「恋愛」カテゴリーアーカイブ

『R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私』完成披露試写会レポート


竹中直人監督の最新映画『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』
の完成披露試写会(2月2日より全国公開)

1月15日(火)、新宿バルト9にて竹中直人監督の最新映画『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』(2月2日より全国公開)の完成披露試写会が開催され、竹中直人監督、主演の平田薫さん、ピース・綾部祐二さん、津田寛治さんが出席しました。

上映前の舞台挨拶で、MCを務めた出雲阿国さんの呼び込みにより壇上に現れたのは、主演の平田さん、綾部さん、津田さん、そして竹中監督。まずは平田さんが「こうしてみなさんに観ていただくのを心待ちにしていました。よろしくお願いします」と挨拶。

竹中監督も「お忙しい中、お越しいただきありがとうございます」とお礼を述べますが、「ちょっと綾部君の声が鼻にかかってるのが気になるんだけどねえ…風邪ひいてるんじゃないのか!?」といきなり苦言。

しかし、すぐさま綾部さんから「いや、それ監督でしょ!」ということで、のっけからほぐれたやりとり。なかなか不思議なチームワークを見せてくれたのでした。

そして、役柄については「最初に自縛が趣味の女の子という設定に驚いた」と語った平田さんですが「迷いなく演じられたので幸せでした」とコメント。

そして一ヶ月半あまり、毎日家で縛りの練習をしていたと明かしたのですが、これには綾部さんもビックリ。「それまで経験なかったの?」と、とんちんかんな質問をする始末でしたが、平田さんは「知らなかったです(笑)。でもひとりでずっとやってるのは、結構さみしい気持ちになりましたね」。

また、そんな綾部さんは平田さんの恋人役だったわけですが、彼女との出会いのシーンを振り返りました。「監督が『普段しているキスをカットかかるまでやってくれ』と言うんでね」と言うと、竹中監督は「素晴らしかったです」。対する平田さんも「けっこうすごかったです」と語り、綾部のエロティックさが炸裂している様子をうかがわせました。

一方、津田さんは竹中作品への出演は3作目。なんでも『無能の人』に感銘を受けた津田さんはかつて、スタジオまで出演を直談判に行ったほど。ということで、竹中監督について思いを語りました。

「今回は竹中さんが初めて監督に徹されるということで、撮影前からめちゃめちゃ楽しみだったんです。それで以前は、ご自身も出演されていたためか、とにかく盛り上げる楽しい監督というイメージだったんですが、今回は逆にすごく俳優さんというのを感じました。というのも、今作では全部目の前で演技をやってみせてくれたんですね。それを見ていて、ちょっと感動的なシーンだと竹中さんは涙ぐんでるし、オレも涙ぐむという。そうして感動した体験を持ったまま、カメラの前に立てるという特殊な経験をしましたね」。

それを受けた監督は「自分の演技指導はともかく、今回初めて監督に徹したのは楽しかったですね。役者さんだけ見てられるからさ。自分が出てくると面倒くさいんだよ(笑)」。

そんな監督は、今回題材がエロティックに感じられることについて「僕は縛るって行為が変態的だなっていう意識はないんです。だから、物語もひとりの女の子の姿を追ったものとして理解できました」とコメント。「だから、自然に撮れましたね」。そうして、出演者について「みなさん繊細な感じが見ていて面白かった。綾部くんは直観力が鋭いし、平田さんはまさにこの人しかないと思ったくらいセクシーでチャーミング。津田さんも長い付き合いですが、ずっと一生懸命な青年っていうイメージ。素直でちょっと変な役者さんだなって(笑)」と絶賛したのでした。

続いてはスペシャルな企画。
阿国さんのフリに対して赤裸々に答えるという趣向で、いちばんの人にはご褒美が与えられるとか。以下は質問と、それに対する答えが。。。。

──人に言えないストレス発散法は?
平田「家でひとりで、たぶん人に言ったら引かれるくらいの量のお酒を、浴びるほど飲みます。その量は…だいたい500mlのビール6本ケースを買ってきて飲んで、その後に行けたらワインをボトル一本とか(笑)」

──ズバリ、何フェチですか?
津田「匂いフェチですかね。それも人の体臭。嫌いなのもありますけど、好きなのはスイカみたいな匂い(笑)。男女問わずいるんですけど、女性はもちろん、男の人の場合も仲良くしたくなります」

──自分を変態だなと思う瞬間は?
竹中「楽屋の鍵穴から女優さんを覗いている……のを妄想する瞬間ですかね(笑)」

──ズバリ、好きなちゃんこの味は?
綾部「意味わかんねえよ! えっと…塩味」

──熟女の魅力とは?
綾部「なんでオレだけ多いんだよ。やっぱり品でしょうね。その品の中にすごくエロティックさがあるという。品格の中に、性への執着心がスゴイっていうのがまたね…ってえらいお客さんが引いてるような気がするんですけど(笑)」。

ということで、いちばんに輝いたのは綾部さん!

そしてご褒美として登場したのは…縄を持ったおじさん!?

いえいえ、映画で指導にあたった平田さんの師匠、緊縛師の奈加あきらさんです。「え?…えっ!?」と慌てる綾部さんに対し、奈加さんはするすると“後手縛り”を。「なんなんだよ、これ! こんな舞台挨拶見たことないよ!!」。動けば動くほど締まっていき、顔をしかめる綾部さんを中心に、記念撮影が行われたのでした。


しかし! 記念撮影終了後に再びのサプライズ!! 残りの三人が服を脱ぎ捨てると…なんと三人ともが“亀甲縛り”をされているのではないですか!!! 「いつの間に!?」と驚く綾部さんに、「けっこう前に来てやってもらった」という三人とともに、いま一度記念撮影を。これはこれで綾部さんは「なんでオレだけ麻縄なんですか。一緒でいいじゃないですか!」と叫びますが、この映画らしい、というよりほかでは絶対見られないフォーショットが実現し、お客さんも大喜びなのでした。


最後に竹中監督は「こんな感じを見ると『なんだこの映画は!?』って思うかもしれないですけど(笑)。でも私は自分の映画を客観的に観れるタイプで、この映画はとても素敵な青春映画を観たなって感想を抱きました。これ(縛り)が売りになってるように思えるかもしれないですけど、中身は爽やかなので、多くの人に楽しんでくれると嬉しいです」とアピール。それを聴いていた平田さん、綾部さん、津田さんも、爽やかな表情をしていたのが印象的でした。もちろん、縛られながらではありますが。

それでは、この映画の情報を
本作は、吉本興行の創業100周年プロジェクトの一環として、新潮社主催の公募新人文学賞「女による女のためのR-18文学賞」のシリーズ映画化を決定したその第一弾作品で、原作となったのは蛭田亜紗子さんの『自縄自縛の私』(新潮社刊)。

監督は、海外でも高い評価を得、本作で新境地を見せた竹中直人。主演は、平田薫が抜擢。ごく普通の女の子が、自縛という密かな趣味に惹かれていく姿が、せつなく、チャーミングに描かれています。また主題歌をLOVE PSYCHEDELICOが手がけ、新たに書き下ろされた曲「No Reason」が胸に沁み入るサウンドで、あたたかな余韻を残してくれる点でも注目です。


『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』
2月2日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

監督:竹中直人
主題歌『No Reason』LOVE PSCHEDELICO
原作:蛭田亜紗子「自縄自縛の私」(新潮文庫刊『自縄自縛の私』所収)
出演:平田薫/安藤政信/綾部祐二(ピース)/津田寛治/
山内圭哉/馬渕英俚可/米原幸祐(RUN&GUN)/銀粉蝶
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

≪STORY≫
OLの百合亜は、奴隷のようなサービス残業など、蓄積されるばかりのストレスを解放する手段として、大学の頃から密かに趣味としていた“自縛”にのめり込んでいく。そんな中、ブログ経由で知り合った「運命のひと」との出会いから、次第に大胆な冒険を重ねて…。

・『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』
 公式サイト http://www.r18-jijojibaku.com/
・twitter @jijojibaku

2013年2月2日(土)、 新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか 全国ロードショー!


********************************************************************


「愛・アムール」ゴールデングローブ 外国語映画賞受賞!


『愛アムール』ゴールデングローブ 外国語映画賞受賞!
第70回ゴールデングローブ賞の授賞式が日本時間14日に行われ、

ミヒャエル・ハネケ監督の

『愛、アムール』

が外国語映画賞を受賞しました!

パチ、パチ、パチ!(拍手)



本作は米国アカデミー賞に作品賞、監督賞、主演女優賞、脚本賞、外国語映画賞の5部門にノミネートされています。作品賞と外国語映画賞のダブルノミネートは異例ですし、エマニュエル・リヴァの主演女優賞最高齢ノミネートもあって、楽しみな作品です。

アカデミー賞のダークホースに躍り出ました。

因みにアカデミー賞授賞式は日本時間2月25日午前9:00から行われます。

日本では未だ公開されていないこの作品は2013年3月9日から全国ロードショーです。
公式ホームページ:http://ai-movie.jp/
********************************************************************


「愛・アムール」
<作品概要>
パリの高級アパートで穏やかに暮らすジョルジュとアンヌは80代の元ピアノ教師の老夫婦。アンヌが病に倒れたことから、日常が一変する。麻痺の残る身体となり自宅に戻ったが、変わり果てた姿を見られたくないと、閉じこもりがちになるアンヌ。病状は確実に悪化し、心さえも失っていく。長年連れ添い、アンヌを愛しているがゆえに、その意思を尊重し、自宅で世話を続けるジョルジュだったが、意志の疎通もままならなくなったアンヌとの生活に徐々に追い詰められていく―。誰にでも訪れる‘老い’と‘死’をテーマに名匠ハネケ監督が鋭く描いた夫婦の愛の物語。

脚本・監督:ミヒャエル・ハネケ 『ピアニスト』『隠された記憶』『白いリボン』
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、
    イザベル・ユベール、アレクサンドル・タロー 
提供:角川書店、ロングライド、カウンターポイント 
配給:ロングライド

2013年3月9日、Bunkamura ル・シネマ、銀座テアトルシネマ、
新宿武蔵野館、他全国ロードショー
配給:ロングライド


『恋愛だけじゃダメかしら?』 不安解消妊娠ガイドな映画


キャメロン・ディアス×ジェニファー・ロペス競演で 昨年末に公開された話題作、 『恋愛だけじゃダメかしら?』のDVDが早くもリリース決定です!

まだ、公開中なんですけどね。。気が早い。

「Glee」のシュー先生役で人気沸騰中のマシュー・モリソンや、同じく大人気ドラマ「ゴシップガール」のネイト役でティーンから絶大な支持を得ているチェイス・クロフォードなど、海外ドラマファン必見のキャスティングも魅力のアンサンブル・ラブストーリーです。

2月20日(水)にレンタル開始、4月2日(火)にセル発売となります。


© 2012 Lions Gate Films Inc. and Alcon Entertainment, LLC.
All rights reserved.

この映画のセールスポイントは~

何しろ、出演者が強力なんです!

ラブコメの女王キャメロン・ディアスと、歌手やプロデュース業も好調なジェニファー・ロペス。女性から圧倒的な支持を得ている同世代のスター2人が“プレママ”役で初共演!

更に話題作に引っ張りだこのエリザベス・バンクス、『マイレージ・マイライフ』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたアナ・ケンドリック、『バトルシップ』のヒロイン役で注目を集めたブルックリン・デッカー。

一方のプレパパ陣は「Glee」のシュー先生役で人気沸騰中のマシュー・モリソン、同じく大人気ドラマ「ゴシップガール」のネイト役でティーンから絶大な支持を得ているチェイス・クロフォード、母国ブラジルで絶大な人気を誇り、『チャーリーズ・エンジェル』で女性のハートを虜にしたロドリゴ・サントロが出演しています。


そして2つ目は妊活。

本作はアメリカの家庭にかならず1冊あると言われる、3500万部を売り上げたベストセラー
「すべてが分かる妊娠と出産の本」(アスペクト刊)が原案。

只のハウツー本ではなく、著者のハイディ・マーコフ自身が妊娠のときに体験をもとに書き、今まで誰にも聞けなかった悩みや不安を解消してくれると口コミで評判を呼んだ妊娠ガイド本なんです。

ヒューマントラスト渋谷 他で上映中ですので、気になった方は映画館に足を運んでから購入するのもありかもです。

公式ホームページ: http://renai-dakeja.jp/index.html

********************************************************************
恋愛だけじゃダメかしら?
『恋愛だけじゃダメかしら?』
© 2012 Lions Gate Films Inc. and Alcon Entertainment, LLC.
All rights reserved.

【ストーリー】
ダイエット番組の人気トレーナー、ジュールズは彼氏エヴァンとの間に子供ができるが、彼らは子供の育て方で毎回喧嘩に発展。子供が欲しくてたまらないウェンディはやっとの妊娠に喜ぶも、体の変化に戸惑う。カメラマンのホリーは夫との間に養子を貰おうとするが、夫は親になる不安を隠しきれない。ホットサンド店のロージーは高校の同級生と一夜を共にし、なんと妊娠してしまう…。

親になるという難題に取り組む5組のカップルを通し、現代の女性の多くが経験している“親になること”への戸惑いや不安を赤裸々かつ軽快なタッチで描き出したハートウォーミング・ラブ・ストーリー。

【キャスト&スタッフ】
キャメロン・ディアス、ジェニファー・ロペス、エリザベス・バンクス、
アナ・ケンドリック、マシュー・モリソン、チェイス・クロフォード、
クリス・ロック

監督:カーク・ジョーンズ
脚本:ショーナ・クロス、ヘザー・ハッチ
原案:「すべてがわかる妊娠と出産の本」(アスペクト刊)

DVD
【レンタル】2月20日(水) (TSUTAYAだけでDVDレンタル開始)
【セル】 4月2日(火) ¥3,990(税込)

■劇場公開日:2012年12月15日
■分数:本編110分+セル特典35分
■発売・レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
 セル販売元:ハピネット
© 2012 Lions Gate Films Inc. and Alcon Entertainment, LLC.
All rights reserved.


愛、アムール アカデミー賞 5部門ノミネート!


本年度アカデミー賞ノミネーションが、
日本時間10日(木)22:30より発表になり、ミヒャエル・ハネケ監督の

『愛、アムール』

*2013年3月9日から日本公開

が、主要3部門を含む
<作品賞><監督賞><主演女優賞><脚本賞><外国語映画賞>
の5部門にノミネートされました。

主演女優賞にノミネートされた、エマニュエル・リヴァ(85)は主演では俳優・女優を通じ最高齢ノミネートとなります。劇中では、病を患った後、少しずつ心身の自由が失われていく老婦人の変化を壮絶に演じ、その円熟した演技にアカデミー前哨戦でも高評価を得てきました。

また、外国語映画賞の枠を越え作品賞のダブルノミネートも果たし、アカデミー賞のダークホースに躍り出ました。

これまでの主演女優受賞(ノミネート、受賞両方)最高齢は、1989年度第62回『ドライビング・ミス・デイジー』のジェシカ・タンディさん(当時80)でした。

そして今回、エマニュエル・リヴァがアカデミー賞主演女優賞を受賞した場合.....

男女主演助演、合わせて俳優部門の最高齢となります!

<エマニュエル・リヴァ プロフィール>
1927年生まれ、85歳。58年、映画デビュー。翌年、広島が舞台、岡田英次と共演したアラン・レネ監督『二十四時間の情事』で一躍、世界的知名度を得る。以後、40作以上の作品に出演。『二十四時間の情事』撮影時にリヴァが撮影した広島の日常風景の写真をもとにした写真集「HIROSHIMA 1958」が2008年に出版された。これを機に広島と東京で写真展が開かれ、50年ぶりに広島を訪れるなど、日本との縁が深い。
主演女優賞にノミネートされた、エマニュエル・リヴァ(85)

因みにアカデミー賞授賞式は日本時間2月25日午前9:00から行われます。

今から、楽しみ!

愛アムール公式HP:http://ai-movie.jp/
2013年3月9日、Bunkamura ル・シネマ、銀座テアトルシネマ、
新宿武蔵野館、他全国ロードショー


********************************************************************
(c)2012 Les Films du Losange – X Filme Creative Pool – Wega Film – France 3 Cinema – Ard Degeto – Bayerisher Rundfunk – Westdeutscher Rundfunk

<作品概要>
パリの高級アパートで静かに暮らすジョルジュとアンヌは80代の元ピアノ教師の老夫婦。

教え子がピアニストで活躍する姿を誇らしげに感じ、お互いを思いやりながら日々を送る二人だったが、妻が病で突然倒れ、穏やかだった日常が少しずつ変わっていく…。

人が人を愛した末に待ち受けるその現実とは?人生最後の道程をともに歩んでいく夫婦、その究極の愛の物語。

脚本・監督:ミヒャエル・ハネケ
『ピアニスト』『隠された記憶』『白いリボン』
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、
イザベル・ユベール、アレクサンドル・タロー

提供:角川書店、ロングライド、カウンターポイント
配給:ロングライド
(c)2012 Les Films du Losange – X Filme Creative Pool – Wega Film – France 3 Cinema – Ard Degeto – Bayerisher Rundfunk – Westdeutscher Rundfunk

2013年3月9日(土)より
Bunkamura ル・シネマ、銀座テアトルシネマ、
新宿武蔵野館、他全国ロードショー


ソン・ジュンギ 『オオカミ少年』日本公開決定!


映画『オオカミ少年』(原題)2013年初夏 日本公開決定!
©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
今、韓国で女性が一番会いたい“優しい男” ソン・ジュンギ主演

あなたに出会って、世界が変わった──
韓国ラブロマンス映画史上No.1!

映画『オオカミ少年』(原題)


ついに13年初夏に日本公開です!

ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」のクールなイケメンぶりが韓国のみならず、日本の多くの女性を虜にしたソン・ジュンギ。2012年、下半期の大ヒットドラマ「優しい男」主演により国民的な人気を得て、今、最もホットな若手スターとして注目されているソン・ジュンギの最新作 映画『オオカミ少年』(原題)が、2013年初夏、新宿シネマカリテほか全国ロードショーされることになりました。

本作は、心を閉ざした少女とこの世界に存在してはならないオオカミ少年が出会うファンタジーラブロマンス。
韓国では今年10月に公開され、700万人以上を動員した大ヒット作です。

ストーリーは

地方の村に引越しした少女スニ(パク・ボヨン)は、闇の中に身を隠す謎の少年(ソン・ジュンギ)を見つける。
少女の家族の一員として受け入れられることになった少年は”チョルス“と名付けられ、生活を共にすることになる。言葉を話さず、まるでオオカミのような目つきで人間離れした行動を見せるチョルスがどこか気になるスニは、食事の仕方、服の着方、文字の読み書きなど、世の中で生きて行く方法を一つずつ教える。生まれて初めて自分に手をさしのべてくれたスニに、切ない感情が芽生え始めるチョルスだったが—。

という感じ。

本作で、韓国初のキャラクターであり、この世に存在してはならない“オオカミ少年”という難役に挑んだソン・ジュンギは、これまで見せてきた知的で花美男スターのイメージとは 180度真逆の、ワイルドでかつ憂いのある瞳ですべての感情を表現。演技派俳優に位置づけられる成長ぶりをみせ、2012年最も活躍した若手俳優となった。

また韓国公開前にもかかわらず、トロント国際映画祭、バンクーバー国際映画祭、釜山国際映画祭など世界有数の映画祭からラブコールをうけて上映された映画『オオカミ少年』(原題)は、 その題材の奇抜さの根底にある、人が初めて恋する、そのもっともピュアで切ない瞬間を観客に思い起こさせる、究極の恋愛映画として大絶賛!

上映劇場は12/22(土)にオープンした新宿武蔵野館系列の新しいミニシアター、新宿シネマカリテで、韓国ラブロマンス映画史上No.1の作品がお披露目されることになります。

監督:チョ・ソンヒ
出演:ソン・ジュンギ、パク・ボヨンほか
配給:CJ Entertainment Japan2012年/韓国/125分
©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

********************************************************************