「社会派」カテゴリーアーカイブ

原作者かわぐちかいじ先生からの手紙に西島秀俊 感激!そして蔵之介、西島をいじる!『空母いぶき』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじ氏による累計500万部突破のベストセラーコミックを映画化したエンタテインメント『空母いぶき』が5/24(金)より全国ロードショーとなりました。

国籍不明の軍事勢力から突如、攻撃を受けた日本。国民の命と平和が脅かされたとき、日本はかつて経験したことのない24時間を迎える。

初の防衛出動を命じられた最前線の自衛官たち、総理大臣を中心とする政治家や官僚、そして、ジャーナリストや一般市民は、それぞれ日本人として何を考え、何を選択するのか。その一つ一つの行動がこの国の未来をつくる。

このたび遂に公開初日を迎え、西島秀俊さん、佐々木蔵之介さん、本田翼さん、市原隼人さん、深川麻衣さん、藤竜也さん、若松節朗監督が登壇しての舞台挨拶が行なわれました。

日時:5月24日(金)
会場: TOHOシネマズ 日比谷
登壇: 西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督

映画情報どっとこむ ralph 15時に観終えたばかりの観客の雰囲気は若干重めか・・・。

キャストと監督が登場すると暖かな拍手。

西島さん:皆さんこんば・・んわじゃない!(大爆笑)
西島さん:こんにちは!すごく緊張していて、この傑作を実写映画化すると言うことで非常に緊張して撮影しました。スタッフ、キャスト魂を込めて撮影しました。漸く公開となり、緊張しています。そして、嬉しく思っています。
この西島さんの挨拶を受けて

佐々木さん:みなさん、こんば あっ こんにちわ!

これには、たまらず西島さんが佐々木さんにツッコミ!
佐々木さん:えへへへへ。無事クリスマスを迎えられてうれしかったです!

と、若干ネタバレ。。。なご挨拶。

本田さん:暑い中お越しいただき嬉しく思っています。

市原さん:いつからかこのような役を演じることを切望していました。一つ叶い光栄に思っています!

深川さん:今日から初日。高揚感でドキドキしています。

藤さん:今日はありがとうございます。映画は観客に育ててもらうものだと思います。大きく育てていただければ!

若松監督:今日は初日。ハラハラドキドキして来ました。楽しんでください!
と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 上映後の舞台挨拶はこれが初めて、

西島さん:佐々木さんが全部言っちゃいましたからね。映画の余韻を壊さない様にと思いながら登壇したのですが、しょっぱなから。。。間違えてしまいました。反省してます。
と、はにかむ笑顔。これに
佐々木さん:ご覧いただいたんですよね。楽しいでいいのかな?楽しかったですか?(大拍手)ありがとうございます。良かった!報われました。

西島さん:映画は見ていただいて完成ですからね。嬉しい気持ちでいっぱいです。
と、回答するお二人は映画の中では、対峙する役。この二人の撮影を見て

藤さん:お二人とも、準備万端で入られててね。初日からもう1か月ぐらいたったんじゃないかと言うくらいの密度の深さと緊張感で演じてましたね。それから、驚いたのは海上自衛隊の艦なのに海が見えないの。窓がないんだ。スクリーンばかり。戦況を黙視するなんてことないんだね。ビックリしました。
と、最近の装備に驚いたそう。

西島さん:護衛艦にも載せてただ来ましたし多くの自衛官とお話をさせていただいて事前の準備はしっかりしました。

かなりキーになる原作にはない役を演じた本田さん。
本田さん:この映画のオリジナルだからこそ、居る意味をきちんと見つけて、それを通さないといけないなと演じました。観てくれたかたが、私の役がいることで、わかりやすくなったなと思っていただければ嬉しいです。

と話、劇中でも熱い男を演じた市原さんは

市原さん:エンターテインメントは人と人とをつなぐもの。今の時代大義がない。そおなかで、明確なのはつなげる事と信頼。(中略)この作品の中でもそれぞれが勇士を見せています。胸に残していただけたら幸いです。
艦船に乗ってないキャラの深川さんはコンビニ店員役。店長さん役の中井さんとの共演に
深川さん:大先輩ですから緊張していましたが。カメラが回る度に、中井さんからアドリブが出て、和やかな雰囲気で撮影は進みました。メッセージカードは監督と話しながら直筆で書かれていて。。あと、耳栓は中井さんの私物でした!

と、明かしてくれました。


映画情報どっとこむ ralph ここで、かわぐちかいじ先生からメッセージ

空母いぶき公開に寄せて
「空母いぶき」を実写映画としてなんとしても完成させようという製作陣の意思は、自衛隊の国防と言う本来の任務で日本で初めて描くんだと強い思いだと想像します。映像にみなぎる緊迫感は、国防と言う重要な問題を正面から描いている迫力です。原作者として、その映像に接することが出来、これ以上の本望はありません。

制作にかかわったスタッフの皆さま、俳優の皆さま、本当にご苦労様でした。そしてありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph この先生のお手紙に。。。
西島さん:感激しました、本当に嬉しいです。かいじ先生の原作はスケールが大きくて、テーマも深いのでじっやかは難しいと言われているのを実写化。企画の段階からかなり高いハードルがあったと思います。
そのなかで、この映画が完成して先生にお手紙いただいて。感無量です。

映画『空母いぶき』 

5/24(金)より全国ロードショー
kuboibuki.jp
『空母いぶき』本ポスター・ビジュアル
***********************************



出演:
西島秀俊 佐々木蔵之介
本田翼 小倉久寛 髙嶋政宏 玉木宏 戸次重幸 市原隼人 堂珍嘉邦 片桐仁 和田正人 石田法嗣 平埜生成 土村芳 深川麻衣 山内圭哉
中井貴一 村上淳 吉田栄作 佐々木勝彦 中村育二 益岡徹 斉藤由貴 藤竜也 佐藤浩市
【原作】かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
【企画】福井晴敏
【脚本】伊藤和典 長谷川康夫
【音楽】岩代太郎
【監督】若松節朗
【製作】『空母いぶき』フィルムパートナーズ
【配給】キノフィルムズ 
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ



社会福祉学の結城康博教授が語った!映画『99歳母と暮らせば』トークショー付き一般試写会


映画情報どっとこむ ralph 6月8日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開される新作ドキュメンタリー映画『99歳 母と暮らせば』。
老老介護の現状と、その生活を介護者、被介護者ともに気持ちよく過ごしていくためのヒントが満載となっている作品です。

その公開に先駆け、5月22日(水)日比谷図書文化館でトークショー付一般試写会が行われ、上映後のトークショーには、スペシャルゲストとして社会福祉学者であり、淑徳大学で教授として社会福祉学を担当されている結城康博先生、「ベトナムの風に吹かれて」の原作者で介護経験のある小松みゆきさんが登壇しました。

『99歳 母と暮らせば』トークショー付き一般試写会
日時:5月22日(水)  
場所:日比谷図書文化館
登壇:結城康博(淑徳大学教授)、小松みゆき、谷光章監督

映画情報どっとこむ ralph 結城先生は『99歳 母と暮らせば』をご覧になって

結城先生:いつも介護というと、大変なイメージですが、お母さんの性格もあると思いますが、これは楽しい介護を表現していましたね。

と感想を述べた。

小松さん:監督を目の前にして言いますが、息子さん(谷光監督)が良いですね。お二人の掛け合いが楽しかったです。

と感想を述べた。

映画情報どっとこむ ralph さらに結城先生から谷光さんの介護の姿勢について

結城先生:家族の方とかヘルパーさんにも参考になると思いました。第一に認知症をわかっている。認知症の人と寄り添う姿勢が良い。第二にヘルパーさんなど専門職の方とよく話をされている。第三に監督も息抜きをしている。それが良いと思いました。

と、長く介護を続けるには、時々介護から離れて息抜きをすることも必要と話し

谷光監督:これからの介護はどのようにすれば、介護する人・される人が穏やかな生活を送れますか?

という質問には、

結城先生:専門家として言わせてもらいますが、在宅介護がきびしい時代になっていきます。2035年にはヘルパーさんが少なくなるので、映画のお母さんみたいにお茶目な人は介護してもらえると思いますが、性格が悪く挨拶もしない無愛想にしていると、介護してもらえなくなります。安心した介護を受けられる勝ち組と負け組が出ますので、お金も大事ですが性格が一番大事です。みなさん頑張ってください。

とお客さんに訴え、笑いを誘った。

最後は大きな拍手に包まれ、温かいトークショーとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 『99歳 母と暮らせば』

2019年6月8日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開!


【あらすじ】
認知症を患っている99歳の母。足腰の衰えも進行して生活を営むことに苦難を感じている母を介護すべく、71歳の息子が母の実家に移り住んだ。老老介護に四苦八苦しながらも、母の人生最終章の日々を撮影していく。日常茶飯事で起こる失敗や苦難、そして母のチャーミングな一面や日々の出来事で輝く愛おしい発見の数々。介護され、介護する人たちが共に幸せに暮らせる介護とは?生きていることの愛おしさが心に沁みるドキュメンタリー映画。

***********************************

監督・企画・撮影・編集・ナレーション:谷光章
出演:谷光千江子/谷光賢/谷光育子/谷光章
小田中通子/谷光家の人々/川邊壽子/松本尚子/長田典/高橋綾子/前田由美子
協力:クローバーデイケアセンター/湘南ピュア福祉サービス/居宅介護支援事業所/わかば訪問介護ステーション/メディケアセンター
ミュージックエディター:井口明夫
サウンドエンジニア:引間保二/イラスト:はまぐり涼子
【2018年/日本/92分】
©イメージ・テン
制作・著作・配給:イメージ・テン 配給協力:MAP


シム・ウンギョン×松坂桃李『新聞記者』に原案・望月衣塑子記者出演判明!


映画情報どっとこむ ralph 前代未聞のサスペンス・エンタテインメント!!あなたはこの映画が信じられるかー?

一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかける衝撃作『新聞記者』が6月28日から全国公開となります。

現在進行形のさまざまな問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にはない前代未聞の社会派エンタテインメント作として話題沸騰中の本作に、この度、本作の原案の著者であり、菅官房長官の記者会見に連日出席、鋭い質疑応答で“菅官房長官の天敵”と称され、今、日本で最も有名な現役記者と言える東京新聞社会部記者・望月衣塑子が劇中に出演していることが解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『新聞記者』は東京新聞・望月衣塑子記者の同名ベストセラー「新聞記者」 (角川新書)を原案に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者・吉岡(シム・ウンギョン)と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官 僚・杉原(松坂桃李)との対峙・葛藤を描いた完全オリジナル・ストーリー。
新聞記者 望月記者が出演するのは、吉岡と杉原ら登場人物たちが、劇中で度々眺める PC 上に映し出される鼎談番組。これは、本作の為に、実際に撮り下ろされたもので、望月記者の他、 元文部科学省事務次官の前川喜平、元ニューヨーク・タイムズ東京支局長のジャーナリスト、マーティン・ファクラー、司会を務める新聞労連委員長の南彰の 3 名が出演、メディアや、内閣情報調査室について、各自の意見を交わしている。
『新聞記者』 原案・望月記者出演 本鼎談は台本なし、ぶっつけ本番の完全ノンフィクション。同調圧力に満ち、フェイクニュースが社会を揺さぶるメディアの激動期に、 それぞれの立場で同調圧力に負けずに、個の力で立ち、発信を続けてきた話題のメンバーが集結して何が話し合われるのか? 鼎談が暗示する、政界の闇の正体とは?フィクションと現実がダイレクトにリンクする、今だかつてなかった新しい作りに仕上がってい る本作が、近年の日本映画が避けてきたタブーの領域に大きく踏み込む。

映画情報どっとこむ ralph 『新聞記者』

6月28日(金) 新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー!
シム・ウンギョン×松坂桃李『新聞記者』
STORY
東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある強い思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。

一方、内閣情報調査室の官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。
「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。

愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。真実に迫ろうともがく若き新聞記者。

「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!

***********************************


シム・ウンギョン 松坂桃李

本田翼 岡山天音 郭智博 長田成哉 宮野陽名 / 高橋努 西田尚美 

高橋和也 / 北村有起哉 田中哲司


監督:藤井道人『デイアンドナイト』
脚本:詩森ろば 高石明彦 藤井道人 音楽:岩代太郎
原案:望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊) 河村光庸
企画・製作:河村光庸 エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸 岡本東郎
プロデューサー:高石明彦 製作幹事:VAP
制作プロダクション:The icon

宣伝:KICCORIT 制作:スターサンズ
配給:スターサンズ イオンエンターテイメント  shimbunkisha.jp 

製作:2019『新聞記者』フィルムパートナーズ


空族・富田克也最新作『典座 -TENZO-』第72回カンヌ国際映画祭で上映!


映画情報どっとこむ ralph この度、第72回カンヌ国際映画祭におきまして、批評家週間「特別招待部 門」へ選出された空族・富田克也最新作『典座 -TENZO-』(2019 年秋公開予定)が 5 月 20 日(月)に公式上映されました。

上映前には、富田克也監督、製作・出演を務めた全国曹洞宗青年会の河口智賢、倉島隆行らが登壇した。
日付:5月20日
場所:カンヌ国際映画祭
登壇:富田克也監督、製作・出演を務めた全国曹洞宗青年会の河口智賢、倉島隆行

映画情報どっとこむ ralph 富田監督:かつて日本は世界第 2 位の経済大国と言われ、仏教は葬式の時のものでした。ただ、2011 年に起きた東日本大震災による津波の被害、そして原発事故によって、日本は大きな危機を迎えました。それ以降、彼ら僧侶たちは皆から必要とされ始めているように感じていると言います。

と語った。そして映画を制作した動機として

富田監督:今こそ、私たち 日本人は変わらなければいけない。加えて、仏教界も変わらな くてはいけないという彼ら僧侶たちの思いを映画に込めました。

と力強い口調で語った。

続けて製作と出演者を兼務した僧侶の河口智賢さんは

河口さん:カンヌ映画祭とご縁を頂いて本当に心から感 謝しています。私たち日本人は8年前に深い悲しみを迎えまし た。その中で、私たち僧侶ができることは何なのか、それを日々考えてきました。私たち僧侶も一人の人間で す。時に苦しみ、葛藤しながら日々生活をしています。それでも、いつも人々の心に寄り添う仏教の素晴らし さを伝えたいと言う思いで、この映画を制作しました。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 典座 -TENZO-
富田克也監督は、2011 年に公開された『サウダーヂ』が、ロカルノ国際映画祭の国際コンペティションに招待され、ナント三大陸映画祭グランプリ。

国内では、高崎映画祭最優秀作品賞、毎日映画コンクール優秀作品賞&監督賞をW受賞。

またタイ・ラオスオールロケを敢行した 2016 年公開作『バンコクナイツ』がロカルノ国 際映画祭の国際コンペティションなど世界中の約 30 の映画祭に招待。国内では、第 72 回「毎日映画コンクー ル」にて監督賞、音楽賞をW受賞。その年の「キネマ旬報ベスト 10」では6位に選出されるなど国内外で常に高い評価を受けてきた。本作は、富田監督が全国曹洞宗青年会より依頼を受け、道元禅師が遺した「典座教訓」を軸に、3.11 以降の現代日本における仏教の意義、そして信仰とは何かを探求した作品。

映画情報どっとこむ ralph 今回、解禁された海外版特報は、ラッパーNORIKIYO の楽曲 「1 人の人として」に乗せて、自殺未遂を繰り返す 女性の「いのちの電話」を受ける僧侶の河口。そして東日本大震災の津波でお寺も檀家も無くし、土木作業員 として働く倉島の姿を捉えている。今の時代にあって信仰は如何にあるべきか。二人の若き僧侶の苦悩を通し て描かれる本作に期待が高まるところだ。



『典座 -TENZO-』

公開は 2019 年秋予定。またフランスでは同じく 2019 年秋に全国公 開が決まっており、150 館以上で公開される予定だ。

HP:http://sousei.gr.jp/tenzo/

***********************************


出演:河口智賢、近藤真弘、倉島隆行/青山俊董

監督:富田克也
脚本:相澤虎之助、富田克也
プロデューサー:倉島隆行/撮影・照明:スタジオ石/録音・整音:山﨑巌/ 編集:富田克也、古屋卓麿/音楽:右左口竹の会、Suri Yamuhi And The Babylon Band、NORIKIYO
題字:藤田喜彦
デザイン:今村寛/スチール:山口貴裕/VFX:定岡雅人 製作:全国曹洞宗青年会/海外担当:小山内照太郎、大野敦子
宣伝:岩井秀世
配給:空族
2019 年/59 分/DCP 公式
©全国曹洞宗青年会


ドキュメンタリー映画『沈没家族 劇場版』口コミで再々延長上映 at 東京・ポレポレ東中野


映画情報どっとこむ ralph 1990年代半ば東京は東中野。
小さな街の片隅で、様々な若者がひとつの“家”に寄り合い子育てに奮闘した実践的共同保育「沈没家族」。

そこで育った加納土監督自身が、20年の時を経て“家族のカタチ”を見つめなおして行くドキュメンタリー映画『沈没家族 劇場版』が4月6日(土)よりポレポレ東中野で公開されています。

著名人もプライベートで来場し、その後に急遽トークのゲストとして登壇するなど、実際に映画を観たひとの口コミで評判となり延長上映、さらにこのたび再延長となりました。
『沈没家族-劇場版』加納監督今泉力哉監督 加納監督、今泉力哉監督
『沈没家族-劇場版』加納監督佐野史郎 加納監督、佐野史郎
添付ファイルの詳細  『沈没家族-劇場版』加納監督母・穂子さん上野千鶴子さん 加納監督母・穂子、上野千鶴子


これからの家族・親子・育児を考えるきっかけとして『沈没家族 劇場版』がいま拡がりつつあります。
沈没家族ティザー ◆~5月24日(金)まで21:00
◆5月25日(土)~31日(金)20:00
◆6月2日(日)~7日(金)18:00
※6月1日(土)は別プログラムのため休映
◆6月8日(土)~14日(金)20:00
※ゲスト、舞台挨拶の最新情報は公式ホームページをご覧ください

また地方の劇場での公開も続々と決定しています。

映画情報どっとこむ ralph 沈没家族 劇場版

東京・ポレポレ東中野にてロングラン上映中!ほか全国順次公開

公式ホームページ 
http://chinbotsu.com


≪1990年代半ば。様々な若者がひとつの“家”に寄り合い子育てに奮闘した実践的共同保育「沈没家族」
母はどうしてたったひとりでこの“家族”を始めたんだろう?20年の時を経て、おぼろげだった僕の“家族のカタチ”が
見え始めた――≫


加納土監督が武蔵大学在学中の卒業制作として発表したドキュメンタリー映画『沈没家族』は、“家族のカタチ”を捉え直す軽やかな語り口で観客に新鮮な感動を呼び、PFFアワード2017で審査員特別賞、京都国際学生映画祭2017では、観客賞と実写部門グランプリを受賞しました。学生作品ながら、その後も各メディアに取り上げられ、ついに劇場公開。しかも、実際に監督が“沈没家族”として生活した東中野にある映画館「ポレポレ東中野」で公開が決定しました!これも運命的な巡り合わせと言えるのではないでしょうか!?一般公開にあたり、卒制版を再編集してバージョンアップ!さらに音楽を、その卓越した言語感覚とリズムで注目度MAXのバンド「MONO NO AWARE」が担当し、映画の為にあらたに書き下ろした曲「A・I・A・O・U」を提供!格段にスケールアップした『沈没家族【劇場版】』に是非ご注目ください。

≪知らないオトナに育てられ、結果、僕はスクスク育った≫

時はバブル経済崩壊後の1995年。地下鉄サリン事件や阪神淡路大震災が起き、世相がドンドンと暗くなる中、東京は東中野の街の片隅で、とある試みが始まりました。シングルマザーの加納穂子が始めた共同保育「沈没家族」です。ここに集まった保育人たちが一緒に子どもたちの面倒を見ながら共同生活をしていました。そこで育ったボク(監督:加納土)が「ウチってちょっとヘンじゃないかな?」とようやく気づいたのは9歳の頃。やがて大学生になってあらためて思ったのです。ボクが育った「沈没家族」とは何だったのか、“家族”とは何なのかと。当時の保育人たちや一緒に生活した人たちを辿りつつ、母の想い、そして不在だった父の姿を追いかけて、“家族のカタチ”を見つめなおしてゆきます。

***********************************

監督・撮影・編集:加納 土
音楽:MONO NO AWARE
玉置周啓 宣伝:contrail
配給:ノンデライコ
製作:おじゃりやれフィルム
(2018/日本/90分/HD/カラー)
©2018おじゃりやれフィルム・ノンデライコ