「実話」カテゴリーアーカイブ

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』熱き闘いが遂に映画化!公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 「Borg McEnroe」の邦題を『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』とし、8月下旬TOHOシネマズ日比谷他全国公開することが決定しました!

錦織圭のみならず、大坂なおみ、そして穂積絵莉と二宮真琴が全仏ダブルスで準優勝を獲得するなど、日本でもテニス熱気が高まる今、80年代のレジェンドにして、今なおテニスプレイヤーの頂点の存在として歴史を作った、あのボルグVSマッケンローの熱き闘いが遂に映画化。

テニスブームに沸く1980年、対極的な2人のまるでハリウッドスターのような人気を誇るスタープレイヤーの戦いに世界中が熱狂していた。

20歳の若さで、テニスの聖地ウィンブルドンで初優勝を果たし、その彫刻のように美しいヴィジュアルと冷静沈着なその姿から“氷の男”と呼ばれ、テニスに興味のなかった人々さえも虜にしたビヨン・ボルグ。

ウィンブルドンで4連覇を達成したボルグは、絶対王者として君臨していたが、5連覇を阻止するべく現れたのが、類稀なる才能を持ちながら、不利な判定に怒り狂って審判に野犬の如くかみつき、“悪童”とバッシングされたジョン・マッケンロー。

1980年、エレガントなプリンスとワイルドな野生児が、ウィンブルドン決勝戦でぶつかり合った世紀の試合。世界中が固唾を呑んで見たスポーツ史に刻まれた究極の名勝負の映画化が実現です。


ボルグ役には『ドラゴン・タトゥーの女』の続編(2018年公開予定)に主演として抜擢されたスベリル・グドナソン、マッケンロー役には『トランスフォーマー』シリーズのシャイア・ラブーフ。

シャイアは、彼以上に荒くれ者のマッケンローに適した役者はいない!と各国のメディアが絶賛するほどの迫真の演技を本作で魅せています。

そしてこの二人の姿は、本物のふたりの当時の姿にそっくりで目を疑うほど!

映画情報どっとこむ ralph ふたりの、少年時代から精神と肉体を極限にまで鍛えてきた驚愕の道のりと、頂点に立つ者と追いかける者の孤独と葛藤、そして臨場感が炸裂するカメラワークで魅せる試合シーンは圧巻!

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

負ければ一瞬ですべてを失うプレッシャー。1ミリの狂いも許さない集中力。
生きるか死ぬかの鬼気迫る闘いの表と裏に迫る、白熱のエンタテインメントが遂に上陸。
熱狂と興奮の最高潮に、やがて押し寄せるとてつもない感動の実話です。

***********************************


監督:ヤヌス・メッツ『アルマジロ』第62回カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリ受賞
出演:シャイア・ラブーフ『トランスフォーマー』シリーズ、スベリル・グドナソン『ストックホルムでワルツを』ステラン・スカルスガルド、ツヴァ・ノヴォトニー、レオ・ボルグ(ボルグの息子) 
© AB Svensk Filmindustri 2017


井浦新『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』メイキング写真&大林宣彦ら著名人コメント解禁!


映画情報どっとこむ ralph 米軍の“理不尽な占領”と闘い続けた実在の外交官知られざる真実の物語!

知られざる沖縄返還の裏面史を伝える映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』が6月30日ポレポレ東中野、7月7日桜坂劇場ほか全国順次公開となります。

今まで語られることのなかった実在の外交官千葉一夫を演じるのは井浦新。

沖縄の現状に泣いたという人間味溢れる千葉の奮闘を演じきった撮影現場で垣間見れるリラックスした井浦新の表情をおさえた2枚の写真が解禁に!

映画情報どっとこむ ralph また、本作に寄せられた追加、柳川監督が以前、NHK連続テレビ小説でタッグを組んだ脚本家脚本家・中園ミホをはじめとしジャーナリスト・堀潤、三上智恵監督、そして大林信彦監督などそうそうたる著名人からもメッセージが届きました


大林宣彦(映画作家)
「虚(ウソ)・実(ホント)の狭間に真実(マコト)を焙(あぶ)り出す」のが戯映画の作法だが、「狂気」の歴史を見据えつつ、そこに明日(あした)の穏やかな日日を手繰り寄せようと願うなら、権力よりも弱者の極みたる個人の「正気」を信じ、称え、伝えゆくしかない。柳川監督の「哲理(フィロソフィ)」に寄り添い結束したチーム総員が、奇蹟を生んだ。「平和」なるこの世の大嘘が、心のマコトとして信じ得る。さあ皆、映画と一体化して、「人間」を誇り、「勇気」を持とう!

中園ミホ(脚本家)
この男がいなかったら、沖縄はどうなっていたのか!?
一人の外交官のまっすぐな情熱が歴史を動かしていることを初めて知りました。
支える妻の凛とした美しさにも心を打たれました。これぞ昭和の夫婦愛!

堀 潤(ジャーナリスト)
生前、大田昌秀元沖縄県知事は私の取材にこう語った。「日本本土の国益の名において、沖縄は絶えずモノ扱いされ、政治的取引に利用され続けてきました」。そしてこの映画は伝える。米国のみならず日本政府とも闘った外交官が本土にいたことを。

木内みどり(俳優)
立派な外交官がいたのですね。
辺野古ゲート前で排除されてもされても坐りこみ続けている沖縄県民の方々。県民を守らず米軍を守って立ちはだかる機動隊員。こんなことがいつまで続くのと悲しい。
この国のトップは嘘つきで恥知らずが多く、毎日のニュースが辛い。そんな中で、権力や圧力に抗った外交官・千葉一夫さんを知りました。
「諦めたら負けだ」との彼の言葉に勇気づけられます。
それにしても、俳優・井浦 新さんの見事なこと!
映画にしてくれた西脇順一郎プロデューサーと柳川 強監督に拍手を贈りたいです。

増田ユリヤ(ジャーナリスト)
「理想を追い求めずに何が外交か」。異色の外交官千葉とその妻の「沖縄を取り戻す」という情熱と信念を貫いた人生を前に、「正義とは何か」と改めて自らに問いかける。誰もが、自国の歴史の中を生きているのだ。

伊勢崎賢治(「主権なき平和国家 地位協定の国際比較からみる日本の姿」著者/東京外国語大学 教授)
沖縄返還のために主人公・千葉一夫が奔走した50年前と今。核兵器持ち込み。アメリカのベトナムなどの交戦国への自由出撃。これらは今だにアメリカの「政治的配慮」に委ねられたままである。
アメリカの「地位協定」の世界標準では、自由出撃は、その概念すら存在しない。アメリカが何を持ち込むか、何をするかは、全て、受け入れ国の「許可制」である。なぜか? それが「主権」だからである。

三上智恵(映画監督)
「いつになったらアメリカと対等に物が言える国になるのかー」千葉一夫はそう呻きながら、得意の英語と鋼の信念で沖縄の返還交渉に体当たりで臨む。今、冷徹な態度で政府に突き放され続けている沖縄から見れば、彼のような外交官の存在を知るだけで胸が熱くなる。しかし戦後、優に千人を超える日本の外交官たちがみな千葉一夫のように「アメリカと対等」を揺るがぬ信念として国を牽引してくれていたら、千葉はヒーローとして描かれることはなかったのだ。千葉の発掘は、千葉のような外交官の不在がこの国に長らく続いていることを照射している。

中島琢磨(「沖縄返還と日米安保体制」著者/ 龍谷大学法学部教授)
千葉は沖縄返還交渉の詳細な記録を残していた。
これらの公文書からは、外務省が米国と厳しいやり取りを重ねていた様子がよくわかる。昨今の公文書改ざん問題もあり、
千葉の歴史に対する責任感の強さに頭の下がる思いである

河合弘之(脱原発弁護団全国連絡会共同代表・映画監督)
強大な力に対して、正義感をもって戦いを挑む者の苦しさ、切なさ、そして少しの達成感に共感を覚える。それは原発、原子力ムラに厳しい戦いを挑んでいる私のそれと同じだ。

大石静(脚本家)
「沖縄返還に奔走する外交官・千葉を演じた井浦新が美しい。 大きな力に押しつぶされながらも、信念と理想を貫き通す外交官・千葉の姿にシビれる。こういう男はもういない。映画の中だけでも出会っておいた方がいいと思う」

映画情報どっとこむ ralph 『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』

公式サイト
www.henkan-movie.com

主演・井浦新が返還交渉の知られざる立役者を熱演!!

沖縄に人生をかけた男の生き様を知れば、本当の戦後史が見えてくる。

主人公の千葉を演じるのは、40代に入り益々活躍の場を広げる井浦新。撮影前に単身沖縄に渡り、基地の在り様や文物を見学し「千葉さんの“怒り”を腹の底に溜め込んだ」という井浦は、“鬼の交渉人”を見事に演じきり、新境地を見せている。戸田菜穂は、妻・惠子の知的で上品な美貌に隠された“情熱”を体現した。又、当時の外務官僚、沖縄主席を演じる尾美としのり、佐野史郎、大杉漣、石橋蓮司といった映画界の名優たちの演技合戦は本作に重厚感とリアリティーを与えている。音楽は「あまちゃん」などの大友良英、語りは沖縄戦を描いた岡本喜八監督の傑作『激動の昭和史 沖縄決戦』にも出演している、日本映画界の至宝である仲代達矢が担当。
2010年の外務省の“密約問題”調査により、72年の沖縄返還当時の外交資料がほぼ全て公開された。資料を読み解くと、対米交渉・対沖縄折衝の両面で1人の外交官が大きな役割を担ってきた事が初めて判った。本作は、黒衣の外交官である千葉の存在を非公開資料や遺族への丹念な取材から掘り起こした、宮川徹志の「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」を原案にして、沖縄返還交渉の裏面史を骨太に描き昨年放送されたNHKドラマに、新たな映像を加え再編集した劇場版として上映が実現しました!

***********************************


井浦新 戸田菜穂 尾美としのり 中島歩 みのすけ チャールズ・グラバー 吉田妙子 平良進 津波信一 佐野史郎 大杉漣 石橋蓮司

脚本:西岡琢也
音楽:大友良英
語り:仲代達矢
原案:宮川徹志「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」(岩波書店刊)

プロデューサー:西脇順一郎
監督:柳川強
資料提供:那覇出版社、那覇市歴史博物館、沖縄県公文書館
制作・著作:NHK
配給:太秦

【2018年/100分/DCP/16:9/日本】
©NHK


若松プロの映画と青春を白石和彌監督が映画化『止められるか、俺たちを』出演者からコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 2018年10月13日(土)より映画『止められるか、俺たちを』がテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

1969年青春の全てを映画に注いでいた若松プロのメンバーの情熱があふれるメインビジュアルと、出演者からのコメントが届きました!

これは映画監督白石和彌が、師匠若松孝二と、“何者かになろうと夢みた”全ての人へ送る、終わらない青春の1ページの記憶。
2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年。若松プロダクション出身で、『凶悪』で第37回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞、『彼女が名前を知らない鳥たち』(17)、『孤狼の血』(18)など、いまや日本映画界を牽引する俊英・白石和彌が、師匠・若松孝二が時代と共に駆け抜けた時代を描きだす。白石監督自ら「映画を武器に戦ってきた若松さんの声をもう一度聞きたい」と企画した本作は、記念すべき若松プロダクション映画製作再始動第一弾となる。
1969年、“若松プロダクション”の門を叩いた少女の目を通して、若松孝二と共に映画、政治、青春が駆け抜けていった一瞬の時を描く。主演は門脇麦、若松プロダクション助監督・吉積めぐみ役を熱演。そして若松孝二役は若松組常連・井浦新。
映画情報どっとこむ ralph 【ミキサー助手福ちゃん役・満島真之介コメント】
この作品が、私を映画の世界へと招き入れてくれた我が師、若松孝二監督とのかけがえのないあの時を思い出させてくれました。初心を大切に、再出発です。ありがとう。


【松田政男役・渋川清彦コメント】
若松監督と時間を共に出来た事は、俺の財産です。学んだ事を胸に自分なりにやって行きます。新宿二丁目の蕎麦屋で、若松監督とクマさんに偶然お会いした夜の事は、一生忘れられません。


【赤塚不二夫役・音尾琢真コメント】
私自身は若松孝二監督とはお会いできないままでしたが、その意思を受け継いでいる仏のように優しい鬼才、白石監督を通してお会いできているような気持ちでおります。この映画は、心の奥にこんな感情がまだ残っていたのか、と思えるほど、熱いものをこみ上げさせました。私も若松プロにいたかった、心からそう思います。


【大島渚役・高岡蒼佑コメント】
「高岡くん、スーツの準備しておけよ」

一緒に作った作品がベネチアに招待された時の第一声。これが若松さんだ。

僕がチラチラと横目で見つめつづけてきた若松さんが作品の中にいた。優しさと切なさが胸の中で弾けて、立て続けに二回見てしまった。若松さんを愛する人も若松さんを知らない人も、誰もが若松孝二とあの時代の若松プロに魅了されてしまうに違いない!参加できたことが最高だ!


【吉澤健役・高良健吾コメント】
この映画の登場人物達のように燃えるように生きたい。ここではないどこかへ行く夢を一緒に見た気がする。


【前田のママ役・寺島しのぶコメント】
万歳!若松組!

映画情報どっとこむ ralph
こんな若松プロ、こんな青春、誰も観たことない

映画『止められるか、俺たちを

公式サイト:
www.tomeore.com


物語・・・

ここには映画と青春があった  でも私はなにをみつけたんだろう―――

吉積めぐみ、21歳。1969年春、新宿のフーテン仲間のオバケに誘われて、“若松プロダクション”の扉をたたいた。当時、若者を熱狂させる映画を作りだしていた“若松プロダクション“。そこはピンク映画の旗手・若松孝二を中心とした新進気鋭の若者たちの巣窟であった。小難しい理屈を並べ立てる映画監督の足立正生、冗談ばかり言いつつも全てをこなす助監督のガイラ、飄々とした助監督で脚本家の沖島勲、カメラマン志望の高間賢治、インテリ評論家気取りの助監督・荒井晴彦など、映画に魅せられた何者かの卵たちが次々と集まってきた。撮影がある時もない時も事務所に集い、タバコを吸い、酒を飲み、ネタを探し、レコードを万引きし、街で女優をスカウトする。撮影がはじまれば、助監督はなんでもやる。

「映画を観るのと撮るのは、180度違う…」めぐみは、若松孝二という存在、なによりも映画作りに魅了されていく。

しかし万引きの天才で、めぐみに助監督の全てを教えてくれたオバケも「エネルギーの貯金を使い果たした」と、若松プロを去っていった。めぐみ自身も何を表現したいのか、何者になりたいのか、何も見つけられない自分への焦りと、全てから取り残されてしまうような言いようのない不安に駆られていく。

「やがては、監督……若松孝二にヤイバを突き付けないと…」


***********************************

門脇麦 井浦新
山本 浩司 岡部尚 大西信満 タモト清嵐 毎熊克哉
伊島空 外山将平 藤原季節 上川周作 ほか

監督:白石和彌 
脚本:井上淳一
製作:若松プロダクション スコーレ ハイクロスシネマトグラフィ
配給:若松プロダクション スコーレ 
宣伝:太秦
【2018/日本/DCP/シネスコ/119分】
©2018若松プロダクション
  


殉職した隊員の想いが、世界に伝わればいいと思う「第二警備隊」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph マドリード国際映画祭最優秀作品賞3年連続受賞、モントリオール世界映画祭招待上映、ミラン国際フィルムメーカー映画祭最優秀監督賞受賞で高い評価を得ている柿崎ゆうじ監督の長編第1作目となる『第二警備隊』。

柿崎ゆうじ監督が自ら経営する警備会社が関わった事件の実体験をもとに、構想17年の時を経て世に送り出す衝撃作「第二警備隊」。身辺警護員たちの極限の生き様が描かれている本作は、本日6月16日(土)より新宿武蔵野館にて公開がスタートし、6月30日(土)からはシネ・リーブル梅田にて公開となります。

そして6月16日(土)より新宿武蔵野館にて初日を迎え、主演・筧利夫、出合正幸、竹島由夏、伊藤つかさ、伊吹剛、そして柿崎ゆうじ監督が登壇し舞台挨拶を行いました。

『第二警備隊』初日舞台挨拶
日程:6月16日(土)
場所:新宿武蔵野館 スクリーン
登壇:筧利夫、出合正幸、竹島由夏、伊藤つかさ、伊吹剛、柿崎ゆうじ監督
MC:八雲ふみね

映画情報どっとこむ ralph 柿崎監督の長編第1弾作品である本作は、すでにロンドン国際フィルムメーカー映画祭にて最優秀編集賞を受賞。またニース国際映画祭2018にて出合正幸が最優秀助演男優賞を受賞し、世界的に高い評価を得ておりますが、本日、モントリオール世界映画祭のフォーカスオンワールドシネマ部門にて正式招待されることが発表となり、筧利夫さん、出合正幸さん、竹島由夏さん、伊藤つかささん、伊吹剛さん、柿崎ゆうじ監督が登壇。
筧・出合・竹島は劇中の出で立ちで登場!

筧さん:撮影から2年の時を経て公開となりました。首を長くして公開を待っておりました。映画の“心意気”が観た方々の心に届くと祈っております。そしてモントリール世界映画祭での招待が決まり、すごいです!ニース国際映画祭で出合正幸さんが最優秀助演男優賞を受賞しましたが、『俺にもくれ!』
と願いを口にし、会場の笑いを誘うと、ではモントリオール世界映画祭!と優しいMCさん。

一方、ニース国際映画祭2018で最優秀助演男優賞した出会いさんは

出合さん:監督と出会って10年以上経ちますが、当時からこの話は伺っておりました。映画にしたいと聞いていたので、映画化する時があればどんな役でも参加させていただきたいという想いが自分の中にありました。出演のお話をいただけた時、監督の記憶であり監督が大切にしていることの一部になれるということが嬉しかったです。
と想いを伝えた。

映画情報どっとこむ ralph 竹島さんは自身が演じた女性が女性と喧嘩をするシーンに触れ、

竹島さん:私の役は“フィクションでしょう”と思われがちですが、実在しています。現在は素敵な女性なのですが、当時は眉間のシワがすごかったようです(笑)女性同士の喧嘩のシーンは、どんな言葉を実際に使っていたのか本人に聞いてみました。『テメー、コノヤロー、かかってこいよ』などは、本人から教えていただいたセリフを使わせていただきました。
とリアルを追求するため実体験された方から指導いただいたことを話した。

伊藤さん:映画の中で住職の妻を演じました。“いかに怖い思いをしたか”を忠実に再現できたらと思い演じました。今日初日を迎え、本当にこのように皆さんに観ていただける日がきたと思うと、お客さんを前に感動しています。今回、私は怒ってばかりの役でした。実在した方は、とても綺麗な女性だったと伺っていたので、演じる上でその点ではプレッシャーでした。

と語りました。大柄で、強面の伊吹さんは

伊吹さん:文句ばっかり言って逃げまくっている男の役をやらせていただきました。“きたない男だなあ”と思われたのではないかと思います。殉職した身辺警備員がいるので、亡くなられた隊員のお父さんとお母さんが息子と対面するシーンは、台本を読んでいるときからジーンときていました。自分が演じろと言われたら自分はできないのではないかと思いました。
と、心情を伝えていました。


映画情報どっとこむ ralph そして監督は実際に体験されたことなので、思い入れが強く・・・
監督:事件からおよそ19年が経ちます。19年の思いを初日の今日、映画として皆様に観ていただける機会を得ることができ感無量です。あの時になぜか“映画にして知ってもらいたい”という気持ちが生まれ、達成できて本当に良かったです。そしてモントリール世界映画祭への招待に関しては、その国の実行委員会が作品を観て映画祭に呼んでくださることですので、この作品をみて共感して招待してくださったことが非常に嬉しく思います。エステックの隊員の想いが、殉職した隊員の想いが、世界に伝わればいいなあと思います。また本作で遺作になった出光元ですが、撮影時も長くガンを患っていて、声が出ませんでした。現場で声ができれないことがあり、セリフの一部をなくして表現で芝居をしていただいた。渾身の芝居をしていただいたことを思い出します。

と初モントリール、そして本作が遺作となった出光さんへの想いをぶつけた。


最後に・・・

監督:事件の現場にいたので、心が重いです。今でも熱いものが込み上げてきたり、深い悲しみが襲ってくるときもあり・・・今でも鮮烈に残っている出来事です。
と話し、スクリーンに込めた監督の思いが伝わる舞台挨拶となりました。


映画情報どっとこむ ralph 依頼者の生命と財産を護る──

決して忘れない“あの夏”の事件・・・

警備会社と暴力団の壮絶な闘いが始まる。


様々な想いが交錯する、観る者すべての魂を揺るがす慟哭の物語。

第二警備隊

[東京]6月16日(土)より新宿武蔵野館
[大阪]6月30日(土)よりシネ・リーブル梅田にて全国公開
公式HP: dai2keibitai.jp

1999年1月某日、警備会社エステックに一本の電話が入った──。社長の大崎(筧利夫)は、学生時代の先輩で寺の住職・小泉(芦川 誠)からの依頼を受け、精鋭チーム・第二警備隊を結成する。政治団体を標榜しつつもその実は指定暴力団・真政会の一味である護国大憂党は、寺の利権を狙って日々執拗な嫌がらせを繰り返してくる。大崎指揮のもと、隊長・高城(出合正幸)と中本(野村宏伸)を中心に、紅一点の佐野(竹島由夏)も加わり、大恩寺の警備警護にあたる隊員たちであったが、9月9日夜、ついに中本が凶弾に倒れてしまう。・・・

我が国に初めて民間警備会社が誕生してから56年。警備会社は依頼者の生命と財産を護るべく警備警護活動を続けてきた。この物語は、襲いかかる悪の手から依頼者を護るため、文字通り命懸けで闘ったある勇敢な警備会社の不屈の精神と、そこに所属する身辺警護員たちの極限の生き様を描いた人間ドラマである!

***********************************

筧 利夫

出合正幸 竹島由夏 久松信美 河合龍之介 芦川誠 橋本じゅん 柳 憂怜 関根大学

伊藤つかさ 石橋保 前田耕陽 伊吹 剛 麿 赤兒 赤座美代子 出光 元 野村宏伸

監督・脚本・エグゼクティブプロデューサー:柿崎ゆうじ

プロデューサー:古谷謙一 齋藤浩司
ラインプロデューサー:山口誠

撮影監督:佐藤和人(J.S.C.)
照明:金村悟史 録音:甲斐田哲也
美術:畠山和久 助監督:荒川栄二

編集:鳥居康剛 柿崎ゆうじ

音楽:西村真吾 主題歌:内田あかり「遥か」 特別協力:ビーテックインターナショナル

協力:カートコーポレイトグループ カートプロモーション エーチーム・アカデミー 日商 オーガニックレストラン・セタ

サムライインターナショナル 特定非営利活動法人知覧特攻の母鳥濱トメ顕彰会 特定非営利活動法人 日本防犯防災協会

企画・製作・配給:カートエンターテイメント
宣伝プロデューサー:廿樂未果
配給協力:REGENTS
2017/カラー/日本/112分/ビスタサイズ/5.1ch
©2017 カートエンターテイメント
     


新井浩文がシュールな棋士:清又勝のキャラクター写真到着!『泣き虫しょったんの奇跡』


映画情報どっとこむ ralph 将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」が、豊田利晃監督により映画化。

松田龍平さんが『青い春』以来16年ぶりに豊田作品で単独主演を務めるほか、野田洋次郎さん、永山絢斗さん、染谷将太さん、妻夫木聡さん、松たか子さん、國村隼さんといった<主役級>の豪華キャストが集結した本作は、今秋より全国ロードショーとなります。(鳩森八幡神社将棋堂でヒット祈願!の模様はこちら

映画情報どっとこむ ralph この度、個性的な登場人物たちが顔を揃える本作の中でも、ひときわ“強烈なインパクト”を放つ、新井浩文さん演じる清又勝のキャラクター写真が公開となった!

また今回、晶司と清又の試合を始め、対局シーンの撮影では、瀬川五段の協力を仰ぎ入念な将棋指導が施されたという。

瀬川五段:最初とは段違いに上手くなった。

とその将棋の腕前に称賛を送るのは、自身の役を務めた松田さん。その様子を傍で見届けていた

新井さん:その昔、香車が歩を飛び越えて指していた松田さんが、めちゃくちゃ強くなっていてびっくりしました。

と、付き合いの長さを思わせる独特の表現で松田さんの成長ぶりを語っている。現在も第一線で活躍する異色のプロ棋士・“瀬川晶司”を見事に体現した松田さんと、一癖も二癖もある個性派キャラを演じきり、観る者に強烈な印象を残した新井さんです。

映画情報どっとこむ ralph そんなふたりの手に汗握る対局シーンに注目です!!

“異色の棋士”が起こす将棋界の歴史を変えた奇跡の実話を描く、

泣き虫しょったんの奇跡

は今秋全国ロードショー!

幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田)は、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇段できないものは退会」というプロ棋士養成機関・奨励会の規定により、26歳にして人生の目標を失い社会の荒波に放り出されてしまう―。本作は、一度は夢破れた“しょったん”が、周囲の人々に支えられながら、史上初めて奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた奇跡の実話を描く。

物語・・・
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる。

***********************************

監督:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』)
脚本:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼
製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会
©瀬川晶司/講談社