「実話」カテゴリーアーカイブ

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』カンヌ公式イベント


2014年度、第67回カンヌ国際映画祭オープニング作品

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

のカンヌ公式イベントが現地時間5月14日におこなわれました!

参加者:ニコール・キッドマン、オリヴィエ・ダアン監督、ティム・ロス、パス・ベガほか

清楚な真っ白なアルトゥザラ(ALTUZARRA)のワンピースで登場したニコール。

(c)KAZUKO-WAKAYAMA去年は審査員として参加したカンヌ国際映画祭で本作が期待することは?との記者からの質問に苦笑しながらも「パルムドール(最高賞)」と。

また、本作は夫と国への愛のため、ヒッチコックからのハリウッド復帰のオファーを一度内諾するも断るグレース・ケリーが描かれていることから、キャリアと愛がはかりにかけられたらどうするか?の質問には仕事も大事だけどいざとなったら、愛と家庭に生きる、とコメントしました。

作品関係者だけでなく、審査員やたくさんのセレブがひしめきあうオープニングのレッドカーペットにニコール・キッドマン。
main 真っ白な肌に明るいライラックブルーが映え、堂々たる美しさで場を圧倒。

胴回りに大胆にビジューがつきスカート部分のレースが透けるというエレガントさの中にセクシーさもあわせもったドレスはアルマーニのものだそうです。

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

公開は10月です!



公式HP: http://grace-of-monaco.gaga.ne.jp/

********************************************************************

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

“世紀の結婚式”から6年経った1962年、グレース・ケリーは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも公の場では美しいだけの人形でいることを望まれる。失意のグレースがヒッチコックからのハリウッド復帰の誘いに心を動かされたとき、レーニエは過去最大の危機に直面する。フランスのシャルル・ド・ゴール大統領が過酷な課税をモナコに強要、承諾しなければ「モナコをフランス領にする」という声明を出したのだ。
メインビジュアル 窮地のなかグレースは、自分にしかできない秘策を考え出す。外交儀礼の特訓を受けて、完璧な公妃の“役作り”に励み、ド・ゴールを含む各国の指導者を招いたパーティという“舞台”を用意。

果たしてグレースが自ら書いた“脚本”のクライマックスとなる、運命を握るスピーチとは──?

監督:オリヴィエ・ダアン『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
出演:ニコール・キッドマン『めぐりあう時間たち』『ムーラン・ルージュ』/ティム・ロス『海の上のピアニスト』『パルプ・フィクション』/フランク・ランジェラ『ドラキュラ』『フロスト/ニクソン』/パス・ベガ『トーク・トゥ・ハー』『カルメン』
配給:ギャガ ■2014年/103分 ■(c) 2014 – STONE ANGELS


映画「イヴ・サンローラン」ポスタービジュアル解禁!



本国フランス公開で、初登場NO.1!!
話題騒然の新星ピエール・ニネ主演!!
時代を変えた、伝説の天才ファッションデザイナー、イヴ・サンローランの華麗なるキャリアを築いた人生の”喝采と孤独
              
映画『イヴ・サンローラン』 
       
1960年代から現在に至るまで、揺るぎない地位を築いたハイブランドの創始者にしてフランスが世界に誇る伝説のファッションデザイナー、イヴ・サンローラン。彼の輝かしいキャリアと人生の、その光と影を描いた感動作『イヴ・サンローラン』が、9/6(土)より角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネマライズ他にて全国公開となります。


本国フランス公開で、初登場NO.1の大ヒットを記録。公私共にサンローランのパートナーだったピエール・ベルジェ氏が全面協力し、イヴ・サンローラン財団所有の貴重なアーカイブ衣装が貸し出されて制作された、財団初公認作品です。


この度日本版ポスターが完成!
完成したポスターでは、まばゆいフラッシュと拍手喝采の鳴りやまぬコレクションのバックステージに佇むサンローランの姿が描かれています。

キャッチコピー
「あなたは目撃する。永遠のエレガンス誕生の瞬間を。」

映画「イヴ・サンローラン」ポスターの通り、華麗なるキャリアの頂点に立った喜びの瞬間がうかがえる。しかしその表情には、どこか淋しい影があり、モードに人生をかけた天才デザイナーの苦悩を感じさせる。

サンローランを演じた話題沸騰中の新星ピエール・ニネの姿は、サンローラン氏の若かりし頃にまるで”生き写し”だと、その容姿と演技力で注目を浴びている。長年のサンローランのパートナーだったピエール・ベルジェ氏は、彼を見て圧倒され、動揺し、感動のあまり涙を流したという。


ジャリルレスペール監督と主演ピエール・ニネのコメントがきています!

ジャリルレスペール監督
「これは、20年間にわたり、まばゆいほどの才能を発揮した男の物語だ。
21歳で栄光を手にし、オートクチュールの高品質を庶民的な既製品に適用した、最初のデザイナーだった。その陰で情緒的な衰弱に苦しみ、そうした20年を通じ、感情のこもった力強いドラマとして描くことができた。」

ピエール・ニネ
「脚本を読んで、サンローランが若い頃から新しいことに挑戦しつづけたことに感銘を受けた。創造することが、幸せを感じる唯一のことだったんだ。この映画で気に入っているのは、サンローランの人格の暗い側面、アルコールやドラッグとの接触をごまかしたりしていないところ。」

イヴ・サンローラン
2014年 ベルリン国際映画祭 パノラマ部門 オープニング作品にも決まっています

映画『イヴ・サンローラン』
        
9/6(土)角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネマライズ他全国ロードショー

********************************************************************


映画『イヴ・サンローラン』

ストーリー
1953年、パリ。21歳の新進デザイナー、イヴ・サンローランは、クリスチャン・ディオールの死後、後継者として指名され一躍世界の注目を集める。その若き天才は、初めてのコレクションを大成功させ、衝撃的なデビューを飾る。その才能に惹かれた26歳のピエール・ベルジェは、ディナーの席でイヴに出会い、たちまち恋に落ちる。ベルジェはイヴをデザイナーとして独立させ、イヴ・サンローラン社を設立。そしてその関係は、二人の運命を大きく変えたばかりでなく、世界のファッションの歴史を変えることにる。
しかしその一方で、表現者ゆえの孤独とプレッシャーに苦しみ、イヴは薬物やアルコールに依存するようになっていく…。

監督:ジャリル・レスペール 
出演:ピエール・ニネ、ギョーム・ガリエンヌ 、シャルロット・ル・ボン、ローラ・スメット、ニコライ・キンスキー 

2014/フランス/カラー/シネマスコープ
配給/KADOKAWA
(C)WY productions – SND – Cinefrance 1888 – Herodiade – Umedia


『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』カンヌでプレミア決定


世界中から注目を浴びているニコール・キッドマン主演の『Grace of Monaco』(原題)の邦題が

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

に決定。

2014年度、第67回カンヌ国際映画祭オープニング作品として5月14日ワールドプレミアが決定しました。

本作は、人気絶頂でハリウッドを去りモナコ公妃となったグレース・ケリーが、公国の存亡の危機に決死の覚悟で手を添えた、知られざる世界史の1ページを描く感動の物語。

グレース・ケリーに扮するのは、『めぐりあう時間たち』でアカデミー賞を獲得したニコール・キッドマン。伝説のクール・ビューティを甦らせるのは、彼女しかいないと誰もが認める抜擢に見事に応え、美しさと気高さだけでない生身のグレースを演じています。

夫のレーニエ公には『海の上のピアニスト』のティム・ロス、歌姫マリア・カラスには『カルメン』のパス・ヴェガ。

さらに『フロスト/ニクソン』のフランク・ランジェラなど演技派たちが顔を連ねています。

監督は、マリオン・コティアールをアカデミー女優に押し上げた『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』のオリヴィエ・ダアン。

公国の存亡の危機に彼女が演じた一世一代の大芝居とは。。。

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

日本での10月公開となります。

********************************************************************



『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

“世紀の結婚式”から6年経った1962年、グレース・ケリーは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも公の場では美しいだけの人形でいることを望まれる。失意のグレースがヒッチコックからのハリウッド復帰の誘いに心を動かされたとき、レーニエは過去最大の危機に直面する。フランスのシャルル・ド・ゴール大統領が過酷な課税をモナコに強要、承諾しなければ「モナコをフランス領にする」という声明を出したのだ。

窮地のなかグレースは、自分にしかできない秘策を考え出す。外交儀礼の特訓を受けて、完璧な公妃の“役作り”に励み、ド・ゴールを含む各国の指導者を招いたパーティという“舞台”を用意。

果たしてグレースが自ら書いた“脚本”のクライマックスとなる、運命を握るスピーチとは──?


監督:オリヴィエ・ダアン『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』

出演:
ニコール・キッドマン『めぐりあう時間たち』『ムーラン・ルージュ』
ティム・ロス『海の上のピアニスト』『パルプ・フィクション』
フランク・ランジェラ『ドラキュラ』『フロスト/ニクソン』
パズ・ヴェガ『トーク・トゥ・ハー』『カルメン』
配給:ギャガ ■
014年/103分
(C)Stone Angels / David Koskas


『イヴ・サンローラン』公開日9月6日に決定!


本国フランス公開で、初登場NO.1!!
話題騒然の新星ピエール・ニネ主演!!

時代を変えた、伝説の天才ファッションデザイナー、イヴ・サンローランの華麗なるキャリアを築いた人生の“喝采と孤独”──

『イヴ・サンローラン』

(原題:YVES SAINT LAURENT)の邦題と日本の公開初日が9月6日(土)に決定致しました。

イヴ・サンローラン
20世紀から現在に至るまで、揺るぎなき地位を築いたハイブランドの創始者にしてフランスが世界に誇る伝説のファッションデザイナー、イヴ・サンローラン。

本作は、今年1月本国フランスで公開するや、アカデミー賞を賑わせた『ゼロ・グラビティ』や『あなたを抱きしめるまで』を抜いて、初登場NO.1の大ヒットを記録しました。公私ともにサンローランのパートナーだったピエール・ベルジェ氏が全面協力し、イヴ・サンローラン財団所有のアーカイブ衣装の貸し出しの許可も得て制作された、ブランド初公認の本格伝記映画です。

──1957年、イヴ・サンローランは弱冠21歳で故クリスチャン・ディオールの後を継ぎデザイナー・デビューをした後、26歳で自らのブランドを設立。‘スモーキング’や‘サファリ・スーツ’、‘モンドリアン・ルック’など20世紀のファッション史に残るコレクションで革命を起こし、いまなお人気を誇るブランドの礎を築きました。

サンローラン役に抜擢されたのは、国立劇団コメディ・フランセーズ在籍のピエール・ニネ。

卓越した演技力でサンローランの再来かと思えるほど、酷似した容姿と繊細なキャラクターを見事に再現し、フランスの全国民を圧倒させました。演技力と美しい素顔で“Beau Garconボー・ギャルソン=きれいな男”として人気が沸騰し、いま最も注目を浴びている若手俳優さんです。

『イヴ・サンローラン』

9月6日(土)角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネマライズ他全国ロードショーです。

********************************************************************


『イヴ・サンローラン』
<ストーリー>

1953年、パリ。21歳の新進デザイナー、イヴ・サンローランは、クリスチャン・ディオールの死後、後継者として指名され一躍世界の注目を集める。その若き天才は、初めてのコレクションを大成功させ、衝撃的なデビューを飾る。その才能に惹かれた26歳のピエール・ベルジェは、ディナーの席でイヴに出会い、たちまち恋に落ちる。

ベルジェはイヴをデザイナーとして独立させ、イヴ・サンローラン社を設立。そしてその関係は、二人の運命を大きく変えたばかりでなく、世界のファッションの歴史を変えることになる。

しかしその一方で、表現者ゆえの孤独とプレッシャーに苦しみ、イヴは薬物やアルコールに依存するようになっていく・・・。

2014年 ベルリン国際映画祭 パノラマ部門 オープニング作品
■監督:ジャリル・レスペール 
■出演:ピエール・ニネ、ギョーム・ガリエンヌ、シャルロット・ル・ボン、ローラ・スメット、ニコライ・キンスキー 

2014/フランス/カラー/シネマスコープ
配給/KADOKAWA
(C)WY productions – SND – Cinefrance 1888 – Herodiade – Umedia

配給/KADOKAWA


日本人なら目をそらさずに観て欲しい「レイルウェイ 運命の旅路」


2014年4月19日公開の

「レイルウェイ 運命の旅路」Railway Man

を、一足お先に試写してきました。

リリースを見ますと。。
英国人将校と日本人通訳が辿る、奇跡の実話。
Railway_poster「エスクァイア」誌ノンフィクション大賞を受賞したエリック・ローマクスの自叙伝「The Railway Man」を、アカデミー賞(R)受賞のコリン・ファース、二コール・キッドマン、国際派として活躍する真田広之ら豪華キャストで映画化した感動の実話。

第二次世界大戦時にタイとビルマを結ぶ泰緬鉄道建設に捕虜として狩り出された英国人将校エリックが綴った戦争体験と、その後の驚くべき人生。

伴侶となったパトリシアの類稀なる愛、夫の過去までをも引き受けようとする勇気。エリックが辿った心の軌跡、勇気ある行動は、魂を根底から揺さぶる驚きと感動で見る者を圧倒します。

となっています。

「戦場にかける橋」と同じ舞台をよりリアルに描いた作品。

実話です。

日本人にはとても厳しいお話ではあります。

でも、授業では教わらない日本史の一部。
日本人なら目をそらさずに観て欲しい作品だと思います。

ジュネーブ条約に加盟していなかった日本は捕虜を劣悪な環境化働かせていたようです。1万人近くの英国・豪国の捕虜がここで亡くなられたそうです。

もちろん、イギリス・オーストラリア合作映画なので誇張はあるのかもしれません。

でも、僕がずいぶん昔にオーストラリアにいた時に、日本が攻めてきた記憶日が近くなると日本に帰れとか石投げられたりしたので、現実味があったので。。。

さて、映画ですが。
鉄道マニア。ゆえに鉄道を軸にいろいろなことが起こります。
戦後、祖国に戻った後、PTSDに悩まされる主人公。それを必死に理解しようとする奥さん。そして戦争でなにがあったかを丁寧に描いています。

コリン・ファース、ニコール・キッドマン、真田広之がメイン出演ですが、戦時中(若い頃)のコリン・ファース、真田広之を演じているジェレミー・アーヴァインと石田淡朗の演技がとてもよく。だからこそ、長い年月が経った後のシーンが生きてきます。

この映画、途中辛いかもしれませんが、最後まで観てください。

きっと落ち込まないで映画館を出て行けます。


「レイルウェイ 運命の旅路」

是非!映画館で。

2014年4月19日角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー他全国ロードショー です。
公式サイト : railway-tabi.jp

レイルウェイ
********************************************************************


原題・英題 : The Railway Man
出演:コリン・ファース、ニコール・キッドマン、真田広之、ジェレミー・アーヴァイン、ステラン・スカルスガルド、石田淡朗
監督:ジョナサン・テプリツキー
原作:エリック・ローマクス「レイルウェイ 運命の旅路」(角川文庫刊、喜多迅鷹・喜多映介=訳)
2013年/オーストラリア、イギリス/116分/カラー/シネスコ/Dolby SRD
配給:KADOKAWA
©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia