「実話」カテゴリーアーカイブ

クイーンを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』フレディ・フォー・ア・デイ & ヒースロー空港 特別映像一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 「世界で最も売れたアーティスト」に名を連ね、マイケル・ジャクソンやエアロスミスらと共にロックの殿堂入りを果たし、日本でもスポーツシーンやドラマ、CMなどで世代を問わず誰もが耳にしたことのある伝説のロックバンド、クイーン。
今もなお世界中を魅了し続けるクイーンの現メンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーを音楽総指揮に迎えて、1991年に惜しくもこの世を去った史上最高のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの姿を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』。

悩める者、弱き者に捧げる、ミュージック・エンターテインメントが、11月9日(金)に公開となります!

今回解禁された特別映像は、世界中で開催された「フレディ・フォー・ア・デイ」に参加したファンたちが、フレディ・マーキュリーの誕生日を盛大に祝う様子を、彼が生み出した数々の名曲と共にまとめたもの。

映像冒頭に映るフレディ・マーキュリーの笑顔が印象的な誕生日をお祝いした映像では、先日日本で行われたお笑い芸人のレイザーラモンRGさんとモデルの池田美優(みちょぱ)さんが登場したイベントの様子をはじめ、世界各国で趣向を凝らした様々な誕生日パーティーが開催された。


またクイーンゆかりの地イギリスでは、クイーン加入前のフレディが、ヒースロー空港で荷物係のアルバイトとして働いていたことから、現在働いている荷物係の職員たちが元同僚フレディ・マーキュリーのお誕生日をお祝いするために、オリジナルのダンスショーをヒースロー空港のターミナルで開催!!


映画情報どっとこむ ralph さらにアメリカでは、ラスベガスのMGM Parkでのコンサートツアーの合間をぬって、クイーンのギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーがサプライズで登場し、ファンと一緒にハグをし、記念撮影をする姿が!!

映像最後には、『ボヘミアン・ラプソディ』にて、ラミ・マレック演じるフレディ・マーキュリーが高々と拳を掲げるライブシーンの数々と、ウェンブリー・スタジアムで開催された歴史的コンサート〈ライブ・エイド〉に詰めかけた観客たちが「ウィ・ウィル・ロック・ユー(We Will Rock You)」の手拍子をする圧巻のシーンも収められています。

『ボヘミアン・ラプソディ』
原題:Bohemian Rhapsody

11月9日(金) 全国ロードショー 

***********************************

監督:ブライアン・シンガー
製作:グレアム・キング/ジム・ビーチ 
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラマー)
出演:ラミ・マレック/ジョセフ・マッゼロ/ベン・ハーディ/グウィリム・リー/ルーシー・ボイントン/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox


志尊淳主演『走れ!T校バスケット部』予告&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 実話に基づいた同名小説を実写化、汗と涙の直球青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』が今年11月3日(土)に公開となります。

そしてこの度、本作の予告映像&ポスタービジュアルが解禁となりました!

今回の予告編は、いじめを受けて転校してきた陽一が、T校バスケット部のメンバーと絆を深めていく様子や和気あいあいとじゃれあう様子が散りばめられた90秒の映像となっています。

ゾノの告白が失敗した様子を盗み見て笑いあったり、体育館で夜中にダンクシュートの練習、ガリの実家である寿司屋でウィンターカップへの出場に向け決起する場面など楽し気な日常を切り取ったシーンに加え、キャプテンの俊介が陽一に語り掛けるシーン、円陣を組み「俺たちは、どのチームにも負けないくらい固い絆で結ばれてる」と熱く叫ぶ陽一の姿など、誰もが自分の青春を思い起こすような場面が満載。GReeeeNの主題歌「贈る言葉」も重なり、より爽やかな青春を感じさせます。また椎名桔平や竹中直人などの脇を固める豪華俳優から、友情出演の竹内涼真や千葉雄大などキーマンとなるキャストの姿も盛り込まれ、本作の魅力が余すことなく凝縮された映像となってます!

さらに力強い目をした陽一をはじめ、ユニフォーム姿が印象的なT校メンバー&豪華キャストが並んだポスタービジュアルにもご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph さらに、さらに!超レアグッズプレゼント付き前売券&劇場限定入場者プレゼントも決定!

ポスタービジュアルが全面的にあしらわれたA4クリアファイルが特典としてつく前売券&ムビチケカードは9月29日(土)より全国の劇場窓口にて順次発売!
(※一部劇場を除く※全国合計1万部限定※無くなり次第終了)さらに劇場限定入場者プレゼントは“B.LEAGUE公認”の「トレーディングカード【T校バージョン】」の配布が決定!(※全7種類のうち、いずれか1枚をプレゼント※全国20万名限定※無くなり次第終了)これはB.LEAGUEとBBM(ベースボール・マガジン社)との奇跡のコラボが実現!全国で好評発売中のB.LEAGUEトレーディングカードの続き番号からスタートする7種で、純然たるオフィシャル仕様です!
しかも、BBMのトレカシリーズで映画の劇中スチールを使用したコラボカードが誕生するのは、なんと史上初!!裏面には各キャラクターのプロフィールなども記載されたファンにはたまらないアイテム。どちらのプレゼントも非売品となっており、この機会でしか手に入らない超レアグッズ!!


映画情報どっとこむ ralph 因縁のエリート校チームに、硬い絆で結ばれた超弱小の雑草チームが立ち向かい、奇跡を起こす…!! 
笑って泣いて熱くなる!奇跡の痛快青春エンタテインメント

走れ!T校バスケット部

2018年11月3日(土)試合開始!

公式サイト:
http://tkoubaske.jp/ 
公式Twitter:
https://twitter.com/tkoubaske


連戦連敗、向かうところ負けばかりの雑草チーム「T校バスケット部」。
そんなT校に、バスケの強豪白瑞高校で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー、田所陽一が転入してくる。陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が標的となり、バスケットボールを辞めていた。もう二度とバスケはしない――。
そう心に誓い、勉強に専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。
情熱と葛藤、仲間と家族、あきらめきれない夢 ―。
陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!


***********************************

原作「走れ!T校バスケット部」(松崎洋著・幻冬舎文庫)
(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会


デイミアン・チャゼル監督xライアン・ゴズリング『ファースト・マン』第43回トロント国際映画祭プレミア


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞で同時ノミネートされた他作品を圧倒し、世界各国でも大絶賛が巻き起こった『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)が、2019年2月より全国公開とおなります。

本日9月12日は、 “宇宙の日”!!!
日本にとって記念すべき日本時間9月12日に、カナダのトロント国際映画祭で、人類で初めて月面へ着陸を果たしたアポロ11号計画をニール・アームストロングの目線で描いた『ファースト・マン』の映画祭公式記者会見が行われました。(現地時間:9月11日)


映画『ファースト・マン』第43回トロント国際映画祭プレミア
公式会見:9月11日(水)10:30頃~ 
TIFF Bell Lightbox ※現地時間

参加者(敬称略):デイミアン・チャゼル(監督)、ライアン・ゴズリング、クレア・フォイ、カイル・チャンドラー、コリー・ストール、パトリック・フュジット、オリビア・ハミルトン、リック・アームストロング/マーク・アームストロング(ニール・アームストロング息子)

映画情報どっとこむ ralph プレミアフォトコール
デイミアン・チャゼル監督、主演ライアン・ゴズリング、クレア・フォイほか出演者。さらにニール・アームストロングの息子兄弟も参加し終始和やかなムードで行われました。

チャゼル監督は製作のきっかけとして

チャゼル監督:『ファースト・マン』は『セッション』に続き同様のテーマで目標や野望を達成するために払う犠牲について探求する良い機会になると考えていた。」が、進めるうちに「アームストロングは今まで描いたそのような役柄と比べ、単なる野望にとどまらずたえず彼方にある何かを見たいという欲求があった。そんな彼が、歴史上あの期間に起きていた宇宙戦争のなかで、少年の頃から抱いた飛行への情熱であったり、その何かを見たいという欲求を、自身の任務を通して昇華させたという点に興味を引かれ、何とかして映画化したいという想いに突き動かされました!

と語り、監督から直々に本作の主演のオファーを受けたというライアン・ゴズリングは

ライアンさん:監督から神話のように語られるアームストロングの真実の姿を描きたかったと聞き、責任重大だと感じました!

と答えました。
月面着陸シーンで演じることの重要性については

ライアンさん:英雄的な瞬間を自分のことでなく、森羅万象に関わることとして名言を残した彼を理解すること、そしてその過程に携われたことは大変光栄なことでした。

と語った。


また妻のジャネットを演じたクレア・フォイは、アームストロングの人間性や、傍で支える妻の姿にスポットが当たった本作の脚本にとても感銘を受けたそうで

フォイさん:本作の素晴らしい点は、月に行く男たちの人間性という、誰も重要視せず、興味も持たなかった面に光を当てたこと。彼らには私生活があり、(月に行くにあたって)妻や子どもと口論をしたことなど、誰も気にかけなかった。今回は脚本を読んで、“是非出演させてほしい”と思いました。

とコメントした。


会見には、アームストロング本人の息子であるリック・アームストロングとマーク・アームストロングも登壇!

マークさん:本作は真実に忠実であることを物語っている。すでに4、5回観ているが、昨晩も観てまた泣いてしまった。映画の内容および出演者たちの演技が、いかに真に迫っているかを物語っている作品だと思います。

と本作に賞賛を贈った。ライアン・ゴズリングによると

ライアンさん:息子ら家族は撮影に協力と支援を惜しまず、宇宙シーンの撮影には実際のアポロ計画の宇宙飛行士ら、そしてセットには原作者のジェイムズ・R・ハンセンが常駐しました。皆さんがニールとジャネット、そして彼らの功績をとても大切にされていて、事実と異なる描写がされないようにあらん限りの情報を提供したいと思ってくださっていることを強く感じましたね。

と当時を知る協力者たちに感謝を述べました!



映画情報どっとこむ ralph 『ファースト・マン』
原題:『FIRST MAN』


全米公開:10月12日(金) 
日本では、2019年2月に全国公開。

アームストロングを演じるのは『ラ・ラ・ランド』でゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞ライアン・ゴズリング、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイがアームストロングの妻ジャネットを演じる。

監督は最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル。さらにアカデミー賞脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガーが脚本を務める。

史上最も危険なミッションである月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いた実在の宇宙飛行士、アポロ11号船長ニール・アームストロング。全人類の夢であり未来を切り開いた偉業のすべてを、賞レース常連の実力派監督、脚本家、俳優らが集結し当時の記録に基づく綿密な研究と持ち前の手腕によって圧巻のリアリティと臨場感たっぷりに描かれる。本作は第75回ベネチア国際映画祭オープニング上映作品に選出され、上映後にはスタンディングオベーションが巻き起こり、主演ライアン・ゴズリングとクレア・フォイの演技に絶賛の声が上がった。トロント国際映画祭ではガラ・プレゼンテーション部門に選出。公式上映はIMAXスクリーンの劇場で行われ、視界に広がる没入型宇宙体験で観客を圧倒。海外の映画評論家からますますの高評価が集まっている。

本作は、今後釜山国際映画祭、ハンプトンズ国際映画祭にも出品が決まっており、本年度の賞レースが期待される。第43回トロント国際映画祭の授賞式は現地時間9月16日(日)に行われる。

***********************************

監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)
出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16)、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(18)  
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和


立川志らく・室井佑月・有村昆よりコメント到着『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』BD&DVD好評リリース中


映画情報どっとこむ ralph スティーブン・スピルバーグ監督×トム・ハンクス×メリル・ストリープの超豪華キャストが贈る『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』のブルーレイ&DVDが大好評リリース中です。


公式サイト:
pentagonpapers-movie/



映画情報どっとこむ ralph この度、本作のブルーレイ&DVDリリースを記念し、立川志らく(落語家)、室井佑月(作家)、有村昆(映画コメンテーター)よりコメントが到着しましたのでご紹介!

立川志らく・室井佑月・有村昆よりコメント到着!

【立川志らく】(落語家)
スピルバーグの到達点のような傑作。二人のジャーナリストが人生を賭けて大統領と戦う物語。大統領の姿は見えない。その不気味さは初期の「激突!」を彷彿させる。そしてメリル・ストリープとトム・ハンクスの良い意味でのベタさが中期の傑作「シンドラーのリスト」のような人間ドラマを浮かび上がらせる。更に食うか食われるかの死闘がスピルバーグを世に出した「ジョーズ」と同じ恐怖を生み出した。重厚な人間ドラマと恐怖を同じ比重で描いた「ペンタゴン・ペーバーズ」。だからこそスピルバーグの到達点に思えるのである。勿論、スピルバーグは我々の想像を超えた進化をこれからもしていくはずだとは思う。

【室井佑月】(作家)
この映画には2つのテーマがある。新聞は読み手である我々のためにあるべきであって、権力者の広報であってはならないということ。その正義を見失ったジャーナリズムはいらないってこと。人は変わる勇気があれば、変われるってこと。そこに、女とか男とかの垣根はない。死んでないから生きているのではない。どのように、人としての生を全うしたいかだ。もしかすると今を生きる我々に、もっとも大切なテーマなのかもしれない。多くの人に、観てもらいたい。

【有村昆】(映画コメンテーター)
以前の『スポットライト 世紀のスクープ』は宗教の不正を暴き、本作は国家を揺るがす衝撃の真実をえぐる!!米国最大のスキャンダルを、エンターテイメントにしてしまうスピルバーグはやはり偉大だ。しかもメリル・ストリープ×トム・ハンクスという最高の顔合わせ!!

映画情報どっとこむ ralph 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』ブルーレイ&DVD リリース中
\3,990+税
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(c) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
and Storyteller Distribution Co. LLC. All Rights Reserved.




***********************************


エマ・ストーン x レイチェル・ワイズ THE FAVOURITE邦題決定!『女王陛下のお気に入り』


映画情報どっとこむ ralph グレートブリテン王国を牛耳った女性たち アン女王を操る二人の女性の物語

第75回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、この度【銀獅子賞(審査員大賞)、女優賞(オリヴィア・コールマン)】をW受賞し話題を呼んでいます『THE FAVOURITE(原題)』の邦題が 『女王陛下のお気に入り』 に決定し、2019年2月より全国ロードショー登場となります。


今回女優賞を受賞したオリヴィア・コールマンは、18世紀初頭、最後のイングランド国王と呼ばれたアン女王を演じ、女官アビゲイル(エマ・ストーン)、女王の幼なじみのレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)の2人側近を相手に、女王としての威厳とその深い孤独を快演。女優賞レースの最有力候補にいち早く名乗りを上げた。

脇を固めるのが、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞(R)主演女優賞を受賞し、最新作『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』では、実在するテニスの女王を演じたエマ・ストーン。貴族への返り咲きを狙う女官アビゲイル役で、純真なだけでなく権力争いの中で欲望に目覚めていく役で新境地を開いた。
女王の幼なじみで女王を操るレディ・サラは、同じくオスカー女優のレイチェル・ワイズという、ランティモス監督が信頼を寄せる実力派三女優が集結。今後の賞レースでもこの3人の三つ巴の争いから目が離せない。

美しい宮廷を舞台に巻き起こる、三人の女たちの複雑な関係性を、豪奢なセットと美術品のように美しい衣裳とともに華麗に描きだした。また、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィンといった、フレッシュな美形英国俳優たちが華やかさに色を添えています。

監督は『ロブスター』でカンヌ国際映画祭 審査員賞、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』でカンヌ国際映画祭 脚本賞を受賞した、今最も注目されるギリシャの鬼才、ヨルゴス・ランティモス。

映画情報どっとこむ ralph
女王陛下のお気に入り

2019年2月 全国ロードショー!

物語・・・
18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。
虚弱な女王、アン(オリヴィア・コールマン)が王位にあり、彼女の幼馴染、レディ・サラ(レイチェル・ワイズ)が病身で気まぐれな女王を動かし、絶大な権力を振るっていた。

そんな中、没落したサラの従妹アビゲイル(エマ・ストーン)が召使いとして参内し、その魅力がレディ・サラとアン女王を引きつける。
レディ・サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を伺っていた。
戦争の継続をめぐる政治的駆け引きが続く中、急速に育まれるサラとの友情がアビゲイルにチャンスをもたらすが、その行く手には数々の試練が待ち受けていた。


***********************************


監督:ヨルゴス・ランティモス『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』

キャスト:
エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、レイチェル・ワイズ『ロブスター』『ナイロビの蜂』、オリヴィア・コールマン『ロブスター』、ニコラス・ホルト『シングルマン』『X-MENシリーズ』、ジョー・アルウィン『ビリー・リンの永遠の一日』

2018年/アイルランド・アメリカ・イギリス映画 
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox