「恋愛」カテゴリーアーカイブ

衝突する趣里と菅田将暉『生きてるだけで、愛。』本予告、ついに解禁


映画情報どっとこむ ralph 『異類婚姻譚』で第 154 回芥川賞を受賞、小説家・劇作家・演出家としてマルチに活躍する本谷有希子氏の、芥川賞・三島賞候補作となった傑作小説『生きてるだけで、愛。』が待望の映画化、11 月 9 日(金)に公開となる。キャストには、主演の趣里をはじめ、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、石橋静河、織田梨沙、仲里依紗ら実力派俳優が集結。監督は、同作が初の長編監督作となる映像作家・関根光才が務める。

早くも話題の本作から、予告編と本ポスターがついに解禁!


解禁となった予告編では、冒頭から過眠症で引きこもり状態の寧子(趣里)が、3年間同棲中の恋人・津奈木(菅田将暉)と、ささいな言い合いからすれ違っていく姿が描かれている。そんな寧子の前に突如現れたのが、津奈木の元カノ・安堂(仲 里依紗)。津奈木とヨリを戻すために、不敵な笑みを浮かべながら寧子に「別れてよ」と言い放つ様子は、予告編では一瞬ながら迫力満点だ。

安堂の登場をきっかけにカフェバーでアルバイトを始めることになった寧子は、マスターの村田(田中哲司)、その妻・真紀(西田尚美)、先輩の莉奈(織田梨沙)に見守られながら、今の自分と生活から抜け出そうと奮闘する。しかし、自分自身をコントロールできず現実との折り合いがうまくつけられない寧子は、バイト先でもトラブルを起こし、同じ頃津奈木もまた、職場で疲労とストレスの限界に達してしまい─。めまぐるしく変化する寧子たちの日常にも影響を与えていく、キャスト発表以降初めて映像で登場する豪華脇役陣も、見どころのひとつとなっている。

不安定なメンタルと真っ直ぐすぎる性格から、激動の日々の中で「生きてるだけで、ほんと疲れる」と吐き出すようにつぶやく寧子。彼女に耳を貸す余裕もなく、否定も肯定もせず受け流すも、実は大きな葛藤を抱える津奈木。予告編では、激しく衝突する半面、恋人らしい微笑ましいやりとりも登場し、リアルなカップルとしてのふたりの姿も確認することができる。そんな恋人たちのさまざまな表情が、希代の映像クリエイターとしても知られる関根光才監督が作り上げた、圧倒的映像美によって映し出されていく。さらに、聴く者の心を捉えて離さない、シンガー・ソングライター世武裕子が手掛けた心地よい音楽とのコラボレーションも必見だ。

映画情報どっとこむ ralph あわせて解禁されたのは、涙を流す寧子と物憂げな表情の津奈木を中心とした本ポスター。「ほんの一瞬だけでも、分かり合えたら。」というキャッチコピーが、不器用ながらも真っすぐに生きようとする彼らの心情を代弁するかのような、エモーショナルなビジュアルに仕上がっている。
映画本編では、繊細な危うさと感情豊かな力強さを体現し唯一無二の寧子像を作り上げた<趣里>と、優しさと無関心がない交ぜになった津奈木という男を等身大の存在感で魅せる<菅田将暉>、若手を代表する俳優ふたりの名演技からも目が離せない!他者とのつながりを求める現代の若者たちの姿を描いた、今秋一番のラブストーリーにご期待ください。

生きてるだけで、愛。

11月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:
http://ikiai.jp

***********************************

出演 :趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重豊/石橋静河 織田梨沙/仲 里依紗
原作    :本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
監督・脚本:関根光才
製作幹事 :ハピネット、スタイルジャム  企画・制作プロダクション:スタイルジャム  配給:クロックワークス
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会


原作者の新井英樹が描き下した安田顕/ナッツ・シトイ 『愛しのアイリーン』のイラストが解禁


映画情報どっとこむ ralph 幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。二人で歩む、地獄のバージン・ロード!
映画『愛しのアイリーン』(主演:安田顕/監督:吉田恵輔/原作:新井英樹)が9/14(金)に、全国公開されました!

