「青春」カテゴリーアーカイブ

『エルネスト』ヒロシマ平和映画賞!オダギリジョー、阪本順治監督献花


映画情報どっとこむ ralph 本日、【没後50年】を迎えたキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

革命家、反帝国主義のカリスマとして、また、革新を想起させるシンボルとして今もなお世界中でゲバラの存在は明確に息づいている。そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村の知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)より公開され、大反響を呼んでいます。

そして、チェ・ゲバラの命日である10月9日の本日、福岡愼二映像文化支援基金により2016年から広島国際映画祭に創設された賞、“ヒロシマ平和映画賞”を本作が受賞した旨が広島で行われた舞台挨拶イベントで発表されました。

映画『エルネスト』広島 舞台挨拶 概要  
日時:10月9日(月・祝) 
場所:サロンシネマ(広島)
登壇:オダギリジョー、阪本順治監督

この賞は、「ヒロシマ映画祭2017」開催期間中に上映される全作品(2016年以降制作された作品)を対象とし、ヒロシマの心を世界に発信することに最も寄与したと思われる作品を制作した者の、さらなる制作活動に対して贈られる。昨年は、『この世界の片隅に』(監督:片渕須直)が受賞。これを皮切りに、映画賞を独占、大ヒット映画となり今もロングラン上映が続いています。
阪本監督:平穏や平和な日々をそれほど多く描いてはいないし、平和を直接訴える映画ではないので、本当に頂いていいのかなと思いながら、広島の方に選んで頂いたというのが一番嬉しいです。

と感想を述べ、主演のオダギリジョーさんは

オダギリさん:広島は自分が生まれて育った岡山から近く、思い入れのある土地でもあるので、そこで賞を頂けるのはとても嬉しく思います。また平和の象徴である広島という場所に、この作品が少しでも寄り添えることができたのであれば非常にありがたいことだと思います。

と受賞の喜びを語りました。

またこの舞台挨拶に、松井一實(マツイカズミ)広島市長が駆けつけ、“憎しみだけでは勝てない”“世界は、変えられる。”というチェ・ゲバラの言葉を引用し、
松井市長:広島は被爆し大変な目に遭いました。当時は憎しみの気持ちがあったかもし知れないが、それを乗り越えて、皆が良い世界にするという想いを積み上げて今の広島がある。そのようなことを象徴するまさに平和賞に相応しい映画だと思います。

と祝福。こちらの授賞式は、11月26日(日)、「広島国際映画祭2017」閉幕式で行われる予定となっている。さらに、オダギリジョーさんと阪本順治監督は、この舞台挨拶後に広島平和記念公園を訪問し、原爆死没者慰霊碑に献花を行いました。

映画情報どっとこむ ralph 一方で、本日10月9日(月・祝)がゲバラの命日であることを受け、作家の海堂尊さんを迎えてのトークショーが有楽町スバル座でも実施された。海堂尊さんは大ヒット作『チーム・バチスタの栄光』で、『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。また、『チェ・ゲバラ、その生と死』を書き下ろし、昨年6月にはゲバラを主人公に据えた長編四部作の第一部『ポーラースター ゲバラ覚醒』、そして本年10月5日に第二部『ゲバラ漂流 ポーラースター』を執筆。

映画『エルネスト』チェ・ゲバラ命日イベント 概要  
日時:10月9日(月・祝)12:40 イベントスタート
場所:有楽町スバル座(東京)
登壇:海堂尊

会場には、一般の観客も参加することのできるチェ・ゲバラの献花台が設けられ、多くの方がゲバラに思いを馳せ、献花する姿が見受けられた。

チェ・ゲバラの印象について問われ
海堂尊さん:ものすごく強烈に人を引きつける力が彼にはあった。だから、フレディもその磁場に惹きつけられたのだと思います。そして、ゲバラはフレディ前村に対して、同じ生き様を感じたのではないか」と語り、同じく壇上に設けられた献花台に花束を添えた。最後に「当時の背景を知るとさらに映画を楽しめると思います。私の作品も含めて楽しんでいただけると幸いです。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph チェ・ゲバラ没後50年である今年、今まで描かれることのなかったチェ・ゲバラとフレディ前村の生き様に是非!!

物語・・・

50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、ひとりの日系人がいた―。

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。


TOHOシネマズ 新宿他全国で絶賛ロードショー中!

***********************************

脚本・監督:阪本順治

出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス

配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.



広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎が制服姿でエール!!『先生! 、、、』イベント


映画情報どっとこむ ralph 恋をしたことのあるすべての人たちへ。

生田斗真さんと広瀬すずさんの初共演作「先生!」。
新たな純愛ストーリーが10月28日(土)に公開となります。

会場およそ150人、制服姿で集まる女子中高生らが抱えるリアルな恋のお悩みに答える、恋愛応援スペシャル試写会イベントが行われ、ヒロインの響を演じた広瀬すずさん、響の親友、浩介を演じた竜星涼さん、浩介とともに響の親友である千草を演じた森川葵さん、響に密かに想いを寄せる藤岡を演じた健太郎さんらが、劇中で着用した制服を来て登壇!
キラキラ度MAXな豪華キャストが、『先生!』トーク。そして、会場の女子高生たちの恋のお悩み相談などを行いました。

そして、健太郎が女子高生のリクエストで・・・

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』
恋愛応援スペシャル試写会イベント

日時:10月9日(月)
場所:スペースFS汐留
登壇:広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎

映画情報どっとこむ ralph キャストが登壇すると黄色すぎる歓声が数分間止まらない会場。「ヤバイ!」「カワイイ!」の嵐。

広瀬さん:今日はありがとうございます。(可愛いの声が止まらず・・・)へへっ。短い時間ですが楽しんでください!

と、制服が似合いすぎる広瀬すずさんの挨拶からイベントはスタート。広瀬さんは今年の春に卒業したばかり

広瀬さん:久々に劇中の制服着て、どうしましょうって感じです。高校卒業してから初めて制服姿でカメラの前なので、ドキドキです。そして、こんなに高校の時、私元気だったかな?と。私割とスンってしていたので。いいですね女子高生。
竜星さん:そんなに変わらないよ!

と、優しい竜星さんは、本日声が飛んでしまっています。
竜星さん:今日は先生のイベントに声の照準を合わせてきたのですが・・・みんなキラキラしてて潤います!

とちょっとだけ?お兄さんの竜星さんは

竜星さん:撮影は和気藹藹でした。楽しくやってましたよ。恋愛の話をしていた気がするんですけど、皆覚えていないんです。

森川さん:夢じゃない?

竜星さん:夢か~年かな・・・

と、ツッコミを入れた森川さんは、別作品では来ているものの
森川さん:久々にこの作品の制服を着て、気持ちが戻ってきてます。

と話す森川さん。他校の弓道部の健太郎さんは
健太郎さん:こんなにたくさんの女子高生と一緒のことはないので嬉しいなと思ってます。他校の生徒役だったので、学生さんたちと触れ合えずで。いまワクワクしています。

映画情報どっとこむ ralph ここで、キャストが胸キュンシーンを明かすコーナーに。それぞれ、明かしますが公開前なのでぼかします。

広瀬さん:辞書ポン。やってもらってるときにズきゅんと。

竜星さん:響きの雨で、ずぶ濡れのシーン。ドラマチック。

森川さん:私は最後のシーン。 すずが大人に。成長してたんです。

健太郎:藤岡が駅で待ってるシーン。響きが乗ってる自転車俺の何です。気づいた?

と、自分のシーンを上げ笑いを取る健太郎さん。


この役やってみたかった役
竜星さん:俺、藤岡やりたかった。(森川さん:あと校長先生でしょ!)森本レオさん?声がかい!

健太郎さん:僕、他校なので。、この学校入りたかったんで

竜星さん:そこだけ?

と、性格とかじゃなかったのが不満そう。

健太郎さん:あっ性格です。いい人ですもんね。

実は、カットされていますが、健太郎さんのブレザー着てるのを初めて見る三人。実は、このブレザーで健太郎:藤岡さんが伊藤先生に会っているシーンもあったそう。そして竜星さんも先生と中島先生との原作通りのシーンもあったそうですがこちらもカット。DVD特典で入らないかな?とキャストさんたち。

一方、女性陣

広瀬さん:伊藤先生!自分から好きって積極的な役は苦戦するので・・・来てもらう方が。周りの動きで自分が変化していく役がしてみたい。

森川さん:関谷先生。中村さんの面白い芝居。自分はああいう役が出来るようになりたいです。あれ役じゃないな。中村さんになりたいですね。

と、会場を笑いに包みました。

映画情報どっとこむ ralph この後、女子高生のお悩み相談とお願いコーナーに。

Q:いつも一緒にいる男の子に気持ちを伝えられません。どうアピールしますか?好きになっても聞くのはありですか?
広瀬さん:ドキドキする!!!!

森川さん:よく聞くのは軽いボディータッチは?しないか。

広瀬さん:好きな人だったら無理かな。

竜星さん:仲がいいということはその時点で脈あり!

広瀬さん:聞くのアリだと思う!意識するよ。

健太郎:そう思います!

Q:先生が好き。卒業したら告白有り無し?

広瀬さん:もどかしい。。卒業してから告白した方が、後悔残んないよ!

竜星さん:相手の心にも残るからさ。大人みたい!

森川さん:実際大人じゃん!

竜星さん:学生気分になってた。


Q:健太郎さんに「俺じゃダメ」と言ってほしい。と3人。

健太郎さんの提案で、一人づつ名前を呼んでから言うと提案。
健太郎さん:あすか、俺じゃダメか?

会場騒然!!!!!!他2名にも。騒然の渦。

竜星さん:女子高生悶絶!明日のYAHOOニュースだね。


Q:受験生のみんなにガンバレって言って欲しい。

4人そろえて「受験頑張って!」
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

広瀬さん:好きな人に、ここまでまっすぐ純粋に走れるのは、十代の今しかないと思うので、一歩、背中を押す映画になってくれるといいなと思います。人を思うことの素晴らしさを忘れないでとくれたら嬉しいです。


映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

10月28日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショーです。

公式HP:
sensei-movie.jp
 
公式Twitter:
@sensei_movie 
#先生好きになってもいいですか

17歳、初めての恋は“先生”! 
高校2年生の響は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。その相手は口ベタだけれど生徒思いな世界史の教師、伊藤だった。「好きになっても、いい?」「お前の気持ちにはこたえられない」そう言われても、ただ好きで、どうしようもなく好きで。そんなまっすぐ過ぎる響の想いが、ゆっくりと伊藤の心を溶かし始めていることを、響はまだ知らない。最後に“きちんとフラれるため”と向かった屋上で、伊藤は突然響を抱き寄せキスしてしまう。動揺する響だったが、事態は響の知らないところで急速に変化しようとしていた。様々な思いが交錯する中、響の初めての恋の行方は……?
今もなお根強い人気を誇る河原和音の同名の伝説的少女コミックを、生田斗真×広瀬すずの豪華初共演で映画化。メガホンを取るのは青春ラブストーリーの名手・三木孝浩監督。



***********************************

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版) 
主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ) 
監督:三木孝浩  脚本:岡田麿里
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ
製作:映画「先生!」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画  
©河原和音/集英社
©2017 映画「先生!」製作委員会 


見果てぬ夢を見て何が悪い!?オダギリジョー『エルネスト』SPメイキング映像


映画情報どっとこむ ralph この度、阪本順治監督の最新作『エルネスト』が、10月6日(金)より全国公開となり、昨日はその記念としてオダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督が登壇する舞台挨拶が行われました!。

そして!

