「戦争」カテゴリーアーカイブ

「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」発売決定!ムービックほかにて予約受付スタート


映画情報どっとこむ ralph 昨年好評だった「機動戦士ガンダム卓上カレンダー」が、今年もサンライズより発売することが決定し、本日8月20日(火)12:00より、ムービックほかにて予約受付がスタートしました。

本卓上カレンダーは、2020年1月から12月までの各月のイラストをすべて新規で描き下ろし、1月にはユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)、3月にはΖΖガンダム、6月にはΖプラス(A1型)、9月にはナラティブガンダムC装備が登場。他にもクシャトリヤやサザビーなども描き下ろしており、迫力の仕上がりとなっております。

「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」
「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」

■商品概要
価格:1,800円(税抜)
サイズ:W200×H150mm
仕様:表紙1枚+本文12枚+台紙
ISBN 978-4-8021-9257-6
■予約受付
【ムービック】は、こちら

●購入特典:描き下ろしイラストA3ポスター(Ζガンダム)
ほか通販サイト
※購入特典はムービックで購入いただいた場合のみ付属します。
※今後開催されるイベントなどで販売する場合がございます。
購入特典は付属しません。

「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」 「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」 「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」 「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」 「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」 「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」 「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」 「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」 「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」 「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」 「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」 「機動戦士ガンダム卓上カレンダー2020」
映画情報どっとこむ ralph さらに、ムービックでご予約いただくと、特典としてメカニカルデザイナー・柳瀬敬之氏によるΖガンダムの描き下ろしA3ポスターが付属しますので、この機会にぜひご予約を!!

ムービック購入特典:Ζガンダム
過去記事:
「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」 『ガンダム映像新体験TOUR』ついに始動!
http://eigajoho.com/161155
ガンダム映像新体験TOUR

***********************************

©創通・サンライズ



「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」帝国、同盟の軍服を着た「うまい棒」製作決定!


映画情報どっとこむ ralph 2018年4月、Production I.Gが改めて新作アニメーションとして 「銀河英雄伝説 Die Neue These」を制作 。新たな声優陣、最新の技術での艦隊戦、新たな解釈で描かれた本作は、銀河英雄伝説ファンのみならず、幅広いアニメファンに話題となりました。そのセカンドシーズンとなる「星乱」(12話)が三章立てで、2019年9月27日(金)より劇場にて各章3週間限定イベント上映されます。

この度、銀河帝国軍&自由惑星同盟軍の登場キャラクターの中心でラインハルトとヤンがたたずむ、セカンドシーズン「星乱」第一章のメインビジュアルが解禁となりました!帝国軍と同盟軍が対峙する新ビジュアルは、アムリッツァ会戦の幕開けと両軍の激闘を彷彿とさせます。
「銀河英雄伝説-Die-Neue-These-」
さらに、「ノイエ銀英伝」オリジナルデザインの「うまい棒」の制作も決定。帝国、同盟の軍服を着た「うまい棒」お馴染みのキャラクターが愛らしいデザインとなっております。オリジナルデザインの「うまい棒」は、本作のプロモーション使用や販売を予定中。詳細は後日発表いたします。
うまい棒_「銀河英雄伝説-Die-Neue-These-」
映画情報どっとこむ ralph 併せて、セカンドシーズン「星乱」第一章~第三章の入場者プレゼント情報も解禁に!
入場者プレゼントは「銀河英雄伝説 Die Neue Thse 英雄列伝」。ファーストシーズン「邂逅」からセカンドシーズン「星乱」に登場するキャラクター123名のプロフィールを網羅した「英雄列伝」は、「銀河英雄伝説 Die Neue These」 の世界観をより一層楽しめるはずです。

「星乱」第一章~第三章の入場者プレゼントが決定!
入場者プレゼントは「銀河英雄伝説 Die Neue Thse 英雄列伝」
1話~24話に登場するキャラクター123名のプロフィールを網羅した
英雄列伝のうち毎週14ページ分をプレゼント。全て揃えると、全126ページの英雄列伝が完成します。

第一章 一週目9/27~:第1弾 二週目10/4~:第2弾 3週目10/11~:第3弾
第二章 一週目10/25~:第4弾 二週目11/1~:第5弾 3週目11/8~:第6弾
第三章 一週目11/29~:第7弾 二週目12/6~:第8弾 3週目12/13~:第9弾
☆各キャラクターの1話~24話までの内容でのプロフィールです。
☆本編でセリフのあるキャラクターのみ収録しています。

※ご入場時に、お一人様につき一点の特典をお渡し致します。
※数量限定の為、無くなり次第終了となります。
※チケット購入特典ではございません。
ご入場を伴わない配布はお断りさせて頂きます。あしからずご了承ください。
※配布に関する特別な指定がある場合を除きます。
※入場者プレゼントは、切り替わり前日24:00を過ぎた上映でも
営業が終了するまでは切り替わりません。ご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph そして、セカンドシーズン「星乱」が各章イベント上映することを記念し、東京、大阪の2劇場で第一章の先行上映会を実施することが決定いたしました!東京では多田俊介監督、三間雅文音響監督、アニメーションプロデューサー・磯部真彩さん、大阪でも多田監督、美術監督・竹田悠介さん、アニメーションプロデューサー磯部さんらが登壇予定。

映画情報どっとこむ ralph 是非この機会に一足早く、本作をご覧ください!

「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」

公式HP:
http://gineiden-anime.com

公式Twitter :
@gineidenanime

情報発信Twitter :
@gineidendnt_pr

「銀河英雄伝説-Die-Neue-These-」 「銀河英雄伝説-Die-Neue-These-」 「銀河英雄伝説-Die-Neue-These-」 「銀河英雄伝説-Die-Neue-These-」
【ストーリー】
宇宙暦796年(帝国暦487年)。3000万人の将兵を動員した自由惑星同盟の遠征軍は、帝国領内で銀河帝国宇宙艦隊副司令長官となったラインハルト元帥と麾下の率いる大艦隊と交戦。8個艦隊中、3個艦隊を失うという大きな被害を受けた。しかし、自由惑星同盟最高評議会の意向を受けたロボス総司令官は、残存戦力を集結させての戦闘継続を指示。完全なる勝利を求めるラインハルトも、自由惑星同盟軍の集結ポイントであるアムリッツァ星域へと進攻したことで、後に「アムリッツァ星域会戦」と呼称される戦いが幕を開けた。
「アムリッツァ星域会戦」の翌年、銀河帝国皇帝フリードリヒ四世が後継者を指名しないまま急死。門閥貴族による権力闘争が始まる。一方、自由惑星同盟内では大規模な軍事クーデターが勃発。帝国、同盟それぞれの国を揺るがす二つの内乱はラインハルトとヤンの行く末をも左右することに…。

***********************************

■スタッフ
原作:田中芳樹(東京創元社刊)/監督:多田俊介/シリーズ構成:高木登/助監督:森山悠二郎
キャラクターデザイン:菊地洋子 寺岡巌 津島桂/総作画監督:後藤隆幸 菊地洋子/特技監督:竹内敦志/
メカデザイン:竹内敦志 臼井伸二 常木志伸/オリジナルメカデザイン:加藤直之
プロップデザイン:太田恵子/プロップデザイン・紋章デザイン:秋篠Denforword日和/3D:I.G3D/
3D監督:森本シグマ/美術:Bamboo/美術監督:竹田悠介/美術設定:塩澤良憲・曽野由大・藤井一志/
美術デザイン:渡部隆/色彩設計:竹田由香/音響監督:三間雅文/音楽:橋本しん(Sin)井上泰久/
音楽制作協力: Sony Music Publishing (Japan)Inc. /
オープニングテーマ:「Binary Star」SawanoHiroyuki[nZk]:Uru/
エンディングテーマ:「Tranquility」SawanoHiroyuki[nZk]:Anly /
撮影監督:荒井栄児/編集:植松淳一/制作:Production I.G/監修:らいとすたっふ/企画協力:ROOFTOP/
制作協力:徳間書店/製作協力:DMM pictures/製作:松竹・Production I.G

■キャスト:
ラインハルト・フォン・ローエングラム:宮野真守/ ヤン・ウェンリー:鈴村健一/ジークフリード・キルヒアイス:梅原裕一郎
ユリアン・ミンツ:梶裕貴/パウル・フォン・オーベルシュタイン:諏訪部順一/ウォルフガング・ミッターマイヤー:小野大輔
オスカー・フォン・ロイエンタール:中村悠一/アレックス・キャゼルヌ:川島得愛/フレデリカ・グリーンヒル:遠藤綾
ワルター・フォン・シェーンコップ:三木眞一郎/オリビエ・ポプラン:鈴木達央/ダスティ・アッテンボロー:石川界人
ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ:花澤香菜/フレーゲル:古谷徹/アーサー・リンチ:二又一成/ナレーション:下山吉光
©田中芳樹/松竹・Production I.G


チャン・イーモウ監督最新作『SHADOW/影武者』本編映像&場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『HERO』(02)、『LOVERS』(04)以来となる歴史活劇に再び挑む中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督最新作『SHADOW/影武者』が9月6日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開します。

“リアリティ”を追求した“生身”の圧倒的迫力!中国映画史上最も“革新的“かつ奇策“アンブレラ・ソード” 新時代を切り開く、チャン・イーモウ渾身の武侠アクションに驚嘆する本編映像&場面写真解禁!

軒先の民家に身を潜め迎え撃つ炎国軍の兵士の数では圧倒的に劣る境州奪還軍が使った手段は…勝利のカギは何なのか?

そして、領地奪還は叶うのかー?



傘を剣盾に変え、独楽のように変幻自在に操り、凡手の業ではない突出した鋭利な刃に身を委ねる大胆かつ繊細な動き、竹のようにしなやかで強靭な【アンブレラ・ソード】による誰もが想像しなかった、見たことも無い熾烈で華麗なノンストップ武侠アクションが誕生!敵の兵士と攻防戦を繰り広げながら、「敵国の首領」を目指し約30個の傘が独楽のように高速回転しながら縦横無尽に坂を下る息もつかせぬ展開と思わず声が出るようなチャン・イーモウ渾身の”リアリティ”を追求した圧倒的迫力には驚嘆!腕に弩弓をつけて、もう一方の手で傘を支え、滑りながら建物の一階から三階の敵国の兵士たちを弩弓で撃ち進む。

炎国軍と対峙する境州奪還軍が正面対峙するシーンでは、【アンブレラ・ソード】を形態変化させ、敵兵士に傘を勢いよく振りかざすと鋭い刃が放たれ、中国映画史上最大の奇策で敵兵士をかく乱する。

チャン・イーモウはカメラマンという、自身のルーツに戻り、視覚効果とCGをほとんど使わないことを決意した、”刃”と”刃”が、”生身”と”生身”が激しくぶつかり合うリアリティ溢れる戦闘シーンを作り上げた!

映画情報どっとこむ ralph そして、革新的かつ“過剰なまでの武侠アクション”を活写した場面写真も併せて解禁に。

企画の初期の段階で、チャン・イーモウ監督から「アクションに関しては、VFXを多用した超人的・ファンタジー的な描写ではなく、リアルに描く」という方針が打ち出された。その意図は、名もなき存在、雑草のような存在でも、ヒーローになれることを描きたいという監督の想いからだった。
『SHADOW/影武者』Xiaotong Guan 例えば、傘での戦いは、柔をもって剛を制すような、ダンスのような動きや仕草が要求され、男性も女性らしさを表現しなければならなかったが、最初はなかなか慣れなくて、俳優たちはゾンビのような動きになってしまったそう。しかし、トレーニングを積み重ねていく中、だんだんコツをつかんでいき、待ち時間に女性の仕草をまねたりもして、2,3日後には全員が大きな進歩を遂げたと製作スタッフは語る。

また、本作でチャン・イーモウ監督が掲げた目標の一つに、“クラフトマンシップ”<職人技への回帰>がある。セット、メイク、アクション、衣装など、すべてに職人たちの技が注ぎ込まれた映画作りが行われた映画『SHADOW/影武者』。武器の制作においても、中国の素材を選んで、中国の伝統を表現することを目指し、最も重要なのはクルクルと回転する傘。『トランスフォーマー』シリーズのようなものではなく、表面に中国の文化を思わせる飾りを付けているが、傘の飾りだけで何か月もかかったそう。また、本作の映像のトーンである中国の水墨画に合わせて、モノクロを基調としているところが一番のチャレンジでもある。
Lei Wu-『SHADOW/影武者』
この映画でチャン・イーモウ監督は、日本でも韓国でもない「中国らしさ」をしっかり打ち出すことに非常にこだわってる様子が伺える。
Lei Wu-『SHADOW/影武者』
映画情報どっとこむ ralph 世界を代表する巨匠・チャン・イーモウが構想から撮影開始までに3年半の歳月をかけて、「自分が本当に撮りたい物語と巡り合った」と自ら宣言するように、自由と引き換えに大軍が待つ敵地での無謀な任務遂行に挑む影武者の決死の覚悟を感じる行動や言葉一つ一つに、心揺さぶられること間違いなしの本作。

ぜひ、劇場で”リアリティ”を追求した武侠アクションの真髄を体感して欲しい。


中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督最新作
『SHADOW/影武者』
原題:SHADOW

は、9月6日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

公式サイト:
shadow-movie.jp

Twitter:
@showgate _youga

SHADOW/影武者
『HERO』(02)、『LOVERS』(04)で一斉を風靡したチャン・イーモウ監督と主要スタッフが再タッグを組み「三国志」の〈荊州争奪戦〉をダイナミックにアレンジ。武侠アクションの新時代を切り開く、傑作エンターテイメントが誕生。本作は、「第75回ベネチア国際映画祭」にて絶賛され、海外のレビューサイト「Rotten Tomatoes」では支持率95%(2019年7月27日時点)をたたき出し、“Fresh”と高評価を獲得。そして、「第55回金馬奨」4部門受賞、アジア版アカデミー賞「第13回ASIAN FILM AWARDS」では最多の4部門受賞、米エンタメ誌の「バラエティ」が発表した<2018最も期待される映画20本>に選出され、国内外から高評価を得ている。

主演は中国を代表する唯一無二の俳優、ダン・チャオ。観るものを魅了するダン・チャオが今回は、頭脳明晰で武芸の達人でもある沛(ペイ)国の重臣・都督(トトク)とその影武者の一人二役を見事に演じきった。都督の大輪の華のように優美な妻には、歴史ドラマ「宮廷の諍い女」(11)で国際エミー賞女優部門ノミネート、歴史ドラマ「月に咲く花の如く」(17)で主演を務め、「第31回飛天奨」で優秀女優賞に輝き、ダン・チャオと私生活でも夫婦であるスン・リー。監督は、興行収入40億円を超え社会現象にもなった『HERO』(02)を手掛け、続く『LOVERS』(04)では、興行収入22億円を超え、武侠アクションの一時代を築いた世界の巨匠・チャン・イーモウと豪華な顔ぶれが揃った。

SHADOW/影武者
<ストーリー>
自由と引き換えに、大軍が待つ敵地に赴く影武者を待つのは自由か死か――
時は戦国時代、沛(ペイ)国が領土を、敵の炎国に奪われて20年。若くしてトップを継いだ王は、敵と休戦同盟を結び、平和だが屈辱的な日々に甘んじていた。奪還を願う男たちの燃え上がる闘志を束ねているのが、頭脳明晰で武芸の達人の重臣・都督(トトク)だ。都督は敵の将軍にして最強の戦士・楊蒼(ヤン・ツァン)に、手合わせを申し込む。彼の勝手な行動に怒り狂う王だが、実は目の前の都督は影武者で、本物の都督は自分の影に、自由と引き換えに敵地での大軍との戦いを命じていた。そして王も、ある作戦を秘めていた。果たして、影武者を待つのは光か闇か、それとも──?

***********************************

監督:チャン・イーモウ
脚本:チャン・イーモウ、リー・ウェイ
出演:ダン・チャオ、スン・リー、チェン・カイ
配給:ショウゲート
2018年/中国/カラー/5.1ch/スコープ/中国語/116分/PG12/日本語字幕:樋口裕子
©2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED


『JOJO RABBIT(原題)』が、邦題『ジョジョ・ラビット』日本公開&邦題決定!特報映像&場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)を手掛けたタイカ・ワイティティが監督・脚本・出演を務める最新作『JOJO RABBIT(原題)』が、邦題『ジョジョ・ラビット』として2020年1月に日本公開されることが決定!併せて 、本作の特報映像と主人公の少年ジョジョを演じるローマン・グリフィン・デイビスと、アドルフ・ヒトラーに扮するタイカ・ワイティティ監督の姿を捉えた場面写真が到着しました!
Taika Waititi and Roman Griffin Davis in the film JOJO RABBIT. Photo by Kimberley French. © 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
映画情報どっとこむ ralph 舞台は、第二次世界大戦下のドイツ。心優しい10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、空想上の友だちのアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)の助けを借りながら、青少年集団ヒトラーユーゲントで立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、教官から”ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかわれてしまう。そんなある日、母親(スカーレット・ヨハンソン)とふたりで暮らしていたジョジョは、家の片隅に隠された小さな部屋で、ユダヤ人の少女(トーマサイン・マッケンジー)がこっそりと匿われていることに気付く。ジョジョの頼りとなるのは、ちょっぴり皮肉屋で口うるさいアドルフだけ…。臆病なジョジョの生活は一体どうなってしまうのか!?

