「特撮」カテゴリーアーカイブ

『シン・ゴジラ』が早くも地上波!11月12日初放送


映画情報どっとこむ ralph 『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明監督の大ヒット作『シン・ゴジラ』テレビ朝日で早くも2017年11月12日(日)よる9:00より地上波初放送決定!

日本のみならず米ハリウッドでも映画化され、いまや世界的怪獣キャラクターとなった “ゴジラ”を復活させ、歴史的な大ヒットを記録。『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明が脚本と総監督を担当、『のぼうの城』、『進撃の巨人』の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、300名を超える豪華キャストが集結した超大作を地上波として初放送!
テレビ朝日は、2005年8月14日の『GODZILLA』(1998年)以来のゴジラ映画放送となる今回。
偶然にも、『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)以来、日本製作としては 12 年ぶりとなったゴジラ映画を、12 年ぶりにテレビ朝日で放送する運びとなりました。 この秋、六本木にゴジラの咆哮が轟きます!

映画情報どっとこむ ralph 今回、12年ぶりのゴジラシリーズ放送となる11月は、ゴジラの誕生月でもあります。 11月17日(金)には、ゴジラ映画史上初となるアニメーション映画作品、『GODZILLA 怪獣惑星』が公開されるなど、ゴジラムーブメントが過熱するタイミングに、テレビ朝日では様々な「ゴジラ」とのコラボレーションを展開。六本木のテレビ朝日本社でも「シン・ ゴジラ」の地上波デビューを記念した展示を予定しているほか、テレビ朝日の人気番 組と連動し、地上波に留まらないスケールでお茶の間にゴジラの魅力をお届けします。

11月12日(日)のゴジラ襲来。ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 初のフルCGで大迫力のゴジラを実現!

史上最大となる体長118.5メートルのス ケールはもちろん、国内シリーズ初のフル CG でゴジラを表現。
想像をはるかに超える 最強の完全生物として見るものを恐怖に陥れます。 さらに斬新だったのは「現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向 かうのか?」という壮大なテーマ。

ゴジラが東京に上陸、そのリアリティを限界まで追求 した映像はまるでドキュメンタリーとも思えるような仕上がりとなっています。

“怪獣映画”というジャンルにとらわれない、壮大なスケールの“人間ドラマ”を描き上 げるために集結したのは、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみら日本を代表する演技 派俳優陣。

その数、なんと328名!次から次へと現れる俳優たちの白熱の演技に見る 者は心を奪われていきます。

物語・・・
東京湾・羽田沖。
突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻 き込まれ崩落する。事故の原因は不明。首相官邸では大河内総理大臣(大杉漣)ら閣 僚による緊急会議が開かれる。「崩落の原因は地震や海底火山」という意見が大勢を 占める中、内閣官房副長官・矢口(長谷川博己)だけは、海中に棲む巨大生物による 可能性を指摘する。内閣総理大臣補佐官・赤坂(竹野内豊)らは議論に値しないもの と黙殺するが、直後に海上に巨大不明生物の姿が発見される。 騒然となる政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は上陸。次々 と街を破壊し、日本は壊滅へと突き進んでいく。 緊急対策本部を設置した政府は、自衛隊にも防衛出動命令を発動。さらに米国大 統領特使としてカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)が派遣され、世界も注視し始め る。 巨大生物の正体は何なのか、その生態は、そしてどのようにして倒すべきなのか? 日本を守るための矢口らの長い長い戦いが幕を開けた 。

***********************************

脚本・編集・総監督:庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣
准監督・特技統括:尾上克郎
音楽:鷺巣詩郎
製作・配給:東宝株式会社

キャスト
矢口蘭堂(内閣官房副長官)長谷川博己
赤坂秀樹(内閣総理大臣補佐官)竹野内豊
カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使)石原さとみ
志村祐介(内閣官房副長官秘書官)高良健吾
泉修一(保守第一党政調副会長)松尾 諭
尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課課長補佐) 市川実日子
花森麗子(防衛大臣) 余貴美子
財前正夫(統合幕僚長) 國村 隼
里見祐介(農林水産大臣)平泉 成
東竜太(内閣官房長官)柄本 明
大河内清次(内閣総理大臣)大杉 漣 ほか


ゴジラグッズショップ常設店「ゴジラ・ストア Tokyo」オープンは10月30日


映画情報どっとこむ ralph 東宝株式会社と株式会社丸井グループは新宿マルイ アネックスに、世界で初めてとなる公式のゴジラグッズショップ常設店「ゴジラ・ストア Tokyo」を2017年10月30日(月)にオープンします。

東宝は、昨年11月に初となるオフィシャルECサイト「ゴジラ・ストア」(http://godzilla.store)をオープンし、好評を博し、昨年より、丸井グループとの取り組みにより、新宿マルイ アネックス、なんばマルイなどで、期間限定の「ゴジラ・ストア」 を開催し、多くのお客様にご来店頂きました。

兼ねてより東宝、丸井グループで常設店オープンを目指し準備してきたものが遂にオープンへ。
ゴジラ・ストア Tokyo 完成予定図


第1作の『ゴジラ』(1954)が公開されてから63年。

現在までに国内で計29作品が製作され、昨年7月に公開致しました第 29作目となる『シン・ゴジラ』で、シリーズ累計観客動員数は1億人を突破、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成致しました。また、11月17日(金)には、初となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の公開も控え、ますます注目を集めているゴジラ。


映画情報どっとこむ ralph 「ゴジラ・ストア Tokyo」がオープンする新宿マルイ アネックスのある新宿は、ゴジラが新宿区の観光特使を務めていることなどか ら、非常に馴染みが深く、歌舞伎町には2015年4月に実物大のゴジラの頭部、通称「ゴジラ・ヘッド」のオブジェも設立しました。 歌舞伎町と新宿三丁目にゴジラの拠点を置くことで、広く新宿エリアからゴジラを世界に発信したいという思いでこの場所にオープ ンをすることにしました。

今回のオープンに当たってはファンの皆さんに喜んでいただける限定商品や、インバウンド需要も見込んだお土産品、フィギュアや 雑貨、アパレルなど約500種類の商品を展開いたします。また、「ゴジラ・ストアTokyo」でしか買えない限定商品も準備中でござ います。是非ご期待ください。

シン・ゴジラ Tシャツ
¥3,240 (税込)

ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016 ゴジラ・ストア限定ver.
¥2,500(税込)

おちょこ 全4種
各¥650(税込)

映画情報どっとこむ ralph 東宝株式会社 映像本部 映像事業担当兼チーフ・ゴジラ・オフィサー 大田圭二さん コメント

今年5月にチーフ・ゴジラ・オフィサー(CGO)に就任致しました。CGOはゴジラに関する全ての案件、情報を集約して、ゴジラ のキャラクターを守り、大きくするため、中長期的に戦略を立て、実行する、ゴジラに関する全ての窓口の責任者です。 今回、そのゴジラの戦略の一貫として、「ゴジラ・ストア Tokyo」を10月30日にオープンします。東宝が直営で行う、少し大 げさな言い方ですが“世界初”となる、東宝公式、公認のゴジラのリアルショップとなります。非常にワクワク、ドキドキする気持ちもあ り、いよいよ実現できる喜びで満ち溢れております。 「ゴジラ・ストア Tokyo」から、常に新しいゴジラの情報を発信し、ホームとしてこのストアを機能させ、老若男女、日本人、外国 人、あらゆる世代の方々に愛されるショップ、そして進化し続けるショップに育てて行ければと思っております。 是非ご期待下さい。

TM&©TOHO CO., LTD.

***********************************



『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』全国公開日決定!特報映像到着!


映画情報どっとこむ ralph この世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う、魔戒騎士たちの姿を描いてきた牙狼<GARO>シリーズ。

2013年、TVシリーズ『牙狼<GARO>~闇を照らす者~』。2015年、劇場版&TVシリーズ『牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔』。そして2018年、道外流牙の物語はまだまだ終わらない。道外流牙シリーズ最新作『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』が2018年1月6日(土)より、新宿バルト9ほかにて全国公開が決定。

この度解禁となった特報映像では、想像を遥かに超越した新次元のアクションシーンが映し出され、「~闇を照らす者~」「-GOLD STORM-翔」のメンバーが再集結した最強の布陣による、道外流牙シリーズの集大成感が満載なものとなっています!


映画情報どっとこむ ralph 本作の最大の見所は、流牙・猛竜・哀空吏の3騎士と、復活を遂げた宿敵・ジンガの戦い。

すでに発表された栗山航さん、池田純矢さん、青木玄徳さん、井上正大さん以外にも、「-GOLD STORM-翔」から

南里美希さん、
桑江咲菜さん、
松野井雅さん、
脇崎智史さん、小松もかさん、

黒木桃子さん、そして泉谷しげるさん

も出演することが明らかとなった。

南里さん:今回で4作目で、全ての集大成。それぞれの良さがミックスされた作品になっていると思う」と作品の出来に自信を覗かせる。

泉谷さん:銀残しって方法で撮影していて幻想的な映像になってるし、余りのスケールにこれはすごいと思ったよ。

桑江さん:リュメとしては個人的にD・リンゴとユキヒメとようやく出会えたのが嬉しい。

と語り、どんな物語が展開するのか楽しみです!


映画情報どっとこむ ralph
そして、この度本作の映画主題歌をJAM Projectが担当することが発表された。

オープニング主題歌「神ノ牙〜The Fang of Apocalypse〜」は、10月18日(水)発売のオリジナルアルバム『TOKYO DIVE』に収録される。

ガロの称号を持つ黄金騎士・道外流牙に、魔戒騎士の鎧が奪われる事件の事実究明の指令が下る。その事件に、かつての仲間だった蛇崩猛竜・楠神哀空吏が関与しているという。

更に流牙たちの前に現れたのは、倒したはずの最凶ホラー・ジンガだった。流牙、猛竜、哀空吏、そしてジンガ。宿命の再会を果たす時、再び闇を照らせ、黄金騎士ガロ!


そして!

今年で30回という節目となる東京国際映画祭2017にて特別招待作品として上映されることが発表された。

牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』は、2018年1月6日より、新宿バルト9ほか全国ロードショー。
KAMINOKIBA

***********************************

原作・監督:雨宮慶太
アクション監督:横山誠

出演:栗山航、池田純矢、青木玄徳、井上正大、南里美希、桑江咲菜、松野井雅、脇崎智史、小松もか、黒木桃子 / 泉谷しげる

特別協力:サンセイアールアンドディ
制作:東北新社/オムニバスジャパン
製作:東北新社
(c)2017「神ノ牙」雨宮慶太/東北新社
      


大東駿介 x 渡部秀 シルバー仮面&レッドバロン共演『BRAVE STORMブレイブストーム』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 「シルバー仮面」と「レッドバロン」が1つのスクリーンで共演するSFアクション映画『BRAVE STORMブレイブストーム』の初日が11月10日(金)に決定しました。それに伴い、本作でW主演となる大東駿介、渡部秀の場面写真が解禁となります。

これまでに解禁されている素材は特撮ファン向けのものでしたが

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となったのはW主演の2人に焦点をあてた場面写真です。

物語で未来から地球を守るためにやってきた春日5兄弟の次男を演じている大東駿介は、強化スーツをみにまといシルバー仮面となって活躍。

今回解禁された場面写真では、過酷な戦いを思わせる2点が選ばれ、
一方現代でロボット工学者 紅健一郎の弟で血気盛んなボクサー紅健を演じる渡部秀は、レッドバロンの操縦席に座った1枚と
ボクサーとしてのシーンから1枚が解禁された。
更に、W主演の2人が熱い視線を交わす1枚も唯一の2ショット写真として解禁されました。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
2050年、地球人類は滅亡していた。―極わずかに残された人類の中、春日5人兄弟【大東駿介、山本千尋、タモト清嵐、壇蜜、春日光一】は 過去に時間移動し、侵略者 キルギス星人 を 地球侵略開始前に抹殺することを計画。
奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データ。そして、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツシルバー“3つの力を手に、2015年の過去へ移動する。
過去へ到着した兄弟達は、ロボット工学者 紅健一郎【吉沢悠】へ接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。紅健一郎はロボット製作を同意するが、一つの条件があった。健一郎の弟 血気盛んなボクサー 紅 健【渡部秀】は、望むこと無く レッドバロン操縦者 として地球存亡のカギを握る壮絶な戦いに巻き込まれてゆく。
エイリアン VS 強化人間、巨大ロボット VS 巨大ロボット、


東京を舞台に、壮絶なバトルが11月10日(金)TOHOシネマズ上野 他全国で開始!

***********************************

出演:大東駿介 渡部秀
山本千尋 タモト清嵐 春日光一 壇蜜 松崎悠希 藤田富
泉谷しげる 寺脇康文 吉沢悠   
プロデューサー・脚本・編集・監督:岡部淳也 
エグゼクティブ・プロデューサー :村田修一 
原作:宣弘社  
脚本協力:北村龍平 
VFXプロデューサー:桑原 崇 
VFXディレクター:子安 肇 
特殊造形:高橋勇也 
製作:株式会社ブラスト 
配給:プレシディオ  
上映時間:84分
(c)albatross japan 
       


辛酸なめ子 アン・ハサウェイ『シンクロナイズドモンスター』を したコメ で語った!


映画情報どっとこむ ralph ハリウッドを代表する人気女優アン・ハサウェイ主演最新作『シンクロナイズドモンスター』が11/3(金)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開となります。

この度、「第10回したまちコメディ映画祭in台東」にて特別招待作品として上映され、コラムニストの辛酸なめ子さんを迎え、トークショーが行われました。

第10回したまちコメディ映画祭in台東
日付:9月17日
会場:東京国立博物館 平成館 
登壇:辛酸なめ子、MCコトブキツカサ

映画情報どっとこむ ralph 映画は怪獣バトルとダメウーマンの成長という対極にある物語が、見事にシンクロしたセカイ系バトル・エンターテインメント!

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)は、失業してから毎晩酒に酔って暴走し、同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出されるダメウーマン。家も仕事も彼氏も失ったグロリアは、生まれ故郷の小さな田舎町に戻り、そこで再会した幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことに。グロリアが新生活への一歩を踏み出す中、韓国・ソウルで突如巨大な怪獣が現れたという衝撃のニュースが世界を駆け巡る。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」。舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

映画を観た辛酸さんは

辛酸さん:壮大さとちっぽけさが両方あるっていう凄い不思議な作品で観終わった後充実感がありましたね。あと怪獣の形が凄いエロいというか、怪獣としてすごくかわいくて、メスとしてウエストがくびれていたりとか、生殖器はどうなっているんだろうと思いながら観ていました。かわいかった。

と本作でアン・ハサウェイのとシンクロする怪獣への独特なお気に入りポイントに笑いが起こった。
辛酸さん:彼女は昔から嫌われていたりバッシングされているようですが、その今まで言われてきたうざさを利用してダメ女っぽく演じて親近感を感じさせたのかなと感じました。好感度があがった。アン・ハサウェイ好感度アップムービーですね。

とダメウーマンを体当たりで演じたアン・ハサウェイの魅力を語ると、MCのコトブキツカサさんが

MC:脚本を読んでグロリアは自分の本質的なキャラクターと私は似ている。グロリアと言う役は私がやりたい、私が映画化するといって製作にも入った。『レ・ミゼラブル』でオスカー獲ったのに今度はこんな役をするなんて、その振り幅は評価に値する。

と大絶賛すると、

辛酸さん:新たな道が開拓されましたよね。

とうなずいた。

映画情報どっとこむ ralph
本作の大きな見所の怪獣とのシンクロについて

辛酸さん:人は生きていて人体は小宇宙、宇宙と繋がっていると言われているじゃないですか、もしかしたら自分が絶望したり怒ったりしたものが宇宙で反映されているかもしれない。だから自分のちょっとした行動が影響を与えているかもしれないということで、共感を生み出し、それが爽快感につながっていく作品。

と自身が好きだという宇宙を引き合いに出した独自の見解を披露。

さらに

辛酸さん:最初に出会うオスカーは関わらない方がいい男性だけど、仕事が無かったり彼氏とケンカしたりして正常じゃない状況。Gジャンに襟付きボアで現れたオスカーにこれはやばいんじゃないか、襟付きボアのついたGジャンって。。元々はおしゃれなニューヨークに住んでたグロリアは都会的な感覚があるはず、だから過度にダサい服を着た人間はちょっと危険だと気づくべきなんじゃないかと。

とオスカーの服装について言及すると

MC:それは偏見です(笑)

と突っ込まれる一幕に会場は盛り上がった。

忘れっぽ過ぎるキャラクターのグロリアだが

辛酸さん:その一因というのが、ただお酒に酔っているからだけではなく、怪獣のほうに自分の念願を飛ばしてしまっているのかと、念を飛ばす人はその間ぼーっとしている。知り合いが霊能者に恨まれていて、霊能者が寝てる時間は何も起きないですけど、起きている時間に具合悪くなったり免疫力を下げるようなことをされたと。

面白エピソードに絡めたキャラクター分析でお客さんを驚かせた。

MC:いい意味での安っぽさジャンキーさはあるんだけれど、物語が進むにつれ壮大になってきて、ニュース映像とかドキドキするくらい。

と見所を話すとそれに同意。

辛酸さん:(ニュース映像)あれが日本だったらもっと良かった。逃げる人の中に芦田茉菜ちゃんとかいてほしかった。まんま『パシフィック・リム』ですよね。

と突っ込まれ笑いを誘った。

辛酸さん:B級の良さみたいな、人間のダメな部分を肯定するような作品でもあるんだけれど、やっぱり最後のBarに入ってまたお酒にはまっちゃうのかなと感じさせるのも面白かった。

とどっちに転ぶかわからないエンディングもお気に入りだそうだ。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

辛酸さん:アン・ハサウェイのこれまでの作品も拝見して、本作は率直な彼女の本質が出ている映画ですし、嫌な奴は投げっちゃっていいんだと、我慢しなくていいんだというメッセージを感じました。最近煩悩が暴走してしまっているようなおかしな女性のニュースばっかりじゃないですか、狂暴になってしまったり、グロリアのように自分の中の苛立ちとかそういうのを怪獣に変える、インナー怪獣みたいなものを具現化するとフラストレーションが解消されるという希望も感じましたね。

と締めくくり、終始笑いの絶えないトークイベントは幕を閉じた。

シンクロナイズドモンスター
原題:COLOSSAL
11/3(金)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

公式HP: synchronized-monster.com

職ナシ、家ナシ、彼氏ナシ。酒に溺れて失敗ばかりのグロリアは、ニューヨークから故郷の田舎町へと逃げ帰る。時を同じくして、韓国ソウルに突如巨大な怪獣が襲来!その怪獣の動作は、なぜか遥か遠く離れたグロリアとシンクロしていた―。さらに謎の巨大ロボットまで出現し、事態はさらなる混乱へと陥る。世界の運命は、酔っ払いのダメウーマンに託されたー

***********************************

出演:アン・ハサウェイ、ジェイソン・サダイキス、ダン・スティーヴンス、オースティン・ストウェル、ティム・ブレイク・ネルソン/
監督・脚本:ナチョ・ビガロンド  2016年/カナダ/英語/110分/シネマスコープ/5.1ch/字幕:仙野陽子/
提供:ニューセレクト、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
配給:アルバトロス・フィルム
©2016 COLOSSAL MOVIE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.