「社会派」カテゴリーアーカイブ

木村文洋監督最新作『息衝く(いきづく)』公開日決定 予告編&メインビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 社会と個のあり方と関わりに鋭く問題を投げかけてきた木村文洋監督『へばの』(’08)、『愛のゆくえ(仮)』(’12)最新作『息衝く(いきづく)』の公開日が2月24 日(土)に決定、ポレポレ東中野、以降 全国順次公開となります。

これを受け、予告編とメインビジュアルが解禁となりました。


映画情報どっとこむ ralph 本作は混迷する国。
宗教団体で育ったよるべなき子供たち。

20年後、彼らは失踪したカリスマ宗教家に会うために再会した。
子供の頃、見上げた空の先には何があったのか―

これはわたしたちの希望を紡ぐ「この国」の物語

と本作に対し、宗教学者:島田裕巳 さん、小説家の木村友祐さんからも本作への真摯な推薦コメントが到着しました。

島田裕巳(宗教学者)
親と子と信仰。これは、三位一体の関係にある。そんな関係が成立してしまうのも、その背景には貧しさがあり、社会 の矛盾があるからである。社会は冷酷で、その矛盾を弱者に押し付けてくる。弱者は居場所を失って、新宗教に逃 げ場を求める。 その組織は果たして、そうした矛盾から人を救い出してくれるのだろうか。 それは、映画が提起する重要な課題だ。

木村友祐(小説家)
息衝く』を観ながら、おれはこんな小説が書きたかったんだと全身がざわつき、高ぶり、軽い嫉妬をおぼえていた。 息ができない現代日本の空気感を生々しくとらえながら、それでも〝まっとうさ〟を希求する本作の純真なたたずま いに、胸打たれずにはいられない。

映画情報どっとこむ ralph 『息衝く』
物語・・・
3.11、数年後の夏を迎える、東京。参議院選挙が始まろうとしていた。この国にとって幾度目か、そして則夫、 大和にとって―果たして幾度目の「忙しい夏」なのか。彼らはカリスマ・森山の失踪後、久しくして“種子の会”選挙に呼び 戻される。「原発廃炉が争点となるか」、その言葉を幹部との人質に交わしながら。活動に邁進する大和。一方、則夫は、幼少 期に核開発が始まった青森県・六ヶ所村に妹と父とを残してきた記憶に決着をつけられず、母・悦子との最後の時間を目前に していた。そのさなか、かつて想いを抱いていた慈と再会する―

URL: ikiduku.com


***********************************

監督:木村文洋
脚本・プロデューサー:桑原広考 中植きさら 木村文洋
脚本:杉田俊介 兼沢晋
撮影:高橋和博
撮影・照明:俵謙太
俗音:近藤崇生
助監督:遠藤晶
編集:上田茂
音楽:北村早樹子
録音・ミックス:葛西敏彦
宣伝美術:大橋祐介
宣伝・配給協 力:岩井秀世
製作・配給:team JUDAS 2017


集団レイプ~風俗嬢、、復讐 和田秀樹監督『私は絶対許さない』特報解禁


映画情報どっとこむ ralph 「15歳で集団レイプされた私が、風俗嬢になり、さらに看護師を目指した理由」

15歳の元日に集団レイプに遭い、加害者の男たちへの復讐だけを胸に生きてきたという雪村葉子による衝撃的な手記(ブックマン社刊)を、精神科医の和田秀樹監督が映画化した映画『私は絶対許さない』が完成。

4月7日(土)~テアトル新宿、他にて全国公開することが決定した。

そして、特報が解禁されました。



映画情報どっとこむ ralph 主人公の葉子役は、整形後を、数々のミスコンを経て、注目度NO.1のグラビア女優として活躍が期待されている平塚千瑛(ひらつかちあき)が、集団レイプに遭う学生時代を、NHK大河ドラマ「西郷どん」への出演も決まっている西川可奈子がW主演で演じ、体当たり演技を披露しています。

平塚千瑛さんのコメント
4月7日に公開の映画「私は絶対許さない」で、初主演させて頂きました平塚千瑛です。
全くの新人の私ですが、オーディションでこの映画のお話を頂き初めて雪村葉子さんの原作を読ませて頂きました。原作に描かれた雪村さんの壮絶な半生をどこまで演じきれるかとても不安でしたが、佐野史郎さん、隆大介さん、東てる美さん、美保純さん等日本を代表するベテラン俳優さん達との共演という過分なる幸運を思うと、何が何でも今の私にできる全てを出し切ろうと思えて来ました。ただ撮影中は全裸で演じなければならない場面もあり、今までに感じた事のない緊張感と不安で心臓が押し潰されそうになり感情のコントロールが出来ず涙が止まらない時もありました。

この物語は雪村葉子さん自身が実際に体験したお話であり、性犯罪のトラウマを抱えながらも強く生き、成長して行く女性の物語です。クランクイン前に雪村さんご本人とお会いしお話を伺う機会があり、少しでも私の役に立つようにと思い出すのもお辛いであろうご自身の経験を色々と話してくださいました。

この映画に出てくるような犯罪は表に出てくるのはほんの氷山の一角に過ぎません。決して許されないこのような犯罪の被害に遭ってしまった主人公がトラウマにどう立ち向かうか、過去とどう向き合って生きていくのか、是非劇場でご覧頂きたいと思います。

映画、本共々「私は絶対許さない」を宜しくお願いいたします。



西川可奈子のコメント
この話が事実である事に、同じ女性として怒りと恐怖、悲しさに包まれ、同時に葉子さんの生きる芯の強さに驚愕し、想像以上の重責を感じながら撮影に挑みました。
今回の主観撮りでは、目線・呼吸・心情をカメラマンさんと一心同体となって葉子自身を表現しています。だからこそ見えるリアルさや目を覆う程の恐怖もこの映画では感じる事ができる筈です。彼女の世界観を体感して頂き、より多くの方々にこの事実を知って頂きたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 出演者は、既に発表されている隆大介、佐野史郎のほか、美保純、友川カズキ、白川和子、吉澤健、三上寛、奥野瑛太、川瀬陽太、南美希子、児島美ゆき、東てる美らが出演しています。

脚本には、寺島しのぶがベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した『キャタピラー』(監督:若松孝二)の共同脚本や『花芯』(監督:安藤尋)、『四十九日のレシピ』(監督:タナダユキ)等の黒沢久子、撮影監督には、『ラヂオの時間』で日本アカデミー賞優秀撮影賞を受賞した高間賢治、音楽には、2008年プッチーニ国際賞を日本人で初受賞した世界的音楽家・三枝成彰、編集にはほとんどの北野武作品を手がけ、日本アカデミー賞最優秀編集賞を受賞した太田義則など、実力派が集結した。

また、主題歌「迷宮」を元SKE48のメンバーの出口陽が担当しています!

物語・・・
東北地方の田舎で育った中学3年生の葉子(西川可奈子)は、メガネに化粧っ気のない素朴な女の子。
厳格な父(友川カズキ)と、女々しく意地悪な母(美保純)と、優しいがどこか他人事の様に接する祖母(白川和子)と、小さな弟と妹に囲まれて平凡に暮らしていた。

あの日までは……。

雪村葉子さんが35歳になって執筆した手記を元に、その半生をたどる衝撃のストーリー。

彼女は日々何を見て、何を感じ、何に対して復讐しているのか。あの男達への思いは……。

Twitter:
@watashihazettai

***********************************

出演:平塚千瑛、西川可奈子、美保純、友川カズキ、白川和子、吉澤健、三上寛、奥野瑛太、川瀬陽太、南美希子、児島美ゆき、東てる美、隆大介、佐野史郎 ほか

製作総指揮・監督:和田秀樹
原作:雪村葉子(ブックマン社)
脚本:黒沢久子
プロデューサー:小林良二
ラインプロデューサー:大原盛雄
撮影監督:高間賢治
照明:上保正道
録音:植田中
編集:太田義則
音楽:三枝成彰
制作・配給:緑鐵
配給協力:渋谷プロダクション
製作:「私は絶対許さない」製作委員会
主題歌:出口陽「迷宮」
©「私は絶対許さない」製作委員会
    


原一男監督アスベスト損償を追う『ニッポン国VS泉南石綿村』予告編完成・公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 『ゆきゆきて、神軍』『全身小説家』『極私的エロス・恋歌1974』などの日本映画史に残る傑作を生み出してきた原一男監督。

待望の最新作『ニッポン国VS泉南石綿村』の予告編が完成し、公開日が「2018年3月10日(土)」に決定しました。
また本作の舞台となっている、大阪・泉南の「イオンシネマ泉南りんくう」で「2018年2月3日(土)」から1週間の先行上映することも決定です。

そして予告編・・・


大阪・泉南地域の石綿(アスベスト)工場の元労働者とその親族が、損害賠償を求め、国を訴えた“泉南・アスベスト国賠訴訟”。その8年にわたる闘いの全てを記録した、圧倒的215分。

世界が震撼した『ゆきゆきて、神軍』から31年

ニッポン国VS泉南石綿村

2018年3月、ユーロスペース他全国順次公開
2月3日よりイオンシネマりんくう泉南にて1週間限定先行上映
原一男監督

2017年釜山国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞受賞
2017年山形国際ドキュメンタリー映画祭 市民賞受賞
2017年東京フィルメックス観客賞受賞

***********************************

監督:原一男
製作:疾走プロダクション
製作:小林佐智子、撮影:原一男、構成:小林佐智子、編集:秦岳志、整音:小川武 
音楽:柳下美恵
制作:島野千尋
助成:大阪芸術大学芸術研究所 JSPS科研費
配給協力:太秦 宣伝協力:スリーピン
2017年/215分/DCP/16:9/日本/ドキュメンタリー
©疾走プロダクション
     


『スリー・ビルボード』第75回ゴールデングローブ賞4部門受賞!


映画情報どっとこむ ralph スリー・ビルボード』が、日本時間1月8日(月)に発表されました、ゴールデングローブ賞におきまして作品賞(ドラマ部門)、主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)(ドラマ部門)、助演男優賞(サム・ロックウェル)、脚本賞(マーティン・マクドナー)の主要4部門を受賞しましたのでお知らせいたします!

11月10日からの全米公開ではわずか4スクリーンで館アベレージ8万ドルを超える、今年2番目(公開時点)の記録となる高アベレージで大ヒットスタートを切り、53スクリーンに拡大した2週目で早くも9位にランクインしていた本作。すでに3週連続トップ10入りを果たし公開9週目となる現在、全米興行収入2,540万ドルに数字を伸ばす大ヒットとなっている(movieline調べ)。
佳境に入った賞レースでもこれで57受賞、160ノミネートとなり、圧倒的な強さをみせています。

また併せ新ボスタービジュアルが解禁となりました。
魂が震える。という力強いキャッチコピーと共に、主要キャスト3人(フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハ
レルソン、サム・ロックウェル)が際立つ、新ポスタービジュアルです。

映画情報どっとこむ ralph 圧巻の脚本に、名優たちの圧巻の演技!日本のマスコミ試写も騒然
──本作はハリウッドが誇る演技派女優フランシス・マクドーマンドが主演するクライム・ドラマ。アメリカ、ミズーリ州の片田舎の町で娘を殺されたミルドレッドは、依然解決しない事件への抗議のために、町はずれに巨大な広告看板を設置した。それを快く思わない警察官や住民とミルドレッドの間の諍いは、日増しにエスカレートしながらも、事態は思わぬ展開を見せていくのだった……。

2月1日(木) 全国ロードショー

STORY
最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。
***********************************

監督・脚本・製作:マーティン・マクドナー『セブン・サイコパス』
出演:フランシス・マクドーマンド『ファーゴ』、ウディ・ハレルソン『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
、サム・ロックウェル『コンフェッション』、アビー・コーニッシュ、ジョン・ホークス、ピーター・ディンクレイ
ジ、ルーカス・ヘッジズ

原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri
配給:20世紀フォックス映画   
(C)2017 Twentieth Century Fox


『飢えたライオン』ロッテルダム国際映画祭正式招待決定 キャスト&監督からコメント


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『飢えたライオン』が、1月24日か らオランダで開催される第47回ロッテルダム国際映画祭 (VOICES部門)に正式招待されることが決定しました。
昨年10月に開催された第30回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門ではチケッ トが最速で即日完売し、海外映画祭からの上映オファーが殺到した注目作。

主人公・杉本瞳役に松林うらら。瞳の彼・藤川ヒロキ役を実写映画『鋼の錬金術師』で注目の水石亜飛夢、そして瞳の母・杉本裕子役を数々の女優賞を受賞した 実力派、筒井真理子が演じ、脇を固めています。 監督は、大阪2児放置死事件を基にした映画『子宮に沈める』の緒方貴臣。

映画情報どっとこむ ralph キャスト及び監督からコメントが届いています。

松林うららコメント
誰もがなりうるであろう主人公を自分だけでなく、 現代に生きる若者達を重ねて演じました。是非、ロ ッテルダム映画祭でたくさんの方に『飢えたライオ ン』を観ていただきたいです。

水石亜飛夢コメント
現代社会の闇がリアルに描かれています。観た方によって受け取り方も異なるのではないので しょうか。 映画祭でみなさんが何を持って帰ってくださる か、楽しみです。

筒井真理子コメント
ネット情報の不安定さが浮き彫りにされた作品 です。今後も様々な国や立場の人に広がってい く事を願います。 世界の人が緒方貴臣監督と言う才能に触れ、ど感じてくれるのか楽しみです。

緒方貴臣監督コメント
ここ数年の日本で起こった事件の被害者への世間の反応や報道のあり方に疑 問を持ったことがきっかけに、日本に向けて制作した作品ですが、東京国際 映画祭での上映以来、数々の海外映画祭から上映オファーがきており、作品 で扱ったことは日本に限った現象ではないと感じ始めています。この予想が 確信になるのかどうか、海外の方々の反応が今から楽しみです

映画情報どっとこむ ralph ある朝のHRで、瞳の担任が児童ポルノ禁止法違反の容疑で警察に連行された。
担任の性的動画が流出し、 その相手が瞳だというデマが流れる。誰も信じないだろうと軽く考えていた瞳だったが、デマは事実のように 広がっていき、瞳は追いつめられ自殺をする。
担任の逮捕と生徒の自殺は、マスコミの格好の餌食となり報道は加熱していく。そして社会によって瞳の「虚像」が作られていくのだった…。
本作は、映像や情報の持つ 「可虐性」を描くと同時に、それらを消費する私たちの中にある邪悪な“欲望”をあぶり出す。世界中に拡散する「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ突きつける78分。

●『飢えたライオン』ティザーサイト
http://hungrylion.paranoidkitchen.com/

日本での劇場公開は2018年内を予定

***********************************

出演:松林うらら、水石亜飛夢、筒井真理子 菅井知美、日高七海、加藤才紀子 上原実矩、菅原大吉、小木戸利光、遠藤祐美、品田誠 / 竹中直人、ほか

監督:緒方貴臣(『子宮に沈める』)
撮影:根岸憲一(『淵に立つ』) 2017年/日本映画/カラー/16:9 /ステレオ/78分

©2017TheHungryLion