「青春」カテゴリーアーカイブ

ピーターラビット!このウサギ、こう見えてスゴイんです!ミュージカル編特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph このウサギ、こう見えてスゴイんです!“本物の”ピーターラビットは、カワイイだけじゃない。

シリーズ累計2億5000万部の世界的大ベストセラー絵本、ビアトリクス・ポター原作の「ピーターラビット」がハリウッドで初めて実写映画化。
舞台はイギリスで最も美しい風景と称えられ、2017年に世界遺産となった湖水地方。原作者ポターのスピリットを引き継ぎ、緑豊かな一大パノラマの中、ウサギたちがまるでミュージカルのように活き活きと歌い踊る!まさに、あの絵本のピーターラビットが生きてここにいる!イギリスで公開するや4週連続No.1の大ヒットとなっている『ピーターラビット』は5月18日(金)日本公開です!

この度、ピーターたちウサギと動物たちが歌って踊る<ミュージカル編特別映像>が到着しました!!

映画情報どっとこむ ralph 青いジャケットがトレードマークのピーターが「僕はピーターラビット」と自己紹介をして本作のテーマソング「I Promise You」(アイ・プロミス・ユー)を歌い始める♪歌っているのはピーターの声を演じる英俳優ジェームズ・コーデン。ピーターと三つ子の妹フロプシー(声:マーゴット・ロビー)、モプシー(声:エリザベス・デビッキ)、カトンテール(声:デイジー・リドリー)、そしていとこのベンジャミンの5匹が縦に並んでフォークダンスを踊りながら入っていくのはマグレガーさんの庭。庭には色とりどりに実ったにんじんやパプリカなどが植えられた野菜畑があり、忍び込むのも「スリル満点」と歌っている。

緑豊かな湖水地方の草原を、ウサギたちは大親友のビア(ローズ・バーン)と一緒に走り回り、空に飛ぶ鳥たちも歌い始める。こんな楽しい毎日が続くと思っていたところに、動物嫌いで潔癖症なマグレガーさん(ドーナル・グリーソン)と大好きなビアが急接近!ふたりの距離が縮まっていく様子を見てピーターは「ドアは閉まり 愛は痛みに変わる」と歌いせつない表情を垣間見せる一面も・・・。それでも湖水地方でともに生きる様々な動物たちと一緒に、ピーターらウサギたちはくるくるっとスピンしたり、ジャンプしたり、思い思いのダンスをしながら「どんな門もどんな壁も僕らを引き裂けない」と小さな体に秘められたメッセージを歌い上げる。



最後に息の合ったウサギ5匹で踊るシーンでは、愛らしい耳とキラキラした目でまるで花が咲いたような振り付けにも注目!まさに動物たちが奏でるミュージカルのような心躍るシング&ダンスを繰り広げる、愛らしさ100%の映像となっています!


映画情報どっとこむ ralph 監督はミュージカル映画『ANNIE/アニー』などで洗練されたコメディセンスとエッジの利いた音楽で定評のあるウィル・グラック。

今回は、自然の色鮮やかな草花に囲まれた素朴でうっとりするような風景をバックに、心躍る音楽を散りばめ、クスッと笑えてラストには胸がキュンとする全女性必見の愛らしいドラマを創り上げた。ビアを演じるのは『ANNIE/アニー』のローズ・バーン、マグレガーを演じるのは『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』主演や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のハックス将軍を演じるドーナル・グリーソン。

そして、ピーターの声は俳優としては『はじまりのうた』『イントゥ・ザ・ウッズ』、さらには米・人気トーク番組「ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン」で司会を務める英俳優ジェームズ・コーデン。そしてフロプシー、モプシー、カトンテール姉妹やいとこのベンジャミンなどおなじみの仲間のウサギたちのCGIは天才集団Animal Logicが手掛け、表情や動きが最高にかわいらしくリアルに描かれる。

