「愛」カテゴリーアーカイブ

アンドリュー・ガーフィールド主演 実話:原題Breatheが『ブレス しあわせの呼吸』で公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者が自身の両親の奇跡のような実話を映画化した『Breathe(原題)』が、邦題『ブレス しあわせの呼吸』として2018年9/7(金)より角川シネマ有楽町他全国公開することが決定しました。

第71回ロンドン映画祭でオープニングを飾った本作は、1950年代にアフリカでポリオに感染した父親のロビン・カヴェンディッシュとその妻ダイアナの激動の半生を、息子であるジョナサン・カヴェンディッシュが自ら映画化した感動作。

ロビンは、首から下が全身マヒになり、人工呼吸器なしでは自力で息をすることができず、余命数ヶ月を宣告された。だが、思い出の中の両親は、笑顔とユーモアを絶やさず、外の世界へと飛び出していった。なぜ、彼は「世界一幸せ」だと胸を張れたのか?ポジティブかつエネルギッシュに人生を謳歌したロビンと、彼に無償の愛を注ぎ込んだ妻のダイアナ、支え続けた兄弟や友人たちとの絆が、『レ・ミゼラブル』の脚本家ウィリアム・ニコルソンの手腕により、感動的に描かれる。笑いや感動で、人々を幸せにする映画製作者として活躍するジョナサン・カヴェンディッシュの原点にもなったと言える真実の物語。
主人公には『ハクソー・リッジ』でアカデミー賞®にノミネートされたアンドリュー・ガーフィールド、ダイアナにはTVシリーズ「ザ・クラウン」でゴールデン・グローブ賞を受賞したクレア・フォイ。家族を見守る仲間たちには『プライドと偏見』のトム・ホランダーや、「ダウントン・アビー」のグランサム伯爵でお馴染みのヒュー・ボネヴィル。監督は、『ホビット』シリーズの第2監督を務め、今回初長編監督デビューとなるアンディ・サーキス。オスカーに3度輝く撮影監督ロバート・リチャードソンが捉える、50~60年代の英国のエレガントな暮らしと、旅先の雄大なアフリカの風景も見逃せません!

映画情報どっとこむ ralph ブレス しあわせの呼吸

2018年9月7日(金)角川シネマ有楽町他全国ロードショー

公式HP:
http://breath-movie.jp

物語・・・

運命の恋に落ち、家族や友人に祝福されて結婚し、最高に幸せな日々を送っていたロビンとダイアナ。ところが、出張先のナイロビで、突然ロビンが倒れてしまう。診断結果はポリオ、首から下が全身マヒとなり人工呼吸器なしでは息もできない。時は1959年、医師からは「余命数カ月」と宣告される。英国に戻り息子が生まれたが、ロビンは絶望の中にいた。病院を出たいと望むロビンのために、医師の反対を押し切り自宅で看病する決意をするダイアナ。彼女の決断は、ロビンの運命を大きく変えていく――


ロビン・カヴェンディッシュ(1930-1994) イギリス、ダービシャー生まれ。王立陸軍士官学校を卒業後、7年間英国陸軍に在籍し大尉となる。除隊後はアフリカで紅茶卸のビジネスを始める。1957年にダイアナと結婚、ケニアに渡り、息子ジョナサンが誕生。28歳にしてポリオウィルスに感染し、首から下が全身マヒとなり人工呼吸器なしでは生きられない身となる。1962年、オックスフォード大学のE・T・“テディ”・ホール教授と共に呼吸器付車椅子を開発。保健省から資金提供を募り、多くのポリオ患者のために改良モデルを作り続けた。医師や科学者と共に、障害者が操作できる電子装置の開発に関わり、頭の動作で使用できる電話、テレビ、ヒーター等の商品化に尽力し、障害者の生活をより良いものにした。その功績が称えられ1974年に大英帝国勲章を授与された。

***********************************

監督:アンディ・サーキス
脚本:ウィリアム・ニコルソン
撮影:ロバート・リチャードソン プロデューサー:ジョナサン・カヴェンディッシュ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ、ヒュー・ボネヴィル
2017/イギリス/英語/カラー/5.1ch/スコープ/118分/
字幕翻訳:松浦美奈
配給:KADOKAWA
後援:ブリティッシュ・カウンシル
© 2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved


榮倉奈々、李闘士男監督、ワニが沖縄国際映画祭レッドカーペットに!『妻ふり』


映画情報どっとこむ ralph 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』で実写映画化! 6 月8日(⾦)全国公開となります。

『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』(4/19-22開催)の特別招待作品として、昨日のプレミア上映に続き、本日 4月22日、レッドカーペットに榮倉奈々と李闘士男監督とワニが登場しました!

島せんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』那覇国際通りレッドカーペット


日付:4/22(日)
場所:那覇国際通り
登壇:榮倉奈々、李闘士男監督、ワニ

映画情報どっとこむ ralph 正午から開始の予定だった『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』 レッドカーペットだったが、直前に、おりからの雨脚が強くなり、雷が鳴り響いたため、 ⼀時中断のアナウンスが!!!!

14時15分に天候が少し回復し小雨になったところで再開。

榮倉さんのテレビ特別番組の生放送出演が終了した15時過ぎに、榮倉奈々さんと李闘士男監督がレッドカーペットで!更に安田顕ではなく・・・・ 劇中で実際に榮倉さん演じるちえを喰ってしまった!?ワニが登場。
那覇国際通りの沿道を埋め尽くしたファンからの大歓声に、シャネルのドレスを着た榮倉さんが何度もにこやかに⼿を振り、約150mにわたるレッドカーペットを歩きファンとの交流も!
世界中からメディアが来ていて、その取材に応じたり、「奈々ちゃーん︕︕」という⻩⾊い声援にこたえて 振り返ったり、ファンとの自撮りに応じるなど、終始リラックスした様子でした。

体⻑2m20cmというワニを抱えてレッドカーペットを歩ききった李闘士男監督と榮倉奈々 は、「妻ふり観てねー︕」とコメント、レッドカーペットの感想を聞くと「サイコー︕」と嬉しそう に答えていました。

映画情報どっとこむ ralph
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

6月8日(金) 謎の〈妻ふり〉ロードショー

映画公式サイト:tsumafuri.jp
#妻ふり

物語・・・
予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった⽇常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、⽞関で妻のちえ
が口から⾎を流して倒れていた︕転するじゅんだが、「ククク ……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするよ うになった。ある時は
ワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。 最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗で
すね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなの か、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の⾏には、“秘密”があった。

***********************************

榮倉奈々 安田顕 大谷亮平 野々すみ花
原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(作:K.Kajunsky 漫画:ichida/PHP研究所刊)
監督:李闘士男『神様はバリにいる』
脚本:坪田文「コウノドリ」 主題歌︓チャットモンチー「I Laugh You」(キューンミュージック)
配給:KADOKAWA (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会


榮倉奈々、安田顕 登壇!第10回沖縄国際映画祭『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』プレミア上映


映画情報どっとこむ ralph 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は6月8日(⾦)全国公開となります。
この度、『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』(4/19-22開催)の特別招待作品としてプレミア上映を実施。舞台挨拶には 主演の榮倉奈々さん、安⽥顕さん、李闘⼠男監督が登壇。

初お披露目の場で本作にかける想いや、“死んだふり”の裏話など本作の⾒どころを語りました。

島せんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』プレミア上映 舞台挨拶
日時:4/21(土)
会場:MIHAMA7 PLEX+ONE
登壇:榮倉奈々、安⽥顕、李闘士男監督

映画情報どっとこむ ralph 一般の観客への初お披露目となったプレミア上映後、主演の榮倉奈々さんと安田顕さん、そして、李闘士男監督が登壇。

流石は沖縄映画祭、会場は、⽼若男⼥、親⼦連れ、カップル、友人同士など幅広い層のお客さんで満席。

榮倉さん:今日はありがとうござい ます。初お披露目でこんなにたくさんの方にご覧いただけてうれしいです。楽しかったですか︖

と客席に問いかけると、再び大きな拍手が湧きあがりました。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』というタイトルの初印象について、

榮倉さん:⻑い!(笑)。脚本を読んでユニークなタイトルからは想像できない深いメッセージと素敵な⾏間が描かれた映画だと思いました。

とオファーを受けた喜びを語りました。一方安田さんは

安田さん:脚本を読んだらイメージが原作と違って、いろいろと伝えたいことがあるのかな?と。 でも撮影が始まったら、毎日毎日”死んだふり”のシーンで、勘弁してほしかった(笑)。でも出来上がったら、夫婦愛が たくさん描かれていて、感じることがいっぱいあって。監督、素晴らしい素敵な映画をありがとうございます。

と李監督に詫びとお礼を伝えました。
演じた役のちえについて、

榮倉さん:ちえさんの感情や愛情はとても普遍的で、みなさんに共感いただけるものがたくさんこめられています。素敵な方だなと思いました。

とすると夫のじゅんに対して・・・・

安田さん:共通点はないです。僕はもし死んだふりをされたら 無視ですね。僕があの夫だったらたぶん離婚する結果になってる(笑)。なんか汗出てきちゃった…。

と笑わせました。

映画情報どっとこむ ralph 李監督は、本作で描きたかった夫婦の愛の形について聞かれ

李監督:夫婦にしろ友人にしろ兄弟にしろ、コミュニケーショ ンは難しいもの。ほとんどの人が不器⽤ですよね。描きたかったのはそれぞれのコミュニケーションの形を模索していくことが 大切なことなのではないかということです。不器⽤な夫婦って素敵だな、と。

と答えた。

15パターンの”死んだふり”で、どれがお気に入りかと問われ、

李監督:ドラキュラですね。セットに入ってきた榮倉が男装の麗人という感じでめちゃくちゃカッコよかったんです。あと、落ち武者もお気に入りです。

と答えると、

榮倉さん:スタッフの皆さんの気合いが入りすぎて、最初はあまりにも完ぺきな落ち武者になってしまって(笑)。さすがに普通の主婦には無理だろうということで、パーティーグッズのかつらを⽤意してもらったんです。

と裏話を明かした。
安田さん:お気に入りは一切ありません。さっき言ったように撮影中はうんざりしていたので(笑)。

と再度、”死んだふり”をボヤくコメント。

フォトセッション中に、安⽥さんから客席に


安田さん:映画をご覧になっていかがでしたか︖星三つだとも思う人︖

と問いかけると、客席からは大きな拍手。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

榮倉さん:みなさん、本当にありがとうございました。不思議なテイストの映画になるのでは ないかと撮影中は安⽥さんと不安を抱えながら演じていましたが、完成した映画を観て、想像以上にいろんな夫婦の人生、いろんな人間の人生が浮き上がっていて、とても素敵な、言葉にならない映画になりました。李監督は素晴らしい方 だなと。ありがとうございました。気に入っていただけたら家族やお友達を誘ってまた劇場にいらしてください。

と舞台挨拶を締めました。


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。
6月8日(金)謎の〈妻ふり〉ロードショー

映画公式サイト:tsumafuri.jp
#妻ふり

物語・・・
予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった⽇常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、⽞関で妻のちえが口から⾎を流して倒れていた︕転するじゅんだが、「ククク ……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするよ うになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。 最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなの か、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の⾏には、“秘密”があった。

***********************************

榮倉奈々 安⽥顕 ⼤⾕亮平 野々すみ花
原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(作:K.Kajunsky 漫画:ichida/PHP研究所刊)
監督:李闘⼠男『神様はバリにいる』
脚本:坪⽥⽂「コウノドリ」 主題歌︓チャットモンチー「I Laugh You」(キューンミュージック)
配給:KADOKAWA (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会


榮倉奈々、安田顕、李闘士男監督『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』 プレミア&レッドカーペット決定 沖縄国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
この度、『島ぜんぶでおーきな祭 第10 回沖縄国際映画祭』(4/19-22 開催)の特別招待作品として本作の上映が決定︕本作の初お披露目の場となる今回、主演の榮倉奈々さん、安田顕さん、李闘士男監督が登壇し、本作にかける想いや、“死んだふり”の裏話など本作の⾒どころを語ります。

4/21(土) 13:55〜14:15(予定) プレミア上映 舞台挨拶
会場:MIHAMA7 PLEX+ONE
登壇:榮倉奈々、安田顕、李闘士男監督


4/22(日) 12:00〜14:30(予定)
那覇国際通りレッドカーペット
会場:那覇国際通り
登壇:榮倉奈々、李闘⼠男監督

映画情報どっとこむ ralph
妻のちえを演じるのは、榮倉奈々。劇中では、15パ ターンもの“死んだふり”を全⾝全霊で披露し、なんともキュートで愛おしく、ぶっ⾶んでいそうで地に⾜ついた 素敵な⼥性を演じる。夫のじゅんには、安⽥顕。夫の⼾惑いや変化を丁寧に表現し、凸凹だけれど、ふたり でいるとしっくりくる…そんな愛らしい夫婦像を絶妙なコンビネーションで創り上げた。さらに⼤⾕亮平、野々す み花などユニークで最高のキャストが集結 ︕誰もが疑問に思う「なぜ“死んだふり”⁉」物語は入口から予測できない味わい深いラストへとたどり着く。
結婚3年目の夫婦が、⼀風変わったコミュニケーションにより⾒つけ出した、〈本当の夫婦〉になるための答え とは―。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

公式サイト: tsumafuri.jp
#妻ふり

6月8日(金)全国公開

***********************************

榮倉奈々 安⽥顕 大⾕亮平 野々すみ花
原作︓「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(作︓K.Kajunsky 漫画︓ichida/PHP研究所刊)
監督︓李闘士男『神様はバリにいる』
脚本︓坪田⽂「コウノドリ」
主題歌︓チャットモンチー「I Laugh You」(キューンミュージック)
配給︓KADOKAWA
(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会


女性限定『娼年』上映回に松坂桃李舞台挨拶!複数回観たという⼥性も多数に・・・


映画情報どっとこむ ralph 2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化、 4/6(金)より全国公開となりました。

R18+指定ではあるものの、口コミ大ヒット中!

これを記念して本日4月15日(日)東京・日比谷のTOHOシネマズ日比谷にて女性限定上映会が開催され主演の松坂桃李が舞台挨拶に登壇してトークイベントが行われました。

開催概要
日付:4月15日(日)
会場:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:松坂桃李

映画情報どっとこむ ralph 大歓声に迎えられた松坂さん。

どこもかしこも⼥性で、しかも彼⼥たちがつい先ほどまで、松坂の濡れ場を大スクリーンで鑑賞していたと いう状況に

松坂さん:これはハードプレイですね(笑)。たまげます。

と困惑気味で、主演であるにもかかわらず

松坂さん:アウェー感が…

と苦笑い。

春ということで邦画、アニメ大作が興⾏ランキングの上位を占める中、4月6日(⾦)の公開以降、連日のように都内各所で本作が満席になっているとの情報に

『コナン』でも『リメンバー・ミー』でもなく︖ すごいですねぇ…。

と感嘆。

決して公開規模が大きいとは言えず、R18+指定ということもあり、公開前のTVでのプロモーション活も限られた作品

松坂さん:鶴瓶さんとちょっと話して(『AStudio』、『巷(チマタ)の噺』)、徹⼦さんの部屋にお邪魔した(『徹⼦の部屋』)くらいだったんですけど…。この作品は、⾒てくだ さったみなさんの支えでいろんな人に広まっているんだということを強く感じています。

と観客の口コミレベルでの広まりに感謝。
A-studioでのプロモーション

「徹子の部屋」でのプロモーション

映画情報どっとこむ ralph 松坂さん:今回はセリフよりも体のコミュニケーションや表情で成⻑を⾒せられたらと思い、そこは大事にした。

と語る松坂さん。

物語が進むにつれて、 体もシャープになっていると指摘されると

松坂さん:それは撮影のつらさでそうなりました(苦笑)。

と告白。朝から深夜まで、濡れ場を撮りっぱなし過酷な撮影を振り返り

松坂さん:そんなに⻑時間、やるもんじゃないですよ(笑)。ずっと裸で、 風邪ひくかと…。『服、着させてくれ︕』って感じになってました。だんだん、慣れてきて抵抗がなくなるんですね。(現場でス タッフや監督が発する)『ここ』とか、細かいワードが卑猥な部分だったりするんですけど、だんだん恥ずかしげなく発言するようになって、 現場は卑猥な言葉ばかりでした。(卑猥な言葉ばかりが飛び交うので)メイキングが撮れない…(笑)。

と現場のエピソードを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場には、既に複数回観たという⼥性も多数。

松坂さん:さすがに笑えますよね?その見方がある種、正解です。

とセックスを通して描き出される人間の滑稽さを大いに笑ってほしいとアピール。

特に温泉宿で、西岡徳馬さん演じる泉川の目の前で、佐々木心音演じるその若い妻と行為に及ぶシーンについて

絶対に笑ってください!緊張の糸が張り詰めているので、そこで緊張をほぐして、 我慢せずに大いに笑ってほしいです。

と呼びかけていた。

映画情報どっとこむ ralph 改めて本作の内容について

松坂さん:賛否は絶対にあると思うし、それは僕と三浦さんがすべて受け止めますので、感想をお待ちしています!

と力強く語る松坂さん。

さらに、スタッフから仕入れた情報として

松坂さん:『娼年』と『コナン』を2本⽴てで⾒る人が多いそうです。なぜだろう…︖ 映画館にはいろんな癒しがあるんだなと思います。ジャンルに関係なく、いろんな層の方が観てくれるのは嬉しいです。

とニッコリ。さらにコナンくんをライバル視しつつ

松坂さん:こちらは頭脳も体も大人の男がいろんな事件に巻き込まれます(笑)。R 指定もついて、あまり多く番宣はできませんでしたが、たくさんの人が⾒てくださっていると知って、みなさまのおかげと感謝しております。 本当にありがとうございます。

と深々と頭を下げ、イベントを締めました。


娼年

TOHOシネマズ 新宿他全国公開中!

公式HP:
http://shonen-movie.com/
公式twitter:
@shonen_movie

STORY
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。

日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。

「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がけるボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。
    

***********************************


松坂桃李  真飛聖  冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔  
原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊) 
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
映画の区分: R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会