「社会派」カテゴリーアーカイブ

五億円稼いでボクは死ぬ。『五億円のじんせい』公開日決定&ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph さまざまな形でエンターテインメントを発信してきたGYAOとアミューズが今後の次世代を担う新たな才能の発掘を目指し、オリジナル映画の企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら作品を完成させるという挑戦的な取り組み「NEW CINEMA PROJECT」。約400本の応募の中から第一回グランプリを受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』。本作が7月20日(土)よりユーロスペース他にて公開することが決定。この度解禁されたポスターは、主人公・望来が躍動的に青空を駆ける姿と「五億円稼いで、ボクは死ぬ」というドキッとするような言葉が組み合わされている、本作を象徴するようなポスター。
映画情報どっとこむ ralph 主人公に抜擢されたのは、撮影時に役柄同様、高校3年生だった望月歩。『ソロモンの偽証』やドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」などに出演し、着実に経験を積んでいる若手実力派の彼にとって、本作が初主演作となる。周囲の期待に応えようとする「いい子」の望来は、家出の中で、ホームレスや、工事現場、添い寝カフェ、死体清掃などの労働を経験し、今まで知らなかった世界を知ることで強くたくましく成長しながらも、汚れることのない魂をもち続ける。そんな望来を望月は、卓越した身体能力を武器に、みずみずしく伸びやかに体現している。

また望来が入院中の小児病棟で慕っていた年上の少女・橘明日香を演じるのは、テレビドラマやCMを始め映画『ミスミソウ』での主演も記憶に新しい山田杏奈。物語のキーとなる全く異なる二役を印象的に演じ分ける。また、本プロジェクトのキャスト部門でグランプリを受賞した兵頭功海、審査員特別賞を受賞した小林ひかりも出演。その他共演者には、日本の映画界を支える個性派&実力派が集結した。望来を愛するシングルマザーの母役に西田尚美、旅に出た望来が出会うクセ者たちに、森岡龍、平田満、松尾諭、水澤紳吾、芦名すみれ、諏訪太朗らが扮している。

主題歌「みらい」を歌うのは、本プロジェクトのミュージシャン部門でグランプリを受賞した広島在住のラッパーZAO。グランプリ受賞曲「夜に溶けて」とは別に本作オリジナルの主題歌「みらい」を描き下ろしている。
 

映画情報どっとこむ ralph 『五億円のじんせい』

7月20日(土)よりユーロスペース他にて公開。
なお本作は3/15(金)より開催される第一回愛媛国際映画祭のコンペティション部門にて上映が決定している。

主人公は幼い頃に、善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。健康に成長し17歳になった望来は、五億円にふさわしい自分であろうとして周囲からの期待を引き受け、マスコミに晒される、窮屈な青春を送っていた。

ある日、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言したところ、見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く。夏休み、望来は家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る。そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていた。

映画情報どっとこむ ralph 【NEW CINEMA PROJECT第二弾始動決定!】

7月企画募集開始予定!!
公式サイトにて第一弾の受賞作品の以下を公開!
・文晟豪(ムン・ソンホ)さん・蛭田直美さん応募の400字詰企画書
・ZAOさんによる「夜に溶けて」自主制作MV

NEW CINEMA PROJECT公式HPURL】


***********************************


監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美
出演:望月歩(「ソロモンの偽証」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」)
山田杏奈 森岡龍 松尾諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり
水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎 / 平田満 西田尚美
主題歌:「みらい」ZAO

製作:畠中達郎 田中祐介 プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤元 協力プロデューサー:盛夏子 諸田創 宮瀬佐知子 助監督:久保朝洋 撮影:田島茂 照明:山田和弥 録音:齋藤泰陽 美術:小坂健太郎 装飾:遠藤善人 スタイリスト:水野遼平 ヘア・メイク:有路涼子 スクリプター:松本月 編集:脇本一美 制作担当:芳野峻大 音楽:谷口尚久
制作プロダクション:オフィス・シロウズ 宣伝:ミラクルヴォイス 配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
2019年/日本/112分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル 
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT
  


ミラノが泣いた!寺田心xジャッキー・ウー監督「ばあばは、だいじょうぶ」国際映画祭受賞で公開決定


映画情報どっとこむ ralph ミラノが泣いた!国際映画祭受賞を受けて緊急公開決定!!!

「ばあばは、だいじょうぶ」

5月10日(金)全国イオンシネマにて一斉公開決定!

2017年、鈴木紗理奈にスペインのマドリード国際映画祭最優秀外国映画主演女優賞をもたらした『キセキの葉書』のジャッキー・ウー監督が贈る新たな感動作。
ジャッキー・ウー

認知症になってしまった大好きなおばあちゃんの姿を、小学生の男の子の視点から描く。2018年12月、イタリアで開催された「ミラノ国際映画祭」では最年少主演男優賞賞(寺田心)、最優秀監督賞(ジャッキー・ウー)のW受賞を成し遂げました。

映画情報どっとこむ ralph 原作は、10万部のベストセラー絵本「ばあばは、だいじょうぶ」(原作:楠章子/挿絵:いしいつとむ)。

ばあば役は60年以上のキャリアを持つ冨士眞奈美、翼役は「TOTO」のCMなどが話題を呼んだ天才子役・寺田心。
さらには映画、ドラマ、バラエティーと幅広く活躍する平泉成が認知症の妻を持つ老人役で脇を固める。
映画情報どっとこむ ralph ミラノを熱狂させた、小さな家族に起こった小さな“事件”がこの春、日本に大きな感動を巻き起こす。

「ばあばは、だいじょうぶ」

5/10(金)より、全国イオンシネマでの公開が決定しました! (一部劇場を除く) 

<STORY>
ちょっと弱虫な小学生の翼は、喜寿を迎えたばあばが大好き。くじけそうになると、ばあばは、必ず「だいじょうぶだよ」と言ってくれる。そんな優しい、ばあばが「わすれてしまう病気」になって、突然、いなくなってしまった……。
***********************************


冨士眞奈美  寺田 心 /平泉成
松田陽子・内田裕也/土屋貴子・久保寺淳・小暮智美
金内真弓・金島清史・真上沙剣・板倉佳司

原作:楠 章子「ばあばは、だいじょうぶ」(童心社刊)
監督:ジャッキー・ウー 企画・プロデュース:新田博邦 

脚本:仁瀬由深
音楽:田中和音 撮影監督・編集:小美野昌史
プロデューサー:田中佐知彦  ゼネラル・プロデューサー:いとうなな

照明:淡路俊之
助監督:田中麻子
仕上げ:荷田一隆 整音:松本能紀
効果:藤田昌宏 衣装;石橋万理 メイク:井川成子

協力:アンテーヌ/グリーンランド/ジョビィキッズ 企画協力:童心社
配給:イオンエンターテイメント/エレファントハウス 

企画・制作:ミューズ・プランニング
製作:グローバルジャパン
医学監修:杉山孝博 (公益法人「認知症の人と家族の会」)
2018/日本/カラー/98分  
©2018「ばあばは、だいじょうぶ」製作委員会


漫画家 藤栄道彦先生&竹内絢香先生による『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』イラストコメント到着


映画情報どっとこむ ralph 激動の 16 世紀英国を生きたふたりの女王を演じる『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』3月15日(金)、TOHO シネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国公開。


ついに今週末公開の本作に、漫画家藤栄道彦 さんと竹内絢香さんよりイラストコメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph 「最後のレストラン」の作者・藤栄道彦 田辺誠一主演でドラマ化もされたグルメコメディ漫画「最後のレストラン」。
その第 22 話にメアリー・スチュ アートが登場。

漫画では死の直前、44 歳のメアリーが描かれているが、到着したイラストでは本作のシアーシャ・ ローナン版メアリー(20 代)が描かれている。青い瞳と青いドレスのメアリーは映画にそっくり!「若者達の性と愛 憎」「社会という大きな壁の前に敗北する青春ドラマ」と、電気&歴史ドラマに囚われない、人間ドラマ的面白 さのコメントを頂きました!
そして、ただならぬ印象を残す右下のエリザベスⅠ世のイラストにもご注目!「明石家さんまの扮装を思い出して吹いてしまいました」…。パーデンネンを分かる世代の方、見逃し厳禁です!!
映画情報どっとこむ ralph 「探偵シナイ~undetective~」の作者・竹内絢香
そんな竹内のイラストでは女王ふたりに加えてに、熱狂的なファンを持つジャック・ロウデン演じるダ ーンリー卿や、メアリーの侍女たち脇役にも愛情あふれるコメントが!「めちゃくちゃ抉ってくる」 「(メアリー・スチュアートについて)これは好きにならざるを得ない」「強くて聡明で美しくて最強な のに。幸せから遠い…」と歴史に詳しくなくてもメアリーに夢中になる理由も!さらに「国王であるた めに女を捨てたってだけで苦しいのに、女であることから逃れられない彼女…ラストに泣いてしま った」とエリザベスにも思いを馳せる。
映画情報どっとこむ ralph 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

公式HP:
www.2queens.jp

Twitter:
@2QUEENSjp


【STORY】

《メアリー・スチュアート×エリザベス1世》 ――女王は私ひとりだけ

本作は、スコットランド女王メアリー・スチュアートとイングランド女王エリザベス1世の波乱に満ちた人生を描く。生後すぐにスコットランド女王、16歳でフランス王妃となった
メアリー・スチュアートは、未亡人となった18 歳にスコットランドへ帰国し王位に戻る。
さらに、メアリーは隣国イングランドの王位継承権を主張、エリザベス1世の権力を脅かす。
恋愛、結婚、出産を経験し、若く美しく自信にあふれたメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。
誰よりも理解し合えたはずの孤独な若き女王たちは、従姉妹でありながら恐れ合い、それぞれ陰謀渦巻く宮廷の中で運命に翻弄され戦うのだった……。





***********************************


出演:シアーシャ・ローナン マーゴット・ロビー
ジャック・ロウデン ジョー・アルウィン ジェンマ・チャン マーティン・コムストン
イスマエル・クルス・コルドバ ブレンダン・コイル イアン・ハート エイドリアン・レスター
ジェームズ・マッカードル デヴィッド・テナント ガイ・ピアース

監督:ジョージー・ルーク 
脚本:ボー・ウィリモン 
音楽:マックス・リヒター
2018年/イギリス/124分 ユニバーサル作品 
配給:ビターズ・エンド、パルコ
(c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


松本優作監督作品『Noise ノイズ』5月に米国劇場公開決定!


映画情報どっとこむ ralph Twitterに寄せられる感動の声は「救い」「闇の中の光」

松本優作監督初監督が篠崎こころx鈴木宏侑x安城うららで綴る映画『Noise ノイズ』米国での劇場公開が決定しました。

モントリオール世界映画祭でインターナショナル上映後、レインダンス映画祭で著名な映画ブロガーから日本映画ベスト1やアジア映画ベスト4を獲得してきた本作。4月にはチェコ共和国、5月には米国での劇場公開も決定し、世界に大きな一歩を踏み出しました。
国内では、本作を観た観客から感動の声がTwitterに投稿され、テアトル新宿では聴覚障がい者と健聴者が一緒に観る「『Noise』x「Ontenna」」上映が決定、京都・神戸の初日と福岡での上映も決定しています。

映画情報どっとこむ ralph 米国でも劇場公開決定

米国・劇場上映

5月 スペクタクル・シアター/ニューヨークSpectacle Theater

5月 ロキシー・シネマ/サンフランシスコRoxie Cinema

映画祭・上映会
4月 ナッシュビル日本映画祭/テネシー
4月 チェコ共和国・上映会


日本公開
東京 テアトル新宿 上映中
3/13(水)オンテナ上映
3/14(木)トーク:末井昭(編集者・作家)x松本優作(監督)

3月29日(金)〜
大阪 シネ・リーブル梅田
3/29(金) 初日舞台挨拶:松本優作(監督)

3月30日(土)〜
名古屋 シネマスコーレ
3/30(土) 初日舞台挨拶:松本優作(監督)

3月30日(土)〜
博多 KBCシネマ

4月6日(土)〜
京都 出町座
4/6(土) 初日舞台挨拶:松本優作(監督)

4月6日(土)〜
神戸 元町映画館
4/7(日) 2日目舞台挨拶:松本優作(監督)


長野 松本CINEMAセレクト

映画情報どっとこむ ralph 松本優作が15歳で体感した二つの解釈不能な状況ー中学時代の親友の自殺と2008年6月8日の秋葉原無差別殺傷事件ーから作った、
人類史上最も凄惨な今を生きる世界の若者たちから圧倒的支持を獲得する同時代映画。

映画『Noise ノイズ』テアトル新宿にて絶賛公開中!


公式サイト:
https://noise-movie.com/

公式TW:
https://twitter.com/noise_eiga2015

物語・・・
事件で母を亡くした少女は、強圧的な無職の父と暮らしながら地下アイドルのライブで歌う。アルバイトで暮らす青年は、母親が借りた闇金からの取立てに家を追われボイスレコーダーに収録した憤りを公衆電話を使って吐きだす。制服のまま少女は、仕事と家庭内介護に疲れた父の家から飛びだす。絶望の中に生きる若者たちと大人たちが見たものとは…。

***********************************

主演:
篠崎こころ、鈴木宏侑、安城うらら

出演:
小橋賢児、仁科貴、布施博、岸建太朗、來河侑希、川崎桜、日向すず、真中のぞみ

2018|日本|カラー|スコープ|DCP|3.0ch|115分
配給:マコトヤ
  
©「Noise」製作委員会


本田翼が松坂桃李の妻役に!『新聞記者』キャスト情報解禁!コメントも到着


映画情報どっとこむ ralph 6月28 日より公開される、一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問い かける衝撃作『新聞記者』。

本作は、東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』 を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリー。

主演は、新聞記者の吉岡エリカ役を演じるシム・ウンギョンと、内閣特別調査室に務める若き官僚・杉原 拓海を演じる松坂桃李。

この度、彼らの脇を固めるキャスト情報が解禁となりました。
映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李さん演じる杉原の妻・奈津美役に、映画、テレビドラマと近年、女優としての活躍 が目覚ましい本田翼さん。松坂桃李さんとは初共演。

本田翼さんからのコメント
女優として成長著しい本田さんにこの難役をやっていただくことで想像し得ない時間が生まれるという確信がありました。 彼女の持っている母性と才能が発揮された瞬間が切りとれて、『新聞記者』という映画により深みをもたせてくれたと思います。


吉岡(シム・ウンギョン)の同僚の新聞記者・ 倉持大輔役に、主演作はもちろん数多くの作品で印象を残す注目の若手俳優、岡山天音さん。

岡山天音さんからのコメント
彼の出演する作品を見ていて、一つ一つの芝居において、常に一石を投じようとする俳優としての姿勢を感じ、 この映画の持つメッセージ性を豊かにしてくれると思いました。


杉原の元 上司で内閣府に勤務する神崎俊尚役に、近年の日本映画の良作にこの人ありの高橋和也さん。

高橋和也さんからのコメント
「優しい人」の代名詞である役柄を演じていただく上で、その説得力と存在感がなければならなかった。 そういう意味において高橋さんはぴったりだと思いました。

その妻・ 伸子役に着実な演技で幅広い役柄を演じる西田尚美さん。

西田尚美さんからのコメント
明と暗を演じ分ける演技力がこの配役には必要だった。とりわけ切ない運命を背負ってしまった妻を演じていただく上で 普遍的に愛される女優である西田さんしか浮かばなかった。

さらに、吉岡の上司、社会部デスクの陣野和 正役に北村有起哉さん。

北村有起哉さんからのコメント
主人公の上司であり、かつ、新聞記者というプロフェッショナルな職業を演じて頂くため繊細な芝居が要求される難役。 変幻自在に芝居を操る北村さんの存在感を持ってすれば、この難役は演じていただけると思った。

杉原の上司で内閣参事官の多田智也役に田中哲司さんが出演。

田中哲司さんからのコメント
多田という配役は、人間の持っている「怖さ」を象徴すべき存在であり、物語の軸を担う存在でもある。 数々のキャリアを積まれ、静けさの中に迫力のある演技をされる田中哲司さんなら、多田という役を膨らませてくださると考えた。

信念にまっすぐな二人の前にそれぞれ立ちふさがる壁として、中間管理職をベテランならではの味わいで演じています。

映画情報どっとこむ ralph 個性豊かな実力派俳優が揃い、新聞社と内閣特別調査室、それぞれに於いて、気の抜けない緊張感が続く 物語に、より一層の深みを与えている本作。

新聞記者

公式:
shimbunkisha.jp

6月28日 ( 金 ) 全国公開 !!
***********************************

シム・ウンギョン 松坂桃李
本田翼 岡山天音 郭智博 長田成哉 宮野陽名 / 高橋努 西田尚美 高橋和也 / 北村有起哉 田中哲司

監督:藤井道人『デイアンドナイト』

脚本:詩森ろば 高石明彦 藤井道人 音楽:岩代太郎 原案:望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊) 河村光庸 企画・製作:河村光庸
エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸 岡本東郎
プロデューサー:高石明彦 製作幹事:VAP
制作プロダクション:The icon
宣伝:KICCORIT
制作:スターサンズ
配給:スターサンズ イオンエンターテイメント
製作:2019『新聞記者』フィルムパートナーズ