「恋愛」カテゴリーアーカイブ

佐々木希、縁結びの力がある映画『縁 The Bride of Izumo』初日舞台挨拶


出雲大社による初めての映画撮影全面協力のもと、神話の国・出雲を舞台に紡がれる人々を結ぶ<縁 (えにし )>の物語を描いた感動のヒューマンストーリー。

映画『縁(えにし)The Bride of Izumo

主演に佐々木希さん。監督が堀内博志さん。そして撮監にクリストファー・ドイルさんを迎え映像美が話題の本作。2016年1月16日(土)より劇場公開となり、初日舞台挨拶が行われました。

この初日舞台挨拶には、ヒロインを演じた佐々木希さんをはじめ、井坂俊哉さんや平岡祐太さん、りりィさん、佐野史郎さん、小室ゆらさんら主要キャスト陣が登壇しました!
縁_キメ
『縁(えにし)The Bride of Izumo』初日舞台挨拶
日付:2016年1月16日(土)
場所:渋谷シネパレス
登壇:佐々木希、井坂俊哉、平岡祐太さん
りりィ、佐野史郎、小室ゆら
堀内博志監督、高山リオ(エグゼクティブ・プロデューサー)
花束ゲスト:K-1 武尊

堀内監督:今日は初日に縁を選んでいただきありがとうございます。

MC:全国公開初日を迎えた感想を。

佐々木さん:素直に嬉しく思っています。
縁_佐々木希 井坂さん:映画どうでしたか?(大拍手)やっと公開。始まりましたね一歩踏み出したなと。

平岡さん:さ認地方での先行公開はありましたが、一昨年の撮影なのでやっとって感じですね。

リリィーさん:緊張してます・・落ち着いて待ってました。

小室さん:楽しみだったので。全国公開嬉しいです。

佐野さん:監督同様いずも出身なので、撮影時はおいしお店などを紹介して。出雲弁、地元の人間なので間違えないようかえって意識していました。泉の風景とか人の温かさを感じていただければともいます。

堀内監督:故郷で映画を撮ることを夢見ていましたので、長い期間キャストとスタッフと地元にいるのは不思議な感覚でした。そして、こうやって映画として届けられる日を迎えて感激しています。

MC:出雲大社に奉納上映をしたんですよね?

佐々木さん:奉納上映。神様にいち早くこの映画をお届けするという感謝の気持ちがあふれました。出雲大社さんには大変お世話になりました。

井坂さん:結婚式を挙げる神楽殿がありまして、そこにスクリーンとサウンドシステムを構築して上映したんです。

堀江監督:結婚式のシーンを撮ったところで、結婚式の場面を見る。そこには、出演者も横にいるという不思議な空気でした。出雲大社の方にも映像が遺せたことを大変喜んでいただけました。

MC:撮影監督がクリストファー・ドイルさんで、素晴らしく美しい映像でしたが。

佐々木さん:ドイルさんは一言で言うと、ハッピーな方でした。現場が明るくなるような。ジョークも多くて。

佐野さん:凄く自由でしたね。監督とは漫才コンビのようでしたね。
堀江監督:実家の居酒屋で毎晩、彼と打ち合わせしたんですけど、次の日には忘れてましたね。
佐々木さん:恋する惑星が好きでお会いするのを楽しみにしていたんですけど、あんなに明るい方だとは思ってもいませんでした。

MC:裏ばなしはありますか?
佐々木さん:後半部分の花火のシーンは花火はなくって、しかも撮影の最初だったんで戸惑いました。
堀江監督:花火大会が初めて中止になってね。でも、後日2日分を1日で上げたので盛大な花火を撮影できました。

MC:お薦めシーンはありますか?
リリィーさん:希ちゃんが奇麗で。近くでみさせていただいて。ぽーっとしちゃいました。
平岡さん:東京のシーンを出雲で撮っていて、緑のフィルターがかかっているような感じなんですけど。あれ葉っぱなんです。僕の芝居よりドイルさんは葉っぱにこだわっていてね。。(爆笑)印象に残っています。外国の人の目に映る日本。それが日本の美しさに気付く映像になっています。

MC:小室さんのお父さん役の佐野さんはいかがでしたか?
小室さん:イメージは冬彦さん(佐野さん:生まれてないだろ!!)なのかなと思っていたんですけど、実際はフランクで。ギターを聞かせていただいて今度セッションしようねって話をしてくださいました。

花束贈呈!
縁_花束0
なんと、プロデューサーさんにK-1の武尊が花束を!
縁_
MC:最後にメッセージを。

堀江監督:伝えたかったことは、いろんな絵を紡いで作った映画です。皆さんの縁を見つけるきっかけになるといいなと思っています。

佐々木さん:この映画を選んでくださってありがとうございます。人と人との縁でこの映画が広がっていくと良いなと思います。私事ですが、友人に出雲大社のお守りを上げたたら彼氏が出来ました。本当に幸せです。それぐらいのパワーがこの映画にもあるのではないかと思っています。幸せパワーが伝わるといいなと思います。
縁_花束
公式HP:http://enishi-izumo.com/



********************************************************************

縁_メインビジュアルあらすじ
東京都内の出版社に勤務する飯塚真紀は大手建設会社勤務のエリート・中村和典との結婚式を控えていた。そんな頃、同居する祖母のあきゑが亡くなる。あきゑの遺品を整理した真紀は、桐の箱に納められた白無垢と婚姻届の束を見つける。婚姻届の夫の欄には「秋国宗一」と書かれ、ほかは空欄となっていた。祖母の納骨のため、真紀は生まれ故郷の出雲へ向かう。そして祖母の死を伝えるため、婚姻届の住所を訪ねたが「秋国宗一」は既に転居した後だった。真紀の人探しに協力する、しじみ漁師・大森充 は、かつて神楽の担い手として活動していたが、周囲の出雲に対する想いとの相違に、憤っていた。真紀は出雲で充と過ごす時間の中で、自分のなかの何かが変わっていくのを感じていた。それは充もまた同じだった。そんな頃、東京に居る婚約者・和典は真紀と「秋国宗一」を繋ぐ手紙を見つける。花火大会の夜、それぞれの縁 (えにし )がつながっていく。やがて、真紀は白無垢姿で嫁入りをする。そこで、出雲の花嫁・真紀を待っていたのは・・・。

出演:
佐々木希、井坂俊哉、平岡祐太、りりィ、藤本敏史( FUJIWARA)、根岸季衣、いしだ壱成、佐野史郎/国広富之

スタッフ:
監督:堀内博志
撮影監督:クリストファー・ドイル


僕らの世界が終わる『ライチ☆光クラブ』の予告編、遂に解禁!


『ライチ☆光クラブ』2月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

今回、禁断の少年世界を描いた本作の予告編が、初解禁。
穢れた大人のいない自分たちだけの世界を作ろうとした9人の少年たち。最強のロボットと永遠の美の象徴として一人の美少女カノン(中条あやみ)を手に入れるが、「永遠に少年のまま、永遠に美しいまま、僕らの世界が終わる」という言葉が示唆する通り、絶望の中で夢見た少年たちだけの理想の世界が破滅へと向かっていくことがうかがえます。



大人になることを受け入れはじめ、ゼラに反発するタミヤ(野村周平)と醜い大人になることを完全否定するカリスマ・ゼラ(古川雄輝)の対立構造が浮き彫りとなり、ゼラに偏執的な愛を注ぐジャイボ(間宮祥太朗)の妖艶漂うカットなど、カノンとライチ(杉田智和)の関係性やキャラクターの個性が伝わるキャラビジュアルを使ったカットが満載。
ライチ☆光クラブs1 ライチ☆光クラブs5
本映像のナレーションは、9人の少年が創り上げたロボット・ライチに命を吹き込み、『銀魂』坂田銀時役などで人気の声優・杉田智和が手掛けています。

映画『ライチ☆光クラブ

2月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式HP:www. litchi-movie.com

ライチ☆光クラブ
古屋兎丸による、熱狂的人気を誇るロングセラーコミック「ライチ☆光クラブ」が満を持しての映画化。物語は黒い煙と油にまみれた町・螢光町で、廃工場の秘密基地に集う「光クラブ」を結成した少年たちの、大人になる前の脆く、残酷で多感な思春期を描く。大人のいない世界をつくろうとした9人の少年たちによる裏切りと愛憎の物語と、彼らが作り上げた思考する能力を持つ機械(ロボット)“ライチ”と、少女カノンの恋を、圧倒的に美しくダークな世界観で描く。

********************************************************************

ライチ☆クラブ出演:野村周平 古川雄輝 中条あやみ 間宮祥太朗

池田純矢 松田 凌 戸塚純貴 柾木玲弥 藤原季節 岡山天音

杉田智和

原作:古屋兎丸「ライチ☆光クラブ」(太田出版) 
監督:内藤瑛亮  
脚本:冨永圭祐、内藤瑛亮 
配給・宣伝:日活 
制作:マーブルフィルム  
©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
   


映画 薄桜鬼SSL 完成披露イベントの開催が決定!


今をときめくイケメン俳優たちが勢ぞろい映画『薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE MOVIE』
これは大ヒットゲーム「薄桜鬼」のスピンオフとなるゲーム「薄桜鬼SSL」実写映画化劇場版。

今回、2月6日(土)の映画公開に先がけ、2月1日(月)に完成披露イベントの開催が決定!

ファンの皆様への感謝をこめて、一足先に映画「薄桜鬼SSL~sweet shool life~ THE MOVIE」の魅力をキャスト、そして監督が語ります。

因みに本日より完成披露イベントの先行プレリザーブ受付が開始しています。
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1600554

ssl_movie_sub1
完成披露イベント情報

東京メトロ丸ノ内線・副都心線
「新宿三丁目」駅B2出口より徒歩1分
日付:2016年2月1日(月)
場所:シネマート新宿・スクリーン1(330席)
時間:
18:30 開場
18:45~19:15 舞台挨拶
19:20~21:00 上映(94分)

登壇者: 中村優一(土方歳三)、染谷俊之(斎藤一)、木村 敦(沖田総司)、石渡真修(藤堂平助)、稲垣成弥(原田左之助)、井深克彦(風間千景)、大野未来(雪村千鶴)、宮下健作(監督)

※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

薄桜鬼ssl_映画2
イベントチケット販売情報

<チケットぴあ先行プレリザーブ受付>(Pコード:「薄桜鬼SSL」新宿555-196)
【受付期間】2016年1月16日(土)11:00AM~2016年1月22日(金)11:00AM

【抽選結果発表】2016年1月22日(金)夕方 ⇒詳細はコチラ プレリザーブ
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1600554


2月6日(土)の映画公開に先がけ、2月1日(月)に完成披露イベントの開催が決定!ファンの皆様への感謝をこめて、一足先に映画「薄桜鬼SSL~sweet school life~」の魅力をキャスト、そして監督が語ります。

<チケットに関する問合せ>
つきましては、ますます盛り上がりを見せる新作映画『薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE MOVIE』の完成披露イベント開催の情報を、ぜひ貴媒体でご紹介いただけますよう、お願いいたします。
TEL:0570-02-9111 または http://t.pia.jp/

<一般発売について>
2016年1月23日(土)10:00AMより「チケットぴあ」(http://t.pia.jp/cinema/)にて一般発売

薄桜鬼ssl_映画3
実写版「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」は、【私立薄桜学園】の1年間を季節やイベントごとに切り取り、テレビドラマ、舞台、映画と、それぞれ場を変えて、独立したストーリーが描かれてきました。このたび公開が決定した劇場版は、バレンタインデーと卒業式がメインとなり、別れの季節を前にラブ度が急上昇! シリーズを通して演じるメインキャストは同じなので、イメージも変わらず、別々でも面白く観ることが出来ますが、通して観るとより一層楽しさが伝わる作りとなっています。


映画『薄桜鬼 SSL~sweet school life~ THE MOVIE』

2016年 2月 6日(土)劇場公開。楽しみでっす!

********************************************************************

出演
中村優一、染谷俊之、木村敦、石渡真修、稲垣成弥、井深克彦、大野未来章平、小西成弥、葵洋輔、瀧沢犬太郎、中島頼之、逢沢凜、田中愛梨、奥野智也、 Blu-BiLLioN(特別出演)、加藤和樹(特別出演)、玉城裕規、馬場良馬
原作:オトメイト「薄桜鬼 SSL~sweet school life~」
監督/脚本:宮下健作
製作:香月淑晴/中野久/宇治重喜/藤本大史
エグゼクティブプロデューサー:奥出緑
プロデューサー:板橋明久
企画協力:平松義行
制作プロダクション:ダブルアップエンタテインメント
配給:トリプルアップ
宣伝:フロンティア・エンタープライズ
制作協力:アイディアファクトリー、デザインファクトリー、 ACOS、キャンター、日光江戸村製作委員会【エスピーオー・ダブルアップエンタテインメント・ビザビジョン・ FWD】
(c)2015 IF・DF/「薄桜鬼 SSL~sweet school life~」製作委員会
  
   


『ナゴシノハラエ』大原とき緒監督にインタビュー


「私の恋人は兄だ」衝撃的な告白から始まる映画

ナゴシノハラエ』。

今回、大原監督にインタビューさせていただき、『ナゴシノハラエ』についてから次回作構想までお聞きしましたのでご紹介します。

大原とき緒監督インタビュー
先ずはお知らせ!
監督の大原とき緒さんは精力的に上映&イベントを行っていて、今回は関西(大阪・兵庫)連続上映が決定しています。

大阪・シアターセブン共催★上映+トークショー
日時:2016年1月23日(土)19時上映開始(18時50分開場)
トークゲスト:濱口竜介(映画監督)、大原とき緒監督

兵庫・イベント上映 in 楽や~with 切り絵ライブ
日時:2016年1月24日(日)17時よりイベント開始
会場:昔ごはん と おやつの時間 楽や 神河店


それでは、インタビュー内容をどうぞ!

Q:「私の恋人は兄だ」という衝撃的な告白から始まるこの映画。女性目線での兄と妹の近親相姦を女性の目から映した作品ですが、タイトルの『ナゴシノハラエ』は、どういう意味ですか?

大原監督:「夏越の祓」からいただきました。夏越の祓は、神社などで六月の晦日に、茅草で作った輪っかを8の字にくぐったり、形代(かたしろ)という人型の和紙に息を吹きかけて、半年分のたまった穢れや罪をうつし身代わりにして、川に流すという神事です。


Q:衝撃的な題材を自身最初の長編にもってきた経緯をお聞かせいただけますか?

大原監督:衝撃的な題材を選んだというよりは、その時に描きたいと思っていた題材が兄妹の恋愛の話だったということになります。物心ついた頃から、本や漫画を読んでいて、疑問に思っていた、どうして近親相姦はいけないのか?ということを大人になって考えた時に、ひとつに子供の問題があるということなら、子供を産むことが出来ない他の恋愛はいけないのかなど、気になりました。同性愛とか、子供を産めなくなった人の恋愛はどうなのかとか。夢野久作さんの短編『瓶詰の地獄』を読んで、この小説は兄の視点(一部、妹のという説もありますが)で描かれていますが、この時、妹は本当はどういう気持ちだったのだろうということが気になりました。それで、妹の視線で描いた近親相姦を描こうと考えました。

Q:撮影の期間はどれくらいでしたか? また、ご苦労やエピソードなどがあればお教えください。

大原監督:撮影自体は、2010年の7月31日から9月18日までの土日をメインに行いました。風景や音撮り、アフレコなどは、その1年前や、二か月後位まで行っていました。
苦労と言えば、2010年の夏は猛暑で、朝から30℃を超すような日々でしたので、役者さんが倒れないか、日焼けしないかとかいうことが、心配でした。ヒロイン役を公募した際に、「色白で丈夫な人」と募集をかけたおかげで、市川翠役を演じてくれた薬袋いづみさんが、精神的にも肉体的にも、とてもタフな女優さんでしたので、助けられました。途中からは、私と役者さん達だけで撮影していたので、彼らは、とても大変だったと思います。


Q:人物や映像が重なりを重視しているように脚本がかかれていますが。

大原監督:冒頭の源氏物語の詩「見し人の形代ならば身に添へて 恋しき瀬々のなでものにせむ」(その人がなくなった恋人の身代わりになるのなら、手元に置いて慈しもう)の形代や身代わりがこの作品のテーマでもあるので、登場人物は皆、誰かの身代わりを演じたり、演じさせられたりしています。
意識的、無意識的に、人は誰かの身代わりを演じたり、人を身代わりにしながら生きているところもあるんじゃないかという想いで描きました。脚本段階でも意識していましたが、撮影現場でも、同じ名前や同じ魂(役割)を持つものは、仕草などを似せて演じてもらったりもしました。また、編集の時にも意識して、重なっていくように編集をしました。

Q:鏡や水に映し出されことに意味を持たせているのですか?

大原監督:『ナゴシノハラエ』は、川の映画であり、水の話でもあります。水は、その人の、主人公の翠(すい)の心を映す鏡でもあります。そのことを意識しました。それから、双子や同じ名前を持つ者たちが複数出てきますので、相手が自分自身でもあるし、分身、身代わりの存在を表すという意味でも、使っています。

Q:カメラワークが手持ちだったり固定だったりわりと大胆ですし、長回しが多い意図は?

大原監督:元々、ジャック・リヴェットや溝口健二監督が好きなこともあって、これまでの短編・中編も長回しが多いのです。『ナゴシノハラエ』は、最初、カットを割って撮ろうと考えていたのですが、リハーサルをしているうちに、割らずにいこうと決めました。
ラストまでは、瓶の中・狭い世界に閉じ込められた設定ですので、閉塞感のある撮り方をすることにこだわって撮りました。長回しや固定は、次に何が起こるかわからないところや、画面は動かなくても、外から不意に、声や物や人が入ってきたりするので、どきどきするというか、閉塞感があるようにも、画面の外に世界が開けているようにも創れるので、この作品にあっていると思うし、好きなんです。


Q:俳優さんたちの選び方で、今回、特に気を配ったところなどありますか?

大原監督:声、でしょうか。声のトーンや良さに気を配ったように思います。後は、その役として、その場に立っていてくれることを重視しました。
今回、舞台をメインにしている役者さんが多かったのですが、映画の舞台が、稽古場や劇場だったり、誰かが誰かの身代わりを演じている話なので、演技が舞台っぽいと言われても構わないと思って、選ばせていただきました。

Q:かなり、精力的に各地で上映を行っていますが、ご苦労などございますか?

大原監督:これまで上映させていただいた場所は、ほとんどの会場の方が作品の世界観を大事にしてくださって、一緒に上映しようと言ってくださった所でしたので、とても、協力していただけて助かりました。
苦労と言えば、作品も監督も無名なので、集客には苦労しました。宣伝費もほとんど無い中、2014年9月に1年間限定で集まってくれた8名の宣伝・応援チーム=チーム☆ナゴシのメンバーに、本当に助けられましたし、学ばせていただきました。アップリンクをはじめ、満席の上映が続いたのも、彼らのおかげだと思っています。2015年9月でチームは解散してしまったので、今は新たに助っ人を募集中です。
苦労ではないですが、ひとつの場所での上映が、他の場所に繋がっていっているのが、面白いし、ありがたいなあと思っています。

Q:次回作の構想などを話せる範囲でお願いいたします。

大原監督:女性が好きな所へ行って、見たいものを見て、好きなものを好きと言える世界を願って作品を創っているので、次回作も女性の心に寄り添うような作品が創れたらと、思っています。
次回は、閉じられた地域で、女性が親族が決めた以外の男性と恋に落ちたり、婚前交渉をしたりした場合、親族の男性が女性を殺すという「名誉の殺人」についての映画を撮りたいと考えています。撮ることや、言葉に出すことで「名誉の殺人」というものが、この時代に存在しているということをより多くの方に知っていただけたらと願っています。

********************************************************************

出演
ナゴシノハラエ市川 翠(スイ):薬袋(みない)いづみ(『さよなら渓谷』『水の声を聞く』)/市川 舜・淳:土山壮也/瑞穂・妹役B:神月叶/浜田 真:小口美緒/彗(スイ):大久保千晴/濱田 惇:横田創/市川 絢子:大原とき緒/毛利浩秋/劇中劇『ビンヅメノジゴク』キャスト:こもだまり(兄役)、野口有紀(妹役A)

スタッフ
監督/脚本:大原とき緒/Co-プロデューサー:土山壮也/衣裳アドバイザー:丸山恵美/ミキサー:大谷勝巳(有限会社プロフェッショナルクラフト)/テクニカルアドバイザー・機材協力:中村元洋/ロケ場所協力:神楽坂die-pratze/作品引用:『瓶詰の地獄』夢野久作 著/音楽:ezoshika label『Je te veux(あなたが欲しい)』エリック・サティ
英語字幕製作:KAZ YOKOYAMA&ROSH PERERA
予告編制作:花田まり子
制作:movies label will☆
  


安田顕主演『俳優 亀岡拓次』から“お酒マナー講座”動画が到着


みなさん今年も飲んでますか!?

1月30日(土)より公開の安田顕さん主演の話題作『俳優 亀岡拓次』。

安田顕さん演じる、本作の主人公、37歳独身、俳優の亀岡拓次は小さな脇役を演じ、現場から現場へ渡り歩いている日々を送っています。映画の撮影現場を転々とする中で、馴染みのスナックやその現場周辺の居酒屋を渡り歩き、彼の日常に“お酒”は欠かせないもの。そんな亀岡の姿を参考に、年始、新年会の酒宴シーズンに贈る、“お酒マナー講座”動画が到着しました!!

『俳優-亀岡拓次』安田顕飲み過ぎ
3つの項目が挙げられていて、…そっと心の隅に留めて、新たな1年を!

<お酒マナー講座>

①“おすすめメニュー”篇
美人の女将さんや上司におすすめのメニューを出してもらったら、 真面目の批評などせず、「おいしいおいしい」といただきましょう。


②“三次会”篇
二次会、三次会で、しっとりしたバーに行ったら、お店の人が歌っている時は静かに聴きましょう。 素直に、歌が心沁み入るのに任せましょう。


③“翌日の仕事”篇
明日も仕事なのに盛り上がりすぎてしまったら、どんなに飲んではしゃいでも、 翌日には必ず出社しましょう。いつも通り仕事に取り組みましょう。


一足先に本作をご覧になった著名人の方からも、続々と絶賛コメントが到着しています。

作家 石田千さん:安田顕さんが、あまりに亀岡拓次なので、涙ぐんでしまった。おさけも妄想も濃く、深く。しぶくて、なさけなくて、ミラクルな映画。

作家 柴崎友香さん:見終わった瞬間から、亀岡拓次のことばかり考えてしまっている。今ごろどんな町にいて、どんな映画に出て、どんな世界をさまよってるんだろう。スナック始めたら、飲みに来てくれるかなー。

『俳優-亀岡拓次』ポスター物語・・・

亀岡拓次、37歳独身。職業は脇役メインの俳優。“最強の脇役”ぶりで仕事が途切れることはないが、プライベートは安い居酒屋を一人飲み歩く地味な生活。そんな亀岡がロケ先で出会った飲み屋の女将・安曇に恋をして・・・。

世界的巨匠からもオーディションの声がかかり、脇役人生に大きな転機が訪れるのか・・・・・・?

不器用だけど愛すべき亀岡拓次が巻き起こす、ユーモアあふれるハートフルな物語。

俳優 亀岡拓次

公式HP:kametaku.com

********************************************************************


出演:安田顕 麻生久美子 宇野祥平 新井浩文 染谷将太 浅香航大 杉田かおる 工藤夕貴 
三田佳子 山﨑努

監督:横浜聡子『ウルトラミラクルラブストーリー』

原作:戌井昭人「俳優・亀岡拓次」(フォイル刊) 
音楽:大友良英「あまちゃん」

製作:『俳優 亀岡拓次』製作委員会
配給:日活

(C)2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会