「実話」カテゴリーアーカイブ

大喜利?に竜雷太、佐藤浩市がまさかの参戦!大泉洋『こんな夜更けにバナナかよ』完成披露


映画情報どっとこむ ralph
大泉洋主演 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、12月28日(金)より全国公開となります。

本作は、難病を患って体が不自由にも関わらず、自由きままにワガママに生きた鹿野靖明さんと、そんな真っ直ぐな生き方をする
彼に会って変わっていく人々の人生を描いた、この冬最高の感動実話です。

この度、完成披露試写会が行われ、大泉洋さん、高畑充希さん、三浦春馬さん、渡辺真起子さん、竜雷太さん、綾戸智恵さん、佐藤浩市さん、原田美枝子さん、前田哲監督が登壇!タイトルに掛けまして「こんな○○に、○○かよ」を大喜利ふうに発表!大爆笑トークイベントとになりました!


日程:11 月 12 日(月)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:大泉洋、高畑充希、三浦春馬、渡辺真起子、竜雷太、綾戸智恵、佐藤浩市、原田美枝子、前田哲監督

映画情報どっとこむ ralph 本作主題歌ポルノグラフィティが歌う「フラワー」流れる中、キャスト&監督が登壇すると大きな歓声が!

すると、大泉洋さんだけ、マイクでなくバナナを持って登場・・・
しかも、喋る前に本物のマイクに取り替えられ、ボケられず不満な大泉さん。
大泉さん:バナナもって話し出そうと考えていたんですけど・・・(申し訳なさそうにバナナを返すスタッフ)ここで返す?このタイミングはもっとわからないぞ!!!

と、一言挨拶の前からいじられる大泉さん。本日のドレスコードは夜更けとバナナに因んで、黒と黄色を身に着けてくることに!

大泉さん:原田さん?どこか黄色入ってます?入ってるのね。うちのお母さん(綾戸さん)は真黄っ黄っですからね。

となかなかあいさつに進まない。、

大泉さん:コボケで始まりました。本日。初めて一般の大勢の方たちに観ていただくと言うことエ緊張しています!関係者マスコミの皆さんからは良い評価をいただけてるので、皆さまにどう見ていただけるのか?愛しいわがままを、観終わったときにどう思われているのか?楽しみです。

高畑さん:私の役はお客さん目線に近いので、最初は鹿野さんのわがままを、この野郎!むかつく!って思うと思います。でも終わるころには鹿野さんのことが好きになっていると思います!楽しんでください!

三浦さん:北海道で皆で丁寧に作った作品がとどけられるのが嬉しいです。そして、力強いキャストの皆さんと一本の映画を共有できた幸福感でいっぱいです。

渡辺さん:初めてお客さんと作品が出会う日なので緊張しています。鹿野さんと言う稀有な、わがままな、愛おしいとその周りの人々の面白い優しいまなざしを楽しんでいただけたらと思います。

竜さん:真っ黄色なおかあさんから怒られないように頑張ります。

綾戸さん:おおきに!60歳位になると、親に言われていたことがわかるようになります。この映画観ると自立って・・・生きる事って考えさせられます。

佐藤さん:え・・・若干息子の行く末を心配する普通の父親を演じました。リアリズムが伝わってくる映画です!

原田さん:私が演じた鈴木先生とも実際にお会いして・・・・富良野に遊びに行ってきました。鹿野さんの心の叫びのようなわがままを医者の立場から見守っていたのだなと思いました。素敵な作品になってます!

前田監督:鹿野さんと言う人の全力人生をどうしても映画にしたくて3年半かかりました!届けることが出来て嬉しいです!

と其々の挨拶からスタート。

映画情報どっとこむ ralph 本作のタイトルに掛けまして、「○○なのに○○かよ」に当てはめるコーナーに突然突入。今日の進行台本かなり無茶!

大泉さん:何?大喜利?挙手で答えるの?こわっ!じゃ!
と、先頭を切って答える大泉さん!さすが座長!

大泉さん:えーそれでは。ランニングなのに! 止まるのかよ?(その心は?)役が太るわけにいかなくて、食べたらランニングをすることにして、すると春馬君が僕もと。すると、高畑さんも走りたいと言うことになって。。。。でも、高畑さんは一緒に走ると10mくらいですぐ止まるんです!そのペースにあわせるのが大変で「ランニングなのに! 止まるのかよ!」とさせていただきますと
と暴露。高畑さん平謝りしながら二人めちゃ優しいと発言。因みに、帰り道は爆風スランプのランナーを三浦さんがかけながら走ったそう!

ここで竜さんが挙手!

竜さん:車いすなのに元気かよ!若いころは元気で・・その頃は健全な精神は健全な肉体に宿るなどと言っていましたが!ある時友達が健全でない身体にも健全な精神は宿るんだよと。なんで今まで傲慢だったのだろうと。この映画もそう感じられる映画になっています。(大拍手)
と、ゆるめなイベントを締める重鎮の回答。

大泉さん:素晴らしい!

ここで、整ったのは、

佐藤さん:;前田監督とは助監督の頃からの付き合いで、普段は哲!って呼んでるんですけど・・・流石に、それだと「監督なのに、呼び捨てかよ!」ってわけにいかないんで。監督って呼ぶのが大変でした。(笑)
と、周りのスタッフへの手前、監督を持ち上げる気遣いをみせる大御所。

監督:でも、浩市さんは撮影なのかゴルフなのか・・・わかりませんでしたよね。

大泉さん:まさにそれ!「撮影なのに、ゴルフかよ!」(笑)前のりしてゴルフ、翌日撮影、その次の日ゴルフ!しかも、ゴルフの日は晴れで、撮影は雨。やっぱ俺はさすがだよな!って!
ばらされた佐藤さん腰砕け。

ここで、手を挙げたのが綾戸さん

綾戸さん:「監督なのに、言葉引き戻すのかよ!」大泉さんはうまく北海道弁教えてくれて。いざって時に関西のおっちゃん監督に関西弁い引き戻される!

と、
高畑さん:編み物にハマっていて、萩原さんに麻雀の時につける「いい感じでダサい」ヘアバンド造って!言われて、絶対王者って刺繍して。麻雀の試合で付けてくれてました!でも、「折角作ったのに、負けるのかよ!」

と絶対王者が負けると言う話でコーナーを締めました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
大泉さん:このように大変楽しいキャストの皆さんと過ごした1か月でした。タイトルに興味を持って台本を読みましたら鹿野さんがなぜわがままを言っていたのか、そして思いが伝われば。そして、観終わったときにこのタイトルをふぉう想うのか楽しみです!

とイベントを終了しました!

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
12月28日(金)全国公開です

物語・・
2008年、東京近郊の町でまもなく高校卒業を迎える7人の若者たち。
歌手を夢見て地元を離れ、上京するカナ(真野恵里菜)。
家族と上手くいかず実家を出て東京で暮らすことを決めたキリ(清水くるみ)。
漠然とデカイことをやると粋がるリョウ(横浜流星)。
カナとの音楽活動を夢見ながらも受験に失敗し地元で浪人暮らしのタツオ(森永悠希)。
できちゃった婚で結婚を決めたコウタ(戸塚純貴)とマリコ(秋月三佳)。
現役で大学に進学し、意気揚々と上京するユウキ(冨田佳輔)。
7人がそれぞれに大人への階段を上り始めて3年後、夢に挫折する者、希望を見失う者、予期せぬことに苦しむ者――7人7様の人生模様が繰り広げられる。そして、再び“あの場所”に戻った者たちの胸に宿る思いとは――。


公式サイト:
bananakayo.jp

公式Twitter:
@bananakayomovie

***********************************

大泉洋
高畑充希 三浦春馬
萩原聖人 渡辺真起子 宇野祥平 韓英恵 ・ 竜雷太 綾戸智恵 / 佐藤浩市 / 原田美枝子

監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美
配給:松竹
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)
©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会




ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『女王陛下のお気に入り』予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph ギリシャの鬼才、ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『女王陛下のお気に入り』が、2019年2月より全国ロードショーとなります。
10/31に発表された英国インディペンデント映画賞では、作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞(オリヴィア・コールマン)、助演女優賞(エマ・ストーン)、助演女優賞(レイチェル・ワイズ)、キャスティング賞、撮影賞、衣裳賞、編集賞、メイキャップ&ヘア賞、美術賞、音響効果賞で12部門13ノミネート!圧巻の最多ノミネートとなっています!

そんな、本作の予告編が解禁!

18世紀フランスと戦時下のグレートブリテン王国を支配していた気まぐれな女王アンと、女王を支配し権力を奮っていた強気な公爵夫人レディ・サラ、そこに突如現れ女王を魅了し上流階級への返り咲きを目論む女官アビゲイルの三つ巴の争いを、三大女優のこれまで見せたことのない挑発的で圧巻の演技と、美しくも斬新なビジュアルと音楽とともに描いています。



『女王陛下のお気に入り』
2019年2月 全国ロードショー!

物語・・・
18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。
虚弱な女王、アン(オリヴィア・コールマン)が王位にあり、彼女の幼馴染、レディ・サラ(レイチェル ・ワイズ)が病身で気まぐれな女王を動かし、絶大な権力を振るっていた。
そんな中、没落したサラの従妹アビゲイル(エマ・ストーン)が召使いとして参内し、その魅力がレディ・サラとアン女王を引きつける。
レディ・サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を伺っていた。
戦争の継続をめぐる政治的駆け引きが続く中、急速に育まれるサラとの友情がアビゲイルにチャンスをもたらすが、その行く手には数々の試練が待ち受けていた。


***********************************

監督:ヨルゴス・ランティモス『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』

キャスト:エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、レイチェル・ワイズ『ロブスター』『ナイロビの蜂』、オリヴィア・コールマン『ロブスター』、ニコラス・ホルト『シングルマン』『X-MENシリーズ』、ジョー・アルウィン『ビリー・リンの永遠の一日』

2018年/アイルランド・アメリカ・イギリス映画 
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox


『THE WHITE CROW(原題)』第31回東京国際映画祭コンペティション最優秀芸術貢献賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph ニジンスキーの再来といわれた伝説的なバレエダンサー ルドルフ・ヌレエフの半生を名優レイフ・ファインズ監督・出演で映画化 !!『THE WHITE CROW(原題)

第31回東京国際映画祭コンペティション部門にて出品され、オープニングにはレイフ・ファインズ監督もレッドカーペットを歩きました。そして、本日、本作が同映画祭にて最優秀芸術貢献賞を受賞しました。
映画情報どっとこむ ralph 本作は、ハリー・ポッターシリーズをはじめ『シンドラーのリスト』『グランド・ブタペスト・ホテル』など数々の名作の出演でしられるレイフ・ファインズの、3作目となる監督作。
ジュリー・カバナによる原作をアカデミー賞(R)ノミネート、デヴィッド・ヘアーの脚本をえて、現役のトップダンサーのオレグ・イヴェンコ、セルゲイ・ポルーニンをはじめ、ラファエル・ペルソナ、アデル・エグザルホプロスなど期待のヨーロッパ俳優たちが集結しました。
公開は、2019年全国ロードショーとなります。

物語。。。
キーロフ・バレエのソリストとして世界を魅了していたにも関わらず、その激しい性格と反抗的 な態度から政府に警戒されていたルドルフ・ヌレエフ。
舞台上・日常を問わず情熱的で大胆だった彼の 素顔と、海外公演の途中にパリでドラマチックな亡命を果たすまでの半生を描く。

***********************************

監督:レイフ・ファインズ   
脚本:デヴィッド・ヘアー『めぐりあう時間たち』『愛を読むひと』
製作:ガブリエル・ターナ『あなたを抱きしめる日まで』フランソワ・イベルネル『スラムドッグ$ミリオネア』 『マーガレット・サッチャー鉄の女の涙』『クィーン』アンドリュー・レヴィタス衣装:マデリーン・フォンテーヌ『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』『イヴ・サンローラン』

出演:
オレグ・イヴェンコ/セルゲイ・ポルーニン『ダンサー、 セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
アデル・エグザルホプロス『アデル、ブルーは熱い色』/ルイス・ホフマン 『ヒトラーの忘れもの』
チュルパン・ハマートヴァ『グッバイ、レーニン! 』/ラファエル・ペルソナ 『黒いスーツを着た男』
レイフ・ファインズ 『シンドラーのリスト』 『イングリッシュ・ペイシェント』

配給:キノフィルムズ
(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS


志尊淳と竹内涼真が気さくに観客に声がけ!『走れ!T校バスケット部』ユニフォーム限定試写会


映画情報どっとこむ ralph 実話に基づいた同名小説を実写化、汗と涙の痛快青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』が今週末の11月3日(土)に公開となります!

この度、主演の志尊淳と『帝一の國』(2017年)で同級生、ソフトバンクCMシリーズで先生と生徒に続く、3度目の共演(友情出演)を果たした竹内涼真さんが登場!!本日はハロウィンということもあり、ユニフォームで集まったファン150人の前に2人で登場に大熱狂のイベントとなりました!


日時:10月31日(水)
場所:スペースFS汐留
登壇:志尊淳 竹内涼真

映画情報どっとこむ ralph 色々なスポーツのユニフォームを着たファンの皆さんで埋め尽くされた会場に、志尊淳さんと竹内涼真さんがあらわれると、当然のことながら物凄い黄色い歓声!

会場の圧巻のユニフォームに、早くも萌える志尊さんと竹内さん。

志尊さん:本日はお集まりくださいましてありがとうございます。今日はハロウィンと言うことで皆さんと楽しめたらなと。

竹内さん:こんちは!こういう場に志尊君と一緒に出られてとても嬉しいです。皆さんこの後渋谷に行きます?ちゃんとマナー守ってね!(笑)

と笑いをとってイベントスタート!

今回三作目の共演した本作。

竹内さん:頻繁に会ってるんです。T校は1日だけでしたが・・・

志尊さん:帝一の國があって、直ぐT校の撮影だったんで。不思議な感じでした。それに、共演は3回ですが、お互い戦隊ものとライダーで。5年前くらいから仲良いんです。帝一もヒーロー多いしT校も5人以上ヒーローだしね。


バスケットボールのシーンを見た感想を

竹内さん:みんなバスケ未経験なんでしょ?練習もみて経験者だと思ったほどレイアップとかも凄かった。ジュンジュンとか綺麗に決めてるから。代役無いの?

と、感心しきり。お客さんは・・互いに、ジュンジュン、リョウ君と呼び合う仲だと言うことに反応。

志尊さん:全部自分でやったんだよ!今回CGとか使いたくなくて、入るまで撮影したんです。ある意味、僕らの成長過程とT校の成長がリンクしているドキュメンタリーのようでもあります!

映画情報どっとこむ ralph ここで、互いの印象を聞かれ
竹内さん:ジュンジュンは見た目可愛いじゃないですか・・・でも、凄い男らしいんです。ギャップ萌えです。ズルいんです。垣間見える男らしさが・・・ドキドキするのよ。エロいんです。

一方で、
志尊さん:リョウ君は・・初めて会った時から敬語で。ヒーローの時は距離があったんです。丁寧でさわやか好青年だったんです!が!帝一の國の途中からリョウ君「解放」って言いだして。そこから、面白くて。飾らない愛されキャラです。

ここで、帝一の國はみんな同世代・・・・といいながら

竹内さん:千葉君はね。でも同世代みたいなもんだから!

と、とばっちり爆弾投下!

映画情報どっとこむ ralph ここで、客席の皆さんのユニフォームの話題に。気になる人がいるか聞くと・・・

竹内さん:ごめん!じろじろ見るね!(大爆笑)

とお二人、舞台の手前に出てきて、初めで移動して確認!!!

チア、ダブルダッチに・・・
竹内さんが選んだのは、白い胴着の女性。

竹内さん:弓道?剣道ね。中は白いんだ。。小手臭くなるよね。

さらに竹内さんが気になったサッカーユニフォームのような女性は、ウグイス嬢。

志尊さんが気になったのは・・・

志尊さん:白黒のゼブラっぽい方・・なんのユニフォーム?トライアスロン!本格的!

ここで、当然気になるバスケ部
竹内さん:バスケ部の子全員立って!

って、竹内さんに言われたら、みんな即効で起立!

志尊さん:いいね。みんなタンクトップ。いいなー。

竹内さん:バッシュ凄い臭くなるでしょ?(笑)

と、再び匂いに言及。
竹内さん匂いが気になる派?

そして、一人選手のユニフォームでなく、ジャージの方が。。。

志尊さん:マネージャー。あーーーーっ。いいなー青春だな。
と、心の声駄々洩れ。
実は志尊さん、キャッチャーとして頑張っていたので太っていたのだそう。
甘い思い出がなかったそうでした。

志尊さん:今T校キャンペーンでフリースロー対決していて、みんな可愛いんです。高校時代に戻って恋がしたいです!

と話す志尊さん。

ここで、ファンの皆さんとフォトセッション。
竹内さんも志尊さんも気さくに周りの子たちと話しながらワイワイなイベントとなりました!

映画情報どっとこむ ralph 走れ!T校バスケット部

2018年11月3日(土)試合開始!

