「恋愛」カテゴリーアーカイブ

板垣瑞生×吉柳咲良×竹内涼真眩しすぎる!「初恋ロスタイム」青春満載メイキング画像一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 2016年に刊行された仁科裕貴による同名小説「初恋ロスタイム」が実写映画化。
映画『初恋ロスタイム』が9月20日(金)より全国公開となります。
『初恋ロスタイム』本ポスター 主人公の浪人生・相葉孝司は、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静止する>という不思議な現象に遭遇する。時刻は12時15分。授業中だった孝司だけがなぜか動くことができ、彼は学校を出て街に繰り出すと、自分の他にもう一人動くことのできる少女・篠宮時音に出会う。やがて2人は、毎日12時15分に1時間だけ起きる、その不思議な時間を“ロスタイム”と名付け、楽しむようになっていく。しかし、その“ロスタイム”には、ある<秘密>が隠されていたのだった―。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の裏側を映したメイキング画像が一挙解禁となった!

解禁となった写真の中でも目を引くのが、ポスターでも使われ、予告でも話題となっている海辺での板垣と吉柳の眩しすぎる2ショット。

板垣瑞生×吉柳咲良『初恋ロスタイム』メイキング 板垣瑞生×吉柳咲良『初恋ロスタイム』メイキング そして・・・板垣が吉柳の頭の上に手を置き ふざけるなど、2人の仲の良さが伝わってくる。

また、劇中で吉柳が使用するスケッチブックを2人で楽しそうに見合う学校でのオフショットや、思わず引き込まれてしまう板垣のまっすぐ見つめるカットなどからも現場での和気あいあいとした様子が伝わってくる。さらに、ナチュラルに“壁ドン”をしてしまっている竹内と、可愛らしい吉柳との2ショットや板垣が役者として、一人の人間として尊敬していると言う竹内との仲睦まじいカットもあり、映画本編に負けないほど、爽やかな現場だったことが伝わってくるものばかりだ。
板垣瑞生×竹内涼真『初恋ロスタイム』メイキング『初恋ロスタイム』メイキング画像 板垣瑞生×吉柳咲良『初恋ロスタイム』メイキング画像 『初恋ロスタイム』メイキング画像 『初恋ロスタイム』メイキング画像 そんな彼らのメイキング画像でも伝わるキラキラした世界感をそのままに、何か忘れかけていた夢や、一歩踏み出す勇気。初恋の時の気持ちを思い出させてくれる本作を是非劇場でご覧頂きたい!

映画情報どっとこむ ralph 映画『初恋ロスタイム』

公式サイト:
https://hatsukoi.jp/ 

公式Twitter:
@hatsukoi_movie 

『初恋ロスタイム』本ポスター 幼い頃母親を病で亡くした経験から、諦め癖のついた無気力な日々を送る浪人生・相葉考司を演じるのは、全国ツアー各会場即売の絶大な人気を誇るボーカルダンスグループM!LKの板垣瑞生。映画デビュー作『ソロモンの偽証』で日本映画批評家大賞新人男優賞受賞をするなど、その演技が高く評価され、今年は本作以外にも2本の出演作を控えており、本作で初主演を務める。ロスタイム中に動く事が出来る少女・篠宮時音を演じるのは、歴代最年少で第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRL 2016」グランプリを受賞、ミュージカル「ピーターパン」10代目主演にも大抜擢された吉柳咲良。2人の遭遇する”ロスタイム“という現象を過去に経験し、この現象の真実を知る重要なカギを握る、本作のもうひとりの主人公とも言える医師役を竹内涼真が演じる。

監督は、『俺物語!!』(15)や『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』(17)といった青春映画を数々手掛けてきた実力派で知られる河合勇人監督。本作の「時が止まった世界で動き出す二人の物語」という設定を、どのような良質な青春ドラマに仕上げてくれるのか、必見だ。

***********************************

出演:板垣瑞生 吉柳咲良 / 石橋杏奈 甲本雅裕 / 竹内涼真
監督:河合勇人
脚本:桑村さや香
原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
配給:KADOKAWA
© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

三池崇史監督 映画『初恋』トロント国際映画祭プレミア上映と舞台挨拶とQ&A


映画情報どっとこむ ralph 三池崇史監督×窪田正孝主演の映画『初恋』が2020年2月に日本公開となります。

今年5月のカンヌ国際映画祭において監督週間に選出され、三池監督の最新作を待ちわびていた映画ファンを大いに沸かせた本作。作品の評判を聞きつけた各国の関係者から映画祭の招待や公開の相談が殺到。世界的な盛り上がりを受け、超異例の全米の先行公開【2019年9月27日】が決定し、実写邦画としては大規模な100館程での上映を予定しています。

全米公開(9月27日)に向けて世界中の映画ファンから期待が高まる中、第44回トロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門で現地時間9月13日(金)<日本時間9月14日(土)>に実施したプレミア上映と舞台挨拶とQ&Aを行い、三池節で会場を沸かせながら現地のファンとの交流を楽しみました。

映画『初恋』第44回トロント国際映画祭
<第44回トロント国際映画祭 ミッドナイト・マッドネス部門 詳細>
日程:トロント現地時間:9月13日(金)23:59〜26:00 『初恋』プレミア上映&登壇
日本時間:9月14日(土)12:59〜15:00
会場:Ryerson Theatre(ライアソンシアター)1250席
参加:三池崇史監督
※1997年に『極道戦国志 不動』(69) にて初参加、『漂流街 THE HAZARD CITY』(00)以来、
本作は3回目のトロント国際映画祭への参加です。

映画情報どっとこむ ralph インターナショナル版『初恋』ポスタービジュアル チケットはほぼ完売し、1時間前にもかかわらず、会場には500人もの長蛇の列をなす。先頭には4時間前から並ぶ、『殺し屋1』などが大好きという長年の三池ファンの姿も。三池監督の乗った車が会場入り口に到着すると、多くのファンがサインを求めて駆け寄ってきた。

雨が降り始め映画『初恋』第44回トロント国際映画祭
三池監督:雨の中、たくさんのお客さんが来てくれて嬉しいです。どこの国にも変わった人がいるもんだなと思います。(笑)このミッドナイト・マッドネス部門は、トロント映画祭の中でも“いかに楽しむか”、好きなジャンルの映画を自分のスタイルで楽しむお客さんが集まっている。『初恋』も応援してくれると信じている。

とコメント。トロント国際映画祭について、

三池監督:初めて海外の映画祭に参加したのが、このトロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門だった。オリジナルビデオ(Vシネマ)を撮っていて、あるプロデューサーの“これ面白いからプリント(劇場公開用のフィルム)にしようよ。”という言葉から始まり、全く予想外の展開で1997年に『極道戦国志 不動』(96)でこの映画祭に呼んでいただいた。そこで一緒にお客さんと映画を観て、映画というのは作品が勝手に海外に飛んでいって受け入れられるものなんだと知った。それがその後の映画を作っていくモチベーションにつながっている。

と明かし、

三池監督:ここ(トロント国際映画祭)に呼ばれなかったら違う人生だったんじゃないかと思うくらい、自分にとって大事な場所であり映画祭です。これから一緒にお客さんと映画を観るのがすごく楽しみ。

と特別な想いを語った。

映画情報どっとこむ ralph
興奮した三池ファンが歓声を上げるなど、大熱狂の空気に包まれた場内。
上映前の挨拶では、なぜか猫のおやつのCMソングに乗って、猫耳付きの帽子をかぶった三池監督の姿が…!大きな拍手と歓声の中、三池監督らしいパフォーマンスで派手に登場した。

三池監督:久しぶりにこの場所に立てて嬉しいです。昔、初めて映画祭に参加した時、トロントのお客さんに温かく迎えられた自分にとってここは大切な場所です。ただ、自分も少々年を取りまして…子猫のように臆病な性格になっているので、この作品を皆さんに気に入ってもらえるか心配しています。(笑)最後まで楽しんでください。

と三池節のきいた挨拶で、本編の上映がスタートした。

上映が始まると、興奮を隠しきれない観客たちからは、冒頭の東映マークから早くも大拍手が巻き起こった。本編が始まると一点静まり返ったものの、さすがミッドナイト・マッドネス部門。三池監督らしさ溢れるシーンでは、大きな笑い声と拍手が巻き起こり、まるで“応援上映”のような熱狂ぶり。凄まじい映画愛を肌で感じる上映となった。

