「実話」カテゴリーアーカイブ

中田亮&丸屋九兵衛トークショー 『ジェームス・ブラウン』公開記念


“ファンクの帝王”ジェームス・ブラウン(JB)の波乱万丈の生涯、その栄光と挫折を描いた

『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』

の公開も直前!

期間限定で映画とのタイアップで「JB Tribute Bar」として営業中の東京・吉祥寺の「QUATTRO LABO」にて、5月28日(木)にトークイベントが開催されました! 

ファンクバンド「オーサカ=モノレール」の中田亮と音楽情報サイト「bmr」編集長で、音楽評論からSF評論、DJまで多彩な活動を行っている丸屋九兵衛がJB愛にあふれる熱
いトークを繰り広げました。

ジェームス・ブラウン0528トークショー
『ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~』公開記念
中田亮(オーサカ=モノレール)&丸屋九兵衛(bmr編集長)トークショーレポート

日付:5月28日(木)
場所:東京・吉祥寺の「QUATTRO LABO」

トークは時折、かなりマニアックに脱線を繰り返しつつ、進行。
特に、映画にも登場するJBのバンドメンバーであり、丸屋さんが多大な影響を受けたブーツィー・コリンズとJBの関わりから、基本中の基本、JBの作り上げた音楽の何が特別であるのか? という点に2人は言及。

中田さんは、JBがブーツィーに語った

中田さん:Where’s ONE?(=一拍目はどこだ?)。。JBとは何者か? ファンクを作った人。ファンクって何? “The ONE”…すなわち一拍目のリズム!

と熱弁をふるい、4拍子の中の2拍目と4拍目を強調してきた、これまでの音楽と、1拍目と3拍目に重きを置くJBの音楽(ファンク)の決定的な違いについて語りました。

さらに話題は映画にも出てくるJBの周囲の人々に関するものに。まずはバンドメンバーの中でもJBの親友であり、映画でも重要な役割を果たすボビー・バード。

中田さん:JBが『ゲロッパ!』と言ったら、『ゲロゲロ』って歌う人です。

刑務所にいたJBの保証人となり、彼を外の世界へ連れ出す“恩人”だが、丸屋さんは2人の出会いについて

丸山さん:映画の中ではボビーが刑務所の慰問に訪れて出会ったことになってたけど、実は違ってて、刑務所チームとシャバチームによる野球大会があって、ボビーはシャバチームのリーダーでJBは刑務所チームにいたらしいです。

ジェームスブラウン
JBによる各メンバーやバンドを統率するためのルールや人心掌握術もかなり独特だったそう! メンバーの演奏ミスや衣装の乱れなどに対して、常に“罰金制度”が敷かれていたが、

中田さん:JBが手を(ミスしたメンバーに向けて)広げるんですよ。1回なら5ドル。2回広げたら10ドル。スーツの背中にしわが入ってて50ドルとか(笑)。普通の人にはわかんないような演奏のミスなんですよ。

と語り、こうした厳しい罰金制度がバンドの緊張感を生み、質の高い演奏につながったとします。

丸屋さん:JBのバンドに入ると何が大変か? JBをずっと見てないといけないんです。一挙手一投足を見てないと、そこでいろんな(演奏に関する)指示が出るから。

中田さん:これまでのように決まった小節をやるのではなく、よりプリミティブに崩したから、サビの部分もどうなるのかが決まってないから。

と。

バンドの人数もギター、ベースだけでなく、ドラムまで複数人(多いときは同時に3人!)置くという、一見、意味不明なスタイルを採用している。中田さん、丸屋さんはここにも
JBの深い考えがあると推測。中田さんは、待遇や条件などでメンバーがごねて、急に欠けてしまう時のリスクヘッジとして複数のメンバーを置いたのでは? と分析しました。

丸屋さんはこうしたJBのバンド統治を

丸屋さん:メンバー同士を反目させて団結させない。メンバーはJBとの神経戦に加え、メンバー同士でも戦わされる。大英帝国の統治と同じ方法。

とうなずく。

JBのこのマネージメント能力は、ビジネスの面でも大いに発揮され、当時のコンサート業界にも変革をもたらしたといいます。

中田さんは「アーティスト」、「マネージャー(代理人)」、「ブッキングエージェント」、「プロモーター」、「劇場」に分かれて、それぞれに手数料が発生するシステムとなっていた当時のアメリカのコンサート業界の構造を図説で説明。JBは、「マネージャー」と「ブッキングエージェント」の仕事を一つにまとめ、自分の“パートナー”として取り込み、さらに宣伝を担当する「プロモーター」を排し、代わりに自身の影響力を駆使して直接、各地のラジオ局のJBファンであるDJに売り込んで宣伝することで、余計な費用をかけずに興行を成功させたとJBによる“革命”の構図を明かす。自らの魅力を最大限に発揮し、人心を掌握する「人たらし術」として、中田さんも丸屋さんもその手腕に称賛を送っていました。

最後に改めて映画、そしてJBという男について

中田さん:歌手、ビジネスマン、ブラックパワーの推進力、ベトナムにも行った男、大統領にも会った男……2時間19分の映画の中にいろんな要素が詰め込まれています!
ジェームス・ブラウンポスター とアピール!

トークは予定をオーバーし1時間半にも及んだが、バーを訪れた客からも質問が飛び出すなど終始、盛り上がりを見せました。

『ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~』

は5月30日(土)より公開です!
公式HP:jamesbrown-movie.jp
配給:シンカ/パルコ
(C)Universal Pictures
(C)D Stevens

過去記事:ピーター・バラカン×吉岡正晴トークイベント『ジェームス・ブラウン』公開記念 
JB蔦屋イベント
********************************************************************







ピーター・バラカン×吉岡正晴トークイベント『ジェームス・ブラウン』公開記念


“ファンクの帝王”JBことジェームス・ブラウンの姿を描いた

ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~

がまもなく公開となります。

これを記念して5月27日(水)、東京・代官山蔦屋書店にて、ブロードキャスターとして活躍し、音楽にも造詣の深いピーター・バラカンさんと音楽評論家の吉岡正晴さんによるトークイベントが開催されました。映画についてはもちろん、JBが活躍した頃の社会情勢や音楽業界、そして自身がかつてJBにインタビューした際のエピソードなどが語られました!!

JB蔦屋イベント
日付:5月27日
場所:代官山蔦屋書店
登壇者:ピーター・バラカン 吉岡正晴

バラカンさんは、映画の中でもレコーディングの様子が描かれる名曲「「プリーズ・プリーズ・プリーズ Please, Please, Please」のライヴ音源を紹介。

吉岡さん:当時のキング・レコードの社長のシド・ネーサンはレコーディングを見て『何だこりゃ? 楽曲になってない!“プリーズ”しか言ってない。ダメだこれは』って言うんです。確かに、デモテープのようにサビだけある感じ。

と解説。

バラカンさん:映画の中にも出てくるけど面白い!確かに当時の概念で言うと曲になってない。それはものすごい画期的なこと。

とかたります。

また2人は、JBが音楽的な才能だけでなく、ビジネスマンとしても優れていたと力説。当時「R&B」を聴くのは低所得の黒人が中心で、売り上げはアルバムではなくシングルがほとんどだったが、JBはライヴアルバムのリリースを主張。

バラカンさん:JBは自分がライヴアルバムを作れば売れると確信していた。
吉岡さん:自分のパフォーマンスに客は熱狂する。No.1ライヴミュージシャンだという自負があった。

と市場の流れさえも変えてしまう才能であったと語る。また吉岡さんはその“人たらし”ともいうべき側面にも言及し

吉岡さん:彼は全米各地のラジオ局のDJの名前を憶えてて、プロモーションで各局を回る時もちゃんと名前で呼んでくれるんです。そういう人心掌握術がすごい!

と明かし、

バラカンさん:映画を見ても思ったけど、相当なビジネス手腕があった。

と納得。

JBメイン
またJBは黒人ミュージシャンの地位向上を念頭に、常に周囲に自身をファーストネームでなく敬意を持たせるべく「Mr.ブラウン」と呼ばせ、自らも周りの人間を「Mr.」を付けて呼んでいたという。吉岡さんもバラカンさんもJBへのインタビュー経験があるが、バラカンさんはそうした“ルール”を知らず

バラカンさん:1度だけ80年代にインタビューした時、知らずに『ジェームス』と呼んだら本人に『Mr.ブラウンだ』と言われて『失礼しました』と謝った経験がある(苦笑)。

吉岡さん:79年に初めてライヴ後の楽屋でインタビューする際に、マネージャーから必ず“Mr.”と呼ぶようにと言われました。

吉岡さんはその後、アメリカの彼の自宅に呼ばれてインタビューをしたこともあったが、その豪邸について「門をくぐると“James Brown boulevard”(=ジェームス・ブラウン大通り)という看板が掲げられていた。すごい車がたくさん並んでて『パーティでもあるのか?』と聞いたら、全部彼の車だったといったエピソードを披露。そのインタビューでは、JBから彼の娘がレコードを出す際の日本でのレコード会社を探してほしいと頼まれたそうで

吉岡さん:聴いてみたらこれがしょぼかったんですが…(苦笑)、彼はなかなかの親バカでしたね。

と意外な一面も明かし、会場は笑いに包まれました。

ジェームス・ブラウン歌唱
そんな“生”のJBを知る2人だが、共に映画でJBを演じたチャドウィック・ボーズマンを大絶賛! 

バラカンさん:JBが憑依してる。JBの喋り方や動き方を知ってる人が見たら『気持ち悪い!』と感じるほどそっくり。

吉岡さん:南部独特の喋り方もそうだし、ダンスもすごいです。

吉岡さんはまた、チャドウィック・ボーズマンが本作の前の『42 ~世界を変えた男~』では初の黒人メジャーリーガーのジャッキー・ロビンソンをこれまた見事に演じていることに触れ

吉岡さん:ロビンソンをやったので、次は自伝じゃない作品をやりたいと思っていたけど、(プロデュースを務めた)ミック・ジャガーらにも説得されて、JB役を引き受けたそうです。ジャッキー・ロビンソンとJBという2人の偉人を演じるというプレッシャーをものともせずにやり遂げたのはすごい!
ジェームス・ブラウンポスター と惜しみなく称賛しました。

既にバラカンさんは2回、吉岡さんに至っては4回も本作を鑑賞したそうで、日本での劇場公開を前に「本当に素晴らしいのでぜひ見てほしい」と呼びかけ終了となりました。

『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』

は5月30日(土)より公開です。

公式HP:jamesbrown-movie.jp
配給:シンカ/パルコ
(C)Universal Pictures
(C)D Stevens

過去記事:“ブラウン”つながり!! 松崎しげる&ねば~る君と共演ねば~
JB松崎しげる&ねばーる君ps
********************************************************************



染谷将太・水野絵梨奈ロックな舞台挨拶『ソレダケ / that’s it』


石井岳龍監督最新作

ソレダケ / that’s it

が5/27(水)に初日を迎え、染谷将太さん、水野絵梨奈さん、渋川清彦さん、村上淳さん、石井岳龍監督が舞台挨拶を行いました。

ロック映画らしくライブハウスTSUTAYA O-EASTでの爆音上映会&舞台挨拶。
そして!酒樽をギターで鏡割り!!

ソレダケ-thats-it初日舞台挨拶
映画『ソレダケ / that’s it』初日舞台挨拶
日 時:5月27日(水)
場 所:TSUTAYA O-EAST

登壇者:染谷将太(22)、水野絵梨奈(22)、渋川清彦(40)、村上淳(41)、石井岳龍監督(58)

MC:ヒダカトオル(46)

石井岳龍監督の最新作『ソレダケ / that’s it』の劇場公開に先駆けたプレミア爆音上映会が5月27日(水)に渋谷TSUTAYA O-EASTで行なわれました。

なぜ水曜日?
そう、この日は劇中の音楽を担ったbloodthirsty butchers(以下、ブッチャーズ)のリーダー、吉村秀樹さんの三回忌にあたる日。ブッチャーズの主戦場だったライブハウスで音楽のライブさながらに爆音で上映したいという制作スタッフの意向で実現。

平日の夕方開催にも関わらず、会場には限定300名の観客が“邦画界の革命児”の最新作をいち早く観ようと詰めかけました。

上映前には、石井岳龍監督、主演キャストの染谷将太さん、水野絵梨奈さん、渋川清彦さん、村上淳さんが舞台挨拶。

MCは生前の吉村秀樹さんと親交のあった日高央(THE STARBEMS、ex.BEAT CRUSADERS)が担当しました。日高さんは登壇者呼び込みの前に、「死してなおこんな映画を生み出させる吉村秀樹、恐るべし」とバンド界の偉大な先輩を褒め称えた。

そもそもの映画企画を石井監督にオファーした吉村が制作途中に急逝するなど、幾多の困難を乗り越えて公開初日を迎えたことを受け、

石井監督:スタッフもキャストも大変頑張ってくれて、とてもいい仕事ができた。今の気持ちはとても一言では言い表せられない。ようやく皆さんに観てもらえて嬉しい。

と感慨深げ。そして、社会の底辺で生きる若いホームレス、主人公の大黒砂真男〈ダイコクサマオ〉を演じた染谷さん、

染谷さん:3年前に監督から持ちかけられた企画は全然違ったが、吉村さんが亡くなったことで中断した企画を石井監督が練り直し、とても力強い形として昇華させた。本当に凄い映画。

と実に3年半もの期間を経て完成に漕ぎつけた石井監督の力量を絶賛しました。染谷と同じくアンダーグラウンドで生きる風俗嬢・南無阿弥〈ナンムアミ〉役に体当たりで挑んだ水野絵梨奈は、撮影中の印象に残ったエピソードとして、いろいろと重いものを担ぎながら地上40メートルくらいの螺旋階段を駆け下りた話を挙げ

水野さん:高所恐怖症なので、なかなかカットがかからずに凄く怖かった。

と、コメント。

役作りに際して、染谷は石井監督から
ソレダケ
染谷さん:監督からとにかく体力をつけてほしい。酷暑の時期に全力疾走するから!と言われました。

水野さん:私も走りました。

染谷さんと同じく本作の冒頭で全力疾走する裏社会の調達屋・恵比寿大吉〈ヱビスダイキチ〉を演じた

渋川さん:体力作りに関して特に何もしなかったのですが、その代わり、普段エスカレーターを使わずに二段上がりで階段を使いました。

村上さん:役的に低カロリーな男なので体力作りはしませんでした。

石井監督:究極の省エネ男、特に登場のシーンに是非注目してほしい。

と一言。

拷問や銃撃の大乱闘といった殺伐としたシーンの多い本作だが、村上によると現場はそれに反して和気藹々としていたそう。

そして、映画の公開を記念して“ロック鏡開き”を敢行。

石井監督:せーの、ロックンロール!

という掛け声と共に、木槌に見立てたエレキギターをキャスト陣が一斉に振り下ろし、樽酒の蓋を勢いよく割った。

ソレダケ-thats-it鏡割り
最後に、

染谷さん;こうして爆音上映という形で公開できる環境はこの映画にとって凄く幸せだと思う。まさに映画館で観てほしい映画。人と人がぶつかり合うエネルギーをもらえる作品です。

とアピールして締めました!

公式サイト:http://soredake.jp/

********************************************************************

作品概要
バンドbloodthirsty butchers(ブラッドサースティ・ブッチャーズ 以下、ブッチャーズ)のリーダー吉村秀樹からの熱烈なラブコールのもと石井岳龍監督が完成させた叛逆の青春物語、それが本作『ソレダケ / that’s it』。
ソレダケ-thats-itポスター 2013年5月27日に急逝した吉村秀樹率いるロックバンド、ブッチャーズとのコラボレーションに端を発した企画を、吉村亡き後監督が仕上げた作品で、その後、吉村秀樹の存在とブッチャーズの音楽から着想を得た石井岳龍監督は、その遺志を受け継ぎ、まったく新たな物語に取り組んだ。

ブッチャーズの持つ激しさ=他者を攻撃するような表層的な激しさとは異なる「攻撃的な諦念/無常」から導き出される、人間の意地が爆発する「底辺の叛逆」の物語。全篇にブッチャーズの楽曲を配置、主演に若き日本映画界の扇動者染谷将太、本格女優としての確実な一歩を踏み出した元E-girlsの水野絵梨奈、映画とロックのアウトサイダー渋川清彦、インディペンデント映画の番人村上淳、そして様々な役柄で世を魅了する綾野剛という屈指の個性派俳優たちを迎え、濃くて、危なくて、激しい、情熱とアクションが交差する青春ドラマが完成した。因みに映画のタイトル『ソレダケ』は、99年発表のブッチャーズの6枚目のオリジナルアルバム『未完成』の2曲目に収録の「ソレダケ」より引用している。
  
出演:染谷将太、水野絵梨奈、渋川清彦、村上淳/綾野剛
監督:石井岳龍 
楽曲:bloodthirsty butchers 
脚本:いながききよたか 
製作:『ソレダケ / that’s it』製作委員会
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン 
2015年/日本/カラー/1:1.85/3ch/110分 
© 2015 soredake film partners. All Rights Reserved.

 


キャッドーニャ!!映画 ジェームス・ブラウン 新映像解禁


あらゆるジャンルのミュージシャンからリスペクトされ、そのパワフルなパフォーマンスはマイケル・ジャクソン、プリンス、そしてブルーノ・マーズ、ファレル・ウィリアムスら現代の若手アーティストにも、今なお多大な影響を与え続ける伝説のアーティスト、ジェームス・ブラウン。

そのJB初の伝記映画として注目を浴びている

ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~

がいよいよ5月30日より日本公開となります。
ジェームス・ブラウン歌唱
今回公開に先駆け、映画本編の中で、JBと同じジョージア出身の“ロックのパイオニア”リトル・リチャードが演奏していたステージの休憩中を狙って、ボビー・バードたちとステージに上がり“フェイマス・フレイムズ”として初めて「CALDONIA」を演奏するシーンをWEB解禁となりました!

「キャッドーニャ(CALDONIA)!」とシャウトする姿は必見です。

本作品で何よりも輝くのは他の追随を許さないJBの圧倒的な音楽。
伝説のLIVEの完全再現を含め、まるでミュージカルのようにJBの心沸き立つ音楽、なんと18曲を映像で再現!是非その1部をご堪能ください!



「ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~」

2015年5月30日シネクイントほか全国公開
jamesbrown-movie.jp

ものがたり・・・
ジェームス・ブラウンポスター貧しい南部の家に生まれ育ち、両親に捨てられたジェームス・ブラウン(チャドウィック・ボーズマン)は叔母ハニー(オクタヴィア・スペンサー)に引き取られる。孤独な少年時代、教会で聞く音楽だけが希望だった。10代のときに窃盗で投獄されたジェームスは刑務所に慰安に来たゴスペルグループのボビー・バード(ネルサン・エリス)と出会う。

ジェームスの類稀な才能を見抜いたボビーは家族を説得。彼の保証人となって釈放し、ふたりが中心のバンド“フェイマス・フレイムス”を結成。ジェームスの才能は開花し、黒人解放運動の時代の波にも乗って一気にスターダムに伸し上がるのだった。

クレイジーな言動。
派手な女性関係。

破天荒なジェームスだが誰よりも音楽を愛し、完璧を目指すエンターテイナーだった。

しかしその厳しさはやがて仲間との確執を生み、ついにどんな時も彼を支え続けてきた親友ボビーも去ってゆくー。

********************************************************************


監督:テイト・テイラー 「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」
製作:ミック・ジャガー、ブライアン・グレイザー、ヴィクトリア・ピアマン、エリカ・ハギンズ、テイト・テイラー

出演:チャドウィック・ボーズマン「42~世界を変えた男~」 、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー 、ネルサン・エリス、ダン・エイクロイド

製作国:アメリカ、イギリス
製作年:2014年 上映時間:139分
配給:シンカ/パルコ ユニバーサル映画
©Universal Pictures
©D Stevens


『グローリー/明日への行進』試写してきた。たった50年前の事実


キング牧師、史上初の映画化!!
【歩く】ことで世界を変えた、感動の実話

グローリー/明日への行進

の6月19日(金)公開となります。

マスコミ試写に生かせていただきました。

グローリー
1965年3月7日、黒人の選挙権を求める525人が、マーティン・ルーサー・キングJr.牧師と共にアラバマ州セルマで立ち上がります。そして最終的に、彼の号令のもと、黒人や白人ら2.5万人もの人々が集まり、ただ歩くことで、ジョンソン大統領を、アメリカを、そして歴史をも動かした世紀の大行進を感動的に描き上げています。

キング牧師を演じるのは、本作で多くの賞に輝いているデヴィッド・オイェロウォ(『大統領の執事の涙』)。

脇を固めるのは、ティム・ロス、トム・ウィルキンソン、オプラ・ウィンフリーら、超ベテラン俳優たち。また、本年度アカデミー賞で「Glory」が主題歌賞に輝いています。
グローリー
たった50年前。
アメリカ南部では黒人が選挙にいけなかった事実も衝撃的。

だって、アイアンマンのロバートダウニーJrが生まれた歳のお話です。
日本だと、別所哲也さん、奥田民生さんとか爆笑問題さんが生まれた歳。

ちょっと前のお話だということ。

この映画を観ると、今だに、白人警官が黒人をというNEWSが伝わってくるのもわからないではないです。


このお話の30年後くらいに僕も海外でかなり多く、人種差別を受けたことがあるので。

人間って。。。進歩しないし、敵対軸がないといけない動物なのだと悲しくなります。

本当に色々考えさせられますし、史実どおりなので、わかってるのにハラハラします。


人種を差別することの非道。
選挙って命がけでも勝ち取るべきものだということ。

賛否はあると思いますが、中学生ぐらいにちゃんとみせたい作品です。
それからキンタ・クンテ ルーツ世代の方は是非。

史上初めて描かれる、キング牧師の感動の実話

グローリー/明日への行進

6月TOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開です。


********************************************************************

監督:エヴァ・デュヴァネイ
出演:デヴィッド・オイェロウォ『大統領の執事の涙』
トム・ウィルキンソン『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』
ティム・ロス『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』
オプラ・ウィンフリー『大統領の執事の涙』
主題歌:「GLORY」コモン&ジョン・レジェンド
配給:ギャガ
©2014 Pathe Productions Limited.All rights reserved.