「家族」カテゴリーアーカイブ

リトグリ Little Glee Monster 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ジャパン・アンバサダー就任!


映画情報どっとこむ ralph ミュージカル映画史上No.2となる全世界興収6億ドル(Box Office Mojo調べ)突破の大ヒット映画『マンマ・ミーア!』は、ABBAのヒット曲で構成され、全世界でロングランヒットを記録した舞台の映画化で、花嫁のソフィ(アマンダ・セイフライド)が、ヴァージンロードをパパと一緒に歩きたいと、シングルマザーのドナ(メリル・ストリープ)に内緒で、結婚式に自分の父親かもしれない母親の元恋人3人を招待したことで巻き起こる大混乱を描いたミュージカル・ラブコメディ。その前作から10年―続編となる『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が8月24日(金)に日本で公開します!


映画情報どっとこむ ralph ​この度、本作を応援する“ジャパン・アンバサダー”に圧倒的な歌唱力と表現力で絶大な人気を誇る Little Glee Monsterの就任が決定しました!


リトグリが起用された理由は、“歌で人々の心を歓喜させる”というグループコンセプトが、“すべての人の心を至福で満たし、すべての人の人生を祝福する”という映画の作品コンセプトに見事に合致していること。

若年層だけでなく、幅広いファン層を誇り、今や親子で聴きたいアーティストとなっているリトグリが、母から娘、またその娘へと受け継がれる愛と絆と命を描く本作の真髄を叶えることができる存在として抜擢されました。

Little Glee Monsterからのコメント

誰もが知っているABBAの名曲たちにキャラクターの息が吹き込まれていくのが不思議でおもしろくて、引き込まれます。キャストの皆さんの魅力、ストーリーの魅力はもちろん、オリジナルとまた違ったABBAの音楽の魅力が詰まった、とてもすてきな作品。
今回、続編である「マンマ・ミーア!ヒア・ウィ―・ゴー」のアンバサダーを務めさせていただくことになり、本当に光栄です。作品の魅力を、日本の多くの皆さんに届けて、ハッピーになっていただけるよう精一杯努めたいと思います!

映画情報どっとこむ ralph 彼女らは配給のユニバーサルピクチャーズ、ABBAのベニー&ビョルンをはじめとする本作のプロデューサー陣からのお墨付きをもらっての就任となります。
NHK紅白歌合戦出場も果たし、世代を超えて歌声だけで人々の心を震わせる彼女たちが、ポップ・ミュージックのレジェンド ABBAへ最高のリスペクトを胸に、ひとりでも多くの方に本作をご覧いただくため公開まで最高潮に盛り上げます。

まずは今月実施されるロンドンプレミアに日本を代表して参加し、レッドカーペットを歩く予定です。


ABBAの珠玉の楽曲にのせて贈る、母から娘へ、
娘からそのまた娘へ受け継がれる深い愛と絆を描く、この夏一番のハッピーな感動作

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー
原題:MAMMA MIA! HERE WE GO AGAIN 

公式サイト:
http://www.mammamiamovie.jp/

***********************************

監督・脚本:オル・パーカー『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』 
原案:キャサリン・ジョンソン、リチャード・カーティス、オル・パーカー
製作:ジュディ・クレイマー、ゲイリー・ゴーツマン 
製作総指揮:ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース、トム・ハンクス、リタ・ウィルソン、
フィリダ・ロイド、リチャード・カーティス、ニッキー・ケンティッシュ・バーンズ

キャスト:メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、
ジュリー・ウォルターズ、ドミニク・クーパー、アマンダ・セイフライド、クリスティーン・バランスキー、
リリー・ジェームズ、ジョシュ・ディラン、ヒュー・スキナー、ジェレミー・アーヴァイン、
アレクサ・デイヴィーズ、ジェシカ・キーナン・ウィン、アンディ・ガルシア、シェール

全米公開:7月20日 

配給:東宝東和 
(C)Universal Pictures


『インクレディブル・ファミリー』がアニメ全米興収歴代No.1に!アナ雪・トイ・ストーリー3・ファイディング・ドリー を超えて


映画情報どっとこむ ralph おもちゃの世界を描いた『トイ・ストーリー』をはじめ、様々な世界をファンタジーワールドに変えて世界中の人々を魅了してきたピクサー・アニメーション・スタジオ。

そして、その長編20作品目にふさわしい全世界待望の『インクレディブル・ファミリー』が8月1日(水)より日本公開となるが、一足早く6月15日(金)に全米で公開され、堂々初登場1位を記録!6月15日(金)から17日(日)の3日間、4,410劇場で公開され、約201億9614万円($182,687,905)と大ヒットスタートを切り、世界的大ヒットとなった、『ファインディング・ドリー』($136,183,170)の成績を上回る全米歴代アニメーション作品No.1の週末オープニング記録を樹立しました!
映画情報どっとこむ ralph また全米累計興収は、公開からわずか24日間(7月8日時点)で556億8886万円($504,382,414)を突破。
これは、『アナと雪の女王』(443億159万円/$400,738,009)や『トイ・ストーリー3』(458億7879円/$415,004,880)を抜き、ついにはアニメーション歴代1位の興行収入を誇っていた『ファインディング・ドリー』(537億5997万円/$486,295,561)を抜き、早くも20億円も上回る記録を達成!

全米では堂々、アニメーション作品歴代1位として初の5億ドル超えも果たし、まさに前人未到の新記録を打ち立てています!(※数字は7/9付BOX OFFICE MOJO調べ[1ドル= 110.41円換算])

映画情報どっとこむ ralph 観たら誰もがスカッとした気分になる爽快アクションが満載な上に、子育ての難しさをユーモアも交えながら丁寧に描いた本作は、子供だけでなく大人も楽しめる作品になっており、大ヒットの要因だそう。

記録的な興行収入を証明するかのように作品への評価も高く、ヴァニティ・フェア誌は、「観る者を楽しませてくれ、心からゾクゾクさせてくれる。」、米フォーブス誌は「純粋に実際的な視点から言えば、この映画はおそらく史上最高のアニメーション・アクション映画ではないだろうか。」、ヒューストン誌は「この夏必見の映画!」と大絶賛。

欧米で最も信頼されている映画批評サイトで、映画をランク付けする「Rotten Tomatoes」では、93%(7月9日時点)という高い評価を獲得しています!

日本でも、全米公開に合わせて6月15日(金)に実施された日本最速試写会の感想で「最高だった!アクションカッコ良すぎて鳥肌立ちまくり!!」、「ハラハラして一瞬たりとも目が離せなかった!」など、ヒーロー家族の活躍に絶賛の声が上がっています!
なかでも、能力未知数の赤ちゃんジャック・ジャックの活躍は
激ヤバでカワ(・∀・)イイ!!
と話題です!

インクレディブル・ファミリー

8月1日(水)全国ロードショー!


オフィシャルサイト:
disney.jp/incredible

物語・・・
彼らは、どこにでもいるフツーの家族…ではない。パパもママも3人の子供も、それぞれ異なるスーパーパワーを持ったヒーロー家族なのだ!超人的なパワーをもつパパ、ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ、ヘレン、超高速移動できる長男ダッシュと、鉄壁バリアで防御できる長女ヴァイオレット。さらに、スーパー・パワーに目覚めたばかりの赤ちゃんジャック・ジャック…その潜在能力は、まだ未知数。家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生した!

***********************************

脚本&監督:ブラッド・バード
製作:ジョン・ウォーカー、ニコル・パラディス・グリンドル
日本版声優:三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、髙田延彦、小島瑠璃子、サンシャイン池崎、ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 


加藤綾佳監督×山田愛奈主演『いつも月夜に米の飯』Motion Galleryにてクラウドファンディング始動!


映画情報どっとこむ ralph 新潟県を舞台にした、おいしそうでちょっぴ焦げついた、ごはんと家族と恋の物語 映画『いつも月夜に米の飯』。

加藤綾佳監督×山田愛奈主演でおくる本作は 9月8日、シネマカリテほか全国順次ロードショーとなります。

2015年に森川葵の出世作でもある『おんなのこきらい』がスマッシュヒットを記録した加藤監督が、新潟出身の注目女優・山田愛奈さんとともに、地元・新潟県でオールロケで作り上げました。

そして!このたび、吉澤嘉代子さんの「雪」が主題歌として発表!となりコメントがとどきました。
2018.4.11吉澤嘉代子27_08 001

吉澤嘉代子さんからのコメント
私の中でも「雪」は大切な歌なので、もう一度あたらしい誰かに出会うきっかけをいただけて光栄です。料理を 作ることも、食べることも、どちらも愛情表現なのだなと思いました。劇中の御食事シーンがあまりにも美味し そうだったので、今、新潟に行きたくてたまりません。


あわせて、ティザーヴィジュアル、公式WEBも解禁。
公式HP:itsukome.com

映画情報どっとこむ ralph さらに、Motion Galleryにて<上演支援プロジェクト>クラウドファンディングが始動しました!

https://motion-gallery.net/projects/itsukome2018

映画情報どっとこむ ralph 新潟で居酒屋を営む母の元を離れ、東京の高校に通う女子高生・千代里。
ある日、 母親が突然失踪したという知らせを受け、新潟に戻ると、そこには店を守ろうとする料理人のアサダの姿があった。地元の個性的な客たちにも徐々に心を開き、女将 としての仕事にも慣れていく千代里は次第にアサダに惹かれていく。

そんな幸せな 日々の中、突然、母が帰ってきたーー。

主演には、主演デビュー映画「最低。」が話題となり、初単独主演を果たした本作 で恋や仕事に奮闘する千代里を好演する山田愛奈さん。
さらに、挿入歌「おいしい声」 で歌声も披露している。千代里と生活をともにする料理人・アサダに実力派俳優・ 和田聰宏さん。
わだかまりを抱える母親・麗子役に高橋由美子さん。

幼なじみ役に渡辺佑太朗さん。
その他、角替和枝さん、小倉一郎さん、MEGUMIさん、森下能幸さん、小倉優香さん、新潟出身のマッスル 坂井さんなどの個性派が脇を固めています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『いつも月夜に米の飯』
物語・・・
新潟で居酒屋を営む母の元を離れ、東京の高校に通う女子高生・千代里(山田愛奈)。夏休み間近のある日、母親・麗子(高橋 由美子)が突然失踪したという知らせを受ける。女手一つで千代里を育てた麗子は、昔から男癖が悪く、自由奔放。そんな母親へのわだ かまりを抱えつつも新潟に戻ると、そこには店を守ろうとする料理人のアサダ(和田聰宏)がいた。女将として働くこととなり、地元の 個性豊かな客たちを相手にしながら、徐々に心を開き、仕事にも慣れていく千代里は、次第にアサダに心惹かれていく。そんな幸せな日々 の中、突然、母が帰ってくるー。

公式HP:itsukome.com

***********************************

監督・脚本:加藤綾佳

山田愛奈 和田聰宏 高橋由美子 渡辺佑太朗 春花 MEGUMI 西山宏幸 森下能幸 マッスル坂井(友情出演) 飯田孝男 小倉優香 山川未菜 宮城大樹 山本直寛 山口岳彦 内田周作]/小倉一郎/角替和枝

主題歌;吉澤嘉代子「雪」(e-stretch RECORDS/日本クラウン)
挿入歌: SOROR feat. 山田愛奈『おいしい声』


撮影監督:与那覇政之
録音:國分玲
衣装 :こんかおり
ヘアメイク:久乃
美術:畠山和久
フードスタイリスト:前田かおり
スチール:内堀義之
音楽:百瀬巡
プロデューサー:和田紳助
企画:直井卓俊
挿入歌『おいしい声』SOROR feat.山田愛奈
製作:「いつも月夜に米の飯」製作委員会
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
カラー
5.1ch/16:9/104分
©2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会
    


篠原涼子VS芳根京子『今日も嫌がらせ弁当 』追加キャストに佐藤隆太、松井玲奈、佐藤寛太


映画情報どっとこむ ralph 篠原涼子VS芳根京子 主演映画『今日も嫌がらせ弁当 』2019年初夏全国公開することが決定。

本作は、八丈島に住むシングルマザーかおりが、高校生で反抗期の 娘・双葉に仕掛けたキャラ弁をめぐる母娘バトルの実話エッセイの映画化です。この度、追加キャストとして佐藤隆太さん、松井玲奈さん、佐藤寛太さんの出演が発表となりました。


佐藤隆太さんは東京に住むシングルファーザーの岡野信介を演じるています。半年前、妻に先立たれ幼稚園になる息子を男手ひとつで育てる信介は、かおりのお弁当ブログの読者という役。

松井玲奈さんは、 主人公の篠原涼子さん演じる八丈島に住むシングルマザー持丸かおりの娘で、芳根京子さん演じる反抗期の高校生の娘・ 双葉の姉・若葉を演じています。母と妹の壮絶バトルの間で2人の橋渡しをできるのか!?

