「政治」カテゴリーアーカイブ

原題:Norman リチャード・ギア主演『嘘はフィクサーのはじまり』公開初日が10/27に決定!


原題:Norman リチャード・ギア主演『嘘はフィクサーのはじまり』公開初日が10/27に決定!

映画情報どっとこむ ralph この度、リチャード・ギア主演『嘘はフィクサーのはじまり』初日が10月27日(土)となり、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開となりました!

『愛と青春の旅立ち』、『プリティ・ウーマン』、『HACHI 約束の犬』など幅広く活躍を続け、〈この世で最もセクシーな男性〉にも選ばれたリチャード・ギア。

2枚目ハリウッドスターが厄介事を引き受けまくる自称フィクサーを怪演し、一流の批評家たちが大絶賛!
撮影の1年前から役作りを研究し、歩き方から表情、耳の立ち方(!)にいたるまで、お調子者だけど憎めないキャラクターを作り上げています。
ノーマンを翻弄する首相役には、9月に公開される『運命は踊る』では主演を務める、イスラエルを代表する俳優リオル・アシュケナージ。他にも、『クィーン』のマイケル・シーン、コーエン兄弟作品などの個性派スティーヴ・ブシェミ、女検察官役にシャルロット・ゲンズブールなど国際色豊かな俳優たちが脇を固める。

監督は『ボーフォートレバノンからの撤退』と『フットノート』がアカデミー賞®外国語映画賞にノミネートされたヨセフ・シダー。『Pina/ピナ・バウシュ踊り続けるいのち』や、リオ五輪閉会式での「君が代」のアレンジを手がけた三宅純が音楽を担当。

映画情報どっとこむ ralph 気になる物語は・・・

リチャード・ギア演じるフィクサーの目線を通してNYのユダヤ人社会、政財界、米とイスラエルの関係などを描いた悲喜劇です。
首相と親しくなるには1足の革靴から!?
ニューヨークを牛耳るユダヤ人社会に食い込もうと、自称フィクサーのノーマンは小さな嘘を積み重ねて人脈を広げてきた。ある日、イスラエルのカリスマ政治家エシェルに偶然を装って近づき、高価な革靴をプレゼントする。3年後。首相に就任したエシェルと再会を果たしたノーマンは、“首相のお墨付き”を武器に超大物たちの間で暗躍し始める。しかし過度の“忖度”はさまざまな混乱を巻き起こし、国際紛争に発展しそうな事態を招いてしまう・・・。

映画情報どっとこむ ralph 存在を認められたい!偉い人と繋がって、あわよくば大金を手にしたい。そんな万国共通の欲望を笑い、自省したくなるブラックすぎる忖度コメディの傑作が、政治的混乱中の日本に上陸!

嘘はフィクサーのはじまり
原題:Norman: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer

www.hark3.com/fixer


***********************************

監督・脚本:ヨセフ・シダー
音楽:三宅純
出演:リチャード・ギア、リオル・アシュケナージ、マイケル・シーン、スティーヴ・ブシェミ、シャルロット・ゲンズブール、ダン・スティーヴンス

2016/イスラエル・米/英語・ヘブライ語/118分/ビスタ/5.1chデジタル 後援:イスラエル大使館
配給:ハーク
配給協力:ショウゲート
(C)2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.


トランプ政権、シリア攻撃と同日に劇場公開! シリア人ジャーナリストが苦言 映画『ラッカは静かに虐殺されている』


映画情報どっとこむ ralph シリア内戦をテーマにした映画『ラッカは静かに虐殺されている』が14日に公開初日を迎え、アップリンク渋谷では土日全回満席になるなど大ヒットスタートを切った。

同日、都内・アップリンクにて開催されたトークショーに、シリア人ジャーナリストのナジーブ・エルカシュさんとアラブ思想・シリア文化研究者の岡崎弘樹さんが出席。
奇しくもこの日、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとして、米トランプ政権と英・仏が共同でシリアに対する軍事攻撃に踏み切ったというニュースが飛び込み、この事態に対して両氏が言及した。

日付:4月14日
場所:アップリンク渋谷
登壇:
ナジーブ・エルカシュ(シリア人ジャーナリスト)
岡崎弘樹(アラブ思想・シリア文化研究者)

映画情報どっとこむ ralph 本作は、イスラム国(IS)に支配され、混迷を深めるシリア北部の街ラッカの惨状をインターネットを駆使して世界に発信している市民ジャーナリスト集団「RBSS/Raqqa is Being Slaughtered Silently」の命懸けの活動を追うドキュメンタリー。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『カルテル・ランド』のマシュー・ハイネマン監督がメガホンを取っている。


シリア攻撃の一報に対して、日本の新聞社からコメントを求められ
エルカシュさん:私にとっては、今日は特別な日ではない。虐殺はずっと続いている。なぜ、トランプ政権が攻撃したときしか取材しないのか?

と苦言を呈したことも明かした。一方、

岡崎さん:“今日の攻撃はどうか”ということよりも、それを踏まえながら、もっと大きな議論を作っていくことが大事だ。

と強調した。

映画情報どっとこむ ralph 戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。その中で過激思想と武力で勢力を拡大するISが、

岡崎さん:ユーフラテスの花嫁」と呼ばれた美しい街ラッカを制圧。本作では、その生死の狭間で戦うRBSSの姿を追っているが、「ラッカは、素晴らしい宝の山。内戦によって荒廃した街を整備すれば、一大観光地になるようなところ。同時に有能な作家、ジャーナリスト、小説家を数多く輩出していて、歴史と文明が揃った街でもあります。

と称える。そんな平和で才能溢れる街が、なぜ虐殺の対象になったのか。
岡崎さん:シリア人ではない外国人戦闘員がISの中核。ラッカにいるスンニ派の部族が、宗派感情などをうまく利用されながら、次第に取り込まれていったのではないか。

と述べた。

また、「RBSSの面々は顔を出して発言しているが、その反面、危険度も増すのでは?」という観客からの問いに対して、

エルカシュさん:今月6日に、早稲田大学の講義で、Skype中継を通じてRBSSのメンバーの1人、ハッサン・イーサ本人と話ましたが、彼が言うには、『シリア政府はフェイクニュースが非常に多く、“本当はISのメンバーではないのか?”などという、あらぬ疑いをかけられたため、それを払拭するために顔と実名を公表するという行動に出た』と説明していた。彼らは未だに命の危険にさらされている。潜伏先のドイツから今は別の国に移動し、セキュリティのしっかりしたところに隠れて生活しているようです。

と現状を話されました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッカは静かに虐殺されている』は、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野で大ヒット公開中です。

<『ラッカは静かに虐殺されている』公開記念トークショー>

4月21日(土) 13:00回上映後

会場:アップリンク渋谷
ゲスト:白川優子(国境なき医師団)、横田徹(報道カメラマン)

4月22日(日)13:00回上映後
会場:アップリンク渋谷
ゲスト:安田菜津紀(ジャーナリスト)、望月優大(ライター・編集者)


映画情報どっとこむ ralph 映画『ラッカは静かに虐殺されている

次々と殺されていく仲間や家族。そして暗殺の魔の手は、自らにも忍び寄る。

ドキュメンタリー史上、最も緊迫した90分

戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014年6月、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国(IS)」がシリア北部の街ラッカを制圧した。

かつて「ユーフラテス川の花嫁」と呼ばれるほど、美しかった街はISの首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、市民ジャーナリスト集団“RBSS”( Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)は秘密に結成された。

彼らはスマホを武器に「街の真実」を次々とSNSに投稿、そのショッキングな映像に世界が騒然となるも、RBSSの発信力に脅威を感じたISは直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す。


公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/raqqa/

公式Twitter:
@raqqamoviejp
***********************************

監督・製作・撮影・編集:マシュー・ハイネマン(『カルテル・ランド』)

製作総指揮:アレックス・ギブニー(アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞『闇へ』監督

(2017/アメリカ/92分/英語・アラビア語/1:2.35/5.1ch/DCP)

配給・宣伝:アップリンク


スピルバーグ監督、メリル、トム『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』パリ プレミアレポート


映画情報どっとこむ ralph 2大オスカー俳優メリル・ストリープ✕トム・ハンクスがスティーヴン・スピルバーグ作品でついに初競演を果たすとして大きな話題となっております、本年度アカデミー賞最有力作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が 3月30日(金)より公開となります。

すでに、ナショナル・ボード・オブ・レビューでは最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞を見事獲得したほか、第75回ゴールデン・グローブ賞では、作品賞、監督賞、主演女優賞、主演男優賞含む6部門にノミネートされ、全米製作者組合賞では候補作のTOP10に選出、またまもなくノミネートが発表されるアカデミー賞の最有力候補としても期待をかけられるなど、世界中からますます注目を集める本作ですが、この度、フランスにてプレミアイベントが開催されました!

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』パリプレミア
日時:1月13日(現地時間)
場所:フランス パリ/「Cinema UGC Normandie」
登壇:スティーヴン・スピルバーグ監督、メリル・ストリープ、トム・ハンクス

映画情報どっとこむ ralph 世界的有名なフランスの凱旋門がそびえ立つ、世界一美しい大通りと呼び声の高い街路、シャンゼリゼ大通りに位置する会場で行われた本イベント。

レッドカーペットが敷かれた大通り沿いには溢れんばかりの観客が集まり、シックなスーツを身に纏ったスティーヴン・スピルバーグ監督、ランバンのブラウスに身を包んだメリル・ストリープ、ブラックのコートにダークシアンカラーのストールを合わせたトム・ハンクスが登場!!!
熱狂的なファンたちは、それぞれの名前を大声で叫び、メッセージがかかれたプラカードを掲げるなど大盛り上がり!出迎えを受けた3人は笑顔で手を振り、投げキッスを贈るなど快い対応を見せました。
映画情報どっとこむ ralph 本編上映後、スピルバーグ監督、メリル、トムがステージに登場すると、客席からはスタンディング・オベーションと大きな拍手が巻き起こり、

監督を務めたスピルバーグは

スピルバーグ監督:こんなにもたくさんの方に喜んでもらえるなんてとてもうれしいよ!この映画の脚本を読んだとき、まさか他の予定していた映画より先に撮影するなんて思ってもみなかった。でも今の社会の状況を見て、1971年に起きたこの出来事は今すぐにでも映画を通して伝えなければいけない出来事だと思ったんだ。

とコメント。また実在したワシントン・ポストの発行人キャサリン・グラハムを演じたメリルは

ストリープさん:この映画で描かれていた世界の状況というのは、みなさんが生きている”今日”とはとても違うものだったと思うわ。当時、女性が会社を率いるということは社会的にとても難しいことで、キャサリン・グラハムはその先駆者となり、新しい世界を開拓したの。彼女の勇敢な行動は今のわたしたちにも必要なことだと思うの。

と熱いメッセージを発信!

最後に、キャサリン・グラハムの勇敢な行動を傍で支え、共に戦った同新聞社の編集主幹ベン・ブラッドリーを演じたトムが

ハンクスさん:すべての男たちによる善い行い、偉大な達成の影には、必ずそれを支え、可能にしてきた女性たちの存在があるんだ!」と力強くコメントを寄せると、会場は大喝采に包まれ、大盛り上がりのプレミアイベントは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
原題:The Post

公式サイト:
http://pentagonpapers-movie.jp/ 

公式Twitter:
@pentagon_movie


2017年12月22日(現地時間)全米9館で限定公開され<1館あたりの週末アベレージが58,446ドル>を記録し、他の追随を許さない大ヒットスタートを切った本作ですが、現地1月12日には公開館数を2,819館へ大幅に拡大し、公開がスタート!前週比995%超えとなる売上約1,936万ドル(Box office mojo調べ)を売り上げ、興行収入ランキングでは公開4週目にも関わらず他の強豪大作を抑えて堂々の2位に!

観客の満足度を調査する有名サイト「Cinemascore」では評価「A」、映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」では評価メーター88%という高い数字を記録しており、SNSでも「上映中に拍手喝采が起きた映画を初めて観た。しかもそれが3回も起きたの。絶対見て欲しい作品」、「今の政治情勢に大きく関係しているこの映画を、今、観るべきだ。報道の自由というのは民衆のためのものであって政治家のものじゃない、それを感じさせる作品」と絶賛の声が挙がっております。

「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任45日後に本作の製作を発表し、予定していた作品よりも先に撮影を敢行を決断したスピルバーグの熱い思いに賛同するメリル・ストリープ、トム・ハンクスをはじめとする豪華面々の元で製作された本作。映画界を代表するスタッフの一人ひとりが、強烈なメッセージを込めて制作に臨んだというその想いが、今、全米各地、世界へと広がりを見せる本作に引き続きご注目ください!

物語・・・
1971年、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国内には反戦の気運が高まっていた。国防総省はベトナム戦争について客観的に調査・分析する文書を作成していたが、戦争の長期化により、それは7000枚に及ぶ膨大な量に膨れあがっていた。ある日、その文書が流出し、ニューヨーク・タイムズが内容の一部をスクープした。ライバル紙のニューヨーク・タイムズに先を越され、ワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハムと編集主幹ベン・ブラッドリーは、残りの文書を独自に入手し、全貌を公表しようと奔走する。真実を伝えたいという気持ちが彼らを駆り立てていた。しかし、ニクソン大統領があらゆる手段で記事を差し止めようとするのは明らかだった。政府を敵に回してまで、本当に記事にするのか…報道の自由、信念を懸けた“決断”の時は近づいていた-。

***********************************

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:エイミー・パスカル、スティーヴン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー
脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
キャスト:メリル・ストリープ、トム・ハンクス他
全米公開:2017年12月22日 (限定公開)2018年1月12日(拡大公開)
日本公開日:2018年3月30日(金)
配給:東宝東和 
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.


メリルxハンクスxスピルバーグ『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』日本公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 2大オスカー俳優メリル・ストリープxトム・ハンクスがスティーヴン・スピルバーグ作品でついに初競演を果たすとして大きな話題となっている、本年度アカデミー賞最有力作『The Post(原題)』が、この度、邦題『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』として、2018年3月より日本公開することが決定しました。
ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する。

政府がその存在すらひた隠しにしていた衝撃の事実を明らかにすべく立ち上がった実在の人物たちの姿を追う本作は、立場を超えた熱い信念や絆、それぞれの思惑や葛藤が描かれ、何層にも重なるほど厚く、緊張とスピード感溢れるドラマが展開していきます。

映画情報どっとこむ ralph スピルバーグ監督は「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任45日後に本作の製作を発表し、先に予定していた作品を前倒しする事を決めて撮影を敢行。

政府によってジャーナリズムに規制がかけられ、国の主役であるはずの国民に真実が伝えられず、何が真実で、何が正しいのかがわからなくなってきている現代において、「今」だからこそ伝えるべき作品と強烈なメッセージを込め、この危機的状況に警鐘を鳴らす作品に仕上げています。
スピルバーグの強い呼びかけに応え、メリル・ストリープとトム・ハンクスという2大オスカー俳優が遂に初競演!ふたりの息の合った圧巻の演技バトルが物語に深みを与えます。さらに、脚本はリズ・ハンナ、そして『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞最優秀脚本賞を手にしたジョシュ・シンガーが手がけ、音楽はジョン・ウィリアムズが担当するという世界最高の布陣。

すでにVariety紙、Indie Wireといった有名媒体をはじめ、Gold Derby、Awards Daily、Awards Circuitといった大手オスカー予想サイトでも本作がアカデミー賞や各映画賞のフロントランナーとして上位に挙げられており、今後の賞レース大本命として大きな期待がかかっています。

映画情報どっとこむ ralph ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
原題:The Post

2018年3月より全国ロードショー

公式サイト:
pentagonpapers-movie.jp

公式Facebook:
@pentagonpapers.movie/

公式Twitter:
@pentagon_movie

***********************************

キャスト:メリル・ストリープ、トム・ハンクス他

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:エイミー・パスカル、スティーヴン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー
脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

全米公開:2017年12月22日(限定公開)2018年1月12日(拡大公開) [予定] ■日本公開日:2018年3月
配給:東宝東和
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.


