「戦争」カテゴリーアーカイブ

秋津艦長(西島秀俊)「これは訓練ではない!」『空母いぶき』の新たな予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の襲撃。日本領土の島が占領され未曾有の緊張が走る中、政府は自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。日本は経験したことのない一日を迎えようとしていた。

5月24日公開となる『空母いぶき』の新たな予告編と本ポスター・ビジュアルが初解禁。

真っ赤に染まる空母「いぶき」を背景にオールスターキャストが並ぶ本ポスターは、「運命の、24時間。」というコピーと共に、戦後最大の危機に立ち向かう人間達の緊張状態が表現されている。大胆に配置されたタイトルが“規格外の大作感”を醸し出す。

映画情報どっとこむ ralph 新たに解禁となった予告編では、日本が侵略を受けた状況下「これは訓練ではない!」という空母「いぶき」秋津艦長(西島秀俊)からの言葉により、第5護衛隊群の各艦隊員はかつて経験したことのない緊張感におそわれる。攻撃か、防御か。自身の信念の元で激しく葛藤する「いぶき」副長の新波(佐々木蔵之介)。たまたま取材目的で「いぶき」に乗艦していたニュース・サイトの記者、本多裕子(本田翼)は、この事態にどう立ち向かうのか。垂水内閣総理大臣(佐藤浩市)を中心とする政府は、究極の選択を迫られる。想定を超えた戦闘状態へと突入していく第5護衛隊群。「対空戦闘用意!」海の向こうでは各艦長(髙嶋政宏、玉木宏)の号令がこだまし、中野店長(中井貴一)のコンビニエンス・ストアには、事態を知り食料や水を求める市民の長蛇の列が出来始める。クリスマス・イブ前日、この国が保ち続けた平和を終わらせないために、それぞれの戦いが今、始まるー。


映画情報どっとこむ ralph 2018年3月に撮影が始まった本作は、長きに渡る撮影とポストプロダクションを経て2019年1月に完成。

いち早く試写をご覧になった原作者のかわぐちかいじ氏よりコメントが到着。

「映画は原作以上に秋津と新波が自衛官としてクッキリ描かれていて国を守るとはどういうことかというテーマが二人の確執を通して浮び上ってくる。」

と絶賛しています。


『空母いぶき』

5月24日(金) 全国ロードショー

kuboibuki.jp

<ストーリー>
20XX年。
日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない1日を迎えることになる―。

***********************************


出演:
西島秀俊 佐々木蔵之介
本田翼 小倉久寛 髙嶋政宏 玉木宏 戸次重幸 市原隼人 堂珍嘉邦 片桐仁 和田正人 石田法嗣 平埜生成 土村芳 深川麻衣 山内圭哉
中井貴一 村上淳 吉田栄作 佐々木勝彦 中村育二 益岡徹 斉藤由貴 藤竜也 佐藤浩市

【原作】かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
【企画】福井晴敏 【脚本】伊藤和典 長谷川康夫
【音楽】岩代太郎 【監督】若松節朗
【製作】『空母いぶき』フィルムパートナーズ
【配給】キノフィルムズ
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ


緊迫 潜水艦アクション『ハンターキラー 潜航せよ』本編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 潜水艦アクション大作『ハンターキラー 潜航せよ』が4月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。

2019年、元米海軍潜水艦艦長による原作と、米国防総省×米海軍全面協力のもと、『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣により、未だかつてない進化を遂げた【潜水艦アクション大作】がスクリーンに登場!!しかも、米海軍特殊部隊ネイビーシールズと潜水艦のダイナミックな共闘も見逃せない一作となる。
ロシアで大統領が拘束されるクーデターが勃発し、第三次世界大戦開戦の危機が訪れる。世界の運命をかけ、米海軍攻撃型原子力潜水艦“ハンターキラー”と特殊部隊ネイビーシールズには、「ロシア大統領を救出せよ」という前代未聞のミッションがくだる。

この度、本作冒頭のアメリカ潜水艦とロシア潜水艦が海の下で激しい交戦を繰り広げる、緊迫とド迫力の約150秒の本編映像が解禁となります!

ロシアのバレンツ海コラ半島沖で消息不明になった米海軍原潜タンパ・ベイの捜索に向かったジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は、タンパ・ベイが敵襲により無残にも沈没したことを確認し、艦内は最大限の警戒態勢に入る。この映像が捉えるのは、警戒態勢の中、新たな音を探知した“ハンターキラー”がその正体であるロシア原潜と激しい交戦を繰り広げるシーンだ。

音の正体が分からずソナー音に耳を澄ませる乗組員たちに緊張が走るが、両艦の距離わずか260mという至近距離から突然魚雷の襲撃をうけた上、敵艦にぶ厚い氷の真下の陣を取られ、“ハンターキラー”の一瞬の猶予も許されない圧倒的不利な状況が伝わってくる。その中でグラスはとっさの判断で魚雷の進行方向を変えることを指示。その読みは的中し、敵艦を見事撃沈させ、乗組員は喜びの声を上げるが、敵側の魚雷はまだ生きていた―― <そこは音だけが《見える》戦場>という本作のキャッチコピーをまさに体現したかのような緊迫の場面だが、敵艦が氷ごと上空に爆発していく様子もスクリーンで観ればさらにアガること間違いなしのダイナミックなシーンとなっている。



映画情報どっとこむ ralph グラス艦長を演じるジェラルド・バトラーは、撮影前にパール・ハーバーへ行き、実際に潜水艦に乗船して海に出るなど万全の態勢でこの役に挑んでおり、「グラス艦長に惹かれたのは、極めて重大な決断を迫られている人物だからだ」と演じた役柄の魅力を説明。さらに、「彼の決断はこの先何百年も世界に影響し、即座に第三次世界大戦を引き起こす恐れもある。究極に危険な賭けに出ているんだ」と話す。


映画情報どっとこむ ralph 実際、“ハンターキラー”は迎撃とはいえ露艦を撃沈させたことで、二国間には大きな緊張が走ることになる。。

ハンターキラー 潜航せよ

公式サイト:
gaga.ne.jp/hunterkiller


【STORY】 
呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。
ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。

未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は一隻の潜水艦に託された―。


***********************************


監督:ドノヴァン・マーシュ
原作:ジョージ・ウォーレス&ドン・キース「ハンターキラー 潜航せよ」(ハヤカワ文庫)
出演:ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン、コモン、リンダ・カーデリーニ、ミカエル・ニクヴィスト
原題:HUNTER KILLER/2018/イギリス/122分/カラー/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:林完治
配給:ギャガ © 2018 Hunter Killer Productions, Inc.   


ジョン・ウー監督 金城武xチャン・ツィイーxソン・ヘギョx長澤まさみ『The Crossing -ザ・クロッシング』


映画情報どっとこむ ralph この度、『男たちの挽歌』、『レッドクリフ』、『M:I-2』など、数々の名作を手掛け、世界中にファンを持つ巨匠監督ジョン・ウーが メガホンを取り、金城武、チャン・ツィイー、ソン・ヘギョ、そして日本からは長澤まさみと、日中韓の豪華キャストが集結した大河ロマン、 『The Crossing(原題)』が、邦題『The Crossing -ザ・クロッシング- PartⅠ, Ⅱ』に決定し、6月7日(金)より日本公開する事となりました!!


運命が、交差する。
3 組の男女の出会いと別れ、移りゆく愛の物語を、国民党(蒋介石 しょうかいせき ) と共産党(毛沢東)との対立が最も激化した、1945 年国共内戦を 舞台に描いた本作。当時、日本の占領下にあった台湾と、中国本土は 激しい内戦状態にあり、多くの人々が犠牲となった。

この歴史的大戦を 題材に選び監督を務めたのは、『男たちの挽歌』、『レッドクリフ』、『M: I-2』を手掛けたジョン・ウー。中国生まれで香港に移り住み、“香港ノ ワールの生みの親”とも呼ばれる巨匠は、下積み時代に映画会社の台 湾支社に所属していた過去を持つ。本作に対し、「中国と台湾両岸の 想いを込めた作品を作りたいと思っていた」と、特別な想い入れがある事 を語る監督。名作『グリーン・デスティニー』の脚本家ワン・ホエリンの原案 を基に、前後編に渡る壮大な大河ロマンスを構築、総製作費 76 億円 をかけ、超大作に仕上げた!


前編は戦争と時代に翻弄されながらも、命を燃やし・愛を貫いた3組の男女を描き、後編では 1,000 人近い乗組員、乗客 が犠牲になった上海発・台湾行きの大型客船「太平輪号沈没事件」を軸に、客船に乗り合わせた男女それぞれの運命がやがて 交差していく― 3組の男女を演じる俳優陣には、中国・日本・韓国を代表する超豪華キャストが集結!

チャン・イーモウ監督作『LOVERS』 や、日本のドラマ・CM にも出演経歴を持つ金城武が、台湾国籍の日本軍軍医イェン・ザークンを演じ、近年『マスカレード・ホテ ル』、『キングダム』、『コンフィデンスマンJP』と出演作が後を絶たない女優長澤まさみが、金城武の幼馴染・雅子を演じている。他キャストには、中国を代表する女優チャン・ツィイー(『LOVERS』)、ホアン・シャオミン(『イップ・マン 葉問』)、トン・ダーウェ イ(『レッドクリフ』)、韓国の人気女優ソン・ヘギョ(「太陽の末裔」)。

映画情報どっとこむ ralph また、この度監督から日本公開決定に伴いコメントが到着!

不穏な時代ほど愛の偉大さが際立つ。本作で中国と台湾の両岸の思いを伝えられたらと思います。 ジョン・ウー


『The Crossing -ザ・クロッシング- PartⅠ, Ⅱ』
原題 The Crossing 太平輪

公式 HP:
thecrossing.jp

[前編]1945 年、国民党の将校、レイ・イーファン(ホアン・シャオミン)は、上海の舞踏会でチョウ・ユンフェン(ソン・ヘギョ)と運命的な出会いをする。しかし国共内戦が激化し、レイはユンフェンを残し内戦の最前線へと向かう―ユンフェンは新居の家屋で、「ザークン(金城武)」と記された絵と、額裏から「雅子(長澤まさみ)」の日記を発見する―ユイ・チェン(チャン・ツィイー)は、出征したまま行方不明になった恋人を探すため、従軍看護師に志願。十分な食糧が無いなかで見知らぬ兵士、トン・ターチン(トン・ダーウェイ)と家族のふりをして、食糧配給を得る―

[後編]
1947 年、1,000 人近い乗客・乗組員を乗せて上海から台湾へ向かっていた大型客船「太平輪」。船にはユイ・チェン(チャン・ツィイー)、ザークン(金城武)、トン・ターチン(トン・ダーウェイ)が、それぞれに違う目的で乗船していた。深夜、近くの貨物船との衝突事故でそれまでお互いを知る事の無かった男女の3組の運命が交差する―


***********************************

出演:チャン・ツィイー、金城武、ソン・ヘギョ、ホアン・シャオミン、トン・ダーウェイ、長澤まさみ他

監督・脚本:ジョン・ウー『男たちの挽歌』、『レッドクリフ』、『M:I-2』
原案:ワン・ホエリン(『グリーン・デスティニー』)
2014/中国/PartⅠ129 分,PartⅡ126 分
字幕翻訳:木村佳名子/5.1ch/シネスコ
配給:ツイン
©Beijing Galloping Horse ・ All Rights Reserved.


『あの日のオルガン』のモデルの園児たちが、74年ぶり再会&アン・サリー生歌披露


映画情報どっとこむ ralph 太平洋戦争末期、子どもたちを守り抜いた保母たちを描いた実話『あの日のオルガン』が、絶賛公開中です。本作は、親元から遠く離れた荒れ寺へ、53人の園児たちと疎開生活をスタートさせ、託されたいのちを守りぬこうとするヒロインたちの奮闘を描いた真実の物語です。

この度、劇中でも描かれている、多くの大切な命を失った「東京大空襲」を、忘れてなはならないという思い、そして、来たる新しい時代に向けて平和への願いをこめたスペシャルイベントを実施。

当日は、平松恵美子監督、本作の企画を担ったシネマとうほくの鳥居明夫さんと共に、劇中に登場する園児“けんちゃん”のモデルである田辺健之さんや、同じく園児だった佐瀬玲子さんと長尾満栄さん姉妹が登壇。


『あの日のオルガン』スペシャルイベント
日付:3月 10日(日) 
会場:新宿ピカデリー
登壇:アン・サリー(主題歌)、平松恵美子(監督)、鳥居明夫(企画)、当時疎開保育園の園児3名(田辺健之[現78歳/当時5歳]、佐瀬玲子[現80歳/当時6歳]、長尾満栄[現76歳/当時2歳])
フォトセッション時:中島琴音

映画情報どっとこむ ralph 当時、田辺さん自身は、空襲には合わなかったものの、「東京大空襲」によって家族全員を亡くし、一方の姉妹の姉・佐瀬さんは、実際にその空襲を経験し、その時の経験がトラウマとなり、子どもながらに東京を離れて自ら疎開することを決意しました。疎開先である妙楽寺で共に過ごした経験をもつ田辺さんと佐瀬さん長尾さん姉妹ですが、三人が再会するのは、なんと74年ぶり。月日が経った今だからこそ伝えなければならない「東京大空襲」について、そして、疎開時の思い出や経験談を語っていただきました。
平松監督:おねしょもしなくなった、賢いけんちゃんー?

と、劇中のみっちゃん先生のセリフで呼びかけると、「はーい」とけんちゃんのモデルとなった田辺さんから元気よく返事があり、

田辺さん:皆様、みっちゃん先生よかったですよね。あのときみっちゃん先生と一緒に石を投げていた、けんちゃんです。みっちゃん先生は東京に帰ってからも、この疎開体験を一生懸命伝えようとしていました。新聞に本に、テレビ、そして今回このような立派な映画にしてもらい、皆様に観てもらえたことがとても嬉しいです。ありがとうございました。

とコメント。エンドロールにご姉妹お写真で登場する姉の佐瀬さんは

佐野さん:昭和20年3月9日と10日、東京は大きな空襲の被害にあいました。防空壕から出ると辺りは焼野原で、赤ちゃんをおぶっているお母さんや、子どもたち、沢山の人が亡くなっていました。兄妹がどこにいるかも分からずなんとか父親を探し出し、その後、皆とも再会できましたが、子どもながらに“本当に大変な世の中になってしまった、戦争なんて早く終わってほしい欲しい”ただそれだけでした。

と当時鮮烈な記憶を、生々しく語ります。妹の長尾さんは

永尾さん:今、わたくしは77歳になりました。生き延びたんだなと感じます。姉が当時2歳の私を連れて、あちこちに逃げ回ったんです。そういった経験を今の若い方たちには、絶対にさせたくないと思います。どうぞ皆さん、色々なことに感心をもっていただきたいと思います。

と、挨拶を送りました。


さらに、元は阪神・淡路大震災時の復興支援ソングである本作の主題歌「満月の夕2018ver.」ですが、3/10は東京大空襲、翌日3/11は東日本大震災が起こった日であることから、鎮魂歌としてアン・サリーが、平和の祈りを込めて生歌を披露しました!
アンさん:この曲は震災のあとに作られた曲ですが、そのあとも沢山の方が歌い継いでいます。曲中の“焼け跡”という歌詞などは、震災後の景色でありながら、まるで戦争の後のような景色でもあり、今日は3月10日、そして明日は11日ということに、とても感慨深いものを感じました。

と、この日、この場所でこの曲を歌う意味をコメント。

鳥居さん:明日が8年目となる東日本大震災でもこの曲が歌われています。実は私の会社は仙台なんですが、そこから沢山の方々の支援で立ち上がり、やっとこの作品の完成に辿り着きました。この間を振り返ると、“いのちのかがやき”という言葉が、私の胸の中で大きな位置を占めていました。そんな意味でもアンさんのこの歌が、映画のラスト、見事にいのちを輝かせてくれた思っています。

と、話します。

最後に、今日のイベントを見にきていた疎開保育園に通う園児のやっちゃん役・中島琴音ちゃんが登場。いのちのバトンを繋がれここに立つ琴音ちゃんが、実際に戦争を体験した田辺さん、佐瀬さん、長尾さんに挟まれ笑顔を見せる様子に、

平松監督:つまりはこういうこと、皆さまが今見ているこの光景なんです。昭和20年から、平成の今、そして次の世代へと、このように平和への想いを繋げていく。そんな想いを込めて、この作品を届けました。

と来る新しい時代に向け、平和の願いを込めてメッセージ。悲惨で無意味な戦争という存在を語り継いでいかなければならないこと改めて実感させられる意義深い時間となり、イベントは幕を閉じました。  

映画情報どっとこむ ralph あの日のオルガン

オフィシャルサイト:
anohi-organ.com

オフィシャルツイッター/フェイスブック:
@anohinoorugan
#あの日のオルガン


あらすじ
東京も安全ではなくなっていた1944年。戸越保育所の主任保母・板倉楓は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を模索していた。別の保育所・愛育隣保館の主任保母の助けもあり、最初は子どもを手放すことに反発していた親たちも、なんとか子どもだけでも生き延びて欲しいという一心で我が子を保母たちに託すことを決意。しかし、戸越保育所の所長がようやく見つけてきた先は古びた荒れ寺だった。幼い子どもたちとの生活は問題が山積み。それでも保母たちは、地元の世話役の協力をえて、子どもたちと向き合い、みっちゃん先生はオルガンを奏で、みんなを勇気づけていた。戦争が終わる日を夢見て…。そんな願いをよそに、1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を来襲。やがて、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っていた―

***********************************

出演:戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵、林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功

監督・脚本:平松恵美子

原作:久保つぎこ『あの日のオルガン 疎開保育園物語』(朝日新聞出版)
音楽:村松崇継
主題歌:アン・サリー「満月の夕(2018ver.)」(ソングエクス・ジャズ)
配給:マンシーズエンターテインメント
(C)2018「あの日のオルガン」製作委員会
文部科学省特別選定作品(一般劇映画)


潜水艦アクション大作『ハンターキラー 潜航せよ』スペシャル映像&新カットなど一挙解禁!


映画情報どっとこむ ralph 潜水艦アクション大作『ハンターキラー 潜航せよ』が4月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。

ロシアで大統領が拘束されるクーデターが勃発し、第三次世界大戦開戦の危機が訪れる。
世界の運命をかけ、米海軍攻撃型原子力潜水艦“ハンターキラー”と特殊部隊ネイビーシールズには、「ロシア大統領を救出せよ」という前代未聞のミッションがくだる。

この度、迫力満点かつ緊迫感溢れる本作のスペシャル映像と、潜水艦のこだわり抜いたディテールなどが伝わる新場面写真12枚を一挙に解禁!
現実の最新鋭の潜水艦を完璧に再現していることも映画の大きな見どころのひとつ。ドノヴァン・マーシュ監督は映画に登場するのと同じタイプの2004年10月に1番艦が就役したヴァージニア級攻撃型潜水艦に乗船して数日の航海に出たというが、その体験を通じて

「僕がイメージしていた潜水艦とは全く違っていた。たぶんそれは、これまでの潜水艦映画のせいだろう。現実の潜水艦は実践的な戦争の道具なんだ。あちこちにワイヤーやパイプが張り巡らされ、物はただ釘で壁に留められている。そこに活力とパワーを感じたから、そこを描きたいと思った」

と、ケーブルの色に至るまでのあらゆるディテールを徹底してリアルに描くこだわりを発揮。

米国防総省と米海軍の全面協力により、実際に原子力潜水艦を使っての撮影も敢行し、

「圧倒されるほどの迫力だった」

と振り返る。このスペシャル映像や場面写真からも、元潜水艦艦長だった原作者や海軍顧問さえも唸らせたという、リアルな潜水艦内の様子を垣間見ることができる。

圧倒的なカリスマ性と決断力を発揮するジョー・グラス艦長を演じたジェラルド・バトラーは、50度ほども傾いていく潜水シーンについて大きなジェスチャーも交えながら、撮影を通じて体感した臨場感を語る。

映画情報どっとこむ ralph

また映像では、ゲイリー・オールドマン演じる、世界的危機に際して好戦的な言動を取るチャールズ・ドネガン統合参謀本部議長の陸上での緊迫のやりとりも捉えられている。その他、敵の見えない水中だからこそ乗組員一丸となる艦内での張り詰めた様子、“ハンターキラー”と連携しながらたった4人でロシアに乗り込む特殊部隊ネイビーシールズの命がけの雄姿、‘絶対不可侵’のロシア海域内で“ハンターキラー”が機雷スレスレを通過していくスリリングな場面、捕虜とされ“ハンターキラー”に乗り込むことになったロシア原潜艦長アンドロポフ(ミカエル・ニクヴィスト)の姿など、映画の魅力が詰まった映像と画像になっている。


ハンターキラー 潜航せよ

4月12日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショ

公式サイト:gaga.ne.jp/hun


STORY
呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。
ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は一隻の潜水艦に託された―。

***********************************

監督:ドノヴァン・マーシュ
原作:ジョージ・ウォーレス&ドン・キース「ハンターキラー 潜航せよ」(ハヤカワ文庫)
出演:ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン、コモン、リンダ・カーデリーニ、ミカエル・ニクヴィスト
原題:HUNTER KILLER/2018/イギリス/122分/カラー/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:林完治
配給:ギャガ © 2018 Hunter Killer Productions, Inc.