「社会派」カテゴリーアーカイブ

映画『息衝く』公開記念 木村文洋監督一挙上映!鈴木邦男、宮台真司ら登壇!2.23前夜祭イベント


映画情報どっとこむ ralph この度、2月24日よりポレポレ東中野にて公開する木村文洋監督最新作『息衝く』の公開記念として、木村文洋監督による過去長編作『へばの』『愛のゆくえ(仮)』、そして幻の初期傑作『なしくずしの志』がポレポレ東中野にて、2月17日より一週間、特別上映が決定しました。また、2月23日に前夜祭イベントをロフト9渋谷で行います。

木村文洋監督の作品群を一挙上映!
宗教・原発・家族をテーマに掲げ、宗教団体で育った青年たちの群像を描く木村文洋監督の最新作『息衝く』の公開を記念し、公開劇場であるポレポレ東中野では、公開前週の2月17日(土)から23日(金)の一週間、木村文洋監督の過去作を特集上映します。

木村監督の長編デビュー作『へばの』は、3.11の福島第一原発事故が起こる以前より、その問題意識により制作された作品。核燃料再処理工場がある青森県六ヶ所村を舞台に、それと共存し生きる土地の人々が、被ばくや環境変化を経ても尚もそこに残るのか、そうでないのかを問うた、今なお刺激的な作品です。

『愛のゆくえ(仮)』は、「地下鉄サリン事件」オウム真理教の幹部・平田信と、逃亡を助ける女性の、実在の話をベースに、そのありえたかもしれない束の間の愛のすがたを描いた作品。この宗教のモチーフが『息衝く』にも引き継がれていることは言うまでもありません。

そして今回蔵出し上映となる『なしくずしの志』は木村監督の初期作品。外では正体不明の衝突が起こっている中、室内で世界を俯瞰するための“地図”をつくる集団の議論とやり場のない想いが描かれます。『息衝く』に繋がるテーマをもった初期衝動溢れる異形の作品です。

常に社会と個のあり方と関わりに、鋭く問題を投げかけてきた木村文洋監督の作品群を俯瞰して鑑賞するまたと無い機会となります。是非、お見逃しなく。


映画情報どっとこむ ralph 鈴木邦男、宮台真司ら登壇!宗教、政治について徹底的に語り尽くす!

2.23前夜祭イベントをロフト9渋谷で開催!
宗教団体「生長の家」での青年時代と集団生活、その思想を三島由紀夫没後「一水会」へ結集させ、今なお、政治活動家として発言を続けている鈴木邦男氏。戦後の日本の宗教団体とその思想、そして鈴木氏自身が、何を内なる動機として活動を続けてきたのか。加えて本作の宗教団体と登場人物たちを鈴木氏がどう見たのかを伺います。

加えて、90年代、オウム真理教事件より社会学者のキャリアをスタートさせ、政治、社会、性愛に至るまで広く現代日本を射程に捉えている宮台真司氏さんも登壇。宮台氏がこの現代社会で必要な“正しさ”をどう考えるのか。また3.11以後のこの社会の姿を、本作を軸として語って頂きます。
映画側からは、98年、京都大学在学中に創価学会に一年所属し、その後自主映画製作を開始した木村文洋監督。そして本作の脚本にも関わり、ゼロ年代より派遣労働やフリーター問題に密接にコミットし、『フリーターにとって「自由」とは何か』などの著作もある批評家の杉田俊介さんに登壇頂きます。

トーク後には、本作の音楽を務めたミュージシャンの北村早樹子さんによるミニライブを行います。

息衝く
2018年2月24日(土) ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

URL: ikiduku.com

***********************************

監督:木村文洋
出演:柳沢茂樹 長尾奈奈 古屋隆太 木村知貴 齋藤徳一 西山真来 川瀬陽太 坂本容志枝 小宮孝泰 寺十吾/
脚本・プロデューサー:桑原広考 中植きさら 木村文洋
脚本:杉田俊介 兼沢晋/撮影:高橋和博/撮影・照明:俵謙太/俗音:近藤崇生/助監督:遠藤晶/編集:上田茂/音楽:北村早樹子/録音・ミックス:葛西敏彦/宣伝美術:大橋祐介/宣伝・配給協力:岩井秀世
製作・配給:team JUDAS 2017

2017年/DCP/16:9/130分
©teamJUDAS2017
 


ロバン・カンピヨ監督最新作『BPM ビート・パー・ミニット』リュミエール賞初の史上最多6部門受賞!


映画情報どっとこむ ralph ロバン・カンピヨ監督最新作『BPM ビート・パー・ミニット』が、3月24日(土)より公開となります。

舞台は1990年代のパリ。エイズの治療は発展途上で、誤った知識や偏見を持たれていた時代。エイズ患者やHIV感染者への差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体ACT UP Parisの活動と通して、若者たちの恋と人生を力強くエモーショナルに描く。

本作は第70回カンヌ国際映画祭においてグランプリを受賞。さらに第90回アカデミー賞 外国語映画部門のフランス代表にも選出され、ヨーロッパ映画賞作品賞をはじめ、サテライト賞およびインディペンデント・スピリット賞の外国語映画賞ノミネートなど世界中の映画祭で旋風を巻き起こしています!


映画情報どっとこむ ralph そして!!!

この度、13部門にノミネートされていた“フランスのゴールデングローブ賞”と称されるリュミエール賞にて、作品賞、監督賞(ロバン・カンピヨ)、男優賞(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)、脚本賞(ロバン・カンピヨ、フィリップ・マンジョ)、新人男優賞(アルノー・ヴァロワ)、音楽賞(アルノー・レボティーニ)の史上最多6部門受賞の快挙を達成!これまで同賞では『アデル、ブルーは熱い色』の4部門が最多受賞でしたが、本作がその記録を塗り替えました。今後もどこまで世界の賞レースを席巻していくのか。

ロバン・カンピオ監督からのコメントが届いています。

今まで語られてこなかったこの物語を、あらゆる方法で表現し映画化する必要があると考えていました。映画が政治に直接、影響を与えるとは考えていないです。この作品は、今機能していない何かを改善しようと訴えているわけでも、懐古的作品でもありません。敬服している人や、愛する人、共に笑った人をなくすという暗黙の悲しみを描いているのです。そして、生き残った僕たちは、今もこの病気と闘い続けるべきだと思っています。

映画情報どっとこむ ralph BPM ビート・パー・ミニット

原題:120 battements par minute
英題:BPM (Beats Per Minute)

3/24(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ユーロスペース他にて全国ロードショー

第61回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本・編集を担当し、監督作『イースタン・ボーイズ』では第70回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ部門の最高賞を受賞したロバン・カンピヨ監督の長編第3作。舞台は1990年代初めのパリ。エイズの治療はまだ発展途上で、誤った知識や偏見をもたれていた。「ACT UP Paris」のメンバーたちは、新薬の研究成果を出し渋る製薬会社への襲撃や高校の教室に侵入し、コンドームの使用を訴えたり、ゲイ・プライド・パレードへ参加するなどの活動を通し、エイズ患者やHIV感染者への差別や不当な扱いに対して抗議活動を行っていた。行動派のメンバーであるショーンは、HIV陰性だが活動に参加し始めたナタンと恋に落ちる。しかし、徐々にショーンはエイズの症状が顕在化し、次第にACT UPのリーダー・チボーやメンバーたちに対して批判的な態度を取り始めていく。そんなショーンをナタンは献身的に介護するが…。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たちの生き生きとした表情や行動、濃厚で鮮烈な彼らの人生に、観る者の鼓動は高鳴り、激しく心を揺さぶられる。

***********************************

脚本・監督:ロバン・カンピヨ(『パリ20区、僕たちのクラス』脚本・編集)、『イースタン・ボーイズ』監督)

出演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、アルノー・ヴァロワ、アデル・エネル

2017年/フランス/フランス語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/143分
映倫区分:R15+
(c) Céline Nieszawer
   


抱腹絶倒の風刺コメディ『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』が遂に日本上陸!


映画情報どっとこむ ralph イタリア版『オーシャンズ』シリーズ&『ブレイキング・バッド』?!

ゴールデンウィークに毎年恒例となった「イタリア映画祭」で昨年上映され、大好評を博した“Smetto quando voglio-Masterclass”が邦題『いつだってやめられる 10 人の怒れる教授たち』として5 月 26 日(土) より Bunkamura ル・シネマ他全国ロードショーが決定いたしました。

2009 年にギリシャで始まった欧州危機はイタリアにも拡大、ユーロ圏の深刻な不況はローマの大学研究者たちにも影響を及ぼし解雇者が続出。そうした学究の道を断たれ社会から 弾き出された研究者たちが、その頭脳を使って社会を欺き、鬱屈した日常をぶっ飛ばすイタリア発の痛快な風刺コメディ。


映画情報どっとこむ ralph 本作の前日譚『いつだってやめられる 7 人の危ない教授たち』(<Viva!イタリア Vol.4> 6/23 より上映)は、理系学者が高純度の合法ドラッグを製造しひと儲けを企む素人犯罪 集団を組織する軽妙なストーリーで、イタリア版『オーシャンズ』シリーズや大ヒットテレビシリー ズ「ブレイキング・バッド」との呼び声高くスマッシュヒットを記録。

さらにスケールアップした本作 がついに日本上陸!

監督を務めたのはシドニー・シビリア。社会の片隅に追いやられている人々と、現代社会の 抱えている問題をユーモアと皮肉を込めた抱腹絶倒のコメディへ昇華。自身も映像分野で キャリアを積みながらアルバイトで生計をたてていた世代のひとりであり、彼ならではの視点で 描き出した。主人公の神経生物学者ピエトロ・ズィンニを演じるのは、日本での大ヒットも記 憶に新しい『おとなの事情』のエドアルド・レオ。また、イタリア映画界を代表する名匠M.ベロ ッキオ、P.ヴィルズィからも厚い信頼を得てきたルイジ・ロ・カーショが作品に重厚感を与えて いる。

予告編も解禁!



一発逆転のチャンスを狙い合法ドラッグを製造し、逮捕された神経生物学者ピエトロ(エドアルド・レオ)は獄中でパオラ・コレッティ警 部と取引きする。犯罪履歴の帳消しと引き換えに警察の捜査に協力することとなる彼は、かつて合法ドラッグを一緒に製造していたメ ンバーをもう一度集め、社会にはびこる“スマートドラッグ”の蔓延を防ぐミッションをこなしていくが―。 エドアルド・レオとルイジ・ロ・カーショが列車上で繰り広げるスタントなしの格闘シーンに加え、個性的な 10 人のインテリ教授たちの目 まぐるしい会話の応酬、スピード感満載の予告編となっている。「人生、こんなはずではなかった」と鬱屈した日常を生きる現代人へ贈 るイタリア流・人間賛歌!不遇な天才たちの敗者復活戦がいま始まる!

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち
原題:Smetto quando voglio-Masterclass

5 月 26 日(土)、Bunkamura ル・シネマ他全国ロードショー

http://www.synca.jp/itsudatte/

大学を追われた神経生物学者のピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)は、仲間と合法ドラッグ製造でひと儲けを企むも逮捕され服役していた。世間では新しいドラッグが蔓延 し、摘発に手を焼いていたパオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラノ)は犯罪履歴の帳消しと引き換えに彼に捜査の協力を持ちかける。かくしてピエトロは国内外ばらばらに なった研究者仲間を再び結集し、事件解決のため奔走するが。

***********************************

監督・原案・脚本:シドニー・シビリア
出演:エドアルド・レオ(『おとなの事情』)、ルイジ・ロ・カーショ(「夜よ、こんにちは』、『人間の値打ち』)、ステファノ・フレージ、グレタ・スカラノ、ヴァレリア・ソラリーノ
2017 年/イタリア/イタリア語/119分/シネスコ/カラー/字幕翻訳:山田香苗
配給:シンカ
提供:シンカ、樂舎
特別協力:イタリア文化会館
©2017 groenlandia srl /fandango srl
     


スーザン・サランドンが語る『アバウト・レイ 16 歳の決断』


映画情報どっとこむ ralph 『リトル・ミス・サンシャイン』(アカデミー賞主要 2 部門受賞)では、幸せの黄色いバスに乗った落ちこぼれ家族を、『サンシャイ ン・クリーニング』では、事件現場のクリーニングをする崖っぷち家族を描いてきたチームが再び集結し製作した映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』(『3 Generations』)がこの度、2018年2月3日(土)に新宿ピカデリーにて公開します。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。

そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮しています。

_B5E8527.cr2


最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。

映画情報どっとこむ ralph 本作ではトランスジェンダーのレイのことをなかなか理解できない、レズビアンのドリーを 演じたスーザン・サランドン。


スーザン:私の役目はたくさんの無知な質問をすること。‟性の自己認知“と性的指向”の違いはいまだによくわからない。トランスジェンダーとレズビアンは異なるものだから、レイのことを理解しきれないの。でも、レイの身体が変わったとしても、愛する孫には変 わらないと最後に気づく。

と、どんなことがあっても孫を愛する祖母ドリーについて語った。


そして

スーザン:パートナーのリンダと私のもう一つの役目はユーモアと話の背景を伝えることだっ た。(レイやマギーが)昔はどうだったかドリーたちは知っているの。そして心のゆとりには ユーモアが必要よ。さもないと心が折れて情報を取り込めないわ。

とドリーたちの役割、 ユーモアの重要性について語っています。

シリアスなシーンとユニークなシーンの描き方については

スーザン:皆それぞれが、お互いを信頼 しているから言い合えるのよ。そこが笑えるのね。言いたいことが言えてないと観客は心 配になるけど、一日の終わりにお互いに寄り添っている。そして侮蔑したりあらさがしをし たりしている。キャラクターの持ち味がジョークになっているの。

と家族の信頼関係を描 けているからこそ生み出せると、『リトル・ミス・サンシャイン』から引き継がれた家族のユ ーモアについて語りました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断
原題:3 Generations

2月3日( 土 ) 新宿ピカデリーほかにて 、全国ロードショー 。

「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」


16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。

医者から受け取ったホルモン治療に ついての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」 と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ 理解ができないでいる。

一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。

そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そ こでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―!

<自分自身に正直に生きる>ためのレイの決断とはー?

新たな人生を歩き出す人へ贈る、希望の物語。

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


ロバン・カンピヨ監督『BPM ビート・パー・ミニット』本ビジュアル&場面写真到着


映画情報どっとこむ ralph この度、第70回カンヌ国際映画祭においてグランプリを受賞し話題となっている、ロバン・カンピヨ監督最新作『BPM ビート・パー・ミニット』(英題:『BPM (Beats Per Minute)』)が、3月24日(土)より公開。

第90回アカデミー賞 外国語映画部門のフランス代表にも選出され、ヨーロッパ映画賞作品賞をはじめ、サテライト賞およびインディペンデント・スピリット賞の外国語映画賞ノミネートなど世界中の映画祭で旋風を巻き起こし、この度、“フランスのゴールデングローブ賞”と称されるリュミエール賞に作品賞、監督賞(ロバン・カンピヨ)男優賞(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)、脚本賞(ロバン・カンピヨ、フィリップ・マンジョ)、新人男優賞(アルノー・ヴァロワ)、音楽賞(アルノー・レボティーニ)と計5部門最多ノミネートの快挙を達成。

受賞結果は明日2月5日に発表となりますので、ぜひご期待ください。


また、アトランタ映画批評家協会賞外国語映画賞、サンフランシスコ映画批評家協会賞外国語映画賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞外国語映画賞、ニューヨーク映画批評家協会賞外国語映画賞、セントラルオハイオ映画批評家協会賞外国語映画賞を受賞するなど、今後の賞レースにも期待がかかります。

この度、1990年代のパリで、エイズ患者やHIV感染者たちのへの差別や不当な扱いに抗議し、闘った主人公・ショーンの駆け抜けた26年間の人生を、熱くエモーショナルに切り取った、本ビジュアルが完成!
さらに、ナタンが恋人のショーンと初めてキスをするシーンや
ACT UTメンバーがホイッスルを吹きながらデモを行う迫力のシーン、
病魔と戦うショーンの鬼気迫る表情など、

生と死の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たちの姿を象徴的に切り取った場面写真が解禁です。

映画情報どっとこむ ralph 『BPM ビート・パー・ミニット』
英題:BPM (Beats Per Minute)
原題:120 battements par minute

3/24(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ユーロスペース他にて全国ロードショー

90年代、パリ。愛と叫びを武器にショーンは世界を変えようとした。
生きたいと強く願い、社会と闘った若者たちの生命の鼓動は今も激しく鳴り響く。
第61回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本・編集を担当し、監督作『イースタン・ボーイズ』では第70回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ部門の最高賞を受賞したロバン・カンピヨ監督の長編第3作。舞台は1990年代初めのパリ。エイズの治療はまだ発展途上で、誤った知識や偏見をもたれていた。「ACT UP Paris」のメンバーたちは、新薬の研究成果を出し渋る製薬会社への襲撃や高校の教室に侵入し、コンドームの使用を訴えたり、ゲイ・プライド・パレードへ参加するなどの活動を通し、エイズ患者やHIV感染者への差別や不当な扱いに対して抗議活動を行っていた。行動派のメンバーであるショーンは、HIV陰性だが活動に参加し始めたナタンと恋に落ちる。しかし、徐々にショーンはエイズの症状が顕在化し、次第にACT UPのリーダー・チボーやメンバーたちに対して批判的な態度を取り始めていく。そんなショーンをナタンは献身的に介護するが…。

生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、

強く生きる若者たちの生き生きとした表情や行動、濃厚で鮮烈な彼らの人生に、観る者の鼓動は高鳴り、激しく心を揺さぶられる。
***********************************


脚本・監督:ロバン・カンピヨ(『パリ20区、僕たちのクラス』脚本・編集)、『イースタン・ボーイズ』監督)

出演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、アルノー・ヴァロワ、アデル・エネル

2017年/フランス/フランス語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/143分  
映倫区分:R15+ 
© Céline Nieszawer