「実話」カテゴリーアーカイブ

映画『LBJ ケネディの意志を継いだ男』主演ウディ・ハレルソンのコメント&写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、『スタンド・バイ・ミー』の巨匠ロブ・ライナー監督が『スリー・ビルボード』のウディ・ハレルソン主演で贈る、新たな政治ドラマ『LBJ ケネディの意志を継いだ男』が10月6日(土)より全国公開となります!

1963年11月22日。
ケネディ大統領暗殺直後、わずか98分でアメリカ大統領に就任したリンドン・B(べインズ)・ジョンソ ン(LBJ)。

ケネディ亡き後に大統領になった男は、それまで“誰にも注目されなかった南部出身の田舎者、ガサツで無礼な男”だった―


“誰にも注目されなかった男”から突然<国を動かす男>になり、 激動の人生を歩んだLBJを演じるのは、近年『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリ』で注目を浴び、スパイダーマンの 続編『ヴィラン』に出演が決定しているウディ・ハレルソン!

その驚愕事実とは、ウディの父チャールズ・ハレルソンは「元プロの殺し屋」で、テキサス州の判事 を殺害し終身刑で服役の後、獄中死。

更に、父親は生前「ケネディ大統領を暗殺したのは自分だ」と主張していた事が判明!(※後に発言は嘘だと発覚)

本作では、ケネディ暗殺直後に大 統領に就任したリンドン・B・ジョンソンを演じているウディ、きっと色々考える事があったはず…残念ながら映画の公式資料ではその件について触れられておらず、真意は分かりませんでしたが、 実は別の作品で同じジョンソン役のオファーを断っていた事をテレビ番組出演時に語っていました!

ウディ:ロブ・ライナー監督からオファーが来た時は断れなかった。この作品に出演を決めたのは、 彼と一緒に仕事ができる事は大変光栄な事だと思ったからだよ。

と、ロブ・ライナー監督だからこ そジョンソン大統領役を引き受けたと話していた事が分かりました!ベテラン俳優のウディも名匠 の頼みは断れなかったようです!

映画情報どっとこむ ralph 本作では、アカデミー賞を3度受賞した経験を持つ特殊メイクスタッフによって本人その者に変身!

他、アカデミー賞ノミネート俳優のリチャード・ジェンキンスや、ジェニファー・ジェ イソン・リー等、豪華な顔ぶれも出演します!ケネディ亡き後の予期せぬ大統領就任から、のしかかるプレッシャーと 先々の不安を跳ね除け、如何にして公民権法成立という偉業を成し遂げたのか。

LBJ ケネディの意志を継いだ男

10月6日(土)新宿シネマカリテ他にて全国順次ロードショー!

公式サイト:
lbj-movie.jp


物語・・・
民主党の大統領候補として名乗りを上げたリンドン・B・ジョンソン(ウディ・ハレルソン)だが、 大統領予備選挙で、党の大統領候補に選出されたのは若きライバル、上院議員のジョン・F・ケネ ディ(ジェフリー・ドノヴァン)だった。ケネディの副大統領候補になることに同意したジョンソンだったが、就 任して直ぐに、副大統領の執務が国政の蚊帳の外に置かれていることに気付く。1963年11月22日、 ケネディが暗殺され、ジョンソンは第36代アメリカ大統領に就任する。国民がケネディの死を嘆くなか、 ジョンソンはケネディの遺志を尊重して公民権法を支持。すると長い間敵対していた司法長官のロ バート・F・ケネディ(マイケル・スタール=デヴィッド)や、師弟関係にあるジョージア州の上院議員リ チャード・ラッセル(リチャード・ジェンキンス)と対峙する―

***********************************

主演:ウディ・ハレルソン『スリービル・ボード』
出演:マイケル・スタール=デヴィッド『クローバーフィールド/HAKAISHA』、リチャード・ジェンキンス『シェイプ・オブ・ウォーター』、ジェフリー・ドノヴァン『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲: サム・アックス 最後のミッション』、ジェニファー・ジェイソン・リー『ヘイトフル・エイト』他

監督:ロブ・ライナー『スタンド・バイ・ミー』

ⓒ 2016 BROAD DAYLIGHT LLC ALL RIGHTS RESERVED.


