「社会派」カテゴリーアーカイブ

織田梨沙、満島真之介、監督熱く語った!『STAR SAND ─星砂物語─』記者会見


映画情報どっとこむ ralph 1945年4月の沖縄と2016年の東京、ふたつの時代と土地を往還しながら描かれる、平和への祈りと未来への希望──

「1945年の戦時中、戦うことを拒否した“卑怯者”の脱走兵である日本兵(満島真之介)と米兵(ブランドン・マクレランド)、そして彼らを見つめる少女(織田梨沙)の物語」

日本とオーストラリアの各地において舞台を演出してきたロジャー・パルバースが 奇跡の豪華コラボレーションによる初監督作品、映画『STAR SAND ─星砂物語─』を完成させました。
そして、4月10日(月)日本外国特派員協会にて、本作品の上映と記者会見が行われました。

日付:4月10日(月)
場所:日本外国特派員協会
登壇:織田梨沙、満島真之介、ロジャー・パルバース監督

映画情報どっとこむ ralph 本作の試写後。
外国特派員と日本人記者らの前に織田梨沙さん、満島真之介さん、ロジャー・パルバース監督が登壇。

一言づつ噛みしめるように英語で挨拶する織田さん。
織田さん:皆さんお集まりいただきありがとうございます。今回のオファーを受け嬉しくて、この幸運が信じられませんでした。この役を演じるにあたり、ナーバスになったのは、演技経験が少ないことと。日本の歴史を知らないことでした。ひろみの感情を演じるのは難しく。それは簡単ではなかったですが、みんなに助けられて、演じることが出来ました。

と、挨拶すると、満島さんは、この作品に出られて光栄です!と英語で話した後は・・・標準語に8年かかかったので、英語は次に・・・と日本語でと会場を笑わす満島さん。

満島さん:沖縄出身です。僕らは子供のころ星の砂を集めてプレゼントにしてたりしてました。ロジャーと初めて会ったときに、何も言わずに1枚の写真を見せられました。それは島が写ってる写真。僕は一瞬で伊江島だとわかりました。そこが撮影の場所です。

子供の頃に家族でよく行っていた島だったそう。とても運命的。続けて

満島さん:僕らは東京の同世代より、戦争の映像や体験談が身近だったこともあり、この役を背負えるのか迷いました。が、70歳を超えた新人監督が子供のようなキラキラな目でラブコールくれて。それに心打たれまして、沖縄とアメリカや世界に伝えられたらとオファーを受けました。

と語りました。さらに満島さんのおじいはアメリカ人だそうで、戦争がなければ僕はいなかったしと複雑な思いを込めて出演していたそう。

映画情報どっとこむ ralph
Q:なぜ今まで監督をしなかったのですか?

監督:さあ(笑)実は一度、映画を撮ることが決まって・・でも、バブルがはじけてなくなりました。

Q:なぜ、星の砂なのか?

監督:脱走兵を描きたかったんです。バッドな戦争で戦わない方がヒーローなのではないかと。そして、ある国がある中近東の國を攻撃して。腹が立って。星砂物語を書いたんですね。気が向いたらAMAZONで買ってください(笑)そして、今回の映画化となったのです。キャストは梨沙じゃなきゃこの映画成り立たなかったし、満島君は写真1枚で唾を付けました。

Q:役作りはどのように・・・

織田さん:とにかく英語の発音を監督と一緒に頑張りました。

満島君:僕らの2倍以上日本を見てきた監督から見た日本人の葛藤、強さ、・・・家族への愛とかいっぱい詰まっていたので、監督と沢山話をしました。それから頭で考えるのはやめて、洞窟での感覚を体感、空気感を肌にしみこませるようにしました。


Q:素晴らしい、脚本、キャスト。。。なぜ自分をキャスティングしたの?

と友人に聞かれた監督

監督:断ったんだけど・・プロデューサーの圧力に負けました。バジェットが足りなかったのかな?(笑)

Q:沖縄弁ではなく標準語でしたが

監督:それについては話し合いましたが、沖縄人が納得する方言を話せる役者は満島君しかいないで難しかったんです。僕もわからないし。。。外国人が観ればわからないしね(笑)

と会場を笑わせて締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 本作は2017年
4月22日(土)「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」でワールドプレミア

その後6月21日㈬より沖縄・桜坂劇場にて先行上映、

8月4日㈮より東京・ユーロライブにて公開 ほか順次公開となります!

映画情報どっとこむ ralph あらすじ・・・

1945年の沖縄。戦火から遠く離れた小島に渡り暮らし始めた16歳の少女・洋海(ひろみ)は、洞窟で日本軍とアメリカ軍からの脱走兵、隆康とボブに出会う。

隆康とボブ、そして彼らの世話を焼く洋海の間には、不思議な関係が築かれてゆく。

ある日、戦いで脚を負傷し、除隊を余儀なくされた隆康の兄・一(はじめ)が、養生のために洞窟にやって来るが、それは悲劇の幕開けだった。
2016年、東京。大学生の志保は、卒業論文のために教授から一冊の日記を手渡される。それは、戦時中に沖縄の小島で暮らしていた少女のものだった。志保は日記を読み、そこに封印されていた過去の出来事にわれ知らず迫ってゆく……。

公式サイト:
www.star-sand.com

***********************************

出演:織田梨沙 満島真之介 ブランドン・マクレランド
三浦貴大 / 吉岡里帆
寺島しのぶ / 渡辺真起子
石橋蓮司 緑魔子
ダンカン・ハミルトン 近谷浩二 沼田康弘

監督・脚本: ロジャー・パルバース
原作:ロジャー・パルバース『星砂物語』講談社刊
主題曲:坂本龍一
エグゼクティブ・プロデューサー:前田紘孝、大川勝 プロデューサー:小西順子、吉岡裕美
後援:オーストラリア大使館
製作:Hara Office / Soul Age
配給:The STAR SAND Team
2017年 / 日本=オーストラリア / 日本語・英語 / 110分 / カラー / アメリカンビスタ / 5.1ch

© 2017 The STAR SAND Team


速報!ゴジラ型携帯電話がついに発売! 『ゴジラ 第2携帯』上陸!


映画情報どっとこむ ralph 東宝株式会社は 2017 年 4 月 1 日に、昨年 82.5 億円の大ヒットを記録し、今年 3 月 22 日に発売した DVD&Blu-rayも記録的な販売数となっている、映画「シン・ゴジラ」に登場する「ゴジラ 第2形態」にスマー トフォン機能を搭載した『ゴジラ 第2携帯』をオフィシャルECサイト【ゴジラ・ストア】限定で発売です。

人智を超えた、超ハイスペック携帯 通信業界初の 55G(第 55 世代移動通信システム)に対応

スマートフォン機能を搭載した、『ゴジラ 第2携帯』デザインはリアルな「ゴジラ 第2形態」で、完全防水(深さは深海まで対応)。
カメラは5億5000 万画素で555K 動画撮影およびプロジェクション(投影)ができるというハイスペックな仕様です。
また、携帯電話としては初のバッテリーレスを実現。

携帯内でエネルギーを生み出す革新的な技術が採用されて います。(放熱の調整がまだうまく働かないため、連続動作には冷却が必要です。) 55Gの通信エリアに関しては、まだ限定的なものの羽田~蒲田のエリアで対応しており、人智を超えた通信速度 が体感できるなど、アメイジングな技術を詰め込んだ最先端の携帯電話です。

また、今回の『ゴジラ 第2携帯』を製品化するにあたり、「シン・ゴジラ」のVFX、CG を手掛けた本編チーム が再結集。
「ゴジラ 第2形態」のリアルさを追求し、開発に挑みました。

映画情報どっとこむ ralph 【主なスペック情報】
■55G(第 55 世代移動通信システム)搭載。
■完全防水。(深海まで対応)
■耐衝撃性は日々進化。
■5億5000 万画素カメラ。(フロントのみ)
■555K動画撮影。
■555Kプロジェクター機能。
■携帯内でエネルギーを生み出す革新的な駆動力。(バッテリーレス)
■メモリはシークエンスの作業だけで何年かかるかわからない情報量。

なお、『ゴジラ 第2携帯』の特設サイトでは詳細のスペックなどをご覧いただけます。

映画情報どっとこむ ralph 樋口真嗣氏(映画「シン・ゴジラ」監督・特技監督)コメント 嘆かわしい。実に嘆かわしい。 出せばなんでも売れるという思い込みはユーザーを馬鹿にしてはいないか? クスリとも笑えないダジャレをなんのひねりもなく形にするのも鈍感過ぎやしないか? 昨年の大ヒット、今年の受賞ラッシュに胡座をかいて調子に乗っているとしか思えず嘆かわしいこ とこの上ない。 だいたい希望小売価格も明記していないなんて欲しい物には金に糸目はつけないという純粋なフ ァン心理につけ込んだ卑劣な手口ではないか。 未解決の赤くてヌルヌルした液漏れの問題をそのままで出す方がよっぽどアメイジングだ。 売らん哉主義の横行には首を傾げざるを得ない。実にけしからん。

※このリリースはエイプリルフールの嘘のニュースです。

世界初のオフィシャル EC サイト

【ゴジラ・ストア】
http://godzilla.store
【ゴジラ・ストア Twitter】
https://twitter.com/godzilla_st
【ゴジラ公式サイト】
http://godzilla.jp/
【Twitter】
@godzilla_jp

***********************************


チャン・チェンから日本の観客へ向けたコメント動画『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』


映画情報どっとこむ ralph 名匠エドワード・ヤン監督が1991年に発表し た、傑作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』が角川シネマ有楽町、新宿武 蔵野館ほか大ヒット上映中!

監督の生誕70年、没後10年となる節目 の今年、25年ぶりに4Kレストア・デジタルリマスターしたもの。

そして!先日来日した、本作で主演を務めたアジアを代表するスター、チャン・チェンから日本の観客へ向けたコメント動画が到着しました!

本作 でデビュー後、エドワード・ヤン監督をはじめ、ホウ・シャオシェン監督、ウォン・カーウァイ 監督、ジョン・ウー監督など、アジアを代表する監督たちの作品に数々出演。本作で 共演した出演者たちとは、今でも交流があるという。


今回到着したコメント動画では 「この作品は、非常に多くの縁ができた大切な作品」と振り返り、親日家でもあるチャン・チェンは、冒頭、日本語で挨拶。また、自身の原点ともいえる本作について「(日本の)皆さんも、この作品を気に入って観ていただけると嬉しい。」とメッセージを送った。

映画情報どっとこむ ralph 牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

は角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか、全国大ヒット上映中!

物語・・・
1960年代の台湾・台北。夜間中学に通う小四(シャオスー)は不良グループ〝小公園“に属する王茂(ワンマオ)らといつもつるんでいた。

小四はある日、小明(シャオミン)という少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ〝217”のボスと、小明を奪い合い、相手を殺し、姿を消していた。

小明への淡い恋心を抱く小四だったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、小四たちを巻き込んでいく。

過去記事:
チャンチェン来日に妻夫木聡がサプライズ


***********************************

監督:エドワード・ヤン 
出演:チャン・チェン、リサ・ヤン、チャン・クオチュー
1991 年/台湾/236分
配給:ビターズ・エンド
(c)1991 Kailidoscope 
     


『すべての政府は嘘をつく』公開記念:海外ジャーナリスト トークイベント!


映画情報どっとこむ ralph 権力の欺瞞に立ち向かう米国オルタナティブ・メディアの最前線に密着した『すべての政府は嘘をつく』は、米国のみならず政治とジャーナリズムの在り方を考えさせられるドキュメンタリー、オリバー・ストーン製作総指揮のドキュメンタリー映画『すべての政府は嘘をつく』は3月18日(土)にアップリンク渋谷で公開初日を迎え、絶賛公開中です。


その公開記念イベントを、日本で活躍中の外国人ジャーナリストをゲストに招き、トークイベントを行いライブストリーミング番組DOMMUNEで放映するそうです!

ゲストには・・・・・
海外メディアの日本特派員3名をお迎えし、本作の見どころや、ジャーナリストは大企業や政府にどう立ち向かうか議論していくプログラムです。

開催概要
日時:3月28日(火)19:00~21:30
会場:DOMMUNE
ゲスト:
ティム・ケリー(イギリス「ロイター通信」)、
ジェイク・エデルシュタイン(アメリカ「デイリー・ビースト」)、
符祝慧(フーチューウェイ)(シンガポール「聯合早報」)
ホスト:浅井隆(有限会社アップリンク 代表)

■ スタジオ観覧をご希望の方は
DOMMUNE
東京都渋谷区東4-6-5 ヴァビルB1F
TEL : 03-6427-4533
ENTERANCE : ¥1,500 OPEN : 18:50頃 へ是非。

■ WEB上での「DOMMUNE」
番組視聴については、無料でご覧いただけます。

映画情報どっとこむ ralph どんなゲストがトークを繰り広げるかというと!

ティム・ケリー
(「ロイター通信」東京上級特派員)
在日20年を超えるイギリス出身のジャーナリスト。シェフィールド大学を卒業後、ブルームバーグ政策担当記者、「フォーブス」東京局長を経て、現在は「ロイター通信」の国家安全保障、日本の防衛産業を担当する上級特派員として活躍中。

ジェイク・エデルシュタイン
(アメリカ「デイリー・ビースト」記者)
米国出身のジャーナリスト、ルポライター。
米ロサンザルスタイムズ紙や米人気サイト「Daily Beast」で日本の政治や文化、ヤクザ問題などを中心に執筆。元読売新聞社会部記者。著書に『トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記』(u0u0.net/Ct9S)がある。

符祝慧(フーチューウェイ)
(シンガポール「聯合早報」東京特派員)
シンガポールで高校卒業後日本留学。日本大学芸術学部(放送学科)卒業。東京大学大学院(情報学環)修士課程修了。シンガポール国営放送時事番組ディレクター、U channelレポーターを経て2000年からSingapore Press Holdings「聯合早報」東京特派員。

映画情報どっとこむ ralph すべての政府は嘘をつく

オリバー・ストーン製作総指揮
◇2016年トロント国際映画祭正式招待
◇2016年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭正式招待

【作品紹介】
公益よりも私益に走り、権力の欺瞞を追及しない大手メディア。それに抗い、鋭い調査報道で真実を伝えるフリー・ジャーナリストたちが今、世界を変えようとしている。彼らに多大な影響を与えたのが、1920~80年代に活躍した米国人ジャーナリストのI. F.ストーンだった。I. F.ストーンは「すべての政府は嘘をつく」という信念のもと、組織に属さず、地道な調査によってベトナム戦争をめぐる嘘などを次々と暴いていった。本作はそんな彼の報道姿勢を受け継いだ、現代の独立系ジャーナリストたちの闘いを追ったドキュメンタリーである。

公開表記:3月18日からアップリンク渋谷ほか全国順次公開

公式サイト
Twitter: @allgovtslie_jp


オンライン映画館「アップリンク・クラウド」でも配信中

視聴価格:1,200円 冒頭12分の無料試聴、特典映像コンテンツあり
www.uplink.co.jp/cloud/

***********************************

出演:ノーム・チョムスキー(マサチューセッツ工科大学名誉教授)、マイケル・ムーア(映画監督)、エイミー・グッドマン(報道番組『デモクラシー・ナウ!』創設者)、カール・バーンスタイン(元『ワシントン・ポスト』記者)、グレン・グリーンウォルド(元『ザ・ガーディアン』記者/ニュースサイト『ジ・インターセプト』創立者)、ほか

監督:フレッド・ピーボディ(2016年/92分/カナダ/英語/5.1ch/日本語吹替)
原題:ALL GOVERNMENTS LIE – Truth, Deception, and the Spirit of I.F. Stone
配給・宣伝:アップリンク
© 2016 All Governments Lie Documentary Productions INC.
   


ゴジラ・ストアがAnimeJapan出張所出店!


映画情報どっとこむ ralph 第1作の「ゴジラ」(1954)が公開されてから約60年。
現在までに国内で計28作品が製作され、第29作目にあたる『シン・ ゴジラ』で、シリーズ累計観客動員数はついに1億人を突破し、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成。

『シン・ゴジラ』 は、興行収入82.5億円を記録し、本年度国内で公開された実写邦画最大のヒットとなりました。第71回毎日映画コンクール 日本映画大賞や、第59回ブルーリボン賞 作品賞を受賞したほか、第40回日本アカデミー賞でも最優秀作品賞受賞するなど、 今もなお、注目を集めています。

そして!