オダギリジョー、一分一秒も無駄に出来ない!『エルネスト』大ヒット御礼舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えたキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

革命家、反帝国主義のカリスマとして、また、革新を想起させるシンボル。

そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が現在、絶賛上映中。

公開後には

「オダギリさんのスペイン語に違和感はまったくなかった」「ゲバラの生き様がカッコよすぎる」「投票前に見たら平和革命が起きるはず!」「キューバ危機前後の当事者たちの空気感が伝わってくる良作!」と、オダギリの演技、阪本順治監督の演出、そして作品のストーリーそのものと映画『エルネスト』について、あらゆる角度から絶賛の声が上がっています。

そして、10月14日(土)に有楽町スバル座にて、大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。

映画『エルネスト』大ヒット御礼舞台挨拶

日時:10月14日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:オダギリジョー、阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph 公開前からオダギリの全編スペイン語でのセリフ、12キロも減量して臨んだキューバロケなど、オダギリの作品に対する真摯な姿勢が多くの方々の胸を熱くしていた。


主演のオダギリジョー、阪本順治監督が登壇した。

阪本監督:東京や地方での舞台挨拶をオダギリ君と一緒に周らせていただき、今回が最後になります。さよならオダギリ君!

と会場を笑わせ、

阪本監督:広島に舞台挨拶へ行き、ヒロシマ平和映画賞受賞を一緒に分かち合えた。

と感慨深い表情で感謝した。
上映後の舞台挨拶ということで、作品を鑑賞されたお客様から熱い質問が飛び交う中、フレディ前村の役作りについて質問され

オダギリさん:髪の毛を一年半伸ばし続け、スペイン語も準備を入れたら約一年は習得に時間が掛かりました。爪と髭も三ヶ月ほど伸ばしっぱなしにしたので、生活に支障が出るほど大変でした。

と語り、

阪本監督:フレディ前村のご家族に映画化の許可を取りに行くところから始めました。フレディ前村のお姉さんであるマリーさんが、医者になろうとキューバに渡った弟が、武器を手に人を殺めるかもしれない道を選び、弟は苦しんでいたんじゃないかとおっしゃっていた。それを聞き、本作を戦争映画として描くのではなく、フレディ前村の学生時代にフォーカスしようと思いました。

と制作の過程と方針を語りました。

映画情報どっとこむ ralph また、二人にとってのチェ・ゲバラとは?

オダギリさん:カストロやカミーロもそうですが、日々の生活の送り方や生き方が全然違う。国のために、革命に身を捧げるなんて普通は出来ない。彼らの生き方を知ると、一分一秒も無駄に出来ないと思わされました。

阪本監督:キューバ革命を成功させた後、それなりの地位を得たにも関わらず、権力にしがみつかなかった。今の政治家とは大違いですね。

と皮肉交じりに語り、会場を沸かせていた。
また、《自分のすべきことは自分で考えろ》という劇中の台詞にちなみ、自分のすべきことをどう考えているのかという質問に対し、

オダギリさん:いつも、こういった舞台挨拶や取材で話す時、事前の準備はせずに、自分の思うことを話しています。感覚で行動していくタイプの人間なので、嘘をついてまで、上手くやり過ごそうとは思わない。このスタイルでこの先もやっていこうと思います。

と熱く語り、会場からは拍手が沸き起こった。
この発言を受け

阪本監督:自分から探し、自分から求めることにより、自分がやるべきことがわかってくる。オダギリ君とは逆です!(笑)。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

オダギリさん:この作品は、40代を迎えた僕にとっての集大成だと思っています。この作品、僕が演じた役を越えるというのが、これから先の僕の課題だと思います。

と熱く語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

映画『エルネスト』

TOHOシネマズ 新宿他 絶賛上映中です。是非。


***********************************

脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス
配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.