IMAXでホラーはいかが!?実際にあった心霊現象『死霊館のシスター』ポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、全世界1,350円超えの驚異的な興行収入をたたきだした大ヒットホラー『死霊館』シリーズの最新作『死霊館のシスター』が9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開となります。このたび遂に最新作のポスタービジュアルが解禁となります。


また『死霊館』シリーズ初となるIMAX上映が決定しました!

2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以上の興行収入を上げ大ヒットを記録。

以降、『死霊館 エンフィールド事件』、『アナベル 死霊館の人形』、『アナベル 死霊人形の誕生』と、累計1,350億円を超える大ヒットホラーシリーズとなっている『死霊館』シリーズ最新作となる『死霊館のシスター』はシリーズすべての恐怖の始まりを描いています。

映画情報どっとこむ ralph このたび解禁となったポスタービジュアルは、不可解な事件の真実を追う見習いシスター・アイリーンをまるで焼きつくすかのように、『死霊館』『アナベル』シリーズの元凶となる悪魔のシスター・ヴァラクの姿がこちらを覗く…。汚れなき清廉なシスター・アイリーンと、呪いで人々を恐怖のどん底に突き落とす悪魔のシスター・ヴァラクの対比が印象的で、「呪え。」「祈れ。」と大胆にあしらわれたコピーが熾烈な対決を予感させるデザインとなっている。

さらに『死霊館のシスター』のIMAX上映が決定!通常の映画で使用されるフィルムよりも大きなサイズの映像を記録、上映することで臨場感のある視聴体験ができるIMAX上映は『死霊館』シリーズでは初となる試み。IMAX上映で『死霊館』の世界に飛び込めばさらに恐怖倍増!失神レベルの恐怖が観客に襲いかかる!上映劇場など詳しくは今後、公式HPで発表予定。

主演のアイリーンを『死霊館』シリーズでロレイン・ウォーレンを演じたヴェラ・ファーミガの妹タイッサ・ファーミガが務め、バーク神父を『エイリアン:コヴェナント』のデミアン・ビチルが演じる。製作は『死霊館』の生みの親ジェームズ・ワン、監督は『ザ・ハロウ/浸蝕』のコリン・ハーディ。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、『アナベル』シリーズを担当したゲイリー・ドーベルマンが脚本を務める。

映画情報どっとこむ ralph 死霊館のシスター
原題:The Nun

9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/shiryoukan-sister/

【STORY】
1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。不可解な点が多いこの事件の真相を探るため、教会はバーク神父とシスターの見習いアイリーンを修道院へ派遣する。二人は事件を調査していくにつれ、この修道院に隠された想像を絶する秘密へとたどりつく。バーク神父とアイリーンは、決して関わってはいけない恐るべき存在“悪魔のシスター”と対峙することになる―。

***********************************

監督:コリン・ハーディ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
製作:ジェームズ・ワン

出演:タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチル、シャーロット・ホープ、リリー・ボーダン、ボニー・アーロンズほか

配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ&ポイント・セット

©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/


清原果耶 飯島寛騎 成海璃子ら追加キャスト発表!横浜流星 主演映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』


映画情報どっとこむ ralph 2017年、驚異の大ヒットを記録した『キセキ ーあの日のソビトー』のキャスト・スタッフが再び集結し、実話エピソードを基に、名曲「愛唄」を映画化した、映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』が、2019年1月25日(金)全国公開。

このたび、既に発表済みの主演・横浜流星とともに恋の青春物語を紡ぎだす<追加キャスト>が解禁となりました!
いま大注 目若手女優・清原果耶が、ヒロイン運命少女伊藤凪(いとうなぎ)役に。繊細で透明感あふれる演技で魅了する。

清原果耶【伊藤凪役】コメント
「愛唄」真っ直ぐな歌詞が凪として生きる心を照らし導いてくれた気がします。 誰かを想ったり愛することへ勇気。 そしてトオルや凪たち今を懸命に生きる姿に私自身とても影響を受けました。 皆さんがこれから紡いでいく人生中で本当に大切したいも何か。を考えるきっかけになると嬉しいです。 こ作品がたくさん方々に届きますように。

映画情報どっとこむ ralph また、「仮面ライダーエグゼイド」主演で飯島寛騎が、主人公・透生涯友であり、元バンドマン坂本龍 也(さかもとたつや)を演じる。そ力強く躍動感ある演技に注目。

飯島寛騎【坂本龍也役】コメント
青春頃に聴いていたGeeeeNさん作品にご一緒できてとても感慨深く思います。いままで「愛唄」歌詞を深く意識したこと ありませんでしたが、今回役を通じて、曲捉え方も変わり、一つ言葉に無限可能性が広がっていることを感じました。 本当にかけがえない、素晴らしい作品に出会えることができました。演じるにあたって、色々悩んだ時期もありましたが、監督 から助けもあって、無事に作品を完成させられて良かったです。


初恋相手元有名子役・相川比呂乃(あいかわひろ)役に成海璃子。

成海璃子【相川比呂乃役】コメント
比呂乃という役、小さな頃から女優をやっているという部分で、私自身と境遇同じであるけど、全く違うタイプ人間なで 演じる上で面白いキャラクターだと思いました。一筋縄でいかないようなキャラクターを、丁寧に表現しようと思って演じていまし た。 こ作品伝えたいメッセージがシンプルですし、「いまやるんだ」というようなことを伝えていると思うで、観ていただい た方にちょっとでも響く映画になればいいなと思います。


透母・野宮美智子(みやみちこ)役に財前直見。凪母・伊 藤佐和(いとうさわ)役に富田靖子。比呂乃を見出す大女優・橋野冴子(しさえこ)役に中山美穂。透担当看護師・小池妙子(こいけた えこ)役に中村ゆり、飯島扮する龍也バンド仲間マサオ役に西銘駿が出演さらに、本作同様にGeeeeN名曲「キセキ」を冠した映画 『キセキ ーあ日ソビトー』から、主演横浜流星ほか、冴子事務所幹部・副島浩一(そえじまこういち)役野間口徹、タコス屋 店長役として奥野瑛太が参戦全員主役級キャリアある超豪華、実力派キャストが一同に集結し、感動青春物語を彩ります

映画情報どっとこむ ralph 愛唄 ー約束ナクヒトー

2019年1月25日(金) 全国公開


恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルに起きた、二つ出会い。元バンドマン旧友・龍也と再会、そして運命を変える詩と偶然出 会いにより、恋というもに生涯をかけて全力で駆けることになる。今まで手をつなぐことさえしてこなかったが、龍也声に恋する勇気をもらい、そ詩か ら、恋に生きる力をもらったトオル。詩と触れるキッカケをくれた比呂乃と出会いを経て、ようやくめぐり会えた運命少女・凪。詩を綴ることをやめたそ 少女、トオルに生きる意味を教えてくれた。しかし、彼女にある秘密があった・・・ 龍也声が生んだ恋する勇気。凪言葉が教えてくれた生きる意味。そしてトオルが二人に気付かせた、本当にやりたいこと。 限られた時間中で、三人本当が重なった時、一つ唄が生まれる。

公式HP:
aiuta-movie.jp
公式Twitter:
@aiutamovie

***********************************


出演: 横浜流星 清原果耶 飯島寛騎 中村ゆり 野間口徹 / 成海璃子 / 中山美穂(特別出演) 清水葉月 二階堂智 渡部秀 西銘駿 奥野瑛太 富田靖子 財前直見

配給:東映
監督:川村泰祐 『だめカンタービレ 最終楽章 後編』『L♡DK』『海月姫』『きょうキラ君』ほか
脚本:GeeeeNと清水匡
プロデューサー:小池賢太郎 『キセキ ーあ日ソビトー』『奇跡』
音楽プロデューサー:JIN 『キセキ ーあ日ソビトー』にて日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞

©2018「愛唄」製作委員会


アンドリュー・ガーフィールドが脚本だけで出演決めた!『ブレス しあわせの呼吸』特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者ジョナサン・カヴェンディッシュが自身の両親の奇跡のような実話を映画化した感動作『ブレス しあわせの呼吸』が、9月7日(金)より角川シネマ有楽町他全国公開となります。

第71回ロンドン映画祭でオープニングを飾った本作は、ポリオに感染し全身マヒとなった英国人ロビン・カヴェンディッシュとその妻ダイアナの激動の半生を、その息子であるジョナサン・カヴェンディッシュが自ら映画化した感動作。「余命数ヶ月」を宣告されたロビンは、一度は絶望へと突き落とされる。無償の愛を注ぐ妻ダイアナや友人たちに支えられ、少しずつ笑顔を取り戻し、“人生という名の冒険”に繰り出していく。型破りな発想と持ち前のユーモアで、運命を“改良”しつづけ遂には世界旅行を楽しむなど、その後36年間にもわたり、人生を謳歌した。


本作で主人公のロビンを演じた若手演技派俳優アンドリュー・ガーフィールドにフィーチャーした特別映像が解禁!

主人公ロビンは、一度は絶望へと突き落とされるが、型破りな発想と持ち前のユーモアで、病を得てもアクティブに生きていくために運命を“改良”しつづける先駆者となっていく様子を描いていく。近年は意識しているかのように社会的な作品への出演が相次ぐガーフィールドだが、出演オファーを受けて脚本を初めて読んだ時に泣きはらしたといい、その時の感想を「とても圧倒されたんだ。絶対に演じたいと思ったよ。脚本だけでそう思うのは珍しいんだ。」と語る。さらに、「この映画は“どう生きるんだ”という問いに答えてくれる。何があっても喜びがある生き方を選んでいけるかという問題がある。それが僕の関心を引いたんだ」とその理由を説明。映画ではダイアナをはじめ友人達との絆とサポートが夫婦の大きな支えになっていく様子も描かれるが、「どのキャラクターも魅力的で魔法のようだった」と振り返り、演じる共演者やスタッフ達についても「家族への愛と作品への情熱を強く感じたよ」と語る。

映画情報どっとこむ ralph 合わせて、撮影中のガーフィールドの満面の笑みを捉えたメイキング画像も解禁!
劇中ロビンがダイアナ(クレア・フォイ)から鼻をつままれる場面もあるが、映画でのロビンそのままに周囲の気持ちをほぐしていくような柔らかい表情が印象的だ。この映像では、フォイとジョナサン役の子役とともにリラックスした表情で談笑する様子や、ロビンの周りには絶えず愛や笑いがあったことが伺える撮影風景も収められている。

「アンドリューの役作りは徹底している」と語るのは、ロビンとダイアナの息子で本作のプロデューサーであるジョナサン。ロビンとジョナサンの歯形がそっくりだったという理由でガーフィールドがジョナサンの歯型を取り、義歯を付けたり、人工呼吸器を付けて発せられる独特な声や呼吸を徹底的に研究した上で撮影に臨んでいたという驚きのエピソードを明かす。
妻のダイアナを演じたクレア・フォイは、ガーフィールドと共演できるチャンスに飛びついたといい、「きっと彼には特別な才能があるの。もちろん実力も抜群だと思う」と絶賛する。

ブレス しあわせの呼吸

公式HP:
http://breath-movie.jp

物語・・・
運命の恋に落ち、家族や友人に祝福されて結婚し、最高に幸せな日々を送っていたロビンとダイアナ。ところが、出張先のナイロビで、突然ロビンが倒れてしまう。診断結果はポリオ、首から下が全身マヒとなり人工呼吸器なしでは息もできない。時は1959年、医師からは「余命数カ月」と宣告される。英国に戻り息子が生まれたが、ロビンは絶望の中にいた。病院を出たいと望むロビンのために、医師の反対を押し切り自宅で看病する決意をするダイアナ。彼女の決断は、ロビンの運命を大きく変えていく。

***********************************


監督:アンディ・サーキス
脚本:ウィリアム・ニコルソン
撮影:ロバート・リチャードソン プロデューサー:ジョナサン・カヴェンディッシュ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ、ヒュー・ボネヴィル
2017/イギリス/英語/カラー/5.1ch/スコープ/118分/字幕翻訳:松浦美奈
配給:KADOKAWA
後援:ブリティッシュ・カウンシル  
© 2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved
   


松岡修造、伊達公子、許斐剛ら著名人からコメント!『ボルグ/マッケンロー 氷の男と 炎の男』


映画情報どっとこむ ralph アスリート史上、最も美しい男・ボルグ【氷の男】VS 最も荒々しい男・マッケンロー【炎の男】 1980年ウィンブルドン決勝戦。

世界が熱狂した極限の決戦とは──?

「Borg McEnroe」の邦題を『ボルグ/マッケンロー 氷の男と 炎の男』とし、8月31日(金)TOHOシネマズ日比谷他にて全国公開します。


1980年、世界中が 注目する中、エレガントなプリンスとワイルドな野生児の対極的な2人が、ウィンブルドン決勝戦でぶつかり合っ た世紀の試合。

世界中が固唾を呑んで見たスポーツ史に刻まれた究極の名勝負の映画化が実現しました。

映画情報どっとこむ ralph この度、松岡修造さん、伊達公子さん、杉山愛さん、佐藤直子さんを始めとした、元プロテニスプレ イヤーのレジェンドたち、そして柔道家の古賀稔彦さん、書道家の武田双雲さん、関根勤さん、坂上 忍さん、そして「テニスの王子様」の原作者 許斐剛さんなど、総勢20名の超一級著名人の皆様より 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』への絶賛&共感のコメントが到着しました!

僕のテニスは、この二人の奇蹟の試合から始まった!
映画を観ながら僕はウィンブルドンセンターコートで一緒に戦っていた!
伝説を感じろ!そして戦え!
松岡修造

ビヨン・ボルグと私はウィンブルドン・ジュニア(1973 年)で同期の仲です。
そして、あの鳥肌が立つほどの感動のウィンブルドン決勝を、私はセンターコートの選手席で見ていました。
ウィンブルドンを 5 連勝したビヨン・ボルグは、まさにテニスの神様です。
佐藤直子(元プロテニスプレーヤー)

子供の頃テレビで観ていた伝説の試合。ピーンと張りつめた糸のようなプレッシャーの中で内にある葛藤と向き合いながら闘
いに挑む二人の姿はまさに人生の縮図。リスペクトし合える最高のライバルの存在が勝負を超えた心の感動を与えてくれる
人生のドラマ。
伊達公子(テニスプレーヤー)
【8月10日(金)21 時解禁】


滲み出てしまう才能による天才の孤独と天才同士にしか分かり合えない世界を描いているこの映画は、是非、人間ドラマとし
て見ていただきたい映画である。
遠藤愛(東京経済大学准教授 元プロテニスプレーヤー)


伝説の決勝戦の裏にこんな壮絶なドラマがあったとは!
二人の人間味溢れる話に驚きと感動。
本当に凄い映画!
沢松奈生子(元プロテニスプレーヤー)

映画ではなく試合を見に行っているような臨場感。
周囲からの重圧に耐えて打ち勝つという事は昔のテニスも今も変わらず通じるもの。
二人の真のチャンピオンの歴史に残る名試合をぜひ見て欲しい!
杉山愛(元プロテニスプレーヤー)

大好きだった”神の子”のようなボルグ選手が、実は幼少期は悪童マッケンロー選手よりも…衝撃的内容と王者の重圧や苦
悩、そしてあの伝説の名勝負を余す事なく再現、誰もが瞬きすら出来ない感動作‼
許斐 剛(漫画家「テニスの王子様」)

挑戦とは自分の弱さを知り強くなることである!この映画で改めて【人は変われる】ということを教えてもらった。
古賀稔彦(柔道家)

もし自分がこの試合を実況していたら、きっと第 4 セット終盤から「沈黙」です。言葉を探せません。
両雄が空港で再会する場面が好きです。相手への敬意、そして、彼のそれまで見せたことがなかった表情が…。
鍋島昭茂(テニス実況、フリーアナウンサー)

心が震え、血が滾る鬼勝負。挑戦者として命懸けで戦った対局の記憶が、全身に蘇ってくるようでした。
香川愛生(女流棋士)

実力が付く事で自信も勇気も付いた筈なのに失う事への恐怖や不安も大きくなる。
支えてくれる人までも疑ってしまう程の心の怯えを共感しました。
涼風花(書道家)

「何故そこまで…」と自分を追い込む求道者・ボルグと「何故そんな言い方を…」と他者に当たり散らす野生児・マッケンロー
の死闘。しかし観終わると「ボルグ VS マッケンロー」ではなく「ボルグ/マッケンロー」という邦題がしっくりくるという。死闘を越え
た先の「/」。グッときました。
楠野一郎(脚本家・構成作家(「東京喰種 トーキョーグール」「天空の蜂」脚本))

ボルグとマッケンローまるで本人が出演しているのかと思う程、役作りが完璧な 2 人の天才のプレッシャーと葛藤が痛い程伝
わってくる!
関根勤(タレント)


最初から最後まで目が離せなかった。リアルすぎる緊張感に釘付けでした。
武田双雲(書道家)

氷と炎は熱く沸騰する!神の降臨した伝説のゲームを神がかった伝説の演技で魅せる!サービスエース!
小堺一機

世界のトップに立つアスリートの孤独と、その孤独を分かりあえるライバルの尊さ。本作はそれを完璧に描ききって
いる。
宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)

走っても、走っても追いつけない。追いつかれぬよう走り続ける。
世界で二人だけが分かち合った友情がここにはある。
松崎健夫(映画評論家)

2 人の天才プレーヤーのプレッシャーとの闘いが尋常ではない。
そこを映画にしたヤヌス監督が素晴らしい。
北村道子(スタイリスト)

ラケットのガット越しのボルグはテニスの囚われ人。
彼はその聖なる監獄にライバルを招き入れ、マッケンローはそこで声を失った。後はボールを打つ音だけが芝に響き渡る。静
かなスポーツ映画
山崎まどか(コラムニスト)

なんて美しい映画なのか!2 人の男の情熱でスクリーンは埋め尽くされ、汗の匂いや息づかいを生々しく感じる。エンドロール
でまた泣かされた!
赤ペン瀧川(映画コメンテーター)

ボルグとマッケンロー
氷の男と悪童
対照的な二人だが、誰よりもテニスを愛したが故の、究極の孤独だったのかもしれない
坂上忍(俳優)

映画情報どっとこむ ralph ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

8 月 31 日(金)TOHO シネマズ日比谷ほか全国順次公開


負ければ一瞬ですべてを失うプレッシャー。1ミリの狂いも許さない集中力。
生きるか死ぬかの鬼気迫る闘いの表と裏に迫る、白熱のエンタテインメントが遂に上陸。
熱狂と興奮の最高潮に、やがて押し寄せるとてつもない感動の実話です。

***********************************

監督:ヤヌス・メッツ『アルマジロ』第62回カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリ受賞
出演:シャイア・ラブーフ『トランスフォーマー』シリーズ、スベリル・グドナソン『ストックホルムでワルツを』ステラン・スカルスガルド、ツヴァ・ノヴォトニー、レオ・ボルグ(ボルグの息子) 
© AB Svensk Filmindustri 2017