3/25(土)、3/26(日)に開催される「AnimeJapan 2017」に、 【ゴジラ・ストアAnimeJapan出張所】を出店


菅原芳人による<キャンバスアート>、 プロも使用する高級オーダーメイドグローブのメーカー・東駒スポーツ用品とのコラボレーション <ゴジラグローブ>も展示し、初お目見えとなります。

映画情報どっとこむ ralph ゴジラ・ストアAnimeJapan出張所

AnimeJapan 2017限定でゴジラ・ストアをオープンします。西陣織のタペストリーやがま口財布、九谷焼ゴジラなどの伝統工芸コラボグッズや もちっと クッション、アクリルスタンディセット付きBlu-ray&DVDなどたくさんのゴジラグッズを販売します。

商品一覧はこちら

日時:2017年3月25日(土)・26日(日)
10:00~17:00
※最終入場16:30
場所:AnimeJapan2017
東3ホール オフィシャルグッズコーナー内

AnimeJapan購入特典

会場にて購入いただいた方に先着で「特製ゴジラ・ストアステッカー」をプレゼント!更に、受注販売商品をご購入いただいた場合は、「送料無料」で後日お手元に発送させていただきます。

※アイテムによっては、在庫がなくなり次第、受注販売もしくは販売終了となります。受注販売商品を会場にて予約購入の場合のみ「送料無料」となります。 (ゴジラ・ストアWEBショップにて購入の場合は別途送料がかかります)。

映画情報どっとこむ ralph 【ゴジラ・ストアAnimeJapan出張所】 新商品

<受注販売>
キャンバスアート 破壊神
¥39,000+税 イラストレーター・菅原芳人氏によるキャンバスアート
菅原芳人 YOSHIHITO SUGAHARA = 『仮面ライダー』『ウルトラ』シリーズをはじめとする特撮ヒーローを中心に、フィギュアボックス、映像& 音楽ソフトのジャケットなどのフィールドでイラストレーションを発表。2007 年より(株)バンダイにて、 ブランド<菅原芳人計画>を開始、T シャツや iPhone カバーなどの商品をリリースしている。また、 世界初のブルース・リーエンタープライズ社の公認イラストレーターとしても知られ、 ブルース・リー財団日本支部常任理事でもある。デザインスタジオ・ばさらエンタープライズ主宰。


<参考展示> ※近日発売予定

シン・ゴジラ 23弁木製ボックス オルゴール
あのシン・ゴジラがオルゴールで登場!木製ボックスの天面にシン・ゴジラ、内部のガラス部分に はシン・ゴジラの足跡が入っています。 曲は鷲巣詩郎作曲の「Who will know[24_bigslow]悲劇」。 一般的なオルゴール(18弁)のワンランク上の23弁オルゴールの美しい音色が シン・ゴジラの世界を奏でます。

ゴジラグローブ
プロ野球選手からも熱い信頼を寄せられる、東京墨田区の高級オーダーメイド グローブメーカー・東駒スポーツ用品とコラボレーション。ゴジラのような力強い守 備を演出するハイクオリティ、ディスプレイしてもゴジラファン納得のデザイン性を兼 ね備えた最高級のグローブがここに降臨!構想・制作に1年を費やし、プロジェ クトチームのスタッフたちが数百種の革の中からゴジラボディの強固な皮膚を忠実 に表現したものをセレクション。それをグローブ造りの匠たちが丁寧な仕事で縫合。 指先はゴジラの爪を彷彿とさせ、ボールだけでなく世界の頂を掴み取るかのような 神々しいフォルム。その中心には東駒スポーツのブランドイメージである猛牛とゴジ ラが地上最強の肉弾戦を繰り広げる様が豪快にあしらわれています。すべてのゴ ジラ&野球ファンに捧げる至極の一品、下町の匠の技の結晶です! (軟式・オールラウンド仕様。カラーバリエーションあり。親指部分にネーム刺繍も可)

世界初のオフィシャルECサイト
ゴジラ・ストア:
http://godzilla.store
ゴジラ・ストアTwitter:
@godzilla_st
ゴジラ公式サイト:
http://godzilla.jp/
公式Twitter:
@godzilla_jp
TM&©TOHO CO., LTD.

***********************************