「社会派」カテゴリーアーカイブ

ヤン・イクチュン『息もできない』三日間トークショー 東出昌大 井浦新 野田洋次郎らも!


映画情報どっとこむ ralph 7月19日に9周年を迎えた新宿ピカデリーが、伝説の映画『息もできない』の上映&トークショーを開催することが決定いたしました。

2009年の作品発表時、世界の国際映画祭・映画賞で25以上もの賞に輝き、2010年の日本公開時にも、大きな話題を呼んだ『息もできない』がデジタル化、7月19日に9周年を迎えた新宿ピカデリーのスクリーンに甦ります。
これに合わせて製作・監督・脚本・編集・主演であり、本作が初監督でもあるヤン・イクチュンの来日が決定、スペシャルゲストを迎えてのクロストーク付き三夜限定上映が実現です。

記念すべき第一夜のゲストに、「聖の青春」での演技で数々の映画賞を受賞、「あなたのことはそれほど」など主演ドラマの好調も記憶に新しい東出昌大、第二夜には『かぞくのくに』(2012)以来の盟友・井浦新、そして第三夜には「RADWIMPS」野田洋次郎、『トイレのピエタ』(15)松永大司監督がそれぞれ登壇いたします。俳優として映画人として、国境を越えてカルチャーを作り出す同時代人として、新宿ピカデリー公開の最新作「あゝ、荒野」の話を交えながら、新宿ピカデリー9周年に華を添えるクロストークショー付き上映が開催されます。

映画情報どっとこむ ralph 真夏の夜の三日間。

『息もできない』新宿ピカデリー9周年記念上映会■
第一夜:8月7日(月)18:50開演 ※上映後トークイベントあり
登壇者(予定):東出昌大(俳優)、ヤン・イクチュン

第二夜:8月8日(火)18:50開演 ※上映後トークイベントあり
登壇者(予定):井浦新(俳優)、ヤン・イクチュン

第三夜:8月10日(木)18:50開演 ※上映後トークイベントあり
登壇者(予定):野田洋次郎(RADWIMPS)、松永大司(映画監督)、ヤン・イクチュン

場所:新宿ピカデリー/料金:1,800円均一(税込/全席指定)
【チケット購入方法】
●チケットぴあ http://w.pia.jp/t/ikimodekinai/ (PC・携帯共通)  
Pコード:557-398(3日間共通)
先行抽選販売「プレリザーブ」 
受付期間:7/27(木)11:00~8/1(火)11:00   
抽選結果:8/1(火)18:00ごろ
一般発売:8/2(水)10:00〜  

映画情報どっとこむ ralph 息もできない
偶然の出会い、それは最低最悪の出会い。でも、そこから運命が動き始めた…。「家族」という逃れられないしがらみの中で生きてきた二人。父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きる取り立て屋の男サンフンと、傷ついた心を隠した勝気な女子高生ヨニ。歳は離れているものの、互いに理由なく惹かれあった。ある日、漢江の岸辺で、心を傷だらけにした二人の魂は結びつく。それは今まで見えなかった明日へのきっかけになるはずだった。しかし、彼らの思いをよそに運命の歯車が軋みをたてて動き始める…。


ヤン・イクチュンプロフィール
1975年、大韓民国出身。
大学と演技学校で演技を学び俳優としての活動をスタート。
2009年に監督・主演のほか製作、脚本、編集も自らこなした『息もできない』で長編映画監督デビューを果たす。同作は国内外の映画祭で数々の賞に輝き、日本でも史上初の第10回東京フィルメックス 最優秀作品賞&観客賞ダブル受賞やキネマ旬報ベスト・テンの外国映画第1位と外国映画監督賞に選ばれた。

日本映画界との関わりも深く、ヤン・ヨンヒ、西川美和、宮藤官九郎といった監督からラブコールを受けて『かぞくのくに』(12)『夢売るふたり』(12)『中学生円山』(13)に出演。また、山本政志監督の主宰による映画製作ワークショップ「シネマ☆インパクト」では講師をつとめ、『しば田とながお』(13)を発表した。そのほか韓国では「優しい男」「大丈夫、愛だ」「夜を歩く士」などのドラマでも俳優として活躍している。

***********************************

監督・脚本:ヤン・イクチュン
編集:イ・ヨンジュン、ヤン・イクチュン
撮影:ユン・チョンホ/美術:ホン・ジ
録音:ヤン・ヒョンチョル/製作:ヤン・イクチュン
音楽:インビジブル・フィッシュ

出演:ヤン・イクチュン、キム・コッピ、イ・ファン
提供:スターサンズ
配給:ビターズ・エンド、スターサンズ
R-15+
DCP
©2008 MOLE FILM ALL Rights Reserved



8/1新田恵海 登壇『ブランカとギター弾き』音声ガイド付きイベント決定


映画情報どっとこむ ralph 日本人として初めてヴェネツィア・ビエンナーレ&ヴェネツィア国際映画祭の全額出資を得た長谷井宏紀(ハセイコウキ)監督がフィリピンを舞台に撮影し、世界中の映画祭で高い評価を得た話題作『ブランカとギター弾き』がシネスイッチ銀座ほかにて7月29日(土)より全国順次ロードショーされます。

主人公ブランカは大人気アニメ『ラブライブ!』で主人公・高坂穂乃果の声優を務めた新田恵海さんが、盲目のギター弾き・ピーターは『NARUTO-ナルト-』シリーズで三代目火影・猿飛ヒルゼンの声優を務めた柴田秀勝さんがそれぞれ音声ガイドの吹き替えを務めることが発表された本作ですが、この度、新田さんと一緒に音声ガイド付きの上映を観るイベントの開催が8月1日(火)にシネスイッチ銀座にて決定しました!

映画情報どっとこむ ralph ブランカ役の新田恵海さんは音声ガイド声優を務めるにあたり、映画を観て、

新田さん:知らない世界に少し戸惑いながら、ブランカとピーターの交流や逞しく生きる姿に、そしてブランカの力強く繊細な歌声に、胸を打たれました。なんて美しいのだろう、と。守ることや信じること、共に生きていくこと、すべてが愛なのだと感じました。家族とは、安らぎとは、そして幸せとは。私も自分なりに見つめ合いたいと思いました。

と話しており、実際に収録を終えて、

新田さん:ブランカの自然体な雰囲気や、次第に移り変わる心模様に寄り添えたら、と演じました。胸が苦しくなるシーンもありましたが、収録を終えて、切なくもとても温かい気持ちになりました。私にとって本格的な吹き替えが初めての挑戦だったこともあり、とても緊張していましたが、この映画の魅力を多くの方に届けられたら嬉しいです。ブランカの声を演じられて、改めてこの素敵な作品に携われたことを幸せに思います。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph 当日は、新田さんも音声ガイドをつけて、参加者と一緒に映画を観た後に、後には視覚障害のある人も当たり前に映画館に行けるようUDCastアプリの開発にも携わっている松田高加子さんと新田さんによるトークショーも開催される予定です。

吹き替えキャストと一緒に作品を観る、という貴重な機会にイベントも盛り上がること大いに期待されます。当日のチケットは劇場窓口にて好評発売中です。

*UDCast方式による音声ガイド付き上映とは「見えない」「見えにくい」方が、いつでもどこでも映画が楽しめるよう、携帯機器(スマートフォン・タブレット端末)とイヤホンを使って音声ガイド付きで映画を鑑賞して頂けるシステムです。


ブランカとギター弾き
原題:BLANKA

シネスイッチ銀座他にて7月 29 日(土)より全国順次公開!

HP:
transformer.co.jp/m/blanka/
Facebook:
@blanka.jp/
Twitter:
@blanka_jp

物語・・・
“お母さんをお金で買う”ことを思いついた孤児の少女ブランカは、ある日、盲目のギター弾きピーターと出会う。ブランカはピーターから、得意な歌でお 金を稼ぐことを教わり、二人はレストランで歌う仕事を得る。ブランカの計画は順調に運ぶように見えたが、一方で、彼女の身には思いもよらぬ危険が迫っていた …。

***********************************

監督・脚本:長谷井宏紀
製作:フラミニオ・ザドラ(ファティ・アキン監督『ソウル・キッチン』)
制作:アヴァ・ヤップ
撮影:大西健之
音楽:アスカ・マツミ ヤ(スパイク・ジョーンズ監督短編『アイム・ヒア』)、フランシス・デヴェラ

キャスト
サイデル・ガブテロ / ピーター・ミラリ / ジョマル・ビスヨ / レイモンド・カマチョ

2015 年 /イタリア/ タガログ語 / 77 分 / カラー / 5.1ch / DCP
日本語字幕:ブレインウッズ
ⓒ2015-ALL Rights Reserved Dorje Film


池上彰 登壇 レイ・クロックとは何者だったのか『ファウンダー』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が7月29日(土)より全国公開となります。

7月25日、テレビ東京ビジネスオンデマンド・日経W倶楽部共同開催の特別試写会が開催され、上映前のトークイベントにジャーナリスト の池上彰氏が登壇。登壇するなり、挨拶もそこそこ、さっそく本作の主人公、マイケル・キートン演じるレイ・クロックについて話が及んだ。

日米の経済の違いが分かる! レイ・クロックとは何者だったのか―『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
THE FOUNDER

ジャーナリスト池上彰氏登壇トークイベント
日程:7月 25 日(火)
会場:神楽座
登壇:池上彰
司会:相内優香(テレビ東京アナウンサー)

映画情報どっとこむ ralph 本作の感想を聞かれ、池上さんは 20 年ほど前に本でレイの存在を知り、本作を観て久しぶりに思い出したそう

池上さん:(レイは) 非常にアグレッシブな人物。ここまでやらなければならないのか、もしくはこれだけやったからこそ 帝国(マクドナルド)を築くことができたのか。映画を観た人がそれぞれ判断を任されるそん な作品です。個人的には<ルート 66(道路)>を東から西へ横断するシーンが出てきますが、 私くらいの世代には、テレビドラマの影響でこれが大変懐かしくてたまらなかった。1950 年代のアメ リカってこうだよね、と思える。あの時代の雰囲気や車などそういう見方も楽しいかもしれません。

人生の転機について 52歳でマクドナルド兄弟と出会ったレイ。池上の転機といえばNHKの退職時とも言えるのでは? と共通点について投げかけると

池上さん:確かに辞めていますけどレイと一緒にしないでください!(彼と一 緒なんて)ありえないですね、マクドナルド兄弟側になっていた可能性はあるかもしれないですけどね(笑)。兄弟の品質へのこだわりに共感をしました。たしかにとても実直で、もう少し融通がきけばレイとの衝突もここまでにはならなかったと思わない所もあります。どちらの側にも共感ができました。レイは兄弟が気付かなかったチャンスに気 付き、その説得力はなかなかなものでした。一方で兄弟は FC 展開をすることで自分たちの手にはおえないほど大きくなり、このままではいけな いのではないかと葛藤する。販売するモノへのこだわりです。これは現代版の「集中と選択」ですよね。

と現代に通じる会社を甦らせるため に必要な成長戦略に紐づけて解説。劇中のミルクシェイクのエピソードでは、牛丼のFC店「吉野家」が一時使用したという粉末のタレ問題 を思い出したと語り、画期的なシステムを構築し、発見した人間が成功者になりえたゆえんをマイクロソフト、ユニクロ、Amazonなどを例に出 し、場内多くの観客を唸らせていた。

タイトル「ファウンダー」の真意とは

池上さん:映画のタイトル「ファウンダー」はものすごい皮肉です。はたして 創業者は誰か、という問題に行き着きます。この30秒で ハンバーガーを提供するシステムのファウンダーはマクドナル ド兄弟。マクドナルドの店を帝国にしたのはレイですから。 今の時代だったら、どこかの国がすぐやりますけどパクっちゃえ ばいいことなんです。でもレイはこの<マクドナルド>に固 執したんですね。なぜか?それが映画の最後に明かされる んですよ。ネタばれになるからここまで・・! アメリカの資本主義はこういう人達がいるから発展した んですね。日本人はマクドナルド兄弟へ共感を得る人が多いと思います。だから日米の経済の違いが出てくる。 日本がデフレを突破できないのは、そういう見方できるんじゃないでしょうか。観たくたるでしょう?観たら観たで、 知らない誰かに教えたくなる、そんな映画なんです!」と池上節が炸裂。自著の告知も交えながら、がっちり観客を掴み場 内を沸かせつつ、トークイベントは終了となった。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
1954 年アメリカ。52 歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある 日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟 が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・ 高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契 約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレ イは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。



***********************************

監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:ロバート・シーゲル(『レスラー』)
出演:マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン
2016 年/アメリカ/英語/カラー/115 分/

© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
提供:KADOKAWA、テレビ東京、BS ジャパン、テレビ大阪
配給:KADOKAWA


戦争がもたらすものとは何か?『ハイドリヒを撃て!』日本上陸8月12日


映画情報どっとこむ ralph 今回、祖国の為ナチスに立ち向かう兵士役にキャスティングされたのは、クリストファー・ノーラン作品の常連、キリアン・マーフィと、2014年に「世界で最もハンサムな顔100人」ランキングで見事1位を獲得したジェイミー・ドーナン。

メガホンを取ったのは元・有名ファッション・フォトグラファーという異色の経歴を持つショーン・エリス。
APD

「VOGUE」や「Numero」など海外の一流ファッション誌で撮影を手がけ、一躍売れっ子フォトグラファーとなった彼はやがてミュージック・ビデオや映画に進出。美大生の失恋を幻想的に描いた『フローズン・タイム』(06)は第59回カンヌ国際映画祭に招致され、『ブロークン』(08)は第24回サンダンス国際映画祭でプレミア上映されるなど、映画監督として瞬く間にキャリアを積んでいく。
APD

映画情報どっとこむ ralph エリス監督は今作に関して

エリス監督:2001年にエンスラポイド作戦のドキュメンタリーを観て、初めてこの話を知った。第二次世界大戦の出来事全般にかねてから興味があったが、こんなにも勇敢で感動的な話に今まで出会わなかったことに驚き、これは映画化すべき話だと感じた。

と語っている。また、主演2人のことを

エリス監督:ジェイミーは、私がヤンに求めていた強烈なプレッシャーに中で短絡的になる弱さを見事に引き出してくれた。キリアンは、ヨゼフを苦しめる道徳的不安を隠しながら、ミッションに挑む自信と冷徹な決断を示す方法を見出してくれた。

と高く評価しています。

APD


主人公ヤンとヨゼフの決死の覚悟と苦悩、そしてナチス・ドイツの凄惨極まりない報復まで余すことなく描く本作は、監督が以前華やかなファッション・フォトグラファーだったとは微塵も感じさせない表現力と迫力で、観る人の心に深い印象を残していく。

映画情報どっとこむ ralph 戦争がもたらすものとは何か?改めて考えさせられる作品『ハイドリヒを撃て!』は、8月12日(土)より新宿武蔵野館他全国順次公開。
物語・・・
第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める。

公式HP:
shoot-heydrich.com

***********************************

監督・脚本:ショーン・エリス
出演:キリアン・マーフィ、ジェイミー・ドーナン、ハリー・ロイド、シャルロット・ルボン、アンナ・ガイスレロヴァー
配給:アンプラグド 宣伝:アンプラグド・サルーテ・シャントラパ 
2016年/チェコ=イギリス=フランス/120分/5.1ch/シネスコ/カラー
原題:Anthropoid 
© 2016 Project Anth LLC All Rights Reserved
  


8月5日公開『夜明けの祈り』マドレーヌ・ポーリアック”本人のポートレート解禁!


映画情報どっとこむ ralph このたび、本年度仏セザール賞で主要4部門ノミネートを果たした映画『夜明けの祈り』が8月5日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開となります。
『ココ・アヴァン・シャネル』『ボヴァリー夫人とパン屋』で強く美しく女性の生き様を映し出してきたアンヌ・フォンテーヌ監督が70年以上闇に埋もれていたヒロインたちを目覚めさせた。

このたび解禁されたのは、第二次世界大戦末期から戦争終結直後にかけポーランドで医療活動に従事し、本作のモデルとなった女性医師“マドレーヌ・ポーリアック”本人のポートレート。
ポーリアックが航海日誌のようにとっていた治療の記録には、ソ連兵によるポーランド人女性への暴力や性的虐待に関する事実が克明に記されていた。

映画情報どっとこむ ralph さらにその手記には“いつかこの陰の天使をヒロインに…”という司祭からの手紙が添えられており、フォンテーヌ監督は、プロデューサーが持ってきたこの物語に感銘を受け、製作に取り掛かかったのだそう。

フォンテーヌ監督:すべて実際の出来事ですがこれまで忘れ去られ、隠されてきたことです。女性への暴力や性的虐待は70年前の出来事ではなく、今なお戦時下の国々で行われていることを忘れてはいけません。

とコメント。本作は悲惨な歴史を描きながらも、国境を越えた女性たちの絆の物語であり、カトリックの大本山であるヴァチカンでも上映時には、フランシスコ教皇の側近である大司教から

大司教:カトリックの修道院でも同じようなことが行われていた。物語の人物を通して悲劇に向き合うことで、教会にとってもセラピーとなるような作品だ!。

と絶賛しています。

フランス赤十字に入った彼女が終戦後のポーランド全土およびソ連の一部でチーフドクターとしてフランス軍の帰還任務に当たったことや、200件に達したポーランドでのフランス軍兵士の送還任務は、女性で構成された赤十字のボランティア部隊とともに果たすなど彼女の功績はとても大きなものである。しかし、ポーランドの人里離れた修道院に危険を冒しながらも通い続け、繰り返される性的暴力に傷ついた修道女たちの命と心までを救った実話も含め、マドレーヌ・ポーリアックの存在は長い間公になることはなかった。マチルド役のルー・ドゥ・ラージュは、

ラージュ:真の英雄はスーパーヒーローではなく、実際の歴史の中に息づくポーリアックのような人のことよ。

と思いを語ります。

映画情報どっとこむ ralph これまで知られることのなかった衝撃の事件、そして絶望の闇の中にいた修道女たちの希望の灯火となったヒロインの姿は多くの人々に感動と平和への祈りを思いを・・・。

映画『夜明けの祈り
原題:Les Innocentes

は、8月5日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

yoake-inori.com

物語・・・
1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となってゆく……。

***********************************

監督&翻案:アンヌ・フォンテーヌ
製作:エリック・アルトメイヤー、ニコラス・アルトメイヤー
音楽:グレゴワール・エッツェル
撮影:カロリーヌ・シャンプティエ

出演:ルー・ドゥ・ラージュ『世界にひとつの金メダル』、アガタ・ブゼク『イレブン・ミニッツ』、アガタ・クレシャ『イーダ』

2016年/フランス=ポーランド/フランス語、ポーランド語、ロシア語/1時間55分/アメリカンビスタ/カラー/音声5.1ch

日本語字幕:丸山垂穂 提供:ニューセレクト、ロングライド
配給:ロングライド
後援:アンスティチュ・フランセ日本/フランス大使館
協力:ユニフランス
© 2015 MANDARIN CINEMA AEROPLAN FILM MARS FILMS FRANCE 2 CINÉMA SCOPE PICTURES