劇団EXILEメンバー佐藤寛太さんは、双葉の幼馴染の山下達雄役。三度の飯より八丈太鼓が大好きな天然ボーイ。双葉(芳根)はそんな達雄の太鼓に打ち込む姿が なんとなく気になる様子。双葉と達雄の恋の行方は?

塚本連平監督(『僕たちと駐在さんの700日戦争』『レオン』)が脚本もを務め八丈島の雄大な 自然の中で暮らす登場人物をユーモラスに生き生きと描きます。

映画情報どっとこむ ralph 新たに加わった豪華キャストを巻き込み、母と娘のお弁当バトルはますます激化!!母・かおりと娘・双葉、 果たしてどちらに軍配が!??篠原涼子が新たな母親像を打ち立てる注目作

今⽇も嫌がらせ弁当

2019年《初夏》全国公開
ついに始まった娘の反抗期。生意気な態度や無視を繰り返す 娘に対して“仕返し”をするべく、母親が選んだ武器は…お弁当!! 娘の高校入学から卒業までの3年間にわたる母娘バトルが始まる! 原作は、Amebaブログ【デイリー総合ランキング】1位に輝いた 「ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」。 特に反響の大きかったお弁当と日記を抜粋して書籍化されたエッセイ 「今日も嫌がらせ弁当」(三才ブックス刊)は発行部数シリーズ累計 20万部を突破し大ヒット。本作は、その実写映画となりエッセイを 基に映画オリジナルの物語で脚色されたストーリーとなります。

公式サイト:
www.iyaben-movie.com

***********************************

出演 :篠原涼子 芳根京子 松井玲奈 佐藤寛太 /佐藤隆太
原作:「今日も嫌がらせ弁当」(三才ブックス刊)

監督・脚本:塚本連平
配給:ショウゲート
©映画「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
   


野尻克己 劇場映画初監督作品『 鈴木家の嘘 』 ティザービジュアル・予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』が11月16日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開することが決定いたしました。

公開日決定に合わせ、ティザービジュアルおよび30秒予告が完成しました。

“作家主義” “俳優発掘” をテーマに『滝を見にいく』(沖田修一監督)、『恋人たち』(橋口亮輔監督)、『ピンカートンに会いにいく』(坂下雄一郎監督)などを生み出して来た松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾となる『鈴木家の嘘』。本作は、橋口亮輔監督(『恋人たち』)、石井裕也監督(『舟を編む』)、大森立嗣監督(『セトウツミ』)ら、数多くの作品で助監督を務めてきた野尻克己さんの劇場映画初監督作で、脚本もみずから手掛けたオリジナル。

鈴木家の家長である父・幸男役に岸部一徳さん、母・悠子役に原日出子さん、ひきこもりの長男・浩一役に加瀬亮さん、鈴木家の長女・富美役に、ワークショップを経て400名もの応募者から選ばれ、瀬々敬久監督作『菊とギロチン』でもヒロインを務める新星・木竜麻生さん。そのほか、岸本加世子さんや、大森南朋さんら演技派が脇をかためています。

30秒予告では、ひきこもりの長男・浩一の死にショックを受け、記憶を失った母に「お兄ちゃん、ひきこもりやめてアルゼンチンで働いてる!」という衝撃の嘘をつく場面からはじまる。母のために嘘をつく鈴木家だったが、嘘を積み重ねていくにつれ、家族それぞれ胸の内に隠していた長男への想いが溢れ出していく。家族が向き合い一歩ずつ前に進もうとする様子が観る者の胸を熱くする30秒予告となっている。



映画情報どっとこむ ralph この度解禁となったティザービジュアルでは、テーブルを囲む鈴木家が写し出され、母一人笑顔を見せる一方、他3人には複雑な空気が漂う。

しかし、

“母の笑顔を守るため、私たちは嘘をつく。”

というコピーは、なにかを決意した父と長女の表情を際立たせ、鈴木家のこれからの未来を想像させるビジュアル。


映画情報どっとこむ ralph 鈴木家の嘘

11月16日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!

公式サイト:
www.suzukikenouso.com


あらすじ
あまりにも突然に訪れた長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。

ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、

悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぐ感動作。

***********************************

監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮  岸本加世子 大森南朋
製作:松竹ブロードキャスティング

制作プロダクション:ハーベストフィルム 
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド 
©松竹ブロードキャスティング