「実話」カテゴリーアーカイブ

調布市民映画塾第1回上映会で「くちづけ」再上映!


2013年5月公開された堤幸彦監督、脚本・宅間孝行、出演・貫地谷しほりさん・竹中直人さんの

映画『くちづけ
http://www.kuchizuke-movie.com/

が、2015年2月6日(金)調布市民映画塾第1回上映会で上映されます。

くちづけ上映場所:調布市文化会館たづくり2階くすのきホール
1回目 14時~
2回目 19時~
開場時間は各回30分前

前売り券 500円 当日券800円
学生は学生証提示で当日券が500円になります!!
チケットご予約 お問い合せは電話 またはメールで。
NPO法人調布シネマクラブ
03 (3340)1288
choufu.cinema-club@jcom.zaq.ne.jp

チケット販売窓口
調布グリーンホールチケットセンター
調布市文化会館たづくりインフォメーション

「くちづけ」の物語は

知的障害者たちの自立支援のためのグループホーム<ひまわり荘>。
いっぽん(竹中直人)は娘・マコ(貫地谷しほり)を連れてひまわり荘に身を寄せる。みんなで力を合わせて暮らすひまわり荘での毎日は幸せな日々。そんな中で、ひまわり荘の経営が難しくなったり、うーやん(宅間孝行)のことで妹が婚約を破棄されたりと厳しい運命が彼らを待ち受ける。そして、いっぽんにも病気が見つかってしまう…。こんなに冷たい社会の中でマコをひとりにできないと、苦しむ父が選んだ決断とは・・・?

********************************************************************

映画『くちづけ』

キャスト
貫地谷しほり 竹中直人 宅間孝行
田畑智子 橋本愛 岡本麗 嶋田久作 麻生祐未 平田満

スタッフ
原作・脚本:宅間孝行
監督:堤幸彦
主題歌:「グッド・バイ・マイ・ラブ」熊谷育美(TAKUMI NOTE)
製作代表:木下直哉
プロデューサー:青木英美 神康幸 市川竜次
キャスティングプロデューサー:福岡康裕
音楽:朝川朋之
影:斑目重友
助監督:白石達也
制作担当:高瀬大樹
企画・製作:キノフィルムズ
制作:オフィスクレッシェンド
配給:東映
©2013『くちづけ』製作委員会




映画『ビッグ・アイズ』インスピレーションを受けたイラスト達!


ティム・バートン監督の最新作

ビッグ・アイズ

が、2015年1月23日(金)より公開となります。

このティム・バートン最新作にインスピレーションを受けた著名なアーティストたちが特別に描いた『ビッグ・アイズ』イラストをが到着!

本作の権利元であるワインスタイン・カンパニーがファンに向けてポスター・イラスト・コンテストを開催。そのコンテストのために様々なアーティストへイラスト提供を依頼したところ、<ビッグ・アイズ>のアート、そしてバートン監督の世界観にインスピレーションを受けた数々のアーティストが賛同。

それぞれ独自の視点から『ビッグ・アイズ』の世界観を見事に表現しています。

『ビッグ・アイズ』にイラスト提供したアーティスト
Alex Kirzhner/Zelda Devon/Dustin Stanton/Jane Mai/Jacob Sanders/Kurt Huggins/Mad Creative/Narek Gevorgian

Alex Kirzhner
BigEyes2_Alex_Kirzhner
Zelda Devon
BigEyes7_Zelda_Devon
Dustin Stanton
BigEyes5_Dustin_Stanton
Jane Mai
BigEyes8_Jane_Mai
Jacob Sanders
BigEyes6_Jacob_Sanders
Kurt Huggins
BigEyes4_Kurt_Huggins
Mad Creative
BigEyes9_MaD_Creative
Narek Gevorgian
BigEyes3_Narek_Gevorgian
気になる映画ですが物語は

「これから、僕たちはひとつ」― 愛の言葉から事件は始まった。

アンディ・ウォーホルですらその魅力を認め、60年代アメリカで一大ブームを巻き起こした、絵画〈ビッグ・アイズ〉シリーズ。作家のウォルター・キーンは一躍、時の人となる。

しかし…。

その絵画は1枚残らず、口下手で内気な彼の妻、マーガレットが描いたものだった!富と名声を手に入れた夫はセレブたちとハデに遊び歩き、妻は1日16時間、絵を描き続けた。そして、10年…。 心の内のすべてを絵で表現してきたマーガレットは、「このままでは自分を失ってしまう!」と〈告白〉を決意。だが、天才的なウソつきのウォルターは「妻は狂っている」と反撃、遂に事態は法廷へともつれ込む…。

マーガレットの魂〈ビッグ・アイズ〉を懸けた、前代未聞のアートバトルの行方は?


<ビッグ・アイズ>を愛し、幼い頃から影響を受けていたティム・バートン監督。
唯一無二の世界観でファンを魅了し続ける彼の待望の最新作は、バートン自身も耳を疑った、実在のゴースト・ペインターの物語!

ビッグ・アイズ

2015年1月23日(金)TOHOシネマズ 有楽座他 全国順次ロードショー
http://bigeyes.gaga.ne.jp/

『ビッグ・アイズ』
********************************************************************

監督:ティム・バートン
音楽:ダニー・エルフマン 『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』
美術:リック・ハインリクス『フランケン・ウィニー』、『ダーク・シャドウ』
衣裳:コリーン・アトウッド『アリス・イン・ワンダーランド』、『シザー・ハンズ』
出演:マーガレット:エイミー・アダムス『アメリカン・ハッスル』、『ザ・マスター』、
   ウォルター:クリストフ・ヴァルツ『ジャンゴ 繋がれざる者』、『イングロリアス・バスターズ』
配給:GAGA
(C)Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.
  


キンタロー。が板野友美の“ゴースト”に立候補『ビッグ・アイズ』イベントで!



殻を破りたい女性におすすめ!ティム・バートン監督の最新作

ビッグ・アイズ

が、1月23日(金)より公開となります。

その公開を記念して、ティムバートンが好きで、ものまね(=ゴースト)で何かと話題のキンタロー。さんと‘される側’の板野友美さんのお二人が登壇するイベントが行われました!

ビッグアイズイベントフォトセッション 『ビッグ・アイズ』公開記念イベントレポート
実施日:1月21日(水)
場所:BAGUS PLACEバグースプレイス
登壇者:板野友美、キンタロー。

MC:映画のご感想を
ビッグアイズイベント板野友美2 板野さん:キムバートンさんの世界観が大好きで、今回の作品も衣装なども可愛らしい世界観だったんです。この映画が実話だったと知って凄く衝撃的で。。。ウォルターの言動で、人が信じられなくなりそうでした。最終的にはね・・良かったんですけど。色々な方に観ていただいて、いろいろ感想を持ってほしいなと思う映画でした。

キンタさん:この絵をニュースで見かけて。現代アートかなとおもってたら、このイベントのお話をいただいて。フライングゲット!で観させていただいて、凄く彼女に感情移入しちゃいました。なぜかというと、ダメ男に引っ掛かり易くて、口車に乗ってしまって。自分を出したいのに殻に閉じこもっちゃって。。。でもやっぱり!って飛びだしていく感じ。悩める、殻を破りたい女性におすすめ!
 
MC:今日のお衣裳素敵ですが。
板野さん:映画が60年代だったので、その年代風にまとめました。

キンタローさん:今日はアッちゃんの衣装ではなくて、この絵。ビッグアイズならぬビッグフェイスで忠実に再現してみました。
ビッグアイズイベントキンタロー。1
MC:ゴーストライターのお話ですが。

キンタさん:あっちゃん真似で)私もやっぱり元AKB48を卒業して、おかげで今があるなと思っています。ねっともちん!

板野さん:似てますが。。そろそろキンタロー。さんも卒業されたらいかがですか?もうちょっと古いかなと。

キンタさん:耳が痛い。まだやらせて下さい。
ビッグアイズイベントキンタロー。3
板野さん:新ネタが観たいです!

キンタさん:では、鈴木奈々ちゃん真似で! よろしくおねがいします。よろしくおねがいします。ビグアイズ、ビグアイズ宜しくお願いします。

板野さん:ナナちゃんに似てます~。

キンタローさんがともちんを3分間で書くという企画です。頑張れ!キンタロー。

板野さん:似顔絵書いていただくの初めてで楽しみです。おじいちゃんが絵描きだったので、昔はよくアトリエで絵を描いていて、小学校では美術部に入っていました。アートや映画にも刺激を受けることが多くて、マーガレットが自分の絵を自分の子供の様と言っていた姿はすごく共感しました。旦那さんに絵を盗られた事がすごいくやしかっただろうなっておもいました。
ビッグアイズイベント板野似顔絵書き
MCさんの秒読みに、時間が足りない!とキンタローさん。ざわつく記者さんたち。若干心配。大丈夫なのでしょうか・・・

そして!ついに完成したイラストを自信満々にキンタロー。さんが披露!3分で書いたとはおもえない出来栄えです。
ビッグアイズイベント板野似顔絵絵 キンタさん:マーガレットの絵は大きな目が特徴ですが、私はビッグ・フェイスに顔を大きめ、体を小さめの一頭身スタイルで描きました。ポーズはともちんがフライング・ゲットしているところです。ともちんは目の大きさと、あひる唇をおさえれば完璧でっす!

板野さん:すごい上手!そんなにちゃんと描けてると思わなかった。グッズとかのキャラクターみたいで可愛いです。

キンタさん:キーホルダー作る時は言ってください。ゴーストとしてデザインやるので!

最後に映画のPR。

キンタロー。さん:とにかくぜひ映画館で観てください!ビッグ・フェイス、ビッグ・アイズ、トゥゲザー!!

板野さん:ご家族でも恋人でもお友達とでも楽しめる作品です。勇気をもらえる作品なので、ぜひご覧ください。
ビッグアイズイベント板野友美
大盛り上がりのイベントとなりました。

『ビッグ・アイズ』はが、1月23日(金)より公開です!

公式サイト:bigeyes.gaga.ne.jp


********************************************************************

監督:ティム・バートン 音楽:ダニー・エルフマン『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』
美術:リック・ハインリクス『フランケンウィニー』、『ダーク・シャドウ』 衣裳:コリーン・アトウッド『アリス・イン・ワンダーランド』、『シザーハンズ』
出演:エイミー・アダムス『アメリカン・ハッスル』『ザ・マスター』、クリストフ・ヴァルツ『ジャンゴ 繋がれざる者』『イングロリアス・バスターズ』 
配給:ギャガ © Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.
 
 


『博士と彼女のセオリー』第72回ゴールデン・グローブ主演男優賞と作曲賞!


3月13日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーとなります、“車椅子の天才物理学者”スティーヴン・ホーキング博士の半生と、彼を支え続けた妻との純愛を描く感動のヒューマン・ラブストーリー

『博士と彼女のセオリー』(原題:The Theory of Everything)。

この度、1月11日(現地時間)に第72回ゴールデン・グローブ賞結果が発表され、見事、主演男優賞(ドラマ部門)を含む2部門受賞いたしました。

第72回ゴールデン・グローブ賞 受賞部門

主演男優賞(ドラマ部門):エディ・レッドメイン

作曲賞:ヨハン・ヨハンソン 

博士と彼女のセオリー
ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』の映画化である本作。

今回受賞したエディ・レッドメインは、理論物理学者の立場から宇宙の起源の解明に挑み、現代宇宙論に多大な影響を与えたスティーヴン・ホーキング博士を演じています。『レ・ミゼラブル』で自由主義者の青年マリウスを演じた彼ですね。徐々に身体中の筋肉が衰える難病ALS(筋委縮性側索硬化症)に侵されていく難役を熱演し、新境地を開いています。

【受賞スピーチ】

エディ・レッドメイン(主演男優賞/ドラマ部門)
Oh my God!!なんてすごいことが起こっているんだろう・・・ここにいられる事を心より感謝します。
主演男優賞にノミネートされた事自体が僕にとってすごい事でした。これはとても大きな名誉です。(ホーキング家族は)私たちを信頼し、彼らのストーリーを描くことを受け入れてくれた。
この映画をきっかけに情熱的でユーモアたっぷりのホーキング博士と出会い、過ごせたことが僕の人生の中でかけがえのないものになりました。
監督、プロデューサーにお礼を、そしてフェリシティ・ジョーンズ、とても素晴らしい女優が僕を支えてくれた。素晴らしいチームに感謝したい。そして先日結婚したばかりの僕の妻にも。彼女とは今回のLAにくることをハネムーンにしていたんだけど、忘れられないハネムーン最後の夜になったよ。

ヨハン・ヨハンソン(作曲賞)
この賞をいただけたことを本当に光栄に思います。
素晴らしい『博士と彼女のセオリー』という仕事をもらった時、とてもスムーズに仕事をすることができました。それは、素晴らしい脚本と俳優陣のおかげです。

監督のジェームズ・マーシュに、僕をこのチームに招いてくれたことを本当に感謝します。

そして、この作品に関わった全ての人、素晴らしいチーム、アイルランドとデンマークにいる家族に感謝したいです。また作曲するにあたり僕を支えてくれたこの喜びを音楽家や技術者たちと分かち合いたいです。本当にありがとう!


今回、第72回ゴールデン・グローブ賞で堂々2部門受賞となった本作。
いよいよ1月15日(日本時間)に、第87回アカデミー賞ノミネート作品が発表となります。その勢いで、アカデミー賞では何部門ノミネートとなるか!?特に、エディ・レッドメインはアカデミー主演男優賞最有力候補との呼び声も高く、期待は高まります!

余命2年の宣告からも希望を持ち難病と闘い続けた天才と彼を支え続けた女性の感動ヒューマン・ラブストーリー

『博士と彼女のセオリー』(原題:The Theory of Everything)

3月13日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
公式サイト:http://hakase.link


********************************************************************


学生の頃から天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキング。
彼がケンブリッジ大学の大学院に在籍している時、詩を学ぶジェーンと出会い、たちまち2人は恋におちる。
しかし、直後にスティーヴンは難病ALS(筋委縮性側索硬化症)を発症し、余命2年の宣告を受ける。それでも彼と共に生きると決めたジェーンは、力を合わせて病気と闘う道を選択する。

出会いから、恋愛、結婚、出産・・・。
自分たちに与えられた時間がどれほど貴重なものかを知る2人は、歳月を重ねるごとに増す試練に強固な愛の力で立ち向かっていくが、時には壁に突き当たり、限界を感じ、自身の無力さに打ちひしがれる。刻々と悪化するALSとの闘病生活の中、持ち前のユーモアで乗り越えていく姿を、ホーキング博士の輝かしい功績とともに彼らの苦悩と純愛を感動的に描く。

監督:ジェームズ・マーシュ『マン・オン・ワイヤー』
主演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、
フェリシティ・ジョーンズ『アメイジング・スパイダーマン2』、
チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー
原作:ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』
配給:東宝東和 124分 (c)UNIVERSAL PICTURES 


エイミー・アダムス2年連続最優秀主演女優賞受賞


ティム・バートン監督の最新作

ビッグ・アイズ

が、1月23日(金)より公開となります。
『ビッグ・アイズ』
そして!1月11日(現地時間)に第72回ゴールデン・グローブ賞授賞式が行われ、本作の主演、エイミー・アダムスが最優秀主演女優賞を受賞いたしました!!!

強豪ひしめく中ついに発表された今年のゴールデン・グローブ賞。
昨年『アメリカン・ハッスル』でも最優秀主演女優賞に輝いたエイミー・アダムス。

実在の人物であり、<ビッグ・アイズ>の本当の作者であるマーガレット・キーンの繊細さと強さを見事に表現し、堂々の2年連続最優秀主演女優賞を達成。

スピーチでは自身のモデルとなったマーガレット・キーンへ尊敬の言葉を口にし、ティム・バートン監督やクリストフ・ヴァルツへの感謝を述べました。

エイミー・アダムス_ビッグアイズ
第72回ゴールデン・グローブ賞
最優秀主演女優賞(エイミー・アダムス) ミュージカル・コメディ部門

スピーチ内容:
ありがとうございます。私はすごく幸運だわ。マーガレットのように静かながら強い意志を持って自分の芸術を貫き通した女性を演じることができた。いつもそばにいてくれてありがとうダレン。私は静かではないけれど。この場にいる素晴らしい女性たちにも感謝します。ここにいる女性たちは、ずっと長い間、強く、素晴らしい意志を持って声をあげ続けてきました。その姿を私の娘が見ています。ティム、クリストフ、ワインスタイン、ありがとう。クリストフ、あなたと仕事するのが大好きだったわ。あなたは素晴らしい才能を持った人よ。

「これから、僕たちはひとつ」― 愛の言葉から事件は始まった。

ビッグ・アイズ

2015年1月23日(金)TOHOシネマズ 有楽座他 全国順次ロードショー
公式サイト:http://bigeyes.gaga.ne.jp/

********************************************************************

【ストーリー】
「これから、僕たちはひとつ」― 愛の言葉から事件は始まった。
ビッグアイズアンディ・ウォーホルですらその魅力を認め、60年代アメリカで一大ブームを巻き起こした、絵画〈ビッグ・アイズ〉シリーズ。作家のウォルター・キーンは一躍、時の人となる。しかし…。
その絵画は1枚残らず、口下手で内気な彼の妻、マーガレットが描いたものだった!富と名声を手に入れた夫はセレブたちとハデに遊び歩き、妻は1日16時間、絵を描き続けた。そして、10年…。
 心の内のすべてを絵で表現してきたマーガレットは、「このままでは自分を失ってしまう!」と〈告白〉を決意。だが、天才的なウソつきのウォルターは「妻は狂っている」と反撃、遂に事態は法廷へともつれ込む…。
マーガレットの魂〈ビッグ・アイズ〉を懸けた、前代未聞のアートバトルの行方は?

監督:ティム・バートン
音楽:ダニー・エルフマン 『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』
美術:リック・ハインリクス『フランケン・ウィニー』、『ダーク・シャドウ』
衣裳:コリーン・アトウッド『アリス・イン・ワンダーランド』、『シザー・ハンズ』
出演:マーガレット:エイミー・アダムス『アメリカン・ハッスル』、『ザ・マスター』、
    ウォルター:クリストフ・ヴァルツ『ジャンゴ 繋がれざる者』、『イングロリアス・バスターズ』
配給:GAGA
(C)Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.