「演劇」カテゴリーアーカイブ

「クイーン」のフレディ・マーキュリーが愛したオペラの世界《カルメン》 MET ライブビューイング


映画情報どっとこむ ralph ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET メト )の世界最高峰の最新オペラ公演を大スクリーンで楽しむ MET ライブビューイング。
人気オ ペラ、ビゼー《カルメン》が3月8日(金)~14日(木)まで 1 週 間限定で全国公開となります。 魔性の女の虜になった瞬間、男の運命が狂い出す!
Maria Kowroski and Martin Harvey as solo dancers during the overture to Act I of Bizet’s “Carmen.”Taken at the Metropolitan Opera during the dress rehearsal on December 23, 2009.Metropolitan Opera

追えば逃げる、逃げれば追う、現代の恋愛劇にも通じる永遠の恋の法則をオペラ化した大ヒット作!様々な映画やCMで使われているヒットメロディ満載のオペラ《カルメン》は、オペラ初心者でも楽しめるオペラの代表作です。
《カルメン》は数々の映画やCMで楽曲使用されている名作。先日 第 91 回アカデミー賞にて、フレディ・マーキュリー役を演じたラミ・ マレックが主演男優賞を受賞したことでも話題の大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、劇中の重要 なシーンで《カルメン》のテーマ曲ともいえる〈ハバネラ〉が登場します。


ロックバンド「クイーン」のボー カルでありながら、オペラにも深く傾倒していたフレディ・マーキュリー。MET ライブビューイング《カルメン》の上映に先駆け、フレディ・マーキュリーとオペラ、ロックとオペラの世界について、音楽ライタ ーの小田島久恵さんにご執筆いただきました。

映画情報どっとこむ ralph フレディ・マーキュリーが愛したオペラの世界が躍動する《カルメン》

第91回アカデミー賞で 4 冠を獲得し、主役のフレディ・マーキュリーを演じたラ ミ・マレックは初ノミネートで見事主演男優賞を受賞した『ボヘミアン・ラプソデ ィ』。2018 年に公開されて 4 か月目に入るのに、まだ一向にフィーバーがおさまら ない『ボヘミアン…』現象だが、あの映画にはとても印象的なシーンがある。レコ ード会社の重役室に呼ばれたロックバンド「クイーン」のメンバーは、「次も『キラ ー・クイーン』のような曲を書いてヒットを飛ばせ」と命令されるのだが、フレデ ィは「次の俺たちのアルバムはオペラだ!」と言い放ち、アナログプレイヤーでビゼ ーのオペラ《カルメン》の、有名な楽曲〈ハバネラ〉をかけるのだ。重役は「今さ ら誰がオペラなんて聞くか!」と怒り狂うが、バンドメンバーたちは言うことをきか ない。フレディとクイーンがこのとき構想したアルバムは『オペラ座の夜』(1975) となり、英国や日本のみならず全米も制覇して全世界でヒットし、クイーンの名を 不朽のものにする。あの名曲『ボヘミアン・ラプソディ」もこのアルバムに収録された。

フレディはオペラを愛していた。ロック・ミュージシャンとして不動の地位を築 いた後も、歌手としての理想はつねにオペラ的な世界にあった。映画では、成功し ていくにつれ期待が高まっていく運命を恐れ「これからは絶対に、音程を外せなくなる…」と青ざめた表情で恋人の メアリーに心の内を明かすシーンがあるが、彼が目指していた歌唱の完成度は、オペラの次元に近いところにあった のだ。正確な音程、きらびやかな高音と伸びやかな発声、そして技巧的でドラマティックな表現力である。そこには 厳しさがある。ただシャウトして観客をノセればいいのではない。緻密に作った物語を聴かせること、入念なトレー ニングでパーフェクトな声を聞かせること、派手な衣装で「何か」を演じること…それは見事にオペラの美意識に通
じていた。フレディは晩年近く、当時のオペラ界の大スター歌手モンセラート・カバリエとデュエットも録音してい る。バルセロナ・オリンピックまで生きていれば、彼女とセレモニーでデュエットを歌う予定だったのだ。

ロックとオペラは遠いようで、意外に近い関係にある。オペラの 世界にもカリスマやスターたちがいて、夏の音楽祭ではスタジアム をいっぱいにしてスクリーンに顔を映し出しながら熱唱する。オペ ラの物語にはロックのライヴに負けないドラマティックな感動と胸 騒ぎがあるし、歌われているのはたいてい愛とか恋とか嫉妬のこと だ。そして、一度好きになると、どんどんのめりこんでしまうとい う点も似ている。とても中毒性の高いジャンルなのだ。CD や DVD を 鑑賞しているだけでは満足できなくなると、生の舞台を観たくなり、 オペラのさまざまな「聖地」に旅したくなる。海外に行かなくても 日本にもオペラハウスがあるし、海外の劇場も引っ越し公演で年に 何度かやってくる。私自身、オペラの公演に足を運ぶ時の気分は、 昔ロックのコンサートに行くときの気分とかぶってしまうのだ。一緒に歌ったり頭を振ったりはしないけれど。

フレディの映画の魅力は、台本のこまごまとした部分よりも、歌のシーンに集約されていたと思う。ラミ・マレッ クがアカデミー賞主演男優賞をとったのも、歌うスターであるフレディがあまりに特異で、桁外れの魅力をもってい たからではないか。オペラにも、フレディのようなシンガーがたくさんいる。信じられない高音を連続して出すテノ ール、どんな女優よりも濃厚な演技をするソプラノ、妖艶で悪い女にもなるメゾ、最強の女たらしにもなるバリトン …これらの歌手の魅力が溢れ出すのは、やはりオペラと言う物語の世界の中だ。オペラには魔法のような魔力がある。


食わず嫌いなら、まず最初に《カルメン》を見てみるのはどうだ ろう。フレディが映画でかけていたあのオペラである。退屈なシー ンがひとつもなく、すべてがハイライトシーンのような完璧なエン ターテイメントの世界で、哲学者のニーチェもこのオペラの大ファ ンだった。 〈ハバネラ〉〈 セギディーリャ〉〈 闘牛士の歌〉など、耳 にした瞬間「あっ、知ってる」と思う曲も多いはずだ。そこから、 さらに好きな歌が増えていく。エキサイティングな場面の連続に釘 付けになる。オペラ歌手がすごいのは、やはり演技しながら、素晴 らしく正確な音程で歌うことだ。高音のシーンは特に興奮する…彼 らも命懸けで究極の声を出しているのだ。それが成功するかどうか …観客も見守る。われわれも見守る。歌手の冒険が成功したときの
大きな歓声は、オペラならではのものだ。

メトロポリタン歌劇場の上演を映画館で観られる MET ライブビューイングは、『ボヘミアン・ラプソディ』に夢中になった人々が次に訪れるべきスクリーンだ。フレディが愛した世界が生き生きと躍動している。《カルメン》でドン・ホセ役を歌うロベルト・アラーニャはオペラ歌手でありながらポップスのアルバムも出すなど魅力的で、ストーリーは刺激的、映像にはダイナミックな迫力がある。「クイーンみたいな」バンドがもはやいない今、ファンが見る べきものはオペラしかない、とも思う。一年後には、お気に入りの歌手の名前をズラリと語れるオペラ・マニアになっているかも知れない。
(音楽ライター 小田島久恵)

映画情報どっとこむ ralph ★魔性の女に魅入られた男の運命やいかに! あの『ボヘミアン・ラプソディ』にも使われた傑作オペラ!
MET ライブビューイング 2018-19 ビゼー《カルメン》
2019 年3月8日(金)~14日(木) 東劇・新宿ピカデリーほか全国公開
指揮:ルイ・ラングレ
演出:リチャード・エア
出演:クレモンティーヌ・マルゲーヌ、ロベルト・アラーニャ、アレクサンドラ・クルジャック
***********************************


舞台写真(c)Marty Sohl/Metropolitan Opera


どこに座っても「一等席」!松竹ブロードウェイシネマ』第1弾は『シー・ラヴズ・ミー』!


映画情報どっとこむ ralph 松竹株式会社が日本映画史上初で、色々なニューヨークのブロードウェイ・ミュージカル&演劇作品を中心に、特別撮影をし日本語字幕付きで、今後映画館にて数々の作品を連続公開します。

シリーズ名を『松竹ブロードウェイシネマ』と申します。シリーズ決定後の第一弾は、トム・ハンクス&メグ・ライアン主演大ヒット映画『ユー・ガット・メール』の原点となり、トニー賞を始め数々の賞を受賞した『シー・ラヴズ・ミー』(4月19日東劇公開・5月24日大阪・名古屋エリア公開)を全国公開!

ニューヨーク・ブロードウェイ公認の日本版特別予告編を公式Facebookで初公開しました。

こちらのURLからもご覧頂けます
Shochiku-Broadway-Cinema


世界の批評家から絶賛され、トニー賞に輝く『シー・ラヴズ・ミー』は、ミュージカルでありながら、映画のようなストーリー性を持ち、1930年代ブダペストの雰囲気を生かした華やかな舞台デザインと照明、そして今最も旬のキャストたちが歌う記憶に残る数々の楽曲など、見どころ満載の作品となっております。映画館の為に特別撮影し、日本語字幕付きで上映致します。本場の傑作をいち早く“映画館”でご堪能ください。


劇場でしか感じられない感動はそのままに、更にその場では感じにくいキャスト側の細かい芝居と表情まで映画館ではご覧頂けます。どこにお座りになっても「一等席」

『シー・ラヴズ・ミー』

4月19日(金)東劇より限定3週間特別公開、5月24日(金)から大阪なんばパークスシネマ&名古屋ミッドランドスクエア シネマにて限定公開

***********************************



ソ連からバレエの地パリへ『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』場面写真10点到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、ハリー・ポッターシリーズをはじめ『シンドラーのリスト』『グランド・ブタペスト・ホテル』など数々の名作の出演でしられるレイフ・ファインズ監督・出演の『THE WHITE CROW(原題)』を邦題『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』として、5月、TOHOシネマズ シャンテ、シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国ロードショーとなります。

俳優としても評価の高いレイフ・ファインズ監督が構想20年を経て、満を持して発表する最新作は、伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフの若き日からパリでの亡命にいたるまでを映像化。世界三大バレエ団で活躍し、バレエ史に燦然と輝くヌレエフの光と影を見事に描く。

主演にはオーディションによって見出された現役のタタール劇場のプリンシパル、オレグ・イヴェンコを抜擢。共演は『アデル、ブルーは熱い色』のアデル・エグザルホプロス、そして『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン世界一優雅な野獣』のヒットも記憶に新しいバレエ界の異端児セルゲイ・ポルーニンを起用し、本物のバレエダンサーたちによってバレエ界のリアルな様子を描いている。

ルドルフ・ヌレエフのバレエに賭ける熱意が感じられるメイン画像の他、海外公演のため祖国ソ連から初めてバレエの地パリに足を踏み入れ、新しい友人や自由な生活に魅せられた無名なダンサーの生き様が、パリの美しい風景と共に垣間見ることができます。
映画情報どっとこむ ralph
『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

5月、TOHOシネマズ シャンテ、シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

物語・・・

踊り続けたい。ただそれだけ。

ひとりの若者が、黒いベレー帽に黒っぽい細身のスーツ姿で、レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)からパリへ向かう飛行機の中にいる。
時は1961年。ルドルフ・ヌレエフ(オレグ・イヴェンコ)はまだ伝説のダンサーでもなければ、尊大な人間にもなっていなかった。世界に名だたるキーロフ・バレエ(現マリインスキー・バレエ)の一員として、海外公演のために彼は生まれて初めて祖国ソ連を出た。
若きヌレエフはパリの生活に魅せられ、この魅惑の街で得られる文化、芸術、音楽のすべてを貪欲に吸収しようとしていた。だが、その一挙一動はKGBの職員に監視されていた。やがてフランス人女性クララ・サン(アデル・エグザルホプロス)と親密になるが、その一連の行動により、政府からの疑惑の目はますます強まる。その後、ヌレエフは信じがたい要求をつきつけられ、苦渋の決断を迫られる。
それは、収容所に連行され、踊りを続けることすらままならない未来を暗示するものだった。1961年6月16日パリ、ル・ブルジェ空港。他の団員たちがロンドンへ旅立ち、KGBと共に空港に残されたヌレエフがくだした決断とは―

***********************************

監督:レイフ・ファインズ

脚本::デヴィッド・ヘアー『めぐりあう時間たち』『愛を読むひと』

出演:オレグ・イヴェンコ/セルゲイ・ポルーニン『ダンサー、 セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』/アデル・エグザルホプロス『アデル、ブルーは熱い色』/ルイス・ホフマン 『ヒトラーの忘れもの』/チュルパン・ハマートヴァ『グッバイ、レーニン! 』/ラファエル・ペルソナ 『黒いスーツを着た男』/レイフ・ファインズ 『シンドラーのリスト』 『イングリッシュ・ペイシェント』

配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS


渡辺謙xケリー・オハラ ロンドン版『The King and I 王様と私』3日間限定プレミア上映


映画情報どっとこむ ralph 第69回トニー賞4部門受賞に輝きミュージカルの2大聖地の観客を虜にした、渡辺 謙、ケリー・オハラ主演の2015年版伝説のプログラム『The King and I 王様と私』。この度、最新のロンドン公演を映像に記録したロンドン版『The King and I 王様と私』が、2月22日(金)~24日(日)の3日間限定で、TOHOシネマズ 日比谷と大阪ステーションシティシネマにて、独占プレミア上映となります。

2015年4月16日、バートレット・シャーの演出でブロードウェイ19年ぶりのリバイバル上演を果たしたミュージカル『The King and I 王様と私』は、開幕と同時に批評家の絶賛を浴びてチケット入手困難な人気作品としてロングランを記録。

その評判は、もうひとつのミュージカルの聖地ロンドンにも波及し、2018年7月3日(プレビュー開始は6月21日)から約3カ月間、ウエストエンドのパラディウム劇場で上演されると、ブロードウェイ公演に勝るとも劣らない人気を博しました。今年7月11日(木)~8月4日(日)には東急シアターオーブにて、主演の渡辺 謙とケリー・オハラの来日公演も決定しており、日本でもますます注目を集めているプログラムです。
映画情報どっとこむ ralph この度、主演の渡辺 謙とケリー・オハラから、日本のファンに向けた《スペシャルメッセージ映像》を初公開!
併せて、2人のダンスシーンも収めた、美しいナンバーで溢れる《予告編映像》も到着しました!!

今回到着した映像では、『The King and I 王様と私』で主演を務めた渡辺 謙とケリー・オハラが劇中衣装で登場。渡辺は「ロンドン・ウエストエンドのパラディウム劇場にて収録された、ロジャース(作曲)&ハマースタインⅡ(脚本・作詞)の名作『The King and I 王様と私』を、この素晴らしいカンパニーでお届けできることをとても嬉しく思っています。ぜひ劇場にお越しください!」と、日本のファンに向けて自信を覗かせ、続けてケリー・オハラも日本語で「待っています!」とメッセージを贈っています。

また、併せて到着した予告編映像は、誰もが知るクラシックの美しいナンバーとともに、アンナと王が心を通わせ「Shall We Dance?」を踊る名シーンや、チャーミングで透明感あふれるケリー・オハラの歌唱シーンも収められており、本作の上映に期待が高まります。



バートレット・シャーが演出を手掛け、“異なる文化的背景を持つ者同士の相互理解“という現代的なテーマを打ち出し、今こそ観るべきミュージカルとして人々の心を捉えている本作。渡辺 謙、ケリー・オハラ、ルーシー・アン・マイルズ、大沢たかおといった豪華キャスト陣の演技、そして歌と踊りが舞台を彩ります。ミュージカルの2大聖地の観客をも虜にした素晴らしいカンパニーでお贈りする2015年版伝説のプログラムを、この機会に是非スクリーンでご鑑賞ください!



映画情報どっとこむ ralph ロンドン版『The King and I 王様と私

【公式サイト】https://king-and-i-movie.jp/

【あらすじ】
1860 年代初頭のシャム(現在のタイ王国)。英国人女性アンナは、シャム王の夫人たちと子供たちの家庭教師をするために、息子を連れてバンコクにやって来る。すぐに子供たちと仲良くなるアンナだが、専制君主の王とは事あるごとに衝突。しかし英国公使の接待にアンナが一役買ったことをきっかけに、王とアンナの心は通いあっていく…

本作品は2018年8月 ロンドンのパラディウム劇場にておこなわれた公演の生中継映像を収録した作品になります。

***********************************


作曲:
リチャード・ロジャース
脚本・作詞:オスカー・ハマースタインⅡ
演出:バートレット・シャー
出演:王様:渡辺 謙、アンナ:ケリー・オハラ、チャン夫人:ルーシー・アン・マイルズ、クララホム首相:大沢たかお

【配給】東宝東和
【協力】Trafalgar Releasing
©Matthew Murphy


踊りたい。家族や国を捨ててでも『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』公開決定


映画情報どっとこむ ralph この度、ハリー・ポッターシリーズをはじめ『シンドラーのリスト』『グランド・ブタペスト・ホテル』など数々の名作の出演でしられるレイフ・ファインズ監督・出演の『THE WHITE CROW(原題)』を邦題『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』として、5月、TOHOシネマズ シャンテ、シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国ロードショーすることが決定しました。


<レイフ・ファインズ監督・出演×伝説的なダンサー ルドルフ・ヌレエフの半生>

俳優としても評価の高いレイフ・ファインズ監督が構想20年を経て、満を持して発表する最新作は、伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフの若き日からパリでの亡命にいたるまでを映像化。
世界三大バレエ団で活躍し、バレエ史に燦然と輝くヌレエフの光と影を見事に描ききっている。

主演にはオーディションによって見出された現役のタタール劇場のプリンシパル、オレグ・イヴェンコを抜擢。共演は『アデル、ブルーは熱い色』のアデル・エグザルホプロス、そして『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン世界一優雅な野獣』のヒットも記憶に新しいバレエ界の異端児セルゲイ・ポルーニンを起用し、本物のバレエダンサーたちによってバレエ界のリアルな様子も描かれている。

映画情報どっとこむ ralph ホワイト・クロウ 伝説のダンサー
5月、TOHOシネマズ シャンテ、シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

【story】

踊り続けたい。ただそれだけ。

ひとりの若者が、黒いベレー帽に黒っぽい細身のスーツ姿で、レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)からパリへ向かう飛行機の中にいる。
時は1961年。ルドルフ・ヌレエフ(オレグ・イヴェンコ)はまだ伝説のダンサーでもなければ、尊大な人間にもなっていなかった。世界に名だたるキーロフ・バレエ(現マリインスキー・バレエ)の一員として、海外公演のために彼は生まれて初めて祖国ソ連を出た。
若きヌレエフはパリの生活に魅せられ、この魅惑の街で得られる文化、芸術、音楽のすべてを貪欲に吸収しようとしていた。だが、その一挙一動はKGBの職員に監視されていた。やがてフランス人女性クララ・サン(アデル・エグザルホプロス)と親密になるが、その一連の行動により、政府からの疑惑の目はますます強まる。その後、ヌレエフは信じがたい要求をつきつけられ、苦渋の決断を迫られる。
それは、収容所に連行され、踊りを続けることすらままならない未来を暗示するものだった。1961年6月16日パリ、ル・ブルジェ空港。他の団員たちがロンドンへ旅立ち、KGBと共に空港に残されたヌレエフがくだした決断とは―

***********************************


監督:レイフ・ファインズ

脚本:デヴィッド・ヘアー『めぐりあう時間たち』『愛を読むひと』
出演:オレグ・イヴェンコ/セルゲイ・ポルーニン『ダンサー、 セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』/アデル・エグザルホプロス『アデル、ブルーは熱い色』/ルイス・ホフマン 『ヒトラーの忘れもの』/チュルパン・ハマートヴァ『グッバイ、レーニン! 』/ラファエル・ペルソナ 『黒いスーツを着た男』/レイフ・ファインズ 『シンドラーのリスト』 『イングリッシュ・ペイシェント』

配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS