「社会派」カテゴリーアーカイブ

松坂桃李 になら欲望を引き出して欲しい?「娼年」キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 性の極限を描いたセンセーショナルな内容石田衣良の恋愛小説「娼年」が、 2016年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化、2018年4月全国公開となります。

そして!
この度、ボーイズクラブのオーナー・御堂静⾹や、主⼈公の娼夫・リョウ(松坂桃李)の客を演じる全キャストが解禁に!

映画情報どっとこむ ralph 先ず、恋愛や女性に「興味がない」というリョウを見出し娼夫になるよう誘う秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナー、御堂静香(みどうしずか)に真飛聖。

真飛さん:人は大人になるにつれ、⼼に抱えている思いを吐き出しにくくなるものですが、 この「娼年」という作品は、そんな女性たちの⼼の闇、そして生きていく中で本当は切っても切れない性(さが)を大胆かつ繊細に描い ています。 私の演じる御堂静香も、それぞれの登場人物も欲望から生まれる葛藤、⼼のきびというのはとてもリアルで生々しささえ感じますが、実 はその中にある⽇常ではなかなか理解しがたい様々な愛の形がそこには存在していて、それを通してひとりの男性が人として成長してい く姿はとても魅力的です。 映画館に見に⾏く勇気を一歩踏み出していただけたら、そこに映しだされるものはきっと共感できる、愛おしい世界だと思います。



「パッション」に入るための情熱の試験の場でリョウの前に現 れる静香の娘・咲良(さくら)役に冨手麻妙。

冨⼿さん:咲良役を演じさせていただきました冨手麻妙です。『娼年』と出会ったのは去年の夏、三浦大輔監督によって舞台化されるというお 話を聞いた時でした。 舞台版はオーディションに落選してしまい、物凄く悔しい思いでいっぱいでしたが、今回再び三浦監督が映画化されるということで再 チャレンジさせて頂き、原作を読んだ時からどうしてもやりたかった咲良役で選んでいただきました。 『娼年』に出てくる人々は皆、どこまでも優しく、私は撮影している時はもちろん、完成された映画を見たあと、⼼が温かくなったという か、優しい気持ちになりました。 家族やカップル、友達同士で見に⾏って、あえて別々の席に座って、見終わった後、この映画について色々語り合って欲しい、そんな 見⽅ができる映画です。

映画情報どっとこむ ralph リョウが「娼夫」として出会うさまざまな客たちからは、わけありの泉川(いずみかわ)夫妻の夫役に西岡徳馬、上品な老女役には舞台に引き続き江波杏子が扮する。 松坂桃李演じる森中領の同級生・⽥島進也(たじましんや、通称;シンヤ)に小柳友、同じクラブで働く平戸東(ひらとあず ま、通称:アズマ)に猪塚健太、そしてリョウにその欲望を引き出されていく女性たちに、桜井ユキ、馬渕英里何、荻野友里、 佐々⽊⼼音、大谷麻衣、階戸瑠李という女優達が各々まさに全⾝全霊で役にぶつかっている。


原作に忠実にセックスを真っ向からから描いた内容と松坂桃李の体当たりの演技で話題 騒然、伝説となった舞台同様、 「性描写に関しては一切妥協せず、でも、よりポップに描 き切ったつもりでいます。」と語る三浦監督。「結果、あまり前例がない、新しいエンターテイ メントが産まれた予感がしています。」と⼿応えを感じているようだ。松坂桃李も「舞台で表 現できなかったこと、映像だからこそ残せるものが、映画「娼年」にはあると思いました。」と 振り返るように、舞台とはまた一味違う映像表現の限界に挑戦した本作。魅力的な登場 人物たちとともに、「娼夫」として生きるリョウが、一人の人間として、男性として成長する姿 がどのように描かれるのか︖センセーショナルなドラマに一層、期待が高まる

映画情報どっとこむ ralph 主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。


大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く⽥島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある⽇、ホストクラブの客として訪れ た女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に 静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女なんてつまんないよ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるよう になるのだが・・・。


公式HP
http://shonen-movie.com/

Twitter
@shonen_movie

***********************************

松坂桃李 真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々⽊⼼音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔
原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム レイティング:
R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会


『ダウンサイズ』LAプレミア ファンが会場に殺到


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞(R)受賞 アレクサンダー・ペイン監督の最新作『ダウンサイズ』が3月2日(金)より公開。

人類を14分の1に小さくする世紀の技術が大発見!爆発的な人口増加問題の解消だけでなく、体が小さくなることで今ある資産でも裕福な暮らしを実現でき、低収入・住宅問題など現代人の日々の悩みも解決してしまう、「人類の縮小計画」という信じられない夢の計画が持ち上がる。火星からの奇跡的な生還を果たしたマット・デイモンが、今度は13cmの手のひらサイズになり、より良い暮らしを求めてミニチュアの世界に飛び込んでいく男を演じる!共演には、マット演じるポールの妻役に『ゴーストバスターズ』のクリステン・ウィグ。

そして!LAプレミアが開催されました!!!

これまでも数々の名作を手掛けてきた名匠アレクサンダー・ペインや、先日発表された第75回ゴールデン・グローブ賞で助演女優賞に堂々初ノミネートを果たし、劇中ではマット・デイモン演じる主人公ポールが出会う重要なキャラクターを演じている新鋭ホン・チャウ、ポールを新しい世界へ誘う謎の男を演じたクリストフ・ヴァルツら豪華キャスト・スタッフ陣が一堂に会しました!

人類を14分の1に小さくする世紀の技術が大発見され、「人類の縮小計画」という信じられない夢の計画を描く本作のプレミアイベントとあって、通常とは趣を変えたホワイトカーペットがしかれ、赤と白を基調としたスタイリッシュで華やかな会場でプレミアイベントがスタート!!!

豪華キャスト・スタッフ陣を一目見ようと、400人以上もの多くのファンとマスコミ陣が会場に詰めかけ、熱気に包まれるなか、アレクサンダー・ペイン監督、ホン・チャウ、クリストフ・ヴァルツ、クリステン・ウィグら豪華面々が続々と登場!瞬く間に黄色い歓声に包まれ会場は大盛り上がりとなりました。

『ダウンサイズ』LAプレミア
日付:12月18日
場所:リージェンシー・ヴィレッジ・シアター
参加キャスト・スタッフ:アレクサンダー・ペイン監督、ホン・チャウ、クリストフ・ヴァルツ、クリステン・ウィグ、ローラ・ダーン、ウド・キア、ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク、ニーシー・ナッシュ、ジム・テイラー(脚本家)、マーク・ジョンソン(製作)ら

映画情報どっとこむ ralph 先日発表された第75回ゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞で助演女優賞に堂々初ノミネートを果たし、今後の賞レース、そしてアカデミー賞(R)への期待がかかり多くのマスコミ陣から熱視線を向けられていたホン・チャウは、ジェニファー・メイヤーのジュエリーと、シルバーのスパンコールであしらわれた煌びやかなセミロングドレスを纏って登場。

ノミネート後の周囲の反応について

ホン・チャウ:みんなとても喜んでくれているけど。とても凄いことすぎて私自身はまだ現実を処理しきれてないの。私が小さかったときのことを知ってる人はきっと驚くわ。とってもシャイな子だったから、まさか女優になるなんてってね。

と、映画出演2作目にして各賞ノミネートを果たしたシンデレラストーリーを初々しく喜びました。

マット・デイモン演じる主人公ポールが、低収入でストレスが多い日々から逃れ13cmに小さくなることで裕福になれ、大豪邸に住み悠々自適な暮らしをしようと決意する本作。小さくなったポールが出会う謎の男を演じた名優クリストフ・ヴァルツは

ヴァルツ:文化の背景に関わらず、世界に通じる映画だと思う。東京に住んでいる人も、狭いスペースで上下にたくさんの人が住んでるマンションに暮らしているから、きっとこの作品に共感出来ると思うよ。
と、作品で描かれるポールの決断が、実は日本人にも身近なテーマであることを語りました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、人類を14分の1に小さくするというこのアイディアを描いた名匠アレクサンダー・ペインも日本のファンに向け

ペイン:僕は日本映画の大ファンだから、『ダウンサイズ』を観てくれたらとても嬉しいよ!国際的で世界に拡がりのある作品にしたかったから、3人の主要な登場人物はアメリカ人、ヨーロッパ人、アジア人にしたんだ。他にも多様な国籍の人を登場させたよ。

とメッセージを送った他、当日は残念ながら家族の事情でこのプレミアを欠席したマット・デイモンも、過去のインタビューで「僕が演じたポールは、どこにでもいるような、なぜか社会でうまくやっていけない男だ。とても勤勉なんだが、結果として、思っていたようなキャリアは築けず、妻と一緒に暮らしたいような生活をするためのお金も稼げない。だから、今のアメリカの多くの人を代表していると思うよ。」と自身の演じたポールの決断について語っており、この突飛な設定がただの遠い世界の話ではなく、ますます身近になり今こそ必見の映画であることが窺えます。

映画情報どっとこむ ralph プレミアの間、何度も談笑し仲の良さを見せつけ、ファンサービスも熱心にこなしたキャスト陣たち。レッドカーペットが終了し、映画の上映が始まっても会場の外は出待ちのファンで溢れかえり、熱狂的な雰囲気に包まれたプレミアイベントは大盛り上がりのなか幕を閉じました。

ダウンサイズ
原題:Downsizing

2018年3月2日(金) TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー!

***********************************

監督:アレクサンダー・ペイン『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』『ファミリー・ツリー』『サイドウェイ』『アバウト・シュミット』

キャスト:マット・デイモン、クリストフ・ヴァルツ、ホン・チャウ、クリステン・ウィグ

脚本:アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
製作:マーク・ジョンソン、アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
製作総指揮: ミーガン・エリソン、ジム・バーク、ダイアナ・ポコーニイ
全米公開:12月22日
配給:東和ピクチャーズ
(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
    


ロシアンシーズンズ2017クロージング上映『ボリショイ』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 一年を通じてロシア文化を紹介する世界規模のフェスティバル「ロシアンシーズンズ2017」のグランドフィナーレの一環で、TOHOシネマズ六本木にてワレーリー・トドロフスキー監督の新作映画『ボリショイ』の上映、そして上映前舞台挨拶に本作のプロデューサー ドミートリー・ダヴィデンコさん、出演女優でバレリーナのアンナ・イサーエワさんが登壇しました。
『ボリショイ』はその名の通り、ロシアを代表するボリショイ劇場のバレエ学校を舞台にした青春映画です。

「ロシアンシーズンズ2017」新作映画『ボリショイ』舞台挨拶
日付:12月12日(火)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:ドミートリー・ダヴィデンコ、アンナ・イサーエワ

映画情報どっとこむ ralph ロシアンシーズンズ2017 クロージング上映会『ボリショイ』 の舞台挨拶が行われ、プロデューサーのドミートリー・ダヴィデンコさん、出演女優でバレリーナのアンナ・イサーエワさんらが登壇しました。

ドミートリーさん:今晩ロシアンシーズンズ2017としてこの作品を日本の皆さんにご紹介できてとても嬉しいです。

と挨拶。ボリショイ劇場を舞台にした映画を製作した経緯について、

ドミートリーさん:1時間に集 約されたバレエのステージに、20年も30年もかけている人たちがたくさんいます。人生をかけてバレエに取り組 んでいる人たちを映画にしたいという希望からこの作品を製作しました。

とコメント。

ロシアで本作が公開された当時について、

ドミートリーさん:この作品の初上映は今年の春、ボリショイ劇場で上映しました。ボリショイ劇場で映画を上映するこ とはかなり珍しく、国内でもとても話題になりました。

と紹介しました。

映画情報どっとこむ ralph
アンナさんは本作で映画初出演に至った経緯について、

アンナさん:初めにスタッフの皆さんとお会いした時、この映画の構想を聞いて心が燃えました。トドロフスキーさんは素晴らしい監督で、彼の作品に出演できるチャンスを逃すわけ にはいきませんでした。

とコメント。

バレリーナ役を演じるにあたり、

アンナさん:私はボリショイ学校出身のバレリーナです。こ の映画のストーリーはとても身近なものだったので、演技をすること自体に困難はありませんでしたが、このような 大きなプロジェクトに出演することへの責任感は強く感じました。

とコメント。

本作はとてもリアルにバレエ学校の現 実を描いていると紹介されました。ドミトリーさんにプロデューサーとして昨今のロシア映画について伺うと、

ドミトリーさん:ロシアに映画はあります!製作される 作品の中には様々な国際映画祭で評価されたものも多くあります。私はロシアの人々に、アメリカ映画ではなく自 国の映画を見てほしいという想いがあります。『ボリショイ』はロシアで若い人から年配の方までたくさんの方が映 画館にきてくれました。今後もいいロシア映画を作っていきたいと思っています。

と熱く語られました。

アンナさんは今後の自身の活躍について、

アンナさん:自分の夢は神にのみ伝えるべき、と思っていますが、今回初めて映 画に出演して映画に惚れ込みました。今度もまた映画に出演してみたいです!

とドミトリーさんにもアピールし会 場を盛り上げました。

最後に・・・

ドミトリーさん:本日集まっていただいた皆様が日本で初めてこの映画を見るお客様です。ボリショイ劇 場のバレリーナたちの姿をぜひ楽しんでください。

と挨拶があり、舞台挨拶は盛況に終了しました。

映画情報どっとこむ ralph ボリショイ
原題:Большой
監督 : ワレーリー・トドロフスキー
脚本 : アナスタシア・パルシコワ
出演 : マルガリータ・シーモノヴァ、アンナ・イサーエワ、アリーサ・フレインドリフ、ニコラ・ル・リッシュほか
「ボリショイ」|2017年|ロシア|132分|カラー

***********************************

    


私らしく、私を生きる。『ナチュラルウーマン』予告編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 『グロリアの青春』でパウリーナ・ガルシアにベルリン国際映画祭主演女優賞をもたらしたチリの俊英セバスティアン・レリオ監督作『ナチュラルウーマン』が、2018年2月よりシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショーが決定!予告編映像が解禁となりました。

チリ、サンティアゴ。ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているトランスジェンダーのマリーナは、歳の離れた恋人の突然の死によって思いもかけないトラブルに巻き込まれていく――。どれほど揺るぎない絆を結んでいても法で守られていないパートナーシップの社会的脆さや、ジェンダー・アイデンティティを拒絶する人々の心理を描き、マイノリティと呼ばれる人々への不寛容な空気に一石を投じる作品。

解禁された映像では、恋人であるオルランドの急死により、絶望の淵に立たされるマリーナの悲痛な姿を捉える。
マリーナが歌う、ヘンデルのアリア『オンブラ・マイ・フ(懐かしい木陰よ)』に乗せて、思い返されるオルランドとの幸せだった日々。誕生日祝いに交わされた、「イグアスの滝を見に行こう」という約束。

最愛のパートナーを失った悲しみの最中、警察からは身体検査を強要され、オルランドの息子や血縁者たちはマリーナを街から追い出そうと攻撃する。元妻からも「お通夜にも葬儀にも来ないで」と拒否されるマリーナだったが、愛する人に最期の別れを告げたいという切なる想いが彼女を突き動かしていく。

南米アルゼンチンを旅するゲイカップルを描いた、ウォン・カーウァイ監督作の名作『ブエノスアイレス』を想起させるような“イグアスの滝”の映像。さらに、人生の“向かい風”を象徴する嵐の中を歩いていくシーンは、ラテンアメリカ独特のマジックリアリズム的世界観に溢れ、印象的だ。自分を肯定しながら凛と生きるマリーナの姿が美しく、「私らしく、私を生きる。」という力強いメッセージに溢れた予告編となっている。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ナチュラルウーマン

原題:Una Mujer Fantástica/英題:A Fantastic Woman 

は2018年2月より、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー。
逆境の中でもありのままに生きようとするヒロインを演じたのは、自身もトランスジェンダーである、歌手のダニエラ・ヴェガ。監督は、パブロ・ララインを輩出するなど躍進目覚ましいチリ映画界が生んだ才能、セバスティアン・レリオ。

12/11に発表となった、第75回ゴールデン・グローブ賞では<外国語映画賞>にノミネート!!その他【ナショナル・ボード・オブ・レビュー外国語作品TOP5】【インディペンデント・スピリット・アワード「Best International Film」部門ノミネート】【ハリウッド・レポーター誌が選ぶ‶今年のベスト演技5”(ダニエラ・ヴェガ)】【ハリウッド・レポーター誌アカデミー賞外国語映画賞予想有力候補5】【メタクリックが選ぶベスト映画2017第3位】に選出されるなど、熱い注目が集まっている。


物語・・・
チリ、サンティアゴ。トランスジェンダーでナイトクラブのシンガー、マリーナは歳の離れたボーイフレンドのオルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅に戻ると突然オルランドの意識が薄れ亡くなったことで、マリーナは思いもかけないトラブルに巻き込まれていく。それでもマリーナは女性として生きていく権利を胸に、自分らしさを守るための闘いに挑むことを決める。

***********************************

監督・脚本:セバスティアン・レリオ『グロリアの青春』『Disobedience』
出演:ダニエラ・ヴェガ、フランシスコ・レジェス、ルイス・ニェッコ
2017年/チリ・ドイツ・スペイン・アメリカ作品/スペイン語/104分
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
Ⓒ2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA


世界三大映画祭を制したファティ・アキン監督『女は二度決断する』 ゴールデングローブ賞ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph 本年度の第70回カンヌ国際映画祭でダイアン・クルーガーが主演女優賞を受賞した、ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』(2018年4月より全国公開)が、アカデミー賞の前哨戦ともいわれる、第75回ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされました!
ゴールデングローブ賞の他、数々の映画賞で外国語映画賞に受賞・ノミネートを重ねており、来月発表される第90回アカデミー賞® 外国語映画賞/主演女優賞受賞への可能性をさらに濃厚としました。

映画情報どっとこむ ralph 世界三大国際映画祭すべてで主要賞受賞経験を持つ、ドイツの名匠ファティ・アキン監督の最新作。主人公カティヤを演じたダイア ン・クルーガーは、

ハリウッドやヨーロッパで活躍する国際派女優。母国語であるドイツ語を使った映画に本作で初挑戦し、見事、カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞した。

突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女はある決断をする――。

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚し、幸せな家庭を築いていた。ある日、白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。

トルコ人同士の抗争を警察は疑うが、人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、カティヤの魂はどこへ向かうのか。

2018年4月、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

映画情報どっとこむ ralph 『女は二度決断する』
第 75 回ゴールデングローブ賞 外国語映画賞ノミネート
※授賞式は 1 月 7 日(日本時間 1 月 8 日)
<その他の受賞・ノミネート状況 2017.12.12.現在>
第 70 回カンヌ国際映画祭 主演女優賞受賞
第 90 回アカデミー賞®外国語映画賞ドイツ代表
第 17 回ニューヨーク映画批評家オンライン賞 外国語映画賞
第 27 回フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭 観客賞
第 69 回バンビ・メディア賞 審査員特別賞
第1回インディワイヤー栄誉賞 主演女優賞(ダイアン・クルーガー)
第 23 回クリティクス・チョイス・アワード 外国語映画賞ノミネート
第 16 回ワシントン DC 映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第1回 LA オンライン映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第 22 回サテライト・アワード 主演女優賞・外国語映画賞ノミネート
第 16 回サンフランシスコ映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第 13 回ノース・テキサス映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第 42 回トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門出品

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール 2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH