください!

気難しくも天才的な分析を見せ本作でも獅子奮迅の活躍を見せるハーマン博士には三ツ矢雄二さんが前作に引き続き続投決定!!

三ツ矢さん:パート2なので、あれからどんな話が続くのか、楽しみにしていました。思いの外、たくさん喋っていて、体力を使いました。ちょっとクセのある変わったキャラクターなので、なにか味がでるといいな、と思っていましたが、セリフの量が多くて、しゃべるのだけで必死になってしまい、自分の個性で勝負、という感じになってしまいました。日本の専売特許だった『カイジュウ』が世界ブランドとして登場します。大人も子供も楽しめる作品です。ぜひご覧になって下さい。

日本声優界を代表する方々が再び集結なんです!


そして本作からの新キャストは、主人公ジェイク・ペントコストには、「マクロスF」早乙女アルト役/「機動戦士ガンダム00」グラハム・エーカー役の中村悠一さん!そのジェイクの相棒でありエースパイロットのネイサン・ランバート役には『ワイルド・スピード ICE BREAK』でもスコット・イーストウッドの吹替を担当し、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』で古代進の声を務める小野大輔さん!イェーガーは2人のパイロットが神経接続し意思統一する”ドリフト”によって操縦することのできる胸アツシステムを搭載しており、一心同体となってイェーガーに乗り込む超強力タッグのコンビネーションを中村悠一&小野大輔がどう演じるかに注目が集まります!

中村さん:デル・トロ監督とはまた違った「わかってるなぁ」感満載の本作、収録も楽しみながら、キャスト一同全力で挑ませて頂きました。イェーガーやKAIJUが入り乱れる迫力の映像は是非とも劇場で観ていただきたいです!

小野さん:前作のスケールの大きさ、面白さ、想いをバッチリ引き継いだ今作。とにかく熱くて楽しかったです。ぜひ劇場で心を1つにして、共にイェーガーに乗り込んでいただければと思います。

とコメントを寄せ、東京を蹂躙するKAIJUとの激戦に臨んだ熱い想いを明かしています。

映画情報どっとこむ ralph そのほか、本作から参戦する新キャスト達として、独自にイェーガーを作り上げる謎の少女アマーラ役には「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ララァ・スン役早見沙織さん!

早見さん:「パシフィック・リム」の続編に出演させて頂けることをとても嬉しく思います。臨場感溢れるイェーガーのアクションシーンは、アフレコの時も手に汗握りました。ぜひスクリーンで、大迫力の映像をお楽しみくださいませ。

イェーガーの整備や指揮ラインの管理でパイロットを支えるジュールス役には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」真希波・マリ・イラストリアス役の坂本真綾さん!

坂本さん;ジュールスはとにかく美しいです。同じ女性から見ても惚れそうなほど。公開がスタートしたら私もぜひ劇場の大きなスクリーンで、改めてじっくり楽しみたいと思っています!

そして、イェーガーの開発に尽力するシャオ産業の才媛・リーウェン役には魏涼子さん、

魏さん:華やかな声優の皆様に囲まれて収録する事が出来、とても幸せな時間でした。ここだけの話、一ヵ所だけ中国語でガヤを収録してもらえましたが、使って頂けるかな…!?どうぞお楽しみに~!


新たな司令官的な役割を担い辣腕を振るうチュアン役には子安武人さんと、

子安さん:ロボット・怪獣・SF・バトル。大好きな要素テンコ盛り、面白いに決まってる!頭カラッポで興奮しまくろう!!


映画情報どっとこむ ralph 盤石すぎる布陣!しかし、今回発表はあくまで”第一弾”だそうです。

ということは第二弾待ち遠しい!

字幕で観るか?日本語版で観るか?迷う? 両方観ちゃいましょ!

パシフィック・リム:アップライジング

公式サイト:
pacificrim.jp

公式Twitter:
twitter.com/PacificRim_JP

戦いは終わりではなく、始まりだった。

前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャスト、さらに新キャストとして名を連ねる新田真剣佑も活躍!先日、主要キャストと監督の来日、さらにファン待望のジャパンプレミアの開催が発表され大きな話題を集め、2018年の春の映画シーンを大いに盛り上げること間違いなしの本作。

***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、ケイル・ボイター、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス 
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか

全米公開:2018年3月23日(予定) 
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和 
【映画】©Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】© Legendary 2018. All Rights Reserved.
   


あのスティングが50回鑑賞!!笑撃的ロックバンドあるある映画『スパイナル・タップ』日本初公開決定


映画情報どっとこむ ralph 架空のロックバンド「スパイナル・タップ」の全米ツアーに密着、当時隆盛を極めていたハード・ロック/ヘヴィ・メタル文化や音楽を風刺したカルト的人気を誇るロック・モキュメンタリー『スパイナル・タップ』が遂に日本初公開決定!!6月16日(土)より新宿武蔵野館他全国ロードショーとなります。
本作は、あの名作『スタンド・バイ・ミー』、『恋人たちの予感』、『ミザリー』のロブ・ライナー監督が1984年に製作した初監督作品。モキュメンタリーというジャンルにおいては『食人族』と共に草分け的存在として知られ、ロック映画というくくりにおいては映画史上に残る金字塔的作品とされている。

「スパイナル・タップ」は1960年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。
歴代ドラマーが自然発火やステージで爆死など意味不明な死因で死んでしまったり、楽屋からステージまでの導線を忘れてしまいコンサート直前に迷子になってしまうなど、メンバー全員がやることなすこと支離滅裂なロック・バカだ。そんな彼らの全米ツアーに映画監督のマーティ・ディ・ベルギーが密着!自身の愛するロックバンドの裏側をあますことなく捉えた究極のロック・ドキュメンタリーを作り上げる!!

映画監督マーティ・ディ・ベルギーを演じたのは、ロブ・ライナー監督。
あまりにもリアルだったため「本国で公開されたとき観客がみんな本当の話だと思っていた」と監督が語る本作には、幼馴染でずっと一緒に活動してきたギタリストが途中で仲違いしてバンドから抜けてしまったり、メンバーの彼女がバンドの運営や音楽性に口を出してきたり、とバンドマンなら「あるある」と納得してしまうようなシーンが盛り込まれている。また、レッド・ツェッペリンやヴァン・ヘイレンのエピソードを下敷きにしたとされるシーンもあり、ロック好きの笑いを誘う。

映画情報どっとこむ ralph あのスティングが50回鑑賞し、「リアル過ぎて泣いていいのか笑っていいのかわからなかった」と絶賛(!?)。

「カルト・ムービー・トップ50」(エンターテインメント・ウィークリー誌03年発表)、「歴代ロック映画トップ10」(Mojo誌05年発表) 、「ロックンロール映画オールタイムベスト100」 (BLENDER誌05年発表)で第1位を飾った映画『スパイナル・タップ』。「バンドマンあるある」ネタとロックへの愛情に溢れる本作は、全国民必見の笑撃的ロック映画だ!!

原題:THIS IS SPINAL TAP 
公式サイト:http://spinaltap.jp

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。
ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。
そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!
彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する!!

***********************************

監督:ロブ・ライナー
製作:カレン・マーフィ
出演:ロブ・ライナー、マイケル・マッキーン、クリストファー・ゲスト
1984年/アメリカ/82分/ビスタ
提供:キングレコード
配給:アンプラグド
©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.


『君の名前で僕を呼んで』海外の豪華著名人ニコール・キッドマン、グザヴィエ・ドランらからコメントが到着!


映画情報どっとこむ ralph 『君の名前で僕を呼んで』は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた作品で、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作。

「★★★★★(最高点)胸が張り裂ける感動!」-タイムアウト紙
「息をのむほどの美を兼ね備えた傑作」-オブザーバー紙
「魅了され、恍惚となるほどに美しい映画」-ワシントンポスト紙
「今年最も魅惑的な映画」-アトランティック紙
「“傑作”という名前でこの映画を呼ぼう」-ニューヨークポスト紙 

などの各誌レビューにあるように、世界中から熱狂的な賛辞が贈られ、いよいよ日本では4月27日(金)より公開となります。


そんな今大注目の本作へ、ゲイリー・オールドマン、ニコール・キッドマン、グザヴィエ・ドランら海外の豪華著名人からコメントが到着しました!!

彼(ティモシー・シャラメ)の活躍に興奮している。とても才能のある魅力的な子だ。きっとまたこの(アカデミー賞の)場所に戻ってくる。
ゲイリー・オールドマン
(男優/本年度アカデミー賞主演男優賞『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』)

『君の名前で僕を呼んで』は必見よ!!
ニコール・キッドマン(女優/『ムーラン・ルージュ』『めぐりあう時間たち』)

(鑑賞後)しばらく動けなかった。話したくても、話すことができないほどだった。失恋についての残酷な真実を、最高の、審美的な映画で見ることはとても感動的だ。
グザヴィエ・ドラン(映画監督/『Mommy/マミー』『たかが世界の終わり』)

(ティモシー・シャラメが)こんなに若いと思わなかったの。とてもとても才能溢れていて、ホット!彼が30歳になるまで待つわ。
ジェニファー・ローレンス(女優/『ハンガー・ゲーム』シリーズ『世界にひとつのプレイブック』)

2017年に観た映画の中で一番のお気に入り。
ポール・トーマス・アンダーソン(映画監督/『ファントム・スレッド』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』)

この映画のすべてが美しく、チャーミングで、魅力的だ。今年の大発見ティモシー・シャラメを見よ。
ペドロ・アルモドバル(映画監督/『オール・アバウト・マイ・マザー』『ジュリエッタ』)

ようやく観ることができた『君の名前で僕を呼んで』─ なんという作品だ!!
ライアン・ジョンソン(映画監督/『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)

(ティモシー・シャラメのエリオ役は)とてもスペシャルな役柄で、ポピュラー・カルチャーの中で今まさにこの時の役。彼がやりとげた仕事、人々に感じさせたものは途方もないものだ!
フランク・オーシャン (R&B シンガー)

映画は最初から最後まで、ひたむきで、熟していて、愛がこもっている。極めて繊細で人間味のある作品。その控え目さはエレガントで輝いている。
バリー・ジェンキンス(映画監督/『ムーンライト』)


上記著名人以外にも、ダニエル・クワン(「スイス・アーミーマン」監督)、ベン・プラット(2017年トニー賞主演男優賞受賞(ブロードウェイミュージカル「Dear Evan Hansen」)、ジョーダン・ガバリス (「オーファンブラック 暴走遺伝子」サラ(タチアナ・マズラニー)の義弟フェッリクス役)など、数々の著名人が本作を絶賛しており、その勢いはとどまるところを知りません!

映画情報どっとこむ ralph 君の名前で僕を呼んで
原題:Call Me By Your Name     

cmbyn-movie.jp

物語・・・
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

***********************************

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12

提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム 
配給:ファントム・フィルム 
©Frenesy, La Cinefacture 


『honey』平 祐奈演じるヒロイン・小暮奈緒のキャラクター映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 2012年9月〜2015年12月まで、集英社 別冊マーガレットにて連載され、女の子なら誰もが憧れる史上最高に甘い〝初恋〟を描き、不良なのにキュートでピュアな主人公・鬼瀬くんのギャップが、中高生に圧倒的な支持を集めた大人気コミック「honey」(目黒あむ著)の実写化が、主演・平野紫耀( King & Prince )とヒロイン・平祐奈で3月31日(土)に公開となります。


先に行われた東京での完成報告大阪あべのでのキャンペーンと大変盛り上がっっている本作ですが!

この度、平 祐奈演じるヒロイン・小暮奈緒のキャラクター映像が解禁となりました!

小暮奈緒(平祐奈)キャラクター動画



幼いころに両親を亡くし、「怖い、無理」が口癖になってしまったヘタレでビビリな女子高生・奈緒。親代わりの叔父・宗介(高橋優)に守られて生きてきたが、高校入学早々に、赤い髪で鋭い目つき、見かけは誰もが恐れる不良の鬼瀬大雅(平野紫耀)に体育館裏に呼び出され、「俺と、結婚を前提につき合ってください!」と突然のプロポーズからの告白を受ける。
本当は叔父の宗介に憧れを抱いていたが、ビビッて断りきれず鬼瀬とつき合うことになる奈緒。
しかし、その恐ろしい見かけと違って、鬼瀬は人一倍やさしくてピュアでキュートな男の子。
鬼瀬のギャップに戸惑いながらも、少しずつはじめての想いが芽生え始め…。

驚いたり、ビビったり、嫉妬をしたり、キュンとなったり…「はじめての恋」に奮闘するヒロイン・奈緒のくるくると変わる表情が魅力的な映像となっています。平祐奈が髪を20センチ切り、人生初の茶髪で挑んだ、初の少女漫画のヒロイン役。原作の画も散りばめられ、恋をしている女の子、恋に憧れる女の子、必見の映像になっています。

映画情報どっとこむ ralph
この春、絶対恋がしたくなる鬼キュン♡ラブストーリー。
そして、それだけではない、家族、友達、たくさんの愛が詰まった

映画『honey』は、3月31日(土)より全国ロードショーです。

3月31日(土) 鬼キュン♡ロードショー

公式サイト: honey-movie.jp
公式Twitter:honey-movie2018
#映画honey

物語・・・
「俺と、結婚を前提につき合ってください!」突然のプロポーズ!?

幼いころに両親を事故で失い、優しい叔父・宗介に見守られて育った女子高生・小暮奈緒は、ビビりでヘタレ、そして不良が大の苦手!
あろうことか、奈緒は入学式の日、上級生と新入生とのケンカに遭遇してしまう。
その新入生とは、真っ赤な髪と鋭い目つきをした“超”不良と恐れられる鬼瀬大雅だった。
ある日突然、奈緒はその鬼瀬から、体育館裏に呼び出される。
放課後、奈緒がそこに向かうと…「俺と、結婚を前提につき合ってください!」と、突然のプロポーズ!?からの告白。叔父の宗介に憧れながらも、ビビッて断れなかった奈緒は、鬼瀬とつき合うことに。
しかし奈緒はギャップに戸惑いながらも、徐々に鬼瀬が見かけや噂と違って、人一倍優しく純粋だということに気付いていき…。遂に奈緒は鬼瀬に嘘をついていることが心苦しくなり「怖くて告白を断れなかったけど、本当は他に好きな人がいる」と打ち明ける。
奈緒の為に悲しい気持ちをかくして「あらためて友達になろう」と優しく笑う鬼瀬。
そんな中、友達が出来ずに悩んでいた超かわいい転校生・雅と鬼瀬が急接近!?
はじめての嫉妬、はじめての気持ち、はじめての…恋…? 
奈緒の中に、今までに感じたことのない想いが溢れはじめる。

***********************************

出演:
平野紫耀(King & Prince) 平 祐奈
横浜流星 水谷果穂 浅川梨奈(SUPER☆GiRL) 佐野 岳 
臼田あさ美 中山 忍 高橋 優
原作:「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:山岡潤平
監督:神徳幸治
主題歌:Sonar Pocket『108~永遠~』
配給:東映/ショウゲート 
©目黒あむ/集英社
ⓒ 2018映画「honey」製作委員会