「恋愛」カテゴリーアーカイブ

自縄自縛の私 椿鬼奴、コメント付き映像


いよいよ、明日2月2日(土)より、竹中直人監督、平田薫主演の映画
『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』
が全国ロードショー公開となります。

公開を記念して、芸人の椿鬼奴さんのコメント付きWEB限定スポット映像が出来上がりました!



鬼奴さんはスポットのコメントとは別に、本作を試写会を観て、
「せつなかったです。繊細で、不器用で。すべての女性に見てほしいです。」
とおっしゃっています。

また、

作家の唯川恵さんは
「躰の拘束が、心の解放に繋がる。この魅惑に取り憑かれるのが怖くて、同時に、羨望する」
とコメントしています。

そして、本作の見所の一つ、ピース綾部祐二と杉本彩の禁断シーン画像がついに解禁。

二人の魅惑な関係性はぜひ劇場の大スクリーンでご確認ください。

ピース綾部祐二と杉本彩の…禁断な関係
©吉本興業

他の画像は過去記事 こちら から

縛ることで、広がる新しい世界を。お近くの映画館で。
2013年2月2日(土)、 新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか 全国ロードショーです。
http://www.r18-jijojibaku.com/

********************************************************************


<映画概要>

「女による女のためのR-18文学賞」大賞作
×
竹中直人監督

新潮社主催の公募新人文学賞「女による女のためのR-18文学賞」の第7回大賞受賞作、蛭田亜紗子著「自縄自縛の私」(新潮文庫刊『自縄自縛の私』所収)。

選考委員、唯川恵、山本文緒、角田光代に絶賛され、多くの読者の共感を呼んだこの小説を映画化したのは竹中直人。
竹中監督は、細やかでみずみずしい、フェミニンな資質を見事開花させ、新境地を見せた。
楽しいことばかりではない、社会人としての日常。けれども、ひとは「ひみつ」を持つことで強くもなれるし、前に進むこともできる。監督は、絵本のような語り口も駆使し、絶妙な距離感で、女の子ならではの心象を丁寧に編み上げていく。

STORY <自縛、自分で自分の身体を縛ること>。OLの百合亜は、奴隷のようなサービス残業、部下からのいじめ、など蓄積されるばかりのストレスを解放する手段として、自縛を密かな趣味としてあたためてきた。ブログ経由で知り合った「運命のひと」との出逢いから、次第に大胆な冒険を重ねてゆく・・・

監督:竹中直人 主題歌『 No Reason 』LOVE PSYCHEDELICO
出演:平田薫 安藤政信 綾部祐二(ピース) 津田寛治
山内圭哉 馬渕英俚可 米原幸佑(RUN&GUN) 銀粉蝶
松尾諭 平田敦子 児玉絹世 鈴木奈々 福士誠治 蛭子能収 吉田照美 つみきみほ 杉本彩

原作:蛭田亜紗子「自縄自縛の私」(新潮文庫刊『自縄自縛の私』所収)
脚本:高橋美幸
製作統括:岡本昭彦
制作企画:奥山和由
プロデューサー:仲良平
企画協力:
新潮社/「女による女のためのR-18文学賞」運営事務局
制作プロダクション:よしもとクリエイティブ・エージェンシー/チームオクヤマ
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作:吉本興業株式会社
http://www.r18-jijojibaku.com/
2013/106分/Japan/color/1:1.85/R-15
©吉本興業

********************************************************************



星野源:映画初主演『箱入り息子の恋』


俳優、音楽家、文筆家として多彩な才能を発揮してきた星野源さんが、ついに映画初主演!

『箱入り息子の恋』

は6月8日(土)テアトル新宿、HTC有楽町ほか公開が決定しました!

『箱入り息子の恋』
————————————————————-
6/8(土)より全国ロードショー
©2013「箱入り息子の恋」製作委員会

星野源は、恋のために走って転がり、絶叫する冴えない男をエモーショナルに演じています。ヒロインには、盲目の女性という難役を透明感溢れる居ずまいで演じきった夏帆。またそれぞれの両親には、平泉成、森山良子、大杉漣、そして黒木瞳という実力派俳優たちが豪華共演、見応えある人間ドラマになっています。

監督・脚本を務めたのは、『無防備』(08)でぴあフィルムフェスティバル、釜山国際映画祭にてグランプリを受賞、ベルリン国際映画祭にも正式出品され、世界的な注目を集める市井昌秀。今回もシリアスとコメディを絶妙にブレンドし、人同士がぶつかりあう葛藤や絆に肉迫する。

真剣だからこそ滑稽で、無様だからこそ心に刺さる、“35歳の童貞男”の恋の行方は果たして??。

ストーリーは、
童貞こじらせ系、オーバー30男子の健太郎は、内気で愛想がなく、唯一の趣味はペットのカエルだけ。見かねた両親は親同士が婚活する“代理見合い”に参加、美しい奈穂子とお見合いするチャンスを掴んでくる。実は彼女の目がまったく見えないとは知らずに・・。しかし、それでも奈穂子とはじめての恋に落ちた健太郎。「好き」という感情を一気に爆発させる彼だったが、行く手には思わぬ障害が待ち構えていた!。



********************************************************************


『箱入り息子の恋』
公式サイト:http://hakoiri-movie.com/
2013年6月8日(土)、テアトル新宿他全国ロードショー!

出演:星野源、夏帆/平泉成、森山良子、大杉漣/黒木瞳
監督・脚本:市井昌秀  共同脚本:田村孝裕
小説版「箱入り息子の恋」(ポプラ社刊)  
製作:「箱入り息子の恋」製作委員会 
2013年/日本/アメリカンヴィスタ/5.1ch/117分  
音楽:高田漣
制作プロダクション:キノフィルムズ、ブースタープロジェクト
配給:キノフィルムズ(http://www.kinofilms.jp/)


ダコタ・ファニング『17歳のエンディングノート』



ダコタ・ファニングの『17歳のエンディングノート』が、ゴールデンウィーク新宿武蔵野館ほか全国ロードショーが決定しました。

原作はジェニー・ダウンハム:“NOW IS GOOD”『16歳。死ぬ前にしてみたいこと』。

余命を宣告された17歳の少女が、いよいよ‘その時’が近いことを知ると、親友と一緒に残り9ヶ月で一生分の経験をするための「TO DOリスト」を作り上げます。

“SEX”や“DRUG”など危険な事柄に満ちたリストを一つづつ実行していく中で、テッサは生きる意味と素晴らしさに気づいていくって言うストーリー。

『17歳のエンディングノート』
GWより、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
© 2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.

ハリウッドでキャリアを重ね、天才の名を欲しいままにしてきたダコタ・ファニングと、『戦火の馬』で抜擢されたイギリスのホープ、ジェレミー・アーヴァインの瑞々しい共演が光る、10代の危うさが切なく愛しいトゥルーラブ・ストーリーが登場!

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』などで脚本家として活躍するオル・パーカーがベストセラー小説を元に脚本と監督を手掛けています。

********************************************************************


STORY

私は9ヶ月で一生分、生きる。

余命を宣告された少女テッサは、自分が何者にもなれないと知り、自宅で引きこもり生活を送っていた。会社を辞めて治療法探しに奔走する父親、現実を受け止められず看病できない母親に「なんであたしより弱いの!」とキレながらも、どうすれば生きている実感を得られるのか考えていた。17歳になり、いよいよ‘その時’が近いことを知ると、親友と一緒に残り9ヶ月で一生分の経験をするための「TO DOリスト」を作り上げる。“SEX”や“DRUG”など危険な事柄に満ちたリストを一つづつ実行していく中で、テッサは生きる意味と素晴らしさに気づいていく。

出演:ダコタ・ファニング
    ジェレミー・アーヴァイン
    パディ・コンシダイン
    オリヴィア・ウィリアムズ
監督・脚本 オル・パーカー
原作 ジェニー・ダウンハム:“NOW IS GOOD”『16歳。死ぬ前にしてみたいこと』(PHP研究所)
公式サイト、ティーザー版: www.17ending.com


2012/イギリス/カラー/デジタル/シネマスコープ/5.1ch/103分
日本語字幕:松岡葉子/PG-12 
配給:キノフィルムズ
© 2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.

『17歳のエンディングノート』
GWより、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
© 2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.


自縄自縛の私 緊縛シーン画像第二弾解禁!!


竹中直人監督最新作、映画

『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』

は2013年2月2日(土)公開ですが・・・・

この度、劇中での緊縛シーン画像が追加解禁です!!
主演の平田薫さん他、安藤政信さん、津田寛治さん、蛭子能収さんまで!?
縛っちゃってます。



この映画は
新潮社主催の公募新人文学賞「女による女のためのR-18文学賞」の第7回大賞受賞作、蛭田亜紗子著「自縄自縛の私」(新潮文庫刊『自縄自縛の私』所収)。選考委員、唯川恵、山本文緒、角田光代に絶賛され、多くの読者の共感を呼んだこの小説を映画化したものです。

楽しいことばかりではない、社会人としての日常。けれども、ひとは「ひみつ」を持つことで強くもなれるし、前に進むこともできる。竹中監督は、絵本のような語り口も駆使し、絶妙な距離感で、女の子ならではの心象を丁寧に編み上げています。

新しい世界を。
2013年2月2日(土)、 新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか 全国ロードショー!

平田薫さん美しい。。『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』
2013年2月2日(土)全国ロードショー!©吉本興業

********************************************************************


STORY

自縄自縛とは。

<自縛、自分で自分の身体を縛ること>。


OLの百合亜は、奴隷のようなサービス残業、部下からのいじめ、など蓄積されるばかりのストレスを解放する手段として、自縛を密かな趣味としてあたためてきた。ブログ経由で知り合った「運命のひと」との出逢いから、次第に大胆な冒険を重ねてゆく・・・



監督:竹中直人 主題歌『 No Reason 』LOVE PSYCHEDELICO
出演:平田薫 安藤政信 綾部祐二(ピース) 津田寛治
山内圭哉 馬渕英俚可 米原幸佑(RUN&GUN) 銀粉蝶
松尾諭 平田敦子 児玉絹世 鈴木奈々 福士誠治 蛭子能収 吉田照美
つみきみほ 杉本彩
原作:蛭田亜紗子「自縄自縛の私」(新潮文庫刊『自縄自縛の私』所収)脚本:高橋美幸
製作統括:岡本昭彦 制作企画:奥山和由 プロデューサー:仲良平
企画協力:新潮社/「女による女のためのR-18文学賞」運営事務局
制作プロダクション:よしもとクリエイティブ・エージェンシー/チームオクヤマ
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 製作:吉本興業株式会社
http://www.r18-jijojibaku.com/
2013/106分/Japan/color/1:1.85/R-15 ©吉本興業


2013年2月2日(土)、 新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか 全国ロードショー!


『愛、アムール』を試写してきました


先日のゴールデングローブ賞で、外国語部門賞をとり、

本年度アカデミー賞主要3部門を含む
<作品賞><監督賞><主演女優賞><脚本賞><外国語映画賞>
の5部門にノミネートされている

『愛、アムール』*2013年3月9日から日本公開

試写してきました。

作品内容ですが、
パリの高級アパートで静かに暮らすジョルジュとアンヌは80代の元ピアノ教師の老夫婦。教え子がピアニストで活躍する姿を誇らしげに感じ、お互いを思いやりながら日々を送る二人だったが、妻が病で突然倒れ、穏やかだった日常が少しずつ変わっていく…。

人が人を愛した末に待ち受けるその現実とは?
人生最後の道程をともに歩んでいく夫婦、その究極の愛の物語。

ハッキリ言って
最初、タイトルが『愛アムール』なので、大変な生活の中でもほんわかな作品と思いきや
こんなに衝撃的な作品、、、だとは。

実は、試写してから日が経っているのですが、
どう、皆さんにお伝えすべきかを考えていたんです。
この作品、それだけインパクトが強くてね。

何しろ、終わった後の試写室。こんなに静まり返ったの初めて。
試写室からの階段を降りるときでさえ、誰もしゃべらない。

いつもはね。演技論とか、感想とか、思い思いに知り合いとしゃべってるものなのだけど。
今回、誰もしゃべらない。

たぶん試写したマスコミさんたち皆が其々に思いにふけっていたのではないかと思います。

淡々とシンプルに、そしてストレートに描写される生活。
人々其々の気持ちが痛いほど伝わってしまう凄い作品でした。


僕も帰り道は、

年老いてきた父母の事。

独身の僕の老後の事。

いろいろ考えさせられた作品です。

エマニュエル・リヴァは病を患った後、少しずつ心身の自由が失われていく老婦人の変化を壮絶に演じてアカデミー主演女優賞にノミネートされていて、本当に別人のようになっていく演技は勿論凄く。

旦那さん役のジャン=ルイ・トランティニャンの演技が、どこまでもやさしく、愛がこぼれます。

愛 アムール 究極の愛の物語なんです。

それだけに。辛い。

愛あふれる演技は秀逸 ジャン=ルイ・トランティニャン


主演女優賞にノミネートされた、エマニュエル・リヴァ(85)
因みにアカデミー賞授賞式は日本時間2月25日午前9:00から行われます。期待出来る作品です。

愛アムール公式HP:http://ai-movie.jp/
2013年3月9日、Bunkamura ル・シネマ、銀座テアトルシネマ、
新宿武蔵野館、他全国ロードショー


********************************************************************

脚本・監督:ミヒャエル・ハネケ
『ピアニスト』『隠された記憶』『白いリボン』
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、
イザベル・ユベール、アレクサンドル・タロー

提供:角川書店、ロングライド、カウンターポイント
配給:ロングライド
(c)2012 Les Films du Losange – X Filme Creative Pool – Wega Film – France 3 Cinema – Ard Degeto – Bayerisher Rundfunk – Westdeutscher Rundfunk

2013年3月9日(土)より
Bunkamura ル・シネマ、銀座テアトルシネマ、
新宿武蔵野館、他全国ロードショー