「演劇」カテゴリーアーカイブ

チョン・ヒョンソク監督、イ・ソンウォン来日『ヨスの夜の海』したまちコメディ映画祭in台東


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台にコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。今年も2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)「第10回したまちコメディ映画祭in台東」を絶賛開催中。

したコメにてインターナショナルプレミアが実現した本作『ヨスの夜の海』。
上映後の舞台挨拶ではチョン・ヒョンソク監督から映画完成までの経緯や撮影秘話が飛び出し、イ・ソンウォンさんは最後に長渕剛さんの「ザ・ストライク・ドリーム」のワンフレーズを生歌で披露し、会場はアットホームな暖かい雰囲気に包まれました。

日付:9月16日(土)
場所:東京国立博物館 平成館
登壇:チョン・ヒョンソク監督、イ・ソンウォン
MC:奥浜レイラ

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペット

したコメ恒例人力車での登場!

チョン・ヒョンソク監督
日本に来るのは2回目なんですが、来日してから本当に楽しい時間を過ごしております。日本の監督と共同製作している作品が11月に韓国で発表になるので、そちらも楽しみにしていてください。

イ・ソンウォン
(日本語で)このような素晴らしい映画祭に招待していただいて、嬉しくて、嬉しくて、楽しくて、楽しくて、仕方ないです!

映画情報どっとこむ ralph インターナショナルプレミア上映

制作されたきっかけについて聞かれて

チョン・ヒョンソク監督:最初は演劇としてシナリオを書いたのですが、友人に見せたらこれは映画にした方がよいとアドバイスをもらい、映画として作り始めました。途中で投資の話がなくなってしまい、当初の10分の1の予算しか使えなくなり、僕のクレジットカードで制作費のすべてを払いました。もっと有名な俳優に出演してほしかったが、予算の関係で自分が主演を演じることになり申し訳ないです。製作費を節約するために、撮影期間を短くして、ロケも半分にしました。役者にも裏方を手伝ってもらいました。(イ・ソンホンも棒マイクをもったりしたと告白)イ・ソンウォンの役は、当初なかったのですが、劇団の後輩の彼に出演してもらおうと思って、この役を作りました。

監督と役者を担うことについて

チョン・ヒョンソク監督:監督だけしてほかの役者に演じてもらうと、自分の思う通りのシーンになるまで撮り直さなければならないが、自分が演じると思い通りに撮影ができるから撮影時間も短縮できた。カフェを使うシーンでは貸し切りにしたので、終了時間が決まっていて、どうしても1回でOKにしなければならず、相手の役者と直前にチャミスルを一気して撮影に臨み、無事撮り終えることができました。今回は挿入歌の中の1曲も僕が歌っています。

イ・ソンウォン:(日本語で)今日は朝早くからこの映画を見に来てくれて本当にありがとうございます。日本の皆さんに見てもらえて本当にうれしいです。撮影中ずっと心の中で歌っていた曲があるのでちょっと聞いてください。(「ザ・ストライク・ドリーム」のワンフレーズを熱唱)ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph
ヨスの夜の海
英題:The Night View of the Ocean in Yeosu

監督:チョン・ヒョンソク
出演:チョン・ヒョンソク、イ・ジヨン、イ・ホヨン
© JUNG Hyungsuk

ソウルで演劇演出家として活動中のジソク。友人と一緒に制作していた作品が突然頓挫、取立て屋から逃げることと、気持ちを切り替える旅をしようとヨス(麗水)に向かう。 ヨス海洋公園に赴くと、そこでジソクは、数ヶ月前ソウルの生活をやめヨスでコーヒー専門店を経営し始めたするミヒに出会う。ミヒが趣味として文章を書いていることを知ったジソクは、彼女がかつてジソクの演劇をみたことがあることも知る。ジソクは、ヨスで新作の構想のために来たのだが、ミヒに惹かれ彼女に文章の書き方の指導も始めていく。 ミヒはその礼にと、コーヒー専門店と一緒に経営しているゲストハウスに宿泊するようジソクに言う。しかしヨス市内でボウリング場を運営しているヨス地元人ドンゴンが、ミヒにほれ込み気持ちを自身に向けようとしている矢先の出来事で、ジソクととミヒを可能な限り遠ざけようとの画策を始める。 そんな中、ソウルからヨスまでジソクを追い、取立て屋がやってくる。ヨスは少しずつそれぞれの思惑で騒がしくなっていく-。

***********************************



松山ケンイチ 向井理 版 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 ライブビューイング決定!


映画情報どっとこむ ralph 今、話題沸騰中の360度全方位に客席が回転する新劇場「IHIステージアラウンド東京」。当劇場において1年3ヶ月にわたり”花・鳥・風・月・極”の5シーズンに分けて上演されることで注目を集めている劇団☆新感線『髑髏城の七人』。Season花、Season鳥に続き、9月15日(金)より、ONWARD presents 『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBSの幕が上がります。

そして、Season花、Season鳥で好評を博しました本公演の生中継《ライブビューイング》を、Season風でも開催することが決定しました。

チケット即完の超話題作。是非、最寄りの映画館にてご体感下さい。


ライブビューイング ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS
(『髑髏城の七人』Season風 ライブビューイング)

【日 時】2017年10月5日(木) 12:30開演 / 18:00開演
※1日2回。上映館によってはいずれかの回のみの上映になります。
【会 場】全国76館/114スクリーン(昼49・夜65)にて上映(予定)
※館数は変更になる場合があります。最新の上映館情報は公式サイトをご参照下さい。
★お子様連れでも安心の《親子シアター》が「ユナイテッドシネマ・アクアシティお台場」(12:30?)にて開催!詳細は公式サイトへ。
【チケット】価格:¥4,500(全席指定・税込)※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
【先行販売】 9月2日(土)12:00~9月17日(日)23:59 VAC/ローソンチケット/イープラス/チケットぴあ
【一般販売】 9月27日(水)18:00~10月3日(火) ローソンチケット/イープラス/チケットぴあ
【web 】kazedokuro-lv
【主  催】TBS・ディスクガレージ・ローソンHMVエンタテイメント・電通・ヴィレッヂ
【配  給】ヴィレッヂ ティ・ジョイ

映画情報どっとこむ ralph 舞台概要
ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS
2017年9月15日(金)~11月3日(金・祝) IHIステージアラウンド東京(豊洲)
【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり
【出演】松山ケンイチ 向井理 田中麗奈 / 橋本じゅん 山内圭哉 岸井ゆきの / 生瀬勝久 他
【公式サイト】 kazedokuro
【主催】TBS ディスクガレージ ローソンHMVエンタテイメント 電通
【後援】BS-TBS TBSラジオ 
【制作】ヴィレッヂ 
【企画・製作】TBS ヴィレッヂ 劇団☆新感線
Produced by TBS Television, Inc., Imagine Nation B.V., and The John Gore Organization B.V.

【特別協賛】株式会社オンワードホールディングス

***********************************


『J:ビヨンド・フラメンコ』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph カルロス・サウラ監督の最新作『JOTA de Saura』の邦題を『J:ビヨンド・フラメンコ』とし11月25日(土)、Bunkamuraル・シネマ他、全国順次ロードショーが決定!ポスタービジュアルも完成しました。


カルロス・サウラが本当に描きたかったスペインの魂!

「フラメンコ三部作」と話題を呼んだ『血の婚礼』(81)、『カルメン』(83)、『恋は魔術師』(86)。

トップに君臨するアーティストらのパフォーマンスを格調高くスタジオで捉えた、オムニバス形式による『フラメンコ』(95)、『イベリア 魂のフラメンコ』(05)、『フラメンコ・フラメンコ』(10)。数々の舞踊音楽の芸術作品を世に送り出してきたスペイン映画界の巨匠、カルロス・サウラ。5年ぶりの待望の日本公開となる最新作『J:ビヨンド・フラメンコ』で描かれるのは、監督の生まれ故郷、スペインのアラゴン地方が発祥とされる「ホタ」。

フラメンコのルーツのひとつである「ホタ」を通し、フラメンコのフィールドの彼方に広がる「ホタ」の奥深い魅力に迫っていこうという、至福のダンス&音楽エンターテインメント‼めくるめく映像美で描かれる数々のダンスシーンで構成される本作を観れば、あたかも絢爛豪華なエンターテインメントショーを鑑賞しているような、アート空間に迷い込んだかのような気分にさせられるだろう。

映画情報どっとこむ ralph スペイン舞踊のスーパースター、奇跡の競演!
集結した豪華アーティスト陣は、フラメンコおよびスペイン舞踊ファン、ワールドミュージック・ファンなら絶対に見逃せない最強の顔ぶれ。自身を追ったドキュメンタリー『パッション・フラメンコ』が8月19日(土)から日本公開される、美貌と表現力を兼ね備える国民的フラメンコダンサー、サラ・バラス。パコ・デ・ルシアの後継者と目され、世界的に活躍するスーパーギタリスト、カニサレス。ガリシアが生んだ天才バグパイプ奏者、カルロス・ヌニェス。「ホタ」ダンスの第一人者で『イベリア 魂のフラメンコ』にも出演した、アラゴン州サラゴサ出身のダンサー兼振付師、ミゲル・アンヘル・ベルナ。アラゴンの伝統「ホタ」を現代化して歌うポップスター、カルメン・パリス。土地固有の味わいを継承するベテラン歌手と演奏家に加え、国際的に活動するトップミュージシャンらも異彩を放つ。

公式HP:
j-beyond-flamenco.com

映画情報どっとこむ ralph カルロス・サウラ プロフィール
1932年1月4日、85歳。
ブニュエル、アルモドバルと並ぶスペインの著名な映画監督である。23歳でドキュメンタリーを初監督し、それ以降、劇映画、ドキュメンタリー、演劇、小説、写真などさまざまな分野で作品を発表し続けている。50本以上の監督作があり、カンヌ国際映画祭(パルムドールを除く)、ベルリン国際映画祭金獅子賞、アカデミー賞に3度ノミネートなど、数多くの受賞歴を持つ。 特に音楽を題材とした作品は、現代の映画界における非常にクリエイティブな試みとして高く評価されている。フランスの芸術文化勲章コマンドゥール、イタリア共和国功労勲章グランデ・ウッフィチャーレ、スペインのイザベラ・カトリック勲章、ヨーロッパ映画賞生涯貢献賞、世界中の様々な大学で名誉学位を授与されている。

***********************************

監督:カルロス・サウラ
出演:サラ・バラス/カニサレス/カルロス・ヌニェス/ミゲル・アンヘル・ベルナ  

原題:JOTA de Saura/英題:J:Beyond Flamenco
2016年/スペイン/スペイン語/90分/ビスタサイズ/5.1ch/DCP/カラー&モノクロ 
日本語字幕:渡部美貴/字幕監修:小倉真理子
後援:スペイン大使館/セルバンテス文化センター東京/一般社団法人 日本フラメンコ協会/公益財団法人 
日本スペイン協会配給:レスぺ  
宣伝協力:Lem 
© TELEFONICA STUDIOS, DTS, TRESMONSTRUOS MEDIA, TRESMONSTRUOS PC, ARAGÓN TELEVISIÓN
       


花江夏樹 登壇!夢の吹き替えでした!『フェリシーと夢のトウシューズ』


映画情報どっとこむ ralph 花の都パリを舞台にバレリーナになることを夢見る少女の物語を描いた『フェリシーと夢のトウシューズ』 の公開を記念して、日本語吹替版で声の出演をした花江夏樹さんが上映前の舞台挨拶に登壇しました。

花江夏樹、僕にとっては『花江と夢の吹き替え』です!
『フェリシーと夢のトウシューズ』 公開記念舞台挨拶

日時:8 月 19 日(土)
会場:新宿ピカデリー
登壇:花江夏樹 /MC:みんしる

映画情報どっとこむ ralph 日本語吹替版で主人公・フェリシーの幼馴染ヴィクター役を演じた花江夏樹さんが公開記念舞台挨拶に登壇しました。
はじめて作品を観た時の作品の印象について

花江さん:僕はバレエをやったことがないのでなじみがなく、まず題 材がバレエ?と驚いたのですが、観ていると夢を掴むために真っ直ぐに頑張る女の子のお話で気分が 爽快になりました。夢に向かってがむしゃらに頑張っていた頃を思い出しました。

劇場版洋画の吹替 が初であったことについて

花江さん:アフレコは一人ずつ録っていたので他の皆さんがどんな芝居をしているか分か らない状態で、完成するまでどんな感じになるか分からなかったので不安でした。あと普段はラフの状態 で声をあてることも多いので、完成した画を見ながらアフレコできるのは動きや表情があって分かり易か ったです。

と振り返る。 洋画の吹替版をみるのが大好きだという花江さんは、今回の出演について

花江さん:洋画ならではのおもしろさを感 じることができたと思います。空気感が違い、テレビアニメはかなりデフォルメされた演技が多いですが (この作品は)ナチュラルな所も多くあり新鮮で楽しかったです。しかも思っていたよりもかなり出番が多くて幸せでした。僕にとってこの映画は『花江と夢の吹き替え』でした!(笑)

と、かなり洋画の吹替版嬉しかったご様子。

土屋太鳳さん、熊川哲也さん、その他キャストについての印象を聞くと、

花江さん:どんなお芝居するのかなと気になってい ました。ストーリーはすでに知っているけど新しい作品をまた観たような気分でした。ル・オー夫人役の夏木マリさんがやはり、すごくインパクトが強かった(笑)性格がきつそうな顔しているじゃないですか?その通りなんですよ!(笑)悪役感がすごく漂っていて、お芝居もぴったりでお会いしてみたいと思いました。

と会場の笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph お気に入りのキャラクターについて聞くと、

花江さん:内山昂輝くんが演じていたルディ役(主人公・フェリシーを 気に入るバレエが上手な美少年)がコミカルですごく面白かったです。フェリシーを取られちゃう、ヴィクタ ーも負けてられないなという思いでした。あとは、やっぱりヴィクターの一見普通の好青年風だけどちょっ とヘタレで抜けているところが愛嬌があって好きですね。フェリシーと一緒で夢に一途でいいなって思います。フェリシーはひたむきにバレエの練習をする姿から、本当に踊るのが好きな気持ちが伝わってくる。でも その他にちょっと不良な部分があるんですよ。ネタバレになっちゃうから言えないけどあるものを盗むんですよ!結構強引なルートでバレエ学校に入りこもうとする!(笑)アニメーションなので非日常的なシ ーンも多いですがその画やダンスの美しさで違和感を感じさせないところがすごいですね。

最後にこれから観る人へメッセージとして

花江さん:フェリシーががんばっている姿が胸にジーンとくる、僕も夢に向 かってがんばらなきゃな、と思わせてくれる作品です。フェリシーとヴィクター、彼女がヴィクターに振り向い てくれるのかな、という、そんな恋愛要素も少しありますし、今夢に向かってがんばっている人にぴったり だと思います。今日は本当にありがとうございました。

と締めくくった。

物語・・・
19世紀末のフランス、ブルターニュ地方の施設で暮らすフェリシーは、バレリーナになることを夢見る、 踊ることが大好きな少女。ある日、偉大な発明家を志している親友のヴィクターに誘われ、エッフェル塔 が建設中の憧れの街パリを目指して施設を抜け出すことに…。やっとの想いで辿り着いたパリで、フェリシ ーはヴィクターとはぐれてしまうが、偶然にも夢にまでみたオペラ座を見つける。そこには、美しく踊るエトワ ールの姿があった…。元バレリーナで、今はオペラ座の掃除婦のオデットとの出逢い、お金持ちの一人娘 カミーユや数々のライバルたちの熾烈な競争。まだ、バレエを習ったことさえないフェリシーは、情熱と勇気 だけを胸に、夢の舞台に立つことができるのか…!?

フェリシーと夢のトウシューズ
原題:BALLERINA
公式 HP:
www.ballerina-movie.jp

***********************************

声の出演:エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセンほか
日本語吹替え:土屋太鳳 黒木瞳 花江夏樹 / 熊川哲也 /夏木マリ
監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
脚本:キャロル・ノーブル、エリック・サマー、ローラン・ゼトゥンヌ
振付:オレリ―・デュポン、ジェレミー・ベランガール 2016/フランス・カナダ/シネスコ/89 分/5.1ch/英語/
日本語字幕:稲田嵯裕里
配給:キノフィルムズ
© 2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.


大ヒット御礼特別企画を4つ!『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン』


映画情報どっとこむ ralph 現在公開中の映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』。

感動の渦はとどまることを知らず、8月19日(土)より現在上映中のヒューマントラストシネマ有楽町に加え、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA、東京都写真美術館、アップリンク渋谷にて拡大上映が決定。(※Bunkamura ル・ シネマ、新宿武蔵野館での上映はが8月18日(金)で終了。)
映画の大ヒット御礼特別企画が続々決定しております。
ここでしか見られないセルゲイ×箭内道彦氏のスペシャル対談映像の上映、ハービー・山口氏によるセルゲイ・ポルーニン写真展巡回、ハービー山口氏×アップリンク浅井によるトークイベント、そして来場者プレゼントなど、盛りだくさん!
映画情報どっとこむ ralph 【その1 セルゲイ×箭内道彦氏 未公開映像 特別上映】
in アップリンク渋谷
4月27日に東京藝術大学奏楽堂で開催されたライブプレミアイベントにて、クリエイティブ・ディレクターの箭内道彦氏と「アートへの思い」を熱く語った、セルゲイ・ポルーニンの対談映像を特別上映!
上映概要
日時:2017年8月21日(月)、8月23日(水)
18:00、20:00の回 上映後
実施劇場:アップリンク渋谷
特別サイト


【その2 セルゲイ・ポルーニン 写真展開催巡回】
in アップリンク渋谷 ギャラリー
2017年3月にロンドンのサドラーズ・ウェルズ劇場で開催されたポルーニン自身のプロデュースによるダンス公演「Project Polunin」を、写真家のハービー・山口が撮り下ろした、彼の“新たな旅の始まり”となる写真を展示。渋谷GALLERY X BY PARCOと代官山北村写真機店で開催された展示が、大好評につきアップリンク渋谷のギャラリーにて巡回決定!

【開催概要】
セルゲイ・ポルーニン写真展『ビギニング・オブ・ジャーニー』
会期:2017年8月19日(土)~8月28日(月)
会場:アップリンク渋谷 ギャラリー
入場料:無料
協力:イルフォード・ジャパン株式会社
特別サイト
http://www.uplink.co.jp/gallery/2017/48847


【その3 トークイベント開催】
in 新宿シネマカリテ

ポルーニンのプロデュース公演「Project Polunin」に密着した写真集『The Beginning of a Journey』を7月15日に発売した写真家のハービー・山口氏。12月に第2弾となる公演も発表したばかりのポルーニン。”バレエ界の抱えている問題を解決したい“という強い気持ちは何処から生まれ、突き動かすのか。「Project Polunin」、来日を経て、ポルーニンはどこへ行こうとしているのか?今回のトークでは「映画で描かれた後のポルーニン」についてお話しいただきます!トーク終了後はサイン会も予定。

【トークイベント概要】
日時:2017年8月23日(水) 18:30の回上映後
会場:新宿シネマカリテ
トークゲスト:ハービー・山口(写真家)、浅井隆(アップリンク社長)
特別サイト



【その4 来場者プレゼント】
8月19日(土)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA、東京都写真美術館、アップリンク渋谷にて配布決定!
映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』の大ヒット&都内拡大上映を記念し、ご来場のお客様にスペシャルプレゼント!

【配布劇場】
新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA、東京都写真美術館
ライブプレミアポストカード(写真:ハービー・山口)
4/27に東京芸術大学奏楽堂にて開催されたライブプレミアイベントでの、
セルゲイ・ポルーニンによるパフォーマンスの写真をB6サイズのポストカードに。

アップリンク渋谷
・海外ビジュアルフライヤー(写真:デヴィッド・ラシャペル)
海外版のポスタービジュアルを使用したB5サイズのフライヤー。
(裏面は日本版のちらしと同一のものとなります。)

【配布期間】
8月19日(土)より配布スタート
※先着順、数量限定のため、無くなり次第終了となります。ご了承ください。
※お一人様、1回のご鑑賞につき1枚のお渡しとなります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』作品情報


<ヌレエフの再来>と謳われる類まれなる才能と、それを持て余しさまよう心――

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

ウクライナ出身で、19歳の時、史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは国内メディアのみならず、世界中に報道された。
スターダムから自滅の淵へ――様々な噂が飛び交う中、彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲『Take Me To Church』のMVだった。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはyoutubeで2,000万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。

<ヌレエフの再来>と謳われる類い稀なる才能と、それを持て余しさまよう心。本人や家族、関係者のインタビューから見えてくる彼の本当の姿とは…?

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

Bunkamura ル・シネマ、新宿武蔵野館ほか大ヒット公開中!

2017年8月19日(土)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA、東京都写真美術館、アップリンク渋谷にて拡大上映

公式サイト:
www.uplink.co.jp/dancer/

Facebook:
@DancerMovieJP/20/

Twitter:
@DancerMovieJP

***********************************

監督:スティーヴン・カンター
演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル
出演:セルゲイ・ポルーニン、イーゴリ・ゼレンスキー、モニカ・メイソン他
配給:アップリンク・パルコ
(2016年/イギリス・アメリカ/85分/カラー、一部モノクロ/16:9/DCP/原題:DANCER)
© British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016