「社会派」カテゴリーアーカイブ

ドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』公開決定&メインビジュアルが完成


映画情報どっとこむ ralph この度、山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 にて小川紳介賞受賞した、ドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』が7月14日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開する運びとなりました。

香港の新世代による 香港そしてアジアの未来を見つめる社会派青春群像劇ドキュメンタリー
内容は・・・・
僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。こんな香港を見るのははじめてだった。香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。 当時27歳だったチャン・ジーウン陳梓桓監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。

「僕たちは何かを変えたか——」

2014年は香港・雨傘運動のほか、台湾・ひまわり運動では学生たちが立法院を占拠し、日本ではSEALDsの前身となる学生団体SASPLが結成された。明確な結果が見えず運動が終わった時、彼らは自分たちがどう闘い続けていくかという問題に直面する。若者たちの軌跡を紐解く事で、私たちアジアの未来が見えてくる。

映画情報どっとこむ ralph コメントが届きました!

■奈良美智/美術家
彼らの最前線は宙に舞い飛び散ったのか?それは夢であったのか?香港の街は静かな夜に涙するだけなのか?否!道は続くのだ!と僕は思った。
大人気香港ブログ「香港*芝麻緑豆」https://edokomomo.exblog.jp のほか、香港ローカルグルメの求道者として「香港路地的裏グルメ」「香港無問題 香港ローカルなりきり旅」の著作がある、フリーライター香港迷の池上千恵様よりコメントが届きました! ※香港迷とは、香港ファンの意味です。

■池上千恵/フリーライター・香港迷
普通選挙を求めて立ち上がった普通の学生たち。あの秋、高層ビルのもと下にあった「香港人」たちの静かな情熱と黄色い雨傘。広東語と繁体字と自由、香港のアイデンティティを守ろうとする真っ直ぐな姿が胸を焼く。

映画情報どっとこむ ralph ★イラスト到着★
香港に関するイラストや著作も多く、食や暮らしをテーマにしたほんわかイラストが大人気のイラストレーターの小野寺光子様より描き下ろし特製イラストが届きました!
この雨傘運動のシンボルである黄色い雨傘をさした登場人物たちが描かれたイラストがポストカードになりました。特別前売り鑑賞券(\1,300)を劇場でお買い求めいただくと、プレゼントいたします!※一部劇場ではお取扱いがござません。

乱世備忘 陳梓桓監督


ドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』
原題 乱世備忘(Yellowing) 

公式サイト:www.amagasa2018.com

***********************************

監督 陳梓桓(チャン・ジーウン)
エグゼクティブプロデューサー 崔允信(ヴィンセント・チュイ) 
プロデューサー 任硯聰(ピーター・ヤム) 陳梓桓(チャン・ジーウン)
コプロデューサー 張鐵樑(チョウ・テツリョウ) 編集 胡靜(ジーン・フ) 陳梓桓(チャン・ジーウン)

音楽 何子洋(ジャックラム・ホ) 

制作 影意志(雨傘運動映像ワークショップ) 配給 太秦 監修 倉田徹
©2016 Ying E Chi All Rights Reserved. 
2016|香港|カラー|DCP|5.1ch|128分


キム・ユンソク×ハ・ジョンウ7年ぶりの共演!韓国民主化闘争実話『1987、ある闘いの真実』日本公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を、人気俳優キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン、キム・テリ、ソル・ギョング、カン・ドンウォン
ら豪華俳優陣の共演で描いた衝撃作『1987、ある闘いの真実』が、9月8日(土)にシネマート新宿ほかで全国公開することが決定!


1987年、日本がバブルに入ったばかりで国中が浮かれていた時代、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国では、徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。
そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。
隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる…。

一人の大学生の死を発端に、国民の国への不信と怒りはやがて韓国全土を巻き込む民主化闘争のうねりとなって広がっていく

映画情報どっとこむ ralph
1987、ある闘いの真実
原題:1987 When the Day Comes

9月8日(土)シネマート新宿ほか、全国順次ロードショー

1987arutatakai-movie.com

一人の大学生の死が国民の心に火をつけた!
 
1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる。解剖により学生は拷問致死であったことが判明するが、政府は取り調べをした刑事二人を逮捕することで事件を終わらせようと画策する。これに気付いた新聞記者、刑務所看守らは、事実を白日のもとにさらそうと奔走するが、警察による妨害もエスカレートしていく。また、拷問で仲間を失った大学生たち(カン・ドンウォン)も立ち上がろうとしていたー。一人の大学生の死から始まった、韓国全土を巻き込む民主化闘争を描く衝撃の実話。

***********************************

監督:チャン・ジュナン(『ファイ、悪魔に育てられた少年』、『カメリア』)
出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン、キム・テリ、ソル・ギョング、
カン・ドンウォン、パク・ヘスン、イ・ヒジュン、ヨ・ジング
/2017年/韓国/カラー/129分
配給:ツイン
(c)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED



辻 美優elfin’(エルフィン)が映画初主演『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』


映画情報どっとこむ ralph この度、日本とフィリピン両国のボランティア達の献身により、戦争の遺恨を乗り越え9年もの歳月を費やし完成したフィリピン・パンダンの水道建設工事にまつわる感動の実話を、『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』として実写映画化することが決定しました。日本とフィリピン両国が深い心の絆で結ばれるまでの物語を描く本作は、フィリピン大学をはじめ当時の水道建設工事を知る現地の方々の協力のもと、4/14日(土)よりフィリピンロケがスタートいたしました。

本作で主演を務めるのは、美声女ユニット『elfin’(エルフィン)』でアーティストとして活動し、女優・モデル・タレント・漫画家のほか、声優としてもアニメ映画『君の名は。』や『SING/シング』などに出演するなど、マルチに活躍する辻 美優さん。映画初出演にして初主演の大抜擢となりました。監督は、映画『チェリーボーイズ』(主演:林遣都)にて長編映画デビューを果たした西海謙一郎が務めます。

映画情報どっとこむ ralph 本作製作開始に伴い、主演の辻 美優さんと西海監督からコメントが届きましたのでご紹介いただければと存じます。フィリピンの離島パナイ島パンダンの町に水道を建設するという、“パンダン飲料水パイプラインプロジェクト”に挑んだ人々の奇跡の物語『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』は、2019年に劇場公開予定です。

辻 美優さん コメント
映画の話を聞いた時は、想像もしておらず本当に嬉しかったのと同時に、初の映画出演、そして初の主演を務めさせていただくこの大役に、光栄な気持ちでいっぱいになりました。初めて台本を手に取り自分の役を確認した時、「私はこれから明日香になるんだ!」と強く感じて、この女子大学生の運命を変える出会いの数々と、人々のふれあいの物語にとても感動しました。西海監督や共演者の方々、そしてスタッフの皆様と共に、この作品を見て下さる方へ向けて、表現者として思いを伝えて楽しんで頂けるよう、精一杯頑張りたいと思います。

西海謙一郎監督 コメント
お話をプロデューサーから頂いたときは、あまりにも偉大な実話をどう実写化して良いか悩みました。しかし、素晴らしいキャスト、スタッフに恵まれたことで、この作品を自分の手で世に出したい!という気持ちが沸き上がってきました。異国の地フィリピンにて大偉業を達成した人達に尊敬の念を抱きつつ、素晴らしい映画にするべくベストを尽くします!

映画情報どっとこむ ralph 映画『セカイイチオイシイ水〜マロンパティの涙〜

2019年 劇場公開予定


公式ホームページ開設!
sekamizu-movie.com

物語・・・

それは一本の電話から始まった。

「ワタシノマチニ、イドヲホッテ ホシイノデス」

フィリピンの首都マニラから300キロ南にあるパナイ島。その孤島の田舎町パンダンに10kmにも及ぶ水道を建設するという一大プロジェクト『パンダン飲料水パイプラインプロジェクト』が進められようとしていた。
友人に誘われるまま、何も知らずにボランティアとしてプロジェクトに参加した女子大生・明日香。
しかしその計画には多くの困難が待ち受けていた。
「おいしい水を飲んでほしい。」その思いが明日香を、そして日本とフィリピンの若者を突き動かした。
島の人々の願いをかなえるため、日本とフィリピンの人々が力を合わせ、過去を、そして目の前に立ちはだかる苦難を乗り越えながら国境を越えた友情の絆を深めていく…。

***********************************

監督:西海謙一郎(映画「チェリーボーイズ」)
エグゼクティブプロデューサー:湯川 剛 
プロデューサー:山本祥生 原田博志
企画:株式会社OGSコーポレーション
製作:セカイイチオイシイ水製作委員会
協力:公益社団法人アジア協会アジア友の会
制作:株式会社パラサング 
制作協力:マイケルギオン株式会社
配給:フルモテルモ
(C)セカイイチオイシイ水製作委員会


トランプ政権、シリア攻撃と同日に劇場公開! シリア人ジャーナリストが苦言 映画『ラッカは静かに虐殺されている』


映画情報どっとこむ ralph シリア内戦をテーマにした映画『ラッカは静かに虐殺されている』が14日に公開初日を迎え、アップリンク渋谷では土日全回満席になるなど大ヒットスタートを切った。

同日、都内・アップリンクにて開催されたトークショーに、シリア人ジャーナリストのナジーブ・エルカシュさんとアラブ思想・シリア文化研究者の岡崎弘樹さんが出席。
奇しくもこの日、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとして、米トランプ政権と英・仏が共同でシリアに対する軍事攻撃に踏み切ったというニュースが飛び込み、この事態に対して両氏が言及した。

日付:4月14日
場所:アップリンク渋谷
登壇:
ナジーブ・エルカシュ(シリア人ジャーナリスト)
岡崎弘樹(アラブ思想・シリア文化研究者)

映画情報どっとこむ ralph 本作は、イスラム国(IS)に支配され、混迷を深めるシリア北部の街ラッカの惨状をインターネットを駆使して世界に発信している市民ジャーナリスト集団「RBSS/Raqqa is Being Slaughtered Silently」の命懸けの活動を追うドキュメンタリー。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『カルテル・ランド』のマシュー・ハイネマン監督がメガホンを取っている。


シリア攻撃の一報に対して、日本の新聞社からコメントを求められ
エルカシュさん:私にとっては、今日は特別な日ではない。虐殺はずっと続いている。なぜ、トランプ政権が攻撃したときしか取材しないのか?

と苦言を呈したことも明かした。一方、

岡崎さん:“今日の攻撃はどうか”ということよりも、それを踏まえながら、もっと大きな議論を作っていくことが大事だ。

と強調した。

映画情報どっとこむ ralph 戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。その中で過激思想と武力で勢力を拡大するISが、

岡崎さん:ユーフラテスの花嫁」と呼ばれた美しい街ラッカを制圧。本作では、その生死の狭間で戦うRBSSの姿を追っているが、「ラッカは、素晴らしい宝の山。内戦によって荒廃した街を整備すれば、一大観光地になるようなところ。同時に有能な作家、ジャーナリスト、小説家を数多く輩出していて、歴史と文明が揃った街でもあります。

と称える。そんな平和で才能溢れる街が、なぜ虐殺の対象になったのか。
岡崎さん:シリア人ではない外国人戦闘員がISの中核。ラッカにいるスンニ派の部族が、宗派感情などをうまく利用されながら、次第に取り込まれていったのではないか。

と述べた。

また、「RBSSの面々は顔を出して発言しているが、その反面、危険度も増すのでは?」という観客からの問いに対して、

エルカシュさん:今月6日に、早稲田大学の講義で、Skype中継を通じてRBSSのメンバーの1人、ハッサン・イーサ本人と話ましたが、彼が言うには、『シリア政府はフェイクニュースが非常に多く、“本当はISのメンバーではないのか?”などという、あらぬ疑いをかけられたため、それを払拭するために顔と実名を公表するという行動に出た』と説明していた。彼らは未だに命の危険にさらされている。潜伏先のドイツから今は別の国に移動し、セキュリティのしっかりしたところに隠れて生活しているようです。

と現状を話されました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッカは静かに虐殺されている』は、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野で大ヒット公開中です。

<『ラッカは静かに虐殺されている』公開記念トークショー>

4月21日(土) 13:00回上映後

会場:アップリンク渋谷
ゲスト:白川優子(国境なき医師団)、横田徹(報道カメラマン)

4月22日(日)13:00回上映後
会場:アップリンク渋谷
ゲスト:安田菜津紀(ジャーナリスト)、望月優大(ライター・編集者)


映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッカは静かに虐殺されている

次々と殺されていく仲間や家族。そして暗殺の魔の手は、自らにも忍び寄る。

ドキュメンタリー史上、最も緊迫した90分

戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014年6月、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国(IS)」がシリア北部の街ラッカを制圧した。

かつて「ユーフラテス川の花嫁」と呼ばれるほど、美しかった街はISの首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、市民ジャーナリスト集団“RBSS”( Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)は秘密に結成された。

彼らはスマホを武器に「街の真実」を次々とSNSに投稿、そのショッキングな映像に世界が騒然となるも、RBSSの発信力に脅威を感じたISは直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す。


公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/raqqa/

公式Twitter:
@raqqamoviejp
***********************************

監督・製作・撮影・編集:マシュー・ハイネマン(『カルテル・ランド』)

製作総指揮:アレックス・ギブニー(アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞『闇へ』監督

(2017/アメリカ/92分/英語・アラビア語/1:2.35/5.1ch/DCP)

配給・宣伝:アップリンク


上原浩治投手からの動画も披露!『ボストン ストロング』鑑賞&日本大学でディスカッション


映画情報どっとこむ ralph ボストンマラソン爆弾テロ事件にて、復興の象徴である“ボストンのヒーロー”と呼ばれた男の真実の物語を描いた、ジェイク・ギレンホール主演・プロデュース作『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』が5月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーとなります。

我々はどのように向き合っていくべきなのか?事件だけではなく、復興や人びとの日々の生活までも考えさせられる本作の上映に合わせて様々な角度からトークイベントを実施。日本大学危機管理学部の教授陣やジャーナリスト、若い世代の代表としての日本大学の学生が、ディスカッションに参加。
さらに当時、プロスポーツという立場から地域の復興に多大なる影響を与えたボストン・レッドソックスに所属し、2013年ワールドシリーズ制覇の際の胴上げ投手となった現読売ジャイアンツ所属の上原浩治投手からの、当時の様子を語るメッセージ動画も披露されました

日程:4月16日(月)  
場所:日本大学三軒茶屋キャンパス1号館1310教室
参加者:日本大学学生(約100名)
登壇:安部川元伸(日本大学 危機管理学部教授)、金惠京(日本大学 危機管理学部教授)、石山成人(映画宣伝プロデューサー)、李啓充(医師、元ハーバード大学助教授)、日本大学の生徒数名

映画情報どっとこむ ralph 本作は2013年4月15日に発生したボストン爆弾テロに巻き込まれ、両脚を失いながらも犯人逮捕に貢献した被害者ジェフ・ボーマンが、不屈の精神「ボストン ストロング」=ボストン復興の象徴として脚光を浴びるも、耐えられない傷とプレッシャーを背負いながら、恋人や家族に支えられ、困難を乗り越え、再び立ち上がるまでを描いた感動の実話を映画化したもの。

映画の上映後に実施されたトークイベントには、日本大学の危機管理学部の安倍川教授と金教授、事件当時ボストンにいた医師の李氏、そして危機管理学部の学生約100名が参加し、熱いディスカッションが行われた。
当時、プロスポーツという立場から地域の復興に多大なる影響を与えたボストン・レッドソックスに所属し、2013年ワールドシリーズ制覇の際の胴上げ投手となった現読売ジャイアンツ所属の上原浩治投手からの、当時の様子を語るメッセージ動画が披露

事件について

上原選手:球場から空港への移動中のバスの中で知った。(テロ)場所が球場から1マイルの場所だと知って、もしかしたら僕たちも巻き込まれていたかもしれないので、凄い怖かった。犯人も逃げていたので外出禁止などでボストンの街から人がいなくなって、ほんとに映画の世界のようなことを体験して怖かった」と当時の心境を語り、“ボストンストロング”という言葉については「街中や球場に大きく張り出されていたり、あれがきっかけでみんなでもう1回強くなろうと、チームの選手だけでなく街全体が動きました。

と振り返った。本作の主人公ジェフ・ボーマンとは

上原選手:彼が始球式で球場を訪れた際に握手しました。実話ですからね!映画の中で観ると、(ジェフ・ボーマンは」当時の彼女、今の奥さんの支えがとても大きかったんでしょうね。彼女の一言一言が突き刺さっている。助けてくれる人の存在はやっぱり大きいです。

と感慨深げ。事件が起きた年にボストンレッドソックスはワールドシリーズを制覇し上原選手は胴上げ投手になったが、大リーグでの9年間で一番の成績を残し

上原選手:優勝パレードのときにみんなに“ありがとう”と言ってもらえたのが嬉しかった。

と笑顔をのぞかせた。

ジェフ・ボーマンと同様にボストン市民に勇気を与えた上原選手のコメント動画に、学生からは

「ボストン復興の立役者となった上原投手や映画の主人公のジェフ・ボーマンは毅然とした態度で立ち向かったんだなと感じました。」

「今まで他人事だと感じていたが、映画やインビューから、とてもリアルで生々しく、ボストンストロングについてより深く理解できた」

「テロを未然に防ぐことを学んでいるが、危機管理は事件が収束しても続くんだと思った」

「映画を観て、上原さんのインタビューを観ると、私たちが想像できない世界や、被害者側の側面をj知ることができた。ボストンの人たちが結束していく様子に感動した」

などの声があがった。

映画情報どっとこむ ralph 爆破事件当時ボストンいた李氏は、新聞やテレビで流れていたテロのニュースを見て

李さん:主人公のジェフ・ボーマンは、カルロスがジェフを助けなければ死んでいただろう。またボストンではスポーツがコミュニティの中心となっている。ジェフがシンボルとしてメディアに出たことで、勇気をもらった人はたくさんいました。

と話し、金教授は被害者への補償という観点で

金教授:この映画は、被害者やその家族へのメンタルケアなど、今後世界に通用する課題が描かれている。

と指摘。

安部川教授:テロや災害のトラウマから社会復帰して立ち直るのは簡単なことではない。テロの狙いは人殺しだけでなく、また次もあるぞ!と人間の心理を狙っている。でもそれに負けてはいけない。この映画はそのための力、乗り越える力をくれる。

と続けた。
教授陣やジャーナリストに、生徒からは、

「東京オリンピックを控える日本もテロの脅威に備えなければならないのではないか」

「日本人がもし海外でテロにあってしまった時、また逆に外国人が日本でテロにあってしまった場合の補償はどうなるのか」

「映画の主人公のように、メディアに出て有名になることで、テロの標的にされないのか」

などの質問が投げかけられ、今後テロに対してどう向き合い、対処していくべきか、真剣な眼差しの生徒たちと教授陣らのディスカッションが繰り広げられ、映画を通してテロとその被害者をより身近な出来事として認識し学んだトークイベントとなった。

映画情報どっとこむ ralph ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~

5月11日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

物語・・・
ボストンに暮らすジェフ・ボーマンは元彼女のエリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場に応援に駆け付けるが、ゴール地点付近で爆弾テロが発生。巻き込まれたボーマンは爆発で両脚を失ってしまう。意識を取り戻したボーマンは爆弾テロリストを特定するために警察に協力。ボーマンの証言を基に犯人が特定されると、ボーマンは一躍、“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びるが、彼自身の再生への戦いはまだ始まったばかりだった―。

***********************************

出演:ジェイク・ギレンホール(『ノクターナル・アニマルズ』、『ナイトクローラー』など)、タチアナ・マスラニー、ミランダ・リチャードソン、クランシー・ブラウン
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン(『セルフィッシュ・サマー ホントの自分に向き合う旅』『スモーキング・ハイ』など)
脚本:ジョン・ポローノ
原作:ジェフ・ボーマン、ブレット・ウィッター著
配給:ポニーキャニオン
提供:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ
PG-12
© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.