「戦争」カテゴリーアーカイブ

内山昂輝x藤村歩x浪川大輔 登壇!『機動戦士ガンダムNT』UCスペシャル舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 1979年にTV放送された富野由悠季監督の『機動戦士ガンダム』を原点に、広がり続けてきたガンダムシリーズ。その宇宙世紀シリーズ最新作にして、大ヒットシリーズ『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く、宇宙世紀サーガの最新作『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が、11月30日より全国90劇場でロードショー中です。富野監督が描いた“ニュータイプ”という概念に対し、果たして本作はどのような答えを見出すのか・・・。

物語は、『機動戦士ガンダムUC』より、一年が経過した、宇宙世紀0097年。世界的な商業ネットワークを構築する華僑の商業集団、ルオ商会が調整し、実戦投入した新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」。

果たして彼らの真の目的とは何なのか?

この度、『機動戦士ガンダムNT』の大ヒットを記念しまして、シリーズ前作にあたる『機動戦士ガンダムUC』の豪華キャスト陣登壇の「UCスペシャル舞台挨拶」が開催されました!

NEW

日程:1月11日(金) 
場所:TOHOシネマズ上野
登壇:内山昂輝(バナージ・リンクス役)、藤村歩(ミネバ・ラオ・ザビ役)、浪川大輔(『ガンダムUC』リディ・マーセナス役/司会)
福井晴敏(脚本)、小形尚弘(プロデューサー)

映画情報どっとこむ ralph 『機動戦士ガンダムNT』大ヒットを記念して行われた「UCスペシャル舞台挨拶」と題されたイベントに、脚本の福井晴敏さん、プロデューサーの小形らとともに、シリーズ前作にあたる『機動戦士ガンダムUC』に続き、『NT』にも登場しているバナージ・リンクス役の内山昂輝さん、ミネバ・ラオ・ザビ役の藤村歩さんと、『UC』リディ・マーセナス役で、『NT』の宣伝隊長を務める浪川大輔さんが司会として登場した。
内山さんが久しぶりのガンダムのトークイベントへの参加をうけて

内山さん:ガンダムファンの皆さん、ご無沙汰しております。

と挨拶すると、観客のテンションも急上昇。

今回、前作の『UC』に続き『NT』に自身のキャラクターが登場すると決まったときの感想を聞かれると、

内山さん:『UC』をepisode 7までやらせていただいて、ひとつやりきったなという感じだったので、どのように登場するのかと思っていましたが、最後おいしいところを持って行く役どころで驚きでした(笑)

と語った。『UC』の1年後を描く『NT』であるが、1年後のキャラクターを演じる上で気を付けたことや意識したポインントについて、

内山さん:年々episode 1あたりの声を再現するのが難しくなってきたのと、あれほどの色々な経験を積んだから1年後でもだいぶ大人になっただろうとのことで、一気に年を取らせることにしました(笑)。大人になったバナージ2.0バージョンになっていますね。

と語ると、藤村さんも声をあてる上で、自身の年齢とキャラクターの年齢の幅が大きくなることでの苦労に触れながら

藤村さん:ミネバも2.0になっています(笑)

と同意した。

映画情報どっとこむ ralph 作品ごとに名ゼリフを生み出してきたガンダムシリーズだが、『NT』の名ゼリフについての話題になると

福井さん:ゾルタンは意図的に“これを言ったら面白い!”という台詞を集中的に書いていました。

と個性的なキャラクターとして多くの人の印象に強く残ったゾルタンのキャラクターと名ゼリフの制作秘話を明らかにした。

その後も各々が『NT』への想いを語る中、浪川さんが音楽について触れ、『UC』は重厚感のある曲調であったのに対し、『NT』は軽やかでスピード感・疾走感のある曲調になっていることに触れると、

福井さん:監督の吉沢さんと相談して、(物語の内容が)重いため、音楽は軽やかに飛ばしていくイメージにしようと決めました。

と説明。音楽とストーリーの関係性を知った登壇者や観客からは、感嘆の声が漏れた。また、藤村はミシェル・ルオを気になるキャラクターとしてあげ、

藤村さん:色々考えているけれどそれを表に出さないクールなキャラクターだけど、本当はすごく人間らしくて、物語後半になるにつれて共感と切なさを覚えました。

とミシェルに対する想いを語った。


そのミシェルの声を務めた村中知さんと藤村さんは、本作ではレコーディングが一緒になることはなかったが、「よろしくお願いします!」とLINEでやりとりしたことも明かした。

また、バナージとミネバと同じく『UC』に引き続き登場したジンネマンやタクヤの1年後の姿について触れた際に、「タクヤも出たのに・・・・」と恨み節をほのめかしていた『NT』には登場がなかったリディ役の浪川さんであったが、なんと2月26日に発売される『機動戦士ガンダムUC』のBlu-ray BOXに、『UC』完結後のリディが主人公として登場するシナリオが特典としてついてくることが明かされた。

本シナリオは『UC』の直後から描かれ、『UC』と『NT』の間に何が起こったのかを知るのに最適なテキストとなっているそうで、この発表に対し、

内山さん:リディの人間くさい、ドラマのあるキャラクターが好きなので特典のストーリーも楽しみです。リディ2.0が観たいです。

と内山さんも期待感をあらわにした。

イベントも終盤となる中、

小形さん:『UC』が皆さんに応援していただけたおかげで、『NT』の今があると思っています!

とガンダムファンへの感謝を述べた。また、

福井さん:今後、このお三方の声を聞けるのもそう遠くないはずです。

と福井さんがまたもガンダムの今後の作品についてほのめかすと、

藤村さん:今後も何らかの形で素晴らしい作品に携われそうな予感がしていて、楽しみです。

と応えた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

内山さん:バナージ・リンクスとこんなに長い付き合いになるとは思っていなかったですし、時を経て『NT』にも登場させていただけて人生何が起こるかわからないと思いました。一視聴者としても、戦闘シーンも素晴らしいし、とっても楽しませていただけた作品でした。

と自身とキャラクターとの縁に加えて本作の魅力を語り、大盛況の中イベントは幕を閉じた。
***********************************


【キャスト】
ヨナ・バシュタ:榎木淳弥/ミシェル・ルオ:村中 知/リタ・ベルナル:松浦愛弓

【スタッフ】
企画・制作:サンライズ
原作:矢立 肇、富野由悠季
監督:吉沢俊一/脚本:福井晴敏
メインキャラクター原案:高橋久美子
キャラクターデザイン:金 世俊/メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司
色彩設計:すずきたかこ
CGディレクター:藤江智洋/ディスプレイデザイン:佐山善則/美術監督:丸山由紀子、峯田佳実
特殊効果ディレクター:谷口久美子/
撮影監督:脇 顯太朗/編集:今井大介
音響監督:木村絵理子
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:サンライズ
配給:松竹


『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』7週目入場者プレゼントに、 閃光のハサウェイ!!


映画情報どっとこむ ralph 『機動戦士ガンダム』を原点に、広がり続けてきたガンダムシリーズ。
その宇宙世紀シリーズ最新作にして、大ヒットシリーズ『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く、宇宙世紀サーガの最新作『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が、11月30日より全国90劇場でロードショー中です。富野監督が描いた“ニュータイプ”という概念に対し、果たして本作はどのような答えを見出すのか・・・。
物語は、『機動戦士ガンダムUC』より、一年が経過した、宇宙世紀0097年。世界的な商業ネットワークを構築する華僑の商業集団、ルオ商会が調整し、実戦投入した新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」。果たして彼らの真の目的とは何なのか?

この度、『機動戦士ガンダムNT』7週目の入場者プレゼントに『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のイメージスケッチカードが配布されることが、決定いたしました!!

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のイメージスケッチを使用したカード。
(配布期間:2019年1月11日(金)~1月17日(木)※なくなり次第配布終了となります。



本作は、1989年に出版された富野由悠季氏書き下ろしによる同名小説を元に、劇場版3部作として上映予定。『機動戦士ガンダム』の流れを汲む宇宙世紀を舞台とし、今年4月に発表された宇宙世紀の新たな百年を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクトの第2弾作品となっています。

公開中の『NT』の本編のラストではいち早くその特報を観ることができますが、詳細については今だベールに包まれたまま。そんな『閃光のハサウェイ』をいち早く感じることができる貴重な機会となってます!

映画情報どっとこむ ralph さらに、1月11日(金)より『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』特典クリアファイル付前売り券の発売も決定!!



『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の特典クリアファイル付き前売券は1月11日(金)から『機動戦士ガンダムNT』上映劇場90館にて販売となります。

引き続き盛り上がりをみせる「UC NexT 0100」プロジェクトから、ますます目が離せません!

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
公開:next WINTER
配給:松竹
©創通・サンライズ

映画情報どっとこむ ralph プロジェクト第1弾作品の『機動戦士ガンダムNT』は現在大ヒット上映中です。



U.C.0097――。
『ラプラスの箱』が、『ラプラス事変』と呼ばれた争乱の結果として世に示されて一年が経過した。だが、ニュータイプの存在とその権利に言及した『箱』=『宇宙世紀 憲章』の存在が明かされても、世界の枠組みに大きな変化はなかった。一方、『ラプラス事変』において、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』は一時的に瓦解し、活動は停滞。 また、争乱における主役となった“ユニコーンガンダム”と呼ばれる2機のモビルスーツは、人智の及ばぬ能力を発揮したことで危険視され、秘密裏に封印されていた。 しかし、2年前に消息不明となり、歴史から抹消されていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を見せる。“フェネクス”と称されるその機体を巡り、 再び動き出す人々。フェネクス争奪戦には、地球連邦軍や『袖付き』だけでなく、アナハイム・エレクトロニクス社とも関連の深い大企業、ルオ商会も介入する。 新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」を投入した彼らの真の目的とは……。

【公式サイト】
http://gundam-nt.net/
【公式twitter】
@g_narrative
推奨ハッシュタグ:#ガンダムNT


***********************************


【キャスト】
ヨナ・バシュタ:榎木淳弥/ミシェル・ルオ:村中 知/リタ・ベルナル:松浦愛弓
【スタッフ】
企画・制作:サンライズ/原作:矢立 肇、富野由悠季/監督:吉沢俊一/脚本:福井晴敏/
メインキャラクター原案:高橋久美子
キャラクターデザイン:金 世俊/メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司/色彩設計:すずきたかこ/CGディレクター:藤江智洋/ディスプレイデザイン:佐山善則/美術監督:丸山由紀子、峯田佳実/特殊効果ディレクター:谷口久美子/
撮影監督:脇 顯太朗/編集:今井大介/音響監督:木村絵理子/音楽:澤野弘之/アニメーション制作:サンライズ
配給:松竹
©創通・サンライズ


『機動戦士ガンダムNT』 大ヒット御礼!『UCスペシャル舞台挨拶』開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く、

宇宙世紀サーガの最新作『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が、全国90劇場で大ヒット上映中です!

富野監督が描いた“ニュータイプ”という概念に対し、果たして本作はどのような答えを見出すのか・・・。

■『機動戦士ガンダムNT』大ヒット御礼!『UCスペシャル舞台挨拶』開催決定!

『機動戦士ガンダム』の宇宙世紀シリーズ最新作にして、大ヒットシリーズ『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が、大ヒット上映中!

累計興行収入が、公開から24日経った12月23日に5億円を突破致しました!

この大ヒットを記念しまして、正当前作にあたる『機動戦士ガンダムUC』のキャスト陣登壇の舞台挨拶が決定致しました。

舞台挨拶には、『NT』にも引き続き登場しているバナージ・リンクス役・内山昂輝さん、ミネバ・ラオ・ザビ役・藤村歩さん、そして『NT』の応援隊長を務める浪川大輔さんを司会に迎え、

『NT』上映後に舞台挨拶を行います。『UC』から続く出演者たちから、『NT』に関するシリーズならではのトークが飛び出すかも!?

日程:1月11日(金)
上映回:19:00の回 上映後舞台挨拶
会場:TOHOシネマズ上野
登壇者: 内山昂輝(バナージ・リンクス役)藤村歩(ミネバ・ラオ・ザビ役)浪川大輔(『UC』リディ・マーセナス役/司会)
福井晴敏(脚本)小形尚弘(プロデューサー)

※登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。

映画情報どっとこむ ralph ■『機動戦士ガンダムNT』第5週・6週目入場者特典を発表

毎週更新している入場者プレゼント、12月28日(金)から開始される第5週目と、年明け1月4日(金)から開始される第6週目の入場者特典の内容が決定致しました!

・第5週目(12月28日~) 『機動戦士ガンダムUC』Unreleased Soundtrack
『機動戦士ガンダムUC』の劇伴作成過程において、世に出ることのなかった未発表音源をCD化。

『NT』でも素晴らしい音楽が印象的な澤野弘之が手掛けた、前作『UC』の未発表楽曲6曲を収録!入場者特典としては前代未聞の劇伴楽曲を収録したCDを是非劇場でゲットして下さい!


・第6週目(2019年1月4日~)『機動戦士ガンダムNT』複製原画(3種・6枚)
『ガンダムNT』の複製原画を3種・6枚(ランダム配布)ご用意致します。ヨナ&ナラティブガンダム、リタ&ユニコーンガンダム3号機 フェネクス、

ゾルタン&シナンジュ・スタインと、それぞれのキャラクター&搭乗機の組み合わせになっています。手描きで描かれた魂のカットを、是非劇場でゲットして下さい!

映画情報どっとこむ ralph ■『機動戦士ガンダムNT』トークショーつき上映会「Narra-TALK」年明けも継続開催決定!

本作品のタイトル「ナラティブ」=「語る」という趣旨の下、それぞれテーマを設けたトークショー付き上映会を毎週火曜に開催していた「Narra-TALK」ですが、

年明け1月中も継続開催する事が決定しました!ゲストが登壇し、様々なテーマでトークを繰り広げます!テーマや登壇者は、後日公式サイトにて告知させていただきます。
***********************************




日露戦争時代のロミオとジュリエット『ソローキンの見た桜』特報映像&場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph 日露戦争時代.。
日本に多く設置されたロシア兵捕虜収容所。特に愛媛県松山市には国内初の収容所が設けられ、この松山を舞台に運命的に出逢ってしまった日本人看護師とロシア将校の二人を中心に、歴史に翻弄された人々を描いた心揺さぶる感動の物語、映画『ソローキンの見た桜』が2019年3月22日(金)より公開となります。

この度、本作の特報映像が完成し、いよいよ日露合作で贈る心揺さぶる人間ドラマを描いた映像が解禁となりました!


今からおよそ100年前。
日本とロシア帝国が大陸の利権を争って戦った日露戦争。その戦争によって運命的に出会うこととなる、ゆい(阿部純子)と戦地で捕虜となり松山へとやって来たソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)。戦時下であり敵国同士という特殊な状況下で惹かれあう2人は歴史の波に翻弄されることとなる。暴れる捕虜と銃を持ち集まる衛兵の緊迫のシーン。その中にあって強烈な個性で場を制する収容所の所長、河野(イッセー尾形)が、戦時下の収容所という特殊な環境を不気味に物語っています。現代パートではTVディレクターの桜子(阿部純子)と先輩の倉田(斎藤工)が、ロシアに関する取材を進める中で、100年前のロシア兵捕虜と日本人看護師の日記にある疑問を抱く。そしてその取材の為、ロシアへ渡った二人はそこで衝撃の真実を知ることとなる。



戦争がなければ出逢えなかった二人。残酷にも戦争があったから出逢えた二人。どこか切なげな音色が、儚さを漂わせる特報映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph 更に、場面写真も併せて解禁!

ゆいとソローキン二人が寄り添う絵画のように美しいシーン、

そして日本兵とロシア兵の争いを河野(イッセー尾形)が制するシーンが解禁。

映画情報どっとこむ ralph 映画「ソローキンの見た桜

映画公式サイト:
https://sorokin-movie.com/

<STORY> 
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに—— 日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。ロシア革命に参加する為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・

***********************************

出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ 山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政
海老瀬はな 戒田節子 山本修夢 藤野詩音 宇田恵菜 井上奈々 杉作J太郎 斎藤工 イッセー尾形
監督・脚本・編集:井上雅貴
製作:「ソローキンの見た桜」製作委員会
配給:KADOKAWA
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会


映画「斬、」塚本晋也監督書き下ろしクリスマスカード&年賀状 プレゼント決定!


映画情報どっとこむ ralph ユーロスペースほか全国にて大ヒット公開中の塚本晋也監督最新作『斬、』。

ご来場して頂くお客様たちに感謝の気持ちを込めて、塚本監督が『斬、』の登場人物たちをモデルに描き下ろしたポストカードのプレゼントが決定しました。

ユーロスペースほか一部の上映劇場にて 12 月 22 日(土)~25日(火)にご来場のお客様に先着順で、クリスマスカードをプレゼント。
またお正月にご来場のお客様には先着順で年賀状をプレゼントします。

(どちらもなくなり次第配布終了。対象劇場、配布開始日など詳細につきましてはオフィシャルサイト、各劇場 HP をご確認ください。)

また 12 月 25 日(火)19:00の回上映後には、塚本監督が一般の観客からの質問に答える質疑応答のトークショー「塚本監督に聞いてみよう!」を開催予定です!

映画情報どっとこむ ralph 斬、

ユーロスペースほか全国にて大ヒット公開中!

公式サイト:
zan-movie.com


太平の世が揺らぎはじめた幕末。人を斬ることに苦悩する一人の侍。生と暴力の本質を問う。
250 年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。貧窮して藩を離れ、農村で手伝いをしている浪人の杢之進(池松壮亮)は、隣人のゆう(蒼井優)やその弟・市助(前田隆成)たちと、迫り来る時代の変革を感じつつも穏やかに暮らしていた。ある日、剣の達人である澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱に参戦しようと誘いをかける。旅立つ日が近づくなか、無頼者(中村達也)たちが村に流れてくる・・・・。時代の波に翻弄されながらも、人を斬ることに疑問をもつ侍と彼に関わる人々を通して、生と暴力の問題に迫る。観る者の心に刃(ヤイバ)を突きつける衝撃作。

***********************************

監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也

出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前⽥隆成、塚本晋也

2018年/⽇本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー

製作:海獣シアター/配給:新⽇本映画社
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER