「社会派」カテゴリーアーカイブ

森達也監督と本作の佐藤慶紀監督が登壇『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 昨年10月に釜山国際映画祭ニューカレンツ部門に正式出品され、そのセレクションが評価されている大阪アジアン映画祭など国内外で絶賛されている佐藤慶紀監督の問題作『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』が、先週末から10/6(金)まで新宿K’s cinemaで公開中。

今後は、名古屋シネマスコーレでは9/23(土)〜、大阪・シネヌーヴォでは10/7(土)〜と、全国順次公開されます。

今回、本作について、

「法制度と感情がせめぎ合う。遺族は死刑を求めるのか。あるいは否定するのか。スリリングな展開に人の切ない営みが明滅する。あなたが死刑制度についてどう考えているのかはわからない。でもこの映画を観ながら考えてほしい。知ってほしい。」

とコメントした映画『FAKE』(2016年)の森達也さん(映画監督)が、本作の佐藤慶紀監督とトークイベントを行いました。

日付:9月17日
場所:新宿K’s cinema
登壇:
佐藤慶紀監督『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』
森達也監督『FAKE』

映画情報どっとこむ ralph 佐藤監督:『HER MOTHER』は去年釜山国際映画祭に出品させていただいたんですが、その時に森さんに知り合いになりました。

と、話す佐藤監督。実は最初は観るのをためらったと話す森監督は

森監督:ホテルが一緒で、朝食を食べていたら、声をかけられて、映画を見させていただきました。その後台湾の桃園映画祭でもご一緒しました。釜山で「死刑がテーマの映画が上映される」と声をかけられた時に、あまり見たくないというか、多分死刑反対の映画なんだと思いました。死刑賛成の映画はあまりないですよね。けれど、本編を見て、そんな単純な映画じゃないと思いました。(世の中、)表層的な死刑を支持をする人と、表層的な死刑を反対する人がとても多くて、悩ましいテーマなんですけれど、そこを避けていないんです。例えば日本でも『休暇』や大島さんの映画だとか死刑についての映画がありますが、被害者遺族の気持ちは触りづらいので、そこをあえてやったことは勇気があることでびっくりしたし、映画の質量というものにも圧倒されました。

と、熱く語ると、

森監督:本作は、ほぼ自然光、カメラもほぼ手持ちで、ドキュメンタリータッチになっています。そういう映画は実は多いのですが、すごく感心したのは、終盤主人公がコンビニに行ってミネラルウォーターを買うシーンで、「26円お持ちですか?」というようなところは普通カットするんですが、そういう要素を入れたまま残すという意味は大きいです。映画全体を支配しますから。

佐藤さん:確かにテーマとは関係ないところなんですけれど、通常のルーティーン的なやり取りの中で二人の気持ちを表現できたらなと思いました。


映画情報どっとこむ ralph 森監督:今月ニコニコ動画で死刑をテーマにしたディベートに呼ばれたのですが、死刑存置の側と廃止の側に分かれてディベートをするんですが、はっきり言って意味がないです。一番死刑制度の問題の根源にあるのが、みんな死刑を知らないということです。どういった制度なのか、どういう人たちがいるのか、どのように執行されるのか、それを知らずして賛成だ反対だと言ってもしょうがなく、メインストリームメディアは扱わないので、そういう番組をやることは意味があると思って行ったんですけれど、廃止の側は、僕と、青木理さん、日弁連の弁護士の方でした。存置の方は、被害者遺族の会を支える弁護士の方たちと、「闇サイト殺人事件」で娘さんを殺された磯谷富美子さんなどでした。磯谷さんが冒頭に30分位自分の想いをしゃべられたんですが、ディベートの場に遺族の方がいれば、僕ら第三者には対抗できる言葉はないですよね。肉親を殺された人は加害者を憎む、殺したいと思うというのは、当たり前のことです。それに対して論理でどうのこうの言っても意味がないのは、話しながら自分でもわかります。ニコ動の番組って、モニターに書き込みが出るんです。僕と青木さんが喋る度に、「こいつら出て行け」とか「こいつらこそ死刑だ」と言われ、喋りながら何が何だかわからなくなってきてしまって、圧倒的にダメでした。とても難しい、矛盾を抱えた問題で。遺族の方がそこにいるシチュエーションといないシチュエーションで違って当たり前です。僕は第三者なんです。第三者が安易に当事者の気持ちを代弁すべきではないし、共有すべきではないし。極端なことを言えば、世界中がパレスチナの人の想いを共有すれば、アメリカやイスラエルを攻撃すべきです。間違っているかはともかく、北朝鮮の人たちの想いを共有すれば、当然核兵器は当たり前だ、ということになりますし。遺族の気持ち云々以前に、自分とは違う人の気持ちを自分はどれだけ共有できているのか、ということを本当は考えなくてはいけないんだけれど、なんだか皆共有している気分になってしまうことが危険だし、こういうことを言うと、冷血と思われてしまうし。その矛盾は、この映画だってそうですよね?


佐藤監督:整理できていないです。投げ出している部分がありますね。元々、実際の遺族の方で、死刑に反対した方がいたんですけれど、なぜというのはわからなかったんですけれど、その行動をみなさんにわかる形で伝えることはできないかなと考えまして。第三者としてこういうことを考えたり、感じることが大事だと思います。

映画情報どっとこむ ralph 司会:これから観る方に一言お願い致します。

森監督:死刑問題って、どうしても目にしたくないですよね?死刑そのものも、それに付随する死刑制度に目をそらしてしまう。数の問題じゃないです。今年に入って2人死刑が執行されています。再審請求中に執行されるという、かつてない事態です。再審請求中は執行しないというのが暗黙のルールだったのが、いともたやすく金田法務大臣によって施行されたのですが、社会は反応せず、前例が作られてしまうのを危惧しています。死刑の問題というのは、生き方というか死に方など重要なところに触れているはずなんですよ。なのに、皆気づかない、もしくは、気づかないふりをしているという気がしていて、もっともっと真剣に考えるべきテーマだと思います。国連から勧告が来ているとかそういうことではなくて、生きていく上で、今この国にある死刑制度をどう考えるかというのはとても重要な問題だと思います。


一度考える機会を


「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」
~10月6日(金)まで新宿K’s cinema他全国順次

『娘を殺害した加害者の死刑を止めようとする母。一体なぜ…』

43歳のビジネスウーマン・晴美(西山諒)。2年前に一人娘のみちよ(岩井七世)が嫁ぎ、現在は夫(西山由希宏)と二人で平凡に暮らしている。そんなある日、みちよが婿の孝司(荒川泰次郎)に殺されてしまう。孝司は死刑判決を受ける。当初は死刑判決を当然の事と考えていた晴美だが、ある時から孝司の死刑を止めようと考え始める。そこには、晴美しか知らないみちよのある秘密があった。


公式サイト:
hermother-movie.com

Twitter:
@mothermovie66

***********************************

西山諒  西山由希宏  荒川泰次郎  岩井七世  野沢聡
箱木宏美 木引優子 西田麻耶

監督・脚本・編集:佐藤慶紀
撮影:喜多村朋充 
音楽:ベンジャミン・ベドゥサック 
制作:カロリーネ・クラツキー
メイク:桐山雄輔 
衣装:市岡昌顕
制作プロダクション:Aerial Films  
配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作:『HER MOTHER』製作委員会(Aerial Films・ラフター・渋谷プロダクション)
2016/95min/DCP/カラー/ステレオ
©『HER MOTHER』製作委員会
     


水島優主演映画「紅い襷~富岡製糸場物語~」金鶏百花映画祭で上映!


映画情報どっとこむ ralph 水島優主演映画「紅い襷~富岡製糸場物語~」が、中国で開催中の金鶏百花映画祭で上映され、映画祭メイン会場となる 凱諾星 空影城七彩城店で主演の水島優と構成・総合プロデューサーの家喜正男が登壇、舞台挨拶を行いました。
『紅い襷~富岡製糸場物語~』金鶏百花映画祭金鶏国際影展9月14日 現地時間17:30約 200席の会場はほぼ満席。

登壇した水島さんと家喜Pは中国語で自己紹介。

水島さん:素晴らしい映画祭に招待頂きありがとうございました。人生で 1 度の経験と思って楽しみに来ました。フフホトは初めて来ま したが、温かい人が多く、中国語が喋られないけど滞在中にコミュニケーションをたくさんとりたいと思っています。

と挨拶。
家喜Pは以前訪れた上海とフフホト市の印象の違いを聞かれ、

家喜P:笑顔が素敵な人が多いし、羊肉が美味しいし、上海よりフフホトの方が 素敵な街だ。

と答えると、客席は大盛り上がりたった。

映画情報どっとこむ ralph 映画について聞かれ
水島さん:士族の 17 歳の娘を演じました。国境を超えた友情を育みながら 1 等工女になるため糸取りに励む役です。

と国境を超えた友情が描かれた本作の魅力をアピールした。

家喜P:中国に縁のある絹を題材にしています。

と中国とこの映画のつながりについて話し、最後に映画の見どころとして

家喜P:国を、年齢を、性別を超えた友情を描いた作品です。英を中心に描いた工女たちの物語をお楽しみ下さい。

と伝えた。

映画情報どっとこむ ralph 紅い襷~富岡製糸場物語~

物語・・・
明治維新、日本の大転換期―― 若き女性たちの活躍が、産業のあらたな扉をひらいた知られざる感動の物語
江戸幕府が倒れ、欧米列強に対抗するために近代化を推し進めていた明治新政府。伊藤博文と渋沢栄一は新たな産業として、フランスか ら「生糸の神さま」と呼ばれるポール・ブリュナを招き、群馬県富岡市に世界最大規模のフランス式器械製糸場(富岡製糸場)を設立し た。当初、製糸場の工女集めは難航したが、横田英(水島優)を筆頭に、自らの手が新しい国造りの下支えになることに喜びと誇りを感 じ積極的に伝習工女に志願するものも多くいた。「真の生糸はヨーロッパでしか生まれない」と言われながらも、“紅い襷”を掛けること のできる一等工女を目指し工女たちは糸取りに励んだ。そんな工女たちのもとへウィーンから驚くべきニュースが届けられた。

12 月 2 日(土)より渋谷シネパレスにて公開 10月7日(土)よりユナイテッド・シネマ前橋、イオンシネマ高崎にて先行上映です。

http://www.akaitasuki.com

***********************************

水島優 吉本実憂 桐島ココ / 豊原功補 西村まさ彦 大空眞弓

企画・製作:富岡市
製作総指揮:岩井賢太郎
構成・総合プロデューサー:家喜正男
作:松井香奈 音楽監督:谷川賢作
エンディングテーマ曲:「あの空へ」作詞/松井香奈 作曲/谷川賢作 歌/水島優
<ドラマ>監督:足立内仁章 <ドキュメンタリー>ディレクター:路川敬
制作:NHKエンタープライズ
配給:パル企画
(C)2017 富岡市/富岡製糸場映画製作委員会(2017 年/100 分/カラー/日本/ビスタサイズ)


「あゝ、荒野」森山大道 写真展 トーク + サイン会開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 菅田将暉とヤン・イクチュンをダブル主演に寺山修司傑作小説 『二重生活』を岸善幸監督がメガホンをとり再構築し映画化。

『あゝ、荒野』が10月7日(土)前篇、10 月 21日(土)後篇 2部作連続公開となります。

言葉の天才、寺山修司を現代に甦らせた映画『あゝ、荒野』の公開に合わせ、生前の寺山と親交があり、世界でも 活躍する巨匠、写真家・森山大道氏による写真集の発売が決定しました。さらに、発刊記念として写真展の開催も決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 森山大道 写真展 「あゝ、荒野」


Bギャラリーでは 6年ぶり 2回目となる写真家、森山大道の写真展を開催します。本展では、寺山修司、唯 一の長編小説「あゝ、荒野」(角川文庫/2009年)の映画公開に併せ、60年代当時からの写真をはじめ、小説の舞台となっている新宿の街や映画の登場人物を、森山大道が新たに撮り下ろした新作を多数加えて展示、 販売します。

開催概要
期間:2017 年 9 月 29 日(金) ~ 10 月 15 日(日) 11:00〜20:00 (会期中無休)
場所:B ギャラリー (ビームス ジャパン 5F) 〒160-0022 東京都新宿区新宿 3-32-6
www.beams.co.jp/bgallery
協力:2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ、テラヤマ・ワールド、ポスターハリス・カンパニー、マッチアンドカンパニー、フルハウス、写真弘社、一般社団法人森山大道写真財団 レセプションパーティー : 2017 年 9 月 29 日(金) 17:00~20:00

※森山大道 写真集 「あゝ、荒野」の発売あり

映画情報どっとこむ ralph トーク + サイン会開催決定!

日時/会場 : 2017年10月7日(土) 17:00~18:30 / Bギャラリー (ビームス ジャパン 5F)
予約定員制 : 先着30名様
※ご予約はBギャラリーまで
出演 : 森山大道(写真家)、木下あかり(女優)、笹目浩之(プロデューサー)、町口覚(パブリッシャー、グ ラフィックデザイナー)

映画情報どっとこむ ralph 写真集「あゝ、荒野」(森山大道著) 寺山修司が遺した唯一の長編小説、『あゝ、荒野』。同作を原作と した映画の撮り下ろし写真に加えて、森山大道がとらえ続けてきた 新宿の風景で構成された写真集。さらに映画のヒロインを務めた木 下あかりを新たに撮り下ろした作品も収録。『あゝ、荒野』の小説・ 映画、新宿の街すべてを飲み込んだ、森山大道の最新形にして集大 成!
【書籍概要】
タイトル: 写真集
あゝ、荒野

著者: 森山大道
発行: KADOKAWA
発売日:2017 年 10 月 6 日発売
定価:本体 2500 円(税別)
頁数:144 頁
体裁:A5 判変形 並製
造本・写真構成:町口覚

***********************************

出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン 木下あかり モロ師岡 高橋和也 今野杏南 山田裕貴 河井青葉 前原 滉 萩原利久 小林且弥 川口 覚 山本浩司 鈴木卓爾 山中崇 でんでん 木村多江 ユースケ・サンタマリア
原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦/岸善幸
音楽:岩代太郎
主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
企画・製作:河村光庸
製作:瀬井哲也 四宮隆史 宮崎伸夫 宇野康秀 山本浩 植田実
エグゼクティブ・プロデューサー:石井紹良 堤天心
プロデューサー:杉田浩光 佐藤順子
共同プロデューサー:行実良 中村優子 飯田雅裕
制作・配給:スターサン
制作プロダク ン:テレビマンユニオン
©2017『あゝ、荒野』 フィルムパートナーズ


リリー・フランキー as クマ 障害者の性について語る映像公開『パーフェクト・レボリューション』


映画情報どっとこむ ralph 型破りな究極の愛の物語に、リリー・フランキー、清野菜名が体当たりの演技で挑む。 『パーフェクト・レボリューション』 リリーがモデルの熊篠⽒にソックリ︕︖ ユーモアたっぷりに障害者の性について語る映像公開。
主演リリー・フランキー、ヒロイン清野菜名が体当たりの演技で挑んだ、実話を基にした映画『パー フェクト・レボリューション』が9月29⽇(⾦)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開となります。

「身体障害者だって恋をするし、セックスもしたい︕障害者はただの人間なんです!」。

この度、本編映像が公開!クマがトーク&サイン会で、障害者の性についてユーモアたっぷりに語ります。

映画情報どっとこむ ralph 今回、公開された本編映像は、クマとミツが運命の出会いをする、クマの出版記念トーク&サイン会のシーン。


「僕のこれまでの人生は、常に戦いの歴史でした」

と始まり、続けて、⾃分の障害は、“脳性麻痺と異常に豊富な男性 ホルモン”と、会場の笑いを誘うクマ。“おそらく、騎乗位を発明したのは障害者ではないか?”と障害者あるあるのネタも 披露しながら、あらたな挑戦は、障害者に対する誤解を解くこと、と語る。よくある誤解について、しゃべっているだけで言語障害はないんですね?と驚かれ、下ネタを言うと、サーっと人がひいていく、と淡々と述べる。

「障害のレベルは人によっ て様々。その中でみんなが戦っている。 身体障害者だって恋をするし、オナニーもするし、セックスだってしたいんです。障 害者は、新種の怪物やごみなんかじゃない。ましてや聖⼈君主なんかじゃない。障害者はただの⼈間なんです。」

と主張 するクマに、会場に入ってきたミツが質問をしようと手を挙げる。
こんな出会いから、クマとミツのハチャメチャだけど純粋な、 “最強のふたり”のラブストーリーが始まることに。

企画・原案の熊篠慶彦氏の活を再現したシーンだが、リリー・フランキー演じるクマについて、熊篠氏本人が、自分似ていると驚き、
「遠巻きに⾒たら脳性麻痺のおっさんになっていましたよ」

と太鼓判を押しています。

映画情報どっとこむ ralph 過去記事:完成披露舞台挨拶の模様はこちら


パーフェクト・レボリューション
公式サイト:perfect-revolution.jp

物語・・・
泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。 クマは幼少期に脳性⿇痺を患い、手⾜を思うようにかせず⾞椅子⽣活をしている。ただし彼はセックスが⼤好き。身体障害者にとっての性 への理解を訴えるために活している。そんな彼が、ある⽇、美少⼥・ミツと出会う。障害者であるにもかかわらず⽣き⽣きと⽣きているクマに、 ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない?」「それを世界に証明するの︕」。どんな不可能も可能にす る、ハチャメチャだけど純粋な、クマとミツの“最強のふたり”のラブストーリーがいま始まる︕

9月29日(⾦) TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

***********************************

出演:リリー・フランキー 清野菜名 小池栄子 岡山天音 余 貴美子
監督・脚本:松本准平(『最後の命』)
企画・原案:熊篠慶彦(著書「たった5センチのハードル」)
劇中曲:銀杏BOYZ「BABY BABY」 (UK.PROJECT)
エンディングソングテーマ:チーナ「この世界が全部嘘だとしても」 (SOPHORI FIELD COMPANY)
制作・配給:東北新社
宣伝協⼒:ミラクルヴォイス
2017年/⽇本/カラー/5.1ch/ビスタ/117分/PG-12
©2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会
      


『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』インド・ダラムサラ国際映画祭へ正式出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 10/6(金)まで新宿K’s cinemaで公開されている問題作「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」が、11月2日から5日まで開催されるインドのダラムサラ国際映画祭へ正式出品されることが決まったそうです。
北インドのヒマラヤの山麓の丘にあるダラムサラは、ダライ・ラマが亡命した場所で、チベット亡命政府の本拠地。今年は日印友好交流年という日印文化協定発効60周年を記念する年であり、佐藤慶紀監督は、10月末にインド入りし、10月31日の、国際交流基金ニューデリー日本文化センター主催のデリーでの『HER MOTHER』の上映会でも舞台挨拶を行う予定です。

映画情報どっとこむ ralph
『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』は、南カリフォルニア大学を卒業した新進気鋭の佐藤慶紀監督が、10年程前、加害者の死刑を止めようとする被害者遺族がいることを知り、復讐心も湧いてくるであろう中、そのような決断をした理由を深く考えたいと思い、制作した作品。

フランスの第23回ヴズール国際アジア映画祭で上映された際には、死刑囚のお母さん役の箱木宏美さんがスペシャルメンションを受賞しています。

『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』

は、先週末から10/6(金)まで新宿K’s cinemaで公開中。
今後、名古屋シネマスコーレでは9/23(土)〜、大阪・シネヌーヴォでは10/7(土)〜と、全国順次公開が決定。

新宿K’s cinemaでの9/17(日)10:30〜の回上映後には、佐藤慶紀監督と『FAKE』(2016年)の森達也さん(映画監督)がトークイベントが行われます!

物語・・・
『娘を殺害した加害者の死刑を止めようとする母。一体なぜ…』

43歳のビジネスウーマン・晴美(西山諒)。2年前に一人娘のみちよ(岩井七世)が嫁ぎ、現在は夫(西山由希宏)と二人で平凡に暮らしている。そんなある日、みちよが婿の孝司(荒川泰次郎)に殺されてしまう。孝司は死刑判決を受ける。当初は死刑判決を当然の事と考えていた晴美だが、ある時から孝司の死刑を止めようと考え始める。そこには、晴美しか知らないみちよのある秘密があった。

公式サイト:
hermother-movie.com
Twitter:
@mothermovie66

過去記事:初日舞台挨拶の模様はこちら


***********************************

西山諒  西山由希宏  荒川泰次郎  岩井七世  野沢聡
箱木宏美 木引優子 西田麻耶

監督・脚本・編集:佐藤慶紀
撮影:喜多村朋充
音楽:ベンジャミン・ベドゥサック
制作:カロリーネ・クラツキー
メイク:桐山雄輔
衣装:市岡昌顕
制作プロダクション:Aerial Films
配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作:『HER MOTHER』製作委員会(Aerial Films・ラフター・渋谷プロダクション)
2016/95min/DCP/カラー/ステレオ  
©『HER MOTHER』製作委員会