「家族」カテゴリーアーカイブ

『ステップ』山田孝之の願望実現!?柔軟剤CM風特別映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 大切なものを失った人たちの”10年間“の足跡を描いた感動作「ステップ」が、遂に4月3日(金)より全国公開する。主演は山田孝之。監督は飯塚 健。

試写後のSNSでは「予告だけで泣ける」「山田孝之さんのパパ姿がとても楽しみ」と期待の声が続出している本作。

3月5日に開催された完成記念トークショーでは、これまで個性的な役柄を数多く演じてきた山田が、自ら「今回は演じていません。遂に“素”の山田を出しました」と発言したことでも話題に。さらに、20代の頃はエキセントリックなことにも多数チャレンジしてきたが「そろそろキャラの限界を感じてきたので…」と、今後は柔軟剤のCM出演を望んでいることを告白。
『ステップ』山田孝之の願望実現_柔軟剤CM風特別映像解禁

映画情報どっとこむ ralph この度解禁となった映像では、完成記念トークショーでの山田の発言シーンを中心に、「私の方が柔軟剤のCM向き!」と笑顔を見せる広末涼子、「隣のおじさんはいりませんか?」と茶目っ気たっぷりに語る國村 隼ら、共演者たちのノリノリのコメントを収録。その後、登壇中の発言を受けて公式で“本当に制作された”CM風映像が展開されている。映画本編に登場する、山田演じる主人公・健一が洗濯物を干すシーンや、広末演じる健一の同僚・奈々恵が会議で発言するシーンに「がんばるパパ、がんばるママ、そんなみんなを応援したい。やさしく香る『ステップ』」というナレーションが重なり、さわやかな健一たちの姿と相まって、まるで本当の柔軟剤のCMのような仕上がりに!映像の最後には、カメラに向かって「(CMのオファーを)お待ちしております」とアピールする山田と広末の姿も登場し、思わず笑える特別映像が完成した。

映画本編は、男手一つでの育児と仕事の両立に葛藤しながらも、亡き妻が残してくれた周囲との絆の大切さを噛み締めながら生きていく、健一を中心に物語が展開。娘・美紀の保育園から小学校卒業までの 10 年間。様々な壁にぶつかりながら、前を向いてゆっくりと<家族>への階段を上る彼らの姿に、誰もが自分の記憶・経験を重ね合わせ、優しく、そして、温かく心が動かされるはず─。観る人の心に大切な何かをもたらす、映画『ステップ』は4月3日(金)全国ロードショー!

映画情報どっとこむ ralph 映画「ステップ」

公式サイト:
www.step-movie.jp
公式SNS:
@step2020movie #ステップ

『ステップ』山田孝之

あらすじ
健一はカレンダーに“再出発”と書き込んだ。始まったのは、2歳半になる娘・美紀の子育てと仕事の両立の生活だ。
結婚3年目、30歳という若さで突然妻を亡くした健一はトップセールスマンのプライドも捨て、時短勤務が許される部署へ異動。何もかも予定外の、うまくいかないことだらけの毎日が始まった。そんな姿を見て、義理の父母が娘を引き取ろうかと提案してくれたが、男手一つで育てることを決める。妻と夢見た幸せな家庭を、きっと天国から見ていてくれる妻と一緒に作っていきたいと心に誓い、前に進み始めるのだ。美紀の保育園から小学校卒業までの10年間。様々な壁にぶつかりながらも、前を向いてゆっくりと<家族>への階段を上る。泣いて笑って、少しずつ前へ。

***********************************

原作/重松 清「ステップ」(中公文庫)
監督・脚本・編集/飯塚 健(『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』、『笑う招き猫』、『虹色デイズ』)
出演/山田孝之、田中里念、白鳥玉季、中野翠咲、伊藤沙莉、川栄李奈、広末涼子、余 貴美子、國村 隼 ほか
主題歌/秦 基博「在る」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)
製作プロダクション/ダブ
配給/エイベックス・ピクチャーズ 
(C)2020映画『ステップ』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『映画クレヨンしんちゃん』ゲスト声優ラクガキ応援大使たちのモーレツ!な絵心、大激突!!


映画情報どっとこむ ralph 1990年より「漫画アクション」で連載が開始され、その後1992年にアニメが放送されて以来、長い間愛され続けている国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」。映画シリーズも毎年大ヒットを記録し続け、全国の老若男女に笑いと感動を届けています。そして今年も大人気シリーズ28作目となる最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』が4月24日(金)に公開いたします‼
『映画クレヨンしんちゃん』タイトルロゴ
今回のしんちゃんの舞台の始まりは、地上のラクガキをエネルギーに浮かぶ王国・ラクガキングダム。ところが地上では時代の流れかめっきりラクガキが減り、王国は崩壊の危機に直面していた。「ラクガキングダム」の王国軍は国の命運をかけて無理やり人間にラクガキをさせる作戦「ウキウキカキカキ作戦」を決行し地上への進撃を開始!その下にはなんとしんのすけたちが暮らす春日部が…!! しんのすけはひょんなことから手に入れた、描いたものが実現する“ミラクルクレヨン”で描いた“ほぼ四人の勇者”たちと共に、無事春日部を救うことができるのか!? 
笑いと感動の渦に巻き込むラクガキパニックムービーここに参上!
『映画クレヨンしんちゃん』アイコン
映画情報どっとこむ ralph 今回、本作で登場する多様なラクガキのなかにゲスト声優の山田裕貴さん、りんごちゃん、さらにラクガキ応援大使のきゃりーぱみゅぱみゅさんによるラクガキが登場することが明らかになりました!!
クレヨンしんちゃんラクガキ画像(山田さん、りんごちゃん、きゃりーさん)

既に発表されておりますゲスト声優として空に浮かぶ王国・ラクガキングダムの防衛大臣役には俳優・山田裕貴さん。一人三役で演じる「ウキウキカキカキ作戦」の指導官リンゴ・イチゴ・メロン役には七色のモノマネボイスを持つりんごちゃん。声優初挑戦となるお二人が描いたラクガキも本作に登場いたします!さらに、しんのすけに“ミラクルクレヨン”託すラクガキングダムの姫役にはテレビシリーズへの出演や劇場版の主題歌を担当するなどクレヨンしんちゃんと深い関わりを持つきゃりーぱみゅぱみゅさん。今回の出演を皮切りに本格的な声優活動を始動させるきゃりーさんの幅広い活躍に期待が高まりますが、大のしんちゃんファンを公言しているきゃりーさんは映画のテーマにちなんで「ラクガキ応援大使」に就任することも決定しており、本作のために描いたラクガキも劇中に登場いたします!
ラクガキについてそれぞれ思い出を聞くと、絵は下手かもと言いつつもピカソのような独創性のある絵を描くのが好きという山田さん、絵を描くのが大好きで絵心に自信があるというりんごちゃん、教科書にパラパラ漫画を描いて周囲を驚かせ今でもラクガキしてしまうというきゃりーさんといった個性あふれる3名の方々による、各々育まれた絵心が爆発しています!!

お三方のラクガキを見て、しんのすけからのコメントも到着!山田さんの太陽のラクガキについては「ゆうきお兄さんのようなアツアツ〜ニコニコ〜な太陽!げいじゅつ!って感じがオラの心にも熱く伝わってきたゾ!」と山田さんの熱い気持ちをしっかり受け取った様子!次にりんごちゃんさんの犬のラクガキについて「あは〜ん、かわいいワンちゃん〜!モフモフ〜な感じがぷんぷんしてくるくらい、さいっこ〜なラクガキだゾ!」とその画力に称賛のコメント。最後にきゃりーさんのさくらんぼのラクガキについては「さくらんぼだゾ〜!オラときゃりーちゃんの様に二人でひ・と・つ❤︎な意味を含んでてオラ感動だゾ!」とこれまでにも共演を重ねてきたきゃりーさんとの絆の深さをコメント!描いたラクガキが実現するという“ミラクルクレヨン”を手にした勇者・しんのすけも俳優・モノマネタレント・アーティストによる独特な画力に驚愕です。

そして、最後にしんのすけは「オラもラクガキにはそーとー自信あったんだけど、みんなのラクガキもなかなかやりますなぁ〜!これは、ミラクルクレヨンに選ばれちゃってもおかしくない、ばくはつ〜なげいじゅつばかりだゾ!みんな映画をみて探してみれば〜」と本作の公開を待つファンたちへコメントしました。
本作はミラクルクレヨンで描かれた最強?のラクガキ、ぶりぶりざえもん、ニセななこ、ブリーフのほぼ四人の勇者による春日部奪還冒険譚です!勇者たちの前に一体どのようにして4名のラクガキが現れるのか!?令和の画伯がここに誕生!?永遠に語り継がれる名画となるのか!?

映画情報どっとこむ ralph 『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』

4月24日(金)全国東宝系公開!

公式サイト:
http://www.shinchan-movie.com/

<STORY>
自由なラクガキをエネルギー源として空に浮かぶ王国、その名も「ラクガキングダム」
しかし、時代の流れか、近年地上でラクガキを目にすることも減り、王国はエネルギー不足により滅びようとしていた…。
「ラクガキングダム」の王国軍は国の命運をかけて、地上への進撃を開始!!
その下にはなんと、しんのすけたちが暮らす春日部が!!
描いたものが動き出す、王国の秘宝「ミラクルクレヨン」を与えられし勇者は…まさかの“ちょ~お気楽5歳児”野原しんのすけ!!果たしてしんのすけは、ほほ~いと描いたラクガキたちと世界をお助けできるのか!?
クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者

***********************************

原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:京極尚彦『ラブライブ!』『宝石の国』
脚本:高田亮『婚前特急』『そこのみにて光輝く』・京極尚彦
製作:シンエイ動画・テレビ朝日・ADKエモーションズ・双葉社
声の出演:小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ、神谷浩史
声の特別出演:山田裕貴、りんごちゃん
ラクガキ応援大使:きゃりーぱみゅぱみゅ
主題歌:レキシ「ギガアイシテル」(ビクターエンタテインメント)
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

音を立てたら超即死『クワイエット・プレイス PARTⅡ』日本でも公開延期


映画情報どっとこむ ralph 音を立てたら超即死『クワイエット・プレイス PARTⅡ』は、この度、5月8日(金)に公開を予定していましたが、全世界の公開延期を受けまして、日本も公開延期を決定しました。新たな公開日に関しては、改めて発表となるそうです。

「音を立てたら、“超”即死」の世界を舞台に描く、“沈黙”のサバイバルバトルの幕開けにぜひご注目ください!

『クワイエット・プレイス PARTⅡ』

映画情報どっとこむ ralph 映画『クワイエット・プレイス PARTⅡ』
(原題:A Quiet Place: Part II)

#音を立てたら超即死
#AQuietPlace

公式サイト:
https://quietplace.jp/

公式Twitter:
@Quietplace_JP

L-r, Marcus (Noah Jupe), Regan (Millicent Simmonds), and Evelyn (Emily Blunt) brave the unknown in “A Quiet Place Part II.”L-r, Marcus (Noah Jupe), Regan (Millicent Simmonds), and Evelyn (Emily Blunt) brave the unknown in “A Quiet Place Part II.”
出演キャストは前作同様、母親・エヴリン役を実力派女優エミリー・ブラント、自身も役柄と同じ聴覚障害を持つ『ワンダーストラック』の新星ミリセント・シモンズ、本作や『フォードVSフェラーリ』で活躍中のノア・ジュプが娘・リーガン役と息子・マーカス役で引き続き出演。実生活でもエミリーと夫婦で知られ、前作で夫・リー役&監督をつとめたジョン・クラシンスキーが同じくメガホンをとります。そして、新キャストでは、一家が出会う謎の生存者として『ダンケルク』(17)、『ダークナイト ライジング』(12)のキリアン・マーフィ、他『ブラッド・ダイヤモンド』(06)、『キャプテン・マーベル』(19)のジャイモン・フンスーが加わり、どのようなストーリーが展開するのか期待が高まっている本作。

***********************************

監督・脚本・製作・出演:ジョン・クラシンスキー
製作:マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラ-
出演:エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ、キリアン・マーフィ、ジャイモン・フンスー 
配給:東和ピクチャーズ
(C) 2019 Paramount Pictures. All rights reserved. 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

オダギリジョー脚本を新幹線の中で読み感動「泣いちゃいました」『酔うと化け物になる父がつらい』


映画情報どっとこむ ralph アルコールに溺れる父を持った作者・菊池真理子の実体験に基づくコミックエッセイを原作とした、『酔うと化け物になる父がつらい』が新宿武蔵野館ほかにて全国公開中です。

今回、渋川清彦演じる父・トシフミと、浜野謙太演じる同僚・木下がランチを食べながら話す劇中の重要なシーンで、“食堂の店員役”として本作に出演しているオダギリジョーのキャラクター写真とメイキング写真が解禁。
酔うと化け物になる父がつらい_オダギリジョー
オダギリジョーと片桐監督は、監督長編映画デビューとなった『ルームロンダリング』(18)に出演して以来二度目のタッグ。
プライベートでも親交の深いオダギリを“特別な人”と表現する片桐監督は、「演じてもらうだけでなく、作品の内容を相談できる数すくない表現者です。」と語り、『酔うと化け物になる父がつらい』の脚本が完成した後、すぐにオダギリに送ったそう。オダギリはその脚本を地方へ向かう新幹線の中で読み、「泣いちゃいました」「お手伝いできることがあれば」片桐へメッセージを送ったという。その言葉を受け、今回のキャスティングが実現。片桐は「贅沢なキャスティングをさせていただきました」と振り返った。
酔うと化け物になる父がつらい_オダギリジョー

映画情報どっとこむ ralph 『酔うと化け物になる父がつらい』

映画公式HP:
https://youbake.official-movie.com/

本作で主人公・田所サキを演じるのは、TBS日曜劇場「この世界の片隅に」(18)で注目を浴びて以降、主演映画が立て続けに公開され目覚ましい活躍をみせる女優・松本穂香。自分の気持ちに蓋をするサキの感情の機微を、繊細な演技で体現しています。

酔うと“化け物”になるサキの父・田所トシフミを演じるのは、唯一無二の存在感で名バイプレーヤーとしても名高い演技派・渋川清彦。サキを苦しめる存在でありながらも、どこか憎みきれない雰囲気を感じさせます。さらに、ともさかりえ、今泉佑唯、恒松祐里、濱正悟、浜野謙太といった個性豊かな俳優陣が集結しました。

メガホンを執るのは、第101回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞監督賞を受賞するなど話題を集めたドラマ24「きのう何食べた?」(19/TX)でも監督を務めた新鋭・片桐健滋。また、3人組お笑いユニット「ザ・プラン9」の久馬歩も共同で脚本を担当。「涙がとまらない」と圧倒的な反響を呼んだ原作の雰囲気を守りつつ、オリジナル要素を加え、つらい体験や哀しい出来事をコミカルに仕上げました。
酔うと化け物になる父がつらい

【ストーリー】
うちの“常識”は、いつだってよその“非常識”。
日曜日、夏休み、クリスマス。思い出の父はいつも酔っていた。
普段は無口で小心者なのに、酔うと“化け物”になる父と、新興宗教にハマる母。一風変わった家庭で育った主人公のサキは、“化け物“のおかしな行動に悩まされ、徐々に自分の気持ちに蓋をして過ごすようになる。自分とは正反対で明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられ、家族の崩壊を漫画として笑い話に昇華しながらなんとか日々を生きるサキ。そんなある日、アルコールに溺れる父に病気が見つかってしまう-。知っているようで、何も知らなかった父のこと。サキが伝えたかった、本当の気持ちとは?

***********************************

松本穂香 渋川清彦
今泉佑唯 恒松祐里 濱 正悟
安藤玉恵 宇野祥平 森下能幸 星田英利 オダギリジョー
浜野謙太 ともさかりえ

原作:菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
監督:片桐健滋  脚本:久馬 歩 片桐健滋  音楽:Soma Genda 
主題歌:GOOD ON THE REEL「背中合わせ」(lawl records)
制作:MBS よしもとクリエイティブ・エージェンシー 制作プロダクション:CREDEUS
配給:ファントム・フィルム 
製作:吉本興業 MBS ユニバーサル ミュージック 秋田書店 VAP ファントム・フィルム
©菊池真理子/秋田書店 ©2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ついに“素”の山田孝之が観られます!『ステップ』完成記念無観客トークショー


映画情報どっとこむ ralph 大切なものを失った人たちの”10年間“の足跡を描いた感動作「ステップ」が、遂に4月3日(金)より全国公開する。

この度、3月5日(木)に本作の完成を記念したトークショーを実施。主演の山田孝之をはじめ、國村 隼、広末涼子、伊藤沙莉、飯塚健監督が登場し、撮影当時の思い出や裏話について語った。
『ステップ』

『ステップ』完成記念トークショー
日時:3月5日(木)
場所:エイベックス・ピクチャーズ
登壇:山田孝之、國村 隼、広末涼子、伊藤沙莉、飯塚 健監督

映画情報どっとこむ ralph この日は当初舞台挨拶付き試写会を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の予防対策として中止に。

しかし映画や舞台挨拶を待ち望んでいた多くの人々にメッセージを届けるべく、キャスト・監督が集まりトークショーを実施、映画オフィシャルTwitterでも生配信が行われた。

主演の山田は、楽しみにしてくれていた人たちのためにも「いつもの8倍の元気でお送りしています!」と力強くコメントし、広末も「心配な毎日だと思いますが、『ステップ』は勇気や元気をもらえる映画だと思うので、ぜひ一人でも多くの方に見ていただけると嬉しいです」と語るなど、登壇者陣一同で現状が少しでも良くなることを願いつつ、映画の魅力をアピールした。

本作で、大切な妻を失い、仕事と育児の両立に悩みながら、小さな娘を育てるシングルファザーの健一を演じた山田。個性的な役柄を数多く演じてきた山田にとって、新鮮味すら感じられるキャラクターだが、本人は「今回は演じていません。20年間エキセントリックな役を演じ続けてきましたが、今回遂に“素”の山田を出しました!」と堂々の“素”宣言!健一役を引き受けたことについては、「単純に、妻を失って娘を育てるというのは経験したことがないので、どんな気持ちになるんだろうと。飯塚監督とは過去もご一緒していますが、笑いの要素が多かったので、そうではない作品を一緒に作ったらどんな映画になるんだろう、どんな現場なんだろうというところに興味があった」と、その理由を語った。

映画情報どっとこむ ralph
健一の義理の父で、健一と美紀を温かく見守る姿に胸を熱くさせる村松明を演じた國村は、そんな山田との共演で「素の山田君に引っ張られた」ことを告白。「脚本を読んで『明さんはチャイルディッシュだなあ』と感じていたのと、山田さんもそういう側面があったから、現場で引っ張られたんですかね」と自身の演技にも影響があったことを明かした。また、別の作品でも山田と共演歴のあるある國村は、「どんな現場でも役者・山田君の印象は変わらない。毎回役ごとに別人になる方なので、私自身もそういう風にありたいといつも思います」と山田を絶賛し、山田が照れる一幕も。山田もまた「國村さんとご一緒するときはいつもワクワクします。安心感があって嬉しいですね」と語り、“相思相愛”っぷりを見せつけた。


健一の同僚であり、過去に関わる秘密を抱えた奈々恵を演じた広末は、「抱えているものがあると慎重になりますし、だからこそなるべくフラットに演じたいと思っていました」と役への想いをコメント。また、事前に役者陣と顔を合わせる機会が無かったことから、役を作り込まずに現場に飛び込もうといざ行ってみたところ、「山田さん演じる健一が戸惑っている感じとか不器用な感じとか、それが役作りなのかご本人の性質なのかわからないですけど、すごく伝わってきて。それが自分の緊張感なのか、奈々恵としての戸惑いなのか?という空気が生まれたので、私も素に近かったかもしれないです」と、山田の影響で自身も “素”の状態を意識することがあったことを明かした。さらに、健一役に挑戦した山田について「イメージと違う役だったのですごく楽しみだったんですけど、この役が素だったというのをここで初めて聞いて、嬉しかったです!」と笑顔を見せた。
『ステップ』広末涼子、山田孝之
広末とは初共演となる山田は、「お会いするのはこの作品が初めてだったので、『広末涼子いる!』って本当に緊張してたんです。だから、素です!」とあらためて“素”をアピールした。

飯塚監督も、今回の山田を「初めて見る山田君でした。すごく大切なひとを亡くしたということを撮影中ずっと考えてくれているたたずまいで、大変そうでした」としみじみ振り返った。

映画情報どっとこむ ralph
幼少時代の美紀が通う保育園のケロ先生を演じた伊藤は、初めて脚本を読んだ時からこの役を演じることを熱望していたことを告白。「ケロ先生がやりたいですってずっと言っていて、言ったからには絶対にがっかりさせられないと思ったし、出番はそこまで多くないけど、健一さんと美紀ちゃん親子に伝えらえることってなんだろうと考えながら演じました」と思い入れの強さを語った。山田との共演については、「保育園のシーンでは、山田さんは見たことのないやわらかい顔をしていました。その前の作品では、やわらかくない人の役だったから(笑)初めて見る孝之さんでちょっと緊張しました。でもパパの顔をしているのってあまり見られないから、それはすごく新鮮で、陰からずっと見ていました」と、本作でのレアな山田と楽しんで向き合っていたことを語った。これに対し山田は、「20代の頃エキセントリックなことを色々やってきて、そろそろキャラの限界を感じてきたので…柔軟剤のCMとかも取りに行かなきゃいけないということもあり、今回オファーを受けさせていただきました」と会場を笑わせた。


そんな本作でメガホンを取った飯塚監督は、もともと重松清の原作小説「ステップ」の大ファン。熱い思いを綴った手紙を重松に送り、長い時間をかけて映画化を成し遂げた経緯を持ち、「特別な出来事はあまりないですが、子育てをしていくなかで、子供が寝がえりをうったりするだけでも劇的な変化だし、そういうことを丁寧に描ける作品だと思って、絶対映画化したいと思いました」とその思いを明かした。さらに「悲しい出来事があって、それを軸に主人公たちが育っていくお話ですが、悲しみを解決するような物語ではなく、悲しみともうまく付き合っていくしかない、というところがとても響いて。劇的にしたり映画的に済ませるのではなく、ずっと付き合っていくということはどういうことかなど、考えながら脚本も書かせていただきました」として、あらためて『ステップ』の魅力を語った。

またトークの終盤では、映画『ステップ』が“大切なものを失った人たち”が一歩一歩前を向いて歩いていく、10年間の足跡を描いた物語であることにちなみ、登壇者に「この10年間でステップアップしたと思うこと」をそれぞれ語り合った。
 山田は「ステップアップしてるかな…」と考えた後で、MCやキャスト陣からの声援を受けて「プロデューサーや監督に挑戦したこと」をピックアップ。國村は、映画に力を入れて取り組んでいくなかで「日本だけでなく外国の映画人たちとも一緒に映画を作る経験が増えたこと」を挙げ、その喜びを語った。広末はトーク中の山田のコメント受けながら、「山田さんが柔軟剤のCMに出るって想像つかなくて、また新しい世界だと思うんですけど。私はこの10年で、子育てに関しては相当ステップアップしたと思うので、私のほうが柔軟剤のCM、いいかな(笑)」と語り、これに対して山田は「一緒にやりましょうか!」、國村は「隣のおじさんはいりませんか?」、飯塚監督も「お仕事お待ちしています!」と、息の合ったチームワークを見せていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後には、主演の山田から映画を楽しみにしているファンへメッセージが送られた。
「健一はシングルファザーという設定がありますが、彼ひとりではなくて、家族や同僚、出会っていく多くの人に救われながら生きていく人生の物語です。観る人の年齢とか性別、職業と関係なく誰でも観られて、誰にもどこか刺さる部分があると思います。映画の中で成長を描いているように、自分が変わった時に見たらまた見え方が変わる作品だと思うので、ぜひ公開してからも、5年後10年後と、この作品を大事にしてもらえたら。素の、山田が観られます!」

映画情報どっとこむ ralph 主演は名実ともに日本が世界に誇る個性派俳優・山田孝之。エキセントリックな役柄のイメージが広く浸透している中、久々に実年齢とも重なる等身大の父・健一を、しかも初のシングルファザー役で、娘・美紀を育てながら自身も成長していく様を体現している。健一や美紀を温く見守る登場人物に、國村 隼、余 貴美子、広末涼子、伊藤沙莉、川栄李奈など豪華俳優陣が結集し物語を彩る。原作は、「とんび 」「流星ワゴン」など家族の再生を描き続けてきた作家・重松 清。監督は、『虹色デイズ』『笑う招き猫』『大人ドロップ』などを手がけた飯塚 健。主題歌は秦 基博が本作のために書き下ろした新曲「在る」を提供。大切な人たちへの想いが込められた渾身の歌詞とメロディが、優しく、そして温かく、物語を包み込む。

映画『ステップ』は、4月3日(金)より全国ロードショー。

公式サイト:
www.step-movie.jp
公式SNS:
@step2020movie #ステップ

あらすじ
健一はカレンダーに“再出発”と書き込んだ。始まったのは、2歳半になる娘・美紀の子育てと仕事の両立の生活だ。
結婚3年目、30歳という若さで突然妻を亡くした健一はトップセールスマンのプライドも捨て、時短勤務が許される部署へ異動。何もかも予定外の、うまくいかないことだらけの毎日が始まった。そんな姿を見て、義理の父母が娘を引き取ろうかと提案してくれたが、男手一つで育てることを決める。妻と夢見た幸せな家庭を、きっと天国から見ていてくれる妻と一緒に作っていきたいと心に誓い、前に進み始めるのだ。美紀の保育園から小学校卒業までの10年間。様々な壁にぶつかりながらも、前を向いてゆっくりと<家族>への階段を上る。泣いて笑って、少しずつ前へ。

***********************************

原作/重松 清「ステップ」(中公文庫)
監督・脚本・編集/飯塚 健(『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』、『笑う招き猫』、『虹色デイズ』)
出演/山田孝之、田中里念、白鳥玉季、中野翠咲、伊藤沙莉、川栄李奈、広末涼子、余 貴美子、國村 隼 ほか
主題歌/秦 基博「在る」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)
製作プロダクション/ダブ
配給/エイベックス・ピクチャーズ 
(C)2020映画『ステップ』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

広瀬すず、吉沢亮、堤真一ら豪華に9名登壇映画『一度死んでみた』完成披露ミサ


映画情報どっとこむ ralph 広瀬すずが、初コメディに挑戦。そして、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太など超豪華俳優陣が大集結!SoftBank「白戸家」シリーズなど数多くの国民的CMを世に送り出してきたCMプランナー/クリエイティブ・ディレクター澤本嘉光が脚本を手掛け、au「三太郎」シリーズなど大人気CMを手掛けるCMディレクター浜崎慎治が映画初監督を務めました。

CM界のヒットメーカー2人による強力タッグにより誕生した『一度死んでみた』が、3月20日(金・祝)より全国公開を迎えます。公開に先立ち、本作に登場するデスメタルバンド「魂ズ」のライブ名‟ミサ“にちなんで2/24(月・祝)に完成披露ミサが行われました。

『一度死んでみた』完成披露ミサ
日時:2月24日(月・祝)
場所:イイノホール
登壇:広瀬すず、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、浜崎慎治監督

映画情報どっとこむ ralph 広瀬すずがコメディに初挑戦することでも話題の映画『一度死んでみた』(3月20日公開)の完成披露“試写” ならぬ、完成披露“ミサ”イベントが開催された。

豪華キャスト陣が撮影以来初めて勢ぞろいしたこの日、映画のタイトルにちなんで青白くライティングされたピンク色の棺桶から広瀬らキャストらが一斉に登場すると会場からは歓声が。

本作で、反抗期こじらせ女子・七瀬役を演じた広瀬は「私の中にあるやさぐれ精神がパーンと出た感じがあって、気持ちよく発散のような感覚でセリフが出るようになりました。気持ちよかったなと思います」と初のコメディ出演を語ると、浜崎監督からは「ハマり役だった。」との太鼓判にニンマリ。
広瀬すず映画『一度死んでみた』完成披露ミサ

一方、七瀬と行動をともにする、存在感ゼロのゴースト社員・松岡役の吉沢は、本作でこれまでのイケメンオーラを完全封印。自身の役作りについて「表面的には前髪を伸ばして、メガネをかけたりしましたが、内面的なところでは、ほぼ役作りしていない。僕自身めちゃめちゃ根暗なので、素の吉沢亮でやっていました」とまさかの告白に会場がザワツク場面も。さらに、現場でも存在感のなさを発揮していたそうで、「基本、気づかれないので、自分がいるのに“吉沢さん待ちでーす!」と言われた現場でのエピソードに苦笑いしていた。
吉沢亮映画『一度死んでみた』完成披露ミサ

七瀬の父で、科学オタクの変人社長・計(はかる)を演じ、実際に娘がいる堤は、七瀬から罵られる役どころに関して「いずれ言われるだろうな、と。いいシミュレーションになりました」とコメントした。
堤真一映画『一度死んでみた』完成披露ミサ

この日のイベントでは映画のタイトルになぞり、一生のうちで「一度してみたいこと」、「これをやらないと死んでも死にきれない!」という問いに

吉沢は「ユウニ塩湖に行きたい」と言えば、堤は「チェンソーで木を切り倒したい」と壮大な男のロマンを語れば、共演者の嶋田からは、「本当においしい水を飲みたい」、木村からは「苦手ならっきょを克服したい」という意外な一面が垣間見える回答に観客からはどよめきが。

その一方で、広瀬が「リリーさんと食べ歩きのラジオがやりたいです!」の返答に、リリー・フランキーは「ものすごい伝わりづらいよ、」とツッコみつつも快諾し、自身は「共演するといつも近所の変なおじさんとかよくてお父さんなので、1回でもすずに壁ドンとかしてみたいね」との願望に会場からは笑いが。すると、それを合図に「映画監督」と回答した小澤は「すずちゃん主演でリリーさんに壁ドンしてもらいたい」と続け、松田も「浜崎さんの次回作で壁ドンしてみたい」という超豪華キャスト達により“壁ドン”トークを展開され会場を盛り上げた。

映画情報どっとこむ ralph イベントの最後に広瀬は“コメディ”初挑戦となった本作に「『攻撃的にいこう!』という強い気持ちを意識していました」。笑って泣けるSF(死んだふり)コメディを最後まで楽しんで下さい。」と呼びかけイベントは大盛り上がりの末、幕を閉じた。

『一度死んでみた』

3月20日(金)全国ロードショー

公式サイト:
https://movies.shochiku.co.jp/ichidoshindemita

公式Twitter:
@shindemitamovie

***********************************

出演:広瀬すず 吉沢亮 堤真一
リリー・フランキー 小澤征悦 嶋田久作 木村多江 松田翔太
加藤諒 でんでん/柄本時生 前野朋哉 清水伸 西野七瀬
城田優 原日出子 真壁刀義 本間朋晃/野口聡一(JAXA宇宙飛行士)
佐藤健/池田エライザ 志尊淳/古田新太 大友康平 竹中直人 妻夫木聡
脚本:澤本嘉光
監督:浜崎慎治
音楽:ヒャダイン
配給:松竹
製作:松竹 フジテレビジョン
©2020 松竹 フジテレビジョン




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「“化け物”は外!福は内!」豆まきでヒット祈願恵方&ロールで松本穂香の誕生日を祝福!


映画情報どっとこむ ralph この度、アルコールに溺れる父を持った作者・菊池真理子の実体験に基づくコミックエッセイを原作とした映画『酔うと化け物になる父がつらい』が3月6日(金)より新宿武蔵野館ほかにて公開されます。

本作で主人公・田所サキを演じるのは、TBS日曜劇場「この世界の片隅に」(18)で注目を浴びて以降、主演映画が立て続けに公開され、大活躍中の女優・松本穂香。酔うと“化け物”になるサキの父・田所トシフミを演じるのは、唯一無二の存在感で引っ張りだこの実力派・渋川清彦。さらに、ともさかりえ、今泉佑唯、恒松祐里、濱正悟、浜野謙太といった注目の俳優陣が集結しました。

監督を務めるのは、自身初の長編映画となった『ルームロンダリング』(18)で注目を浴び、第101回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞監督賞を受賞するなど話題を集めたドラマ24「きのう何食べた?」(19/TX)でも監督を務めた新鋭・片桐健滋。「涙がとまらない」と圧倒的な反響を呼んだ原作の雰囲気を守りつつ、オリジナル要素を加え、つらい体験や哀しい出来事をコミカルに仕上げました。

本日、主演の松本穂香さん、渋川清彦さんをはじめ、今泉佑唯さん、ともさかりえさん、そして片桐健滋監督が登壇し、本作の完成披露試写会を神楽座にて行ないました。
0203『酔うと化け物になる父がつらい』完成披露試写会

日時:2月3日(月)
会場:神楽座
登壇ゲスト:松本穂香、渋川清彦、今泉佑唯、ともさかりえ、片桐健滋監督

映画情報どっとこむ ralph アルコールに溺れる父の実体験を綴った作家・菊池真理子によるコミックエッセイが原作の映画『酔うと化け物になる父がつらい』が、3月6日から公開される。2月3日には東京の神楽座で完成披露試写会イベントが行われ、主演の松本穂香、渋川清彦、共演の今泉佑唯、ともさかりえ、片桐健滋監督が参加した。

主人公・田所サキ役の松本は、役作りについて「演じることを意識しないというか、監督も『言いやすいようにセリフを変えても大丈夫』と言ってくれたので、動作も違和感ないように。監督自身も私のすることがサキのすることだと見ていてくれたような気がする」と回想。

サキの父親でお酒に酔うと“化け物”になる田所トシフミ役の渋川は、撮影では実際に酒を飲んで演じたそうで「実際に飲みながら演じたらどうかな?と。でも実際は緊張するし、セリフも言わなければいけないしで、全然酔えませんでした。俺にもう少しの勇気があればベロベロになれたのに。次回挑戦したいです!」と笑わせた。

サキの母親で新興宗教にハマるサエコ役のともさかは、監督からのラブコールでキャスティングされたことを撮影後の打ち上げで知ったそうで、「それをもっと早く知っていればモチベーションも上がったのかな?」とニヤリ。演じる上では「サキにとってお母さんもある意味で化け物だったのかなと。それに意味を持たせて演じるよりも、ふわっと空気のように漂ってふわっと消えていくような印象になればと思いました」と工夫を明かした。

サキの妹・フミ役の今泉は、今作が長編映画デビューで「撮影場所が一軒家で、そこに人が密集してて…。皆さんのオーラに圧倒され過ぎてしまいました」と緊張した様子。姉役の松本が「色々と撮影の合間にお話ししました。アイドル時代の話とか、握手会ってどんな感じなの?とか。そういうところから仲良くなろうと必死でした」と姉妹感を出すために心を砕いていたことを紹介すると、今泉は「ずっと頼っていました!」と感謝しきりだった。

この日は節分ということで、キャスト&監督で「鬼は外」ならぬ「化け物は外、福は内」で客席に向かって豆まき!
『酔うと化け物になる父がつらい』完成披露試写会

さらに2月5日に23歳の誕生日を迎える松本にサプライズで、恵方巻をモチーフにした巨大恵方巻風ロールケーキが登場。まるでタイヤのような見た目に松本は「え?凄い!初めて見た。ビックリしています。信じられない」と目が点になるも、一口食べて「すごく美味しいです。ありがとうございます!」と大喜びだった。
『酔うと化け物になる父がつらい』完成披露試写会

ちょうど昨年の2月3日にクランクインをした本作。最後に片桐監督は「去年の今頃に11日間休みなしで撮影した作品です。エンタメ性を持って家族の話として見てもらえるのではないかと思います。どんな感想でもいいので、応援してください」と公開に向けて意気込み十分。

渋川は「片桐監督にしか出せない色のある映画で、最近の日本映画にはあまりないテイストの作品です。楽しんでほしいです」とアピール。松本は「アルコールに溺れてしまうお父さんとその家族の物語ですが、人間関係についても考えさせる内容です。映画の中に答えはないかもしれないけれど、皆さんの中で何か一つのきっかけになれば嬉しいです」と思いを込めイベントを締めた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『酔うと化け物になる父がつらい』

3月6日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
https://youbake.official-movie.com/

酔うと化け物になる父がつらい

【ストーリー】 
日曜日、夏休み、クリスマス。思い出の父はいつも酔っていた。
普段は無口で小心者なのに、酔うと“化け物”になる父と、新興宗教にハマる母。一風変わった家庭で育った主人公のサキは、“化け物“のおかしな行動に悩まされ、徐々に自分の気持ちに蓋をして過ごすようになる。自分とは正反対で明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられ、家族の崩壊を漫画として笑い話に昇華しながらなんとか日々を生きるサキ。そんなある日、アルコールに溺れる父に病気が見つかってしまう-。知っているようで、何も知らなかった父のこと。サキが伝えたかった、本当の気持ちとは?

***********************************

松本穂香 渋川清彦
今泉佑唯 恒松祐里 濱 正悟
安藤玉恵 宇野祥平 森下能幸 星田英利 オダギリジョー
浜野謙太 ともさかりえ

原作:菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
監督:片桐健滋  脚本:久馬 歩 片桐健滋  音楽:Soma Genda 
主題歌:GOOD ON THE REEL「背中合わせ」(lawl records)
制作:MBS よしもとクリエイティブ・エージェンシー 
制作プロダクション:CREDEUS
配給:ファントム・フィルム 
製作:吉本興業 MBS ユニバーサル ミュージック 秋田書店 VAP ファントム・フィルム
©菊池真理子/秋田書店 ©2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

笑顔ヤバッ!今泉佑唯 映画『酔うと化け物になる父がつらい』撮影オフショット&新場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、松本穂香さん演じる田所サキとは正反対で、いつでも明るい妹・フミ役を演じた今泉佑唯さんの可愛すぎる貴重な撮影オフショットと、劇中の場面写真が解禁となりました!

現在、女性ファッション誌のモデルを務めるほか、女優としても活躍する今泉さん。

欅坂46を卒業後、本作が初めての映画出演となり撮影現場ではかなり緊張していたそうですが、姉役の松本穂香さんと和気あいあいと過ごしており、今回解禁となるオフショットからは“化け物”に振り回される田所家の明るい妹・サキさながら、楽しい雰囲気が伝わってきます。
『酔うと化け物になる父がつらい』今泉佑唯オフショット
さらに、劇中で家族団らんで夕飯を囲むシーンの場面写真もあわせて解禁。
ミントカラーが可愛いラフなスウェット姿で美味しそうにカレーを頬張る姿に思わずほっこりすること間違いなし!
『酔うと化け物になる父がつらい』今泉佑唯場面写真

映画情報どっとこむ ralph
『酔うと化け物になる父がつらい』

3月6日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

【ストーリー】
うちの“常識”は、いつだってよその“非常識”。
日曜日、夏休み、クリスマス。思い出の父はいつも酔っていた。
普段は無口で小心者なのに、酔うと“化け物”になる父と、新興宗教にハマる母。一風変わった家庭で育った主人公のサキは、“化け物“のおかしな行動に悩まされ、徐々に自分の気持ちに蓋をして過ごすようになる。自分とは正反対で明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられ、家族の崩壊を漫画として笑い話に昇華しながらなんとか日々を生きるサキ。そんなある日、アルコールに溺れる父に病気が見つかってしまう-。知っているようで、何も知らなかった父のこと。サキが伝えたかった、本当の気持ちとは?

***********************************

【クレジット】
松本穂香 渋川清彦
今泉佑唯 恒松祐里 濱 正悟
安藤玉恵 宇野祥平 森下能幸 星田英利 オダギリジョー
浜野謙太 ともさかりえ

原作:菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
監督:片桐健滋  脚本:久馬 歩 片桐健滋  音楽:Soma Genda 主題歌:GOOD ON THE REEL「背中合わせ」(lawl records)
制作:MBS よしもとクリエイティブ・エージェンシー 制作プロダクション:CREDEUS  配給:ファントム・フィルム 
製作:吉本興業 MBS ユニバーサル ミュージック 秋田書店 VAP ファントム・フィルム
©菊池真理子/秋田書店 ©2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アジア系女優史上初の快挙!ゴールデングローブ賞主演女優賞:オークワフィナ


映画情報どっとこむ ralph 現地時間1月5日(日本時間1月6日)に発表された第77回ゴールデングローブ賞にて、2020年4月公開『フェアウェル』の主演である、オークワフィナが主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞を果たしました。

これは同賞(映画部門)において、アジア系女優史上初の主演女優賞受賞となる快挙となりました!

■主演女優賞-ミュージカル・コメディ部門
オークワフィナ<受賞コメント>

素晴らしいわ。ありがとう。もし落ちぶれたら(このトロフィー)売れるわね、良かった(笑)。
まず初めに、ハリウッド外国人映画記者の方々、誠に有難うございます。ゴールデングローブの授賞式に出席したのは初めてですが、受賞出来て光栄です。A24の皆、ピーター・サラフ、ダニー・メリア、Big Beach、アンドリュー・ミアノに感謝します。
また、『フェアウェル』で祖母役を演じてくれたチャオ・シューチェンも、ありがとう!
そして忘れちゃいけないのが、我らの素晴らしい監督、ルル・ワン。
あなたがくれたこの一生涯のチャンスの中で、多くの事を教わったわ。
あなたと一緒にこのストーリーを作り上げたことは、凄い経験だと思う。
また、このトロフィーを私の父ウォリーに捧げたいと思います。仕事が見つかったって言ったでしょ、お父さん! 
そして、私を育ててくれた親友的存在のおばあちゃん、最後に、母のティアにも。
今この瞬間をお母さんがどこか上の方から見守ってくれていることを願います。
みなさん、ありがとう! ありがとう!

映画情報どっとこむ ralph オークワフィナ:プロフィール
1988年6月2日生まれ(31歳)。2012年『My Vag』のMVにて注目を集めたラッパーであり、中国系アメリカ人の父と韓国系アメリカ人の母を持つアジア系女優。『オーシャンズ8』(18)ではスリが得意なコンスタンスを演じ、話題となる。全米で3週連続第1位を達成、総興行収入1億ドル突破という大ヒットを記録した『クレイジー・リッチ!』(18)では主人公の親友役、現在公開中の『ジュマンジ/ネクスト・レベル』にも出演中。『The Little Mermaid(原題)』(未)、マーベル新作『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings(原題)』(21)といった大作にも出演が決定している。

映画情報どっとこむ ralph 『フェアウェル』
原題:THE FAREWELL

<STORY>
中国で生まれアメリカで育ったビリーは、久しぶりに故郷へと帰る。いとこの結婚式に出席するためだが、それはガンで余命3か月と宣告された祖母のナイナイに会う口実だった。本人には知らせないと決めた親戚一同は悲しみを押し隠し、ナイナイとの再会を喜ぶが、ビリーは真実を告げるべきではないかと葛藤する。しかし、やがて優しい嘘は家族を一つにし、最後の日へ向けて皆の心を整えていくーー

***********************************

監督・脚本:ルル・ワン
出演:オークワフィナ、ツィ・マー、ダイアナ・リン、チャオ・シュウチェン 
2019/カラー/5.1ch/アメリカ/スコープ/100分/
字幕翻訳:稲田嵯裕里 
配給:ショウゲート 公式サイト:farewell-movie.com © 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

檀れい、和泉元彌ら著名人コメント『母との約束、250通の手紙』


映画情報どっとこむ ralph セザール賞4部門ノミネート(主演女優賞、脚色賞、衣装デザイン賞、美術賞)。フランスで動員100万人を超える大ヒットを記録した『母との約束、250通の手紙』が1月31日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開となります。


フランスを理想化するユダヤ系ポーランド人移民の母親と、その母からフランス大使にして大作家になる将来を託された息子。強烈な個性の母親は過剰なまでの愛情を息子に注ぎ、一人息子は翻弄されつつも全力でそれに応え続けたー。母から届き続けた250通にも及ぶ手紙に秘められた秘密とは?第二次世界大戦下の混沌とした時代に翻弄されながらも、強すぎるほどの絆で、互いの存在だけを頼りに生き抜いた親子の愛に心揺さぶられる感動作。

映画情報どっとこむ ralph そんな本作に、本作を一足早くご覧になった著名人の方から絶賛コメントが到着しました。

生き抜いていく力と息子の輝かしい未来への執念は、天晴れ!としか言えない。
息苦しいほどの強すぎる母の愛情を観た。
檀れい(女優)

途中、皆さんも悩むと思います。この母子は正解なのか?と。
この関係を生涯かけて大正解にした母子に大感動。
この母子、最強!和泉元彌、負けを認めます。
和泉元彌(狂言和泉流二十世宗家)

ここまで深い絆、母と息子の美しい愛はこれまで見たことがない。
正直、母ニナの強い気持ちには、“負けた!”と思いました。
中村江里子(アナウンサー)

この愛情の激しさ、激動の情愛、まさにフランス!
目を離せない凄い人生展開を、見事に演じるシャルロット・ゲンズブールの迫真の演技!
驚きながら文豪の生涯を味わい尽くせます!
サエキけんぞう(作詞家・アーティスト)

もっともっと人を愛し 家族を愛し 自分を愛し 優しい人間でありたい。
無償の愛が存在することに幸せと生命力をプレゼントされた。
『男が戦う理由は3つだけ。女、名誉、フランス』深~い確固たる愛だわ
萬田久子(女優)

狂気の母ニナと拒絶だけはしまいと心に決めた息子ロマン。
母と息子の関係は理想的な恋人同士のような影響関係を浮かび上がらせる。
人が狂気と呼ぶものの中に新たな分別=真実があることを二人は体現しているのだ。
宮代大嗣(maplecat-eve/映画批評)

ウザさを超越するとおもしろくなってくる、世界共通の「おかん」の物語。
感動の底なし沼にハマりそうになったので、笑える部分を探して心を保ちました。
辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)

映画情報どっとこむ ralph 本作は、権威あるフランス文学最高峰ゴンクール賞を史上唯一2度受賞し、外交官、映画監督、そしてプライベートでは『勝手にしやがれ』の女優ジーン・セバーグの夫と複数の顔を持ち、最後は拳銃自殺を遂げたことでも知られる、フランスの三島由紀夫とも評される伝説の文豪ロマン・ガリによるベストセラー自伝小説『夜明けの約束』を、ラース・フォン・トリアー作品への出演など国際的な活躍がまぶしいフランスを代表する女優シャルロット・ゲンズブールと『イヴ・サンローラン』『婚約者の友人』で人気上昇中のピエール・ニネという豪華実力派俳優共演で映画化したもの。監督は『赤と黒の接吻』『蛇男』のエリック・バルビエ。ジュールス・ダッシン監督によるフランス映画『夜明けの約束』(1970)に次ぐ47年ぶり、2度目の同名原作の映画化となる。

『母との約束、250通の手紙』

1月31日(金)より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開


【STORY】
破天荒でパワフルなシングルマザーのニナは、息子のロマンが将来フランス軍で活躍し勲章を受け大使となり、作家としても成功すると頑なに信じ、その才能を引き出すことに命を賭けていた。母の強すぎる期待と愛情を一心に受けて育ったロマンは、その溺愛の重圧にあえぎながらも、母の途方もない夢を叶えると幼心に決めていた。ニナは、学生寮にも頻繁に電話をかけ檄を飛ばし、自由フランス軍に身を投じ病に倒れ生死の境目を漂うロマンの下へも、激励の手紙を送り続けた。ついにロマンはパイロットとして活躍し、同時に念願の小説が出版されることに。しかし相変わらず届き続けるニナの手紙には、なぜか息子の作家デビューを喜ぶ様子はなくー。

***********************************

監督・脚本:エリック・バルビエ 
共同脚本:マリー・エイナール
製作:エリック・ジュエルマン、フィリップ・ルスレ 
撮影:グリン・スピーカート 
編集:ジェニファー・オージェ  
出演:ピエール・ニネ シャルロット・ゲンズブール ディディエ・ブルドン ジャン=ピエール・ダルッサン キャサリン・マコーマック フィネガン・オールドフィールド
2017年/フランス=ベルギー/フランス語、ポーランド語、スペイン語、英語/131分/シネスコ/DCP/5.1ch/R15+

原題:La promesse de l‘aube/原作:ロマン・ガリ『夜明けの約束』(共和国) 
配給:松竹  
https://250letters.jp




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