映画『初恋』第44回トロント国際映画祭舞台挨拶Q&A
上映後、三池監督の他、中村雅(脚本)、坂美佐子(プロデューサー)、紀伊宗之(プロデューサー)がQ&Aに登壇。

多くの作品を撮り続けるモチベーションについて尋ねられると、

三池監督:例えば映画の撮影中に昼休憩があって、そこでお弁当を食べていると“この時間でCMが1本撮れるな”と思うようなことがある。撮影が大好きなので、自分がいつまで映画を撮っていられるかを考えていると、特に自分を奮い立たせなくても動ける。映画を撮影していると眠っている自分が覚醒する感じ。一番楽しいんです。あと、これは内緒話だけど、実は三つ子の兄弟が入れ代わりながら動いている。今日は次男が来ているんです。(笑)

と会場の笑いを誘いながら、一つ一つ丁寧に答えていった。中には日本語で質問する観客もいるなど、三池ファンの熱量の高さが伺えた。

イベント終了後、

三池監督:お客さんに逆に映画を盛り上げてもらった。少しは期待に応えることができたんじゃないかなと思っています。想像以上に盛り上がってくれて、個々のお客さんには感謝しています。疑ってしまうほど良いリアクションをしてくれた。映画祭のお客さんは理解しようとしてくれるような、優しい人たちなんですよ。

と手応えを感じた様子で、会場をあとにした。しかし、深夜2時過ぎにもかかわらず、外には大勢の三池ファンが殺到。写真やサインなどファンサービスに追われるも、観客に受け入れられた喜びを実感する一夜となった。
三池崇史監督 映画『初恋』第44回トロント国際映画祭
三池崇史監督 映画『初恋』第44回トロント国際映画祭
映画情報どっとこむ ralph <上映後のお客さんコメント>
・テンポがよく、ウィットに富み、キャラクターが立っていて、すごく良かった!
・全く制限を掛けていなかった!人が思いついても出来ないことを試していて、とてもチャレンジング。
・彼の映画はいつもクレイジーで最高だ!
・個性豊かなキャストがすごくよかった。若い2人がまるでロミオとジュリエットのようだった。
・この映画祭で観た作品の中で一番よかったよ!
・AMAZING!!期待通りに面白かった!
・登場人物がユニークで面白い。悪い人だろうがなんだろうが、どんなキャラクターも好きになれた。


映画情報どっとこむ ralph Variety誌
三池崇史の、天井知らずの映画愛!

Hollywood Reporter誌
三池作品最高のエンタテイメントに大興奮!

コリン・ゲッデス(プログラムディレクター)
1997年、私が映画祭のプログラマーとして『極道戦国志 不動』で三池監督を初めてこの映画祭に招待しました。映画は血まみれでエキサイティングで全ての観客が喜んでいたのを覚えています。それがトロント国際映画祭と三池監督の関係の始まりです。予測できない展開が彼の映画の魅力。ルールも法則もない。タブーにも挑戦し、様々な関係性もぶち壊す。毎回予測を超えてくる彼の作品がとても楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『初恋』

2020年2月、全国公開

公式HP:
hatsukoi-movie.jp 

Twitter:
@hatsukoi2020


【Story】
―最期に出会った、最初の恋―
舞台は、さまざまな事情を抱えた人間たちが流れ込む欲望の街・新宿歌舞伎町。天涯孤独ながら希有な才能を持つプロボクサーの葛城レオ(窪田正孝)が、負けるはずのない相手との試合でKO負けを喫し、試合後の診察で余命いくばくも無い病に侵されていることを知る。自暴自棄になったレオが、気もそぞろに繁華街を歩いていると、男に追われる少女に出くわす。ただ事ではない様子を察したレオは条件反射的に男をKO。気を失った男のポケットにあった、警察手帳をとっさに懐へとしまうと、少女の後を追った。少女はモニカ(小西桜子)と名乗り、親の虐待から逃れるように街へ流れついて、ヤクザに囚われていたことを明かす。KOされた男は悪徳刑事・大伴(大森南朋)でヤクザの策士・加瀬(染谷将太)と裏で手を組み、ヤクザの資金源となる“ブツ”を横取りしようと画策、モニカを見張っていたのだ。ヤクザと大伴から追われる身となったレオだが、モニカと自らの境遇が重なる部分もあり、どうせ短い命ならと半ばやけくそで彼女を救おうと決意する。一方で、モニカと共に資金源となる“ブツ”が消えさらにヤクザの一員・ヤス(三浦貴大)が殺されたことを彼女のジュリ(ベッキー)から知らされる組員一同は、組長代行(塩見三省)の基で今にも一触即発の様相を呈している。一連の事件をチャイニーズマフィアの仕業だと踏んだ組随一の武闘派・権藤(内野聖陽)が組の核弾頭・市川(村上淳)と共に復讐を決意し、ジュリも後を追った。
ヤクザとチャイニーズマフィアに悪徳刑事。ならず者たちの争いに巻き込まれた孤独なレオとモニカが行きつく先に待ち受けるものとは……。欲望渦巻く繁華街で出会った孤独な二人が過ごした、人生で最も濃密な一夜の結末や如何に。

***********************************

窪田正孝 大森南朋 染谷将太 小西桜子 ベッキー
三浦貴大 藤岡麻美 顏正國 段鈞豪 矢島舞美 出合正幸
村上 淳 滝藤賢一 ベンガル 塩見三省 ・ 内野聖陽
監督:三池崇史 脚本:中村雅 音楽:遠藤浩二
企画・プロデュース:紀伊宗之 プロデューサー:ジェレミー・トーマス 坂美佐子 前田茂司 伊藤秀裕 小杉宝
共同プロデューサー:飯田雅裕 ラインプロデューサー:今井朝幸 青木智紀 キャスティングプロデューサー:山口正志
撮影:北信康(J.S.C.) 照明:渡部嘉 美術:清水剛 録音:中村淳 装飾:岩井健志 編集:神谷朗
VFXスーパーバイザー:太田垣香織 キャラクタースーパーバイザー:前田勇弥 ヘアメイク:石部順子 画コンテ:相馬宏充 スーパーヴァイジングサウンドエディター:勝俣まさとし
スタントコーディネーター:辻井啓伺  カースタント:雨宮正信 野呂真治 俳優担当:平出千尋 助監督:山口将幸 制作担当:鈴木勇 音楽プロデューサー:杉田寿宏
製作:「初恋」製作委員会 
制作プロダクション:OLM 
制作協力:楽映舎
配給:東映
PG12
(C)2020「初恋」製作委員会






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『惡の華』 映開記念! 伊藤健太郎のオールナイトニッポン0(ZERO)大特集決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』の公開日が9月27日(金)より全国公開致します。


今回、映画公開を記念して、伊藤さんがパーソナリティをつとめるニッポン放送「伊藤健太郎のオールナイトニッポン0」での大特集が決定!!!
伊藤健太郎『惡の華』春日
すでに9月9日OAから、映画を象徴する仲村のセリフ「うっせー、クソムシが」から「私のクソムシ宣言」と題してまわりから「クソムシがっ」て言われちゃうような、リスナーのクソな部分をメール募集している同番組。

もっと濃いパンチの効いたエピソードを求める伊藤さんのリクエストもあり、9月30日OAまでこのメールテーマの継続も決定。

特集はもちろんこれだけではなく・・・豪華ゲスト出演も決定!!!
9月23日には伊藤さんと2度目のタッグ井口昇監督と、原作者の押見修造が生出演。熱いトークを繰り広げます。そして公開直後の9月30日は、強烈なキャラクターの仲村を演じた玉城ティナが参戦決定!撮影からプロモーション、公開後のまわりの反応など、3度目の共演で意気投合している2人だからこその掛け合いは必聴!生「クソムシが」聴けちゃうかも??!
『惡の華』ティザービジュアル(玉城ティナ)
▼詳細▼
公式サイト:こちら
伊藤健太郎のオールナイトニッポン0(ZERO) ニッポン放送 深夜3時~4時半
9月23日(月)井口監督・押見修造 生出演  9月30日(月)玉城ティナ 生出演


映画情報どっとこむ ralph 鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描き、思春期の暗黒面をえぐり出した本作で主役・春日高男を務めるのは、今最も勢いに乗る若手俳優の伊藤健太郎。

春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役には、「ViVi」の専属モデルを卒業後、女優として大躍進を続ける玉城ティナ。春日が片思いをするクラスのマドンナ・佐伯奈々子役には、雑誌「ニコラ」で注目を浴びた16歳の次世代モデル、秋田汐梨が数百人以上のオーディションを経て大抜擢されました。そして、今回初の映像化となる高校時代、お互い文学が好きなことをきっかけに春日と交流を深める常磐文役に、モデル、女優と大活躍中の飯豊まりえが扮するなど、最旬キャストの共演も見逃せません。

原作「惡の華」は、別冊少年マガジンに2009年から5年間に渡って連載され、「このマンガがすごい!2011」にランクイン、「マンガ大賞2012」にもノミネートされ、コミック連載中にはテレビアニメ化・2016年に舞台化を果たしました。そして今回、原作者の逆指名によりメガホンをとったのは井口昇監督。瑞々しいタッチで青春を描き続ける岡田麿里の脚本との化学反応が見事に生まれ、思春期に、今、苛まれているすべての少年少女と、かつて思春期に苛まれたすべてのかつての少年少女に捧げる映画が誕生しました。

『惡の華』

公式サイト:
akunohana-movie.jp
twitter:
@akunohana_movie

伊藤健太郎、玉城ティナ『惡の華』本ビジュアル
ストーリ― 
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。
仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

***********************************

伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ 
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)  監督:井口昇  脚本:岡田麿里  
主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アントニア・ブリコ の半生『レディ・マエストロ』三ツ橋敬子、宮本笑里ら著名人12名コメントが到着


映画情報どっとこむ ralph 女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの半生を描いた『レディ・マエストロ』(9月20日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国公開)へ寄せられた著名人コメントが到着しました。
レディ・マエストロ 女性が指揮者になるという〈夢〉を見ることさえ許されなかった時代に、自らの手でその〈夢〉をつかみ、女性指揮者のパイオニアとなったアントニア・ブリコ。一歩前へ進むたびに出現する高く険しい壁を、ひとつひとつ乗り越えていったアントニア・ブリコのはるか遠い道のりをたどる、勇気と感動と驚きに満ちた実話の映画化が実現した。マーラー「交響曲第4番」、ストラヴィンスキー「火の鳥」から、ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」まで、数々の名曲と共に奏でる、夢を諦めないすべての人への応援歌。
レディ・マエストロ この度、本作の公開を前に、“美しすぎる指揮者”として注目を集め、2009年のNewsweek Japan誌「世界が尊敬する日本人100人」にも選出された指揮者の三ツ橋敬子や、ヴァイオリニストの宮本笑里、ピアニストの清塚信也など音楽関係者をはじめ、漫画家のさそうあきらや宇宙飛行士の山崎直子など各方面の著名人より絶賛コメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph はじめて指揮棒を手にした、あの日の胸の高鳴り。
いつしか自分自身の過去と未来を重ね合わせ、ラストは涙がこぼれた。
アントニアが切り開いた道に感謝。私も次世代にバトンを渡さなければ。
――三ツ橋敬子(指揮者)

人生では、必ず障害が現れるときがあります。
大きな壁が立ちはだかる時も信念を曲げず、自らの直感を信じて行動する強さ。貪欲な音楽への情熱や勢い。
それが彼女の大きな武器と魅力。
女性が突き進む姿は美しく、時に苦しく、とても胸が高鳴りました。
――宮本笑里 (ヴァイオリニスト)

男女、貧富、人種・・・
人間を分かつもの全てを無意味に出来るのは音楽なのだと、改めて確信する事が出来ました。
僕も、全ての人の心に平等に響き渡る音楽をやっていきたいと、強く思わされる映画でした。
――清塚信也(ピアニスト)

女性指揮者として数々の反対や、嫉妬に悩まされながら強く生きる道を選ぶ姿に感動…
全編に流れるクラシック名曲の数々が心に寄り添い、時に涙を誘う。
ぜひ観て欲しい一編!
――宮本文昭(音楽家)

マエストロに女性名詞は要らないの。
——ケリー=リン・ウィルソン(新国立劇場オペラ公演初の女性指揮者)

理不尽な困難を与えた野郎どもも、数少ない応援してくれた人たちも、全てが彼女の夢の関係者か。
けど女性をこれだけ思い知らされても、次も女でうまれたいなぁ。これって?!
――綾戸智恵(ジャズシンガー)

『どんな才能の持ち主でも、女に生まれれば、存在しないも同じ』
200年以上前に、有名な作家が言い放った。アントニアは、そう言った偏見と戦って生きた。しかし、才能ある女たちを取り巻く状況は基本的に、現在でもまださほどは変化しているとは思えない。
――池田理代子(劇画家・声楽家)

猥雑なナイトクラブで夢を目指してピアノを鳴らしていたアントニア・ブリコ。
1920年代、音楽に革命を起こそうとしていたのはストラヴィンスキーだけじゃなかったんだ!
――さそうあきら(漫画家「マエストロ」「神童」)

アントニア・ブリコという一人の女性の情熱が、音楽、時代、愛、友情、さまざまな絆をつないでいく。その生き様こそが芸術のよう。実話ならではの勇気を頂きました。
――山崎直子(宇宙飛行士)

夢を諦めかけた女性必見!女性指揮者は見果てぬ夢?数奇な運命に挑む主人公のひたむきさが胸に迫る。
名曲満載、音楽好きも大満足!貴女は夢に向かって走り続けていますか?
――紫吹淳(女優)

今でもまだ男女の格差は存在するし、仕事と私生活との両立には多くの悩みもある。
それでも情熱だけで道を切り開いてくれた多くの“先輩たち”がいたからこそ、今の私たちはある。
――浜田敬子(アエラ元編集長)

自己表現の楽しさを知ったらもはや後戻りは出来ない。音楽の神様に愛された女性の闘いは痛快ですらある。
――下重暁子(作家)

男がなりたい三大職業、指揮者、映画監督、野球監督。それらはすべて女性には禁じられていた。
指揮者の壁を打ち破った女性の苦闘に、女性映画監督が熱い共感を寄せた。
――上野千鶴子(社会学者・東京大学名誉教授)

映画情報どっとこむ ralph 『レディ・マエストロ』

英題:The Conductor
9月20日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国公開

レディ・マエストロ
【STORY】
1926年、ニューヨーク。オランダからの移民アントニアは、指揮者になるためならどんな困難にも挑むと決めていた。「女性は指揮者になれない」と言われながらも、音楽への情熱だけは誰にも負けなかったアントニアは、ナイトクラブでピアノを弾いて稼いだ学費で、音楽学校に通い始める。だが、ある“事件”から退学を余儀なくされ、引き留める恋人を置いて、アムステルダムからベルリンへ。遂に女性に指揮を教えてくれる師と巡り合う。憑かれたようにレッスンに没頭するアントニアだったが、出生の秘密、恋人の裏切り、女性指揮者への激しいバッシングなど、次々とアクシデントが襲い掛かるー。

***********************************

監督・脚本:マリア・ベーテルス
出演:クリスタン・デ・ブラーン、ベンジャミン・ウェインライト、スコット・ターナー・スコフィールド
2018年/オランダ映画/英語・オランダ語/カラー/シネスコ/5.1ch/139分/DCP/G
日本語字幕:古田由紀子
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
©Shooting Star Filmcompany – 2018




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

飯豊まりえ、明かされざるラストシーンを語った!『いなくなれ、群青』大ヒット御礼舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得し、シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex)。この度実写映画化を果たし、全国にて公開中です。
この度、映画の大ヒットを記念して9月15日(日)に新宿バルト9にて飯豊まりえさん、松岡広大さん、柳明菜監督、菅原大樹プロデューサーを招いて大ヒット御礼舞台挨拶が開催されました!
飯豊まりえ、松岡広大、柳明菜監督『いなくなれ、群青』大ヒット御礼舞台挨拶
映画『いなくなれ、群青』 大ヒット御礼舞台挨拶
日時:9月15日(日)
場所:新宿バルト9
登壇:飯豊まりえ、松岡広大、柳明菜監督、菅原大樹プロデューサー


完全ネタバレです。
問題ない方のみ、この先をお読みください。

続きを読む 飯豊まりえ、明かされざるラストシーンを語った!『いなくなれ、群青』大ヒット御礼舞台挨拶




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