今回、革命に身を捧げるチェ・ゲバラと、チェ・ゲバラの意志を継いだ一人の日系人、フレディ前村を演じたオダギリジョー、広島に訪れたチェ・ゲバラを取材した、実在した新聞記者の森記者を演じた永山絢斗、本作のメガホンをとった阪本順治監督のコメントが入った、豪華なスペシャルメイキング映像が解禁となりました。

今回、解禁するスペシャルメイキング映像は、本編の映像とメイキング映像、そしてオダギリジョー、永山絢斗、阪本監督のコメントも入った、ボリューム満載の映像となっている。ゲバラから、ファーストネームの”エルネスト”の名を授かるシーン、ゲバラが広島に訪れ、平和祈念公園に献花するシーンや物語終盤のボリビアでの戦いなど、劇中で重要なシーンをメイキング映像と合わせて紹介する見応えのある映像となっている。

またコメントも収められており、本作のメガホンをとった阪本監督は、

阪本監督:まだ何も決まっていない状況で、諦めてしまっている人たちが日本だけじゃなくいると思う。その人達にゲバラの言葉《見果てぬ夢を見て何が悪い》をこの映画を通じて伝えたいです。

と作品に対する想いを語る。

オダギリさん:フレディのようにゲバラの志を持った名もなき戦士たちがたくさんいることは忘れたくないし、ゲバラだけを特別視したくない。

と語ったオダギリは、本作の撮影のために12kgの減量をしていたこともあり、かなりやせているのがわかります。

映画情報どっとこむ ralph 阪本監督の作品と聞いて、出演を即決したという永山さんは

永山さん:ちょっと違った視点からゲバラを見られるというのが、すごく新鮮ですし、ゲバラを知らなかった人も楽しめる作品になっていると思います。

本作の出来栄えを自信たっぷりに語っている様子も収められています。

また、全編スペイン語での演技に挑んだオダギリの流暢なスペイン語も披露。

劇中、ゲバラの言葉である《見果てぬ夢を見て何が悪い》とフレディ前村が叫ぶシーンで本映像は締めくくられているが、ゲバラの意志を継いだ、強い信念に満ちた演技は鬼気迫るものであり、本作への並々ならぬ想いが伝わってきます。

エルネスト

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー中。

映画情報どっとこむ ralph この映画は、キューバ革命の英雄エルネスト・チェ・ゲバラからファーストネームである”エルネスト”と名付けられ、行動を共にした、ひとりの日系人、フレディ前村の物語であり、チェ・ゲバラの意志に共感し、革命に身を捧げていくフレディ前村が理想の社会に向かって戦う姿に、魂を揺さぶられる。

50年の時を越え、“理想”を追い求めた男たちの物語を現代に甦らせるのは、『人類資金』や『北のカナリアたち』など骨太な人間ドラマを描き、メッセージ性と芸術性に優れた作品の数々が各界から高い評価を受ける阪本順治監督。実在する人物を題材にするのは初めてとなる。そして医学生でありながらもチェ・ゲバラに共感し、信念の為に戦いに身を投じる日系ボリビア人<フレディ前村>を、阪本監督とは3度目のコンビとなる、世界の映画際で多数の賞を受賞してきたオダギリジョーが演じる。
彼は、2003年の「第56回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門に出品された『アカルイミライ』で映画初主演を果たし、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07)では日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。その他にも『マイウェイ12,000キロの真実』(12)や『FOUJITA』(15)など国際派の演技を披露し、海外でも高い評価を得る。 また、チェ・ゲバラが広島に来訪した際、唯一取材に同行した中国新聞社・森記者を、『ソフトボーイ』(10)で映画初主演を飾り、見事日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『ふがいない僕は空を見た』(12)でも主演を務めるなど、俳優としての地位を確実なものにした永山絢斗が演じる。

***********************************

脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス

配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分

(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.


宝塚歌劇:柚香光 宮野真守「はいからさんが通る」伊集院忍少尉インタビュー到着


映画情報どっとこむ ralph 大和和紀先生による「はいからさんが通る」(第1回 講談社漫画賞少女漫画部門受賞)。
1978年にはテレビアニメシリーズ(全42話)が放送され、その後、劇場実写映画(1987年公開 主演 南野陽子・阿部寛)、TVドラマ(1979年、1985年、2002年)などこれまでに多くのメディアミックス展開がされてきた本作が、連載40周年を記念して、2017年、装いを新たに新作劇場アニメーションとして前後編で復活!尚、後編では旧テレビアニメシリーズでは未完となった原作のラストエピソードまでを初、完全アニメ化!紅緒と少尉の恋の結末は…。
この度、本作劇場版「はいからさんが通る」で伊集忍を演じる宮野真守さんと、宝塚歌劇/ミュージカル浪漫「はいからさんが通る」で伊集院忍を演じる柚香光さんによる、少尉ならではの視点から「はいからさん」の魅力を語り合った、ダブル少尉オフィシャルインタビューが到着いたしました!(写真撮影:大坪尚人)

この度到着したのは、11月11日(土)より全国公開となる劇場版「はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜」で伊集忍を演じる宮野真守さんと、昨日10月7日(土)~ 10月15日(日)@梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、10月24日(火)~ 10月30日(月)@日本青年館ホールにて、宝塚歌劇花組により公演されるミュージカル浪漫「はいからさんが通る」 で伊集院忍を演じる柚香光さんが、少尉ならではの視点から「はいからさん」の魅力を語り合っています。

◆花組公演 『はいからさんが通る』
宝塚歌劇公式ホームページ

映画情報どっとこむ ralph
●「はいからさんが通る」原作について。

柚香さん:タイトルを聞いたことはあったのですが、実際に原作を読ませていただいたのはお話しを頂いた後でした。読んでみるとすごく面白くて、読み始めると一気に読んでしまい、読み終わった後もすぐに読み返してしまいました(笑)。

●柚香さんは少尉を演じるにあたり、少尉というキャラクターの魅力をどのように考えていますか? 

柚香さん:女の子が、こんな人に出逢えたら良いなと思う男性像、王子様像ですよね。少し自分がお転婆してしまったとしても、笑って、全くしょうがないなと言って受け止めてくれる、少尉には女性の夢が詰まっています。

宮野さん:あまり使わない「完璧」という言葉を使ってしまいたくなるような(笑)。完璧なんですよね。

●宮野さんは実際に前編のアフレコを終えられてみていかがでしたか? 

宮野さん:少尉の完璧さは作品の魅力にも繋がっているし、けれどそういった中で、ある意味少尉の「完璧」でないところ、周りからは完璧に見えるけれど少尉も一人の人間だというところを、リアリティのある人間として紐解きながら演じたつもりなので、楽しかったです。完璧な人間がこんなに悲しい想いをして、こんなに辛い経験をしていて、だからこういう人になったんだという。今回担当させていただき、本当に役者冥利に尽きます。

映画情報どっとこむ ralph ●少尉を演じるお二人だからこそ語れる、紅緒の魅力について。 

宮野さん:紅緒好きです、僕!(笑)。

柚香さん:あんなに素直で真っすぐな、エネルギーに溢れて(笑)。少尉の家は気品のあるとても由緒正しいお家柄。そういった縛りの中で生きていて、台詞にもありましたけれど、紅緒の魅力は「新しい風を吹かせてくれる」というところが一番だと思います。

宮野さん:少尉はいろいろな事に縛られて生きている人なんですよね。だから、自分の信じた道を自由に突き進んでいく紅緒の姿が眩しく映った。お互いに無いところに惹かれあう素敵な関係だなと思いますし、二人が惹かれあうのは必然というか、疑問がない。最初は嫌いだってところも、あれだけ全然違う環境で育ったら最初のカルチャーショックはあるだろうし(笑)。人の本質を見る二人だからこそ、お互いのに惹かれあった。やっぱり素敵な形だと思います。
●凄く笑顔が印象的な宮野さん、柚香さんですが、少尉というキャラクターも「笑い上戸」で笑顔が素敵です。今回お会いしてみて、お互いにこういうところが少尉っぽいなと思う部分があればお聞かせください。 

柚香さん:宮野さんに笑い上戸はぴったりですね!(笑)。

宮野さん:柚香さんも笑い上戸!すごく可愛く笑うなって。隠すことなく思いっきり笑ってくれるので、初対面なのにずっと二人で自然に喋っているなと思いました(笑)。

柚香さん:同じくです(笑)。笑い上戸ってあまり自分では意識していなかったのですが、今そういう風に言っていただいて、確かにさっきからずっと笑ってますよね(笑)。

●宝塚歌劇、劇場版アニメーションとしてそれぞれ演じられますが、お互いに楽しみにしているところをお聞かせください。 

柚香さん:原作とはまた違った、今描ける「はいからさん」の良さを伝えつつ、また更に新しい魅力も詰まっているんだろうなと思います。とても楽しみです。また今日お話しさせていただいて、宮野さんが本当に素敵な方なので、また更に楽しみが増えました。

宮野さん:劇場版、本当に良いですよ。原作の良さをリスペクトしつつ、今観てくれる人たちがこの時代の世界観に違和感の無いようにして、またそこから新たに学べる人の生き方であったりのバランスが本当に考えられているなと思いました。そして宝塚歌劇の方ですが、先程ビジュアルを見させていただいて、それぞれが個性豊かですごく楽しみになりました!それこそ感激したのが、原作の登場人物が漫画から飛び出してきたかのような。ビジュアルの再現度がすごすぎる!軍服の少尉がいて、袴の紅緒がいて、煌びやかなスーツの編集長がいて、とても素敵です。僕たちが原作に魅了されたからこそ、舞台の上でも表現されるものがあるんだと思います。

映画情報どっとこむ ralph ●長年愛されている「はいからさんが通る」という作品で描かれる、本質的な魅力とは何だと思いますか? 

柚香さん:キャラクターの個性は、何よりも魅力だと思いますね。キャラクターひとりひとりが、芯を持っていて考え方がきちんとある。「私はこうして生きたい!」と明確にある。現代社会では特に「右に倣え」みたいな風潮があったりするなかで、キャラクターひとりひとりの輝きが本当に大きな魅力だと感じます。だから読者の方々にも、自分はこの人に惹かれるというキャラクターがあるはず。ひとりひとりが輝いているところが、「はいからさんが通る」の魅力だと思います。

宮野さん:激動の時代を生きる姿であったり、「新しい風を吹かせる」というエネルギーも魅力だと思いますが、柚香さんが仰っていたように今の時代でも「右に倣え」という風潮がずっとあって、そこに対して「自分は自分で良いんだ」、「自分の生き方を見つけるんだ」ということをこの作品は教えてくれる気がするんですよね。だからこそ、色褪せない。柚香さんとお話しさせていただいて、あらためて思いました。そしてその先には本当に純粋なラブロマンスがあるので、そこにはとってもヤキモキさせられるんですよ!(笑)。けれどその想いの根本があるからこそ、人はこの作品に魅力を感じて、生きる勇気をもらうんだなと思いました。

柚香さん:なんとなく生きている人がいないですよね。皆すごく一生懸命頑張っていて。

宮野さん:自分の生きる道を探している人たちばかり。やはり大和先生のキャラクターの描き方がすごいなと思いました。観ていただいて、きっとお気に入りのキャラクターがいるだろうと思いますし、この人自分に似ている、この人みたいになりたいとか、色々な感情をもらえるんじゃないかと思います。

映画情報どっとこむ ralph 「劇場版 はいからさんが通る」
【前編タイトル】
劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~
【後編タイトル】
劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~

公開時期】前編 2017年11月11日(土)/ 後編 2018年公開予定

公式サイト:
haikarasan.net
公式Twitter:
@haikara_anime

物語・・・・
いつだって 大キライは恋のはじまり。
時は大正。女学校に通う17歳の花村紅緒は、いつも明るくケンカっ早いところのあるじゃじゃ馬娘。親友の環とともに楽しい学園生活を送り、恋も結婚相手も自分で選びたいと思っている。そんなはいから娘が出会ったのは、笑い上戸なイケメン、伊集院忍少尉。実は彼が祖父母の時代から決められていた許婚であることを知った紅緒は、それに反発。愛のない結婚を阻止しようと奮闘して騒動を巻き起こすが、少しずつ少尉に心惹かれていく。

***********************************

キャスト
花村紅緒:早見沙織
伊集院 忍:宮野真守
青江冬星:櫻井孝宏 
鬼島森吾:中井和哉 
藤枝蘭丸:梶 裕貴 
北小路 環:瀬戸麻沙美

原作:大和和紀「はいからさんが通る」(講談社KCDXデザート)
監督(前編)・脚本:古橋一浩(「機動戦士ガンダムUC」「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」「らんま1/2 熱闘歌合戦」)
キャラクターデザイン:西位輝実(「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」「輪るピングドラム」)
サブキャラクターデザイン・総作画監督:小池智史(「ソウルイーターノット!」「ノラガミARAGOTO」「えとたま」)
背景デザイン・美術監督:秋山健太郎 (「悪の華」「輪るピングドラム」「虹色ほたる」)
色彩設計:辻田邦夫 ※辻は「1点しんにょう」になります。(「ONEPIECE FILM Z」「四畳半神話大系」「輪るピングドラム」)
撮影監督:荻原猛夫(グラフィニカ)(「美少女戦士セーラームーンCrystal」「ONE PIECE FILM Z」「HELLSING OVA Ⅷ・Ⅸ・Ⅹ」)
音響監督:若林和弘 (「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「精霊の守り人」)
音楽:大島ミチル (「大河ドラマ 天地人」「ごくせん」「鋼の錬金術師」「赤髪の白雪姫」)
前編主題歌: 「夢の果てまで」(歌:早見沙織 作詞・作曲:竹内まりや 編曲:増田武史)
アニメーション制作:日本アニメーション(「赤毛のアン」「ちびまる子ちゃん」「長編映画シンドバッド」)
製作:劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
       


松本潤 違う表現の方法もあるということを学んだ『ナラタージュ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 高校教師と生徒という立場で出会った葉山(松本)と泉(有村)。そんな2人が時を経て運命的再会を果たし、一生に一度の許されぬ恋に身を焦がしていく…。

島本理生による禁断の純愛物語を、嵐の松本潤主演で映画化した『ナラタージュ』が10月7日(土)、ついに全国公開。

同日の東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズでは初日舞台挨拶が行われ、松本潤さん、有村架純さん、坂口健太郎さん、大西礼芳さん、古舘佑太郎さん、行定勲監督が登壇した。

『ナラタージュ』初日舞台挨拶
日程:10月7日(土)
場所:TOHOシネマズ六本木
登壇:松本潤、有村架純、坂口健太郎、大西礼芳、古舘佑太郎、行定勲監督

映画情報どっとこむ ralph この日の舞台挨拶の模様は、全国129の劇場へ生中継された。

葉山役の松本さんは

松本さん:この映画を通して、これまでやってきたこととは違う表現の方法もあるということを学んだ。役として何かを表現するときに、こういうやり方もあるんだと、行定監督に広げてもらった作品。監督に感謝です。

と俳優としての成長を実感。葉山との禁断のラブシーンに体当たりで挑んだ泉役の有村さんは

有村さん:これまで正統派な役が多かった中で、このような作品の色や役柄は初めてでした。自分としても選んでいただいたことが嬉しかったし、光栄に思います。23歳という年齢でこの作品を残せたことは、今後も自分にとって大切なものになりました。
とシミジミ語ると、そんな有村さんに大西さんは

大西さん:撮影中は有村さんが悶絶する姿を見た。その悶絶がこの劇場に知れ渡ったはず。

と労っていた。

映画情報どっとこむ ralph 泉の恋人で葉山さんに対する嫉妬に燃える大学生・小野役の坂口さんは
坂口さん:この役は結構一筋縄ではいかない役だと思いました。やっていることは酷いけれど、気持ちもわかる部分もあり、愛くるしさを感じた。観客の方々に対して、愛してほしい小野君として役を作りました。

と報告。役柄に共感する観客が多いことが伝えられた坂口さんが

坂口さん:嬉しいです。

と表情を緩めると、

松本さん:いいなぁ~

と羨ましがって笑わせました。

12年の構想を経て本作を完成させ
行定監督:この映画が作られるまで悶絶していましたが、今思えばこのキャストにたどり着くまでの時間だったと思っています。隅から隅までキャストに恵まれ、あいまいな愛の話だが何かが伝わる恋愛劇として作品を豊かにしてくれました。

と俳優陣の熱演に感謝しきりだった。

映画情報どっとこむ ralph 映画の内容にちなんで“壊れるくらい忘れられない人やモノ”を聞かれ・・・

松本さん:この映画を観終わったときにあったのは、これまで自分が生きてきたことを振り返る時間でした。中村勘三郎さんや蜷川幸雄さんら、もう会えない人のことを考えた。人の人生の記憶にどれだけ残ることができるのかを考えさせられた。

と真剣な面持ちで回答。その次に指名された有村さんは

有村さん:真面目なお話の後に…。

と苦笑いしながらも「母の手料理」と答え

有村さん:風邪をひいて熱を出してしんどかった時に、母が作ってくれたのがちらし寿司だった。食べたら凄く美味しくて、今でも忘れられません。

と“おふくろの味”を紹介。

松本さん:素敵だな~、母の手料理。素晴らしいですね。

と感心していた。

坂口さん:ポジティブな思い出じゃないかもしれないけれど、衝撃的だったのは、オヤジが泣いているのを見た時。それは今でも強烈に覚えています。

大西さん:祖母が好きだった美空ひばりさん。

行定監督:今はもうないけれど、台湾で食べたイカ墨団子。

そして古舘さん:中学時代にプロレスが好きで、家で友達と体が壊れるくらい練習した日々があった。その時の激痛は覚えています。

と上手くお題にかけて笑いをとっていた。

映画情報どっとこむ ralph ここでヒット祈願として、鏡割りを実施。劇中では雨のシーンが重要な意味を持つことから、樽の中身は“雨水”という変わり種。
松本さん:昨日も雨がたくさん降ってましたからね。

と斬新すぎる鏡割りに驚き顔。無事に木槌で蓋を叩き割ると、中身を覗きながら

松本さん:凄い透き通っている綺麗な雨水。

と感想を述べた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

松本さん:苦くも濃密なラブストーリーになりました。たくさんの人に届き、たくさんの方の心に残ってもらえる作品になれば嬉しい。そしてこの映画が観客の皆さんのものとなり、たくさんの人に愛される作品になることを祈っています。

とメッセージした。

10月7日(土) 全国ロードショー

物語・・・
壊れるくらい、あなたが好きでした。
大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる――。

***********************************

松本 潤 有村架純
坂口健太郎 大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地/市川実日子 瀬戸康史

監督:行定勲
原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊)
脚本:堀泉杏
音楽:めいなCo.
主題歌:「ナラタージュ」 adieu(ソニー・ミュージックレコーズ) / 作詞・作曲:野田洋次郎
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会