映画情報どっとこむ ralph
ピーターラビット

5月18日(金) 歌って♪踊って♪恋をして♡

物語・・・
ピーターは世界で一番幸せなウサギ。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという心優しい大親友もいる。亡き両親のことを想うと寂しいけれど、ビアの存在がすべてを吹き飛ばしてくれる。ところがある日、大都会ロンドンから潔癖症で動物嫌いのマグレガーが隣に引越してきたことで、ピーターの生活は一変!今までの幸せを守りたいピーターと、あの手この手で動物たちを追い払おうとするマグレガーとの争いはエスカレート。さらにビアへの“恋心”も絡まって思わぬ大事件に発展!ピーターはあるミッションを秘めて、初めてのロンドンへと向かうのだが――。

公式サイト:
PeterRabbit-movie.JP

公式twitter:
@PeterRabbit_JP


過去記事:「ピーターラビット」千葉雄大アンバサダーに就任!声優&主題歌を挑戦!(ピーターは目線くれた! by 記者)
http://eigajoho.com/103723


***********************************

監督:ウィル・グラック(『ANNIE/アニー』『ステイ・フレンズ』)

原題:Peter Rabbit 全米公開日:2月9日

出演:ローズ・バーン(『ANNIE/アニー』『X-MEN:アポカリプス』)、ドーナル・グリーソン(『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)

声の出演:ジェームズ・コーデン(『はじまりのうた』『イントゥ・ザ・ウッズ』、「ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン」司会)、デイジー・リドリー(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『オリエント急行殺人事件』)、マーゴット・ロビー(『スーサイド・スクワッド』『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』)

『ピーターラビット』アンバサダー&日本語吹替版声優(ピーター):千葉雄大


女性限定『娼年』上映回に松坂桃李舞台挨拶!複数回観たという⼥性も多数に・・・


映画情報どっとこむ ralph 2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化、 4/6(金)より全国公開となりました。

R18+指定ではあるものの、口コミ大ヒット中!

これを記念して本日4月15日(日)東京・日比谷のTOHOシネマズ日比谷にて女性限定上映会が開催され主演の松坂桃李が舞台挨拶に登壇してトークイベントが行われました。

開催概要
日付:4月15日(日)
会場:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:松坂桃李

映画情報どっとこむ ralph 大歓声に迎えられた松坂さん。

どこもかしこも⼥性で、しかも彼⼥たちがつい先ほどまで、松坂の濡れ場を大スクリーンで鑑賞していたと いう状況に

松坂さん:これはハードプレイですね(笑)。たまげます。

と困惑気味で、主演であるにもかかわらず

松坂さん:アウェー感が…

と苦笑い。

春ということで邦画、アニメ大作が興⾏ランキングの上位を占める中、4月6日(⾦)の公開以降、連日のように都内各所で本作が満席になっているとの情報に

『コナン』でも『リメンバー・ミー』でもなく︖ すごいですねぇ…。

と感嘆。

決して公開規模が大きいとは言えず、R18+指定ということもあり、公開前のTVでのプロモーション活も限られた作品

松坂さん:鶴瓶さんとちょっと話して(『AStudio』、『巷(チマタ)の噺』)、徹⼦さんの部屋にお邪魔した(『徹⼦の部屋』)くらいだったんですけど…。この作品は、⾒てくだ さったみなさんの支えでいろんな人に広まっているんだということを強く感じています。

と観客の口コミレベルでの広まりに感謝。
A-studioでのプロモーション

「徹子の部屋」でのプロモーション

映画情報どっとこむ ralph 松坂さん:今回はセリフよりも体のコミュニケーションや表情で成⻑を⾒せられたらと思い、そこは大事にした。

と語る松坂さん。

物語が進むにつれて、 体もシャープになっていると指摘されると

松坂さん:それは撮影のつらさでそうなりました(苦笑)。

と告白。朝から深夜まで、濡れ場を撮りっぱなし過酷な撮影を振り返り

松坂さん:そんなに⻑時間、やるもんじゃないですよ(笑)。ずっと裸で、 風邪ひくかと…。『服、着させてくれ︕』って感じになってました。だんだん、慣れてきて抵抗がなくなるんですね。(現場でス タッフや監督が発する)『ここ』とか、細かいワードが卑猥な部分だったりするんですけど、だんだん恥ずかしげなく発言するようになって、 現場は卑猥な言葉ばかりでした。(卑猥な言葉ばかりが飛び交うので)メイキングが撮れない…(笑)。

と現場のエピソードを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場には、既に複数回観たという⼥性も多数。

松坂さん:さすがに笑えますよね?その見方がある種、正解です。

とセックスを通して描き出される人間の滑稽さを大いに笑ってほしいとアピール。

特に温泉宿で、西岡徳馬さん演じる泉川の目の前で、佐々木心音演じるその若い妻と行為に及ぶシーンについて

絶対に笑ってください!緊張の糸が張り詰めているので、そこで緊張をほぐして、 我慢せずに大いに笑ってほしいです。

と呼びかけていた。

映画情報どっとこむ ralph 改めて本作の内容について

松坂さん:賛否は絶対にあると思うし、それは僕と三浦さんがすべて受け止めますので、感想をお待ちしています!

と力強く語る松坂さん。

さらに、スタッフから仕入れた情報として

松坂さん:『娼年』と『コナン』を2本⽴てで⾒る人が多いそうです。なぜだろう…︖ 映画館にはいろんな癒しがあるんだなと思います。ジャンルに関係なく、いろんな層の方が観てくれるのは嬉しいです。

とニッコリ。さらにコナンくんをライバル視しつつ

松坂さん:こちらは頭脳も体も大人の男がいろんな事件に巻き込まれます(笑)。R 指定もついて、あまり多く番宣はできませんでしたが、たくさんの人が⾒てくださっていると知って、みなさまのおかげと感謝しております。 本当にありがとうございます。

と深々と頭を下げ、イベントを締めました。


娼年

TOHOシネマズ 新宿他全国公開中!

公式HP:
http://shonen-movie.com/
公式twitter:
@shonen_movie

STORY
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。

日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。

「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がけるボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。
    

***********************************


松坂桃李  真飛聖  冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔  
原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊) 
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
映画の区分: R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
   


『ワンダー 君は太陽』公開日決定&素顔のオギーの場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 本国アメリカ・NYタイムズ・ベストセラーリスト第1位を獲得し、全世界800万部を突破した小説「ワンダー」が映画化!

本国・アメリカにて公開と同時にスマッシュヒットを記録し、既に全世界での興行収入が300億円を突破した、映画『ワンダー 君は太陽』が6月15日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他にて全国公開となります!

『ウォールフラワー』(12)で思春期の青年の揺れ動く心情を繊細なタッチで描いたスティーブン・チョボスキーが監督・脚本を務めました! さらに昨年メガヒットを記録した実写版『美女と野獣』のスタッフが集結。笑いあり涙あり、観終わった後、誰もがきっと幸せになれる最高にワンダーな物語が誕生しました!!

映画情報どっとこむ ralph ★家族と和やかに団らん、時にはいじめっ子に立ち向かう!オギーの素顔、場面写真が一挙に解禁!!★

この度、生まれつき人と違う特別な顔を持つ主人公オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)の家族や友達とのやり取り、学校生活が垣間見える素顔の場面写真が一挙に解禁となりました!!

家では大好きな家族に囲まれて幸せそうな笑顔を見せるオギー。

初めての学校に不安げな表情を浮かべるが、そんなオギーの手を優しく握る母・イザベルの姿や、
父・ネートや姉のヴィアがそれぞれにオギーにそっと寄り添っている心温まる写真となっています。
また、食堂でひとりぼっちのオギーに同級生が友達になろうと手を差し伸べる一枚や、
自分より体の大きい上級生を相手に果敢に立ち向かおうとするオギーを捉えた一枚など、
大好きな家族との絆や、生まれて初めて通う学校で波乱に見舞われながらも育む同級生との友情など、感動必須のドラマが垣間見えてくる場面写真となっています!!

映画情報どっとこむ ralph 主人公の生まれつき人と違う顔をもつ少年オーガストこと“オギー”を演じるのは、『ルーム』(15)で一躍世界中から注目を集めた天才子役ジェイコブ・トレンブレイ。本作では中身は普通の男の子でありながら、外見に生まれつきの障がいを抱えるという難しい役どころを演じました!母親のイザベル役には『プリティ・ウーマン』(90)『エリン・ブロコビッチ』(00)のジュリア・ロバーツ、父親・ネート役には『ミッドナイト・イン・パリ』(12)『マイ・ファニー・レディ』(14)のオーウェン・ウィルソンといった実力派俳優が脇を固めます!

