「恋愛」カテゴリーアーカイブ

成田凌、大倉忠義にキスして『窮鼠はチーズの夢を見る』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(6/5公開)のポスタービジュアル&予告編が解禁となりました。

原作は、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写から、多くの女性から支持を得た水城せとなの傑作コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」。主人公・大伴恭一を演じるのは、映画では『100回泣くこと』(13)に続き、単独主演を務める大倉忠義。そして恭一への想いを募らせ葛藤する姿に誰もが共感せずにはいられない今ヶ瀬渉を、『愛がなんだ』(19)、『カツベン!』(19)など話題作への出演が絶えない実力派・成田凌が務める。メガホンを取るのは、ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を2度も受賞するなど、日本を代表する映画監督・行定勲。その繊細な表現力と確かな演出力で、様々な愛のかたちを写し取った『ナラタージュ』(17)、『リバーズ・エッジ』(18)に続き、本作では、揺れ動くふたりの狂おしくも切ない恋を、時に繊細に時に大胆に描き出す。

R15指定です。15歳以上の方のみの閲覧でお願いします。
続きを読む 成田凌、大倉忠義にキスして『窮鼠はチーズの夢を見る』予告編解禁




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

安蘭けいらが登壇!ミュージカル映画『とってもゴースト』舞台挨拶付きプレミア上映会


映画情報どっとこむ ralph 2月14日開催!安蘭けいらが登壇!ミュージカル映画『とってもゴースト』舞台挨拶付きプレミア上映会

安蘭けい&古舘佑太郎がW主演を務めるロマンチックな王道和製ミュージカル映画『とってもゴースト』が2⽉15⽇(⼟)より劇場公開中。

主⼈公の⼈気ファッションデザイナー⼊江ユキを演じるのは、宝塚歌劇団星組男役トップスターとして活躍し、2009 年の退団後も舞台を中⼼に活躍している⼥優 安蘭けい。もうひとりの主⼈公、靴デザイナーを志す学⽣の服部光司役には、バンド「2」でヴォーカルを務め、NHK連続テレビ⼩説「ひよっこ」などで俳優としても活躍する古舘佑太郎が本作でミュージカルに初挑戦。

このほど、舞台挨拶付きプレミア上映が2⽉14⽇(⾦)に⾏われたそうです。
『とってもゴースト』舞台挨拶付きプレミア上映会
『とってもゴースト』の舞台挨拶付きプレミアム上映会
日付:2⽉14⽇(⾦)
会場:角川シネマ有楽町
登壇:安蘭けい、永⼭たかし、tekkan
スペシャルコメント映像:古舘佑太郎
MC:角川裕明監督

映画情報どっとこむ ralph 事故で幽霊になってしまったファッションデザイナーと靴デザイナーを志す男⼦学⽣の恋を、多彩なナンバーにのせて贈るファンタジーロマンスミュージカル映画『とってもゴースト』の舞台挨拶付きプレミアム上映会が、バレンタインデーの2⽉14⽇(⾦)に⾏われ、主演⼥優の安蘭けい、天界のガイドを演じた永⼭たかしとtekkan、この⽇のMCを務めた角川裕明監督が登壇した。
『とってもゴースト』舞台挨拶付きプレミア上映会
満員の観客を前に、映画初主演となる安蘭は「公開を迎えることができて感激です︕」と笑顔で挨拶。永⼭は「皆様がウキウキする作品になれれば嬉しい」と述べた。本編を最前列で鑑賞していたtekkanは客席から壇上に駆け上がるや「映画の中の⼈が目の前にいる︕」と会場の笑いを誘った。2年前の冬に撮影した時、安蘭は「コートも着ずに亡くなる役だし、⾬、風、雪のなか夜の撮影も多かったので寒くて、コートを着て死ねば良かった…」と回顧。永⼭は「スタッフさんがカップ麺を⾷べようとお湯を注いだら、3分間で固まっちゃった。 “かたまり様”(劇中に登場する地縛霊)かと思いました」という逸話を披露。角川監督から「苦労ではなく、楽しい思い出は︖」と問われたtekkanと永⼭は「僕たち私服のセンスが似ていて、⼆⼈とも⽔⽟の靴下履いてたね(笑)」と初共演ながら名バディぶりを発揮。安蘭は「ゴーストにちなみ、夜中に⾞の中で怖い話をしたこと(笑)」が意外にも楽しいエピソードだったという。そうした連帯感のおかげで「出演者の皆さんは、弱⾳も⽂句も⼀切なかった!!」と角川監督は感謝を⽰した。

映画情報どっとこむ ralph この⽇会場に来られなかった服部光司役の古舘佑太郎から届いたスペシャルコメント映像(※詳細は下記)が上映。

古舘佑太郎 スペシャルコメント映像 内容
「皆さん、こんばんは︕映画『とってもゴースト』で服部光司役を演じさせて頂きました古舘佑太郎です。今⽇はバレンタインデーということで、この映画を選んで観に来て頂き、ありがとうございます。皆様、楽しんで頂けたでしょうか︖僕⾃⾝、ミュージカル映画には初めての挑戦でした。セリフという⾔葉では伝えきれなかったり表現できない部分を、⾳楽やダンスの⼒で表現するということが、この映画の魅⼒であると感じました。この映画は、年齢も⽴場も、⽣きている・死んでいるという垣根も超えて、恋が愛に変わっていくという純愛ラブストーリーになっています。この映画を観て、⼤切な⼈を思い出して頂けたら⼤変嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 安蘭が「古舘くんは映画の役柄にピッタリなピュアな⼈︕舞台出⾝の私は表現が⼤きくなりがちなので、映像という世界では古舘くんのナチュラルな歌やお芝居が勉強になりました」と称賛し、永⼭も「彼はハートがめちゃめちゃ熱い男です」と分析。また⾳楽座ミュージカルのオリジナル舞台を映画化したことについて、角川監督は「原作をリスペクトしながら映像化しつつ、キャストの皆さんには映画としてのオリジナルを作って頂きたかった。皆さんの光る演技を世に送り出すことに責任を感じた」と感慨深く語った。
『とってもゴースト』舞台挨拶付きプレミア上映会
観客からの質問コーナーに移り、「お気に⼊りのシーンや、印象深いシーンは︖」との問いに、永⼭は「ユキを天界に連れて⾏こうとするなかのボケツッコミのような⼀幕」。tekkanは「今⽇観て⾊々思い出した(笑) 海にも⾏ってたんだね、映画っぽい感じで…あ 映画だ!!」とボケツッコミ。安蘭は「ファッションショーやレストランの群舞は、ミュージカルを撮ってるという楽しさがありました」とそれぞれの思い出を語った。楽曲についての質問には、舞台版のオリジナル楽曲に加えて映画⽤に新曲を作ったことや、レコーディングした⾳源に合わせて俳優が演じる難しさを角川監督が説明。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、tekkanから「皆さんの応援で公開が広がりますよう、是非よろしくお願いします!」、永⼭からは「公開が全国に広がり、皆様に楽しんで頂きたいです!」とアピール。安蘭が「全国公開が叶い、この映画がきっかけとなってミュージカル映画やミュージカル⽂化がもっと広がれば素晴らしいと思います。どうぞよろしくお願いします!!」と締めくくり、⼤盛況のうちに幕を下ろした。

⽇本にミュージカルを広める活動を続けてきた角川監督はクラウドファンディングで映画化を実現したこともあり、会場には、昨夏の「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」限定上映に続き2度目の鑑賞だというクラファン協賛者やリピーターも多数来場した。

映画『とってもゴースト』

はキネマ旬報シアターにて絶賛公開中。
映画『とってもゴースト』

***********************************

配給:シンカ
製作・配給協力:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
(C)2020 Japanese Musical Cinema/Human Design Inc./THE DIRECTORS ALLIANCE Inc.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

夜が、明ける。『映画 ギヴン』主題歌を担当したセンチミリメンタルが続投!公開日は・・


映画情報どっとこむ ralph ノイタミナ初BLコミックをアニメ化したキヅナツキ原作による「ギヴン」(新書館「シェリプラス」にて連載中)は、2019年7月11日より放送が開始となり、SNSを中心に「青春×バンド×BLの組み合わせが最高!」「音楽と映像がエモすぎる!」「登場人物たちの日常にキュンキュンする!」と女性層をメインに瞬く間に口コミが広がり、各話放送後にtwitterトレンドワード入りを何度も果たすなど話題となりました。本作の最終話となる9月19日放送終了後に『映画 ギヴン』をBLアニメレーベル「BLUE LYNX」にて公開することを発表、TVシリーズでは、高校生の真冬と立夏2人の、切なくて淡い恋がメインでしたが、映画では、大人メンバーである、春樹、秋彦、雨月の苦くて熱い恋をメインに描くことが決定しています。

そして!

この度、『映画 ギヴン』のキャッチコピーが「夜が、明ける。」に決定し、新ビジュアルが解禁されました。また、主題歌はTVシリーズでも主題歌を担当したセンチミリメンタルが続投することが決定しました。そして公開日が5月16日(土)に決定しました。

ギブン_キービジュアル
キービジュアルは、新規描き下ろしで、キャッチコピーの「夜が、明ける。」を表すように、夜と朝が入り交じる街中にギヴンの4人と雨月が描かれています。中央に春樹、秋彦が描かれ、2人の間に雨月が佇んでおり、3人の関係性を象徴するようなデザインとなっています。

公式サイト:
given-anime.com

公式Twitter:
@given_anime

イントロダクション
高校生の上ノ山立夏は、佐藤真冬の歌声に衝撃を受け、中山春樹、梶秋彦と組んでいるバンドにボーカルとして真冬を加入させる。真冬加入後初のライブを成功させ、バンド「ギヴン」の活動が始動する中、立夏は真冬への想いを自覚し、ふたりは付き合い始める。一方、春樹は長年密かに秋彦に想いを寄せていたが、秋彦は同居人のヴァイオリニスト・村田雨月との関係を続けていて・・・。スクリーンで、春樹と秋彦、雨月の恋が軋んで動き出すーー!

***********************************

【CAST】
佐藤真冬:矢野奨吾/上ノ山立夏:内田雄馬/中山春樹:中澤まさとも/梶 秋彦:江口拓也/村田雨月:浅沼晋太郎

【STAFF】
原作:「ギヴン」キヅナツキ(新書館「シェリプラス」連載中)
監督:山口ひかる
脚本:綾奈ゆにこ
キャラクターデザイン:大沢美奈
総作画監督:永田陽菜/二宮奈那子
美術設定:綱頭瑛子
美術監督:岡本綾乃/大西達朗
色彩設計:加口大朗
撮影監督:芹澤直樹
CG監督:水野朋也
編集:伊藤利恵
音響監督:菊田浩巳
音楽:未知瑠
アニメーションプロデューサー:比嘉勇二/秋田信人
アニメーション制作:Lerche
主題歌:センチミリメンタル
配給:アニプレックス
© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

窪田正孝、三池崇史監督が歌舞伎町クリーンイベント。映画『初恋』<新宿・歌舞伎町>へ恩返し!


映画情報どっとこむ ralph 三池崇史監督×窪田正孝主演の映画『初恋』が東映配給にて2月28日(金)より公開となります。

カンヌ国際映画祭 監督週間やトロント国際映画祭 ミッドナイト・マッドネス部門での上映は映画ファンを大いに沸かせ、異例の全米先行公開。世界30以上の映画祭から招待され、米批評家サイトRotten Tomatoesでは【97%フレッシュ】という高評価を獲得(2月14時点)している本作。世界中の映画ファンを虜にする三池監督“初”のラブストーリーがいよいよ日本に凱旋となります!

この度、本作の撮影舞台である新宿・歌舞伎町へ恩返しするため、<歌舞伎町クリーンイベント>を実施しました!

映画の撮影舞台となり、お世話になった<新宿・歌舞伎町>へお返しをするために、クリーンイベントをオファーし実施が決定した本イベント!主演・天才ボクサーレオ役の窪田正孝と三池崇史監督が歌舞伎町へ感謝を込めて、新宿区長と一緒に清掃をしました!

映画『初恋』歌舞伎町クリーンイベント
日時:2月15日(土)
場所:新宿区庁舎前(出発式)/新宿歌舞伎町/新宿区役所第一分室1F(ミニ会見) 
登壇:窪田正孝、三池崇史監督、吉住健一(新宿区長)

映画情報どっとこむ ralph 本作の撮影の舞台となった新宿・歌舞伎町に恩返しをするため、新宿区へクリーンイベントを提案し、快諾頂いたことから実現した本イベント。快晴にも恵まれ、静けさ残る朝の新宿でイベントが開催されました。

まず初めに新宿区役所前で出発式を行い、吉住区長のご挨拶で幕を開け、主演・葛城レオ役を務めた窪田正孝さん、メガホンを取った三池崇史監督が『初恋』のタイトルロゴがあしらわれたウィンドブレーカーに身を包み登場すると、本イベントへご協力頂くボランティアの皆さんからは大きな拍手が巻き起こり、2人のサプライズ登場に涙を流す方もいました。