映画情報どっとこむ ralph 主人公の少年ジョジョを演じるのは、9歳で俳優になることを決心し、数多くのオーディションを経て、本作で人生初のプロの仕事にして主演の座を獲得したローマン・グリフィン・デイビス。ジョジョの母親役には、『ロスト・イン・トランスレーション』(03)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)といった人気作に出演する名女優のスカーレット・ヨハンソン。ジョジョの家に隠れていたユダヤ人の少女役には、『足跡はかき消して』(18)に主人公の娘役で出演し批評家から絶賛されたトーマサイン・マッケンジー。ヒトラーユーゲントの教官役には、『スリー・ビルボード』(17)で第90回アカデミー賞助演男優賞を受賞したサム・ロックウェルと、期待の新鋭と映画界を代表する豪華キャストが脇を固めています。
監督・脚本、そしてジョジョの空想上の友だちであるヒトラー役を務めるのは、俳優として活躍するだけでなく、メガホンを取った『マイティ・ソー バトルロイヤル』を大ヒットへと導き、日本アニメ「AKIRA」のハリウッド版の監督にも抜擢されるなど、マルチな活躍で才能を発揮し、いま最も世界中から注目を浴びている“天才”タイカ・ワイティティ。独特のセンスと創造力で次々と傑作を生み出しているワイティティが、4度アカデミー賞作品賞に輝き、創立25周年を迎えるFOXサーチライト・ピクチャーズの元、戦時下に生きる人々の生きる歓びと人生の真実を、弾けるユーモアとともに描き、現代に生きる私たち全てを感動に包み込む、かつてなかった壮大なヒューマン・エンターテイメントを完成させました。

映画情報どっとこむ ralph 併せて、今回解禁されたのは、ジョジョが友だちと楽しそうに訓練に励む姿や、サム・ロックウェル演じる横暴そうな教官が銃の腕前を自慢げに披露する姿、スカーレット・ヨハンソン演じる母親とジョジョがハグを交わす姿などが、サンダークラップ・ニューマンの1969年全英No.1ヒット「Something in the air」の軽快なリズムとともに映し出されていく特報映像。

遊びの延長線のような訓練から一変、実際に戦争に繰り出し呆然と佇むジョジョは一体何を思うのか…?“臆病ウサギ(ジョジョ・ラビット)”とからかわれ落ち込むジョジョに対し、空想上の友だちのアドルフ・ヒトラーは「悪口なら私も散々言われた。“狂人だ”、“あいつは俺たちを皆殺しにする”とね」とブラックジョークで切り返しており、ワイティティ節が大炸裂の刺激的な映像に仕上がっています。

すでにトロント国際映画祭での監督・キャスト総出演のワールドプレミアも決定し、アカデミー賞への最短距離と言われる観客賞最有力候補として高い注目を集めている本作。タイカ・ワイティティ監督が描き出す新たなヒューマン・エンターテイメントに是非ご注目ださい!

『ジョジョ・ラビット』
原題:JOJO RABBIT

公式HP:
http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/ 

公式Twitter:
@foxsearchlightj

***********************************


監督・脚本:タイカ・ワイティティ(『マイティ・ソー バトルロイヤル』)

キャスト:ローマン・グリフィン・デイビス、タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、トーマサイン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソン ほか

全米公開:10月18日
配給:20世紀フォックス映画
(C)2019 Twentieth Century Fox


BiSHら「GUNDAM 40th FES.”LIVE-BEYOND”」第3弾出演アーティスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 連綿と紡がれてきたガンダムシリーズの軌跡を音楽という切り口から新たな地平へと広げるアニバーサリーイベント「GUNDAM 40th FES.”LIVE-BEYOND”」が、9月7日(土)、8日(日)の2日間に渡って、幕張メッセイベントホールにて開催されます。

ガンダム40周年を彩る豪華アーティストに、T.M.Revolution/西川貴教(TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』ほか)、SKY-HI(TVアニメ『 ガンダムビルドダイバーズ』)、BACK-ON(TVアニメ『ガンダムビルドファイターズ』シリーズ)、May J.(TVアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』)、森口博子(TVアニメ『機動戦士Zガンダム」・劇場版アニメ『機動戦士ガンダムF91』ほか)、LUNE SEA(TVアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』オープニングテーマ)、澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk](OVA『機動戦士ガンダムUC』・劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT』ほか)らの出演をすでに発表している。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、さらなるアーティストの出演が決定!

DJシャアザー a.k.a. DJシーザー(「機動戦士ガンダム 40th Anniversary BEST ANIME MIX」)、
DJシャアザー TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND feat.ハセガワダイスケ(ハセガワダイスケ/TVアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』エンディングテーマほか)、
TECHNO_3main_201808 ハセガワダイスケ BiSH(メンバーのアイナ・ジ・エンドが、TVアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』エンディングテーマを担当)の出演が決定!
bish_cas_asha 親しみ深い名曲の数々はもちろん、このイベントだけの趣向として出演アーティストによるガンダムソングのアレンジカバーも披露。アーティストとガンダムが互いの世界をぶつけ合い、新たなコラボレーションを生み出します。

数々の名曲が刻を越えてここに繋がる、ガンダム初のオールタイムベストのイベントとなります。

映画情報どっとこむ ralph <GUNDAM 40th FES.”LIVE-BEYOND”>

【日時】
9月7日(土)17:00開場/18:00開演
9月8日(日)16:00開場/17:00開演

【会場】
幕張メッセイベントホール

【出演者(50音順)】
[9月7日(土)] SKY-HI、T.M.Revolution/西川貴教、DJシャアザー a.k.a. DJシーザー、
TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND feat.ハセガワダイスケ、森口博子、LUNA SEA ・・・and more
[9月8日(日)] 澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk]、BACK-ON、BiSH、May J.、森口博子、LUNA SEA ・・・and more
※出演者は予定なしに変更となる場合がございます。
※出演者変更に伴うチケットの払戻しは致しかねます。

【チケット料金】
全席指定 9,800円(税込)
※3歳以上有料

<ガンダムファンクラブ先行2次>
受付期間:8月1日(木)12:00~8月4日(日)23:59
※詳しくはガンダムファンクラブをチェック!
http://lp.gundamfc.com/news/20059f80d

※枚数制限:お一人様1公演につき2枚まで(複数公演申込可)
※お申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
※その他注意事項は受付画面でご確認ください。


<チケットぴあ・ローソンチケット/先着先行>
[受付期間] 8月5日(月)12:00~8月7日(水)23:59
[チケットぴあ/受付URL]
https://w.pia.jp/t/gundam40th/
[ローソンチケット/受付URL]
https://l-tike.com/gundam40th/

<イープラス/先着先行>
[受付期間] 8月7日(水)12:00~8月9日(金)18:00
[受付URL]
https://eplus.jp/gundam40th/


一般発売日:2019年8月10日(土)10:00am~発売開始!

<チケットぴあ>
◆電話予約:0570-02-9999 (Pコード:642-925)
◆店頭購入:セブン-イレブン、チケットぴあ店舗
◆ネット予約:
https://w.pia.jp/t/gundam40th/

<e+(イープラス)>
◆店頭購入:ファミリーマート店内Famiポートにて直接購入
◆ネット予約:
https://eplus.jp/gundam40th/

<ローソンチケット>
◆電話予約:0570-084-003 (Lコード:70783)
◆店頭購入:ローソン・ミニストップ店内Loppiにて直接購入
◆ネット予約:
https://l-tike.com/gundam40th/

※先着先行・一般発売共に先着順となりますので、上限数に達し次第、受付終了となります。
※お申込み方法及び注意事項は受付画面よりご確認ください。

【公演に関するお問合せ】
インフォメーションダイヤル
03-5793-8878(平日13:00~18:00)

映画情報どっとこむ ralph 今年「機動戦士ガンダム」シリーズは、1979年にTVアニメの放送開始してから40年を迎えます。
以来、日本を代表するアニメ作品となり、TVアニメは20作品、劇場作品は19作品、OVA18作品を連ね、またガンダムのプラモデル、通称“ガンプラ”はこの1980年の発売以来、累計出荷数5億個を突破するなど、いまだに高い人気を誇り、現在も宇宙世紀の新たな100年を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクトとして劇場アニメ3部作「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」や、ハリウッド製作による実写映画など新作の発表をし続けています。
gundam40th
***********************************