生まれつき人と違う特別な顔をもつ少年オギー (ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。主人公・オギー自身の視点や彼を取り囲む人々の視点など、さまざまな角度から見えてくるドラマが描かれております。それぞれ違った個性を尊重し、思いやり、受け入れることの大切さを描いた感動作がついに日本に上陸します!!

映画『ワンダー 君は太陽
原題:『Wonder』

あらすじ・・・
オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

***********************************

原作:R・J・パラシオ「ワンダー」ほるぷ出版刊
監督・脚本:スティーヴン・チョボスキー 『ウォールフラワー』
製作:トッド・リーバーマン デヴィッド・ホバーマン
出演:ジュリア・ロバーツ『プリティ・ウーマン』『エリン・ブロコビッチ』オーウェン・ウィルソン『ミッドナイト・イン・パリ』『マイ・ファニー・レディ』ジェイコブ・トレンブレイ『ルーム』ほか
配給:キノフィルムズ/木下グループ Motion Picture Artwork
© 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.


桜井日奈子名古屋、仙台に登場!映画『ママレード・ボーイ』​​全国各地でトキメキ拡散中


映画情報どっとこむ ralph ラブストーリーの名手・廣木隆一監督が手がけ、少女マンガの枠を超えた恋愛映画の金字塔が誕生した。光希を演じるのは “岡山の奇跡”として一躍注目を集め、ドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子。遊を演じるのは、『銀魂』ほか話題作への出演が続く、吉沢亮。いま最も勢いのある若手俳優の二人が、満を持してラブストーリーに初主演!

4月27日(金)の公開に先立ちまして、名古屋・仙台にて舞台挨拶付き試写会を実施しました!

日付:4月12日(木)
場所:109シネマズ名古屋

日付:4月13日(金)
場所:MOVIX仙台

映画情報どっとこむ ralph 4月12日(木)に行われた109シネマズ名古屋での特別試写会に登場したのは主人公・小石川光希を演じた桜井日奈子さん。
桜井さん:皆さん、ご来場頂きまして、有難うございます!こんなに沢山の方にいらして頂いて…どえらい嬉しいがね!

と少し照れながら名古屋弁でご挨拶すると、会場からは「かわいい~!」との声!がかかり温かな雰囲気の中、舞台挨拶はスタート。

今回両親の突然のパートナーチェンジしての再婚から吉沢亮さん演じる頭脳明晰・スポーツ万能の超イケメン・松浦遊と同居生活することとなる光希。

桜井さん:出演が決まってから、原作漫画とアニメと両方を観ました。20年も前の漫画ですが、設定が逆に新しく感じて古さを感じました。

と世代を超えて愛される「ママレード・ボーイ」についてコメント。


“甘いルックスとは裏腹に、クールな一面をもつ“甘くて、苦い(クール)なママレードみたい”な遊みたいな同級生の男の子が実際に居たら?との質問には

桜井さん:好きになっちゃいますね!ずるいですよね!完璧なルックスでクールなのに、困ってる時に一歩、ふと背中を押してくれたりして。ずるい!(笑)好きにならない女性はいないんじゃないかな・・。

とコメント。すると場内の女性客たちからは共感の声が。

映画情報どっとこむ ralph 完成した映画を観て
桜井さん;私は光希と遊がシチューを食べるシーンが一番トキメキました!まだお互い仲良くなっていないけど、意識しあっているっていうのが雰囲気で伝わってキュンとしました。

と説明。そして“最近キュンとしたことは?”との質問には

桜井さん:電車に乗っている時に、前に立っていた男性が、締まりそうなドアを抑えて走ってきた女性を入れてあげようとしてたんです。結局女性は乗れなかったのですが、その後窓の外を眺めている男性にキュンとしました。

と実生活でのエピソードを披露。


トキメキが詰まった作品でありながら、光希を始め登場人物たちの成長物語でもある本作。その光希の成長過程をたどる“演じ分け”については

桜井さん:髪を切るシーンがあって。台本には書かれてないんですけれど、光希の切ない心情が感じられて。遊を想う切ない日々があったんだろうなって想像して、そのシーンの撮影の時には決意を固めて、くよくよせずに、前に進まなきゃっていうシーンはポイントになりました。役柄に合わせて髪型を変えるのは初めての経験でしたし憧れでした。ずっと憧れで、夢がかなって嬉しかったです!

