「特撮」カテゴリーアーカイブ

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 スペインプレミアイベントレポ&来日が決定!


映画情報どっとこむ ralph 2015年に公開した『ジュラシック・ワールド』。全世界のトータル興行収入は16億7000万ドルを突破、日本でも2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”となるメガ・ヒットを記録しました!そして2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)にいよいよ日本上陸を果たします!

この度、現地時間5月21日(月)に、監督の出身地・スペインのマドリッドにある、スペイン最大の競技場 “WiZink center”で盛大なプレミアイベントを開催いたしました!!!
会場には主人公のオーウェンを演じたクリス・プラット、クレアを演じたブライス・ダラス・ハワード、本作で監督を務めたJ・A・バヨナほか、といった錚々たる豪華キャスト陣が一堂に会し、25周年という記念すべき年に公開を迎える最新作への熱い想いや、本作ならではの見どころなどをたっぷりと語っていただきました!大雨の中、会場には熱狂的なファンが大勢駆けつけ、すっかり圧倒されたクリスも「こんな大雨の中、どこへも行かずに待っていてくれてありがとう!」と冗談まじりにコメント!本作のプロモーション・ツアーの幕開けを飾るにふさわしい大盛況のイベントとなりました!
さらに、本作の公開を記念して、プロモーションの最終地として、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、J・A・バヨナ(監督)、コリン・トレボロウ(脚本・製作総指揮)が来日することが決定しました!!!

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』スペインプレミア概要
実施日時(現地時間):5月21日(月)
場所: スペイン マドリッド WiZink center
来場ゲスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、J・A・バヨナ監督 他

映画情報どっとこむ ralph J・A・バヨナ監督の祖国スペイン、マドリッドを皮切りに、本作のプロモーション・ツアーの幕が上がるということもあり、豪華キャスト陣の登場を一目見ようと、熱狂的なファンとマスコミ陣で大賑わいのイベント会場。豪華な装飾で彩られた会場ではオーケストラによる生演奏が鳴り響くと、まるで映画のなかに飛び込んだかのよう世界観に観客も大興奮!!!
いまかいまかとイベントのスタートを待ちわびていると、遂に主人公のオーウェンを演じたクリス・プラット、元<ジュラシック・ワールド>の運営責任者で本作では恐竜保護グループを立ち上げるクレアを演じたブライス・ダラス・ハワード、初参戦となる本シリーズで監督に大抜擢されたハリウッド注目の鬼才J・A・バヨナが華々しく登場し、いよいよ会場のボルテージはMAXに!!!

会場のファンたちは豪華キャスト陣を目の当たりにし喜びを隠せない様子で、次々にサインやセルフィーを求めます。また突然の大雨が降りだすも、クリス、ブライス、監督達も快くファンサービスに答えていきました!

映画情報どっとこむ ralph イタリアのブランドISAIAのスーツを身に纏ったクリスはマスコミの前へ颯爽と登場すると、お祭り騒ぎのような会場に興奮した様子で

クリス:僕らやJ・Aバヨナ、スティーヴン・スピルバーグを応援してくれてありがとう!そしてマドリッドのみんな、“ジュラシック・ワールド”へようこそ!」

とコメント。そして

クリス:こんな象徴的な作品シリーズに加わることができて興奮しているよ。25周年という僕が俳優になる以前からある伝説的な作品を皆さんに届けることができて本当に幸せだね!そして僕の一番のお気に入りはヴエロキラプトルだよ!

と本作への自信とファンへの感謝の気持ちを語った。

スペインの情熱感溢れるAlmaGitanaのドレスを艶やかに着飾るブライスは

ブライス:アニマトロニクス技術で動く恐竜たちと働くのは楽しかったわ!まさに本物の恐竜たちみたいだった!(ヴェロキラプトルの)ブルーがお気に入りよ。主人公のオーウェンと僅差だけど、ブルーの方が好き(笑)!

と、撮影を振り返りました。

また監督を務めたJ・A・バヨナは

バヨナ監督:歴史的な作品を未知の領域に進めていくのはとても面白かった。“ジュラシック”シリーズに皆さんが期待しているものと、予想外の要素のバランスをとるのはとても興味深かったよ!

と、世界初の観客でもあるスペインのファンに監督自ら本作を紹介しました。

さらに会場には特別にレゴ®で制作された主人公オーウェンの相棒・恐竜ブルーといった恐竜達も設置されており、まるでお祭り騒ぎのような盛大なプレミアイベントに、キャスト陣も大きく圧倒されながらも大満足の様子で会場を後にしました。

世界的特大ヒットを飾ったシリーズ最新作のプロモーション・ツアー幕開けを飾るにふさわしい大盛況のイベントとなりました!

映画情報どっとこむ ralph プロモーションの最終地として、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、J・A・バヨナ(監督)、コリン・トレボロウ(脚本・製作総指揮)が来日することが決定!!!
前作でスケジュールの都合により惜しくも来日が叶わなかったクリス・プラットは昨年の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』以来、2年連続となる来日が実現!そしてブライス・ダラス・ハワードは『ジュラシック・ワールド』以来約3年ぶり、『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴア賞9部門を受賞したハリウッド注目の鬼才J・A・バヨナは『永遠のこどもたち』以来約10年ぶり、前作の監督であり、本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウは、『ジュラシック・ワールド』以来約3年ぶりの来日を果たす事となります。

4人は6月27日(水)に開催されるジャパン・プレミアに出席予定。今回行われたスペインプレミアにはじまり、プロモーション・ツアー最終地となるここ日本を『ジュラシック』一色に染め上げます!!

なお5月25日(金)の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)では、シリーズ2作目『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』がいよいよOA!さらに『ジュラシック・パークIII』/『ジュラシック・ワールド』も、この夏OA決定!!!ますます盛り上げりをみせる本作の続報に是非ご期待下さい!! 

詳細:https://kinro.jointv.jp/

ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける!

7月13日(金)全国超拡大ロードショー!

公式サイト:
http://www.jurassicworld.jp/

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ 
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ 
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures


「ハリー・ポッター」の実写スタンプが、遂にLINEスタンプに初登場!!


映画情報どっとこむ ralph ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」(http://line.me)の「スタンプショップ」において、「毎日魔法!ハリー・ポッター」のスタンプを5月22日(火)より配信開始いたします。

長年多くのファンに愛される「ハリー・ポッター」の実写スタンプが、遂にLINEスタンプに初登場しました。
スタンプには『ハリー・ポッターと賢者の石』、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』から、主人公ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)、ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)、ダンブルドア校長(リチャード・ハリス)、ドビーといった人気キャラクターが勢揃いです。

さらに、全40種類のうち2種類の文字なし呪文スタンプでは、毎日違う魔法や言葉と併せて、さらにトークを盛り上げることができます。

また、第1弾「ハリー・ポッター」キャラクタースタンプが好評配信中、8月15日(水)から8月28日(火)は小田急百貨店新宿店にてファンタビ・ハリポタグッズが一同に揃う期間限定ショップ「ウィザーディング・ワールド ベストグッズコレクション」も開催いたします。



<毎日魔法!ハリー・ポッターLINEスタンプ概要>
名称: 毎日魔法!ハリー・ポッター
配信開始日: 2018年5月22日(火)より、
LINE内「スタンプショップ」にて配信
価格: 1セットあたり240円(税込)または100コイン
販売ページ:
https://line.me/S/sticker/11144
スタンプ数:全40種類(静止画)
※価格にパケット通信料は含まれません 
※上記URLは、iPhone/Android端末でのみ閲覧が可能です


【ウィザーディング・ワールドサイト】 
@wizardingworld/
【ハリー・ポッター 第1弾キャラクタースタンプ】 
https://line.me/S/sticker/9668
映画情報どっとこむ ralph そして、「ハリー・ポッター」魔法シリーズの『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のブルーレイ&DVD、デジタル配信を好評リリース中。

11月23日(金・祝)には最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開されます。ホグワーツやダンブルドア先生も登場する本作、さらに広がりを続ける魔法の世界をお楽しみください。

今後の「ハリー・ポッター」の最新情報は、ウィザーディング・ワールドサイトをご覧ください。

***********************************



火山大爆発T-レックス雄叫び『ジュラシック・ワールド/炎の王国』本ポスタービジュアル完成!!


映画情報どっとこむ ralph 最強恐竜との再演に、クリス×ブライスも大興奮!!

全世界のトータル興行収入は16億7000万ドルを突破、日本でも2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”となるメガ・ヒットを記録した『ジュラシック・ワールド』!そして2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)にいよいよ日本上陸します!

最近ハワイ島が噴火して、かなりヤバい映像を見ていると余計にリアルな本作!
南海の島ヤバいです!

火山大爆発の瞬間と、最強恐竜・T-レックス雄叫びを上げる姿を捉えた絶体絶命の本ポスタービジュアルが完成しました!

恐竜だけが住むイスラ・ヌブラル島の火山の大噴火を背景に、カルノタウルスを踏みつけた“恐竜界の女王”T-レックスが自身の存在を誇示するかのように荒々しく雄叫びを上げる姿が映し出された本ビジュアル!

T-レックスのすぐ近くには、前作に登場した球体の乗り物・ジャイロスフィアの陰に息を潜めながら隠れる主人公のオーウェン、クレア、そして本作で初登場する
システムスペシャリスト・フランクリンの3人が確認できますが、今にも暴れ出しそうなT-レックスに加え、背後の火山からはいよいよマグマも溢れ出し、絶体絶命の大ピンチ!恐竜を助けようと島へ訪れたクリスたちにどんなエキサイティングな冒険が待ち受けているのか…

緊迫感がひしひしと伝わってくるビジュアルに期待が高まる仕上がり!!!

映画情報どっとこむ ralph シリーズ史上最多の恐竜が登場する事でも話題となっている本作では、リアルな恐竜の姿を再現するために“アニマトロニクス”という技術をこれまでのシリーズ以上に撮影に取り入れております!

クリス・プラットはまるで息をしているかのように存在する恐竜たちとの撮影を振り返って

プラットさん:本当に生きているみたいにリアルなんだ。実際に見るとかなり怖いよ!映画芸術の見事な作品だね。本物に見えるし、目や歯、その全てがちゃんと動くんだ。

と驚きの声を上げており、

ブライスさん:姿は明らかに本物の恐竜じゃない。でもその恐竜を初めて見て、それが動いていたら、自分たちの脳の一部分が“なんてこと!”となってしまうの!

と、リアルな恐竜たちとの再演を喜び、楽しんだと明かします。


映画情報どっとこむ ralph 5月25日(金)の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)では『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』がいよいよOA!

さらに『ジュラシック・パークIII』/『ジュラシック・ワールド』も、この夏OA予定!

詳細:https://kinro.jointv.jp/

ジュラシック・ワールド/炎の王国

公式サイト:
http://www.jurassicworld.jp/

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム

© Universal Pictures


VRの極み!『ウルトラマンゼロVR』がカンヌ国際見本市「Marche du Film」で好評!日本SSFF&ASIAでも選出!


映画情報どっとこむ ralph ウルトラマンゼロの戦いを大迫力のVRで楽しめる『ウルトラマンゼロVR』、カンヌのマーケットで絶賛!「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2018」での上映も決定!

フランス・カンヌにて毎年開催される、世界三大映画祭のひとつ「カンヌ国際映画祭」。
日本から出品された是枝裕和監督『万引き家族』が最高賞である「パルムドール」を受賞し大いに盛り上がりを見せていましたが・・・併設されている国際見本市「Marche du Film」もまた、例年世界各国から800社、数千人もの映画関係者が集う、世界三大マーケット。

このマーケットにおいて次世代コンテンツを扱う“NEXT”コーナーでは昨年よりVRコンテンツに力が入れられ、今年は日本から『ウルトラマンゼロVR』を含む三つのVRコンテンツが出品!
バイヤーの皆さんが体験!回転するスツールに座っているのが重要!

『ウルトラマンゼロVR』は体験者の多くから絶賛され、その高いクオリティに「いったいどうやって撮影したのか」と驚く声が多く上がりました!

映画情報どっとこむ ralph そして!

世界にアピールされた『ウルトラマンゼロVR』が、2018年6月に東京で開催される「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2018」(SSFF & ASIA 2018)でも上映されることが決定!
今年20周年を迎えるSSFF & ASIAでは新たにVR部門「VR SHORTS」が設立され、世界各国から厳選されたVRコンテンツが上映されます。そこに『ウルトラマンゼロVR』が選出されているのだが、嬉しいことに事前予約なし、さらに無料で鑑賞できるので、この機会にぜひ『ウルトラマンゼロVR』で新たなウルトラ世界を体験いただきたい!


「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2018」VR SHORTS開催
2018年6月8日(金)~6月10日(日)
場所:六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズヒルサイド2階)
2018年6月17日(日)~6月24日(日)
場所:LEXUS MEETS… (開催時間11:00~21:00)(東京都千代田区有楽町1-1-2 ミッドタウン日比谷)
・当日券のみ(事前予約はございません)
・先着順でのご案内となります
・鑑賞は無料です
ウルトラマンゼロVR / ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018(SSFF & ASIA 2018)
http://www.shortshorts.org/2018/prg/ja/3010

映画情報どっとこむ ralph ウルトラマンゼロVR ~大都会の戦慄 エレキングVSゼロ~

『ウルトラマンゼロVR』は、ウルトラマンシリーズ初となる全天球360度VR特撮作品で、2017年10月に公開。

同月に開催された「第22回釜山国際映画祭」にて開催されたアジア最大級のVRイベント「VR シネマ in BIFF」招待作品に選出され、国際映画祭「Cinequest Film & VR Festival」のVR AwardにおいてもOfficial Selectionに選出。

また優れた先進映像コンテンツを表彰する「ルミエール・ジャパン・アワード 2017」にてVR部門・準グランプリを受賞している。監督は田口清隆(『ウルトラマンX』『ウルトラマンオーブ』ほか)。


ウルトラマンゼロVR https://m-78.jp/ultravr/

映画情報どっとこむ ralph 過去記事:
ウルトラマンシリーズ初となる全天球360度VR特撮体験会行ってきました!
田口清隆監督、辻本貴則監督コメントも!
http://eigajoho.com/82764


***********************************

(C)円谷プロ (C)ウルトラマンゼロVR製作委員会


藤田富へ谷口賢志から面白&感動の手紙「仮面ライダーアマゾンズ 最後ノ審判」初日


映画情報どっとこむ ralph 2016年よりAmazonプライム・ビデオ配信限定でスタートした「仮面ライダーアマゾンズ」シリーズは、タンパク質を好み食人本能を有する人工生命体“アマゾン”が潜伏する世界を舞台に、2人の仮面ライダーの壮絶な戦いを描いた人間ドラマ。過激な描写やハードなアクションから「異色の仮面ライダー」と子供に魅せられない大人向けライダーと話題に。

その完結作が満を持して、5月19日(土)に『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』として、仮面ライダー史上初の“4D上映”中心として劇場公開となりました。

そして初日舞台挨拶が19日に行われ、藤田富、谷口賢志ら9名が登壇しました。
トークの最後には共に闘ってきた共演者であり、師でもある谷口さんから藤田さんへメッセージ!

映画公開までの2年の時を振り返り、谷口さん自ら思いを込めた言葉を送りました。

日付:5月19日(土)
場所:丸の内TOEI
登壇:
藤田富(ふじたとむ) 谷口賢志(たにぐちまさし) 俊藤光利(しゅんどうみつとし) 田邊和也(たなべかずや) 宮原華音(みやはらかのん) 勝也(かつや) 神尾佑(かみおゆう)
劇場版ゲスト 姜(きょう)暢雄(のぶお) 国府田聖那(こくふだせいな) 監督 石田秀範(いしだひでのり)

映画情報どっとこむ ralph 映画を見終えたばかりの大きいお友達の拍手と歓声の中、キャストと監督が登場!
キャストの役名と名前の紹介が終わり監督の挨拶。

石田監督:遂にこの日が来ました。感無量です。本当に皆さんのおかげで、映画になりました!本当にありがとうございます。
最初にオーディションで択んで、何かやってくれると思っていて、撮影を重ねていくとTVサイズじゃ収まらないと実感して、だんだんレベルアップして今日にいたった気がします。心の熱いものを持った連中が集まると自然とこうなるんだと。そして、それを応援してくれる視聴者がいてくれて、ここまで来ました、ありがとうございます。

との監督の挨拶からイベントはスタート。

藤田さん:僕も感無量です。でも、もう終わってしまうんだなと言う気持ちもあって・・・ただ、こうして皆さんの心の中に残れば。と思っています。
谷口さん:皆で映画にたどり着くまで頑張ろうと!言ってきました。こうしてみた後のお客様。涙で前が見えないのかと思ったのですが・・・・。結構余裕で笑顔で迎えてくれて。。。。泣いた?(大拍手)であれば良いです!

スーツとドレスだとわかり難いですが・・駆除班にとっても完結。
俊藤さん:どうでしょう。駆除班。人間の立場で対峙していたんで。終わったというより、アマゾンに教えられた。僕たち人間がちゃんとしなくてはと。完結?まだね。
田邊さん:そうですね。どうなったのか・・・監督の演出もポジティブにと。人として一歩進めてくシーン。
未来に期待が出来そうな・・・発言。

アマゾンズはアクションも見どころ。
アクションと言えば宮原さん。凄い美人ですが、この人半端ないんです。
宮原さん:シーズン1から自分でアマゾンをと考えていましたが、映画ではチームで、周りを気にして演じました。今回アクション監督も変わって、楽しみましたし、アマゾンを狩らせていただいて楽しかったです!でも、勝也さんの天然ぶりがね・・・
勝也さん:ワイヤーが刺さるシーンでね。現場で笑われました!
と、和気藹々で乗り切ったと話します。


劇場版で登場の姜さんは3人目のライダー
姜さん:谷口さんは戦隊の先輩でもあり憧れの先輩で共演出来て嬉しかったです。アマゾンの見る見方を違う方向で見てる役。子供たちをいっぱい殺すシーンが怖かったです。ああいうことはやめた方がいいです!(爆笑)冷酷に見えた?それは石田監督が怖くて、ふるえていたのがそう見えたのかもです。


イベント中、笑顔が印象的だった国府田さんは重要なキャラ!
国府田さん:そうですね。悠(藤田)は私に生きる希望をくれた存在なので、食べられちゃっても幸せだったのではと・・。

藤田さん:おいしくいただきました!

と笑いを誘います!でも未成年は・・・。



そして、やっとイベントに呼ばれたという神尾さんは局長さん

神尾さん:やっとイベントに呼んでいただけました!ホントにね。ネットニュースでアマゾンズのイベントが沢山出てきて。困難やってんだ!?って思ってました。(8話の苦悶の表情を迫真の演技だったと言われ)迫真とか言わないで!あれはね。台本読んでなんかやらきゃと。あれリテイク多くて。酷かったんです。アマゾンズのみ威力は?見たことのない仮面ライダー。こんな風にしちゃうんだと。映像的にもストーリーも子供に見せられない仮面ライダー。それが面白かったと思います。

映画情報どっとこむ ralph トークの最後には共に闘ってきた共演者であり、師でもある谷口さんから藤田さんへサプライズでお手紙が!
谷口さん:撮影での思い出やエピソードは今まで散々話しているし、ここで褒めまくるのもアマゾンらしくないから・・・
撮影中1回だけ富に切れていたことを告白します(会場大爆笑!)富はなれない主役と過密スケジュールで周りのスタッフが心配していたほど。そんな時、現場での富の立ち振る舞いに、俺はいら立ちをぐっと抑えて・・・俊藤さんに相談したんだ。「確かに、でも俺たち二人でもう少し見守ろう。それでダメだったら二人で殴ろうと。」(爆笑)と言ってくれたんだ。助かったな富。(爆笑)そして助かったな俺。(爆笑)あの時ブチ切れてたらリアルアマゾンズになっていたかもしれない。違う意味でアマゾンズが有名になっていたかもしれない!(大爆笑)ただ俺たちの心配をよそに、あっという間に本物の主役に・・・俳優になっていった。

谷口さん:もう一つ告白すると。ことあるごとに谷口さんのおかげで、演技が好きになったと言ってくれるし、俺に勝つために頑張ったと言ってくれている。けど、成長を喜び、負けないように必死だったのは俺の方だったと思っている。人間は忘れる生き物。大切なことも忘れてしまう。でも俺は忘れない。藤田富という名を。出会ってくれてありがとう。(会場すすり泣きも。。。。)

しかしここで止めないのが谷口さん!

谷口さん:追伸!時代も時代、お互い不祥事には気を付けよう!

と付け加えると会場大爆笑&拍手が30秒以上鳴りやまず!


藤田さん:言葉になんないぐらい嬉しいです。正直その時のこと今でも、なぜ?と反省することもあります。こうやって伝えてくれる仁さん。いや谷口さんを本当に師匠だと思っています!

最後に・・・

谷口さん:天下を取りたいし時代を皆さんと作りたいです!こんなに多くの方に観ていただけるだけで・・・嬉しいです。感謝してます!

藤田さん:藤田さん:監督には芝居の面白さと谷口さんには芝居の広さと芝居がないと生きられない体にされました。アマゾンズを背負ってこれから芝居をしていこうと、僕の人生のキーポイントとなりました!

映画情報どっとこむ ralph シーズン2の後の世界で繰り広げられる人工生命体「アマゾン」を巡る新たな計画や、姜暢雄扮する御堂英之助が新たな「仮面ライダーアマゾンネオアルファ」に変身する姿、そして悠と仁、2人の戦いの決着は・・・・!?

『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』 大ヒット公開中!!

物語は・・・

悠と仁の最終決戦へ。2人の男の戦いがこの映画で完結
本作にて明らかになる、人工生命体「アマゾン」を利用した新たな陰謀「アマゾン畜産計画」。

そして謎に包まれたその計画を通じて、再会する悠と仁。シリーズを通して描かれてきた宿命の2人の最後の戦いが本作にて描かれます。2人に下される最後の審判、そして「アマゾン」が迎える結末は・・・。

***********************************

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 Ⓒ石森プロ・東映
©2018劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会