公式サイト:
http://tkoubaske.jp/ 
公式Twitter:
https://twitter.com/tkoubaske

連戦連敗、向かうところ負けばかりの雑草チーム「T校バスケット部」。
そんなT校に、バスケの強豪白瑞高校で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー、田所陽一が転入してくる。陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が標的となり、バスケットボールを辞めていた。もう二度とバスケはしない――。
そう心に誓い、勉強に専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。
情熱と葛藤、仲間と家族、あきらめきれない夢 ―。
陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!


***********************************

監督:古澤健

キャスト:
志尊淳
佐野勇斗、早見あかり
戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿、阿見201。

YOU、椎名桔平、真飛聖、竹中直人

友情出演:竹内涼真 千葉雄大

主題歌がGReeeeN新曲「贈る言葉」

原作「走れ!T校バスケット部」(松崎洋著・幻冬舎文庫)
(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会



松崎まことx松崎健夫『バグダッド・スキャンダル』とA24を語った!


映画情報どっとこむ ralph 国連の政治スキャンダルを描いたポリティカル・サスペンス『バグダッド・スキャンダル』が11月3日(土)よりシネマカリテ他全国順次公開致します。本作の公開を記念して下記の通り、松崎ブラザーズこと放送作家で映画活動家の松崎まことさん、映画評論家の松崎健夫さんゲストにお招きしたトークイベント付き特別試写会を行いました。


映画『バグダッド・スキャンダル』イベント試写会
日時:10月29日(月)
場所:IMAGICA第2試写室
登壇:松崎まこと (放送作家・映画活動家)、松崎健夫 (映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph この度、11月3日(土)より公開される実話に基づく社会派サスペンス『バグダッド・スキャンダル』のトークイベント付き試写会が行われ、ゲストに放送作家で映画活動家の松崎まこと氏、映画評論家の松崎健夫氏、通称松崎ブラザーズのお二人が登壇した。

本作は「石油・食料交換プログラム」における内部告発を題材としており、初めに
松崎まことさん:石油・食料交換プログラム事件」をどれだけの人が知っていますか?

と観客に問うと、数名が頷く程度で、

松崎健夫さん:僕は覚えていなかった。

と、いかにこの事件が世に埋もれてしまっているかが明確となった。告発系映画というジャンルについて、

松崎健夫さん:こういった映画はフィクションの形をとりながら事実を多くの人に知らしめることができる。エンタテイメントの力を借りて分かりやすく見せるツールとして有効です。

と述べた。一方、

松崎まことさん:「国が悪くなると告発系の映画が増える」と森達也監督といっています。期待してはいいのか分からないけれど、日本も告発系映画が増えるのでは?

と苦笑しながらも示唆し、会場から笑いが起きた。

映画情報どっとこむ ralph 話題は、ヒット作を連発する米の新鋭スタジオ「A24」の勢いについて。

本作も「A24」が手掛けた作品で、巧みな演出とスリルある展開は松崎ブラザーズも圧倒されたそう。まず、
松崎健夫さん:11月日本公開の映画が『バグダッド・スキャンダル』を含め4本もあるA24は、2012年に設立されたばかりで、いまや年間20本も映画を作っている。本当に勢いがあります!

ハリウッド映画は近年、原作ものやリバイバル、続編などデータがきちんと取れているものを制作しがちで、リスク回避しているのが実状。そんな中、A24は純粋なアメリカ映画ではなくアメリカ国外からひろってきた作品を発表してきた。『バグダッド・スキャンダル』もその1つ。個性的でアート性とエンタテイメント性を融合させたオリジナルで挑戦している。映画へのアンテナ感度が高い人は、あのロゴは間違いがないと思うまでの会社になっているのでは。

と太鼓判。

松崎まことさん:これからもA24作品が賞レースを賑わす予感がします!

と述べました。

映画『バグダッド・スキャンダル』原題:Backstabbing for Beginnersは11月3日(土)よりシネマカリテ他全国順次公開です。

Story
2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する「石油・食料交換プログラム」を担当することになった。これはイラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響で、貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画。国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配るというプロジェクトだ。一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトに実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構が関わっていることが判明。やがて世界に例を見ない巨額の汚職事件に発展していく。実話を基にしたポリティカル・サスペンス。

***********************************

原作:マイケル・スーサン
監督・脚本:ペール・フライ
脚本:ダニエル・パイン

出演:テオ・ジェームズ、ベン・キングズレー、ジャクリーン・ビセット、ベルシム・ビルギン

2018年/デンマーク=カナダ=アメリカ/106分/5.1ch/シネスコ/カラー
配給:アンプラグド
©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED. 公式HP:http://baghdad-s.com/