と笑顔を見せました!そして・・・

桜井さん:吉沢さんが積極的に仲良くなろうという空気を作ってくださって。主演としての立ち振舞を教えて頂きました。

と撮影時を振り返っていました。

映画情報どっとこむ ralph 4月13日(金)に行われたMOVIX仙台にも桜井さんが廣木監督と共に登場!

二人共「おばんですー!」と宮城の方言で挨拶。

廣木監督:今日はすごく沢山の人に来て頂いて。(この作品で)試写会に立ち会うのは初めてなので、とても緊張しています。

とコメントすると

桜井さん:監督が緊張しているので、私もドキドキしています。

と、つられて緊張気味。

本作は全編オールロケ。全国各地で撮影を行い、ここ宮城県でも撮影を実施。光希と遊が通う高校でのシーンは仙台で撮影が行われたそうで、

廣木監督:テニスのシーンとか全部仙台で撮影して。エキストラの方々が熱心に参加してくれて、本当に助かりました。

桜井さん:皆さん寒い中、一緒に頑張ってくださいました。感謝しかありません。テニスシーンは、遊も銀太も本当にかっこよくて、キラキラしています。見どころのシーンです!

とスマイル!

本作が映画初主演となった桜井さんに対して廣木監督は

廣木監督:このままの方で、本当に変わらない。等身大じゃないの?って思ったくらい自然な演技でした。

と大絶賛。その言葉に

桜井さん:すごく嬉しいです。監督は撮影の時は、そんなにお話されない方なので・・・・すごく愛情深い方だなって思っています。一生懸命やっていたのですが、自分自身の力不足をすごく感じていて。“しょうもないな”って思っちゃう相談にも、いつも真剣に応えて頂いて、沢山の愛情で包んで頂きました。

と続けて話すと、照れくさそうな監督。

映画情報どっとこむ ralph 作品は長回しで、撮影が行われた点についてのエピソードを

桜井さん:光希が怒って部屋に戻るシーンがあるのですが、何十回も階段を行き来して撮り直しをしました(笑)実はカメラに映らないところで猛烈ダッシュして移動していたりします(笑)。

監督自身も緊張したと大きくうなずき、

廣木監督:いつもはカメラは一台で撮影するのですが、家族6人が集まるシーンは三台使って撮影を行ったので大変でした。

と撮影裏話を明かしました。また、苦労した撮影について

桜井さん:遊に別れを告げられる涙のシーンは大変でした。涙が乾いちゃったりして…(笑)私はかなり苦戦したのですが、監督に“一番最初の演技が良かった”って言われて…悔しかったです(笑)

と悔しいのと笑顔が入り混じった表情を浮かべ。

吉沢さんについては

桜井さん:精神的な面でもお芝居の面でも沢山リードして頂きました。佐藤(大樹)くんや優希(美青)さん、共演者たちをご飯に誘ってくれたり。テニスのシーンの撮影のときも一緒に練習をしてくれて、とても優しい方です。

と話します。

舞台挨拶が終盤に差し掛かり、

廣木監督:自分の中では、色々なメッセージを込めて作った作品です。なので、楽しんで頂けたらと思っています。ちなみに、エキストラに参加した人ってこの中に居たりするんですかね?

と尋ねると、エキストラに参加した人たちが手を挙げ、二人共、喜びを露わに!「どこの撮影ですか?」と声をかけ、撮影を振り返るとともに彼らに直接「有難うございました!」と感謝の言葉を贈る一幕も。


最後に・・・

これから皆さん沢山沢山ときめいて下さい。光希と遊だけじゃなく、銀太も茗子も名村先生も…2人の周りの人達の物語もトキメキます!そして、光希の成長の物語でもあるので、そこも見どころです。皆さんと一緒に作品を盛り上げて行きたいです!宜しくお願いします!

との意気込みを込めたメッセージを贈り、来場者たちとポスタービジュアルにちなんで、“ママレポーズ”でフォトセッションを行い、舞台挨拶は終了。ロケ地ならではの愛情が漂う温かな舞台挨拶となりました。

そして舞台挨拶を終えた後は、ユアテックスタジアム仙台に向かい、J1リーグ<ベガルタ仙台VS川崎フロンターレ>の試合のハーフタイムにも登場!2人はミニトークショーを行い、桜井が『DAZNチャレンジ』に挑戦!映画にもゆかりの深い仙台の地で地元の人々とコミュニケーションをとる貴重な機会もあった地方キャンペーンとなった。

今後、桜井の出身地・岡山での凱旋舞台挨拶の実施、広島での舞台挨拶も予定しているそうです。

映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計1000万部突破の大ヒットコミック「ママレード・ボーイ」が遂に実写映画化!
突然の同級生との同居、保健室のキス、すれ違いの初恋、三角関係・・・
すべての女性のトキメキがここに!

映画『ママレード・ボーイ

は4月27日(金)より全国ロードショーとなります!

公式HPアドレス:
http://marmaladeboy.jp 

Twitter:
https://twitter.com/marmalade_movie

ハッシュタグ:
#ママレードボーイ

本気の恋は 甘いだけじゃない
ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?
更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。
一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。
甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。

でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

***********************************

​​出演:桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一  脚本:浅野妙子  廣木隆一   音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会  制作プロダクション:プラスディー  
配給:ワーナー・ブラザース映画 
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


GReeeeNの「ママレード・ボーイ」主題歌ラブソング「恋」MVに桜井日奈子&吉沢亮カメオ出演!


映画情報どっとこむ ralph 甘いだけじゃない、本気の恋をするすべての人に贈る映画『ママレード・ボーイ』は4月27日(金)より全国ロードショーとなります!

そしてこの度!

​4月11日にニューアルバム『うれD』をリリースし、7月より全国13都市20公演でのツアー「GReeeeNと不思議のももがたり~おこしにつけたきびだんご~」の開催が決定しているGReeeeN。

このニューアルバム『うれD』に収録される映画『ママレード・ボーイ』主題歌として書き下ろされたラブソング「恋」のミュージックビデオを公開いたします。

出会って恋をして、2人が年月を重ねていっても、お互いにその気持ちを伝え続けてほしい、という思いを込めた楽曲です。

映画情報どっとこむ ralph 今回のミュージックビデオは主人公の男の子(シンジ)が、祖父(真太郎)が昔に書いたラブレターを偶然発見することから始まります。祖父の過去の悲しい恋愛から、年月が経っても色褪せることない気持ちを描いています。

そして本映像のエンディングには、なんと映画『ママレード・ボーイ』に出演している桜井日奈子さん、吉沢亮さんが主人公とすれ違うカップル役としてカメオ出演。そして主人公の祖母役として声優の野沢雅子さんが出演。


桜井日奈子さんにとってミュージックビデオの出演は初めて、吉沢亮さんはGReeeeNの2013年シングル「桜color」にも出演しており、GReeeeNのミュージックビデオとしては2度目の出演となりました。

野沢雅子さんは、「おじいちゃん」と呼びかける大事なシーンでの出演となり、本映像の後半の鍵を握る役どころとなっています。豪華出演陣が、ちょっとだけ出演する、大変贅沢な内容のミュージックビデオとなっています。


いよいよ今週発売されたGReeeeNの約1年半ぶりのニューアルバム『うれD』、そして4月27日に公開となる映画『ママレード・ボーイ』への期待が高まります。

映画情報どっとこむ ralph 甘いだけじゃない、本気の恋をするすべての人に贈る

映画『ママレード・ボーイ

は4月27日(金)より全国ロードショーとなります!

公式HPアドレス:
http://marmaladeboy.jp 

公式Twitter:
@marmalade_movie

ハッシュタグ:#ママレードボーイ

物語・・・
本気の恋は 甘いだけじゃない
ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?

更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。

一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。

甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。

でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

***********************************

出演:桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一  脚本:浅野妙子  廣木隆一   音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー  
配給:ワーナー・ブラザース映画 
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会