「家族」カテゴリーアーカイブ

倉科カナ・立川談春・宅間行監督登壇!映画『あいあい傘』舞台挨拶付き一般試写会


映画情報どっとこむ ralph いよいよ10月26日(金)より、TOHOシネマズ日比谷をはじめ、全国公開される映画『あいあい傘』。主演の倉科カナ演じるさつきが、恋園神社のある小さな田舎町へ、25年前に姿を消した父の六郎(立川談春)を探しにやってくる物語の本作。

本日15日(月)、会いたくても会えなかった親子役を演じた倉科カナと立川談春が、一般試写会(報知新聞主催)に登壇いたしまた! 初めて親子そろっての舞台挨拶となります。さらに原作となった舞台と監督・脚本を務める、宅間孝行監督も登壇。舞台挨拶では、撮影時のエピソードや作品に込めた思いなどを語っていただきました。


『あいあい傘』 舞台挨拶付き一般試写会
日程:10月15日(月)
場所:よみうりホール
登壇:倉科カナ(高島さつき役)/立川談春(東雲六郎役)/ 宅間行監督

映画情報どっとこむ ralph
■倉科カナ(高島さつき役)コメント
役者として自分となかにある経験を活かした演技をしてみたと思っていたところに『あいあい傘』のお話をいただきました。主人公であるさつきと私との共通点があり、とてもご縁を感じ出演することを決めました。

「父に会いにいく」というシンプルな気持ちを大切にしながらさつきを演じました。演じ終えて私も救われた気がしました。
今日はお越しいただきありがとうございます。本作はたくさん愛の詰まった人間味のある映画となっております。大切にしたいと思っているはずなのに忘れてしまっている存在がみなさんにもいると思います。この映画を観終えた後に、すこし立ち止まってその人に愛を伝えていただければと思います。

■立川談春(東雲六郎役) コメント
お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。下町ロケットに出ていた僕を観たプロデューサーにキャスティングしていただき、何度かオファーを断ったのですが熱意に押され、こうして出演させていただいたことにご縁を感じております。

“涙笑”と書いて、“縁(えにし)”と読む言葉を考えました。泣いたあとにもちょこっと笑いたい。そうすると明日も頑張ろう。って思える。縁というのは泣いても笑っても繋がるときはつながるし、切れるときは切れます。そういう意味を込めて考えました。この映画も僕と倉科さんが対面する素晴らしいシーンも含めて、笑って泣ける作品です。観終わったあとに両親や家族にメールではなく電話の1本も入れてあげてください。

■宅間孝行監督 コメント
映画は企画してもポシャることが多いですし、撮影してもお蔵入りすることもある。なので、こうして舞台挨拶までくれば、もう公開できるだろうと思うと安心しますね。後々になって知ったことなんですが、この映画の中のように、僕が子供の頃に住んでいた場所と、談春さんが初めて弟子入りして住んでいた練馬区の場所が100メール近辺で、すれ違っていたんだろうなと。ご縁ですよね。

映画情報どっとこむ ralph あいあい傘』 

10月26日(金)より TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー


公式サイト:
aiai-gasa.com  

公式Twitter:
https://twitter.com/aiaigasamovie


物語・・・
生き別れてしまった父と娘の切なくも心に沁みる5日間の物語

恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつき(倉科カナ)は25年前に姿を消した父の六郎(立川談春)を探しにその町へやって来た。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎(市原隼人)と出会い、祭りの取材をしたいという嘘をついて町を案内してもらうことにする。散策しながら次第に明らかになる現在の六郎の生活。さつきは意を決して、父の新しい家族──奥さんの玉枝(原田知世)と彼女の一人娘に会いに行こうとする。

***********************************

倉科カナ 市原隼人
入山杏奈 高橋メアリージュン やべきょうすけ
布川隼汰 永井大 金田明夫 大和田獏 / トミーズ雅
立川談春 原田知世
監督・脚本:宅間孝行
主題歌:竹内まりや『小さな願い』
(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:S・D・P
©2018映画「あいあい傘」製作委員会


映画『あいあい傘』倉科カナ、トミーズ雅、宅間孝行監督が京都国際映画祭に登場!


映画情報どっとこむ ralph この秋、大人たちをやさしい 涙で包み込む。映画『あいあい傘』は 10月26日(金)より全国ロードショーとなります。

そして本日 10 月 11 日(木)に京都・西本願寺にて開幕した京都国際映画祭 2018 のレッドカーペットに、 宅間孝行監督、倉科カナ、トミーズ雅が登場しました!

世界文化遺産である西本願寺の境内に敷かれたレッドカーペットを歩いた3 名。


その後のマスコミ取材を受けた 倉科カナは「このような素晴らしい場に、『あいあい傘』という素晴らしい映画でレッドカーペットを踏むこと ができて本当に光栄に思います。」とコメント。 『あいあい傘』チームが京都国際映画祭の開幕に花を添えた華々しいイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph
宅間監督コメント
「映画を作っている時に、“クールジャパン”という部分に拘りをもって作りました。小道具や映 像など日本を意識できるような作りになっていると思います。日本のいいところが沢山出てくる のでそこを見て頂きたいです。」


倉科カナさんコメント
「本作の撮影は1シーン1カットの長回しで撮ることがとても多く、そこはキャスト監督含め素 晴らしい緊張感と熱量をもって挑んだ部分です。自分の中ではとても思い入れのある作品で、ご 覧になられた方が見終わった後にどんな人の顔が浮かぶのか、どんな風に感じ取って頂けるのか とても気になります。この作品を見て頂いた方が日々の忙しい生活の中で、少し足を止めて大切 な人について考えて頂けると嬉しいです。」

トミーズ雅さんコメント
「芸人という立場ですが、レッドカーペットを踏めて本当に嬉しく思います。試写で映画を見ま したが、本当にいい映画で泣きました。この映画を見て泣かない人は病院に行った方がいいと思 います。(笑)それぐらい素晴らしい映画なので、泣きたい方は是非見て頂きたいです。」

映画情報どっとこむ ralph 家族に「愛している」と伝えられることが、どれだけ幸せなことなのかー。当たり前だと思っていた日常をと ても愛おしく感じる、家族を大切に想える映画が誕生しました。『あいあい傘』は、逢いたいのにずっと逢えず にいた父と娘の愛にあふれた 5 日間の物語です。


映画『あいあい傘』

映画公式サイト :
https://aiai-gasa.com/

映画公式 Twitter :
https://twitter.com/aiaigasamovie

10月 26 日(金)より全国ロードショー!

物語・・・
恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつきは 25 年前に姿を消した父の六郎を探しにその町へやって来ます。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎と出会ったさつきは、「 祭りの取材をしたい」と嘘をついて彼に町案内をしてもらうことに。清太郎を通じて、六郎がどんな生活を送っているのかを知ったさつきは、意を決して、父の新しい家族、奥さんの玉枝と彼女の一人娘に会いに行こうとします。会いたくても会えなかった父と娘の本当の想いは届くのか…。

***********************************

キャスト:倉科カナ 市原隼人 立川談春 原田知世 ほか
監督・脚本:宅間孝行
主題歌:竹内まりや『小さな願い』(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:SDP
公開日:10月 26 日(金)ロードショー
©2018 映画「あいあい傘」製作委員会


倍賞千恵子 藤竜也 映画初共演『初恋〜お父さん チビがいなくなりました』特報到着


映画情報どっとこむ ralph 結婚 44 年の夫婦の秘めた想いと愛を描き「泣ける!」「こんな夫婦になれたら」と話題を呼ん だ西炯子の人気漫画を倍賞千恵子、藤竜也の映画初共演で映画化した『初恋〜お父さん チビがいなくなりました』が来年春に公開となります。


この度、解禁となった特報。

「最近、夫が話を聞いてくれない」「夫を呼んでも振り向かない」 「話し相手は猫だけ」という、妻の不満の声がダダ洩れになり、ついには娘に「お父さんと離婚しよ うかと思っている」と思わず本音を漏らす様子がコミカルに映し出されています。そして一転、シリ アスな表情の妻が「お話があります」と夫に告げ、「結婚 50 年目、ずっと伝えたかった想いを今」 という意味深な言葉で終わります。妻は何を夫に告げるのか。

妻である有喜子を演じた倍賞千恵子さんが「私たちの年代はもちろんですが、 もっと若い方々 がご覧になっても、結婚や夫婦でいることを考える良いきっかけになる作品じゃないかと思いま す。」と語るように、実はパートナーに不満を抱いていて爆発しそう!とこっそり思っている人の共 感を呼ぶこと必至。


『初恋〜お父さん チビがいなくなりました』
2019 年春 全国ロードショー
chibi-movie.com

物語・・・
結婚して 50 年。これからも一緒にいるために。今始まる夫婦の感動のラブストーリー 3 人の子供が巣立ち、人生の晩年を夫婦ふたりと猫一匹で暮らしている勝と有喜子。平穏な暮らしの中で、妻・有喜子はある不 安を抱えていた。そして娘・菜穂子に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。そんな時、有喜子の心の拠り所だった猫のチ ビが姿を消してしまい、有喜子の気持ちは追い詰められていく。妻はなぜ、離婚を言い出したのか。その言葉を受け取った夫が妻 に伝えることとはー


原作について
『お父さん、チビがいなくなりました』は、映画化もされた『娚の一生』をはじめ,『姉の結婚』『初恋の世界』など、30 代の女性を中心に 幅広い層に高い人気を誇る漫画家・西炯子が、老夫婦の秘めた想いと愛を描いた作品。「増刊フラワーズ」に掲載され、コミックスは 1 巻完結。「泣ける」「こんな愛のある夫婦になりたい」といった声が次々と寄せられる、感涙必至の感動作。

***********************************


倍賞千恵子 藤 竜也 市川実日子 / 佐藤流司 小林且弥 優希美青 濱田和馬 吉川 友 小市慢太郎 西田尚美 / 星由里子 監督:小林聖太郎 脚本:本調有香 原作:西炯子「お父さん、チビがいなくなりました」(小学館フラワーコミックスα刊)

制作:ビデオプランニング
配給:クロックワークス
©2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会


鉄拳のパラパラ漫画原作で岡田将生主演『家族のはなし』予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 鉄拳のパラパラ漫画原作で岡田将生主演、家族の大切さをストレートに表現した心温まる作品『家族のはなし』11月23日(金・祝)よりイオンシネマほか全国ロードショーとなります。


その予告編が解禁です!

世界初!!鉄拳原作のパラパラ漫画と実写映像が融合!

この度解禁された予告編では、岡田将生演じる拓也が、大学進学のために上京したものの、両親に内緒で大学を辞めバンドでプロになるが挫折し、3年ぶりに帰郷することに。足を怪我して期待されていた陸上の道が閉ざされた過去もあり、これまでも様々な困難に必死にくらいついてきた拓也だが、その苛立ちから、仲間や父親に当たり散らす。いつもは優しく隣で接してくれる成海璃子演じる地元の同級生明日香にすら「負け犬じゃん」と厳しく言われる場面も。そんな中、自分勝手に生き、バンドデビューを秘密にしていた自分をずっと両親は密かに応援していてくれたことを知り、それをきっかけに拓也にささやかな奇跡が起こる。挫折を経験しながらも人生を必死に生きる拓也と、そんな彼をそっと見守る両親の不器用だけど温かい愛に変わらぬ家族のカタチを再確認させてくれるほろ苦くも温かい予告編となっています。



映画情報どっとこむ ralph また本公開に先駆け、10月11日から始まる京都国際映画祭(http//Kiff.kyoto.jp/)にて10月14日9時30分からの舞台挨拶(劇場はイオンシネマ京都桂川)に岡田将生の舞台挨拶登壇も決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『家族のはなし

は11/23(金・祝)よりイオンシネマにて全国ロードショー!(一部劇場を除く)

公式HP:
http://kazokunohanashi.official-movie.com/

“お父さんが大好きだった僕”に出会える切なくも心温まるストーリー!!
リンゴ作り一筋。葛藤し成長していく息子を不器用ながらもじっと見守る主人公拓也の父親・小林徹を時任三郎が演じ、そんな父と息子を見守る優しい母親・小林愛子役には財前直見、また拓也に時には厳しく時には優しく隣で助言をする地元の同級生・明日香役に成海璃子と豪華共演者がそろい、主演の岡田将生とともに、家族の物語を彩ります。

人生を必死に生きる青年と、そんな彼をそっと見守る両親の不器用で面倒くさくて、けど温かい、家族の姿を描く。
本作は、2013年に信濃毎日新聞との企画として発表されたパラパラ漫画、待望の実写映画化。原作の鉄拳がアートディレクターとしても参加。パラパラ漫画自体は第17回「アジア太平洋広告際」でフィルム部門・プレス部門をW受賞し、“涙が止まらない”とネット上をはじめ各所で話題を集めた。監督は、WOWOW「海に降る」やNHK「絆~走れ奇跡の小馬」の山本剛義が務め、主題歌&劇中楽曲を新進気鋭のバンド・サイダーガールが担当。また金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉が脇を固めている。

物語・・・
リンゴ農園を営む優しい両親とその一人息子・拓也。上京しバンド活動を営むが挫折。そんな彼を優しく見守る両親。しかし、両親の気持ちを疎ましいと感じ、苛立ちを常にぶつけてしまう。大学中退の秘密を持って帰郷した拓也だが、父、徹も拓也に言えない秘密があって―。

***********************************

監督:山本剛義(WOWOW『海に降る』、NHK『絆~走れ奇跡の子馬~』)
出演:岡田将生、成海璃子、金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉/財前直見、時任三郎
日本/2018年/80分
制作:よしもとクリエイティブエージェンシー MBS 
制作プロダクション:ドリマックス・テレビジョン
配給:KATSU-do 
製作:吉本興業 MBS VAPユニバーサル・ミュージック
Ⓒ「家族のはなし」製作委員会


『万引き家族』日本映画初!アジア人初第55回アンタルヤ国際映画祭<監督賞>受賞!!


映画情報どっとこむ ralph 既に公開スタートから4ヶ月目を迎えた今も全国で大ヒット公開中の『万引き家族』。

そして、この度、トルコのアンタルヤで開催中の第55回アンタルヤ国際映画祭(開催期間:9月29日(土)~10月5日(金)[現地時間])にて、コンペティション作品として出品され、<作品賞、監督賞、男優賞、女優賞>の4部門にてノミネートされている本作ですが、この度、監督賞を受賞しました!!

これは日本映画初!アジア人初の快挙となります!

日本時間10月6日(土)AM2:00(現地時間10月日5(土)20時)に行われた授賞式には、是枝監督に代わりリリー・フランキーさんが登壇。受賞結果が発表されると、場内は割れんばかりの拍手に包まれました。

トロフィーを受け取って

リリーさん:国とか言葉を超えて、一つの映画が世界に繋がること、それは1番素晴らしいことだと思います。それを是枝監督がやったことを誇りに思います。Thank you very much

とコメントしました。


現地時間10月4日(木)夜には、トルコで初となるプレミア上映が行われ、会場の800の席が満席。
チケットはソールドアウト。上映後は会場から拍手がわき、観た多くの人の目には涙が。
トルコの観客にも深い感動が響き渡りました。
  
映画情報どっとこむ ralph ▼第55回アンタルヤ国際映画祭概要
2018年9月29日(土)~10月5日(土)[現地時間]開催。アンタルヤは、トルコ南西部アンタルヤ県の県都。
地中海に面したリゾート地として人気がある風光明媚な港町です。アンタルヤ国際映画祭は、
トルコで初めて確立された国際映画祭となります。
日本映画では昨年2017年(第54回)に河瀨直美監督『光』がコンペティション部門にてノミネート、
公式上映が行われました。

『万引き家族』絶賛公開中

公式HP:gaga.ne.jp/manbiki-kazoku
公式twitter:@manbikikazoku


<STORY>
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。
彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。
足りない生活費は、万引きで稼いでいた。
社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。
冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。
体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。
だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく。

***********************************


原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)

出演:リリー・フランキー 安藤サクラ 
  松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ
緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 / 柄本明
高良健吾 池脇千鶴 / 樹木希林
配給:ギャガ
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.