「社会派」カテゴリーアーカイブ

『禅と骨』今日マチ子キャラ原案&特別アニメ映像解禁


映画情報どっとこむ ralph このたび、『ヨコハマメリー』の中村高寛監督11年ぶりの長編ドキュメンタリー『禅と骨』が9月2日(土)よりポレポレ東中野、キネカ大森、横浜ニューテアトル他全国にて順次公開となります。

今回公開前に、アニメパートのキャラクター原案を務めた今日マチ子さんのキャラ原案画像と、本編未使用のアニメ映像が解禁となりしました!




粋人か?はたまた変人か?京都の禅僧、日系アメリカ人ヘンリ・ミトワ その一代記。

2006 年に公開され大ヒットを記録したドキュメンタリー『ヨコハマメリー』の中村高寛監督が 11 年ぶりに 放つ最新作は、横浜生まれの“青い目の禅僧”ヘンリ・ミトワを追ったドキュメンタリー。

1918 年、アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれた日系アメリカ人であるヘンリ・ミトワは、日本文化 をこよなく愛し、茶道・陶芸・文筆にも優れた才能を発揮、世界遺産に登録されている京都嵐山・天龍寺の禅 僧として晩年を過ごしていた。しかし 80 歳を目前に突如、童謡「赤い靴」の映画化を宣言、長年追い求めた 夢の実現に動きだす。家族や周辺の人々を巻き込みながら、これまで築き上げてきた“青い目の文化人”とい う地位から大きく逸脱していく様を、ヘンリの波乱に満ちた人生と絡めながら、ドラマ、アニメなど、様々な ジャンルを駆け巡る異色のドキュメンタリー映画として、中村監督が 8 年の歳月を費やして完成させた。

禅と骨
公式サイト:zenandbones/


***********************************


監督・構成・プロデューサー 中村高寛 / プロデューサー 林海象

ドラマパート出演 ウエンツ瑛士 / 余 貴美子 / 利重剛 / 伊藤梨沙子 / チャド・
マレーン / 飯島洋一 /山崎潤 / 松浦祐也 / けーすけ / 千大佑 / 小田島渚 /
TAMAYO / 清水節子 / ロバート・ハリス / 緒川たまき / 永瀬正敏 / 佐野史郎

ナレーション 仲村トオル

音楽:中村裕介×エディ藩・大西順子・今野登茂子・寺澤晋吾・武藤イーガル健城

挿入曲「赤い靴」岸野雄一×岡村みどり×タブレット純、「京都慕情」岸野雄一×重
盛康平×野宮真貴

エンディング曲「骨まで愛して」コモエスタ八重樫×横山剣(CRAZY KEN BAND)

2016年 / 127分 / HD 16:9 / 5.1ch 配給:トランスフォーマー (c)大丈夫・人人
FILMS


オーロラとサーミ文化を訪ねる旅!映画『サーミの血』公開記念特別ツアー決定!


映画情報どっとこむ ralph 昨年2016年東京国際映画祭で審査員特別賞と主演女優賞をダブル受賞し、世界の映画祭でも絶賛の声が相次ぐ映画『サーミの血』が、2017年9月16日(土)より、新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開いたします。
本作は、北欧スウェーデンの美しい自然を舞台に描かれるサーミ人の少女の成長物語であり、差別に抗い生き抜く姿に心打たれる感動作です。
サーミ人とは、ラップランド地方、いわゆるノルウェー、スウェーデン、フィンランドの北部とロシアのコラ半島でトナカイを飼い暮らし、フィンランド語に近い独自の言語を持つ先住民族です。本作で舞台となる1930年代、スウェーデンのサーミ人は分離政策の対象になり、他の人種より劣った民族として差別されました。

この度、北欧旅行のエキスパート、フィンツアーが『サーミの血』公開記念といたしまして、サーミの歴史や文化に触れる特別ツアーを企画&実施することが決定。サーミ人の歴史や文化に触れながら、夜は連夜オーロラチャンス。ラップランドの雄大な自然でサーミ文化とオーロラを満喫するスペシャルなツアーです。

映画情報どっとこむ ralph <映画『サーミの血』公開記念~『オーロラとサーミ文化を訪ねて』6日間>ツアー概要

出発日:2018年1月16日(火)
ツアー代金:288,000円~
出発地:成田・関空・名古屋
内容:サーミの首都と呼ばれるノルウェー・カラショクや、オーロラリゾートとして名高いフィンランド・サーリセルカに2泊。異なる地域のサーミの文化や歴史、極北の冬の美しさを体験するツアーです。


・ラップランドの先住民族サーミの文化を感じるツアーです。
・ノルウェーとフィンランド、異なる地域のサーミ文化に触れることができます。
・美しい極北の冬景色を満喫。代表的な自然現象であるオーロラ観測のチャンスは4夜!
・「サーミの首都」ノルウェーのカラショクに2泊!サーミパーラメントやサプミ訪問。
・北欧北極圏を代表するオーロラリゾート「サーリセルカ」に2泊。

ツアー詳細サイト

旅行企画・実施:北欧旅行フィンツアー
(東京都港区芝5-13-18 いちご三田ビル9F 03-3456-3933)

映画情報どっとこむ ralph 家族、故郷を捨ててでも
少女が願ったのは自由に生きること
北欧スウェーデン、知られざる迫害の歴史─
幻想的で美しい自然の大地ラップランドに、サーミの歌が響く

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た──。

映画『サーミの血
原題:Sameblod

2017年9月16日(土)より、新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

公式HP:
sami

facebook:
@SamiBlood.JP

Twitter:
@SamiBlood_JP


***********************************

監督・脚本:アマンダ・シェーネル
音楽:クリスチャン・エイドネス・アナスン
出演:レーネ=セシリア・スパルロク、ミーア=エリーカ・スパルロク、マイ=ドリス・リンピ、ユリウス・フレイシャンデル、オッレ・サッリ、ハンナ・アルストロム
後援:スウェーデン大使館、ノルウェー王国大使館
配給・宣伝:アップリンク
2016 NORDISK FILM PRODUCTION
2016年/スウェーデン、ノルウェー、デンマーク/108分/南サーミ語、スウェーデン語/DCP/シネマスコ─プ

2016年 東京国際映画祭 審査委員特別賞/最優秀女優賞
2016年 ヴェネツィア国際映画祭 新人監督賞/ヨーロッパ・シネマ・レーベル賞
2016年 トロント国際映画祭 ディスカバリー部門 正式出品
2017年 ヨーテボリ国際映画祭 最優秀ノルディック映画賞/撮影賞
2016年 テッサロニキ国際映画祭 ヒューマン・バリュー賞
2017年 タイタニック国際映画祭 最優秀作品賞
2017年 ミネアポリス・セントポール国際映画祭 観客賞 ミッドナイト・サン 二位
2017年 ニューポートビーチ映画祭 外国映画賞
2017年 リビエラ国際映画祭 監督賞/観客賞
2017年 サンタバーバラ国際映画祭 最優秀ノルディック映画賞
2017年 シアトル国際映画祭 審査員大賞/最優秀女優賞
2016年 ハンブルグ映画祭 ヤング・タレント賞 ノミネート
     


イ・ビョンホン来日&『MASTER/マスター』舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本でも圧倒的人気を誇るイ・ビョンホンが、韓国史上最大規模の金融投資詐欺事件の主犯という大悪人に挑戦するクライムアクション『MASTER/マスター』が11月10日(金) TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開することが決定しました!主演は『マグニフィセント・セブン』他、ハリウッド映画でも活躍するハリウッドスター・国際派俳優イ・ビョンホン。相手役には、『華麗なるリベンジ』のカン・ドンウォン。さらに、『二十歳(ハタチ)』などで人気のキム・ウビンと韓国3大スターが競演。監督は『監視者たち』のチョ・ウィソクが務めます。
そして!!!!!!

主演の《イ・ビョンホン》が9月4日(予定)に来日決定!!!
映画のプロモーションでイ・ビョンホンが来日するのは、『インサイダーズ/内部者たち』(15)以来。また、イ・ビョンホンが韓国映画で悪役を演じるのは、『グッド・バイ・ウィアード』(08)に続き2度目!本作で8年ぶりに<悪>役でイ・ビョンホンが魅せる新境地は、ファンにとってはまさに待望!

今回は、ハリウッドスターで初となる、全スクリーン舞台挨拶ジャックを敢行してくれます!

映画情報どっとこむ ralph 映画『MASTER/マスター』イ・ビョンホン来日&舞台挨拶 概要 
イ・ビョンホン来日&TOHOシネマズ 新宿 全10スクリーンジャック舞台挨拶決定!


日時:9月4日(月)
場所:TOHOシネマズ 新宿 全10スクリーンにて舞台挨拶(IMAX,MX4Dは除く)
登壇者:イ・ビョンホン

*チケットぴあにて、8月21日(月)~プレリザーブ販売開始!
 一般販売は、8月26日(土)~開始!
*詳細はホームページにて

映画情報どっとこむ ralph MASTER/マスター

11月10日(金)TOHOシネマズ 新宿ほか、全国ロードショー!
公式HP:master-movie.jp

物語・・・
投資会社のチン会長(イ・ビョンホン)は、その綿密な計画性と天性の口のうまさを駆使し、韓国最大規模の金融投資詐欺で多額の資金を市民から巻き上げる。やがて会社は倒産、チン会長は金と共に海外へ逃亡する。警察の知能犯罪捜査班のキム(カン・ドンウォン)は、優れた知性を武器に彼を逮捕すべくチームを編成。チンの部下だったITの天才パク(キム・ウビン)を仲間に引き入れ、チンの足取りをたどっていく。だが突然、チン会長の死体が外国で発見されたと報道される。容疑者死亡で捜査は終了かと思えたが、これもチンの策略と見たキムは、秘かに捜査を続行する。はたしてチンは東南アジアで別人を装い、新たな詐欺ビジネスを展開していた。捜査の手をすり抜けるチンと執拗に追い続けるキム、二人の静かで熱い攻防は、どちらの勝利で終わるのか―!

***********************************

監督・脚本:チョ・ウィソク 
キャスト:イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビンほか
2016年/韓国/143分/カラー/スコープサイズ/5,1chデジタル
字幕翻訳:根本理恵
配給:ツイン
ⓒ2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED


佐々木芽生監督クジラ浜海水浴場で地元対話集会 『おクジラさま』


映画情報どっとこむ ralph 6年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に新たな光をあてるドキュメンタリー映画 『おクジラさま ふたつの正義の物語』(9月9日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開)。
本作は、2010 年に公開し、東京で 25 週間のロングランヒットを記録したドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』の佐々木芽生監督による、最新ドキュメンタリー映画です。 この度、映画の舞台となった和歌山県 太地町のクジラ浜(夏の間、実際にクジラが入り江を遊泳して、クジラと一緒に泳げる海水浴場としても有名。)の海岸にスクリーンを設置して、撮影でお世話になった町民の皆様への映画完成報告を兼ねた、特別な上映会を開催しました。
佐々木芽生監督も、現地へかけつけて、地元の方々との対話集会を行いました。

日程:8月19日(土)
場所:和歌山県太地町 クジラ浜海水浴場 砂浜
登壇:佐々木芽生監督、バーナディーン・コーリッシュ(編集)、折原貴(撮影)、杉岡大樹(撮影)

映画情報どっとこむ ralph 上映前に佐々木監督は胸を詰まらせながら、

佐々木監督:やっとこの太地町の皆様に観ていただけるまで辿り着くことができました。皆様、ほんとうにありがとうございます。

と、感謝の意を表明し、本編の上映が始まりました。


満天の星空の下、海岸から20メートル沖合に設置された生け簀の中にクジラが泳ぐ海岸で、200インチのスクリーンに映し出された映画に、 地元の方々は大満足した様子で、上映後は大きな拍手が起きました。

映画情報どっとこむ ralph そして佐々木監督、アメリカからかけつけた編集のバーナディーン・コリッシュさん、撮影の折笠貴さん、杉岡太樹さんが 紹介され、それぞれが一言ずつ挨拶。
そして、佐々木監督と、地元の皆様との対話集会がはじまりました。

堀端さん (前太地町小学校校長):太地町の美しさを感じました。ツイッター等は駆使できないけど此処で生きている漁師の“思い” “文化、生 活。共同体としての生活”をきちんと描いてくれていたと思う。佐々木監督、お疲れ様でした。

久世滋子さん(ペンション経営者):「シーシェパードが言う「倫理に反する。」ということが、どういう事なのかを彼らに具体的に説明して欲し い。やはり理解できない。

脊古輝人(元漁師/漁協組合長)さん :6年前、コーヴ(映画『ザ・コーヴ』)で大変な状況の中、佐々木さんがやってきてくれた。両方の立場の映像を制作し、我々の文化を世界に発信していただけるのは とてもありがたい。佐々木監督ありがとうございます。

映画情報どっとこむ ralph 太地町で観光の語り部の仕事をされている女性 : 仕事上、捕鯨反対派からいやがらせもあるが、映画の中で太地町の漁師さんが、外部の 意見を気にするな。という発言されているのを観て勇気づけられた。

貝さん(漁協参事):映画中に鯨肉がおいしくないという方がいたが、私は鯨肉大好きです。ほんとうに美味しいと思う。我々漁師は、メデ ィア使いが苦手であるが、そればかりではいけない。 情報発信については、今後、考えていかなければいけないと思った。捕鯨に関しては、今後も やめるつもりはない。 これはずっと子供たちへ引き継いでいくものだと考えています。

記者からの質問:この映画を撮ろうと思ったきっかけは?

佐々木監督:『ザ・コーヴ』 をNYで見ました。 映画としてはよく出来ていると思いました。 ただあの映画に対して、日本側からの発信が全く ないことに驚きを感じました。 発信ということに関して、この映画は、捕鯨の是非を問うだけではなく、現代の社会は、グローバリズムがこんな平和な地(和歌山県太地町)に まで押し寄せてきている現状があり、そこに問題が潜んでいることにも注目したい。 トランプが大統領に当選してしまう事が象徴しているように、ツイッターなどを駆使して大きな声を発信することが、あたかも正しいことのように受け取 られてしまう危うい一面があると思います。

映画情報どっとこむ ralph 最後に佐々木監督から以下のコメントが伝えられた。

佐々木監督:畠尻湾は、映画 『ザ・コーヴ」』以降、多くの衝突と憎しみの象徴となってしまいました。 私たちもここで多くのシーンを撮影しました。 全国での劇場公開に向けて「おクジラさま」 を太地町民のみなさまに、ここで初めてお披露目できて良かったです。 町民の方からお褒めの言葉と厳しい指摘もありましたが、この上映会をきっかけに新しい対話が始まることを願っています。


原題:A WHALE OF A TALE

公式HP:
okujirasama.com

9月9日(土)ユーロスペース他 全国順次公開!

書籍版 『おクジラさま』 も、集英社より同時に刊行予定!佐々木芽生監督が書き下ろした渾身のノンフィクション!

***********************************

2017年 / 日本・アメリカ / 96分 / HD / 16:9
制作:FINE LINE MEDIA JAPAN
制作協力:ジェンコ、ミュート、朝日新聞社
協賛:アバンティ、オデッセイコミュニケーションズ
配給:エレファントハウス
© 「おクジラさま」プロジェクトチーム
    


イ・ビョンホンが極悪役!『MASTER/マスター』公開日決定!予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本でも高い人気を誇るイ・ビョンホンが、韓国史上最大規模の金融投資詐欺事件の主犯という大悪人に挑戦するクライムアクション『MASTER/マスター』が 11 月 10 日(金) TOHO シネマズ 新宿他にて全国公開することが決定しました!

主演に『マグニフィセント・ セブン』他、ハリウッド映画でも活躍する国際派俳優イ・ビョンホン。相手役には、『華麗なるリベンジ』のカン・ドンウォン。さらに、『二十歳』などで人気のキ ム・ウビンと韓国 3 大スターが競演。監督は『監視者たち』のチョ・ウィソクが務めます。

そして、公開日決定に併せ、最新予告+日本版ポスター+場面写真が解禁に!

解禁となった最新予告では、悪の権化と化すイ・ビョンホン vs 正義に生きるカン・ドンウォン×善悪の狭間に生きるキム・ウビン。3 人の“マ スター”が凄まじいオーラで大激突します。一歩も譲れぬプライドに突き動かされた男たちの”絶対悪 VS 正義”のチェイスバトルが韓国・ソウ ルからフィリピン・マニラへと海を越えた異国の地でエスカレート。騙し合いの果てに待ち受ける結末とは―?


映画情報どっとこむ ralph また、合わせて解禁となった場面 写真は、ワン・ネットワーク会長のチン・ヒョンピル(イ・ビョンホン)と知能犯罪捜査班に所属するエリート刑事のキム・ジェミョン(カン・ドンウォン) が対峙するシーンを公開。

映画情報どっとこむ ralph 日本版ポスターは、不敵な笑みを浮かべるイ・ビョンホンに「極悪に染まる。」のコピーが入った、3 大スターの顔のア ップ。イ・ビョンホンが韓国映画で悪役を演じるのは、『グッド・バイ・ウィアード』(08)に続き 2 度目!
本作で 8年ぶりに<悪>役でイ・ビョンホンが 魅せる新境地。ファンにとっては、まさに待望です!

MASTER/マスター
英題:『MASTER』
11 月 10 日(金)TOHO シネマズ 新宿ほか、全国ロードショー!

公式HP:
master-movie.jp

物語・・・
投資会社のチン会長(イ・ビョンホン)は、その綿密な計画性と天性の口のうまさを駆使し、 韓国最大規模の金融投資詐欺で多額の資金を市民から巻き上げる。やがて会社は倒 産、チン会長は金と共に海外へ逃亡する。警察の知能犯罪捜査班のキム(カン・ドンウォ ン)は、優れた知性を武器に彼を逮捕すべくチームを編成。チンの部下だった IT の天才パ ク(キム・ウビン)を仲間に引き入れ、チンの足取りをたどっていく。だが突然、チン会長の死 体が外国で発見されたと報道される。容疑者死亡で捜査は終了かと思えたが、これもチンの 策略と見たキムは、秘かに捜査を続行する。はたしてチンは東南アジアで別人を装い、新た な詐欺ビジネスを展開していた。捜査の手をすり抜けるチンと執拗に追い続けるキム、二人の 静かで熱い攻防は、どちらの勝利で終わるのか!

***********************************

監督・脚本:チョ・ウィソク
キャスト:イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビンほか

2016 年/韓国/143 分/カラー//スコープサイズ/5,1ch デジタル/字幕翻訳:根本理恵
配給:ツイン
ⓒ2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED