「恋愛」カテゴリーアーカイブ

桜井日奈子のパブリックイメージからギャップな!『殺さない彼と死なない彼女』


映画情報どっとこむ ralph 「殺さない彼と死なない彼女」が実写映画化、11月15日(金)全国公開となります。
殺さない彼と死なない彼女 W主演の間宮祥太朗&桜井日奈子が演じるのは、「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年・小坂れいと「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女・鹿野なな。さらに、恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、金子大地、中尾暢樹ら2019年最注目の瑞々しい魅力溢れる若手俳優たちの豪華競演が実現。彼らが織りなす不器用で純粋な少年少女たちを巡る三つの物語は、やがて思いがけない結末へ。すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作が誕生しました。
殺さない彼と死なない彼女 (4)
この度、桜井日奈子のパブリックイメージからギャップがある役柄・鹿野を切り取った場面写真と本編映像が公開となります。

映画情報どっとこむ ralph 本作の小林啓一監督が、リストカット常習者で“死にたがり”な少女・鹿野ななを演じる桜井日奈子について、「今回、桜井さんは世間のイメージと一番ギャップのある役柄を演じていて、ある意味“殻を破った”作品になるんじゃないかと思う」と語っているが、そのギャップのある一面を切り取った場面写真と本編映像が公開された。
 場面写真の鹿野が加えているイカ焼きは、小坂(間宮祥太朗)が買ってきて「食え」と差し出したものだ。少しかじるだけだったはずが、勢いよくかぶりつき、偶然にもイカ焼きを丸々くわえた状況が生まれ、本編ではくわえたまま「おいひぃ!」としっかりセリフを言っている。
この作品では、小林監督がシーンごとにかなりの数のテイクを重ねて撮影したが、アドリブ的な面白さが受け入れられ、リテイク無しとなった珍しいシーンだ。

映画情報どっとこむ ralph 本編映像は、学校からの帰り道での小坂と鹿野の不器用で口の悪い会話にクスリと笑えるシーンだ。

小坂が少し後ろを歩く鹿野になにか言ってほしそうに何度も振り返る。しびれを切らしたかのように小坂が「……なぁ、お前、なんか気づかない?今日」と話を振るが、それでも鹿野はわからない。小坂が気付いてほしかったのは、「俺の髪型!分け目がいつもと逆だろーが!言わせんなよ」と、まさかの分け目の違い。が、鹿野は「どうした?今のお前、世界で一番めんどくせーぞ」と冷静に半ばあきれ顔で一蹴。小坂は「うっせえ、殺すぞ!」といつもの口癖を言いながら分け目をもとに戻す。小坂はツンデレな一面を露呈させたのか、それとも鹿野との会話を盛り上げるためのやさしさからの渾身の話題なのか?対する鹿野の低いテンションや殺伐とした言葉遣い、小坂とのやりとりについて、今までは、対照的なキラキラした雰囲気の女子高生役が多かった桜井は、「作り込み過ぎていないテンションで、やり取りがすごく心地の良かったです」と、より自分に合っている役であるとも語っている。

また、本作は照明を使わず自然光のみで撮影をしたが、絶妙な光を感じることができるシーンだ。

そんな二人を待ち受ける衝撃の事件とはいったい何か?タイトルに秘められた謎とともに、予測不能なラブストーリーに期待が高まる。

映画情報どっとこむ ralph すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作!
衝撃のラスト、タイトルの本当の意味に涙する。

殺さない彼と死なない彼女

11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
間宮祥太朗&桜井日奈子『殺さない彼と死なない彼女』 何にも興味が持てず、退屈な高校生活を送っていた少年・小坂れい(間宮祥太朗)は、リストカット常習者で“死にたがり”の少女・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。それまで周囲から孤立していた二人は、<ハチの埋葬>をきっかけ同じ時間をともに過ごすようになる。不器用なやりとりを繰り返しながらも、自分を受け入れ、そばに寄り添ってくれるあたたかな存在――そんな相手との出会いは、互いの心の傷を癒し、二人は前を向いて歩み出していくのだが……。
殺さない彼と死なない彼女
***********************************

間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子/主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)

製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

伊参スタジオ映画祭で、岡山天音、加藤小夏、飯塚俊光監督登壇 映画『踊ってミタ』プレミア上映


映画情報どっとこむ ralph 2019年11月9日(土)、群馬県中之条町の伊参スタジオ公園で行われた伊参スタジオ映画祭で、映画『踊ってミタ』プレミア上映が行われ、上映後のトークショーに出演者の岡山天音、加藤小夏、監督の飯塚俊光が登壇した。

『独裁者、古賀』でシナリオ大賞を受賞(2012年)や『ポエトリー・エンジェル』の上映(2017年)、そして、本作も中之条の町役場で撮影を行うなど、飯塚監督作品には何かと縁がある伊参スタジオ映画祭での初上映となった。
集合「踊ってミタ」伊参映画祭レポート 映画『踊ってミタ』プレミア上映
日付;2019年11月9日(土)
登壇:岡山天音、加藤小夏、飯塚俊光監督

映画情報どっとこむ ralph トークショーは、初上映を観るために訪れたファン200名が見守る和やかな空気の中で進行した。

岡山天音、加藤小夏、飯塚俊光監督
冒頭に、今回ダンスをテーマにした映画を製作する経緯についてきかれた飯塚監督は「ダンスをテーマというより、自分が注目しているインターネットの世界で活躍しているクリエイターたちと、TVやCMの世界で活躍している岡山さんや加藤さんのような方を1つにつなげられたら面白いものができるのではないかと考えていた。そして、それが成立できるのは映画しかないと思ったことがきっかけだでした。」と語った。

続いて、ダンスシーンが多かった現場についての質問がキャストにふられると、『チキンズダイナマイト』、『ポエトリーエンジェル』に続き飯塚作品では3度目の主演で、監督とは気心知れた仲である岡山は「ポエトリーの時は詩のボクシング、今回はダンスということで、また芝居以外のことで負荷をかけられるんだなと思いまいした(笑)」と話すと場内は暖かい笑いで包まれた。「ただ、普段あまりない状況で新たな高いハードルに挑むことができました。」と撮影を振り返った。また、本作でヒロインをつとめ映画本格初出演となる加藤小夏は「ダンス経験はあるので、覚えることに問題はなかったですが、振り付けを反転して覚えてしまった曲があって、それがなかなか抜け切れなくて大変でした。」と撮影中の苦労を語った。

最後に設けられた出演者への質問コーナーでは、来場したお客様からの質問に終了時間ぎりぎりまで真摯に対応し、熱気に包まれトークショーは終了した。

また、2020年3月7日に新宿シネマカリテほかで全国劇場公開されることが発表された。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶前の空き時間に、映画祭会場で行われていたキャベツ採りに参加したところをパシャリ!
キャベツ採り「踊ってミタ」伊参映画祭レポート
映画情報どっとこむ ralph 『踊ってミタ』は、東京でトップクリエイターになる夢に破れ、故郷の町役場の観光課職員となった三田が、町の活性化のため「踊り」によるPR映像を制作することになり、つながりの薄かった人間たちと「踊り」を通じて夢をとり戻してゆく姿を描く、観るものを熱くするヒューマン・ダンスムービー。

映画『踊ってミタ』

2020年3月7日(土)より新宿シネマカリテほか公開

ストーリー
東京で意識高い系の映像作家になる夢に破れ、故郷の町役場の観光課職員となるが、夢を諦め切れずにいる三田。そんな彼の元に、2週間で町を活性化しろとの町長から命が下る。しかし、観光名所も何もない町で画期的な案があるはずもなく、苦肉の策で町民参加の「踊り」によるPR映像を制作することになり、そこから三田の悪戦苦闘の日々が始まる――。一度は町に見切りをつけたものの、それでも町や人にそれぞれの思いを抱く、つながりの薄かった人間たちが、「踊り」を通じて一歩踏み出し、触れ合い、自身と向き合うことで生きる活気や絆、そして夢をとり戻してゆく姿を描く、観るものを熱くするヒューマン・ダンスムービー!

公式サイト:
odottemita-movie.jp  
公式ツイッター:
@odottemita_mv

***********************************


【出演】
岡山天音 
加藤小夏 武田玲奈 中村優一
横田真悠 ルー大柴 川原瑛都 えんどぅ 西村瑞樹 松浦祐也 ふせえり 早出明弘
森田想 白石優愛 小牧那凪 ゆってぃ 冨樫真 BOB りりり 霜月めあ
大鳥こはく(角元明日香) やついいちろう 山本匠馬 味岡ちえり 中島ひろ子

【スタッフ】
監督・脚本:飯塚俊光 
音楽:40mP 振付:めろちん CGクリエイター:天野清之 
キャラクターモデリング:京野光平 a.k.a. ntny(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
制作協力:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 他
製作プロダクション:アークエンタテインメント
製作:東映ビデオ、Guild、テレビ東京メディアネット、東京メトロポリタンテレビジョン、TBSラジオ、
アークエンタテインメント、ケトル、MOTION GALLERY STUDIO、エイガ・ドット・コム    
配給:東映ビデオ 
ⓒ2020「踊ってミタ」製作委員会  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

沖田修一監督が待望の映画化!上白石萌歌『子供はわかってあげない』来年初夏に公開


映画情報どっとこむ ralph 現在制作中の映画『子供はわかってあげない』が来年初夏に公開される運びとなりました。

原作は、「マンガ大賞2015」で2位にランクインした、 長編デビュー作。「モーニング」連載時から話題沸騰だった傑作コミックの映画化。
もうすぐ夏休みのある日、高校2年のは水泳部の練習中に、ちょっと変わった書道部員のもじくんと学校の屋上で運命的に出会い、思いもよらない父親探しの旅が始まる・・・・・・。初めての恋、秘密の家族・・・様々な出会いで美波は成長していく。ひと夏の甘酸っぱい冒険に、誰もがあたたかなあの頃を思いだす。
『子供はわかってあげない』 主人公の美波を演じるのは上白石萌歌。
第7回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリに輝き、「義母と娘のブルース」(18/TBS)で注目を集める。『未来のミライ』(18/細田守監督)では主人公の男の子役で声優に初挑戦。「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(19/NTV)、「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(19/NHK)など話題作に出演。瑞々しい魅力と確かな演技力で引っぱりだこの上白石が、本作で念願の沖田監督作品に主演で初参加。「かねてから大好きだった沖田監督の作品に携われることが心から幸せでした。」とコメント。7月から8月にかけて約1ヶ月の撮影は上白石にとって特別な夏になった。

上白石萌歌 コメント(朔田 美波/さくた みなみ 役) 

かねてから大好きだった沖田監督の作品に携われることが心から幸せでした。瑞々しい原作の空気感と沖田監督の映像美がどんな化学反応を起こすのか楽しみで仕方がありませんでした。ずっと沖田監督の世界で息をしていたくて、撮影が終わるのがとても寂しかったです。そして、共演の細田佳央太さんはお芝居をするうえで一番助けられた存在。門司くんは彼そのもので、細田さんがいなければ美波を演じきれなかったかもしれないと思うほどです。10代最後の夏はすべての想いをこの作品に込めました。きっと人生の宝になります。

映画情報どっとこむ ralph 相手役には細田佳央太。超新人ながら石井裕也監督作『町田くんの世界』主演に大抜擢され話題を呼んだ。本作では沖田監督とタッグを組み日本映画を代表する監督たちの起用が続く。

細田佳央太 コメント(門司 昭平/もじ しょうへい 役) 

沖田監督から『原作の門司くんっぽさは台詞で表しているから、細田くんは自由にお芝居して良いよ』と言って頂いて作品に入ったので、原作を意識しすぎず自分らしく門司くんと向き合うことが出来ました。
沖田組の明るく、笑いが絶えない雰囲気が、自然と原作の世界観に寄っていったのだと思います。上白石さんにもお芝居で引っ張って頂き、特にラストシーンの二人芝居では、目のお芝居に感化されました。高校最後の夏に沖田組での撮影に参加させて頂けたこと、素敵な共演者・スタッフの方々・作品に巡り会えたこと、全てに感謝です。


映画情報どっとこむ ralph 監督は『南極料理人』『横道世之介』など、手がけた作品たちが愛され続け、新作が待ち望まれる沖田修一。昨年5月公開、山﨑努・樹木希林が演じる円熟の夫婦を描いた『モリのいる場所』から一転、沖田監督が選んだのは、自身が熱望していたテーマのひとつである“高校生の青春”。ユーモアあふれる、あたたかい人間ドラマを描いてきた沖田監督が、初めての漫画原作の映画化に、新たな一面が加わる。10代の揺れる心をどう描くのか―

沖田修一監督 コメント

何気なく手にして読んだ、好きな原作でした。田島列島さんの描かれた、独特のユーモアのようなものを、映画にするのが、難しそうでしたが、それ以上に楽しそうで、挑戦してみることにしました。美波を探す中で、上白石さんに会いました。自分の映画の雰囲気に、とても似合いそうだと思いました。素朴な可愛らしさがあって、映画のために身体を張ってくれる強さもありました。あと、すごい泳げました。細田くんは、驚くほどに純粋な青年で、今時珍しいくらいでした。この二人と一緒に、映画を作れる喜びを感じながら、一夏の撮影をさせてもらいました。

映画情報どっとこむ ralph 原作は田島列島の『子供はわかってあげない』。軽やかで味わい深く、秀逸なセリフが胸に刺さる作品は、大人の気づきが多いと幅広い層に熱く支持されている。SNSやインタビューなどで糸井重里、夏帆、西野七瀬ほか著名人たちが好きな作品として挙げている。

来年(2020年)の初夏公開をお楽しみに!ご期待ください。

『子供はわかってあげない』
2020年初夏全国ロードショー

HP:
agenai-movie.jp 

twitter:
@agenai_movie

***********************************

キャスト:
上白石萌歌 細田佳央太 
監督:沖田修一 
原作:田島列島『子供はわかってあげない』(講談社モーニングKC刊)
企画・製作幹事:アミューズ
配給:日活
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
2020「子供はわかってあげない」製作委員会 田島列島/講談社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ノイタミナ発! BLアニメ 『映画 ギヴン』ティザービジュアル解禁&2020年春公開


映画情報どっとこむ ralph ノイタミナ初BLコミックをアニメ化したキヅナツキ原作による「ギヴン」(新書館「シェリプラス」にて連載中)は、2019年7月11日より放送が開始となり、SNSを中心に「青春×バンド×BLの組み合わせが最高!」「音楽と映像がエモすぎる!」「登場人物たちの日常にキュンキュンする!」と女性層をメインに瞬く間に口コミが広がり、各話放送後にtwitterトレンドワード入りを何度も果たすなど話題となりました。

本作の最終話となる9月19日放送終了後に『映画 ギヴン』をBLアニメレーベル「BLUE LYNX」にて公開することを発表、TVシリーズでは、高校生の真冬と立夏2人の、切なくて淡い恋がメインでしたが、映画では、大人メンバーである、春樹、秋彦、雨月の苦くて熱い恋をメインに描くことが決定しています。

この度、『映画 ギヴン』ティザービジュアルが解禁となり、映画公開タイミングも、2020年春に決定となりました!

ティザービジュアルは、春樹の自宅での日常の一コマを描いています。
映画化発表と同時に解禁となったビジュアルは色のないの絵柄でしたが春樹と秋彦の関係性を示唆するかのように、彼らの景色も色づいた絵柄となりました。
『映画 ギヴン』ティザービジュアル
映画情報どっとこむ ralph 11月9日、10日開催、AGF(アニメイトガールズフェスティバル)にてキヅナツキ描き下ろしミニ色紙付き先行前売券の発売も致しますので、ぜひ会場にお越しくださいませ。

AGF(アニメイトガールズフェスティバル)にて『映画 ギヴン』バンドル付き先行前売券、発売!
BLUE LYNXレーベルから劇場公開される3作品の先行前売券のバンドルには、BLUE LYNXにちなんで、「猫」をテーマに
各作品の原作者の方々がそれぞれの作品のキャラクターを描き下ろしたミニ色紙がつきます!

また、AGF会場限定の特典も決定。『映画 ギヴン』のバンドル付き先行前売券を購入すると本日解禁されたビジュアルを使用したポストカードが配布されます。それに加えて、AGF会場で3作品全ての前売券を購入すると、三浦しをんがストーリー、丹地陽子がイラストを手がけた『月光はきみのささやき』のポストカード(5枚セット)が数量限定で配布されます。

バンドル付き先行前売券及び会場販売グッズは、数量限定で事後通販も実施。11月15日(金)18時より受付開始
『BLUE LYNX』特設通販ページ(ノイタミナオンラインショップ内):
http://www.noitamina-shop.com/event/id/818
※会場限定の特典は付きませんのでご注意ください。

◆AGF詳細
開催期間:2019年11月9日(土)~11月10日(日)
開催時間:10:00~17:00(16:30新規最終入場) ※ファストチケット入場:9:00~
ブース番号:Y-21 『BLUE LYNX』
公式HP:
https://agf-ikebukuro.jp/s/agf/?ima=4248


映画情報どっとこむ ralph 『映画 ギヴン』 2020年春 公開!

TVアニメ『ギヴン』 FODにて独占配信中

公式サイト:
given-anime.com

公式Twitter:
@given_anime

【イントロダクション】 
高校生の上ノ山立夏は、佐藤真冬の歌声に衝撃を受け、中山春樹、梶秋彦と組んでいるバンドにボーカルとして真冬を加入させる。真冬加入後初のライブを成功させ、バンド「ギヴン」の活動が始動する中、上ノ山は真冬への思いを自覚し、ふたりは付き合い始める。一方、春樹は長年密かに秋彦に思いを寄せていたが、秋彦は同居人のヴァイオリニスト・雨月との関係を続けていて・・・。スクリーンで、春樹と秋彦、雨月の恋が軋んで動き出すーー!

***********************************

【CAST】
佐藤真冬:矢野奨吾/上ノ山立夏:内田雄馬/中山春樹:中澤まさとも/梶 秋彦:江口拓也
村田雨月:浅沼晋太郎

【STAFF】
原作:「ギヴン」キヅナツキ(新書館「シェリプラス」連載中)
監督:山口ひかる
脚本:綾奈ゆにこ
キャラクターデザイン:大沢美奈 
音響監督:菊田浩巳
音楽:未知瑠
アニメーション制作:Lerche
© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

杉野遙亮しっかりした芝居のシーンで“立ちひざ寝”、その時福原遥は・・・『羊とオオカミの恋と殺人』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 漫画アプリ「マンガボックス」で連載されるやいなや話題を呼び、閲覧数1位を独走した人気漫画「穴殺人」を映画化した『羊とオオカミの恋と殺人』の完成披露試写会が11月7日(木)、東京・日比谷のTOHOシネマズ日比谷にて開催されました。

W主演を務める杉野遙亮さんと福原遥さん、共演の江野沢愛美さん、江口のりこさん、朝倉加葉子監督が舞台挨拶に登壇。
物語や役作りについて語ると共に、映画にちなんで自身の“意外な一面”を告白し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

『羊とオオカミの恋と殺人』完成披露舞台挨拶
『羊とオオカミの恋と殺人』イベント
日程:11月7日(木)
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇:杉野遥亮、福原遥、江野沢愛美、江口のりこ、朝倉加葉子監督

映画情報どっとこむ ralph 本作で映画初主演を果たした杉野さんだが「(初主演を)そんなに意識してなくて、これまでいろんな方の背中を見せてもらってきたので、自分の(現場での)居方をできればと思ってたのと、最初に脚本を読んだときの衝撃がすごすぎて…(笑)」と隣人の殺人鬼と付き合うことになるという物語の展開のすさまじさに、初主演のプレッシャーなど吹き飛んだと明かす。

杉野さんと福原さんの共演は2度目だが

杉野さん:お互いに人見知りで…。

と杉野さんが言えば、

福原さん:また初対面のように戻っちゃって『どうも、どうも。おひさしぶりです…』という感じで…(笑)

と再共演にもかかわらず、ぎこちない再会だったことを明かす。

福原遥『羊とオオカミの恋と殺人』完成披露舞台挨拶 福原さんは、一見ごく普通の女子大生だが、実は恐るべき殺人鬼という役柄について

福原さん:ちょうど、その時期にいろんな取材で『殺人鬼をやりたい』って話してて、あ、こんなにすぐにできちゃうんだ!とびっくりしたけど嬉しかったです!

とニッコリ。難しかった点としてアクションシーンに触れ

福原さん:監督から、殺すシーンは『コンテンポラリーダンスみたいに舞うようにキレイに』と言われて、苦戦しました。

と語り、初めての殺陣のシーンのため3か月ほどの練習を積んだことも明かした。


映画情報どっとこむ ralph 朝倉監督は、本作をあくまでも「恋愛ドラマ」として捉え「しっかりとしたドラマにしたい」という強い決意で臨んだとそう。殺人シーンなど、様々な仕掛けもあり

朝倉監督:撮影の密度が高く、みなさんにはハードなお願いをしました。

と語り、キャスト陣をねぎらったが、そんなハードな日々の中で、杉野さんが撮影中に“立ちひざ寝”をしたこともあったとか!

杉野さん:長い撮影…、みなさんが想像しているよりももうちょっと長い撮影で(笑)、僕もよくわかんないんですけど、ほぼ半分、気絶したような感じで…。どっかに行っちゃって(笑)、気づいたら遥ちゃんが『起きて! 本番だよ!』って…。

とそのときのことを述懐。

福原さんは、目の前で杉野さんが立ちひざのまま寝ていたのを「気づいていた」とのこと。

朝倉監督:しっかりした芝居のシーンで、2人とも一生懸命やってくれてたんですが…。お芝居にちょっと間があるなと思って、ここ一番の気合を入れて作ってくれているんだなと思ってました(笑)

と明かし、会場は笑いに包まれていた。

杉野さんが演じる黒須、福原さん演じる宮市と「不思議な三角関係」(杉野さん)を築くのが、江野沢さんが演じた春子。福原さんと江野沢さんは、同じ雑誌でモデルをしていたことがあり、十年来の付き合い。しかも、福原さんは自身がその雑誌にモデルとして応募したきっかけについて

福原さん:愛美ちゃんが出ている雑誌を見て、憧れて応募したんです!そのとき江野沢さんは審査員をしていました!

江野沢さん:こうやって一緒にお仕事ができて、感慨深いし嬉しいです。

と満面の笑みを浮かべていた。

映画情報どっとこむ ralph 宮市の殺人の“処理係”を務める延命寺を演じた江口さんは、杉野さんとは2度目の共演となったが

江口さん:杉野くんが、なぜか全然面白くないところで笑うんですよ。ホント、やめてほしかった。

と苦情を申し立て!
杉野遥亮『羊とオオカミの恋と殺人』完成披露舞台挨拶 杉野さんはその理由についてサラリと

杉野さん:(江口さんのことが)大好きだからです!

と微笑んだが、

江野沢さん:杉野さんが、現場に江口さんが来られるとニコニコしてて、帰るとあからさまにテンションが下がってた。

という暴露があり、会場は再び笑いに包まれていた。

この日はさらに、映画の意外な展開にちなんで、登壇陣が自分自身の意外な一面を告白したが、

杉野さん:僕、普段からいろいろ検索していると『かわいい』と言われることが多いんですが、最近、自分で考え直したら、『俺って甘えるよりも、引っ張っていきたいタイプだよな」と気づいて…

と語り、この俺様宣言(?)に会場の女性ファンからは歓声が!!!

一方、

福原さん:私、こう見えて優柔不断なんです。

と語ったが、

杉野さん:まんま!

とツッコミが!

福原さん:ごはんのメニューも悩みすぎて、たとえばカレーだったら、スプーンを持って、香りをかいで…という感じで、食べているところを想像しながら決めるんです。

と意外な妄想癖を明かし、会場は驚きに包まれていた。

映画情報どっとこむ ralph そんな、杉野さんと福原さんの映画『羊とオオカミの恋と殺人』は11月29日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他、全国ロードショーです。

公式HP:
http://hitsujitookami.com/

Twitter:
@hitsujitookami

羊とオオカミの恋と殺人_poster

大学受験に失敗し予備校もやめ引きこもり、ライフラインを絶たれ絶望した黒須(杉野遥亮)は、 壁につけたフックで首吊り自殺を図るもあえなく失敗。その弾みで偶然に
も、壁に穴が空いてしまう。穴を覗くと、美人で清楚な隣人・宮市さん(福原遥)の生活が丸見えで・・・。その日から穴を覗くことが生き甲斐になり、どんどん宮市の虜になっていく黒須。しかし、ある日彼女が部屋で行っている凄惨な殺人行為を目撃してしまい、声をあげてしまう。目撃行為が見つかってしまった黒須はつい宮市に愛を告白。殺されるかと思いきや、結果彼女と付き合うことに!アルバイトも始め、デートをし、部屋では宮市の手料理を食べ、幸せ絶頂の黒須。しかし宮市は、黒須とのデート中も構わず殺人を犯し…。次は自分が殺されるのか?黒須の運命はいかに!?

***********************************

監督:朝倉加葉子
脚本:髙橋泉
出演:杉野遥亮 福原遥 江野沢愛美 笠松将 清水尚哉 一ノ瀬ワタル/江口のりこ
配給:プレシディオ
©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 裸村/講談社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ハンカチ付き号泣試写会に桜井日奈子ら登壇!「殺さない彼と死なない彼女」


映画情報どっとこむ ralph 間宮祥太朗&桜井日奈子W主演「殺さない彼と死なない彼女」が実写映画化、11月15日(金)全国公開となります。

公開直前イベントとしてハンカチ付き号泣試写会を実施、上映後に、桜井日奈子、堀田真由、箭内夢菜、奥華子(主題歌・音楽)、小林啓一監督が舞台挨拶を行った。
『殺さない彼と死なない彼女』ハンカチ付き号泣試写会
『殺さない彼と死なない彼女』ハンカチ付き号泣試写会&舞台挨拶
日付:11月7日(木)
場所:スペースFS汐留 
登壇:桜井日奈子・堀田真由・箭内夢菜・奥華子(音楽)・小林啓一監督 

映画情報どっとこむ ralph まず、桜井が「初めての上映後の舞台挨拶ということで、皆さんの感想を直接おききできるのを楽しみにしています」と挨拶。堀田は「みなさんのお顔をみると、涙を流されたんじゃないかなと思われる方もいらっしゃって、この映画の伝えたいことが伝わったんじゃないかなと思います」と笑顔で語った。

本作では、すでに何回か実施されている試写会でアンケートを取ったところ、「泣きすぎて明日学校に行けない」「マスクで顔を隠して帰ります」などの意見が続出し、「泣いた!」との回答が91%に達している。本イベントでも、「泣きましたか?」と尋ねたところ、なんと約9割が手を挙げた。そこで、本作がこのように観客の感情を揺さぶる理由をキャストに聞いた。

桜井は「自分のエゴサはしないんですが、この作品のエゴサはして感想を見ています」 と明かし、「私もなるほどと思ったのですが、自然光ですべて撮っているので、みなさんの日常の空気感に近く、作品の世界観にに入りやすりのではないかと」と分析。堀田は「キャラクターそれぞれに人間味があって、本当に生きているなと感じるところが揺さぶられる理由かなと思います」、箭内は「普段は本を読まないんですが、原作は一気に読んでしまい、観てくださった方も同じように気付いたら涙が出ているという形かもしれません」、ゆうたろうは「原作の4コマ漫画が2時間の映画になったときに、こうつながってくるんだ!とやられました。自分のシーン以外は初めて試写で観て、小坂と鹿野のシーンは泣かずにはいられなくなりましたが、耐えなきゃと耐えました。リアルな人間に近く、人に寄り添ってくれる作品になっているからでは」と熱弁した。

続いて、本イベントが初の“上映後”の舞台挨拶のため、観客とキャストとのQ&Aを実施。最初の質問者が、涙声で最後の小坂と鹿野が歩いているシーンの意味を尋ねたが、途中でそのシーンを思い出しさらに号泣してしまい、キャストも思わず涙ぐむことに。桜井もすでに鑑賞した父親から同じ質問をされたと言い、小林監督も観客の解釈に同意していた。そのシーン以外にも細かいこだわりがあり、堀田演じるきゃぴ子のうさぎのスマホケースの変化についても話が及んだ。次の質問でのキャストが好きなセリフについて、箭内が「八千代くん、好き!」をあげると、その台詞を繰り返すシーンについて他のキャストから大絶賛され、ゆうたろうが、「あれは、ぼくのですから!とらないでください!」と言い張る場面も。最後の質問では、きゃぴ子役の堀田への、きゃぴ子が今後、どんな風に変化していくと思うかという質問に、「多くの人に愛されたいというのは本当だと思います。でも寄り添ってくれる人が隣にいるだけで世界は成立すると思うので、地味子ちゃんとの仲は永遠だと思うし、ほかのキャラクターもそうだと思います」と答えた。小林監督が「みんなに幸せになってほしいよね」と言うと、みんなの数年後をまた描いてほしいと、キャスト・観客全員が合意した。

 さらに、スペシャルゲストとして、主題歌と音楽を担当した奥華子が登場。主題歌について「主題歌は3つ作ったのですが、すべて鹿野ななに感情移入し過ぎていて、監督からNGになってしまいました」と振り返り、すべての登場人物に寄り添える歌が出来上がった経緯を話した。また、映画音楽も、映画について「きれいな水」と感想を送ったところ担当することが決まったことが明かされ、キャスト陣は「音楽の入るタイミングが緻密で繊細」と感心しきりだった。
 そして、奥が主題歌「はなびら」を生歌唱。舞台を降りて歌を聴いていたキャストは、再度舞台に上がるのをためらうほど号泣。桜井が「控えめに言って最高です。浄化されました。“はなびらが散るようにそばにいてくれた”という歌詞に・・・最高です。嬉しいです」、堀田は「パンフレットで楽曲に込められた意味を読ませていただいて、こんなに時間をかけて思いを込めて作られているんだといろいろ思うとずるいなと思いました」 と感動を口にした。 

映画情報どっとこむ ralph すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作!
衝撃のラスト、タイトルの本当の意味に涙する。

『殺さない彼と死なない彼女』

は11月15日(金)より全国公開。

殺さない彼と死なない彼女 何にも興味が持てず、退屈な高校生活を送っていた少年・小坂れい(間宮祥太朗)は、リストカット常習者で“死にたがり”の少女・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。それまで周囲から孤立していた二人は、<ハチの埋葬>をきっかけ同じ時間をともに過ごすようになる。不器用なやりとりを繰り返しながらも、自分を受け入れ、そばに寄り添ってくれるあたたかな存在――そんな相手との出会いは、互いの心の傷を癒し、二人は前を向いて歩み出していくのだが……。

***********************************


間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子/主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)

製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

のむらなお監督作品「男の優しさは全部下心なんですって」 主演・辻千恵コメントも到着&キャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph 映画「男の優しさは全部下心なんですって」 主演・辻千恵ほか、キャスト解禁&コメントも到着しました!

大学生の時に製作された映画『からっぽ』が、世界最大の自主映画の祭典 PFF アワード 2018 に選出され、ホリプロ・エンタテインメント賞、田辺・弁慶映画祭でもTBSラジオ賞を受賞。そして同年冬にはポレポレ東中野にて単独での劇場公開。ゆうこすとの LINE動画「すがもとゆうこす日記」を手がけるなど多方面で活躍し始めている監督・のむらなお。

のむらなお監督コメント
このたび、泣きわめきながら恋愛相談する私に放った男友達の一言を、恋愛体質純情セカンド宇田みこが6人の男と一色になろうとする生き様にのせて、映画にしたのであります。撮影中は男6人とのやりとりに生まれる、6人のうだみこ一人ひとりにあまさず恋をした私ですが、絶賛編集中の今はそんな彼女をどうにか取りこぼさないように、毎日見つめています。好き。こんなに愛していても、私は宇田みこに「あなたの中の私は本当の私じゃない」と振られそうでこわい。彼女に一つ言うことがあるとすれば、確固たる本当の私、なんてものはただの呪いだということです。私との間に見せる顔も、6人の男に見せた6つの顔も余すことなく全てまごうことなき宇田みこ、あなた自身なのよ。しかし、そう説得しても彼女は去っていってしまうでしょう。来たる冬という正直な季節に、映画館の大きなスクリーンで無数のお客さんの数だけ無数の宇田みこが存在すること、その不安定さと正直さに思いを馳せると、ひとが孤独な肉体を持って生きている魂であることを私は賛歌せずにはいられません。たくさんの一人ひとりと、たくさんの宇田みこが一挙にすれ違える一瞬があるという奇跡を体感するのが私もひとりの観客として楽しみでなりません。そしてその瞬間にも歳を取りつつあるこの肉体を持った25歳の私を抱きしめられることを願って。

映画情報どっとこむ ralph 出演は映画初主演となる辻千恵を迎えた本作。

辻千恵(宇田みこ・役)コメント
この作品の核の部分となる、自分を受け入れることにについて、監督とお話ししたときに受け入れられないから悩むし、比べるし、真似をしてしまう、そこに違和感があって自分ってなんだろうとわたし自身のここ数年で考えていたことと直結しました。  本を読んだときにだれといるときのじぶんが自分らしいのかな、と思いました。 実際演じてみて、全部じぶんだし、だれといても大切にしたいと思う瞬間がありました。 だれかと比較するのではなく、プラスの意味でみんなもっと楽に生きれるんじゃないかと思います。自分を受け入れて腹を括ると、自然とだれのせいにもできない、それが、今のわたし自身の楽な生き方です。 ラストシーンのみこちゃんのセリフを言ったときにそういう覚悟を感じました。 この作品を見ていただいた方に、どんな世界、社会の中でも自分の生きやすさがあるのかなと思ってもらえたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph そのほかのキャストに水石亜飛夢、森蔭晨之介、五味未知子、田中俊介、田中真琴、こだまたいち、安倍乙、加藤才紀子、上田操、木口健太、原田大二郎 という個性溢れるキャストが集結。

音楽にDJ 後藤まりこ。

また、撮影監督は「悪の華」などのベテラン・早坂伸が手がけている。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、11.23-12.21に K’s cinema、アップリンク吉祥寺で開催される音楽×映画のコラボ映画祭「MOOSIC LAB 2019 」の長編部門にて上映が決定している。

「男の優しさは全部下心なんですって」

男の優しさは全部下心なんですって
STORY
宇田みこ(23)は、遊園地の跡地に出来たショッピングモールに残る数時間に一回動くメリーゴーランドの受付をしており、受付時間外はゆるキャラくまに扮して、メリーゴーランドの前で風船を配 っている。 100%目の前の人のことを信じるみこは、その度に全力の愛で迎え入れるが、総じて男たちは最後にはみこの前から去って行ってしまう。 そんな彼女についた渾名は”恋愛体質純情セカンド “。誰かには誰がいて、みこは誰かの唯一になれずに、王子様のいない回転木馬に一人、回り続ける日々だったが…。

***********************************

辻 千恵 水石亜飛夢 森蔭晨之介 五味未知子 田中俊介
田中真琴 こだまたいち 安倍 乙 加藤才紀子
上田 操 木口健太 / 原田大二郎

監督・脚本:のむらなお
音楽:DJ後藤まりこ
撮影:早坂伸(J.S.C.)
企画:直井卓俊
製作:2019「男の下心」製作委員会
配給: SPOTTED PRODUCTIONS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐久間由衣 x 三木康一郎監督 映画『“隠れビッチ”やってました。』完成披露試写会 in 東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセイを、三木康一郎監督により映画化した『“隠れビッチ”やってました。』が、12月6日より全国公開となります。

映画初主演となる佐久間由衣が、異性にモテることを趣味&特技として、狙った男に「好き」と告白させたら即フェイドアウトする“隠れビッチ“を熱演。本作は、そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白可笑しく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添うヒューマンコメディとなっている。

このたび、公開に先駆けて第32回東京国際映画祭にて完成披露上映が執り行われ、主演の佐久間由衣さん、村上虹郎さん、大後寿々花さん、小関裕太さん、三木康一郎監督が舞台挨拶に登壇しました。
『“隠れビッチ”やってました。』完成披露in東京国際映画祭
映画『“隠れビッチ”やってました。』完成披露試写会
日時:11月4日(月)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、三木康一郎監督(敬称略)

映画情報どっとこむ ralph 割れんばかりの拍手が沸き起こる中、佐久間由衣さん、村上虹郎さん、大後寿々花さん、小関裕太さん、三木康一郎監督が登壇。

佐久間さん:東京国際映画祭でたくさんの映画がある中、本作を選んでいただきありがとうございます。短い間ですが、楽しんでいってください」と感謝を述べた。
続いて、

村上さん:監督に久しぶりにお会いして、“闘牛士かお前は!”と言われた村上虹郎です!
と今日の衣装をいじられたことを明かし、会場の笑いを誘った。続いて、

大後さん:今日皆さまにお届けできる日を迎えられたことを大変嬉しく思います”
『“隠れビッチ”やってました。』完成披露in東京国際映画祭 と今の喜びを語った。

小関さん:この映画には2つの顔があって、最初はコメディタッチでテンポよく進んで楽しい作品なのですが、見終わった後にはズシりと心に響くものがある。そういった何かを持ち帰ってもらえれば嬉しいです。
『“隠れビッチ”やってました。』完成披露in東京国際映画祭 とこれから映画を鑑賞する観客に見どころを語った。


最後に・・・・、

三木監督;僕らの大爆笑トークを楽しんだ後、映画を楽しんでいってください。
『“隠れビッチ”やってました。』完成披露in東京国際映画祭 とハードルを上げ、会場は笑いに包まれた。本作が映画初主演となる佐久間さん。オファーが来た時の心境を聞かれ、

佐久間さん:台本読むまでは、お嫁に行けなくなるのかなと思いました。でも、自己承認欲求という誰もが持っている悩みと向き合う物語でもあったので、挑戦したいと思いました。

と当時の心境を吐露。また、撮影で大変だったことを聞かれ、

佐久間さん:終始大変だった。監督から厳しい指導もあったけどテンションで乗り切った部分もあります

と監督に視線を向けると、

三木監督:全然厳しくしてないです。やさしめです。キャラクターについては、好きにやってくださいと言いました。

佐久間さん:現場に入ってからは違った。

と反論し、会場からは大きな笑いが巻き起こった。
『“隠れビッチ”やってました。』完成披露in東京国際映画祭 コジ役を演じるにあたって心がけたことを聞かれ

村上さん:ひろみ(佐久間)と彩(大後)の二人の違ったタイプの女性を見守るということ。ほぼ二人のママでしたね。

と語り、佐久間さんと大後も納得するように頷いていた。

彩役を演じていて共感したことについて、

大後さん:結構激しい女性なので、恋愛に関していえばない。ただ、ひろみに対して、包み隠さず思ったことを言い合える関係性は羨ましいなとは感じました。

と、語った。

肉食系、草食系など様々なタイプの男性が出てくる本作にちなみ、演じた安藤君は何系?と聞かれ

小関さん:カテゴリーにハマらない系男子。女性からみてつかみどころのない男性で、何を考えているかわからない。だから気になる、好きになっていく男性という解釈だったので、そのように意識して演じました。

と自分なりの役作りを語った。

映画情報どっとこむ ralph 4コママンガ(原作)を2時間の映画にするのに苦労した点について
『“隠れビッチ”やってました。』完成披露in東京国際映画祭 三木監督:原作自体が、一人の女の子のちょっとした思いを描いた物語なので、それをどのように形にしようかと考えながら作った。なので、細かい点にも気をつかって丁寧に作り上げた。

と語った。そして、気になる異性への必殺モテテクニックを出演者がフリップに書いて披露。

佐久間さんは【お酒の力を借りてみたい】と回答。

佐久間さん:劇中でひろみがお酒ですごい変貌する。あんなかたちで男性に甘えられたらいいなと思います。

と今後やってみたい事として語った。

村上さんは【口数を減らす】と回答。

村上さん:デビュー作のオーディションで、たくさん喋っていたら、『あんまり喋ってない方がかっこいいよ』と言われた。

と過去の経験からモテテクニックを語った。

大後さんは【あ、(転ぶ 裾をつかむ)】と回答。

大後さん:転びそうになった時に、“あっ”と異性の服を少し掴む。守りたくなるような女性を演じること。

と語った。

小関さんは【好きって言う】と回答。

小関さん:ラブの好きではなくて、“その服好き”とか、“その色好き、とか《好き》っていう言葉を使うことによって《好き》の魔法がかかると信じている。

と独自のモテテクを語った。

最後に・・・・

三木監督:タイトルにはびっくりすると思いますが、すごく身近な話になっていると思います。この作品を観て少しだけ前向きになってくれたら嬉しい。そして、たくさんの人にそれが伝わっていけばいいなと思っています。

と本作に込めた思いを語った。

佐久間さん:初主演という事もあって、皆さんに支えられながら完成し、このような形で皆さんにお届けできて嬉しいです。タイトルからは想像もできないような、愛が詰まった温かい作品になっていると思います。何かに苦しんでいる人たちの背中を押せるような映画になっていると嬉しいです。

と目に涙を浮かべながら感慨深げに語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph <第32回東京国際映画祭 開催概要>
開催期間:2019 年 10 月 28 日(月)~11 月 5 日(火)
会場: 六本木ヒルズ、EX シアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか都内の各劇場及び施設・ホールを使用

公式サイト:http://www.tiff-jp.net

東京国際映画祭
©TIFF

映画情報どっとこむ ralph 『“隠れビッチ”やってました。』

公式サイト:
http://kakurebitch.jp/

“隠れビッチ”やってました。
【STORY】
26歳の独身女・ひろみ(佐久間由衣)の趣味&特技は異性にモテること。絶妙のタイミングでのスキンシップや会話術で相手を翻弄し、「好きです」と告白させたら即フェイドアウト。そんなひろみに、シェアハウス仲間のコジ(村上虹郎)と彩(大後寿々花)は呆れ顔で「最低の“隠れビッチ”ね!」とたしなめるも、彼女の耳には届かない。ある日、気になるお相手・安藤(小関裕太)が現れるが、数年ぶりの負け試合。さらに安藤を本気で好きになっていたことに気づき、ショックを受ける。やけ酒をあおり酔いつぶれているところを、同じ職場の三沢(森山未來)に目撃される。ひろみは“隠れビッチ”だということを打ち明け、自分の過去と向き合い始める―。

***********************************

佐久間由衣/村上虹郎 大後寿々花 小関裕太/森山未來
前野朋哉 片桐仁 前川㤗之 栁俊太郎 戸塚純貴 /渡辺真起子 光石研
監督・脚本:三木康一郎 原作:あらいぴろよ『“隠れビッチ”やってました。』(光文社刊)
主題歌: Kitri 「さよなら、涙目」(BETTER DAYS /日本コロムビア)
音楽:小山絵里奈
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2019『”隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