窪田さんは「おはようございます!お世話になった歌舞伎町を精一杯きれいにしたいと思います!よろしくお願いします。」、三池監督は「おはようございます。少しでもきれいに出来ればいいなと思います。よろしくお願いします。」とそれぞれ挨拶。そして参加者全員で「新宿歌舞伎町クリーンイベント、しゅっぱーつ!!」と元気よく声を合わせて清掃活動をスタートさせました。



清掃が始まると早速、お菓子の包み紙を見つけた窪田さんは「昨日はバレンタインデーだったからかな…!」とつぶやき、三池監督と顔を見合わせ、思わず笑いあっていました。ボランティアのみなさんや吉住区長と談笑しながら丁寧にゴミを拾い集める道中、窪田さん演じるレオがベンガルさん演じる占い師と出会う歌舞伎町弁財天に到着すると、窪田さんは「この地域のみなさんは撮影をしていても、慣れているのかそっとしてくれて、すごく演じやすかったです。」と撮影当時を懐かしんでいる様子でした。

『初恋』 歌舞伎町クリーンイベント
その後もクリーンアップにいそしみ、驚くほど綺麗になった歌舞伎町を後にし、一行は新宿区役所に帰還しました。
ここで、会見へと移り、清掃活動に参加した感想を聞かれると窪田さんは「大それたことは出来ないかもしれないけど、こういった活動に参加出来て嬉しく思いましたし、街がきれいになるって良いことだなと思いました!」と答え、お世話になったロケ地への恩返しができ、感慨深そうな様子でした。三池監督は「撮影の時は上ばかり見ていたように思います。仕事の面で言ってしまうと、落ちているゴミにも一つの大事な風景のように感じてしまうんですが、こうして改めて足元に目を向けてみると、きれいにしたいなという気持ちが湧き、また違った歌舞伎町を見れたような気がしました。」と答えました。話題は撮影当時のエピソードに及び、窪田さんが「この歌舞伎町で大森南朋さんを全力で殴ってしまったことが思い出ですかね…」と答えると、すかさず三池監督が「もっとクリーンなこと言ってよ!(笑)」とツッコミを入れ、会場からは笑いが起こりました。一方の三池監督は「とても好きな空間で、撮影の時は歌舞伎町の住人として存在していたような気持ちでした。」と回想していました。吉住区長は「今日は本当にありがとうございました。この作品を広く知って頂けたら嬉しいなと思います。そして歌舞伎町をもっとロケ地として使って頂きたいですね。」とお二人に感謝を述べていました。さらに、本作の撮影が夜が多かったことから、昼間との印象の違いを聞かれると、三池監督は「帰る人もいれば、これからどこかへ出かける人が入り乱れている。そんな中でも時間が止まる瞬間があって、その気配がドラマチックでとても好きですね。」と答え、窪田さんは「夜の撮影とまた違って、昼はやっぱり青空で気持ちがいいですね!その反面まだ少し夜の名残があって、絶妙な2面性がある街だなと思います。」と答えました。

そしてマスコミからの質疑応答の場面になり、歌舞伎町での思い出を聞かれると、窪田さんは「19歳くらいのころ、新宿コマ劇場で三池監督の『座頭市』を観たことがとても印象に残っていますね。」と答え、三池監督は「助監督のころに本当に大変で泣いたこともあるけれど、とても居心地の良い場所。そのままの自分でいられる気がします。多様性のある人たちがたくさんいて安心しますね。」と答えました。さらに、三池監督が“夜を味方につける人”と言われているが、朝の監督はどうだったかと問われると、「サングラス姿に軍手とトングを持ってる姿が可愛かったです(笑)」と窪田さんが答えると会場からは笑いが起こりました。最後に掃除が好きだという窪田さんに、今後キレイにしたいものは何かとの質問に、少し悩みながら、「携帯の中身ですかね。電話帳とかは高校時代のままなので少し整理しようかなと…。」と言うと「あんまり友達いないでしょ⁈」とまたも三池監督からツッコミが入り、「ほどほどにしたいと思います…!」と恐縮した様子で話し、10年ぶりのタッグでも変わらぬ息の良さを見せ、会見は終了しました。
『初恋』 歌舞伎町クリーンイベント

先行公開した海外でも絶賛の声が相次ぎ、満を持して迎える2月28日の日本公開まであと2週間。欲望うずまく歌舞伎町を舞台に、ならず者たちの抗争に巻き込まれる男女の濃密な一夜を描いた本作。果たしてそれぞれに訪れる衝撃的な結末とは…?

映画情報どっとこむ ralph 映画『初恋』

【ストーリー】
喜怒哀楽・すべてが詰まった、人生で最高に濃密な一夜を描く極上のラブストーリー。
最期に出会った、最初の恋
舞台は、新宿歌舞伎町。余命いくばくも無いと知らされたプロボクサーが、逃げる少女を助けるために悪徳刑事をKOしたことから、事態は急転直下。何故か追われる身となり、ヤクザ・チャイニーズマフィア・警察組織が入り乱れ欲望渦巻く“ブツ”を巡った争いに巻き込まれる。

「死んだ気になりゃ、やれるはず」

捨てたはずの命をタテに少女を守ると決めた時、2人の運命が一気に加速する!
映画『初恋』ポスター

***********************************

窪田正孝 大森南朋 染谷将太 小西桜子 ベッキー
三浦貴大 藤岡麻美 顏正國 段鈞豪 矢島舞美 出合正幸
村上 淳 滝藤賢一 ベンガル 塩見三省 ・ 内野聖陽
監督:三池崇史 脚本:中村雅 音楽:遠藤浩二
製作:村松秀信 香田哲朗 宮崎伸夫 佐野真之 奥野敏聡 與田尚志 藤本鈴子 安藝貴範 森田圭 近貞博
企画・プロデュース:紀伊宗之 プロデューサー:ジェレミー・トーマス 坂美佐子 前田茂司 伊藤秀裕 小杉宝
共同プロデューサー:飯田雅裕 ラインプロデューサー:今井朝幸 青木智紀 キャスティングプロデューサー:山口正志
撮影:北信康(J.S.C.) 照明:渡部嘉 美術:清水剛 録音:中村淳 装飾:岩井健志 編集:神谷朗
VFXスーパーバイザー:太田垣香織 キャラクタースーパーバイザー:前田勇弥 ヘアメイク:石部順子 画コンテ:相馬宏充 スーパーヴァイジングサウンドエディター:勝俣まさとし
スタントコーディネーター:辻井啓伺  カースタント:雨宮正信 野呂真治 俳優担当:平出千尋 助監督:山口将幸 制作担当:鈴木勇 音楽プロデューサー:杉田寿宏
「初恋」製作委員会:東映Akatsuki 朝日新聞社 アスミック・エースOLM 東映ビデオ VAP グッドスマイルカンパニー KDDI アルケミーブラザース
制作プロダクション:OLM 制作協力:楽映舎 宣伝:ガイエ
配給:東映
(C)2020「初恋」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

安蘭けいのインタビューが到着!ミュージカル映画『とってもゴースト』を語った


映画情報どっとこむ ralph 安蘭けい&古舘佑太郎がW主演を務めるロマンチックな王道ミュージカル映画『とってもゴースト』を、2020年2月15日(土)より劇場公開。

俳優&監督の角川裕明が「ミュージカルをもっと日本に広めたい」という情熱のもとクラウドファンディングを⽴ち上げ、多くのファンの温かな愛のエールによって映画化が実現。

主人公のファッションデザイナー入江ユキを演じるのは、安蘭けい。そしてもうひとりの主人公、靴デザイナーを志す学生の服部光司役には、古舘佑太郎が抜擢されました。

そしてこの度、角川監督が安蘭へ質問するという形式で、『とってもゴースト』へ寄せる情熱やミュージカルの魅⼒などについて語った。
映画『とってもゴースト』

映画情報どっとこむ ralph 角川監督: 『とってもゴースト』の製作が決まった瞬間、僕は監督として、安蘭さんに主演をお願いしたいという気持ちしかありませんでした。引き受けて下さった時の率直な感想を聞かせて下さい。

安蘭さん:日本のミュージカル文化を広める活動をしている角川監督を応援したい、何か⼒になれればという思いを私は抱いていました。
角川監督のミュージカル映画に出演したいという気持ちは、機会がある度に伝えていたので、出演のオファーは本当に嬉しかったです。以前、角川監督の初⻑編ミュージカル映画『蝶〜ラスト・レッスン〜』を観せて頂いた時、手作り感や温かな感性が素晴らしいと思ったし、『蝶〜ラスト・レッスン〜』のキャストが『とってもゴースト』にも出演してくれることも後押しになりましたね。
何より、ミュージカル仲間のかくちゃんが監督ならば楽しくできるな、と思ったので(笑)

角川監督:日本でオリジナルミュージカルを生み出している「音楽座ミュージカル」の舞台を原作にした映画ですが、作品に対する感想や、日本におけるミュージカル文化についてはどう感じているでしょうか︖

安蘭さん:実は私、「キャッツ」を観たことでミュージカルが大好きになり、この世界に入ったんです。日本人は海外のミュージカルで歌っている外国人のことは違和感なく受け入れていても、日本人が歌うミュージカルには違和感をおぼえるような意識がある気がします。私自身はお芝居の中で歌うことに何の抵抗もないけれど、お芝居から歌への導入部や、歌からお芝居に戻る流れがスムーズにいかないと「なぜそこで歌うの︖」という違和感がお客様の心に生まれてしまう。そういったハードルをうまく下げてくれるのは、やはりミュージカルを熟知している作り手の方々なのではないでしょうか。時代と共にミュージカルも変化し、日本にもなじんで受け入れられてきた感じはあります。

角川監督:ミュージカル映画をいかにナチュラルに⾒せていけるか、僕はレコーディングにポイントがあると思うんです。ミュージカル分野を熟知していないと、レコーディングの段階で失敗する可能性があるかもしれないからです。安蘭さんは舞台での歌もお芝居も自然体で、とっても素敵です。今回は映画としてのレコーディングやお芝居、いかがでしたか︖

安蘭さん:お稽古もお芝居もしない状態で歌のレコーディングからスタートしたので、歌に込める感情表現が難しかったです。歌がお芝居に自然に溶け込むようにするために「歌わないように」という監督の意図を私なりに理解し、何とか形にしようと努めました。台詞を歌で表現するのは難しく、それが課題でした。一方、撮影現場でのお芝居では、流れてくる曲を聴きながら、その声のテンションに今の自分をうまく合わせることを意識しました。レコーディングしたものが基礎となって演技が決まっていく部分はありました。やはり私の場合は舞台と同じように、お稽古して、流れをつかんで、レコーディングに備えた準備をしていく、というのが理想的だと感じ
ました。

映画情報どっとこむ ralph 角川監督:ダブル主演の古舘佑太郎さんとの共演について伺います。古舘さんはミュージシャン&俳優で、ミュージカルは初挑戦。お⼆⼈とも音楽の世界で活躍されていますが、安蘭さんとは若⼲異なるフィールドの⽅との化学反応が⾯⽩いと感じました。どのように呼吸を合わせたのでしょうか︖

安蘭さん:古舘佑太郎さんは、本当に飾らない、真っ直ぐな人︕お芝居もすごく素直︕デザイナー役の私は飾った感じの⼥性だったので、私のほうが削ぎ落とさないといけないかなと思ったほどでした。役の設定と同じく私が年上で彼は年下。人生の先輩という部分では、デザイナーと学生というキャラクターの差をそのまま自然に表現できたのではないかと思います。

角川監督:撮影時期はとっても雪の多い冬で、寒いなか屋外での撮影もありました。思い出に残っているシーンや、映画を観終わって印象に残ったシーンはどこですか︖

ラストの海のシーンと、オープニングのファッションショーです。ファッションショーは大勢のキャストとのアンサンブルが、まるで舞台のようで本当に楽しかった。海のシーンはむしろ映画的なパートで、実際に最後に撮影したので思い出深いです。完成した映画を観て印象的だったのは、大雪のなかで撮影されたダンスシーンがとても幻想的でしたね。──最後にファンの皆様へメッセージをお願いします。

初めてのミュージカル映画で、監督の⾔葉を理解して、体当たりで挑戦した作品なので、温かい目で観て頂きたいです。⾳楽座ミュージカルのファンの方にも、舞台とは違った新展開もある映画バージョン『とってもゴースト』を楽しんで頂けると思います。心温まるキュンとする素敵な作品です。たくさんの方に観て頂き、⾊々な感想を聞かせて下さい︕

映画情報どっとこむ ralph ミュージカル映画『とってもゴースト』

は、キネマ旬報シアターにて絶賛公開中︕

公式HP︓
http://www.tottemoghost.com

公式Twitter、Instagram︓
@ tottemoghost_mm

【ストーリー】
ファッションデザイナーの入江ユキ(安蘭けい)は、自分のブランドのファッションショー前日に自動⾞事故によって命を落としてしまう。自分が死んでしまったことに気が付いていないユキは、ショー当日にも会場に現れるが、その姿は誰にも⾒えておらず、その声は誰にも届かなかった。パニックに陥るユキ。そこに突然"天界のガイド"(永山たかし)がお迎えにやって来る。しかしユキは「まだ死ねない」という思いに突き動かされてその場から逃走、街をさまよい歩く。そして深夜を迎えた頃、靴のデザイナーを志す学生の服部光司(古舘佑太郎)と出会う。なぜかその⻘年にだけは、午前0時から3時の霊界タイムと呼ばれる間だけ自分の姿が⾒え、会話も交わせることを知る。お互いの人柄に触れるうち、二人の心に温かな感情が芽生え始める。しかし、避けられない運命の時は、ユキの身に迫っていく
のであった…。
映画『とってもゴースト』

過去記事;
よかったら、撮影以前の角川監督へのインタビューもどうぞ。
http://eigajoho.com/86698

***********************************

演:安蘭けい 古舘佑太郎
永山たかし tekkan 伽藍琳 他
原作:音楽座ミュージカル「とってもゴースト」(脚本:横山由和・ワームホールプロジェクト 音楽:八幡茂)より
監督:角川裕明 上映脚本:中井由梨子 音楽監督・編曲:田中啓介 振付:舞宮奈央 撮影監督:曽根剛
企画:井西政彦 プロデューサー:ニック・ウエムラ
製作:Japanese Musical Cinema 製作協力:THE DIRECTORS ALLIANCE 制作協力:ヒューマンデザイン
配給:シンカ 製作・配給協力:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
©2020 Japanese Musical Cinema/Human Design Inc./THE DIRECTORS ALLIANCE Inc.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ヒロイン 久保田紗友登壇!『サヨナラまでの30分』公開御礼舞台挨拶イベント


映画情報どっとこむ ralph 新田真剣佑と北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』。

絶賛公開中ですが、このたび2月14日(金)にTOHOシネマズ川崎にて、ヒロインを演じた久保田紗友、撮影を担当した今村圭佑、そして萩原健太郎監督が登壇し【公開御礼舞台挨拶】を行ないました。
「サヨナラまでの30分」公開御礼舞台挨拶

『サヨナラまでの30分』 公開御礼舞台挨拶イベント
日時:2月14日(金)
場所:TOHOシネマズ川崎
登壇:久保田紗友、今村圭佑(撮影)、萩原健太郎(監督)※敬称略

映画情報どっとこむ ralph 1月24日(金)に封切られ、「ぴあ映画初日満足度調査」(1月25日ぴあ調べ)で1位を獲得するなど、SNS上では鑑賞者から多数の絶賛の声と共に、映画の考察まとめが展開されるなど大好評の本作。映画公開後の2月1日には、ダブル主演の新田&北村と萩原監督の3人で、そして先週2月6日には、劇中でバンドメンバーを演じる葉山、上杉、清原の3人といった形で、本日までリレー形式で舞台挨拶を行っていたが、ヒロインに扮した久保田、撮影の今村、そして萩原監督の3人で行うこの日のイベントで公開御礼舞台挨拶も最後。

最後のバトンを受け取って行うイベントでは改めて監督・キャストを交えて撮影時を振り返り。劇中バンド「ECHOLL」のピアノ担当でアキ(新田真剣佑)の恋人・カナ役の久保田は今回初めてピアノ演奏に挑戦したが「撮影の半年くらい前から練習しましたが、教えてくれる先生がとてもパワフルな方だったので、その力をもらって頑張りました」と当時を振り返り、そんな演奏シーンでの今村カメラマンの撮影スタイルについて「今村さんのテンションによって急にカメラが向けられることがあって、それがいい緊張感になりました。ただ、今村さんが自分のところから別のところを撮り始めると“私つまらなかったのかな?”と思ったりして」と自虐を込めて会場の笑いを誘う。

またこの日は新田、北村、葉山、上杉、清原ら「ECHOLL」のメンバーたちから事前に質問を貰い、登壇者がそれに答える企画を実施。新田からの「完成した映画の感想は?」との率直な質問への回答を指名された萩原監督は「関係者が集まって最初に観る初号試写でスタッフがみんな喜んでくれた。それが嬉しく、強い自信に繋がった」と返答。また、久保田は「どんな風に自分が映っているのかが気になってしまい、最初は自分のあら探しをしてしまって…。でも映画に関わってくれたスタッフさんに褒めてもらえて自信になりました」と打ち明けた。

続く北村からの「影響を受けた映画と僕の印象を教えて!」との質問の回答を指名された今村は「影響を受けた映画はポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』だけれど、撮影前に観たのはアニメ『君の名は。』。人が入れ替わるのが同じだから」と返答。また北村の印象については「芝居も上手いし、彼の芝居がなければ成立しなかった」と称賛し「それに彼とはサウナ仲間で、撮影中はほぼ毎日サウナに行っていました。いいやつです(笑)」と北村の素顔をチラ見せした。

葉山から「ECHOLLメンバーの第一印象は?」と聞かれた久保田は「初めてみなさんとお会いしたのが、本読みの時。女子一人だし“みんなコワー!”と思っていました(笑)」とぶっちゃけつつ「でもみなさんから話しかけてもらえたからこそ、去年の夏の撮影を乗り越えられました」と感謝した。

上杉からは先月20歳の誕生日を迎えた久保田にちなみ「10代でやり残したことは?」との質問が。今村は「10代の頃は映画もあまり観ていなかったので、もっと芸術系に触れておけばよかった。やり残したことしかない」と後悔の念。

萩原監督も「バンドをやっておけばよかったなと思う」とやり残しがある様子。一方、20歳になったばかりの久保田は「早く大人になりたい!と思っていたタイプだったので、やり残したことはありません」ときっぱり断言していた。

また清原からの「撮影で楽しかったエピソードは?」と回答を指名された久保田は「葉山さんの替え歌!」と即答。「ギターを持ちながら歌う替え歌が面白かった。動画を撮っていたけれど、それをここで皆さんに見せられないのがもどかしい!(笑)」と訴えていた。

最後に今村は「キャストみんなにとってのベストアクトになればと、魅力的に撮った映画です」と本作をアピール。久保田も「私がこの作品に出会えたのは奇跡であり、大切な作品です。もっと色々な人に届けていけたらと思うし、私自身も元気のない時に観たい作品なので、誰かの勇気になる作品になれば嬉しい」と期待。萩原監督は「自分にとって一生忘れることはないだろうと思えるくらい大切な作品になりました。スタッフ・キャストで一つの映画をポジティブに作れて、それが沢山の人に評価してもらえる。尊い経験になりました」と実感を込めていた。

映画情報どっとこむ ralph サヨナラまでの30分』 

公式サイト:
http//www.sayonara-30min.com

公式twitter:
@sayonara_30min

STORY
メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田、森そしてカナに再結成を迫る。
――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていくー。
『サヨナラまでの30分』本ポスター

***********************************

新田真剣佑 北村匠海
久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原 翔
牧瀬里穂 筒井道隆 / 松重豊
監督:萩原健太郎  脚本:大島里美  
エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、茨木政彦  企画・プロデュース:井手陽子 
音楽:Rayons 音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井 輝
制作・配給:アスミック・エース 
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

賛否を生んだ恋愛小説が禁断の映画化!『Red』宇垣美里、岩井俊二監督、田原総一朗他らコメント到着


映画情報どっとこむ ralph 賛否を生んだ恋愛小説が禁断の映画化!『Red』は、2月21日(金)いよいよ全国公開となる。

YOUが『Red』を語るコメント動画も解禁!

さらに、タレントのYOUからは本作オリジナルの動画コメントも到着!
本編で描かれた、塔子と鞍田の愛の軌跡について「なかなか切ないセックスってないので。すっごく良かったですね…!」といまだベールに包まれた、夏帆、妻夫木が挑んだ映画史上最高に儚く美しいラブシーンについても言及されている。

更に・・・
宇垣美里、横澤夏子、椿鬼奴、岩井俊二監督、田原総一朗らバラエティに富んだ豪華著名人から熱く、突き刺さる絶賛コメントが続々到着!

映画情報どっとこむ ralph 著名人コメント※順不同・敬称略

【YOU/タレント】
夏帆ちゃんの中に静かに滾る熱がたまらない。
モノクロの中に舞う朱と共に一途な熱を感じて欲しい。

【宇垣美里/フリーアナウンサー】
その道が間違いだと分かっていながら選んでしまうことが人生にはある。
正解だけ選んで生きていけたらどんなに楽だろう。
でも一度火のついた魂はもう引き返すことを許してくれない。
塔子の決断が私に問いかける
あなたは 自分の人生を生きているのか?と。

【加藤浩次/芸人】
一言で言うと‟問題作”。
人によってはハッピーエンドであり、バッドエンドでもある。
若い人にも、大人の人にもちゃんと観てほしい。

【岩井俊二/映画監督】
女の醜さや情念までを曝け出すような塔子と、片や鞍田の佇まいは淡雪のように美しい。夏帆と妻夫木聡、二人の表現力に終始魅了された。美しくも残酷な物語だ。

【山下敦弘/映画監督】
衝動だけで生きている二人ではない。
『Red』は、家族がそばにいても、ひとりぼっちのひとたちの恋愛映画だ。

【筒井ともみ/『失楽園』脚本家】
スノードームの中で愛という自由を探す女と男を見ているようで、キレイな映画だ。その透明なバリアを打ち破って生きるのは、観客のあなた自身。

【鈴木涼美/文章家・元AV女優】
幸福な言葉の中にいる女より、不幸に堕ちゆく女の方が自由に見えるのは何故か。人は昇ることしか許されないのか。幾つもの問いが奇妙に繋がった気がした。

【椿鬼奴/芸人】
恐竜が出てきたり魔法を使ったりしないけど、
あんなにヒリヒリする恋は、
馴染みの後輩と結婚した私にとっては憧れのファンタジーです。

【横澤夏子/芸人】
次から次へと引き込まれる色気に感情を振り回されました。
心に潜む何かが動き出す怖さを知りました。

【井上荒野/作家】
愛と欲望と意志に境界線はあるのだろうか。
いずれにしてもそれらは美しくておそろしい。
雪の上に落ちた血みたいに。

【桜木紫乃/作家】
惚れた男に行先を訊ねたことはなかった。男と女に「これでいい」はあるのか。三島有紀子の撮る美しい映像は常に、女の生き方を残酷に問うてくる。

【田原総一朗/ジャーナリスト】
これまで夫とも子供とも姑ともなんの問題もなく上手くやってきた女性が
「自分とは何か」と言うことに目覚めて新しい恋人との関係をジワジワと深めていく。
大人の男女の関係、愛と言うものを真正面から描いた映画で心がうずく。
こんなにも大真面目でリアリティのあるセックスシーンを見た事がない。

【今日マチ子/漫画家】
恵まれた日々から突如として燃え上がる想い。覆い隠すように包み込む雪景色。静かすぎる世界のなかで、雪崩はもう始まっている。

【狗飼恭子/作家・脚本家】
子供の頃、病院で聞かれる
「今の痛みは十段階のうちの幾つ?」という質問がとてもとても怖かった。わたしにとって9であるこの痛みは、人によっては1かもしれない。
わたしはとりわけ痛みに弱い人間かも知れない、そう思うと何も言えなくなった。「人はどれだけ惚れて死んでいけるかじゃないの」
そんな台詞を突き付けられ、主人公塔子の、
恋によって赤く染まる首筋を見せつけられて、「今までのわたしの恋は十段階評価で幾つだったのか」なんてことを考えずにはおられなかった。わたしが、そしてあなたが今まで経験したそれは本当に恋だったのか。『Red』を観終わったあと、その答えを、わたしたちは知ることになるだろう。

【中井圭/映画解説者】
夭逝した天才ジェフ・バックリィがカバーした「ハレルヤ」。
この曲が示唆する背徳と不穏の影を、画面に差し込む赤の光が抑えの効かない熱情で彩る。ふたりの愛の行く末を、音と色に託した三島有紀子監督の情動の海に溺れた。

【松崎健夫/映画評論家】
小説は視覚的要素を伴わない。
映像化された『Red』が“映画”たらしめる所以は、言葉を伴わない<視線>の映画であり、繊細な音響設計が心象風景を想起させる<音>の映画だからだ。
映像表現を文学的なアプローチで解体させた三島有紀子監督の演出、ここに極まり!
人よ、愛の御前では愚かであれ。

【あがた森魚/フォークシンガー】
こんなに、非常識で、反社会的で、不道徳で、エロティックかもしれない映画が、
映画自体が、必然の航程、道行きを知っていて、何の迷いもなく行くべきところを知っていて、ひたすらそこを目指して燃えて走っている。
だからなんのやましさもない。
純真純粋そのものである。
映画自体が恋愛の営みで震え続けている。

【洪相鉉/全州国際映画祭プログラミングアドバイザー】
三島有紀子、彼女を21世紀日本のジェーンㆍオースティンと呼びたい。
淡々としたタッチで人生の機微の深みをつかむ。

映画情報どっとこむ ralph 『Red』

公式HP:
redmovie.jp 

公式Twitter:
@red_movie2020

【ストーリー】
大雪の夜、車を走らせる男と女。
先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは。
夏帆と妻夫木聡『Red』

***********************************

出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗
片岡礼子、酒向 芳、山本郁子/浅野和之、余 貴美子
監督:三島有紀子 原作:島本理生『Red』(中公文庫) 脚本:池田千尋 三島有紀子
企画・製作幹事・配給:日活 制作プロダクション:オフィス・シロウズ 企画協力:フラミンゴ
©2020『Red』製作委員会  R15+




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

又吉直樹原作、監督:行定勲、山崎賢人x松岡茉優『劇場』本ポスター到着!


映画情報どっとこむ ralph 作家・又吉直樹が “恋愛がわからないからこそ、書きたかった”と語る「劇場」は、演劇の世界で夢を追う主人公・永田と、彼に恋をして必死に支えようとする沙希の、生涯忘れることができない恋を描いた恋愛小説。この度、映画化が決定、4月17日(金)より全国公開となる。

監督を務めるのは、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)『ナラタージュ』(17)等、時代ごとに新たな恋愛映画のマスターピースを贈り続けてきた行定勲監督。

主演を務めるのは、興行収入57億円を突破した『キングダム』の大ヒットの記憶も新しい、今最も輝く俳優、山﨑賢人。演劇に身も心も捧げながら、実生活では社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な青年・永田を、人生初のひげを生やした姿で、これまで見せたことのない表情で演じている。ヒロインを務めるのは、『万引き家族』(18)で世界に認められた若き実力派女優、松岡茉優。葛藤や迷いを抱えながらも、純粋に彼を愛そうとする健気な沙希を、儚くも愛しく演じている。
この度、本ポスター画像と追加キャスト情報が解禁となった‼

『劇場』ポスタービジュアル
この度解禁となった本ポスター画像では、山﨑と松岡それぞれの切ない表情と、2人の仲睦まじい様子を捉えた画像が配置されており、【夢を追う永田と彼を信じる沙希の、生涯忘れることができない恋】というコピーやタイトルロゴの後ろでクロスする赤と青のラインが、互いに想いあいながらもすれ違ってしまう2人の未来を暗示している様で、何とも言えない哀愁を感じさせる。

更に山﨑、松岡以外の豪華キャスト陣も一挙解禁!『下忍 赤い影』(2019)で主演を務めた寛 一 郎、「全裸監督」(2019)、「映像研には手を出すな!」(2020)など話題作への出演が続く伊藤沙莉、「あなたの番です」(2019)での刑事役で話題となった浅香航大、そして昨年紅白出場も果たした人気バンド「King Gnu」のボーカル井口理、他にも上川周作、大友律、三浦誠己など、若手、ベテラン、更には他ジャンルからも多才な顔ぶれが集結しました。

永田(山﨑賢人)
野原と2人で劇団「おろか」を立ち上げ、演劇の世界で成功を信じ演出と脚本を担う

沙希(松岡茉優)
女優になる夢を抱き上京、服飾の学校に通っている学生。永田の夢を公私ともに永田を支えていく

野原(寛 一 郎)
永田と中学時代からの友人で共に劇団「おろか」を立ち上げる

青山(伊藤沙莉)
劇団「おろか」の元団員。永田と仲たがいするものの、友人として彼を心配し続ける

小峰(井口理)
永田と同じ年にして、今注目の劇団「まだ死んでないよ」を主宰する

田所(浅香航大)
劇団「まだ死んでないよ」の団員。沙希のバイト先の居酒屋の仲間

映画情報どっとこむ ralph 切なくも魂を震わせる、誰もが胸に秘める忘れられない恋を描いた『劇場』。

【一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできなかったんだろう】と大きくコピーとして使われる永田のセリフが胸をうつ、観た者の心に永遠に残り続ける恋愛映画『劇場』。

4月17日(金)全国ロードショー

公式サイト:
https://gekijyo-movie.com

公式twitter:
@gekijyo_movie

【STORY】
夢を叶えることが、君を幸せにすることだと思ってた—
中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山﨑)。しかし、その劇団は上演ごとに酷評され、解散状態となっていた。 ある日、永田は街で、偶然、女優になる夢を抱き上京し、服飾の学校に通っている学生・沙希と出会う。常に演劇のことだけを考え、生きることがひどく不器用な永田を、沙希は「よく生きてこれたね」と笑い、いつしか二人は恋に落ちる。沙希は「一番安全な場所だよ」と自宅に永田を迎え一緒に暮らし始める。
沙希は永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる彼女に感じた事のない安らぎを覚えるが、理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していき―。
「一番 会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできなかったんだろう。」

***********************************

山﨑賢人 松岡茉優
寛 一 郎 伊藤沙莉  上川周作 大友 律  / 井口 理(King Gnu)  三浦誠己  浅香航大
原作:「劇場」又吉直樹 著(新潮文庫)
監督:行定勲 
脚本:蓬莱竜太  
音楽:曽我部恵一  
配給:松竹 アニプレックス
©2020「劇場」製作委員会  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大倉忠義×成田凌 R15『窮鼠はチーズの夢を見る』クリアファイル付きムビチケカード発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写で、多くの女性から支持を得た水城せとなの傑作コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」/「俎上の鯉は二度跳ねる」を映画化した『窮鼠はチーズの夢を見る』にて、オリジナルクリアファイル付ムビチケカードの発売が決定しました。

2月21日(金)より全国の劇場窓口で発売されるムビチケカードを購入すると、数量限定でA5サイズのオリジナルクリアファイルがプレゼント(一部劇場除く)されます。特典となるクリアファイルは、原作にも印象的に登場する海辺のシーンで、静かにただ海を見つめるふたりの姿を捉えた場面写真を使用したビジュアルとなっています。販売劇場の詳細は、映画公式サイト内劇場情報ページにて掲載されます。
窮鼠はチーズの夢を見る

尚、本作は「R15」指定となっておりますので、15歳未満の方はご鑑賞出来ません。

映画情報どっとこむ ralph 『窮鼠はチーズの夢を見る』

主人公・大伴恭一を演じるのは、映画では『100回泣くこと』(13)に続き、単独主演を務める大倉忠義。
学生時代から「自分を愛してくれる女性」と付き合い、受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた恭一は、ある日、後輩の今ヶ瀬渉と7年ぶりに再会。「昔からずっと好きだった」と突如想いを告げられ、今ヶ瀬の一途なアプローチに振り回されていくうちに、やがて恭一は胸を締め付けるほどの恋の痛みに翻弄されていきます。そして、そんな恭一を好きになってはいけないと頭ではわかりながらも、彼への想いを募らせ葛藤する姿に誰もが共感せずにはいられない今ヶ瀬渉を、『愛がなんだ』(19)、『カツベン!』(19)など話題作への出演が絶えない実力派・成田凌が務めます。

メガホンを取るのは、ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を2度も受賞するなど、日本を代表する映画監督・行定勲。その繊細な表現力と確かな演出力で、様々な愛のかたちを写し取った『ナラタージュ』(17)、『リバーズ・エッジ』(18)に続き、本作では、揺れ動くふたりの狂おしくも切ない恋を、時に繊細に時に大胆に描きます。

窮鼠はチーズの夢を見る_大倉忠義と成田凌
吉田志織 さとうほなみ 咲妃みゆ 小原徳子咲妃みゆ 小原徳子『窮鼠はチーズの夢を見る』

【ストーリー】
7年ぶりの再会 突然の告白 運命の歯車が動き出す―
学生時代から「自分を好きになってくれる女性」ばかりと受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた、大伴恭一。ある日、大学の後輩・今ヶ瀬渉と7年ぶりに再会。「昔からずっと好きだった」と突然想いを告げられる。戸惑いを隠せない恭一だったが、今ヶ瀬のペースに乗せられ、奇妙な同棲生活が始まった。ただひたすらにまっすぐな今ヶ瀬に、恭一も少しずつ心を開いていき・・・。

しかし、恭一の昔の恋人・夏生が現れ、ふたりの関係が変わり始めていく。

***********************************

原作:水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」/「俎上の鯉は二度跳ねる」(小学館「フラワーコミックスα」刊)
監督:行定勲 脚本:堀泉杏 音楽:半野喜弘
出演:大倉忠義 成田凌 吉田志織 さとうほなみ 咲妃みゆ 小原徳子
配給:ファントム・フィルム ©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会
映倫区分:R15 公式サイト:http://www.phantom-film.com/kyuso/




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

夏帆、妻夫木聡、三島有紀子監督登壇『Red』公開直前女性限定試写会


夏帆、妻夫木聡、三島有紀子監督登壇『Red』公開直前女性限定試写会

映画情報どっとこむ ralph 現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生が、センセーショナルな表現で新境地を開いた「Red」。刊行当初、あまりにも衝撃的な内容のため賛否両論となった小説を『幼な子われらに生まれ』で第41回モントリオール世界映画祭 コンペティション部門審査員特別大賞など数々の賞を受賞した三島有紀子監督により映画化され、2月21日より新宿バルト9他全国公開されます。

大雪の夜、車を走らせる男と女。 先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。

誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10 年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦 に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。 現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“選択”とは――。

公開直前のこの度、主演の夏帆、妻夫木聡、三島有紀子監督が登壇する女性限定試写会が開催されました!イベントでは、登壇者が、本作のテーマでもある「愛」についてのクロストークや、一般から映画公式SNSに寄せられた“恋のお悩み”にアドバイスに直接答えるなど、本音トークに花が咲きました!

『Red』公開直前女性限定試写会Presented byアトレ恵比寿
【日時】2月10日(月)
【場所】ユーロライブ
【登壇者】夏帆、妻夫木聡、三島有紀子監督

映画情報どっとこむ ralph 大雪の夜、車を走らせる男と女。先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生の原作を映画化した『Red』が、2月21日から全国公開される。その公開直前となる2月10日には東京・渋谷のユーロライブで女性限定試写会が行われ、主演の夏帆、共演の妻夫木聡、三島有紀子監督が参加。一般から映画公式SNSに寄せられた“恋のお悩み”にアドバイスを送った。

「どんな時に好きな人を好きだと感じる?」との質問に夏帆は「難しい…」と首をひねりつつ「一緒にいないときにふと無意識に相手のことを考えてしまうときに、ハッと『私、好きなのかもしれない』と思うことはある」と何気ない瞬間にこそ好きを感じると告白した。一方、妻帯者の妻夫木は「感性が合う瞬間に、好きだと思う」と実感を込めて「先日も妻(女優のマイコ)と一緒に『はじめてのおつかい』を見ていて号泣したら、隣の妻も号泣していた。その時に好きだと思った。映画を観ていても同じところで感動したり、笑いの沸点も一緒だったり、感性は似ているのかもしれない」とオシドリ夫婦ぶりを明かした。

また「一緒に暮らす中で我慢の境界線はある?」との質問に、妻夫木は「結婚に条件を付ける人もいるけれど、僕はそういうことは考えていなくて、結婚に我慢というイメージはわかない」と答え、続けて「我慢をしているつもりもないし、お互いの人生があって、それがくっついて家族になるから、ちょっとした違いさえも可愛いと思える」と力説。「あとで洗い物をするね、と言いながら寝ていたりすると『チッ!』とか思うけれど、その寝顔が可愛いと思える。共同生活はギブ・アンド・テイクではない。深く考える必要はないし、我慢だって意外と楽しい時がありますよ」と気軽に暮らすためのアドバイスを送った。

そんな妻夫木の考察を聞いて独身の夏帆は「自分の思い通りにならないこともあるけれど、それも含めていいのかなぁ」と妄想し、「周りを気にし過ぎて思っていることが言えないと、上手くいっているようで実は上手くいっていないこともある」とシミジミ語った。同じく独身の三島監督は「相手によってこういう風にされたら私ってこうなるんだ、と観察するのも面白いかも。近しい人といると知らない自分の発見もあるし、どんな自分が心地いいのかわかる気がする」とコミュニケーションを楽しむことを勧めていた。

また理想のデートを聞かれた夏帆は「なんでもいい!正直一緒にいられれば」と笑みを浮かべつつ「映画デートは嬉しいかも。ジャンルは問いませんが、映画を観終わった後に色々と話せるような映画がいい」とシネマデートを希望。それに妻夫木は「高校時代は絶対的に映画デートでした。いつ手を繋げばいいのだろうか?とそればかりで『タイタニック』の内容は全然頭に入ってこなかった!」と笑わせつつ、結婚後の現在は「今はゆっくり単純に、前々から行きたかったゴハン屋さんに食事しに行く。食べることはシンプルに喜びをもらえるし、たとえその食事がまずくても、まずいね!って逆に盛り上がれるから」と自然体で過ごすことができる食事デートをお勧めしていた。

最後に三島監督は、映画鑑賞後の観客に向けて「今日映画を観て感じたことをSNSで共有してもらえたら嬉しいです。映像も音もこだわって作っていて、それは映画館ではないと体験できないこと。何度でも映画館に通って観てもらえたら嬉しいです」と願いを込めた。

映画情報どっとこむ ralph 『Red』

2月21日(金)新宿バルト9他全国ロードショー!

公式HP:
redmovie.jp

公式Twitter:
@red_movie2020

STORY
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは――。

***********************************

出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗ほか 監督:三島有紀子 原作:島本理生『Red』(中公文庫) 
脚本:池田千尋、三島有紀子
企画・製作幹事・配給:日活 
制作プロダクション:オフィス・シロウズ 企画協力:フラミンゴ
©2020『Red』製作委員会  R15+




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