9月14日より全国公開となる『愛しのアイリーン』。原作である新井英樹の漫画は1995年に「ビッグコミックスピリッツ」で連載され、嫁不足の農村に暮らす非モテの四十代男性と貧しく若いフィリピン女性の国際結婚を軸に、夫婦、親子、家族における壮絶な愛の形をダイナミックに描ききった異色のラブストーリーとして、日本に大きな衝撃を与えた。

稀代のカメレオン俳優・安田顕が主人公の42歳ダメ男:岩男を演じ、物語のもう一人の主人公といえる少女アイリーン役に大抜擢されたのは、フィリピンの新星ナッツ・シトイだ。

この度、原作者の新井英樹が描き下した映画『愛しのアイリーン』のイラストが解禁となった!

この度、映画『愛しのアイリーン』のイラストが描き下されたのは本作の一場面。

勢いで国際結婚をした岩男が、フィリピン女性アイリーンを連れて帰国。実家には国際結婚をしたことを一切知らせず、アイリーンとともに帰宅するが、なんと実家は父親のお葬式の最中で、蒼白な表情を見せる母・ツルとのバトルが始まる直前の画像である。立ち尽くす岩男を尻目に、何も事情を知らない無垢な表情を魅せるアイリーン役のナッツ・シトイの表情が可愛く描かれている。

原作者の新井英樹からは、先日のイベント登壇時に「泣けた!」と語れ、映画化を熱望した本作の監督・吉田恵輔に向けて「映画は吉田監督から俺へのラブレター」と語られた本作。映画をイラスト化することで、新井英樹から吉田監督へのラブレターの「回答」として相応しいイラストに仕上がっている。


幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。
二人で歩む、地獄のバージン・“全国ロードショー”開始!

寒村の地。久方ぶりに岩男(いわお)が帰省したその日は、死んだことすら知らなかった父親の葬儀中だった。

ラストの瞬間まで怒涛のように押し寄せる行間なしのエモーション。
日本映画の枠を超える、感動のラブ&バイオレンスがついに全国公開スタート!

映画『愛しのアイリーン

は全国大ヒット公開中!

過去記事:
初日舞台挨拶の模様
http://eigajoho.com/124680


完成披露舞台挨拶の模様
http://eigajoho.com/119393


***********************************

安田顕/ナッツ・シトイ
河井青葉 ディオンヌ・モンサント/福士誠治 品川徹 田中要次/伊勢谷友介/木野花

監督・脚本:吉田恵輔(※吉は土よし)
原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版刊)
音楽:ウォン・ウィンツァン

主題歌:奇妙礼太郎「水面の輪舞曲(ロンド)」 (WARNER MUSIC JAPAN/HIP LAND MUSIC CORPORATION)

企画・製作:河村光庸
製作:瀬井哲也 宮崎伸夫
エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸岡本東郎
プロデューサー:佐藤順子 行実良 飯田雅裕

製作幹事:VAP
企画・制作・配給:スターサンズ
制作協力プロダクション:SS工房
2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)
レイティング:R15+


倉科カナ・立川談春 映画『あいあい傘』の第二弾キービジュアルと本予告解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、10月26日(金)に公開される映画『あいあい傘』の第二弾キービジュアルと本予告が解禁となりました!

映画『あいあい傘』は倉科カナ、市原隼人、落語家の立川談春、原田知世ら豪華キャストが出演。幼くして生き 別れた親子が25年ぶりに再会する姿を通して、家族の絆や夫婦の愛を温かく描きます!


別々に暮らさざるを得なかった父と娘。会えなかった25年間それそれが抱えた思い、 そして再会の感動を表現した、第二弾キービジュアルと予告が完成した! 父・六郎(立川談春)は「許されるなら、会いに行きたかった。」という秘めた思いを感じる悲しげな表情。 娘・さつき(倉科カナ)は「お父さん、ずっと会いたかった。」という父を恋しがる娘の切ない表情を見せる。

訳あって家族と離れて暮らす六郎を支える玉枝(原田知世)の優しく、包容力のある表情や、さつきに運命を感 じた清太郎(市川隼人)の(さつきを)見守るような表情など、それぞれの思いが交錯する本作を表現されています!




映画『あいあい傘

10月26日(金)より全国ロードショー

公式サイト:
aiai-gasa.com

twitter:
https://twitter.com/aiaigasamovie


ストーリー 生き別れてしまった父と娘の切なくも心に沁みる5日間の物語
恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつき(倉科カナ)は25年 前に姿を消した父の六郎(立川談春)を探しにその町へやって来た。

宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎(市原隼人)と出会い、祭りの取材をしたいという嘘をついて町を案内してもらうことにする。
散策しながら次第に明らかになる現在の六郎の生 活。さつきは意を決して、父の新しい家族──奥さんの玉枝(原田知世)と彼女の一人娘 に会いに行こうとする。

***********************************

倉科カナ 市原隼人 入山杏奈 高橋メアリージュン やべきょうすけ 布川隼汰 永井大 金田明夫 大和田獏 / トミーズ雅 立川談春 原田知世
監督・脚本:宅間孝行 主題歌:竹内まりや『小さな願い』(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:S・D・P
©2018映画「あいあい傘」製作委員会


9/20今夜!ジョシュ ・ホワイトハウス HUB 渋谷店 ロック・パーティに出演決定!!


映画情報どっとこむ ralph 人気バンド“blur(ブラー)”のアルバムと同名タイトルの映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロン ドンの泣き虫ギタリスト~』が、11 月 9 日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて 全国公開となります。

そして!!!公開を記念して緊急来日を果たした主演ジョシュ・ホワイトハウスが、20 日 に渋谷のHUBで開催される“BRITISH PAVILION presents HUB UK ROCK NIGHT”に出演決定しました!!


★歌声に 酔いしれろ ‼ 英国発ロック最新モードを中心に プレイするロック・パーティに、 ジョ シュ ・ホワイトハウス 出演決定 !! 「モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト ~」にて、“泣き虫ギタリスト”リアムを演じるジョシュ・ホワイト ハウスが 20 日 に HUB 渋谷店で開催される、“BRITISH PAVILION presents HUB UK ROCK NIGHT”に出演決定!! 入場無料で ROCK とお酒が楽しめるイベントとなっております。

日時:9/20(木) 20:00~23:30
※ジョシュ・ホワイトハウスは 22:00 頃登場予定
場所:HUB 渋谷店
東京都渋谷区宇田川町 3-10 いちごフィエスタ渋谷 B1F
※入場料無料

HUB 渋谷店
https://www.pub-hub.com/index.php/shop/detail/2

映画情報どっとこむ ralph 『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの 泣き虫ギタリスト~』

11月9日(土) 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか全国順次公開!


レコード店でロックバンド、blur のアルバムを選んでいる時に出会った二人、リアム(ジョシュ・ホワイトハ ウス)とナタリー(フレイア・メ―バー)。

リアムは、デジタル化した音楽のダウンロードコレクションを忌 み嫌い、昔ながらの”手作り感“のあるCD、レコードコレクションを大切にしている夢見るミュージシャン。 ナタリーは、レコードジャケットデザイナーになる夢をもちながらも二人の生活を支えるために、広告会社で 働くキャリアウーマン。そんな二人の生活のすれ違いにより別れの時を迎える事になる。想い出の品々を整理 する二人であったが、二人をかつて結んだ音楽がまた彼らを元の場所へ引き寄せていく――
***********************************

監督:ダニエル・ギル
脚本:フィリップ・ガウソーン
出演:ジョシュ・ホワイトハウス『ヴァレー・ガール』、フレイア・メーバー『サンシャイン 歌声が響く街』、

イアン・ハート『ハリー・ポッター』シリーズ
2017 年/イギリス映画/英語/104 分/ビスタ/カラー/5.1ch/原題:Modern Life is Rubbish/PG12
日本語字幕:中沢志乃/配給:SDP/後援:ブリティッシュ・カウンシル/協力:British Culture in Japan
主題歌:「リコリス・ガール」ヘッドクリーナー


宇賀那健一監督の最新作『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉、佐野ひなこ、芹澤興人ら出演者発表!


映画情報どっとこむ ralph 映画『黒い暴動♥︎』や『サラバ静寂』の宇賀那健一監督の最新作はラブコメファンタジー『魔法少年☆ワイルドバージン』!

7月で撮影は終了しており、映画『桐島、部活やめるってよ』、NHK「わろてんか」の前野朋哉さん、ドラマ「デスノート」、「CODE:Mコードネームミラージュ」の佐野ひなこさん、映画『ソーローなんてくだらない』、EX「乱反射」(9月22日放送)の芹澤興人さんが出演していることが発表となります。

本作は「童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになる」という都市伝説から繰り広げられるというもの。

前野さんと芹澤さんは、保険会社に勤めるうだつのあがらないサラリーマン役、そしてヒロインの佐野は二人の働く会社にやってくるOL役を演じています。

コメントも到着しましたのでご紹介!

前野朋哉さんからのコメント
誰もが子供の頃に夢見た魔法使いに、30歳を越えたらなれました。劇中では魔法を駆使して悪っぽいのと闘います。空を飛びます。なにかも出します。もちろん動物も植物も出ます。ラドクリフさんは出ません。ラブロマンスはあります。宇賀那監督の壮大かつミニマムなスケール感でお届けする『魔法少年☆ワイルドバージン』。観る者の胸を熱くしてくれるはず!乞うご期待!

佐野ひなこさんからのコメント
この度、秋山役を演じさせていただきました佐野ひなこです。初の宇賀那組、最初はそのストーリーに驚きましたが、素晴らしい役者の方をはじめ、スタッフの皆さんと和気藹々と撮影をすることができました。そのチームワークの良さが作品にも表れていると思います。是非公開まで楽しみにしていてください!

芹澤興人さんからのコメント
今回、お二人とご一緒できて毎日現場に行くのがホントに楽しかったです。前野君はひたむきさで、佐野さんは気遣いで現場を引っ張ってくれていました。でも、スタッフの方々から拍手が起こった前野君の芝居にはちょっと嫉妬しました。簡単に書いてあるけど「これ、どうやって撮るの?」の連続する台本と、現場での宇賀那監督の少年の様なキラキラした目は忘れられません。いい意味で、大人の本気の悪ふざけになっているはずです。

宇賀那健一監督からのコメント
僕がまだ少年だった頃、映画館に行っては魔法にかけられ、家で独りで映画に出てきたヒーローになりきって遊んでいました。あれから30年近く経ち、今度は前野君、佐野さん、芹澤さんを筆頭に数多くの大好きなキャスト、スタッフと一緒に、僕なりのヒーロー映画を真剣に、そして馬鹿笑いしながら作り上げられたこと、本当に幸せでした。必ず良い作品にしますので、お楽しみに!

映画情報どっとこむ ralph その他、水石亜飛夢、二見悠、詩歩、石原理衣、関仁平、村田賢檎、横山美智代、林田隆志、笈川健太、桃奈、櫻井保幸、西尾裕紀、持田加奈子、平井早紀、中村無何有、嶺豪一、木村梨恵子、稲川実代子、西洋亮、今田健太郎、水沢朋美、黒木克幸、安部一希、真下玲奈、古川一博、ツキノ・チハル、ムラタ・ヒナギク、オクヤマ・ウイ、フカミ・アスミ、おのさなえ、谷手人、中川兼一、今井慶、平山繁史、とんとろとん、斎木ひかる、和輝、後藤ユウミ、板橋春樹、田中爽一郎、岩切一空、貴玖代、アントニー(マテンロウ)らも出演しています。

映画『魔法少年☆ワイルドバージン

公式Twitter:
https://twitter.com/wv_movie      


企画・脚本・監督:宇賀那健一
1984年4月20日生まれ。青山学院経営学部出身。ブレス・チャベス所属の映画監督/脚本家/俳優。俳優としてTV CM『メントスレインボー』シリーズ、映画『着信アリfinal』、ドラマ『龍馬伝』などに出演。初監督した映画『発狂』がアメリカを中心に数々の国際映画祭に入選。続けて監督した三作品がカンヌ国際映画祭ショートフィルムコーナーに入選。ゆうばり国際映画祭2011では『宇賀那健一監督特集上映』が行われた。ガングロギャル映画『黒い暴動❤』が2016年に公開、娯楽が失われた世界を描いた映画『サラバ静寂』が2018年に公開。

***********************************


キャスト:前野朋哉、佐野ひなこ、芹澤興人 ほか

監督:宇賀那健一 プロデューサー:小野川浩幸 共同プロデューサー:小美野昌史

制作:株式会社Vandalism 

脚本:宇賀那健一、今田健太郎、今村竜士 撮影:八重樫肇春 照明:加藤大輝 録音:Keefar
助監督:平波亘 美術:岡田匡未 スタイリスト:松田稜平 ヘアメイク:中村まみ 特殊造形:土肥良成 VFX:若松みゆき スチール:内堀義之 ラインプロデューサー:鈴木徳至 編集:小美野昌史 整音・効果:紫藤佑弥 キャスティング協力:當間咲耶香(スカリー株式会社)
© 2019 映画『魔法少年☆ワイルドバージン』